「助け合い」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 助け合いとは

2019-03-11

anond:20190311145756

自分の力で生きていきたいかどうか、そして生きていけそうかどうかを自分で考えてみましょう。そこまで分かったら何をして生きていきたいか、生きていけそうかが見つかる。

自分の力で生きていくのは無理そうなら家族とか行政助け合い窓口などに相談

2019-03-03

anond:20190303170702

しかも日頃は非モテだの自己責任だのと散々バカにしておいてこれだから

そりゃもう「助け合い」とか「お互いさま」とか、そういう概念自体成り立たねえよ

2019-03-01

発達障害の生きづらさって欺瞞だよな

だいたい人生っていきづらいもんだし、そもそも健常者に負担を負えって話だろ?

助け合いましょうって言うけど、別に助けてくれないじゃんw

ジョブスとかエジソンとか、偉人には発達障害やその疑いのある奴はいるよな。その通りだ。

でもお前はただ仕事ができないだけの無能じゃんw

向いてる仕事なら実力(笑)が発揮できるなら、ご自分でお探しくださいw

会社世間様に負担をかけてるのを自覚して、せめて慎ましく生きてくれw

 

ってお説教される夢みたよ。死ぬか。

2019-02-23

anond:20190223201546

しろ最初から他人の金に集り続けてる障害者より

今まで拠出してた金の分として正当性があるのでは?

障害者自身の言う助け合いって障害者は全く他人を助けるつもりがないから成立してないよな

2019-02-18

漫画家ツイッターフォローしない理由

漫画はよく買うけどこれが嫌だから漫画家のツイッターフォローしてないので、ほぼ言いがかりです

政治的発言ある→国民権利だけど、芸能人の「影響力のでかい人が~」という訳ではなく「漫画の中に透けて見えてくる」のが嫌。ツイッターやってないけどモロに出てる漫画もあるけどね。

過去作でバズろうとする→過去作(自分子供の時くらい)のキャラが泣きながら漫画買ってーって言ってる絵を上げられると悲しくなる。

感想の呟きにキレる→批判的な感想に直リプしてキレるの怖い。「読んだけど合わなかったなー」という感想にまでキレる人がいて大変だなと思った。

・過剰な本買ってアピール→本買ってbotみたいになってる人はそれ言ってるだけで宣伝になってると思ってるのか?本買って!以外の日常の呟きとか見たいよ…

・本買う指定が細かい→(いろいろあるのはわかってるつもりだけども)「本屋で買え!」「本屋になかったら店員に言って取り寄せろ!」「Amazonダメ!」「電子版も利益最悪だから買うな!」「ブックオフは論外!」「友達から借りたって言ってくんな!」とかうるさい。自分本屋で買う派だけど、その本屋になかったら本屋はしごするだけで取り寄せはしない。取り寄せが重版の鍵らしいけど、1週間以上かかるし忙しい本屋店員さんに声かけたり仕事増やしたりするのがどうも嫌だ。昔の漫画廃版になってるのは、紙派だからブックオフで買っちゃう。すまん。

性格が悪いのが出る→皆そうじゃないのはわかってるけど、好きな漫画の作者からふと性格の悪さが出ると作品が好きじゃなくなっちゃう。作者の人格作品は分けて考えるべきって頭では解るけど心が無理。

・連載中の出版社への愚痴言う→直接言ったらいいじゃん…

・遊んでる呟きが多いのに原稿を落とす→趣味同人じゃないんだから…とかいろいろモヤモヤする。損するのは作者自身なんだけど。

宣伝漫画RTがウザい→助け合いみたいなもんなんだろうけど、最初の1ツイートだけならまだしもツリー全部RTして、他の作者の宣伝漫画も全部RTしてってのは流石にウザい。

作品好きな人ツイッターフォローしないに限るぜ!

2019-02-12

フルメタルジャケット観てるけど

軍隊生活って厳しいけど仲間との助け合い精神もあって青春だよな

これは今流行アイドルアニメにも通じるものがあるので

アイドルアニメファンも是非フルメタルジャケットみるべき

2019-02-11

日本人外国に行くと超個人主義になるよな

現地語が話せない場合は、恥ずかしいからって固まるんだが、多少できてきたら、一切日本人とは群れなくなるという不思議。いや別に群れなくていいんだけど、たとえば多国籍シェアハウスかにいて、みんなで助け合わなきゃいけないみたいなトラブル状況でも、日本人同士で母国語を使って高度な内容のコミュニケーションとるという選択肢があるにもかかわらず、外国人と拙い外国語解決したがる。

そのシェアハウスには台湾韓国タイ人がいたが、彼らは国ごとに群れて助け合い同胞ではない日本人のこともよく助けてくれた。シェアハウス外の同胞ともネットワークを築き、なんちゅうかすごいチームワークで助け合ってた。日本人はそこのところ超個人主義だなあと。母国距離が近すぎて海外では一人でいたいって感じなのかな。とかいろいろ考えてる。

2019-02-05

anond:20190205180731

韓国中国競技場の貸し出しを申し出てくるでしょう。

それで選手たちは、韓国中国競技場でプレイしておしまい

スポーツ政治関係無い。

困った時は助け合い精神

あぁ素晴らしきかな、東京五輪

2019-02-04

anond:20190204054501

あなたは私か。

私もそういう考えで、同じ考え方の夫と結婚したよ。子育てとか壮大な結婚式というハードワーキングイベントより、日々を穏やかにロースペースに余裕を持って助け合いながら暮らしたい男性、少ないかもしれないけどちゃんといるよ。いいパートナーが見つかるといいねお金だけはちゃんと稼げる仕事につくのが大事だよ。

結婚したくない。

厳密に言うなら、同居人としての旦那は欲しいけど(困った時に助け合いたい)、式を挙げたくない。あと子供を産みたくないし、育てたくない。

結婚式に何百万と使うくらいなら家を買う頭金にしたい。そもそもそんなに金を使うほど規模の大きい式を挙げる度胸も無ければ、来てくれる知り合いのアテもない。投げたブーケが床に落ちるのを想像すると虚しくて昼寝が捗る結婚する機会があるとしても籍入れるだけでいい。

子供を産んで育てるのが女の幸せうんぬんとよく言うけれど、本当にそうだろうか?

子供を産むのは命懸け。そもそも子供って他人だし、他人自分の体の中にいるってことは、わたし免疫がはたらいて追い出そうとする。はたらく細胞たかわたしの中のはたらく細胞たちが子供という非自己攻撃しまくる。そしてわたしの体内がはたらく細胞たちの戦場になる。戦場ってもんは焼け野原になるもんであるわたしの体も焼け野原になる。それを命懸けと言わずに何と言うか?悪阻とか考えるだけで吐けそう。絶対やだ。

それから子宮子宮って普段は握り拳より小さいくらいの臓器なんだけど、これが出産直前になるとスイカとか、バスケットボールくらいの大きさまで伸びる。骨盤の中に収まってる握り拳が、バスケットボールになって肋骨の下ギリギリまで来る。いやいや人体不思議すぎひん?伸びすぎちゃうか?伸ばしすぎて破裂するんちゃうか?命懸けすぎんか?そもそもBMI17のガリガリ女の中に子供が出来たとして、子供栄養が行けば私は更にやせ細って死ぬんじゃないか?命懸けにも程がある。

腹の中に子供がいるってことは、いい感じになったら出さなきゃいけない。いつまでも腹の中には入れておけない。じゃあどこから出すって、膣から。いやいや子供ってそこから出すようなサイズじゃなくない?裂けるでしょ。ここから出そうと思った祖先意味わからん進化しろ。ここで大量に出血すれば死ぬし、出血しなくてもいきんでるとき血圧上がれば脳みその細い血管がプチっといく可能性もある。ガリガリなので途中で体力が尽きてコロッと死にそうな気もする。命を懸けてまで痛い思いはしたくない。

から世に出したら今度は大人になるまで育てなきゃいけない。収入が充分でない限り、自分たちがアレコレ我慢したり、子供にも我慢をさせなきゃいけない。私は欲しいもの我慢したくないし、子供にも我慢させたくない。そもそも人生ってそんなに楽しくないし、生まれてこない方がきっと幸せであるわたし遺伝子を受け継いでる時点で人生幸せ感じられるような性格には育つまい。

そういうわけで、子供は産みたくないし、育てたくない。ていうか産まないためには結婚もしない方が多分いい。結婚したくない理由ひとつ増えた。

いつもここまで考える。

から最終的に、こんな女と暮らしたい男なんぞいないだろうから旦那は諦めて、似たような思想女性ルームシェアするのが一番いいだろうなって結論に至る。

2019-01-23

フェイク】ラブコメエロコメメインなラノベ作家の内情

201901241215追記

この増田は一から十までフェイクです。ラノベ作家でもその関係者でもない人間によって書かれています登場人物モデル存在しません。フェイクだというのがフェイクなんでしょ?と疑う人もいるかもしれませんが、そこまで面倒見きれません。

モデルはいないけど元ネタはある。

http://b.hatena.ne.jp/entry/4663572847427800385/comment/packirara

キャノン先生に同じようなシーンがあった気が 

これが大正解。あの、エロ漫画を好きで描いているエロ漫画家などいるわけがない(主人公たちは思いっきり好きで描いてた)というエピソードを思い出しつつ書きました)

なんでこんなものを書いたのか。

はてなブックマーク - 作家デビューしたけど向いてなかった

この元増田(なぜか既に本文は消えているようだけど)を読んでいて、これ、別に作家でなくても書ける内容なんじゃないかWikipediaまとめサイトに載ってるような情報ぐらいしか出てないみたいだし……と思ってしまいました。

もちろん作家が書いたからといって、作家しか知りえない情報が必ずしも盛り込まれるとは限りません。しかし、だとしたら、作家でもなんでもない人間Wikipediaまとめサイト妄想だけを頼りに作家を装って書いた文章を、果たして読者は見分けることができるのか?というのがどうにも気になりました。それを調べるための実験です。

結果はご覧のように、ブコメその他での言及にこの増田信憑性疑問視するものはごく少数、ということになりました(早い段階でフェイクの可能性をはっきり指摘するコメントが一つ付いていたけど削除してしまったようです)。つまり、この程度のそれっぽい知ったかぶりならどこの馬の骨でも簡単に、いくらでもできるのです。Wikipediaまとめサイトさえあれば。

それでは本文をお楽しみください。


https://anond.hatelabo.jp/20190122141644

これに触発されたので、僕もちょっと書いてみる。元増田と違って大した差し障りはないのでツイッターでやっても別にいい気はするが、とりあえずはここで。

簡単自己紹介。数年前にとあるラノベ新人賞で、銀賞というか佳作というか、その辺のあまりパッとしない賞をもらってデビューした。アニメ化するようなヒットは全然ないが、ギリギリなんとか戦力外通告を受けないぐらいのラインで、しぶとくお仕事をさせてもらっている。主に書いてるのは、ハーレムとかパンチラとかラッキースケべとかそういった内容のご本。

デビュー作とそれ以外の作品でかなり毛色が違っているので、いわゆる魔改造をされたと言われることが多いのだが、これは実は全くの誤解。

当時、自分が好きなストレートラブコメエロコメ作品で何度か賞に出していたものの、たいてい一次は通ってもその上で落とされ、特に選評などを見るとどうしてもジャンルで既にマイナス点が付いている感触があった。なので受賞した投稿作は、完全に「賞向け」「審査員ウケ」を狙い、自分趣味を徹底的に殺して、キャラも話も文章も地味めで分かりやすく硬派に見えるように仕上げてみた。

まり安易作戦なので上手くいくか自分でも半信半疑だったが、蓋を開けてみれば、派手さはないがヒロインの魅力に頼らない骨のある懐かしい作風で〜みたいな狙ったそのまんまの評価をいただくことができた。正直、この人たち(審査員ちょっとチョロ過ぎない?と軽く拍子抜けしてしまったぐらいだ。

デビュー作は、幸か不幸か売り上げの方はぜんぜん振るわず、あっさり数巻で打ち切りとなった。そのため編集者から提案もあり、難なく今の(元々の)作風に移行することができた。これも半ば予定通り。

というわけで、自分現在パンツとかおっぱいとかが乱れ飛ぶタイプ作品毎日シコシコと書いていること自体には、特に不満はない。のだが。

以前とある飲み会出版社パーティなどではなく作家同士の小さな交流会のようなもの)に珍しく誘われて出席した時のこと。

僕の隣に座ったのは、僕の一期あとに同じ新人賞デビューした作家で、僕とはほぼ正反対ジャンル、つまり緻密な設定とか読者の心をえぐるような深い展開とかが売りの作品を書いている人だった。

その人が、こんな風に話しかけてきた。

「大変そうですねえ、お仕事

二人ともラノベ作家なのに、なんでそんな当たり前のことを言われるのか、一瞬よく分からなかった。だから、それはお互い様ですよとかなんとか適当に返事をしたのだが、向こうは「いやいや、そういうことではなくて(笑)」と首を振って、

「やっぱり書いているジャンルが“ああいもの”だと、ねえ? ご苦労も多いんでしょう?」

と、心底気の毒そうに言うのだった。

どうやらこの人も、僕が編集者に無理やり、“ああいもの”を書かされていると思い込んでいたらしい。一般読者ならともかく、一応は同じレーベル仕事をしている同業者にまで「魔改造」を同情されていたのかと思うと、少なからずショックだったが、気を取り直して、“ああいもの”を好きで書いているということを一から説明した。しかしそれでもその作家は、

「はぁ……?」

不思議そうに首を傾げていた。好きこのん文章パンチラ表現する人間という存在が、完全に想像力埒外だったようだ。ほどなくして、理解を諦めたのかその人は向きを変え、僕とは反対側の隣席の作家との創作談義に移っていった(話し相手を失った僕は黙々とぼんじりを食べ続けて翌朝胸焼けを起こした)

それからしばらく経って、その作家作品アニメ化を果たした時。ネットニュースか何かで、

『今はあまり頭を使わず軽く読めるコンテンツばかりが流行っているが、そんな中で自分作品のようなクラシックスタイル物語奇跡的に評価されたことが本当に嬉しい。苦労して企画を通し、コツコツ努力を重ねてきた甲斐があった。』

といったようなことを語っているのを見た。

一応言っておくと、この作家作品は、デビューから一貫して僕の「頭を使わず軽く読める」作品よりもずっと売れていた。

それからアニメ化された当該作品に関しても、編集者企画書の段階で惚れ込んで、当初からかなり自由執筆させていたらしいと聞いている。

なんなんだよ。

とは思ったがまあ思っただけの話であって、それ以後その作家とは会話をする機会もないままだ。どうか末永く幸せに生きてもらいたいものである

別にこの作家けが特別どうこうというわけではない。たいていのラノベ作家はこんな感じの認識である。それに実際、大なり小なり無理をしてラブコメエロコメを書いている作家は多いので、仕方がないところはある。

そういう作家はしばしば、一見「単なる脳天気ラブコメエロコメ」だが実は深いテーマ性を持っていて……といった方向性に進むことがある。業界に詳しくない人には意外に思えるかもしれないが、実は現在ラノベにおいてラブコメエロコメジャンル(風)でヒットしている作品は、ほとんどがこの隠れシリアスタイプなのだ。「単なる脳天気ラブコメエロコメ」のままそこそこのヒットを飛ばすのは、どシリアスアニメ化までたどり着くことの何十倍も難しい。

そんな状況なので、僕が書いているようなジャンルに対する態度は、編集者も大して変わりがない。ラブコメエロコメというのは、書かせている(僕は自発的に書いているが)編集者にとって全く好みではないのはもちろん、商業的に見ても大ヒットはほぼ望めない(しかし賑やかしとしてレーベル内にある程度の数を確保しておく必要がある)、全くうま味のないハズレくじ的な仕事なのだ

僕も自分担当さんには、こんな薄利作家作品の面倒を見させて本当に申し訳ないなといつも思っている(でも電話越しの打ち合わせの途中で眠くなったのか「あーはいはい、ほいーっす。了解でーす。失礼しまーす」といきなり通話を切ったこはいまだに許していない)

肝心の読者も、ラブコメエロコメにはとにかくむやみに厳しい。売れれば「作家の魂を売った恥知らず」、売れなければ「自業自得」とさんざんな言われようだ。本当にそういうジャンルが好きな読者は逆にあまり作品感想などをネットで公開しない傾向があるので、世間にはラブコメエロコメへの罵倒嘲笑ばかりが溢れることになる。

また、ラブコメエロコメをメインジャンルとすることの地味に痛いデメリットとして、「ラノベ作家内での派閥が作りにくい」というのもある。なぜそうなるのかは、ファンが声を上げづらい理由と大体同じだ。察して。

ラノベ作家にとって作家同士の横の繋がりは、一般に考えられているよりも遥かに重要である。まず、いざという時のセーフティネットとしての機能現在仕事をしているレーベルから切られた時に、知り合いの作家から他のレーベルに口を利いてもらうといった助け合いは、作家の間で日常的に行われている。いざとなったらあそこで書かせてもらえる(かも)、という心の余裕があればこそ、いま現在執筆している作品で大胆な冒険ができるというものだ。

それからツイッターで他作家とイチャついて仲良しアピールをするBL百合営業可能になる(作家同士で作品宣伝をし合う効率の良さと読み替えてもよい)

ガチラブコメエロコメ作家として活動するということは、これらのラノベ作家コネクションの利益放棄するに等しい。

(ちなみに逆にコネを作りやすいのは、SFミステリラノベ外に巨大なコミュニティがあるジャンルなので、既存ネットワークに乗っかることができる)

といった具合に、世間での気楽なイメージと違って、ラノベガチラブコメエロコメを書き続けるというスタンスは、僕の実感で言わせてもらうと、四面楚歌に近い。

結論:「ラブコメエロコメが本当に好きな奴はむしろラノベ作家はやめておけ」












と言いたいところだが、逆に考えると、本当に好きでもなければやってられない仕事だということでもある。

どうせ好きで好きでしょうがない奴は何を言われても言われなくても勝手にこの道に進んでしまうだろうけど、まあ、覚悟だけはしておいて損はないよ。

2018-12-23

anond:20181223145946

サイハテ村って言うヒッピーが作った村があるんだけど、廃村を買い取って畑作って1からコミュニティ作ってんだよな。

絶対鳥取山村とか二束三文で買えるし、上野千鶴子辺りから金貰って女だけのコミュニティ作って欲しいよな。

クラウドファンディングでも良いし、確実にできるし本当にやって欲しい。

女性だって自分たち代表を話し合って決められるみたいな話をメアリウルストンクラフトも言ってなかったっけ?

女性女性だけで決まり助け合いもできるし、実験としても面白そうだから是非やって欲しい

2018-12-17

anond:20181217112957

結婚は最小の助け合い単位=最小の社会で、性別かかわらず一人より二人暮しのほうが生産的なんだよミオちゃん

寒いときの寝室暖房考えればわかるだろミオっち

anond:20181216164936

こういうの考えてる人見るとなんか嬉しくなる

コンビニ店員とか大変そうだからバーコード上に向けるとかちょっとした事で力になれたら 

というか

コンビニ店員にほっこりしてほしい

中年以上の世代はそういうの分からんやつ多いか死ねばいい

こいつらがいなければ日本ニコニコほっこり助け合いモード突入から

2018-12-05

ネット住民がすぐ「はい嘘松」「創作乙」「真偽マン助けて!」って言うようになったのって

人狼で人を疑うという行為快感を覚えさせられたからだよな

日本人欧米の罠にまんまとひっかかり、隣人を疑いはじめ、助け合いこころを失くしてしまった.

2018-12-04

anond:20181204065148

横やけど。

にぎやかな商店街に必ず美味しい総菜屋があったり京都に仕出し料理屋が多いのって、都会というかダウンタウンに見られる風景で、家族全員が家業に携わっていて忙しい家が集まってる「まちなか全体で助け合いサービス」。

逆に、家庭料理主婦手作りってのも、昭和の一時期の高度成長期時代ベッドタウン風景、もしくは多世代世帯が当たり前の農家田舎町ならではだったり。

漠然とした私見だけど、カーチャン手作りした惣菜にこだわる人って出自田舎の人が多い感じがする。そういう風に育ってきてるから家事外注が馴染みがないんかなーとか。町の感じと、食事をどこまで外注化するのかというのは連動する。

そういう意味では昨今の共働きが当たり前、単身者比率が高い日本じゃむしろ惣菜買ってきて並べるのがちょうどいいと言えるかもね。

2018-10-29

anond:20181029092924

社会で育てろって言う割に、社会を敵視してるのがこの手の連中の特徴。

じゃあ地域で見守りしてやろうかと思ったら「不審者情報」で通報

助け合い精神で加入を進めると「自治会など滅びろ」。

子供を見守る親同士で連携しようとすると「PTAなんて絶対参加しない、あとカネもびた一文払わん」。

税金は高いから払いたくない。

子育てにはカネがかかるんだから補助金よこせ。


まあ控えめに言って被害者意識全開のフリーライダーだよねえ。

2018-10-11

anond:20181011231827

たぶんその中で突然変異的にサイコパスが生まれて広がったんだろうな

助け合いの中で自分だけは相手を助けなければその分得をする

ただし集団としてはどんどん劣化するという囚人のジレンマやな

2018-09-30

医療費の窓口負担を5割程度に上げて、もっと利用者に払わせてください。

子どもがいる兼業主婦です。

国民医療費が40兆円を超えているということですが、

医療費窓口負担を3割に留めず、もっとあげるべきだと思います

代わりに健康保険料を今のまま維持して欲しいです。

医療費のために行うという増税も全てストップでお願いしたいです。

老人の医療費が高いせいで国民医療費が上がっているのはわかりますが、

老人若者わず一律窓口5割負担ならば、老人若者わず無駄病院へ行く人は減るでしょうし、

現場人手不足で困っている病院の方も無駄診療が減ると考えられるのでその方がいいのではないでしょうか。

病院がいつもあんなに混んでいるのは、窓口負担が軽く感じるからだと思います

窓口負担を多くして、無駄に通院する人を減らしましょう。

ただし、セーフティネットとして生活困窮者市区町村で国の医療ローンを申し込めるようにしてはどうでしょうか。

お金がない人が通院するために、あらかじめ自治体に届け出をし窓口では3割のみ払い残り2割は市区町村へ別途納付するのです。ポイントは、ローンと言ってもお金を渡さないこと。病院が利用された金額市区町村直接請求し、市区町村利用者請求する仕組みではどうでしょうか。

もう財政が厳しいので使った人が払うのが基本で良いと思います

5割窓口負担でも、残り半分は助け合いという優しさが残っているので十分だと思うのですが。

anond:20180929122613

もともとの人間は「村の女全員」で子供の面倒をみてたんだよ。

わざわざ多数婚する必要がない。

近所のおばちゃん助け合いコミュニティ作ればいいの。

から問題なのは核家族化というより、実は都市化なんだよね。

核家族化は都市化の一部だ。

そして都市化保育園の充実で補うし、いま保育園作ってるよ。

2018-09-25

anond:20180925233728

よく見ると、みんな得手不得手があって、助け合いながら生きてるよ。

一方的に助けられてると思うなら、自分の得意なことが見えてない証拠

自分にできないことを嘆くより、できることをやっていく方が楽しいよ。

自分のできることで他人に喜んでもらえるようになることが、人生の目的なんだと思う。

2018-09-05

anond:20180905112559

お互い様ポイント

男       

下呂    1(助け合い) 

痴漢冤罪  0(救済策なし)

その他   ?

下呂    1(助け合い

痴漢    1(女性専用車両男性気遣い(手を挙げる等)

その他   ?

目下バランスが取れてるとは言い難いね

しかも「痴漢」の項の男性負担は常にかかってるから

anond:20180905002303

俺は「あたか相互助け合いが成立しているかのように主張」なんてしてないぞ。

俺が言っているのは、障害者にとって厳しい世界は健常者にとっても厳しい世界だということが一つ。だから、より障害者にとって優しい世界になれば、俺も生きやすいよねと。話の発端は、展覧会の混雑だった。俺も空いている方がいいんだよ。車椅子人間が見やすいくらいのレベルになって欲しいんだ。

もう一つは、健常者の方が余裕があるんだから、譲れるところは譲ればという点。混み合っているところで、ちょっと場所を空けるくらい大したことじゃないでしょと。

平等だとか同等の立場だとか、そういう話は俺は関心がないな。

でも、例えば車椅子になったら苦労するのは目に見えてるわけで。就職なんて大きな話は置いても、炊事洗濯掃除なんて身の回りのことからちょっとした移動も苦労するし、買い物行けば高いところにあるのは取れないし、野球行っても席は限定されていて気分で選べないしなどなど。美術館行っても低い視点しか持てないのは結構痛いよね。

自身が健常者だし身近にもいないから、どの程度の苦労があるかは知らんが、大変よね。世話になった人が苦労しているから助けると言っても、限度があるわな。だから、助けがなくてもできる、楽しめる部分を増やさないとねと。

anond:20180905001848

元増田そもそも障害者が「一方的に恩を享受する」側であるにもかかわらずあたか相互助け合いが成立しているかのように主張する欺瞞をつついてるんだが

自分が恩を受けたことのある人間が困ってたら手を貸すが、障害者一方的他者配慮をせしめてるだけだろ

なら逆に聞くが、障害者さまは本当に健常者と平等になることなんて望んでるか?

都合のいい遊具だけ手放したがらずにいつまでも障害者から配慮しろもっと配慮範囲を拡大しろって喚き続けるだけで

「健常者と同等の立場」になるつもりが微塵もないんだが

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん