「キャラ萌え」を含む日記 RSS

はてなキーワード: キャラ萌えとは

2017-11-27

anond:20171127163514

あの増田が言いたいことは、要は寿命の長いキャラに対してキャラ萌えしている人が主流になったってことでしょ。

アイマスとか東方とか艦これとか、アニメよりもゲームの方が長く続いているおかげで、

ずっと同じキャラ萌えていられるのが気持ちいい ということなんだろう。

それでもまぁ、ゲームしながらアニメは見ると思うが。

anond:20171127071356

今はもうキャラ萌えしたい人はスマホゲームに行ってるんだよ

量産されてくよくわからん新作アニメブヒブヒ言うのは少数派になった

 

あ、木元まちがえたすまんね、元増田宛てね

2017-11-15

歴史ものとスペースものが嫌いな夫

スターウォーズもだめ!

ガーディアンズオブギャラクシーもだめ!

マイティ・ソーあんまりおもんないけどキャラ萌えで観てる私!

アニメへうげものもだめ!

アニメ蒼天航路もだめ!

時代劇映画ダメ

そもそも邦画がだめ!

無双オロチしたら三国志戦国時代がごっちゃになってしまわれた!

三國無双徳川はいねえよ!!

ウワーーーーン

サイエンスフィクションはセーフ

2017-11-03

[]11月2日

○朝食:なし

○昼食:助六寿司

○夕食:餃子、麻婆炒飯

○間食:ソフトクリーム

調子

はややー。

仕事は若干トラブルもありつつ、定時で帰宅

三連休三連休三連休

先週がハードだったので、ゆっくり休みたいと思います、もう部屋から一歩も出たくない気分です。

●XboxOne

トゥームレイダー

ストーリーを進めている。

今日は、SOS信号を発信するも、救助に来てくれた飛行機が墜落してしまい、てんやわんやになるところまでプレイ

割とストーリー楽しいのだけれど、どうもこの手のゲームでおなじみの

マップに散在する収集物を集めると、登場人物日記を読むことができ、それでストーリーを補完する」システムが搭載されているようだ。

このシステムのこと普段はそこまで嫌いじゃないし、嫌いだなあと思ったら、やらなきゃいいんだから自分なりにこのシステムとの距離感は掴んでたつもりなんだけど

登場人物の「サム」という女の子が、妙に魅力的でこのキャラのことをもっと知りたい! という欲求が湧いて来て、この子日記だけは全部集めようとして、妙に時間がかかってしまって、それが若干ストレスだった。

多分、この手のゲームキャラ萌えをしたことがあまりいから、それで距離感を測り違えたのかもなあ。

3DS

ポケとる

ラティアスレベルアップステージを68までクリア

目標は70なので、もう少し。

2017-09-22

女子ども、格ゲーマー萌えしようや

特にストリートファイター関係フツメンがおおいぞ

30代半ばの人は頭おかしおもしろい奴がおおいぞ

外人も色々おるぞ

あと顔よりプレイスタイルで惚れるので、

実際の顔の好みと推しが一致しずらい=ガチ恋になりづらい(と思う)

ていうかむしろ彼女出来たとか結婚とかわかると祝福しまくれるぞ

近所のおばちゃん気分

格ゲーマー同士でイチャイチャもするのでついったー萌えれるぞ

もちろんプレイしてもいい

下手すりゃ推しと対戦までできちまうんだぜ

多分プロレスとか好きな人は適性がある

そして私と友達になれ

正直、格ゲーキャラ萌えしてる女子結構いるんだけど(それはそれで楽しい友達なんだけど)

プレイヤー萌えしてる人が周りにいなくてさびしい

2017-09-11

オナニー以外の趣味を作れない

から、人に言えるような趣味がないのが悩み。

自己紹介ときに困るのもあるが、そもそも休日が暇すぎて、趣味を作ろうと思うのだが、どうしてもできない。

たとえばアニメ趣味にしようと思い毎クール放送されているアニメを見てみる。

すると、見ているあいだは楽しいのだが、それだけ。

アニメの中身について深く考察したり、キャラ萌えについて深く語り合ったりする気力は湧いてこない。

とりあえず暇な時間を埋めるために見る本数を増やしてみたりもしたが、そうすると結局毎週追いかけるのがつらくなって、あまり見なくなってしまった。

他にも、絵を描いてみたり、楽器をやってみたりして、やはりやっている間は楽しいのだが、それだけというか、わざわざ労力を使ってまでやろうと思えず、割とすぐにやめてしまう。

それで結局、暇なときは、ひたすら2chスレ更新ボタンを連打したり、ホットエントリをこまめにチェックしたりするのだが、

それにも飽きてくると、あとは結局オカズ探ししてひたすらオナニーしてる。

考えてみると、オナニーというのは非常に便利な暇潰しで、必要な労力は最小限だし、むらむらしてなくてもやればその気になる。何より、直接的な快楽が得られるので、飽きが来ない。

アニメとか、スポーツとか、その手の趣味で得られる興奮や快楽って、性的快楽に比べると間接的というか、直接的に肉体的な快楽に結び付くわけじゃない。

そのせいか、ふとしたときに「自分は何でこれをやっているんだろう? これをやって何が得られるのか?」と思って冷めてしまい、「オナニーして気持ちよくなってたほうがよっぽどマシ」と思ってしまう。

その手の「一般的な」趣味を持っている人って、そういう気持ちをどうやって克服しているんだろう?

2017-08-13

キャラ萌えがよく分からない

キャラ萌えのもの分からんわけではないのだけれど。こいつ可愛いとか、面白いとか、好きとかはもちろん分かる。

ドラクエを嫁と一緒に進めている。最初はほぼ全て嫁に攻略任せて、適当に横で見てようと思っていたけど、やってみたら普通に面白い

ゲーム難易度自体は決して高くないけど、ストーリーが存外面白い表現とか演出も(ほかのゲームそもそもしないのでよく分からないが)よく出来ていると思う。

で、一週間ほど一緒に盛り上がっているのだけど、嫁が急にTwitterでいろんなキャラ名入れて検索を始めた。

この行為自体に、そこそこのカルチャーショックを受けている。

キャラクターのもの」になぜ興味を持てるのだろう。教えてください。

追記

キャラクターに興味が持てない理由言語化してみる。

いや、キャラクターに興味がないわけではないと思う。たぶん。冒頭でも書いている通り。

ただ、キャラクターというのは、物語相互に結びついた存在だと思うので、「キャラクターのもの」には興味がない。

結びつく先の物語があれば二次コンテンツでも、キャラクターに興味は持てると思う。

それが、なんかちょっとキャラをずらしてコメディタッチにしただけの四コマとかだと、なぜそんなものを作るのかも、なぜそれが面白いのかもよく分からない。

2017-08-02

ダーウィンゲーム 感想

デスゲーム作品らしいので12巻まで一気読み

作画レベルシナリオの安定さ、キャラの魅力、デスゲーム主人公補正…どれも今際の国のアリスに似てるなこれ

面白さはどちらも同じぐらいかなーダーウィンゲームキャラ萌えが若干勝ってるかも

扉絵とかガンツを思い出すようなサービス精神旺盛なものばかり、まあグラマーキャラが不在なため少女ロリ系ばかりだが

シナリオの展開はなあ、デスゲーム作品の序盤はもう似たようなものになるしかないのかもしれないから置いておこう

しかしね、大規模イベントで都合よく主要メンバーが集まったりするのはご都合すぎていまいちかなあ

あそこで謎解いてゲームクリアによるイベント終了を狙う展開はすごい良かったと思うけどね

チームを作る展開からはこれ東京グールだよなって思って見ていた、外人の元で修行受けて常人越えちゃう当たりとかさ

ランキング1位があっさり仲間になったり婚約申し込むのはどうなんだろうなあ、萎えた人多そう

ここまで読み進めると気づいてしまうけど、この漫画は俺TUEEE系のデスゲーム作品だよね

圧倒的に主人公が強いわけじゃないが仲間は有能揃いだし主人公補正かかりすぎて敗北がまずあり得なさそう

今際の国のアリスだって毎度窮地に立たされるぐらいでハラハラしたのに、ダーウィンゲームはそれない

初戦みたいな能力も何もなしで逃げ回ったりするのがデスゲーム作品らしくていいと思うのに、これは流石に味方陣営が強くなりすぎた

もう完全に俺TUEEE系でいいと思う

キャラについて、シュカもレインもスイも可愛いと思うけど少女ロリ系ばかりは飽きる

扉絵ガンガンえろいの(つっても下着・裸ワイシャツ水着程度だが)描いてるのに作中じゃシュカの全裸ぐらいしか記憶にないな

生殺しだからもっとエロいの描いてくれ、ってのとグラマーキャラも出してほしいわな

リュージは最近もうトグサにしか見えんよなあれ、つかトグサだ、トグサって呼べ

オージは完全にアクセルワールド主人公じゃねえか!!!飛べないとか飛ぶとかもう意図的に寄せてるだろ、いいキャラだと思うけどさ

あとはなんだ、ゲンスイの宗教?あれは未来日記千里眼の宗教日記樹形図的に増やすやつと同じだよな

まあ宗教キャラなんてたいてい未来予知信徒とのチャネリングとかそういうのになるお決まりテンプレから仕方ないか

この作品はあとどれぐらい続くんかね

レーベンズが日本掌握したしGM顔バレしたし、急に展開が早くなるからなあ

もっと日常も描けばキャラ萌えシーンも増えるんだろうけど、シナリオを先に先に進めたいのかな

こういう系はネタバレ描いたら終わりだとおもんだけどなあガンツみたく

まあどちらでもいいか

駄文

2017-07-05

https://anond.hatelabo.jp/20170705132827

自分ハルヒあたりから見なくなった。

最後にほぼリアルタイムで見たアニメKURAUかな。

内容はまぁまぁ。売上はとても悪かった。音楽歌詞入り曲2曲のために買った。

大学進学と時期がかぶったせいかもしれないけどキャラデザの時点で見ないってことが増えたのはこのあたり。

からハルヒはもしかしたら見たら面白いのかもしれない。

2000年代初頭のアニメが(私としては)面白すぎた。

LAST EXILE攻殻機動隊SAC(2は好きじゃない)、プラネテス十二国記ガンダムSEED

ガンダムは今の時代は作るの難しそうに感じるけど自分大人からだろうか。

で、やっぱりアニメ楽しめないのは年齢と時代があるわ。

ガンダムとか本当に世界情勢知ってると無理。

キャラ萌えとか元からする人でないのもあるけどキャラ萌えとかカッコイイとかない。

でも楽しめる人は否定しない。

アニメだけじゃない話で、

世界が抑圧されるといい映画まれるって言われてきたけど、

情報を様々な形で大量にやり取りできる今の時代において、いい映画は生まれるのだろうかって思います

世界評価されたいなら単純化した作品はとても難しい気がする。

というのは思い込みなのかな。

過去現代フィクション色々あるからな。

自分時をかける少女(細田)以来、アニメーション映画しか見てないよ。

時間もないし。

みんな秒速を見よう。君の名はもいいけど秒速。

2017-07-04

https://anond.hatelabo.jp/20170704101929

そもそも筋肉を嫌う傾向が強いので、脂肪ではなく筋肉が多いか体重が多い系統の人も嫌がられるからじゃなかろうか

二次元でも国産だと、わざわざ体重プロフィール用意するようなキャラ萌え系の作品マッチョキャラは少ないしさ

女性は勿論皆無だし男性でも珍しい

(おにいちゃんねるってのは人数多いからそういうのもいるんだろう)

海外ゲーとかだと男も女もマッチョだらけなのとは対照的

2017-03-23

漫画家とか小説家アニメ考察をしていることが多いけど、

だいたい物語の謎がどうとか売れた理由がどうとかという話ばかりだと感じる

ほんとはもっとキャラクターとか、キャラクターを生かす話作りについて考えるほうがいいと思う

まぁそれは「キャラ萌えしているオタク」に近いから、「あまりハマらないように客観的に見よう」とするとその視点に目が行かないのかもね。

2017-02-13

FGO(Fate/Grand Order)から見える奈須きのこ作家性の喪失

Fate/hollow ataraxiaという作品をご存知だろうか?


FGOを知っていれば『ああ、Fateのあのスピンオフのアレね』ぐらいの情報は知っているかもしれない。

このhollow、つい最近プレイした人なら最後の方の展開、問答に何らかの引っかかりを覚えた人もいるのではないだろうか。

ネタバレになるから詳しくは避けるが、hollowという作品、なんと消滅したはずのサーヴァント達が全員日常生活を送っていて、愉快にキャッキャウフフとなれ合った日常を送り続ける、という日常ノリ、コメディノリが好きなファンからすると夢の様な作品であった。

が、まあ、シナリオライターはもちろん当時の奈須きのこである

その内容を要約すると『心地よい楽園に停滞するな、辛くても現実へ帰れ』という、ある意味キャラ中心に見るファンの)期待を裏切りある意味キャラと裏腹にシビア作風が好きなファンの)期待を裏切らなかった失楽園物語であった。


しかし、今やネットゲームにどっぷりハマったキャラがメインのネトゲモノや、異世界から帰ってこないなろう系、ラブコメモノもなるべくストレス要素を避けようとライバルなどが排除され、ユーザーにとって心地よい楽園を構築することがコンセプトとなった作品が多いように思える。

FGOもその中の一つだ。

ファンの人たちは『FGOは違うぞ』と言いたいだろう。

だが君のプレイしているFGOも、その一つだ。

カルデアという楽園で、時に厳しく時に優しい美男美女(時々変なのアリ)な偉人に囲まれイベントでは複数キャラから恋愛を匂わせつつチヤホヤされ、新キャラが現れては主人公にデレて、信頼し支えてくれる仲間たちとの世界を救う冒険譚が描かれていく。

これが、楽園を構築することがコンセプトでなくて何だと言うのか。


ソシャゲはそういうもの

ユーザー射幸心を煽るために、集客性のあるキャラや会話を出してガチャを回させることが目的

なるほど。

まり君はこう言いたいんだね。

奈須きのこはそこら辺の会社利益のためにテキストを書くように飼い慣らされたソシャゲライターになったのだ、と。


そのとおりである


奈須きのこから作家性という名の牙は抜け、ただのキャラ萌え文を量産するだけのソシャゲライターになってしまったのだ。

彼にはもう、マシュを本当に殺すことは出来ないし、どうせ死んだと思われているあのキャラも何らかの理由をつけて帰ってくるし、ピンチを煽るためにカルデアぐらいは崩壊するかもしれないが、別の居場所が出来てそこでキャッキャウフフする、そんな嫌な信頼感がつきまとうようになってしまった。

今の奈須きのこユーザー現実を忘れることのできる楽園守護者にして、二次創作の最王手なのだ


奈須きのこよ、お前にもし、作家性がカケラでも残っているというのなら、今すぐユーザーに向けて『現実へ帰れ』と言ってみせろ。

課金なんてするな、こんなもの時間と金無駄だ、現実に帰って素晴らしい日常を送るべきだ、とhollow ataraxiaのようにメタを盛り込んだシナリオでもやってみせろ。


それとも、最後最後まで隠し通して、サービス終了してからユーザー自身に気づかせるつもりなのか?

だとしたら、とんだ策士だな。


その時は、無駄に消えていった時間課金額にむせび泣くユーザーたちを鼻で笑いながら、お前の悪魔的な才能を褒め称えるとしよう。

2017-01-31

http://anond.hatelabo.jp/20170131032626

えぇ…

どこをどう見たら作者のおっさん(志倉千代丸)が「イマドキのオタクを描いた」と思えるの?

シリーズのどの作品でも、どの時代リアルにも居ないレベルトンガりすぎたキャラ造形を好んでする人だよね。

科学ギミックの「いかにもありそう」感は出していく一方で、キャラについてはむしろ一切リアルに寄せずにアイコン化するっていうのも一つの創作手法だよね。

それでもぶっとんだキャラなりに、そういう性格に至っちゃう現代病理的な部分は感じさせるし、好感は持てる作りになってる。

まぁ古臭いキャラ造形、陳腐ネットネタ揶揄したくなるのは分かるし、ネットの声もそれが多数派に見えるけど、

その類のネットの声がいか醜悪虚構的なもんかってのは、はてなユーザーなら実感してきてるでしょ。

第一フィクションの設定にそんな野暮なツッコミをしていたら見れる作品が相当限られてくる。

それでも誰もそんな当たり前のことを言ってたしなめてくれないのはさ、

「君らは作品をこき下ろしたい盛りの青臭ボーイですという自己紹介をしてるけど、俺はそういう時期を通り過ぎた人だからこそ黙って見守ってる」

という人がほとんどであるという、それだけなんだよ。

そういう時期の子に言っても理解しないからね。

まあこれを読ませてしまった事で、君は反発してこじらせて卒業が遅れてしまうだろうね、残酷なことをしてしまったな。

創作をどう楽しむべきか、みたいな考え方は私なんかが下手に押し付けがましい説教するより、ロースおじさん過去ログを読んでいく方が真髄に迫れると思うから

自分に疑問を感じ始めたら読んでみるといいよ。

ただ一つ、私から言いたいことは、最近の人は「キャラ常識的言動をするべきである」みたいな観念に囚われすぎて、

キャラ人格目線(キャラ萌え共感維持目線)で物語を見過ぎであるということ。そういうのはすごく息苦しいし、物語が作れなくなる。

人間は柔軟なものであり物語においてテーマを映す鏡のようなモノだという捉え方が必要作品も多いんだよと。

2016-12-26

http://anond.hatelabo.jp/20161226133042

いや岸辺露伴吉良吉影スピンオフがあるくらい単体で魅力あるキャラじゃん?

どっちかっつーと第四部キャラ萌えなんだよなあ。

2016-07-30

萌え作品か否かを判断するのは内容における萌え要素への傾きや重要度の度合が大きいだろうが、萌え要素があるか否かでいえば無い作品なんて殆どないだろうと思う。

硬派な作品だって女が出てくればそれに萌えを感じる人が出てくるかもしれない。

女が出て来なくたって、BL要素とかがなくたって、格好良い男に萌える奴も出るだろうし。

人によってはキャラ萌えに感じられそうな要素が含まれ作品は、萌え作品と呼ばれるための最低条件を満たしているように思う。

萌え作品というのが蔑称に扱われやすいので萌え作品と言われると「あれは萌え作品じゃない」とか怒る信者が出てくるわけだが、作品萌え要素がなくちゃいけないわけでもないが、あったら悪いということがないのも本当の所だろうと思う。

2016-07-05

同人のしいです

少し前からオタクアカウントのほうに、同人やめました系の記事がいくつかRTされてくる。

当方オタク歴はそれなりに長く、どちらかといえば一人で考察妄想を繰り返しのめり込む内向き型。キャラに対してキャーキャー言ったり、流行ネットスラングを羅列するような交流は苦手なので、RTされてきた記事を読んで、うんうんそこは昔のほうがよかったよね、と思うこともある。

しか記事を書かれた方々との状況はまったく逆だ。

近頃はまったジャンルにて、私はようやく同人活動イベント醍醐味みたいなものが分かってきて、今とても楽しい

過去色々なジャンルにはまったものの、今まではネット上で見たり書いたり、昔からオタク友達に話を聞いてもらうくらいで満足していた。

twitter交流しよう、オンリーに行ってみよう、自分でも本作ってみようか、というところまで手を出すほどになった作品はこれが初めてだ。

なんでなのか?ちょっと振り返り5点。


1.時間に余裕のある生活

ハマるのと同時期くらいに生活環境が変わり、時間に余裕ができた。これが一番大きいかも。元々面倒くさがりなので、寸暇を惜しんでまではきっとここまでやってない。忙殺されて余暇ほとんどなかった時期にハマっていた別ジャンルは、それはそれで生きる支えになったものだが、交流創作にかけられる時間は少なく、落書きで欲求を消化するのみだった。

学生時代サイトにこもってたので、オフ活動もっと早く興味持ってたら違ってたかも。


2.ジャンルの懐の広さ

ハマったのは息が長くファンの多い作品で、ファンの年齢も傾向も幅広い。キャラ萌えしてる人からひたすら原作考察する人まで色々。流行のピークは過ぎて久しく、今や大手さんの解釈公式扱いされているような風潮は薄いし、個々の解釈否定されにくい気がする。が、これは体感なので単に私が鈍感なだけかも。

もちろん作品自体の素晴らしさが第一にある。それに加えてこの界隈の自由雰囲気がいいなと思う。


3.厳選した交流がうまくいってる

そういう雰囲気に浸かってると、同士さんたちの詳しい活動や語りを追いたいという欲求がわいてくる。

そこで主にtwitterを利用するわけだけど、様々なファンがいるのと自身が万人ウケするタイプではないので、交流する際には特別注意をはらう。元々アカウントを取ったのは同士さんアカの鑑賞兼独り言用だぞ、それが第一だぞと常に言い聞かせる。それを曲げて交流しまくれば承認欲求が加速して本来やりたい創作考察ができなくなる。だからいくらいいねRTがほしいと思っても決めた期間以外鍵は開けないし、フォローフォロワー関係には気持ち悪いぐらい用心する。最近のやめました系記事にもSNS疲れがよく言及されてるし、対人関係が原因で作品を好きでいられなくなるみたいな本末転倒事態絶対に避けたいので、慎重すぎるくらい慎重に。

結構経ったがまだそれなりに守れている…と思うし、この前提があるからこそ色々割り切ることができているんだと思う。

具体的な自分ルールもまとめてたんだけど、すごい長くなってしまったのでカット

で、いろんな自分ルールを遵守しつつ厳選したTLは、自分と波長の合う人たちと情報アカ程度で構成され、とても穏やか。交流相手を絞ることで私のような面倒くさがりでも続けることができ、時々リプをし合ったり、タグ系の遊びを一緒にやったりしてくれる存在ができた。そしてその信頼できる方々のご好意により、イベントオフ会に足を運ぶきっかけをいただいた。


4.即売会初心者の私でも行ける落ち着いた雰囲気イベント

年齢層が幅広いためか、息が長いからか、他と比べ空気がゆったりしているように感じた。(といってもこれまで全ジャンル合わせて片手で数えるほどしか参加したことがないんだけど)

一番安心したのが、エロの公開度が低いこと。前にハマっていたジャンルもそれなりの規模・年数で、以前オールジャンルの際にそのエリアに立ち寄ってみたのだが、カッコイ男性キャラがたいへん色っぽい感じになってる大きいポスターがたくさん並んでいていたたまれず、なんかもう本を買うどころではなかった。エロは全く、BLほとんど嗜まない者なので、あの空間は耐えられなかった…

今回もそんなだったらどうしよう、とドキドキしながら参加してみたところ、主流はBLR指定ものも多数あるが、過激な掲示はさほど目に付かなかったので安心した。男女CPコメディ傾向の作品もそれなりにあり、買い物も楽しめた。サークルの皆さんは、うろうろと挙動不審な私にもよかったら見ていってください、とやさしく声をかけてくれた。またネットで見知っていた方や、既刊を拝読させていただいた方に感想を伝えたり、少しお話をしたりもできた。作家さんとのお話ってこんな普通にできるんだ、これが話に聞くイベント醍醐味か…!!と感動してしまった。(今まで買い物の会話以外交わしたことがなかった)見れば他にも立ち話をしている人たちは結構いる。このジャンルはいわゆる古き良き(?)即売会の姿が面影を残しているのかもしれない。いやしらんけど。

そしてイベントでこんなに居心地がよかったのは初めてで自分でも驚いている。今まで一般だと落ち着け場所がなくて何となく居づらかったのだが、今回はそういうこともなく。また行きたいと思った。


5.創作意欲を支えてくれる人々の存在

自身二次創作は、基本的自己満足だ。いいねブクマなどはもちろんうれしいが、それを得るためだけの創作はしないのだと心に決めている。なので本をつくりたい!となったのも最初は「皆さんの本素敵だな。私もここまでのめり込んだ作品は初めてだから、記念に自分なりの解釈をこういう形にしてみたいな」というのがきっかけだった。

どこへ出す予定もなく書き始めたのだが、少しその話をした際に思いがけず、ほしい、見てみたいというお声をいただいた。

ものすごいエネルギーを与えられた気分だった。この自己満足の塊を、まさか楽しみにしてくれている人がいるなんて!

さらに、4のイベントお話させていただいた方にも「本は出されないんですか」とお言葉をいただいた。嬉しすぎた。本を作るというのは大変な作業で、もし本当に一人きりで進めていたら、延び延びになって結局頓挫、みたいなことになりかねないなと思った。ここまでに散々他人主体をおかない的なことを書いておきながらなんだけど、それでもやっぱり、こういう身に余る挑戦をするときには、3で得た信じられる人の言葉の力を少しお借りしてもいいかな、と思った。


以上が、今私が同人活動のしい!となっている要因と考える。

自己分析のつもりが途中から感想文みたいになってしまった。分けて書こうかとも思ったけど、その良い思い出とかもひっくるめて要因だし、まあいいや。

今のジャンルじゃなくても、これまでもこういう体験ができる機会はあったのかもしれない。

でもこの引きこもりで、心配性で、人見知りな私をここまで連れ出してくれたのは、いろんなタイミングの重なり、そして魅力的な作品と素敵なファンの皆様だろうと思う。

この出会い感謝したい。そして原稿がんばります

2016-05-19

http://anond.hatelabo.jp/20160519155303

またそこからですか?

アニオタキャラ萌えと同じじゃん」(あるいはプオタ、極道オタ)なんてのはファンにとっちゃもうとっくの昔にコモンセンスで、わざわざ外向けに新書で『文化系のためのヒップホップ入門』とか書かれてるし、USでも『ヒップホップ家系図』巻末で作者がわざわざレジェンドアメコミヒーローになぞらえて描いてるのに……

頭はカラですか?

2016-05-06

http://anond.hatelabo.jp/20160506165753

ここで言う女オタのバブみっていうのは

成人男性乳幼児みたいに扱って可愛がりたいって言う意味?それなら合ってる

キャラ萌えは付き合いたいとかそういうのじゃなくて母親目線から

2016-04-24

http://anond.hatelabo.jp/20160421091851

遅くなってしまったけどざっと

主に気に入った作品、(再度プレーすることはなくても)残しておきたい作品、(積んでるけど巷の評価が高いので)残しておきたい作品、って感じだと思う。

充分残ってるじゃねーか!って言われそうだけど、元は1000本近く(以上かもしれない)部屋にあったから激減と言って良いと思う。

minori8月、イノグレ作品 … この辺は各作品の完成度に一定の信頼があるのでブランド買いしてる

月に寄りそう乙女の作法/乙女理論とその周辺 … お優しいルナ様と朝日ちゃんの百合ゲー

・はるまでくるる/なつくもゆるる … 珍しいSF作品として楽しめた

・グリザイアシリーズ … 一姫可愛い

ハピメア … 紫作品にしては久々に面白い

白衣恋愛症候群 RE:Therapy … 一般作にしておくにはあまりに勿体ない怪作

・古色迷宮輪舞曲シナリオゲームシステムが融合したYU-NO作品はやはり面白い

ものべの … 見た目は炉理ゲー、だけど実は伝奇ものとしてよく作られてることに気付かされる

・聖麗奴学園 … お口メインの抜きゲーは稀少枠

WHITE ALBUM2 シリーズ … 雪菜派です

・晴れときどきお天気雨ヒロイン間で嫉妬修羅場をさせるシナリオが最高、なぜ評価されないのか理解できない

天使の羽根を踏まないでっ/きっと、澄みわたる朝色よりも、/いつか、届く、あの空に。 … お朱門ちゃん作品は全て名作

・sisters … シナリオが単体では非常に難解だけどエロアニメとしては一級品

失われた未来を求めて … 絵は最高

黄昏シンセミア … 使い物になるレベルフローチャートシステム正統派伝奇ものシナリオが高評価

・君の名残は静かに揺れて … スピンアウト作品にも関わらず、1作でもきちんと成立している名作

処女はお姉さまに恋してるシリーズ … 多少、変なシナリオもあるもの女装ものとしては名作では

リアル妹がいる大泉くんのばあい … よき妹はよき兄貴がいてこそ、ということを示してくれる

Dies irae シリーズ … 厨二バトルエロゲとしては最高峰では

素晴らしき日々 … 「神の懐へ入るときにはな、俺はこう挨拶をして、青空の門を広々と掃き清めて、貴様らがなんと言おうと持って行くのだ!皺一つ、染み一つつけないままで!それはな、わたしの……心意気だ!」

星空のメモリア/星空のメモリア Eternal Heart … きちんと伏線をはりきちんと回収するADVのお手本的シナリオメア可愛い

ましろ色シンフォニーキャラ萌えゲーとしては及第点以上

・斬死刃留 … 触手抜きゲーと見せかけて和風伝奇ものとしても楽しめた

ヨスガノソラ/ハルカナソラ … 穹ゲー

・町ぐるみの罠 白濁にまみれた肢体 … 時期が悪くてタイトル変更を食らった恨みは一生忘れまい

さくらむすび … 妹ゲーは一種流行だけど、本当の妹は「重い」んだよと

・学園催眠隷奴 … シチュエーションの多彩さとサブキャラの多さでお手軽催眠ものとしては一番好きかもしれない

催眠凌辱学園 … 凌辱というよりは乱交というか

瀬里奈レッドゾーン名前シリーズかよなタイトルだけど、瀬里奈可愛いのでタイトルとしては正解

世界いちばん NG な恋 … 丸戸っぽい感じがよく出てて好き

・牝姫の虜 … 日常シーンをそれなりにやってキャラを立ててくれた方が抜きゲとしては優秀であることを教えてくれます

彼女たちの流儀鳥羽莉好きなので

もしも明日が晴れならば … 一応残したい名作かなと

ユメミルクスリ/SWAN SONG/こなたよりかなたまで放置してるけど名作らしい

群青の空を越えて … こういうのが出てくるからエロゲ楽しい、うん、楽しかったんだよ本当に

ショコラ/パルフェ … これも一応名作枠で

何処へ行くの、あの日 … 妹ものとしては隠れた名作

・凌姫 … 基本に沿った抜きゲとして優秀

人形の館 … この頃のM&M絵が最高だと思う

・Crescendo … これも名作枠で

2016-02-27

ガルパン劇場版見たんだけど

 正直あんまり……。

 いやいいところは大いにあったよ、みんなが仲間になるアベンジャーズ展開とか好きだし贅沢だし、絵はもちろん整ってるし構図も面白くて、音なんかは爆音上映をやるところもあるだけあってほんと良かったんだけどさ。

 でも明確な不満点が結構大きかった。

 不満点の一番は、チハタン継続っていう味方側の新キャラ2勢力が魅力なかったこと。魅力なかったっていうかハッキリ言って不快だった。

 チハタンはもう、バカすぎてイラつく。

 洋画のギャーギャー騒いで事態悪化させる子供キャラって嫌われやすいけど、私の中でチハタンはそれと同ポジションだった。

 オタク馬鹿キャラを嫌いすぎる傾向にあるし、私もその性質があるから、できるだけ広い心でキャラに接しようとは思ってるものの、それでもチハタンには苛立ってしかたなかった。

 大洗のみんなも、テレビ版の序盤ではポンコツで、「真面目にやってくれよー!」と全く思わなかったと言えば嘘になるんだけど、でもがんばれベアーズ系としてはお約束だし、こういう作品群の中ではもどかしさがかなり少ない方で見心地がよかったんだ。

 その見心地のよさは、バカさのレベルがほどほどだみたいな話ではなく、私にはよくわからないけど何か演出でうまくやってたり、キャラの魅力でカバーリングしてたり、そういうことで絶妙に飲み込みやすくしてるんだと思う。

 でもチハタンはそういう心地よさがなかった。

 テレビ版を終えての試合、ってていで始まったから、大洗の子らは凄く成長したし、他校はもとよりレベル高くて、一段上のステージでのハイレベルな争いを見れると思ったのよ。

 野球で言えば日本シリーズ、とびっきりの最強vs最強、全ジャンル最強決定戦、スタローンとジャン・クロード・バンダムどっちが強い、そういうワクワクをかき立てられた。

 なのにチハタンだけ馬鹿なのが、ハイレベルなカッコヨサや美しさを見せてくれそうなところをグッと押し下げて、大洗の足も引っ張ってるし、それどころか戦闘全体の足も引っ張ってるように感じられてなんだか悲しくなってしまった。

 好試合がしょっぱく台無しにされちゃったような感覚

 もちろん、お話の流れとしてある程度ルーキーキャラがいた方が作りやすいのはわかる。

 ゲームでも続編ではレベルからだし、ロックマンロックバスターのみ、スネークだってほぼ無装備からランスも毎回怠けて弱くなってる。(この辺にも賛否はあったりするけど)

 そういう事情はわかるけど、わかっててもチハタンダメ

 キャラの魅力でカバーしてくれたらよかったのかもしれないが、とにかくまあ尺がなくて、既存キャラたちの描写も食い足りないくらいなわけで、チハタン事情立ち位置キャラもよくわからないポッと出の迷惑な子らって見えてしまった。

 おまけに旧日本軍パロってのが、輪をかけて校風萌えキャラ萌えしづらくさせてる。

 ガルパンってただでさえミリタリー軍事武力戦争萌えのキワキワを歩いてて、色んな議論があるわけですよ。

 平和教育受けた私としても多少抵抗があって、でも周囲の盛り上がりで試しにテレビ版を見はじめてみたら、上手にオブラートに包んでくれてたし、ほかの魅力が大きくって結局大好きになった。

 でも日本軍パロは、かなりド真ん中じゃん。触れづらいとこに切り込んでるじゃん。

 それが軍事賛美やオタク右傾化に繋がるとは思わないけど、咀嚼するのに多少顎の力と喉の力が必要だ。スクリーンを見てて、外国パロに比べてどうしても色々考えてしまう。私の日本の軍備への屈託も煽られるし、「ああー、これっていろんな議論ネタになるだろうな」というファンダムについての余計な懸念も想起されてしまう。

 とはいえ、だから創作において日本軍パロは控えるべきだ、とは思わない、そうするとますますタブーアンタッチャブルなっちゃうし、それがよいことだとは感じないから。でも現状では私が身構える属性なので、この属性を組み合わせるキャラは受け入れやすものにしてくれてる方が嬉しい。

 しかし実際に旧日本軍パロをしたのはチハタンですよ。めっちゃ足を引っ張るってだけでイラつのに、おまけに日本軍パロで、食べづらい+食べづらいで、まったくもうやりづらいんすよ。イラ立つから好きになりづらくて、でも旧日本軍パロなせいで「あいつらホント駄目だな!」と本気で嫌悪するのもキツめの左翼の人っぽくて嫌だし、けれど一方で「も~、バカな子カワイイ♥」と頑張って萌えるには旧日本軍への悪印象が強くてやりづらいし、ホント扱いに困る。

 なのでチハタンが、複雑に嫌い。

 後半ある程度活躍してたけど、それも前半の悪印象を覆すことはありませんでした。ダメな子たちが成長する魅力はテレビ本編の大洗の子らに遥かに及ばず。

 成長を描くんだったらチハタンよりもオタクチームや風紀チームを、「優勝に貢献はしたけど他に比べるとまだ今一歩 → 完全に頼れる仲間に」とか、ウサギさんチームが次期エース格にとか、その辺の大洗の子らをもっと描いてくれた方がずっとありがたかった。

 あと継続高校ね、継続高校も好きじゃない。

 具体的には隊長スナフキンが盛り下げまくりでお前なんなんだよ!

 ネットでもたくさん言われてるだろうけど、否定から入りすぎ!

 そういうキャラ付けもありだとは思うけど、やりすぎで盛り下げすぎ! チハタンとは違う意味でしょっぱくしてる!

 ガルパンTVOVAは、否定に傾いてめんどくさく陰気に考えちゃいそうなところを、適度なしんみりさでうまく抑えてくれたのが私は好きだったんですね。片眼鏡なんかに対して、ほかのメンバーが不満をため込んでやる気をなくしたりしそうなのに、そこで否定的なことを言うキャラがいない。好みはあるだろうけど、ガルパンにおいてはそういう優しい世界だったのが私は見ていて楽しかった。

 けど能登スナフキンヤバイ。そんなの気にしない。否定しまくり。ひねくれてるとかムーミンパロとかそれだけじゃ片づけられない否定。ヤバすぎ。

 継続高校校風説明ポジション説明、各キャラクター説明がなかったのも痛いです。それらがうまくやられてれば、あの厭世的なキャラ付けもきっと愛せたと思うんだけど、なかった。どこの国をモチーフにしたのかもよくわかってない。

 北欧? なの? みたいな。

 CV石田みたいに出てきて思わせぶりに盛り下げること言ってなぜか参戦してきて戦闘シーンだけやたらカッコイイ動きして静かに退場したかと思ったら最後セリフも持ってった。ホントなんなんだあいつら。

 この2陣営への鬱陶しさが魚の小骨みたいにずっと邪魔で、気持ちよく味わえなかったのが非常に残念。

 同じ新キャラでも、大学選抜の子らは、やっぱりキャラ描写薄いのでめっちゃ好きとはならなかったけど、決して不快ではなく嫌いでもないです。

 ローズヒップはクソカワイイ

2016-02-10

暴力ヒロイン」的な物語理不尽

今まで散々言及されてきたことだろうが、改めて「暴力ヒロイン」、ひいてはキャラクターシナリオの剥離について書きたい。

昔、らんま1/2が嫌いだった。いや、大嫌いだった。

アニメ再放送をたまにみていた程度なのだが、主人公乱馬とヒロインあかね理解できなかった。

言うまでもなく有名だろうが、あかね暴力暴言は凄かった。あかねが切れて怒鳴ってる表情しか思い出せない。望んだ許嫁じゃないから辛く当たるのもわからないでもないが、そこまで罵らなくてもといつも思っていた。

言われるがままやられるがまま許す乱馬も、主人公としてモテカッコイイ枠なのも変だと思っていた。ある程度言い返してはいたけど。

何にせよ、お互いにいつも喧嘩して罵り合ってるのに、ちょっと確信に迫ると「ほんとは好きです」となるのが、なんだか気味が悪かった。お前らさっきまでクソみたいに罵り合ってたのはなんなの?と。「素直になれないのミャハ☆」という天邪鬼表現にしては苛烈に見えた。OPEDで、本編の険悪さなんて関係ないかのように寄り添ってるのも変な感じがした。(シリアス編はみてないので知らん)

意地っ張りで素直になれないなら、なにをしてもいいの?

好きな相手なら、なにされてもされるがままになるしかないの?

今でこそ演出だと割り切れるが、当時は子どもだったので、リアルに置き換えて「こいつらなんなの?」と思っても仕方ないと思って欲しい。

その後、ラブひなにハマった。しかし、こちらもまた暴力ヒロインだった。

なるは凄かった。あかねほど口汚くはないが、何かとグーパン主人公を殴り飛ばす。

ラッキースケベへの制裁という意味もあったろうが、それにしたって主人公が気の毒だった。主人公がなるを好きになる理由がよくわからんかった。

ラブひなの終わり方はあそこまでいくともう何でもいいやという感じで嫌いじゃないけど)

「女は大人しく素直であれ」と言いたいんじゃない。別に気が強くたっていい。

暴力ヒロイン好きな人を叩きたいんでもない。

私は、主人公ヒロインといった立場にあぐらをかいたり、恋愛の名の下に許されようとする暴力表現が嫌いなんだ。

暴力をふるう→でも主人公ヒロインから好かれます(許される)

暴力をふるわれる→でも主人公ヒロイン相手役だからなあなあで流すし好きになります(許す)

より役割的な次元で話すならば、キャラクター個性シナリオと咬み合わなくても、無理やり合わせる為に押し通すやり方が嫌いだ。

シナリオ上この2人は結ばれる事になってるので、どんな暴力的/悪意的行為が二者間で行われても、償いがないまま最終的に結ばれます、って。

もっと単純にしてもいい。

このキャラ重要キャラなので、後の展開と齟齬が起きかねない行為をしても、シナリオの都合上辻褄合わせせずスルーします、とか。

いや、おかしいだろ!脚本の怠慢だろ!キャラ作りからやり直せよ!!と言いたくなる。

暴力ヒロイン的な理不尽で、もう少し最近の例をあげるならば、テイルズかな。

アビスゼスティリアがその極端な典型だろうか。キャラクターシナリオがばらばらなまま無理やり繋げるから、展開に無理が生じている。

テイルズ最初からキャラ萌え特化のシナリオ捨て置き方針だろうから、責めるのは逆におかしいのかもしれないが)

最近のは知らないけど、少女漫画でも昔はそういうのが多かったな。

突然現れたイケメンに急接近される主人公。周囲から囃し立てられプライベートを暴かれゴシップ扱い、それでもただただ困るだけで怒らないし行動もしない主人公

イケメン様や恋愛シナリオ様の前には人権意志もない、って感じ。少女漫画誌なんてすぐ読むのをやめた。

男女変わらず、異性や周りに振り回されるだけの主人公恋愛物語って、一定層にウケるんだねえ。

話がそれたけど、許されちゃう暴力ヒロインというのは、「シナリオの為に齟齬無視して押し通す」物語典型例だと思う。

もちろん、表面上の行為と(予想される)結末を離れさせておいて、風呂敷を畳みつつ折り合いをつけたり、理不尽を貯めてカタルシスを与える事だって物語醍醐味だ。

しかし、恋愛といううまく理屈付けできないものを「恋は理屈じゃないんで〜」と辻褄接着剤のごとく利用するのは、怠慢だろ。

そういう怠慢が暴力ヒロインみたいな理不尽を生んで、やれ女は暴力が許されてずるいだの、やれ人気キャラ優遇だの、やれ※イケメンに限るだの、ヘイトを生むんだよ。

最近は、そういう流れのカウンターか知らんが、理屈ぶっとばしのチート主人公とか、決着のないぬるハーレムとか、ふわふわ女子だけの世界とか、そもそも恋愛要素を盛り込まないとか、ぬるい雰囲気だけど丁寧な物語が多い、ような気はする。

刺激がないといえばそうかもしれないが、半端な理不尽を突きつけられるはよっぽどいい。

はいえ、キャラ萌え重視な物語作り路線なのは変わらないから、人気キャラ優遇されて変な流れになる物語もあるみたいだけど。

まり物語理不尽を生み出すのが「製作者」から「読者」に移っている側面もある、と言っていいだろう。

物語の受け取り方は個人の自由なのだからキャラ萌え重視で推しキャラさえ幸せならそれでいいって人もいていいのだが、読者が製作者に圧力をかけ「暴力ヒロイン」の様な物語理不尽を生み出させるような事は出来るだけ起きないで欲しいと思う。

物語理不尽なんて、作者の趣味押し付けられる分だけでこりごりなんだよ。

2016-01-11

アイマス女性向け」

夜だけど、これからアイマス論をグダグダ語っていくよ。諸事情あって、アイマスについて調べることになったので、実況プレイ動画を見たり、友達取材したりして僕なりにアイマスの魅力を理解して、なおかつ面白いものがかけそうな気がしているので、その話を書いていこうと思います

まず、僕がアイマスについて調べて驚いたのは…女子のファンが多いことです。どちらかというとラブプラスっぽいイメージがあったのですが、ラブプラスとの明快な差は女子から愛され具合だと思います女子ラブプラスに話しかける感覚で美希ちゃんを溺愛する姿を見て「あれ?どっかで見たよね?」と

閃乱カグラカスタマ要素・女子ペット的な魅力)+パワポケ何気に難易度が高いミニゲームの詰め合わせとその達成感)+けいおん!(の沢ちゃん的なポジ)=アイマス』だと思う。特に特化してるのは「けいおん!」の部分で、女子友達であり、友達でない関係が女のアイマスファンを創ると思われ


アイマスに似ているゲーム閃乱カグララブプラスの名を挙げたけど、その二つは女子性的対象になるから女子には人気が出ない。女の子女の子友達になって、キャラを見て・その後に本音をぶちまけ合うコミュニケーションを欲しているかかわいいとか愛でられるとかそれだけでは満足できない。


アイマスって男子にとって魅力的なことよりも、「女子にとって魅力的な美少女ゲーム」ということにこそ価値がある。「キャラ萌え」をしたキャラと男の場合恋愛感情を求めて「2次元嫁」になるけど、女の場合百合なっちゃうから友達(甘やかし気味なペット)」の関係を実現できるのが斬新!!


アイマス女性が感じてる感情を男に代替すると暗殺教室の殺せんせーが近い』んじゃないか?特に修学旅行に行く時にミニ四駆まで詰め込んで「あれ?先生の方が楽しんでるね」と生徒に言われちゃうあの感じ。ゲーム世界で滑ってるギャグを飛ばすP及び製作者を斜に構えて見る美希…そうこの構図


アイマスについて調べて思ったのは『萌え議論をするときにやるべきは「美少女を愛でる感覚」の細分化だ!』事。美少女になりたい・美少女ペットにしたい・美少女恋愛したい・美少女セックスしたい・美少女を街で見かけた・美少女友達になりたい…どこをチョイスするかで作風多様化できる


女子場合恋愛要素も性的愛玩物要素もない(というか、中学生設定の子いるから描くとやばいからこそアイマス女の子を妹とか友達とかそういう風に思い込めるし、思い込んでも後ろめたさがない。これは弟じゃダメ女子精神年齢は男より早く老いるか思春期の冷めた感情が共有できない。


アイマスソーシャルゲーム版や2だとユニットを作るらしいけど、1だと本当にマンツーマンゆえ、親友なんだ。これも女子のとってよかったのでは?女同士だと人間関係に疲れる(ような錯覚も含め)を感じるが、親友であり相方から、(プレイヤーキャラの)ガールズトークにのめり込めるのでは?


女子の中には「彼氏」のことを「相方」と呼ぶ人がいるんだけど、これは女子の欲しいものを如実に表した言い換えだと思う。話し相手というか、頼れる(ちょっぴりだけ上下関係があるが)本音で語れる相手というか…性的であったり、ラブリーである必要よりももっとポップな関係。そっちの方が大事なんだ


女性」という「性」の面白さは生まれながらにして「お母さん」になることを宿命づけられながらも、防衛本能ゆえに性行為(もしくは性的対象に見られること)に嫌悪感を抱くということ。アイマスというゲームはちょうどお母さんになれることがいいんだと思う。それもその子性的対象にしないでいい事


あとはアイマスの魅力のうち「声」比率が大きいと思った。これは調査してないからわかんないけど、ソーシャルゲー・アニメ化などをしても人気で有り続けられる理由って、見せ所が視覚ではなく、聴覚からだと思う。喜怒哀楽全部出せるシナリオ(及び演技シーン)と声がかみ合ってるのが素晴らしい!



アイマスゲームの中で色んな歌を歌うシーンがあるけど…あれって、もち歌(キャラソン)以外も歌うのが返っていいのだと思う。アイマス女子にも人気な理由テンプレキャラの部分の可愛さと、テンプレになりきれない成長シーンやキャラ違いの歌を歌うシーンや表情演技とのギャップの魅力だと思う



昔、友達から「声なしでAV見てご覧。抜くどころか虚しくなるから」と言われて、やったことがあるんだけど…アイマスってそんな感じ。もし、映像演出と声がなくて、エフェクトなしで体育館舞台みたいな場所で踊ってるだけなら…「エフェクトをはさむ」というオーディションゲーム性は確かにハマる


あとはアイマスについてみていて思ったのは、ゲームコミュニケーションランダム要素が多いからパワポケの「(目押しTAS芸でもしない限り)絶対オールAをつくる方法なんかねーよ!」というあの感じが好き。…正しい(と思われる)選択肢を選んだときでさえ「大丈夫かな?」と戸惑う感じ!


アイマステンションプレゼントオーディションリアクション・レッスンなど結構肝心なところがランダムからベスト・グット出すのが大変。でも、女子場合アクションSTGが脳の構造問題で苦手でランダム絡むゲーム経験が少ない。、ゆえに、女子がやる分にはランダムは新鮮な要素!



「脳の構造」の問題で、女子の方が方向音痴なんです。方向音痴なだけじゃなくて、立体全般ダメなので数学(図形)嫌い、動きの激しいゲームダメなどがあります。平面が得意で立体がダメ構造になってて、男はその逆。口紅の細かい色分けがわかんないから化粧や髪染めに気づけない脳の構造なんだ



衣装色違いを細かく設定できる当たりが(特に女の子にとって)親切設計だよなぁ…。ゲームだけじゃなくて、アニメアイマスも色がすごく綺麗だったし…。なんとなくほかの男性向けとは路線が違う気がする。語れば語るほど、他の男性向けの要素とは違う魅力にたどり着くアイマス


本当はアイマスに詳しい友人及びはてな有名人に「アイマスについて教えろ」と言っても良かったんだけど、…東方ファンやパワポケファンとして言わせてもらうと、世界観が広大なゲーム自分なりの結論を付けるしかないと思うから、仮説を作ってそういう友達に聞いて、仮説を裏付けるのがちょうどいい


僕がパワポケについて問われたら、1012当たりの、あのド派手アクションパワポケが好きだと言うけど、野球が真面目に絡む1・2・8辺りが好きな人も居るからねぇ…。東方も…ネタだらけの二次創作原作雰囲気がなくなるから嫌いだし。アイマスもそういう意味では難しいテーマだと思う


僕の中では「男性向けゲーム」としてのアイマスの完成度はそんなに高くない。恋愛対象年齢じゃないし、エロ要素はあるにはあるけど、薄い本でやるかクリアする気持ちを捨ててのパイタッチからカグラには劣るし…コミュで考えるとギャルゲは他にある。そう考えるとアイマスは実は女性向けだと思った


調べていくと意外と女性に人気があり、男向けのその手のゲーム衣装カスタマできたり、キャラと会話できるゲーム)と比較したときに、アイマスがやけに異色で恋愛要素が少なかったため、女の子友達同士になる発想でやってるゲームとしての方が最適では?」と感じた次第です



あと、僕の中でわからないのは多媒体化されてるアイマスはどういったファンがメインになるのか?って事。アイマスって攻略対象ユニットになってるゲームソロゲームでカプで考える人と、自分アイドル関係で考えちゃう人がいると思う。そこらへんの論争を見てみたいなぁ…怖そうだけど



個人的にはね…アイマス萌え豚ゲーだと思ってた今日調べるまではモバゲーで「働いたら負けTシャツの人」に貢ぎまくる奴らのせいでキモオタゲーのイメージがあったわけです。…AKBとかラブプラス的な性的愛玩物的なイメージ



ええ、ごめんなさい。このまとめでなんとか勘弁してください><



※この文章2013年はてな村の誇るメルマガ大先生が書いたアイマス感想です。

2015-12-25

ハイスピード興行がこけたそうだが

見に来る層が求めているのはfreeのキャラ萌えだと理解していなかったのが敗因だと思う。

遙と真琴以外のキャラリストラして新キャラ投入、年齢も高校三年から中学1年のショタに変更、監督交代、渚と怜は女声優に変更してちょい役として出るだけ、タイトルもfreeを使わずハイスピード原作ライバルの宗介も出番大幅カットのちょい役でラスト主人公との対決すらカット

活躍キャラは唯と澪だけ、年齢はロリに変更、監督交代、他のキャラ声優変更、タイトルはおん☆がくに変更、こんなんやったらけいおんでもこけるわ、何でわからなかった。

内容も男監督ゆえか男キャラへの萌え情熱が伝わってこないし、freeより何だか爽やか上品青春アニメなのに遙と真琴の濃厚なホモはぶちこんでくるのでどう見ればいいのか解らない。

ハイスピードキャラファンや、遙と真琴のファンは喜ぶだろうし、出番は少ないけどラストに遙との絆描写が美味しかった凛のファンも喜ぶかもしれんが、他のキャラファンからしたら楽しめない。

なのに前売り券の特典商法ではfreeキャラをがっつり使ってきてるしなんの罠なんだ。

何で普通に大学編にしなかったのかな。

2015-12-06

のうりんポスターのうりんキャラを誤解しせずに知ってくれみたいなのを見たわけよ

からあの良田胡蝶ってキャラ名でぐぐってみたわけよ

そしたら資本主義の牛良田胡蝶とか言って露出しまくりな牛ビキニ乳首見えないのが不思議なところまでたくし上げて乳を露出してる画像や、銭湯すっぽんぽんで胸にリンゴを乗っけてる画像や牛ビキで首に鈴つけて発情顔で農場で四つん這いしてる画像なんかが出てきたわけですよ

キャラ萌えスレまとめみたいなんも見てみたら、ウサギを可愛がってる姿を写真にとられて脅されて、バニーちゃんの格好でダブルピースとかさせられて、しまいには乳に人参まれて、ウサギは服着てないからレオタードも脱ごうねーとか言われてるコミカライズまで出てきたわけよ

あれはエロアニメであり、良田胡蝶にしてはあのポスターなんか全然大人しいって解って貰いたかったんか?

2015-11-08

自分百合を好む理由を考えてみた

あらかじめ明言しておくと俺は男です。先日このツイート https://twitter.com/oriaso/status/662501171580395525 がTLを賑わせていた。これ自体はA群とB群それぞれの構成員の幾らかが違う動機からコンテンツC群を好んでいるところを指してAとBの構成員は同じだと言っているだけなのでどうでもいいのだけれど、この指摘を受けてふと思った。なら俺が百合を好むのは何故なのだろうと。

俺は処女厨なのだろうか→そんなことはない。これに関しては男女ものだろうと百合だろうと拘ったことはない。そもそも本当に処女厨が「女と女ならノーカン」という思考を持っているのかも疑問だ。

男には萌えられない。女同士なら二倍だからお得→やっぱこれもないと思う。というのも俺はBLも好む。男に萌えるのは余裕だ。

禁断の愛が好き→どちらかというと「女同士なのに」とは別のポイントドラマを配置されている作品の方が好きだ。今の百合トレンドって禁断の愛ではないと思う。

女同士はキレイ。男は汚い→ぶっちゃけドキっとするのはどちらかというとちょっとテカってる男の身体だからそれはなさそう。

というようなことをあれこれ考えているうちに、自分キャラクター関係性に萌えているということに気が付いて、俺ってそういえばキャラクタータッチしたり、キャラクターに話しかけられたりするのがしんどくて、それが理由で手を出せなかったりのめり込めなかったりしたゲーム結構あったということを思い出した。(似たようなことを言ってる百合厨がフォロワーにいた)

俺ってひょっとしたらキャラクターと関わることが嫌いなのかもしれない。で、こういう手合いって結構いるんじゃないのかなと思う。キャラ萌え関係萌えはできるけど、キャラクターと見つめ合うのに耐えられないタチの人間艦これアイマスで、歯を食いしばって『あなた』への語り掛けをしのいでる人間。俺って処女厨というよりも、男性性棄てたい厨なんじゃないのかな。

結局『あなた』として作品の中に存在したくないから、俺は百合(それとBL)を好んでいるのかもしれない。男女モノにはどれも『あなた』がいるというわけではなくて、男女モノを排除しておけば効率よく『あなた』にならずに済む。

俺は男性性を放棄できるから百合を好むのかもしれない

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん