「ピラミッド」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ピラミッドとは

2018-12-16

視野を広げること、これに尽きる

ピラミッド型のランキングでの世界イメージから脱して

現実世界の中で自分がどこに身を置くか考えられるように

でもたぶん彼は学生生活中には変わらないだろうし

その後もなかなか変わらないと思う

2018-12-13

anond:20181213231606

とてもわかるな。

俺の場合はその上で「今はピラミッド作りたいけど、たぶん途中で飽きてスフィンクス作りたくなるだろうな」って言う予感があるから絶対他人を誘えない。

anond:20181213231606

そりゃ人を取り付けるだけの価値のない夢なら誰も協力しないだろうな

俺もお前のピラミッドづくりなんか興味ないもん

しろ失敗してほしいとさえ思うわ

努力ができないっていうより対人折衝が精神的に無理すぎて詰んでるんだよな

ピラミッドを建てたいみたいな目標があったとして

一人で石を運んで積むような努力はまったく苦痛ではないんだけど

一人でピラミッドを完成させるなんて非現実的からそれを続けるのは客観的には無駄努力なわけで

現実的目標を達成しようと思ったら人を雇ったり協力を取り付けないといけないわけでしょ

うその時点でやっぱ無理ってなる

2018-12-11

ピラミッドセックスした人が居るらしいが、セックスされてそうで実はまだセックスされてない場所ってあるかな

皇居の前とかは割とひっそりセックスされてそう

自由の女神像とか多分セックスしてるな

ワシントン像の前とか微妙そう

国会議事堂セックスの実績はあるんだろうか?

俺の部屋のベッドもセックスしてそうでしてない場所なんだ。残念

ピラミッドの頂上でsexした男女について

https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20181208-00000097-jij-m_est&topic_id=20181208-00000097-jij

こいつら、こういう時だけは神を信じるんだな。

っていうか、こいつらにとっては神すらも憂さ晴らしのダシなのかよwww

2018-12-10

日本経済新聞社退職しました」を読んで

https://sisidovski.hatenablog.com/entry/2018/12/09/191500 を読んだ。

新聞社はもとより旧来型メディア特有の人事について理解をしておかないと、この退職エントリに関する事情を深く理解することはできない。メディア業界の置かれている環境エンジニア役割を正しく認識し、できるだけフェアな視点を保ち、注意深い筆致で書かれているが、やはりキーとなる一文がこれ。

人事異動に透明性と納得感があれば、あるいは会社を離れずに済んだかもしれない。」

先日のNTT武蔵野通研の退職エントリとは似て非なるもので、結果としてGAFAに行ってしまったのは一緒だが、給与から見通せてしまう先々の人生設計絶望したというわけでもなければ(日経給与一般産業界平均で見ても高め)、プアな社内環境絶望したというわけでもない。

旧来型メディアの人事は、編集局や報道局といった記者中心の組織に行われている。記者出身者を頂点に、会社組織ピラミッド構成している。人事部社員よりも、編集デスク部長の方が権限が強いのもしばしばだ。日経場合でいえば、総務局人事部より、編集局の方が権限が強い。編集局のお偉方の鶴の一声で、人事異動が通ったり通らなかったりする。編集局内にその論理が閉じていればそれでもいいのだが、他の局にも影響力を持っていることすらある。このあたりは『週刊ダイヤモンド』10月27日号の特集「メディアの新序列」に詳しい。

そうした状況の中、紙を中心に考えてきた記者あがりの上長や、上記のような異常な風習を是としてきた組織体制が、エンジニアデジタル系の人材特に中途採用)の業績を正しく評価し、キャリアパスを考えていくなどできるはずもない。旧来型メディア企業の、年次至上主義年功序列人事の中で彼らをどう位置づけるか。日経に関しては電子版がはじまった当時から何も決まっていない。

おそらく彼は、日経歴史をあまり知らないのだろう。成功事例になりうるビジネス認識されると、編集から落下傘的に「偉い人」がやってきて、その手柄をせしめるということが繰り返されてきたのだが、電子版でもそれがあったというだけだ。かつて電子版を立ち上げる準備段階でも、ここままいけば成功というのが見えてきたタイミングで急遽編集から人が降ってきた。また立ち上げ後も、電子版をリードしてきた人たちが急に子会社に飛ばされ、執行役員から外されることもあった。電子版が単月黒字になることが見えてからは、対外的広報活動に精を出して活躍してきた人に対し、編集もっと金を出せという圧力をかけると共に、突如なんとか長という謎の中間上長を上にかぶせて冷や飯を食わせている。

そうした人事に抗う人に対しては、懲罰解雇も恒常的に行われている。たとえばGoogleサービスは便利だし、今どきのエンジニアなら必ず使いたがるものだが、いちいち「クラウド利用申請」なるものを出さなければならず、それに違反すると譴責減給なども行われる。中にはデジタルなのに労働組合所属していたから目をつけられ職場を追われた人もいる(裁判になっているようだ)。また、退職エントリを書いた彼も席を並べていた時期があると思うが、不正アクセス禁止法などの罪に問われた社員もいた。会社姿勢に抗議する意味社員約3千人分の賃金データなどを外部に漏洩させた社員もいた。

双方の言い分を聞かなければ本当のところの事情はわからないが(中には明確に犯罪もある)、彼はそうした組織に身を置き続けるリスクを実感として感じていたのではないか。優秀なエンジニアから日本企業を捨ててGAFAへ、というのは一面的見方しかない。

2018-12-04

anond:20181204231840

雑草』という植物はないから『雑草』は差別語であると言う主張ですか?

底辺』というのは職業年収ピラミッドというものがあり、文字通り底辺(底面かもしれない)に接している職業あるいは年収人間の事を想定して言いましたが、では代わりに良い名称を教えて頂けませんか?

底辺』が嫌だと言うのなら、代替語を示して頂ければ今後はそちらを使用しますので。

2018-11-24

履修

秋2018

College Writing

新入生必須レポートの書き方みたいなクラス

話をしたり作品分析をしたりは嫌いじゃないんだけどレポートを書くのが死ぬほどしんどい

好きな映画について書き始めたけど見直しすぎてこの映画嫌いになりそう

教授ユーゴスラビア出身の人なのでアクセントが聞いてて気持ちいい

Intro to Philosophy

哲学(入門)

ソクラテスベースデカルトとかミルとか読んだり論法練習したり

哲学という学問に対するふわっふわしたイメージ払拭された

曖昧なことについて考えるのは好きだけど2-3年かけてみっちり勉強したいほどではないと思ったので専攻候補から除外

Intro to Art History

石器時代から始まる一番古い時代世界美術史

洞窟壁画とかから始まってピラミッドとかギリシャ彫刻とか仏像かについて学んでる 

美術は好きだけど興味があるのは絵画から建築彫刻ばっかりのこのクラスあんまり面白く感じなかった

でも「アートって何だろうな」みたいなのがちょっと分かってきた気がする

・Multilingualism

アメリカの多言語環境についてのクラス

この国で使われてる言語、他の言語から受けた影響、方言文化グループ等について学んでる

正直クソ面白くて入学前には視野にも入ってなかった言語学に興味が湧いてきてる

あと教授が採点ゆるゆる天使

・Applied Calculus to the Social Sciences

微積分?のクラス 応用問題としてリアルシチュエーション文章題とか出てくる

死ぬほどつまらないし教授何言ってっか分かんないしリタイヤしてしまった

申し訳ないしもうちょっとしっかりしたかった

冬2019(予定)

・Drawing 1

副専攻として美術やりたいし最近絵書いてなさすぎて画力心配から基本的なとこから始める

春2019(予定)

Intro to Sociology (社会学

Intro to Cultural Anthropology(民俗学

Intro to Linguistics(言語学)

・Writing about Performance(レポートの書き方、演劇ダンスが題材)

Color Theory(色彩理論)かPainting 1(油絵)のどっちか

他に取ろうと思ってる必修(一般教養?)

理科天文学解剖学

理科2:心理学(入門)か心理学の「アメとムチ」ってクラス

理科応用:Data and Society (データ社会)

数学(再挑戦):Excelコンピューターサイエンスの入門

文学翻訳で読む日本文学

そろそろ一般教養を取り尽くしてしまうので専攻を決めないとまずいところだが分からん

法学とか医学とか暗記だらけのエリートルートは無理だしエンジニアリングとかコンピューターサイエンスとかのそこそこ高給安定ルートも興味が持てない 

2018-11-13

anond:20181113112941

たまにピラミッドで大ヒットとばすし。

エネチケーより専門家の扱いが丁寧な教養番組が続いてるだけでかちあるだろ。

大抵のオチは尻窄みでもな。

2018-11-04

フェミニズムが反発される理由 = 雑な一般

という側面があると思う。少なくとも俺にはそう。

よくあるワードの「男性社会」。権力を持った層が弱者を抑圧・搾取するといった感じだと思うんだけど、これ「雑な一般化」の最たる例。

事実として、抑圧側の構成要員が男性であることが多いと思うし、女性が被抑圧側にいる事実に憤りを感じるのも正当だと思う。

でも、それと同時に 抑圧され搾取されている男性も 実に多数いるわけよ。権力ピラミッド構造から上部は少数。

この構造問題議論する際に、被抑圧側の男性にとって見ると、この構造を「男性社会と名付けるのは雑な一般化でしかないよ

ラディフェミが暗躍していた時代が長いせいなのか、「これだから男は~」的な論点意見が多いけど、

あなた方がその問題議論する際の男って、男性全体の何パーセントの話ですか?男女煽りして楽しいですか?

2018-11-03

anond:20181103211555

俺は男尊女卑なんてのはなく、実際に弱い人間がいて、それと相対化する形で強い人間像があると思う。

まり強い人間像っていうのはピラミッドを前提にしていて、現実世界ヒエラルキーがあれば魅力が発揮される。

2018-10-29

anond:20180122113608

「俺と一緒の墓に入ってくれ!(๑˃̵ᴗ˂̵)」

勿論、ピラミッド型な!

2018-10-23

狭い沼の狭い理由お話

真夜中に腹が立ってきて書き散らしたくなった駄文個人的気持ちも入っていると思う。だけれども、誰かしらに発したかった気持ちをつらつらと並べていこうと思う。

私が最近活動しはじめた沼は新しく出たキャラ相手主人公のカプだ。

話題にもなったし、未だに腐カプの方は盛り上がっている。

一方、NLCPの此方はといえば陰りが見えてきている。

創作SNSに上がる作品も、それに対する反応も減る一方だ。

そうなった原因として個人的に思っていることを吐き出す。

まず、最初の頃は皆で盛り上げていこう、下手でも何でもいい、好きを表してくれと先人を切った人が声を発してくれていた。

それに後押しされた人も多いだろうし、私も書き始めは知らなかったものの、後で知って皆で楽しんで創作を盛り上げる姿勢賛同した口だ。

それが何時からか、何人かとても人気が出た書き手が現れてから沼内の空気が変わってきた。

人気なだけあって文章もとても上手いし、何より筆が早い。あっという間に次々と活動を広げていく彼等は沼の灯台のようになっていた。

ただ、狭い沼だ。その何人かの動きに合わせてお祭り騒ぎが始まる。それについては個人自由だし、それも創作醍醐味だ。人の繋がりを広げて技術を磨くこともSNSの強みだろう。

しかし、同時に狭い沼内の同調力のようなものが働いて作品品評会のような空気が漂い始めてしまった。

上手くない人間作品を出しづらい雰囲気が出来上がってしまった。

比較する対象や水準を高純度の彼等に合わせてしまいはじめた。

それでは走り出したひよっこ達はどうなるのだろう?

最初から飛べる鳥は居ない。私だって台本書きから成長してきた人間だ。

書く前から書き手から資格を奪わないでほしい。

二次創作は誰でも好きを表現出来ることが強みだろう。

誰でも気軽に好きをぶっ格好でも形にして発信できるコンテンツのはずだ。

それを、最初から入り口を狭めてしまうような雰囲気にしてしまうのはどうなのだろう?

最近は新しく筆を取る人どころか入ってきてくれた書き手も横の繋がりを苦しがって抜けていった。

私も好評は得ているが息苦しい。

比べなければいい、気にしなければいい話なのは解る。

実質負け惜しみに聞こえるかもしれない。

ただ、此所で私があの沼の雰囲気で感じ取って叫びたくなってしまたことを書き連ねている。

あの狭い沼の中で狭いピラミッドを築いた結果が新規参入者の淘汰と中級文字書き達の流失に思えた。

どうして自由な好きを表す場に上下と水準を求めてしまうのか、それだけが残念だ。

上手い下手は確かにある。人気のあるなしだって目に見える。

持って生まれた才能や覆らない技量だって当たり前にある。

だけれど、下手の横好きが許されるのびのびと書き手が放牧された場を用意しない限り、きっとあの沼は枯渇する。

美味しいものだけ食べていたいのは解る。だけれど、不味いもの最初からお断りのような高級レストランを掲げるようなことをしていては料理人たる書き手は入るに入れない。

せめて人の好きを見守ってあげられる環境さえ出来ればな、と、真夜中に活動ジャンルへの不満を書き散らしている。

どうか読んでくれた書き手さんが居るなら、聞いてほしい。

貴方の好きを沢山書き表してくれ。

上手い下手なんかどうだっていいんだ。

書かなきゃ何も生まれない。

下手でも誰かが書かなきゃそのCPは生まれないんだ。

もし読み手貴方に届くなら聞いてほしい

だって最初から文字も絵も書けない。最初クレヨンで書いたヨレヨレの文字なのか絵なのか解らないものから人の創作は始まる。それを笑わないで欲しい。見守ってあげて欲しい。書くのをやめたら終わってしまう。誰かの発展途上を止めるようなことをしないでくれ。

どうかのびのびと誰しもが好きを形にして出せますように。

私が願っているのはそれだけだ。

まぁ、ぶっちゃけ沼が枯渇したら死んでしまうっていうのが8割りを占めているから焦ってるのもあるけどな!!!

だって人材を育てないと無くなる。会社と一緒。新卒社員を温かく迎えて困ってること聞いてあげるのが数年後自分中間管理職になったときに居る環境の違いだと思わない?

頼れる後輩たちが支えてくれるのと、入っては消えての初心者ばかりの部下に支えられるの、どっちが楽か解るよね?

今の沼の未来を整備しているのは読み手書き手も一緒。自分さえ良ければいいじゃ枯渇する。

言いたいことはそれだけ。

真夜中に読んでくれてありがとう。昼かもしんないけど。

貴方が沼の整備の一端を担ってくれることを祈ってるよ。

ちっぽけな一読者であり書き手の私より。

2018-10-22

AmazonGoogleFacebook競争はさせるが育てることをしないのが嫌い

お金をちらつかせて、利用者同士で競争させて、ピラミッドを作って階層固定して、

紳士的な振りして近づいて、自分達のサービスから自由なりたければお金を払えといって、

自分達の利益になる人達にはダイバーシティといい、ホームレスには自己責任だと歌い、

本の民主化だと歌うが作り手を育てることはせず、音楽民主化だというが作り手を育てない。

2018-10-21

anond:20181021170611

10ピラミッドの4段目とそれ以下を底辺というなら、そうなんじゃない?

2018-10-15

anond:20181015152135

表向きは倫理理由としてあるだろうけどある程度個体数がいれば必ず何らかの尺度ピラミッドができて

ピラミッドを立てて維持するには個体数が必要からじゃない?

現代社会ではピラミッドの上の人たちが表立って「お前らは土台として必要だ」って表立って言わないだけだと思う

2018-10-14

anond:20181014230109

単純にピラミッドの面積(体積)の違いですよ

面積が大きい方、つまり英語で書かれた文章の方が、検索結果でトップに出てくる記事クオリティもおのずから高くなる

2018-10-04

anond:20181004041738

周りが優秀な人たちばかりだと辛いね

大丈夫。下には下がいるよ

それも沢山

ピラミッド型だよ

2018-09-13

SIerがやってるような規模の開発とか運用保守とかって

もうあんまり流行らない話かなーと思いつつ時々思い出したかのように話に上っては叩かれたりする話題

いわゆるSIerってピラミッドの頂点付近底辺付近とでもはや全く違う業態なんだけど「SIer」で括られるからややこしいんだよね

案件の規模が馬鹿デカくて1~3年とか下手すると5年近くフェーズ分けてやってるプロジェクトって

多重請負なくしたらどうやって実現していくのかいっつも気になる

ユーザー企業そもそも自分たちに人も技術もないか外注するのでユーザー企業が全部やるってのは現実的には無理だし

(もちろん内製化して良い感じになってる企業はたくさんあると思うんだけど)

かといって一次請けである大手SIer自分たちだけでどうにか出来る規模も超えてるように思うし

みんな横並びになればいいのかな?ユーザー企業がA社、B社、C社の3社で一緒にやるように!って言うとか

でもさピラミッド底辺側(SES)はやべーぞやべーぞと言われ続けてるのにそこまで構造は変わってない気もする

外野から見たらSI構造は悪だ!殺せ!なんだけど中にいる人達ってそこまで不幸でもないの?どうなの?

自分も含め国民安心して生活するために“当たり前”に24時間動いてるシステムとかあれとかこれとか

そういうのって勝手に維持されてるわけじゃないし人手もいるしほんとに全部死んじゃったら

水道ひねっても水出ないし、スイッチ押しても電気つかないし、110番119番しても繋がらないし、

飛行機も飛ばないし、電車も動かないし、住民票も出せなくなる気がして…

そういうのってWeb系の人たち助けてくれないでしょ?それともやろうと思えばやってくれるのかな

ジャニーズJr.黄金期の3人が去った

滝沢秀明今井翼、そして渋谷すばる

この三人がメインに居たジャニーズJr.は強そうだった、というか強かった。

当時の人気に今のジュニアが迫れたことは一度も無い。

同い年の三人。この世代は嵐と関ジャニ∞あたりが含まれる。凌ぎ合いが激しかった世代なので、おのずと個々のアイドル能力芸能能力は高い。

まさか…その中でこの三人が真っ先に去るなんて思いもしなかった。

タッキージャニーズJrを引っ張っていたのは、ジャニーズファンには有名な話だ。

彼は十代のころからJr.プロデュース業を一任され人気が出そうなジュニアを選び、曲を与え、組み合わせを作り、真ん中に立っていた。

趣味という名の仕事MVを撮っていたこともあれば、番組OP映像を作っていたこともある。

そこに寄り添うように居たのが今井翼だ。今井が嵐のメンバーから漏れときはびっくりした人が多かった。が、人気ゆえだったのかもしれない。

(嵐はピラミッドの頂点というよりも二軍、三軍に居たメンバーを集めたグループだった)

デビュー前の早くからタッキー&翼の二人のセットは見られていた。

今井特にJr.全体では受動的なキャラ大人しいほうだったが、滝沢指名で一緒にデビューすることになった。

滝沢本来ソロデビューする予定だったのだが、指名できるくらいには事務所に一任されていたといえる。

タッキー&翼がデビューしたときに残されたのは渋谷すばるだった。彼は滝沢の次に人気があったのだ。

滝沢渋谷は仲も良かったので、デビュー当初は勘違いした人も居たらしい。

その際不仲説もあったが、誤解だったことを去年テレビで二人で話していた。

渋谷にもソロバンドデビュー話があったようだが、紆余曲折で悪いタイミングも重なり中止になったらしい。

その後、先輩たちの不祥事が続いた関西ジャニーズ復権のために横山村上と共に大阪活動を始めることになる。これが後の関ジャニ∞になる。

伝説的な三人だった。ピラミッドの頂点に居る三人だった。

数百人以上のジュニアの中で真ん中に立つことと、デビュー組で真ん中に立つことは、どちらが凄いのだろうか。

大勢の同世代をバックにセンターに立って絵が締まる。そこには誰の文句もない。言わせない。それだけの気迫とオーラがあった。才能だった。

それが故に浮いていたことも事実だ。同世代でさえ彼らのことを話すときは凛とする。彼らの背中はいつも孤高があった。

まだ驚きが勝っていて言葉が締まらないが、もう一度だけでも彼らがセンターに立つあの世界を見てみたかったと思う。

もう言っても仕方ないのだが。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん