「全共闘」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 全共闘とは

2021-04-06

anond:20210406203601

全共闘世代オタクも好きだったから単に世代を超えてみんな好きなんじゃない?

2021-03-19

anond:20190425171957

でもぶっちゃけ全共闘三島由紀夫の間には全共闘現代左翼三島由紀夫現代右翼の間にあるほどの距離はないよね。

問題認識は左右で真逆でも解決手段暴力であるという点では共通してたし、なんかわかり合っちゃってる感じはあったわ。

2021-02-09

anond:20210209073355

全共闘まじで浅慮な連中が衝動的に騒いでただけだしな。

バカを露呈して終わったから恥なんだよ。

2021-02-04

anond:20210204160957

テクノクラートというか

ある程度知恵のあるサル内ゲバ大好きだな

全共闘といい最近マウント合戦といい

やっぱりサル本能が残ってるんだろうね

2021-01-31

anond:20210131231957

全共闘の例があるし日本人も一回火がつくとあれくらいのことは出来るはずなんだよな。

2021-01-18

anond:20210118111748

リアタイ全共闘経験してる大学生今75歳以上だしこんなとここない

anond:20210118154831

高校生にとってはオウム事件なんて生まれるずっと前なんだから完全に意味不明なんだよな。

今の30~40代全共闘三島由紀夫の話してるようなもんだぞ。

anond:20210116185452

パンナイフとランプを鞄に詰め込んでるのは、父さんじゃなくて自分だ。

まり元増田全共闘・・・

2020-12-07

菅とか安倍とか竹中とか

戦前右翼ならぶっ殺してたんだろうと思う。

自己責任」ってつまり反国家から

三島由紀夫全共闘にある種のシンパシーを持っていたのはそういうところ。

国家国民を慈しむべきコンセプトであるという意味では、右も左も同じだったのよね。

天皇制を維持するかどうかということを除けば。

2020-08-05

anond:20200805145809

つっても全共闘世代機動隊火炎瓶投げてたじゃん。

平成デフレが長すぎて暴れるだけの金の余裕がなくなっただけや。

2020-07-06

anond:20200706094425

まあ世代が変わりゃ価値観なんてガラッと変わるよ。

日本人とか日本的価値観とかそういう言葉もせいぜい最近10年〜20年くらいでしか通用しないと思うわ。

今ほど節約気質日本人バブル期にいるわけないし何があっても暴動を起こさないみたいなのも全共闘世代には当てはまらないわけだし。

2020-07-02

積極的野党支持者に対して

 前述しておきますが、私は自民党支持者ではありません。社民共産、旧民主及び非主流派野党積極的不支持者です。

https://www.nhk.or.jp/politics/articles/feature/26402.html

 去年の古い記事になりますが。

 まず、この程度の覚悟認識政権交代を語る時点で論外です。

 政権運用に関して最も重要及び基礎となるのは前政権国内及び諸外国と結んだ公約の実行です。政権が変わったからといって実現段階まで進んだ契約簡単反故にするような国家を信用することは出来るでしょうか。

 また、政権交代に拘るあまりに、政権運用する際のビジョンに欠けること。(これは以前の政権交代の際も同様でしたが。)実現不可能公約公約ではありません。詐欺です。

 また、先の公務員定年延長法案における会議にありましたtwitterという不特定人間意図的数字を水増し出来るようなモノを根拠として挙げるのは無能極まる行為です。全共闘の頃からですが、法学科学といった実証及び学問否定無視することは政治に関わるというより教育を受けた人間としてありえません。反ワクチン同義です。日本国における民意選挙によって示されています

 反原発運動に関しては、東日本大震災での反応からアレルギー同然に拒絶反応を起こしていますが、正当な根拠に欠けています

まず、決して安全性保証されていないという悪魔の証明要求していること。次に、代替として挙げる再生可能エネルギー環境負荷日本国内における発電単価及び自然災害への対策不備といったデメリット意図的公言していないこと。最後に、次世代エネルギー開発に対する時間資金無駄として切り捨てていること。これらあまりに無教養非科学言動もまた教育を受けた人間としてありえないことです。

https://yaruonichijou.blog.fc2.com/blog-entry-41636.html

平成24年度の参議院自由民主党民主政権検証です。(スキャン済)

そして何より、以上のような批判を受け止めることな発狂染みた暴言を繰り返すことです。

例え敵対陣営から批判であっても他者から意見を聞くことの出来る知性は人間として必要不可欠なものです。

日本赤軍のような内ゲバを繰り返していることとか、他にも色々あるけれど大枠としてこのような政治家を信任して投票できるでしょうか?

2020-06-01

朝日新聞戦前は嫌がる軍部戦争を駆り立てられたのに

今は、安倍政権支持率を落とすことはできても、国民扇動できる力が無くなったことは自覚しているのかしら。

推しの立民や共産国民支持率は上がらず、意に沿わず維新が上昇してるし。

戦前扇動できた(盛り上げた)けど、旧民主下野して以来、自公批判しかしてない。それでは無党派層が増えるだけなのだが。

しかもコアの支持者の都市部全共闘世代護憲派)はキモチワルイ運動しかしていないし。

戦前戦後朝日新聞は負しかないような気がするのだが、どうなんだろう。

2020-05-30

anond:20200530183131

元増田です。

回答ありがとうございます

左派政党中小零細企業層の支持を取れてなさそうなのは感じ取れました。

やっぱり左派は昔の全共闘と同じ高学歴だけど体制派が嫌いな人たちなのかな。

朝日新聞読者と重なる層。

でもそこは有権者数少ないのでもう少し政策考えた方が良いだろうね。でも公明党与党いるかキツイかな。

とにかく与党叩くだけじゃ勝てないから。なんかしらで頑張ってくれ給え。

2020-05-16

anond:20200516122120

左翼活動はもはやインテリ独りよがり言葉遊びに堕しているのではないだろうか

そんなの戦前非合法共産党新左翼全共闘安保闘争時代から、ずっと変わらない。

机上の空論ばかりやってるんじゃない!ってソビエト共産党からお叱りを受けたことが何度もある。

2020-02-25

上野千鶴子全共闘世代から、それに慮ってこんな真っ赤っかで共産主義っぽく闘争めいたデザインにしてんの? すげえな1960年代なの? レナウン・イエイエ娘?

2020-02-24

Twitterが生む孤独運動

政治運動の基本は仲間作りだ。

議会の中では、自分の仲間(党派派閥)をどれだけ増やしていくか。

議会の外では、自分の党のために活動してくれる人をどうやって増やすか。

それは左翼団体右翼団体インディーズ政治運動でも同じで、

中核派YouTubeやっているのも、若い仲間(同志)を増やすためである

外山恒一が書いた「全共闘以後」という本でも、活動家は色々な手段で、仲間を見つけ繋がろうとする。

仲間を作る=徒党を組むことから運動は始まる。

ひとりでは何も出来なくても、信頼できる仲間が増えたら、大きなことだって出来るようになる。

仲間作りは地味な作業だ。ビラを配ったり、勉強会を開いたり。

でもそういうことの積み重ねから、色々なことが始まるし、信頼関係生まれる。

しかTwitterが普及してから事情が変わった。

仲間作りができなくても(しなくても)バズりさえすれば、大量の人を動員できるし、自分活動マスコミの取り上げられたりする。

旧来の運動では、能力的にリーダーになれなかったような人でも、Twitterでの運動ならリーダーになれたりする。

けれど、Twitterでのブーム一過性のものが多い。

どっと人が集まるけども、さっと人がいなくなる。

仲間作りをしなかった(できなかった)Twitter活動家はあっという間に孤独になってしまう。

信頼できる同志も、頼れる組織も何もない。

Twitterは砂上の楼閣的な運動可能にしてしまった。

Twitterという悪魔契約した魔法少女としての活動家。

2019-10-24

anond:20191024160050

三島由紀夫全共闘に呼ばれて講演をやった動画YouTubeにある。

そこで三島由紀夫は「諸君天皇天皇だと、ひと言言ってくれれば、俺は喜んで諸君と手をつなぐのに」

と言っていた。

日本という概念から脱却して過去と断絶したがる全共闘学生と、過去との連続性にこだわり「日本はいくら背伸びしたって日本人なんだよ」と受け入れる三島由紀夫の構図が印象的だった。

文字起こし

https://note.mu/news23/n/nb7cee2963258

2019-07-23

anond:20190723174120

ネトウヨ仮想敵は「団塊全共闘」「日教組」「在日(が支配するマスコミ)」だったからね。

それらを「権力」だと思いこんで、それらに反対する右翼的思想を「反権力」だと思い込んだ。

要するに、親と教師にガミガミと言われるのが嫌だったから、

自分たち肯定してくれる優しいおじさんを信じたわけだ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん