「妙齢」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 妙齢とは

2019-07-12

「おばさん」じゃないおばさんの呼び方っていいのある?

中年&年配の女性を指す言葉で、話しかけたりする時にも使える「おばさん」以外の表現が知りたい。

かい言葉ありますか?

---

追記

さっそく反応もらえてありがたいです。

2019-06-21

人生分岐点

うんこ味のカレーカレー味のうんこ、もしどちらかを絶対に食べなきゃいけないとしたら、どちらを選ぶか?

おそらく物心ついた時分に、誰もが一度は直面したことのある命題だろう。究極的にプリミティブなトロッコ問題とも言えるかもしれない。

僕の答えはここ20年くらいのあいだ変わらなかった。迷うことなく、「うんこ味のカレー」だ。なぜか?それはうんこを食べたくないからだ。うんこの方は、いくらカレー味であったとしても、あくまで"カレー味"でしかない。つまりうんこうんこだ。僕はうんこは食べられない。なんかいろいろな尊厳を失いそうだし、わけもわからず親に謝りたくなると思う。

ところがつい最近、僕はこの命題について、もう一度しっかり考えてみた。なぜそんなことを今さら考えるに至ったか自分でもよくわからない。仕事を辞めてから先、平日の昼間なのにベッドに寝そべって天井の模様を数えたり、フローリングの継ぎ目であみだくじをしたりという生活を送っていたことが何か関係あるかもしれない。

まず、食糞のものについてちょっと調べて考えてみた。

僕は大人なので知っているのだが、世の中にはスカトロジーという性癖がある。つまり、排泄行為や糞尿に対する性的嗜好だ。前に友達とふざけ半分でスカトロAVを観たことがあったのだが、そこでは見た目は還暦手前くらいの歳なのに、何故かシワが全くと言っていいほど無いツルツルの奇妙なおばさんが自分の出したうんこ自分で口に詰め込み、体に塗り、何が楽しいのかオットセイのように絶叫していた。しかも一度だけではない。その回数、3時間映像内でゆうに4回。こういう人ってふだんどういうことを考えて生きているんだろう。

妙齢女性が4回は食べられる、ということは、おばさんのポテンシャル抜きに考えても意外な結果だと思う。これだけでも僕のうんこに対するハードルがだいぶ下がるような気持ちだった。

ネットで調べただけの知識にすぎないが、大小や形状あれど、うんこ致死量はおおむね"一本"らしい。この致死量あくま仮定しかない。

例えばカフェイン致死量は400mgだが、これはコーヒーカップ4~5杯分にあたる。コーヒーが大好きな僕などは、ファミレスに行くとそのくらいの量は全然余裕で飲んでしまう。

さらスカトロものAVでは、女優さんは撮影前後ちゃん抗生物質を飲んでいるらしい。よく考えたら当たり前だ。万が一体になにかあったら大変だ。僕の前働いていた会社では、うんこを食べて何かあったとしてもおそらく労災すら降りない。僕の会社うんこを食べる業態ではなかったのだ。AV業界福利厚生がしっかりしているな。だからこそおばさんも安心してオットセイになれるのだ。

話が少し逸れてしまったが、なにも毎日カレー味のうんこを食えと言われているのではない。究極の選択、つまりここぞという時、マジでどっちか絶対食べなきゃいけない時にどちらを選ぶかということだ。

ここで"うんこ味のカレー"についても、もう一度考えてみる。

僕はもう子供じゃないので想像ができる。みんなも想像してみてほしい。うんこ味、ということは香りももちろんカレーではないはずだ。

ここで更にマズいことが起こる。カレーというものは大抵の場合においてホッカホカだ。もう言わずとも分かると思うが、加熱により香りが倍増したそれが、白いごはんと一緒に目の前にあったらどうだろうか?僕はもう無理、いろいろと無理だ。不快感うんこ単体に対するそれの比じゃない。においは人の記憶と深い関係があるというが、きっとこちらを選択してしまったら死ぬまで忘れられないだろうな、と思う。例えば大きな仕事を成し遂げたとか、婚約だとか、この先の人生で何か節目となるような喜ばしいことがあったとしても、その度にふとこの選択肢を取ったということが頭によぎって背すじがピンとしてしまうだろうし、死ぬ直前にも絶対走馬灯で出てくると思う。香り付きで。

からきっと、実際にカレー味のうんこが目の前に出てきたら、僕は完食はおろか近づくことすらままならないはずだ。

と、あまり積極的理由ではないものの、僕は齢28にして"カレー味のうんこ"という選択肢を初めて手に取ることができた。

大丈夫致死量あくま仮定しかないし、抗生物質だってある。においも味もカレーしかないのだ。もしためらいそうになったら、カレー味でもないのにうんこを4セット食べるあのおばさんのことを思い出せばいい。きっと一歩を踏み出せる。

なんなら、うんこを食べたって事実ネタになる。"うんこ味のカレー"と違って、"カレー味のうんこ"は"うんこ"なのだ子供の頃こそ、うんこ=悪みたいな風潮で、小学校トイレうんこをしただけで重罪人みたいな扱いだったが、もう僕たちは分別のある大人、しっかりとした判断ができる。うんこは罪ではない。うんこおもしろい。数少ないが仲の良い友達だっているし、きっと笑ってくれるだろう。食糞という体を張ったネタを、あのカレー味がアシストしてくれる。そう思うとうんこって食べ得じゃない?

だいいち僕は無職だ。端的に言って死にたいのだ。大した経歴もないし仕事もできない、社交性もなければこれといって好きなこともない。もうすぐ30歳。はやくバイトに行けばいいのに、平日の昼間からカレー味のうんこはどうだろう?」と一生懸命考えている。もう死んでもよくない?うんこ食って死んで誰かに笑ってもらえたらそれはそれで嬉しい気がする。親とか尊厳とかどうでもいいだろ。

そういうわけで、いまの僕は究極の選択を迫られた時、「カレー味のうんこ」を選ぶことができます。年齢を重ねると今まで分からなかったいろんなことが見えてくる。みなさんも大人になったいま、よかったら改めて考えてみてください。新しい発見があるはず。

僕はそろそろ日払いのバイトに行って小銭を稼ぎます国民健康保険とか住民税とか払わなきゃいけないので…。誰にでも明日はやってくるんだよなあ!!

2019-06-17

anond:20190617060224

妙齢女性たちだから

偶像として崇め奉るのには微妙になってきただけだろ

あと10年もすれば神格化できるわ

2019-06-15

[]anond:20190615104800

結婚した後輩が憎い

職場の後輩が結婚した。

彼氏いる素振り全然なかった。今思えばいるともいないとも言ってなかったんだけど。

後輩は戸田恵梨香を暗くしたみたいな感じで、まぁまぁ可愛いけど地味だし飲み会でも一切そういう話に乗ってこないかモテないんだろうなって確信してたし、妙齢独身仲間だと勝手に思い込んでた。

「周りがどんどん結婚して焦っちゃうと思うけど、この歳になれば気になんなくなるよ!」とか聞かれてもいないのにアドバイスしてた。

飲み会では調子に乗って自分ワンナイト武勇伝とかマッチングアプリのコツとか熱く語ってた。

別の同僚に聞いたんだけど、後輩の実家金持ちで、結婚相手医者らしい。いつもお弁当作ってきてて節約ですとか言ってたからてっきり金ないんだと思ってた。

増田さんも戸田さんに続かなきゃねーとか周りには言われて。

憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い。

結婚したことが憎いんじゃない、実家金持ちなことも相手がいることも隠されてて、こっちが勝手勘違いして先輩気取りで色々言ってたことを止めてくれなかったことが憎い。

結婚した後輩が憎い

職場の後輩が結婚した。

彼氏いる素振り全然なかった。今思えばいるともいないとも言ってなかったんだけど。

後輩は戸田恵梨香を暗くしたみたいな感じで、まぁまぁ可愛いけど地味だし飲み会でも一切そういう話に乗ってこないかモテないんだろうなって確信してたし、妙齢独身仲間だと勝手に思い込んでた。

「周りがどんどん結婚して焦っちゃうと思うけど、この歳になれば気になんなくなるよ!」とか聞かれてもいないのにアドバイスしてた。

飲み会では調子に乗って自分ワンナイト武勇伝とかマッチングアプリのコツとか熱く語ってた。

別の同僚に聞いたんだけど、後輩の実家金持ちで、結婚相手医者らしい。いつもお弁当作ってきてて節約ですとか言ってたからてっきり金ないんだと思ってた。

増田さんも戸田さんに続かなきゃねーとか周りには言われて。

憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い憎い。

結婚したことが憎いんじゃない、実家金持ちなことも相手がいることも隠されてて、こっちが勝手勘違いして先輩気取りで色々言ってたことを止めてくれなかったことが憎い。

2019-06-14

40歳近くで結婚してないのは恥らしい

地方都市に住んでいる

自分は、未婚の37だ

そろそろ40の声が聞こえそうだ

知人やら親戚中から言われる

「40手前なのに結婚もしてないなんて……恥ずかしいと思わないの?」と、上司にも「早く嫁さん見つけろよ!」と毎日のように言われてる

ここは、地方都市なだけあって結婚は早いと思う

同級生は遅くても30前後には結婚していたし

結婚ってなんだろう

そもそも女性と付き合ったことがないのだ

この歳で

ここまでこじらせてしまった自分には結婚なんて不可能なんだろう

妙齢女性と話すと挙動不審になるし

いつまでもこの地域では欠陥品のような扱いを受けて生きていくんだろうなと感じた

2019-06-06

ポリコレ配慮したロリエロ漫画シナリオ

私は妙齢サキュバス。男の好みに姿を変えて精液を搾り取るのだ。

サキュバスレーダー(アホ毛)は性欲の強い男に反応する。早速性欲の強そうな男が来たぞ。見た目は小綺麗にしているが、サキュバスにはそんな擬態通用しない。こいつはなかなか爛れたプライベート生活を送っていそうだ。

さらサキュバス・アイは対象性癖をも見透かしてしまうのだ。こいつ、ロリコンじゃないか!当たりだな。清潔な見た目は禁欲生活の現れだったかしかしこれほどの性欲だ。本物のロリビッチに誘われて我慢できるわけがない。

「お兄さん…私といいことしない?」

乳首をチラ見せする。男はものすごい剣幕で詰め寄ってきた。

「誰にそそのかされたか知らないけど、二度とこんなことしちゃダメだよ」

ここまでは想定内だ。すぐに化けの皮を剥いでやる。

「違う違う。お兄さんちょっとかっこいいから、一緒に気持ちよくなりたいなーって思っただけ。あっ、お金もいらないよ?」

「だとしても、こういうことは大人になってから…」

子供扱いウッザ…そういうの差別だと思うんですけど」

「と、とにかく相手は選ばないとダメだよ。乱暴な人だっているんだから

「お兄さんは優しいよ?…っていう話じゃないのはわかるけどさ。もー私がお金うから!お願い!それでもダメ?」

「……僕はそういうの興味ないから」

アレ〜〜〜?おかしい……レーダーはビンビンに反応してるのに。このまま諦めるのはサキュバスの誇りが許さない!

男はちょうど帰宅するところだった。

「ただいまー、って誰もいないか

「へー。これがお兄さんのお家か」

「うわっ、さっきの子!ついてきたのかい!?

「お邪魔しまーす」

「君ねぇ…人の家に勝手に上がり込んだらダメだよ。それで何か用かな?」

今日パパもママも家にいないから退屈なんだよねー」

「そんなことで…」

「変な人が家に来るかもしれないし。お兄さんが守ってよ」

「…友達の家とかは?」

友達いなーい」

警察に」

「そしたら私、警察沙汰のトラブルメーカーじゃん。やだなー、それ。家出ですらないんだよ?ちょっとお泊まり会するだけじゃん」

「泊まっていくつもりなの…」

突然だが、サキュバスレーダーエロ本えっちおもちゃなどの性的アイテムにも反応するのだ。

「ねぇお兄さん、これなーに?」

ベッドの下には幼女とらぶらぶえっちするエロ漫画があった。

「やっぱりロリコンだったんだ?私、そういうのわかるんだよねー。ねぇねぇ、この漫画と同じことしてあげようか?」

男はとうとう泣き出してしまった。

「泣くほど嬉しかったのかな?」

「もう帰れよ!これ以上踏み込んでくるなよ!」

男は泣きながら突然怒り出す。予想外の反応だった。

ここで男の人回想シーン

男は現在教材関係出版社に勤めているが、元は教師だった。男はロリコンではあったものの、それとは別に子供健全な育成と教育に興味を持つ使命感の強い男だった。男は使命感があれば性欲は抑えられると高を括っていた。しかし、悶々とする日々に罪悪感が増していき、職務中に勃起しているところを生徒にからかわれて仕事を辞めた。

「人の心は変わるもの。今はそれが良いと思って選択しても、後で後悔するのが人間というもの。まして子供ならなおさらだ。性交渉には必ず危険がつきまとう。今回がたまたま安全相手だったとしても、いつもそうとは限らない。避妊成功するとも限らない。安易成功体験を与えて、常習化していけない。性行為には依存性もある。酒もタバコ20歳からゲートウェイドラッグとして機能させてはいけない……」

男の自制心は崩壊寸前だった。しかし、おそらく彼は、子供に手を出すくらいなら死を選ぶだろう。

「…実は私、成人してるんだよね」

「はぁ?バカにするのも大概に…」

人間の年齢で言うとアラフォーくらい?サキュバスからもう300年くらい生きてるけど」

そして本当の姿を見せる。男は目を丸くする。

「だから安心して?我慢しなくていいよ?」

この辺で適当えっち描写

「私、あなたのこと気に入っちゃった。これからも時々来てあげるね」

2019-05-19

anond:20190518223903

蓋然性の話

年齢差、属性などで、当たり前のように変わる話

40歳年上の女性から性的に狙われる可能性とか、両親から性的に狙われる可能性とか

そういう中で、「妙齢の親しい異性」をぬいぐるみのように無害な存在として、自分絶対被害者として設定するのが「ぬいぺに」という概念

同性、年齢差、家庭持ち、家族、などの条件がつくほど、ぬいぐるみ度は高まっていき、世間同意は増えるだろうが

23歳の親しい独身男女という場合相手ぬいぐるみ設定するのは、「相手自分に惚れてるかも」と思うのと一緒

2019-05-08

労組執行経験者が内情を暴露する

のがちょっとしたブームと聞いたので、ちょっと前まで組合執行部をやってた私もその時の状況を暴露しても怒られないでしょう。

うちの労組スペックはこんな感じ。

  1. 業種:メーカー
  2. 組合員数:200人前後の単組
  3. トップ:専従(1名)
  4. 役員数:7名程度(任期2年)
  5. 上部団体:加盟(トップは上部団体役員兼務
  6. 組合費:給与×〇.〇%(今の私の給与だと8~9000円)

で、私のスペックはこんな感じ

  1. 性別:男
  2. 年齢:30台
  3. 職種総合職
  4. 執行部年数:4年
  5. 最終役職:No.3的な立場

弊社の場合入社から15年前後普通に勤務しておけば管理職に昇格して組合から離れるため、組合員は技術職のオッサンor総合職若者or妙齢一般職女性構成されていて、総合職社員がある程度の年数に達すると、同じ入社年のメンバーから組合役員を選出するという慣例的で明文化されてないルールがあります

基本的に、通常の仕事以外の業務が増える組合役員は皆やりたくないから、役員自分から立候補する人はいないある種の罰ゲームなのですが、運悪く役員をやることになり、多くの休日組合活動で消えていく憂き目に会うのでした。

4年間組合の執行部を経験してきて思ったことは以下の通り。

  1. トップになる専従職員(50台)は組合員と温度差がありすぎる。
  2. 上部団体役職者ということもあって実質上部団体の人。
  3. この専従者のおっさんは金遣いがとにかく荒い(飲み会とかとにかくしたがる。しか組合費で)。
  4. 上部団体も金の使い方が昭和感が強い(温泉旅館会議とか大会とかやってる)。
  5. 上部団体も含めてとにかく年齢層が高い。
  6. 上部団体方針組合が抱える問題点乖離している場合が多い。
  7. 上部団体はとにかく選挙にだけは熱心。
  8. 上部団体職員ブラックじゃないかと思うぐらい大変そう。(人の出入りが激しい)
  9. 上部団体組織の硬直化で下部の単組(特に小さい組合)が疲弊してる

このままだと上部団体への恨み言ばかり(それが主題ではない)になりそうなので割愛しますが、一般の人が組合に持つイメージネガティブな側面は上部団体の行動、特に選挙活動に起因するものが多いんじゃないかと思いますね。まあ、上部団体としては選挙議員を出すことが影響力を誇示するために必要なので分からなくでもないのですが、応援する候補民主党系(今は国民民主党だったか)なので、民主党政権が終わってからはとにかく組合から支持されてない。そもそも組合活動一般会社員にとってはめんどくさいものなのに、なんでさら民主党系の議員応援しなくちゃいけないんだよという悪循環に陥てるわけです。

なお、民主党がこんな状況なので最近選挙にはあまりいい感じではないですが、敗因分析をした際に

当選しなかったのは組織力が足りなかった(今の組合からの支持が少ないのが理由)→だから今の活動さらに強化していく

という斜め上の結論を出すぐらい硬直した組織なので、旧民主党系の迷走と同様に労組が支持されない状況はさらに続くんじゃないかなと邪推してます

とまあ、上部団体への率直な意見はこの辺にしておいて、お次は単組活動です。単組の活動として一番大きいのは春闘でして、うちの春闘の流れはこんな感じ。

  1. 組合執行部で要求案を考える
  2. 組合から承認を貰う
  3. 会社要求提出
  4. 会社交渉
  5. 会社から回答を貰う
  6. 組合意見を聞きつつ執行部で判断を下す
  7. 会社判断を伝える

弊社は同業他社世間と比べても給与面では遜色ない状況にあったので、春闘でメインとなる賃金ベアや一時金)について、会社妥当ラインを突いてくることもあって、特に組合から「ストだ!」という意見を貰ったことは殆どありませんでした。かつて、世間ベアが出始めた年の春闘ベアゼロの回答が出ましたが、その年も組合から「認められない!」という意見殆ど出ず、「やむを得ない」的な意見大勢でしたね。

一方で、弊社の組合の特徴として労働環境特に労働時間に関する意見組合から多く出て、労働時間いかに短縮するか、やりやす労働環境いかに作っていくかの方が、賃金面よりも熱の入った交渉となる年がほとんどでした。

そんな労働時間労働環境のような組合員が直面する具体的な課題について、上部団体や上部団体から得た知識がメインで現場を知らない専従役員意見が参考になるでしょうか?もちろんなりません。そんな専従役員が我が物顔で要求について明後日の方向の意見を言っても、会社はおろか組合員にも響く意見にはならないわけで、如何に組合目線での問題点収集し、その内容を会社にぶつけるかというのが、意義のある交渉になると思って私は活動しておりました。

さて、組合所属している人は一度見てほしいのは組合会計報告でして、皆さんから集めた組合費はどこに使われてるんでしょうか?

うちの単組の場合はその半分近くがや従職員給与に消えます名目こそ組合代表ですが、やってることの半分は上部団体活動春闘でも上部団体で聞いた話や過去の話しかできない人の給与に、私の組合費の半分近くが消えているこの状況…。しかも、私が役員就任するまではなんと組合会計は毎年赤字を計上し、組合数が今よりも圧倒的に多かったころに貯めた積立金を取り崩している状況にありました。

その事実を知ったとき愕然とした私は、慣例であった会議後の飲み会廃止廃止にあたって専従職員会議でバトル)、役員交代の際の慣例であった温泉旅行廃止廃止にあたって専従職員と…)、上部団体から求められる動員も最低限の人数しかさない(もちろん上部団体役員をしてると…)、その他小さな出費を少しづつ減らしていって、なんとか役員を退く前には±0程度に持っていくことを達成しました。

ちなみに、会議で専従職員とバトルする際にしきりにその人が「伝統が…」と連呼していたのが印象的でした。

なお、あまりの専従職員との折り合いの悪さに新労組の立ち上げも一時期検討しましたが、まだまだあった積立金がどう使われていくのかが気になって、結局新労組は立ち上げませんでした。また、めんどくさいので選挙で専従職員とバトルすることもなく任期を終えるという波風立てない行動を取ったので、私も多くの組合員と変わらない現状維持を良しとする存在です。

ということで、労組執行経験者の私から言えるのは、デカ労組や上部団体労組経験しかないような50~60台のオッサン大勢を占めるような組織になっている限り、今組合活動に不満を持っている組合員(特に若手)に支持を得られるのは難しいんじゃないかなと思いました。

2019-05-04

anond:20190504104043

そうだね。

ギリシャ少年愛なんかはいい例で、

共同体の存続に寄与していたから認められていた。

しろ妙齢なのに男に相手にされないというのは恥ずかしいことだったとか。

2019-03-29

男性清潔感を出すには

常に論争の的となる男性清潔感

かにラッシュ時に電車に乗ったりすると、見るからに不潔そうで近寄りたくないオッサンは数多い。

実際に耐え難い口臭体臭を放っている場合も多い。顔を背けたくなることも毎朝一度や二度ではない。

同性でも嫌悪感を抱くのに異性なら言わずもがな、だろう。清潔感を出すにはどうしたら良いか

どうすればキモいオッサンに転落せずに済むのか、酒の席で知人女性に話を聞いた。

ロールモデルNHKの朝の顔

まず目指すべきは朝の時間帯にNHKに出てくる男性だそうだ。

前任のイノッチ、今なら華丸大吉だ。もう少し前の時間帯のNHKアナウンサーでも良い。

彼らは40代オッサンと言われる年齢だが、常にこざっぱりとしており、好感が持てるとのこと。

彼らは絶世の男前というわけではないが、身綺麗なファッションに身を包み、爽やかな短髪だ。

それに加えて常に物腰柔らかで優しそう、ウィットに富んだ切り返しもできる。

スマート大人の余裕を感じさせる所作妙齢女性の目にも魅力的に映るらしい。

言動も参考にした方が良いと絶賛だった。(言動清潔感範疇に含まれるらしい。)

店や病院公共施設にあるテレビでもNHKが掛かっている割合は高い。

朝の時間帯にNHKに出演する男性陣は必然的最大公約数の老若男女に

好感を持たれるであろう身なりや立ち居振る舞いをしているので参考にすべし、とのこと。

もう少しクダけた感じなら羽鳥加藤浩次など民放に出ているメンツをチェックせよ、とのこと。

下手に力んで妙な若作りをすると却って逆効果自分KKO諸兄のために覚え書き。

2019-02-28

anond:20190228071740

ちょうど今読んでいる夏目漱石の「創作家の態度」に、そこら辺のご都合主義的に歪められた世界観に気付いてしまった読者の心理が書かれているところがあったので参考までに。

青空文庫でも読めるます

https://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/1102_14956.html

>>これは小説ではありません。事実だとして、あるものに書いてありましたが、私は単に自分に都合のいい例として御話を致します。

以太利イタリーのさるヴァイオリニスト旅行をして、しばらく、ポートサイドに逗留とうりゅうしておりました時、妙齢埃及エジプト美人に見染みそめられまして親しき仲となったそうでございます。ところがこの男は本国に許嫁いいなずけの娘があるので、いよいよ結婚の期が逼せまった頃、ポートサイドを出帆して帰国の途に上りました。ところがその夜になると、船足で波が割れて長く尾を曳ひいている上に忽然こつぜんとかの美人があらわれました。身体からだも服装も透すき通っておりますが、顔だけはたしかにその女だと分るくらいに鮮あざやかであります。ただ常よりは非常に蒼白あおしろいのであります。この女が波の上から船の方へ手を伸して、舷ふなばたを見上げながら美くしい声で唄うたをうたいました。それが奇麗きれいに波の上へ響くので、船の中の人はことごとく物凄ものすごい心持になりましたが、やがて夜が明けると共にかの美人はふっと消えました。やれやれ安心しているとその晩またあらわれました。そうして手を伸して、首を上げて、波の上を滑すべって、船のあとをつけて、いかにも淋しい声で、夜もすがら唄をうたいますそれから夜が明けると、またふっと消えます。そうして夜になるとまた出ます。そのうち船がとうとうネープルスへ着きましたので、かの音楽家はそこで上陸致して、自分郷里へ帰ると、手紙が来ております。差出し人はと見ると、ポートサイドにいる友人で、かねて自分と彼の女との間を知っているものでありました。すぐに開封して見ると、あの女は君が船へ乗って出帆するや否や、海の中へざぶざぶ這入はいって行って、とうとう行き方知れずになったとありました。

(中略)

ここに、こんな切な恋がある。これをどう云いあらわしたらば、云い終おおせるかとの試問に応じて出来上った答案と見なければなりません。世の中へ出て行って、どんな恋があるか探索して来いと云う命令に基もとづいた、報告書と見ては見当が違います。したがって客観的価値の少ないものができたのであります。真と認められないものになりました。だからこの話を聞くと、マグダの結末ほどには、はあなるほど、こうもあろうとか、こうあるかも知れないねと云う気にはなりません。しかしながらその代りに、ごもっともだ、こうもありたいね、こうあれかしだと云う気にはたしかになれます。あれかしと云う語は裏面に事実じゃないと云う意味を含んでおりますから、つまりは嘘だと云う事に下落してしまます。この下落が烈はげしくなるととうてい読めなくなります馬鹿馬鹿しくなります

例たとえば今の話しでも、もし船のあとを跟つけるものが、幽霊でなくって、本当の女が、波の上をあるいて来て、ちょいと、あなたとか何とか云って手招ぎでもしたらそれこそ奇蹟きせきになります幽霊ならば、有るとも無いとも証明ができないだけで済みますが、生きた人間が波の上を歩いては明かに自然法則を破っておりますいくら、かくあれかしと思ったって、冗談じょうだんじゃない、おのろけも好い加減にした方がよかろうと申したくなります。人を馬鹿にするにもほどがあらあね、まるで小供だと思っていやがると本を抛なげ出すかも知れません。

西遊記、アレビヤンナイト、もしくはシェーヴィング・オブ・シャグパットのようなもの面白味は別問題として論じなければなりません)して見ると私が前段に申した意味が自おのずから御明暸になりましたろう。すなわちいか主観的な叙述でも、ある程度まで真を含んでおらんと読みにくいものである、そう截然せつぜんと片っ方づけられるものじゃないと云う事であります。この幽霊のごときは極端の極端の例であるから積極的に真を含んでおらんとも云えましょうが、むやみに真を打ち壊しているものでないと云う事だけは、さきの説明で明らかでありましょう。しかも読んで馬鹿馬鹿しくならんのは全くそのお蔭である以上は、真の分子いかに叙述の上に大切であるかが分るでありましょう。 <<

彼の話の主題は別のところにあるのですが、つまりは「ある程度のつじつまがあっていないと、人は没入することができない」ということではないでしょうか。

西遊記アラビアンナイトについては別問題としているわけですが、完全な創作世界お話であっても、その世界の中でのつじつまがある程度あっていなければ読むのが馬鹿馬鹿しくなる。

まあその「ある程度」が人によって異なるのが厄介なポイントなので、こうして議論になるわけですが…

anond:20190228121657

妙齢」は皮肉というかネタで使われる用法流行ってるっぽい

頭痛が痛い」的な

勘違い多いやつ

妙齢をおばさんだと思っている

 →若い女性という意味

 

大円団

 →大 団 円

anond:20190228121526

妙齢=おばさんもバカだが、おばさんならおっさんに飛びつくという認識バカっぽい

anond:20190228115044

妙齢警察としては妙齢を違う意味で使ってる気がしてならない

anond:20190228114029

これってけっこう良質な部類のニート物件じゃないか男性に縁のない妙齢女ならとびつきそうだけど。

みんなどこで女性と知り合ってんの

うちは製造業技術系だから女性いない社会で生きてるんだけど、普通にどこからか見つけてきて結婚する人も結構いる。そろそろいい歳になってきて思うんだけど、みんなどこで女性出会うんだ?っていうのが疑問でしょうがない。今の社会女性男性棲み分けが多くて知り合うことすら困難になってると思うんだけど。

ちなみに、趣味で山登ったりしてるけど高確率夫婦で登ってる人を見る。あれ、どうやって知り合ってそうなったんだろうねって何時も思いながら見てる。特に気合入った若い男女だと。

休日はほぼ家にいなくて、ソロツーしたり声優ライブ行ったり。あ、日本酒の酒蔵巡って一人飲みするのも楽しいですね。スマブラブームにのっかってSwitch買ったんでゲーム楽しい。(ネットで知り合ったオタク友達いるから対戦相手もいるよ)

…引きこもってる訳ではないんだけどなぁ。メンタル引きこもってるのかな。まだ危機感とかはじわりとしたものだけど、まずスタートがないよなって所で漠然と考えちゃった。

もしかしてソロでも出来る趣味ばかり持っててソロ活動しちゃってるから出会う機会がないんか?

あ、ちなみに婚活的なの一回友達に連れられてオタ婚みたいなの行って辛かった。あの回転寿司寿司ネタみたいになる奴はあんまりしたくないな。少し年齢上の妙齢女性が集まる奴だったので年収欄とかでがっつかれて引いた記憶経験にはなったけどね!

2019-01-28

anond:20190125162448

パパ活 = 女子大生が金目当てにオッサンと付き合うこと

から考えると

ママ活 = 男子大学生が金目当てにおばさんと付き合うこと

か?大学生のころ やればよかった。そのころはスマホもなければそういうアプリもなかったしぁ

大学先生テレビに出て「大学生なんてもんは、妙齢のご婦人からお小遣いをもらうべし」とか

2019-01-16

anond:20190116124406

これ暗に「女」を性的な魅力を持った妙齢女性限定してるのが面白いよな

金もらってもやりたくない、とんでもないおばさんと相撲して勝っても負けても地獄というのがお前らの現実

2018-11-30

anond:20181130094434

まあそんなに間違いでもないんじゃない?

妙齢」は主に「若い年頃の女性」を指します。

妙齢」の目安に「結婚適齢期」を用いていますが、決して「結婚適齢期女性」を表す言葉ではないので注意しましょう。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん