「oe」を含む日記 RSS

はてなキーワード: oeとは

2023-01-29

鈴木邦男と朝まで生TVネット団塊叩き、三島切腹関係

鈴木邦男が亡くなってしまった。ご冥福をお祈りする。

鈴木陣営外の人にも話が通じる右翼として有名だったが、実は朝まで生テレビの成立に大きな関りがある。鈴木が居なければあの番組は無かったんである

また風桶式に鈴木が居ねばネット団塊叩きも無かったんであるちょっと説明しようと思う。

 

新興宗教2世六本木道場

鈴木の親は民族主義新興宗教の「生長の家」の熱心な信者だった。その為大学時代六本木にあった生長の家道場の寮に住み込みんで大学に通うと共に国粋宗教活動学生運動に身を投じ、全共闘左翼学生と殴りあいをしていた。最近話題宗教二世だったのだな。

この道場乃木坂の緑の中にあった。https://goo.gl/maps/tv9eakNek34ZLQXU6

今では生長の家の3代目がエコロジー志向になったので建物も塀も取り払われて開放的な森として一般にも開放されているが、一昔前は周囲の階段が「おばけ階段」と呼ばれるほど鬱蒼とした場所だった。

日本会議の中核メンバーも多くここに入寮しており実はこの寮は戦後右翼運動胎盤みたいな場所なんである安倍政権日本会議が急接近した事で政治にも影響を与えた。米議会安倍政権日本会議関係問題視していたのでこの寮の輩出者も分析把握されているかも知れない。

この敷地内には日本教文社という出版社もあってこれは生長の家教祖谷口雅春の著書を出版して思想教義を広める為に設立された出版社だ。しかフロイトの『精神分析入門』や『夢判断』、ユングの選集などをいち早く出版するなど、実は学術分野でも存在感を示してきた社でもあった。

 

余談だが防衛庁(当時)の庁舎2000年まで六本木にあり(現ミッドタウン)、更に60年代まで門が開いていたので近所の人は庁舎内の売店で買い物をしていたそうである六本木赤坂物価より安い上に生長の家道場防衛庁庁舎は目と鼻の先だったので鈴木も利用して安いパンツ等の購入に重宝していた。

ところがある日、左翼学生による防衛庁突入事件があり、それ以来門は閉められ部外者売店使用することは出来なくなった。

六本木交差点の先や青山まで行ってハイソ価格パンツを買うしかなくなってしまった為に怒り沸騰、全共闘と衝突した際には「お前らのせいでパンツが安く買えなくなっただろ!」と叫んで相手を殴っていたとの事である相手も何を言われているのか不明だったろう、と鈴木述懐していた。まー、面白おかしく話を盛ったんだろうけど。

 

盾の会と森田必勝

1970年三島由紀夫市谷駐屯地東部方面総監部占拠割腹自殺事件が起きて世間を揺るがしたが、三島介錯、つまり斬首をしたのが森田必勝。森田もまた割腹介錯された。この森田必勝は鈴木の後輩で、思想的に鈴木の影響を強く受けていたという。

この為に鈴木は強く動揺、やがて右翼として生きる事を決意する事になる。やがて勤めていたサンケイ新聞退職してしまう。(デモでの狼藉解雇されたとの話)

鈴木はこの事をずっと気にしていて十字架を背負っているかの如くだったが、2000年頃になると「森田氏」と敬称を付けて呼ぶようになった。十字架を下したのかもしれない。

 

余談だが、小泉政権時代男性女性判らんと評判になった井脇ノブ子という政治家が居たが、彼女学生時代右翼学生運動のマドンナで、ドラクロワの『民衆を導く自由の女神』の様に数万の男塾みたいな学生の先頭に立ち、当時新右翼学生運動プリンス立場だった森田との交際の噂もあったとの事である

1977年google:image:『おまえらがかわいいけんなぐるんや!』は井脇31歳の時の刊行だが表紙写真の井脇は暴力教師だかダチョウ倶楽部上島だか素人には見分けがつかない。

 

黒塗り街宣車軍歌最初に止める

鈴木らは「新右翼」であり、これは全共闘などが含まれ新左翼に対抗する為に生まれ政治権力癒着した旧右翼らと違う軸を志向した。そもそも対抗する相手新左翼自体が、日本共産党暴力路線放棄する事に反発して生まれもので、要するに暴力vs.暴力

最初から硬派なバンカラと軍国路線で、彼らが卒業して政治結社を結成するようになると国防色(カーキ)の街宣車を使うようになった。これが80年頃になると威圧感を与える黒塗り街宣車旭日旗日章旗軍歌を流すというスタイルが定着した。

鈴木代表を務める一水会も黒塗り街宣車軍歌を流して通行人威圧して居たが、やがて鈴木はこのスタイルは良くないと考え出す。こんなスタイルでは話を聞いてくれる人が居ない。

という事で今の機動隊バスのような爽やかなブルーに塗り直して大音量軍歌も怒鳴り声も止めた。これは今で言うとテニスサークルヤクザとか好青年暴走族みたいな強烈なミスマッチである。(考えれば機動隊バス国防色止めたのも同じ動機だ)

すると傍目には社会党などの街宣車に見えるから、すれ違う右翼街宣車に怒鳴られる事もあったそうである。「あー、てめえらふざけんじゃねえぞおいゴラ!」「あ、一水会さんでしたかどうもすいませんでした」って事が度々あったそうだ。

 

ただ、話を聞いて貰えないスタイル流行したのは大人の事情もある。威圧感があって相手が震えあがるというのは、例えば企業相手の抗議に行くとき相手が折れてやり易い訳だ。

更に活動費というのは支持者の寄付機関紙の購買費で稼ぐのだが、相手が折れた先に機関紙の購買も持ち掛ければ受諾されやすい。そこで心付けを渡してくる相手もいる。

するとシノギ手段としてヤクザが参入してくるようになる。民事介入暴力だ。ヤクザは元々旧右翼と不可分だったが、それが新右翼スタイル模倣して参入するわけ。威圧感を高める為に街宣車もカーキや灰色じゃなくて黒塗りの方がいいし、車格も小さいライトバン等より大型のワゴンバスの方がいい。こういうのを警察用語右翼標榜暴力団という。当時沢山いたヤクザが参入する事で「業界」のパイも大きくなった。

 

激突全共闘新右翼から朝生

鈴木はこういう威圧じゃなくて議論対話を好むスタイルだったので、敵のはずの新左翼側とも交流があり、新左翼出版社から自書を出版して居たりもした。それで「一般人の方も向いている面白右翼」という評判が高くなっていた。

そこで1985か86年に全共闘上がりの活動家と鈴木含む新右翼の大討論会というのを開催する事になった。司会はあの田原総一朗である

 

この当時は全共闘とか学生運動というのは完全に過去のものになっていて嫌悪さえされていた。流行っていた思想ポストモダンで、モダンの内容も踏まえずに言葉の戯れを繰り出すのが流行していた。これは凄惨内ゲバを繰り返して自滅したのに青臭い異議申し立てさえすればよいという立場で「議論」の場に居座っていた学生運動的なものに参加したくない、そうではないものが新しい価値ある態度なんだという、以前の政治的なものへの強い忌避、反感がベースにあった。あの田中康夫も事あるごとに全共闘残滓の異議申し立て的態度や代ゼミ講師的ノリをコキ下していた(湾岸戦争日本が参戦を求められた事に衝撃を受け転向)。

 

そんな時代背景では政治議論なんてものはカビが生えた扱いで部外者には面白い訳がない。

そう思われていたのに、いざ討論会をやってみたら部外者にもかなりウケがいい。やってる方も面白い。

それでこれはいけるぞと踏んだ田原総一朗テレ朝に持ち込んだ企画朝生だったんである

当時、エロ一本鎗だった深夜放送枠でフジTVが色々実験的な番組放送し始め、その深夜枠のいい加減さも相俟って好事家的視聴者層にウケていた。そこにCNN放送権をゲットして社会路線で行きたかったテレ朝が乗ったのだろう。

 

こういう経緯だから最初の頃の朝生体制派vs.反体制派orリベラルという構図が鮮明だ。田原最近朝生は最早保守左翼だという時代ではないというのが朝生を始めた動機だ」みたいな事あちこちで言ってるんだが、この経緯を見ればこれが嘘って事は判るだろう。ボケちゃってるんじゃないの?討論なんてウケない時代に「激突全共闘新右翼討論会成功で行けると踏んだのが朝生なのだから

そしてこの討論会鈴木の左右を超えた交流議論好きの人格が無ければあり得ず、田原も来なかった筈なのだから鈴木存在朝生を産んだと言って差し支えないんである

 

元気になった全共闘上がりへの反発

こういう風に鈴木活動と波及した社会現象は停滞して煙たがられていた政治議論活性化した。すると全共闘上がりの人士らは元気になって「異議申し立て必要だ」「もう一度騒いでもいいだろ」と言うようになった。これらを受けて刊行されたのが1994年の『全共闘白書である

この動きに対し、同世代松原隆一郎文藝春秋社の雑誌諸君!』で批判を加える。更にこれを受けて諸君!誌では「うるさいばかりで無責任 上と下からぶっ叩け全共闘世代」という特集を組んで、その名の通りに上の世代と若手の執筆者全共闘叩きをする記事を寄せた。

まりはこれがネットで長年繰り返された団塊批判の始まりなのだ。この全共闘的振舞いへの批判から団塊Jr.世代増田もそう)の日本支配するオヤジ世代へのルサンチマンと甘えが被さり、「団塊世代」全体を叩くという風にスライドしてきたのである。そこでは例えばいい年になっても漫画を読んでるというスタイル確立したのが団塊だ(劇画市場の成立)とか子供部屋が個室とか結婚は好きな相手とすれば良いしなくても良いという常識とか若者向け流行歌の市場とか個人プライバシーとか時給制アルバイトとかが団塊世代わがままをしたせいで出来たって事にも向き合わないで済んだ。

 

些か「風が吹けば桶屋が儲かる」的だが、鈴木活動が無かったら全共闘上がりが活性化して『全共闘白書』が刊行されることも、それに対して下の世代が反発する事も無かったのである。そしてそれがネット民の甘えを吸収して団塊叩きに変化する事になったのだ。

 

鈴木赤報隊

最後現在統一教会との関係で取り沙汰される朝日新聞襲撃殺人事件赤報隊に関して。

1990年代新右翼を名乗る男の脅迫柳美里サイン会が中止されるという事件が起きた。鈴木SPA!誌に連載を持っていてそれを批判したところその男が抗議してきた。その中で男が赤報隊の名を語った為、鈴木は「赤報隊とは面識がある、名前を騙ったお前を赤報隊は必ず殺すだろう」と伝え、懺悔言葉を引き出す事に成功し、それを連載記事に書いた。

すると、直ぐに警察が何らかの容疑で令状を取り事務所を捜索して書類の類を皆押収してしまったのである赤報隊情報を得る為の別件事件だ。これに鈴木は怒って赤報隊情報は二度と官憲提供しないと書いてそれきりになってしまった。

結局赤報隊鈴木の面識が脅迫犯へのブラフだったのか真実だったのかは不明なんである

 

ヤクザ人権デモ

ヤクザの根絶やしを目的とする暴対法施行される事になった時、任侠右翼とも付き合いがある野村秋介鈴木ヤクザ人権を守れデモに参加しようと強く誘われたが、鈴木は「イヤですよヤクザなんて」と気乗りがしなかったが、野村親分肌なので断れない。仕方なしに参加したら呉智英らに「アウトロー人権とは笑止」などと言われてしまった。

2023-01-11

anond:20230109120646

アンフェ、ミソジニーたちから差別だ! 党派性など関係ない!

ハッシュタグ #colaboに連帯します 

現実から目を背け必死抗うのも痛々しいし、「連帯」というワードも気になる。


連帯とは

連帯カトリック社会教説においても重要概念であり、したがってキリスト教民主主義的な政治理念の中核となる概念である

おっ東京都新宿区西早稲田かな?

google:東京都新宿区西早稲田2-3-18


革命的労働者党建設をめざす解放派全国協議会の出す機関紙名称

[wikipedia:革命的労働者党建設をめざす解放派全国協議会]

革命的労働者党建設をめざす解放派全国協議会(かくめいてきろうどうしゃとうけんせつをめざすかいほうはぜんこくきょうぎかい略称解放派全協)は、社青同系の日本新左翼党派の一つ。1980年から1984年にかけて革労協狭間から分裂して結成された。別称は労対派。警察極左暴力集団マスコミは「過激派」と呼んでいる。

[関連項目]

























真っ赤やないか..........

2023-01-05

暴走族車両デザインの源流を説明する(2/2)

https://anond.hatelabo.jp/20230105180645 の続き

 

60年代カフェレーサー

カフェレーサーというのは1960年代イギリス流行ったロッカーズという街道レーサー達の乗っていた改造バイクで、ハンドルを下げて前傾姿勢にしてロケットカウルを付ける。因みに当時の英国ではモッズという改造VESPAやランブレッタスクーター乗りのもいて、両者は反目して喧嘩ばかりしていた。モッズとはmodern+sである

カフェレーサーで使われるロケットカウルはセパレートハンドル通称セパハンとの組み合わせが前提だ。フロントフォークの上に付く一本バーハンドルを取っ払って両方のフロントフォークに直接短いハンドルを付けて高さを下げるのがセパハンだ。

このロケットカウルを族車ではプレスライダー由来の上向き絞りハンドルと組み合わせてしまう。

すると、カウルハンドルの逃げの切り欠き位置が合わないのでハンドルが切れない。

そこでハンドルの逃げの位置が合うようにカウル高さを上げる→族車の珍奇なデザインの完成だ。

珍奇とは他と違うという事だから所属を表す象徴作用が出てきて、要するに「カウルがより高い方が暴走族である」という文脈が出来てくるんである。「過剰」の意味付加である

これはバックミラー鬼のように付けたモッズベスパも同じだな。歌舞伎のすみとりとか戦前祭り山車の高さとか豪華なのに耐火性が消えたうだつとかもそうだ。実用や元の文脈から切り離されると非実用であることが意味を持つので「過剰」が持て囃され時には粋の評価がされる。

 

一方で上り龍のようにとんでもない高さにカウルを上げる族車バイクもあるが、これは実は実用問題が絡んでいる。

カウルの真ん中にはヘッドライトがあるので、ある程度の高さまでカウルが上がると前が見えなくなるんである。当たり前だ。

から更に上げたい場合は前が見えるように目の位置より上にヘッドライトが来る高さまで上げるって事である

あんな高い所にカウルヘッドライトがあったら、スラロームしたら慣性が凄そうなんだが、スラローム中に取れちゃったりしないんですかね?ハリボテエレジーの悲哀再びである

 

コルク帽(ヘルメット

車両からは離れるんだが、google:image:コルク帽とかコルク半と呼ばれるヘルメットについて。被ってると暴走族に狩られるってやつ。

これは確か昔、増田かどっかで詳しい説明エントリがあったはずだが忘れてしまった。

ここで説明したいのはコルク帽の由来だ。

もともとレースでの保護帽というのは革帽子だった。保安性は余りなく、頭を強打すれば脳がやられて死んでしまう。

次に出来たのが半帽で、半球型のプラスティック保護帽に革の耳当てと顎ひもが付いたもので、1950年代60年代バイクレースで使われた。クロムウェル(Cromwell)というメーカーが有名だ。ヤマハSRなどに乗る人らに好まれている(危ないから使うべきではない)。

これは内装材がコルクだった。発泡スチロールが普及する前の製品だ。

次に保護面積が大きくなったジェットヘル→フルフェイス進化してきて、内装材は発泡スチロールと発砲ウレタンになった。

まりコルクとは半帽ヘルの事を指していた。

現在ヤンキーの間でコルクと呼ばれているのは、半帽にツバ(前バイザー)がついて端をビニールテープで巻いてあるという簡素製品(但し端部の始末はクロムウェルなども同じ)で、元々主婦向けである

1968年富士重工ラビットスクーターディスコンにし、イタリアのランブレッタも1971年ディスコンになるとスクーターベスパ以外製造されない時期が続いた。

ホンダはここにバイクと無縁な主婦市場があると見抜き、1976年ラッタッタでお馴染みのソフトバイクロードパルを開発した。因みにラッタッタというのはエンジンスタート用のゼンマイを足でキックして巻く動作の事で、軽量化低価格化の為にバッテリーを搭載せず、キックスタータより楽な始動方法としてゼンマイスタータを採用したのだな。足でゼンマイを巻いてハンドル部のボタンリリースする。

この当時、原付にはヘルメット装着義務はなかったが、広告などでは安全の為にヘルメットを被る写真が使われた。当時はすでにジェットヘルが一般的だったがそれだと軽快感がない。気軽に乗れますバイクとは違うものですってイメージにならない。

そこで採用されたのが「70年代の半帽」だったのだ。50~60年代の半帽と違うのはポップでツバ付きになってる事。更に旧型品なので安価。どういうのかについては1972年発売のカワサキマッハⅢの広告を見てもらった方が早い。

http://captain-alfred.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-6b6e.html

歴史上のバイク広告で一番カッコいいんじゃないかこれ。モデル小川ローザだ。

それで主婦層が乗るソフトバイクの激安ヘルメット=このタイプの半帽というイメージが出来た。主な販売場所スーパー自転車屋であってバイク屋ではない。内装ナイロンベルトやプラスティックと布、発泡スチロールなど。

ヤンキー層はその頃はノーヘルやフルフェイスを使っていてこのタイプのは使われていなかった。

1986年原付ヘルメット義務化されるとノーヘルだったヤンキー層は一番安くてノーヘルに近い効果のこの半帽を被らずに首の後ろにぶら下げて走るというスタイルになった。

こんな安全性が無くて昔の主婦向けのダサいヘルメットを被るのなんて暴走族ヤンキーしかいない。なのでまた所属象徴である。それで90年代にはヤンキー暴走族象徴するアイテムになった。

 

からロードパルが発売されて主婦向けマーケアイテムとして流行した頃から10年以上経っている。「ダサい」が一回りして肯定的意味が出る現象の一つなのだ

更にこのヘルメット内装にはコルクは使われていない。使われていたのは60年代だ。呼称60年代を借用して実体オリジナル70年代にある、という錯綜した現象なんである

 

族ヘル

ついでなんだが、マッドマックス1の暴走族が被ってるようなフルフェイスヘルメットgoogle:image:族ヘルという。今のものと違って下側の首回りが丸くすぼまっていなくて寸胴になってるのが特徴だ。

70年代末~80年代前半の暴走族もフルフェイスを被っていたので、バイク免許実技試験参考書(大型は教習所では免許が取れなかった)などには「フルフェイス暴走族的なのでジェットヘルにしましょう」などと書かれていた。安全性より暴走族的でない事の方が重要だったのだ。

このタイプデザインは今でもレトロアイテムとして人気があるが、危ない代物である。下側がすぼまっていないので、高速で下や後ろを確認すると風圧でヘルメットが浮き上がり、顎ひもで引っかかって脱げ掛かった状態になってしまう。デザインが変更されたのには理由があるのだな。

 

「○○レーシング」「スペクター」のようなチーム名

暴走族が振り回す旗やステッカー見ると、○○レーシングみたいな峠ドリフト小僧的チーム名と○○聯合のような画数が多い漢字名前と分かれている。

これは前述の通りに街道レーサーチームから変化してきた名残で、別にレースしなくてもレーシングという名前や峠小僧的なカタカナ名前を使う。

一方、時代が下るにしたがって硬派=学ランや右翼に傾倒してきて、軍国主義モチーフ漢籍的な名称が好まれるようになる。夜露死苦とか漢籍じゃない訳なんだがそこは偏差値問題である

 

街道レーサーから右翼標榜へと変化した為に、時代が下るに従ってメカ音痴になっていったという面もある。初めは自分エンジンも改造してその技術も先輩から後輩へと受け継がれていたが、やがて改造は外見に留まり工具も持っていない、という風になっていく。

 

世界に広がる暴走族の輪

こういう風に族車デザインは当初はスピード象徴であったもの文脈から切り離されて過剰になり、「過剰」それ自体価値を持つという現象である

特に大きい影響を残したのがバイク便の前身で「PRESS」や新聞社旗をはためかせてすり抜け爆走していたプレスライダーだった。

カウル昇竜拳みたいなデザインも組み合わせ不可のプレスライダーロケットカウル組合わせ、その珍妙さがそれ自体意味を持つようになった為である

 

こんな珍奇な族車だが、実は日本キッチュを好む人々というのは世界中に居て暴走族もその一つとして愛好されているのだ。

試しに「google:image:bosozoku」で画像検索してみて欲しい。多数がヒットするばかりか、自国でBosozokuカスタムをしている変態愛好者もいる。しかもその竹槍出っ歯の車がランボルギーニだったりするのはいかがなことなのか?

日本でも一時流行った巨大フルエアロパーツフェイクファー敷き詰め、巨大スピーカー搭載で浜崎あゆみを流すハイエースもBosozoku Vanとしてカスタムカーの一ジャンルになってる上に、タイでは社会現象に近いくらいのブームになっている。バンコクのあちこち大黒パーキング状態なんである。というかタイ人は日本キッチュ大好き国民なんじゃないかな?

更にebayで探せばBosozoku刺繍特攻服もわんさか出てくる。 https://www.ebay.com/sch/i.html?_nkw=bosozoku

結構な人気ジャンルなのだ

出品&発送元が中国企業のケースが多い。日本暴走族ファッション中国で作って発売して世界中に出荷しているというビジネスだ。色々とおかしい。レディース特攻服着物特に人気のようだ。

 

そういう訳で、英語が出来る人らは是非海外でBosozoku愛好してるトンチキ変態さんらに、デザインの源流が報道の爆走バイクである事やシルエットフォーミュラの事などを教えてあげて欲しいと思う。

暴走族車両デザインの源流を説明する(1/2)

初日の出暴走通称グラチャンの季節だ。

そこで暴走族の車バイク通称族車のトンチキなデザインがどっから来てるかを説明しようと思う。

増田暴走族ヤンキーじゃないがはてなー平均よりはヤンキー文化に近いってくらいだ。

それじゃあ行くぜそこんとこ夜露死苦

 

族車デザイン過去の「スピードへの憧れ」の形の寄せ集め

まずは「google:image:族車」で画像検索してくれ。

さて全然速く走る事に頓着が無いというか速く走れない族車デザインだが、元はレースカー街道レーサーの特徴をコピーしていた。

だがそれらの文脈を考えずに合体され、更に右翼ファッション流入によってスピード文脈が無くなって形だけが意味を持つようになった。

でもファッションというのはみんなそうであってWWI塹壕戦防寒軍服ビジネスシーンでの正装になったり、ゴールドラッシュ作業着が反抗の象徴になってカジュアルで定着したり、警官の防護服がハードゲイシーンで流行してからカジュアルになったり、と元の文脈が無くなるのはヤンキー文化だけじゃない。

 

そんな族車のオリジンの中で一番大きな比重を占めるのが、

 

プレスライダー

新聞社使役されていたプレスライダーであるプレス報道意味事件現場報道陣がしてる腕章に書いてあったり新聞輸送トラックに書いてあるあの「PRESS」だ。

元々、速報性が重視される新聞社取材記事の迅速な伝達を支えていたのは伝書鳩だった。新聞社では屋上に鳩舎を設置して多数飼育しており、記者取材の時に鳩を連れて行った。現場記事を書いてそれを鳩の脚に括りつけて放すのである。鳩は帰巣本能でかなりの高確率で社屋屋上帰着する。

伝書鳩1960年代昭和40年頃には廃れるのだが、代わって登場したのがプレスバイクだった。

ところで何で電話じゃないの?というと、電話も使われていた。だが「市外局番」が出来たのが1965年昭和40年なのだ

これがどういう事かというと、市内を超える通話では交換手を通していた。だが事件が起きると記者が押し寄せ、役所会社でも市外通話が急増するので交換手がパンクして延々と交換待ちになってしまう。つまり通話が困難になるのだ。この為に警察は早くから警察電話という専用線を整備していた。

プレスバイク原稿写真フィルムを受け取って現場から新聞社若しくは駅でリレーして列車経由で社へと迅速、というか猛烈な速度で運んでいた。

そもそも当時のバイク乗りっていうのは不良である。そんな不良が、新聞記者、これも当時はブンヤで柄が悪く反体制的な気骨がないと務まらない職だった、そのブンヤに使役されて街道レーサーのような危険運転でぶっ飛ばしていた訳だ。勿論公道最速である

こういう公共性と不良的な特性の硬派な組み合わせというのは今でも映画モチーフになるし、憧れを産む。

という訳で、以下のようなプレスライダーの特徴が族車に取り入れられ、やがてスピード象徴から遊離していく。

 

絞りハンドル

族車バイクパイプハンドルを思い切り絞って手前側に持ってきたデザインが特徴だが、これはプレスライダーが上向きハンドルにしていたのに由来する。自転車と同じく、パイプハンドルでは固定ネジを緩めるだけでハンドルの角度を変えられる。

プレスライダー渋滞では足をついて右に左へとすり抜けをするので、上体が起こせて視界が良く、車体を傾けてもハンドルが遠くならないアップハンドルにしていた。

段付きシート

プレスライダー上記の通り足をついて渋滞すり抜けをするので、足つきが良くなるようにシートの「あんこ抜き」をしていた。着座部分のシートのスポンジを削って取ってしまう加工である。今でも背が低いバイク乗りはこの加工をする。

すると前後方向にも段が出来てニーグリップ(両足でタンクを強く挟むこと)しなくても前後に安定するという効果も出る。

族車はこれを大げさにして後ろに更に段を増やしたシートに交換したり、更にハーレーなどのシシーバーと合体した長い背もたれに繋がるデザインの三段シートになっていった。というか、ヤンキー相手の商材扱う会社が段々過激化していったのが原因だな。

下側が渋い緑布の風防

プレスライダー仕事なので冬でも走る。そこで後付けの風防を付けていた。元々実用品なのでカッコいいもんじゃない。

だがそれが「硬派」の記号となって族車に取り入れられた。

旗(旭日旗

今やってる会社は無いが、昭和後期まで社用車というのは鉄製前部バンパー角に小さな掲揚ポールを付けて社旗を掲げて走るのが多かった。今は歩行者安全の為に前方に突起物を付けるのは車両法で禁止であり、宮内庁御料車総理大臣車以外はやっていない。

プレスバイク新聞社の庸車なので前輪に垂直ポールを立てて「PRESS」のペナント三角旗)を、更に四角い社旗も併掲するケースもあった。とんでもないスピード違反してても(プレスライダーは常に速度違反警察はPRESS旗社旗を認めると取締りしなかった。

暴走族前身カミナリ族じゃなくて街道レーサーのチーム(イニD赤城レッドサンズみたいなの)なのだが、このスタイルが真似されてチームの旗をつけるという形になる。

これが1980年から「硬派」の文脈右翼ファッションに転じた。この右翼とは1960年代全共闘運動に対抗した新右翼で、80年頃には軍服着て国防色街宣車軍歌を流し、軍旗である旭日旗を掲揚するという軍国主義憧憬路線確立されていた。

ところでこの旭日旗は「プレスライダーのまね」路線ですでに族ファッションの中にあった。それは朝日新聞の社章でお馴染みだったのである

故に既存プレスバイク社旗模倣の上に右翼ファッションの軍国標榜自然な流れで合わさる形となった。

前輪の掲揚竿は大きさが制限されるので、大きい旗を後部に付けたり、二人乗りの後部乗員が手持ちするようになったのである

この名残で、旗が付いていない棒を前輪から斜め前に突き出している族車もある。

 

旭日模様

同様の理由タンクへの塗装や服のプリントへと波及していく形になった。

 

プレスライダーのその後

こんな風に族車デザインに過大な影響を与えたプレスバイクだが、盛者必衰1980年代になると衰退して報道現場から消えて行ってしまう。

置き換わったのは出先で使えないFAXじゃなくて無線自動車電話だった。どっちも大きくて自動車必須で、汽車バイクから自動車に置き換わったのだ。両方とも無線兵みたいな箱を担いで運用する。

それで職にあぶれたプレスライダーが流れた先は2つあって、一つは競馬/競艇新聞の運搬。予想欄の関係レース当日に入稿されるので印刷所の前に多数のバイクを並べて待つ。刷り上がった新聞バイクの後ろに括りつけて馬券売り場や競馬場の売店に急いで持って行くのである

ただこれはレースが日曜しかやってないか臨時バイトの面が強い。

もう一つがバイク便で、オフィスを回って営業する。NY自転車メッセンジャー便のバイク版だ。

こういう経緯なので初期のバイク便はプレスライダーと呼ばれていた。FAXが普及してもサンプル品の急送とか木型(鋳造で使う型)とか需要は多くあったが、白ナンバー違法操業のところが多かった。

中にはちゃん法人成りして営業免許を取り緑ナンバーにして特殊分野でのニッチを獲得したり、後に医薬検体輸送検査会社進化して自治体出資を受けて三セク化したところなどもある。街道レーサー崩れからの地道なステップアップ人生であるな。

 

シルエットフォーミュラ

これは画像を見てもらった方が早い。こういうの暴走族で走ってるやろ? https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/2/26/Nissan_Silvia_Silhouette_Formula_001.JPG

量産車のガワだけを使って、中はエンジンも足回りもフレームも全部変えていいよという規定レース区分だ。シルエットだけ市販車で中は純粋レースカーなので「シルエットフォーミュラ」という。

これは日本では御殿場富士スピードウェイ筑波サーキットレースが開催されていた。

特に富士スピードウェイでは「富士グランチャンピオンレース」というシリーズレース(全戦富士SWでの開催)が人気を博していた。走っていたのはルマン24時間みたいな形のレースカーだった。

このレース前座としてシルエットフォーミュラが開催されていて、こっちは街で見かける市販車ベースで無茶な改造がされているのでこっちも大人気、更に自分の車を同じように改造するのが流行したのだ。

族車で出っ歯にするのはこのシルエットフォーミュラの真似を大げさにしたものなんである

更に初日の出暴走を「グラチャン」という理由も判ったかと思う。シルエットフォーミュラ風の改造をして富士山の方、即ち富士スピードウェイがある御殿場方面東名高速を走っていくからグラチャンなんであるな。

 

因みにあの出っ歯貧乏暴走族などではベニヤ等で手作りしてあり、強度が低いのでボンネット辺りから針金で吊ってある。

そんなヤワな造りのもの走行風に耐えられる訳もなく、ほぼ必ず途中ではがれて取れてしまう。または出発地近所の踏切でぶつけて引っかかってしまい、電車が来たら危ないので周りのおじさんや善男善女に助けてもらって出っ歯踏切から撤去してもらい、「危ないよ~」とか言われてるのである出っ歯手作りで温かみがある上に重ねて温かみのあるエピソードであるハリボテエレジーの如き侘び寂びの趣きだ。

で、出っ歯が無い普通の車として他の族車と一緒に東名を走っていくと、途中で交通機動隊が集中取締りをやっていてFRPの高級出っ歯車は皆とっ捕まってしまうが、手作りシルエットの方はなにしろ普通車に戻ってるからそのままスルー

これは他の出走馬が前部倒れた後にハリボテエレジーが壊れた馬体というかダンボールを引き摺り走ってきて完走するのを彷彿とさせる。大穴である

続く→https://anond.hatelabo.jp/20230105180833

2022-12-15

君たちはどうコーヒーを淹れるか

俺はエアロプレスという装置で。

google:エアロプレス

これを逆さまに立てる。

スーパーで買ってきたレギュラーコーヒーを投入して

お湯を入れてパドルで撹拌して、1分ほど蒸らす。

専用のペーパーフィルターを被せてフタを閉め

ゆっくりマグカップに押し出す。

味は、まあまあ。

2022-12-02

anond:20221202213754

そのたとえ話は若い男は普通クズ、って言ってるように見えるけど。

女性ポークソテーの豚と同じように扱ってる。

ビックリして調べたんだけど、オカズって広く言われてる用法らしい。

google:オカズとは

ネットアニオタを許す日本社会絶望しかない

2022-10-18

富士山バス横転事故の基礎知識

バスが急坂でブレーキが効かなくなって横転事故を起こした件で、個人バスを所有する変態さんが検証動画を出しているが、

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1959853

 

前提の知識全然共有されてないのが気になった。なので説明を書く事にするよ。

 

バスの2速=乗用車の1速

まず元記事バス個人所有氏は2速で下ってるんだが、バストラックというのは2速で発進する。1速は急勾配での坂道発進とかの緊急用で普通は使わないのだ。

乗用車オートマだと「PRND21」とレンジが分かれていて、2、1レンジではギアが固定される。峠の下りでは2速で下ると思う。1速に入れるって事は余り無いと思われる。その1速に入れてると思ってくれていい。普段じゃそんな運転する機会はないと思う。

因みに乗用車AT軽トラバン以外では4~5速あるよ。

 

バスは回転を上げて走行しない

動画では2速で下って回転数がレッドゾーンに入って警報が鳴っているが、これはデモンストレーションでやっている事で、普通バストラックではこういう運転はしない。

バストラックは大体100万キロ走って廃車になるのだが、そのディーゼルエンジンも精々オーバーホール一回程度でその距離を走り切る。乗用車と比べると非常に頑丈なエンジンなのだ

だが頑丈に作ってあるために作動部が重い。その為にオーバーレブ(回転数数オーバー)に大変弱いのだ。ガソリン乗用車のつもりでシフトアップを引っ張る走り方をしていると壊れてしまうのだな。

から彼の道路での実際の走り方は3速でリターダー動作(後述)か2速でオーバーレブしない速度って事になる。

 

バストラの下り急勾配での走り方

アクセルブレーキも踏まず、エンジンブレーキだけで抑速する。また、バストラには排気ブレーキとリターダーというエンブレの強力版が付いており、そのスイッチハンドル左手にある。車種によるがウインカーレバーを向こうに押すタイプと、ウインカー別に短いレバーが生えているのがある。動画でカチカチ言ってるやつだ。

これのスイッチを入れたり切ったりして速度を調節する。

ヘアピンではぐっと速度を落とす必要があるのでそこだけで足ブレーキを踏む。ブレーキ「ずっと踏みっぱなし」は絶対NGだ。というかそんな運転するのはちょっと考えられない。

 

ブレーキ異常にはフェードとヴェーパーロックがある

ブレーキを踏みっぱなしにして加熱させるとブレーキが効かなくなるが、その原因は2つある。

フェード

ブレーキライニング押し付けられる摩擦材)が熱で滑りやすくなる事。「段々効かなくなる」のが特徴。

フェードが起きると独特の匂いがする。東武東上線とか伊勢崎線の古い電車で駅に着いた時に床下とホームの隙間から香ばしい匂いががした事ないだろうか?実はこれがフェードの匂いなんですな。MT車クラッチを滑らした時とかも同じ匂いがするよ。

ブレーキシューレジンが灼ける匂いらしい。

電車ブレーキはどれも同じ構造なのに東武の旧型車だけがあの匂いするんですな、不思議である

あの匂いがしても東武電車普通に走れるが、車だともうダメ。冷えると効きは幾分戻るがシューが変質してしまっているので交換か灼けた表面を削らないと効きは元に戻らない。

ヴェーパーロック

ブレーキ油が沸騰して水泡が出来る事。「突然、全く効かなくなる」という恐ろしい特徴がある。

ブレーキペダルの踏力の伝達には分子量の高いアルコールなどの液体を使っている。液体は圧縮できないからそのまま力が伝わるが、これが沸騰して水泡が出来てしまうと体積が千倍にもなり、また気体は圧縮できるから踏力が気体の圧縮に使われてブレーキを押す力にならない。

 

この両者は相反するものじゃなくて連続して起こる事もある。フェードが起きるとブレーキが効きにくくなるのでより強く踏まないとならない。そうすると発生する熱量が増えてそれでヴェーパーロックが起きてしまう。

  

で、増田見立てだとこの事故の原因はヴェーパーロックだ。その理由には更にバス構造を知ってもらう必要がある。

 

バスホイールパークブレーキ

バスサイドブレーキは、乗用車のように手でギギギと絞り上げるようなものではなくて、運転席の小さいレバーを倒すと全力で掛かるようになっている。

元々、バストラもハンドル式だったが、掛かる場所が違った。サイドブレーキミッションについていたのだ。

昔のバス終点に着くと、「ユッサユッサ」と揺れていたのを覚えているだろうか?これは車輪ではなくてミッション軸にサイドブレーキが掛かっていたからで、そこと車輪の間にあるシャフトデファレンシャルギアの隙間、自在ジョイントのたわみのせいでユッサユッサしてたのだ。

だがこれはジャッキアップすた時などにデファレンシャルギアのせいでサイドブレーキが掛かっていない状態になり危ない。また急勾配で確実に止まっていられる事が車両法で定めらると、手で絞り上げる式では確実性と力が足りない。

なので、ブレーキのバネを普段は高圧空気で抑えておき、空気を抜くと強力なバネが全力でブレーキシュー押し付けるという方式に変更された。

画像を見たら一目瞭然だが、https://www.tbk-jp.com/products/brake_01.php

普段ブレーキブレーキシューは共用になっている。

 

さて、変態バス氏の動画を見返して欲しいが、4:40頃から事故車両ブレーキ痕が続いている。

これはサイドブレーキ作用して後タイヤロックしたって事である

サイドと足ブレーキシューが共用だ。もしフェードが原因だったらロックできないのではないか

だとすると消去法でヴェーパーロックという事になる。

 

バスブレーキ構造は、前がディスク、後ろがドラムというのが一般的だ。

見てもらうと一目瞭然だが、google:image:バスドラムブレーキ バスディスクブレーキ

ドラムというのは熱がこもりやすいがシュー摺動部とピストン距離がある上に接触部が狭いところがあるので熱が伝わりにくく、ヴェーパーロックは起こりにい。

一方、ディスク式は摺動部とピストンが近い上に接触面積も大きいので熱が伝わりやすい。故にこっちの方がヴェーパーロックはし易いのだ。

から後輪ドラムのフェードは大したことが無く、故にサイドブレーキは効いたが前輪のヴェーパーロックが来て全く減速できなくなったと考えるものである

 

サイドブレーキが効いても減速できなかった理由は、一つは荷重問題下りでは車体がつんのめっているか荷重は前に移動する。だから後輪はロックしてスリップするがグリップ力が足りず減速できない。

この荷重移動を利用したのがドリフト走行なのね。ブレーキで前に荷重が移動している時にハンドルを切ると普段より舵が効く。前輪を中心に車がスピンしようとするからそこでサイドブレーキを引くと後輪が滑りだすってわけだね。

もう一つはホイールパークブレーキのせい。レバー倒すと後輪に全力でブレーキが掛かるので走行ならいきなりロックする。スリップ状態タイヤ摩擦力が低くなるから減速力が足りないって事になる。

また後ろがスリップしているから操縦も難しくなる。

 

排気ブレーキ

よく出てくる排気ブレーキとは何かだが、エンジンブレーキを強力にする仕組みだ。

エンジンは2回転する間にピストンが2往復して1サイクルとなるが、爆発(燃焼)工程の前に空気圧縮せねばならない。ディーゼルでは断熱圧縮で熱くなった所に経由を噴霧して燃焼させる。この圧縮には力が居るのでエネルギーロスだ。

圧縮の後に燃焼がなければロスだけが存在する事になる。エンブレはこの圧縮のロスを抑速に使っている。

排気ブレーキはここで更に排気管を塞いでしまうのだ。エンジン圧縮ロスで虐められているのに更にペッと吐き出した息まで塞がれてしまう。とんだ意地悪だ。苦しいようやってられないよう、って事で更に速度が落ちてしまう。

排気ブレーキ作動中は「ドドドド」とエンジン音が野太くなって、解除時には「プシュ!」というのが特徴だ。

 

リターダー

リターダーにはオイル式などもあって、これはオイル抵抗エネルギーロスをさせようというもの。木の板でかき混ぜる草津温泉の湯もみは水の抵抗があって結構大変、汗が出ちゃう。これと同じ仕組みだから湯もみブレーキと覚えてもらって差支えない。

でも日本バス一般的なのは圧縮解放式ってやつで、これはエンブレの超々強力版である

エンブレは圧縮ロスを利用するものだが、ピストン圧縮された空気はその後どうなる?燃料が無くて燃焼されなくても、圧縮された空気はバネみたいにピストンを押し戻すのだ。

そこで圧縮解放式では意地悪して圧縮しきったところで排気バルブをちょっと開いてしまうのだ。すると圧縮空気は逃げてしまう。

更にまたすぐに閉じてしまう。すると今度は1気圧の所からピストンを引いていく事になるので真空ポンプの負荷が出来る。これで超強力なエンブレが出来るという訳だ。

新宿区牛込柳町交差点は急坂の底にあり、自転車で通る時に坂の上から一気に下りその勢いで向こう側の坂を上りたくなる。が、この交差点には信号があるのでそれをさせず停止状態からエッチラオッチラ上る羽目になる。

故に圧縮解放リターダーは柳町信号ブレーキと覚えてもらって差支えない。

圧縮開放式は空気圧縮されたところでバルブを開くので動作中は「ンババババ」と結構派手な音がする。

因みにVTECみたいな可変複数カムによって実現されている。バストラもハイテクなのだ

 

整備不良の可能性はないのか?

ある。

ブレーキ液には高分子アルコールを使うが、これは水を吸う。すると沸点が下がる。ブレーキは水が掛かる足回りにあって、そのピストンにはゴムのパッキンで水を防ぎ、ブレーキ液が漏出するのを防いでいる。

しかし窓をカッパギで拭いた時、水は残らないがなんかしっとりしているよね?あれが蓄積して水を吸い、200度以上ある沸点が150度くらいまで下がってしまう。この為に車検の度にブレーキ液は交換するのである

因みにレースではもっと沸点が高いシリコン系が使われるが、これは親水性が無いので混入した水が水のままで存在してしまう。するとピストンが100度になると容易に沸騰してヴェーパーロックを起こし危険である。だから公道での使用禁止されている。レースカーはレースごと、雨が降ったら走行ごとにブレーキ液を入れ換える。ブレーキ液にアルコール系を使うのはこのせいだ。

からもしも車検(1年)ごとにブレーキ液を交換していなかったら沸点が下がりヴェーパーロックはし易くなる。この辺は国交省調査を待つしか無いと思う。

また、少しではあるが、高山に上がって気圧が下がると沸点も下がる。

 

最後になるが、大型2種免許は他の免許取得後3年経たないと受験資格が無い。プロ中のプロドライバーで、フェードしたりヴェーパーロックさせたりする運転というのはちょっと考えにくいんだよね。急坂であれば排気やリターダーのオンオフだけで慎重に下り足ブレーキには頼らないものなのだ。だから増田ちょっと腑に落ちない事故なのだ

2022-09-02

[][][][][][]

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1938687

わかるけど発狂ハードル低すぎるよね

"わかる"が「この問題共感する」の"わかる"なのか

「この表でも私は理解できる」の"わかる"なのか、わからない。

発狂した。



「「けど」は「But」だろ」

「けど」で文章を切っている場合がある。

「わかるけど。発狂ハードル低すぎるよね。」「(私には)わかるけど(、なんかごちゃごちゃ言われてんな)。発~」

ref.google:言いさし表現pdf多し)

発狂した。


A1・A2

A5~A8・3・4

「この表記で3と4をA3とA4に間違えるとかそっちのほうが不自然。「A1A8」にするだろ普通

最下部に貼り付け訂正がある。「・3・4」もパーフェクトな色合わせで貼り付けてあるのではないか。全面張り替えより貼り付け面を節約したのではないか。色合わせに夢中で最下部のは剥がし忘れではないか

まりやっぱり「3・4」は"A3・A4"なのではないか

発狂した。



H・Kが止まらない!

(未読)

2022-08-18

Warframeにおける上級者たちはものすごく鬱陶しいしうざいという話

知らない人にはなんのこっちゃだと思うので知ってる人にだけ伝わればいいや、なのでWarframeの説明はしないです。

このゲームをやり始めて8年経ってます、満期でプレイしています。基本はソロプレイ野良募集殆どしないぐらいにはソロ活動が多かったです。

MOD武器も何もかも全組み合わせ作ってしまったのでやることがなく、サブアカウントをつくって初めからやってみようと思いました。

心機一転ということで今まで手を出してこなかったクランに入ったり、積極的Discordに入ってみてというプレイに憧れ

さっそく某大型DOJODiscordグループに何個か入ってみました。

まぁひどかった

プレイするやいなや

「何がほしい?」「フォーマ挿してる?」「MK1BRATONでも最後まで使えるよ~ww」

新規さんは~、〇〇強いよ~取り行く?」

わかっている、恐らく彼らは親切心で上記のうざいコミュニケーションをとってきているのは

だがしかしこちからするとありがた迷惑だ。

ゲームを楽しむためではなく、最適化するためだけにプレイ強要しているようだった。

ゲームプレイヤーは必ずしも皆が皆無双プレイサクサクプレイを好んでいるわけではない、むしろ挫折があり壁を超えるからこそ楽しいものだと思っている。

なのにこのゲームに居着く輩は皆として新規必要以上に甘やかし、Warframeというコンテンツの消化スピードを著しく早めている。

なぜこのゲームにそういっためんどくさいジジイのようなプレイヤーが多いのかは知らないが、すこしでも思うことがあったら考えてみてほしい。

教えたがりや、施したがり、数えだしたらキリがない

Harrowは難しいとマウントを取ってみたり、Acridの過去Verの話をされたり、素材集め手伝うと言われ耐久にて部屋の奥で待ってていいと言われ耐久放置が始まったり

コミュニケーションうまいと思い込んでるオタクみたいな人が多いので1つ聞くと100返ってくるのもうざかった。

私「NOVAって強いですよね」

相手「強いよ~wwNOVA使いたいの?NOVAは減速と加速があって~、OE持ってる?あげるよ!これつけると~」

なんというかこれが少数だったらいいのだけど、入ったグループの8割くらいはこんな感じだった

サブアカウントは削除し本アカウント今日もKUVAを集めています

Warframeはもう救えない気がする

Warframeにおける上級者たちはものすごく鬱陶しいしうざいという話

知らない人にはなんのこっちゃだと思うので知ってる人にだけ伝わればいいや、なのでWarframeの説明はしないです。

このゲームをやり始めて8年経ってます、満期でプレイしています。基本はソロプレイ野良募集殆どしないぐらいにはソロ活動が多かったです。

MOD武器も何もかも全組み合わせ作ってしまったのでやることがなく、サブアカウントをつくって初めからやってみようと思いました。

心機一転ということで今まで手を出してこなかったクランに入ったり、積極的Discordに入ってみてというプレイに憧れ

さっそく某大型DOJODiscordグループに何個か入ってみました。

まぁひどかった

プレイするやいなや

「何がほしい?」「フォーマ挿してる?」「MK1BRATONでも最後まで使えるよ~ww」

新規さんは~、〇〇強いよ~取り行く?」

わかっている、恐らく彼らは親切心で上記のうざいコミュニケーションをとってきているのは

だがしかしこちからするとありがた迷惑だ。

ゲームを楽しむためではなく、最適化するためだけにプレイ強要しているようだった。

ゲームプレイヤーは必ずしも皆が皆無双プレイサクサクプレイを好んでいるわけではない、むしろ挫折があり壁を超えるからこそ楽しいものだと思っている。

なのにこのゲームに居着く輩は皆として新規必要以上に甘やかし、Warframeというコンテンツの消化スピードを著しく早めている。

なぜこのゲームにそういっためんどくさいジジイのようなプレイヤーが多いのかは知らないが、すこしでも思うことがあったら考えてみてほしい。

教えたがりや、施したがり、数えだしたらキリがない

Harrowは難しいとマウントを取ってみたり、Acridの過去Verの話をされたり、素材集め手伝うと言われ耐久にて部屋の奥で待ってていいと言われ耐久放置が始まったり

コミュニケーションうまいと思い込んでるオタクみたいな人が多いので1つ聞くと100返ってくるのもうざかった。

私「NOVAって強いですよね」

相手「強いよ~wwNOVA使いたいの?NOVAは減速と加速があって~、OE持ってる?あげるよ!これつけると~」

なんというかこれが少数だったらいいのだけど、入ったグループの8割くらいはこんな感じだった

サブアカウントは削除し本アカウント今日もKUVAを集めています

Warframeはもう救えない気がする

2022-07-28

anond:20220728150736

data:image/jpeg;base64,/9j/4AAQSkZJRgABAQAAAQABAAD/2wCEAAkGBxISEhUTEhMVFRUXGRgaGBgXFxcaHRsXHyAYGh4aGBgYHSggGh0mHRsfITIiJSkrLi4uHR8zODMsNygvLisBCgoKBQUFDgUFDisZExkrKysrKysrKysrKysrKysrKysrKysrKysrKysrKysrKysrKysrKysrKysrKysrKysrK//AABEIAQMAwgMBIgACEQEDEQH/xAAbAAADAAMBAQAAAAAAAAAAAAAABQYDBAcCAf/EAFMQAAIBAgQBBgUNDAgGAwEAAAECAwARBAUSITEGBxMiQVEUIzJhcRUkJTNCUnJzgZGhsbM0Q0RTVGJjk5SywdMWFzVVg9Lh8Ah0gpKi0WTi8cL/xAAUAQEAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA/8QAFBEBAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAP/aAAwDAQACEQMRAD8A7HnWbwYSFp8Q/RxJbU1mNrkKNlBJ3IGwqV/rbya1/Cjb4jEfX0dbPOqpOXnSLnp8L3/j4u7z1X0EQOdrJibeFHhf2jEcLX/F91fY+dnJzuMUT6IMSfqiqyadA2ksoY8ASL/N8lZKCIHO1k23ro7/AKDE+j8XXn+t3Jvys/qMR/Lq5ooIo86+T/lTfs+J/lV8/rXyexPhRsDpPiMRx329r81VeWTF0JY3OuUfIHdR9AFbLuFBJ2AuSfNQRn9a+T/lTd/3Pif5VeP628m4eFne33jEdvD73VZlErvDG8nlsoYjuLDVp+S9vkrDPMDiVU2tHGXN+xnOhD8oEg+U0E23Ozk42OKPC/tGJ4WB/F9xr4OdrJ/yo/qMT5j+L89WccoJYDipsfTYN9RFZKCI/rayff10dhc+IxHDb9H56+Dnbyba2LO5t7RiOP6utrnYzAwZTjHHFo+j/WFYz9DGtnm2y8QZXg47W8SjkfnP4xvpY0C1edrJja2KO/6DE/y6+nnYyfb10d729b4ns/wqtqKCIk52cnUkHFG4Ok+IxGx329r81epOdfKFOk4og7bdBiO0Aj733EVa2ooIk87OT3t4Ub7/AHjEdgueMfdXludvJh+Fn9RiPP8Ao/NVxRQRS862TnhijwJ9oxHAAseMfcDXyDnYydzZcUSbE26DEcBufvdW1AoIc87mTbjwo7X+8Yjs/wAOnvJrlZg8w6TwSXpOjID9SRLE3t7Yov5J4d1O6iuScds3zk34tgtrcPEnt7eP0eegtaKKKCO52JNOXk2v47C8Pjoj/CrGoznc/s47keOw3D46OrOgQrglOMZwWNiC3AqCUtpuTswsrbX8pdhxp9SMxOMbfq2Kg3BS4UAi1tGoXa5J1AbKBwILygKwzT6So0sdRtcC4HwrcB5+FePD4b6eljvwtrW9+616m8LlmKSbHNFMWeQJ0ZlR1VJLadQ6umQaQvkEDq2IUksQp4SoJVQRbc9UgXa52NrNve9r78a0uU5PgmIANi0bqD52BUfSa04gsRhxOK0pimh6ORYbkO3UYhUALSaCDYm+kM/YSa+ZtmBkiKmJ1u8Yuxj9+m5CudvRegfgWpLg40kxeLJsw0QQMOI6olkKn5Jxt3Ed9NsVEXRlDshYEB0tqW+2pdQIuOIuCKQ5XF4BGqyKixMWLshYiNidi5fdl02DSncsC7eUSobuSLpkxMZLHTIhGo3JQxQgEk7ndWFzudJvc0xxDOB1FDHuLaR89j9VLcXdZenhtIQojmjUgsUBJUj85CW6u1wzdoArawubQSGySoW7V1AMDa9mQ9ZTbexANBz3nxmaTDYPCX0tisVGpAIJ0jja/GzMu9u6umQxhVCqLBQAB5hsK5bysdMZyhyyBSHSBHnYqQwDXYi9jt1ok+cV1WgKKKKAooooCiiigmOVauJI3Eioixy3DMoHuLsbkHYdW672Zq8coMLJLIjo9gIwSqunlFgULFmFlJU9YarleG1jl5WMoKAmW8mmMCPo+1gpF3O1zIu9iNhe97Vq8osyERvLG92iUSIHAUqRPsW03JUBzsLbj824VyiwqJ5JIwzjOSeBOCtw49Cb/QRVqnAVEckF9mc6PnwP2Lf+6C5ooooI7nYIGXm9/bsLw+OjqxqO51x7Hnh7fhePx0VWNBPPjZBiToTY6V1aHs3WAKne2oA6gxtYBtiLGn8gJGxse8i/0VKSYXVmIkZy2lrBQGAXqEhb332Go7WuT73etoFMjtIZ8NJpJ6IG6ggFX6RLFSTuCvG+9x3V6hzAnDRSCxeREKA8CxXVvbsABJ8wNeEPr6T/AJeP9+aleSyno8KOHR4SH55AB8hAi/8AI0GzhsKFLOxLyN5cjcTbgo96g7FGw3O5JJxYnGLZiy+LD9GTa++ksxtaxVe30P73f2cUZNCw2Z3W4JHVWPh0jd496OLHuGplZzZUvQdChKkbo/EiQHUHPvjq3Pvrm/Gg8Zdmd2EUttZF0YeTIvbbuYdq924uL2ZOgYEEAgixB7R3VE4IhgEYFFLEAAnVh8ShOpFJHk7FkNrW23V1WqvLsaHUqWDPHYOQNNzbygtzYE37TuCOINBJ5XglklwsblmXwbHKpJIYxrNhkj1MCNREenrHe+/Hes+dYqYwzYTo0Ew6PonW3Rt7sM4JvGfFybG69Udck2GPkwSXysnictmY+ktl5P0mmGf5bHJi4WmVGhZJOkVwCrGNWMalSLGwllbfuoJDkQwxXKDMMWL6IoYo0BFiNSp2HcHxbbdlzXVa5hzDQasPi8WQQ2JxTm7bkoNxdjues79p3v566fQa+NxaxLqc7XAAG5LHYKo7ST2UsGIme5c6B2IhvYfnPxJ+DYDcdbjWsJOnneU7pEzRxC+1x1ZZPha9UfmCG3lkVsSOFBJ4AH/Y7zQfZBe12fbby3H1Hf015DSILxue/S5LKfMWN3X0g7cbHgcmNUxxo7DtAk/N1bA+hWsCe4k9lfKBjgMYsq3AKkGzK3FW7jbbzgjYixFxWzSVE0yxuCLkmOTe3VNyvwiHsAOzpH76dUGhmq7KwALKerdHksbcQqkb/nEgDvFJ+UmLgVR4TEdZTcr0baLh7nrsLhd9yLb7dttnlDiNMkIJIF2IClwxa2jiiNtpc8LG5FKOV5DunUV16NH8YzpbrGzabcQNRsfKNgd9IYLOMbD0VFckberGc998D3fiTVrHwHoqH5Hn2Zzr04H7FqC6ooooI3naa2XH47Dd346PvqyqN52VvlxG3t2G42/HRjtqyoEixjwtmItuArBk614wSCpOq+x4DcAd16d1Ls49ULaW23BLKF1aEVrKVuTptwN+HAHeooFLC2NP52H/AHXP+ap7LMG0q4ePUoSTBQNve8nRizJa1gh6RNR42NrbkiitfG+iD63/APrSdMsabK8MEdkkSCFkZGKNtGoZQygldS3W9ja4NrgUDnJoQits7SMQXYoVueHVDcEUbBb8B2kkn5is06I6pisSecM5I34lRpT5zt3Un5Fcm/BvGpPK8ciXCuytcEhkJsg0lV22JBuTtTfPOTuGxejp4kdkN1ZkjcruCQOkVhY2F9qCczHMsLO8j4SeKbUoEgiZX0zLvBL1Ta+oBO8noh7mvWZyPFJPPEN44dci3triYSAgXOnUhiDqTtvIu2skPcxwUcGClVFAEcTFTYXuq3U9UDcEA37xU7mE6S+EgcJbYT5dbxMR5tWIVfTQOMBg9GJwij7zgpEt8JsNb7I1pc7OKMOWTzqBqjHVubWMgOHJ+QTE281PMOt8bMewQQAekviCfoC1Fc/eJb1PSBN2xE8UYHou37yr89A85pcB0OUYNffR9J+sLSfUwqtY7Vgy/CLDFHEossaKijuCgKPoFbFBzzklmd8LDI5Nhh4Ha3F5piSQF7WLAWHaZKoMoVpPGSeQhJ2Nw0ncveicL+6cE2FheXOUyRNiI4kidlleXDa2kCiFUEbIsSbM8b2j39zJe5vY3eVa1XoZWVpEVSdClRoOoLYcB5JFh3CgyPKkoMZjdkYFW1KVFiLEEPYm422BpNl8pA6NzeSMtGxPE6bWY+dkZHt+dWpPyShWWSWbppl06lHSP7YWa4MUOlW20Bdidmub7nJJAiYtBMFWPwfpXuToDJaNtbMbEWZPK46L9lBsZobRM3DQUkPojdJD9CmqSpE3fCzKPdrOkd+JVzIkPHsIKgX47VXUE/ygwqySopGptN1HV4qytYhiA1wG2vwD8b7bGMik1x6VcqFsxUREk3GzBiFFrXuAeLW09uDlChaRBoVl4uWgMoPlaV24Dy9wLg6RsG3fLwoAConkjJfOM5G2xwPYL7wtxNrnh21b1D8kV9mM6PnwPaPxLdnEUFxRRRQRfO8l8uI/TYb7WMVaVHc7B9jz8dhftovNVjQIGSXw4eNTQBfo7tfQQwuBaxJZePZbj1rB/U744Y7qqwiPlnTLYkIBe99F7i3DgBVFQKxtjT+dALf9Ltf94fPRyWW2DwwPFYYgfSFUH6RRP92w/EYj9/DV7yD7nT5bejUbfRQLcI7RJGcLZ4ZDZIZLqUG5OiQA6YwATpYG2wUgaVrbweYMw1x4eZg+4YyRlT511S3Cdt1XcbgGlXqKrSxwTFXSKLo0UlCXVgpZymksp1La4K2tsTqsGs0uIgUCyzLqRVZm0tZiFCvZTdgSLMBvvcC1yC2PA4nFxM7yhWaXqoC/RpFG5AFgV6XXoBJYDZiBa1EmWmGXDRWDxtItmPlDQssp1dh1OkbXA3N732rcizNoQsfg0ijrWG1yOs1k0llYhRexYE22F9qzZnD0mJgW7CyTOCrEWI6Jb7bHy+BBFBmyzebFHukRB6BHG31ua57zjDwnO8owl/IZp2HmBDb/ACQsPlNdAyVNDTxl3ciQNqfRchkQ+4VRa9xw7KhMoBxPKfFybFMJh0iU9zMFNvnaQUHT6KKKBLmmVsHGIhuXVw5juAJCFMZsTazmM6bk2Nkva1x7yfE4d42fCaGJA2LEEbXVHvdkXfYWsA1wN929SOY5BhzMkKKryFHIWRVdYoSy3Olh2N1UU8LsB1QQAeY/PcPCQski9IbWjU6nNyFFkXrW1MBe1txwpDjMf0r65wypE/ViWxs4TpA0pUkO4WxCjqqzLbU2kr6yrkWkMk9lQJK12YAdJIhA8W22mNF3XSg3Fj1Te7TEZYI11YUqjqfJZiUka/CQm5Dk/fB1gbE6gNJDByewzSEzSbkEKLcCYwVZvkkaS3ZsD3VQ1qZXjEmiV4xYG40m11ZSVZGA2DKwKkdhBrboEWf4bU8bPIscaniZmj391ZRYE6Ay7n3bHsF3MHkr1tWw622/n22340uznFkNHEqOxcm+iQI2kcbEkEnfgCNgxv1aZQoFUADSAAAO4d21B7qI5JN7MZzw44HtP4k+ereojkkB6sZzbjfA3/Un/Wgt6KKKCM52yfU42v7dhuHx0dWdRvOyWGXHTx6bDfbR2+m1WVArns2JUaHJQaiw6OwB1AXJOuxN9gN9O+1NKViCXwnWb6LWXaMgC2++zqSe4sDYXtamlAtlHryL4ib9+D/SvnJhr4PDnvhjPylQa+zr67hP6GcfO2HP8Ppr1kC2w8Y7ALD4IJ0/RagS5ozzp0q6xaWRF0O4ZTE7JcBPKJKMesGFrAi2o0nbHY18XholZpcNOkMup1UMjRyJK1yiqFulhYjckb340mAwvTNM4ZkhdyFRSLPpuGlJIuupr20kAhQxuWNb2KymOQDVe4NwwNiD3gjcfJxFwdjQbskQa1wDY3HmPeK0J19dwnuhn+l8N/6rHHl86/hMjDzrD/CKssG04S5OmK9zuTdjfc7+5FBig2x03c0EBt51fEAn5mX5qheZJhO2ZY0XPT4tgCTc6Vu6j5papOWOP8HXFTdseCkI+ES2gfK21afMtl3Q5Rh9rNJrlbz6mOk/9gX5qC4ooooPEsgVSzEBQCSTwAG5Jqc5KKZJZ8Q+zuIgwPFNjKsfm0xyxggbagx90a3OVLgxrCxAWZtMhPAQKDJLq7lMalL97isnJvUYTI4s0zvLYix0Mx6MMDwYRaAR3g0DakOXyCWQIPJjeaRvhGWVYwR2jZ29Koae0oyWILNiQBbrIfnW/wDr8poMuXxqmIxCqT1+jmK22BYNGdJv29Dciw3udyxpnS9ltigffxMD/wBDLb7Q0woMGJwUUntkaPw8pVbhe3Edmo/Oe+s4oooCobkgPZnOuPHA/YtVzUVyTiAzfOW3uWwQ+aG/8aC1ooooI/nXcjLyQAfH4XibffojxqwqV5zcEZsA6rLDCQ8La536OMaZEbrPY2vaw89qmIOXGO1dbGcn9PbbFyA8e837PNQdRorlv9OMfqHrzk/pvv67kvba9t+Nu23yUPy4x1tsZyfv/wA3IaDo2Ki8bG29wHXbhYgHfu3UVhgwsi4NYkIWUQhFJOwcJYEkX4HtF6gP6b478s5Pdn4ZJ5r/AMf9a+py3x298Zyf27sZJ8nf/vuoK+TEPHH4PHDpKRrpAlAsguqjVpNr6CBYdnZSeLF5gXdVLxgDbV0MqhyAQCzSB2Avciw2tY77T39K8YWdzjOT5ZgoHryTa2r6N+Fx299YsNylxilycbkHXIb7sk2bSifNZL28/Gg6MuaTAANCpbbdZOr5ydS6h6AG/jWtPNiOnMqLFpCFFRnYEm+rUxCHT3WF7XPHYCHHKvGW+7Mgvv8AhklfP6V42/3Zyf7fwuT5P9/VQZedzNQ+TPJZVkxEkUNlLE3R2cxnYdZWVwR9J2rpGR4AYfDwwLwijRB2+SoXj28K4jnyYnFvEzY/Il6OVJ9C4ttLyqFW7BgdiqgWB7Kqxy4xx0+vOT+/H13J9Hd9NB1GiuXDlxjvyzk/+2SUf04x35Zyf/a5PN/H/fbQXU8McuIlEqqyrAEOrhplL9IpB2sRGl/RSgYITICWkEZ3RHEchC9mozo7XI3tfa9uy9R+K5TYuRXDYzILyqqPbGSWKC91tvYEMwO/b5t8ycq8ZvfF5AeN7YyTzW7+0/8A5QWOEwckJvFM3cVkAdLbcETQFItsRbibg7W3sqZvCJgxDExwtdQVG5mXYEk+476gByuxlh675P3tv68l+qva8r8YJCy4zk+BbSB4ZJ5PHc23IN+7ieNB0Wb7qi80M1/laC31H5qYVydOVuODO/huQM7WG+LksEFyFAFuFySSbm/dYDMnLfHk28M5Pm9reu5aDqVFcvXlxjri+M5P2t+WSDf015/pxj7n15yft/zcnHft/wBKDqVRXJNyc3zkE3AbBWHd4n/fzUhHLjH7XxnJ7jv67k4fPtTjm5EsmIx+JlxOCmac4fqYOYyrHoRk6xIuNQA+Y0F3RRRQRXPAgOWsG4GbDAi17jpY73HbtTyPkll6+TgcIPRh4h9S0o51wfU86Rc9Phftov41YUCT+iGXWt4DhLd3g8P+Wg8j8uPHAYP9nh/y07pLygxs8YvG0EMSqWkxGIuyLYgBRGroTfcliwA22a+wff6KZf8AkWF/URcP+2j+ieX7+scLva/reLe3C/V3tSjD8ocXMnVEGHePDxTz9OsjAdJ0lkC6kaMWjJLte1wNJINqLI8wGJw0GIC6RNFHJp421qGtftteg1f6KZft6ywu3DxEW3o6tRfPDydwUOUYmSLCYeN16IK6Qxqy3ljvZlW4vc/Oe+umVC8939i4r/B+2ioNnkfyVwLYDBs+DwrucNDqYwxMWJjTUS2nrX7+2m45I5cOGBwn7PFw/wC2vXI03y/Bnb7mg4G/3teB7acUCcclcADcYLC37+giv3cdNeV5I5cLEYHCC3C2Hi29HV2p1Uljsxxa4hEWWMyNMnrZE16cLrs0s0lwyNoDMDsuqyAOdyDQck8vvfwLC3338Hivvx3018HJLL/yHCb/APx4uzf3vfSDBcpJpZ41WZdb4iSPoOj6nQIzBmE58uQIA/VYi506diRc0CQ8kMu/IMJ+zw/5aiuebIMLDlM8kOGgjcNF1kiRGt0iC11APbXUK57z7n2Hm+HF++KB5k/JTL2w8LHBYUkxJcmCIk3UE3OnetwcksvHDA4T9ni9Hve6t3JR63h4+1x8ePkjjW7QJxyVwF7+BYW/f0EXdb3vdtXlOSWXggjA4QEcCMPELdu3V2405Y7VKYLMsW2JSIywuxVziEjjYrhjpBQdLq6z3KjS1iwJcBQLUDNOSeXjhgcIPRh4v8tfByRy78hwm9vweLs4e5rUynEYxsW0ZnilhhFpiIdB6ZgrLGh6Rtwp1tcbakAvc6aWgSHkhl35BhNv/jw/5aneQ0KR5tnEUcccaIcFZY0VRvExOy7cd/ST31e1Fck5b5vnC6QLNgut2m8J2Pot9NBa0UUUEfzrKTl5sLnp8Lte336L+O1WFR/OvKFy8k39uwvDzTRH+FWFAVNZrlOIbEnEdJh2SMDolmRyIiAdTizgFzc9e1wuwtdtVLUvy6mUrDASvjHJYEIx6MKQSA6svtjxqSRYKzHa16BfneCjxU5R5sHqKxqrNCDPFqAJ6B2NiW8pSb6GN7NsKtIIlRVRRZVAAA7ANgPmrlWRYSN8TDqJj1LDI62w6jfSArAQgyM2uJeAspJuLAHrNAVCc9/9i4r0w/axVd1B8+JHqNifTDb9bHQU3JIWwOEH/wAeH9xabUq5KJpwWFF72ghFx29Rd6a0HxwbGxsew1J4DLWwmiGXGRkTMyt4jTLLIUdi7SiQ2ayFtRFrLYWFhVbXOOV2JEmJfSY+rpjXpFGlinXkKuJEJIVmFiSAYWvo3JDf5KYdZxhR4SZYcOqvh1GFeC4CGNGkdiVksjmwQKN72sNriuf83GEgE07rbpAZFtZ9WgyyOrspNkDI6aQRqIBa7Ai3QKArnnPyfYiXzyRfvCuh1zvn6e2USDvkiH/kD/CguMn9oh+LT90VuVrZY14Yie1E+oVs0GrmmGeWGSOOQxO6lVkUXKEi2oA9opDhcQuAUxyzxFEid1jiw7KQFK6jtI2piXHV8pixO9jVQa5Zj8WJpmk6lpCWF1fU0RcRxvFolXWHQq4srFuuBqKlQFzyTSJIBHG7OVLGR3jeMvK5Lu5VwPKZidthw7KdVIc2cMIwuqFdJJUOt3OhgiARkttqUWDBdlfWvEGq+gKhuSA9mc69OB+xarmorkmls3zk3Ju2C27B4m+3z/QKC1ooooIznb/s47keOw3D46OrOo7nYI9Tzf8AHYX7aOrGgKwyYVGJLIrErpN1BuvHSb8RfsrNRQaaZXACpEMYKMzoQi9V2vqZdtma5uRubmtyiigKg+fH+xsT6YftY6vKgefM+w2I+FD9olBV8mFIweGB4iCEH06FpnS/k6PWmH+Ji/dWtDMZmmlaLyYoymoji77Ppv7lQLXHE3HAeUD+sZhW1tIte9rC173vb07+mkJwakWu9ttulktsb8NVhuOys6Zm0ciLKR0TDSJCN+kuoRWN7XbfcgC+kcWAoHIjAJIAubXNtzbhc9teqKKArnHP6fYl9r+Ni+Tc7/w+WrfOM2TDKGdXYEgHQpawJVSxA9yNQJtva9gbVAc+mJWXJhIm6vJCynhsbkbUHSMF7WnwV+oVnrDg/a0+Cv1Cs1AV50DbYbcPN2bfJXqig+KoHAV9oooCojkjGRnGcm+xOB2v+hPZ2cR81W9Q3JBfZnOj58D9i3/uguaKKKCO52Fvl5+Pwvn+/R1Y1G87TWy43/HYbsB+/R99WVAUUUUGtjcV0Y4FmOwUfWSeAHafmuSAV5zDEceji+Drb97R/wDzWhLJLJjJkj03RVU6r2AsjqwA47u4IuL2XcWrfwmWuSOkbqrwAPWcjfU5AAAvwRe7cnyQG7hMwWRmSxVlANmtupuNQIJBFwR3ja4FxeM59D7Dz+doftEppgZSmMSJrlkLRhj7qORWlXftI6HST26b9tK+fT+xp/hQ/aJQWORLbDQA9kUfbf3I7e2pSDESQviOl0wqsjANKbrpZ5XR1VLly4YE3K8DuStqrMj+5oOzxUf7opDm+GnhxPhQdDEWXUHaRQFEbIquVVgsYZnfVbi63A03IeUeYwxyPLF0bqNckYdip2Fol0kyFjq3IULYHS299DEpiHSKKweCaYRAkSpK0IIdjL0mki8KyIdrkhWB69l33xsvhEfjFLyHWiK14Smhla0ltTFbXLABRrTqkkE4o4p8RirrKGCFHZkdjHGSUvGht126OIgjqjx5JG4BClmxscRSPcsRso3OkWBZieCjbcnc2G5NqmXxuYSGKTQIihBeMMrB7o4fYkXIZl0gsANN7tcVmnE7Y2dYo11ERgyP5KxKoKcN28Y8pAFr6WF1vcNo8oY2EsmpB7kC2v4w9x96AB2G4NqD7kOMmliAxMaxyWW6hw2rqoWIA4AMxW2/DiQQTC8+8CxZOsaCyrLEoG+wAa2548O2qZZSmMjw5JLCQyIbkkwNHMLt36Xunb97J3NTf/EMPYtd+GIj79+rIP8AXfuoOlweSPQK91jg8lfQPqrJQYsRiFQXYgcfSbAmwA3JsCbDfatKLNgx2il09jEKt/8ApZg4+VRSvMcSfCuFzdYkB9yunppH+UaV9Kr31jw2LadwkXkkqdfHxYPWcdmlraEPadTC6i9BQYLHxy6gp6y21KRZlvwuD2HsPA9hraqVixDCaNmtrjmeCS3vHF19GrxLnu3qqoCojklb1Yznvvge78Sat6heR7ezOdenA/YtQXVFFFBG87KXy8jb27C8SB9+jHbTXNMTiukUQmNVDENrBbq6TZrC1+vbqgrsLlvc0n53lvlzfHYb7WOmGa5gIyLaWdnjAQvpJDyLHqGxNgW7vlFB8DYtJldZBLHokDrIwS7kxlCvRxEAKA47zrF72ptkmZjERa9OhgSrxkgsjD3LW4G1jv2EHtqaV8WWWOQNGSvFYvFmRrWR3DNZRuCykElha2nfb5J+ERpGhijaIRHpJw1nknVnQnowvW1KqtrJHGgx4zASJjZGCv0Uyr0jJHc22uC4Oo+TawBYCUkGw6vnDZoOlMW4j1lC6lw+rRrN0CXDEWVUG4UjTw2y4nP3eKLXGcMSVMySuqsoZiioJEJsx2c23VOOkkU8iwOHc9KqRsWv1hY320k3GxNhpvxsLUE9h8NJNmCzFHQISbMhA0CN40ueBe8rNtvYkHdLBdz7H2Hm+HD++tU2T44mQxsrqrazGHOo3jbRINXdqIKht7auwWWX5+f7Il+Mi/eFBbZGLYaAfoo/3RWrykzToI10mzOyrq7EUkB5Wv2Ipvc7X032ua28n9oh+LTze5HZU7n0DTzyLsOp0ceobEdWWW/ejnoo2H5rUE7mEMLpNMznpY1xgEWhSzkSHS5O+pVMYszAhbuDvwucjx2osmosFJCMQBcLZWAsLEK22ra9+21zFviVOFlVxolfwxOiY9sk8hs0igqL2NvfAMQDpNneC1Qm7W1pIZnCX0hJS4YKTuQCXYk2uVvZQQAGFJ2TMMW+pwl0iZzq0p4qOVdR0203Lb6xoLnYGS5yjN3V7hlEAdV6S/VbrBWOskIBpuw0kgdYEBtJLnlBmfRLoTUZHsBoAJQMQgfrAi9zYCxvY7EK1paPMYR0U0KzNIxuJGjZU64VmMmIIOoFYwrXZgtluFIWwMMuw0nqg2JcFYTGVjZxZ2N0233VWZnbRbrWjNhpAqd/4hnvlcZG4OIj3HdolrX5RZpKMVKXDKCOqsm7Rh1CyNZSSVWISHqcbdUPuSq52VlGUBX09GMWghcEdZNEx1BVVQo4bAHfUbkEGg7cnAeivVfFG1faCIzbBySY141leIujhZVKhg9oGES61YJdEkOpRf5V3cS5TO2GSAYyYTJpZpAY9Ti56rN0dgCLjUFvsDY7g63LXJMLKnSTIxYGPTpd066k6WuhDdUMxNiCQD3CzDH5DHPhfB3aYKU06hNIH7Ny4a7H03B4cKCay2K+PiQy9OyKOkcuCelVSJGCKoVraYU1ndSxXizWvanOQuDw8eGHQRJHbqtp1G9vJILksFZSHVSdg47b1R0BURySkJzjOQTcA4Gw7rwn/wBfRVvURyRX2Yzo+fA/Yn/3QW9FFFBHc7FvU83/AB+F+2joSKCfExlgGN1kZGsTHJDqKsLbo6s2k2NiCARY7+eds2y4/HYbu/HR99OmwkaPrxDAvIzgNuqgG1o9jbdUUEt5RX4KgJ7GusYjCzJPC8zSPAjI3WMnTEqPbHGvWdIJ62hdOkmzrL8lVBgjLI4lgi6MKJCFdmVdepfvhut9/TWbC4YJdsE0RS5VotXUDDY6WUExsO1LWPcpJJ0PAHnkZXszK6nwhGZQqg3MSJc6W4oQCQQdROoaQG1DBIZ8S0JQAuupmS7aujjDKpuBpAVNzfrFxbasGIyyWExmNS6XIkVG0ubnYhgV0opJJVe8eemuQDxCt+MZ5Pkd2cfMGA+SmNBL5dg2E8WtI4Eu0saRxhWZ7OjLK+ohjok1WABJDG9l3Rc/Z9iJPPJF+9VnygFoWkHlQ+NW3G6blR8JdSehjUXz9WOUOdvbIrfP2UF3gXCwIzEKqxqSeAACi5v2AVJ5bjWklw5ZLaoZ31Agq92w9yDYWJLElRe3C9WGC9rT4K/UKQtydjwyCZHlZ4YWQGV2kBW8bElSQAfFjyNI8xsLAklxFkeMDy5ZHv8ABxMaNcW32Yb+b0Vv8pYZCgMIJluyqoZl1gqToLLvbbUfMrbitXGYTS8KOR458RGCot7YjTkgNe28J434CmsCqsjPNM2nDr0126MAXWZCW0oDYLqP/wCUGvFljFkidmMsgvISQxSEWDFnUAGWTaMEWCrq0eQxalxmCSWMxOOqQBsbEW3BUjdWBAII3BAI4Vq5HC2kzSrpkmsxU8UT3ER47qp33tqLkcaZ0HOuVOWSS4Q4VRHHPh5onDhFGsFhomRVWwJIIK9XrI3Zpuk55QxyrCgnV69C3A0iw8IUBQLlVGwXibW4muicp8L1UxALAwHUxW1zFcFxuDfTpWS1rkxgdtQHPnhUw+WYRIgAqYqK1vgTb7d/Gg63RRRQTnK2RDoRmCgEEkkAASXg3J2A0PIePFQNyRTY5vh9vHw7mw8Ym5OwA33pLykw7nE4d9N4iQGIcjSy63XUl7OC4S176Su1r198KUymLSDdSS21iVKXW3bYOpvw3txFB65HaVMyKQblXuOBHWhUjvFoQPkqkqV5Fwy9LjJGCiIylIjxYhGk1332USMwA27Tbe5qqAqI5It7MZyL9uB7P0J7fk+ireojkjb1Yznbe+Bub/oT2fP89Bb0UUUEbztOwy46ePTYbu/HRkcfPaqzFTBVJILeYC9/n2+fapTnYkK5cxAv47C9tuE0R/hTBujS7k7sfKJuWuSQATuR3KPkFBieJy7yaEDkAKA7r1ALCNmTTtfUbkNa/A6RTzLZkeJGjGlCBZbW09mkgcCDsR2EGp/BYsNLILHdjbULEBUiOm3+JqF7HrEW2plkl0eSPbST0qbi4LE9IAvG2vr375COyg2OT66cNEvvECfKnU/hTCk2BxqQ6o5NYbpJmA6OQ3DOz9UqpBFm7OFem5RwBQ46UqxQKwgmsS5CpZiljcsBfhvQNZEDAqeBBB9BrlfO7I39H49flHwYN8KwJ9G4q+hzt3L6cJiDobSd8ON7K215uFiKg+eaN0yQq4semXa42XW5UG219Om9r70HTcCLRID71fqFa+f/AHLP8VJ+61bODFo0B96v1CvGZRa4pFHukYfOCKCX5QYpUbCX4viUVPhFJb/Jo1UBDJjHi7GXDl/i4mmkPpBZ40I7mNaOPZcQuDKMCUeKY/mqtiWPcNOoX4b1U5ThPGyTWHWWNVYaTqUam1AjiDrA/wCmgbUUUUHwi+xrkPPGjR5dgkNwY8aqKfzFEwjJ85QKfnrr9ch57IXXoRp6kmLwjqe+ULiEf/wWKg69RRRQKuUntIPvZYD8nSID/wCJNJsTLbGQLbjDiN+7rYc/wPzVR5qimGUPfTobVbjax4eepWVZWxsDdA9+gm0qTFbyoLsWDkAAMB2k34bUDvkhfwdr9s+LPyeETW+i1OqW8nYwuGisb6hrO1t3Jc7eljTKgKh+SA9mc627cD2/oWq4qL5KQ2zbOGsd2wW++9oezs4k0FpRRRQRnO2fY4/HYb7aPzGmJyVo5A8caWUOoAka+lipsispCgaRZQwA3ArR514w2XkMbDp8Lv8A40Q+o3+SrCgTYTKyxdpF06mRlFwWV1BXXdTa5BC23uAQdjavGHyCwszrxB1JGA5YXGpnlaRrgHa1rU8ooEmcZbOyQiCQa4muTId2Gh08sKSD1uNt9/TXiTIGfBRYZpSrRiHroPdRlWFhcGwKi299hT6ig0Mly3wePR0jyEszM8hBZie+wHAWHoFQn/EC9sqI75ohw+Efk4V0quZ/8Qb2yq1r3njHo2c3+i3y0HSMN5C27h9VeMfAZIpIwxQurKHHFSQRqHnF717wwGhbcLC3zVkoFK5S7aBJKNKBl0RIY1KMpTS13Y2GxGkggqN7bV8aNgul4pCFZutFIRdSxOrZwxNiCRvve1+1vRQJfBo7/cbnuY9EfnLSXB7d/r2rVmgjB3w2KQ3+8ysoK9r3ilAIHvfKPYpqkooJ3oITbQmNkPvTLiV284nkRT6Dv5qheeJCMNg0WEQjw6LQt1uTpe7MFuq7n3xJuSbV1yuY8+fteXje3hsW47NmoOnUUUUARS85LB2JoO4BjZoyAeIDIQQNhsNth3CmFFB4hiVFCqAFUAADgAOAFe6KKAqJ5JX9V853NtWC2/wT/v5BVtUTySJ9V85u1xfBWGq9vEns7P4281BbUUUUEbztoWy4gEDx2G4gn79GOwHvqypHy0yJsdhWgSQRMWjZXK6wCjq4utxfybUo9Rs7t/akH7Gv8ygs6KjlyfOr75nBb/kh/N/jQmT51ffM4O38CH8wUFjRUZHk2dC180gPG/rNf4SD+FelyfOv7zg/Yh5/0tBY1zL/AIhP7KHx8f1PTr1Gzr+9IOI/Axw/WUn5UcgcyzCEQYrMoWQOHGnCBSGAYDcSdzGg6RF5I9Ar3UWMlzqw9k4Oz8DHDt++f781emybOuzM4P2MfzKCyoqO9R86/vODiPwIcP1n+/NX0ZPnN/7Tw/D8iHH9bQWFFRqZNnXbmcH7EP5gobJs6vtmcH7GP5lBZVzHnv4Zbvv4bHTxcmzr+84P2MfzKUcoOQWZY0ReEZlETDIJY9OEAs44XtJw+eg6TRUb6j51YeycF/8Akh5v0n8K+rk+df3nB2/gQ/mUFjRUb6j51YeycHZ+BDzfpK++o+dXPsnBa+3rIcP1n8TQWNFRr5NnVtszg/Yh/MNfBk2df3nB+xj+ZQWdQ/JFT6s50bEb4HfffxLf7+Ws65PnV98zgtb8iHH9ZWfkhyZnwuIxeJxOJWeTFGG+mLowvRKyDbUeII+btvQVVFFFAUUUUBRRRQFFFFAUUUUBRRRQFFFFAUUUUBRRRQFFFFAUUUUBRRRQFFFFAUUUUH//2Q==

2022-07-22

日本共産党宗教無関係というデマを流してる人々へ

流石にアクロバティック擁護すぎるのでやめなさい。
アクロバティック擁護というか普通にデマ日本共産党宗教無関係という情報フェイクニュースです。
google:日本共産党 宗教者google:赤旗 宗教者のようにちょっとググればいくらでもヒットする情報を認めない理由がまったく意味不明です。

現在日本共産党解釈では「宗教者へ選挙協力を依頼することは政教分離原則抵触しない」というものであり、だからこそ「宗教者が組織内で信者へ対し選挙動員をする」ことや「宗教者による応援演説」「共産党議員による宗教組織主催の講演への参加」が否定されていないのです。

デマ、嘘、隠蔽自民党の始まりですよ。

2022-06-28

anond:20220607022056

腐女子弾圧されていたと歴史修正する増田

いやサラッと歴史修正するなよ。腐女子弾圧されていただろ。

なんならここで、今もされている。

動かぬ証拠から目をそらすな。

google:site:anond.hatelabo.jp 腐女子

2022-05-28

楽器できないヤツのためのDTM入門【追記あり

あゝボクたちは楽器ができない

リア充たちが楽器を振り回し歌い上げるその姿を観続けて幾星霜。
奴らがスポットライトを浴びキラキラ輝けば輝くほどオーディエンスの瞳孔は開きボクたちは暗闇へ包まれて誰の目にも映らなくなる。

あゝボクたちは楽器ができない。もしもピアノが弾けたならボクたちも少しは輝けるのだろうか。

頭の中のメロディを出力することは諦めろ

ボクたちが楽器をやろう音楽を作ろうとするときに、陥りがちなのは頭の中のメロディや音を再現しようとすること。
それは諦めるべきことでボクたちにそんな才能がないことはボクたち自身が一番知っていることじゃないか
こんなポエムのようなエントリに興味を持っている時点でキミはボクと同じ側であり才能のないクリエイターだ。

なぜ頭の中のメロディ再現できないのか、なぜ再現する方法を教えてくれないのか、なぜ再現してはいけないのか。
それはキミに才能がないからで、そしてボクにそれをキミへ教える才能がないからだ。
ボクたちは才能のないクリエイターからできないんだ。

ボクたちの心強い味方《MIDIパック》こそ最後の拠り所

ボクたちはメロディなんて作れない、伴奏なんてできない、リズム感は絶望的、何なら音痴ですらある。
ボクたちは音楽がやりたいのに、この無駄にあるクリエティティを発揮したいのに、音楽必要な要素が尽く欠けてしまっているんだ。
しかしそういうクリエイターはボクとキミだけじゃない。才能がない中で音楽をやれている人は確実に存在する。

・・・どうやって?
才能がないのであれば才能がある人が作った演奏データ活用すると良いんだ。
それこそが通称MIDIパック》。

無償のモノも存在するし様々な音楽ジャンルに合わせた演奏データ集合体だ。楽器という括りで配布されているMIDIパックもある。
基本的には1小節〜4小節構成されていて、小節単位で入れ替えたり切り貼りするんだ。

自分キモチの良い音の並びをMIDIパックを活用して作ることでキミは作曲第一歩を歩むことができてしまう。
才能のないボクたちはMIDIパックで音楽をやれば良いんだ。

福音シンセサイザー

DTMをやろうとググって居ると必ず出てくる楽器音源プラグイン
ピアノギタードラム管楽器etc...膨大に出てきてどれが良いのかわからない。
これらを選択するための結論は1つ。良さがわからないなら使うな。

ボクたちは楽器音源プラグインの良さすらわからない。
膨大にある楽器音源プラグインの優劣すら判別が付かないので判別すること自体を諦めよう。

そんなキミへオススメなのはシンセサイザー。才能のないボクらにとっての福音だ。
先のMIDIパックでキモチの良い音の並びを作ったらシンセサイザーへ流し込み、シンセサイザーへあらかじめ備えてあるプリセットサウンドを変えてコレだと思った音を探す。

無償ソフトウェアシンセサイザーだって存在する。
無償で人気なのは「Dexed」というソフトウェアシンセサイザーで、初音ミク服装元ネタでもあるFMシンセサイザーYAMAHA DX7」の音を再現することを目的として開発された。

Dexedはネット上へ膨大に情報存在しており、才能ある人が解説していることをそのままやれば良い感じの音が鳴る。
Dexedとネット上の情報があればピアノからギタードラム管楽器の音も再現できるので楽器音源プラグインの良さすらわからないボクたちの福音だ。

クリエイターであるキミへ贈るリンク

Reaper

音楽制作環境、いわゆるDAW
CubaseLogicなど有名なDAWは多く存在するものライセンス料は高価であるしボクたちが使うには高機能過ぎる。
Reaperライセンス料が安く、なんならライセンス料を払わなくとも課金してねとスプラッシュが表示されるだけで使い続けることが出来る。
マルチプラットフォーム対応で、WindowsMacのほかLinuxまでサポートされているのは珍しい。
欠点楽器音源付属しないことだけれどDexedがあるボクたちには何ら気にならない欠点だ。

Bitwig Studio

こちらもDAW
Reaperよりもライセンス料は高価なものシンセサイザーをイジり倒すための機能が非常に豊富。何ならモジュラーシンセを内蔵していて何でもできる。
ライセンス料が未払状態だと保存ができないのが最大の欠点
MIDIパックとシンセサイザー音楽できることに目覚め楽しくなりすぎたのであればBitwig Studioは良い友になる。
ちなみに開発者Ableton Liveを作っていたので「おっ?」と気になる人も居るかも知れない。
何気にコイツマルチプラットフォーム対応WindowsMacLinuxで動く。

Dexed

前述したYAMAHA DX7再現ソフトウェアFMシンセサイザー
無償DX7ソフトシンセならほぼ例外なく言及されがち。
今の時代Youtuberがシンセサイザーを教えてくれるので楽しく学べるかも知れない。
マルチプラットフォーム対応

Surge

こちらも有名な無償ソフトウェアシンセサイザー
前述したBitwig Studioの開発に関わっていた人が元来有償だったソフトシンセ無償化したもの
非常に多機能ソフトシンセであまりにもやりすぎるとCPUへ負荷が掛かり過ぎてファンが唸るほど。
SurgeとDexedがあればDTM初心者はほぼ困らないと思われる。
マルチプラットフォーム対応

Vital

近年EDMシーンでは定番と言うか当たり前というか使われていない楽曲を探すほうが難しいウェーブテーブル方式シンセサイザー
無償で使えるもの有償版は単にプリセットサウンド無償版よりも多いというだけなので機能制限されているわけでない。というか有償版も十分に安いので課金してあげてね。
今の時代シンセサイザーをVtuberが教えてくれるので楽しく学べるかも知れない。
マルチプラットフォーム対応

OpenGameArt.Org

ゲーム系素材を配布する英字サイト
クリエティブ・コモンズベースフィルタ検索を掛けることができCC-BYMIDI素材(基本的楽曲素材)を発掘でき自由に使うことが可能
MIDIパックはgoogle:MIDI Pack Freeとかgoogle:MIDI Pack Blueprintとかでググる有償であったものキャンペーン無償配布されていることがよくあるので定期的に探してストックしておくと良い。

生音系はたぶん誰かが教えてくれる

生音系の楽器音源プラグインも紹介しようかと思ったけれど好みが分かれすぎる上に、何ならファイルサイズが巨大だったり高負荷なものが多いのでブクマカとかTwitterユーザーあたりが言及してくれるんじゃないか他力本願で行こうと思う。
昔懐かしいサウンドフォントとか今紹介しても良いんだろうかとちょっと悩んでしまった。

さぁ今日から音楽をはじめよう。

追記

楽器できなくてDTMやるにしても流行りの音源とか大容量サンプルじゃなくて自分リズムパターン組んで作って覚えていく方が楽しいと思うんだけどな…

キックスネアベースだけあればとりあえず聴けるものになるんだから最初は妙にオシャレなメロとかコードとか入ったMIDIパックとかいらんと思うよ

リズム系のMIDIパックもあるので初心者はそれを活用すると良いと思ってる。
言ってみればMIDIパック使うってのは写経みたいなものなので。

よくYoutube配信とかで使われてるフリー音源EDM4つ打ちシャカBGM作りたいんだけど

あれってどういうソフト使えばつくれるん?

ReaperとVitalがあればできる。
何ならリンク先のVtuberそういう系の作り方を紹介しているので最近Youtubeは何でもある。
Kawaii HipHop DTM」とかでYoutube動画を探すと様々なチュートリアルがヒットするのでオススメ

2022-04-28

anond:20220428083320

https://www.google.co.jp/search?q=%E6%80%A7%E7%8A%AF%E7%BD%AA+%E4%BF%AE%E9%81%93%E9%99%A2&ie=UTF-8&oe=UTF-8&hl=ja-jp

あとフロイトは、何でもかんでも性だけのせいにしたのが良くないのであって、性的抑圧したら何が起こるかについては十分参考になるで。そうでないと今ほど広まってない。

2022-04-09

コメントデザインについてきちんと説明させていただきたい

コメントデザインというのはTogetter用語で、まとめ作成者コメントを削除する権限を使って自分に都合が悪いコメントを好き勝手削除することを言う

この書き方であんまりまともな所業ではないと理解してもらいたいところだが、どうやらこの感覚はそこまで一般的通用するものではないようなので詳しく説明する

要点は

である。あるいは

反論者のコメントを「荒らし」として消したり、都合の悪いコメントを全消しした挙句最初からそんなものなかったかのように振る舞ってる”

ことに対する批難である

 ◇ ■ ◇ ■ ◇

コメントデザインとは何か? まずはgoogle検索してみよう

google:コメントデザイン

Togetter用語なので当然最初に出てくるのはTogetterのページである

コメントデザイン」のタグが付けられたページの一覧なのだが、僕が見た時点で一覧の先頭にあったのがこのまとめだ

いわゆる「コメントデザイン」を批判する人は利用規約に関して無知なだけである - Togetter

続いてgoogle検索に登場するのは、人力検索投稿された「コメントデザインとはどういうことか?」という質問と回答である

Togetterでの「コメントデザイン」について端的に説明したページ… - 人力検索はてな

後はwebデザインに関するページが並ぶばかりでコメントデザインとは関係が無い

これを見て僕は頭を抱えた

上記のページはどちらも、コメントデザインと呼ばれる行為がどうして問題視され反発されるのか、ろくに理解しないままコメントデザイン肯定論を述べたものから

そこでもう少し一面的でない理解ができるようなものをここに書くこととした

 ◇ ■ ◇ ■ ◇

そもそもwebサイトへの投稿管理者権限で削除する行為の是非というのは、かなり普遍的議論である

インターネット開始時点から存在するんじゃないか?)(投稿と削除自体が滅茶苦茶普遍的なんだから当然である

そして上記人力検索で指摘されているように、Togetterコメントデザインと呼ばれるような行為もまた普遍的であり

web全体としては概ね問題なく受け入れられていると言っても良いだろう

それも当然の話で、例えばジャニーズファンサイト所属芸能人スキャンダルを紹介する書き込みをしたら

サイト管理人の胸先三寸でそれを禁止・削除したりしなかったりするだろうから

ファンが見たくないから他でやってくれというスタンスも、逆にファンはそういう情報も知りたいから歓迎というスタンスも、どちらもあり得る)

そもそもサイト管理人自分意思コメント欄を閉じたり、サイト自体を閉鎖することも当然できるわけだからして

 ◇ ■ ◇ ■ ◇

とはいえサイト利用者管理者の決定に何も言わないとは限らないのも当然の話である

ちゃんねる(旧2ちゃんねる)やふたばちゃんねると言った大手電子掲示板では

数十年(!)にわたって管理者に対して要望批判が続けられている

この手のサイト管理者は絶大な権力自在に振るっているように見えるがまだまだ序の口である

まとめブログのようなサイトでは管理者がより「独裁的」に行動している

悪名高い「やらおん」がそうしているように、禁止されたサイトから転載コメント欄で指摘すると削除され、

転載元の名称NGワード指定され、何も知らない利用者管理者の悪行が目に付かないよう「管理」がなされている

 ◇ ■ ◇ ■ ◇

長くなってきたので小休止を入れよう。先述の通りここまで(&ここから先も含めて)の要点は

とまあ、簡単に言うとこの程度の話だ

(逆に言うと人力検索ベストアンサーはこの程度のことも理解できずにコメントデザイン批判馬鹿にしていて呆れるのだが)

最後に、何故Togetter於いてコメントデザインなる用語誕生するほど、この手の行為問題視されているのか

分かりやす理解できるよう、Togetterに横行する愚かなコメントデザイナーコメントデザインを行うまとめ主)の一例を示すこととしよう

 ◇ ■ ◇ ■ ◇

上でリンクを貼った2つはどちらもTogetter利用規約引用してコメント削除の正当性を主張している

重要なのは9条2項だ

第9条 本サービス機能運営

1. ユーザーは、自己作成したユーザーコンテンツ管理義務を負うものとし、他のユーザーからの削除・非公開などの要求に対して迅速かつ誠実に対応するものとする。

2. ユーザーは、自己作成したユーザーコンテンツに関する他のユーザーコメント投稿に対しても、管理義務を負うものとし、また、そのような投稿についても、ユーザー自身投稿編集したまとめ又はコメントと同様の扱いがなされることを承諾する。

利用規約 - Togetterより)

この規約根拠に「ユーザーコメントを削除する義務が有る」ので「ユーザーコメントを削除する裁量が有る」との主張である

ちょっと待ってほしい。どう考えても論理の飛躍がある

規約は「問題のあるコメントは削除しろ」と言っているだけであって「コメント自由に削除して良い」かどうかには何も答えていない

(逆に言えばそれこそが裁量を与えているということだと解釈できるが、規約から自明にそう結論づけるのは難しいのではないか

そもそも利用者裁量制限するための項目だと言うのに…)

特にTogetterまとめの方は、まとめ主が削除したコメントは全て「ルールを守らない人」だという主張であり

規約拡大解釈するために上記論理の飛躍を行ってる節があって、

詭弁の予感がバリバリしていたのだが、案の定だと明らかになるページにすぐ辿り着いた

 ◇ ■ ◇ ■ ◇

彼が尻尾を出したのは「コメントデザイン」のタグが付けられたTogetterまとめの一覧で2番目に出てきたこちらである

【注意】コメントデザイン対抗まとめは今後公開停止、削除される可能性有り - Togetter

コメント欄を読むに件のまとめ主がコメントするも反論を食らって自らのコメントを消したらしいことがわかる

作成したまとめ一覧のリンクが貼られているので、同名の別人でないことが確定)

そしてコメントで彼やその他のコメントデザイナーに対する批判がなされているわけだが、下記のものが端的で秀逸だろう

反論者のコメントを「荒らし」として消したり、都合の悪いコメントを全消しした挙句最初からそんなものなかったかのように振る舞ってる

2022-02-14

何故「世代を超えて」を遺伝だと解釈したのか。

その前のツイートに、

福島第一原発から漏れ出た放射線や、今も漏れ出ている放射線さらに今後も漏れ出るかもしれない放射線が、

人体や環境にどのような悪影響を与えるのか、確実な予測がついてはおりません。」

とあったから。

この、「人体や環境にどのような悪影響を与えるのか、確実な予測がついてはおりません。」というのは、

知識不定性とか、科学不定性と呼ばれるもの解釈しました。

google:知識の不定性

google:科学の不定性

科学的な知識というものは、あくまでもその時点で正しいとされている知識であって、

今後の研究によっては変わりうるものであるという概念です。

最近でいうと、狂牛病の原因のプリオンなんかが良い例だと思います

あの当時、常識的に考えて、感染症の原因としては細菌か、ウィルスかどちらかであったのに、

実はプリオンというタンパク質が、原因で感染するということが後々に分かったというよなことです。

じゃあこの、科学不定性を原因として、世代を超えて悪影響を及ぼす、

福島原発事故後の処理とか、別の重篤原発事故って具体的にどんなシナリオを考えているのというのが、

文章には明記されていない。具体的にどういうシナリオを想定しているのか、想像するしかないというのが、

あのツイートなんだと思います

ブックマークコメントをみる限り、廃炉作業が長期に渡ることを指して「世代を超える」という意味なのだ

解釈している人が多いようです。確かに廃炉作業で死者が出ると

事故発生後11年が経過するというのに、未だに被害の程度は固定化せず」という文言には一致しますが、

「人体や環境にどのような悪影響を与えるのか、確実な予測がついてはおりません。」という部分には一致しません。

現代科学的な知識でも、高い放射線を浴びれば死亡するというのは明確にわかっていることだからです。

さらに、「一般事故の悪影響は基本的個人にとどまりますが、

原発事故の悪影響は、個人を超えた人類存在、そのものに及ぶ可能性もあります。」

という文言が、原発廃炉作業作業者が死亡するということを指していると考えるのは、大袈裟過ぎます

低線量被ばくが実は悪影響があったのだと、後々になってわかるというのは、

固定化しない被害科学不定性には一致しますが、

人類存在、そのものに(悪影響が)及ぶとするのは、こちらでもまだ大袈裟に思えます

ということで、私が思いついた範囲で、

固定化しない被害科学不定性、人類のものに悪影響という3要素をすべて満たすシナリオは、

遺伝的な影響があるということが、後々にわかるというシナリオだったので、

世代を超える」悪影響を、遺伝的なもの解釈しました。

他に3つの要素を満たすシナリオがあるなら、私の知識不足ですし、

そもそも科学不定性云々はテキストには書かれていないので、

国語テストとしては落第という評価はあるでしょうが、それはそれとして、

私の場合はこうでしたとうお話でした。


その後のツイートで、

遺伝するなどという意図は全くありません。」と述べられていますが、

「人体や環境にどのような悪影響を与えるのか、確実な予測がついてはおりません。」と述べられていいるのに、

放射線の影響が遺伝するかどうかについてだけは、現時点でも確実にわかると言っているようで、

論理一貫性がないように見受けられます

2022-02-01

anond:20220201185028

後半については、リンク先の通り、部活動指導拒否する教員が増えてきているので、皆その流れに乗ればいいのではないだろうか。

google:部活動 指導拒否

素人である教員が、スポーツ文化活動について指導する現在部活動指導の在り方はやっぱり無理がある。

教員以外にも部活動指導に関わる人員を別途配置すべきだし、それが予算的に無理であれば部活動廃止していいと思う。

まずは、下記にある「令和5年度以降、休日部活動を段階的に地域に移行し、休日部活動指導を望まない教師

休日部活動従事しないこととする」という方針が速やかに実施されるのに期待します。https://www.mext.go.jp/sports/b_menu/sports/mcatetop04/list/detail/1406073_00003.htm

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん