「心肺停止」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 心肺停止とは

2020-11-02

anond:20201102183224

そもそも素人心肺停止確認する時点で相当時間かかるだろうし

もたもたしているうちに救急隊来ると思う

anond:20201102182621

119に電話すると、状況を聞かれて、心肺停止なら、心肺蘇生AEDの指示が出る

から意識に上らないって場合救急電話してない

anond:20201102144331

心肺停止:79,000

 ↓

目撃者 :25,000(記録に残るってことは通報者)

 ↓

心肺蘇生:15,000(心肺蘇生までやる人、このレベルならまだ踏みとどまってる)

 ↓

AED :1,254


セクハラ騒ぐ前に、もっとやることあるだろ

あほくせぇ女叩きの戯言

こういうのを男の腐ったのって言うんだよ

2020-10-24

男だからというただそれだけの理由で不当な扱いを受けるシーン

男性は悪くないのに、男だからというただそれだけの理由で不当な目に遭うシーンがいくつかある気がする。前置きとして、私は身体/性自認共に女性である

男性が全員加害欲求を持っているわけがないのに、夜道を一人で歩いている時に後ろから同じ道をたどって歩いてくる男性がいると怖くなって駆け足になるかコンビニ等に逃げるかしてしまう。女性がそういう動きをすると、男性は「あ、今俺怖がられてるな、何もする気はないのに」と思ってやや傷ついてしま可能性があるのはわかっているので申し訳ないが、どうしても怖い。過去に一度、人気のない住宅街で「すみません、駅ってどっちですか?」と声をかけられたことがあるんだが、いや普通夜道で女性に道聞くか?スマホ地図調べたりできないんか?と思って怖くなって、無言で駅の方向を指差した後走ってコンビニまで逃げて、その男性が私の自宅を特定しようとしていなさそうなのを確認してから帰った。

道で女児が一人で泣いている時、男性が声をかけて助けようとすると誘拐か?性加害か?と思われて通報されかねないので、男性は声をかけてあげにくい。というか、女児に限らず一般女性が道で倒れたりとかしていても、男性は助けの手を差し伸べにくい。心肺停止状態っぽい女性を見つけたが、服を脱がせてブラジャーとかまで外してAEDを使うと性加害だと思われそうなので助けてあげられなかったという男性エピソードを聞いたことがある。

男性が道端でうずくまっていても、ただの酔っぱらいか?そもそも声をかけるとこっちが何かされる可能性があるな?と思って声をかけられない。本当に体調が悪くて倒れてしまったのかもしれないのに。うずくまっているのが女性なら声をかけると思う。男女差別のようで申し訳ない。この理屈で行くと、外で倒れてしまうなどした時に、男性女性よりも周囲から助けてもらいにくい可能性がある。

男性の方が警察から職務質問を受けがちな気がする。Twitterフォロワーがたまに「夜あてもなく公園散歩してたら職質受けたw」とか言っているのを目にするが、経験上9割男性である。私は深夜にあてもなく外を歩くとか、明らかにふらっふらになって歩くとかした経験はあるが、職務質問を受けたことがない。

これは社会設備問題だが、男性が一人で乳児を連れている時、おむつ替えをしにくい。女性トイレには結構な頻度でおむつ替え台が用意されているが男性トイレにはそれが無いかである多目的トイレがあれば入れるが、無かったら詰む。亜種として、こういう男性乳児ミルクをあげる場所すら限定されてしまう。大きなショッピングモールなどには育児ルームみたいな場所があって、そこでゆったり乳児おむつを替えたりミルクをあげたりできるが、基本的母親とその子の利用が想定されていて、男性が利用しにくい。しにくいというかできない。入った瞬間性加害として通報案件である

男性保育士ロリコンだと思われて「うちの子見ないでください」と言われた案件をどこかで目にした。女性保育士小児性愛である糾弾された例は見たことがない。(あるのか?)

男性加害者(特に性的加害者)である可能性がある人間として見られがちな気がする。実際性犯罪加害者男性であることの方が相対的に多いのだが、一般男性にとってはなんとも不遇である

2020-10-03

あなたの知らない中国の話

とある日本人登山家

中国の山に登る(ヒマラヤ山脈東部、7000メートル級、死の山とも呼ばれる)

頂上付近で猛吹雪

遭難

本人、相方瀕死

それでも数日後、何とかキャンプに戻る。

しかサポートメンバーは、二人が死んだと思い日本帰国済み。

キャンプ跡地には段ボール2箱だけ。

中身はインスタント食。

だがお湯は無い。

テントも無し。

相方さん死亡。


死んでなるものかと、必死下山


17日後。。。。

日本では告別式

・・・

しかし丁度その日。

中国人の農民親子が遭難者を発見

皮膚は凍傷で真っ黒。

ガリガリの骨と皮だけ状態(体重30kgほど)

衣服はズタボロ。

靴は途中で脱げてなし。

1ヶ月以上風呂無しの体臭MAX

しかも肉が腐って腐乱臭。

まさに化け物のような風貌。。。

でもこの農民親子は、そんな遭難者を自分の家に担ぎ込み、必死で手当。

村人の1人は、伝令で9時間走ってふもとの役所通報

その日のうちに100人以上の救助隊が編成。

翌日、1日がかりで、ふもとも病院まで降ろす(人力)

その距離100キロ以上の崖道。

しかも当日は大雨。

ふもとの病院では20人以上の医療チームを急遽編成して、蘇生手術開始。

一時は心肺停止

何とか持ち直すも、田舎病院では手の打ちようがない。

病院への移送が決まる。

でも運べる車が無い。

そこで夜を徹して、マイクロバス寝台車改装

翌朝出発し、数百キロのガタガタ道を夜中まで走り続け、成都の大病院に到着。

しかし翌朝、体調急変。

緊急手術により両手の全ての指、両足を失う。

45日間にわたる入院

総輸血量は体内液量の2倍以上。

200人以上から集めた血液

その後、日本病院移送されることに。


中国では盛大なお見送り

しか医療請求されず。


以上、実話です。

これがあなたの知らない中国なんです

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E7%94%B0%E5%AE%8F%E4%B9%9F

2020-09-29

anond:20200929153509

腐る前に発見されたら一応心肺停止病院搬送→そこで死亡宣告ってなるんじゃないの

2020-08-10

新型コロナウイルス感染症について

今までコロナウイルスについて考えをまとめるために記す。匿名ダイアリーを用いるのは、所属する組織に何らかの影響を与えることを懸念して(別に過激思想ではないと思うけれども)。

中堅小児科医。専門医取得済み。いわゆる第一波の時は院内に小児患者はいなかった。東京でも都立総合に3,4人程度、いずれも家庭内感染だったそうだ。成人の救急先生重症患者にECMOを回し忙しそうにしているのを横目に眺め、ガラガラ外来病棟で暇を持て余していた。全国のPICUネットワークでも、重症患者はおらず、基礎疾患のある児が関西地方入院しているのみと聞いた。山梨大学乳児CPAの例ではコロナウイルスPCR検査が陽性とのことだったが、続報がなく、個人的には偽陽性であったのではないかと考えている。事前確率が低ければ、検査陽性でも陽性適中率が低くなるからだ。

第二波では、小児の患者も何人か。いずれも症状はほとんどなく、あっても鼻汁程度。成人のCOVIDでは鼻汁やくしゃみは少ないという話ではあったが。家族が陽性→保健所から要請PCR検査を行い、二類感染症として入院という流れ。入院中もほとんど診察はせず、full PPEの看護師さんがバイタルをチェックし、両親に様子を伺い、退院していく。医者がやることは電子カルテ上のオーダーくらい。ホテルもすでに準備され、軽症者は順次ホテルに移っていくだろう。

第一波の時は未知のウイルスであり、 影響が測りきれない部分もあった。緊急事態宣言は、小児医療に関わるものとしては、適切なタイミング・適切な程度で出されたのではないかと考えている。

今回、患者数が再び増え、医療経済とのバランスの中で、どのように今後の方針を決めていくかについて、様々な意見があると感じている。小児科医として、何点か述べたい。

・成人を守るために、子供権利侵害していないか

緊急事態宣言後、公園遊具ロープで縛られ、動物園水族館テーマパークなども軒並み休業した。学校休校となり、大学などは現在でもオンライン授業が続いていると聞く。甲子園も開催されなくなった。スポーツ大会などでは、開催されないことで将来が大きく変化する児童も多くいることだろう。子供の1年、若者の1年の重みは、成人の1年とは異なる。小児がコロナウイルス感染に対して、vulnerableと考えるのであれば、学校休校スポーツ大会の休止は子供を守るためにやむを得ないが、重症化のリスクが低いと見積もれるのであれば、果たして必要措置なのだろうか。重症リスクが高い層を守るのが目的であれば、外出自粛すべきなのは子供大学生ではなく、高齢者になるのではないか。そういった意味では、「旅行は良いが、里帰りは控える」といった経済担当相の発言は、色々叩かれているが、一つの真理を含有している気がする。なお、自粛により家庭に閉じ込められた小児に対して、家庭内暴力や望まない妊娠が増えていることは世界的な事実であることを付け加えておく。

・適切な免疫を獲得する機会を奪っていないのか

静岡厚生病院小児科田中医師がidatenメーリングリストで述べていたことの受け売りではあるが。小児は感染を繰り返しながら、免疫を獲得していく。手足口病や伝染性単核症などは、両親や同世代の間で不顕感染や軽症状を経て、獲得免疫形成される。vaccine preventableでないこれらの疾患は成人発症場合重症化する可能性が高い。「新しい生活様式」を真面目に守れば守るほど、将来プール熱りんご病で思いも寄らない合併症に苦しむ患者を産む結果につながらないのだろうか。

感染症、特にウイルス感染症は「100%絶対にかからないこと」を目標としてはならない。インフルエンザワクチン効果についても然り。接種することで、重篤合併症が防げれば、それは見えづらいが大きな成果である感染 = 悪というデジタル二元論ではなく、ウイルスがそこにある状態で、どうやって生活していくのかを考える必要がある。

新型コロナウイルス感染症については、そもそも感染しても、あるいはワクチンができてそれを接種したとしても、終生免疫が獲得されるのかどうか、という問題もあるが。

議論が恐怖でなく、根拠に基づいて行われているのか

昨年、RSウイルスが大流行した。小児で心肺停止に至る症例もあった。集約施設では毎日のようにハイフローネーザルカニューレが必要症例入院してきたし、気管挿管例も多くいた。

また、インフルエンザによる脳症で、後遺症を残す例も毎年いる。米国では毎年それこそ数万人といった単位インフルエンザによる死亡が見られる。ウイルス感染症は一定確率重篤後遺症を残しうるし、成人でも命を失う方はたくさんいる。このことは、自分の知りうる限り大きくは報道されていないし、「乳児へのRSウイルス感染を防ぐためにマスクの着用を」「インフルエンザ流行しているから外出を控え自粛しましょう」という議論にはならなかった。

RSウイルス感染症は、現時点で有効ワクチン存在せず(パリビズマブはワクチンではなく、適応はいくつか条件がある)、治療薬も存在しない。乳児では重症化のリスクも高いにも関わらず、成人では重症化しないという点で、放置された訳だ。

インフルエンザ治療薬もあり、新型コロナウイルスとは違う」という発言も頻繁に目にするが、オセルタミビルですらWHO必須薬ではない。本邦での使用が大半だと考えられるラニナミビルについては、欧米での治験が中止されるくらい、有効性についてのエビデンスは乏しい。ノイラミニダーゼ阻害薬について、エビデンスがあるのは、一部の薬において、発熱期間を有意に短縮するという点のみだ。

ワクチン接種云々によらず、ウイルス感染症で重症化した患者に対して、できることはとても少ない。抗ウイルス薬を投与した場合でも、重症肺炎脳炎髄膜炎などは、急激に回復が望めるわけではない。それこそ今新型コロナウイルス感染症に対して現在行われているように、ステロイド免疫グロブリン投与など、感染に対して過剰に活発化した免疫を抑えるよりほかない。

恐怖を煽りRSウイルスインフルエンザ対応しろと言っているのではない。新型コロナウイルスはただの風邪とも言わない。新型コロナウイルスについて、「何もわからない」状態から少しずつ情報が集まりデータに基づいた議論可能になりつつある。軽症や無症状も多く含まれ感染者数を毎日発表しつづけることは、果たして有意義なことなのか、発表が徒に恐怖を煽っているだけではないのか、現時点でも封じ込みを目的としてPCR検査を行い、二類感染症として隔離入院を続けるべきなのか。立ち止まって考える時期ではないか

子供権利の話ともつながるが、新型コロナウイルスに関して、「自分死ぬかもしれない中高齢者」の恐怖が、議論を歪め、RSウイルスインフルエンザ感染症などその他ウイルス感染症への対応と比べた時、歪な方針となっていないか

PCR検査について

一般臨床医にとって、ウイルス検査とはあくまで実臨床上補助となるものしかない。発熱咽頭痛、眼球結膜充血を主訴に来院し、周囲で咽頭結膜熱の流行があり、飲水ができず入院必要そう。その場合あくまで診断の裏付けとしてアデノウイルス迅速検査を提出する。出さなくても方針には変わりない。インフルエンザ迅速検査しろ、迅速が陰性であっても病歴から事前確率が十分に高いと判断できれば、ノイラミニダーゼ阻害薬の使用考慮する(必ず投与するわけではない)。医者インフルエンザと診断し、病名をつければ、その患者インフルエンザなのだ

PCR検査陽性の場合、ただ一つ正しい言明とは、「咽頭ウイルス存在する」ことのみだ。インフルエンザ迅速検査陽性で、発熱があっても、咽頭発赤がまったくなく、結果として尿路感染症であった小児などいくらでもいる。主訴がまずあり、病歴・身体所見に矛盾しない。そのうえで検査が陽性である場合治療が正しいものである可能性が高くなる。

検査結果が出るのに月単位時間がかかる感染症もある。例えば猫ひっかき病の原因であるBartonella henselaeは国外しか検査を行えず、結果が帰ってくるまでに患者の症状が消失していることも多い。それでも、臨床的に病名をつけて、治療を行うしかない場面も多々ある。逆に、検査結果がすぐ出て、感染証明されても、何も行わない場面もある。アデノウイルス感染症もそうだが、対症療法しかない感染症もいくらでもある。症状の強弱はあれど、世の中治せる病気ばかりではない。自然に治っていくものの方が多い。

無症状の接触者に対しても積極的PCR検査を行い、診断・隔離を行うという政策(これはもはや医療ではなく、「政策」であろう)は、臨床医として、完全に間違っていると考えている。一部の県では軽症者が増えすぎ、ベッド数が逼迫しており、無症状のものには検査を行わないことにしたそうだ。今後、広がっていくことだろう。

報道のあり方

ティッシュペーパーの買い占め、マスク転売赤の他人自粛強要する一般市民。これらの事象において、報道の影響は看過できない不安や恐怖を煽り、一体何がしたいのだろうか。最低だと思っていた機関の、より最低な姿を見せつけられ、もはや残念とすら思えない。


コロナウイルスの完全な消失、あるいは治療薬・ワクチンの完成を望んでいるとしたら、おそらくそれを実現するのには途方も無い時間を要するだろう。経済活動、あるいはこどもの権利(もちろん病気で亡くならない権利も含めて)を守るためには、ウイルス根絶を目指すのではなく、我々自身の考え方を変えるよりほかない。

2020-07-28

anond:20200728132632

認知の歪みがあるから正しく認識すれば治る

心肺停止状態心臓と肺が無くなった状態ではなくて

心臓の鼓動と呼吸が止まった状態なんだよ

まり心音が無い、呼吸が無いが正しい

心肺は止まったとしても、依然としてそこにあるんだ

これをまず正しく認識してほしい

anond:20200728132312

ニュースとかで「心肺停止状態」って単語を聞くたびに

自分脳内KANが「心肺無いからね~」って唄い出すんだけどどうしたらいいんだろう

不謹慎すぎて誰にも相談出来なくて困っている

2020-05-25

anond:20200524233706

俺は今年に入って1歳半の子供を亡くしたよ。

当日寝るまではなんの病気もなく元気に過ごしてたけど、夜に心肺停止でそれっきり。

原因も不明

ただただ辛いよね。

増田気持ちよくわかる。

自分増田のどっちが辛いとか考える意味もない。

でもさ、生きてるじゃん?

心臓動いてて、暖かいじゃん?

うちの子は沢山の花に囲まれて骨になったよ。

正直増田がすごく羨ましい。

辛いのわかるけどさ、羨ましいよ。

生きてるってだけで奇跡だよ。

2020-04-01

山梨県民だけどコロナが怖い

1人目 就業隠しで特捜班発足

2人目 髄膜炎意識不明

3,4人目は帰国者

5人目 居酒屋店員、県外へ出たことなし、接客200人

6人目 5人目と同じ居酒屋店員だけど濃厚接触から外れてた

7人目 0歳児 心肺停止 医師看護師44人 出勤停止

報道ステーション見てるんだが

0歳児のコロナ感染について

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200401-00000203-kyodonews-soci

記者会見した病院によると、肺炎の程度は軽く「感染心肺停止の原因となった可能性は低い」という。

という肝心の情報報道せず。記者会見で言ってたはずなのにな。

よっぽどパニック起こしたいのかね?

SIDSの子たまたまコロナも陽性だった、ってだけじゃ?

0歳児のコロナ感染

心肺停止となり病院搬送肺炎が見つかりコロナ陽性が判明」って

よく読んだら「コロナで重度の肺炎となり心肺停止」とはどこにも書いてないんだな。

叙述トリックだわ。

2020-03-31

anond:20200331104551

というか増田自体が新コロ特措法の話だからといって新コロの症状に考えが捉われすぎてると思うぜ。

ワイは極論言ってるけど、とはいえユースケースとしてあり得ない級の話でもなく、マウストゥマウスの話であれば

「急に症状が悪化して救急車呼んだはいいが到着時にはすでに心肺停止していた」状況なんかではあり得る話だからな。(まあ、新コロの症状を前提に考えるとやらないほうがいいが)

anond:20200331104035

マウストゥマウスによる人工呼吸も「人工呼吸」ではないだろ。

詳しくは知らんけど、特に死亡が予測される状況ではないのに心肺停止状態に陥ったら例外なく心肺蘇生を行うのは原則医療ルール的な奴ではないのか?

anond:20200331101638

AEDが不足している環境下で心肺停止が認められた場合は当然マウストゥマウスでの人工呼吸を行う。

これはどこの国で?ソースは?

つーかAEDは人工呼吸器じゃねーぞ

anond:20200331095631

現実に、今起こりそうな事態として

特に看護師学校に通っていたわけでもない若者医療従事支援者として大量に徴用。その際に当然心肺蘇生法として人工呼吸をティーチングAEDが不足している環境下で心肺停止が認められた場合は当然マウストゥマウスでの人工呼吸を行う。

・死傷者が増えてきて遺体安置場が足りなくなってきた場合に、スケート場などの民間施設強制的収容。「特にお金を支払わずに」施設を利用する

等があるわけだが。(ってか上記二つは実際に国外で発生しているわけだが…)

2020-03-24

anond:20200324220724

じゃあやっぱり、心肺停止で死んだと思われていたのが、

実は死んでなかって、棺桶の中から起き上がったパターンかな。

2020-02-12

あのまま死んでればよかった

病気になった。

心肺停止して病院に運ばれて、いまは自宅安静中だ。

難病かもしれなくて、一生これと付き合っていくのはたぶん間違いない。

どうして死に損なってしまったんだ?

100分の1に縮んだ医療費を前に、私はこの国とそこに住む人びとに感謝せざるを得なくなった。

一緒に住んでいるパートナーにも多くの負担を背負わせている。その負債を返せる日が来るとは思えない。だってこの病気は安静が第一で、私は遅くても一年後には無収入になることが確定している。

「生きててくれてよかった」なんてオナニーを友人にSNSで見せつけられる屈辱

あのまま死んでればよかった。

倒れた時の記憶はない。痛みもない。あのまま消えていれば。

2020-01-30

anond:20200130100519

こういうやつが即死して、

なおかつ心肺停止したら菌も死ぬような、

そんな病原菌が良いです。

病原菌頑張って。

自分の事しか考えないで菌をまき散らすようなクズは淘汰して。頑張って。


バスガイドと、バス運転手には同情する。

2019-11-13

anond:20191111162034

仕事柄多くの人の人生が終わる瞬間を見てきた。

肺炎をこじらせたが積極的延命を望まず、大勢家族親戚に看取られていった老人が居た。

働き盛りで指定難病を患い、懸命に闘病するも職場復帰が敵わないまま亡くなっていった人が居た。

言葉も分からぬ年で遺伝病が判明し、両親と会話することも叶わず息を引き取った赤子が居た。

心を病んで縊頸し心肺停止状態搬送され、涙を流す子を残して帰ってこなかった母親が居た。

ふつう、自立した人が経験したことがある死というのはせいぜいが祖父母ペットのそれであって、真に近しい人のものではない。

からこそ、残された人々にとってそれはどこか隔絶された概念であって、突きつけられて初めて実感として湧いてくるものであるようだった。

人間というのは傲慢な生き物なので、何にでも意義を求めたがる。

自分自身人生だとか、勉強することだとか、働くこと、結婚すること、子を残すこと、そして死ぬことにも。

から突然に死を突きつけられた人間はそれに意義を求めてしまうらしい。

タバコを吸ってたからだとか、食生活に気を配ってなかったからだとか、もっとあのときああしてればよかったとか。

あなた旦那さまの死の可能性を突きつけられて、なにか後悔をしているのではないだろうか。

何となくあなた文章から自罰的なものを感じる。

まるで自分が良くない妻であることを責められなくてはならないと感じているようだ。

結論から言うと、あなたが何をしようと、あなた旦那さまの寿命は変わらない。

勿論医師は最善を尽くすだろう。

しかし最善を尽くした結果、確実に延命されると証明できるのは詐欺師しか居ない。

医師が行うのは群を対象とした研究から導き出される最適の治療であって、あなた旦那さまを確実に救うただ一つの方法ではない。

誠に歯痒いことだが、現代医療はそれを可能とする域まで至っていない。

あなたいくら自分を罰しようと、いくら過去の行いを悔いようと、これからあなた旦那さまと過ごす時間は決まっているだろう。

今回の出来事はそれが間近に迫っている可能性を示されただけである

もちろん治療が奏功し、人並みの寿命を全うできる可能だってあるだろう。

だがそれは結果論しかない。

どの治療成功するか、或いはどれをやってもうまく行かないのかは、やってみなければ分からない。

からあなたへ言える確実なことは、旦那さまが今まで過ごしてきた時間幸せであったであろうということだけだ。

あなた旦那さまにとって、そして旦那さまもあなたにとって、とても大切な存在であるということは十分に伝わる。

すべての人生に意義などないが、旦那さまはそんなあなたと共に家庭を築き、今まで人生を歩んできたことは事実だ。

あなたができることは、そんな旦那さまと、いつ来るかわからない最期まで共に歩み続けることだろう。

あなた旦那さまの人生さらなる幸福が訪れることを願う。

2019-10-07

anond:20191007173053

よっぽどの遺体状態でない限り、本当に死んでいるかどうかを現地で判断することはできない

であれば、心肺停止(呼吸と脈拍は止まっているが、医師がいないので死亡と断定できない)として運ぶよりない

2019-09-18

よく行く居酒屋おっちゃんが亡くなった

(※個人特定を防ぐため、いくつかフェイクを入れています。)

 遺体が見つかったので書きます

 よく行く居酒屋おっちゃんが亡くなりました。

 バカみたいに波の高い日に波打ち際にいて高波にさらわれた男女を救助するため海に飛び込んで亡くなりました。男女は駆け付けた人たちになんとか引き上げられたけど、一番に飛び込んだおっちゃんは波に呑まれて見えなくなりました。

 その日は連休の最終日で、でも数日前から天候が崩れていて船や飛行機欠航になるほど風が強い日が続いてました。僕の友人も連休に合わせて遊びに来ていたんですが、友人の乗る飛行機も「視界が悪くて着陸できなければ本土へ引き返す」という「条件付き就航」で、なんとか着陸して島へ来られたという感じでした。バーベキューをしたいと友人は言っていたけど、小雨も降ってたし風が強かったので、炭も買って食材も買って準備万端だったけど諦めたというくらい、天気は悪かったんです。

 その日、昼間に展望から海を見たときものすごく波が高いと思いました。僕はこの島へ移住してきて三年経たないくらいなんですが、初めて見る波の高さでした。

 僕が事故を知ったのは翌朝でした。朝起きて、ゴロゴロしながらなんとなくスマホを見ていると、島で水難事故があったというニュースが目に入りました。しかも家からほど近い海岸です。昨日なんだか騒がしいと思ったのは事故があったからだったのかと思いました。島は毎年なにかしらの水難事故があるので、また観光客かと思ったんです。

「救助のため海へ入った近所に住む島民の男性行方不明

 この一文を見たとき心臓がゾワッとしました。ニュース記事には行方不明の島民男性の年齢も書いてあって、その年齢からまさかおっちゃんじゃないだろうなと頭によぎりました。急に不安になり、確認をしたくて島の友人に電話をかけました。

ネット記事に〇〇歳の男性って書いてあったけど、まさかあそこのおっちゃんか?」

 違うと言って欲しかったんですが、そうでした。そいつおっちゃんの家のそばに住んでいるので、すぐに情報が回ってきたそうです。

 遊びに来ていた友人には知人が海で行方不明という話はしたけど、せっかく遊びに来てくれているので詳しい話はしませんでした。その日に帰る予定だったので空港見送りに行ったとき、朝に電話をかけた友人にたまたま会って、また話をしました。

 聞いた話によると、30代の男女が岩場に座っているところ高波に呑まれたらしい。ここの海水浴場は岩場だらけで、岩場のプールから外洋に出られるようになっているんだけど、プールから外洋に出るあたりに座っていた。(バカみたいに波の高い日に海のそばにいたというのが僕はまず頭がおかしいとしか思えない。言葉が悪くてごめん。)で、波にさらわれた時に海岸トイレ掃除に来ていたおばさんがそれを目撃していたらしく、パニックになりながら駐在さんに電話をした。駐在所と居酒屋はほど近く、すぐに連絡が入り、消防団員でもあったおっちゃんは真っ先に駆け付けて、警察消防などの救助隊が到着するのを待たず、真っ先に海に飛び込んだ……

 男女は助けられて、ドクターヘリ本土へ運ばれ、一時心肺停止だったけど息を吹き返したらしい。

 おっちゃんは、救助隊がおっちゃんの手を掴んだんだけど、波の力が強すぎて海へ引き戻されてしまった。それを聞いてから涙が止まらなかった。車へ戻ってひとりで泣きました。二十年ぶりくらいにしゃくり上げて泣きました。

 おっちゃんが行方不明になっている海を見に行こうと思って、空港から帰る足で海水浴場へ行きました。狭い駐車スペースに車が10台以上停まっていて、警察消防おっちゃんの身内がじっと海を見ていました。まだ波が高くてダイバーも潜れなくて、陸からしか探せないんだと言っていました。

 実際に波を見て「この波の高さでどうして海に近付こうと思ったんだろう?」としか思えませんでした。それぐらい波が高かったんです。島民だからかるとかそう言うレベルじゃないです。台風の日の波以上なんです。

 結局おっちゃんは丸二日間海の中にいて、三日目の朝、ようやく波が落ち着いた日に見つかりました。救助隊のダイバーが潜ってすぐ、海底に沈んでいるのを見つけたそうです。

 この匿名ダイアリーで何が言いたいかって、「波が高い日は海に近付くな」これだけなんです。

 波にさらわれた男女が助かったからこんな書き方するけど、バカ観光客のために島のみんなに愛されていたおっちゃんが死ぬだなんて許せないんです。どうしておっちゃんが二日も冷たい海の底にいなくちゃいけなかったんだろうっていう気持ちでいっぱいなんです。

 波が高い日は海に入るな、じゃないんです。「海に近付くな」なんです。

 どうしてあの人たちはあんな波の高い日に海に行ったんだろう。救助隊や身内の人がおっちゃんを探しているとき、海に入りにきた学生たちがいたらしい。信じられないよね。僕がその場にいたら怒鳴っていたかもしれません。波は人間を避けてくれると思ってんのかな?それとも高波が来てもちょっと強いシャワーを浴びるだけみたいな感覚で、波に呑まれて強引に海に連れて行かれるイメージ希薄なんだろうか?

 なんかもう波はヒグマだと思ってほしい。遠くから見てると落ち着いてるみたいに見えるけど、近付いたらいきなり襲ってくるんです。近付いたら最後なんだよ。ゴールデンカムイみんな読んでるでしょ?不死身じゃないとヒグマには勝てないのと同じで普通人間は波には勝てないんだよ。

 波が高い日は海に近付かないで下さい。

 あなたが波にさらわれたら、あなたを助けるために誰かが海に入るんです。

 その人が生きて帰れるとは限らないんです。

 波が高い日は海に近付かないで下さい。お願いします。

2019-08-19

anond:20190819222747

エアリスガラフオルテガも死んでるから

アレイズやザオリクは、心肺停止状態回復させるだけで死んだ人間を生き返らせることはできないタイプ魔法だと思うんだよね

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん