「頼朝」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 頼朝とは

2022-06-27

ネット弁慶がいるならネット義経は?

常勝無敗のネット弁慶を鮮やかに論破したらネット義経

ネット義経論破されまくる過去ネット論客ネット平家

論客として有名になったネット義経さらに餌をやってエスカレートさせていくのがネット後白河法皇

挑発に乗って噛み付いてきたネット義経訴訟などで社会的に葬ってからネット義経の兄です」とYouTubeに名乗り出るのがネット頼朝

ついでに社会的に葬られるネット義経取り巻きネット奥州藤原氏

2022-06-01

anond:20220601121502

そんなん言うたらジョジョみたいな家系ものも読めなくない?

日本史学んだら北条政子頼朝セックスしたんかとか思う?

オタク馬鹿にしすぎじゃないの

2022-05-20

anond:20220520145223

頼朝とか、命助けたい兄弟家族

出家一種の縁切り

して寺に保護してもらってたよね。



農兵分離前で

僧兵普段から軍事訓練する余裕があって強かったんだろうけど

2022-04-15

夫婦別姓と絡んで家制度の話

1

制度大事さを論ずる人がいますが、これってもうほぼ崩壊してますよねって話。

家ってなんで成立するかと言うと、家と結びついた職業生産手段があってこそだ。

例えば古代でいうと、摂政関白になれる家、大臣までなれる家、大納言までの家、などがある。

から子へ、親のついた地位経済的要因(荘園など)が継承される。だから家が生まれる。

鎌倉時代とかの武士もそうで、頼朝から地頭職に補任される。

それが子や孫に伝わるから家というものが脈々と続く。

近代から現代にかけてだと、農家がわかりやすい。

特定土地を持ちそこから生産物利益を得て生活する。

その土地や、その土地からまれ利益継承者を明確に定める必要がある。

制度は家職とそこから上がる利潤と表裏一体の関係にある。

芸事でもそうで、親の芸を継承しうる芸術であれば家元となりうる。

商家も同様で、百貨店でも呉服屋でも、親が築いた商売上の生産手段継承する場合、家制度と相性が良い。

政治家も同じだ。親が築いた信用や政治基盤を継承するのであれば、家が生まれ、結果二世三世議員が生まれ余地を生む。

2

ひるがえって現代社会を見てみよう。

皆さんは親が引退したら、親の職業や親の地位につけるだろうか。

もちろんそうなる人もいるだろうけれども、多くの人は親の社会的地位継承しないだろう。

例えば私の親は公務員で最終的には副市長までなった。

私の親が副市長引退したら、私が副市長になるだろうか? そんなことは許されない。

多くの人がもし私が副市長になったらおかしいと思うだろう。

一方で、会社社長が息子に移り先代社長会長になるだとか、芸事で何代目だれそれを襲名した、とかは違和感が薄いと思う。

制度機能する場面である

つの事例を見たが現代社会ではどちらの職業パターンが多いだろうか。

圧倒的に前者ではないだろうか。

もちろん、後者システム否定することに直結しないことも重要だ。

ということで現代では、家産や家職の関係から、家制度はほぼ質的要因を失っていると結論づけられる。

3

こうした社会的変容はいつごろ惹起したのだろうか。

個人的には(といっても見田宗介あたりの受け売りなのだが)、1961年農業基本法重要と思う。

人口の多くが農業をしていた日本において農業機械化し、余剰人員を2次産業3次産業従事させる動きを生んだ。

明治時代以降、第二次大戦後でも解体できなかった江戸時代以降の家制度はこの法律によりついに解体された。

日本人の多くが農民だったから、田畑という家産で生活していた関係上、多くの人々が家制度の中にあった。

サラリーマンになった農家の子孫たちは、もうそ地位を子孫に継承できない。

親の地位継承できない子孫たちはやがてマイナビリクナビを頼ることになるだろう。

高度経済成長経済成長けが起こったわけではない。家族観点からしても革新的政策だったのだ。

から家職や家産を継承しないところに生まれ育った場合では、気軽に別姓にしたり、あるいは現段階だと妻の姓をなのってもいいんじゃないかな、って思う。

社会の多くの職業のあり方が、それを可能にしているのだからね。

2022-04-04

anond:20220404125503

頼朝のおっかさんが、「私を抱いていいから、頼朝の命だけは!」って頼み込んだんやで

昨日の大河ガッキー小栗旬が結ばれるんだけどさ

歴史的には北条時政&政子&梶原景時から

軍事義経&範頼)

北条義時って

頼朝死ぬまで出番ないよね

2022-03-18

先生ー!源の頼朝ジブリタイトルに入りますかー?

平家物語平家物語から、じゃあそのライバル源氏物語源氏物語だ!っていったら間違いで、鎌倉将軍家の源氏のことが書かれているのは吾妻鏡って、引っ掛け問題だよねー。

2022-03-15

anond:20220315231517

頼朝みたいに皆にそう言ってたりしてな

2022-03-14

日本史3大if

頼朝石橋山で死んで貴族政治が続いていたら

尊氏が反乱せず建武の新政が続いていたら

織田信長本能寺で死ななかったら

関ヶ原西軍が勝っていたら

明治維新が起こらず江戸幕府が存続していたら

太平洋戦争突入せず大日本帝国が存続したら

2022-02-13

anond:20220212010453

それより頼朝を殺さなかったのはなんでと疑問だった。

流すにしても伊豆は近すぎだし。

殺したりする方が厄介になる(対抗勢力が勢いづく)とかだったのかな。わからない。

2022-02-12

https://anond.hatelabo.jp/20220212010453

平家はなぜ後白河法皇を殺さないのか

殺してしまったら上から下まで総スカンやで。天皇自体権威があった (古来から儀式とかの継承者) からというのはそうだけど、洋の東西を問わず権力掌握のために主君殺すってなかなかない気が...「主君すら簡単に殺す奴が他の勢力ならもっと簡単に潰しに来る」みたいに思わるので相当な根回しが必要やと思う。

臣下に殺されたっていうので思いつくのは三国魏の高貴郷公やけど、これは高貴郷公自らが兵を率いて司馬昭を始末しに行って逆襲されて殺されたから 、後白河が直接平家にぶつかれば殺されるかも?高貴郷公の件は名ばかり皇帝に落ちぶれた東晋皇帝がこのことを知ったときにそら(皇帝殺して皇帝になったら)そう(権威なんてなくなって名ばかりになる)よ...orz ってなってたので、主君殺すってなかなかできないんちゃうか。

あと、後白河平家が決定的にこじれたのって鹿ケ谷の陰謀さらに後の重盛の死後処理で後白河やらかしたからで、その先は後白河がいようがいまいが戦乱になってたんちゃうか?源平合戦に火をつけたのは後白河じゃなくて八条院周辺だし。後白河にしても平家にしても自分ところの利益だけを場当たり的に追及するところがあって、それがgdgdの源泉だと思う。

なんで天皇がここまで尊くなったか不明なんだけどやる夫スレでよければ やる夫が大海皇子になるそうです というのを読むといいかも。長いけど。この作者の前作が やる夫が鎌倉幕府の成立を見るそうです でちょうどこの時代やな。こっちも長いけど。

反乱を起こした高倉上皇兄弟は殺していた

以仁王のことか?そりゃ天皇でもなければ自分で反乱起こして戦場に出ちゃったからね。後白河も後鳥羽戦場に兵を率いて出てはいないのに注意。どちらも合戦は部下に戦わせて自分のところまで敵が来たら素直に従っている (法住寺合戦承久の乱等)。ここで抵抗したらなにかのはずみで殺されていても不思議ではない、が天皇とはそういうものではない。また当然ながら尊さにも位があって 天皇上皇 >> 皇太子 >> 親王 >> ただの王 で、天皇家に連なっていても親王宣下されなきゃたいしてえらくはないで。

天皇でもないのに後白河法皇の死にそこまでの重さはあるのだろうか

このころの上皇とか法皇とかは事実上最高権力者やで。平安中期は摂関家自分の甥である天皇後見をすることで権力を握ったが、平安後期では天皇直系尊属である上皇法皇天皇家の家父長権でもって天皇後見をすることで権力を握った。最高の権門である天皇家の家長として荘園も集積しているので財産も持っている。まあ後白河は中継ぎって見られてたから前任の白河とか鳥羽とかみたいな盤石の権力ってないけど。ついでに父の鳥羽から財産を受け継いでないし。

源頼朝を殺さな

頼朝は蔵人を務めていた上西門院(統子内親王・後白河の姉にして准母)と母親実家である熱田大神宮家助命に動いて助命されたんやで。これらの貴人達の反対を押し切って殺すのは政治コストが高すぎる。そもそも平治の乱時点での清盛は財力武力はあっても正四位大宰大弐にすぎないわけで政権の中枢にいたわけでもないし、反乱鎮圧立役者ではあっても処刑にどこまで関与できたというと疑問な気がする。平家政権ができあがるのはこのあと後白河法皇二条天皇の間を上手に泳ぎ回った(平時の乱もその上手に泳ぎ回ったの一部だが)上で1165ごろに二条天皇政界の大物複数名が相次いで死んだ結果なので、このときの清盛に平家政権全盛期の公卿殿上人数多という未来を言っても信じなかったんではないか

そもそも天皇家は神道権威だろうに、後白河法皇は何で出家してるんだろう。

昔は仏教神道密着してたのか?神の子孫の天皇家がバンバン出家していた頃って、どんな宗教観なんだろう。

仏が神より高い位置にいたとか?

日本古来の伝統がたった150年ほどで忘れさられるとは嘆かわしい。明治政府のなんと罪深いことよ。仏教日本に受け入れられる際に神道を取り込んでこのころには不可分になってるで。そのあたりの理屈をつけたのが本地垂迹説やな。出家すると神道儀式主催するのは不適切という概念はあったらしいので、神道儀式は現役の天皇にまかせて退位したら出家して仏教儀式に専念する、というのはありかもしれない。神道仏教もどちらも国を護るには重要やしな。

あと神の子孫ということなら大体の平安貴族神の子孫やで。

anond:20220212010453

単に

豊臣滅ぼした冷たい徳川は長く続いて

頼朝生かした平家が滅びた。

東の冷たさと

西の人情

anond:20220212010453

アニメの底本になった古川日出男訳読んだ程度の理解だけど(以下ネタバレくそもないけどネタバレかもしれない)

邪魔者はどんどん殺そうという感じでは意外とないんだよな。禍根が残るし宗教もあるから

たとえば源頼朝義経父親平治の乱を起こして平家に追討されたけど、平家頼朝義経までは殺さなかった

そのせいで後年追い詰められることになる


平家は徳子を天皇家に輿入れさせて息子を産ませる。これが安徳天皇になると、平清盛天皇祖父だってことになってますます権力を持つ

権力の源泉はもう一人の祖父、つまり後白河上皇から血縁からこれを処刑したりするのは都合が悪い(平家物語だと清盛は討ちたがっていたけど)

一方で以仁王は無理に担ぎ上げられた後白河の子で、平家にとってはもちろん朝廷からしても後白河-高倉-安徳と続いたラインを乱すものとして白眼視され、

挙兵きっかけに平家圧力皇族としての地位を奪ったので殺してヨシ!となった。朝廷への反逆は大義名分として掲げやすいので、とにかくこのロジックを立てようとする

後鳥羽天皇安徳天皇の異母弟)は、もっともっと話がこじれてからの話で、

力を失った平家絶対死守したい安徳天皇三種の神器を持ってトンズラこくという最終手段をとったので、「じゃあもうこっちで天皇立てるわ」って神器なしで朝廷側が立てた

訳者も書いてたけど平家物語って意外と戦の占める割合が少ない。政治交渉宗教、情愛の話が多いよ

anond:20220212090323

武家の子は祟る、と同じだよ。

子供だ、と捨て置いた頼朝平家はやられたやろ。

から容赦なく勇者の芽は摘んでおかねばならない。

家康とかはそれを徹底したから長らく江戸時代平穏に続いた。

2022-02-09

三谷幸喜八重にどのような役回りをさせるかがわかった

鎌倉殿の13人のネタバレになるかも知れないので注意】



2月6日放送回で、頼朝訪問を受けた八重がニヤリと笑い、

その後に頼朝の身を案ずるあまり現夫の江間次郎をアゴで使ってるのを見て、

八重にこの先どういう役回りを担わせようと知ているのかピンときた。

時代考証坂井孝一は、根拠薄弱ながらも、

八重が義時と再婚して嫡男である泰時を産んだという説を推しているらしいので、

三谷がこの説を採用することはほぼ間違いない。

からこそ最初からガッキーはいつも2番めにクレジットされている。

八重は義時にとって叔母にあたるが、叔母上ではなく八重さんと呼ばせて、

八重と義時が血縁であることをなるべく視聴者意識させないように配慮しているのも、

のちにそういう展開になるからである


一方で、泰時が頼朝お気に入りだったことは史実上よく知られており、

元服時は頼朝烏帽子親となって頼時と名乗らせていたのだが、

頼朝の死から一年以内に、なぜか泰時と改名している。

泰時は歴史上では知勇兼備の完全無欠の名将名執権として知られており、

承久の変で京都に攻め込む時の幕府軍総大将でもある。

執権職のとき歴史で必ず習う御成敗式目を制定したのも泰時だ。


三谷はきっと、泰時の真の父を、頼朝にする。

父の伊東祐親を失った八重は、頼朝による庇護希望するものの、

政子の目が恐ろしい頼朝八重の世話を義時に押し付け、二人は外面的には夫婦となる。

しかし、義時を見下している八重は(そもそも叔母であるから)義時に指一本触れさせない一方、

ときおり頼朝が政子の目を盗んで通ってくる。

この秘密を知るのは八重と義時と安達盛長の三人だけ。

そして生まれるのが金剛、のちに元服して北条頼時。

しか頼朝死後、忌まわしい記憶払拭したい義時は泰時と改名させる。

そして成長するに連れ頼朝譲りの名将の片鱗を現す泰時に悩まされるのだ。

そんな流れになるのではなかろうか。

叔母甥が夫婦となって子をなすような話は令和的にいろいろ具合が悪いので

NHKとしてはこの展開の方がなおさら都合がよかろう。



まあ、こんな予想は思いっきりハズしているかもしれんが、

とりあえず2月9日の時点でこんな妄想をしていたヤツがいたということで、書き留めておく。

2021-10-31

ネトフリで水どうのヨーロッパ20国制覇の旅とか見てるんだけど、今の時代にやっても面白くないかもね。

今はカーナビスマホで経路案内サクサクだもんね。

あんなふうに地図と首っ引きで「A55だ!つってんだろ!!」なんて怒鳴りながらの道行きにはならんもんね。

注:上記の旅は、地元レンタカー借りて地図見ながら進むという無謀なものである

2006年に行われているのだが、レンタカーカーナビ付いてないもんなのかね。

わざと付いてないものを借りてるのかもしれんが。というか、付いてても使わないか

あー。それにしても水どうは面白いね。

でも、最初の頃に比べるとミスター大泉も年取っちゃって…。

今じゃこんな旅到底無理よな。大泉も48ぞ。

今年も紅白の司会らしいし、大河頼朝やるらしいし。

藤村君に馬鹿馬鹿言われてた大泉君も今では貫禄出まくりよな。

2021-05-06

anond:20210506165210

漠はわろた

好きな名前つけたらいいと思うよ

性転換しても、最近漢字にいろんな読みがあるし、男女特有漢字なんて最近は滅多にないし

葵くんも春樹ちゃんもいるでしょ

さすがに頼朝とかってつけると男感否めないし、キャサリンとか付けちゃうと女だろってなるけど

2021-03-02

元増田の母の子です

このたびはツッコミをくらいまくるようなことを、増田にうっかり書き込んでしまい大変申し訳ありません

ここから卍解するのは難しいと思いますが一応書き添えると

源氏の内輪もめとしては頼朝源平合戦中にも範頼や義経の足を引っ張るような口出しをしたこと

(という記憶があるのだが検索してもいまいち出せない。範頼の九州仕置に掣肘は加えたみたい)

戦後二人を殺したこと念頭にあり、ブコメでも出ていた足利氏兄弟喧嘩戦争中ではないが三代将軍実朝が甥の公暁に斬殺されたこ

など、ある本で平氏覇権時代よりも鎌倉時代初期の方が内乱が激しく朝廷が苦労させられたという記述があったことを意識して書きました

木曽義仲のことはほとんど忘れてました

一致団結した平氏側の範囲としては清盛が優遇した親族連中で考えており

北条氏などは土着勢力判定でした

(考えているうちに本人たちが自分平氏意識していたのかアイデンティティの置き方は気になってきましたが)

ブコメで指摘されている重盛のことは知りませんでした

平平合戦って北条氏政権をとったこから逆算的に言われているだけなんじゃないですか?それって と思ってしまった

勉強不足でした

元増田の母は半年ROMます

anond:20210228182525

anond:20210228182525

頼朝のVS志田義太、VS木曽義仲佐竹征伐を内ゲバというのはちょっと無理がある気がするが

2021-03-01

anond:20210228233856

微妙どころじゃないだろ。

平氏内ゲバしなかった」という前提がまったく成り立たないし。

「清盛の一門」と「義朝の一門」という見方をするなら、天下分け目の戦いのあいだは頼朝たちも内ゲバは無かったしな。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん