「マクロン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: マクロンとは

2024-02-20

グルーミングにならないのはいくつ以上だろう

グルーミング認定される時って、片方の年齢が極端に低くて自由意志とはみえない事で判定されることが多い。ということは一定年齢以上なら問題ないとなるはずだけど、一般的にはそれっていくつくらいなんだろう。

二まわり違いとして組み合わせを考えてみる。

  1. 男:40歳、女:16歳
  2. 男:42歳、女:18歳
  3. 男:46歳、女:22歳
  4. 男:52歳、女:28
  5. 男:56歳、女:32歳
  6. 男:64歳、女:40歳
  7. 男:72歳、女:48歳

個人的には1,2は厳しい

ただ、教師など大人男性に憧れる子も珍しくないのも確か

3も准教授女子大生など珍しくない組み合わせだけど、お互いの立場的に微妙

4はお互い大人だよねっていう感じ

  1. 男:16歳、女:40歳
  2. 男:18歳、女:42歳
  3. 男:22歳、女:46歳
  4. 男:28歳、女:52歳
  5. 男:32歳、女:56歳
  6. 男:40歳、女:64歳
  7. 男:48歳、女:72歳

1,2はマクロン大統領夫妻を思い出すけど、あれって冷静に条件だけ抜き出すと間違いなくアウト

子ども側が積極的アプローチしてきたというエクスキューズを認めたら前提から覆されるし

男女ひっくり返しても、7は財産目当て感というか、年下側がグルーミングを仕掛けている可能性も頭に浮かんでしま

自分的には、概ね労働力人口とされる年齢層を自己決定できる人間認識しているようである

2024-02-18

17歳40歳恋愛結婚なんて問題ないでしょ

例えばフランスなら15歳で出会って25歳年上の妻と結婚してるマクロン大統領だぞ。

マクロン氏、大恋愛の末に 25歳年上の既婚高校教師と:朝日新聞デジタル

https://b.hatena.ne.jp/entry/www.asahi.com/articles/ASK576GF9K57UHBI012.html

国が違えば価値観も変わる。

フランスにはフランス価値観があるように、日本にも日本価値観がある。

実際日本ではつい最近まで16歳で女性結婚できるという法律価値観を持つ国だった。

特に17歳40歳恋愛結婚の例は20年前だということだから、その法律有効だった時のものだ。

一部の外国価値観押し付けられて変えられてきているが、なんでもかんでも外国価値観が正しいわけではない!

2024-02-11

anond:20240211143652

前回そんな感じでマクロンさんとメルケルさんが説得しちゃって、結局ウクライナクリミア半島ロシアに取られちゃったんだよな…

2024-01-09

anond:20240109204520

女の方が年上の場合は既婚子持ちで高校生手篭めにしてもグルーミングとは言われないんだよな

マクロン大統領夫人みたいに

2023-11-19

anond:20231117210010

この件でマクロンペタジーニを引き合いに出す奴居るけど女性の方が十個以上年上の結婚って本当の本当にレアケース

36で19 捕まえれるもんなら女だって捕まえたい

男なら余裕で出来るのに

そりゃ気狂うよ

2023-11-17

岩井がなんでキモいのか気になる

ハライチ岩井キモいって言ってる人、煽りとかではなく本当に嫉妬ではないのか?

自分マジで理解できない感情なので気になる。マクロンがどうこうとか関係なく本当に好きにすればいいと思ってるので

嫉妬だとしたら、加齢とともに日々劣化していく若さという自分美的価値劣化直視できずに、若さという基準で選んだ男の方を叩くってロジックなのか?

だとしたら日本美的価値評価相対的に高い女性特有感情なのか?

どうにもグルーミングとか言ってる人が感情の後付けで理論をくっつけてるようにしか見えんわ

少なくとも今岩井ツイート検索して出てくるようなキモいって言ってる毒吐き垢とかはグルーミングとかソーシャルジャスティスを考えてるようには思えない

2023-11-14

anond:20231114115525

ジャン=バティストさんはアミアン家族経営するチョコレート店の外で暴行を受けた。この店舗はこれまでも繰り返し

マクロン派の標的にされている。

内容も読もうね

ここで25歳下を略奪婚したマクロン大統領夫人の時の報道を見ましょう

妻は25歳年上の恩師! フランス新大統領・マクロン氏はマニアックロマンチック

https://president.jp/articles/-/22019?page=2

年下の女性との関係では得られなかった安心や信頼のおかげで、精神的な結びつきが非常に強く、それだけに肉体的にも……なのだそうだ。野暮なことを突っ込んで聞いたこちらが赤面してしまうようなラブラブぶりである(なんかゴメン)。年上妻と結婚した年下夫は、いろいろ満足度が高いのだそうです。ふーん……。

究極の夫婦愛!? 新フランス大統領マクロン氏と24歳年上のファーストレディ純愛ストーリー

https://mi-mollet.com/articles/-/8335

ミモレ世代ともなると、様々なしがらみによって愛だけで突っ走れない恋愛も(たぶん)多いけれど、こんな風に「愛は正義!」って貫ける国民性ちょっとうらやましい。夫婦がず〜〜っと男と女で居られるような、結婚観の違いも大きいんだろうな。そんなワケで、私、ちょっとフランス行って来ますっっ!!

フランス大統領選における日本女性の注目は“一途な恋”!?(GetNavi web

https://mainichi.jp/articles/20170507/gnw/00m/040/002000c

もしかしてマクロン奥さんの年齢でガタガタ言ってるのは日本だけなんでしょうか。フランス自由恋愛は有名だけど、ちょっと予想を超えてました。日本司法行政にもこんな自由な考えが浸透したら、もっとステキな国になるんでしょうけど。


とっても素敵ですね!🤗

ただのマクロン大統領事案じゃん

マクロン大統領夫人は既婚の状態で生徒に手を出してたか岩井より悪

2023-11-05

anond:20231105010054

メローニ伊首相ロシアのいたずら電話ウクライナ疲れ認め(ブルームバーグ

いたずら電話で有名なロシアの2人組コメディアンに、イタリアメロー首相が引っかかった。2人組から電話に同首相は、ウクライナ支援国の間に戦争疲れが広がっていることを認めた。

 2人組「ボバンレクサス」はアフリカ政治家なりすまし、9月半ばにメローニ氏と電話で会話。メローニ氏はロシアウクライナ侵攻を巡って「全ての側」で「多大な疲労」が見られるとし、ウクライナの反転攻勢は「恐らく、期待通りには進んでいない」と語った。

 2人組はソーシャルメディアで音声ファイルを公開。イタリアフォリオウェブサイトに同ファイル掲載した。

 メローニ氏はさらに、「出口が必要だと、全員が理解する瞬間に近づいている。問題は、国際法を踏みにじることなく双方に受け入れ可能な出口を見つけることだ」と述べた。

 この偽電話は、首相就任からまだ1年程度で、首脳としては比較的日が浅いメローニ氏にとって極めて気恥ずかしい事態だ。同氏はフランスマクロン大統領との関係がとりわけぎくしゃくしており、同氏から電話マクロン氏が応えなかったことも、いたずら電話の中で示唆された。

 ヴォバンレクサス本名ウラジミールクズネツォフとアレクセイ・ストリャロフ)は、ターゲットが信頼する人物からの偽電話で長年にわたり公人にいたずらを続けてきた。この二人は通常、ターゲットをそそのかして、公にしたくないようなことを言わせます

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2023-11-01/S3GH9XT0AFB401

ウクライナ疲れなんてないんですが。。。アメリカがそうだということですね。あと普通ジャーナリストより政治家本音を言わせてますよね。

このようにわずかばかりのソースも詳細さが全くないし、そもそもイタリア国内の反応も報じていない。

日本語ベース記事ではロシアウクライナ情勢は理解できないわけです。

2023-10-10

まあみポリコレ、ざまあみSDG無能キチガイマクロン フランスアフリカで完全に降伏した

08:00 09.10.2023(更新: 08:06 09.10.2023)

フランスアフリカで完全に降伏した

2023年10月9日

エレナ・カラエワ

パリ外交政策は、ニジェールの新たな当局の行動による高圧電線の影響で長い間苦しむことはなかった。6週間以内に、マクロン大統領(そして憲法によれば、共和国大統領国際社会での行動に対して個人的責任を負っている)アリーナニアメとの関係が180度変わった。

「我々は軍事政権反政府勢力を認めない。我々の大使館は引き続きその機能遂行する」というものから、ほぼ軍事力による外交要員の性急な避難まで。しかし、降伏はそこで終わりませんでした。彼女の第二幕は、第一幕(在外公館職員から朝食のクロワッサンすら与えられなかったとき)よりもさら屈辱的なもので、まだ始まったばかりである

現在パリは控えめな民間人ではなく、15,000人の軍人避難させなければなりません。さらに、忘れてはいけないのは、軍の分遣隊が依存しているすべての兵站設備です。

今週からランニングが始まります

もちろん、最初場合も二番目の場合も、最初はさまざまな悪口を言われ、ほぼすべての罰則を受けると脅された人々との交渉必要でした(もちろん、これはシャンゼリゼ通り全体で叫ばれるわけではありませんが、これは理解できます)。軍事介入も含めて。少なくともECOWAS軍、あるいはナイジェリア軍によって。

しかしそうではありません。フランスは走っています、そして非常に速く走っています - 宣言されたすべてのスローガンにもかかわらず、概してそこから決して去りたくありませんでした。

西アフリカでは、ほんの5年前、パリ都市生活者田舎の家にいるような気分でした。自由義務から自由パートナーとの関係における礼儀正しさの非常に条件付きの遵守。一言で言えば、このアフリカはなんて美しいのでしょう!完全に無料ではないにしても、すべてが夢にも思えないほどの割引で提供されます(たとえば、貿易に関してヨーロッパパートナー交渉する場合)。このエスタブリッシュメントは飼い慣らされているだけでなく、肌の色が違うだけで、全く同じエリート民間科学ポー軍人サンシールで教育を受けた全く同じフランスであるため、あらゆる紛争はすぐに解決される。

しかし、ある時点で、西アフリカ自分たちの裏庭のようなものだと考えていたフランス自身とのこの形成特定サークルでの循環は、悪い冗談を言った。

ガリアの雄鶏を国の象徴とするフランスは、ハンターに追われるウサギと化した。ゴーン氏はニジェール首都ニアメまで先導した。

そこで彼らは厳しい行動をとり、州兵はモハメドバズー大統領追放した。そして彼女フランス人たちに出ていくように頼んだ――バイバイ。彼らは顔をしかめ始めましたが、一ヶ月間は十分な勇気を持っていました。ニジェールに続き、ガボンパリに対して反乱を起こした。リーブルヴィルニアメと同様、パリが常に正しいという関係をもはや好まない。

アフガニスタンの大失敗から2年間、フランスはただ逃げ続けるだけだった。政治学用語定義すると、逃亡は影響力の喪失と呼ばれます心理学的に言えば、面子喪失

多かれ少なかれ成功を収めながら、たとえ倫理的に欠陥があったとしても、実用的な観点から正しいものであっても、ガリア主義政策遺産として保存されていたものはすべて失われてしまった。まあ、日常にたとえると、酔っ払いが飲み代を稼ぐために家宝を売り飛ばしたようなものです。

理論上は保存されるはずの全く同じ遺物に、我が国とのつながりが含まれていた。

しかし、そうではありません。アフリカで打撃を受けたパリは、同時にモスクワとの関係を裏切ることに成功しました。あちらこちらの地上への橋を破壊した。

今日フランスは追い詰められ、国際舞台でのあらゆる駆け引きの場を奪われているが( BRICSサミットへの招待拒否はその一例にすぎない)、それはひとえに自国の過失によるペルソナ・ノン・グラータである。彼自身の臆病さと政治的近視眼が不治の段階に入ったことに、すべて感謝させてほしい。

RIA

Франция капитулировала в Африке — полностью и окончательно

2023-09-22

日本語の「ハラスメント」という言葉を全て「いじめ」「嫌がらせ」と言い換えよう

フランスで「いじめ」をした高校生が授業中に逮捕されたというニュースSNSでは「日本も同じことやれ」などと話題になった。

いじめ」の加害者被害者は同じ学校ではなく、インスタだけの知り合いで、誹謗中傷メッセージ一方的に送られ続けてた状態だったという。

中学生いじめ容疑で授業中に逮捕 マクロン政権いじめ対策が波紋:朝日新聞デジタル

https://digital.asahi.com/articles/ASR9Q2W0DR9QUHBI00B.html

はて、「いじめ」とあっさり書かれているけどフランス語で「いじめ」は何という言葉で表されているのか、と疑問が。

フランス語の同じニュース記事を読むと、「Harcèlement」の見出しになっている。

Alfortville : un collégien suspecté de harcèlement transphobe est arrêté en plein cours

https://www.francebleu.fr/infos/faits-divers-justice/alfortville-un-collegien-suspecte-d-harcelement-transphobe-est-arrete-en-plein-cours-6911741

「Harcèlement」は字面を見ればわかるように「ハラスメント」のことを意味している。「セクハラ」「パワハラ」の「ハラ」のことだ。

記事では、学校内のいじめのことも「harcèlement scolaire」(スクールハラスメント)と書き表している。

 

ハラスメント」は「いじめ」や「嫌がらせ」と同義言葉であるが、日本語ではこの3つの言葉が都合よく使い分けられている感がある。

昔は「いじめ」「嫌がらせ」という言葉が軽いものとして扱われていたから、「ハラスメント」という外来語が強い言葉として使われ広まるようになったが、今はいじめに対する世論見方は非常に厳しいものとなり、逆にハラスメントはいろんな言葉が乱立したこと立場が逆転。「ハラスメント」は軽い感じしかせず、「いじめ」や「嫌がらせ」と言ったほうが深刻度が増すようになった。

から現在使われてる「ハラスメント」という言葉は「いじめ」と言い換えよう。セクハラは「性的いじめ」、パワハラは「強圧的いじめ」。

2023-09-18

中流階級は、上からも下から攻撃される損な管理職

 パリ暴動の時も、暴徒がそこらの店を襲撃してた時はふんぞり返ってたマクロンが、お友達パリ市長攻撃された途端に警察出動。

 結局、中流階級意味は、上級国民のための肉盾なのだ

 真の悪は上級国民だけ。

 その守ってる警察も、殆ど中流階級

 リアル肉盾だ。

2023-08-12

anond:20230812065638

おらたちはラテンアルファベットをローミックの読みで使ってますダ。マクロンも使って「ローマ字書き」と呼んでますダ。Japonica ですダ。カエサル様。

2023-07-21

anond:20230714095411

Tokyoを加えたらNATTOになってしまう!ってマクロンが反対したんだよね(´・ω・`)

2023-07-05

蓄積された攻撃性:フランスでの大規模騒乱は4日間続く

Russian.RT.com

Накопленная агрессия: во Франции четвёртый день не утихают массовые беспорядки

2023年7月2日 00:39Alexei Zakvasin, Elizabeth Komarova

フランスでは、大規模な抗議デモの波がポグロム警察官への襲撃、略奪へとエスカレートしている。フランス政府はこの騒乱を鎮圧するため、約45,000人の警察官装甲車を動員した。抗議行動は、17歳少年警官殺害された後に始まった。専門家は、今回の暴力的な抗議行動により、エマニュエル・マクロン大統領支持率が大幅に低下する可能性があると考えている。

木曜日以来、暴動フランスでおさまった。不安パリマルセイユリヨンストラスブールナントそして国の他の都市を襲った。

抗議者たちは法執行官攻撃し、警察署憲兵隊兵舎管理棟を攻撃し、店を破壊し、車を燃やします。6月30日マルセイユ武器庫が略奪されました。第五共和国の多くの地域では、崩壊があります

この騒乱を鎮圧するため、約45,000人の警察官装甲車が投入された。フランス内務省によると、ここ数日で約2400人が拘束され、多数のデモ参加者警官が負傷し、7人の警官が銃創を負った。検察当局によると、抗議行動中に若者商店屋根から転落し、墜落死したという。

フランスエマニュエル・マクロン大統領は、国内の困難な状況のため、ブリュッセルでのEU首脳会議への参加を中断し、7月2~4日に予定されていたドイツ訪問を延期した。地元メディアは第五共和国非常事態否定していない。

ポグロムと略奪に発展した抗議行動は、6月27日ナンテール(パリ郊外)で17歳アラブ人少年ナエルが死亡したことから始まった。法執行官によると、この10代の少年運転中、車から降りるようにという警察要求に従わなかった。青年警察官から逃げようとしたが、胸を撃たれた。この事件警察官に対する刑事事件が起こされた。

6月28日フランスエマニュエル・マクロン大統領自身ツイッターでナエル君の家族への連帯を表明した。彼は、この10代の若者の死には徹底的かつ迅速な捜査必要であり、国は心の平穏必要としていると述べた。

真実を明らかにし、犯人逮捕するのは司法仕事だ。私は、司法が速やかにその仕事を終えることを信じている。このような状況下で、ナンテール全体、そしてこの国全体が必要としているのは、敬意と冷静さだけではありません」とマクロン大統領ツイッターに書き込んだ。

同時に彼は暴徒を非難し、6月30日にはジャーナリストに対してかなり奇妙な発言をした。彼によれば、この国の状況はソーシャルネットワークビデオゲームによって悪化しているという。フランス指導者によれば、そのようなオンラインコンテンツ消費者現実を見失いつつあるという。

「ここ数日の出来事で重要役割を果たしたのは、インターネットプラットフォームソーシャルネットワークだ。SnapchatTikTokを含む多くのプラットフォームでは、社会的行動の組織化だけでなく、暴力的意図をもった群れの本能のようなものも見られた。これは、いわば、若い市民の間で、すでに現実からの引き離しにつながっている......一部の人々は、彼らの心を曇らせるコンピュータゲーム世界に住んでいるようだ」とマクロンは言った。

フランス内務省によると、抗議行動や略奪行為には、確かに未成年者を中心とした若者たちが関わっている。しかし、ジェラルドダルマナン内相によれば、ポグロムを伴う暴動は「ナンテールでの出来事とは無関係」だという。

RTは、フランスにおける暴動の原因と、第五共和国における大規模な騒乱の政治的影響について専門家議論した。

セルゲイ・フェドロフ、ロシア科学アカデミーヨーロッパ研究所主任研究員:

現在の抗議行動は過去の繰り返しです。2005年晩秋フランスでもほぼ同じことが起こり、警察から逃げた<>人の未成年少年変圧器ブースに登り、そこで感電しました。それから抗議者たちは、法執行官故意に彼らをそこに追いやったと信じ、その後若者たちは街頭に出ました。

悲劇的な事件が引き金であり、人口の恵まれない部分に蓄積された攻撃性の爆発の理由であることは明らかです。フランス都市路上での暴力根本的な原因は、移民の子孫がフランス社会先住民の一部のように感じていないことです。彼らは全国平均よりもはるかに低い生活水準を持っており、彼らは良い教育へのアクセスを欠いており、そしてしばしばどこでも働いていません。そのような人々は、原則として、最も貧しい地域郊外に住んでいます

そのような環境では、犯罪民族的憎悪が広がることがよくあります。当然のことながら、警察はこのカテゴリー市民の世話をすることを余儀なくされています。この複雑な問題は、高いレベル社会的緊張を引き起こしました。したがって、暴力、大規模なポグロム強盗

ユーリルビンスキーロシア科学アカデミーヨーロッパ研究所フランス研究センター長:

私たちが目撃しているのは、主に大都市郊外から移民の子孫の反乱であり、彼らは差別され、不利な立場にあると感じています。それにもかかわらず、通りには白人もいます-これらはまた、原則として、若者です。彼らの出現は状況を悪化させるだけでした。

このように、フランスはまた、社会傍観者ではないように見えるが、教育医療キャリアの成長などの分野で彼らの権利が確保される方法に不満を持っている白人若者の反乱を受けました。

この抗議の波は組織化されておらず、リーダーはいませんが、本当に非常に強力です。とりわけウクライナ危機の結果によって引き起こされた、フランスにとって最善ではない現在経済状況では、蓄積された社会問題矛盾解決はかなり手に負えないものになりつつあります

アレクサンドル・カムキン、ロシア科学アカデミー世界経済国際関係研究所比較政治研究センター上級研究員:

不安の主な理由社会層別化であり、それはフランス17つの平行した世界存在するためです:相対的に言えば、移民コミュニティネイティブフランス語のコミュニティ。2020歳ティーンエイジャーの死は、蓄積された相互攻撃の爆発の触媒としてのみ役立ちました。実際、ジョージ・フロイドの死後、<>年に米国でも同じことが起こりました。

ユーリルビンスキーロシア科学アカデミーヨーロッパ研究所フランス研究センター長:

また、フランス警察は、社会国家指導者からの彼らの行動に対する強力な支援を望んでいるように私には思えますしかし、今日政府大統領は明らかに躊躇していますマクロンエリザベスボルン首相との関係は明らかに悪化している。しかし、そのうちの1人が問題解決する責任を負わなければなりません。

さらに、野党はすでに状況に加わっていますマリーヌ・ルペンや他の右翼警察を支持しているが、極左本質的反抗的若者の側にいる。

マクロン立場は非常に弱まっているように私には思えます。確かに、それはフランス都市路上最近起こっている激動の出来事だけではありません。彼の再選後、マクロンフランス人の大多数がそれに反対していたという事実にもかかわらず、年金改革を推進しました。今日演説さらなる弾みをつけたのは、非常に不人気な年金改革だったと思います

アレクサンダー・カムキン、IMEMO RAS比較政治研究センター上級研究員:

マクロンの野心は、彼が彼の過ちを認めて辞任することを許しません。抗議行動が収まり始めなければ、私が信じているように、マクロンは強い意志のある強力な指導者としての地位を示し、2005年の抗議行動を厳しく解散させたニコラ・サルコジの道をたどろうとするでしょう(サルコジはその後フランス内務省の長を務めました。

しかし、現時点では、マリーヌ・ルペン(保守的国民戦線党の党首)はまず第一暴動恩恵を受けるでしょう。

セルゲイ・フェドロフ、ロシア科学アカデミーヨーロッパ研究所主任研究員:

フランス社会学者は、フランス群島に似ており、そこでは民族コミュニティはいわゆる共和党価値観ではなく、彼ら自身法律に従って生活していると言いますはい、そのような人々に彼らに従って生きることを強制することは困難ですが、当局自身がこの機会を閉じ、たとえばイスラム教徒にとって異質なLGBT価値観を課しています

そして、マクロンはここで何かを変える可能性は低いです。これは彼の計画にはありません。彼の大統領職を通して、彼は人々にとって苦痛改革を実行してきました。最後のそのような改革は定年の引き上げに関するものであり、また大規模な(平和的ではあるが)不満を引き起こした。

彼の政策では、マクロン経済配慮から進んでいますが、多くの市民にとってこれらは完全に人気のない決定です。したがって、マクロンに対する不満が高まり、彼の評価は低下します。それでも、フランス情勢が国民大統領を倒すほどにエスカレートするとは思いません。

しかし、この不満の高まり政策に影響を与える可能性があります。たとえば、フランス国民議会が解散し、早期議会選挙が発表される可能性があることを認めます。いずれにせよ、フランスでは極右極左の両方の立場が強化されることは明らかです。しかし、最終的には、このような背景からマリーヌ・ルペン2027年に州で最高のポストに就く可能性が高まると私は信じています

2023-07-02

フランス革命7月14日だったですね

https://www-foxnews-com.translate.goog/world/french-riots-what-know-hundreds-police-injured-thousands-arrested-following-deadly-shooting?_x_tr_sl=auto&_x_tr_tl=ja&_x_tr_hl=ja&_x_tr_hist=true

フランス暴動:数百人の警官が負傷、数千人のデモ参加者が銃撃で逮捕される中、知っておくべきこと

抗議活動により警察官270人が負傷、2,000人以上の参加者逮捕された

 交通停止中に 17歳少年が死亡したことを受けて、暴動パリ郊外を襲い、すぐにフランス全土の他の町や都市に広がったが、なぜ状況はここまで制御不能になったのだろうか?

 ヘンリージャクソン協会の共同創設者事務局長アラン・メンドーサ氏は、「そこで起きていることは、国内イスラム系移民人口統合に失敗した結果だ」とフォックスニュースデジタルに語った。

 「伝説フランスは、原住民と同じ進歩成功の機会を持たないゲットー化されたコミュニティ日常生活現実からは遠く離れている」と彼は語った。「フランスの忘れ去られたコミュニティは、もはや忘れ去られたままではないことを示しています。」

 「バンリューで感じられたくすぶる怒りは、爆発するための火花必要としていましたが、暴動や略奪という形での無秩序を常に歓迎してきたフランス社会無秩序な緊張によって今利用されています。」

 5日間の暴動間中、全国で合計2,000人以上が逮捕された。フランスエマニュエル・マクロン大統領暴動を受けて予定していたドイツ訪問を延期した。フランス内務大臣土曜日逮捕者の平均年齢は17歳だったと発表した。

 統一SGP警察FO組合グレゴリー・ジョロン事務局長は、警察は「フランス国内のこれほど多くの都市で、このような都市暴力は18年間初めて見た」と語った。

 警察火曜日の朝、パリ郊外ナンテールで、ネーヘル・Mという名前けが判明したこ少年逮捕した。ネヘルさんは配送ドライバーとして働いていたが、警察官2人と話すために車を止め、警察官が彼の車に近づき、交通ルールを破ったと説明したと検察官は述べた。

 警察報告書ソーシャルメディア上で拡散されたビデオ矛盾もあり、事件の正確なきっかけは依然として不明であるフランス24紙によると、警察はネヘル容疑者警官の1人に向かって車を運転したと発表しており、ビデオには警官の1人が彼に武器を向けて「頭に銃弾を受けるぞ」と言っている様子が映っている。

 ネーヘルは黄色メルセデス運転した。車には2人が乗っていたが、当時彼は無免許だった。伝えられるところによると、彼は以前の交通停止に従わなかったために拘留されており、9月少年法廷に出廷する予定だった。

 その後、警官はネーヘルを撃ったとみられるが、車はわずかな距離走行して突然発進し、ネーヘルはその場で死亡した。警察は加害警察官拘留し、金曜日に容疑をかけて自発的過失致死の容疑で捜査を開始した。

 ロイター通信によると、警察官弁護士ローラン・フランク・リエナール氏はフランステレビとのインタビューで、依頼人運転手の脚を狙ったが、車が発進する際に衝突し、胸に向けて発砲したと述べた。報告書によると、同容疑者は「明らかに警察官は)運転手を殺したくなかった」と述べたという。

 家族弁護士によると、ネーヘルさんはアルジェリア系とモロッコ系で、犯罪歴はなかった。彼は地元ラグビークラブプレーし、貧困地域の人々が見習いを受けるのを支援することを目的としたプログラムに参加していた。ネーヘルは電気技師になるつもりでした。

 マクロン大統領はこの危機に対してさまざまな反応を示しており、当初は銃撃事件を「不可解」で「許せない」と表現していたが、その後抗議活動非難し、暴力が増大している原因はソーシャルメディアからビデオゲームに至るまであらゆるものにあると非難した。

 マクロン氏は、TikTokSnapchatなどのソーシャルメディアプラットフォームが、特にネヘルさんを射殺した警察官個人情報プラットフォーム上で出回った後、暴動をあおるのに役立った、と主張した。同氏は、政府ソーシャルメディアサイトと協力して「最も機密性の高いコンテンツ」を削除し、「無秩序を呼びかけたり、暴力を激化させたりする」ユーザー特定すると述べた。マクロン大統領はまた、国内法執行機関内に組織的人種差別があったことを否定した。

 ネーヘルさんの母親警察が「アラブ人の顔」に暴力的に対応したと非難し、一部の観察者らによると、大規模でサービスが行き届いていない北アフリカ移民(主にイスラム教徒)と警察との間に潜在的な緊張があることに注目を集めた。

 ネーヘルさんには犯罪歴はなかったが、2021年以来5回警察による検査を受けており、停止命令に従うことを拒否していた。停車のほとんどは、無免許運転や無保険、虚偽のナンバープレートの使用などでした。

 このビデオと、隠蔽工作のような印象を与えた警察矛盾した証言は、一部のフランス国民の怒りを引き起こし最初デモ参加者につながった。ニューヨーク・タイムズ紙の報道によると、デモ参加者らは、ネーヘルさんの死はフランス法執行機関根底にある人種差別の表れだと主張している。

 事件以来、デモ参加者らは警察と激しく衝突しており、デモ参加者警察官に石や花火を投げつけたり、車両ゴミに火をつけたり、建物を汚損したりするなどして逮捕者が増加している。

 最初抗議活動ナンテールで発生したが、3日目までにパリ本土、マルセイユリヨントゥールーズストラスブールリールなど他の町や都市に広がった。

 マルセイユの暴徒らは銃器店を強盗し、狩猟ライフルを奪ったが弾薬は受け取らなかった。

 土曜日マクロン大統領は、抗議活動暴力的衝突が拡大し続ける中、物議を醸しているエルトン・ジョンコンサートに出席したにもかかわらず、国内危機対処するためドイツへの旅行キャンセルした。

 彼は抗議活動への対処方法を決定するために国会の緊急会議招集し、最終的に抗議活動鎮圧に4万5000人の警官装甲車両を投入することを決定した。当初、法執行機関は約9,000人の警察官のみを配置していた。

 土曜夜の時点でロイター通信は、マルセイユニースなど国内各地で散発的な暴力が勃発しているものの、状況は落ち着いていると報じた。来年オリンピック開催地であるパリでは、ソーシャルメディア抗議活動参加者シャンゼリゼ通りに集まるよう呼びかけたとされ、警察シャンゼリゼ通りの警備に警察官を増員した。

 フランスジェラルドダルマナン内務大臣は、テレビニュースチャンネルで 政府非常事態宣言するかどうかとの質問に対し、「端的に言えば、いかなる仮説も排除するつもりはなく、選択します。今夜以降に共和国大統領判断が分かるだろう」と述べた。

一言でいうと

カラー革命くさいですね。これ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん