「麻酔」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 麻酔とは

2018-01-17

かっこいいオバサンの物語

https://anond.hatelabo.jp/20180116200633

かっけーおばちゃんキャラいっぱいおるやろー

と思ってひとまず10月期見た(チラ見含む)ドラマからかっこいい人挙げる(役者年齢は現在のもの

 

フジ刑事ゆがみ」主人公刑事のいる部屋のボス役職名わからん稲森いずみ(45)クールビューティー 呆れた表情で叱責されたい

日テレブラックリベンジ復讐の女・主人公 木村多江(46)ダークヒーロー感かっこいい

テレ朝相棒」今期出てるかわかんないけど片山雛子木村佳乃(41)したたか洋ドラっぽい 美彌子役仲間由紀恵はもう38か…

テレ朝科捜研の女主人公マリコ 演-沢口靖子(52)かっこよくて可愛い内藤剛志演じる土門との戦友感最高だよね

テレ朝ドクターXスーパー外科医大門未知子は演-米倉涼子(42)毎週毎週かっけえええええ!&つええええええ!してくれるね!麻酔医の内田有紀も(42)かー見えないな。前シーズン泉ピン子も強ババアでよかった

最近じゃないけどテレ朝「緊急取調室」 強行犯係→特殊捜査係と渡り歩いてきた主人公刑事 - 天海祐希(50)とか「京都地検の女」の検事鶴丸あや=名取裕子(60)も強キャリアかっこいい女主人公 テレ朝刑事ドラマ枠でこういうの多いね

TBS監獄のお姫さま」は見てないけどキャスト眺めると素敵なオバサンいっぱいでかっこいいキャラいそう)

 

あとこれ以外で最近見たやつだと

映画キングスマンゴールデンサークル」パッと見素敵なアメリカンママクレイジーサイコボスポピー様 ジュリアン・ムーア(51)かっこいいとは違う?でも笑顔サクサクぶっころすのいいよね?

映画ヘルタースケルター」の芸能事務所社長桃井かおり

米ドラ「ハウスオブカード政界の強オッサン&強オバサ祭りだ!!みんなかっこいいぞ!!

 

実写だと年配女性がもりもりと大活躍してかっこいい作品はたくさんある(というか普通にあるというか)けどアニメは少ないね漫画もあまり。何でだろうね。客層がもう全然違うんだろうね。

「年配女性アニメを見ない→客がいないか彼女年代活躍する作品があまりまれない」のか「アニメ若者(上でもせいぜい30代程度)がメインの話が多い(=アニメファン需要)→年配女性が興味を持てず離れる」のか。卵が先か鶏が先か。

以前、携帯乙女ゲー作りの話で、男性は年配の人でも「高校生くらいの年代物語」を楽しむが、女性で年配の人は若者物語敬遠する(現在自分と近い年代物語を求める)、というのを読んだけど、そう言うのも関係しているのかな。

2018-01-14

ミースマイルボトックス打ってきた

ミースマイルって笑うと歯茎がぐわーって出るやつね。

女優さんやタレントさんが「笑わなければ綺麗なのにねー」って言われるたびに、私は笑わなくても平凡な顔だし笑うとグッキーだしってかなり絶望してた。

笑う時に手で口元を隠したり、写真でうまくわらえなかったりと悩んでたんだけど、先日思い立って病院に行ってきた。

テレビCMしてる大きい美容整形クリニック。

笑う時に使う口元の筋肉を弱めるボトックス注射を打ってきた。麻酔込みで2万円くらい。

ボトックス効果が3〜4ヶ月だから打ち続けないとダメだけど、逆に気に入らなければ3ヶ月くらいで元に戻る。

いま一ヶ月目くらいなんだけど、なんでもっと早く打たなかったんだ!って思ってる。

いっきり笑っても歯茎でないし、不自然笑顔になるかなーって懸念してたのも全然平気だし。

効果は人によるし、お金もかかるし、体質によっては打てないかもだけど、ガミースマイルで悩んでる人は選択肢に入れてほしい。

いっきり笑えるって本当に楽しいのね。

2018-01-13

anond:20180113191131

知ってる

アドレナリン入りのリドカイン使うんでしょ

禁忌】(次の患者には投与しないこと)

[伝達麻酔・浸潤麻酔

耳、指趾又は陰茎麻酔目的とする患者[壊死状態になるおそれがある。]

2018-01-09

死にたいと思うことについてとなくならない生きづらさを捨てたい夜に

死にたいと思うことについて

昨年の春に会社で配られたストレスチェックみたいなシートの項目に「死にたいと思うか?」という設問があった。ひやっとした。「とてもそう思う」とか「そう思う」に丸をつけたら呼び出しを食らうんじゃないかビビって、「わからない」に印をつけた。普通の人は、日常を生きていて死にたいと思うことなんてないのだろうか。ああ、いますぐここから消えてだれにも自分認識されたくない、と思う瞬間が多々ある。それの感情を「死にたい」と呼ぶのなら、私は割としょっちゅうそう思っている。じゃあ私は普通じゃないのだろうか? などと考えているうちに面倒になってきた。死にたいと思うことは悪いのか? もう善も悪もなく、ただそう思うだけなのだ

■ 夜はだいたいネガティブになる

夜更かしが好きなので金曜や土曜の夜は遅くまで起きてしまうのだけど、そうなるとだいたい昔のことを思い出したり、自分が思い悩んでいることを無限に考えてしまったりして、ひとりでうえうえ泣く。もういっそ死んだ方が楽だと思え、どうやって死ぬかについて考える。どれも痛そうで苦しそうで嫌だ。私は痛みに弱い。車に轢かれて手術をしたことがあった。麻酔が切れたあと、突然のあまりの痛みに耐え切れず、成人して数年経った自分の年齢とか体裁とかそんなものを頭によぎらす隙もないまま大声で泣きわめくほどだ。苦しいのは嫌だ。つらいのは嫌だ。いっそあの車に轢かれたとき死ねばよかったのだ。でも入院していたときは、「死にたくない!」とわめいていた。自分という存在がなくなり、意識がふっつりなくなると考えると恐ろしくなったのだ。事故とき頭を激しく打ち付けて、あの頃の記憶の一部が消えているのにもかかわらず。ただ死ねないままでいるのもしんどい。平均的な寿命で考えるとあと50年くらい生きなければいけないことになる。本当にゾッとする。

■ いつから死にたがりなのか

死について考えるようになったのは、人の死に触れる前からだった。5歳くらいからの記憶がいまだにあるけれど、親が下の兄弟ばかり構い、寂しくてへばりつく私を叱るたびに、もう死んでしまった方がいいのではと思うようになった。包丁を取り出して喉元につきつける真似までしたが、当然こわくてできたもんじゃない。でも、もう自分なんていなくてもいいんじゃない?って思うときや、なんらかの苦しみから解放されたいと感じたときにはもう死にたいと思う。それが私だった。

■ どうにか生き延びる方法として

他人は生きる糧にはならない。他人は裏切るからだ。気持ち感情なんて簡単に変わってしまう。そんなものにすがりついたってどうにもならない。親も子も恋人も親戚も友人も関係ない、みんなそうだ。永遠無償の愛などあり得ない。私がすがりつくのは本当にしょうもないことだ。死にたいと思ったとき、「でも」と思いとどまるのは音楽小説漫画のことばかりだ。「でも、新譜が聴けなくなるよ?」とか、「でも、新刊読めなくなるよ?」とか、「でも、二度とライブに行けなくなるよ?」とかそういった類のものである。作者たちは声をそろえて自分の無力さを口にするだろうが、そんなことはないのである。すがれるものはそこにしかない。

■ 抱える生きづらさはなくならない

生きているだけでだいぶしんどい自分価値も見出せないわ、未来希望は見えないわ、日本人メインストリームカテゴライズされることは一生ないわ。どこか端っこで他人事のように世の中を見ることしかできない。ここにいる意味があるのか。自由に生きてきたつもりだったのに、フタを開ければがんじがらめになっている自分がいた。なんだこれは? こんなはずではなかったのに。でもそういう人間が意外とたくさんいる。じゃあこの世が生きやすいと思っている人は普段なにを考えなにを感じているのだろうか。こんな考え方のまま残り50年を生き延びるなんて到底無理だ。どこかでエラーを起こして離脱してしまう気がする。

2017-12-26

anond:20171226135948

あ、なんかありがとう。よくわかんないけど。

ええと、まずはこっそり手術出来ない。同意書とかいるし子供いない、30以下だと断られるらしいから注意。

あと、手術後麻酔との相性が悪かったらしくて顔が腫れて軽く発熱たか家族内緒で手術とかも無理だから注意。

あとはまあ楽でいいというか、少なくとも妊娠リスクが無くなった点においては心理的に楽ではあるけど

その一方でオスがもっているであろう孕ませ願望みたいなものがかなえられなくなった点においては一抹の寂しさもあったりはする。

でもってここいらへんが興味おありなんだろうけど出るものはちゃんと出ます

言われて気づいたんだけどそういや賢者タイムが無いのはどうやら事実

ホルモンバランス的な何かが変わった感じはしないなあ、全く。

現場からは以上です。

2017-12-19

経食道心エコー体験談

 当方アラサー男性心臓病持ちで、今年手術を行った。

 一連の心臓検査の中に経食道心エコーという、心臓を食道の裏から見る検査がある。

 何でも心臓は食道と隣接しており、通常の心エコーよりも食道側から見た方が精度の高い診断を得られるため行うようだ。

 しかしこれがなかなか検査中つらい。

 自分もこれを受ける前にネットで探したが患者から視点で詳細を記したブログ等が少ないため、これから検査を受ける人の予習になればと思い以下記載する。

 

検査までの流れ

1.ゼリー状の麻酔を5分程度口に含む。

2.1.のゼリーをはき出し、同じ工程をもう一度繰り返す。

3.医師もしくは技師の方がスプレータイプ麻酔?を口内に噴霧。

4.横になった状態で直径一センチ程度の内視鏡のようなチューブ患者が噛んだマウスピースから挿入する。

 (マウスピース中央には穴が開いている)

5.チューブを使って実際に検査

といったもの上記全て合わせて40~60分程度といったところ。

検査中の体の状態

 チューブ挿入中は吐き気が相当強い。これまで鼻から胃カメラ検査経験したが、個人的にはその2倍程度の気持ち悪さ。

 また口→食道への嚥下自分で行うように促されるが、緊張しているとそれが入らない。

 前述の工程の中で麻酔があるが、個人的にはこれが本当に効いているのか疑わしいレベル

 チューブが一度挿入されてしまえば、その後は多少楽になる。

 ただし、検査技師検査のためチューブ前後する。その感触をのど付近で感じると吐き気が再発してくる。

 チューブが抜かれるのは一瞬なので、その時点での苦しさは少ない。

   

検査後の体の状態 

 食道周辺はほとんど違和感なし。のどに風邪をひいたときのような違和感はあるが、自分場合は5時間程度で引いた。

 また麻酔が効いており器官への異物の混入を防ぐため、食事検査後一時間程度は不可。体全体の倦怠感はほとんどない。

 受ける人を脅す目的で書いたわけではないが実際この検査はつらい。覚悟必要だと感じた。

2017-12-17

anond:20171217232838

俺もある

それまで普通に行ってたんだけど虫歯治療ですごい激痛で涙が出て身体がびくんびくんして当分動けなかった

こんな痛いなら麻酔するかとか聞いて欲しかった

先生はやべえ、と思ったのか、ごめんごめん、って言ってたけど、その次の回の予約だけして結局行かなかった

なんか怖かったんだもん。病院に行くのが怖くなった

他の歯医者に変えてそこは麻酔かけてくれて痛くなかった

2017-12-14

かつてものすごい医者不信だった

 学生生活も終わろうという頃、たまたまではあるが上手くいかないことが重なってひどい不眠や精神の衰弱に陥った。学内カウンセラーのすすめでメンタルクリニックに通うことになったのだが、自分の悩みや症状を訴えてもとりなしてもらえず、結局学校に行くことすらできなくなるまでに体調は悪化した。

 あわせて健康だった歯も、起き上がることすら出来ないような日が繰り返された結果さすがに虫歯が出来てしまい、痛みもするため、気持ちが戻ってきた頃に歯医者Aに行った。治療の際、知らん間に親知らずも生えていることを教えられ、せっかくなので抜歯して欲しいと伝え、手術の日取りまで決めたが、当日になり、やはり健康なら別に抜く必要はないと言われ、プロが言うならと素直に従い、取りやめに。

 しかしどうも噛み合わせの感じや歯に違和感があり、別の歯医者Bに行ったところ親知らずが横に伸びて歯並びを押し変えてしまっているという。比較的自信があった歯並びも失ってしまったショックもあったが、こうなった以上抜歯を決める。

 だがその歯医者Bがとにかく下手だった。さまざまな不手際があったが、中でも麻酔が切れていると訴えても「もうすぐ終わるし、効いてないはずはないから」と意に介さず手術を続行されたことが一番だった。20も後半に差し掛かっているにも関わらず、恐怖と痛みで本気で泣いた。

 最終的に遠くの大きな病院できちんと抜歯は行ってもらったのだが、とにかく結果的に上手くいったこと以上にさまざまな不都合を俺に与えた(と当時は解釈した)病院への怒りと絶望と不信が募り、すっかり医者自体を色眼鏡で見るようになってしまった。セカンドオピニオン選択肢があるほど、田舎には病院がなかったことも災いしたと言える。

 その後、年と共に、自分意思に関わらず、外科内科関係なく病院のお世話になることがなし崩し的に増え、自然病院への不信も氷解したのだが、それでも相変わらず心療内科歯科にかかろうという気は全く起きない。いまだにメンタルには問題を抱えているし、歯並びは治っていないのだが、成熟されたヘドロのような心の淀みと向き合う気力がもう沸かない年になってしまった。かつて医者不信だったなどといいつつ一部の医者への個人的偏見は一生消えないようだ。

 医者は正しい診断や治療は出来て当然、誤診や医療ミス憎悪対象になる、難儀な職業という点について一定の理解はあるつもりなのだが、俺がそうであるように、ムカついた記憶が早々風化しない事を鑑みると、どこかでいわれなくワリを食っている医者も数多いのだろう。だが個人感傷としてどうしても超えられないラインが生まれしまっている。むしろその事で損するのは俺の方だとは思うが。

2017-12-08

もう通常分娩は麻酔分娩のことを指すようにした方がいい。そして従来の通常分娩の方を激痛分娩と呼ばせればいい。

2017-12-04

anond:20171024111058

無痛分娩は反対派沢山いるよ

手術は麻酔なしじゃ無理だが、分娩は麻酔なしでもできるから

まあこの界隈は賛成派は賛成派で麻酔リスクを低く見積もりがち(ノーリスクと思ってるバカも多い)でカオスだが

2017-11-30

多分アニサキス自慰行為

午前三時ごろ腹痛。

腹を冷やしたかなとトイレに向かうも何も出ず。

いやに腹の上の部分が痛いなと思いながらウトウト

午前五時、再度腹痛強くなり目覚める。

再びトイレに向かうが何も出ない。

これは胃痛なのではと疑い始める。

昨晩の夕飯を思い出す。

鶏肉オーブン焼き、しめ鯖、ビール

しめ鯖に集中線を描きたい気分になった。

もともと魚介類が大好きなのでいつかやるだろうと思っていたのでアニサキスではと言う疑いにはすんなり辿り着いた。

パソコンを起動して症状を調べてみる。

症状だけ見れば完全に合致している。

痛みにはどうやら波があるようだ。

午前六時。

普段より早く起床しているため、痛みはあるが暇といえば暇になってくる。

妻子はまだ眠りの中。

パソコンは起動している。

そうだ、オナニーしよう、と思った。

お気に入りサイトザッピングし、素早く果てていく。

そのときに気づいた。

果てるその瞬間。

痛みが明らかに減ったのだ。

胃には時折激痛の波がやってきているし、汚れたものを始末しなくてはいけない。

しかし少し冷静になった頭の中で、ああやはり射精の瞬間というのは脳内物質が出ているんだなと改めて実感したのであった。

これは便利だと思う反面、日に数発しか発射できない霊丸みたいなものだとも思った。使用するタイミングを見極めなければならない。

今は胃腸科の待合室にいる。

やはり痛みには波があるようだが、痛みが引くとき結構引いてくれるので果たして本当にアニサキスなのかと少し疑問に思ったりもしている。

追記

アニサキスいた。

思いの外太いケーブルが口から胃に向かっていったけれど、麻酔の力なのか想像ほどは苦しくなかった。

いい経験になった。

2017-11-24

私の息子が産まれときの話~嫁side

※元の日記では「胎児」「赤ちゃん」はすべて名前です

09:30

今朝起きたらまた鮮血のおしるしが出ていた。

前駆陣痛も続いていたから、「がんばっていたんだね。残りはお母さんやみんなでサポートするからね」という気持ちで家を出発。

快晴でとてもいい日。

10:00

到着後の内診でかなり子宮口を強くかき回して刺激され、その刺激で破水

周りのスタッフさんが若干わたわたする中当人は「ああ、これが破水なんだ……」と思っていた。

そこから、部屋に移動して促進剤投与を始めた。

促進剤は、それによって産まれる、という効能ではなく、子宮を柔らかくして子宮口を緩めてそこから陣痛を呼び込むためのものだそうで、20からstart、120まで上げても進まない人もいるよー、と。

とにかく無事に産まれられれば、と、「何でもいいからお産に繋がりますように」という気持ちでどんどん追加されていく促進剤の値を見ながら過ごしていた。

11:00

胎児心拍が落ちることが何度かあり、酸素マスクをつけて深呼吸をする時はさすがに緊張した。

でもまた数値が戻ったのを見て安心して「私がリラックスしなきゃ子宮も柔らかくならない」と過ごしていた。

15:00

100あたりまでは前駆陣痛の痛みとあまり変わらなかったけど、そこからは前駆陣痛は越えた痛みが始まった。

でも120まで投与しても本陣痛は来ず。

17:00

看護師さんに「今日は一旦終わりにして様子を見て明日またやって、経過によっては帝王切開で産んであげることになるかもね」と言われて投与は一旦stopした。

投与してもあまり変わらず、「私が堅いことで子宮口が開かないんだ」「私がリラックスできないか入院の日が増えてお金をかけさせてしまうんだ」と「私のせいだ」の思考が一時止まらなくなって涙が出た。

胎児心拍が落ちること、胎便が羊水にかなり混じっていること、心拍が急に上がること、陣痛がこないこと、いろんな焦りや不安に対して「母の私が◯◯しないからだ」という思考が出てしまったけど、そんな中でも夫が一緒にいて笑ってくれていることに本当に救われて、いろんな不安もあったけれど1日過ごすことができた。

20:00

母が夫を迎えにきて帰宅。体勢変えたりしながら、落ち着いてから21時過ぎに寝る体勢に。

21:08

寝につこうといい姿勢を探して動いていた時に胎児心拍低下。

何人も看護師さんが入ってきて再度酸素マスクをつけ、内診をしてもらい、「もう赤ちゃん負担が大きい」ということで、クリニックの先生にも診てもらった上で、緊急帝王切開をして胎児を出してあげることに。

21:32

酸素マスクをつけて深呼吸をして「帝王切開になります、急いでパパを呼んで」と言われ、さすがに焦りすぐさま夫に電話をして来てもらい。

色々なリスク説明も受けたが、もう皆どうでもよくて、ただただ「無事に産まれられればそれ以外は私の子宮やら体やら命やらどうなってもいいから」という気持ちで、早く外に出してあげてほしくて、急ぎ足でope室に入って横になった。

22:00

何かの数値に対して先生スタッフの方々が緊張した面持ちで観察して指示を出したり動いたりしていたが、あれはなんだったんだろう。

から考えると胎児心拍だろうか。

バタバタが続いてすぐには開始しないことに不安を感じつつ、その間に落ち着いて来て「もうすぐ会えるんだ」「やっと会える、がんばろうね、大丈夫だよ」と幸せ気持ちが高まり、ope開始後も私はずっと笑顔で耳を澄ませ。

麻酔が効いてくると血圧の変化によるのか、頭もぼーっとしてきた。目を瞑ることに吸い込まれるような。

コッヘル、クーパー、などの機械出しの指示でなんとなく何を切開しているのか把握しつつ、足から胸にかけての感覚はもうないのに何か自分の中を弄られているような感触に奇怪な感じを抱きつつ。

22:57

胎児を取り出す時になると胴体を中から大きく揺さぶられ(感覚はないけど子宮を直接揺らされているのはすごくわかった)、少し泣き声が聞こえたのと同時に「おめでとうございます〜!男の子ですよ!」と。

その瞬間ザーッと涙が出そうになったものの、最初の一瞬の後に全く泣き声が続かないので瞬時に不安感に襲われ、産まれた喜びを味わいつつもそれだけの気持ちは束の間、取り上げられてもしばらく泣かない赤ちゃん心配で気が気でなくなった。

自分からは布で隠れて見えないけど、向こう側で明らかにスタッフさんたちが焦って赤ちゃん背中を叩いて刺激していたり懸命に気管内の吸引をしていたりしている。

先生も、取り上げた後はすぐに私の縫合に取り掛かりつつも、赤ちゃんを見て緊迫した声色と口調で指示を続ける。

「サチュレーション反応しません」「小さい方に切り替えて」「小さい方反応ありました」「こっちはどう!?」「◯◯じゃないよ、そっちを◯◯して」「◯◯さんこっちきて!」と何人ものスタッフさんが赤ちゃんの方から私の頭上まで動き回る。その間も赤ちゃんは泣き声ほとんどなく、たまに「ふぇっ」と聞こえるか聞こえないかくらい。

赤ちゃんが泣かない。泣かない=呼吸ができない。呼吸ができない=酸素いかない。酸素いかない=死んでしまう。

一瞬でそんな考えが脳内を駆け巡り、「私はお腹開いた母でも放っておいていいからみんな赤ちゃんを早く助けて下さい!」と叫びたい気持ちを抑えながらこわくて仕方がなくて、「赤ちゃん大丈夫ですか」と何度か聞いた以外ただただその場を見守っていた。

そのうちになんだか意識が遠のいていくような感覚から強い吐き気が出て何度か嘔吐し、そこからは遠目に赤ちゃんの様子を見つつぼーっと手術の終わりを待つしかなかった。

私の腹部縫合中、赤ちゃんの泣き声が聞こえない時間。きっと数十分あったかなかったかくらいだったろうけれど、この時間がこの1日の中で一番長く感じられた。私には何時間も縫合されているように感じられた。

23:10

私の腹部縫合が全て終わり、ope室を出る時にスタッフさんがぱっと赤ちゃんのお顔を私の方に向けて見せてくれた。

むちむちでまあるくて髪がフサフサでかわいい。濃い顔じゃなくて私似?なんて思いながらope室を離れる。

23:20

外では夫と母が待っていたけど、熱発もあったからかとにかく頭がぼーっとして「目を閉じたい、でも赤ちゃんが気がかりだ、でも目を開けていられない」というぼやけた意識で過ごしていた。

時系列はきちんと記憶できてないが、部屋に戻ってから夫と母が荷物を運びつつ座っていてくれて、赤ちゃんの顔の話などをした気がする。

自分で何を話したかよくて思い出せないけど、夫が深く呼吸して緊張していたことはすごく覚えている。

今思うと、私は赤ちゃんのことも考えつつ意識がぼやけていたので、その場を冷静に見れていた夫は本当に不安だっただろう。

24:10

術後は姿勢不快さが強く、度々左右に体位交換をしてもらった。

赤ちゃん救急搬送することに決まったと先生から話を受け、夫たちは救急車より早く出て向かってあちらで対応すると。

お腹を切った身と言えど、この状況で動けず何もできずに横になっているのが悔しかった。

無駄だとは分かりながらも、麻酔で動かない・司令の伝わらない脚先を動かそうと何度もやってみたけど全く足は動かなかった。私の分まで夫に託して手を握ってお願いした。

夫と母を見送ったら一気に意識が遠のいて来て、そのあとまた夫が来たような来なかったような……

そんな中、救急車赤ちゃんを乗せる直前に助産師さん(看護師さん?)が赤ちゃんを抱っこして私に会わせに来てくれた。

移動前に目の前で会えるなんて思ってもいなかったか歓喜して一瞬で意識が戻り、赤ちゃんをぎゅっとしてちゅーして「がんばろうね!」とほっぺを撫でて送り出した。

涙が止まらなかった。

24:30

救急車が中々出発しないこと、その後の救急車サイレン音。

サイレンの音の位置赤ちゃんと私の距離を表しているから、サイレンが遠のいていくと赤ちゃんとの距離を感じて、ただただ「がんばれ!お父さんもお母さんもいるからね」と祈ることしかできなかった。

25:00

その後また意識がぼーっとして、何度か看護師さんが巡回に来てくれたのもあまり覚えていない……

2時台にiPhoneが遠くに移されたのでLINE確認できずそわそわ。

体位交換をお願いしたりしながらいつの間にか寝ていた。2時間ほど寝ただろうか。

28:20

起きてからからLINE気づき赤ちゃんが無事なことを確認して本当にほっとした。

こんなに遅くまで夫と母が対応してくれているとは。本当におつかれさま、ありがとう、それしか出て来なかった。

から送られて来た赤ちゃん写真がかわいすぎて、うるうるしながらしばらくずっと見ていた。

かわいすぎていくら見ても見飽きない。早速待ち受け画面に設定した。

夫がもう帰路にあると分かって安心して私もまた休憩。

でも頭が冴えてしまってもう眠れず……

29:00

巡回夜勤看護師さん&助産師さん達が検温や創部の観察をしに来つつ何度も話しかけてくれて、明るく笑わせてくれて元気付けてくれた。

看護師さんたちと笑えたのがこの時本当にありがたかった。

もう麻酔は切れていたので、「どんどん回復して赤ちゃん会いに行こう!」と勝手にベッド上でリハビリ開始。足の指先から体幹から、痛み・貧血血圧を観察しながら進めた。

外が明るくなって落ち着いて来ると、赤ちゃんが無事に産まれてきたことの安堵感、今生きているのかどうかという不安感が一気に現実味を帯びて心に流れて来て、赤ちゃん写真を見ながら唇を噛み締めて泣いていた。

それに気づいた看護師さんが私のそばに寄り添ってくれ、スタッフのみなさんが赤ちゃんをその後も気にかけてくれていたこと、その方もお子さんが苦しい状態で産まれて来たこと、昨夜赤ちゃんの直後にもう一人赤ちゃん病院で産まれて、そのあと陣痛の人が来て不思議とお産が重なったことなどを明るく優しく温かく話してくれた。

「泣きたい時は泣いていいんだから心配だよね、泣いていいんだよ。」と言ってくれて一気に号泣して、話をして落ち着いた。

日勤に交代する時間帯、夜勤助産師さんが何人か来てくれて赤ちゃん写真を見て「母そっくりよね!」「かわいい〜❤️」「がんばるしかいね赤ちゃんくん!」と声をかけてくれた。それと一緒に絶対安心する温かい言葉もかけてくれる。その度にうるんでしまった。

私は術後あまり痛みを感じず動くのが得意なようで、夜中に自分でクッションを動かして体位交換したり足を動かす練習を始めたりしているのを褒められた。

どんどん動いて行くぞ。

赤ちゃんもがんばっているんだ。私も明るくがんばるしかない。


https://anond.hatelabo.jp/20171121162134増田です。

嫁も出産当日(大半は思い起こしながら翌日)に日記を残していたとのことで。

本人の希望もあってここに記そうと思います

ちなみに嫁は上の2日後にリハビリ急ピッチで終え、大型病院への通院/息子との対面を果たしました。

NICUでの初対面の光景は今でも忘れません。

2017-11-16

美容整形から学んだこと

健康保険の素晴らしさ

エビデンスのないものエステ民間療法)は信じない

セカンドオピニオン大事(というか基本)

リサーチ力と医者を見る目

いざという時の度胸

体の傷は案外癒える

麻酔って凄い

当時は容姿を直したい一心で気がつかなかったけど、20代前半の健康体の小娘がこんなことを身をもって知れたのは価値があることだと思った。

いざ自分が闘病した時にほんとこの過去は役に立った。

無駄経験なんてないんだな。

2017-11-11

anond:20171110125209

入院中に検査のための骨髄穿刺はしたことがあるけど、そのとき局所麻酔だったし、主治医から外来でもできる検査から安心してって言われてた

なんで骨髄提供だと全身麻酔なんだ? と思って調べてみたら、採取する骨髄液の量が段違いに多いらしいね

ちなみに私は手術室ではなく、6人部屋の病室で、自分のベッドの上で骨髄採取しました

(もちろんカーテンは閉めて)

ベッドにうつ伏せに寝て、2人の男性研修医主治医男性)と女性看護師1名に囲まれながら、パンツ(下着)をお尻の半分くらいまでずりおろされたときが一番恥ずかしかったですね

あとは局所麻酔ガンガン打って、尻の上あたりに例の極太注射針をねじ込む(?)んですけど、麻酔が効いてるから全然痛くない

でも骨盤かなんかに穴を開けてる感触は伝わってきます

例えるなら、下から生えてる親知らずを抜くときみたいな感じですよね

痛くはないけど、なんか工事してる!骨をゴリゴリしてる!!っていう

6箇所も穴開けられたって書いてるけど、その穴の跡、全部茶色いシミになって残ってません?

私は2箇所に穴開けましたが、何年経ってもそのときの跡が消えません

一応女性なので、体に跡が残ったことはけっこう気にしてます

もし自分なら、と考えてみたのですが、赤の他人のために自分の命をリスク晒し、更に体に一生消えない丸い跡がいくつも残るような骨髄提供はとてもできないですね…

2017-11-10

骨髄提供をしてみた【追記/ 11/16さらに追記】

もう1年以上前になるが、骨髄提供をしてみたのでその感想をつらつらと書きます

そもそも献血が好きだったので、骨髄バンク登録もそのついでにした。登録はしたけど5年くらい音沙汰はなかった。

適合のお知らせは、オレンジ色のでっかい封筒で送られてきた。

「あ、これ、いつもの骨髄バンクニュース送ってきただけじゃないな」ってすぐにわかった。

==

ここから先、■は個人的にめんどくさいこと、★はマジでデメリットだなって思ったことですので、面倒な方は■は読み飛ばしてください

==

提供する意思骨髄バンクに返信するまで

最初に返信する書類の多さにもうめんどくさくなる

患者さんに提供する骨髄液だから健康面について聞かれるのはしょうがないなと思いつつ、読むだけでも結構多い。

貧血最後になったのはいつか」とか覚えてない。己の記憶力のなさが憎い。

はいえ、基本的健康優良児なのであんまり気にせず進む。


■当たり前だが親から許可めんどい

家族同意必要なので、親と話し合う。母親がメッチャ反対する。まぁでも「反対された」っていうのは、それだけ大切に思ってくれてるんだなと思い、なんだかありがたい気持ちになった。両親ともに「いいよ(適当)」だったら嫌だったかもしれない(し気楽だったかもしれない)。


■当たり前だが会社にも説明しなきゃいけない

一応正社員で働いている身としては会社への説明責任があるわけで、上司はとばして突然社長に直談判した。

社長めっちゃ理解があり、爆速許可下りた。

でも許可下りたのは繁忙期じゃなかったからだろう。

==

提供する意思が固まってから

弁護士同席で説明を受けてハンコを押す(親同席)

家族の同席必須なので、父親に頼んだ。うちの父は自営業なので時間が取れたが、平日のクッソ昼間に社会人2人が病院に出向いて説明を聞いて、弁護士の目の前でハンコを押す。「弁護士とコーディネーターがうちの近くに来てくれるんじゃだめなん?」って思った。医師必要からしょうがいか



■使っている薬の申告をする

これもしょうがないとは思うけど、提供前にちょっと風邪ひいたとか、目が疲れたとか、薬を使うときは「これ使っていいですか」って連絡しないといけない。時間時間だと「明日にならないとわからない」ってなった。「とりあえず使ってもらって、だめだったら明日中止させてもらうかも」っていう対応だった。私はセーフだったが、安くないお金を使って薬を買って、それを1回しか使えなかったってパターンもあるんだろうな。



検査血液を抜くために会社中抜けをする

これは入院前にもっとも面倒だった。先生が緊急手術で不在の時、時間通りに行って1時間待ちとかね。必要な骨髄液の量が多いと、事前に血液を抜いておいて、手術中に戻すための自己血が必要なのよ。他人の輸血だと、献血できなくなるしリスクも高いからね。わかっちゃいるが面倒。


旅行死ぬ

実は手術前、友達スカイダイビング付きの旅行に行く計画を立ててた。

でもけがリスクが高すぎるということで、(遠回しに)スカイダイビングをやめてほしいと言われた。正直、骨髄バンクキャンセル代は払ってほしかった…


==

入院・手術

パジャマ代は実費

手術や入院費は患者さんの保険負担だが、パジャマ代は実費負担だった。何だか知らんがパジャマが1回300円以上する病院だったので、家から持ってきてもらった。普通病院って1着80円とかじゃないの?

全身麻酔とその副作用

人生初の全身麻酔をした。麻酔か、事前に飲んだ薬の影響下はわからないが、手術後吐き気がとまらず、おなかはすいているのに食べたものは全部戻す状況に追い込まれる。これが一番きつかったかもしれない。

■個室ではない

場合によるんだけど、私は4人部屋だった。目の前の入院患者さんがずーっとうんうん言ってて、なんか不安になった。

パケット死ぬ

暇つぶしスマホと本しかないが、本は読み終わったのでスマホゲーに移動。wi-fiとんでないので、パケットが死んだ。はじめて通信制限くらった。次回から3DSを持ち込むことを誓った。

===

退院後とそのほか

お金はもらえない

みんなが骨髄提供を嫌がるとしたら、これが最大の理由ではないだろうか。

入院をし、会社中抜けし、「名前も顔も知らないだれか」のために健康な体の背中に穴をあける。これだけのことをして報酬がないのだ。

ほぼないとはいえ死亡リスクもあるのに。

報酬ゼロ

ちなみに私は医療保険生命保険にも入っていたので、問い合わせてみたけど「病気治療のための入院ではないので入院給付金下りない」と断られた。

なんのための保険だよ!!!背中注射器6回刺されてるんだぞ!!!

(ちなみにだが、私の住んでいる市区町村は骨髄提供をした人への助成金があり、それはもらえた。総額10万以上非課税。骨髄提供を考えている人は、自分の住んでいる市区町村助成金をやっているか調べた方がいいと思う)


■お礼もあるかわからない

じゃあ骨髄提供をなんでやるのかっていったら、「自己満足人助け」のためだと思う。

人助け」ならこれでいいのかもしれないが、私は「自己満足」もほしかった。

なんで献血するかって言ったら「献血ありがとうございます!」の一言無料でもらえてお菓子が食べられて「いいことしたなぁ」って気持ちになりたいからなんですよ私は。リストカットするよりは健全血液の使い道だと思う。自己承認欲求の強いメンヘラオススメ

医者さんに「うちに入院してくれてありがとう」っていう一生聞くことがないであろうセリフはきいたが、

一番ほしいのはなんといっても「骨髄をくれてありがとう」の一言である

私には手紙が来なかった。

ご本人の治療がつらくて、文字が書けないなら、近親者の方が代理でもいいから、とも思った。でも来なかった。

手術後、私から手紙を出した。やっぱりそれにも返事が来なかった。

「なんのために骨髄提供をしたんだろう」と思ってしまった。

====

私には、2回目の適合通知が来た。

でも、今回はお断りした。仕事が繁忙期だったのが最大の要因だが、正直「提供先が(病気の再発等で)同じ人だったらやだな」って思ったのも事実だ。

ももう一回、適合通知が来たらその時はするかもしれない。

久々に行った献血で、「骨髄提供をしたんです」と言ったときに、お医者さんが「あなたがした最大の功績は、患者さんの家族の救いになったこと」と言ってくれたからだ。

骨髄提供を受けられないまま弱っていく中で、「適合する方が見つかりました」の声は、病室の時間を一瞬とめて、途端に涙であふれさせ、結果がどうであろうとも「最後まで治療をしてあげられた」という患者さんの心の支えになるからだ、という。

まぁ、それならいいのかな、と思えてしまったのだ。







====

2017/11/10 17:48

まりコメントの多さに驚いています。興味を持っていただきありがとうございます

あと、誤字脱字が多くてすみません

一番ひどいのは

最後まで治療をしてあげられた」という患者さんの心の支え

→「最後まで治療をしてあげられた」という患者さん【とその家族】の心の支え

ですね。前半の文章主語が違いますね。見逃してください。


から説明不足で、追加しておきたいことがいろいろ。

病院までの交通費は支払われます

いくらだったか思い出せませんが、「入院に伴うお金」は少しいただけますので、そちらでパジャマ日用品は買ってくださいとのことでした。3000~5000円だったかな?1万円はなかった気がする。まぁそれにしたってパジャマ高すぎる

手紙は、「もらえないかもしれないし強制もできない」ということも事前に説明されていました。理解したうえで「手紙しかった~~!!!」とダダをこねています人間としての器が小さくて…すいません。我欲を捨てられるように、来世の自分に頑張ってほしいです。


・あとみなさんが知りたいであろう手術について書くのを忘れてました。

なぜならあんまり痛くなく、尿道カテーテルのほうがよっぽどイラついたからです。

私は麻酔が効きすぎるタイプのようで、手術室に入った途端寝たからなんにも覚えてないんだなこれが。麻酔解けるのも予定時間を3時間オーバーしました。

退院日翌日には会社に行き、2週間後にはプールに行っちゃうくらい健康だったからです。参考にならず申し訳ない…


なので現金的な持ち出しはあまりありませんし、少しばかりプラスかもしれません。

なお、この骨髄提供を経て失った有給は持ち出しに加算したら大変そうですよね。融通が利く会社でよかったなとつくづく実感しました。おかげで私の有休消化率は110%です(未来から借りました…)





===

2017/11/16 18:13

こんばんは増田です。たびたび文章を長くしてすみません

あと、「つらつら」の使い方が違う、というコメント、ほんとすみません。恥ずかしいです。ご指摘ありがとうございます

さんざん愚痴っぽくなってしまったんですが、ブコメ等すべて拝見して、うれしくて涙が出てきました。

みなさんがこんなに褒めてくれるのに、なんで拗ねた態度をとってしまったんだろうと改めて反省しました。ありがとうございます


・傷跡について

お察しのとおりきれいさっぱりないです。2週間後のプールでも誰にも何も言われなかったです。

でも残ったとしてもあんまり気にしなかったと思います

まれつき背中にでっけぇアザがあるんですが、「お、あるな~~~」くらいにしか思わないので…。

あと、「人を救ったかもしれない証」が背中にあるってオタク的にはかっこいいです。ごめん私思考回路おかしいから…参考にしないでください…


この記事コメントくださった、「骨髄提供は最高だった」っていう方すごくない?この方こそ聖人君子じゃんって思いました。親にひどい目にあわされながらも人を恨まずに救うことにためらいがないって…すごい…器が違う…この方、もしもお子さんができたら「私を母親にしてくれた」って子供をすっごく大切にしそうだなって思ったんですが、結婚に興味なしなのか~~


後日談ですが、この記事かいたの友達にバレた(ちなみに、この子は私の2度目の提供に反対した。1回で十分じゃないか、と泣かれた。私より私を大切に思ってくれてる…。)新聞投書欄テレビ番組の「この話題を扱ってください」の要望欄に投げたと言われた。行動力ありすぎかよ。

P.S.

ごはんをおごってくれるとかいて下さった方、日本中のおいしい茶わん蒸しのお店を書いておいて。行くから

2017-11-02

整形にとり憑かれている

初めて整形をしたのは確か20くらいの時だったと思う。

ずーーーーーっとコンプレックスだった目の下のたるみを除去する手術。

たるみというのかふくらみというのか、涙袋のようなかわいいやつではなく、政治家のおじさんとかの顔面によくあるやつ。

あれが小さい時からあって、メイクでは到底かくしきれないそれに毎日悩んでいた。


悩んで悩んで悩んで……辿り着いた解決方法が整形だった。


金額はよく覚えていないけど、たしか20万円くらい。

目標もなくバイトばかりしていたから、お金は一括で払った。


手術は思ったよりもずっと痛かったのを今でも覚えている。

麻酔はもちろんしていたけども、なんとも言えない気持ち悪さと痛みが30分以上続き、ようやく終わったと思えば鏡の中の自分は目の下を真っ青にしたお化けみたいな顔。

倒れるかと思った。

手術による内出血一時的ものだったが、痛みに耐えて初めて見た自分の顔があまりにも衝撃的だった。


その後内出血も痛みも引き、無事にコンプレックスも解消出来た。

今でも自分の整形の中で一番いい手術を受けたと思っている。(質ではなく)


その後、この7年ほどで、

二重全切開、目頭切開、そばかす除去、ほうれい線対策のためのヒアル注射、鼻プロテ……

目と鼻ばかりだが、もう元の面影は残らない。


プロテが金額的には一番高額だった。

その手術を最後に、もうこれ以上はいじらないと決めたつもりだった。

つもりだったんだが…、鼻プロからたった1年、またカウンセリング予約をしてしまった。


自分の顔が醜くて耐えられない。

今すぐいじらないと外も歩けない、という強迫観念を感じてしまった。

そんな自分病気なんだろうか。

整形依存症なんだろうか。美醜恐怖症なんだろうか。


借金しているわけじゃないし、身近な人には整形を隠さない。(自ら主張したりはしないが)

仕事にも支障のないスケジュールで行っている。


かに迷惑をかけているつもりはないのだが、自分自身で歯止めがきかないのは自覚している。

カウンセリングしたら、またきっと手術するんだろうな。

2017-10-31

暗い夢を見る。

生殖器の形をした人間病院のベッドで目を見開きながら豆を吐き続ける。私は脊髄注射を打たれていて、顔に黄色い痣のある女性とそれを見守りながら感染しないかと震えた。健康だと証明する為に、医師の前で正円を描くように歩き続ける。麻酔のせいで上手く歩けない。

またある時は女性が浮遊している。可哀想彼女の為に募金をするのだ。

「ああ、頭が痛い。最初はカッコ良いと思ったのになんてカッコ悪い。就職なんてしなければ良かったんだ。お金をくれれば消えるよ。さあ、早く頂戴。」

ザブザブと海へ沈んでいく、そこで目が醒める。

2017-10-24

麻酔反対派っていないのかな

ワクチン、反ステロイド筆頭に、反〇〇はいっぱいいる。反医療というか

でも、麻酔に反対ってあんまりいたことないような気がする

感覚遮断するという人体にとって本来自然で危ないものなのになぜだろう

2017-10-09

この道はや十六年、しかして感じる恐怖

まれてこの方十六年、処女をやっている者なのだが友人の話を聞いて時折恐怖しておる。

中等学校では数えるほどしかおらなんだ不順異性交遊者が高等科へ上がると十の指では、いや足も含めて二十の指でも数えることができん。あな恐ろしや。

先日も仲間内で夕餉を共にした際に親友中等学校在籍時に純潔を散らしていたことを知った。ブルトゥス、お前もか。私が冗談半分で交際相手でもない男と情を交わせば絶交すると言ったのを間に受けていたようだった。実際、言葉を失ったがそれ如きで揺らぐ友情ではない。私は涙とそれに溶けた睫毛装飾液と筆で描いた目線が混じりあった黒い雫を零した。

私が感じる恐怖というのは何もする相手がいない、ということではない。単純に痛そうだからに過ぎん。

興味が湧いて秘所に指を入れてみた事がある。指一本と少ししか入らなかった。具体的に言うと中指丸々と人差し指第一関節まで、だ。しかも痛かった…もう二度とこのような真似はすまい。解せばとか濡らせば良いなどという助言は要らぬ。詳細は省くがそういうことは十二分にした。それでもこの結果だったのだ。なんと恐ろしい事か…!かような体たらくで男を受け入れたり子を産んだりすることが出来るのだろうか。我が母上もこのような試練を乗り越えたのだと思うと頭が下がるばかりである

追記

読み捨ての三文小説、とかい意味合いらしい舶来の映画には良い褥での一時を過ごす為に秘所にピアッシングをした女が出てきた。痛くないのだろうか…夫が麻薬商人であったか麻酔替わりに商品を使いながらしたのかもしれぬな。

2017-10-04

普通に無痛分娩なんて言い方やめて、麻酔分娩と言えばいいのではないか

無痛って言い切るから、痛いじゃないか、となるのであって。

2017-10-03

昨今の歯医者事情

歯医者事情に詳しい人教えてくれ。

最近歯医者ってのはあんまり痛くないのか?

子供の頃虫歯ができるとあのキュイーーーーーンという恐ろしい音で痛いのに我慢させられて、暴れないように二人くらいの大人に押さえつけられて、抜歯などで歯を抜くとき麻酔がめちゃくちゃ痛くてこれも暴れないように押さえつけられ、

とにかく何をされるにも涙目になりながら治療を受けた記憶がある。

で、最近になって奥歯が痛いので歯医者に二十年ぶり?くらいに行ったら親知らず虫歯なので抜歯することに。

麻酔するから痛くないですよーと医者に言われるものの、

いやだって麻酔刺すのが痛いですやん、と言ったら、

表面麻酔してから刺すからそんなでもないですよ〜と言われる。

ほんとかよ、こいつ、私のことを騙そうとしてるんじゃないのか?!

と、疑心暗鬼になりながら治療を受けていたんだが、たしかに痛くない!!

麻酔刺すときもあまり痛くないし、抜くとき麻酔効いてるから感覚がない!

そのあと他にも虫歯があったので削って詰め物をするという治療も受けたんだが、

同じく麻酔かけたから痛みがない。

子供の頃、抜歯ならまだしも削るとき麻酔ってかけたっけなー?

痛みに耐えながらあのキュイーーーーンを我慢していた記憶があるんだが…

えー、今の歯医者ってこんなに変わったの??

子供の頃の怖い記憶で、歯医者行くのにものすごく怯えていたのが嘘のよう。

こんな痛い思いしなくていいのならもっと気軽に歯医者に通える。

歯医者界隈に詳しい人がいたら教えて下さい。

2017-09-26

anond:20170926183439

婦人科に行って内診してもらうほうが本番に近いで

不正出血してますっていえば処女でも容赦無く内診されるから行っとき

ワイは処女なのにクスコやらエコーやらいろいろ突っ込まれてあまりの痛さにトラウマになったわ

特に子宮体がん細胞診は麻酔なしで子宮内壁から組織を千切りとってくるのでセックス以上の体験ができる

処女にとってはトラウマ確実な検査オススメ

2017-09-24

わりと怖い夢を見る方だ。

今朝はお母さんのアゴから首回りにイカのような触手が生える夢だった。

その日の朝にお母さんのうなじあたりに小さな触手が生えてるのに気がついた。

お昼を過ぎてだんだん増えて大きく長くなり、夜になる頃には腰くらいまでの長さの触手が首一周にびっしりすだれのように生えてきた。

なんとか取ってやりたかったけど皮膚そのものが変形してるようで麻酔しないとダメな感じだったし、なによりこの触手攻撃してくる。

ものすごい速さで突いてくるからそばに近寄るのも難しかった。

どうしたもんかな?と悩んでると俺のアゴにも触手が生えてきてるのに気がついた。

というところで目が覚めた。

おはようございます

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん