「ゼリー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ゼリーとは

2021-05-17

病院食とポカリみたいなゼリー飲料、あとはお茶くらいなのに腹を壊した

何が悪かったのか

2021-05-10

お菓子作りの本をぼんやり眺めていた

グミお酒シロップに1〜3日漬けておくとゼリーみたいにぷるぷるの食感になるんだって

食べてみたいな〜〜

でもみぞれシロップなんてどこで売ってるんだ?

2021-05-06

anond:20210506213736

しか

宇宙食みたいな雰囲気で、ボロボロ崩れない三食ご飯ゼリー状になってるけど味や触感が変わらないうどんを作ってほしいね

2021-05-02

ゼリー入りのマシュマロうまいじゃん

無限に食ってぶくぶく太って肌ボロボロになって禿げて死にそう

2021-04-25

白血病患者の為にドナーになった体験記

記事タイトルに「ドナー提供」と書いてたところ人売りやんけというツッコミをいくつか頂いたので修正しました。

白血病へのドナーっていうと腰に針刺して採取した骨髄を移植ってイメージあると思うけど今回は末梢血幹細胞移植っていうやつです。

これを行う為の機械医師たちが少ないっぽくてどこでもできるって訳ではないらしい。

このエントリ入院中の暇つぶしも兼ねてその日感じた事をだらだらと書き綴っただけのものなので読み物としては優れていないと思うのでご了承を。

入院中の様子のみを主観的に書いた記事になります

・1日目

午前に入院手続きを済ませた後、病室へ案内されて身長体重・体温・血圧採血と諸々を計測、採取される。

今日白血球を増やす薬を21時に使う以外はただただ時が過ぎるのを待つのみ。

昼食は酢豚焼売酢豚から味を感じなかった。

16時現在寝不足だったし軽く寝ようと思っても看護師やお世話になる先生挨拶に度々来るので断続的な眠りになってしまう。ねむい。

ドナー側は朝に採血して夜に薬を使うサイクルを採取の日まで続けるだけなのでとにかく暇との戦いである。

18時に夕食。炊き込みご飯・焼き鮭・ふろふき大根わかめサラダオレンジというメニューであるが、デザートとしてオレンジが用意されているというのにみかんわかめサラダに混ぜられていた。

21時、消灯前に薬を2本皮下注射される。2本も打たれると圧迫でじんじんと痛みが出るんだって知見を得た。

その後意識は飛び飛びに、深夜3時に完全に覚醒。暇を持て余し虚無る。

・2日目

朝早くから2本採血人生で一番血液抜いてる気がする。

この日の朝ごはんはなかなかに雑なものだったが、初めて汁物が付いた。

お昼はカレーと味のしない野菜&玉子フルーツゼリーヨーグルト掛けみたいなやつ。

朝の血液検査の結果を聞くと順調に白血球が増えているらしい。

そうした事の副作用として発熱頭痛、骨の痛みなどが起きる場合があると説明された。

説明された途端にそんな症状が出てる気がしてきたが恐らく気の所為

・3日目

深夜3時前には覚醒。暇を持て余しながら朝まで過ごす。

朝食は今までで一番塩分を感じる献立だった。

腰や背骨の骨痛について、痛みはあるが薬の副作用による物か半信半疑だったので朝は言わず

昼前ぐらいに何をしても痛いことに気づいてこりゃ駄目だって事で痛みどめ貰って多少落ち着いた。

痛み止めを飲んだ後、暇だったので入院前にNETFLIXで予めダウンロードしてた「告白」を見る。

半分ぐらいまで見て、これは病院で見るべき映画ではないなって思いつつそのまま最後まで見た。

・4日目

3時頃に目覚め、6時頃に採血、8時に朝食のいつものルーティン

初日と2日目の病院食は食べるのキツかったが、舌も慣れたのか3日目からマシになってきている。

特に3日目からは限られた塩分使用量でやりくりする中で美味しくしようという意図を感じる部分もある。

この日は日勤に推し看護師が来てるので少し気分が楽になった。

翌日に末梢血幹細胞採取を行うということで医師から説明があった。

説明内容は基本的には自分で調べても見つけられる情報とそう変わらないのでスムーズに頭に入ってくる。

白血球等を増やすためのG-CSFを打った後ってほっとけば自然に戻っていくか?とだけ、

不安でもないけど質問したところグラフに例えて説明してもらえた。今は毎日打って数値を上げていってるが打たなければスゥーと下がっていくらしい。

説明を受けてからどの血管から取るかを決めて、ペンで印を付けてもらった。

その後は夕飯→寝る→消灯前に注射→寝る→3時起床で暇を持て余すいつもの流れで5日目へ。

・5日目

3時起床してからフロアの共有スペースで時間潰したりして採血やら朝食の時間を待つ。

朝食は少なめに食べてほしいと言われていたのでご飯半分ぐらい残す。

10時30分からついに造血幹細胞採取になるのでそれまでに絞り出すように排尿しておいた。

そして採取。まずはベッドに寝かされ、機器の準備を医師たちが進めていく。

人工透析用の機械に似てるが県内に5台しかない代物らしい。

血液を遠心分離すると3層に分かれて真ん中に目的造血幹細胞を含む白血球血小板などの薄い層ができ、それを回収して残りを体内に戻すって感じ。

患者側の暇つぶし用にノートPCなどを予めOK貰っていて、医師がわざわざ電源など配線してくれてとても助かった。

ヘッドホンの装着までして患者の暇を潰す準備が整ってから腕の血管を品定め。

左腕の血管がキレイに真っ直ぐですぐに出てくるって事で医師たち3人にめっちゃ褒められた。

両腕の血管に管を通し、右腕から機器へ吸い出し、左腕から体内へ戻す。始めは血管をスゥーっと冷たい感じが流れていく。

抗凝固剤としてクエン酸使用している関係で体内のカルシウムへの影響があり、身体の一部が痺れる場合があるという説明を事前に受けていたが開始直後にそうした症状が現れた。

副反応が出るの早すぎて焦ったが、「温かいの入れます」との事で何らかの操作によって身体の血管を温かい感覚が駆け巡り、その感覚の最終地点は何故か股間であった為にまるで漏らしたかのようなジンワリとした温かさを股間に受けてソワソワするなどした。

(その温かいやつについて終わったら質問しようと思ってたけどし忘れて後悔してる)

そんなこんなでしばらく採取を続けているうちに、痺れについても検査の数値上問題ない範囲であるが出ているという事で感受性が高いっぽいという話になった。

無理に我慢するつもりもないが、極々軽い痺れ感については自分スルーすることにした(数値上誤差レベルしか変わってないっぽかった)

右腕は動かせないまま4時間は暇になるのでノートPC適当音楽再生してリラックスしながら採取することに。

一応NetflixDLしてた映画もあったけどどうせ見るならもっと集中できる状況で見たい。ので音楽のみ。

初めてということもあってか割とあっという間に4時間が過ぎたという感覚だった。

身体から血液の送り出しがどうもなかなか安定しなくて腕の角度を変えたりとか、クッションをにぎにぎしたりで安定させていった。

後半は寝落ちしそうになると「にぎにぎしてー」という声で起きてにぎにぎした。

送り出しも安定するならそこまで手間掛けずともリラックスして寝てれば終わるみたい。

終わった直後、痺れについて患者によって表現が違うから症状の伝達が難しいと医者と談笑してた。

終わった後は立てなくもないし歩けるが、ちょっと不安を覚える程度には万全ではない状態

車椅子で病室に送ってもらいこれで採取は終了。明日の結果を待つのみ。

採取した成分量が足りなかった場合に備えてこの日の夜もG-CSFの投与がある。翌日の結果次第では翌々日に再度採取→更に翌日に退院となる。

この薬による骨痛にもすっかり慣れてきてしまい、別に全然えれなくはない痛みだけどあったらあったで微妙身体が怠く感じるしとりあえずロキソニン飲んどくか、って感覚

地味な痛みでしかないんだけど看護師からは「痛くなったらすぐナースコールして」と言われてて、しかしそこまでするほどの痛みじゃないので深夜は遠慮してしまう。他の患者起こしちゃうし。

・6日目

4時ぐらい起床。3~4時ぐらいに見回りに来る看護師に毎回会釈してしまう。

朝の検温等&採血時に(骨痛による)腰の痛みについて10段階でいくつか、と聞かれて「3ぐらいで全然耐えられるけど耐えたところで徐々に痛みが強くなったり別の場所も痛くなる」と答えた。

事情は分からないけどあんまりロキソニンを出したくなさそうな雰囲気を感じてる。

この日は前日採取したものにどれだけ移植に使える細胞が含まれいるか検査待ち。

15時ぐらいに医者が病室に結果を伝えに来てくれ、移植7回分の細胞が取れたらしい。

ということで明日退院となる。することは終わったし、飯食って一泊してからでなくこのまま今日退院でも良い気がするんやけどな…

まぁ病院側の手続きの都合もあるんだろうと勝手に納得しておく。

・7日目

いつもどおり4時半ぐらい起床して共有スペースでまったりして時間潰して、ベッドに戻りだらだら。

検温・血圧・血中酸素を計ってしばらくまって朝食。

退院から約一ヶ月後に検診をということで日程確認して予約。

あとは退院時間を待ち、病衣代などの会計を済ませて家族の迎えを待つ。

迎えが来て無事退院ナースステーションに一言感謝伝えたかったけど道中で移植コーディネーターの人に話しかけられて忘れてた…

退院

先日の採取の影響か体力が落ちてて、なんとなく動き回ったらすぐに息切れするんじゃないかってのが感覚的にあった。

そして帰宅シャワーを浴びたらそれだけで疲れてしまった(入院中の垢を念入りに落としてたのもあるが)

シャワー後、午後2時に横になったらそのまま寝てしま20時。

適当ゲームして過ごす。

翌日は夕飯を友人と外食にした。

安価チェーン店であるが個室の焼き肉食べ放題なので今のご時世でもまぁまぁ安全ははず?

食べ始めはあまり食欲はなかったが、食べ進めていくうちに食欲が湧いてだいぶ元気になった。

その翌日からは体力はかなり回復したように思えたのでやはり肉は偉大である

退院後など気分が落ち込んでる人は肉を沢山食べよう。肉には人間幸福感を与える物質が含まれてるみたいな話をどっかで見た。

医療処置による特別制限特に無いので、一般的入院による不便が大半を占める。

G-CSFって注射副作用が人によっては強く出るかもしれないのでそれによる体調の変化はしつこいぐらい確認してくれる。

ドナー主観的な内容でも公益性あるかなって思い、これを書かせていただきました。

そんな感じで、今回のドナー体験記を締めます

(4/26 11:20頃)追記

沢山のブクマありがとうございます

ドナーになるキッカケについて気になっている方もお見かけしたのでそれだけ説明します。

ドナー側の体験ということで意図的に記述を避けていたんですが、実は骨髄バンクでの提供ではなく親が白血病になり、骨髄バンクに完全一致のドナーがなかったために必ず白血球の型が2/4一致する子である自分ドナーとなった形です。臍帯血バンクには候補となるドナーがありましたが、臍帯血の場合細胞量が少なくて生着しない恐れがあるが末梢血幹細胞移植なら生着不全のリスクが低くなるので医師相談の上そちらを選びました。(しかし型は半分一致なのでドナー免疫患者身体攻撃するリスクがあるので薬によってそれを抑える方針)

ですので骨髄バンクからドナー提供とは少し前後の流れが違うかもしれません。

なんでそれについて書かなかったかというと、Twitterフォロワーに共有しようかなと思ってたけどあまり重く受け止められてもお互い気を使っちゃうしと考えてました。

投稿してから結局共有しなかったのでまぁいっかってなってます

2021-04-19

とき片栗粉の分量が、毎回難しい

水溶き片栗粉の分量が、毎回難しくて困る。

少しずつ入れて良い感じの所を探るんだけど

良くダマになったりしちゃう中華丼とか、部分的にプルプルしたゼリーみたいなのが出来たりする。

ドライカレーを作った時は、分量をミスって

どろっどろのセメントみたいになった。(薄力粉入れたんだったかレシピは忘れた

こんな私でも結婚できたので良かった。

でも、主人にとってはドライカレートラウマになったみたいで、二度と食べたくないと言われた。

ドライカレー好きだったのに残念。

餃子ハンバーグが得意料理。ひき肉に強いのかな。

2021-04-18

アナルウンコメタられた

「屁です」

肛門「ヨシ!」

anal open width=GAS MODE

anal open time=MIN

anal opening=1

ヌッ!

プルル

やられた。

すぐさまトイレに駆け込んで確認するとパンツには茶色ゼリー状の物体が付着していた。

便座の上で気張るとほんの僅かにその出涸らしが出てくるだけに終わった。

屁と偽って飛び出したのは、極微量の軟便であったのだ。

ワカメ味噌汁一杯分の水溶性食物繊維と胆汁の混合物。

見事、そういう他ない。

肛門が、本能が、経験値が、精神が、屁と見分けること極めて困難にして、通す判断を下しアナルを緩ませればもはや止める余地なし。

極めて少量であるがゆえに便意を催さず。

極めて軽量であるがゆえに便圧を感じさせず。

極めて柔軟であるがゆえに僅かな肛門の開きから零れ落ち。

極めて汁状であるがゆえに尻肉にて挟み留めることも叶わず

天晴。

僅かな心の緩みとアナルの緩み、決して見逃すまいとするその心意気たるや糞便なれぞ尊敬に値する。

世界は広いな。

昆虫が枯れ葉に擬態するように、ウンコも屁に擬態する。

言葉にすればそれだけなんだが、実際に体感するとその精密さに震え上がる他ない。

こんなもの毎日から出てきたらもう二度とすかしっ屁なんてこけなくなっちまうよ。

2021-04-15

日本に帰りたい

日本の人たちは対外的はいい人ばかりだし、ドライバーも容易にクラクションを鳴らさないのがすごい。少なくとも乳母車を押すおばあちゃんを車内から聞こえもしないのに怒鳴ってるドライバーおっさんなんて日本では見たことがない。市営バスドライバーでさえ似たようなもんだ。

日本の客商売お客様精神消費者保護精神が染み付いているのがすごい。

日本コンビニはボッタクリじゃなくてすごい。この国でコンビニなんてもう騙されに行くようなもんだ。値札ないんだよ商品に。正気かよ。消費者を何だと思ってんだ。腹立つのはこの国で展開してるセブンイレブンも同じようにボッタクリ価格なことだ。値札は付いてるけど。

例えばペットボトル飲料日本では小さいのとデカサイズのがほぼ同じ値段(小さいのがやたら高い)みたいなことがない。これはすごい。大きいやつは高く、小さいやつは安い。多分何かの法律機能してんだろうね。

日本レストランはどこもみんな美味しい。ちゃん味の素を使いこなしてる。どんなに金だしてもランチ2000円超えることはめったに無いのもすごい。

この国ではレストランが糞すぎるせいか、みんな自分弁当というか昼食える何かを持参するのが当たり前みたいだ。人参りんごを所構わずまるかじりしてる人を老若男女よく見かける。菓子パン惣菜パンもない。あるにしてもマズい。

ゼリーほとんどない。具沢山なゼリーがない。たらみなんてない。て言うかゼリーなんでないのこの国。バカじゃないの。おいしいのに。たらみ来いよこの国に。この国のスーパーたらみを陳列してくれ。頼むたらみ。お前のゼリーでこの国に分からせてやってくれ。

寿司だってひどい。この国の回転寿司休日はよく行列してるくらい人気だが10皿も食えば4000円くらいになる。あんなマズいのにだ。一回日本人がやってる高級寿司屋行ったけどサーモンサーモンサーモンでひどかったよ。それで2万近く取られた。この国最高の寿司屋でもかっぱ寿司よりマズい寿司が出ると思う。

大衆向けの日本レストランも酷い。昭和テイストが多く、40〜20年前流行ったような曲ばっか流れてる。味噌汁は具無しでスプーンが椀に入った状態で出される。一応日本人の店員がいる事が多いが大体マズい。

やたら大音量音楽で踊りだす人たちも日本はいない。この国で俺の騒音に対する許容度はもう菩薩レベルになった。同時に大切なものを失った気がする。


かに日本悪口は言える。

冬は寒いし、夏は蒸し暑いし、台風地震もある。

エアコンが無いと生きられない。

日本語で同僚や顧客対話するのはこの上なく苦痛だ。

友達も作りづらい。

でも、日本には本当にいい面がある。日本世界で一番いい国だと思う気持ちもよく分かる。

この国だって本当に良い国だ。まだまだずっといたい。でも日本に帰りたい。だから歩いて5分のところに日本があればいいのにと思う。

2021-04-12

anond:20110412160142

病弱萌えが来ましたよ。

特に発熱が好き。

男女問わず風邪ひいて熱出したって寝込んでいるところにウィダーインゼリー冷えピタレトルトお粥を買っていきたい。

熱を測って「高いね、寝てないとダメだよ」とか言いながら卵酒とか作って渡したい。

熱を出してふうふう言ってる傍で頭に冷たいタオルを乗せたい。

「これでさっぱりするよ」と言いながら蒸しタオルと着替えを渡してあげたい。

薬が効いてよく寝ているのを確かめたい。

そのまま隣で寝落ちしたい。

朝になって熱が落ち着いていて喜びたい。

かいたから着替えなよとか言いたい。

コンビニで買ってきたアイスを食べさせてニコニコしているところを見たい。

それもこれもコロナのせいで無邪気に発熱看病ができないじゃないかコロナバカ

2021-04-06

anond:20210406002735

ほんまにな

ミツバチはあれがえらい好きらしいけど所詮🐝さんの味覚やからなぁ

あとロイヤルゼリーもな、

今ならBCAAゼリーかいって売ってるけど

もっと早めにアミノ酸だけとりだしてほしかったわ

2021-04-04

anond:20210325085436

ゼリーはいける。

ただ、固形の時よりもすぐに飽きる気がする。

2021-03-29

anond:20210328181707

化学調味料って動物が原料のことがあるよ。

ラーメン食べているなら大丈夫なのだろうが、思想信条上の理由で口にしない人のためだったら避けた方がいいかも。 NG ラインを訊ける相手ならいいんだが。

ヴィーガンはよくしらないが厳格なベジタリアンゼリーも食べられないし、種類上はハラルであっても屠殺する人や解体道具の扱い方、輸送方法に取り決めがあるらしい。

イノシン酸は糖類を発酵させたものから取り出すことが多いみたいだから大丈夫か。

2021-03-27

「弊社は○○の会社

底辺ロースキル派遣としていろんな会社渡り歩いてきた。

派遣からそこそこ大きめの会社に行くことになるが、いわゆる大企業における底辺事務ばかりで、

単一商品カテゴリで有名な会社」というようなところにいったことがない。

たとえばゼリーたらみ社とか、青汁キューサイ社とか。いや適当に思いついただけなんだけど。

弊社は○○の会社、という感じで40年とか勤め上げるというのはどういう感覚なのだろうか。

ちょっと知りたい。

2021-03-25

anond:20210325084252

菓子とかは平気で液体だけ苦手ってなんか不思議だな

ゼリー飲料みたいなのはいけるの?

2021-03-12

日食べたみかんがうますぎたんだけど

銘柄を控えておかなかったか今日も買えるかわからない。

最近よく見聞きするゼリー状の果肉というのがなんなのかようやくわかった。

紅まどんなの100倍はうまかった。

まだ売ってますように。

2021-03-05

anond:20210305204554

なるほど

いまわれわれが豆腐とおもってるのは豆腐ゼリーなのね

anond:20210305204051

スーパー豆腐ゼリーは売っているはずだが、もはやスーパー豆腐は売ってなかったはずだが・・・最近復活したのかな確認してみる。

2021-02-28

異常性癖極北

どこにあるんだ

俺的には、よく言われるドラゴンカーセックスは大したことない

人類機械文明代表としての車を、大自然暴威非科学化身としてのドラゴンが犯す そこにマゾヒズム快楽を見出す、みたいな話だろうと思うと理解できるし、そもそもセックスの延長である時点でまあ普通性癖(誤用)の範疇

ドラゴンカーセックス絵を見たって、「面白い」「世界は広いなあ」「これマジなのか?」くらいの感想しか湧いてこない べつにダメージは負わないんだ

やっぱり、人格排泄くらいの、見ただけでわりと忘れられないほどの衝撃を受ける性癖(誤用)になってはじめて最強議論俎上に乗れる感じがある

人格排泄(人格射精という一派もある)、すごいんですよ

増田にすら書くのをためらう感じがある スカトロ度は低いんだけど、ジワーっとくる嫌〜な感じがある 

なんか、消化器官にとどまってるうちに、人間人格を吸収する、謎のゼリーみたいなものがあるんだ 

それが体内にあるうちは人格を保ってられるんだけど、排泄してしまうと、ゼリー人格が乗っていってしまって、廃人になる

スカトロ系の、「尊厳を保つために我慢していたが、ついに限界を迎えて決壊してしまう」っていう要素をさらに強化した感じなんだろうな、理屈としては

ただ我慢できずに排泄をしてしまうだけではなく、その行為によって自身もの言わぬゼリーになり、実質的に死んでしまう その要素を加えることで、一種リョナ的な雰囲気も足されている

すごいんスよマジで 個人的には四肢損壊とかより全然怖い しばらく嫌な気分が残るもんな

<モルゲッソヨ>みたいなジャンル(?)もあるっぽい 人格排泄の人と同じ人が描いてた気もするから、もしかするとひとりとんでもない奴がいるってだけなのかもな

モルゲッソヨ化は、比較オーソドックス石化あたりの延長にある なぞのずた袋みたいなものを被せられた人物が、モルゲッソヨと呼ばれている像に変質する まあまあ怖い

その関連で言うとショッカー戦闘員みたいなのも見たことあるな カッコよく戦っていた強い人物が、洗脳されて「イーッ!」しか喋らないモブ戦闘員と化す 悪堕ち尊厳破壊を足した感じなんだと思うけど、正直俺には理解できん

 

やべ〜と思った奴を思い出してみたけど、こうしてみると尊厳破壊みたいなのが多いな

個人的には、「オーソドックスな性行為がまったく含まれていないが、あきらかに性欲を原動力としている」ような性癖(誤用)ほど凄みを感じる

結局セックスしてるようじゃあ雑魚感が否めなくて、そういう意味では石化マミフィケーション(人間が包帯や蜘蛛の糸などに巻かれてミイラみたいになる)はカッコいい

やっぱでも、人格排泄が忘れられねぇわ

人格排泄を超える衝撃的性癖(誤用)、なんかない?

2021-02-27

anond:20210227103938

老人向けに虫をお肉の見た目に加工して食べやすくするゼリーとかできるよ

今のとろみと同じ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん