「担い手」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 担い手とは

2020-05-04

anond:20200504022945

内航海運の担い手不足ってのはあるけど、さすがにそこまで来たらドローン船でええやろ

2020-04-27

anond:20200427142142

雑だけどイギリス政治キャリアは無給の政府調査員(政党だったかな?)からスタートというジェントル層が公共セクター担い手として奉仕するみたいな図式を形を変えて今も持ってる。

労働党というか左翼中産階級層へのリーチを重視して下層への影響力が衰退したのであまり既存の枠組みから外れた政治キャリア(炭鉱労組委員長とか)を歩んだ人間が出てこない。というのはありそう。

2020-04-14

医療従事者だがコロナかもしれない

7都府県以外の地方都市在住。

地域医療担い手として日々外来診察や往診も行っている。

ここ1ヶ月くらい咳が止まらず、空咳が続いている。

2週間前にレントゲンを撮ったとき問題無かったが、ここ数日になってのどの痛み・痰が酷くなっている。

でも、医療従事者でもPCR検査はしてくれないんだよな。熱がないからって。

いわゆる「無症状患者」じゃないかと思ってるのに。

自宅待機しろって?ただでさえ医療従事者不足の地方で休めるわけ無いだろ。

こうして院内感染が起きるんだろな。

2020-04-07

anond:20200407112147

だがその瞬間にも、次々と インフラ周りの担い手病気で倒れているのであった。

2020-03-22

anond:20200322094015

この40年間の新自由主義本質は「リスク適当なことを言って弱者側に押し付けよう」というものから、そのカウンターに立つとすれば左翼側になるのは当然でしょ。

もともとは、マルクス主義に対しては事業者よりだったケインズ主義新自由主義が乗っ取ってしまってケインズ主義担い手が誰もいなくなってしまたから。

所詮右左ってのは、フランス議会ブルジョアよりだった連中が右、弱者よりだった連中が左に陣取ったってだけの区分ケインズマルクスが競っていた時代には意味があったが、今はほぼ意味がない。

マルクス主義VSケインズ主義では、マルクスが左、ケインズが右だが、新自由主義VSケインズ主義では新自由主義が右ってのはそうだが、ケインズ主義相対的に左になる。

2020-03-12

anond:20200312155938

まあそうやってクラシック限定して音楽を聴こうとしてる時点で選民思想担い手なんだけどね

https://anond.hatelabo.jp/20200312090210

わかる。
その手のものに金を出さないと「文化への理解が~~」とか言い出すクズも多いんだけど、自分らが文化担い手だと誤解してるんだよね。

文化ってのは結果的に出来上がるものであって、もちろん情熱をもって支えようとしている人もいるんだろうけど、大衆が興味を示さなくなったなら文化でもなんでもない。
単に小数趣味者がいるってだけ。

分かりやすい例は茶道とかだ。
なんちゃら流の家元がどうこうとかいってもそんなの全く権威を感じない。
美味しく飲めていい感じの雰囲気演出する存在としては抹茶ラテを出してるスタバの方がよほど「茶道文化担い手」だと思うわ。

2020-02-28

anond:20200226111338

最先端とまでいかない芸術担い手実家が太い人がなればいいと思うよ。

ものすごくとんがった才能の人は周囲が放っておかないだろう。

実家が太くなくて際立った才能のない人は、ちゃん就職(または結婚)して、趣味としてジャンルお金を落として盛り上げていく。

学者スポーツも一緒だね。

プロレタリアートアートがー、とか主張したい人は、組織的カンパでなんとかなるのかな。

2020-02-20

日本育児について思うこと。

今のところは出産担い手はほぼ女性しかいないわけなので、「政府の側から」それを支援するのは当たり前なんですよ。そうでないと日本滅亡しまから

でも「出産した当人」が「日本育児環境が整ってない〜」などと喚くのはかなり違和感

だってその人からしてみれば単に「子どもが欲しい」から出産しただけで、決して「人類を存続させよう」とか「少子高齢化を食い止めよう」とかいった崇高な理念を掲げてした訳ではないですよね?

(この記事には女性を貶めようという意図は全くないことを最後に断っておきます)

2020-02-13

anond:20200212223525

仕事家族よりも大事ものがあるというのは、個人自己決定権範囲内。

個人能力や体力を程よく活用するジョブがうまく見つけられればいいけど、なかなかそうもいかないのでマニュアルに従って誰でもできる仕事を割り振ることが多くなってしまうけど仕方ありません。

同一職務同一賃金原則からすると、どうしても低賃金になってしま場合も多いけど、それよりも大事ものがあるんですよね。

そういう従業員には企業の成長の担い手となるリーダーシップを期待するのはお互い不幸ですしね。

生活できないか最低賃金をを上げてくれ、ですか・・・

それならば企業ではAIロボットを導入して単純労働者の数を減らします。

賃金払いすぎて倒産するようなお人よしはいられないので。

2020-02-03

anond:20200203072642

あのへんはただ新しい未来っぽい技術で興奮させるためのものだ。

なので、言葉自体を常に新しくしていく必要に迫られるんだよ。

古びた言葉じゃ興奮できないから。

所詮娯楽。

イノベーション担い手やらも、実際それで大儲けできるかもしれないけど、ああいうのに出される範囲では単なるパンダピエロ

実現して当たり前になり興奮が冷めやり、でも売上と利益がきちんと上がった段階でやっと報われる。

2020-01-12

anond:20200112130758

これが一番分かる気がする。

自分の将来がある可能性に狭められようとしていることへの恐怖」みたいなものか。

書いてて思うけど、ものすごい難儀な恐怖症だな、それ。

到来するもの幸福か不幸かではなく「決まってしまうこと」への恐怖。一般の人で言うと「マリッジブルー」みたいな状態が近いのではないか。アレの酷いヤツかと思うと、結構同情する。


でもって、対処法とかあるのかというと、おそらく一般的な不安神経症とかの対応になるんじゃないかな。投薬治療カウンセリング。あと、なんとなく想像だが、発達障害が入ってると思うんで、そちらも念頭においておいた方がいいかもしれん。

ただ、人類歴史の中では、こういう「なんもない所に何かを見付けてしま存在」というのは、結構文化文明におけるイノベーション担い手になる人だと思うので、確かに現代社会で生きるには難儀な症状だけど、よき理解者やパトロン、そして、何か打ち込むことを見付けられたらすごい存在になりそうな気もするんだよなぁ。

2019-12-11

ツイフェミって京アニ寄付金が何億円も集まった件どう思ってんの?

事件があったころはツイフェミキチガイっぷりを知らなかったから今更な質問なっちゃうけど、

オタクコンテンツ担い手世界中から愛されてる現実オタクフォビア達はどう受け止めてるの?

2019-11-24

安倍政権のうまさ

先日「安倍の代わりを見つけるのは国民仕事じゃない」という趣旨ツイートが盛り上がっていて、ふと思った。

結局、安倍政権は問題が発生するたびに、そこそこアウトな事をしている事がバレる(書類隠匿など)。そしてのんべんくらりとした対応を取っている。

問題が長引くのは安倍首相が辞める気がなく、これが他の大臣ならさっさと更迭しているが、総理大臣の次の担い手がいないので(菅官房長官か、麻生財務大臣くらいか?)自民党としてもなかなか辞めさせられないのではないかと思う。

また、辞めるべきか微妙問題が多いし。ほぼ進展のない野党が騒ぐだけの構図は安倍政権が望んでいる図だろう。「野党政策仕事しろ」ってやつだ。

そしてアベガーを目立たせ、野党から中間層を引き離している。

正直、安倍政権がどんな政治をしているのかよく見えない(最近知った唯一のニュース英語民間委託くらいだ)、ただ、政局をうまく転がしてるなぁと思った、今日この頃

2019-09-12

anond:20190910202923

 特徴がないということはなくて、三方を山でふさがれて切通しを通している土地から鎌倉石を用いた独特の庭など。瑞泉寺もそのひとつ

 だけど、京都が千年以上ずっと京都なのに比べると、鎌倉は、一旦没落した後、近代になって東京の周辺として観光地化してきたので、古層との間に断絶がある。

 鎌倉には良くも悪くも京都の町衆みたいな文化担い手はいない。近代東京リゾートに過ぎないんだけど、その近代東京戦争で壊滅してるから鎌倉は二重の廃墟という面白味なんでしょうね。

2019-09-03

V豚ってただのバーチャルアイドル追っかけてるキモい豚でしかないのに

新しい文化担い手みたいなでかい面してるのが腹立つよな

anond:20190902115544

2019-08-08

anond:20190807202445

目的の会場を中心として半径3キロずつ五段階に分けて警戒範囲を作り機動配置と索敵に行動してくれたら位置と成果でガチャの石とか書き下ろしとかプレゼントする同人企画コミケブース取れなかったサークルが参加したらほぼ完全防御になるんでないの?

ついでにゴミ拾いとガーディアンエンジェルズの真似事で地域一帯のお祭りに使えそう

連携体制の維持を考えてるオタクかいなさそうだし個人の金か欲望かの充足しか目的にない視野ほとんどない人間ばっかりだと思うので実現はしないと思うけど、それを言えば意識高い芸術担い手もその程度でしか自分たち尊いので税金使えとか言ってくる分ロクでもないと思うけど

2019-08-07

何故あいちトリエンナーレはここまで社会の関心を持つようになったのか?

報道や各種メディア個人が様々な媒体で伝えているこの事柄に対して、私個人のごく私的見解など、どうしようもない話の一部になるのだろうけれど、つらつら書いてみようと思う。

検閲

今回発生した問題検閲問題ではない。現在紙面やネットで騒いでいる検閲という問題は、当事者の手を離れた部外者による場外乱闘であった。扇情的な展示に対して、権力を扱う不用意な政治家が、自制せず権利侵害する発言を行ったことは大問題であるが、ここまでくるともはや展示云々ではなく、国家自治体による権利侵害(の実行又は脅迫)という、大事問題だが、別方向の問題として切り離して考えるべきで、後述する問題を覆い隠してしまうことになる。展示を取りやめたのは、大量の抗議や脅迫犯罪予告により、芸術祭にかかわる方々の安全を確保できなくなったという状況に陥り、該当展示の実行委員会(実行キュレーター)の同意なしで中止に至ったという顛末理解している。

税金使用したイベントについて

芸術市場が大きい欧米諸国に対し、日本国は元々芸術品の売買に対して諸国のような減税優遇措置をとっておらず、バブル期を除き、民間ギャラリーを経由した売買や、流通操作伝統工芸品を大型百貨店の展示場で、国内のみ通用する相場販売する程度であったが、バブル期90年代の大型公共投資連続からハード面での地域振興策資金コンプライアンスの両面で実行が不可能になった自治体における「少額で、短期間で既存インフラ活用でき負担が少なく、運が良ければ国際的知名度を上げることができる。」ツールとして、この10雨後の筍のように芸術祭が乱立する事態となった。そこでは、ノウハウのない自治体が、自称地域文化担い手である新聞社に丸投げ、そこからコネ採用された力のないキュレーターは、自身の貧弱なコネクションで囲い込んだ微妙作家しか呼べず、投下した税金の割に貧相な芸術祭になった場合自治体が運悪く山師に金を預けてしまい、多額の不適切支出泣き寝入りになった場合。など皆さんが思っている以上に税金使用したイベントにはトラブルが多い。税金が投入されるイベントは前提条件として・補助金申請等の手続煩雑・大小の自主規制や、地域ルールに縛られる・税金が原資なので、疲弊した財務状況の自治体では開催不能批判を招く場合がある。税金芸術より生活政策資金が回されるのは当然である所詮流行りの水物なのだが、皆さんが思っているより所謂コスパの良い地域振興策なのでなくならないだろう。

表現の自由

今回の問題では、アートと異なる展示がなされているという意見が多く出ているが、大きく表現の自由と括られる中でも、その自由の元に「どの媒体で」「どのような手段で」「どの程度の深度で」、成果物として表現しているかは人それぞれ、所属する社会により異なるという点。またアート政治と不可分であるが、極端な扇情アジ)を行わなくとも、その行為そもそも自由行使しなければ表現できない、自由平和な状況でなければ創作活動はできず、人の創造性を発揮できない点が大前提であり、自由の中で個々人が世界との関わりの中で何らかの美醜混じった真理を見つけ、それを昇華したのがアートとすると、今も表に出ない問題の一つ、表現の自由行使する媒体手段の衝突という背景が見えてくる。

新聞社や論壇を中心とするジャーナリズムは、文字を用い、抽象化している諸概念文章化し、権利自由を、守り、啓蒙し、扇情したりするわけだが、小説などと異なり「直感的に察する/察させる」機能は弱く、相手文字化、文脈という論理化してしまった問題に対し、「同意するか」「同意しないか」の二者択一を求めてしまう。そして問題となった展示は、実行委員会の多くが学者又はジャーナリズム出身という状況で、同じ表現の自由でも、性質が異なる表現を行ったことが原因にあり、一般市民が考える「アート」とイコールにならなかった。「これはアートではない」という声である表現はしているが、アートではないと。

ステートメント芸術、或いはキャプション芸術と呼ばれるもの

アーティストと名乗る作家にも問題がある、この「ステートメント芸術」と揶揄される表現は、業界に詳しくなれば詳しくなるほど根深く、呪いともいえる。

アートという行為物質/空間/映像/音楽意図が伝わるよう、意識特定ベクトルへ向けるよう誘導し、表現しなければならない所なのだが、その実力がない作家の中に、延々とそれらしい説明文を付けて意味づけする行為や、文脈という補助要素を主要素に持って来て、実態だけを見ても理解不能となる。そのような作家は大体退場していくのだが、言葉が主戦場ジャーナリズム界隈と親和性が高いので、変な形で融合してしまうことがある。

文脈を追うのが現代アートだ」という解釈誕生である。一面では事実だが、全てではない。

ビジネス世界でこの行為を言い換えた表現としては「ストーリー」という言葉がある、そしてこれを最大限活用した米国企業セラノスの末路は多くの人を巻き込み凄惨ものであった。

・何が問題だったのか

監督芸術キュレーター経験がなく、自身の分野であるジャーナリズム文脈解釈した表現を、芸術祭ねじ込んだ為、酷く食傷を起こしてしまった。

食傷を起こしてしまった後の対応が、構造理解している人の不足で収まっていない。

食傷を起こした理由は長々と書いた。経緯として自分たち表現の自由最前線で、他の作家は何も考えていない。ように捉えられてしまキュレーション自由世界におけるジャーナリズム優越性)をしてしまったのが原因にあると考える。結果、津田氏がFM番組発言したように「自分一人ならナイフで刺されてもいい覚悟だが、関係のない人を闘争に巻き込んでしまった」という発言につながっている。

表現自由であるから闘争を持ち込むなとは言えないが、徹底的なゾーニングと仕掛(言語化できている主張表現に容易にアクセスできる導線を作る)ことが必要であった。言語化できている(と思われる)主張表現に対して、実態が追い付いていなかったのではないだろうか。

不特定多数威圧行為は、少数で行う創作活動にとって凶悪暴力であり、過去も多々あり、これからもなくならない。すべての事柄に寛容な社会など来ないし、永遠に付き合わなければならない。

②をわざわざ書いたのが、今回の騒動で最も被害を受けている、他の参加作家に対して謝罪対策を行っているのかよくわからない状況だからである

・誰が最も被害を受けたのか

昨日声明文を出さざる得ない状況に追い込まれた、他の参加作家である。それぞれの表現を深化させて今日を迎えているが、キュレーターバランスを取らず、独自プレイヤーとして創作活動我田引水した結果。必要のない状況で、自身作品を見てもらうという重要事柄を達成されないまま原理原則論確認や主張を行わされたのは、イベント主催者として責任が重大である表現の自由大事だと言うに決まっている。また、作品撤収せざる得ない状況に追い込まれ海外から参加者に対して、展示機会を奪った結果になった事も忘れてならない。マスコミが何をキーヴィジュアルとして記事にするか理解して、扇情的人形を配置しているのは明白で、記事を見た輩が抵抗/抗議を通り越して、挑発解釈してしまった訳である撤収した2人は、必要のない場面で・積極的日本側の行為に抗議を行う・無視した場合自国内で起きている扇情的民族主義の標的になることを避ける。2者択一判断に迫られた。

昨日声明に協賛したのは参加作家全員でないだろう、検閲を受けたわけでもない、こういうキュレーターミスによる騒動に対してのスタンス作家ごとに異なるのは当然である

・なぜここまで注目が集まったのか

芸術本質的生活必需品とは言えない。生活環境が改善し、可処分所得余暇がある状況下で初めて人は関心を持つようになる。今の日本問題は起きているが、ネットで百家争鳴する位この国は文化的に成熟しており、得体の知らない世界に関わりを持ちたい気持になったのは素晴らしいと思う。物事の全ては飛び込んでこそ妙が分かる。威圧脅迫はださく醜悪である。そしてアートはこんな長文も飛び越えて一瞬であなた感性に突き刺さる力を持っている。

2019-07-26

若手研究者海外に行くか死ぬしか無い

Q67 大学院生は新制度支援対象になりますか。

A67 大学院生対象になりません。(大学院への進学は18歳人口の5.5%に留まっており、短期大学や2年制の専門学校卒業した者では20歳以上で就労し、一定の稼得能力がある者がいることを踏まえれば、こうした者とのバランスを考える必要があること等の理由から、このような取扱いをしているものです。)

http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/hutankeigen/1409388.htm

なーにこれ。

ちゃらんぽらん大学文系を出た、研究のけの字も知らない官僚たちが、「大学院生社会に出ない穀潰し」って認識してるのがよくわかった。

国の科学力の一番の担い手ニートってことなのね。田舎のおばさんみたいな脳みそしてんな。

ただでさえ大学中国からの余った学生の受け皿でしかなくなってるのに、このまま行くと本格的に日本科学マジで終わる。もう終わってるか。

Fラン大学への支援やめて国立大学の数絞って、それこそ数%の優秀な学生には給料出せよ。

知力も知的欲求も高い人間を殺すなよ。

優秀な人達海外に行けばいいっていうのはご尤もだが、

学生たちの持て余した知力と日本への恨みが合わさって、大規模なテロリズムにつながるんじゃないかなーと思ったりもする。

2019-07-25

アニメの作り手=ドラッグディーラー

大きなお友達向け」娯楽を生産するものドラッグディーラーと同じであり、ヤク中を拡大するならいつか刺される覚悟もするべき、なのか?

件の書き込みが訴えているのは、要はその一点だと思う。

アニメ制作会社ドラッグディーラーなら

当然マンガやラノべの出版社

ゲーム関連エンターテイメント企業

キャラクター商品で名をはせる会社

すべてドラッグディーラーだ。

さらに言えば、歴史的に見て「若者カルチャー」と目されてきたジャンル

ロックポップスアイドル芸能もここに含めて)

先端ファッション

モダンアート

ジャンクフード広告業界

これらは全て、「若者」のみならず「いい年をした大人」にまで「終わらない夢」「永遠のアドレッセンス幻想」を提供することで利益を得ている。それらはいずれも「いま」を消費することで成り立っており、「未来」に何も残さない、砂の城だ。


では、これらの担い手もまた全てドラッグディーラーだということになるのだろうか?

それは、「文化」あるいは「娯楽」は悉くドラッグであるという主張と、どれほど違うだろうか?

もちろん、科学技術、知、歴史のように、「いま」を消費するだけでない、「未来」に向けて営々と何かを積み上げていく「文化ももちろんあるだろう。だが、それ「しか」ない世界が豊かな世界だとは私には思えない。極論だが、ドラッグのものなかに「悪なるもの」が存在するのではない。私たちドラッグと誤った関わり方をするとき、そこに「悪」が生まれるのだ。

からアニメ制作会社ドラッグディーラーだという論は、それが全く間違いだとも言わないが、その主張が何か有効視点たり得るとも私にはあまり思えないのである

2019-07-22

anond:20190722135755

ハンデなしのシード権をずっと持ってそれに甘えてるのに野党が甘えてるから選択肢がない、みたいなのキツくない??次の担い手、って政権担当"経験"とか、官僚との癒着とか有りきじゃん…

anond:20190722121633

こうやっていつまで経っても「挑戦者から」みたいなハンデを与えて頑張ったで賞を与えて、全く次の担い手足りえていない野党を甘えさせる理由が解らない。

選択肢の無さをどうにかして欲しい。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん