「自己啓発本」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自己啓発本とは

2018-04-18

自分ビジネス書にも学術書にも居場所がない

映画ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』には主人公レイクロック自己啓発レコードを聞いている場面がある。

公開してすぐに見た。ビジネスとか経営かいうのは、結局こういうものなのだろうかと感じた。

数カ月後の今、就活中であり自分は大変厳しい状況だ。

偏差値が低い私立大学色物学部に行ったせいだろうか。

個人的にはもっと社会学などに突っ込んだほうが幸せだった気がする。

まぁ、マネジメントだとか云々いう企業容姿キモくて身長やらも低い気持ち悪い人間を取りたくはないだろう。

企業説明会に行くと、たいてい出てくるキーワードがある。

自律性」とか「イノベーション」とか。

自律性」というのは、積極的若いときから活躍できる云々ということだろう。

イノベーション」というのは、世の中に新しい価値を生む云々ということだ。

言い換えると、皆が賃上げを受けれると思うな 上に文句を言わず自己啓発やら能力開発に勤しめ 物が売れないかイノベーションを起こさなきゃいけないんだ ということだろう。

こんなことを包み込んで要求してくるのだから資本主義は終わりに近い状況なのかもしれない。

企業が欲しい人材というのが、安倍政権が思い描く臣民に非常に似ている気がしてならない。

安倍政権というのは人文を軽んじているだとか諸々言われている。

その上、「働き方改革」だとか「異次元金融緩和」だとか見かけはキャッチーで中身はカスみたいなものを打ち出す。

まぁ、強引な結論だが「国民は上に文句を言うな 扇動されて働け」という何か自己啓発的なものを感じる。

例えれば、安倍政権理想的図書館というのは自己啓発本とビジネス書と愛国心的な本がびっしりものだろう。

安倍政権自己啓発的だという批判は、前からあるようだ。

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/174784/062200099/

自分だけではない感覚だととても安心した。

企業説明会で言われることも、それに近いものを感じることがある。

変にドキュメンタリー映画を人より見ている人間不要で、「実用的な」知識があって文句を言わず会社に尽くしてくれる人間を求める。

恐らく、ビジネス界隈の思想というのが政府と考えが近く、安倍支持者が一定数つくりだす温床的なものになっているのではないか

自己啓発的な市場は拡大をしているらしく、安倍政権というのは世の中の流れを映し出しているのかもしれない。

実家には父親ビジネス書が高く積まれている。マネジメントだとかマーケティングとか個人的には嫌気がさす言葉だ。

それを積み上げて足置きにして、学術書をめくる。時たまに、父親会社社員Twitterを見ると良くわからない意識高い系ツイートをしている。

シリコンバレーがどうのだとか、イノベーションが云々。こんなものよりも、自分を取り巻く法律やら過酷労働を気にしろよと言いたくなる。

自分ビジネス書とか自己啓発書に熱心になれない。

しかし、学術書を読みこむのに知能も、もちろん学歴も低い。

もし、容姿がよければ何色でもとりあえず染まれたのかもしれないが容姿は醜い。

自分に居場所がない。

参考資料

https://www.jstage.jst.go.jp/article/tits/20/9/20_9_26/_pdf/-char/ja

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201801/20180110_73043.html

2018-04-14

自営の絵描きイラストレーターが苦境に立たされる要因と解決

アニメーターイラストレーターに当たる方々の苦痛に満ちた生活についての書き込みは、ネットでよく見られる。

ただ、彼ら絵描きしんどい日々を送るのは人間性生活スタイルなどを考慮すると致し方ない部分が見られるのも事実だ。

自営業者の端くれとして、そんな彼らにアドバイスをしておきたい。

コミュニケーションを円滑にする

著名人逸話を例とすると、ピカソの話は人口膾炙するものだろう。

ピカソに見知らぬ女性が話しかけてきた。

ピカソさん、私あなたの大ファンなんです。この紙に一つ絵を描いてくれませんか?」

ピカソは紙とペンを受け取ると30秒ほどで絵を描き、手渡しながらこう言ったそうです。

「1万ドルだ」

女性は驚き、思わず声を上げました。

「この絵を描くのにたった'30秒'しかかかってないのですよ?高すぎます!」

でも、ピカソは表情ひとつ変えずにこう答えました。

「30秒ではない。40年と30秒だ」”

有名な話なので細かく解説はしないものの、この話を鵜呑みにする方は危なっかしい。

この発言が許されるのは、見知らぬご婦人からピカソに絵を描いてほしい、と頼まれるほどの画家だったかである

勲章を賜るほどの評価をなされていない凡百の絵師がこんな発言をしたらどうなるか、考えるまでもない。

これはピカソから許される考え方だ。サルバドール・ダリにも似通った逸話がある。

少なくとも、彼らは1万ドル払ってでも落書きや髭が欲しい、と思われているのだ。

市立美術館個展を開くレベルでないと、鼻で笑われるだけだ。

また、ピカソ逸話らしいのだが(真偽不明)、ピカソ普段の支払いは小切手で済ましていたそうだ。

受け取った人はみんなあのピカソ名前が入った小切手から、取っておけば価値がつくかもしれない、と思い引き落とさなかったそうだ。(生前ですらそう思われているのがピカソらしい)

奇天烈ピカソは、こうも処世に長けていた。詰まる所、ピカソほど凄くもない絵描きが、ピカソレベル処世術を身に着けているのだろうか。

人付き合いが不得手であっても、ご用命があればいつでもどうぞ、ぐらいのことはして欲しい。

アドバイスとして、あなたもおそらくそであるように、人間サービスは割安を好む。

絵が上手いだけでなく、納期変更に順応してくれる、だったり、酒の席での一発芸が上手い、ということでも付加価値となる。

勿論、にこやかに愛想よく対応することも付加価値だ。

上記の『サービス』の原価はタダ。積極的に使おう。)

・モノを知らない

微分積分はわかるだろうか。共産主義の成り立ちはわかるだろうか。海外に行ったことはあるだろうか。年金手続きはわかるだろうか。恋はどんな味かご存知だろうか・・・

全部修める必要はまあないだろう。しかし、もし一つもなんとなくすらわからないようであれば、社会情勢が不安定な往来で、そのアンテナの低さは致命的だ。

絵描き同士で「あの雇い主は金払いがいい」とか「あっこは仕様変更が多すぎる」とかの情報共有は積極的だろうか?

創作の参考になる経験を嬉々として語らいあったことはあるだろうか?

無知だとして、その無知サポートしてくれる人との繋がりは?

内省してみてほしい。

大事な一例として紹介しておく。がっちりマンデーという番組のコーナーの一つに、ニトリ社長飲み会はどんなものか、という特集があった。

そこでは、小泉元首相のようなビッグネームが当たり前のように出席しており、商談の取り付けすら決まっていた。

このように世の中にはビジネスチャンスが広がっている。モノを知らないということは、それにすらアクセスできないことになってしまう。

(余談だが、財政緊縮目的として郵政民営化を成し遂げた小泉元首相が、その席の中で金は使ってナンボ、という旨の発言をしていた。筆者に郵政民営化の真なる失敗を予感させることになった。)

自営業者は、どれだけ仕事アクセスできるかが肝となる。

思い当たる人は、身なりや人格的な部分だけでも改善すべきだ。

自営業者としての能力が足りない、磨いていない

値切られないようにするのは実はとても簡単で、引く手あまたになればいい。

逆に、あなたを引く手が少ないのは、あなた怠惰に原因がある。(親が大体の家庭では勤め人であることにも遠因はあるだろうが)

簡単に言ってしまえば、

1、新規営業活動はどれぐらいしているのか

2、新規で手に入れた顧客が、定期の顧客にするための営業活動はどれぐらいしているのか

3、見込み客はどう作っているのか、どう探しているのか

おおよそ上記の三点に尽きる。

自営業は勤め人とは違い、このような泥臭いことでも自力でやらなければならない。(勿論、経理年金も)

これらの要素において楽をしたいなら、アンテナの広さやコミュニケーション大事になってくる。

割りの良い外注先を常に知っておくべきだ。


とりあえず、今回はこれにて筆を置く。(基本的な話ばかりで申し訳ない・・・

なお、雇われのアニメーターなどについては別の話なので、触れないでおく。






追記;

私のダイアリーにしてはご意見をいくつかいただけたので、返信しておきたい。

>>イラストレーターも要は自営業なんだよなあ 資本主義社会で生きていく以上は絵の能力だけってわけにはいかない

おっしゃる通りです。資本主義においては、絵の能力は換金手段の高々一要素でしかない、というのを念頭において行動するところからスタートだと思います

>>絵描き界隈は文化資本に恵まれセレブ様と

少々お頭が残念で世間知らずだが人柄は純粋な(普通に就活してもブラック企業を引き当てそうなタイプ)底辺二極化してる感じ

前者には余計なお世話だし後者の参考にもなるかこれ⋯?

後者のような、世間知らずに分類され悪用されやすい人こそこれらの事実を知るべきですし、もしそうなら今からでも公務員にでもなるべきなのです。

自身の身の丈すらわからない者は、悪辣な輩からひどい目に遭わされるのは仕方のないことなのです。

それでも専業の絵描きとして生きたい、という方に向けての初歩的な手引きなのです。

>>おおかた親から店を受け継いだだけのボンボンビジネス書読んで適当フカしてるだけだろうと思う。

しろ自営業者であるかすらも怪しいな。

層があることも知らないんじゃね…

あくまでも端くれですので、ご容赦ください。

私の身の上の都合上、俗に下層と称されるべき方々とも面識があるつもりです。

そういう人々が周りにいる限り、成功するのは困難であろうことも実感済みです。(勿論、当人人格にも言えます。)

それでも、誰かの成功のほんのきっかけになれば、という所存です。

>>この増田みたいにショボい自己啓発本抜粋みたいなものでも ただで読めて少しの間でもみんなでコメントしあえれば たしかに割安の娯楽にはなるよな

あなたに申し上げるなら、ここに書いていることは商売における原則論です。

言ってしまえば、算数では足し算より掛け算を先に、だとか、水は100度で沸騰する、というようなことしか述べていないのです。

それを自己啓発と同等のもの、と感じてしまうのは大変危険です。

ピエロになること自体はやぶさかでないので、ご自由に取り扱ってやってください。

>>拙者ITドカタでござるが知り合いが登壇するというからクリエイター系のイベントに参加したところ名刺交換激しくその知り合いもクライアント候補名刺凸しててOh~と思ったでござるね。。。

コミュ障にはサラリーマン天職にござる。。。

無能こそ公務員自衛隊所属すべき、というライフハックが広まっていないのは残念な話です・・・。(あまつさえそれを民衆自身が削減していること自体が無念極まりないです・・・。)

無理にとは言いませんが、あなたはそのご知り合いからだけでいいので、貢献できることがあれば引き受けてみてください。

>>言ってることはよく分かる

本来自営業者であるのにネットでよく見る愚痴サラリーマン労働者臭がする

待遇改善自分責任いくらでもできるのにな

自己責任とまでなじる気はありませんが、周りも自分のクソさを我慢している、という視点が欠落しているようでなりません。

>>クリエーター様がうだうだ言ってる間に、この増田みたいなのが新車を買ってる

底辺同人絵師だけど絵の稼ぎで新車を買った

anond:20180415173536

有益実例ありがとうございます

2018-04-04

前まで慢性的死にたいと思ってた しんどいけど、生きるってこういうことだからって思ってた

違ったんだな 全部考え方だ

「頑張らなくてもいい」なんていう言葉は、死にたい人には届かない

死にたい時には信じられない

自己啓発本も嘘くさくて読めなかったのが、考え方が変わってからは受け入れられるようになった

あんなの変わりたいと思って読んでってそう簡単に人は変わんないんだよな

しろ逆で、変わってから読むと理解できるし思考を更に深めることができる

宗教にハマる人の気持ちが分かったよ、何か信じられるものがあれば幸せなんだな

その対象自分にすればいいだけ

2018-03-29

ネット口論化する社会

政治経済ネットレスバトル化しているような気がする。

相手を打ち負かすことばかり考えているのだ。

ツイッターでも5chやらネットのどこでも展開されるものだ。

まずいのはコミュニケーションや擦り合わせ、倫理が無くてはいけないもの侵食されている気がしてならない。

めちゃくちゃな答弁をしても政権が続けばいい、何かゴミでも言いくるめて売りつけられたらいい。

そういう風潮を加速させている。

ある日、朝から何もせずに喫茶店コーヒーをすすっていた時に「相手を潰す力を身につけたと思う」と誇らしげに言っている男がいた。

話を聞いて検索すると、彼は何かコンサルなのか評論家なのか良くわからない仕事をしているようだった。

ビジネス書なのか自己啓発本なのか良くわからない本を複数冊書いているようだった。

そんな人間が、酒浸りのダメな弟を言い負かした的なことを嬉々として語っていた。

事情はわからないが潰すとか幼稚なことを言っているのにはドン引きしてしまった。

ただ、もしかしたらそれは自然ことなのかもしれない。

相手を言いくるめて黒でも白と言わせるのが現代資本主義経済やら政治勝利なのかもしれないのだ。

なんとも嫌な時代に生きている。

そして、自分面接内定を得るというそれまた喧嘩をしなければいけないが向いていない。

2018-03-19

anond:20180319225536

自己啓発本なんか読まなくてもいいんじゃね?

もし君がエンジニアなら自己啓発本読む暇があったら技術本を読みな

2018-03-11

anond:20180311003723

これ体質の問題なのに経験の話だと思ってる人が多数いる。

そりゃ自己啓発本ライフハック商売になるわけだ。

2018-02-25

anond:20180225011858

自己啓発本も読みますし、高尚なものを読んでいるワケではないですよ。小説アングラルポ科学一般などなど。

上司読書に目覚めた

「本を読む者にしか手に入れられない物がある!」と齢50にもなって声高に叫ばれても。

上司との会話中、最近読んだ本に触れつつ話を進めていると、「お!お前も本を読むようになったか!」 「そんな本を読んでいるなんて背伸びしてるな!若者らしくてよろしい!」などのお言葉

面倒だから「そうなんですー」と適当に流したが、こちとら普段から読書習慣があるのです。

自己啓発本ばかり経費で買い揃えてご満悦なあんたに背伸びだ何だと言われたくないのです(自己啓発本が悪いわけではない、念の為)。

2018-02-11

ブスが美人に憧れた話を読んでいつも思うのは

スタート地点が底辺だったからなのかもしれないが、痩せたくらいで美人になった気分になれて自己啓発本出したりネットに恥ずかしげもなく顔出し出来てとても羨ましいメンタル…。あの仕上がりで自信満々なの申し訳ないけど笑ってしまう。よっぽど今までの扱いと今の周りのビジュアル酷いんだろうなぁ。彼女の言う美人ってオタクとか腐女子でしょ。たかが知れてる。

2018-02-04

老いを受け入れることについて

私は昔から若く見られる人だった。

20代の後半でも、美容院では学生に間違えられたり、居酒屋で年齢確認をされたりなんてザラにあって、

久しぶりに友人と会うと「もうそんな歳になったの?」なんて驚かれるくらいだった。

自慢しているわけではなくて、基本的眼鏡だし、ヒールなんてめったに履かないし、貧相な身体だし、

単に野暮ったいっていうことなんだろうと自覚している。


今年の新年会で昔話に花を咲かせていたら、10年来の友人の男の子から

「お前も老けたよなあ」と言われた。

「そりゃあ今年30になるんだから、老けるに決まってるじゃん!」と笑ってその場は収めたものの、

次の日にはセンター分けだった前髪をぱつんと切って、少しでも幼い見た目であろうとする自分がいた。


謙虚を装って自分自分卑下したことは何度もある。

「もうアラサーだし」「ばばあには辛いよ」

そんなことを言い合って、女子会で笑い呆けていた。

でも自分でもなく、近くの女子友でもなく、同年代の異性に言われた「老けた」という言葉が、

私は凄くショックだった。



この見た目の若さに甘えていたんだなあと思った。

若い見た目がいつまでも続くと勘違いしていたんだろうか。



人は「惨め(みじめ)」という言葉に敏感だ。

シミやシワには怯えながらも、若作りするような人にはなりたくないと言う。

40代や50代になって「今でもかわいいとか、綺麗って言われます」みたいな人とは距離を起きたいし、

若い女の子というだけでちやほやされていた時代から若い子をちやほやする側へのポジションチェンジができずに苦しむ人を見て、

ああはならないと心に誓う。


なぜって、惨めだから。


でもこんなにも忌み嫌う「惨め」の範囲って、本当はすごく曖昧で分かりづらい。

私には若作りして痛々しく見えたとしても、

その人にとっては年老いた格好をすることのほうが「惨め」なのかもしれない。

実年齢にしては顔の皮が引き伸ばされていて違和感があるように見えたとしても、

その人にとっては自分の顔にシワがある方が「惨め」ってことなんだろう。

自分の「惨め」の基準マジョリティマイノリティかなんて、誰にも分からない。



ただ、私がどれだけ悩もうと、老化は止まること無く進み続ける。

30歳という年齢は、見た目や若さ基準から一歩外に出る機会を与えてくれる年齢なんだね。


今まで見た目や若さアイデンティティを保っていた人には辛いけど、

こればっかりは、他の部分で、自分に自信を持つしかない。

そしてその自信は、他人から認められることでしか、得られないんだよなあと思う。

結局そこだよね、いつもそこ。

どんな自己啓発本も結局、

他人幸せを考えよう」「与えられることを考えよう」みたいな話に落ち着くんだよ。

できたら苦労しないっつーの。



ただこれだけは言えるのは、婚活するなら、男も女も見た目はマシなほうがいい。自戒も込めて。

2018-01-18

意識高い系になる方法

意識高い系と本当に意識が高い人の違いは「周りから評価を気にしているかどうか」「怠惰努力を嫌うかどうか」だと思っている。

まずはホリエモン自己啓発本を読む。

ほぼ同じことが書いてあるのに何冊も読む。そして影響を受けたと言ってるくせに行動しない。

ホリエモンが言ってたことを自分が考えたことかのように友達に話す。

そして友達を見下す。

自分ホリエモンになったような気になる。

面倒なので自分能力を高めることはしない。

なので「人脈づくり」を始めても能力がないので大したやつが集まらない。

見栄えのする人脈が欲しいのでビジネスマンかに会いに行く。そして自慢。

毎日ホリエモンツイート名言botリツイートし自らがホリエモンbotと化す。

これであなたも立派な意識高い系です。

2017-12-30

anond:20171230152740

「誰でもできたこと」が誰でもできれば自己啓発本なんか不要なんだがな。

まり批判してきた学者様がたは単に嫉妬派閥闘争で潰しにきただけ。

学問世界なんてそんなんばっかりだからな。

2017-12-26

うーん

自己啓発本メンタル系にはどんなことにも道はあるから信じてって書いてあることが多いけど、すぐに見つけられたらいいのにね。

2017-12-03

君たちはどう生きるか』が売れている

なんか『嫌われる勇気』のヒットと似てる気がするな

あのヒットを見て、子供向けの自己啓発本を出せば

売れるんじゃねえの?と考えた編集者がいたんだろうな

2017-11-25

イチロー信者ラノベすらろくに読めない人のお言葉です

イチロー名言 「僕が読書をしない理由」を見た。

これ!!!

そうか、ぼくはイチロー信者から読書苦手なのか。

読書が苦手というか、読書で染まった人間と喋るのが苦手なのか…すげーわかる!!

再三、「ぼくは東浩紀信者が苦手で、友達がそうなってしまたことについていけずに縁を切る結果になった」という話をしてるけど、あれなんで苦手かというと「本を読んだかどうか」「自分または東浩紀に近い解釈かどうか」がOSになって喋ってるから苦手なんですよ。

目の前にいる人と話せてない感じが

勉強することと、

共感することと、

崇拝することは全部違うんですよ。

勉強してるつもりでも、その文献通りじゃないと納得行かない(崇拝の状態になってしまってる人)と、会話をするとそれが宗教であれ、哲学であれ、目の前にいる人間以外との会話になるから、崇拝してる人と話しても面白くないの

ぼくはその友人の言葉や行動に興味があるのであって、東浩紀に興味があるわけでもなんでもないわけ。

から東浩紀基準で正しいか間違ってるかを判別し始めた時に、この人と会話してる気分になれなくて冷めた。

それが本を読んでる人達の、ある一定割合の人の態度だから避けてる

逆に、ぼくが二村ヒトシとか、藤沢数希恋愛工学読んだ時に、なんであんなに病んだり、キレたりしてたかというと、本の内容との距離感がつかめなかったから。

賛成すると本に支配され、反対すると猛烈に拒絶してしまう。

付かず離れず知識として、その人の生き方という1ケースとして冷静に読みづらい

一般読者にとって、下手くそ自己啓発本か、できの悪いラノベぐらいが一番読みやすいのは、本に自分が乗っ取られない(極度に崇拝せず、かと言って拒絶もしない程よい距離間を保ちながら)読めるからだとおもうんです。

逆に言うと、文章うまい人や論理構築がすごい人の本は宗教じみてしまいがち

色んな人に影響を受けてるから自分言葉じゃないもの引用・盗用になりがちな形で言葉を吐くことはぼくにもあるけど…なるべく自分なりに咀嚼して、完全に同じにならないように(できるだけ表面上違うけど、本質的には同じこと言ってるぐらいの感じに)したいのよね。

からいい影響は受けたいし

好きな女の子や、頭のいい人に共感はしたいよ?

だけど、崇拝まで行かないように、どうにかこうにか距離を保っていたいという気持ちがぼくの中にあるんです。

崇拝すると、崇拝した相手にも全然関係ないやつと話す時もつまんない。せいかいありきになって自分言葉自分の考えが話せなくなるから

2017-11-11

anond:20171111080308

ああ、自己啓発セミナー依存させて金むしり取るから危ないからさ。

自己啓発は本だけでやるものだと思う。本なら1000円ぐらいで済む。特に自己啓発本アマゾン中古でも安くなってること多いし。

2017-11-08

https://anond.hatelabo.jp/20171107110105

参考書とかチュートリアル動画かに数十万円くらい費やしてきたけど、それの1割も満足に読めてない。

たとえば野球とかのスポーツをするとき、そういったものだけやっても身につくわけ無いのは誰でもわかるでしょう。でも、アスリートとしてのトレーニングをしていてある程度技術があれば、そういうものをやったことで大きく能力を向上させられる。

IT"技術"だって一緒。そういったもの活用できるには、当人が日々トレーニングを続けていて基礎技術能力を持っている必要がある。

こういった基礎自体にかける人は、勉強という視点ではなく、技術習得という視点で考えてみる必要がある。

少なくとも、自己啓発本とかビジネス書とかをたくさん流し読みする様なやりかたは、技術習得とは真逆にあることは確実だから。あのことも知ってるこの人も知ってる、でも自分では何もできない、ってのになるだけ。

技術とは一つのことを何度も視点を変えながら繰り返すような事が必要で、まずはそういった繰り返しこそが技術が磨く手段であることを認識して、同じことをやって無意味とは思わないようなマインドを持てるようにする必要がある。

FizzBuzz, BrainfuckLISP、scribble、lifegame、echoサーバ、などなど、そういったシンプルでも濃い技術要素を扱うプログラムを少なくとも1つは自分の中で習熟するのだ。そして、次々出てくる様々な新しい技術適用しながらこの同じものを何度も書くことで、体に覚えさせている。

これはスポーツで言えば実戦形式での練習の積み重ねであるアプリケーションを作るのはスポーツで言う試合のようなもので、基礎がないのにただ試合に参加ばかりしたところでうまくなどならない。

2017-10-29

anond:20171029181449

宗教由来ってどこまで含むの? コヴィーの7つの習慣とかも含めるの? 自己啓発本も結局は宗教に行き着くよね。

2017-10-18

反抗的って何なんだろう

昔のことに愚痴を言うのはあまりよくないことだ、と言われてきた。過ぎたことに拘って何になるのか、とも言われた。

でもただぼやきたいだけの時もある。 人間だもの

幼少期、私はあまり言葉が上手くなかった。人並みには喋っていたと思うのだが、自分の怒りの理由不快感の根源をうまく大人言葉説明することができなかったのだ。

とても歯がゆかった。自分が感じている『何がどう、と説明できるわけではないがとにかく嫌だ』という感覚を、ただのわがままのように受け取られることが耐えがたい苦痛だった。

今の自分が遡ってそれらを言語化するなら例えば「どうして自分がやりたいと言ったわけでもない楽しくもない習い事に無理やり連れていかれなければならないのか」という訴えである

文句があるなら口で言え」と拳骨を食らわされながら育った。「お前は万年反抗期から」と厄介者扱いもされた。

だが私の記憶をどれほど掘り返しても『親からきちんと言葉を尽くして説明された』記憶は驚くほど少ない。最近記憶まで検索範囲を広げてみても、結果は同じことだ。

「それは理屈が通ってない」と私がいくら主張したところで、「お前より三十年以上長く生きてるんだから親の方が世の中の事をよくわかってるんだ」という亀の甲より年の劫理論聞く耳を持たない

或いは偉い学者先生が言ってることだから正しい。彼らの主張は大抵の場合対人論証を含んでいて、要するに『子供の言うことだから正しくない』と思っていることはよくわかった。

文句があるなら言えと言ったか文句を言ったに過ぎない。

だがどれだけ言葉を尽くして説明しても無駄だった。言い争いの結果は始まる前から決まっていて、彼らにとって私の言い分は最初から「ただの言い訳であるとか「口答え」であるとか、そんな風にしか思われていなかった。

黙って言うことを聞く以外の選択肢そもそも存在しておらず、激しい言葉を選ぶなら『対等な、意思ある人間として扱われた覚えは一度もない』ことになる。

彼らには切り札がある。経済的問題だ。

何か議論が行き詰まると必ず「誰の金で生活してると思ってるんだ」という一言に辿り着く。

「何か言いたいことがあるなら自分でちゃんと稼いでから言え」というのが親としての彼らの主張であって、それは当時の私にとっては本当にどうしようもない事柄であったので、一切の交渉不可能であることを思い知るだけだった。

大学に行きたくなかった。本当は専門学校なり美大なりに行って、何かを表現する技術を身につけたかった。

けれど、彼らにとってそれは「逃げ」であって、「お前は落ちこぼれたか受験から逃げたいだけだ」と決めつけられていたし、大学に行かないなら家を追い出す、とも言われた。

これは彼らの常套手段である経済的な支えが皆無である子供相手に「意に沿わないことをするなら経済的支援を打ち切る」と脅しをかけるのは二択とすら言えない。

高校生にもなればなんとかバイト、という手段が発生するが、それ以下の子供に対して「稼ぎがないこと」を理由発言権事実上ないものとするのは些か横柄であると言わざるを得ない。

小学生の頃には既に明言されていた指標なので、「(稼ぎのない)お前の言うことには何の価値もない」と言ったも同然である

付言すれば、私の成績が悪化たことに対して「やる気がないなら勉強したいけどお金がない他の子供に投資する」という脅迫めいた発破を常に繰り返した。

彼らにとっては「よく勉強する口答えも贅沢もしないいい子」でなければ出来損ないだったのだろう。はっきり言って苦痛だった。

常に親との致命的な価値観の違いを感じていた。

かに金銭的なことや現実的事柄というのは疎かにしてはならない。義務は果たさねばならない。ルールは守らねばならない。

けれど、人にはそれぞれ価値観がある。自分が何を大事だと思うのかは自分しか決められないことだ。

かにとって「金になるかどうか」が一番大事であることは否定しない。けれど、私はそこに重きを置かない。それだけのことだと思う。

子供の為を思わない親はいない」なんて言葉は何の慰めにもならない。「自分の思う『子供にとって一番いい』状態以外は全て問題である」という態度を取り続ける人間を、どう受け止めれば良いのだろう。

例えば対等な友人関係於いて「お前の為を思って言ってるんだから、お前は俺の言う通りにすればいいんだ」などと言われて納得するだろうか。

対等でなくても良い。会社上下関係於いて「お前は新人なんだから口答えしないで黙って働け」などと言われて納得するだろうか。恐らく十数年前ならそれが普通だったのだろうと思う。でも今そんなことを言えば間違いなく『パワハラである

家庭、というのは自由選択事実上不可能人間関係である特に子供にとっては、経済的社会的要因から必然的にその拘束を受ける。

親が叶えられなかった夢を叶える為、代理戦争を戦わされる子供もいる。

家庭内不和をどうにか修復する為、極端にいい子で居続けたり、問題児として集中砲火される役を引き受ける子もいる。

選べない環境の為に、選べる自分の振る舞いや考え方を変質させていく。

自分意思を持つことを悪いことだ、逸脱だ、とされ続けながら、ひっそりと生き延びている。或いは死にそびれている。


彼らの理論に従うなら、今現在でも私には何一つ発言権がない。

精神的に問題があり、大学に行きこそしたが「普通の人が当たり前のようにできる卒業すらままならない」人間だったので私は晴れて役立たずの称号を授かった。

彼らが私を見下しているように、私もまた彼らを見下している。

「いい大人で稼ぎもあるくせに子育て一つまともにできないような人間の言うことを聞く必要がありますか?」

喉元まで出かかる言葉をどうにかして飲み込んでいる。

『成長する為にはあなたが許さないと』

なんてのは嫌という程言われ続けている。カウンセリングでもそう。自己啓発本の類でもそう。宗教絡みも大抵は、そう。

若い頃の苦労は後々為になるから

なんてのも聞き飽きた。選べなかった人生のことをあれこれ言うよりは手持ちのカードを切るしかないという諦めを持てと、そういう話なんだろう。

ある意味で、私はもう私のことについては諦めがついていると言っても良い。

今更どうにもならないことを嘆く必要はないし、それが何かの助けになるとも思わない。

ただこうして文句を言いたいだけのこともある。

昔の私が言えなかったことを、代わりに言わなければならない、と思うこともある。

そうして多分、「今まさに昔の私と同じ状態にいる」誰かの目に留まることを、ほんの少しだけ期待しているし、あわよくば「昔の私を作ろうとしている」誰かの親になるべき人の目に留まってほしいとも思っている。

確たる主張があるわけではないが、「それは我慢するべきことなのか」「我慢させるのが当然なのか」を一度冷静に考えて貰えれば何よりだと思う。


それに、私は「私のことは諦めた」とは言ったが「私の人生ギブアップした」わけではない。

それだけは、ぼやき最後に付け加えておく。

2017-10-09

anond:20171008232016

ああ、完全に少し前の俺だわ。

気持ち痛いように分かる。

時間潰しがイオンってところからして

郊外or田舎住まいだろうしそこも同じだ。

・俺は今まで何してたんだ

・これまでの人生で何を積み重ねてきたんだ

一年前と今の自分、何も変わってない

コイツらと俺、どこで差が付いたのか

・俺とコイツらは決定的に違う人種なのか

って気持ち休日の度に襲われてた。


俺が変われたのは趣味音楽だったな。

趣味が同じ人間って人間性が似てると思う。

結局社会人他者と繋がり持とうとなると

何かしら共通項が無いとしんどいと悟った。

時間も有り余り、ずっと一緒の空間

価値観形成してく学生時代とはワケが違う。

生活時間の大半を仕事に取られる以上、

限られた時間勝手知ったる仲間と

全力投球で存分に楽しみたいからな。

俺も自分って無趣味だな、と思ってたけど

実際は全然そんなことなかった。

世代友達恋人と出かけてるときに、

偏執狂的に音楽聞きまくってたおかげか、

俺の音楽に関する知識は気付かぬうちに、

初対面のバンドマンと対等に

渡り合えるくらいの領域に達してた。

今では交遊の途切れてた幼なじみ

音楽談義から発展して楽器を始め、

教室に通う傍ら、バンドをやってるよ。

徐々にではあるけど人脈も広がりつつある。

数年前の俺が見たら驚くんじゃないかな。

相変わらず友達は少ないけど、

俺って充実してるかな、って

たまに思える程度にはなった。

ネットサーフィンしてる、とあるけど

無意識でも何か好きな物を優先的に

調べてるはずだからそこを掘り下げて、

世界でも一歩踏み出してみてくれ。

何かが変わると思う。

(安っぽい自己啓発本のような締めですまん)

2017-09-22

anond:20170922114559

憤慨ブコメってどれのこと?

2017-09-21

人嫌いの生きる世界は無いんですか

いろいろあって自己啓発本を読んでいるんですが、だいたい全部人間が好きなことが前提にあって辛い

これ言い出したらクソリプ代表である「○○な人だっているんですよ!!」になるのでとても言えたもんじゃないです

とは言え、人は嫌いだし、自分人間に生まれたことすら嫌悪している人間なのでどうすりゃいいんだか

やっぱり素直に山ごもりでもして一人で静かに死んでいくべきなんでしょうか

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん