「無痛分娩」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 無痛分娩とは

2020-05-10

結婚妊娠出産絶対出来ない。

今日出産YouTube見て号泣した。

私には絶対に出来ないと思った。

あんな痛みに耐えられないし、苦しいし、痛いし、怖い。

私は結婚も、妊娠も、出産も、全部が怖くて、

私には出来ないって思った。

よく軽々と将来は結婚して、子どもを3人授かって・・・ なんて言ってたな。

私には絶対出来ない。到底無理だ。

だったら毎日働いて、上司から嫌味言われる方が千倍マシなんだろうな、と思う。

あんな痛いのに、苦しいのに、産まれからも大変なのに、出来るわけがないって思った。

結婚も、結婚してからスタートで、

きっと色々あるのに。出来るわけないよ。

というか結婚するメリットあるの?って思う。本気で。

結婚妊娠出産といわれる女性花形

ライフイベントに対して恐怖しかなくて、

そこに「大丈夫だよ」って言ってくれる人もいなくて。

それは当たり前で。

だって自分人生自分で決めるものから

結婚妊娠出産も、自分がしたい、と思ってするものから

30までに、とか言ってあと3ヶ月後にはもう29歳で。

それなのに自分自身は何も成長できてなくて。

周りはどんどん結婚して、子ども産んで。

本当に尊敬するし、すごいなって思う。

正直、自分には絶対出来ないなって思う。

YouTube動画の中で、

あなたはお母さんになれる?なれるなら我慢しようね!」って

助産師さんが言ってて。

無理だよ。怖すぎるよ。

申し訳ないけど、痛い思いも、苦しい思いも、

大変な思いも、出来ればしたくない。

大人になるっていうのは、そういう思いを、

お金地位時間を使って、それらを出来るだけ予防することだと思ってたから。

無痛分娩なら痛くない訳じゃないし、

妊娠してるだけで十分苦しいし、

仕事はどうするのって思うし、昇進だってしたいし、

私はこれからどうすればいいんだろう?って、

一体何人の女性が思ってるんだろう?

私と同じ気持ちの人、どれくらいいるんだろう。

2020-04-05

女が子供を欲しがる理由って何

男はまだわかる 責任問題があるとは言え、妊娠も基本自分身体のことではないかノーダメージ感あるし、子供欲しいから作ろう!と思うこともあるだろう

ひるがえって女はどうか

1年弱身重になるし、食べ物の好みが変わったり気持ち悪くなったり体型・体質が変わったりしてつらく、最後にはすごい苦痛を伴う出産が待つ(無痛分娩とかもあるけど)

死ぬリスクさえある

それをわざわざやってまで妊娠したがるのはなぜか そうまでして子供が欲しいか

俺は30年弱生きてきて子供が欲しいと思った瞬間が1秒もない 

子供を作るにあたって負うリスクが小さい性である俺ですらそうなのに、クソデカリスクがある女がそのリスクと天秤にかけてまで子供を欲しがる理由マジでわからん

やっぱ本能ってやつなのか?でもなんつうかそれにしては妊娠出産って複雑じゃん

腹減った!とか眠い!とかは請求力ある身体感覚が伴うけどさ、子供欲しい!っていうのに対応した身体感覚はないじゃんね 性欲とは違うだろうし

なんなんだ なんで合計特殊出生率が1.4もあるんだ フツーに生きたらひとり以上産むってことでしょ?

信じられない 

一年弱の苦痛後遺症と死のリスクとその後の人生における多大な労力とひとりの人間(子供)の人生のものへの責任 に見合う何を見出し子供を作ってるんでしょうか

2020-01-02

後期流産がきつかったので書く

昨年、2度目の流産をした。

妊娠初期で流産する人は、1/3とも言われ、私も経験がある。

ショックだったけど、妊娠して間もない頃で、正直子供の形なんてないし、

体もまだ変わり始めだったので、回復も早かった。

けれど、今回は妊娠中期19週での「後期」流産

22週以降は、基本的中絶禁止。早期でも出産し生きている人も沢山いる。

から胎児の体がほぼ完成に近づいていた頃でもあった。

一般的に15週から安定期に入る時期だったが、私の場合はひたすら辛いまま終わった。

12週以降は、出産と同じ手順で死んだものを生まないといけない。

お金も同じようにかかる。死んでるから死産届も出さないといけない。火葬必要

誰にも祝福されなくて、痛みとダメージだけで何も残らない。

そんなこと、どこ調べてもあまり出てこなくて、実際はショックばかり。

そもそも誰もしらないし、経験者は辛くて思い出したくないことだからなのかもしれないけど。

流産について

妊娠初期の流産や異常は、胎児側の問題であることがほとんど。

無理しすぎは禁物だが、どうか妊娠中の人自分を責めないでほしい。

私は、義母に無理しすぎたか流産したんだとか、職場で唯一相談せざるを得なかった子育て中の人に後悔するから休んだ方がいいと言われたけれど、正直傷ついただけ。

実際、流産後に遺伝子検査して、胎児側の原因であることが判明した。

そもそも歳をとるとそういう確率がぐんと上がるのは承知のこと。

色んな理由はあれど、自己責任だし、そうなってしまった以上時間は戻せないし、不運としか言いようのないことで、現実運命を受け入れるしかない。

から、周りの人は、安易自分意見押し付けるのは気を付けてほしい。

育ちが遅い?

9~10週頃に、出産する病院を決めて近所に移った。そこで育ちが悪いと言われる。

年齢的に心配だったこともあり、胎児専門の病院にも行って、似たようなことを言われた。

そこはより詳しく、1時間くらいかけて診察してくれた。

トリソミーなどでよくある形状の異常は見られないけれど、小さいと。

(首の付け根の厚みなどで、その兆候が初期に出たりする)

原因不明で、あまり見ない症例だということで、そこにはその後も何度も通った。

体調の変化もろもろ

毎日毎日しんどすぎて、びっくりであった。ホルモンバランスの変化のきつさ。

つわり食事

まず、つわりで常にムカムカ。食欲でない。

口にするにも、ジュース飲みたくなったり、パスタ食べたくなったり、偏食になってしまった。

妊婦は生ものNG。ってことで、気を使うと食べられるもんが少ない。

<血流1.5倍>

血流が1.5倍になるって知ってた?妊娠してから知ったんだけど、1.5倍って!マジきつい。

例の胎嚢で栄養やっているうちはいいんだけど、胎盤ができてきて子供とつながっていき、血液から栄養送らないといけなくなる。

それは知識では知ってるけど、こんなに母体に負荷がかかるとは。身を持って実感した。

まず階段しんどすぎて、登れない。いつもさっさと歩いていた坂だって、途中休み休み

電車バスも立つのは本当にきつくて、息切れして心臓バクバク。人混みもすぐ酔うし、休み休み

<頻尿>

お腹が大きくなるにつれ、それはそれは頻尿で参った。打ち合わせなどで事前に行っても、終わる頃にはギリギリ。客先などで苦労した。

免疫低下と持病いろいろ>

赤ちゃんを異物とみなさないよう、妊婦免疫が低下するらしい。知らなかった、、、、

から、何年かに一度、弱っているときになるような病気がいっぺんにきた。

風邪悪化アレルギーによる咳喘息に。

むせ返る止められない咳がきつくて、お腹にも力入るし、ハラハラだった。

それによりヘルニアが再発して、咳すると激痛走って痛い痛い。

さらお腹がくるしくて前屈みになるから、腰が痛い。ヘルニアがいっそうきつくなる。

肌の痒みもすごくて、寝ているときに掻きむしってしまい手足がボロボロに。血だらけ。

目は結膜炎やらものもらいやらを左右繰り返し、まぶたの痒みはまだ残っている。

口の中がべとつくせいか虫歯悪化。何もかもボロボロに。

<不眠>

体調が悪くて寝付けなかったり、夜中に起きてしまって苦しくてもがいたり。

とにかく夜中に睡眠から覚めるのが毎日で、しんどすぎた。トイレも近いので夜中に何度も。

当然日中回復どころか体力奪われて朝から毎日ぐったり。

夜中に目が覚めてしまうと、色んな不安が吹き出すのも困った。このときスマホは悪の味方。

病院で言われたことや、言われなかったことや、とにかく育ちが悪かったせいもあって色々調べてしまった。

むくみ

色々辛かったけど、一番はこれかも。

もともと浮腫やすい体質なんだけど、無理をするとお腹パンパンに張ってしまい苦しくて気持ち悪くて動けなくなる。

職場ではヘルニアが出てしまい、と誤魔化していたが本当に辛かった。(実際それも出ていた)

下痢便秘なども色々あったけど、上記色々が辛すぎたので記憶から薄れている。

つわり気持ち悪さと、お腹が張って気持ち悪いのと。数ヶ月ほとんどずっと。

仕事もあるから寝ているわけにもいかないし、どうにもこうにも辛かった。

仕事

仕事は人に任せられないものも多く、立場的なこともあり部下の手前、がっつり働いていた。

しか夕方には体力ががくんと落ちて、ぐったりしがち。

頭の回転も悪いし、パフォーマンス落ちていたと思うが、何せ流産するかもしれないか妊娠も伝えられないため、頑張るしかなかった。

義父義母は近くに住んでいることもあり、夫経由で伝わってしまい、何度かお食事などもした。

自分の親は、少し離れていることもあり、育ちが不安定と言われている以上、言うに言えず。

流産の時は、母が子宮一部摘出手術になってると聞き、自分のことは言えず仕舞いになってしまった。

まだ伝えられていない。

その後も育たない

いや、一応、ゆっくりとは育っていた。けれど、一般的胎児成長曲線からは外れてしまっていた。

1W遅れくらいの大きさだ、と言われていたものが、14~15週にはそれ以上の開きが出てしまっていた。

普通だったら安定期に入るころ。一番楽しい時よと言われていたころ。

知らないことばかりだが、妊娠初期からこの辺までの成長ペースは、どんな人も大差ないらしい。大きさに差が出るのは、もっと何ヶ月も経ってから

ネットで調べても、生理日や受精着床日が曖昧であることによる妊娠週数のずれ、というのがよくある話らしいが、こちらは不妊治療病院に通っての妊娠なので、ずれはない。

病院では二箇所とも、原因不明と言われていた。胎児専門の病院では、万が一このまま育っても、低体重で生まれたり、障害を負うリスクが高いと言われた。

中絶も勧められた。産むとしても、NICUなど施設が整っているところでないとまずNGだとも言われた。

2人目、3人目だったら諦めたかもしれないけど、私には諦められず、悩む日々。

染色体異常

専門病院で教えてもらって、遺伝子についても勉強になった。

から1本ずつもらって2本のペアになった遺伝子は、全部で22対に加えてXYの46本。

数が欠けても多くてもだめなこと。数が合っていても、どれか1本でも短かったり欠けていても駄目なこと。

例えばダウン症21トリソミー、21番目の染色体が3本あることで起こる、一般的障害だ。

私の胎児は結果として6番目の染色体が少しだけ欠けていたことが、死後の精密検査でわかった。

胎児の死亡確認

話を戻す。中絶する?しない?など悩みながらも、22週を越えれば出産している人も世の中にはいて、育っている人もいるという希望のもと、胎児がまだ生きたいと育つのなら、覚悟を持って産む選択をしたいとも考えていた。

しかし、育ちが悪いと言うことは、低体重児以前にそもそもまだ外では生きていけない大きさなわけで。

いずれにしてもリスクがあるので、紹介された病院に一時変えることになり、初診察の矢先。

胎児は動いておらず、死亡が確認された。

こうなることも想定内ではあったんだけど。やっぱりショックで。わかりました、と言って涙を堪えるのがやっとだった。

夫はずっと仕事で忙しく、やっと同行してもらえたんだけど、動いている様子を一緒に見ることはなく終わった。(その前に録画した映像は見せたけど。)

超音波検査の後に、別の部屋で、今後について話があった。

頭ではわかっていて、話もちゃんと聞いているんだけど、目からは涙がぼろぼろ止まらなかった。

すぐに処置したほうがいいということだったんだけど、仕事があったり、先生の予定が合わなかったりで、入院10日以上先になってしまった。

体がなぜか楽になった矢先だったので、やっぱりそういうことなんだ、と思った。

妊娠19週。5ヶ月が終わる頃。

入院処置葬儀死産届けの手続き

初期の流産の時は、静脈麻酔で寝ている間に掻き出されて終わった。

1日の入院なので、日帰り。

鈍痛はあったけど、お腹も大きくなっていないし、なんてことなかった。

しかし19週での処置は、出産と同じ扱いなんだ。

から、分娩なの。

もちろん、流産専門の病院なんてないから、普通産婦人科

キラキラしたし新米ママのいる場所で、新生児の声が聞こえる場所で、自分は死と向き合う。

そんなところで、陣痛を起こして、産まないといけない。死んでるのに。

まれてくるものでないものを生むように仕向けるわけだから、前段階の処理もきつい。

お金も、出産と一緒の金額がっつりかかる。もう生きてないのに…

初期流産と違って、この数ヶ月、育っていたことを実感していて、胎動と思われるようなものも感じていて、一人じゃない日々を過ごしていたから、本当にショックで。

心身、お金、なにもかも、ダメージしかない。

理不尽に酷い仕打ちに、痛みも恐怖もすごいし、辛すぎて、前世で何か悪いことしたのかな?と思ったりもした。

監獄へ入って拷問を受けるかのような心持ちで、入院

入院1日目>

から荷物持って入院先へ。当初は個室なんて贅沢言ってられないと思っていた。

本当に4人部屋でいいですか、はい、と言ったものの。

聞くと、普通出産する、し終えた、お母さん方と一緒だという。

赤ちゃんは別部屋だが、見ることもあるという。

それはさすがに今の精神状態きついと思った。

個室は高すぎるので、せめて1日1万少々プラスの2人部屋を希望

他の妊婦がいつ入るかはわからないが、幸い今日はいないと言う。

2人部屋へ案内され、奥のベッドで荷物を整え、1日目の処置へ。

子宮口を広げる処置。何か棒を何棒も入れられて。そのままにされるので、痛いったら。

鈍痛で動けず。なぜか突然何度も吐いてしまって食事も取れず。

体が拒絶しているんだろうか。

この時から基本的にずっと点滴。この日は栄養や水分を入れるため、その後は薬を入れるなど。手が穴と痣だらけに。

入院2日目>

昨日に続き、さら子宮口を広げるために、棒を追加される。

激痛。この日から静脈麻酔

しかしこれが、意識が完全に落ちず、悪趣味映画みたいな幻覚が見えて辛すぎた。

吐くのはおさまってきたけど痛みがずっとあって寝てるしかない。寝てても辛い。

翌日の処置も怖くて寝るに寝れない。

入院3日目>

AM処置

静脈麻酔で、棒を全部取る。

分娩台へ移動。なぜか色んな不安とか悲しみとか?で涙がボロボロ出てしまった。

プラス15万とかするけど無痛分娩でお願いした。

猫のように丸まるように言われる。

背骨横に刺して麻酔を入れるんだけど、ヘルニアいかうまく入らず、激痛。全身ビックン!!てなるくらいの痛み。

位置を変えてもらい、3~4回目でなんとか成功。仰向けになる。

陣痛の促進はどうやったか忘れたけど、麻酔が切れたあたりで周りに誰もいなくて、言うに言えず結局30分くらい陣痛くらってたのが辛かった。

ずーーーーーんという痛みの大きな波が、やってきては引いていきまた来る〜!というのを繰り返していた。

これが陣痛か、、、と思った。

やっと先生が見に来て、もうきてるね、となって、掻き出されると言うか引っ張り出されると言うか。

どろどろにゅるにゅるしたあったかものが出て行き、どうやら出産したようだった。時間を記録される。

あの生暖かい気持ち悪い感触は、一生忘れないだろう。

その後、また静脈麻酔意識朦朧

残りのものを掻き出す処理。これをきちんとしないと、後々いけないらしい。

その後、意識は戻ったものの体がまだちゃんと動かないため、ナースセンター裏あたりで寝かされることしばらく。

やっと昼すぎに、自分のベッドへ戻る。

出産時、赤ちゃんを見る勇気は、私にはなかった。

あらかじめどうするか聞かれるんだけど、長く死んだままお腹に起きっぱなしだったし、そもそも成熟状態かつ人間死体は、見てしまったらそれが呪いのように忘れられなくなりそうで、怖かった。

でも、ごめんね、って気持ちは今もあって、向き合えなかったことも、やっぱり辛い。

PM葬儀対応

遅めの昼ごはんをとったあと、葬儀屋がくる。

火葬をしてもらい、死産届を出すためだ。

子供名前は?火葬場はどこにるすか?火葬はいつにするか?遺体はいつ運ぶか?立ち会うか?骨壺はこれでいいか?一緒に入れたいものはないか?お骨は引き取らなくていいか

などなど。

まだ出産直後でぐったりしていて、恐怖と痛みの感覚が残る茫然自失のところ、言われる。

名前なんてないよ!色々考えてたけどないよそんなの!入れるものだって、その子のためになんか用意したら思い出や思い入れ増えてもっと辛くなるじゃん!だから用意なんてできなかったよ!

そんな色んな気持ちがぐちゃぐちゃにあるんだけど冷静に言葉にできないから、涙がぼろぼろでて、たった一言ずつ、「ないです」とか、用件だけ答えるのがやっとだった。葬儀屋さんも別に悪気あってでもなく、人の良さそうなおじさんで、一緒に涙されてしまって、仕事から必要なこと聞いてるのわかるんだけど、でもこの仕打ちは、死産後直後の女性には辛すぎる。

市町村への提出、代理で行ってもらうようにはしたんだけど、そもそもこれなんとかならないのだろうか。

火葬も含めて、十数万。もちろん自己負担

ぐったりして色々終わったあと、同じ部屋に急遽入院患者

若くて可愛らしい、女の子らしい妊婦が、夫に甘えながらやってきた。

夫は、夜八時の面会時間MAXまでいて、翌日も朝からきていた。

赤ちゃん心音チェックや、夫へ甘えられる状況、すべてが羨ましく見えて辛かった。

<4日目、退院

体調も大分マシになってきて、順調につき退院OKとなった。

事務が動き出したら手続きしてすぐ出た。休み休み帰り、自宅で仕事など少々。

夫は仕事で忙しいこともあって、自分もそっちを優先すべきだと思い、死産のためにわざわざ来てもらうこともないと一人で頑張ったけど、これを見た男性は、女性が遠慮してもぜひ付き添ってあげてほしい。精神的にも、入院荷物運びで体力的にも、きつい。

帰路は、お腹の中が空っぽになり、心も何か穴が開いたような気持ちだった。

その後

仕事と体調の回復状況>

休日含んで入院たから、仕事は3日しか休まずすぐ復帰。

職場には、急遽ちょっと手術で。ということにした。

ただ、疲れやすくて夕方にはぐったりする日々はしばらく続いた。

何せホルモンバランスが一気に戻ろうとするため、なんか色々ぐったり。

骨盤内臓位置?もきっと戻ろうとしていたんだろう。なんかあちこち痛かった。

妊娠運動もまともにできない辛さだったので筋力も体力もぐんと落ちてしまった。

一週間はほんとぐったりしていて、夜もすぐ寝て休みも寝ていた。

二週間目くらいから、アルコールも美味しいと思えるようになって、仕事外で人とも会えるくらいになっていった。

階段や坂も、徐々に登れるようになった。

しか骨盤のあたりが痛い、というのはしばらく続いた。1ヶ月以上。

休み休み動いていたせいで驚くほど下がっていたヒップも、日常生活で2ヶ月後には大分戻ってきた。

<安置されたお寺へ>

1ヶ月半ほどして、お骨があるお寺に顔を出した。やや緊張しつつ。

本当は行かないつもりでいたけれど、それではあまりにも可哀想だと思って。

夫と一緒に足を運んだ小さなお寺では、本堂の仏さんの横らへんに、大切そうに小さな骨壺たちが沢山並んでいた。お人形やらぬいぐるみやらと一緒に。

それを見たら、涙が出た。手を合わせる。

家に引き取られなかったものたちを、大事に祀ってくれていたお寺に感謝気持ちしかなかった。

天国でお友達ができてるといいな。ここでは1〜2年安置していただいたあと、供養となる。

染色体検査

結果が出るまで1ヶ月以上かかった。

結果、6番目の遺伝子がほんの少しだけ欠けていたそうだ。

身体形状の異常は全くなく、指先も鼻も、内臓も、体はきれいに作られていたのにな。

いずれにしても、生まれても育たないものだったってこと。

女の子だったこともわかった。

お金

結局、今回の入院だけで全部で100万以上。入院費や葬儀屋代、無痛分娩や、染色体遺伝子精密検査も含んで。

出産一時金で40万ほど戻ったけど、それでも痛い出費となった。それ以外に、事前に検査も色々したし事後も病院に数回通った。

おわりに

これを書いてみたら色々思い出して涙が出た。普段もふと、思い出して一人涙が出るときもある。

何も残らなかったけど、経産婦になってしまい、心も体もめっちゃ痛めた。

友達幸せそうな出産記録や子育て記録などを見かけると、ああ、あの子同級生になるはずだったんだよなあ、と、思ったりする。

まずぜひ、みんな妊婦には優しくしてあげてほしい。

席を譲られたことはほぼなく、幸い座れた時に妊婦マークをつけておくことで高齢者の譲ってくれアピールには効果ありだった。

おばさんが譲ってくれたことが2回ある。流産しそうだったし、殆ど誰にも打ち明けられない状態だったから、妊婦として優しくされたことに、泣きそうになってしまった。

お腹大きく見えない頃こそ、心身共にしんどかったりする。男性が譲ってくれたことはない。

無事出産した人は、どんなに辛くても、そこまでいけなかった人もいることを知っておいてほしい。

子育ていかもしれないけど、私からしたらそれすら羨ましい。

子供大事にしてあげてほしい。

妊婦の夫である人へ。

本当に意味不明に辛くて、本人も理解できない状態だったりするから、一番近くにいる人が、一番大切にしてあげてほしい。

過剰なくらいで丁度いいし、どんな用事よりも優先してなるべく付き添ってあげてほしい。

最後に、お金めちゃちゃかかることや、精神的にも身体的にもダメージ大きいことが、誰にも知られず女性一人辛い思いして終わっている事実が、もう少し何とかなっていったらいいなと思う。

悩んでいる妊婦は、どう転んでも現実は一つだから勇気持って受け入れて、前向きに生きてほしい。

体調悪いのしんどいと思うけど、頑張って。

とりとめなく長々書いてしまったけど、読んでくださった方ありがとう。*誤字直しました

2019-12-14

そういえば産婦人科のお医者さん、8人も子ども居てすげ〜〜〜!!って思ったな。お手伝いさんもいるんだって、そりゃその人数居ればそうか。奥さんもお医者さん。お父さんもお医者さん。

産婦人科って訴訟リスク高いし激務だから年々数が減ってるんだって、でも不妊治療専門?みたいな所は増えてるんだってさ。うーむ。

そこは計画無痛分娩が基本なんだよね。この日に産みましょって決めて誘発して産むっていう。そうするとお医者さん側の負担も減るっぽい。

へーーってかんじ。

ファクトフルネスって本で、世界はどんどん良くなってるにも関わらず悪くなってるように感じる…みたいなこと書いてたけど、たしか技術革新とか公衆衛生てきなこととか、貧困とか、紛争地域とか…そういうマクロ視点では良くなってるように感じるけど、ここ数年の日本で見るとなんか…消費税どんどん上がってる割に還元されないし、保険料どんどん上がってるし…災害多いし、子供減ってるっぽいし、で未来に暗雲立ち込めてる感すごい。なんか大丈夫?ってかんじ。なので8人っていろんな視点でみてもすごいなあっておもいました。(小並感

2019-11-26

反出生主義の確実なメリット

出産中絶子育て避妊…みたいな結構意見割れ話題に関して一貫した立ち位置ができる

出産:何が何でもするな するのが悪く、しないのが良い 無痛分娩存在生殖ハードルを下げるので良くないが、もう産むしかない段階でわざわざ痛い手段をとるのはナンセンス

中絶:事情を問わずした方がいいが、そもそも妊娠をするな

子育て:お前が悪い お前の配偶者も悪い 子供を作るな 作ったからには全人生を捧げろ

避妊:絶対しろ ていうかセックスをするな 危ないから…

2019-11-19

anond:20191119100913

こういうマウントに持って行くためだけに

あえて無痛分娩を選ばない気がしてならない

anond:20191119100624

お前出産たことないやろ。死ななきゃセーフなんてもんじゃねぇぞあれ。

自然分娩は痛いし、帝王切開は手術だし、無痛分娩はある程度リスクあるし。

2019-10-29

妻の出産費用計算して驚いた

定められた定期健診だけ行って普通分娩なら自己負担ゼロなんだね。しかし少しでも負担を軽くしようとすると10万円単位バンバン金が出て行くのな。驚いたわ。染色体検査とか無痛分娩とか。

2019-10-17

女児を産みました

女児自然分娩で産んで、今日退院したばかり。

私の親が旦那に「子供性別はどっちがよかったの?」と聞いたら

旦那が私の親に「二人目を産んでほしい。次は男の子がいい。後継ぎが必要から」と言っていたらしい。

そんなことを聞く私の親はバカだし、旦那発言も私にとってはクレイジー

二人目が女の子だったらどうするの?双子だったら?お金めっちゃかかるよ。

私は一人っ子別にいいと思ってるよ。子供性別なんて関係なく健康に産まれてきてくれたら嬉しいじゃん。元気に生まれてきてくれただけでありがたいことなのに。

自然分娩でむちゃくちゃ痛い思いして出産トラウマになってるんだよなぁ。

無痛分娩はそれはそれで怖いって思ってる。

まあ、長女を育ててみたら育児の大変さやお金の苦労がわかって、旦那の気も変わるかもしれない。

旦那のせいで、三年もセックスレス子供作れなかったのによくもまあ二人目が欲しいなんて言えたものだなあ。

2019-10-10

自然分娩が過酷過ぎた

今日、初産で自然分娩で女児を産んだのだが、陣痛過酷過ぎて涙を流して苦しみまくり、弱音を吐きまくり悲鳴をあげまくり、ヤバすぎた。息むときに目を閉じていたら、一瞬いつもの瞼を閉じたのとは違う種類の暗闇が見えて(赤ちゃんを産むために全力で息みながらだと別世界が一瞬見えた)「あ、私は死ぬかも」と思った。妊婦さんによってはいきみで毛細血管がぶちぶち切れたり、何て言うかいつもとは違う馬鹿力を出さないといけないから色々と限界突破するんだと思う。私にとってあの暗闇は世界の終わりに見えた。

通っている病院は「妊婦さんにも子供にもダメージが少ないように自然のお産を目指します。」という方針。私のお産は、破水スタートだったんだけど、破水してから陣痛の間隔が短くなるまで一晩待ち、翌日、子宮口が全開になるのを待ち、赤ちゃんが胎内を回転して自然に降りてくるま半日待ち、陣痛経験したものしかからないと思うが、痛み地獄をずっと味わい続けた。お産で息んで、中途半端なところまで進んだら赤ちゃんが引っ込むなんて知らなかった。息んで赤ちゃんが産道?を進んだらそのままその位置赤ちゃんキープされるものだと思ってた。体力がない妊婦陣痛が起きて、子宮口が開くまで、赤ちゃんが降りてくるまでに体力が尽きて息むのが大変すぎると思う。私の病院は吸引分娩とかしてくれなかったのでひたすら赤ちゃん赤ちゃんの力で赤ちゃんが降りてくるまで待つのが辛すぎた。お産のときは会陰切開もされた。お産をしたあとで麻酔をして針と糸で縫われたから、おそらく会陰切開をリアルタイムでされたとき麻酔なしだったんだと思う。

陣痛最中、息んでいる最中に切られたからか、会陰切開の痛みは感じなかった。しかし、お産のあとの麻酔ありの針と糸で縫う手術は麻酔を使ったにも関わらずやっぱりそれなりに痛かったし、私の場合は、産道の中も切れたらしく、それも縫われていたらしい。

世間では自然分娩の他に無痛分娩や、帝王切開や色々とある

私は一番リスクが低いお産が自然分娩なんだと思ってた。帝王切開子宮と皮膚を二重に切るし、手術中は麻酔が効いていて良いが産後ダメージが半端なさそう。あと、帝王切開障害が残ったお母さんが「私は帝王切開車椅子生活になってしまった。もし、自然分娩か帝王切開あなたが選べる立場ならば自然分娩がいいよ」と書いているブログを読んでちょっとトラウマになった。無痛分娩ニュースでよく死亡事故報道されていて怖いし、背中麻酔の針を刺されるのが怖いし、無痛分娩で息むタイミングがわからず上手くいきめなくて子供の脳にダメージが残り、障害児になってしまったというブログを読んでショックを受けた。

色々と考えて自然分娩が一番いいんだろうなーと思って、自然分娩でお産した私だが、私が産んだ子は色々と事情があって産後すぐに治療必要になり、色々と検査を受けなければならなくなった。何も異常のない元気な赤ちゃんだと信じてはいるが、まだ結果を聞いてないのでドキドキする。

人間やっぱり健康であることが一番なので健康であってくれ。そして、ちゃん大人になり、私が死んだあともたくましく元気に生き続ける子供であってほしい。

私は産後カンガルーケアもできず、入院部屋で他の入院患者新生児可愛い声を聞きながら泣きそうになっているが、どうか我が子は健康であると信じている。

2019-10-05

無痛分娩してきた

ので自分経験を記録しておく。

30代、初産。都内総合病院で予定日より2週間前に計画無痛で出産した。

麻酔は硬膜外麻酔という下半身局所麻酔で、痛みは取れるが意識感覚は残る。

全くの無痛ではないケースも存在するので「和痛分娩」というのが正確らしいが、ここでは無痛分娩表記する。

・お産の流れ

その産院における、初産婦の一般的な分娩スケジュールは以下の通り。

前日に入院してテスト麻酔子宮口を開く器具を挿入して一晩過ごす。

翌日、子宮口が十分開いたら(5㎝くらい)、麻酔陣痛促進剤開始。破水していなかったら破水させる。

子宮口全開大(10㎝)になったら分娩室に移動して、自力でいきんで出産

お産が進行しないまま麻酔を使ってしまうと陣痛が弱くなり、分娩が長引いて危険になることがあるため、初産だとある程度陣痛経験する場合が多いらしい。

それでも本格的な陣痛ではないので、生理痛程度らしいけど。

私は幸いなことに、前日から子宮口4㎝も開いていたので、ほぼ陣痛経験することなく、最初から麻酔を使い、完全に無痛に近かった。

朝8時に促進剤と麻酔を入れて、12時過ぎには生まれた(初産にしてはとても速い)。

メリット

体力を温存できる

緊急帝王切開になっても素早く対応できる

痛くない

デメリット

費用

飲食や行動の制限

相対的産後の痛みを強く感じやす

麻酔陣痛促進剤に伴うリスク

まずはメリット

・体力を温存できる

初産婦だと一日以上陣痛経験することも普通にある。

いざ生まれるというときに、いきむ力が残っていないということになると、さらにお産が長引くことになる。

産後も当日から3時間おき授乳が始まり、怒涛の育児ライフ強制的突入するので、体力を残しておくに越したことはない。

・緊急帝王切開への移行

母親血圧が下がったりお産が長引いたりすると、胎児負担がかかるため緊急帝王切開になることがある。

そうなるとできるだけ早く胎児を出してあげないといけない。無痛分娩麻酔はそのまま帝王切開の際の麻酔として使えるため、手順が一つ減り、素早く対応できる。

実際私も分娩中に胎児心拍数が下がる瞬間が数回あり、緊急帝王切開もありうると医師に言われていた。

お産はいつ何が起こるかわからないので、安心材料の一つになる。

・痛くない

これ。

多少陣痛経験するにしても、陣痛マックスの痛みは感じることはない。

陣痛最中には立ち合いをした家族助産師暴言を吐いてしまうということも聞くが、無痛の場合まずそれはない。

私の場合は夫が立ち会ったが、陣痛中は普通に会話をしたり動画をみたりとリラックスして過ごし、生まれる瞬間も「産声でかいなー」と一緒に笑って迎えることができた。

前述の通り麻酔中も感覚は残っているので、痛くはないものの、胎児が出てくる瞬間のどぅるんとした感触はしっかり感じた。

そしてデメリット

費用

私の場合は通常の入院6日で70万円、無痛分娩10万円、計80万円ほどだった。

これは病院によるけど、どこも無痛はプラス10万円くらいかと。

そもそもの基本の費用が高いが、胎児モニタリング麻酔の経過チェックなどの体制が整っていたことを考えると、私は納得できた。高いけど。

飲食や行動の制限

事故防止のため、麻酔前3時間麻酔中、麻酔後1-2時間飲食禁止だった。

ただ、麻酔中は輸液されるので、のどが渇くという感覚はない。

下半身麻酔なので、歩行も麻酔後数時間はできない。つまりトイレ自力でいけない。

私の場合は導尿されてた。少し心理的抵抗はあったが、産後は回診のたびに会陰をいろんな人に見られ、母乳の分泌を確かめるために乳首を無遠慮につままれるので、思い返せば導尿くらいなんともない。

相対的産後の痛みを強く感じやす

産後には子宮が元の大きさに戻ろうとするときに、生理痛のような痛み(後陣痛)が伴う。

それに加え、多くの場合に分娩で会陰が裂ける。

麻酔が切れたあとにこれらの痛みがいきなり襲ってくる。

陣痛経験していないと、これらが人生の中で最高レベルの痛みに感じる(ような気がする)。

私も会陰がバチバチに裂けたので縫われたが、これがまあ痛い。出産当日の夜はひいひい泣きながらナースコールした。

ただ、後陣痛も会陰裂傷も痛み止めを飲んだり、患部を冷やしたりといった対策はある。

リスク

麻酔で重大な事故が起こる割合は低いが、全くリスクがないわけではない。

計画分娩だと陣痛促進剤も併用される。促進剤でも事故が起こったケースがある。

自分で調べても情報にはたどり着けるけど、これらの処置リスク事故防止のためにどのような対策をとっているか、などをしっかり説明してくれる病院を選んだ方がよいと思う。

今回の産院では、無痛分娩に関する説明会を受けることが必須になっていた。みっちり2時間半、質疑応答時間たっぷりとられていた。

リスクに対してメリットが大きいと納得できれば、無痛を選べばいいし、そうでなければ避けた方がよいと思う。

私の場合、完全無痛に近かったことと、よい病院に恵まれたこともあって、無痛にして本当に良かったと改めて感じている。

はてなーには「痛みを経験してこそ」なんて人はいないと思うが、無痛で産んでももちろん我が子はかわいい

お腹を痛めて産んだことがないから、比較できひんけど。

それではみなさまよい分娩を!

2019-09-11

自然分娩こわい

妊婦検診で「あと八日経ったらもう産まれても大丈夫ですよ。胎児が大きめなので予定日よりちょっと早く生まれた方がいいですね」と言われた。ついにこのときが来たかと思った。

胎児が大きすぎるとお産が大変になるということで思わず自然分娩は恐ろしいですね」と言ったら

男性医者が「恐ろしくないですよ。皆やってますから」と言った。

先生は今まで何千の妊婦のお産手術を経験してキャリアを積んできたんでしょうけど!男だから陣痛の痛みはわからんでしょ!

ビックダディの元嫁の美奈子さんだってあんなにたくさん子供を産んでるのに痛いのは恐いからって無痛分娩希望してたよ!!でも、結局は希望は叶わず普通分娩してたけど!

と色々言いたかったが言えなかった。

2019-08-20

普通分娩は貧困層が仕方なく行うもの

海外ではもう無痛分娩の方が主流になってるそうだ

日本無痛分娩全然普及してないから貧しい国になっちゃったってことなんだなあ

2019-07-27

おれは10億の男だった

30代半ばで結婚して1年、そろそろ子ども欲しいね、となったので夫婦産婦人科にいってきた。

絶対欲しいというわけではないけれど、そもそも妊娠できるのかどうか知っておきたいのが動機時間的にも金銭的にもつらいという(あとで肉体的にもかなり負担があることを知った)不妊治療をするかどうかはそのあとで考えればいいかと思っていた。あと、妻が子宮頸がん検査をずっとしていないというのも気になっていた。

自分精子、むかしほど栗の花のような匂いを感じなくなっていてこっそりと心配だったというのもある。

選んだのは、無痛分娩もやっている隣駅の産婦人科

女性ばかりだと思ったけれどちらほらカップルもいるし平日の朝から人がたくさん。赤子の鳴き声も聞こえる。

待つことしばらくして、妻の子宮頸がんの検査をする。すぐに問題なさそう、となって一安心

そして臨床検査技師さん(だったと思う)から妊娠不妊治療について説明を受ける。段階を経て検査して、何サイクルかしてからステップアップするとのこと。

無痛分娩は予約けっこういっぱいなので早めに、ということ。少子化だけれど産婦人科はどこも忙しい。

そして、心配事のひとつだった自分精子について、エッチな本でもおいてある採精室でもあるのかと思ったけれど、ただ蓋つきのカップとそれをいれる袋をもらって、いれて1時間めどで持ってきてください、とのことですこし拍子抜け。

注意点は、冷やす活動的でなくなるということだけ。冬はタオルまくのかな。話しぶりからすると妻がもってくることを想定していることに引っかかりを覚えつつ、次回もってきます、となりました。

次の予約日は、妻の月経間中に基礎ホルモンを調べるときなのでそこにあわせてもってくることに。各検査も、月経の何日後目途とかかなり細かくて日程や予約が難しそう。

そして55時間くらいの禁欲ののちの予約日の朝、妻に興味深そうに見守られるなか射精してカップにいれて病院で受付にわたす。

基礎ホルモン検査とあわせて聞くことができた結果は、静液量6.4ml精子濃度1億7800万/ml運動率71.9%。つまり精子数が、11億3900万あって問題ないとのこと。

まず、性教育でならった3-4億くらいというのとけっこう違うと思った。中学生時代は、毎回性衝動に突き動かされて3億匹もの精子ゴミ箱に捨てることに罪悪感をもっていたのは桁が違ったな、と。

ちなみに、最低限の基準としてはWHO基準では静液量1.5ml以上、精子濃度1500万以上、運動率32%以上なら妊娠問題ないとのこと。

また、産婦人科たぬきち先生によると、精液6mlを超える人はなかなかまれ。また多いと薄くなりがちとのことでかなり強いのではないか

ほっとするような気持ちもありつつ、自分努力ではないところでみっともないんですがちょっぴり自慢したい気もする。下品だし、なんらかの原因で問題を抱えている人にとってはセンシティブすぎる話題なのでここで書いておきます

増田での分布を知りたいので各自トラバ精子量を書いてください。

ちなみに検査1000円でした。

2019-07-09

anond:20190709220555

大抵の女は、無痛分娩妊娠苦痛も産んだ後の育児苦痛もそれにより食らう精神的・経済的ダメージも何も緩和しないし

出産のものリスク別に軽減しない、って事に気づかないくらいのバカじゃないんで…

2019-07-02

anond:20190702231847

日本ももっと無痛分娩が普及したり

日常的にヘルパーを利用する文化もっと浸透したらそれも可能かもね。

いまだに出産に際して無駄母体負担を追わせたがるからね。

2019-06-30

さくせんコマンドは『みんながんばれ』

父親が育休制度活用を始めたことにより、育休明け後の配置転換、急な転勤、職場復帰の拒否などが発生し、実質的懲罰見せしめとして機能することがあるようだ。

労働問題なのだから粛々と抗議の声を上げればいいのに、『こうした嫌がらせはこれまで産休育休明け後の女性が通ってきた道! 男どもは苦しむがよい!』みたいなTwitter投稿見ちゃってひどく萎える。

それね、『昔は無痛分娩なんてなかった、現代女性は甘えてないで同じ苦労をしろ』ってこと言ってる一部のスパルタ系老人どもと同じメンタリティですよ。

KKOが救われないのに母子家庭貧困率の高さなど知った事か』ってこと言ってる連中と同じメンタリティですよ。

これから性差なく労働問題として解決を目指しましょうねとなぜ言えない。

性別や年齢や立場が近いクラスタの苦しみを嘲笑されて怒るのなら、異なるクラスタの苦しみを嗤うべきではないよ。

男も女も老人も貧困家庭ライフワークバランス壊して働いてる会社員も誰も救われない現代の逆さ桃源郷はこうやって日々生まれてることに気が付いてくれ。

2019-06-03

子供作れない

結婚して3年。

子供作る気が起きない。

共働きで、まあまあな生活してて、お金もまあまあ余裕があって、このまま2人で老いてくのがいいと思ってる。旦那のことは愛してるしずっと一緒に居られるだけで幸せだ。

もう3年したけど結婚する前から子供なんてずっとずっと違う次元の事だと思ってるし今もそう思ってる。子供可愛いけど自分が育てられるかどうかなんてイメージがまったくできない。

職場の同僚の女の子達は皆、子供は欲しいよねーって話してる。

どうしてそんなさらっと子供欲しいなんて言えるんだろう?

出産まで辛い思い沢山するし産むことはとてもとても痛いらしい。そんなの痛がりで病院嫌いの自分が耐えられるとはとても思えない。産婦人科だってよっぽど無理なのに。

想像するだけで冷や汗をかいしまう。

子供作りたくないっていうのは痛みが恐ろしい(から、逆に無痛分娩ならいけるのかも?)のと、育てられるかどうかがまったく未知すぎるっていう2つがある。

夫には、その不安結婚前には話してて、納得の上結婚した。子供は諦める、と。

でも、テレビに映る子供をみて、欲しいなーと呟く夫の姿を見ると、謎の罪悪感というか、妻としてどうなんだろう?と自問自答して本当にこれでよかったんだろうか?と思う。

痛がりな自分をわかって子供を諦めてくれた夫はとても優しい。

まだ、子供を産める年齢だ。産むまでのつらさ、産む時の痛みを想像すると何もかも逃げ出したくなる。どうして世間あんなに母親になれるのだろう?私には無理だ。

2019-05-11

婦人科検診が怖い

婦人科検診のあの足パカ台に乗って、検診を受けるのが怖い。

おまたを見られるのは別に良い。おまたに器具を突っ込まれるのが怖い。妊婦から何回も検診に行ってるんだけど毎回平気じゃない。

慣れない。

こんなんで自然分娩できるのかなって不安になる。

でも、無痛分娩もとても怖いか自然分娩を選ぶしかない。

帝王切開かもしれないけど。

おまたに器具を突っ込まれるのが怖いのに、お産なんて恐怖。

婦人科検診怖い。

産婦人科女医さんや看護士自分婦人科検診を受けるときはきっと「別に」って感じなんだと思う。怖くないんだと思う。患者にいつもやっていることを自分がされているんだから。多少痛みがあっても「まあ、こんなもんだよね」とか思ってそう。

そう考えて耐えようと思うけど、やっぱり無理!って思う。でも、毎回耐えるしかない。

あそこに器具をグッと入れられる感覚不愉快だし、あそこの中をなんやかんやされる恐怖。

どうしたらいいんだろう。

2019-04-30

anond:20190430125329

アンチ無痛から何か攻撃を受けるの?無痛分娩かどうか隣の人からわかるの?子供笑顔があればそれでいいやん。

2019-02-12

無痛分娩した

夫や親や周りの人間理解もあって、「無痛?痛くないならその方がいいよね!」ぐらいの反応だった。

もちろん無痛には無痛のリスクもあるんだけど、選んだ産院が無痛分娩を推奨していてどんなリスクがあってどれぐらいの確率で起こって、もし起こった場合どんな対処をするのか?をしっかり説明してくれたので安心して無痛を選択した。

一口無痛分娩といっても、病院によっていつ麻酔を入れるかどれぐらいの痛みを軽減させるかは異なるのでその辺は確認した方がいい。

自分はあらかじめ産む日を決めて処置をする計画分娩だった。

まず、朝病院に行ったらバルーン子宮口に入れて、陣痛誘発剤を点滴で投与、だんだん痛みが強くなってきて子宮口が4センチほど開いたところでバルーンが抜けた。

バルーンが抜けたことで一旦痛みが落ち着いてしまったので、昼頃に人工破水

一気に痛みが強くなって、子宮口が6センチぐらい開いたところで麻酔を入れてもらえることになった。

陣痛の痛みは、生理痛→重い生理痛→喋るのが辛く、ただひたすら痛みに集中しないとしんどいぐらいの腹痛ぐらいまで推移した。徐々に痛さのゲージが上がっていくので耐えられなくも無いけど切なくなってくる。でも痛みのピークはこんなもんじゃないらしい。

麻酔背中丸め麻酔のシートを背中に貼る。腰のあたりに針を2本深く入れるんだけど、不快感と痛みがすごい、腰の骨と骨の間にゴリゴリと音を立てて針が侵入してくる。めっちゃ痛い。この間も陣痛の痛みが来る、腰もお腹もそれぞれ痛くてもう泣きたい。

麻酔を入れてくんだけど、下半身自分意志と反してブルブル痙攣する。寒い麻酔が入ってくる時の異物感が気持ち悪い。

入れてすぐはまだ麻酔が効かなくて陣痛普通に痛い。左側の感覚は無くなってきたけど右側はまだ普通に痛い。そのうち痛くなくなるとのこと。

時間だけ眠りましょうか、ということで腕から眠たくなる薬を投与。投与された血管が痛い。そのまま意識が遠のく。

時間経過、めっちゃぐっすり寝た、まだ寝ぼけてる。かすかに陣痛の痛みがある。

てか右骨盤がはじけそうな痛さ。耐えられるけど痛みのレベルがかなり高くなってるのがわかる。

いきみましょうか、ってことでお腹が張るタイミングで力を入れてみる。

てかこれどこに力を入れればいいの?

だんだん痛みが増してくる。てか右側麻酔効いてなく無い?!普通に痛いぞ〜!

3いきみ目ぐらいで痛さと苦しさでしんどくなってくる。

無痛、ふつうに痛いやんけ、てかもうなんかなんでもいいか解放してほしい。

苦しくていきみたくて仕方ないけど痛いし苦しいし出てこないしなんかもう痛くてだめで、つらいーたすけてーと声が出る。

助産師さんがあと数分でなんちゃらかんちゃらって言ってる、あと数分でなに?どうなるの?タイムリミットてきな?

お腹めっちゃ押される、部屋に人こんなにいたっけ、横で母が泣いてるけど頼むからかにしてほしい、がんばってんだよこっちはよお、みたいな理不尽気持ちになってくる。お尻を引っ込めて力を入れるのよ!ってめっちゃ言われる、めちゃめちゃ踏ん張ってるけど出ない……。

右腰が、右腰が痛いですって訴えたら麻酔追加してくれた。ああ、もっと早く言えばよかった……少し痛みがマシになる。

医者さんがきて、切りますねって言って股を切られたらしい、最後もう一回おりゃーっていきんで、オギャー!ですよ。

時間がかかったせいで赤ちゃんちょっと酸素状態だったみたい。

切られた股を縫われてるんだけど、引っ張られてる感覚があるだけでまるで痛く無い。

普通分娩と比べれば少ない痛みで済んでるんだろうけど、初産なのでわからない。

個人的には普通に痛かったし普通にしんどかった。途中でリタイアしたいのに出来ないし、停止ボタンとかも無いわけで、なんでこんな責め苦を……みたいな気分だった。

でもまあ無痛にしてよかったと思う。

長く辛い陣痛をずっと耐えて、陣痛ピークに耐えながらいきむ体力は自分には無かっただろうから……。

2019-02-05

anond:20190205185913

無痛分娩帝王切開では母性が育たない」という意見に対しての反対意見としての表明だった。

て元に書いてあるでしょう。だからその男性へのディスりかどうかはともかくとして、実際にそういう意見を言った人がいたか、もしくは意見が紹介されたわけですよね。だから

誰もそんな事言ってない場

ではないんじゃないですか。

anond:20190205113828

まさに帝王切開で産まれた男だが、何歳の頃かは忘れたが、ガキの頃に母親と一緒に風呂に入ってて、母親から

帝王切開っていう手術でここを切って、ここからあんたが産まれた」(意訳)

みたいな説明をされたが、リアルタイムでは特に嬉しいも悲しいもなかった(てかガキだからその本当の意味がよくわかってなかった)。強いて言うなら興味深かったかな。

で、だ。

  

無痛分娩帝王切開では母性が育たない」という意見に対しての反対意見としての表明だった。

あなたがどう思ってるか知らんけど、帝王切開で産まれた、産んだみたいなことを話すと実際こういうディスり方してくる奴がいるんだよ。

無痛分娩帝王切開では母性が育たない」という意見は時々見るが、全員の意見がそうではない。

また、その人の身近な誰かが現実発言したわけではない。

全員の意見がそうじゃないなんて当たり前だけどさー、その男の人、身近な誰かに現実にそう言われた経験があるんじゃないの? 少なくとも俺は言われたことありますね。仮想敵とは限らないよね。

「俺は出産で腹を切ることは生涯ないけど、ママは切ったんだぜ」というマザコンっぽさがこの発言から若干におうので気持ち悪い。

妄想仮想敵作ってるのあなたじゃん。バカじゃねえの。

自分が生まれときママの体にできた、一生消えない傷』を見た感想が「うれしかった」ってなんやねん。

帝王切開で産まれた男として申し上げるが、意味のわかんなかったガキの頃はともかく、大人になった今なら、そんだけ大変な思いをして産んでくれたことに感謝してますね。それを『わからないなりにうれしかった』と表現することに何ら違和感無いよ。そもそも自分が産まれイベント肯定的に言えない人ってかなりヤバくない? 帝王切開で産まれてきて消えない傷をつけて母親申し訳なかったとでも言って欲しかったわけ? そっちの方がかなりヤバくない?

ま、あなたに言わせたら、俺もマザコン気持ち悪いだけなのかもしれないけどね。ただ、思い込みで人を気持ち悪がってるのはあなたからね。そこはわかっといてね。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん