「システムエンジニア」を含む日記 RSS

はてなキーワード: システムエンジニアとは

2019-05-23

sshポートフォワーディング機能を齢30にて初めて覚えたでござる。システムエンジニアを名乗っていたが今まで無縁の人生でござった。(組み込み系メインだし!そっちは頑張ってるし!)

関係ないけど小川一水先生GitHubを覚えたときのような不思議な感動が胸を覆っている。

sshでつなぐと基本GUI開けないよね?のお手軽回答として、引数一つでいけるよと覚えておこう。

vs codeリモート機能も今更チャレンジしたくなったでござる。

繰り返しになるがRDPで十分だった人間が初めて成長した気がする。

2019-05-10

氷河期世代の37歳だけど人生初の「正社員」になった

法学部卒業

とにかく採用試験受けまくるけど失敗

飲食店アルバイトを5年、テレオペの派遣を2年

安定してる看護師を目指すも3年間で公立看護学校7校落ちた

諦めてMOSとか基本情報処理とか簿記とか資格取りまくる

30歳の時に契約社員プログラマーになる

Java勉強しつつ他のプログラミング言語を独学。32歳の時に契約切られた。

正社員になれなくて派遣社員になるも、エンジニア志望だったがカスタマーセンターのテレオペとして派遣されすぐ退職

別の派遣会社で派遣システムエンジニアとなり、下請けで働きつつ勉強したり就職活動してた。

そして登録してたサイトからスカウトが来て、昨年の11月から正社員人生初の正社員。試用期間も終わり5月から採用

試用期間中ブログTwitterアカウントがバレるというアクシデントも乗り換えた。

月給額面で36万。(残業20時間くらい)

めちゃくちゃ嬉しい。

今は過去免除してもらってた年金とか納付してる。

親にお金も返した。実家リフォームをしたらしい。

婚活サイトにも登録して彼女もできた。

幸せ

2019-05-07

anond:20190507173222

ただ一応ガチな所だと、「逃げるは恥だが役に立つ」での星野源役の人なんかは本来的にはKKOでなければいけない所だが、星野源を中てることによってKKO職業である(実際に9割がたKKOで占められる)システムエンジニアイメージアップになったのはある程度事実

イケメンを無理やりKKOに充てることには意味はあるんだよ。

2019-04-27

anond:20190427005837

私は短大卒で

マイクロオフィススペシャリスト

日商簿記2級

ビジネス検定

ITパスポート

資格を取ったけど、事務正社員仕事ほとんど落とされた。

派遣事務をやったあとにjavaを独学でやって、未経験からシステムエンジニアになった。

システムエンジニアデザイナーは細かい打ち合わせや会議取引先とのコミュニケーションもあるし、チームワークが大事仕事

ひとりで黙々やりたいなら絶対に向いてない。

食品加工とか警備員とかどうでしょうか?

2019-04-20

大企業問題

大企業システムエンジニアとして中途入社し、1年で辞めた。その時に思ったことは、私は40代以上の会社にしがみつく気満々のおっさんやおばさんが同じ社内に存在していることに耐えられないということだ。

彼らは年功序列給料は中途社員よりも高い。なのにたいした努力はしてないから低いスキルしかない。腕に自信があって中途入社する側からしたら、これほど耐え難いことはないよ。

こうした年功序列会社は、中途社員に対して年齢相応の給料ポジションしか提供できない。中高年のプライドを害するから。こんな馬鹿らしいことがあるだろうか?

海外じゃ at wll basis (お互いの任意)の雇用一般的会社おんぶに抱っこされて生きてきた無能社員日本若者の足を引っ張ってるだけ。全員安月給にするか解雇するべきだ。

2019-02-17

夫に整形して欲しい

年代結婚した友人、配偶者には友人もいた。

あの顔が羨ましい。私の好みの顔では全くないけど、すぐ子供作れそうな顔だろう。

良い意味で軽薄。

かたやこっちはだっさい眼鏡システムエンジニア。大して頭も良くない。

コミュニケーションにも問題のあるアスペルガー内面はこの際仕方ない。

外面をせめて街中で見られるレベルにして欲しい。ま、田舎埼玉人だから何を期待しても仕方ないか

2019-01-31

9ヶ月勤めたNTTグループ退職しました

タイトルの通り2018年入社したNTTグループの某社を退職しました。

2019年1月中旬正式退職したので、約9ヶ月間働いたことになります

記事では非常に主観的かつ局所的な話を書くつもりであり、一般性には欠けますのでご承知ください。

自己紹介

NTTグループの某SIer企業2018年度の新入社員として入社しました。

前年度までは大学院に在籍しており、情報系の研究を行っていました。

入社してから立ち位置としては一応システムエンジニアに分類されるはずですが、あまりシステムエンジニアらしい仕事は行いませんでした(これについては後述しています)。

退職までの流れ

2018年4月入社し、最初の2ヶ月間は新入社員研修を行っていました。

研修内容は大手企業あるあると言った感じで、挨拶練習名刺渡し練習ビジネス文章の書き方等を行いました。

周りは「研修が手厚くて良い」と言っていましたが、個人的には退屈なだけでした。

今振り返ってみると、この研修間中が最もつらかった様に思います

しかしながら研修自体は退屈であったものの流石に大手企業と言うべきか入社同期には優秀な方が多く、変な人間も少なかったため人間関係の面ではこれといった苦労はありませんでした。

6月になって研修期間が終わると正式部署配属が行われました。

この時配属された部署退職するまで在籍していたことになります

部署自体の詳細についてはこのエントリでは伏せますが、元々配属を希望していた部署であったため、配属当初は安心した記憶があります

退職理由

何か1つこれが決め手になってといった明確な退職理由はありません。

インターネットで言われるようなSIer業界の悪評についても内定から知っていて、実際に入ってみての感想としても「噂は真実だったんだな」くらいのものだったので特に入社したことに対する後悔もありません。

入社して詰まらない・つらい仕事であったら適当なところで辞めようと思っていましたし、その結果として詰まらない・つらい事象がいくつか重なったため退職するに至りました。

それらの事象を細かく挙げていくと切りがありませんが、そのうち幾つか分かりやすもの(且つ社内機密や違法行為に当たらないもの)を以下に挙げます

仕事の内容がほとんど雑務に分類されるようなものばかりだった

少なくとも自分想像していたシステムエンジニアとしての業務殆どありませんでした。

いわゆるSIerへの批判的な記事に挙げられるようなこと(Excelスクリーンショットを貼り付ける作業、何に使われるのか分からない謎の資料作成etc.)や、電話番等が主な業務でした。

新入社員に対して雑務を割り当てるというのはある種合理的な部分もあるとは思うので批判は控えますが、個人的には特に学ぶべきこともなく時間無駄に感じました。

一方でExcelスクリーンショットに関しては批判するべき部分があります

Excelスクショは「エビデンスを残す」という名目で行われることが多いと思いますが、システムが正しく動作たか顧客証明する目的であれば、結果ではなく検証をする方法提供するべきではないかというのが私の意見です。

スクリーンショットなんてものはいくらでも改竄可能もの(WebページなどであればDeveloper ConsoleHTMLを書き換えれば良い)であり、普通に考えればエビデンスとしての効力はないと考えられます

特に学べることがなかった

これは主にシステム開発・運用まわりについてです。

周りにはそれなりの年齢の方も多く、また社会インフラの構築を担うことの多い会社であるため、技術的な知識に造詣の深い方が多いと考えていたのですが、そのようなことはありませんでした。

大きな会社なのでそういった人も社内のどこかにはいるのかもしれませんが、少なくとも自分の周りでは観測できませんでした。

詳細は避けますが、技術的な知識に関してはその辺の情報学部生の方が理解していると思います

Linuxコマンドが分からない方向けにコマンドの打ち方をまとめた手順書(ターミナルエミュレータを立ち上げて、どこにユーザ名・パスワードを打ち込んで、どのボタンを押して...をスクリーンショット付きでExcelにまとめる)や殆ど問題を丸投げしている様な質問表等を作っていた時の心中は決して穏やかなものではありませんでした。

ファイル名の末尾に日付を付けるようなバージョン管理方法も噂では聞いていたものの本当に実在しているとは思っていませんでした。

また部署としては今後コンサルタントとなるような人材を増やしていきたいような雰囲気がありましたが、システム殆ど理解していない人にコンサルが務まるのかはよく分かりません。

個人的コンサルタントという肩書懐疑的なのもあります

環境に満足できなかった

主に常用していた端末周りの環境についてです。

使用しているコンピュータスペックがあまりにも低く(メモリ2Gハードディスク50GB、32bitOS)、まともに作業ができるような環境ではありませんでした。

Excelを開いたり、酷い時はIMEの変換機能使用した時にもコンピュータが固まっていました。

上で雑務殆どと書きましたが稀に開発をすることもあり、そういった場合特にスペックの低さによるストレスを感じていました。

私自身そこまで気合を入れて仕事をするような人間ではなく、むしろできることな仕事せず遊んでいたい人間ですが、やるべき仕事がくだらない原因で阻害されるというのはそれはそれでストレスが溜まるものだなと思いました。

自分だけでなく周りの人達環境でもそういったことは起こっていましたが、周りの人達はこの現象について好意的に感じている(コンピュータが固まるのを理由仕事をしなくても済むため)ようでしたので、その辺りの温度差も退職理由になっています

計算すれば高スペックコンピュータを導入するコストよりも、低スペックコンピュータを使うことにより生じる人件費無駄の方が大きいと分かるような気がしますが、あまり計算が得意な人がいないのだと思います

全体的な会社方向性に疑問を感じた

これは主にセキュリティ施策についてです。

昨今セキュリティ重要視され、セキュリティに関する施策予算が付くようになったのは良い点だと思っています

しかしながら、実施される施策的外れものと言わざるを得ないものばかりでした。

的外れならまだ良いですが、それはセキュリティリスクを高めるだけなのでは?と言った理解のない上の人間が思いつきで実施したとしか思えないものもあり大変疑問を感じました。

意味のない施策業務環境が不便になるのも見てる分には面白いですが、その中で仕事がしていきたいとは思えませんでした。

パスワードの定期変更や、暗号化zipファイルメールで送り続いてパスワードメールで送る等のバッドノウハウが未だに存在していることも知りました。

たこれはSI業界全体に言えることだとも思いますが、RPAとかDX(Digital Transformation)とか10,20年前に言うならともかく、今更言っても時代錯誤感が強いです。

良かった点

退職理由として不満点を挙げることになってしまいましたが、良い点もありました。

残業ほとんどなく休みが取りやすかった

これは部署プロジェクトに依る部分もあるみたいですが、少なくとも私の所属部署では早く帰ったからと言って咎められるようなことは殆どありませんでした。

最近労働時間に関する制限がかなり厳しくなっているようで、残業が多い部署は上から注意されているようでした。

有給休暇についても申請して拒否されるようなことはなく、むしろ消化が推奨されていました。

休んだことにより後から文句を言われることもありませんでした。

周りの人が良い人ばかりだった

上司や同僚から理不尽な扱いを受けるようなことは殆どありませんでした。

入社前のイメージパワハラモラハラは当たり前といったものであったため、非常に驚かされた部分です。

また少なくとも自分観測範囲では人種国籍性別による差別は行われていないように見えました。

福利厚生が充実していた

流石にNTT系列と言うべきか、福利厚生は充実していました。

色々ありすぎて私も全てを把握できていませんが、恐らく福利厚生に関しては国内企業ではトップクラスに充実していると思います

年収が高かった

少なくとも1年目の年収としては比較的高い方であったと思います

業務内容の割に高いとも思いました。

日本人の平均年収程度は貰えていたはずです。

私の場合残業殆どありませんでしたが、役職のない若手が残業をした場合残業手当が付くため(役職がつくと裁量労働制になる)、残業をした場合は更に貰えると思います

もちろん残業手当は働いた分だけしっかり付くようでした。

ただどうやら年収の伸びはそこまで良くはなく、聞いた話では20~30年勤続し管理職になってやっと1000万程度らしいです。

また国内大企業らしく厳格な年功序列制があるようでした。

まとめ

入社してから退職までの約9ヶ月間を振り返りました。

ただ勤務中はかなりささくれ立った心境であったため、こうして比較的穏やかに振り返ることができて良かったなと思う次第です。

巷ではSIer崩壊説みたいなものもありますが、個人的にはSIerは今後も続いていくと考えています

環境改善していって数十年後に「あの時辞めなければ...」と後悔することになると面白いですね。

今後の身の振り方については決まっていて、ソフトウェアエンジニアとして転職をすることにしました。

具体的な企業名や待遇等について詳細を書くことができませんが、年収については前職であれば20~30年勤続し管理職になった場合と同程度になります

最後になりましたが、読んでいただきありがとうございました。

2019-01-24

いろんな仕事を2週間くらいしてみたい

アニメーターとか

システムエンジニアとか

プログラマとか

全く知識ないけどしてみたい

2018-12-21

俺より楽な会社員の人いる?

30代前半、年収600万弱、職種システムエンジニア

在宅勤務OK会社なので週2日は家でゴロゴロしてたりジム行ったりしてる。

会社ポータルサイトログイン履歴が出退勤の時間になるので朝ログインして二度寝

たまーにスマホからメールを返したり資料確認をしてる。

出勤しても勤務時間の8割はネットサーフィン

フレックスなので出勤も11時とか。

ここ2年くらいずっとこんな感じ。

あ、別に窓際とか会社から評価が低いとかじゃないよ。

たぶん実働で月30時間くらいなんだけど、そこそこの年収で俺より働いてない人っているの?

2018-12-11

求人に書いてあることと違うことをさせる株式会社アイビス

株式会社アイビスは、お絵描きアプリアイビスペイント出しています

私は、株式会社アイビスで2年ほど働いていましたが、精神的肉体的に社会復帰できなくなってしまったので退職しました。

理由は2つあります

1つ目は、営業の人が案件エンジニア技術力を考えないで、プロジェクトに任命させることです。

私は、言語としては、C++基本的に触っていましたが、営業の方から案件がないかGo言語でもいい?というか、それしかいからお願い、と頼まれました。案件は水ものだししょうがないよねと、営業の方自信が自分にいいきかけせている感じでした。それでプロジェクトに入りましたが、現場ではめちゃくちゃ怒られる毎日でした。そもそものお作法変数の型宣言が後置である)も知らないからです。

このことでプロジェクトに合っていないと営業の人に言って離任を申し出ますが、うちではみんなこんな感じだから我慢してと言われるだけでした。そのまま、3ヶ月が過ぎたら10キロ以上も痩せて、配属先の会社から離任を申し出てきました。

離任後は、自社に戻ると営業の人は、顔も合わせず次のプロジェクト先をメールで伝えるだけでした。

もちろん次も経験のないJavaAWS環境インフラ設計製造です。しかも、プロジェクト先が都内から1時間30分以上もある厚木です。対応できなくものすごく怒られ1ヶ月でお客さんから離任を告げられました。

このことで、求人に書いてあることは自分の得意な言語仕事出来るはずじゃないですかと営業の方(採用担当していた)に問い詰めますが、仕方ないじゃん、案件は水ものなんだしと。そんなことなら、もっと遠方に行かせるか炎上案件に行かせるよと言われました。その後も、同じような案件で数か月で終了する感じで2年続けて精神的肉体的にまいりました。

2つ目は、1つ目と似ていますが、求人内容と書いてあることが全く違います

私は、C++モバイルアプリが少しつくれる程度で会社の人とチームを組んで、開発がしたいがためにこの会社に入りました。

しかし、求人内容に書いてあることとはほとんどが違います

求人研修では、あなたに合わせた研修とありますが、基本は放置です。

ワードドキュメントテトリスをつくってください。仕様は○○ですとA4の1ページにも満たない、仕様書があるだけです。更新日も5年以上前になっています

基本誰とも話さずググって下さいと。質問してもググって下さいと言われるだけです。Redmineを使って質問ができますが、一日一回だけです。しかも、研修用で使えるPCメモリは2GBで、2つ以上アプリを開いたら、フリーズします。

研修は、4ステップありますが、ほとんどの人がステップ1も終わらないで、現場に行くことになります

現場に行く時は、もちろん営業としての単価がいい案件なので、炎上か高難易度案件です。未経験の人でも大丈夫で4割が未経験でチームでプロジェクトに入ります求人表に書いてありますが、一人で案件に行かされます。チームで行くことはたまにありますが、みな個人プレーで自社の人とは関わりません。フォローもなく、むしろ出来なかった時だけに怒鳴られます平成終りなのに、やっていることは昭和初期の根性論のような会社です。

最後に、会社トップの人は自社開発のアプリしかしていなく、全く経営をしていません。

例えばですが、今だに、派遣先での勤怠を自社に提出する際は紙ですし、社内システム10年以上前のもの使用しています

社長はめんどくさい事は、管理職に丸投げをして、暇さえあればツイッターをしているような人です。そんな暇があるならば、社内インフラを少しでも良くしてほしいですが、それも気づいてないです。

さらに、今後上場を考えています上場したら優秀な人材が集まり、今いる人と競わせて、優秀な人だけ残すと言っているのです。社員をただのお金としてしか、考えていないので非常に残念な経営者です。

ちなみに私は、中途で入り手取り20万円で入社しました。しか一年目はボーナスなし。年収300万円も行かなかったです。しかし、今転職した会社では、月給は32万で、手取り28万円になりました。やっている事は変わっていないのにです。年収も400万円までいきました。これでも、他の会社と比べたら少ない方ですが、株式会社アイビスいか低賃金で働かせていることか身に染みました。

エンジニアを安く買い叩かれることがないように、間違えて自分と同じようなミスをして欲しくないために今回記事を書きました。

少しでも多くのエンジニアが豊かになるために。

※色々とコメントありがとうございます

少しだけ、追記します。

今回の記事株式会社アイビスが都合のいい人だけ集めていること、SESシステムエンジニアサービスエンジニア派遣です。)に問題があることをもう少し説明します。

株式会社アイビスは、都合のいいエンジニアだけ集めて、後は切り捨てるという考えです。プロジェクトマッチしない人でも、辛抱強く続けられる人は会社としては利益になる。優秀でなんでもできる人ならマッチしなくてもどのプロジェクトでも活躍できる人が残っている人の2パターン。仮にマッチしなくてもやめる人のケースの場合でも、責任営業エンジニアになりますが、実質エンジニア(話し合っても、普段話しなれていなエンジニアは、丸めまれる。または、受け流されて、変わらないことに気付いてやめる)になる。会社としての損害はほぼなく、利益は減るが、新たなプロジェクトを探し出せることになっている。常に求人をしているので、そんなことを知らない人が同じようなループに入ります。そこで、続けられる人が見つかれば会社としてはラッキーという感じです。そして、そこに残っている人はすごい低賃金で歯を食いしばってやっている人か、ものすごい技術力がある優秀な人かの両極端になります自分がどちらか気付いたときは、そのポジション言動をとるようになっています。歯を食いしばるか、サクサクコードモンキーになるか。

常に求人が出されています

https://tenshoku.mynavi.jp/jobinfo-214515-2-3-1/?ty=kyujin&src=ssS

もう一つ、SES問題点は上記であるように派遣プロジェクトに入るところです。チームで何かしらをつくりますが、この時に株式会社アイビス営業会社エンジニア、お客さん(1次受け、2次受けで責任者が複数にいる状態)いますが、そもそもプロジェクト自体炎上していて、失敗したら責任はお客にあり、エンジニア地獄をみます営業会社は「しかたないでしょ」となります。もちろん、成功したら「よかったよかった」になりますほとんどの場合は、微妙燃えています。そこでカギになっているのがエンジニアの力量ですが、プロジェクトによって使う技術が決まっていないので、地頭力か歯を食いしばる力(お客は求めていないが、自社は求めている。派遣するだけで利益になるのだから)が求められる。結果的に優秀な人は、機械学習Python)であったり、Reactであったり、クラウドの(AWSAZUREGoogle Cloud Platform)にも対応できます。お客さんもエンジニア便りになって、正しくプロジェクト成功できるかは、優秀な人を揃えられるかどうかです。歯を食いしばったところで意味がないのに、会社というポジションでそれをやらせ会社はどうかなと思いますしかし、会社利益を出さないいけないということで、目先のお金SES)で稼ぐのです。

少しでも、エンジニアいい方向に進めればいいと思うので、コメントが増えましたら、新たな問題点を提起します。

2018-11-28

もう誰も書かないならおれが書くよ

前々からシステムエンジニア以外の人の仕事増田ないのかよとか、どいつもこいつも開発研究ばっかじゃねぇかとか、不満だったから俺が書く。

新卒入社した会社なんだけど、いっちょまえに研修とかしっかりやるのよ。中身とか身につける必要あるのかとか疑問はあるけど。

曲がりなりにも大企業だし古い会社から名目上のやってるフリみたいなもんだろうなとは思う。

そのかわり、実務的な教育はないわけよ。形だけのOJTと、わからないことは自分で見てこい3現主義だって思想蔓延してる。わかるよ、自分努力しなきゃいけない、人から教わってるだけじゃいけない、ってのはさ。でもさ、すくなくとも何か教育体制とかないの?勝手に育てって発想で付いてくる人間だけ生き残ればいいの?そんな発想だから過去遺産を食い潰してなんとかなってるつもりになってんだよ。

よくツイッターとかで「伝統芸能は見て覚えろみたいなことしてるから勝手に衰退してんだよバーカバーカ」っての見るけどさ、大企業も同じだと思うんだよね。苦しい環境で生き残ったやつだけでやっていこうとしてるわけ?採用人数100人近くいるからそれでも大丈夫だよってこと?どこがだよ全然マンパワー足りてねぇじゃねぇかどこの部署もよ。

今の時代はさ、がむしゃらにやれば何でもできる、達成できる時代じゃないんだよ。俺らの世代は、周りになんでもある世代でさ、逆に言えばもう新しい何かをつくる隙間がないんだよ。カルロスゴーンが何をやった?需要の拡大?雇用の創出?ちがうだろコストカットだよ。生産性をあげましょうって言って、その手段時間を減らしましょうってアホか。削減削減で何を生み出せっていうんだよ。夢がないんだよもう。

いまはもう好きなことして生きていたい。でもそのために社会的地位を捨てられるのか。それが俺にかかった課題で、いつか決めなくちゃいけない。

家族をもった俺にそれができるはずがあるだろうか。

結局は、社会にすがって生きていくしかないんだろうなぁ

金曜夜の晩酌をかてに、あと40年働きます希望も何もない。

2018-11-24

ワイ、システムエンジニア

アンケートの集計用のExcelを作った所

データ入力までやらされる始末

アホか、情弱でも入力できるように作ってあるんやぞ

ワイが入力してもええけど時間単価高いで?

2018-11-09

はてなってエンジニア=システムエンジニアなの?

製造メーカー技術者かいないの?

設備投資とか、生産管理とか、製品開発とか

退職エントリ会社でこんなことやりましたもほとんどシステム関係じゃん

いないの?泥臭い技術者現場管理職に挟まれて、毎日調整という名の根回しと確認という名のその場しのぎと報告会という名の糾弾会トラブル対応という名の張り付きと現場への指示という名のお願いに次ぐお願いをやってる技術者

1日の業務を振り返ったら、大したことしてないのに時間だけたってる技術者

1日の仕事を書き出して、計画立てたら、なんでもできる!を信じて仕事書き出してる段階で現場に呼ばれて1日終わっちゃう技術者

そういう人らのエントリが見たい。

2018-11-08

原価厨が技術料を支払おうとしないのって

システムエンジニアデザイナー給料が安いのと同じ構図だし

そんなのが恥ずかしげもなく横行してるんだからこの国が衰退途上国なのも頷けるな。

何がものづくり大国だ、馬鹿馬鹿しい。

2018-11-03

退職しました

近年、転職した時に退職しましたブログを書くのが流行りのようなので書いてみる。

転職しようか悩んでいるシステムエンジニアの人がいたら参考になれば。

ということで当方システムエンジニア歴約20年のおっさんだ。

ずっと小さいベンチャー企業渡り歩いているせいで、インフラからバックエンドからフロントエンドからなんでもフルスタックでやってきた(人がいなさすぎてやらざるを得なかった)。

近年は自分も開発しながらマネジメントもするプレイングマネージャだった。

社名を出す勇気はないので出さないが、まあまあ有名なWebサービスをやっている非上場企業から、ある業界で手広くいろいろやっている一部上場企業転職した。

2社の業界は全く違う。

社員数、年商10倍くらいになった。

年収現状維持で変わらずに転職したのだが、これは自分にとってかなり上出来。

というのも前の会社が小さいベンチャー企業で、CTO的な立場役員に気に入られていたこともあって、相場よりも大分高い給与をもらっていた。

なので、中規模以上の企業基準ではこの年収では無理ではないかと考えていた。

というか実際それが理由で最終選考で断られた別の中規模企業もあった。

「当社基準で考えると希望年収が高すぎる」と。

元が小さい企業というのも、大中規模企業への転職には足かせになった。

小さい企業のため、チームがせいぜい10名程度になるため、「PM経験あります!」とアピールしても、「10名程度じゃね〜」と軽く見られて響かないのだ。

エージェントを使って転職活動したのだが、そういうことはやる前から予測していたので、ダメ元で大中規模の有名企業を受けてみて、ダメなら有望なベンチャー企業を受けてみる、くらいに考えていた。

そしたら運良く経験スキルセットがぴったりハマる企業タイミング良くみつかり、1次面接でほぼ内定な感じでさらりと決まった。

で、なぜ大中規模の有名企業を志望したかというと、小さいベンチャー企業疲れたのとそろそろある程度安定した環境で働きたくなったからだ。

小さいベンチャー企業は本当に波が大きい。

上手くいっているときは高級ホテルで盛大なパーティー開いちゃったりするくらい羽振りが良いが、ちょっとつまずくとすぐ単月で赤字決算になる。

大体主力業務1本でやってるから、その一つコケると会社全体が存続の危機になってしまう。

そうして経営危機を迎えると、「ここままではダメだ!会社に変革を!新しいことに挑戦しよう!」と会社空気がなるのだが、「そうはいってもこれ以上悪くしたくない」という役員保守的気持ちも働いて、結局「失敗しないように挑戦しろ」というそれってつまり挑戦じゃないよねこれまで通りってことだよねっていうがっかりな指令がでて、やる気のある社員モチベーションを下げる。

そうなるとスキルとやる気のある社員から抜けていくのは自明の理だ。

私もその一人だ。

前の会社上層部営業チームが占めているせいで、売上至上主義会社だった。

そのため、ユーザビリティシステム堅牢性などは全く関心がなく、10年前のシステムが現役で動いているような有様だ。

少し前まではそれでもなんとかなっていたが、近年になりついにユーザGoogleに見放されてしまった。

システム革新して良いサービス提供する競合他社に取られ始めたのだ。ユーザSEOも。

役員SEOコンサルを使ってシステム的に小細工すればSEOは取り返せると信じているようだが、それは10年前のSEO対策だ。

下手なことをするとスパムと見なされてもっと悪くなるよとは伝えはしたが、適当にいい加減なことを言うSEOコンサルを盲信していて、聞く耳は持ってもらえなかった。

そんな会社だが、ある程度自由やらせてくれる風土もあったので、俺が担当しているところはどんどん勝手に新技術を取り入れていった。

事前に確認取るとOKでるのに時間かかったり、NGになったりするので、本当に勝手に作って、事後報告してた。

AWS上でReact+RoRWebアプリを立ち上げ、ElastiCache、ElasticSearchなどなるべくAWSサービスを使ってクラウドネイティブで動くようにした。

APIAPI GatewayLambdaサーバレスで動くようにした。

AWSに関して教えてくれる人は社内にはもちろんいないので、全て独学で習得した。

この行動が良かった。

この経験のおかげで、今回の転職ができたのは間違いない。

もし前の会社会社に言われた仕事だけしていたら、今頃どこにも転職できないしょうもないおっさんエンジニアになっていただろう。

からベンチャー企業への転職を考えているエンジニアは、いつまでもそこにいれるとは思わないでほしい。

そしていつでも転職できるように武器を持ってほしい。

会社エンジニアとして成長できる機会がないのであれば、自分から作っていかないといけない。

そして、会社方針自分の考え方が一致していることはとても大事だ。

それが違うと、経営危機の時に頑張ろうって気になれない。

転職するとき面接は、受けるこちらも会社査定する場なので、その辺も良くみてほしい。

転職する気がない人もたまに転職活動してみるのを薦める。

業界全体において今自分がどの位置にいてどのくらいの価値のある人間なのかわかるからだ。

まず職務経歴書を書いてみてほしい。

「俺の職務経歴書、魅力薄っ!」って自身で感じたら、会社生き方を変えるべきだ。

2018-10-28

エンジニア勉強文化が好きだし羨ましい

WEBエンジニアとかシステムエンジニアね。

勉強熱心で凄いなと思うし、外からどう見えるかとか関係無く努力して新しい技術を取り入れてアウトプットしてる人が多いのって凄いと思う。

Qiitaとか、個人ブログとか、ツイッターとか、学んだことや自分がつまづいてどう解決たかとか逐一文章に起こしてネットに公開してるのすげー!って思う。

noteが出来てからデザイナーのそういったアウトプットも増えてきたけど、エンジニアみたいに内容が具体的じゃないんだよね。

結局カッコいい自分を見せたいだけというか、演出めいてるというか……。

まあnoteがそういう媒体なのかもしれないけど。

自己啓発本読んだ時と同じ感覚かな。

読んだその時は頑張ろう、と思うけど別に学びにはならないし知識も増えない技術も身に付かない。

手の内をもっと明かして欲しい。

2018-10-27

anond:20181027191811

調べ直したらAIじゃなくて抽選だった。うろ覚えで語ってすまんね。

結婚相手抽選で』

http://tokai-tv.com/chusenmiai/intro/

原作垣谷美雨双葉文庫

少子高齢化への歯止めがかからない中、日本政府苦肉の策に出る。

抽選見合い結婚法」を制定。そう、まさに“結婚相手抽選で”。

大まかな内容はこうだ・・・

・25歳~39歳の子ものいない独身男女が対象

・本人の年齢プラスマイナス5歳の範囲相手抽選

相手が気に入らない場合は2回まで断ることができる

・どうしても3回断った際は「テロ対策活動後方支援隊」に

 2年間従事しなければならない

国民にとっては、まさに青天の霹靂

都内でひとり暮らしをする26歳の独身男、

宮坂龍彦(野村周平)もまた、この法案対象者だ。

コンピューターソフト会社にSE(システムエンジニア)として勤める、

いわゆるオタク系。

中学時代トラウマから人間不信と極度の潔癖症となった。

恋愛が苦手で「抽選見合い結婚法」に大きな不安と同時に期待を抱く。

一方、東京実家で暮らすプチお嬢様

ラジオ局コネ入社で、ルックスは良くとも悩み多き冬村奈々(高梨臨)も

抽選見合い結婚法」によって大きく人生を揺さぶられていく。

見合い相手に断られながらも、様々な女性人生と哀しみを知り、

少しずつ心の中で正義感を成長させていく龍彦。

法律施行直前に彼氏に振られ、その後のお見合いで失敗を続ける奈々。

会う筈のなかった二人が、ついにお見合いする事になって……

配置転換、合わなければ転職提案の恐ろしさ

F通のニュース転職提案事実上解雇通告になるだろう。

拒否権労働者になく雇っている企業側にだけある状態、これは中小零細じゃ当たり前のように行われていてあまりに強烈だと追い出し部屋なんて言われていたりもする。

このニュース一見すると良さそうに見えるのだが相当なマッチョ思想が見え隠れする。

「成長分野を強化する狙い」と言えば聞こえはいいが「成長分野に貢献しない社員死ね」って言葉と同じ意味だと思う・・・

間接部門の約2万人の中には役立たずの社員もいるのかもしれないが、子育て中の社員や間接部門で働きたくて入社した社員や激務と言われる営業職やシステムエンジニア

から転属願いを出して働いている社員いるかもしれない。

それなのに一部の界隈で称賛されているのを見ると「他社の考えを他人押し付けるのを嫌う人間がF通を称賛している・・・これはダブスタだ」と思うわけ。

個人の考えを尊重せずに営業職やシステムエンジニアねじ込むやり方が果たして正しいのかはわからないが成果主義で大失敗をしたF通にはあんまり期待していない。

大手SIerシステムエンジニアとか実態マネジメントがメインで残業納期ギリギリスケジューリングが横行して客先常駐精神に異常を来す人まで作る魔窟だぞ?

営業も〇ボウズのように柔軟性のある働き方が出来るわけでなく、接待と客からの苦情対応残業当たり前でストレスフルで体力ないと体がもたないマッチョ職だぞ?

育休や有休なんて一部の管理職がなんとか取れるかってレベルだし、この動きが日本社会全体に広がったら少子化が加速し男性が育休取るなんて夢のまた夢だろう。

そこに人を移動させないと成長できないって事はそれだけ人が集まらないクソみたいな労働環境放置した職種だって事を大々的に宣伝している。

俺はあのニュース評価しない。


Aさん「子供を授かったので育休を申請します」

B上司「そんな余裕はないかシステムエンジニアの君ならわかるだろ、転属希望出して」

Aさん「でも他の部署あんまり・・・・」

B上司「そうか、合わなそうなら転職提案する方向にするから明日から有給取って」

Aさん「えー・・・それは」

B上司有給取らせて転職提案会社側がして君は恵まれているんだぞ、子供の為にちゃんと考えたほうがいいぞ?」

Aさん「はい・・・・」

B上司「わかってるな?自己都合だぞ?」

Aさん「はい・・・

富士通が5千人配置転換、合わなければ転職提案

2018年10月26日 19時05分

 富士通は26日、2020年度までにグループ全体で5000人規模の配置転換を行うと発表した。対象となるのは総務や経理などの間接部門で、研修を通じて営業職やシステムエンジニアとして育成する。IT(情報技術サービスなどの成長分野を強化する狙いがある。

 富士通グループ全体で間接部門に約2万人の従業員がいる。配置転換後の仕事に合わない従業員には、転職支援する制度提案することもあるという。

すごいな。大手を振ってパワハラ追い詰め退職か。

2018-10-20

SIにおける粉飾方法について(フィクション

某社は受託開発(以下、SI事業パッケージ(以下、PKG)事業を営む中堅SIである。もともとある特定分野の下請けSI事業で成長し、その過程で得られたノウハウを元にその分野のPKG事業に参入したという経緯がある。

 

さて、某社の財務諸表を見てみよう。

 

ご存知の通り、「利益」は「売上」から「原価」と「販売管理費販管費)」を引いて導き出す。某社の場合、「原価」の大半は人件費、つまりプログラマシステムエンジニア給料であるSI事業人件費は当該年度で発生した人件費はそのまま全額を当該年度に計上するが、PKG事業人件費は「研究開発費」に該当するため、複数年度で減価償却を行う。つまり計上するのは実際の金額の一部である

 

 

某社はここに目を付けて、人件費の付け替えを行った。

 

本来であれば、SI事業に計上しなければいけない人件費や、厳密には原価に該当しない研修事務作業に掛かった人件費を、すべて「研究開発費」に付け替えたのである(原価管理をしている人なら工数×単金で人件費が出るのは分かっていると思う)。これによって下記のように黒字化することができる(数字適当)。

 

 

付け替え前)

売上 100

原価 50

 SI  40

 PKG 10(50の人件費を5年償却

-------------

粗利益 50

販管費 60

-------------

営業利益 -10

 

 

付け替え後)SIからPKGに30の人件費を付け替え

売上 100

原価 36

 SI  20

 PKG 16(50+30の人件費を5年償却

-------------

粗利益 64

販管費 60

-------------

営業利益 4

 

 

某社は非上場企業のため、決算が影響するのは税理士銀行ぐらいである。ただ、税理士銀行員もソフトウェア業界の実務についてはそこまで詳しくないため、今まで一度も発覚したことは無い。月によってPKG事業に関わる人数が不自然に増減しているが、リリース直前でテスト要員が増えた、もともとPKG事業アサインしていたがSIの受注が増えたので急遽応援に出した、等の適当理由で納得してしまっている。

 

このスキームは、某社が連続赤字を出し、銀行から融資が打ち切られそうになったことに対して考えられたものである決算を良く見せて融資を受けるのは、「てるみくらぶ」や「はれのひ」を見てもわかる通り、詐欺罰に該当する犯罪行為である

 

 

というプロットケーススタディを一本書こうかなぁ、と思った。重ねて記すがこの話はフィクションである

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん