「女子会」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 女子会とは

2019-06-17

喪女が死にものぐるいで恋活してホステスになった

誰かから好きになってもらえたことが

一度もなく、

22歳で、処女だった。

本当に本当に本当に焦っていた。

この年齢で処女であることに本当に焦っていた。

当時、大学4年生の22歳で処女だった。

17歳くらいから「実はこの間彼氏と…」という報告を友達からされるようになり、

22歳になるころには当たり前に女子会セックス話題になることが増えた。

自分けが知らない話題が頻繁に出ることに疎外感を覚えた。

自分自身はクソブスのインキャだけど、

友達とか所属してるゼミとかサークルとかバイト先とかの人は可愛い子ばっかりで

自分の親しい子の中には一人も処女がいなかった。

「えっ!?まだしたことないの?」

「22歳で処女は重いよ、早く卒業しちゃいなよ」

「初めては大事にしなよ」

たくさんの人から色々な意見をもらった。

セックス経験している同い年の子や後輩が、自分よりずっとずっと大人に見えた。

彼氏とHしてすごく気持ちよかった、幸せ

みたいな話もたくさん聞いた。

「初めてしたとき幸せすぎて泣いちゃった」なんて話も聞いた。

今までの自分漫画を読んだり、音楽を聴いたりすることを幸せだと感じていた。

でもそんな幸せはちっぽけで、本当の幸せセックスの中にあるのかもしれない。

その幸せを知らない自分は不幸だと思った。

そう考えるようになってから、私の目標

幸せセックスをして、処女を捨てること」

になった。

そもそも幸せセックスとはなんだろうなと考えた。

セックスは一人ではできないので、まずは相手必要だ。

誰とするのが「幸せ」かな、と考えたとき

当たり前っちゃ当たり前なんだけど、好きな人がいいなって思った。

嫌いな人や生理的に無理な人と致して幸せになれるイメージが湧かなかった。

当時、好きな人がいなかった。

ということで、

好きな人を作る」

好きな人からセックスしたいと思われる」

を達成するための努力をする必要があった。

好きな人を作るためには

出会いを増やすこと

ストライクゾーンを広げること

大きく分けてこの2つをしたらいいかなと思った。

①は婚活パーティーマッチングアプリで増やすことにした。

②については、自分はまあまあ惚れっぽく、ストライクゾーンはそこまで狭くないと思っていたけど、

さらに広げるために、興味がない男性でもたくさん話して、良いところを探してみようと思った。

問題なのは、「好きな人からセックスしたいと思われる」の方である

こっちはほんとにどうしたらいいかわかんない、なんもわからない、だってセックスしたいと思われたことないし!

男の知り合いは居たけど男友達全然いないし誰にも質問できなかった。

今思えば質問すればよかったかもね…痴女みたいだけど…

でもまあとりあえず、見た目がいいに越したことはないかなと思って、

見た目磨きをすることにした。

メイクとか服装とか、雑誌とかインターネットで調べてみたけど、あんまりよくわかんなかった。

これは喪女あるあるだと思うんだけど、メイク服装は何が正解なのか分からないっていうのがある。

正解は無いのかもしれないけど、なんていうか、まあある程度身なりに気を使ってるね、好感が持てるね、みたいな服を探してた。

あんまりよくわかんなくて、でも自己判断でおしゃれするの危険かなって思った。

高校生の時とかの写真見てるとクソダサTシャツとか着てて、自分センスが信用できなかった。

とりあえず店員さんに全部選んでもらった。

「服、持ってないです!全部選んでほしいです!」って言った。

服屋の店員と話すの勇気がいるけど、服が好きで働いてる人が多いので結構乗り気で選んでもらえた。

美容室で、「自分ダサいです!垢抜けたいです!どんな髪型でもいいです!!!」って言って髪切って染めてもらった。

美容師さん、「有村架純さんと同じ髪型します!」って言ってくれた。

かにまじで髪型だけ有村架純にしてもらえた。

顔は全パーツ似てないので、有村架純と顔交換した時のSNOWみたいだなって思った。

化粧がまじで分かんなかったから、なんかデパート化粧品売り場って化粧してもらえる?場所?みたいなのがあるじゃん?(この発言がすでにダメ)

「化粧の仕方わかんないので何が必要か教えてください」って言ったのよ。

「ここはそういうの教える場所じゃない」って言われた。

そりゃそうね…後日調べて普通に化粧品買いに行きました。

例えば、「2種類のチーク、どちらを買うか迷っているんですが、実際に試してみることはできますか?」みたいな聞き方なら大丈夫だった。

化粧の仕方を教えてもらえるわけではないけど、正しい化粧をしてもらえるので、

それをお手本にして次の日から真似てやってみるといい感じに化粧できるようになるかも?

あとはダイエットしてみた。自分の体形に無頓着すぎて、

太ってるのかどうか分からなかった。

太ってるか分からないって何?我ながらどういうこと?

とりあえず間食制限筋トレをして、3キロ減らしてみた。

見た目磨き編はこんな感じだった。

あとは、男性と関わることに力を入れた。

知り合いの男の人となるべく食事に行く約束を取り付けた。

パワー系コミュ障ブスだったから、遠回しに断られることが多かった。

はっきり断られたこともあった。

「行かね〜!」と言われた。へこんだ。

けど、たまに行ってくれる人もいた。

盛り上がらなくて40分で解散したこともあった。

何を話せばいいのか分からなくて、ずっと自分友達の身内面エピソードとかを一方的に話してた。

ほんとそういうとこだぞ!!!!って今なら思う。

食事の後、もう一度会約束は誰もしてくれなかった。

婚活パーティー恋活パーティーに行った。

プロフィールを記入するカードが配布されて、「理想デート」とか書いたりする項目もあった。

30代男性理想デート、「イオンマックを食べて、プリクラを撮る。」って書いてて、

うわそれ私が中学生とき理想デートだ!!10年遅かった!!って思った。

他の男性から離婚調停中です」って言われて、婚活どころではないのでは?となったこともあった。

でも自分もブスだし性格いからまじで人のことを言える状態ではない。

せっかくパーティー行ったから何も収穫がないのはもったいないって気持ちで数人と連絡先交換してご飯行ったけどうまくいかなかった。あとイオンマックには行かなかった。

マッチングアプリもやった。

マッチングアプリとは、婚活などにも使われるような割と真面目な出会いアプリである。(ざっくりとした説明)

顔写真と年齢くらいしかからないような、

会ったことない仲良くもない人とちまちまメッセージ交換するのだるすぎた。

かといってメッセージのやり取りをほとんどせず会うのはリスキーだし、

電話したら手っ取り早く相手のこと知れるんじゃないかと思ったんだけど、

知らない人と電話するの嫌いって人も結構いるらしい。

ちまちまメッセージをやり取りして、会ってみて、を十数人繰り返した。

相変わらず誰とも発展しなくて、キツかった。

いまいち好きになれなかった

自己啓発的なこともやった

「私には、優しくてとってもステキ彼氏がいるよ♩私はとっても幸せ♡」って唱えると本当に彼氏ができるって書いてあるサイトがあったから、

1日100回唱えた。

別にそのサイトには100回唱えろなんて書いてない。勝手に私が気持ち悪いアレンジしてただけ。

毎日上記の文を実家で100回唱える娘を見て母はどう思っただろうか。

このころから努力の方向がおかしくなってくる。

文が長いからまあまあ唱え終わるのに時間かかった

病んだ。

そのくらいで病むなよ!って今なら思うけど、

そのときは思い詰めすぎてて、

「この年齢でこの環境処女卒業できないなんて、

自分ダメなところばっかりなんだ、失敗ばっかりだ、死にたい。」

って本気で思ってた。

好きだったaikoback numberが聴けなくなった。恋愛の曲を身体拒否し始める。

もはや恋愛に関わりたくねえ、私は何を達成しようとしているんだ、なんでこんなダメなんだ、なんなんだもう、殺してくれ、あっ今日念仏唱えてないや、私には、優しくてとってもステキ彼氏がいるよ♩私はとっても幸せ♡私には、優しくてとってもステキ彼氏がいるよ♩私はとっても幸せ♡私には、、私には、、

まりにも病みすぎて、カウンセリングに通うようになった。

いのちの電話とかより、お金かかってもプロカウンセラーの方が聞き上手な印象があったので、そっちにした。

最初の2〜3回は、カウンセラー先生に「辛かったですよね、全然ダメじゃないですよ」って励ましてもらった。

少し気持ちが楽になった。

その後は、「どうしたら恋愛経験が積めるか」

っていう具体的な案をたくさん出してもらった。

異性との会話の仕方とかも具体的に提案してもらえて、カウンセラーならではだな、すごいなと思った。

でも、カウンセラー先生が教えてくれたこととかやってみても全然ダメで、

恋活パーティーマッチングアプリも依然結果が出せていなかった。

もう本当に駄目だな自分死ね~~~~!ウワ~~~!!!クソクソクソって感じ。

もう無理です、もうほんとむりです、つってカウンセリング室で大泣きしてたら、

カウンセラー先生

「これは効果あるか分からないんですけど、

すごい占い師が知り合いにいます。」と言った。

すごい占い師!!!???

スピリチュアル世界の話になると思わなかったのでびっくりした。

藁にもすがる思いで、紹介された占いに行った。

検索してもホームページもない、クチコミも一切ない、

でも、「すごい占い師がいる」との情報だけを信頼して行った。

片道1時間以上かけて、全然人のいない田舎にある民家に行った。

占いを信じない上にケチの私が、45分5000円の占い料払うなんて信じられなかった。

そのくらい絶望的な状況だった。

占い師は優しい奥さんという雰囲気だった。

タロット占いを専門にしている方で、

絵柄が見えない状態カードを混ぜて、何枚か並べて

伏せたカードを表にしたら、

悪魔とか死神とか男の人が木に吊るされてる絵のカードばっかりで、

タロット初心者でも「これはヤバいのでは?」と気づけるような結果だった。

占い師ちょっと黙っちゃって、

「そうですね、これはちょっと…パワーダウンしてますね…」

ってかなり言葉を選びながら「最悪やぞお前」と伝えてくれた。

処女でいることに悩んでいる、と話をしたら、

「本当は処女でいることって、誰にも汚されていない素敵な事なの。でも、もうあなた処女がいけないことって考える呪いにかかってる。もう誰でもいいかセックスしちゃいなさい。今日明日以内に。」

って言われた。

「初めては大事にしなよ」と「さっさと捨てなよ」の間で悩んでたから、今日明日以内にって言われてすごく楽になった。そうしようと思えた。

占い師は、帰り際に私のことを抱きしめてくれた。

なぜかすごく暖かい気持ちになって泣いてしまった。

なるほど、すごい占い師だった。

マッチングアプリでやりとりしてた人がいたから、

その人に頼むことにして、セックスしてくださいとは流石に言えなかったけれどすぐアポをとった。

幸いなことに占いした日の次の日に会ってくれることになった。

会った。

まれつき身体麻痺して、車椅子生活してる人だった。

メッセージのやり取りをしている段階では知らなかった。

もう本当に自分のことしか考えてない最低だから

え、セックスできないじゃん、って思った。

適当ご飯食べて帰った。

自分がされて嫌だったことを他人にしていた。

適当に扱われて、相手はどんな気持ちだったのかな。

興味がない人ともじっくり向き合う、なんて最初は言ってたのに、

結局他人のことを知ろうともせず自分処女のことばっかり気にしていた。

誰も私のことを追いつめていないのに、

勝手ボロボロになっていった。

もう本当に無理じゃん、と思ってたとき

カウンセラー先生が、「水商売してみたらどうかな」と言ってくれた。

「夜の仕事をしてる女性って、男性の扱いのプロじゃない?

衣装セクシーさとかじゃなくて、なるべくトーク力で勝負してるお店にしてね!」

すごいアドバイスだけど、確かにな!と思った。

特定されちゃうかもしれないけど、全部書くわ。

すっごい大きい繁華街の中で何十年も続いているすごく大きなスナックで働かせてもらった。

大学生だったから、とにかく空いてる日はシフトを入れさせてもらった。

キャバ嬢美容室かに行って盛り盛りヘアにしてもらうけど、

そのスナック自分たちでヘアセットしていた。

キャバクラよりも地味な、ほんとに普通のヘアアレンジを教えてもらえた。

本当に身なりに無頓着で、髪の毛を縛るとか染めるとか何かすることは今まで一切なかった

髪の巻き方本当に一切知らなかった。その上ゴムもピンも持っていない。

店が閉まった深夜に先輩ホステスが巻き方を教えてくれて、すごくありがたかった。

でも正直すっごい眠かった。

教えてもらって、家でも練習するんだけど全然できなくて、

1時間かけても全然巻き終わらなくて泣きそうになった。

ヘアアレンジ全然できなくて、ヘアピンを刺せば頭皮は痛いし、ずっと頭らへん触ってると腕がつりそうになるのが大変だった。

あとやりかたを教えてもらってもその通りできないというか…体育苦手な人が指導されても身体を思うように動かせないのに似ているかも?

今は簡単なやつなら一通りできる…教えてくださったホステスさんたちにめちゃくちゃ感謝している…

メイクの仕方も教えてくれたし、メイクおかしかったら言ってくれた。

メイクおかしいって言ってくれる環境ってめちゃくちゃ恵まれてる。

友達は気を遣って何も言わないだろうし、化粧品売り場のお姉さんもお客様お化粧が変でございますよ~~とは言わない。

ママから指導されることも多かった、正直性格のことがっつり言われるとしょげた

スナック、楽じゃなかった。

ベテランホステスから無視されたり、席に着いたらお客さんに「ブス!チェンジ!」って言われたこともあった。スナックチェンジできねえわ!

思ったより時給は低いし、色々お金かかってたから本当にあんまり儲かってない、全然昼のバイトと変わらん

でも給料以上の価値があった。

お金払ってでも働きたい場所だった。

そんでめちゃくちゃ頑張って、

450時間働いた。

450時間男性と会話したことになる。

時間はたくさんかけたけど、他のホステスさんも見てる中で会話するので、

閉店後アドバイスがもらえることもあるから

恋愛成功体験のない自分が1人で反省するより、すごく効率良く男性との会話の仕方を習得できるなと思った。

最終日はお客さんからお花を貰い、泣きながら退店した。

嬉し泣きしながら辞める人初めて見たよ、と先輩ホステスに笑われた。

なんで辞めたのかというと、

マッチングアプリで、彼氏ができたから。

ホステスやってる中で、会話のテクニックを学んだ

(というか人間コミュニケーションの基本を教えてもらった)

相手質問をする」という、すっごく基本的なことだけど、

全くできていなかったことが実践できるようになった。

そしたら、マッチングアプリでやりとりするの少し楽になって、

メッセージも続くようになった。

メッセージが楽しく続くようになれば、実際に会ってくれる人も多くなって、チャンスが一気に増えた。

その中に、すごくいいと思える人がいた。

運が良かった。努力の成果ではない。

でも会う人数が増えれば良い人に会う確率も上がるし、

会う人数を増やせたという点は自分を褒めたい。

スナックで学んだ知識を総動員させて初アポに臨んだ。

メッセージの印象通り、めちゃくちゃいい人だった。

一方的に話さない、相手の話を聞く、楽しそうにする、

相手コミュ力の高さもあるけど、

それらに気を付けながら話すだけでも話がちゃんと弾んだ。

20年以上生きてるのに「これが会話か…」ってなった。

もう一度会約束もすんなりできた。驚いた。

3度目のデートで、告白してもらえた。

初めて人から告白された。

死ぬほど嬉しかった。

誰も私を選んでくれないと思った。

ネガティブだとダメとか、言霊の力とか、引き寄せの法則とか、色々ある。

私は3度目のデート中も「どうせお付き合いには至らないんだろうな」って思ってたし、

少しラインの返信が遅いだけで「はい!またフェードアウトされるやつ!無言でブロックされたかもな〜〜終わったな〜〜」とか思ってたので、最後までずっとネガティブだった。負けたこしかいから勝つシーンを想像できなかった。ポジティブになるのは無理だった…

言霊の力はあんまり感じられなかった。

引き寄せも無かった。

私に効いたのは、

「見た目に関する第三者からアドバイス

コミュニケーションの取り方の基本的ルールを知る」

ことだった。

それを学べたのが、スナックだった。

彼氏と、付き合ってもうすぐ1年半が経つ。

「初めて会ったとき、楽しそうに俺の話を聞いてくれて、それが嬉しかった」

と、このあい何気なく話してくれた。

あのときホステスになって良かったなと思う。

2019-06-04

通りすがり悪口を言われることが多くて泣きそう

電車や道で知らない人に執拗悪口を言われて心痛い。

なんでいちいち言ってくるんだろう?別にその方に何もしてないのに、、、。

例えば、電車で「どうせ女子会悪口ばっか言ったり男の話してんだろう?地獄に落ちろ」とか

道端で「どうせ仕事も出来ないしちんたら歩くなよ!こんだけ言ってるのにまだ自覚ないの?最悪」とか

道が別れても大声で「ふざけんな」とか言い続けられて、辛い。

あいう人の心理理解できないので教えてほしいし、正しい対処法が知りたい。

私が背の低い女だからなのかな?高身長ムキムキマッチョマンだったら言われなくて済むのかな。。

別に言い返せなくもないんだけど、極力関わりたくなくて聞こえないふりしちゃう

せっかくいい日だったのに、疲れちゃったな。

anond:20190604005659

おれが松屋女子会みたいなの見た時と似たような感じな気がする

3人だけどテーブルいかカウンターで横並びでキャッキャしてて違和感しかなかった

あとうるさかったけどなぜか許せたのは若い女の子からなのかな

2019-05-08

今彼との惚気話(下ネタ含む)に花が咲くだけの女子会漫画が読みたいので教えてください。

2019-04-20

anond:20181214063239

女子会で女のサラダ取り分け禁止になったら、みんな山盛りのサラダの前に静止してしまうの?

2019-04-08

何が「おばさん呼びは大炎上!」だよ

トラバでもブコメでも「おばさん呼びなんてしたら大炎上!」って言われていいね集めてるが、は?って感じだ。

おばさんなんて普通に言われまくってるわ

中高年どころか25歳の指原莉乃がおばさん呼ばわりされるCMやってて炎上なんてしてないんだが?25どころかもっと年上の男アイドルでもおじさん呼ばわりなんかされてないのに

年下をおばさん、ババア呼ばわりしてあろうことが「無理w」とかジャッジする男を戒める記事が載った時なんか、「ババア発狂!まーんが発狂!女だって!」と散々揶揄された。

http://news.livedoor.com/article/detail/16101788/

20代、時には10代ですらBBA呼ばわりされる。時には予防線のためか自称したりもする。大人っぽいアニメキャラババアといわれる。30越えれば産廃だの羊水腐ってるだの更年期だの言って、「女子会wwwババアじゃねえかwww」と嘲笑っておきながら「○○男子」系には悉くスルーで…

おっさん呼びなんて可愛いもんだ。というか、女をおばさん呼びよりもっと口汚くエイジズム的なババア呼びをしておいて、自分達のことはちゃっかり「おっさん」と呼んでるのすら虫がいいのに、なんで「おっさん呼びヤメロ!」って被害者ぶってんだよ。

はいつまでも若々しくて少年の心を持っていますってか?お兄さんとでも呼ばれりゃ満足かよ?

anond:20190407145126

2019-03-28

女友達が、酔って終電逃して知らない男の人の家に泊めてもらった話を聞いて、

それで何もなかったなんて本当運が良かったね!と心底思いました。

ちなみに私はそれで何かあったやつを2,3回やってますが、それはさすがに女子会ネタにはならないので伏せておこうと思います

うぇーいこれからカラオケで飲むぞ!うっかり口を滑らさないといいな!

2019-03-15

ドワンゴVR事業死ぬテクテクテクテクのように

ドワンゴが出したテクテクテクテクが大爆死

テクテクテクテクは、8億の費用をかけて、50億の売り上げを見込んでいたが

900万円しか売り上げが無かったという大爆死ゲームとなってしまった

「出来は良いが課金要素が無い」という声が多かった

ドワンゴがもう一つ力を入れていたもの

バーチャルキャストVTuberなどのVR事業

https://dwango.co.jp/business/vr.html

VR事業は「二桁億くらいかけてドワンゴのメイン事業にする」と宣言されていて

テクテクテクテクよりお金をかけているそうだが

こちらも「出来は良いがお金を生み出さない」ものとなっている

VRライブコミュニケーションサービスバーチャルキャスト

VR事業の一番のウリは、HMDを使って生ライブ配信が出来るバーチャルキャストだろう

しかバーチャルキャストは始まってから一年近く経つが、配信ランキングを見てもろくに人が集まってる放送が無い

https://virtualcast.jp/ranking/

ドワンゴはこのバーチャルキャストやnicocas実験放送で贈れるギフト((投げ銭))が大きな収益源となると想定していたが

ギフト可能配信アプリ2次元3次元も有力ライバルが多く、nicocas実験放送も活発に使われていない

こんなありさまではギフトがあまり贈られるはずもなく

臨時取締役会にてギフトテクテクテクテク同様に想定した売り上げを下回っていたという説明があった

バーチャルキャスト現在配信傾向

どの放送をみても、男が美少女アバターを纏い

複数人でゴチャゴチャダラダラぶつぶつ言ってるものばかり

これは「中に入ってる人が面白いもの」であって「見てる人が面白いもの」ではない

これでは視聴者が集まるはずがない

バーチャルキャストのほぼ上位互換VRChatで配信をしている人たちの動画を見ても同じようなことを感じる

HMDを使いVR世界に入って配信をする、なんて行為は、オタクオッサンぐらいしかやろうと思わず、機材も持っておらず

そういう人たちは自分が楽しければそれでよく、視聴者なんかあまり気にしないのだろう

もちろんそのような配信者が居てもいいのだが、問題はこのタイプ配信しか見当たらないことだ

バーチャルキャストビジョンでは儲からない

バーチャルキャスト設立時、「ちょっと間違った未来をつくる」をコンセプトに掲げ

同時に「Kawaiiムーブ」「わちゃわちゃ」「おっさんだって美少女に」「バ美肉」「男だけの女子会」などといったキーワードもちりばめていた

まり現状の美少女オッサンだらけでゴチャゴチャしてる配信ばかりのバーチャルキャストビジョン通りなのだ

ギフトおっさん若い女性に贈るケースがほとんどで

おっさんおっさんに贈るケースは比較するとやはりかなり少ない

そのためギフト贈呈を増やすには女性の参加率が高くないと駄目なのだが、バーチャルキャストビジョンからして想定してない

バーチャルキャスト最初から儲かるはずがないビジョンに向かって走っていた

最近新しく追加された新機能のVCIも、技術寄りのおっさんが喜ぶだけのもので、今もビジョン通りに進んでいる

ギフトで大きな売り上げを得られるようにするには

ビジョンから修正し道を進み直すか、世間の人々をバーチャルキャストビジョンに追いつかせる必要がある

どちらもそれなりに長い期間が必要で、当面バーチャルキャストギフトで大きな売り上げを得られることは無い

バーチャルキャストBtoBでの活用

NHKVTuberのど自慢や、AbemaTVのくじじゅうじでバーチャルキャスト採用されている

ただBtoCで儲けている規模の大きい会社は、BtoBで得られる程々の売り上げを会社収益の柱とするのは難しい

バーチャルキャストは大掛かりな設備を使うものに比べ、安い機材で動かすことが出来るコストパフォーマンスがよいものではあるが

出来る映像はガクガクしてたり不自然さがあったりと、地上波クオリティとしては物足りない

まり多くの採用例・高額の使用料を得られないのではないか

Vカツ、カスタムキャストなどのアバター制作アプリ

ドワンゴVR事業にはVカツ、カスタムキャストなどのアバター制作アプリも含まれている

基本無料なためダウンロード数は多いが、このアプリで作り出された著名なVTuber存在せず

セールスランキングの低さからアプリ課金もあまりなされておらず

多くの人はキャラを数体作成しただけで終了していることがうかがえる

バーチャルキャストが上手く回っていれば相乗効果があったかもしれない

今後どうなる

今はお金を生み出さなくても、5年後くらいの未来に儲かる事業にするために今は基盤として技術を育てるのだからいいのだ、という声もあるだろう

しか

などを考慮すると、ドワンゴVR事業は今後何らかのタイミングであっさり損切りされるだろう

バーチャルキャスト自体BtoBの程々の利益で開発が細々と続けられるかもしれない

ただ前述のとおりVRが先行き不明なうえ、clusterなど領域部分的に被る競合サービス複数存在しているため

今すっかり停滞ムードになっているVTuberが今後縮小することになるとそれも危うい

エンタープライズ版の料金表は下のとおりだが

https://virtualcast.jp/src/pdf/enterprise.pdf

この金額を支払ってもペイできて、自社でシステムを持っていないVTuberは現状でもかなり限られている

2019-03-09

ダサい人がやるとダサくなる問題

オタクという言葉10年前から変質したと思う。

今「アニメ好きな人」のことをアニオタとは言わない。

A「ぼくアニメめっちゃ見てるんですよ」

B「うわ!アニオタじゃん!」

A「そうなんですよー!」

という会話はある。でもこれは、相手自分アニオタと言っているのは冗談で、本当はアニオタでないことはわかっているというものだ。

そのかわり、アニメを見たりしていないし特にこれといった趣味もないのに「オタクっぽい」と言われる場合もある。まず見た目が「オタク風のクソダサ野郎」だと、オタクと言われる。

昨今ではアニメを見る人はそこまで少なくないので、ダサい人をアニオタと呼ぶことは少なくて、単にオタクという。大多数の人は「アニメは見るけどオタクじゃないよ」と考えている。

これはとてもおもしろ現象だと思う。クールなことがクールというわけではなくて、そもそもクールな人がやることがクールとみなされていて、ダサい人がやることがダサいとみなされている。(クールな人が何をやってもクールというわけではなくて、背景に色々な事情があるので簡単には決まらないけど)

ITが出始めの頃も、そういう人たちはダサく、パソコンオタクという印象だった。それがいつのまにやら色々な人が関わるようになり大衆化し、いつのまにかクールとかすごいという印象になった。

ある事象言葉について抱く感情表現というのは、その事象の周辺にいる人間などから統計的に得られた属性なのではないかと思う。

たとえば、ダッカルビという料理がある。鶏肉野菜を使った韓国料理だ。この料理派生形を、最近よく「女子会」というキーワードとともに耳にする。これが極まってくると「女子会チーズおよび肉を食う会」のような意味になっていき、最終的には単なる女性だけの飲み会のことは特に女子会とは言わなくなる。知らずにそれを女子会と言うやつは時代遅れ野郎という扱いになり、おじさんとかおばさんの烙印を押される(全部ぼくの妄想です)

言葉は、言葉を使う人たちがその言葉をどのように使うかで意味が決まっていき、他の言葉との関連も決まるというのが本当に興味深い。

「ぼくの恩人である服がダサいおじさん」という言葉を考えたとき、「恩人」というポジティブワードが強いせいで「服がダサい」とか「おじさん」という言葉意味が変わって親しみがあるようにみえる。

「服はダサいしおじさんだけどそれでも好き」という文をあなたが見るのはおそらく人生初のことだと思う。もし、こういった発言が世の中に増えていくと「服がダサい」という意味はやわらかいものに変化するはずだ(適当

それで、まぁ話を無理矢理まとめると、この一連の概念・仮説を「ダッサイー効果」と呼ぼうと思うので、みなさん使ってみてください。

2019-03-08

そんなに条件絞ってるわけじゃないのに、介護して子育てしてセックスできるママ探してる人とマッチングばかり

このフレーズ女子会流行ってるんだろうな~て思った

2019-03-07

ブクマしかったら婚活ネタおすすめ!!!

https://anond.hatelabo.jp/20190306004252

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/anond.hatelabo.jp/20190306224134

https://anond.hatelabo.jp/20190306020634

 

消えてるけどあの女子会増田もそう

みろよ、どれもこれも、書いた増田想定外に伸びまくって、ブクマ伸びて叩かれまくってるじゃねえか

から、焦って追記を書いたら書いたで、その内容でまた叩く

もう完全にパターン化してる

 

はてな

・まじめに頑張っていた婚活女がうまくいかない愚痴高望みなんじゃないの、こういう性格から結婚できないんだよ、婚活したこといからわかんないけど~、言い方が失礼だ

・私は結婚がよくわからないなあ、そんなにしたいものなの?→人間として欠陥が~、そういう性格から結婚できないんだよ、この喜びを知らないなんてかわいそうに

などのパターンで叩く

 

クソほどよく出てくる定番フレーズ

「この人が結婚できない理由が分かった気がする」

これ豆な。

 

おもしろいので、はてブトップになってみたい人はこの手のネタで書いてみるといいよ

えっらそうにご高説たれて増田を叩きまくるブクマカ達の楽しい光景が見れるよ!

anond:20190307123008

結婚したい」願望有りで

ルックス収入並みなら、自分から出会いに行かない」とダメ

・家と職場の往復

女子会

口説かれるのを待つ

行動しないで愚痴ってる人はどうかと。

たまたま運良く結婚したいって人と出会たかそうじゃないかというだけ

anond:20190307105833

明るくてコミュ力高いのが集まる女子会ならそうかもね。

2019-03-06

https://anond.hatelabo.jp/20190306020634

わたしは割とこの人の意見共感するところがあるんだけど。


それより何より、ブコメ論調の厳しさにうんざりとしている。服装に関して、別にジャージだの平生の着の身着のままでお見合いに行こうって誰も考えてないと思うんだよ。

就活だったらさパンツスーツもありじゃない? 近年、ことさらスカートで行くことを求める方が頭おかしいんじゃない? って感じじゃないすか。

でも元記事ブロガーさんは「パンツルックはやめろ、スカートを履け」「紺だカーキだのオシャレな色使いは求めてない。ダサピンク上等」くらいのことは別記事で言ってるんだよね(多少意訳はあるが)。

決して「小綺麗であればそれでいい」とは言っていない。

であるとしたら

友人と会う時だって、家でごろごろしている素の自分よりは格好も態度も整えて行くけど、友人をだまし討ちしているとは思わないだろう。

場に合った服装や振る舞いをしましょうというプロトコル問題で、中身を偽れとは誰も言ってないんだよ。そんな認識から結婚したいとも思えないんだろうけど。


なんていうブコメはまるで見当違いもいいところだと思う。「そんな認識から」ってなんだ。

いや、ほんとに、消耗する人は消耗するんだよ。スカートを履いて、可愛らしく、“女の子”らしく……そういう服装をすることがさ。(わたしコスプレ感覚結構楽しめてしまうんだけど)

それは瑣末な問題で、けれど象徴的な問題でもあるんじゃないか。すり減らすものをすり減らさなければたどり着けないもの、それが「結婚」なら、と絶望してしまう人をこき下ろしていいとは決して思えない。



追記・一部訂正(3/7 01:50)辟易うんざり

寝る前に確認してみたら、なんかはてブトップで扱われててブルってる(しかもなぜか「仕事就職特集」)。

10bkmそこそこで胃に来てしまう、隠キャ系アカウントこちらでございます


当方スタンスとしては


婚活はしてない、結婚する気もない

・元記事ブロガーさんを間違っているとは思わない。相手プロなんだし見てきてる数が違うから、それが真理なのだろうなあ、とは思ってる。大元女子会増田に対しては「綺麗事言ってて腹が膨れるのか」とも思う。その門をくぐろうと言うならばそれなりの覚悟必要だろう、というマッチョイズムはわたしの中にもある(映像世界10年も生きてるとそうなる)。


ただ、この記事元増田の人がブクマであまりにも叩かれてて不憫に思った(穏当な文調だしそこまで叩かれるような内容ではないだろうと思った)のと、そういう風に思ったことを忘れないようにしておこうと書いた、だけのつもり、が…。

元増田についたブクマの目立つもの服装に関することだったので、「(元増田は)別にジャージだの小汚い格好も“ありのままとして受け止めて”って書いてるわけじゃねえのになあ,、なんでそこに固執するんだろう」と思い、そこばっかりを軸として(主に批判的なことを)書いているけれど、自分増田自身について言えば服装は本当に瑣末な問題だと思ってる。ただ、それを瑣末な問題だと笑って流せない人間もいるぜ、ということにも触れてはおこうと思った。そして一事が万事、というのか「結婚」というコアから最も遠いところにあるこの(元増田問題にした)「服装」だったり(女子会増田問題にした)「女子会を断つ」という、人からすれば「どーでもいい与太話」が「婚活」というアクティティ全体のありようを象徴しているような気がした(ここに、非当事者わたし偏見が大いに混ざっていることは否定しない)。


【再追記(3/7 02:50)】

『それが「結婚」なら、と絶望してしまう人をこき下ろしていいとは決して思えない。』の「こき下ろす主体曖昧からああだこうだ言われるのかなと思い付け加えると、

この主体は「某仲人さん」のことではありませんよ。(事実女子会増田のことをこき下ろすでもなく、こんな記事を書いている。http://urx2.nu/pGVS

から、あのブログ結婚相談所の仲人さんが仕事で書いてるんだってば。あの人は結婚という目標を持ってくる人の目標を達成させるプロなの。人生一般の話とか結婚願望ない人の幸せの話とかしてないの。わかる?

元増田に付いたブコメ。こんなん、控えめに言っても「こき下ろす」としか表現できないのでは?

婚活」って、それを商材として働いている人、そのサービスを利用する人、だけが当事者ではないと思うんだよ。「結婚」っていう目的それ自体は、どんな道をたどるかは人それぞれにして、誰にも関わる可能性がある(増田自身結婚願望云々の以前に諸事情あり難しいので「非当事者」だと思っているが)。人生一般と「結婚」って、どこからどこまでがどう、ってそこまで明確にゾーニングはできないよ。だから元増田のように「疑問なんだけど〜」くらいのノリで「婚活」「結婚」を話題にするのも全然、アリだと思うんだ。むしろもっとやれ。

それを一方的に萎縮させかねないようなブコメ問題にしている。


【再追記(3/7 07:00)】

kuzudokuzu んー追記を重ねる人は、やっぱり個人的ちょっと自尊心が大きいようだなと感じてしまう。

かに尊大ポンコツだとは自分でも思う。ご指摘は当たっていると思います

けれど、それ以上に「不明瞭な思考感情言葉にしたい」という欲望が強すぎて、あとから湧いてくる言葉を継ぎ足し継ぎ足し何度も調整を繰り返してしまうのだと思う。

そんなご指摘もあり、これ以上は書くまい、と思っていたけれど、

最後個人的にお礼を申し述べたいブコメがあったので、それだけは書いておきたく公共リソースさらに浪費する。

(あとで個人ブログに書くとしてそこは超どマイナーブログから、やはりこの場で書いておきたいのだと)

naqtn 言葉数多く「~ではない。でしょ?」と否定同意の求めは言うが、自分の主張「~である」とその論理提示「~ならば~なので」がクリアーにされていないがゆえに不本意な応答を受け、結果無益対話崩壊してる

おっしゃる通りです。自分自身、今朝方読み返して「0点だな」と思った。自分の主張が文頭に来てないから、何が争点なのか全く理解できない破綻を起こしているのだと思う。

この文章(と言えるか?)の最大のモチベーションは、


◯「この記事元増田」(http://urx2.nu/0aYS)に対しての賛同を述べたかったということ(ブクマでやっても良かったけど、100字にまとまりそうになかった)と

□それに対するブコメ(主に人気の方に表示されるものだけど)に対して「いやいや、それは当たってないし、そもなんで(元増田が)そんな攻撃されなければならないのか」というブーイングを送りたかった


ということにある。

なので元記事ブロガーさんに敵意があるわけではないし、その主張に関しては概ね賛同する。これは、自分自身プロ観とほぼ一致するからだ。顧客ニーズに対し全力でそれを叶えようとする姿は控えめに言っても誠実さがある。

そう思っている片方で、割り切れない思いもある。これは社会生活一般における極私的自分の心情。

それで、この文章で試みたことは「そう。正しい--とはいえ…ね」という自分の心情の中にある「…ね」という非常にもやもやしたところを「言葉」という舞台に引きずり出すことだったのだけど、それは完全に悪手だったと反省している。

まずそれは、自分個人的好奇心探究心をベースしたことで、主張「◯」とも「□」とも関連しない。その道筋も荒くて丁寧ではない。だから論として非常に不明瞭なものになり、全体の破綻を招いた。盛り込むべきではなかった。


果たして、当初の目的を叶えることはできたのだろうか。それだけが気がかり。

私は結婚願望はない(これは自分マイノリティ寄りの人間であることや、自分の両親を見て感じたことに起因するので)けれど、だからこそ結婚したい人というか一般の考えとか感覚を知りたかったというか疑問に思っただけです。読みなおしたら口悪すぎるな。気を悪くさせてしまったらごめんなさい。そもそも結婚願望わからない人間が首を突っ込むもんじゃなかったね。思いかえせば就活ときも適合するのに苦労しまくったか社会生活に向いてない。

などと気を揉む必要はない。好きなこと言って、好きなように生きようぜ。と伝えたいだけだった。

女子会なんてオッサンが群れてキャバだの風俗だのに行くのと比べたら健全すぎるやん

オッサンが群れて風俗キャバに行くのを男子会定義する

女は救いの手を差し伸べる女を叩いて自滅するのやめろ

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/megalodon.jp/2019-0306-0359-14/https://ameblo.jp:443/kekkon-monogatari/entry-12444706652.html

この件な。

少し前に「25歳以上は女の子じゃない」CM炎上したり、タラレバ娘に膨大なアンチが付いたり。で、それらの作者も女なわけだ。女はいつも女同士で争っている。男たちはとっくに気付いている。

女子会みたいなぬるま湯から抜け出すには厳しい現実と直面しないといけない。あまりにも厳しいから、女子会で傷を癒そうとする。無限ループだ。自分だって分かってんだろう。でもさ、こうやって女子会のまどろみの中から救ってくれるはずの彼女らを何故叩く。上から目線が気に入らない?結婚押し付けられることに嫌気が指す?甘ったれんな。

周り十数人の友達の一部始終を見てきた自分には分かる。結婚人生明暗を分ける。結婚生活が女子としての理想とは言わない。旦那と険悪な子もいるし離婚した子もいる。でも、一度は結婚した子と、結婚できなかった子の間には大きな隔たりができる。結婚できなかったことを、男のせいにしたり、社会のせいにしたり、結婚したこともないのに結婚女子幸せではない、なんて言い始める。辛いから、厳しいから、女子同士でつるみながら、着々と理論武装していく。

こうなったら、もうダメだよ。

周り全体が敵に見える。ぬるま湯に入りたがらない女子も、抜け出さそうとする女子も、自分達に振り向かない男子も、みんな敵に見える。仕事に没頭して誤魔化そうとしてもダメ。逃げてきた女は、本気で女を捨てて仕事に命を捧げてきた女に敵わないから。でも、それに気付かないからやっぱり男女不平等社会を叩き始める。

若い女子達よ。自分を誤魔化すのをやめろ。自分言い訳しながらフラフラ転落していく人生を歩みたくないなら、救いの手を差し伸べる女にすがれ。少なくとも、叩くな。それが転落の第一歩と知れ。誰にも、人を叩いていい理由などないのだから

2019-03-05

https://anond.hatelabo.jp/20190304214607

あほなん?

自分自身に芯がなくて、自信がないか不安になって泣いてるだけでしょ。

勝手結婚女子会を両立すればいいんじゃないの?

なんでいちいち他人意見に感化されるの?

カスなん?

現実見ようや。

anond:20190304214607

なんなんだこのヒステリックババア集団ネット文章読んで泣きながらとかガチで終わってる独身女じゃん。

あんたらゴミ女の怒りの矛先、いったいどこに向けてんの。「○○が泣いてんだけどぉ!!!」って凄む女子中学生レベルからまったく抜け出せていない…。

URL読んでない俺が言うのもなんなんだけど、増田集団こそマジで女子会コミュニティ解体すべき案件だわ。

しか図星から泣いてんだろ?増田も含めクソ女の集まりだわ。笑える。

anond:20190304214607

読解力のないあんたような奴ががなり立てるだけでも女子会有害だとわかるな

anond:20190304214607

どんなひどいこと書かれてるんだろう、と思ったらいつもの婚活屋さんだった。

いや私も女子会やめた方がいいと思うよ。婚活っ子と女子会すると「この間会った男性はここが気に入らなかった」って話ずーっとしてるもん。悪いところが目に付きやす性格なのは彼女個人問題だけど、口に出して同意をもらって「こういう男は嫌だ」と決意を新たにする姿は本当に結婚から遠ざかっていると思う。

そして増田は傷付いた友人のため、という責任転嫁先(大義名分)があれば名誉毀損営業妨害も、つまり違法行為も辞さないという性格なので、それに対してはちょっとよく考えた方がいいと思う。

あと言い分というか思考形態が、痴漢被害を訴えた記事読んで「痴漢しねーよ!」ってキレてる男と同じなんだけど。自分カテゴライズした上でそのカテゴリちょっとでも非難されるとキレるっていう。こっちに関しても落ち着いて冷静になって欲しい。

anond:20190304214607

婚活なんて数字足切りしまくるものなんだから年齢が少しでも若いうちにやるべきで、そのときだけは週末や仕事後の時間女子会じゃなく候補のお相手に優先して使えってのは当然のことだと思うけどね。受験と同じようなもんよ。

というか増田友達あくま大勢に向けた一般論として書かれてる文章でそこまで盛大に傷つくくらいなら、あんまり外部情報仕入れいかない方がいいんでは。

図星突かれて動揺してるのか自分の考え否定されたと思って傷ついてるのかは分からんが、メンタル維持のためのエネルギー無駄遣いしてることだけは分かるぞ。

anond:20190305141621

女子会男子禁制

くらいにしか使ってないや。

「こんどお花見行くんですよ(普段こもってるけど)」

「いいなぁ楽しんできてね(ニヤニヤ)」

すみません女子会なんですけど、楽しんできますね(しかも昼間だけど💦)」

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん