「フィーバー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: フィーバーとは

2020-06-29

みんなぶっ叩いては忘れていく

藤井くんフィーバー将棋がバズってるついでに

かつてスマホカンニングが疑われた三浦弘行九段について

騒動自体は、結局何の証拠もない言いがかりであることが明らかになり、きっかけを作った当事者はごめんなさいしてるわけだけど

納得しない連中が

「このあと成績が維持できるか見ないとわからねーだろ」

などと言っていた

あの時外野で騒いだ連中の多くは、どうせその後の成績など見ていないだろう

あれから三浦九段順位戦A級名人への挑戦権を争う10人のトップランカー)を維持し続けているよ

2020-06-19

もう一度鳥越擁立ではだめだったのか?

都知事選候補者公示された。

今回は立憲民主党共産党社民党宇都宮氏を支援するようだ。

しかし私は前回の選挙時の鳥越フィーバーが忘れられない。

はてなリベラル諸氏に問いたい。なぜもう一度鳥越擁立ではだめなのか?

あの時あんなにも心を一つにして応援していたではないか

思い出してほしい。宇都宮氏が鳥越氏を批判した時のことを。その後のリベラル陣営による宇都宮バッシングを。

あの時私は確信した。鳥越都知事こそが唯一にして絶対の正解なのだと。

あの時の一体感には強く胸を打たれた。私はあの感動を未だに忘れることができないのだ。

それにである

当時鳥越氏を支援支持した人で、後にそのことを反省している人を見たことが無い。いたら教えてほしい。

それは鳥越氏が正しかったということに他ならない。

なればこそ。

もう一度鳥越擁立ではだめだったのだろうか?

2020-06-08

[]6月8日

ご飯

朝食:なし。昼飯:冷やし中華。夕食:人参大根とお揚げと納豆味噌汁。間食:たくさん。書くと怒られるから書かない。

調子

むきゅーはややー。仕事はそれなりー。

昨日、家族と会ったとき給料のこととか結婚のこととかをとても揶揄われて、それが嫌だった気持ちで胸がいっぱい。辛い。シンドイ。無価値だ。

○ワーフリ

イベント周回。イベントの装備をボスドロップ品二つとボックスガチャ品一つの三種類を完凸した。

フィーバーパがかなり強いので、このゲームへのモチベがむくむくしてきた。

グラブル

ししょうこうりんを周回。

ヒヒ追加分を取得したので、後は久遠を取り切ろうと思う。久遠在庫は後一つなので余裕かな。

後、ずーーっと放置し続けてる、黄龍と黒麒麟のとか、通常攻刃武器の上限アップスキル付けとかも流石にそろそろ手をつけないとだ。

特に黄龍と黒麒麟の石は流石に無くて不便なことがとても多いのでそろそろ手をつけないとだ。

2020-06-06

不器用生き方をするオタクの吐き戻し

最近オタク活動(ここで言う“オタク”はアニメゲーム漫画などのサブカルチャーに分類されるものを好きと表現する人を指している)がめんどくさいなぁと思うことがある。

もちろんこれは全面的わたしが悪い。

変に共感性が高く、気にしいで、そのくせに気分屋で、すぐ落ち込むようなメンタルの死んでいるわたし勝手に落ち込んでいるだけなのである

昨今、物凄い速度で新しいジャンルが生まれ、旬となり、瞬く間に旬が過ぎる。

わたしはもともと三つか四つくらいのジャンルを数年単位で順繰りに楽しむタイプオタクだ。変なタイミングで再熱するし、気分が乗らなければ大フィーバー中に一人しらけてしまう時もある。

一丁前に創作なんざもする。

しかし凝り性で筆が遅い。そのくせ描きたいものだけはぽんぽこ生み出てくる。だからそんなわたしにはそういったサイクルが一番過ごしやすいのだと思う。

だが同時に、とても侘しくなる時もある。

仲の良かったみんながわたしの知らないジャンルを話し、それに混ざりたいからと、ジャンルを履修するが一つも楽しくなくて。

ハマれなくて焦っているうちにみんな新しい沼で楽しくしている。

自分が属するジャンルに新しく入ってきた方も、気づけば同じジャンルの話をしなくなり、そしてわたしを置いていなくなってしまうのだ。

そも、ジャンル梯子したり同時進行で抱えたりと言うことが苦手な性分なのだ

もともと頭の出来は良くなく、マルチタスクが苦手だ。一つ以上のことを抱え始めるとニッチもサッチも行かなくなり、頭をぐるぐる回した挙句に面倒になって放棄してしまう。

そういった人間なせいで、同時期に色々なジャンルを全部抱きしめて笑うアクティブオタクを見ると、大好きでたまらないのに、どれか一つずつしか抱き上げられない自分不器用さに呆れて、そして少し悔しくて、とてつもなく孤独を感じるのだ。

心細くて、胸がズドンと重たくなる。

辛いならやめればいいじゃないか。何度も考えた。

でも結局なにかを追いかけて、みんなで“たのしい”を共有する気持ちの良さを知った後だと、切り離すことに踏ん切りをつけることはとても難しい。

そんな宙ぶらりんでジャンルを抱えることに、たまに少しだけ罪悪感が湧く。

SNSでそんな感覚を味わい続けて、気づけば仲の良いフォロワーさんだとかを作るのすら怖くなっていた。昔は結構雑なリプライとか送ったりしてたと思うが。

仲良くなったオタクが、いつかジャンルと一緒に、自分との仲も振り解いていくことに怯えているのだ。

要するに面倒なクソデカ感情抱き込み厄介オタクになったということだ。

恥ずかしいことに。

から愛が重い自覚はあるが、こうもねじくれた方へと行くとは思わなかったと弁明はしておく。

だんだんなにを書いているかからなくなってきた。 キッカケはお気持ち記事だったと思うが…

この通り鳥頭なので書きはじめと終わりで話していることがめちゃくちゃである文章力が欲しい。

モヤモヤ毎日形を変え色を変え、自身を蝕むこのなんとも言えない感情言語化する力があればなぁとつくづく思う。

そもこの記事は、ただ“はてな匿名ダイアリー”というツールを今し方初めて知り、匿名自身の悩みを一方的に吐き散らかせる場所があるのか!とワクワクしながら書いた散文でしかないことは記しておく。

このような不器用オタクがもしいるのなら、まぁ互いに生きづらいわけではあるが、なるべく楽しく感じれる時間が長く続きますようにと、そう願って止まないのです。

2020-06-05

[]6月4日

ご飯

朝食:サンドイッチ。昼飯:おにぎり。夕食:納豆。卵、人参那須味噌スープ。間食:チョコ

調子

むきゅーはややー。仕事はそれなりー。

○ポケマス

水育成イベントの周回。

ジコスギーマさんがそろそろらしいので割とモチベがある。

○ワーフリ

フィーバーパのメインメンバを絆まで育てた。

かなり強くて、まだ装備が全然なのに光有利の超級でも貢献度争いで競える(1位を取れるとは言っていない)ので、このゲームが楽しくなってきた。

もうちょい仕様理解していきたいなあ。

2020-06-04

[]6月3日

ご飯

朝食:なし。昼飯:冷やし中華。夕食:マクド。間食:チョコ

調子

むきゅーはややー。仕事はそれなりー。

マリオ64(WiiUVC)

スター5個。累計75個集めるまでプレイ

雪のステージすこ。ペンギンが好きだからイライラしないだけかも?

○ワーフリ

育成の周回とか。無料ガチャでたくさんキャラを引けたので、いろいろ育てている。まずは光フィーバーパを絆まで育てたい。

2020-05-31

[]5月31日

ご飯

朝食:ソーセージエッグ定食。昼飯:シュークリーム。夕食:奈須と人参小松菜玉ねぎ豚肉を煮込んで、大根おろしネギポン酢をかけて食べるやつ。雑炊。間食:アイス

調子

むきゅーはややー。仕事おやすみ

雨が降ると調子が悪くなる。そわそわむずむずしちゃう

○ポケマス

ヒカリイベントを周回。1箱開けて累計10箱。終わり。

○プリコネ

フェス限は引くことにしているので天井想定でガチャ

結果は20連でプリンセスコッコロを引けました。2天井分石あるけど、まああっという間に2.5周年フェスだし、まあ貯めておこう。

○ワーフリ

ハーフアニバーサーリーという良い感じのタイミングなので、初のガチャ

150連ほど回して、オリヴィエ、アニバネフティムルナだよ、などの目玉を入手。

早速、アニバネフティム活用するため光フィーバーパーティーを組むためにいろいろ周回。

今まで配布キャラ最初ガチャで引いたキャラしかいなかったので、一気にキャラが増えて嬉しい悲鳴だ。

まずは光フィーバーパを満足いくまで育成しようと思う。

新しいシナリオイベントも楽しみ。後編きてから一気読みしよう。前のお話のせいで死ぬほどハードル上がってるから不安だけども。

2020-05-29

anond:20200529174106

70年代(サタデナイトフィーバーの頃)はディスコって言ってたよね。アメリカでも日本でも。

でも90年代にはクラブって言ってたと思うから80年代の終わりくらいかなぁ。

2020-04-29

anond:20200429191035

せめてフィーバー出ると良いね

TVのインタビューの機会があれば、パチンコには感染しに来ましたって言おうね。

2020-04-25

ほんまに同じもんか?

欧米各国を傍観して、もっと日本バタバタ人が死ぬんかと思ってた。

思ったより少ないわ。カウントしていないだけ?それとも連休明けからフィーバーお国柄?民族性

実は変異していて違っていたりとか?

自分の生死も含めてこの先が楽しみでならない。

2020-04-16

anond:20200416094001

どっかの右翼みたいに春節の前から入国禁止しろ」って堂々と言ってれば今頃大フィーバーだったと思いますけど

2020-04-06

婚活したことないけど

23歳がフィーバータイム

24歳〜25歳がボーナスステージ

26歳〜29歳が通常、

30歳〜がおジャマ発生中なイメージ

きっとだいたいあってる

2020-04-02

anond:20200402090007

元々飽きられてる上に、クソ忙しい年度末に仕事増やしたくないのに無理やりやらされる中の声の人も割と出てて叩かれてたしな

んで去年は令和フィーバーで忘れられたし今年はこれだ

これを機にもう止めたって所も多いだろうし

それでもやってる所はブラック臭がする

勿論中の人が進んでやってる所もあるんだろうけど

2020-03-30

anond:20200330121434

去年も令和フィーバーで忘れられてたし

もう止める企業も出てくるだろうな

2020-03-23

anond:20200313114004

自分の金で甲子園見に行って阪神がボロクソに負けたらヤジ飛ばすし、選手だって来期の年俸も下がるやろ?

逆に勝ってたらデイリー含めてフィーバー

2020-03-02

でも昨日はメルペイフィーバー50%還元だったかドラッグストアが人多すぎでも仕方ないやん?

2020-02-16

初心会から卒業と「救世主プレイステーション」と中古裁判の話

※この記事は前回からの続きです。

https://anond.hatelabo.jp/20200211202529

 さて、続きだ。ゲーム業界流通において初心会がやってきたこととその最後を述べてきたが、今回は初心会を葬った旧SCEソニー流通を中心に街のゲーム屋的な小売店視点で色々語ろうと思う。しかしこの期間は非常に起きた出来事が多くかつ入り組んでいるので、あえて細かな要素をオミットして正確さよりもわかりやすさを重視することにする。それにデジキューブ銃撃事件真相なんざわからいからな。


 時代プレイステーション参入前。任天堂エンタテインメントが行き止まりに行きつつある頃だ。そのことについては前回語ったが、さて、任天堂以外の、NECPCエンジン)やセガメガドライブ)あたりはどうだったのだろうか? 初心会が横暴なら、こちらのほうに注力するという手段もあったのでは?

 ぶっちゃけこっちはもっと酷かった。ソフトが売れないというわけではない。10万本売れるソフトはあった。あったのだが問題プラットフォーマーが用意した他の大量のソフトだ。

 当時、任天堂に対抗するためにNECセガは自社プラットフォームの発売カレンダーの空白をなんとか埋めようと躍起になっていた。サード自主的ソフトを作ってくれるのならそれに越したことはないが、そうではない場合自分たちで用意する必要もあった。自分たちパブリッシャーとなり開発会社委託してゲームを作らせる。さらにはサードに対しても「ウチの流通に乗せますので○万本は絶対に売れますから作ってください」みたいなアプローチも行った。そうして「とりあえず」カレンダーを埋めることができたソフトは、「とりあえず」問屋が頑張って小売に売った。在庫になっても不良在庫になるだけなのがわかっているので大バーゲンで売った。小売はもともとの卸値が安いため、最初から値引きして売る。売れ残ったら損だから博打みたいなものだ。そうしたソフトが並ぶと小売価格そのままのソフトは見向きもされなくなるのであわせて値引きされる。PCエンジン末期、餓狼伝説2クソゲーではないのだけど)が100円で棚に50本くらい並んでいるのを見たことがあったが、あれは問屋の不良在庫を捨て値で小売が拾ってきたんだな。

 どこかで見た状況と思わないか? そう、アタリショックだ。ゲーム在庫問屋にも小売にも溢れわけがからない状態になっていた。価格崩壊し定価が意味をなさなくなっていた。

 任天堂初心会が横暴、セガNECは頼りにならない。こんな状況の市場次世代機の波と共に救世主がやってきた。ソニーだ。ソニーが直接小売店契約するというのだ。

 衝撃は大きかった。CD流通の流用で、「リピートを早く」「小売価格の大幅な値下げと小売店に対するマージンの確保」「掛け率は大量に取ろうが少量だろうが同じ」という特徴をもち、かつ「中古売買の禁止」「値引き販売禁止」という成約があったが、それでも多数の小売店から好意的な反応を得た。そもそも初心会でも値引き販売原則としては禁止だったのだから

 そして何よりプレイステーション小売店に好まれたのは、ゲーム本体の卸値が安く、プレイステーション1本体だけを売っていても結構な利幅があったこともあげられる。これはかなり珍しいことで、通常は卸値と小売価格ほとんど変わらない。Xbox360の発売当初は二次問屋の都合一部の小売店において卸値が小売価格を超えたという珍事すらあったという。プレイステーションサターンは発売時期がほとんど一緒で、スタート時点ではサターンのほうが優勢だった。しかしこれがじわじわ小売店プレイステーション派に偏らせていった。プレイステーション小売店ハードでもソフトでも確かな利益確立してくれた。

 


 そうしてFF7が、DQ7プレイステーションで出るという流れが生まれ一気にプレイステーションが圧倒的な優勢を保持するようになるわけだが、この流れのなかでゲーム屋は何かが違うと確信した。プレイステーション救世主になってくれたはずだった。しかFF7を発売するスクウェア(当時はエニックスとの合併前だった)が打ち出したデジキューブは、既存ゲーム屋にツバを吐きかけるようなものだった。なにせ目玉タイトルFF7の出荷本数の半分をコンビニに任せるというのだから。これではゲーム屋はやっていけない。いくら本体を売れば儲けになるといっても一人にせいぜいが一台が限界だ。ソフトをたくさん売れなければしかたない。

 そしてソニーの態度もなにかおかしくなりはじめていく。元々の小売店への説明会では「返品はNG」ということになっていた。なっていたのだが、個別対応としてソニー担当者が返品を受け付ける旨を話していた。そのため小売店のなかでは安心して在庫を抱える店もあったわけだが、返品したいと言い出すと担当者の態度がころりと変わる。前に言っていたことと違うことを言い出す。ようやく返品受付をしてもらうも半額返金……。そのような事例が発生した。結局ソニーとしては二度返品を「特例」として受け入れるのみにおわり、いよいよもって「返品NG」が周知徹底されることになった。

 頼りにするミリオンソフトは入荷しない、個別対応約束していた返品制度はなくなった。このような状況下でもなおソニーは「中古取り扱い禁止」「値引き販売禁止」を打ち出していた。中古を取り扱った店や値引き販売した店は、不思議なことに”配送事故”が発生してソフトの入荷が遅れるようになった。

 FF7発売の頃にはすでに任天堂初心会解散させていた。ニンテンドウ64を発売し、ポケモンを大ブームにさせた任天堂ならこの頃のゲーム屋の救世主なり得ただろうか? 残念ながらこの頃の任天堂(正確には任天堂系列問屋だが)は「小売価格を下げつつ小売店への卸値を上げる」という暴挙に及んでいる。それでもポケモン死ぬほど売れたのだから恐ろしい。

 ソニーが信用できず、任天堂はあてにならない。そうした状況で頼りになるのはセガ……ではなかった。セガメガドライブ反省を活かしおもちゃ問屋をまとめてセガユナイテッドという流通会社を立ち上げる。大手ゲーム屋には直接卸し、小さな街のゲーム屋には二次問屋を使って卸す、ちょうど初心会ソニー流通の間のようなハイブリット流通機構を作り上げた。在庫管理とコストダウン両方の面でなかなか上手くいったはずだが、いかんせんプレイステーションの圧倒的ソフトラインナップには敵わなかった。自社でなんとかできる力はあるのだが、セガにはポケモンがなかった。しかメガドライブ末期の状況からここまで着実に改革を進められたのは称賛に値する。NECは途中で死んだのに。




 そしてついに中古裁判が勃発する。1998年1月には公正取引委員会ソニー流通の「値引き販売禁止」「中古売買禁止」が問題視され排除勧告を受けた。しかしこれで下がらずソニーは他メーカーを巻き込んで中古禁止裁判を起こす。ゲームメーカーvs小売の裁判だ。その一方で株式会社上昇(ようするにカメレオンクラブだ)がエニックスを訴える。「新作ソフトは扱わない」「ロイヤリティとして中古売上の7%を支払う」といった提案を出したものの実際にエニックスからソフトの出荷停止を食らってしまったがゆえの反撃だ。なおこの頃にはソニースクウェアデジキューブ)だけを優遇することが問題視されて、各社サードメーカーも自社流通小売店に卸すようになっている。

 2つの裁判が同時に起きて別々の判決が生まれて、ここらへんは非常にややこしい。ややこしいが小売店公然中古を売るようになった。値引きもするようになった。自社流通に切り替わった各社ゲームメーカーも忌々しく思っていたが裁判流通とは別との判断だったのか、おおっぴらに”配送事故”が起きることはなくなっていく。

 ちなみにこの頃、セガドリームキャストに向けさらなる流通改革を行い、セガユナイテッドセガミューズへと編成しなおす。これは老舗おもちゃ問屋ムーミンセガユナイテッドに合流した形だ。ムーミンメガドライブ(もしかしたらもっと前?)の頃からセガ共闘しているお得意様だった。なお、ソニーを学んだのか「値引き販売禁止」「中古売買禁止」を小売店押し付け、同じく公正取引委員会より立ち入り審査を受けるはめになる(もっともこれは後日小売店契約しなおしをすることによって審査は打ち切られた)。小売店救世主はなかなかいない。

 

 中古裁判最高裁にまでもつれ込んだが、ようやく結論は出た。中古販売合法だった。小売店大手を振って中古売買ができるようになった。値引き販売をしてもお咎めはなくなった。小売の完全勝利だ。「ファミコンショップ」はPS2時代にまでいたりようやく安心できるようになったかのようにみえた。

 そうではなかった。むしろゲーム地獄はここからが本番だった。

 まず大店法改正があった。巨大店舗小売店が各地に出来上がる。そして家電屋の店舗の巨大化がどんどんと進む。巨大化した店舗で何を扱うか。ゲームも扱うようになった。ゲームは美味しい商材だと思われた。そして今までグレーゾーンだった中古合法判決が出た。取り扱わない理由がなくなった。

 そのため大手販売店は客寄せのために新作ソフトを大きく値引きする。これが卸値と同価でも構わない。とりあえず客が来て、他の家電もついでに買ってくれれば儲けものからだ。そして中古も多数取り扱う。ゲーム利益の確保はこっちだ。そこそこの価格で引取りそこそこの価格販売する。これも回転が早ければ利益が稼げる。ビデオレンタルゲオツタヤが入ってきたのも大きかった。街のゲーム屋さんにできることは限られていた。大手資本真正から戦って敵うわけはなかった。中古販売という最高の武器を手に入れたかわりに、同じ武器をもった最強の敵が現れたのだ。多数のプレイヤーがそちらに流れた。売っているものが同一なら、安いところで買うのが当たり前だからだ。

 その後まったく救いがなかったわけではない。DSの大フィーバーがこの後起きた。ゲームに触れたことがない新規層でも直感的なタッチパネルを備えたデバイスゲーム市場を一気に活性化させた。誰もがみなDLライトを買い求めてゲーム屋と家電屋を往復した。飛ぶようにDSライト本体脳トレどうぶつの森が売れた

 しかしここでも任天堂流通が小売の前に立ちふさがる。任天堂小売店から受けた仕打ちを忘れていなかった。64よりもPS1,ゲームキューブよりもPS2を優先させた街のゲーム屋に、引く手あまたのDLライトを多く卸す理由がなかった。DSライト任天堂流通のお得意様、デパートゲームコーナー、おもちゃ系統販路を優先して入荷していった。今まで子供向けのプレゼント用途ゲームキューブ、ポケモン関連をしっかり取っていた「実績」のおかげだった。街のゲーム屋が本当に一息ついたのはおそらくさらに後のモンハンポータブルの大ヒットあたりからだろう。

 こんな流れがあり、地方から現在ほとんどの「ファミコンショップ」が姿を消している。初心会を中心とした問屋は、成熟したゲーム業界メーカー自主流通を実現させたことでその役目を終えて消えていった。となれば、地方ゲーム屋もまた、成熟したゲーム業界によって役目を終えた存在としてみなされてしまったのだろうか? おそらくはそうだろう。そして将来的にはゲーム販売する大型店舗すらいなくなるかもしれない。ダウンロード販売メーカーは推進しているからだ。

 そんな流れのなか、この令和の時代に意地でも自前の店舗ゲーム販売している「ゲーム屋」を見かけることがある。業界の厳しい荒波に揉まれそれでも生き延びている人たちだ。私は彼らに尊敬の念を抱かずにはいられない。

 

 彼らに幸あらんことを。

2020-02-10

パプリカフィーバー欺瞞

パプリカすごい、パプリカ子ども自然に踊りだす、とか、誰もが知ったかぶりして、米津天才とか言ってるけど、ただ単に大人が懸命に宣伝してるだけだからな。子どもがどこからか、情報もってきて、パプリカを聴きはじめて、自分たちで踊りを編み出して、踊ってるわけじゃないぞ。大人に踊らされてるだけなんだわ。欺瞞だらけの世の中だな。

俺は米津のパプリカ大好きだけどな。

2020-01-27

もしかして歴史記憶って簡単操作できちゃうんじゃないか

斎藤佑樹全国的に有名になったのは甲子園大阪桐蔭戦前からようやく…

ってのが俺のなかでの正しい記憶なんだけど真っ向から反論してくる人が結構いる。

「春のセンバツの時点で野球見ない人でもほとんど斎藤佑樹名前を知っていた」

とか

「夏の東京都大会決勝の日大三戦でもう完全に全国的フィーバーになっていた」

とか。

自信満々で噛みつかれた。ていうか一切合切間違った記憶にとらわれたガイジ呼ばわりされたほどだし。

でも甲子園1~2回戦ではまだ日本の誰もが知るような選手じゃ全くなかったと俺は確信している。

このことからもしかして人の記憶って簡単操作できちゃうんじゃないか?という仮説が俺のなかで生まれた。

某超大物小説家M氏のwiki逮捕の「た」の字も載らなくなって10年くらい経ってるけど、

50年後にはM氏が大麻で捕まった事実は一切なかったことになるかもしれない。

そのとき記憶あいまいor事実なんてどうでもええわって層が少なくない数いる

メディアwikiなど凄まじい数の人が情報を参照する場で誤った情報を載せる

→それが正しい歴史になる

こういうプロセスは意外とまんまと上手くいくのでは?と思ってる。

ハンカチ王子と同じことはブラック企業問題でもあった。

俺の記憶だとネットで「パワハラだの残業60時間鬱病だのは甘え。働かせて『いただいてる』んだぞザコw」

みたいな露悪的でマッチョ体育会的な暴言を書き捨てる人はかなりいた。

ていうか今みたいにブラック企業やその経営者断罪する意見書く人は多勢に無勢でボロカスやられてたくらいだ。

スレに出没した謎のキチガイくらいの盛り上がり方で。

でもそんな自分記憶ネットで明かすとやはり反応は

「2chでそんな時代はなかった」だの「少なくともiPod普及し始めたころにはネットだと今と変わらずブラック労働死ぬほど叩かれてて、

ブラック企業被害者は同情されるばかりだった」だのというものばかり。

残業60時間過労死とかのニュースは末尾に「wwwwwwwwwwwwwwwww」をつけて軟弱だと笑い物にするレスばっかついてた

って確信あんだけどなあ。

最後になんか嫌な予感というか20年後くらいを想定した予言を一つ。

バブル崩壊とその後30年以上にわたる不況は、当時、政財官界で中堅~ベテラン地位を占めてた『バブル世代』と『ゆとり世代』が

 馬鹿な舵取りをしたから」

っていうすっちゃかめっちゃかな振り返りや総括をする一般大衆ゴロゴロ出てくるようになる。

人間記憶曖昧です。

でもハンカチ王子ブラック企業世間評価に関する俺の記憶はかなり正しい自信がある。

2020-01-16

もう疲れすぎて、帰宅後に運動のために四股踏みのポーズしてたら、ラジオからのアップテンポジャズに合わせて踊り出し、鏡見たらサタデナイトフィーバーポーズだった、何なのマジで

2019-12-11

anond:20191211001619

男色空海が広めたとされている。平安時代僧侶男色フィーバーだった。

同性しかまらない状況だと同性愛が広がることが歴史的証明されている。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん