「えび」を含む日記 RSS

はてなキーワード: えびとは

2021-04-30

海鮮丼

まぐろ かんぱち 赤えび いか いくら うに

みょうがの美味しさを知り、さらにうまうま…

2021-03-28

anond:20210328055733

えび横ってなんなのか知らなかったけどナンパ聖地なんだね。

https://comingout.tokyo/3867

こんなところで百千練磨の彼氏ってすごいね

違う人生すぎる

付き合って数ヶ月になる彼氏がいる。

遊んでる人とは知っていたが、最近本当に下品な遊びばかりしていたと知って驚いた。

クラブやチャラチャラしたバーで声をかけた女の子ワンナイト

コリドーやえび横でナンパセフレセフレワンナイトワンナイト、即、即。

世の中にそういう人種がいることは知っていたが、まさかこんな身近にいるとは思わずに驚いた。

彼の友人からは「彼とは長い付き合いだけど、これだけいつも一緒にいて、あちこち連れ回す女の子増田だけだから、かなり大事にしてると思う」と以前言われたが、正直下品な遊び方すぎて、ドン引きしてしまった。

クラブで性接触して出禁になった話など、もはや目眩がした。

彼もその場にいたが、泥酔していた上(泥酔している時は大概記憶が無い。)に過去過去とはっきり割り切るタイプなので、「あー!あの話しね!」と爆笑していた。

私は笑うことなんて全く出来ずに、思わずトイレにこもってしまった。

元々他人感情機微に疎いひとだと思っていたが、ここまでとは思わなかった。

今はそんな遊び方していないと言うし、本当にその素振りはないが(平日も週末もいつも一緒にいるので)もう素直な気持ちで彼のことを好きとは言い難い。

なんだかなあ。

2021-03-24

初期ちいか・・・えびえ泣いててうるさい、かわいいことを承知の上で行動、愚か

少し前のちいか・・・ハチワレが保護者、「主人公」なので運が良かったり勇気が出る、低知能

最近のちいか・・・ゴキブリ保護者ヅラ過保護反論せず逃げる、愚か、低知能、無能

2021-03-22

又三郎

風の又三郎

宮沢賢治


どっどど どどうど どどうど どどう

青いくるみも吹きとばせ

すっぱいかりんも吹きとばせ

どっどど どどうど どどうど どどう

 谷川の岸に小さな学校がありました。

 教室はたった一つでしたが生徒は三年生がないだけで、あとは一年から六年までみんなありました。運動場もテニスコートのくらいでしたが、すぐうしろは栗くりの木のあるきれいな草の山でしたし、運動場のすみにはごぼごぼつめたい水を噴ふく岩穴もあったのです。

 さわやかな九月一日の朝でした。青ぞらで風がどうと鳴り、日光運動場いっぱいでした。黒い雪袴ゆきばかまをはいた二人の一年の子がどてをまわって運動場にはいって来て、まだほかにだれも来ていないのを見て、「ほう、おら一等だぞ。一等だぞ。」とかわるがわる叫びながら大よろこびで門をはいって来たのでしたが、ちょっと教室の中を見ますと、二人ふたりともまるでびっくりして棒立ちになり、それから顔を見合わせてぶるぶるふるえましたが、ひとりはとうとう泣き出してしまいました。というわけは、そのしんとした朝の教室なかにどこから来たのか、まるで顔も知らないおかしな赤い髪の子供がひとり、いちばん前の机にちゃんとすわっていたのです。そしてその机といったらまったくこの泣いた子の自分の机だったのです。

 もひとりの子ももう半分泣きかけていましたが、それでもむりやり目をりんと張って、そっちのほうをにらめていましたら、ちょうどそのとき川上から

「ちょうはあ かぐり ちょうはあ かぐり。」と高く叫ぶ声がして、それからまるで大きなからすのように、嘉助かすけがかばんをかかえてわらって運動場へかけて来ました。と思ったらすぐそのあとから太郎さたろうだの耕助こうすけだのどやどややってきました。

「なして泣いでら、うなかもたのが。」嘉助が泣かないこどもの肩をつかまえて言いました。するとその子もわあと泣いてしまいました。おかしいとおもってみんながあたりを見ると、教室の中にあの赤毛おかしな子がすまして、しゃんとすわっているのが目につきました。

 みんなはしんとなってしまいました。だんだんみんな女の子たちも集まって来ましたが、だれもなんとも言えませんでした。

 赤毛の子どもはいっこうこわがるふうもなくやっぱりちゃんとすわって、じっと黒板を見ています。すると六年生の一郎いちろうが来ました。一郎はまるでおとなのようにゆっくり大またにやってきて、みんなを見て、

「何なにした。」とききました。

 みんなははじめてがやがや声をたててその教室の中の変な子を指さしました。一郎はしばらくそっちを見ていましたが、やがて鞄かばんをしっかりかかえて、さっさと窓の下へ行きました。

 みんなもすっかり元気になってついて行きました。

「だれだ、時間にならないに教室はいってるのは。」一郎は窓へはいのぼって教室の中へ顔をつき出して言いました。

「お天気のいい時教室はいってるづど先生にうんとしからえるぞ。」窓の下の耕助が言いました。

しからえでもおら知らないよ。」嘉助が言いました。

「早ぐ出はって来こ、出はって来。」一郎が言いました。けれどもそのこどもはきょろきょろ室へやの中やみんなのほうを見るばかりで、やっぱりちゃんとひざに手をおいて腰掛けにすわっていました。

 ぜんたいその形からが実におかしいのでした。変てこなねずみいろのだぶだぶの上着を着て、白い半ずぼんをはいて、それに赤い革かわの半靴はんぐつをはいていたのです。

 それに顔といったらまるで熟したりんごのよう、ことに目はまん丸でまっくろなのでした。いっこう言葉が通じないようなので一郎も全く困ってしまいました。

あいづは外国人だな。」

学校はいるのだな。」みんなはがやがやがやがや言いました。ところが五年生の嘉助がいきなり、

「ああ三年生さはいるのだ。」と叫びましたので、

「ああそうだ。」と小さいこどもらは思いましたが、一郎はだまってくびをまげました。

 変なこどもはやはりきょろきょろこっちを見るだけ、きちんと腰掛けています

 そのとき風がどうと吹いて来て教室ガラス戸はみんながたがた鳴り、学校のうしろの山の萱かやや栗くりの木はみんな変に青じろくなってゆれ、教室のなかのこどもはなんだかにやっとわらってすこしうごいたようでした。

 すると嘉助がすぐ叫びました。

「ああわかった。あいつは風の又三郎またさぶろうだぞ。」

 そうだっとみんなもおもったときにわかにうしろのほうで五郎が、

「わあ、痛いぢゃあ。」と叫びました。

 みんなそっちへ振り向きますと、五郎が耕助に足のゆびをふまれて、まるでおこって耕助をなぐりつけていたのです。すると耕助もおこって、

「わあ、われ悪くてでひと撲はだいだなあ。」と言ってまた五郎をなぐろうとしました。

 五郎はまるで顔じゅう涙だらけにして耕助に組み付こうとしました。そこで一郎が間へはいって嘉助が耕助を押えてしまいました。

「わあい、けんかするなったら、先生ちゃん職員室に来てらぞ。」と一郎が言いながらまた教室のほうを見ましたら、一郎はにわかにまるでぽかんとしてしまいました。

 たったいままで教室にいたあの変な子が影もかたちもないのです。みんなもまるでせっかく友だちになった子うまが遠くへやられたよう、せっかく捕とった山雀やまがらに逃げられたように思いました。

 風がまたどうと吹いて来て窓ガラスをがたがた言わせ、うしろの山の萱かやをだんだん上流のほうへ青じろく波だてて行きました。

「わあ、うなだけんかしたんだがら又三郎いなぐなったな。」嘉助がおこって言いました。

 みんなもほんとうにそう思いました。五郎はじつに申しわけないと思って、足の痛いのも忘れてしょんぼり肩をすぼめて立ったのです。

「やっぱりあいつは風の又三郎だったな。」

二百十日で来たのだな。」

「靴くつはいでだたぞ。」

「服も着でだたぞ。」

「髪赤くておかしやづだったな。」

「ありゃありゃ、又三郎おれの机の上さ石かけ乗せでったぞ。」二年生の子が言いました。見るとその子の机の上にはきたない石かけが乗っていたのです。

「そうだ、ありゃ。あそごのガラスもぶっかしたぞ。」

「そだないでああいづあ休み前に嘉助石ぶっつけだのだな。」

「わあい。そだないであ。」と言っていたとき、これはまたなんというわけでしょう。先生玄関から出て来たのです。先生はぴかぴか光る呼び子を右手にもって、もう集まれのしたくをしているのでしたが、そのすぐうしろから、さっきの赤い髪の子が、まるで権現ごんげんさまの尾おっぱ持ちのようにすまし込んで、白いシャッポかぶって、先生についてすぱすぱとあるいて来たのです。

 みんなはしいんとなってしまいました。やっと一郎が「先生お早うございます。」と言いましたのでみんなもついて、

先生お早うございます。」と言っただけでした。

「みなさん。お早う。どなたも元気ですね。では並んで。」先生は呼び子をビルルと吹きました。それはすぐ谷の向こうの山へひびいてまたビルルルと低く戻もどってきました。

 すっかりやすみの前のとおりだとみんなが思いながら六年生は一人、五年生は七人、四年生は六人、一二年生は十二人、組ごとに一列に縦にならびました。

 二年は八人、一年生は四人前へならえをしてならんだのです。

 するとその間あのおかしな子は、何かおかしいのかおもしろいのか奥歯で横っちょに舌をかむようにして、じろじろみんなを見ながら先生のうしろに立っていたのです。すると先生は、高田たかださんこっちへおはいりなさいと言いながら五年生の列のところへ連れて行って、丈たけを嘉助とくらべてから嘉助とそのうしろのきよの間へ立たせました。

 みんなはふりかえってじっとそれを見ていました。

 先生はまた玄関の前に戻って、

「前へならえ。」と号令をかけました。

 みんなはもう一ぺん前へならえをしてすっかり列をつくりましたが、じつはあの変な子がどういうふうにしているのか見たくて、かわるがわるそっちをふりむいたり横目でにらんだりしたのでした。するとその子ちゃんと前へならえでもなんでも知ってるらしく平気で両腕を前へ出して、指さきを嘉助のせなかへやっと届くくらいにしていたものですから、嘉助はなんだかせなかがかゆく、くすぐったいというふうにもじもじしていました。

「直れ。」先生がまた号令をかけました。

一年から順に前へおい。」そこで一年生はあるき出し、まもなく二年生もあるき出してみんなの前をぐるっと通って、右手下駄箱げたばこのある入り口はいって行きました。四年生があるき出すとさっきの子も嘉助のあとへついて大威張りであるいて行きました。前へ行った子もときどきふりかえって見、あとの者もじっと見ていたのです。

 まもなくみんなははきもの下駄箱げたばこに入れて教室はいって、ちょうど外へならんだときのように組ごとに一列に机にすわりました。さっきの子もすまし込んで嘉助のうしろにすわりました。ところがもう大さわぎです。

「わあ、おらの机さ石かけはいってるぞ。」

「わあ、おらの机代わってるぞ。」

「キッコ、キッコ、うな通信簿持って来たが。おら忘れで来たぢゃあ。」

「わあい、さの、木ペン借せ、木ペン借せったら。」

「わあがない。ひとの雑記帳とってって。」

 そのとき先生はいって来ましたのでみんなもさわぎながらとにかく立ちあがり、一郎がいちばんしろで、

「礼。」と言いました。

 みんなはおじぎをする間はちょっとしんとなりましたが、それからまたがやがやがやがや言いました。

「しずかに、みなさん。しずかにするのです。」先生が言いました。

「しっ、悦治えつじ、やがましったら、嘉助え、喜きっこう。わあい。」と一郎がいちばんしろからまりさわぐものを一人ずつしかりました。

 みんなはしんとなりました。

 先生が言いました。

「みなさん、長い夏のお休みおもしろかったですね。みなさんは朝から水泳ぎもできたし、林の中で鷹たかにも負けないくらい高く叫んだり、またにいさんの草刈りについて上うえの野原へ行ったりしたでしょう。けれどももうきのうで休みは終わりました。これからは第二学期で秋です。むかしから秋はいちばんからだもこころもひきしまって、勉強のできる時だといってあるのです。ですから、みなさんもきょうからまたいっしょにしっかり勉強しましょう。それからこのお休みの間にみなさんのお友だちが一人ふえました。それはそこにいる高田さんです。そのかたのおとうさんはこんど会社のご用で上の野原の入り口へおいでになっていられるのです。高田さんはいままでは北海道学校におられたのですが、きょうからみなさんのお友だちになるのですから、みなさんは学校勉強ときも、また栗拾くりひろいや魚さかなとりに行くときも、高田さんをさそうようにしなければなりません。わかりましたか。わかった人は手をあげてごらんなさい。」

 すぐみんなは手をあげました。その高田とよばれた子も勢いよく手をあげましたので、ちょっと先生はわらいましたが、すぐ、

「わかりましたね、ではよし。」と言いましたので、みんなは火の消えたように一ぺんに手をおろしました。

 ところが嘉助がすぐ、

先生。」といってまた手をあげました。

はい。」先生は嘉助を指さしました。

高田さん名はなんて言うべな。」

高田三郎さぶろうさんです。」

「わあ、うまい、そりゃ、やっぱり又三郎だな。」嘉助はまるで手をたたいて机の中で踊るようにしましたので、大きなほうの子どもらはどっと笑いましたが、下の子どもらは何かこわいというふうにしいんとして三郎のほうを見ていたのです。

 先生はまた言いました。

「きょうはみなさんは通信簿宿題をもってくるのでしたね。持って来た人は机の上へ出してください。私がいま集めに行きますから。」

 みんなはばたばた鞄かばんをあけたりふろしきをといたりして、通信簿宿題を机の上に出しました。そして先生一年生のほうから順にそれを集めはじめました。そのときみんなはぎょっとしました。というわけはみんなのうしろのところにいつか一人の大人おとなが立っていたのです。その人は白いだぶだぶの麻服を着て黒いてかてかしたはんけちをネクタイの代わりに首に巻いて、手には白い扇をもって軽くじぶんの顔を扇あおぎながら少し笑ってみんなを見おろしていたのです。さあみんなはだんだんしいんとなって、まるで堅くなってしまいました。

 ところが先生別にその人を気にかけるふうもなく、順々に通信簿を集めて三郎の席まで行きますと、三郎は通信簿宿題帳もないかわりに両手をにぎりこぶしにして二つ机の上にのせていたのです。先生はだまってそこを通りすぎ、みんなのを集めてしまうとそれを両手でそろえながらまた教壇に戻りました。

「では宿題帳はこの次の土曜日に直して渡しまから、きょう持って来なかった人は、あしたきっと忘れないで持って来てください。それは悦治さんと勇治ゆうじさんと良作りょうさくさんとですね。ではきょうはここまでです。あしたかちゃんといつものとおりのしたくをしておいでなさい。それから四年生と六年生の人は、先生といっしょに教室のお掃除そうじをしましょう。ではここまで。」

 一郎が気をつけ、と言いみんなは一ぺんに立ちました。うしろ大人おとなも扇を下にさげて立ちました。

「礼。」先生もみんなも礼をしました。うしろ大人も軽く頭を下げました。それからずうっと下の組の子どもらは一目散に教室を飛び出しましたが、四年生の子どもらはまだもじもじしていました。

 すると三郎はさっきのだぶだぶの白い服の人のところへ行きました。先生も教壇をおりてその人のところへ行きました。

「いやどうもご苦労さまでございます。」その大人はていねいに先生に礼をしました。

「じきみんなとお友だちになりますから。」先生も礼を返しながら言いました。

「何ぶんどうかよろしくねがいいたします。それでは。」その人はまたていねいに礼をして目で三郎に合図すると、自分玄関のほうへまわって外へ出て待っていますと、三郎はみんなの見ている中を目をりんとはってだまって昇降口から出て行って追いつき、二人は運動場を通って川下のほうへ歩いて行きました。

 運動場を出るときの子はこっちをふりむいて、じっと学校やみんなのほうをにらむようにすると、またすたすた白服の大人おとなについて歩いて行きました。

先生、あの人は高田さんのとうさんですか。」一郎が箒ほうきをもちながら先生にききました。

「そうです。」

「なんの用で来たべ。」

「上の野原の入り口モリブデンという鉱石ができるので、それをだんだん掘るようにするためだそうです。」

「どこらあだりだべな。」

「私もまだよくわかりませんが、いつもみなさんが馬をつれて行くみちから、少し川下へ寄ったほうなようです。」

モリブデン何にするべな。」

「それは鉄とまぜたり、薬をつくったりするのだそうです。」

「そだら又三郎も掘るべが。」嘉助が言いました。

又三郎だない。高田三郎だぢゃ。」佐太郎が言いました。

又三郎又三郎だ。」嘉助が顔をまっ赤かにしてがん張りました。

「嘉助、うなも残ってらば掃除そうじしてすけろ。」一郎が言いました。

「わあい。やんたぢゃ。きょう四年生ど六年生だな。」

 嘉助は大急ぎで教室をはねだして逃げてしまいました。

 風がまた吹いて来て窓ガラスはまたがたがた鳴り、ぞうきんを入れたバケツにも小さな黒い波をたてました。

 次の日一郎はあのおかし子供が、きょうからほんとうに学校へ来て本を読んだりするかどうか早く見たいような気がして、いつもより早く嘉助をさそいました。ところが嘉助のほうは一郎よりもっとそう考えていたと見えて、とうにごはんもたべ、ふろしきに包んだ本ももって家の前へ出て一郎を待っていたのでした。二人は途中もいろいろその子のことを話しながら学校へ来ました。すると運動場には小さな子供らがもう七八人集まっていて、棒かくしをしていましたが、その子はまだ来ていませんでした。またきのうのように教室の中にいるのかと思って中をのぞいて見ましたが、教室の中はしいんとしてだれもいず、黒板の上にはきのう掃除ときぞうきんでふいた跡がかわいてぼんやり白い縞しまになっていました。

「きのうのやつまだ来てないな。」一郎が言いました。

「うん。」嘉助も言ってそこらを見まわしました。

 一郎はそこで鉄棒の下へ行って、じゃみ上がりというやり方で、無理やりに鉄棒の上にのぼり両腕をだんだん寄せて右の腕木に行くと、そこへ腰掛けてきのう三郎の行ったほうをじっと見おろして待っていました。谷川はそっちのほうへきらきら光ってながれて行き、その下の山の上のほうでは風も吹いているらしく、ときどき萱かやが白く波立っていました。

 嘉助もやっぱりその柱の下でじっとそっちを見て待っていました。ところが二人はそんなに長く待つこともありませんでした。それは突然三郎がその下手のみちから灰いろの鞄かばんを右手にかかえて走るようにして出て来たのです。

「来たぞ。」と一郎が思わず下にいる嘉助へ叫ぼうとしていますと、早くも三郎はどてをぐるっとまわって、どんどん正門をはいって来ると、

お早う。」とはっきり言いました。みんなはいっしょにそっちをふり向きましたが、一人も返事をしたものがありませんでした。

 それは返事をしないのではなくて、みんなは先生はいつでも「お早うございます。」というように習っていたのですが、お互いに「お早う。」なんて言ったことがなかったのに三郎にそう言われても、一郎や嘉助はあんまりにわかで、また勢いがいいのでとうとう臆おくしてしまって一郎も嘉助も口の中でお早うというかわりに、もにゃもにゃっと言ってしまったのでした。

 ところが三郎のほうはべつだんそれを苦にするふうもなく、二三歩また前へ進むとじっと立って、そのまっ黒な目でぐるっと運動場じゅうを見まわしました。そしてしばらくだれか遊ぶ相手がないかさがしているようでした。けれどもみんなきょろきょろ三郎のほうはみていても、やはり忙しそうに棒かくしをしたり三郎のほうへ行くものがありませんでした。三郎はちょっと具合が悪いようにそこにつっ立っていましたが、また運動場をもう一度見まわしました。

 それからぜんたいこの運動場は何間なんげんあるかというように、正門から玄関まで大またに歩数を数えながら歩きはじめました。一郎は急いで鉄棒をはねおりて嘉助とならんで、息をこらしてそれを見ていました。

 そのうち三郎は向こうの玄関の前まで行ってしまうと、こっちへ向いてしばらく暗算をするように少し首をまげて立っていました。

 みんなはやはりきろきろそっちを見ています。三郎は少し困ったように両手をうしろへ組むと向こう側の土手のほうへ職員室の前を通って歩きだしました。

 その時風がざあっと吹いて来て土手の草はざわざわ波になり、運動場のまん中でさあっと塵ちりがあがり、それが玄関の前まで行くと、きりきりとまわって小さなつむじ風になって、黄いろな塵は瓶びんをさかさまにしたような形になって屋根より高くのぼりました。

 すると嘉助が突然高く言いました。

「そうだ。やっぱりあい又三郎だぞ。あいづ何かするときっと風吹いてくるぞ。」

「うん。」一郎はどうだかわからないと思いながらもだまってそっちを見ていました。三郎はそんなことにはかまわず土手のほうへやはりすたすた歩いて行きます

 そのとき先生がいつものように呼び子をもって玄関を出て来たのです。

お早うございます。」小さな子どもらはみんな集まりました。

お早う。」先生はちらっと運動場を見まわしてから、「ではならんで。」と言いながらビルルッと笛を吹きました。

 みんなは集まってきてきのうのとおりきちんとならびました。三郎もきのう言われた所へちゃんと立っています

 先生はお日さまがまっ正面なのですこしまぶしそうにしながら号令をだんだんかけて、とうとうみんなは昇降口から教室はいりました。そして礼がすむと先生は、

「ではみなさんきょうから勉強をはじめましょう。みなさんはちゃんとお道具をもってきましたね。では一年生(と二年生)の人はお習字のお手本と硯すずりと紙を出して、二年生と四年生の人は算術帳と雑記帳と鉛筆を出して、五年生と六年生の人は国語の本を出してください。」

 さあするとあっちでもこっちでも大さわぎがはじまりました。中にも三郎のすぐ横の四年生の机の佐太郎が、いきなり手をのばして二年生のかよの鉛筆ひらりととってしまったのです。かよは佐太郎の妹でした。するとかよは、

「うわあ、兄あいな、木ペン取とてわかんないな。」と言いながら取り返そうとしますと佐太郎が、

「わあ、こいつおれのだなあ。」と言いながら鉛筆をふところの中へ入れて、あとはシナ人がおじぎするときのように両手を袖そでへ入れて、机へぴったり胸をくっつけました。するとかよは立って来て、

「兄あいな、兄なの木ペンはきのう小屋でなくしてしまったけなあ。よこせったら。」と言いながら一生けん命とり返そうとしましたが、どうしてももう佐太郎は机にくっついた大きな蟹かに化石みたいになっているので、とうとうかよは立ったまま口を大きくまげて泣きだしそうになりました。

 すると三郎は国語の本をちゃんと机にのせて困ったようにしてこれを見ていましたが、かよがとうとうぼろぼろ涙をこぼしたのを見ると、だまって右手に持っていた半分ばかりになった鉛筆を佐太郎の目の前の机に置きました。

 すると佐太郎はにわかに元気になって、むっくり起き上がりました。そして、

「くれる?」と三郎にききました。三郎はちょっとまごついたようでしたが覚悟したように、「うん。」と言いました。すると佐太郎はいきなりわらい出してふところの鉛筆をかよの小さな赤い手に持たせました。

 先生は向こうで一年の子の硯すずりに水をついでやったりしていましたし、嘉助は三郎の前ですから知りませんでしたが、一郎はこれをいちばんしろちゃんと見ていました。そしてまるでなんと言ったらいいかからない、変な気持ちがして歯をきりきり言わせました。

「では二年生のひとはお休みの前にならった引き算をもう一ぺん習ってみましょう。これを勘定してごらんなさい。」先生は黒板に25-12=の数式と書きました。二年生のこどもらはみんな一生

2021-03-14

anond:20210314115928

エビちゃん時代流行語としての「モテ」=「老若男女皆から好かれること」って

そんな定義いたことないぞ。

似たタームで「愛され」なら、まー、うーん??多少対象が広いと言えなくもないか?とは思うが、えびもえ時代の「モテ」はど直球に狙ってるターゲット層の男性ウケること、それ以上でもそれ以下でもないぞ。

anond:20210313232948

ぼーっと見てたらまた増田書こうと思えたので自分用に書き出してきた

繰り返すが、もし仮にタイトルちょっと面白そうであっても本文を検索するのはお勧めしない(投稿確認時に諦めていて投稿されてないかもしれない)

あとなんでこの人食べものの話ばっかしてるんでしょうね

アナログ選局ラジオを買ってしばらく経つがコミュニティFMがかかっている

イオンでこにく(🐔肩肉)がパックで売ってたので買ってきた

ウーバートーユ

えっちな絵をDropboxで公開してる人がいるんだけど

おいしくないカレーレビューしたら怒られた

カップ麺カマボコが本当に魚由来なのか疑っている

きちんと乳製品クリームポーションはねえのかよ

くらえ420ルーメン

ケンタッキーって家族恋人と食べるには野蛮すぎるよね

このタイミングなら聞ける! コーンフレークって「牛乳かけてもおいしい」ってあるけど

さきいか天ぷらマックスバリュで買ってきた

しらす明太ミニ弁当

スキル分岐《人前でも個室トイレ(大)に入れる》を取得しました

セイコマは500mlコーヒー牛乳統一しろ

その作品ネタ切れモチゼロでもう書けないが、創作活動は同じ名前で続けたいとき

ただいま増田では淡水魚飼育ちくわ生食など魚に関する話題ホットです

ちょっと気に入ったを大事にしたい

つぶあん国産

ていうかミンティア過剰包装じゃね?

とうゆだいすき

ラーメンの1食分って少なすぎねえ?

ニラ生食したいが刺激が強すぎる

ヌード天ぷら三巨頭

ネトゲオークションで4,545,072ゴールドの値をつけたらリジェクトされた

のりたまより味道楽のほうが何倍もうまい

はてブキャッシュ100メガバイト

ひなまつり向けのえび入りスナックが売ってる。去年買っておいしくなかったが残り3種ある

ふつう野菜炒めって意外と材料費高くないか

ヘイ増田UnityC#エディタVSCodeにする利点教えろ

ほぼ牧場物語とかほぼドラクエとかほぼ日手帳とかが許されて

また目薬どっか行った

みかん評価は3つに大別される

無限水道水の湧き出るコップってないか

めんまを煮過ぎてしまった

うそろそろホットケーキミックス買ってもいいっすかね

やっとマルちゃんQTTAが素直になった

ユー〇ャンの書店折込の資格取得紹介チラシがペリペリ開く

よっこらセックス下品すぎるので

ラジオを買ったのだが、オーケーグーグル再生ストップができないのでつらい

りんごパイをふとんの上で食べたらめっちゃ崩れてこぼれた

ルックルックこんにちはこんにちは

Rangeを表す変数

60ブクマくらいつきそうないい増田を思いついた

わかめごはんの素・わかめごはんおにぎりの素にゴマを入れる行為に抗議する会

2021-02-10

ひなまつり向けのえび入りスナックが売ってる。去年買っておいしくなかったが残り3種類ある

メーカー同じなんだよなあ

おいしくないように作ってるんじゃなく、余計な味付けをしない系の味なんだよなあ

から結局はどれ買っても同じような気がするんだけど、いやー、これ300円か、いやーーーーーーー


P.S. 来年からもう買わない

2021-01-24

設計する人間設計プロなんだから基本的に信頼して実装するでしょ

ミスがなく設計する自分仕事がチxポだったのに何で相手が悪いこと能力が足りなかったみたいになってんだよ

2021-01-21

努力が苦手でも比較的早く絵を上達させる方法

デッサンや模写が面倒だけど人前に出しても上手と思わせられる絵が描きたい奴~~~!

絵馬が10年前の絵ビフォー・アフターやってるのを見て、「10年間この人は努力してたのに私は・・・」と

落ち込む奴~~~!!!

現時点落書きすら描かず増田ようつべ時間食いつぶしてる奴~~~!

 

全部俺だよ

そんな俺が絵の練習サボりまくりながらも、フォロワーから上手と言われる程度の

絵が描けている方法ここに書いていくぞ

絵は紹介できないが、雰囲気メイドインアビスにちかいといわれている

 

・人が描いている工程を眺める

昔おえび文化があったよな

あれって描いている工程を記録してくれて、早送り再生できたんだよ

それを眺めるだけ

絵がうまいつの書き方を眺める

そうすると「ここってそういうふうにアタリをとるのか」などの発見が出てくる

 

・下書きをしない

下手な人間が下書きしたところで下手は変わらない

まず頑張って全体を簡単な一本線で描く

顔ばっかり描くんじゃない

 

・手を描く

ガッツリデッサンではなく、忍たまドラえもんのような

シンプルな絵で描く

落書き程度でいい

 

おすすめYouTuber

https://www.youtube.com/channel/UCsHPU3d5yjMvsYDX9ypLKJQ

松村上久郎さんのお絵かき配信は見ているだけで上達する

本当だ

メイドインアビス雰囲気が近いと第三者から言われたが、

実際は彼に影響されている

さすがにこんなに早く一発書きはできないが笑

 

あと相談(絵が下手で憂鬱になる、人と見比べてしまうなど)に対して

真摯に向き合ってくれる上に、その回答が絵にとどまらずいろんな場面で

支えになる。

書籍でまとまっているからおまいらAmazonにいけ

 

洗脳

俺は絵がうまい毎日思え

なぜかそうなっていくから

下手だ下手だと思うと本当にそうなるぞ

2021-01-19

堅あげポテトしか勝たん╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ

にわかポテチチャー。

個人的ポテトは大きく

=========================================

チップスター系:

筒形に入っていることが多い。成型ポテト。芋感が強く塩味が弱い。

【芋感】★★★★

【油感】★☆☆☆

【塩感】★☆☆☆

-----------------------------------------

カルビーポテトチップス系:

王道。油感が強い。

【芋感】★☆☆☆

【油感】★★★★

【塩感】★★☆☆

-----------------------------------------

堅あげポテト

ケトルクック。塩味が強く堅い。推し

【芋感】★☆☆☆

【油感】★★☆☆

【塩感】★★★★

-----------------------------------------

ケトルクック系(海外?):

海外ポテチに多い気がする。堅あげと似ているが堅あげに比べて油感が強く塩味が弱い。

あと油が日本王道カルビー系の油よりクセがある気がする。王道と似たような評価だが堅さが違う。

【芋感】★☆☆☆

【油感】★★★★

【塩感】★★☆☆

-----------------------------------------

厚切り系:

湖池屋エビ味とかがある高いプライドポテトみたいな感じの名前のをイメージしてる。

これはこれで美味しいけどポテチというにはジャンク感が足りずえびせんを食べている気持ちになった。

【芋感】★★★★

【油感】★☆☆☆

【塩感】★★☆☆

-----------------------------------------

ギザギザ系:

実はほとんど食べたことがない。昔食べた記憶を手繰り寄せた。

芋感と油感がまぁまぁあった記憶がある。

【芋感】★★★☆

【油感】★★★☆

【塩感】★★☆☆

==========================================

どの系統ポテトが好きかはかなり周りでもわかれる。炭水化物大好き友人はチップスターが一番好きだと言っていた。

因みに姫は堅あげ以外は途中で油or芋感が辛くなって完食できない。海外のケトルクックも系統は似ているはずなのに油の味が辛くなる。

久しぶりにギザギザ食べたいけど完食できない気がして買えずにいる。

姫は戦闘狂だけど、ポテチに関してはみんな自分が完食できない子含めて違ってみんないいと思ってる。

きのこたけのこ戦争みたいな気持ちはまったくないのでほんわか読んでほしい。

姫はインドアなのでほとんどお外に出ないが、出た時に新作の堅あげを見つけるととりあえずおうちに連れて帰る。

そんな姫が今まで食べた堅あげコレクション↓↓↓(そんなに食べてない)

ビギナーなのであんまり食べていないけれども、堅あげ推し同志さまの参考になったら嬉しい。

-----------------------------------------

基本情報

ポテチの中で(食べたことがある中では)最も塩味が強い。というか味が強い。

期間限定フレーバーもいずれもフレーバーの味が強くて満足度が高い。

小さい頃からサラミ等のおつまみが好きだったので、おつまみ好きに特にウケが良いのではないかと推測。

以下の商品名適当。ちがったらごめんね。

-----------------------------------------

塩味

基本のポテチ。堅くてしょっぱくておいしい。塩分が恋しくなったらこれで補給

-----------------------------------------

ブラックペッパー

年商品。ブラックペッパーがピリリときいていておいしい。

塩分体感少し少ない気がしなくもない。(ペッパーに塩が負けただけの可能性が高いが)

-----------------------------------------

きゅんとすっぱいゆず塩レモン

多分そんな名前。毎年夏に見かける。ひめたんイチオチ(ンポッ)

見かけるととりあえず買う。きゅん♡とかいかわいい響きに騙されて買うとびっくり。かなーーーーーりすっぱい。

塩味きゅん(もはやギュゥウウウウウウウウウンくらいには酸っぱい)とした酸っぱさも強くて舌への刺激が心地よい。

しかも酸味が名前の通り柑橘系のさわやかなタイプのものなのでポテチ(≒油と芋)という爽やかさとはほど遠いスナックが一気に夏らしくさわやかな味になる。

この爽やかさがほかではなかなかないと感じて好き。通年商品になってほしい。

-----------------------------------------

■香ばしにんにく

これも好き。おいしい。この前食べておいしかったのでまた買おうとしたらそろそろ季節終わりぽい。近くのお店からは消えていた。

にんにく味が好きな臣民にとってもおすすめフレーバーだよ♡

ただゆず塩レモンよりは遭遇率の高い味(他の商品でもにんにくはありそう)と感じたのでひめたんランキングでは一歩及ばず。

味のおいしさ的にはどちらも同じくらい好き。ゆず塩レモン匹敵する推しがいなかったのでこの前出会えてうれちかった。

-----------------------------------------

柚子胡椒

柚子胡椒に苦手意識があったけど、見かけた堅あげは買う系姫なので買った。美味しかった。

柚子胡椒の味はしっかりするので一瞬引いた(柚子胡椒が苦手なだけで堅あげたんにちゅみはない)がちゃんと美味しかった。

ちなみに思い出した順で書いているだけで並びがランキングかいうわけではない。

柚子胡椒好きの臣民絶対好きだと思うし苦手でも堅あげ好きなら食べてみる価値はあるのではないだろうか。

柚子胡椒苦手なひめたんもリピる可能性十分にあるお味でした。

-----------------------------------------

牛タン塩レモン(多分)

塩レモンということでかなり期待した一品、ひめたんは牛タンもすきぴなのでこれは期待大。

しかフレーバーが原因だとはおもうけど、ほかの堅あげに比べて油を強く感じてうにゅ…という感じだった。

レモンがあるおかげでどうにか完食できたけど期待に反して油感がつよかったという記憶で終わってしまった。

牛タンの味はフレーバーでここまでつけられるのかと驚くくらいしっかりはっきりついていたよ、

-----------------------------------------

和牛岩塩(おおすぎわからん)

和牛シリーズどれか食べた。多分岩塩。姫の堅あげ推しポイントに「塩の塊を食べている気持ちになる」ということがある。

というわけで岩塩とか言われたら姫たんの粗ティンはビンビンになる。

ビンビンにイキり勃ってもこれしかないの?ってすきすきかれぴ罵倒されたいが「ちんぽ生やしてから言え」と言われるぴえん。

牛タンほどではないけど油感が強かったという印象。

-----------------------------------------

■白えび

えび香りが豊か。あとやわらかく醤油の風味もある。きちんと塩味も強く美味しかった。

ただ姫の経験上、ポテチエビ風味を掛け合わせるとえびせんのようになってジャンクさが減ってしまう傾向はあると感じた。

えびとともに口に広がる醤油比較的やわらかい味だったので、あの醤油ジャンクさを落とす原因かもしれない。

単体で見れば十分においしいけれども他のメンバーが強すぎるのでリビの可能性は低いかもしれない。

-----------------------------------------

関西だししょうゆ味

こちらも白えびと同じくやわらかい醤油の風味がした。

えび以上にやわらかい風味だったので堅あげ特有の塩の塊を食べている感(褒めてる)を感じずぴえんちた。ぴえんぴえん。

-----------------------------------------

あとなんか明太子っぽいの食べた気もするけど記憶が薄い。美味しかった気はするけどはっきり思い出せない。あと明太子感強かったはず。

まだ食べたことないので気になるのはこの前財布を持っていないときにみつけた梅味(なくなる前に買いに行く!)と沖縄限定シークワーサー

酸っぱい系に興味チンチン。あと枝豆バターとしあわせバター気になる。

しあわせバターは嫌いじゃないけど塩味が足りなくて完食断念しがちな味なので堅あげで食べたいきもちがつよい。

============================================

♡おまけ:ひめたんがいままでたべたケトルクック♡

釜揚げ製法。要するに堅あげポテト系。

アメリカ オリーブオイルで揚げた(詳細不明)

ドバイ サワークリームオニオン(みたいな味だった気がする)

スタバポテチ

以上。

2021-01-16

2021年贅沢納め。0歳児連れ宝塚久兵衛帝国ホテル

新型コロナウイルス感染症が猛威を奮っているさなかではあるけれど、これまでの人生で屈指の贅沢体験をしたので書いてみます

宝塚SS

まず、宝塚歌劇団雪組トップスター望海風斗さんをご存知でしょうか。

妻がドはまりしている宝塚のなかでももっとも気に入っているスターのひとりでいま最もチケットがとれないと言われているスターです。その望海風斗さんの退団公演が今年の1月1日正月!)からはじまっているのですが、退団公演ということもあって、ファンクラブに入会している方でもチケットをとるのに難儀しているそうです。妻もチケットをとろうとさまざまな経路で応募したり模索したなかで唯一、だめもとで応募していた旅行会社宿泊プランとセットが2席分とれたというところから今回のはなしがはじまります

うちには0歳児がいるので最初自分が家で面倒をみて友達と行くのだとばかり思っていたけれどチャイルドルームに預けられるからということで一緒に行くことにしました。自分よりも強く観たいと思っているファンにも取れない人がいると思うと申し訳なさを感じつつも当代随一のスター舞台を観る最初最後のチャンスという思いです。

自分は大劇場観劇するのは初めてですが(観劇する妻に同行してロビーで本を読んで時間をつぶしたことはある)、よくよく聞いてみるとこれがなんとSS席でかつ、セットになっている宿泊というのも帝国ホテル大阪

帝国ホテルといえば、日本もっと格式の高いホテルひとつ。一度、東京で間に合わせで日比谷帝国ホテルロビーにいたときはその異常な空間ぷりその場にいる人間の立ち居振る舞いか階層の違いを実感したのを憶えています

ちなみに、大阪帝国ホテルはまったく別で道頓堀そばビジネスホテルなのでご注意ください。大阪帝国とは・・・

そんなこんなで観た雪組公演「fff フォルティッシッシモ」はなかなかよい作品でした。

ストーリーは、音楽家ベートーヴェン失恋孤独、失聴に苦しみつつも、なぜ交響曲9番歓喜をつくることができたのか、というもの。そんなに構えずに観に行ったんだけれど、とてもよい人間賛歌でした。ネタバレになるので詳しくは書かないけれど、これは演劇しか表現できないだろうという仕掛けがいくつかあっておもしろい。あるシーンでの2人のセリフは、Linuxをつくり世界を変えたリーナス・トーバルズの「それがぼくには楽しかたから」を彷彿とさせました。

シルクロードテーマとしたレビュー宝塚では、ストーリー演目と合わせてストーリーがほぼないレビューと呼ばれるショーが上演されるのが定番なのです)は音楽提供菅野よう子がつとめなかなか見ごたえ聞きごたえがある。これは、チャイナドレスのシーンがインパクトがあってすごかったのとグレーのサテン地の変わったスーツがかっこよかった。

そしてSS席ということで席が前から一桁列目。めちゃめちゃ近い。出演者をほんと間近にみることができてDVDでは気付けなかった衣擦れ音や舞台後方でのざわめき、スポットライトにゆれるミスト、また月並みだけれど息遣いまでも感じることができました。銀橋(という観客席に一番近い細い舞台)を通る出演者ライトを受けてきらめく装飾の細かさや顔の小ささなど、観劇に際して得る情報量DVDとは桁違いです。ただ、近すぎるから音響問題か、声が逆に聞き取りにくいシーンもありましたが。

あと、近くのSS席の観客が何度か同じタイミングでサッとオペラグラスをとりだしたり、拍手タイミングがわからなかったり、幕間に泣いている方がいらっしゃたりと普通じゃない感がありました。

緊急事態宣言下でどうなるかはわかりませんが本公演については2月8日(月)に楽天TVLIVE配信があるので興味があればご覧ください。

https://tv.rakuten.co.jp/content/366230/

そんな観劇中、我が子は4時間4千円で預かってもらったチャイルドルームにて機嫌よく過ごしていたとのことで安心駐車場から劇場からも近くたいへん便利です。しゅっとピックアップして、桜ノ宮帝国ホテル大阪へ。

寿司 久兵衛

観劇後の夕食については0歳児がいる上に、新型コロナウイルスもあって外には食べに行けないので悩んだのですが、せっかく帝国ホテルに行くということとSS席で気も大きくなっているところ張り込みました。

ホテルには前首相の桜の会で話題になったあの久兵衛があるので握りをテイクアウトして部屋で食べようかと思ったのですが、参照していたネット上のメニューが古く握りの持ち帰りはしていないとのこと、さらに、一つしかない個室があいているとのことでここを予約。個室は最低でも16,500円(サービス料別)の握りのコースからということでしたが子がこれから動き回るようになると行けるお店も相当に限られるだろうことから自分を納得させて決行。

久兵衛コース16,500円。

これは最高でした・・・四畳半ほどの掘り炬燵で子がいても気にせず食べることができました。

特に、見た目も美しいさより、吸いつくようなすいか、未知の味がした寒ブリ、直球のうに、味がする甘鯛(?)、ほっとするような煮はまぐり、異様な旨さのある大トロの炙り、謎のねっとりとした半生のえび、端正なカツオ箸休めダイコン塩味穴子もたれの穴子も充実。かっぱ巻き鉄火巻もよい。

大阪府の要請で21時閉店とのことでややせわしなかったのですが、濃い時間でした。。ビール日本酒もよい。

うっかり持ち帰りの太巻も頼んでしまってお会計は45000円を越えてしまいました。2人で食べに行ってのぶっちぎりの新記録です(次点入籍した日に訪れたイタリアンで9000円のコースを頼んだものの妻がワインを飲みまくって3.3万円となった日でしたがこれは3-4時間くらいいたので時間別では圧倒的)。

とはいえ寿司と酒の組み合わせは異様な多幸感があります

さら最後までお店にいたことで板前さんに家族写真も撮っていただけました。

ここの撮影の合図はめちゃめちゃ笑えます久兵衛経験者の一部しか知らないだろうので心の中にしまっておきます

帝国ホテル

そして泊まった帝国ホテルチェックインして部屋に荷物をおいてすぐ久兵衛にいったのでよくみれなかったけれど、部屋もよいしフロントの方の対応さりげなく素敵で気持ち良い。

頼んでいたベビーベッドもテレビの前に鎮座されているし布団もしっかりしていてよい。

風呂も熱くて広くてよかった。妻は買ってきたビールを4缶ほどあけてご機嫌。

自分は泊まるところどこでもよいと思っていたけれど、ハイブランドホテルちょっと違う。分不相応感の居心地の悪さはありますが。

ちなみに、ホテルの案内で知ったけれど、ルームサービスコース料理5,600円、久兵衛のにぎりも7,300円からあるので(それぞれサービス料が+10%)、なにかハレの日にコロナの影響を避けて非日常を過ごすのによいかもしれません。

朝食は11時まで、事前にお願いすれば部屋に運んでもらうことも可能だったけれど、混んでそうな時間をさけて10時半ごろにいきました。ゆっくりできて便利。オムレツ火入れ完璧なうえにケチャップが別添えなのが高得点です。ただ、パンコーヒー凡庸な印象。あとあと、すらっとしたカトラリーがよかったので調べると燕市トーダイさんとのこと。チェックアウトも12時だったのでゆっくり過ごせました。

宝塚帝国ホテルのセット券は妻のポケットマネーから支出されており、金額は教えてもらえていませんが24時間で異常な額のお金を使ってしまいました。ただ、充実した時間でした。新型コロナウイルス感染症と戦っている医療現場行政のみなさま、経営生活に大きな影響を受けている観光や小売りや関係産業の方々には悪いと思いつつの消費です。これが今年の贅沢納めかもしれません。しか寿司がうまかった・・・

2021-01-13

議会乱入のやつ

思ったより大人数ですげえびっくり

なんか一人が鉄砲玉みたいに突っ込んできたのかと思ってた

ちゃんテロじゃん…

2021-01-04

二択なもの探してるんだけど

コーヒー紅茶だと緑茶派がいそうだから三択になっちゃうけどそういうのじゃないやつ

えびかに

うにいくら

たこいか

あわびさざえ

他なんか思いつかない?

2020-12-14

anond:20201214174719

サラダ軍艦5皿

マヨカニサラダ、たまに貝柱が入ってるからダメ

えびアボカド1皿

えびアボガドの中に卵が使われてるからダメ

納豆巻き3皿、

わさびナス3皿

これはOK

ただしカツオブシが載っていない前提とする。

一人回転寿司

思い知っちゃったね。

俺はぶっちゃけそこまで生魚とかが好きじゃないタイプ

自体は好きなんだけどもっとこう焼き魚とか天ぷらとかのほうが好き。

上司回転寿司にいったときえびアボカドとか頼んでると「遠慮せずにトロとか食っていいんだぞ」っていわれるし、

友人と回転寿司いっても「おい しみったれたもんばっか食うなよ」と言われる。

好きで食ってるのに。

回転寿司にいって生魚食わないと許されない雰囲気がある。いや、あった。

からしばらく回転寿司なんて行かずにスーパー納豆巻きの寿司パックとかばっか買って家で食べてた。納豆巻おいしいよね。

かっぱ寿司で何を食べるか。

圧倒的サラダ軍艦しかないとおもうんだけど、そればっか食べることはどうも許されないらしい。(調べたところ長野サラダ軍艦大量消費が認められているらしい、長野転職すっかなぁ…)

 

昨日は15時頃まで家で作業に没頭していてつい昼食を取り忘れた。

晩飯まで待つのはつらいな…」と思いつつ今の時間なら回転寿司がめちゃくちゃ空いているのでは?回転寿司なら食う量を調節できるのでは?と考え、近場のかっぱ寿司にいく。

まぁ結構人が入ってたんだけど、待つこともなく着席できた。

自分生ビールを頼むと早速サラダ軍艦を1皿…

 

いいのか?いま俺を止めるものは誰もいないぞ?

 

サラダ軍艦5皿に納豆巻き3皿、わさびナス3皿、えびアボカド1皿をいきなり注文にぶち込んだ。

何も言われることなく専用レーンに次々寿司が届く。

ビールつまみサラダ軍艦いいじゃないの。わさびナスいいじゃないの。えびアボカドもいいじゃん、締めは納豆巻きで決まり

食い足りずにサラダ軍艦3皿と納豆軍艦1皿で〆て、本当に充実した昼食兼夕食だった。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん