「うな丼」を含む日記 RSS

はてなキーワード: うな丼とは

2017-08-13

小池一夫ツイート見て思ったこと

久しぶり、俺底辺だけど(https://anond.hatelabo.jp/20170626163755)の増田だよ。

小池氏は「若者努力不足(実力不足)」っていいたいらしいけど、それは大間違い。

俺もいくらでなんたらつくった、店で買ったらこんなにするのをいくらでつくったと悦に入ることがある。

自分語りになるけど、聞いてくれ。

俺は底辺っていうのは実は1年前、転職前の職場での話なんだ。

零細企業給料は15万から一切上がらず、求められるスキルは年々高くなる。会社保険もなかったか国民保険やら住民税やら奨学金返済で残るのは10万弱。そこから家賃の5万を引くと5万。ここから光熱費(一応オール電化マンション)、インターネット料金とか携帯料金を引くと、まぁ残るのがいいところ3万ぐらいか。当時は車もほしいから毎月1万円の貯金を目指して、節約したもんだ。昇給は年1回(まぁ、なかったが)あるからここで5000円でも上がれば生活は少しづつ楽になっていくんだって信じてね。

貧乏レシピはここで考え始めた。麻婆豆腐もどきは俺にとってこの頃の思い出の味。

幸いこの頃は貯金できてたんだ。月1万のね。

そして、1年経って「そろそろ給料上げてくださいよ~」っと冗談っぽく言ったら「君のスキルだとこれが精一杯 もっとスキル磨けば給料を上げる」だったね。だから給料上がることを信じていろんなことを勉強した。俺は底辺プログラマーだったんだけど、CRM導入なんかもやらされるし、社内ネットワークの構築なんかもやらされたし、得意分野じゃないけど、そうやって信じてやって、6年。給料はずっと15万。もちろんボーナスもなし。

入った時22歳のときはいいよ。同級生もそんなもん。まぁ、大卒20万だから全然低い基準なんだけど、俺はパソコンだいすきでプログラマー子供の頃からずっとやってたし、趣味仕事にしたって言ったら、まぁ、聞こえはいい。でも6年後28歳なら普通企業に務めてるやつは20万とか多いやつは25万とかもらってる。もちろんボーナスもある。車はみんな中古軽自動車からプリウスやらレクサスやらの新車になる。

気がついたら貯金なんてもうしてなかったし、いつのまにか切り崩していた。なんにつかったかは覚えてないけど、すこしでも自分の惨めを隠したくて生活レベルを上げる。そうだね、例えば、パソコンを買い換えるとか、昼飯の弁当を作るのやめて500円ランチに変えたりとかね。

そうやって、必死に何か他人からの目を気にする。

その頃の自分は、自炊なんてする気力なんてなかった。家事すらね。麻婆豆腐なんて作らない。食べるのはスーパーの半額寿司とか、刺し身とか、季節物とか、後は外食チェーン店な)が増えた。

自分がそういうとき社長結婚して住宅を立てた。そこで多分俺はやっとおかしいって気づいたんだろうね。

そうやって転職に至った。もちろん社長には引き継げる人間が来てくれるまでいて欲しいっていわれたけど「次のとこ給料28万なんでそれだけ出るのなら」って言ったらめちゃくちゃ怒ってたなぁ。(なんだかんだいってこの会社で身につけたスキルのおかげで28万で雇ってもらえたって言うのは有るけど…)

はっきりとひとつだけ言えることがある。

それは「希望がなかった」。

苦しみを耐えて、耐え抜いて、ここで我慢したら報われる。そういった「希望」がなかった。具体的に言うと昇給がなかった。

その代わり、会社で求められるスキルは増える。見ないようにしても「絶望」ははっきりと見えていた。

そうなった時、多分俺は未来自分に託すのをやめて、今の自分しか見ないようになったんだろうね。

 

小池氏のあのツイート

そりゃ、努力すれば美味しいものは安く食べられる。

うなぎなんて中国産だろうがこの時期は1000円はするものを、実質うな丼300円で食べるなんて俺でもする。あ、コツは土用の丑は諦めることな

でも、その努力できるのは余裕があるときなんだ。今の自分は、前の会社時代に作ったリボ払いとか、奨学金を返したりとか、車を買ったからローンとかを払ってて、結局昔と大差ない食生活をしてるけど、余裕があるから自炊ができている。

小池夫妻には多分、余裕はあると思う。それも俺なんかより断然。昔は辛くて、俺のような環境にいたとしても多分、今はそういう余裕があるのはツイッター見てたら分かる。

そういうときに、余裕がない若者に掛ける言葉叱咤激励ではない。見方を変えさせること。

普通は高いうなぎも、旬を逃してしまえばこんなに安くでいただける」という言い方をするべきだった。

 

もちろん、俺の今の状況の原因は「学生時代にがんばって就職活動しなかった」ひいては「高校時代によく考えて進学しなかった」ひいて…と探っていくことはできる。そういった部分で「努力不足」を指摘されるのなら受け入れることもできる。

でも、あのツイート見る限りそうではなく、「今」に対して努力不足を指摘する。余裕がある者から余裕がない者への叱咤激励。普通に、貶しとか皮肉しか無い。

高級な車乗ってる人間が安物の車のってる人間に「ちょっと努力すればこれぐらい乗れる」なんていってるようなもんだ。

何がいいたいかというと、まとめどころを見失ってしまったけど、

同じ立場から発せられる言葉勇気づけられることはいくらでもある。

例えば、世界に挑戦する人間言葉勇気づけられる人間が多くいるように。これはチャレンジャーからチャレンジャーへの言葉だ。

でも、強者から弱者に投げかけられる言葉はどうあがいても響かない。むしろ悪い方向に捉えられるのが常。

から強者弱者叱咤激励したいのならば弱者と同じステージに立ってから言わないと行けないのであるが、それは一般的ではないので老害はどうやっても生まれしまうのだろう。

2017-07-27

僕はうなぎを食べました

土用の丑の日昼ごはんうなぎを食べた。

奮発して、うな丼上の3500円。

最近うなぎを食べる奴は大悪人って風潮に配慮して、つぶやかなかったし、Facebookにもあげなかった。

写真はあとで眺めて楽しむためだけに撮った。

地元の有名店だったからか、テレビ撮影も入ってたけど、取材も断った。

炊きたてのごはん、こんがりとした皮、ふんわりとした身、甘いタレの香り、そして罪悪感。

死ぬほど好きなうなぎなのに、死刑になったら前夜に食べること決めてるくらいの好物なのに、ストレートに楽しめない。

悲しい。

2017-07-26

[]2017/07/26

うなぎを食べた

日本産で特売1800円くらいのやつ

すげー脂っこくてボリュームがあった

山椒が少なくて物足りなかった

山椒ってうなぎくらいにしか使わないきがするけど そのぶん(?)うなぎとの相性はグンバツだな

そうか、うなぎってこういうもんだからうな重とかうな丼とかのうなぎあんだけでも十分なのか

と思った

牛丼やのうな丼とか一切れしかのってなくて800円とかだったりするけど、年取ったらあれだけでも十分になるのか

ツバキ文具てんのドラマうな重食べてるシーンをちらっと見てからうらやましいと思ってたから満足した

ちなみにツバキ~のドラマでは食べ美香子とじじいが対面でうなぎくいながら演技してたけど食べ美香子一口だけ食べて箸をとめて涙ながらにセリフしゃべってるのに相手のじじいがぱくぱくうなぎ食ってるのがすげー違和感あった

お前も箸とめて話きけよと

2017-06-13

天ぷらは好きなのに天丼は嫌い

さらに言うと、天むす天茶は好きなのに天丼は嫌い。

じゃああの甘辛いタレが嫌いなのかというと、うな丼は好きだからそういうわけでもない。

それぞれ単体では好きなのに、天ぷらとタレとご飯が合わさった時だけ嫌いになる。

なぜこうなるのか自分でも不思議

2017-04-28

http://anond.hatelabo.jp/20170428053904

牛丼大盛り 800円なら、別に贅沢とも思わないけど、

うな丼大盛り 5000円だと ちょっとびっくりするかな。

2016-08-26

ものを箸で食べるクソみたいな文化

あれ、やめにしない?正直に言って食べにくいでしょ、ご飯が。

牛丼でも天丼でもうな丼でも何でもそうだけど丼ものって、つゆがかかってるじゃん?

そうするとご飯が水気を吸っちゃって米粒がバラバラになって箸で食べるの面倒くさすぎるんだよ。

米粒を残すの嫌だからひとつひとつ箸でつまむんだけど、もうスプーンで食べさせてよ…

あ、あくまスプーンね。レンゲはだめ。あれもクソみたいな文化

レンゲって明らかに大きさの設計ミスしてるでしょ。あれがピッタリって人はどんだけ口でかいの?近藤勇かよ。

ラーメンスープをすする分にはいいけど、あれでチャーハンとか食べろって無理でしょ。

どうやら中国レンゲってあんなにでかくないらしいじゃん?日本に伝わる過程に何があったんだよ…

2016-02-03

http://anond.hatelabo.jp/20160203073220

ひつまぶしの魅力は、味の変化にあります

うな丼のようなこってりしたどんぶり料理の最大の弱点は、味覚に飽きがくることなんです。

1年に一度、土用の丑の日にだけうな丼を食べるような人なら、うな丼を一食たべきることも平気でしょう。

しかし、毎月うな丼を食べていると、徐々に飽きてきます

うな丼自体は美味しいけれど、3口食べたらもう十分といった感じ。

その問題を解決したのが、名古屋名物ひつまぶしです。

最初は、普通うな丼として食べて、

次は、ネギわさびを混ぜて、さっぱり風味のうな丼として食べる。

最後に、ネギわさびお茶で、茶漬けにして食べる。

一食の中に3種類の味を楽しめるので、飽きることないつまでも美味しくたべられるんですね。

2015-06-24

うな丼うまかった

スーパーいったらうなぎ売ってたから買ってきて家で温めて食べたらうまかった。

中国産のやつだったけど、ふっくらしててうまかった。

みんなもうな丼食べよう。

2014-11-14

http://anond.hatelabo.jp/20141114211128

俺は、どうせ絶滅するなら、最後の一匹は自分が食べたい・・・と思うほどのうなぎ好きだが。

濃い味のうな丼と一緒に、 わさび醤油で頂く白焼きの旨さを知らないのはもったいないと思う。

2014-09-26

夢でメシを食う

生計をたてるって意味じゃなくて、文字どおり。

今朝みた夢でさ、うな丼食ったんだよね。一口だけ。

夢だけどちゃんと味がしたわ。柔らかくてうまかった。

で、ベッタベタだけど本格的に食おうとした瞬間に目が覚めてしまった。

今でもまだ悲しい。

2014-07-29

昔のウナギの値段

昔といっても二十数年前だが

1991年、まだバブルの熱気冷めやらぬころ、はじめて一人で食ったうな丼は、1,800円のところを土用の丑の日学生さん特価1,500円だった。

鰻重(竹)は3,000円、鰻重(松)は4,500円だったか。とても学生が食える値段ではなかったのを覚えている。

もちろんコンビニではうなぎなど売っていなかった。スーパーでは特売で鰻重や鰻の蒲焼きを売っていたが(店頭でわざわざ焼いている)、それも平気で1,000円以上していたのを覚えている。

2013-08-06

牛丼チェーン店で、席に座ったまま会計対応をさせた年寄り

牛丼チェーン店で食事をしてたら老人男性が入ってきて奥のテーブル席に座った。

店員が注文をとりに来たら、持ち帰りメニューを注文していた。うな丼を頼んでいた。

そして注文を伝えた後店員に向けて「今俺は荷物持ってるから会計はここでするわ」と。

そして実際に自分椅子に座ったまま料金を支払い、店員は店の入り口レジを往復してた。

この店は店舗構造上、客が出入りする時はレジの前を必ず通るのに、わざわざそういうことをさせるご老人の育ちのよさに感心した。

こういう躾を受けて周りの大人にも何も言われないままあの歳まで生きてこれたあのご老人は幸せだなあと思った。

2013-04-27

貧乏人が身の程を知れば解決する問題

貧乏人が金持ちと同じ生活をしようとするから、世の中がおかしくなってるんじゃないだろうか。

「鰻が減った」と言っても、昔からの鰻屋で鰻を食う人がそんなに増えたとは思えない。

牛丼屋やスーパーコンビニで安い鰻を食う人が増えただけだ。

うな丼が1杯2,500円以上になれば、確実に貧乏人が鰻を食うことはなくなる。

小売店飲食店ブラックだと言われるのも、まともな対価を払わずサービスを受けようとする貧乏人がいて、

そういう貧乏人に取り入ろうとする店主がいるからだろう。

一流レストランや高級ホテルワタミ並みのブラック企業という話は聞いたことがない。

貧乏人が貧乏人なりの生活を送っていれば、鰻の乱獲もブラック企業もなくなる。身の程を知れ。

2012-07-31

茄子うな丼

茄子は幅広く薄切りにして串をうつ

フライパンにんにくで香ばしくしたごま油を入れて焼く。

ごま油茄子に回ってきたら、ひたひたになるぐらいの醤油みりんを投入。

じうー。

ぐつぐつぐつ

茄子から水気が出てくるが、その水気が飛ぶぐらい煮詰める。

醤油味醂が焦げてきて蒲焼の匂いがしてきたら出来上がり。

蒲焼の味が手軽に楽しめます

まぁ、茄子の味しかしないんだけどな。

2010-08-18

http://anond.hatelabo.jp/20100818094604

うなぎなんて要らないよ。

たれかけご飯とうな重(というかうな丼)の区別が付かない味覚の人には。

2010-06-08

まだ数日は無職状態なのだが、自転車を注文に行った。

川沿いを走っていったのだが、平日にも関わらず結構たくさんの人が川沿いを歩いている。

彼らはいったい何の職業に就いているのだろうか。

おじさんが多いが、ロードバイクに乗ってる人も何人かいる。

到着してみると思ったより汗をかいている。今日はいつもよりも暑いようだ。

綿のシャツではなくもっと発汗性のいい素材のシャツを着て行くべきだった。

帰りが夕方になったので商店街では多くの人が自転車に乗っている。

信号をほとんど見ていない人たちばかりなんだけど、この状態で事故が発生しないほうが不思議

途中でうな丼焼き鳥を買ってきた。うなぎ台湾産だった。

台湾産は初めて見るが、味は普通中国産よりはあっさりしていて日本産に近いような?気のせいかも知れない。

家の中が暑いクーラーをつけると寒すぎるので安いサーキュレーターを出してみるが、もう一つ効果が小さい。

これから寝るまで仕事関係の勉強をする予定。

2009-09-13

アメリカ国民医療保険は何が問題なのか

オバマ大統領ヘルスケアについての演説。

アメリカ医療費世界で一番高額なのは他に産業が無い為である。自動車産業にしても軍需産業にしても、人員を削減する合理化でしか利益が発生させられない程技術革新ストップしている。

新規の工業は発生せず、労働者を吸収できるのは三次産業だけであるが、小売業飲食業といった買い手が強くて価格競争が厳しいカテゴリーでは賃金の低迷が発生し、逆に医療介護のような売り手が強いカテゴリーでは料金の高騰が発生する。

この料金の高騰に乗っかり、さらに吊り上げを行っているのがAIGに代表される保険会社医療過誤裁判で懲罰的賠償金を請求して取り分を増やす弁護士業界である。

モノを作り人々の幸福奉仕してお金を儲ける物作りがサブマリン特許特許による市場の寡占や製造物責任による懲罰的賠償金といったチャレンジを阻害する法制度によって邪魔されており、人々は保険会社弁護士といった他人の不幸につけこんで銭儲けをする商売や、投資銀行のような他人を騙して銭儲けをする商売に進むしかなくなる。

その結果、そういった"強欲なビジネス"に従事する人々を富ませる為に、末端の三次産業訴訟コスト責任保険といった高コスト要因を背負わされ、現場で働く人々は貧困になるばかりとなっている。

第三次産業は一次産業や二次産業のおまけでしかなく、それに頼ると社会全体が貧しくなってしまうのである。

日本でも、医療介護や保育といった福祉分野が雇用の受け皿になると主張している者が居るが、お互いがお互いにサービスしあう状態では縮小再生産になる。

誰の何と言う本かは忘れたが、島民全員が洗濯屋でお互いがお互いの洗濯物を洗う事で賃金を得ている島という設定があった。島民は皆、洗濯をして賃金を受け取り、洗濯物を出して代金を支払うことになる。島民は洗濯業以外の仕事をしてはならず、自分洗濯物を自分で洗ってはならないというルールが存在するのが前提である。島民は、洗濯代を受け取り、生活費の分を消費し、残りで洗濯代を支払うことになる。

この場合、生活費の分だけ、非島民(外部)にお金が流出することになり、この島の経済を維持するにはヘリコプターで外部に流出する分のお金を毎日ばら撒かれなければならない。

結局、第三次産業が発生する付加価値とは、他の産業が生み出す富の総量を超える事は出来ないのである。"強欲なビジネス"がお金を集めると、末端の三次産業従事者は貧困にあえぐことになる。また、これは、通貨ごとに閉じた世界として考えられる。外部から投資を引っ張ってこれたとしても、その投資には金利や配当をつけなければならず、その負担は、その通貨を法貨としている国家が発生させた富によって賄われなければならない。さもないとネズミ講になってしまう。

医療保険制度の改革や金融機関報酬制限によって、"強欲なビジネス"の牙を抜くプランに反対が多いのは、それだけでは縮小均衡になるからである。縮小均衡にしない為には、一次産業や二次産業において雇用を拡大する法制度の改革が必要であり、その青写真くらいは見せないと縮小均衡に対する反対は止まらないであろう。

自動車保険のように皆保険制度を実現できる筈だというが、自動車の場合は修理代の方が評価額よりも高くなったら修理せずに廃車にする。人間も、同じように治療を打ち切って安楽死させる事ができるのであれば、自動車保険のような丼勘定の保険制度設計でもやっていける。しかし丼勘定保険制度人間生命を扱うのは根本的に無理がある。このために、民間の医療保険では、健康な人しか加入させないという条件をつけたり、加入時に申告の無かった既往症や虚偽の申告があった場合には保険を適用しないという条件を加える必要が発生する。

保険では、既往症や慢性病に対しても保険を適用しなければならず、丼勘定では破綻する。働けないほど重病であれば、医療費保険が持ち、生活費は福祉が持つことになって、働かずに暮らしていける人が発生し、そういった社会的な富を発生させていない人を生かす為に、健康に気を配り、汗水流して働いている人が高額な税金を負担させられる歪んだ社会になってしまう。

つまり、丼勘定のままでは、誰かが、その人の社会的価値を判定し、安楽死を働きかける仕事をする羽目になる。それをやりたがる人は、いるだろうか?

これを防ぐ為に、私は、医療保険のローン化や、年金失業給付や生活保護の口座化を提案している。

これらのプランでは、医療費生活費債務家族(子孫)が背負う事になる。子孫がいない孤老世帯の死亡が発生しない限り、残高の未回収は発生しないという考え方であり、これ以上負債を増やしたくないという判断を下すのは、本人や債務を背負う家族(子孫)である。負債が大きくなりすぎると、結婚等で姻戚関係を結ぶと法定相続分負債が降ってくるので、婚姻がまとまりにくくなる事が予想される。おのずと、自ら身を処するようになるという考え方でもある。社会福祉口座の債権債務に関しては相続放棄が出来ないという例外をつけるだけで、人々に自律的な行動を強いる事が可能なのである。

2007-04-09

http://anond.hatelabo.jp/20070409225120

> そもそもラノベ小説なら最初から小説と呼べばいいわけラノベなんてカテゴリー自体いらないでしょ

いやいやおいおい、ライトノベルノベルって小説って意味だろ。

ラノベ小説の中の1ジャンルだろ。

それさっきの丼で例えたら「うな丼が丼なら丼と呼べばいいわけで、うな丼なんてカテゴリー自体いらないでしょ」ってなっちゃうぞ。

それとも横文字だから、ラノベだけのけものなのか・・・?

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん