「商業主義」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 商業主義とは

2017-07-12

https://anond.hatelabo.jp/20170712225424

宮崎駿って、①戦争が身近にあった世代で、②マルクスサルトル精通したインテリで、③児童文学をはじめとするさまざまな本を読んでて、④技術力も満点、⑤仕事場保育園があっていつでも作品の受けが確認できて、⑥鈴木敏夫っていう商業主義的なパートナーがいる、っていう点でかなり特異。

これを継承できる人が今後出るかっていうとかなり微妙。とりあえずは庵野秀明なんだろうけど、特殊戦後世界一だった日本映画が徐々に衰退していったように、アニメ映画界も衰退していくような気がする。

日本LGBTに優しそうにしてんのはさ

ブライダル業界みたいに商業主義チヤホヤしてるだけの奴か、

内面じゃ差別上等のくせに、LGBT差別だけはダメー! って棒暗記してるだけの奴しかいない

から本当に自分を仲間として受け入れてくれる人なんてゼロだと思った方がいいですゼロだと

2017-07-06

https://anond.hatelabo.jp/20170706135154

商業主義権化たるコンビニで「電子レンジが売ってない!」と騒いでいる客がいたら嘲笑されるのは?

純粋自己表現を追求した美術作品ならともかく、商業主義の娯楽作品で「視聴者が悪い」は嘲笑の的にしかならない

https://anond.hatelabo.jp/20170706112855

よし分かった、「作劇が悪い、商業主義が悪い、ラノベみたいだ、ヒット作の後追いだ、脚本家が悪い、監督が悪い、原作が悪い、製作委員会が悪い」の中に「視聴者が悪い」も入れてくれればいいよ。そこを落としどころにしよう。

https://anond.hatelabo.jp/20170706013326

明らかに後付けの理屈になってんだよなあ。

素直に「つまんなかった」「おもてたんとちゃう」と言えばいいところを、

作劇が悪い、商業主義が悪い、ラノベみたいだ、ヒット作の後追いだ、

脚本家が悪い、監督が悪い、原作が悪い、製作委員会が悪い、となっていく。

2017-07-05

https://anond.hatelabo.jp/20170705162107

アホな…

円盤の売上至上主義の前は、おもちゃ宣伝至上主義テレビアニメだったわ!

そういう商業主義批判みたいのは本当に古臭い。今評価されている物は商業にも寄せつつ、自分の色んなパッションをぶつけてムーブメントを起こしている作品だろう。

2017-07-01

人間は楽しくないことでも続けてしま

自分は楽しんでいる。楽しいから続けているんだ」。これは自分趣味活動継続する上で、あまりに容易に手を伸ばせる結論だ。しかゲーム制作という分野でエンターテイメントシステムとして捉え続けてきた自分に言わせれば、続くのは楽しいから、というのは大間いである。身も蓋もない言い方をするなら、続くのは『続けさせるようになっているから』でしかない。楽しいかどうかは続けさせるための一因でしかないのである

限定された期間でしか得られない報酬を短周期で繰り返すソーシャルゲームは、ユーザ継続強要させるためのシステムとして分かりやすい例だろう。自覚が無さそうところで言えば、体育会系部活動にも同様の傾向がある。子供たちは、いつでも自分意思で「楽しくないから辞めます」と言える心理状態にあると言えるだろうか。否、体育会系コミュニティ価値観努力継続に対する指向性を持っているのは明らかだ。他の選択肢を試すことすらなく、青春の大半を辛い練習に費やし、その日々を合理化している、というのはおそらくそう珍しい事態ではあるまい。

コンプリート願望やコレクター願望、勝利至上主義、達成感、ストレスから解放不利益を被ることを美化する価値観、など、楽しくないもの継続させるためのシステム境界こそ曖昧だが多岐に渡る。しかし、これらのシステムには概ね一貫したひとつ性質がある。それは、「参加者システムに従わないことでそのシステム上での価値を失う」ということだ。「時期限定アイテムを取り逃せば、そのゲームで将来に渡って不利になる」「部活を辞めればスポーツマンとして価値が失墜し根性無しの烙印まで押されてしまう」などである。こうしたシステム強迫的にプレイヤー継続要求する。システムへの参加が自由意志であり、得られるものシステムの上の価値しかなくても、システムから脱するという決断を困難にしてしまうのだ。

言うまでもなく、楽しくないことを続けてしまうとしたらそれは不幸である。そして継続を誘発するようにデザインされた趣味はこの商業主義社会においては少なくない。人は自分幸福を守るために自分が本当に楽しんでいるかを常に感じ取れるようでなければならないと言える。

(当然のことではあるが予防線として言っておくと、ソーシャルゲームしろスポーツしろ、その楽しみを全面的否定する意図は私にはない。私が言及したいのはシステム指向性によって楽しくないものを続けてしまリスクについてのみである。本当に楽しんでいるなら無論、何の問題も無い)

2017-06-19

カンヌでも、ヴェネチアでも、どの映画祭でも、始まったころの動機純粋だったはずなのに、いつの間にか商業主義になった。オリンピックみたいなもんだよ。

Byウディ・アレン

2017-03-25

http://anond.hatelabo.jp/20170325011635

ハリウッド日本アニメなんて笑って捻り潰すほどのデカ市場商業主義世界なのに

リベラル作品俳優が多いじゃん

結局、アニメ業界の怠慢だよ

「僕たちは社会資するような、先進作品を作る気概はありません」

ってね

その究極系があのゴミ3DCG

中学生が考えたようなご都合鬱シナリオのけもフレなのかも

2017-03-23

苦しみこそが人生

趣味などいらない。

楽しみなどいらない。

人の評価などいらない。

まらない人生

それでよい。

人生に楽しみや充実感などを求めるのが間違いなのだ

人生とは本来、空しいものだ。

商業主義に侵されているにすぎない。

一度きりの人生

そんな一度きりの人生地球上には何十億とある

その中の一つが有意義だろうが無意味だろうが、大勢には変わらない。

無駄なことだ。

2017-03-19

ひるね姫観た?

昨今の劇場アニメブームも落ち着いたかと思ったところに、先月公開した『劇場版SAO オーディナルスケール』がこれまた日本らしいエンタメ快作だった。伊藤智彦監督は、スポーツ紙にどうでも良いゴシップ解説してるだけの人じゃなかったんだと安心した。アインクラッド編以降のハーレムっぽい展開が好きになれなくて、監督代表作は『世紀末オカルト学院』(水瀬いのり新人)のデビュー作)と所在なげに言わなくて済むようになった。

それに引き換え神山健治の新作は、予告編をみてると、ヒロインの魅力が伝わってこないし、何より癪に障るのが主題歌の「デイドリームビリーバー」。

タイマーズやザ・モンキーズ神聖視するわけじゃないが、自分にとっては3度のCMソングは呆れるほどの商業主義権化みたいな存在劇場セブンイレブンCMで清志朗の歌声聴くたびに、おにぎりが上手いとか、鮮度管理がどうとか真面目にナレーション付けてる時点で、音楽に対してまともに向き合っているとは思えない。正気の沙汰じゃない。死者に鞭打っていると思わないのだろうか。期待値は下がる一方だった。


本当は『モアナと伝説の海』の字幕版を観たかったけれど、時間が合わなくて、何故か『結城友奈は勇者である。-鷲尾須美の章』と『ひるね姫 ワタシが知らない物語』を連続でみた。

偶然だったけれど、どちらも瀬戸内アニメだった。尾道舞台アニメはあるし、『この世界の片隅に』『うどんの国の金色毛鞠英語タイトル Poco's Udon World)』とか流行ってんのか?


鷲尾須美は、相変わらず結界封絶+エヴァ戦闘作画は良いけど、20年経っても日常パート戦闘パート整合性を考えることを放棄したセカイでおめでたいなという感じです、はい終了。

唯一良かったのは花守ゆみり演じる三ノ輪銀が予想を裏切ってきた。以下は声オタの戯れ事なので飛ばして良い。

(昨日もテレ東10時の『リルリルフェアリル妖精のドア~』第1期最終話直前の第58話「アンチューサの花言葉」で1年演じてきたりっぷ(花咲ゆみり)の集大成の泣きの演技がやばかった。三ノ輪銀は、デレマス佐藤心(しゅがーはぁと)や他の深夜アニメとは違って、完全にボーイッシュというかマニッシュな声だった。最近ポニキャン以外の作品が増えて推すのやめたのかと思ったけど、声オタなら劇場版はチェックしておくべき。)


それで本編のひるね姫。これは完全に申し訳ありませんでした。


予告編ミスリードだった。アレは一般向けにメカを見せずに毒を抜いてたと確信した。

途中3D映像が粗いところはあったけれど、現代日本2020年)をテーマにして、現実世界物語世界リンクさせる点、日本の各地を進むロードムービーな点、神山作品の特徴でもあるメカを動かして活躍させた点、そして何より自動運転というテーマですよ。


現代日本IT総崩れの中、日本が誇る最後希望である自動車メーカー(あと投資会社ソフトバンクくらい)の致命的な弱点である、オートパイロット表現することによって、嫌というくらい課題を突きつけてくる。あくまストーリー世代間や親子での話を軸に、オーソドックスにちゃんと動かしながら、ここまでロジカルストーリー映像表現できたのは神山監督ならでは。

個人的に『君の名は。』『この世界の片隅に』のあの暴力的な(ブルートフォース動画枚数によって、ロジカルよりも情動を刺激する感覚は確かに、日本的アニメ真骨頂ではあるけれど、そんなセンスオブワンダーにあまり頼ってほしくない。

そして主題歌デイドリームビリーバー」がちゃんと原曲と同じ意味作品に使われていて泣いた。

ヒロインの飾らない性格も本編見ると見方が変わる。


本当誰だよ。『ポッピンQ』並みだとか言ったやつ。

あれは最初予告編の想定から何一つ突き破らなかったよ。

(追記)

原画磯光雄かいたけど、確かに作画リソース勝負している感じじゃなかった。

あくま神山監督の画づくりというか、過去作品との演出比較で見る方が楽しい

2017-03-02

てかマスコミ賞賛する「いわゆる商業主義的な旅行」はリア充趣味かもしれんけど

あの増田に対して大量についてる提案トラバみたいな

ガイドブックに従わない短期貧乏旅行

なんて根暗趣味代表例なものみたいな向きもあるし

根暗旅行しないとか結構無茶苦茶な言い方なのでは

けものフレンズ8話がつまらない

今までと比べてかなりつまらなかった。

しかし見る価値のない回であったかというとそれは違う。

けものフレンズ8話がつまらない、ということもまたけものフレンズという物語を紐解く上で重要意味を持っているかである

8話はそれまでの話とは明らかに異質な存在である

OPを歌っているアイドル声優グループが演じるPPPというフレンズアイドルユニットが主役となっているという事からは明らかな大人の事情が伺える。

物語の中においても、ヒトがいなくなり文明的な要素の多くが失われた世界アイドルを行っているPPPは異彩を放っている。

そもそもフレンズアイドルユニットを組んでいるという状態ジャパリパークがまだアミューズメントとして機能していた時代に置いても特別存在であった事は想像に難くない。

動物が観客に見せるために芸を磨くという行為現実動物園では一般的行為となっているが、それは動物本来の姿ではない。

動物園営業していく為に動物に行わせている本来の生態から外れた行為である

PPPはいわばヒトが持つ商業主義拝金主義的な側面の化身としてジャパリパーク存在している。

けものフレンズはここまでそれぞれのフレンズ自然な姿を描いてきた。

フレンズ達がそれぞれの日常自然にのびのびと暮らす世界カバンちゃんが旅する話である

確かにアルパカ喫茶店を開いたり、ライオンDOG DAYSみたいな事をしている事はあった。

しかしそれらの中にも、徒歩によって移動するフレンズでありながら高い崖の上に難なく移動してしまアルパカや、狩りごっこごっこに興じるライオンといった形でフレンズベースとなった動物の生態が現れていた。

それらと比較するとPPPはやはり異質である

ロイヤルペンギンプリンセスPPP再結成しようとしたのは、ペンギンの生態がそうであったからではなくPPPがその昔ジャパリパーク存在たかである

いわば間接的ではあるがヒトの手による強い介入を受けた行動である

(まあぶっちゃけアルパカもジャパリカフェの名残という形でヒトの介入や大人の都合をゲフンゲフン…例外として今は忘れてくれ。)

カバンちゃんと無関係の所でここまで強くヒトの影響が描かれることは今までなかった。

そしてそれによって描かれた光景は、我々がけものフレンズに期待していたものとは全く違ったものとなった。

自分たち存在自分存在が観客に受け入れられるのかと恐れるプリンセスの姿は、自分本来のあり方のまま生きている他のフレンズにはないものである

なぜなら他のフレンズはただどこまでも自然体で生きているかである

PPPに参加せず普通ペンギンとして生きる道も開かれている事を知っているプリンセスと違いそもそも生きる道を選ぶという発想自体がない。

目先目先の日常から抜け出て生き方選択するという発想は文明が発達したことで生まれものである

自分が何者であるかを迷うという行為は、道があることによって生まれ感情である

ヒトの商業主義によって生まれPPP、今までとは違う生き方選択肢の登場によって生まれプリンセスの悩み、これらはヒトが残した文明の残り香がなければ存在し得ない物である

文明のない世界では生き物はただ生きるために生き、空いた時間はただ本能のままのびのびと過ごす。

だが文明誕生するとそれとは別の道が生まれる。

ある種の貪欲さ、ストイックさをもってより良く生きようとそれまでとは違った生き方を選ぶ道である

これは7話において博士達がジャパリまん以外の食べ物を求めカレーを食べた際に半分描かれている。

だがその時描かれたのはプラス面がほとんどである

火という恐ろしい存在カレーという益をなす光景は、文明危険性をを暗示してはいるがそれが実際にフレンズを傷つけることはなかった。

だが今回は違う、文明選択することの不安という形でフレンズに牙を剥いた。

自然の中でのびのびと生きるフレンズの姿を描いてきた作品の中で、文明フレンズを傷つける姿が描かれたのが8話である

ヒトのもたらした文明フレンズを傷つける、それが8話である

唐突にこんな物を投げつけられて無意識嫌悪感を抱かないでいられるはずがない。

我々がけものフレンズの8話をつまらない、何かが違うと感じたのは当然なのだ

だがそれは同時に我々がけものフレンズに求めていた物を再確認させてくれる。

我々が求めていたのは自然の中を生きるフレンズ自由な姿だ。

ここで勘違いしてはいけない事がある。

けものフレンズ文明否定する物語ではない。

8話の直前に7話が描かれたのも、これが文明否定する物語でない事を強調するためなのではいだろうか。

文明はヒトに益をもたらし、フレンズにも益をもたらす。

それはなにもカレーだけではない。

ライブだけではない。

ジャパリまんだ。

ジャパリまんはジャパリパーク平穏生活を支える重要資源である

それらはラッキービーストによって管理されフレンズの元へと配られている。

8話で初めて登場した二人目のラッキービーストは多くの情報を我々にもたらした。

フレンズが多い場所ラッキービーストは現れる、それは彼らが能動的にジャパリまんを配り歩いていることを意味している。

フレンズ自由生活を送りながらジャパリまんの供給が受けられるようになっている。

またこれまでラッキービーストにあわずともカバンちゃん達が不自由なく生きてこれた事からも、ジャパリまんの供給量や栄養価フレンズ達の暮らしにおいてかなりの余裕がある物であることがわかる。

ジャパリパーク平穏生活文明の力によって支えられている。

それはヒトのもたらした物であろう。

けものフレンズ文明否定する物語ではない。

だが文明の持つ暗部も描く。

自然体で生きることの素晴らしさを描きながらも、そうやって自然体で生きるのに文明の力が役立っている事を描く物語けものフレンズである

我々現代人は自然体で生きる事が難しくなっている。

だがそこで文明を投げ捨てたとしてそこに求めていたものがあるかといえば違う。

文明と共に生き、しかして文明の持つ闇に飲まれないようにすることが、我々の求める生き方に辿り着く鍵なのだ

けものフレンズ自然の素晴らしさを伝える物語である

しかし、文明否定する物語ではない。

けものフレンズの8話は私にそのことを再認識させてくれた。

ただ楽しいだけの回ではなかったが、それでもけものフレンズの8話を見て良かったと今は思う。

ありがとうけものフレンズ

2017-02-03

恵方巻き撲滅への反論

https://togetter.com/li/1077485

はじめに

コンビニなどによる過剰なノルマ」は撲滅するべきです。

また、「押し付け」も良くないと思いますし、それを嫌う人がいることを否定しません。

また、ここで反論する以外の恵方巻きへの批判存在することを無視したいわけではないです。

なお、ツイッターの#恵方巻き撲滅タグを見た上で書いています

大阪関西ローカル文化を全国に広めるな

地方ローカル文化が広まることは、大阪関西に限らずアタリマエのことです。

東京発祥のもの全国的に広まってるのはよく有ります

僕は名古屋人ですが、名古屋近辺発祥のものでも、CoCo壱番屋コメダ珈琲などは全国展開をしています

②もともと日本風習ではないから良くない

もともと日本風習かどうかは知りませんが、もともと日本にないものでも全国的に広まったものは他にもあります

クリスマスバレンタインデーハロウィンなどは明らかにもともと日本風習ではないと思います

これも良くないのでしょうか?

商業主義による週間の押しつけは良くない。

これは確かに一部同意できます。ただし、クリスマスバレンタインデーハロウィンも似たような要素があります

そもそも自分が買わなければ良いものなのではないでしょうか。

ただし、個人的には商業主義の過剰は問題だとは思いますしかしだからと言って恵方巻きのものを無くす必要はないと思います

下品からなくせ

下品な食べ方をする食べ物は世の中にたくさんあります下品以外の見方でも、「見方によってはよくない」なんて色々あるでしょう。

コーヒーは泥水を飲んでいるようにみえから良くないとかなるんでしょうか。

太いものをそのまま加えるような食べ物は、串で打つものを中心としてたくさんあります

フランスパンなどのさらに太いものかぶりつく場合もあるでしょう。

貧乏くさいからケシカラン

貧乏くさくてなにがいけないのでしょうか?下品と被ります

全ての料理お上品でないといけないというのがそもそも正しいのでしょうか?

勿論他にも批判されるべき要素はあり、その中にはもっともなものもあるとは思います

差し当たって、よく見られる批判に対する回答を書いてみました。

ただし、あくまでも僕は「恵方巻き問題が全くない」とは考えていません。

あくま問題点はあることはあり、それを解決した上なのなら存在自体を消す必要はない、というだけです。

2017-01-23

お金奴隷解放宣言』そこまで悪いか

まず、私は西野氏のファンじゃないので特に肩入れはしていません。

しろ、氏の作品はまさに商業主義ラッセン彷彿とさせるので好んで鑑賞はしないと思います

ただ、氏の発言の一部(の切り取り)が沢山の方々の逆鱗に触れたようなので、こういう考えかただったんじゃないかな?という別の視点提案をする記事です。


まず、問題URLhttp://lineblog.me/nishino/archives/9256089.html)をどうぞ。

そこまで長くないのでサッと読めるはずです。

どうですか?この気取った文章。なんだかムカつきますね〜。

>「お金が無い人には見せませーん」ってナンダ

>糞ダセー。

ここが特にみんなの堪忍袋の緒専用カッターとなっているようですね。

最初からいきましょう。

西野氏が2000円で絵本えんとつ町のプペル』を販売してしばらく経った頃、小学生に高くて買えんわと意見を貰ったらしいところから本題ですね。

確かに、2000円は小学生にとってはお高めの値段設定。

そのお金遊戯王カード10パック以上買えますからね。

そこで氏はこう思うわけです。

>《自分は『えんとつ町のプペル』を子供にも届けたいのに、たった「お金」という理由で、受けとりたくても受けとれない子がいる。》

せやな

>双方が求めているのに、『お金』なんかに「ちょっと待った!」をかけられているのです。

お金を持っている人は見ることができて、

お金を持っていない人は見ることができない。

うーん?「ちょっと待った!」はこっちがかけたいもんですがもう少し。

>「なんで、人間幸せになる為に発明した『お金』に、支配され、格差が生まれてんの?」

と思いました。

>そして、『お金』にペースを握られていることが当たり前になっていることに猛烈な気持ち悪さを覚えました。

>「お金が無い人には見せませーん」ってナンダ

>糞ダセー。

あ、ダメだこの人。自分が伝えたいことを伝える能力が完全に欠如してる。

西野氏は言わずもがな芸人炎上代名詞です。

その理由の大きなところがこの引用した文章からハッキリと見えますね。

>……いや、モノによっては、そういうモノがあってもいいのかもしれません(←ここ大事ニュースになると切り取られる部分ね)。

この一文もなんだかハッキリせず、微妙な印象。

噛み砕かず要約するとこう。

お金なんかより大切なことがある!」

うーん。チープ。

お金労働の対価の一つで、生活必要不可欠、そして評価基準です。

お金なんか」と簡単蔑ろにしていい訳はありません。

しかし、これは西野目線なのです。そう思えば彼の考えるところが伝わりやすくなります

クリエイター生産者生活がかかってるから無料にできないよ〜」

これは至極当たり前で、西野氏も(言いかたが悪すぎてそう読めるだけで直接)ダサいとは言ってませんね。

そこが、

>……いや、モノによっては、そういうモノがあってもいいのかもしれません(←ここ大事ニュースになると切り取られる部分ね)。

ここから読み取れるはずです。

西野氏は、お金持ってます本業芸人です。しかも売れてます。そして、絵本からすれば外様です。絵本がなくても生活できます

そんな氏が、「小供にも届けたい」絵本を出して、お金がなくて子供が買えない!と訴えを目の当たりにしたわけです。

からすると、生活もかかってないのに「お金が無い人には、見せませーん」はこの上なくダサく見えるんでしょう。自分が。

まり、これは西野氏が西野氏に対する発言ではないか叱咤激励なのでは?

私にはそう読めました。

ここからお金奴隷解放宣言」まで妙に長いので要約。

お金じゃなくて、恩で回る人生があっても良いのでは?本ならそれができる可能性がある。この本を無料化してお金は貰えなくなるけどみんなに読んでほしいからやるで!お金奴隷解放宣言や!」

うーん、西野さん。それつまり投げ銭や。

「恩で回る」というのは、消費側が生産側に対して自分の払いたい価値を払うということだよね?

>それに、「西野君、こないだはありがとね」と夜ご飯ぐらいご馳走してもらえるんじゃねぇかな、と思っています

夜ご飯をご馳走するのだってお金や労力はかかるはず。

結局、氏が言いたいことは『お金だけ』の社会否定であって、『対価』の否定ではないんですね。

まりこれは投げ銭制です。

西野さんアンタけっこうかっこいいよ。労力かかってるもの相手に委ねるっていうのはお金持ってても中々できないことだと思います。超口下手で誤解させまくってるけど。

あとできれば2000円という選択肢だけじゃなくて、サイト自分で値段を決めて支払えたら便利だしもっといいと思いました。

>…てなワケで俺は無料にするけど、その代わり他のクリエイターに「西野はタダにしたんだからおまえもしろ」なんて絶対言っちゃダメよ。

絶対言っちゃダメよ。

2016-12-24

クリスマス高齢化してない?

まあ今夜はイブですけど。

バイト帰り、街を歩いても電車の中でも、乳繰り合ってるのは30代以上〜のカップルが目についた。

20代以下はちらほらいても、女の子でも一人なのが少なくない。

まあ友達遊んだ帰りかもしれないけど、でもカップルなら7時8時ならまだ一緒にいるよね。

もう結婚10年は経ったであろう、おっさんおばさんが若者みたいにキャッキャしててなんとなく寒々しかった。

電車で指を絡ませあってたカップルも外見は40、50代だった。

日本ではティーンを中心にクリスマス欧米化なんて言われて、カップルじゃなく家族で過ごすようになってるみたいだけど、

これからクリスマス商業主義煽りくった高齢世代けがガラパゴスイチャコラしてるようだと思うと、なんとなくやるせない気持ちになる。

2016-11-28

http://anond.hatelabo.jp/20161128203322

「当たる要素」がハッキリしているのに何故離れないといけないのか、この記事だけでは理解しにくい

映画監督になる奴ってのは基本的に金儲けに来てるわけじゃないんだ。

どちらかといえば商業主義拝金主義・消費主義にめちゃくちゃ批判的な奴らだと思っていい。

なぜこう言い切れるかというと、名作映画のかなりの部分をそういう思想映画が占めているから。

こういう映画を観て映画監督になりに来てる奴らも同じような思想を持つの自然の成り行き。

なのでテーマメッセージのない商業映画を嫌う(逆に言うとシン・ゴジラジブリ映画みたいにメッセージがきちんとありつつエンタメとしても上質、という映画否定しない)。

おそらく是枝監督からすると、『君の名は。』は何の思想もない、エンタメ要素だけの作品に見えたんだろう。こういう映画を作り続けても、数年したら忘れ去られてしま作品ばかりになってしまって、映画界が育たないよ、という考えなんだろう。

2016-11-24

日本ポリコレを止めるのは商業主義だと思う

そもそも配慮すべき敬虔クリスチャンイスラームもブディストすらも少数派というのはあるが

それ以上に例えば、長年育ててきたクリスマスセールをお前らは止められるのかということだよ

いくら宗教心に乏しいからって、今更ハッピーホリデーつってまたうまく定着させられるかわからない

からポリコレがどんだけ頑張っても日本じゃここで止まっちゃうと思うんだよね

進める側にも止める側にも前提としての魂が欠けているか

http://anond.hatelabo.jp/20161123235437

別にやりまくっていようが、自分関係ない分にはどうでもいい。

せいぜい変な病気をばらまいてくれるなという程度だ。

差別感情燃え上がる時があるとすれば、クォータ制とか持ち出して、パイを食い合う関係になった時だ。

女性みたいに、ゲイは8%いるから、役員の枠も8%よこせとか言い出したらどうするか?

うちはゲイが少ないかゲイには加点しましょう、とかおバカなことを言い出す大学が出てきたらどうするか?

言い出した時にはもうどうしようもないかもしれない。

ただでさえ今のLGBT差別解消というのは、金のあるLGBTにうちはフレンドリーですよとアピールするとか、

彼ら向けのサービスを用意するとか、明らかに商業主義主導で進んでる部分があるから

ちょっと危ないんじゃないかという思いがある。

このまま行っても、キモくて金のないLGBTは、ノンケがそうであるように、おそらく誰も相手にしない。

そもそも、自分アファーマティブアクションだの女性活躍だのを気に食わないのは、

企業なら役員だったり、公務員だったり議員だったりと、だいたい社会上層部しか見ていない点だ。

そこから下に男が何人いようと、全く頓着しないその態度である

普通女性普通黒人悲惨で、それをどうにかする必要があるのはわかる。

しかし、彼らを生贄にしてエリート女性召喚するような行為果たして正当化されるのか?

それが何になるのか? まさに一将功なりて万骨枯るというやつではないのか?

2016-11-20

今のLGBTピンクマネーつって、子なしで共稼ぎしてて金が余ってるから注目されてるだけ。

今時、結婚式大金突っ込む奴も減ったから、彼らはいお客様なんだよ。

商業主義に持ち上げられてるに過ぎないのに、それで権利が認められたとか思ってるのは滑稽なものだ。

まりキモくて金のないLGBTはお呼びでないんだよ。

ヘテロだってそうだし、誰もそれをどうにかしようなんて思わないんだから

2016-11-08

http://anond.hatelabo.jp/20161108151844

>内容は別にどうでもいいんだけど、よく使われる、この『立派な女性』像ってなに? 商業主義で持ち上げられている白人至上主義文化だろ?

立派な女性性的魅力のマジョリティ側に親和性の高い女性、つまり性的強者女性

艶の無いボサボサの痛んだ髪の毛より綺麗な髪のほうが好きな男は多いからね

自分の娘を不幸にしないためにも性的強者にしようと配慮するのは親心というものだよ

性的魅力教育を行わないと行き遅れ老婆にメタモルフォーゼしてしまうから

2016-10-12

ぺるん氏とddrdaisuki氏の喧嘩

ぺるん氏 以下、ぺ氏

http://eroge-pc.hatenablog.jp/entry/2016/09/12/210000

ddrdaisuki氏 以下、D氏

http://possession.hatenablog.com/search?q=%E7%8C%AB%E7%AE%B1

二人の喧嘩を見た。

他人喧嘩コメントするほど不毛ものもないが第三者目線必要かもしれないとD氏が書いているので

第三者として書かせていただくと…どちらにも相当に非があるとしか言いようがない。

どうもこのお二人は過去にも因縁があるようで積り積った鬱憤が爆発したようである

あくまでも私の目から見た今回の顛末である

ぺ氏がランス03の感想を書く

D氏がツイッターで叩く

ぺ氏がぶち切れる

という流れである

感想なんて好き勝手に書けば良いのであるからいくらまらない感想だったとはいえ、D氏が叩けばぺ氏が気分を害するのは当然であろう。

もちろんつまらない感想をつまらないと書くのはD氏の自由ではあるものの、発端はD氏が悪いと思うしぺ氏の方の肩を持ちたい気分である

これで終わりにできればこれほど簡単な事はないのだが、喧嘩が進めば進むほど私にはぺ氏の株が下がっていく一方なのである

まずは書き方。非常に攻撃的な書き方である

内容自体はD氏もぺ氏も共に相手喧嘩を売っているのだが、D氏が慇懃無礼な書き方でちくちくと攻撃しながらもランス03の感想の書き方を問題にしているのに対し

ぺ氏はD氏をお前と呼び、人格攻撃積極的に織り交ぜている。これは非常に印象が良くない。

たとえD氏がクズだったとしても、ぺ氏がD氏よりもまともだという事にはならない。そもそも人格問題はあまり関係がなく、感想問題のはずである

少なくとも

[私の感情感性が未熟なことを説明せずに滑稽だと語られてもどこにも妥当性がないんだが?]

というぺ氏の文章に関しては、この喧嘩を見る限りぺ氏の感情が未熟な事は一目瞭然である感性は知らない。

ぺ氏はD氏に主張の論拠を求めているが、これもよくわからない。

第三者から見て、D氏のこれは主張ではない。単につまんねー…という文字どおり便所の落書きレベル悪口である

それがウザいというのはよくわかるが、便所の落書きに対して論拠を事細かく求めるのはあまり意味がないように思う。

D氏はぺ氏の感想をつまらないと言い、ぺ氏はなぜつまらないのか理由を挙げろと怒る。

それに対してD氏は一応つまらない理由を挙げている。しかしぺ氏は納得せずに怒り続けている、というのが私から見た今回の流れである

D氏の挙げた理由はぺ氏の感想方向性とは明らかに異なるものであり、ぺ氏がそれを受け入れないのは客観的に見て当然だと思う。

さらにぺ氏のランス03の感想は、少なくとも万人が読んでつまらないと判断するような酷いものではない。

誰か1人でも面白いと思う人を連れてこいとD氏は仰っていたが、私は面白いと思ったし、他にも面白いと感じた人はいるだろうと思う。

D氏の発言は「俺にはつまらなかった」以上の意味はない。

はいえ、D氏はD氏の価値観に従ってきちんとつまらない理由を挙げている。

それに対して、まともな根拠反論もできずたじたじになっているというぺ氏の反論は、的を外しているように私には映る。

気に入らない人間から悪口を言われて怒りにまかせて逆襲したものの、予想以上に手ごわくてたじたじとなる、だが負けず嫌い性格で後には引けないぺ氏…という方が私の印象に近い。

喧嘩の発端は明らかにD氏が悪いのだが、議論の筋を読めば読むほど、ぺ氏の論のおかしさの方が目立つ。

自分以外のランス03のダメ感想を数え上げて、なぜ自分に対してだけ批判をするのかといった逆ギレなどは書いていておかしいと思わなかったのか。

ネット存在する全てのダメ感想を叩いてからでないと、ぺるん氏の感想を叩けないというのはムチャクチャな話だ。

便所に悪口を書いた相手に対して、立証責任が云々というのも非常にバカげた話である

元々喧嘩を売りに行ったのはD氏なので、D氏の肩を持つ気もあまりないのだが…。

余談

ぺ氏の過去記事を読むと

http://eroge-pc.hatenablog.jp/entry/2016/08/17/070000

http://sessions.hatenablog.com/

http://bern-kastel.hatenablog.com/

ぺ氏自体積極的他者感想へと攻撃を行っているという驚愕事実が判明する。

俺は好き勝手感想を書くが皆の感想尊重する、だからお前らも文句を言うな、ならばわかるのだが

俺は好き勝手感想を書くし、気に入らない感想は存分に叩く、だけどお前らは文句を言うな、という態度なのである

自分他人感想にどんどん攻撃を仕掛けていくのに、自分他人から攻撃されると頭に血を上らせてしまう。

これは少なくとも私から見れば、大いなる矛盾である

あまつさえ他人への悪口を裏ブログに堂々と書いて、悪びれもしない。

更に言えばD氏は問題にしていないようだが、

ぺ氏が普段語っている外部文脈を排して作品を虚心に見つめるという内在的読解とは、作家時代性、商業主義声優俳優、などなどを外部情報として切り離し、作品のもの…たとえばランス03という作品のみを

先入観なく捉えて語る行為を指すのではなかったか

http://eroge-pc.hatenablog.jp/entry/2014/11/22/120000_1

http://eroge-pc.hatenablog.jp/entry/2014/04/26/222449

ひょっとしたらぺ氏の主張を私が読み違えているのかもしれない。

しれないが、もし私が読み違えていないのならば、氏のランス03の感想は「戦国ランス」といった別作品存在や「ランスらしさ」といった外部情報スキーマ積極的に取り入れた感想になっている時点で

氏の普段の主張とは異なったものに仕上がっているように思う。

なお、氏の普段の主張と異なっているからと言って悪いレビューかといえば私はそうは思わず、なかなか楽しく読んだことを白状するが

少なくとも氏の普段の主張と異なっているのだから普段の主張自体問題といえば問題になるのだろう。

更に言わせてもらえば、過去因縁云々に関してもそうだ。

人間なのだから、気に入らない相手に対して厳しく当たってしまうのは仕方のない事である

しかしぺ氏の普段の主張は前述した通りだ。ならば、作者=テクスト主=D氏という外部文脈、もしくはスキーマを排して文章を虚心に読み込んで対応するのが筋というものではなかろうか。

D氏がクズであることやD氏との過去因縁という外部情報を、今回のD氏のテクストと切り離す。

特に争点にはなっていないはずのD氏の悪行=外部情報積極的攻撃している現状を見るに、

ぺ氏が普段声高に唱えている内在的読解の質についても疑問が生まれしまう。

他ならぬぺ氏自身が、[製作者の人間性と絡めた作品批評は最も唾棄すべきもの]だと言っているではないか

ならば[ツイート主の人間性と絡めてツイートを読み、判断すること]は唾棄すべきことではないのか。

[物語解釈障害であるスキーマに対抗するには]、と書いた本人が、[テクスト解釈障害であるスキーマ]に嬉々として身を委ねているのはどうしたことだろう。

気に入らない人間テクストだというだけでこれほど否定的に反応する人間は、気に入らない作家作品に対しても、先入観を持って読んでしまうのは自明の理

外部情報に踊らされないというのは非常に難しい事で、ほとんどの人間には出来ないと思うが、

ましてぺ氏にそれができるようには全く思えないのである

その辺りのところを、ぺ氏が説明してくれると有難いなと思うし

その辺りのことが説明できないようでは、残念ながら氏のお題目は見かけ倒しと判断されてしまうだろう。

D氏はD氏で、つまらない感想につまらないと述べるのは自由だとは思うけれど、それが相手の目に触れれば怒りを買う事もあるだろう。

ぺ氏ほどの理不尽さは感じないものの、D氏が他人に対して厳しい物言いを何度もしているのは再三目にしており、それ自体

第三者としてはなるほどと思わされる事もあるし面白いとは感じるものの、自分がその標的になったらと考えると辛い。

もし私が同様の絡まれ方をすれば、ぺ氏のようにまくしたてたりはしないだろうが、煙たがってブロックぐらいはするかもしれない。

厳しい読者、というのは欲しい人にとっては得がたいものではあるが、のん気にてきとーな事を書きたい者には歓迎されないだろう。

ぺ氏の感想の行き詰まり危惧するならば、もう少し別のアプローチがあったはずである

結論 どちらも怖いです

2016-09-20

ゲームアニメエロってさ

結局「見ていると楽しい」だけでなく「作っていても楽しいからまらないんだよな。

エロっていうと「クリエイターは本当はそんなもの作りたくないはずだが商業主義で…」とか言う奴もいるけどさ、

PixivとかTwitterとか見てると、誰に頼まれたわけでもなく喜々としてエロを描いてるよね、皆さん。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん