「バックパック」を含む日記 RSS

はてなキーワード: バックパックとは

2020-09-29

死にたくなったらインドGO

みんなバックパック背負ってインドに行ってくればいいんだわ

もちろん都会では日本人と変わらないスタイルサラリーマンだっているしエリートも沢山いるんだけど

あんな何もかんもが、キッタナーイ国で、なんかテキトーに生きてるオッサンが大量にいてアホなんかと思うようないい加減さで稼いでるオモロイ国ないで

200ルピースカーフを100ルピーに値切ったら、全く同じものが50ルピーで売ってたとか

屋台ものを食べようと思ったら、物凄く汚いフライパン調理されるとか

勝手についてきて写真を撮ってあげるとか言って1枚いい加減な写真を撮って200ルピークレとせがんだり

笑っちゃうようないい加減なことの連続で、こいつらなんやねんwwwアホかwwwって

生きてるだけで丸儲けなんやなって、きっと笑えるとおもうわ。

仏教悟りとか聖なるガンガーとか、そんなものはたいして意味ないが

ガンガー周辺にたむろするインド詐欺師のアホかと思うような手口と、ほがらかでいい加減な生きざまは

必死になって100点満点の人生を求めて勝手絶望ちゃう繊細さんには効果覿面だと思うで

ただし、詐欺とかなり危険犯罪普通にあるから防犯意識は強くもちな

2020-09-19

anond:20200919225057

タイトルの通り知能で分断されているって印象ですけどね

日本も同じに思う

今もなおTVケンタファミレスフードコート金持ち選択からなぁ

アメリカ各地に知識層の集まる「スーパーZIP」がある。

(スーパーZIP・・・”those ranking highest on income and college education”、つまり、「居住者の平均所得大学卒業率が、最高ランクである地域」のこと)

 

このスーパーZIPが全米でもっとも集積しているのがワシントン特別区)で、それ以外ではニューヨークサンフランシスコシリコンバレー)にスーパーZIPの大きな集積があり、ロサンゼルスボストンがそれに続く。

 

ワシントン知識層が集まるのは、「政治」に特化した特殊都市からだ。この街でビジネスチャンスは、国家機関スタッフシンクタンク研究員コンサルタントロビイストなど、きわめて高い知能と学歴を有するひとにしか手に入らない。

 

ニューヨークは国際金融の、シリコンバレーICT情報通信産業)の中心で、(ビジネスの規模はそれより劣るものの)ロサンゼルスエンタテインメントの、ボストン教育の中心だ。グローバル化によってアメリカ文化芸術技術ビジネスモデルが大きな影響力を持つようになったことで、グローバル化適応した仕事従事するひとたち(クリエイティブクラス)の収入が大きく増え、新しいタイプ富裕層が登場したのだ。

 

 マレーは、スーパーZIPに暮らすひとたちを「新上流階級」と呼ぶ。彼らが同じコミュニティに集まる理由はかんたんで、「わたしたちのようなひと」とつき合うほうが楽しいからだ。

 

 流階級はマクドナルドのようなファストフード店には近づかず、アルールはワインかクラビールでタバコは吸わない。アメリカでも新聞購読者は減っているが、新上流階級ニューヨークタイムズ(リベラル派)やウォールストリートジャーナル保守派)に毎朝目を通し、『ニューヨーカー』や『エコノミスト』、場合によっては『ローリングストーン』などを定期購読している。

 

 また彼らは、 的にあまりテレビを観ず、人ランキング上位に入るようなトラジオ(リスナーと電話でのトークを中心にした番組)も聴かない。 休日の昼からカウチに腰をおろしスポーツ番組を観て過ごすようなことはせず、休暇はラスベガスディズニーランドではなく、バックパックを背負ってカナダ中米大自然のなかで過ごす。ここまで一般アメリカ人と趣味嗜好が異なると、一緒にいても話が合わないのだ。

 

https://diamond.jp/articles/-/37381

2020-09-04

非常持ち出し袋をグッズにして欲しい

 災害時に、とりあえずそれを掴んで逃げる為の非常持ち出し袋絶対必要なことは分かるが、自分が用意してるかと言われると用意していない。

 正直に言ってしまえば油断している。私は学生一人暮らしから、いつ来るか分からない災害の為によし準備しよう!という心持ちにもならない。実家暮らしてたらテレビとか見てちゃんとしようか、みたいな話にもなるのかもしれないけど。

 この災害大国日本甘ったれ精神だなと言われればそうかもしれないけど、でも二十代の一人暮らし非常持ち出し袋をきちんと準備してる人の方が少ない気がする。とは言え近年の災害続きに買い占め等の二次災害を見てると、やっぱり最低限の準備は皆しといた方が良いんだろうな…。

 で、表題に戻るけど、非常持ち出し袋をグッズにして欲しい。アーティストライブグッズでもアニメのグッズでも何でも良い。

 以前某因島出身ロックバンド非常持ち出し袋をグッズにしていて、実際それが台風の時に役に立ったという人をツイッターで見かけた。そしてちょっと前に非常持ち出し袋には推しのグッズ入れとけ!精神の安定になる!みたいなツイートも見かけた。非常持ち出し袋自体推しのグッズだったら完璧なのでは。

 あとこれは個人的に思ったことなんだけど、非常持ち出し袋って結局普段は使わないから、「あれが足りない、そう言えば非常持ち出し袋に入れたな。また後で足しておけばいいか」みたいな事になりやすい気がする。ウェットティッシュとか、非常持ち出し袋に入れてたら私は絶対普段生活で使っちゃう気がする。でも推しのグッズなら勿体なくて絶対普段は使えないし、災害時は苦しい中でも推しのグッズが使えたってことで少しは気が上向きそう。

 あとやっぱりグッズって同じようなものになりがちというか、オタククリアファイル持ち過ぎ問題にもあるようにもういらねぇ!(けど公式に金は落としたいしその絵柄は欲しいので入れるものもないのにファイル買う)みたいな事が多々ある。だから珍しい種類のグッズが出るとそれだけでも欲しくなるし、非常持ち出し袋なら多少値段が張ってても「どうせいずれ用意しなきゃいけないものだし、それなら今推しの柄で買いたい!」ってなって皆買わないかな。

 色んなジャンル非常持ち出し袋をグッズにしてくれたら日本全体の災害時死亡率ちょっとは下がる気がする。非常持ち出し袋を準備するってだけで災害時のこと考えるしね。出してくれないかな〜。

 とは言え推しジャンル非常持ち出し袋グッズにするの待ってたら先に死にかねないので、これ書くのを切っ掛けに自分災害に備えようと思います

 某ルノグラフィティ 、おっきいバックをグッズにしてくれてありがとう。防サイセットは私がハマる前に完売していて手に入れられなかったオタクなんだけど、神神バックパックオリジナル持ち出し袋作ります

2020-08-09

高学歴高収入非モテ童貞に対する所感【追記

大学時代からの知人男性の中に、ここ数年恋人を欲し続けている人物がいる。彼は今まで女性とは凡そかけ離れた環境に身を置いており、ここ15年くらいは「男子校生活」と言って差し支えないだろう。そんな状態では仕方ないかもしれないが、所謂彼女いない歴=年齢」の一人だ。

彼の学歴世間一般から見ると申し分なく(歯切れが悪いのは彼と私は同じ大学出身からだ)、収入も良く、職種的に将来性も高い。敢えて言うなら外見が垢抜けず、人間関係に奥手であるのが恋愛市場的には短所と言える。とはいえ性格に難があるわけでもなく、友人の立場から見るとそう悪い物件とは思えない。本人もアプリなどで恋活に励んでいるようだ。

しかしどうしてかな、彼には一向に彼女が出来る様子が見えなかった。お互いもうアラサー出会いを求めても上手くいかず、次第に元気をなくしていく彼を見るのが心苦しくなり、異性からアドバイスがせめてもの参考になればと話を聞いてみることにした。

そこでわかったのが、多少意地の悪い言い方になるが、彼が「周りに異性がいないあまり自分の『身の程』をはかりかねている」ということだった。

彼の理想相手。それは「可愛くて、優しくて、教養があって価値観が合う、努力を惜しまなない人」だという。この場合の「可愛さ」の定義について、てっきり私は「自分を好きになってくれる」とか「愛嬌がある」とかそういう話だと思っていた。しかし聞いてみると、「顔が自分の好きなコスプレイヤーと同じタイプで、肌や髪の手入れが行き届いていて、おしゃれ」というのが、彼の「可愛い」の詳細らしい。ここ数年ミュートしていた彼のTwitterアカウントを覗くと、女性アイドルコスプレイヤーポートレート自撮りRTで埋め尽くされていた。

さて、彼のスペックについて、先程「外見は垢抜けない」と書いた。清潔感が全くないという訳では無いが、簡単に言ってしまえば「量産型オタク」といった風貌だ。身体は全く鍛えておらず、何より姿勢が悪い。服装についても、最後に服を買ったのは3年前だそうだ(品質が高いから物持ちがいい、という訳でもなさそうだ)。彼はいつ見ても白の長袖シャツに黒いパンツを履いている。どこに行くにも、仕事用のバックパックを背負っている。聞いてみると、アプリを使って出会う時も同じ格好だそうだ。

こんな言い方をしてしまうと身も蓋もないのだが、同じ社会階層の「彼の思う可愛い子」に、相手にされるような人物ではないのだ。可能性はゼロではないが、限りなくゼロに近いだろう。

しかし彼はそれに気がついていない。可愛い子には振られ、自分のお眼鏡にかなわなかった女性とは距離を置いてきたようだ。そこまで理想が高いなら確かに彼女が出来る気配がないのにも頷ける。しかし彼は「自分理想が高い」ということにすら自覚がなく、何故上手くいかないのかと心を病んでいた。

彼が今こうなっている理由の最たるものは、恐らく「ほぼ男子しかいない環境」にあったのではないかと私は分析している。周りに数組カップルが出来るほど男女が入り交じった生活を送っていれば、「こういう男子とこういう女子がくっつく」という肌感が身についてくる。勿論本音を言ってしまえば、美少女交際したくない男子はいないし、イケメン交際したくない女子もまず居ないだろう。しかしそんな「突き詰めて言えば」を実行する人間は少ない。現実が見えているからだ。とても嫌味な言い方だが、「自分交際するならこれくらいのレベル」という「身の程」は、バリエーションがある複数の異性と交流のあるコミュニティに属さないと気が付かないものなのかもしれない。そこに「自分に近いレベル学歴」というフィルターがかかるならなおさらだ

一方彼は、そもそも女子バリエーション」を知らない。普段の彼の目に入る女子は、SNSを通じて目に入ってくる「可愛い子」とアニメキャラだけだ。だからその基準に達していない女子は、一般的には普通レベルであっても、彼目線からすれば「普通未満」になってしまう。どんな男性恋愛強者なのかもイメージがつかないから、「可愛い」が高望であることにも気がつけない。異性に対する幻想は凝り固まっていき、アラサーになっても彼は「色白黒髪フリル可愛い若い女性」が好きなのだ

おそらく彼がその感覚を身につけるには、荒療治ではあるが、多様な女子がいる環境に放り込むのがてっとり早いのだろうが、忙しい社会人オタク(主なジャンル男性向けアニメ)に適したそんなコミュニティを私は知らない。上から目線だとは承知の上、他に方法はないかぼんやり考え込んでしまう。

追記

ブクマコメでは結婚相談所を勧める声が多いし、確かに私も「彼の需要が高い」のは恋活事情より婚活市場だと思う。

彼は彼で、年齢的にも真面目な性格的にも結婚意識はしている。しかあくまでしたいのは「恋愛」だそうだ。勉強就活で失った(と本人が思っている)青春を取り戻したいのだと思う。

そうは言っても個人的には彼の言う「可愛くて若い子」ほど交際相手総合評価(外見、女性経験なども含め)で見ていると思っており、やはり彼に勝算はないと思ってしまう。実際に「高収入非モテと低収入イケメン、どっちと付き合いたいか」が逆転するのは30代というアンケートも見かけた。彼を好きになる女性と彼が好きになる女性が、悲しくなるほど噛み合っていない。

現状に満足するように(彼女がいなくても満ち足りるように)促すのが吉なのかもしれない。もしその「諦め」がついた男性がいたら、そのコツなどもお聞きしたいところだ。

2020-08-02

青春18きっぷおっさん専用

かつては、大きいバックパックを背負った20代若者が、青春18きっぷを使って旅に出た。

18というのが年齢だとすれば、また青春ということからも、若者に向けて企画されたきっぷに違いない。

それが今や、おっさん一人旅ばっかりになってるように思う。

それも家族のいない、さみしいおっさん

きっと20年前は正しい使い方をしていたに違いない。

本来なら、家族特急に乗って旅行するような大人になっていなければならないのに、

それは叶わなかった。残念なおっさん連中である

2020-07-27

anond:20200724163613

ホットエントリに入っている増田を読んで、自分の事のように胸が痛くなったので、増田意見を書く。なぜ君は素直な感情吐露しただけなのにクソ味噌マウントをとられるのか。私も若い頃に散々悩んだが、答えはシンプルで、恋愛が「Easy game」だからだ。

パートナー暴力を振るう人の痛みがわからない人、職場にいる刺激臭のする不潔なおじさん、約束時間に毎回遅れてくる良い加減な男、ギャンブル狂いで金銭感覚麻痺してるヤツ。第三者が見れば君より外見、内面共に「下等な」タイプの人でさえ、なぜかパートナーがいたり、結婚していたりする。

そんな「Easy game」だから世間の人はパートナーを見つけられない人のことを、分数がわからなかったり、自転車に乗れない人と同レベルの下等生物と見なしてしまう。君に対してつまらない奴だとか、性欲ギラついていてキモいとかあらんかぎりの罵声安全地帯から投げるのはそんな見下しからだろう。だけど悲観しなくていい。君の人間性パートナーがいる人たちに決して劣るものじゃないと私は思う。たった一つの人間心理、「誰か孤独を埋められる存在になれるか」というポイントもっと言えば、「相手孤独定義は何か」ということさえ注意深く観察できればすぐにでもパートナーができると思うのだ。

少し寄り道的な話をしよう。私は技術者として生計を立てており好奇心旺盛な性格だったので、文系の人やお年寄りの「メカハイテクが怖い」という感情理解することができなかった。両親に外国人の友人が多く、子供の頃から海外に行ったことがあったので、「外国人が怖い」という感情理解できない。そう言う世間から感覚のズレが多々あり、ずいぶんと変人扱いされて苦労した。

人付き合いの距離感でもマジョリティと異なっていた。一人っ子として生まれ、進学で親元を離れ就職後も転勤続きで1人暮らしに慣れていたためか、「孤独でさみしい」という感情がどうやらずれていたのだ。長期休みにに1人で地球の裏側までバックパック1つで旅しても「孤独」とは感じなかったが、大勢飲み会パチンコ風俗と言った男性的なゲス話題で盛り上がっているのに、全然共感できない時の方が「孤独」を感じたのだ。

そんな世間ずれした私に偶然にもパートナーができたのは「孤独」という感情をお互いにピタリと埋めあえる相手が見つかったからだが、「孤独」と一口に言っても捉え方は本当に人それぞれらしい。例えば飲み会ゲス話題にはイマイチ乗れないけれど、露骨距離を置いてハブられるのはもっと嫌だという人は、私と価値観が似ているようで全然違う。暴力を振るうパートナー食事をすることさえ、1人で家で過ごすよりマシだという女性も山ほどいる。そんな些細な違いだが、日常生活を共にする上では居心地の良さに大きく響いてくるものだ。恋愛においてはなおさら孤独」の捉え方のウェイトが重くなるだろうし、この感覚マジョリティに近ければ近いほどパートナーは見つかりやすいのだと思う。

個人的体感だが、「孤独」をどう埋めるかは外見や内面年収なんかすっ飛ばすくらいの強いファクターだと思ってる。なんていうかゲームバグ技級の強いファクター。君は大学生になって初めて一人暮らしをするような真面目な女の子、それも「ワキ毛」くらいの単語を聞くだけで顔を赤らめるような子が、留年を繰り返し、半分社会からドロップアウトしてるような遊び人にコロっとやられて、あっと言う間に同棲を初めて気がつけば喜んで男性器を加えこむようになるという、まるでAVエロゲかというような衝撃的な場面を見聞きしたことは無いだろうか。私はある。

孤独」への共感はそんな悪夢現実にしてしまう強力なバグなのだ確信は無いけども、ナンパ師や恋愛工学の技術非難の声を浴びながらも、時として効果を発揮してしまうのは、意図的に「孤独」を埋めにいっているからだろうし、ろくでなしでもパートナーを見つけられているのは、「孤独」の感覚マジョリティ側なので、努力せずとも共感出来る相手の母数が多いかなのだろう。多くの人がMサイズTシャツを着るのに努力を要しないのと同じように。

さて、いろいろ話が脱線して長くなってしまったが、私が言いたいことは2つ。

あなたは決して外見、内面共に劣る存在ではない。そして、あなた努力が出来る人だと思うので、パートナーにしたい女性の「孤独」を埋めるにはどうすれば良いかをよく観察して、自分の無理のない範囲で合わせられれば問題なくパートナーができるはず。必要以上に悩まなくても良いと思う。(最後に余談だが無理のない範囲で合わせるというのは本当に重要。これを無視するとパートナーシップは長続きしない。)

2020-04-03

anond:20200402220243

毎日バックパックに入れて持ち歩いて体力作りしよう。

昔は一台で体力作りをやろうともっと巨大で重かったんで、負荷の調節が難しかった。

今はiPad ProやiPhoneモバイルバッテリーなどと組み合わせて自在に負荷を調節できるようになってる。言い時代になったもんだ。

おまけでOfficeが動くUnixとしても使えるし。




念のために言っておくと、昔MacBookがクソ重かった時代に「運動しないGeekに向けたおしゃれな筋トレ道具に違いない」とネタにされてたのが元です。

はい、こうやって書かなきゃ行けない時点でもう古いですよね。わかっています。わかっています

2020-01-09

窓のない部屋

 バスが止まると、乗客たちは押し黙ったまま次々と降りて行く。車窓から見える煤けた家々の影に吸い込まれて行く彼らを眺めていると、いつの間にかバスの中には僕と運転手けがとり残されていた。分かるはずもないポルトガル語でなにかを伝えようとする運転手の表情を見て、ようやくここが終点のモシンボアプライアだということに気付いた。

モザンビーク共和国の最北部タンザニアとの国境に最も近い街、モシンボアプライアナンプーからミニバスに揺られること10時間、日も傾き始めた午後4時頃、やっとのことで到着した。

21世紀になった今でもまだ未開の森が残っているというモザンビーク北部。小さな村と村を辛うじて繋ぐ細い道路は言うまでもなく未舗装で、その上を走るトヨタハイエースミニバスは、重ねて言うまでもなくオフロード向きの車ではない。乗車定員をまるで無視したぎゅうぎゅう詰めの車内で、膝の上に拷問器具さながらの重たいバックパックを載せて、しか悪路を走る振動に耐えながらの10時間は、気の遠くなるような長い時間だった。

 あわてて荷物を引っ張って外に出ると、空になったバスはそそくさと何処かへ行ってしまった。降り立った場所バスターミナルなんて大層なものではなく、石造りの家々が建ち並ぶ小さな村の一角にポツンと広がった、ただの砂地の広場だった。広場の端に植えられたヤシの木の陰には何人かの女性や老人が座っていて、サトウキビバリボリ齧りながらこちらをじっと見ている。ああ、ここ数日と同じだ。

 モザンビーク最大の都市首都マプトは、南北に長い国土の一番南の端にある。南アフリカから陸路入国した時、最初に到着した街もマプトだった。首都首都なりに近代的なガラス張りの高層ビルが建っていたりもするのだけど、そこから北へ向かって縦断を始めると、車窓から見える景色がどんどん田舎に、自然に近づいていくのがそれはもう如実に分かる。白人観光客がいるのはせいぜいマプトの次の街のイニャンバネ辺りまで。国土のちょうど真ん中辺りを東西流れるザンベジ川を超えると舗装道路ほとんど無くなる。北部の街キルマーニを超えるともう公共交通機関が当てにならないので、道端にはヒッチハイクの代行をして日銭を稼ぐ子供達が居たりする。モシンボアの手前のペンバ辺りまでは、自分以外の酔狂バックパッカーを見かけることもあった。しかし、ここに来てついに異邦人自分だけになってしまったらしい。

 いわゆる発展途上国場合自分のような旅行者は、バスから降りるなり土産物押し売りホテルタクシー客引きにもみくちゃにされてうんざりするのが常だ。しかアフリカのこんな僻地まで来てしまうと、そもそも旅行者が訪れることなほとんどないはず。外国人慣れしていない土地人達も、突然バスから降りてきた肌の色の違う人間に驚きつつもどう対処したらいいかからないのだろう。一挙手一投足を全方位から遠巻きに観察されているような視線は、動物園パンダにでもなったかのような気分にさせてくれる。

惚けていても始まらない。まずは今晩の宿を確保して、それから英語の分かる人間を探さないと。ここまでの街で集めた情報によれば、モシンボアからは毎朝早くに国境行きのバスが一台出ているらしい。できれば明日の朝そいつに乗り込みたい。ここ数日、ATMもなければクレジットカードも使えないような場所を通ってきたせいで、手持ちの現金はもうほとんど尽きかけていた。今はできるだけ早く駒を進める必要がある。とにかく、話のわかる奴を探して情報を聞き出さないといけない。僕は檻から抜け出すようにしてその広場を後にした。

 重い荷物を背負って村の中へ入って行くと、ここでも同じように奇異の目を向けられる。それでも、こういう時は一度誰かにしかけてしまえば後は簡単だ。それをきっかけに周りで見ていた人たちも次々話に入ってきて、いつの間にか自分の周りは人だかりになっている。その中には英語を喋る奴が大抵一人くらいはいもので、今回もその中の一人、僕と同い年くらいの青年を見つけた。彼が言うには、自分兄貴が毎朝国境行きの車を運転しているとのこと。この村に来る外国人十中八九陸路タンザニアへ向かおうとしている奴だから、客になりそうな外国人がいると聞いてすっ飛んで来たらしい。村の奥、青年の指差す方向には一台のピックアップトラックが止まっていた。手を引かれ、群衆をかき分けながら近づいていくと、荷台に腰掛けた白いタンクトップの男がサトウキビバリボリ齧りながらこちらに視線を投げている。トラックの前まで来ると、男はサトウキビの食べかすを地面に吐き捨て、挨拶もそこそこに言った。

あんた、国境に行くんだろ。300メティカル明日の朝こいつの荷台に載せて連れてってやるよ。早朝三時にここに来な」

 なんとなく予感はしていたが、国境へ行く手段というのはバスや乗り合いタクシーの事ではないらしい。このトラックの荷台に乗って、荷物のついでに運んでもらうということなのだ。トラックの荷台には、明日の同乗者になるのであろうコーラの空き瓶が入ったケースや何が詰まっているのかわからない大きな頭陀袋が山と積まれているだけで、当然ながら座席のようなものは見当たらない。今日の移動もなかなか骨だったが、明日今日に劣らずタフな一日になりそうだ。

 運賃として提示された300メティカル日本円にしておよそ500円少々。交渉が前提になっているようなひどく高い金額でもないし、村を歩いて探し回っても他の交通手段があるとは思えない。500メティカルなら、あと一日くらいこのモシンボアに泊まってゆっくり骨を休める余裕ができる。聞く所によればこの男は毎日国境まで行っているようだし、出発を一日先延ばしにしてもさほど問題にはならないはずだが、でもこの時はそうしなかった。前へ前へと懸命に移動することに、ある種の快感のようなものを覚え始めていたのかも知れない。とにかく僕はこのトラック明日の朝、国境まで行く事に決めたのだ。

 握手を交わすと、男は表情を和らげて言った。

「寝る場所必要だろう。弟に宿まで案内させるから今夜はそこで休め。寝坊しても起こしに行ってやるから安心しろ

 男が目配せをすると青年は頷き、ついて来いと言って歩き始めた。もう一つの懸案だった宿の方も、彼らが世話してくれるらしい。それもそのはず、人や荷物国境まで運ぶ商売をしていれば、僕のような旅行者を載せる機会も幾度と無くあっただろう。そんな旅行者への宿の斡旋も、彼らの商売の一部なのだ

 青年背中を追って歩いていくと、少しずつ村の中心に近づいていくのがわかった。舗装された道幅の広い道路があらわれ、ガソリンスタンドや錆びたコカコーラ看板商店食堂などが民家に混じって見え始める。顔を少し上げると、視界の端にわずかに入るヤシの木や、朽ちて傾いた丸太電信柱の向こうに、どことなく湿った雨期の青空がいっぱいに広がるのが見える。

10分も歩かないうちに、僕らは一つの建物の前で立ち止まった。周りに見える民家や商店より少し大きい、ちょうど郊外コンビニくらいの大きさのその建物は、宿泊施設としてはやや小さく思える。水色のペンキで塗り染められた石の外壁には大きなひびが入り、風雨や土埃に晒されてくすんだ色になっていた。やれやれ想像通りのボロさである

「ここが宿だ。少し汚いけどこの村には宿はここしかない。悪いけど我慢してくれよな」

青年はそれだけ言うと、あっけにとられる僕をその場に置いて来た道を逃げるように帰っていった。僕が宿にいちゃもんをつける前に立ち去りたかったのだろうか。

入り口にかかる簾をくぐり、薄暗い室内にに踏み込む。簾に付いた鈴が音を立てると、奥のカウンターの向こう側から一人の老人がゆらりと立ち上がった。部屋が欲しいんだと大袈裟ジェスチャーを交えながら伝えると、彼は黙ったまま横の壁の一点を指差した。目をやると、石の壁に赤のペンキで直接文字が書かれているのに気付いた。

"Single 1200. Twin 1600."

シングルの部屋が日本円にしておよそ2000円ほど。いままで泊まってきた宿の中では一番高い金額だが、さて、どうするべきか。村にある宿がここだけだと言う青年言葉は、この宿の大きさから考えて恐らく嘘だろう。ここより安いという確証はないが、土地人間が使うゲストハウス位はどこの村にも幾つかあるものだ。しかし、重い荷物を再び背負って表を歩き回るのはやはり億劫だった。壁に書かれた赤いペンキの文字酸化してほとんど茶色くなっていた。いつからこの値段でやっているのかは知らないが、少なくとも僕を金持ち旅行者と見てふっかけているわけではないようだ。値段の交渉は望み薄だが、僕は試しに聞いてみた。

「もう少し安くはならないの?」

老人は困ったような、それでいて僕がそう言い出すのを知っていたかのような苦笑いを浮かべ、少しの間を置いて言った。

「窓のついてない部屋が一つあるが、そこなら600でいいよ」

なんと、意外なほどあっさり宿賃が半値になってしまった。一泊1000円なら上出来じゃないか。窓が無いというのは、まあ多少風通しと明るさに問題があるとは思うがこの際妥協してもいいだろう。どうせ明日は日が登る前にここを発つのから

「部屋を見せてくれる?」

僕が言うと、老人は鍵を引き出しから取り出し、カウンターを出て奥へ伸びる暗い廊下を歩き始めた。僕もその後を追った。

つのドアの前で立ち止まると、老人はドアノブに鍵を突き刺して、ガチャガチャ乱暴に鍵穴をほじくり始めた。なかなか開かないようだ。このボロさでおまけに窓の一つも付いていないときたら、本当に地下牢のような荒んだ部屋なのだろう。そんなことを考えながら、鍵と格闘する老人の背中を眺めていた。しばらくして鍵が開く。額に汗した老人は僕の方を向いて意味深な笑みを浮かべ、ドアを開いて見せた。

開け放たれたドアの前から覗いた部屋は、想像通りとても簡素ものだった。だが、想像していたより酷くもなかった。六畳程度の部屋のど真ん中にはセミダブルくらいの大きなベッドが石の床に直接置かれ、部屋の隅にはちゃちな木製の小さな椅子と机が、客室の体裁を取り繕う申し訳のようにちょこんと置かれている。そして、奥の壁の大きな窓からレースのカーテン越しに差し込む夕陽が、数少ない部屋の調度品と埃っぽい室内を舞う無数の塵を照らしていた。しかしこの部屋、さっきと少し話が違うんじゃないか

「いや…ご主人、僕が見たいのは半額の部屋の方なんだけど」

「ん? この部屋は600メティカルだが」

だって窓が付いてるじゃないか

僕がそう言うと、老人は黙って部屋へ入って行き、カーテンをめくる。そこにはあったのは確かに窓だった。窓だったが…窓にはガラスが入っていなかった。僕は思わず笑ってしまった。窓が付いていないというのがまさかこういう意味だったとは。明るくて風通しの良いこの部屋は、僕が覚悟していた牢獄の様な部屋よりよっぽどマシに見えた。しかし、中と外の境界を作るのが鍵の掛けようのない無い薄いカーテン一枚というのは、やはり安全面に問題ありすぎる。こんな部屋でおちおち寝ていたら命が幾つあっても足りないだろう。強盗マラリア、野犬、その他諸々の野生動物危険は数え出したらキリがない。半笑いでそんな事を考えていると、いつの間にか隣に来ていた老人に小突かれた。

「で、どうするんだ」

「…窓が付いている部屋も見たいな」

「だろうな」

ニヤリと笑みを浮かべた老人は静かに扉を閉めると、一つ隣の部屋の扉を開けて僕に見せてくれた。さっき見たのと一見全く同じ部屋だが、こっちのほうが心なしか手入れがされているように見える。中に入ってカーテンをめくってみると、くすんだガラスがしっかりと嵌めこまれた窓と網戸が見えた。

「1200メティカルだけど、いいよな?」

振り返ると、勝ち誇ったような笑みを浮かべた老人と目が合った。やれやれこちらの完敗である

「…いいよ。この部屋にする」

宿賃を渡し、僕は笑ってそう答えた。老人は僕の肩にポンと手を置いて、隣の部屋のとはまるで違う綺麗に磨かれた鍵を渡してくれた。やっぱり、あの部屋には最初から客を泊めるつもりなんてなかったのだろう。

明日の昼まで停電から電気はつかないよ。ロウソクが引き出しにあるから使うといい」

「一本いくらですか?」

サービスだよ」

僕が皮肉半分に聞いたことを知ってか知らずか、老人はどうだ気前がいいだろうと言わんばかりの誇らしげな笑みを見せ、ドアの外へ消えて行った。やり返してやった気にはまるでならなかった。

靴や荷物についた砂を振り払い、ベッドに寝転んだ。疲れ切った身体を動かす体力はとうに尽きていたが、不思議と気分は高揚していた。蓄積した疲労の中に滲む自虐的とも言える旅の充足感に気付いたのだった。

2020-01-04

半蔵門線内でのトラブルについて、力をお借りしたいです(乱文お恥ずかしいです)

本日17時台の半蔵門線の中で、中年男性発声障害のある男性に難癖をつけて、絡んで罵声を浴びせ、つけまわしていました。

登場人物

中年男性茶色コートアウトドアに使うような、化学繊維のような素材)、黒いパンツ、黒いスニーカー、黒いボディバッグ白髪交じりの無精ひげ、眼鏡なし、目の大きさに左右差がある、白目が異様に充血しており、両目とも黒目が白濁している、モンベルの袋を持っている

発声障害のある男性:30歳くらい、やせ形、眼鏡、薄着、発声障害があるようだった

わたし:30過ぎ、ショートカット眼鏡、カーキのウールのコートグリーンスカートバックパックハイヒール

かに男性が「嫁」と呼ぶ女性、5歳くらいの男の子、途中から介入してくださった男性がいました。特徴も覚えていますが、差し控えます

わたし発声障害のある男性の隣の座席に座っていたところ、中年男性が殴りかかってきたため、巻き添えを食らう形になり、顔を殴られました。

赤坂警察署からは「故意がみとめられない」と言われ、事件化できないため、民事での解決をはかるよう薦められました。

わたし自身障害者ヘルプマークをつけているのですが、絡まれていた方は知能に何の問題もないようにみえました。

言葉が少し聞き取りにくい程度ですが、まったく分からないという感じでもなく、

わたしが「あのご家族の言うことの方がおかしいと思いました」とお伝えした時には「ありがとうございます」と答えてくれました。

比較的細身だったので殴り返さないと思ったのでしょう、また会話がスムーズでないことから口でやり込められることもないと思ったのではないでしょうか。

わたしにはそのせいで攻撃性の標的になってしまったようにみえました。

わたし発声障害のある男性が絡まれる前から家族の様子を見ていたのですが、4人分の座席を使っていて、空いているように見えた席に

「3人家族で(けっして空いていない)地下鉄座席4席分を占有したい」という中年男性の言い分は、理にかなっていないように思いました。

わたしも鬱がひどい頃に吃音のような症状に苦しみました。

くやしいです。あの中年男性はご家族が降車したあとも、「嫁や子供が怖がっている。謝れ」と執拗に追いかけて脅していました。

発声障害のある男性は「これはストーカーではないんですか」とおびえた様子でした。

わたし女性ですから男性暴力を振るわれたら、気兼ねなく訴え出ることができます

でも、男性が同性である男性暴力を振るわれたとして、同じように告発できるものだろうかと疑問に思いました。

わたし大人になって、痴漢に遭ったことを言い出しにくくなったように、沈黙することを選んでしまうのではないでしょうか…。

男性が名乗り出なかったとしても、お伝えしたいことがあるんです。

あなたの主張は一点の曇りもなく正しかったということ。

そして、障害者としても、一人の女性としても、あん理不尽暴力は許せません。

半蔵門線内でのトラブルについて、力をお借りしたいです

本日17時台の半蔵門線の中で、中年男性発声障害のある男性に難癖をつけて、絡んで罵声を浴びせ、つけまわしていました。

登場人物

中年男性茶色コートアウトドアに使うような、化学繊維のような素材)、黒いパンツ、黒いスニーカー、黒いボディバッグ白髪交じりの無精ひげ、眼鏡なし、目の大きさに左右差がある、白目が異様に充血しており、両目とも黒目が白濁している、モンベルの袋を持っている

眼鏡男性:30歳くらい、眼鏡、薄着、発声障害があるようだった

わたし:30過ぎ、ショートカット眼鏡、カーキのウールのコートグリーンスカートバックパックハイヒール

かに男性が「嫁」と呼ぶ女性、5歳くらいの男の子、途中から介入してくださった男性がいました。特徴も覚えていますが、差し控えます

わたし発声障害のある男性の隣の座席に座っていたところ、中年男性が殴りかかってきたため、巻き添えを食らう形になり、顔を殴られました。

赤坂警察署からは「故意がみとめられない」と言われ、事件化できないため、民事での解決をはかるよう薦められました。

わたし自身障害者ヘルプマークをつけているのですが、絡まれていた方は知能に何の問題もないようにみえました。

言葉が少し聞き取りにくい程度ですが、まったく分からないという感じでもなく、

わたしが「あのご家族の言うことの方がおかしいと思いました」とお伝えした時には「ありがとうございます」と答えてくれました。

比較的細身だったので殴り返さないと思ったのでしょう、また会話がスムーズでないことから口でやり込められることもないと思ったのではないでしょうか。

わたしにはそのせいで攻撃性の標的になってしまったようにみえました。

わたしは発生障害のある男性が絡まれる前から家族の様子を見ていたのですが、4人分の座席を使っていて、空いているように見えた席に

「3人家族で(けっして空いていない)地下鉄座席4席分を占有したい」という中年男性の言い分は、理にかなっていないように思いました。

わたしも鬱がひどい頃に吃音のような症状に苦しみました。

くやしいです。あの中年男性はご家族が降車したあとも、「嫁や子供が怖がっている。謝れ」と執拗に追いかけて脅していました。

発声障害のある男性は「これはストーカーではないんですか」とおびえた様子でした。

障害者としても、女性としても、こんな暴力は許せるものではありません。

2019-12-08

[]フロスダンス

単にフロス、あるいはフロッシングダンスとも。

真っ直ぐ伸ばした腕を左右に振るようなシンプルダンスである

2017年アメリカ音楽番組サタデー・ナイト・ライブ」でケイティ・ペリーと共演した「バックパックキッド」という少年ダンスがバズり、

それがゲームフォーナイト」に取り入れられたことでさらに広まった。

2019-11-27

なぜタイ大学生制服を着るのか

パーカーTシャツジーンズバックパック。 これは思い出しやす大学生イメージです。

しかし、白いシャツ、黒いズボンスカートを持って学校に通う生徒もいます。 彼らはタイ大学生です。

タイの街を歩くと、大学生制服を着ているのをよく見かけます制服学校特性を表してみせる傾向があり、学校によって異なることが多いですが、タイではそうではありません。 ネクタイバッジベルトに刻まれマークのみが異なります

タイ位置する東南アジア諸国共産党支配下にありましたが、現在社会主義の名残があるベトナムラオスカンボジア義務的学校制服政策実施しています北朝鮮は、東南アジア諸国を除いて、そのような政策を持っている唯一の国です。 民主主義国の中でタイ大学生は、制服義務化されている唯一の学生です。

タイの人々は、制服を着ると誰もが平等であると信じています。 彼らは学校に行くときはいつでも差別から抜け出すことができ、シャネルグッチのような高級品を着たり、とんでもない高級車を運転していても、学校制服を着ていますしかし、同時に、制服は「幸運象徴」です。

タイでは、「ユニフォーム」は人々のアイデンティティ地位を明らかにします。 制服を着ている人のほとんどは収入教育レベルが高く、学生制服例外ではありません。 彼らにとって、ユニフォームは「平等」を保証し、同時に「見張り」の意味を受け入れます

マナー規範を高く評価するタイ文化は、タイ大学生制服を着させるもう一つの理由です。 彼らの将来の社会における多くの規範基準に従うために、彼らは最初ユニフォームを着るという単純な規則を守るべきです。 また、タイ人は制服を着ることで、若者他人尊重し、感謝する方法を学ぶと考えています

タイ調査研究機関によると、バンコク学生の94%が学校制服必要であると回答しました。 さらに、彼らの71%は、授業の当日は制服を着るべきだと答えました。

FHNWの交換留学生であるNuii Patrapan Sangsongsuk氏は、「私は個人的にはユニフォームコンセプトが本当に好きです。すべての学生を同じ見た目にしてくれますから」と語ります。「学生富裕層の生まれなのか貧困層の生まれなのかにかかわらず、みんな同じ制服を着ます。また、破れたジーンズなどように不敬を象徴するような、学校では不要ファッションを防ぐための優れたシステムです。

しかし、誰もがそれに同意したわけではありません。 2009年2013年に、チェラロンコン大学タマサート大学学生は、制服に反対する動きを巻き起こしました。 彼らは強制的学校制服政策に反抗し、自治人権侵害だと主張しましたが、結局は失敗に終わりました。

https://web.fhnw.ch/plattformen/blogs/journalism/2017/02/03/uniforms-in-university/ より機械翻訳+修正

2019-11-06

オタク文化支配的(メジャー)になった日本

・毎年ノーベル賞発表の時期になると、麻枝准奈須きのこノーベル文学賞受賞を期待するファンが縁の地に集って発表を待つ模様が報道される

宮野守はジャニーズ事務所所属

実写映画に人気若手声優キャスティングされ実写映画ファンから批判される

声優だけで構成されたアイドルグループAKB内で一番人気、プロデューサー堀江結衣と田村ゆかり秋元靖?誰それ?)

日本アベンジャーズとしてFGO実写版映画ハリウッド制作される、ドラマ版もネトフリで配信

小学校ランドセルガンダムバックパック

他は?

(ツイフェミ脳内では日本オタク文化支配されたことになってるらしいのでもし本当だったらと考えてみた。

言うまでもないことだが実際は今も昔もマイノリティだろ。)

2019-07-27

anond:20190726193138

タイ自分が遭った詐欺も参考までに。

25年くらい前だったかバンコクに到着し当然ながらカオサンロードに宿を取り、夕刻に王宮まで歩いて行った。初めてのタイのしかも初日ちょっと高揚した気分で歩いていると若い男に英語で声をかけられた。「日本人?僕、日本人友達がほしいんだけどちょっと話してもいい?」とかそんな感じで話しかけられた。

座り込んで話をし、いろいろタイのことを教えてくれた。さすがに微笑みの国だ~みんな親切だなーと会話を楽しんでいたら、「タイルビーの国だって知ってる?」と宝石の話をし始めた。

「へ~」と適当に相槌をうっていたら、「実は先週新しい法律施行されて、タイルビープロモーションするために無税で販売されてるんだよね。今日がその最終日なんだよ」と、細かい言い回しは忘れたけど、そんなことを言う。

今書くと明らかに怪しいんだけど、そんときは「へーそうなんだねー」とあまり気にせずただ聞いていた。彼の英語も拙かったしあまり言ってる意味がわからなかったというのもある。

「僕も今日最後からこれから買いに行こうと思ってるんだけど、一緒に来てみる?」

ここが旅行者心理なんだけど、初めての土地で初めての日で、なにかワクワクすることを探している旅行者は、こういう申し出に思わずついていってしまう。気をつけたい。

王宮から二人で公共バスにしばらく乗って宝石店に行く。立派な宝石店で、スーツパリっと着た中年男性店員と、女性2名がアテンドしてくれる。こちらはTシャツパンの汚いバックパッカーの服が申し訳いくらいな店だ。

この男性英語は流暢で、とにかく今日が無税の最後の日で、今買わないと明日から税金がかかるから同じルビー全然値段が上がってしまうというようなことを上品に話す。あまり押し付けがましくもなく、あくまで高級店で外国人に接するような丁寧さだ。ルビーは1つ30万円くらい。「日本人だけじゃなく他の外国からの方もこの機会を利用してたくさん買っていますよ」と、パスポートコピーの束をパラパラと見せてくれた。「あくまプロモーションなのでパスポートコピーを取らせてもらわないといけないんですよ」と彼は説明した。「日本にこのルビーを持って帰れば税金もかからない上に、倍の値段はつくでしょう。だから買わないと損ですよ。もちろん証明書も付きます国策ですからね。」

このくらいになると気持ちがグラグラと揺らいでくる。

気がつくと一緒にいた若い男はルビーを買っていて、「じゃあ僕はもう買ったんでこれで行くよ!楽しかった!またね!」と店を出ていく。店はオレだけになった。

「どうしますか。もう店を閉めないといけないので、決めるなら今決めてください」と最後のプッシュ。

「買います!」

ついに買う決心をしてしまった。

ここからが怒涛なんだが、「じゃあパスポートコピーを取らないといけないのでパスポートを貸してください」「どのルビーしますか?好きなのを選んでもらって結構です。どれも日本では倍の値段がつくのは保証します」「現金はなくても大丈夫クレジットカードがあれば」「ただしクレジット払いは国が受け付けてないのでキャッシングしてもらわないといけない。」「この女性2人がアテンドするのでキャッシングしてきてください」などなど、あっという間に話が進む。

気がついたら女性二人とタクシーに乗っていた。

この女性二人もそうとう丁寧な接し方でタイの話、どんな食べ物がおいしいか、などなど世間話タクシーの中でしてくれる。怪しさは一つもない。

タクシーが到着して車を降り、キャッシングする段になって急に「なんかおかしいぞ?」となぜか冷静になった。

ん??なんか仕組まれてないか、これ?あまりにも一気に話が進みすぎてなんかおかしくない?

そこで女性二人に「いや、やっぱやめとく。こんな大金学生の身で払えない」というと、女性二人は豹変。「なにチキンなことを言ってんのよ!」「30万円ぽっちも払えないなんてどんだけケチなの!」「確実に儲けられるのにあんバカなの!」と上品さはどこへやら罵倒の嵐。

申し訳ないけど、やっぱり買えない。これで行くよ!」とすぐに目の前に来たトゥクトゥクを止める。女性に腕を引っ張られ引き止められたが振り切ってトゥクトゥクに乗り込んだ。「カオサン!!!」と叫んでその場を離れた。

かなりの興奮状態。宿に戻ってビールくらって「たぶんあれは詐欺だったんだ」とクラクラしながら寝た。

翌日、カオサンを歩いていると「宝石を売る詐欺に注意!」みたいな英語張り紙を見る。「やばかった。。。」と心の底からホッとしたの覚えている。

これからバックパック旅行をしようとする人に言いたいこと。

向こうから声かけてくるやつは全員詐欺だと心構えておくこと。どこの国でも。

インドで騙そうとしてきた人たち

私の体験談

空港タクシー客引きがあまりにしつこいので、じゃあ(相乗りのために)まずは他の日本人も連れてきてみてって言っちゃったんだけど、そうしたら「連れてきたぞ」ってどう見てもインド人な人を連れてきて笑った。「日本人か?」って聞いたら「日本人だ」って(笑)

まあ泊まる予定の宿からピックアップ頼んでたからそっちに乗ったんだけど。

空港客引きはどっかに連れて行かれて軟禁状態で無理やりツアーを組まされるみたいなことを聞いてたか絶対乗らないんだが、予約してたピックアップの車も宿についたら旅行計画をたてようってしつこくて、おまえもかって感じだった。疲れたから早く部屋に通せって言って断った。

バラナシでは日本人が血相変えて助けてくれー!って走ってきたことがあって、話を聞くとドラッグ売人の子供にこっそりポケットドラッグを入れられていて、グル警官ポケットをチェックされたんだと。賄賂要求される流れだろうけどスキを見て逃げてきたらしい。

あとバラナシでは、子供握手を求められてなんとなく握手したら握手代を要求された(笑)雑だな。まぁ子供からな。

どこだったかリキシャーにのって事前に交渉した値段で移動してたんだけど、半分くらい行ったところで止まって、その値段ではここまでしか行けないみたいなことを言い出した。話が違うと揉めてたんだけど、なんか人が集まってきてその中のひとりのおっさんが、「じゃあお前(私)は半額払え、お前(リキシャーの人)も半額でいいな?」と取り持ってくてた。外野が偉そうに乱入してくるのがなんとも面白い

コルカタバックパック背負って歩いてたら自分旅行者だと声をかけてきたやつがいて、お茶でも飲もうみたいな流れになった。店に入って話していてしばらくしたらそいつが別の客と会話を始めて、今日お祭りで近くのどこどこで見逃せないセールやってるみたいな話で盛り上がりだして、じゃあみんなで一緒に行こうぜ!みたいな流れになって、「あ、こいつグルだったか」と。抜け出すスキを伺いながら、じゃあ見るだけならって感じで店を出てそのセールとやらがやってる建物の近くまで来て、なるほど怪しい建物だと確認して退散した。

インドは、強盗みたいな凶悪ものは少ないらしいので安全といえば安全らしいけど、騙そうとしてくる本気度が違うなと感じたよ。

2019-07-20

anond:20190720035903

バックパックとの混同なら(多分事実ではないだろうが)理屈としては理解できるが、ルックザックとの混同でバッグをバックと呼ぶようになったって意味分からんのだが。

増田独自研究じゃなくて他に誰かそう主張してる人いるの?

2019-06-24

男に生まれたかった

男と女を比べたら男の方が選択肢ありすぎる

女でもそれなりに楽しめてるけど、自転車野宿しながら日本一周したり、異国の寝台列車に乗るのも女より躊躇しないだろうし、

日本人男性砂漠の街をロバと馬車で猫つれて旅してた記事読んで、心底うらやましかった

女一人じゃ絶対できないしなー

ひとりでバックパック背負って東南アジア行ったときも、絶対夜出歩こうなんて思えなかったし、

節約たかったけどドミトリーは怖かったので、絶対鍵のかかる個室とったりして、とにかく安全第一だった

便のいい地下鉄も男なら乗ったけど、痴漢多発と聞いてタクシー移動を強いられたり

一人旅だったから変な男の人にいっぱい声かけられたし、真正から乳揉まれたりふぁっくしようぜみたいなこと気軽に言われたりして、

たまたま出会った一人旅してる男の子に、変な人多いから気が抜けないよね~っていう話をしたら、

ぼくはあんまりそういうことなかったなって言われて、ひょえ~男の子ええな~って思った

男の人が野宿したり無茶したりして、トラブりながらも楽しそうな旅をしているのを見ると、心底うらやましいなって思う

わたし野宿しながら自転車で旅とかしたかったなあ~

親切な人に出会って一泊とめてもらったりとか、女だと絶対アブナイからありえないけど、男だとそういう話結構あるよね

人の親切にあんまり気兼ねしなくていいっていうのも羨ましい

旅先で食べものもらったり奢ってあげるよって言ってもらえることもあるけど、安全を考えるとお断りすることも多くて

疑ってるようで本当に申し訳ない

女は女で楽しいこともあるけど、基本的に行動を制限されるのが本当に残念だなあと思う

今はもうだいぶなくなったけど、女一人だと宿に宿泊できないこともあったって女一人旅の先輩方がぼやいてたこともあるし

そんなに遊びまわってたら嫁の貰い手なくなるよとかもよく言われたっけかな

男の人も言われるのかな?嫁さんこないよーとか どうなんだろうね?

女が海外事件に巻き込まれたら、絶対自衛しなかっただの危機感が足りないだのそもそもそんなところ行くなって叩かれるのは目に見えてるけど、

男の人だと比較的「運が悪かったね」ってなりがちかなーと思う

元増田のやつ受けて書いてみたけど、全然関係なくなってしまった

いろいろ愚痴ったけど、女も女で楽しいです

男の楽しさと、女の楽しさって種類が違うと思うの

から無いものねだりなんだよね

仕方ないので、安全に気を配りつつ楽しむしかないんだよなーと諦めている

またどこか行きたいな、一人で

https://anond.hatelabo.jp/20190623221719

2019-05-30

買ってないとか損しまくりってもの上げろ

アークテリクスバックパック アロー22

買ってない奴アホ、他のバックパックが単なるゴミ袋だと感じさせられる

ポケットWi-Fi

買ってない奴アホ、ネットゲームでもやってない限りこれで十分

・マイプロテイン

買ってない奴アホ、国内産プロテインとか高杉パッケージに金払ってるようなもん

2019-05-06

旅先でうんこ漏らした

GW旅行に行ってきた。

上司の無理なスケジュール進行のせいで連休が潰れるのではヒヤヒヤしたが、なんとか旅立つ前日に休日出勤は終わった。

初めて訪れる土地、初めて食う名物、初めて関わる人たち。そのすべてが温かく、荒んだ東京での暮らしから癒してくれた。

あれは旅行最終日、フェリー乗り場近くでのこと。雨模様がずっと続いていたが、最終日だけでも晴れてよかった。今しがた出た喫茶店コーヒーを飲みすぎたせいか突如尿意に襲われた。近くに公衆トイレがあったので小便器に用を足していると、屁も一発こきたくなってきた。どれ景気づけに「ブッ」といくか、と思い力むと

「  」

音がしなかった。代わりに残ったのは、ぬるりと何かが這い出てきた感覚だけ。

しまった——いや、噓だろう?

何かの間違いではと祈りつつ個室に入り、パンツを下ろしたが、現実非情だ。チューブからパレットに出した絵の具のよう形状で、ブツが俺の下着を染めあげていた。

咄嗟ジーンズ確認する。黒のスキニーにはうっすら丸く濡れた跡が見えた。顔に近づけて鼻を鳴らしてみる。

OK問題なくアウトだ。

不幸中の幸いであるのはこれが一人旅であること。当然待たせる相手もいないし、替えの下着や服はすべてバックパックに詰め込まれている。

クソ漏らしの達人たる増田諸氏には「なんだ、その程度で」と鼻で笑われるかもしれない。だがそれでも、つい開放感あふれる青空とどこまでも続くような大海に囲まれて清々しい空気を吸っていた5分前までの俺が、ゴキブリが今にも壁を走ってきそうな狭く汚い便所自分のクソの始末をしている。

浮かれた気分を一瞬で茶色に塗りつぶされてしまったのだ。その絶望は、脱糞ビギナーの俺には耐えきれない。

ケツだのパンツだのを拭いている最中、俺は5年前に別れた彼女のことを思い出していた。偶然にも、その日の朝に彼女の夢を見たのだ。

ホテルで目が覚めたときは「令和の初夢がこれだなんて、未練がましい」と自嘲気味に笑っていたのだが、そんなセンチメンタルに酔う俺はとっくにどこかへ行ってしまった。

昔の女を引きずるよりも情けない、うんこ漏らしマンがここにいる。

久しぶりの旅行だったものから持ち物リストネットで調べていたのだが、あるページに「ビニール袋は何枚あっても便利!」と書かれていた。なるほどここまで想定されていたのかと感心しながら、俺はズボンパンツドンキレジ袋に詰め、固く口を縛った。

ひと仕事終えたので扉を開け外に出る。太陽が眩しい。忌々しい気分だ。

トイレからフェリー乗り場に歩いていると、道端の立て看板に「合図を出そう」という交通標語が書いてあった。これを先に見ておけば肛門あん事故は起こさなかったのかもしれない。

近くに置いてあった燃えるゴミ箱にうんこパンツお気に入りだったジーンズ、すなわち旅の恥をかき捨てる。今思えばファスナーやボタンを分けて出さなければならなかったかもしれない。

とても申し訳ない。あのときの俺は、そこに気をやれないほどに傷ついていたんだ。

喫煙所があったかタバコをふかそうと100円ライターを取り出したが、オイルも切れかかっていたため全然火がつかない。やっとついたと思えば、潮風に吹き消され、その繰り返しだ。

カチカチカチカチ何度も音をたてていると、情けなさが苛立ちを経て怒りに変わってきた。

どうしてこんな目に遭わなきゃならないんだ。

俺がいったい何をしたんだ。

もうこの土地に来ることはよそう。

きっと俺はここに来るたび「俺はここでうんこを漏らしたんだ」と悲哀に暮れる羽目になる。

あんなに楽しかったのに、たった一度の過ちのせいで辛い思い出しか残らない。

こっちも観光客なのに道を聞いてきて互いにカタコ英語交流を試みながら一緒に地図を回し見たアジア人家族も、

オススメ地元グルメを聞いたら俺そっちのけで論争を始めた居酒屋の店主と常連おっさんも、

予約の日付を間違えてホテルが取れず夜を明かしたバーでの酒の味も、

すべてケツから流れていってしまったんだ。

カチカチカチカチ。

突然、目の前にライター差し出される。

「ありますよ」

60から70くらいの人の良さそうな爺さんが、俺を見かねたかにこやかにしかけてきた。

ありがとうございます

「風、強いですからねぇ」

「ええ、本当に」

会話はそれだけで、あとはふたりとも無言でタバコを吸っていた。人の優しさに触れて少しだけ落ち着くと、自分の思い違いに気付かされた。

被害者脱糞した自分ではなく、勝手脱糞されてその汚物公共ゴミ箱に捨てられたこ土地ではないか

俺は自分を恥じた。この人に、罪を懺悔したい衝動に駆られた。

——俺、ここでさっき、うんこを漏らしたんです。

結局言い出せないまま、彼はタバコを消して、近くで遊んでいた孫らしき子どもと手を繋いで行ってしまった。

言わなくてよかった。あの人の一日まで汚してしまうところだった。自分は余計なことまで口走ってしまいがちだ。

そういえば、彼女ともそれが原因だった。平成も終わったのだ、もう少し上手に生きよう。上の口だろうと下の口だろうと、滑らせて取り返しのつかない過ちを犯すのは、もうゴメンだ。

タバコを消して、空を見上げる。潮の香り日差しが心地いい。

また来よう。

今度も、ビニール袋だけは忘れない。

2019-04-08

  • バック
  • パック
  • バッグ
  • パッグ
  • バックパック
  • パックバック
  • バックバッグ
  • バッグバック
  • バックパッグ
  • パッグバック
  • パックバッグ
  • バッグパック
  • パックパッグ
  • パッグパック
  • バッグパッグ
  • パッグバッグ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん