「祝辞」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 祝辞とは

2019-05-15

anond:20190515064814

上野千鶴子が例の祝辞でいいことを言っているよ。

弱者弱者のまま尊重される思想フェミニズムなのだと。

弱者強者を目指す必要はないと。

元増田の、ありのままでいいじゃん。

2019-05-13

anond:20190513101655

上野千鶴子なんてその典型だと思う。

例えば、上野氏は東大女子コンパ無視されてモテないことと、女性差別問題を同列視していた。

それを東大入学式祝辞の場で持論を展開していたからね。

本当に女性のことを考えているのであれば、「別に恋愛結婚できなくても、東大女子自分の進むべき道を進めばいい」と言えば良かっただけ。

2019-05-12

anond:20190512232244

言語祝辞を書いてみただけだったのだけど。

喪女ブスはなぜ恋愛に興味を持つの

上野千鶴子も例の祝辞ではっきりと述べているよね。

フェミニズム弱者弱者のまま尊重されることを目指す思想である」と。

これは何を示しているかというと、最初から恋愛に興味を持たなければ、敗北感を抱かずに済む。

上野千鶴子レベル完璧フェミ思想に入り込めば、喪女は苦しまずに済む。

中途半端フェミ思想に被れている喪女こそ、男社会価値観に囚われている。

フラワーデモに参加してみた話

デモと名の付くものに初めて行った。

フラワーデモってのは #性暴力を許さない #WithYou あたりのタグ付けで発信されてる。まあそんな感じ。

私はフェミニズムについて学んでるとか活動してるわけじゃない。若い人多そうだし散歩ついでの軽い興味。

あと今年の東大祝辞を読んで「え~~~!名文~~~~!!!」と感動したから。

 

デモの流れとしては

19時集合→主催側の用意した人たちのスピーチ参加者の中でなにか発言したい人がスピーチ、で2時間

 

そして感想は「デモってこんなん?」だった。

流れは先月分のレポで知ってたのでたくさんの人の話が聞けるならまあ思想が違うこともあるやろとは思っていたけどこの活動目的とゴールはどこだ。

 

まずスタンディング場所に人がいない。

中之島公会堂ってわかる?

花見シーズンならともかく夜なんかだらだら歩きたいカップルランニングする人が通るくらい。

人通りは東京でいうと皇居みたいなもん?知らんけど。

デモというからには啓蒙布教といった内容があるものだと思っていた。それは宗教か。

なんせ世の中に訴えたいことがあるもんだと。

でもスピーチの大半は「過去にこんな性被害ハラスメントを受けてこんな気持ちでした」という個人体験披露

言いたくないがそんな話は散々聞いた。

個人レイプ体験矮小化したいわけじゃない。

被害体験を話すのは勇気のいることだろうし涙してしまうような話もあった。

話して聞かせなきゃ被害存在わからんやつもいるだろう。

でもここすでにそれ系に関心と憤りがあって来てる前提の奴ばっかやん?

ここは被害者のカウンセリングや臨床の場か?

「だからこう活動ができれば」「こう行動をすべき/して」って〆るわけではないんだ…。

被害の慰めや治療に聴衆役として利用されてしまった…という気持ち

それとも悲しさ辛さを正しく共有できれば結束が強まって活動意欲が上がるんだろうか。

 

いや、実際に参加してみて私はなにか学びを得られると無意識に期待してたんだなって気付いた。勘違いよくない。19時にいなかったのもたぶんよくなかった。事前に準備されていただろう主催側のスピーチをあまり聞けてない。もちろんフェミニズムに関心がある人たちが上野千鶴子のように話をできるとは思ってない。学びたいなら本を読めばいい。

無関心層への届け方や地域での支援を拡げる活動ではなく体験を共有する活動だった。

まあ勘違いにより自分の期待した話が聞けなかったって愚痴だよ。

 

フラワーデモ行った、って人間が身近にいることがなにかの励みになればと思って持ってるSNS全部に今日参加するって書きました」みたいな話してた人もいたので私は増田に書くね。

フラワーデモ行ったよ。

2019-05-09

「がんばりを自分のためだけに使うな」と言われてもどうすればいいの

東京大学入学式での上野先生祝辞話題になってだいたい一か月。自分東大生ではないんだけど、学歴環境を振り返ると恵まれた方にいる気がして少し考えてみた。でも、わかったようでわかってない。

特にこの部分。

あなたたちのがんばりを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください。恵まれ環境と恵まれ能力とを、恵まれないひとびとを貶めるためにではなく、そういうひとびとを助けるために使ってください。そして強がらず、自分の弱さを認め、支え合って生きてください。」

すごく良いことを言っていると思う。だけど、「(恵まれない)ひとびとを助けるために」は具体的にどうすればいいのかわからない。

お金を渡せばいいの?「恵まれ環境と恵まれ能力」がある人ならば収入は多くなりそうだけど、累進課税が敷かれているから税率も高くなる。自分生活のために働いて得たお金が、他人のために徴収されている。これ以外に寄付などすればいいの?。自分は平均よりはもらってるけど、そんな余裕はない。もちろん頑張ったら出せるけど、そのために自分生活趣味差し出せるかというとそれはきつい。

時間を割いて何かすればいいの?これもお金と同じだし、そもそも何に時間を割けばいいのかわからない。

応援すればいいの?上辺だけの言葉だったらいくらでも言えるけど、自分の考えと違う場合意見も言うよ。言わせてよ。

災害があったり、目の前で困ってる人がいたりしたら何かはするし、したいなとも思う。でも、そうやって発信されないことにはどう動いて良いかからない。「弱者弱者のままで尊重される」方が絶対に良いって思うんだけど、そのために普段は何をしたらいいのか、わからな過ぎて何かする必要もないんじゃないかとも思えてくる。もちろん貶めるつもりは全くない。

いや、もしかしたら、こう思う時点で自分は恵まれた側の人間ではないのかもしれない。ここでいう「恵まれた」人っていうのは、見返りがなくとも無尽蔵に与えられる人のことを言ってるのかも。でも自分のことを「恵まれてないんです」って言おうもんなら各所から「甘えんな」「お前よりつらい人はいっぱいいる」みたいな言葉が飛んでくるんだろうな。

書き出したら少しはましかと思ったけど全然わかんない。もちろん答えはないんだろうけど、「困っている人がいたら助けよう」みたいな小学生でも言えるような意思表明しかできない。いや、それでいいのかもしれないな。

2019-05-07

anond:20190507104108

東大女子コンパ無視されモテない」ことと「女性差別」の問題を同一視する人間が実際にいるんだよね。

しかもそれを東大入学式祝辞という形で披露する人もいるから、笑い話だと思う。

コンパ無視される東大女子しろKKOにしろ

最初から恋愛に興味を持たなければ、恋愛欲望を持たなければ敗北感を抱かずに済む。

それが上野千鶴子祝辞で述べていた「弱者弱者のまま尊重される」ことの真意でしょ。

尊重」されることと、「救済」されることは違う。

弱者の救済を否定し始めたら、ではフェミニズムは一体何のためにあるの?と自己否定してしまっているけど。

2019-05-01

anond:20190429075746

平等の水準が違うってことか

自分はてっきりいじめっ子いじめ相手ことなんて全く覚えていないみたいな話だと思ってた。

長男じゃないのに大学まで出してやったという感覚で言えばそうだな。

最近話題東大祝辞を思い出してしまった。

その水準で見れば、本来は学なんてつけさせないでよいやつが大学に行くいうのはけしからんし、お前は恵まれ環境にいるんだからちょっとくらい不幸があってもいいよねって感覚になるのか。

長男が親と同居していたら、そういうことなのかと溜飲が下がるところだけれど、別の県に住んで家までもっているからな。

たまに実家に帰ったときなんか「墓守は誰がするんだ?」と自分が聞かれる始末。

食い逃げですかコノヤロー。まじ、ざ・け・ん・な・よって思う。

2019-04-29

夢見りあむが見せる夢


第8回シンデレラガール総選挙中間発表が先日行われた。

夢見りあむは総合3位に居た。

新人アイドル総合3位に居たのは別段問題だったわけでは無く、『夢見りあむ』が『総合3位』に居た事が問題となって多くの人がこれに言及していた。

ある人は努力を貶すのかと言い、ある人は中身がない人間が居て良い場所じゃないと言い、ある人は面白いからと言い、ある人は総選挙を壊す為と言った。

言及している人達だけではない。

シンデレラガールズに接しているあらゆる人が否応なしに夢見りあむという存在に心を揺さぶられ、動かされてしまっている。

私はアイドルマスターシンデレラガールズを常日頃から真面目にやっているわけではなく、何名か好きなアイドルがいるだけで担当がいるわけでは無い。

情報を聞きかじり、曲を聞き、たまにイラストいいねを付けて好みの本を即売会で買うぐらいだった。

そんな半端モノだからこそか、毎年総選挙自体はぼちぼちと参加をし、活動に感心した陣営個人的に好きなアイドルにぼちぼちと票を入れていた。

誰が勝っても素直に祝辞を言えてしまうような、一般的傍観者だった。


そんな傍観を続けてきた中での今回。

変わらず好きなアイドル達に票を入れながら、夢見りあむによって全てが壊された総選挙を見ている。

正直、私は夢見りあむに勝って欲しい、つまり中間発表での位置を維持して欲しいと思った。

無論、その為に票も入れた。

夢見りあむが勝つ、という中には色々な問題があり、彼女があの位置に座している事自体がこれまでの何よりも遥かに問題である事は、5年ほど総選挙シンデレラガールズの見学を続けていた身としては理解しているつもりである

ただ、私は彼女否定できない訳があった。

その理由に関連して、先述した幾つか夢見りあむに対して言及されていた言論の中に、こう書かれていたものがあった。

『夢見りあむに更生して欲しい。クズじゃない彼女になって欲しい』

是非を問わず様々な夢見りあむに対する意見共感出来たが、この一点だけは全く共感出来なかった。

彼女クズを辞める事は、彼女の全てを否定するどころか、私達の存在までも否定する事に等しいと感じる。

クズのまま、あの場所に立つ。

クズのまま、あそこにいる。

私は、それが何よりも夢見りあむが見せてくれる夢だと、考えている。

それは他のアイドル達が今まさに築き上げている『努力が報われる』という王道否定するものではない。

努力したくない人間だって報われていい」という、最上級人間達の肯定だと感じた。

から、私にとって夢見りあむは否定できるようなものではなかった。


考えても見てほしい。

努力は必ず報われる。友情は失われない。願いは諦めなければ必ず叶う。

じゃあ、それはいつ叶っただろうか。

生きてきた中で、そうであった事があっただろうか。

勿論、そうであった事も沢山ある。作り話のような、素晴らしい物語のような人生もある。

だが、そうでない事が圧倒的に多かった。

当然だと思う。勝者は基本的に一人で、それ以外は敗者になる。

世の中には圧倒的に敗者が多い。

頑張れば何でも叶う、というのは勝者の道理だ。そうやって勝ってきた者の中だけの常識だ。

当たり前だが、勝者の方が何よりも頑張っていただろうし、だからこそその勝利を掴めたのは分かっている。

だけど、敗者に対してそう言われても敗者には何も響かない。

何故なら、自分なりに精いっぱい頑張ったはずなのに、勝てなかったから。

敗者が頑張っていないわけではない。勝者の方が頑張っていた。

その差をただ、頑張りで埋められなかったと切り捨てるのは、気持ちに寄り添っていなさすぎる。


そんな多くの努力顛末を見てか見ずともか、いつからか頑張ろと言う気持ちなど消え果てた。

そんな人は多くいるだろう。

適当に生きて適当に過ごす。日々を無為に消し去っていく。歯車となって、輝く人々を支える柱になる。

聞こえはいいが、その人生の色は灰色だ。

そんな無駄人生を生きているけれど、変える事さえもしない。

もう努力なんてしても無駄だ、みたいなことを心のどこかで理解してしまっている。

頑張っても届く域には限度があると思っているから、そんな中途半端の為なら頑張らない方がマシだと思ってしまう。好きな何かでも上になれる程才能も無く、かといってとことん落ちぶれて底辺にもプライドが引っかかってなれない。

大人になったと言えば都合よく聞こえるかもしれない。

だが、人生を諦めたと言われればそうだ。

そうやって人生合理的に考えながら、クズ生き方をするようになってしまった。

夢見りあむに惹かれた人、或いは凄まじく拒絶をした人。

それはきっと、そんなクズ自分が映り込んでしまったのだと感じた。


夢見りあむが成そうとしているのは、そんなクズ達の肯定である

本当にろくでなしとあるクズ過去に全く別の場所で輝いたことがある。

そのクズは登場作品の中でこのような台詞を残した。

嫌われ者でも!憎まれっ子でも!やられ役でも!主役を張れるって証明したい!!」

夢見りあむが炎上しながらも今まさに証明しようとしているのは、恐らくこれと同じ事だ。

叶わなかった夢、同じ人間なのにテレビの向こう側の人間とは遠く離れてしまった差。

私達が現実ではとうに返せないと諦めた何か。

それを諦めたくないのであれば、何を使ってでもクズであってもどうやってでも諦めるなと、そう言っているように聞こえてしまった。

クズであるけれど、夢を見て良いという願い。

クズであっても、輝こうとしていいという希望

クズだとしても、上を目指していいという指針。

クズでいても、生きていていいという肯定

私は彼女が見せてくれたそんな夢に、とても強く惹かれてしまった。

頑張れという他のアイドル達の言葉より、頑張らなくていいという彼女言葉に惹かれてしまった。

何かを成す事も無く、誰かに覚えられるわけでも無く、一般人として死ぬんだろうと諦めている私に声を掛けてくれているように思えてしまった。

だってクズから


矛盾しているようだが、世のクズとは違って夢見りあむはクズなりに頑張っている。

したくない炎上を受け入れ、やりたくないレッスンをして、直向きにアイドルとして愛されようと頑張っている。

自分努力はきっと無駄で、自分より凄い人がいると分かっていて、それでもなお努力に向き合おうとしている。

クズでも何とかなるんだ、クズでも何とかしたいんだと叫んでいる。

そんな汚い夢見りあむの生き方キラキラした世界に目立つ一個の汚点のように感じる人も多いだろう。

だがそれは色が違うだけで、彼女だって輝いているようにも映る。

あん人間でも誰かに必要とされたいと思って良いんだと、証明しようとしている。

捻くれて格好付けて、何かを思っていても一切口にしなくなった現実クズの代わりに。


これから夢見りあむはもっと燃えるだろう。

そうして順位キープ、もしくは上昇して燃えたら笑うし、順位が落ちたらバカにもすると思う。

から、夢見りあむには全力でぶつかってクズなりの夢を見せてほしい。

クズが出来る事の可能性を彼女証明してほしい。

もう現実なんてどうにもならないクズと、ちょっとでも現実をどうにかしてみたいと思っているクズの代わりに、先んじてクズの星として燃えて欲しい。


クズなりに何とか言いたい事がまとめられた気はする。

あわよくば、彼女を照らす燃料になってくれると嬉しい。


anond:20190429192825

まあ一言で言えば格差の目くらましにしか思えないんだよな

自分はこのマイノリティ属性を持っている、だからいくら金を儲けようが社会的地位を占めようが「弱者なのだ、という

からヒラリーパフォーマンスには正直白けちゃったし、上野センセーの祝辞にしても勝ち逃げ確定のあんたが偉そうなこと抜かすなよという感想しかなかった

別にトランプがよかったわけでもないけど

2019-04-28

発達障害精神疾患サバイバー就活して思ったこ

就活が始まった。

かくいう私もスーツに身を包み、西へ東へ説明会に大忙し。

スーツに身を包むと安心する。巷では、やれ個性がないだの、集団心理がどうのだの、批判されているのもわかる。

しかし私はこの黒い装備に満足していた。自分が少し強くなったような…そしてしっかり社会に溶け込めているような

そんな感覚をくれるからだ。

ADHDアスペルガー発達障害。これらの用語人口膾炙して、はたして「理解」とやらが進んだかといえば、わからない。

「周りにいたらめんどくさい」「誰でもそういう面がある」「なんでも病気のせいにしたらよくない」

こういう声があるだけ良いのだろうか。誰にも知られないよりは。

ただ私は、痛いほど知っている。上記理由で、発達障害である自分社会に求められていないのだと。

ちょっと有能な発達障害者よりも、ちょっと無能でその代わりに理解権利求めない健常者の方が、大差なくてもましに見えてしまう。

から私はスーツに身を包む。私は社会で生きていけます、と、姿で示す。

けれど、就活が順調に始まったかのように思えたのは、就活解禁後の高揚感のせいで、それはすぐに気のせいだとわかった。

ESが書けない。やりたいことが思い浮かばない。

OB訪問や友人への相談では、ことごとく

「何がやりたいの?」

「何をしてる時がいちばん楽しいの?」

大学でしてきた中でいちばんがんばったことは?」

「譲れないこだわりは何?」

「逆にどんなことされたら許せないと思うの?」

と擬似カウンセリングのような問答の嵐。

私はそのどれにも即答できなかった。

その度にOBや友人はわかりやすいため息をついた。ショックだった。

就活というものの重さを知った。こんなにもピリピリしているなんて思わなかったのだ。

少しの逡巡も、どうやら通用しないらしい。それが実際の面接でなくとも、就活というフィールド上の相談ならば。

もっと自分のこと考えなよ。考えた方がいいよ。」

考えてないわけではないのに、そう言われると、全然考えてないようにも思えてきて、正直気が滅入ってくる。

OBにも友達にも

「私のことをここまで考えてくれてありがとう

と口ではいものの、納得できない。

この違和感を抱え続けて、ふと気づいた。

私のやりたいこと、ずっと望んできたこと、なりたい自分は一貫している。

それは

社会適応すること」

だった。

中学生の頃に、突然睡眠障害になった。特発性過眠症と診断され、居眠りを繰り返した。

不可抗力だと説明しても、教師苦笑いして首をかしげるだけ。

じゃあ代わりにテストでいい点をとって頑張ろう、起きているとき積極的に手をあげようと思っても、結局オールAにはならなかった。

私はどうやったら認められるんだろう、と思った。子供心に、拗ねていた。頑張ってたのに、と。

高校入学して、今度はパニック障害になった。

地獄のような日々を過ごした。「社会で生きていけない」と強く自覚した出来事だった。

同時に、「私はみんなにとってめんどくさい人間なんだ」と知った。

性格もひねくれていて、喋ろうにも黙り込むか口を滑らせるかのどちらか。

ここで、「病気のせいにするのは良くない」とも知った。

大学入学きっかけに、全てのストレスが爆発してついにうつ状態に。

過眠症パニック障害うつ。これらの治療を進めるうちに、行き着いた診断が発達障害だった。

そこからの私は必死だった。

社会適応したい。こんな自分でも居場所を見つけないと死んでしまう。

いやこのまま死んでしまおうかと思ったこともあったけれど、

とにかく必死で少しでも「まし」になろうとした。

副作用の強い薬を飲み、認知の歪みをカウンセリングで少しずつなおし、

部屋も片付けられるように工夫した。もちろんそれらはすぐにはうまくいかなかった。

そして、ようやくなんとか、「だいぶまし」になった。

パニックはほぼ起こらず、過眠症もどうしてかはわからないがましになった。

人とのコミュニケーションもだいぶできるようになり、足の踏み場がなかった部屋は、

それなりにものは多いものの、生活に困るほどではなくなった。

友達もできて、バイトも始めて、認められたりして。

それなりに楽しくなって、やっと社会の仲間入りができたと思った。

のしたいこと、楽しいと思う瞬間、それらは

ちゃんとやれてる」って実感できる瞬間を実現していくことに他ならなかった。

からその先が全然思いつかなかった。

「やりたいこと」

なんてないのだ。

ただいまの私にとっては、生きてるだけで精一杯なのだ

それに気づいたとき、久しぶりに暗い気持ちになった。

みんなは、手放しでやりたいことも考えられる。

楽しいとも思えるし、怒りも素直に表現できる。

私にはできない

自分が生きていくことで精一杯だから

みんなのように、夢を語れない。

なんかちょっとムカついてきた。あいつら、自分があって当たり前だと思ってるから

私にも夢を聞いてくるし、

私に夢がないと知るやいなやため息をつくのも、

まさかそんな人間がいるとも思わないんだろう。

で、「こいつは何も考えてない」と結論づける。

生きてるだけで精一杯の人間なんて想像もつかないんだろう。

もし、目の前の私がそういう主張をしても

「それは甘え」と言われるか、気の毒がられるのが関の山

「頑張れば報われる」なんて線形認識で生きてこれて本当によかったね。なんて毒づきたくなる。

いつ居眠りとパニックが起こるかわからいから、人に迷惑をかけたくないという思いで

楽しい機会は断ってきた。友達ディズニーランドに誘われても、行きたかったけど我慢した。

そんなこんなで浮いていた。いろんなことを恐れて、先回りして自粛する思春期だった。

ようやく最近症状が落ち着いて、友達海水浴遊園地ドライブ、もう本当に楽しかった。

でも、もっと楽しみたかった。病気が、障害がなければ、もっと楽しい人生だったのに。

正直そう思う。

でもそれを口にしたら「甘え」と言われる。だからしない。でも苦しい。


みんな、ゼロからスタートしてるけど、

私は、マイナスゼロに近づけていくことに必死で、

それが私の夢なのだ

でも、どれだけ前に進んだってゼロしかないんだろうか。

先日賛否両論を巻き起こした上野千鶴子氏の東大入学式の祝辞で、こんな一節があった。

「世の中には、がんばっても報われないひと、がんばろうにもがんばれないひと、がんばりすぎて心と体をこわしたひと...たちがいます。がんばる前から、「しょせんおまえなんか」「どうせわたしなんて」とがんばる意欲をくじかれるひとたちもいます。」

なんかこの言葉のやさしさにほんとうに泣けてしまった。

同時に、この祝辞が叩かれているのを見て、

「やっぱりしばらく健常者のフリは続けよう」

とも思った。

きっと私のこの葛藤は、社会にそぐわないんだろうと思った。

私は今日スーツを着る。

そして、用意した「夢」を語る。

これからはきちんと普通のふりをしたいから、

夢とやりたいこと、楽しいこととつらいこと、これらは即答できるようにしておこうと思った。

2019-04-26

東大生の母が上野千鶴子祝辞を読んで思ったこと。

我が子はいわゆる発達障害児だった。小さい頃から東大を目指してがんばってきたわけではない。周りの子供と同じように田舎公立中学校へ通ったし通塾などはしたことがない。本人が「自分と話が合う人が多そうだから」と希望したので高校私立へ進んだが、受験直前も夜10時には寝ていた。彼にとって、中学までの学校生活はつらいことも多かったと思う。けっこうトラブルもあった。高校では水を得た魚のようで、本当にほっとした。同級生我が家より裕福な家庭の子弟が多かったが、特に疎外感をもつほどではなかったようだ。

夫はサラリーマン、私はパート主婦で、東大へは「行かせてやれないことはないが余裕はない」レベル経済状況だ。本人が東大を志望し合格した時は、もちろんうれしかったが不安も大きかった。彼に一人暮らしができるレベル生活能力があるとは思えなかったし、十分なサポートをするだけの時間的経済的余裕が我々夫婦にはなかった。危惧したとおり様々なことがあった。今も、このまま無事社会にでて自立してくれればと祈るような気持ちだ。

実は、私自身も今なら発達障害者と言われていただろう人間だ。親や周りからぼこぼこにされながら生きてきた、という恨みのようなものも抱えている。反面、「出来が悪い普通の人」として生きてこられた自分は「恵まれている」という思いもある。我が子は、東大に入ったことで、かえって生きる道を狭めてしまったのではとすら考えることがある。

彼は「東大なら自分能力が生かせる」「自分と同じような人、もっとすごい人と出会える」という希望を抱いて東大入学したのではないだろうか。しかし、本当にそうだったのか。上野氏の祝辞は、彼に響いただろうか。東大にあの言葉が響く「恵まれた」学生が多いのなら、私は失望しかない。「恵まれた」とカッコ書きにするのは、彼らを恵まれていると思えないからだ。肥大化したエリート意識を持ち想像力が乏しく、東大合格によって自分の将来が約束されたと誇らしく思う人々、上野氏の祝辞言及された社会の諸問題や「恵まれない人」のことを今まで考えたこともなく、「初めて考えた、心に響いた」と思うほど無知で愚かな人々…彼らは本当に「恵まれている」のか?

いわゆる裕福な家庭で小さなから学力を高める教育を受けてきた子、そういう子に負けずに「エリート」へのパスポートを得ようとがんばってきた裕福ではない家庭の子東大にはその二者しかいないのか? いってみれば「東大くらいしか行き道がなかった」子は少数なのだろうか。学問の道ならば自分の生きるすべがあると希望を抱いて入学する人々は、この大学には数少ないのだろうか。

上野氏の祝辞は少なくとも私には響かなかった。全体に雑で学者なのか疑わしく思う。「自閉症マザコンのせい」といったとんでも発言で名を馳せた人らしいですね、と皮肉をいいたくなった。「弱くダメな人、他者からまれないとみなされがちな人」を社会にどう包摂していくか、そもそも「弱くてダメ」「恵まれない」とみなしていることに間違いはないのか、そこに価値がないのかを考えることが学者仕事では。

人選をした東大もどうかと思う。コミュ力が高くてはったりが効く外部の人間を人寄せパンダのように登用するのはやめて、大学でしっかりと研究をして実績を積んだ人々を縁故世間受けなどと関係なく登用していくほうが(されていないとはいっていない。実態を知らないので)、長い目で見れば大学価値を高めていくのではないだろうか。

2019-04-24

やはりどうあがいても人は「学歴」をみている

学歴コンプの話が盛り上がるのも東大の卒辞、祝辞話題になるのもみんな学歴意識してるからでしょ?

最近学歴で人を見ない自分偉いみたいな人もいるけどそれって自分が中卒だったらそんな余裕ぶってらんないでしょ?余裕ぶってるのはある程度社会で上の優遇にある人だけ。みんな学歴で人を見てるんだって

増田だってやはり出身大学がどこかによって人の見方が変わるところがあるよ。低学歴努力不精が原因な人はいるし、世間知らずと高学歴リンクする。そういう学歴戦争社会にいることは認めざるを得ないんだ。あークソクソ。

上野千鶴子暴言絶対に忘れない

「弱い男はギャルゲーでヌキながら、性犯罪を犯さずに、平和に滅びていってくれればいい」

上野氏が2006年に書いた著書の中で、実際に言い放った言葉である

こんな差別的なことを書いている人間が「フェミニズム弱者弱者のまま尊重される思想です」なんて祝辞で言っても。

はっきり言って、何の説得力も無い。

2019-04-23

anond:20190423142733

増田だが、君がそれが理系的(アスペとの混同だと思うが)と言われる所以だと思うよ。上の増田が言いたいのは、話の本論を汲まず関係のないところで議論を繰り広げる理系への反論であって、東大祝辞の内容ではない。

2019-04-21

anond:20190420102922

元増田です。

>それを「責めてる」と言うんだが。

増田さんの定義感受性ではそうなのですね。

私は単なる「指摘」と解します。ある社会構造の中である面で有利であることは、それ自体では罪ではないので。

いわゆるツイフェミには「男性であるだけで原罪!」みたいなことを言う人も多いですが、東大公式サイト掲載された上野祝辞文字起こしの中には、そういった言葉ありません。

有利な立場自覚してそれをより弱いものを引き上げるために活かしてほしいというのは、祝辞としてよくある範囲です。教員が新入生に対して、大学で身につけてほしいことを伝えているので。念のために申し添えると、恵まれ環境能力を〜〜は女子学生にも向けられています

======

もしかして増田さんは「差別」を、「ある個人が別の個人または集団を、わざと悪く扱うこと」のような意味で使っていらっしゃるのでしょうか。だとすると、上野の「差別」は社会構造を指しており、私もそれに従っているので、話がかみ合わないのは当然です。用語定義をすり合わせずに議論を進めて申し訳ありません。

社会構造としての「女性差別」については、程度や他の差別より優先して解消すべきかはともかく、あるのは確からしいと私は考えています

上野の主張が全て正しいがどうかは、統計恣意的で雑な扱いや論理の飛躍などが散々指摘されてきましたから、「証明されていない」のは増田さんのおっしゃる通りです。

からと言って、上野に他のフェミニストの意見を変えさせる責任があるとは、やはり私は考えません。上野の主張全てが事実無根ではないし、上野はすでに他のフェミニストと論争してきた(そして完全には説得は出来なかった)し、上野の主張は「男社会は不当に独占してきた政治経済社会上の地位を女に返せ」がメインであって「男が他の男を責めて自浄作用を発揮しろ」ではないので。もし上野が他の仕事に支障を来させることな表現規制を唱えるツイフェミ諌めるレスなどするならば、よりよいとは思います

増田さんが上野を責めることを止めもしません。ここは平行線になりそうですね。

======

個人の好みの問題を〜〜

そこは私も、それ自体差別ではないか賛同できなかった部分です。

私の質問の書き方も雑でした。「差別をする人/しない人」ではなくて「差別構造に乗って行動する人/しない人」と訂正します。

弱者弱者のままで尊重されるなんて不可能

上野氏の祝辞の中で、一番違和感を持った個所がここ。

弱者弱者のままで居続けることなんで可能なのだろうか。

その意味では自前で核武装して中国ロシア韓国アメリカと対等に渡り合おうとする北朝鮮姿勢共感できる。

日本だって北朝鮮を見習って核武装してもいいのではないか

北朝鮮場合は、核兵器資源を割き過ぎて、通常兵力経済犠牲になっているけど。

是非はともかく、フェミニズムは男社会攻撃する「戦うフェミニズム」「闘争路線しかないのではないか

社会から人間扱いされないブスの喪女は、経済力や権力を身につけて対抗するしか選択肢が無い。

それによって社会からの反感を買ってでも進める覚悟が無いのが今のフェミニズム

2019-04-20

anond:20190420193750

うんうん。フェミニスト無視する領域だね。こういう不利な点を挙げないのもフェミニズムが異常な点。

社会学ぜんたいを敵に回したくないって気持ちがあるのは、志願兵アメリカ永住権目的だって場合に関して取り扱えるのは社会学だって点とかがあるから

こういう、一見して「社会的弱者特別配慮をする」制度でも、現実的運用された結果としては、弱者個人不利益を敷いているケースがあるから

上野千鶴子東大祝辞に関しても、2019入学生にだけ配慮要求している形だから結果としては、ほかの代の東大生に対する単純な差別なんだよね。マスコミが大きく取り上げたから全体的に拡散したが…

anond:20190420182200

人間に向けられるフェミニズム」=>上野千鶴子東大祝辞2019や、個々人それぞれ男が女に配慮しなければならない、などなど。

人間以外に向けられるフェミニズム」=>普通選挙、均等法、あとはまあ、富裕層に対する累進課税とかかな。限度はあるけど。

anond:20190420111831

まあそれはおいといても、統計的に機会の不平等を指摘することは可能だが、何が機会でなにが結果かは恣意的区別にすぎないだろう

まさに恣意的に、結果の不平等を機会にすり替えてるのがフェミニストであろう?

さらに言えば結果として不平等存在すれば、形式上機会があっても挑戦する意欲をそがれることがある

これを差別と言うなら、巷でいうKKO差別オタク差別存在することになるな。端的に言って、本人の問題だろ。

上野祝辞でもマララ父親の話で出てきただろうに

まさにこれこそ、上野の醜い邪推のものではないか

あと差別構造というのは在日外国人への人種差別みたいにわかやすものばかりではないんだよ

社会的な前提が積み重なって差別構成するという側面があって、古い本だとボーヴォワールなども書いてる、興味があれば読んでね

ならばその「社会的側面」全ての因果関係証明するがいい。

それもせず、一方的に「差別」を生み出し男性断罪すること、これこそ差別ではないのか?

そもそも社会的差別自然科学根拠に基づいた論理的証明ってなんだ?

それこそ何を言っても聞く気がないととられかねんぞ

「何を言っても」じゃない。

自然科学根拠に基づいた論理的証明なら聞き入れると言っている。

出来ないなら、それは無理筋だと言うことだ。根拠なき男叩きに過ぎないと言うことだ。

anond:20190420110101

からですまんが

そもそも社会的差別自然科学根拠に基づいた論理的証明ってなんだ?

それこそ何を言っても聞く気がないととられかねんぞ

まあそれはおいといても、統計的に機会の不平等を指摘することは可能だが、何が機会でなにが結果かは恣意的区別にすぎないだろう

さらに言えば結果として不平等存在すれば、形式上機会があっても挑戦する意欲をそがれることがある

上野祝辞でもマララ父親の話で出てきただろうに

あと差別構造というのは在日外国人への人種差別みたいにわかやすものばかりではないんだよ

社会的な前提が積み重なって差別構成するという側面があって、古い本だとボーヴォワールなども書いてる、興味があれば読んでね

個人的には東大生が恵まれてると指摘されただけで被害者ヅラして一斉にお気持ち表明するのがムカつく

まれ環境にあることは自覚しろ

そのうえ何「祝辞で失礼なこといわれてかわいそう」みたいに被害者立場まで奪おうとしてるんだ?

理論を奪った」とかキレてるやつはこっちにも怒れよ

奪われそうになってるのは被害者立場だよ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん