「危機管理」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 危機管理とは

2018-09-10

悲劇のヒロイン気取りの被害者死ね

被害に遭うのが悪いのに加害者責任転嫁してんじゃねーよ。

俺みたいな悪人であり超優秀な加害者被害者にはならない。

被害者になる奴は能力が足りないない努力不足の屑だ。

女子高生コンクリート事件被害だって男を殴り倒せるスキルを身に着けていれば死なずに済んだ。

新幹線無差別殺人で死んだ奴だって危機管理能力や逃走力があれば死なずに済んだ。

震災被害に遭った奴だって震災予知して逃げればよかった。

被害者が被害者になるのは被害者が被害者にならないための努力を怠ったからだ。つまり自己責任

被害者になりたくないのなら加害者になれ。加害者になって奪い苦しめろ。今の社会はやったもん勝ちだ。

経済的強者になりさえすれば人格肯定される。

与沢翼がいい例だ。詐欺まがいのビジネスで数十億を稼ぎ、今じゃネット人気タレントになっている。

悲劇のヒロインではなく、加害のヒーロになろう。

2018-09-06

anond:20180906233357

ITのダークウェブ(笑)だけじゃなくて地球に対しても危機管理してたんやな

惜しい人を。。。

防災必要性を全く理解しない人種

関西で大きく被害を受けた台風21号、300万戸も停電し大きな影響が出ている北海道地震など、大きな災害が立て続けに起きている

少し体調を崩し、東京から実家に帰っているのだが、祖父母とテレビを見ていて、

「うちもこういうときのために、水とか食料を備蓄しておいたほうがいいね」と言ったら

祖父(84)が、全くこう言うことをする必要がないと主張し始めた。

主張をまとめると

地震ほとんど起きない地域富山)なので気にする必要がない

起きても近くの自衛隊がきてくれて、すぐ食料をくれるから大丈夫

自分だけは絶対大丈夫」という考えを持たないと日常を生きていけない

自分たちより危険な人がたくさんいるのに、自分災害に備える意味がわからない

備蓄をすると整備する手間が発生して、結局ダメになる

自分たちに関係のない災害情報テレビ放送するな

と言う感じ。さらに「反論している増田の考えはおかしい」「もっといろんな人の話を聞くべきだ」、などと諭し始めてくる。

普通なら、災害惨状を見て「怖いねぇ」「備えておかないと」と思うところを、完全に他人事だと捉え、自分災害が降りかかるものだと思っていない。

今までに地震被害を受けたことがなく、プライドが高い人はこのような考えに至るのかなぁと思い、途中から聞き流していた。

地震は起きない

隣の石川県新潟県はやられたが、富山岩盤は硬いのでめったに地震は起きない、と言う。

そもそも防災とは災害が起きたときのために備えるものであるのに、その前提を受け入れない。

すぐ自衛隊が助けにきてくれる

近くに駐屯地があるので、食料や水をくれるので大丈夫だと言う。

近くの自衛隊が数十万人分の食料を備蓄しているわけはないので、輸送するのに数日はかかるだろう。

なので数日分くらいの水食料を備蓄しておいたらどうだ、と言っても、川の水を飲むとか、古い缶詰を食べればいいと言う。

自分だけは絶対大丈夫」という考えを持たないと日常を生きていけない

これが一番タチが悪い。

何か災害事故があるかもしれないと、日頃から怯えていては毎日を生きていけない。なので、なにがあっても「自分だけは絶対大丈夫」という考えを持たないといけないらしい。

普通災害ではなく、隕石が衝突したり地軸がずれて地球ダメになることの方がよほど不安で、そういう天変地異まで気にしていたら馬鹿らしいので、何も気にしない、何があっても大丈夫思考を持っているらしい。とても極端。

からすると、震度6,7程度の地震は生きているうちに起きる確率はそこそこあり、そういった状況程度は備えておいた方がいい、という意見

また「自分だけは大丈夫」という思想は、普段から危機管理に大きく影響を及ぼすのでやめていただきたいのだが、話を聞いてくれない。

自分たちより危険な人がたくさんいるのに、自分災害に備える意味がわからない

例えば山沿いに住んでいて、土砂災害リスクが高い人、地震が起きやす土地に住んでいる人など、そうした災害リスクが高い人は全て防災対策をしているのか、と言われればしていないだろう。なのに自分防災対策をする必要がない、という主張。

防災意識は人それぞれだが、人と比較する意味がわからない

備蓄をすると整備する手間が発生して、結局ダメになる

これはまあ分かる。

だが、公共機関備蓄してはそれを整備せず、毎回ダメにしている、との謎の主張を始めて困った。

備蓄は手間がかかるのは仕方のないことだが、万が一のことを考えたら必要な手間だと俺は思う。

自分たちに関係のない災害情報テレビ放送するな

北海道地震で、どこどこの家が潰れた、山が崩れたなど、局所的な情報全国放送で言うな、という主張。

全ての局所的な災害情報放送できるわけでもないし、家族の安否も放送では分からない。とすると、北海道関係ない人もある人にとっても価値のある情報ではない、とのこと。

俺的には、北海道家族友達がいる人にとって、どの程度心配すべき被害の大きさなのかを知らせるために、分かりやす被害の状況を伝えることに意義があると思う。

だが自分関係のない災害に興味がない人にとっては、放送するな!!と思ってしまうのだろう。

これは完全に俺の祖父という個別の事例なのだが、防災意識が低い人というのはこのような思考を持っているのかなぁと思った。

長生きしてもらいたいので考え方を直してもらいたいが、喧嘩になるのでとりあえず増田に書いておいた

風物詩

2018-09-01

anond:20180901180635

LINEIDを、気に入った年上の人に配るという、危険まりないことを平気でバイト先の飲食店でやってるJKってまともなんだろうか。

それとも逆ナン用のLINE捨てアドなんだろうか。

すっごく危なっかしいし(増田さんが真面目ないい人みたいだから良かったけど。もし自分JK時代にそんなことしてる友達いたら

変な人に目を付けられかねないし、危機管理できないっていうか、怖いもの知らず過ぎる。忠告はするけど、向こう見ずすぎる。ゆっくり離れると思う。)

JK男子高校生と付き合うのは、まだ判る。なんでって、制服着てるし、相手の評判も判る。周囲にもばれるでしょうけど、相手情報も入りやすい。

まだ健全な印象がある。話題も同年代で出来るし勉強だって一緒に出来そう。

増田さんて若く見えてもイケメンでも、JKにとっては、どこのどんな人かわからない大人の男。彼女いるかもしれない、結婚してるかも。

悪い大人かも知れない。

まり知らない何の情報もない人に、LINEID女子高校生から渡すって、すごく怖いこと。大胆過ぎる。

増田さんがいい人でちゃんとしてそうだからいいけど、見かけどんなに良くても、悪い人間だっているでしょ。

躾けられてないんだろうな。無防備で、大人を甘く見てそう。

「何かあってからでは泣いても遅いんだぞ、怖い目にあってから、なんで注意してくれなかったの!では済まないぞ」(よく父が言ってた)

女性としての自覚スカスカJK自分個人情報も渡せる(LINEIDであっても)増田さんて度胸あると思う。

こういう人って、どんな知り合いがいるか判ったもんじゃないよ。かっこよければLINEID書いた紙渡しまくってるんじゃないの。

2018-07-29

anond:20180728154743

その昔だな、佐賀県庁ではテポドン発射されているときに、危機管理関係職員豆乳しゃぶしゃぶを食っていてだな、げふんげふん

2018-07-28

anond:20180728123724

ベンチャーは、出産退職や寿退職した優秀な女性を(安めに)雇用できるので狙っているらしいよ。

IPOして大化けするかも、人生なにが福となるかなあ。

大企業に勤めたことないけど、もう成長しきった会社は、組織調整や危機管理顧客囲い込みの世渡り以外の能力なんてむしろ邪魔なんじゃないかな?

2018-07-23

anond:20180723102843

男に裸を見られたくないなら銭湯に行くたびにフロアの全員の性別確認してから利用するのが徹底された自己防衛であり危機管理でしょ。ちゃん自衛しなよ。

どう考えてもおかしい。

anond:20180722181142

なんの話だ?ちゃんと読んでる?関係ない話ぶら下げんなよ。

ゲイに裸を見られたくないなら銭湯に行くたびにフロアの全員のセクシャリティ確認してから利用するのが徹底された自己防衛であり危機管理でしょ。ちゃん自衛しなよ。

周りにいる男性が必ずノンケだと思い込んでるのがもはや正常性バイアスだって話。

俺の知り合いのゲイ友達カムアしててかつこっちは気にしないつっても恥ずかしいから顔見知りの同性とは一緒にお風呂はいれないって言ってシャワー使ってたけど。もちろんそれも自己防衛だし。

2018-07-22

anond:20180721122354

この件に関しては自意識過剰云々問題ではなく今まで勝手に当該人物自分と同じセクシャリティだと思いこんで平気で過ごしていたノーテンキノ危機管理人物が当該人物リビドーを知ったとたん突然手のひら返しして無理!これは自己防衛危機管理!!つってよってたかって当該人物気持ち悪いモノ、敵認識してボコり始めるからそりゃ当該人物かわいそうだよとなるって話。

同性愛者の混浴嫌悪感を示すのは当然の自己防衛危機管理だと主張するならその管理自体そもそも杜撰すぎ。

anond:20180721235013

実際公園トイレ銭湯でそんな行為してるホモ現実にいるんだから危機管理的にもそういう連想するだろ

その発想を批判する前に迷惑行為起こすホモ批判しろ

2018-07-21

anond:20180721093221

授業中の給水とか、禁止することがダメなんじゃなくて一律禁止ダメ

気温が上がっていくどこかのタイミング集中力低下リスク虫歯リスクよりも脱水症リスクの方が高くなるときがあるはずで、危機管理観点でそこを見極めようとしていないのがダメ

一律禁止は、虫歯にならないためなら死んでもいい、という本末転倒なのでダメ

2018-07-14

災害いか政局に利用するか

菅 直人 (Naoto Kan) @NaotoKan

https://twitter.com/NaotoKan/status/1017963360107692032

豪雨災害での安倍総理の初動が問題視されています安倍総理3・11東日本大震災とそれに伴う福島原発事故の時も、超党派対処するという姿勢は取らず、いか政局に利用するかを考えてウソ情報を流し続けました。「赤坂自民党亭」では危機管理よりも総裁選対策を優先したことがよく表れています

災害いか政局に利用しようかと今まさに菅直人という方が考えていらっしゃるみたいで問題ですよね

2018-07-07

anond:20180707203537

自称社会危機管理者という人の顔を思い浮かべた。

ブログを消して遁走したんだっけ。

2018-07-05

anond:20180705161530

日本人の中にもイスラム国に感化された人がいないとは断定できない。秋葉原無差別殺人のように、自殺願望を持つ若者テロに走る危険性は捨てきれません。ましてや日本セキュリティ体制脆弱です。海外では空港入管に銃の携行者がいるのは当然だし、外国人には新幹線荷物検査がないなんて信じられないでしょう。観光施設テロ対策もスキだらけで、国を挙げて“さあ、やってくれ”と言わんばかりの惨状です」(青森中央学院大教授大泉光一氏=危機管理論)

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/156900/2

2018-07-01

年配者よ、お願いだから

国よ、警察よ、高齢者から免許証没収してください。そして二度と運転させないでください。

そして年配者は、もう運転をするのを引退してください。

あなた方は三途の川を渡る一歩手前かもしれませんし、どうなろうと関係ないのかもしれないのでしょうが

くだらない不注意という言い訳で、若者の命を危険晒すのは止めてほしい。

「今どきの若者は~」なんて言っているあなた方ですが、若者からすれば「今の爺婆は~」なんですよ。

アクセルブレーキを踏み間違えなんて初歩ミスをするようならば、それはもう免許を返納する時期が来ているんです。

それを認め、潔く返納してください。あなた方は、様々な面で危険すぎる。

振り込め詐欺もそうです。自分の身内の声も忘れましたかお金の引き渡しに他人が受け取りにくるっておかしいと感じませんか?

何度も振込作業を行うような指示をする人間に疑問を感じないのですか?

それらも含めて、あなた方は危機管理がなっていない。

自分がどんなに無防備で注意力散漫な生き物かを理解していない。

そのくらい危険年代である客観的に考えてほしい。

何も知らない子供は親や教師が伝えれば、理解して経験にしていきます

しかし、あなた方はそこをクリアした存在で且つ自らの経験こそ正しいと思い込んでしまって、他人の注意など耳を貸さない生き物だ。

いうなれば、子供よりも手間がかかる。

そのような状況なのだから分かりますよね、子供に本物の車を与える以上に危険なんです。

から、もういい加減に他の誰かを傷つけないよう免許を返納してください。

あぁ、俺は客先常駐派遣社員だった

今年で某所に客先常駐して5年になる。

先日の大阪地震現場に常駐してる某SIer責任者と常駐先企業責任者との間では改めて危機管理が見直された。

まずは避難用具と備蓄なのだ派遣先の物が使えないと言う事がわかった。

常駐先企業説明では「これはうちの社員と周辺住人のための物、そちらは自分たちで用意してくれ」

SIer説明では「客先の避難用具と備蓄は一切使えないことが説明された、うちはうちで用意するから派遣派遣で用意してくれ」

派遣元の会社説明では「うちで用意する事はない現場社員交渉してダメなら自分で用意しろ


かれこれ5年某SIer社員に混じって会議に出席したりトラブル釈明の場に出されたり当初の派遣目的であった「サーバー監視」だけでなく

他社の派遣社員管理電話対応・駆けつけ対応メール対応・受付対応ユーザーサポート新人教育マニュアル作成在庫管理と多くの業務を行ってきた

何となく自分は某SIer社員勘違いする事もあった(名乗りは全て某SIerの社名と派遣初日に言われたから)、それなりに常駐先の客から

頼られて、常駐先の客から要望で常駐先の客専用の業務マニュアル業務時間外に作る事もあったし感謝されることもあった。


努力して認められたと思ったのだが・・・・・大阪地震真実を教えてくれた。


あぁ、俺は客先常駐派遣社員だった誰にも守られず何かがあったら真っ先に切り捨てられる奴隷だったんだ。

大阪地震真実を教えてくれた、自分が何であるかを・・・・そして何をするべきかと。


ありがとう

anond:20180701140759

金の話するならたぶん、経済が回るとかそういう話で

危機管理ってんならあんまり酷いと革命やら一揆やらが起こるからってなるんだろうけど

根本的には、理屈じゃないんじゃねーかな

2018-06-28

今日保育園行事子どもが素性のわからない高齢者交流に行かされている。

保育時間内に地域高齢者交流します!と言われたら身元のわかっている団体のとの交流だと思うでしょ。老人ホームとかさ。

違うんだってさ。責任を負う立場がまったく不明地域ボランティアとやらが掻き集めた70歳以上であれば誰でもウェルカムの素性不明の老人達と老人側の監督者不在の状態で触れ合わされるんだってさ。

子どもと触れ合いたい…」って望んでやってくるわけで、怖い、怖すぎる。てめーらにベタベタ触らせるために保育園行かせてんじゃねーよ。

危機管理安全対策ちゃんとやってる上での交流ならウェルカムだよ、地域とか福祉名目があるだけで事実上何も無いに等しいじゃん。

地域とか福祉とか高齢者とか言っとけばそれは正しいこと!みたいの本当になんとかしてくれ…

2018-06-26

Hagex-day.Infoが「故人サイト」になってしまたことを受け入れられない

「故人サイト」という本がある。

 慣れ親しんだブログサイトが突然更新されなくなっても、多くの場合理由など分からないが、その本に出てくるサイトは、タイトル通り、管理人の死去によって「故人サイト」になったものばかりである

 例えば主が病没した場合家族などがその旨を報告すれば、読者は悲しいけれどブログ主との別れを受容することになる。

 刑事事件や不慮の事故海外旅行先の病気などで命を落とされても、報道された人物と、ブログに綴られた情報とのシンクロに誰かが気づくことによって、多くの読者がブログ終焉理由を知るに至るケースもある。

 まさか、私が最も長い期間読んでいたブログが、これ以上ない衝撃的な形で、NHKトップニュースになるような(6/26朝)経緯で、「故人サイト」の仲間入りをしてしまうなんて。


 6月25日朝7時、いつものように「Hagex-day.Info」をチェック。更新されていない。予約投稿であろう「本日一曲」もない。

 いつだったか、数日単位更新がなかったときは、「Hagex心配する人の声まとめ」みたいなのもできる位マメに、精力的に更新されていたブログなのだが、朝イチでは更新されていないことは時にあるので、この時点ではいもの朝だった。

 25日の朝9時前、Twitterトレンドに「hagex」を発見し、「へ~、何で?」と見に行ってみたら、とても信じられない、悪夢のような文字が。字は読める、意味は分かるのだが頭が理解しなかった。

 確かに地元福岡で24日夜に勉強会をする旨を彼は告知していたが、まさか

 Twitterで「この被害者Hagexさんでは」という書き込みを読み進め、「福岡セミナー講師が刺された」「講師とはHagexさんだったらしい」ということは飲み込めたが、「刺殺」ってなんだ。もう生きてないのか、死んじゃったのか。

 どうしても飲み込めなかった。とてもじゃないが咀嚼できる情報じゃなかった。

 刺された人がいたとしても、「人違いでした」というオチ絶対にあると思っていた(”ロング・グッドバイ”みたいに、仕組まれ替え玉じゃないか…と。代わりに死ぬ人がいなければ成立しない、酷い願望なのに本気で考えた)。

 タブレットに表示されたHagexさんのお顔、お名前、知りたくなかった。知る必要なんてなかった。Hagexさんが自ら開示されるならともかく、いったい誰が、こんな形で彼の素顔を知りたいと考えるだろうか。

 25日は他の事が手につかなかった。たまたま仕事を休んでいたのは幸いだった。26日の朝も、目覚めてすぐに「あれは夢だったのでは?」と思った。

 

 夢ではなかった。


 Hagexさんのブログは04年4月から始まったらしい。

 私が読み始めたのはいつ頃だっけ?と、記憶に残る最も古い記事検索してみたら05年のこれ。

  http://hagex.hatenadiary.jp/entry/20050813/p1

 この少し前から読み始めていると思うので、約14年間の「Hagex-day.Info」の歴史のうち、約13年間、ほぼ毎日読み続けていたことになる。

 きっかけは発言小町だったと思う。

 その頃よく発言小町を読んでいたのだけど、Hagexさんやトピシュさんの言うところの「もやもや」を抱くことが多い。

 「いや、これ創作でしょ」「これ、トピ主が変でしょ」等々、突っ込みを入れて楽しみたかった私が見つけたのが「Hagex-day.Info」だったのだ。

 その他、発言小町まとめサイト複数あったのだけど、小町運営会社から抗議があったらしく、ある時期に全てなくなってしまった。

 Hagexさんも、「小町運営会社からはてな削除依頼があったが、削除依頼があってもきちんとユーザーサイドの意見を聞いてくれるのは大変嬉しかった。」と仰っていた。

 その後、ブログ批判したサイト運営会社から名誉毀損信用毀損」を理由削除要請があった際も、即削除することなく、ユーザー意見を聞いてくれたはてなに対し、「ユーザーに対して誠実な対応をしてくれた、はてな感謝!」と綴られている。

 それらを読んでいたので、私も「はてな」には良い印象を持っていた。


 Hagexさんのブログ、ごく初期は普通日記、その後は発言小町から抜粋発言小町から転載が禁じられて以降は2ちゃんねるからコピペが多くの割合を占める。

 事件で初めてHagexさんのブログを訪れた人は、「ただのまとめサイト管理人じゃん。何を騒ぐことがあるのか」と思ったりするのだろうか。

 そういう方(はてなにそんな人はいいか…)は、是非右側の「人気記事」に並ぶエントリークリックしてほしい。特にFacebookバカばかり」とか。

 私は、2ちゃんから転載別に嫌いじゃないし、読み物として読んでいた。面白いと思ったものブックマークもした。

 しばらくの間は、「Hagexさんは、時折投入する渾身のエントリーをより多くの人に読んでもらうために、せっせとまとめサイト的な投稿をしてるのだろう」と思っていたのだけど、「三度の飯よりインターネットが大好き」な彼は、まとめ的投稿結構楽しんでいるのだろう、と考えるようになった。

 でも、Hagexさんの真骨頂は、やはり時折アップされる舌鋒鋭いネット批評

 Hagexさんのお蔭で、仕事子育てに追われる私も、「デマは怖い。デマは、面倒でも火消ししなければすぐに広がってしまう」とか、「これ、掘って行ったらココと繋がるのか。やばいよね」等、ネットと、それに連なる世間の怖さを垣間見ることができた気がする。

 あるいは、TwitterRTされてきて、「何これ、こんな安い話によく食いつくよね」と鼻白む思いで見たサイトが、Hagexさんによってコテンパンに貶されているのを読んでスッキリしたり。

 「“落としどころ”なんて言葉はオレの辞書にはない」と言わんばかりの、どこまでもしつこく、容赦ない筆致に、「これ、食いつかれたら大変だわ…」と嘆息することもしばしばだった。

 一方、Hagexさんの映画音楽評は実にユーモラスで、「観て(聴いて)みようかな」と思わせるものだった。Hagexさんのエントリーが切っ掛けで観た映画は少なくない。

 その中でも最も素晴らしく、紹介してくれたHagexさんに感謝しているのは「ザ・フォール 落下の王国である

 ハゲ子の社畜ぶりを自嘲するエントリー最近飼い始めた「猫先生」を含む、Hagexさんの身辺雑記も楽しかった。

 そういえば、「古本屋さんで買った本にかなり昔の写真が入っていた。アップしたら持ち主が見つかるかな?」というエントリー写真とともにアップされていたこともあった。「写真、アップしちゃって大丈夫?」と思う一方、「Hagexさんロマンチストなのかな」と微笑ましく感じたエピソードだった。


 Hagexさんは福岡出身で、貶しながらもこよなく故郷博多弁を愛していること、タバコが大嫌いなこと、小児を性の対象にする行為断じてさないこと(当たり前の事ではあるけど、これに関しては殊に強いHagexさんの意思を感じた。)など、ブログを通じてHagexさんの人となりが、断片的にだけど見えてきたような気もしていた。



 そんなHagexさんが、故郷で開催する初めての勉強会、その終了直後に問答無用で殺されてしまうなんて。

 あれほどネット上の戦いに精通し、危機管理に自信を持っていたように見えた彼が、理不尽暴力の前にはあまりにも無力だった(というか、誰だって無力だ)。

 Hagexさんは、容疑者とされる人物が、自分と同郷だということを知っていたのだろうか。


 酷すぎて、酷すぎて。

 使い古された言葉だけど、これまでの人生で使う機会もなかった言葉だけど、「神も仏もないものか」という叫びが、私の中で暴れ続けている。

 心中で叫ぶだけでは、やりきれなくて辛いので、心の赴くままにだらだらと綴ったのがこのエントリーです。

 東京で行われた一回目の勉強会結構本気で行きたかったのだが、幼い子を持つ身なので諦めていた。「これから勉強会を定例化するのであれば、いつか行く機会もあるだろう」と思っていたが、その機会はもう訪れない。私はHagexさんに会えない。

 「落下の王国、素晴らしくてソフトも買っちゃいました!」と、なぜコメントを入れなかったのか。

 明日明後日も、ずっと続くはずの日常は、いとも簡単に、あっけなく断ち切られるものでもある。その理不尽さに、恥ずかしながらこの歳になって初めて接した気がする。

 十数年の間、ブログへのアクセスが毎朝の日課だったので、今朝もつアクセスしてしまった。「注目記事」のトップにある記事タイトルにまた悲しい気持ちになる。

 「お前は一体彼の何だからこんなに湿っぽい記事をアップするのだ」と問われれば、「スミマセン、コメントも1~2度つけただけの一読者です」としか言えないのだけど、「それなのに、どうしてこんなに辛いのかな、悲しいのかな。」と自問自答しながら、べそべそと泣きながら、Hagexさんにこの駄文を捧げます


 日常どころか人生を、あっという間に断ち切られてしまったHagexさんはどれほど無念だろう。「安らかに」なんて白々しく言える心境じゃない…と思いつつも、それでもHagexさんの眠りが安らかであることを祈らずにはいられない。

「長い間、本当にありがとうございました。どうか安らかにお眠りください」

世界で一番しょうもない死に様

ネットセキュリティ専門家とか言ってご飯食べてる奴が

人を殺して刑務所に入ったってノーダメージと言い切る不特定多数キチガイがうじゃうじゃいるネット上で顔出しして挑発を繰り返して炎上商法かい

危機管理意識カケラもないことをしていたら

頭のおかし基地外に目をつけられて刺されて死にましたとか

これで41歳のいい歳したおっさんと言うのだから

恐らく今世界で最もしょうもない死に方した人間だと思う

どうして狙われたのはHagexだったのか

低能先生とは多くのユーザーからんでいたが、どうして狙われたのはHagexだったのか。

昨日から色々と記事コメントを読んでいて、こういう流れなのかな、と思った点をまとめる。

低能先生は元々Hagexを嫌っていた

Hagexはあちゅうイケハヤ炎上記事コメントをすると、低能先生からIDコール罵倒されることが多かった、というコメントをいくつか見かけた。

となると、低能先生Hagex炎上ウォッチャー、および煽り行為を嫌っていたということになる。

その心情はわからないでもない。

Hagexのあの手の記事は、個人的にも行きすぎではないかと感じるところがあった。

そのため、やがて低能先生Hagex自身に対しても直接、大量の悪罵を投げつけ、通報されるに至った。

Hagex低能先生記事にして、通報されると即BANされることを明らかに

Hagexはその件をブログ記事したことによって、低能先生から強く憎まれるようになった可能性が高い。

参考:低能先生に対するはてな対応が迅速でビックリ

http://hagex.hatenadiary.jp/entry/2018/05/02/112825

Hagex記事の中で、通報すれば低能先生とおぼしきアカウントは即座にBANされることを明らかにした。

もともと低能先生に対する通報は盛んに行われており、はてな運営存在認識していた。

Hagex記事によって「通報すれば即BAN」という情報はてなユーザーの間に広まり通報回数とBAN速度がさらに上がり、低能先生はてなから排除されつつあった。

参考:なぜ殺意を向けられたのがHagexなのかを説明する

https://anond.hatelabo.jp/20180625215452

低能先生Hagexへの憎しみを募らせる

引きこもり低能先生にとって、はてなは外部との唯一の接点であったらしく、作るアカウントがかたっぱしから消されていくことに、かなりのストレスを感じていたようだ。

彼の主観では、居場所がなくなる、という危機に遭遇していたのだろう。

これによって引きこもり日常によってたまるストレスを発散させることができなくなり、その「元凶」となったHagexに対する憎しみを募らせていった。

実態自業自得なのだけれど、彼からするとそういう認識になる。

低能先生はこれを「ネットリンチ」と呼んだ。

からすれば、自分アクセスしたいはてなから集団的排除されるのは、ネットリンチと呼ぶにふさわしい状況だったのだろう。

彼が多数のユーザー悪罵を送りまくっていたのがそもそもの原因であり、客観的に見ると正しくないが。

新幹線事件増田での煽り

そして、6月9日には新幹線殺人事件が発生し、10日頃には、増田低能先生犯人ではないかと取りざたされ、やがて「ネット弁慶」だと煽られる事態が発生する。

犯行声明らしき増田で「おいネット弁慶卒業してきたぞ」と発言しているのは、これが原因のようだ。

参考:そもそもなんでこんなに低能先生殺人事件起こした扱いされてんの

https://anond.hatelabo.jp/20180610125250

犯行声明魚拓

http://archive.is/AFT0C#selection-155.0-163.5

この時のやり取りの文脈は、低能先生情報開示請求をされて追い詰められていたが、だったら自分相手情報開示請求をして表に出てくればいいんじゃないか、という煽りで、殺人教唆したわけではないようだ。

増田は流れが追いにくく、このあたりは正確に理解しきれていないかもしれない)

参考:低能先生と散々絡んできた身として違和感しかない

https://anond.hatelabo.jp/20180625033955

しか低能先生は「表に出る=はてなの誰かを殺す」と考えてしまったらしい。

どうしてそう飛躍してしまったのかはわからないが、新幹線殺人事件に影響を受けたのかもしれない。

それが原因で煽られたのだから、だったら自分もやってやり、ネット弁慶ではないと証明してやろう、と考えたのかもしれない。

狂気じみた発想だし、このあたりは想像することしかできない。

Hagex福岡セミナーを開催する

それからさほど間を置かない6月24日に、低能先生が在住する福岡で、彼がかねてより憎んでいたはてなユーザーのうちのひとりであるHagexセミナーを開催することになる。

タイミング場所が最悪だったと言えるだろう。

東京京都で開催していたら、事件は起きなかったと思われる。

会場は不特定多数人間が出入りすることから引きこもりで、外に出ると不審人物だとみられやす状態にあると思われる低能先生でも、容易に入り込むことが可能だった。

参考:Hagexさんが狙われたのかのはなぜか

http://kutabirehateko.hateblo.jp/entry/2018/06/25/112302

このあたりについて、Hagex危機管理意識の不足を指摘する声もある。

参考:hagexさんの痛ましい事件について

http://delete-all.hatenablog.com/entry/2018/06/25/181500

ともあれ、それを知った低能先生Hagexを襲撃することを決意し、実行に移してしまった。

そして逃走後、最後犯行声明増田に残して警察に出頭した。

はてなユーザーに対し、目に物を見せてやったぞ、と宣言たかったのだろう。

逃走したのは、増田に書き込む時間を得るためだったのかもしれない。

「俺を知る全ネットユーザー」に対する仕返し

犯行声明の中で彼は「Hagex」という名前を一度も出していない。

『俺を「低能先生です」の一言ゲラゲラ笑いながら通報封殺してきたお前らへの返答だ 

「予想通りの展開だ」そう言うのが、俺を知る全ネットユーザー責任からな?』

と書いている。

このあたりの発言を見るに、低能先生が真に憎んでいたのはHagex個人ではなく、自分排除しにかかったはてなユーザー全体だったのだろう。

からこの事件は多くのはてなユーザーに大きな衝撃を与えた。

そして何人かのユーザーが「狙われていたのは自分だったのかも」といったコメントをしていた。

実際の所、同じタイミング福岡イベントを開催していたら、そのユーザーが狙われていた可能性は高かっただろう。

Hagexは、低能先生からんはてなユーザー代表として狙われ、殺されたのではないだろうか。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん