「産業構造」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 産業構造とは

2019-07-16

消費増税いらないというより、産業構造に合わせた公共投資こそ国民を上向かせる

経済学者いくら言ってもわからないというか、言うからからないのか。

https://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000159599.html


金をむしり取って、金を生み出す方法提供しなければ疲弊していくばかりなのは当たり前。

公共投資っていうと批判する人らがでてくるけど、

発展させたい産業に対して公共投資すればその産業が大きくなるんだからやるべきことなんだよ。公共投資ってのは。

土建屋ばかり儲かるみたいな公共投資しかないのがおかしいのであってITAIや大きくしたい産業公共投資すればいい。

消費税は、国民農奴とした現代年貢なんだよな。

2019-07-10

anond:20190710170706

産業革命によって産業構造が一変したように、

資本主義革命が起こるまで今のまま続くでしょう。

ごく一部の資本家に富が集中し、労働者は限りなく貧困化する。

労働者がそれに耐え続けられる間はそのままだけど、いずれは、労働者が団結して資本家を殺して回ることになる。

資本家が独占していた富は平等に分配されて、

新しい社会秩序誕生する。

それをナニ主義と言うべきかはまだ分からないけれど、既存共産主義社会主義とは異なるカタチになると思う。

2019-06-08

anond:20190608054659

格差問題ではないよ。

格差のない社会格差のない国も存在しない。それは幻想しかない。

真の問題は、格差下の人々が、満足な暮らしをできるかだ。

から小さな政府大きな政府かは関係がない。

そして、格差下の人々が、満足な暮らしをできるためには、

十分な経済存在して、働き口が十分にあり、消費税がなくても国が安定した税収を得られて、社会福祉に金を使える事。

そのためには、産業が発展しなければいけないし、経済成長が必要だよ。

日本は、小さな政府経済発展というバカ思想で、小さな政府っぽいことをしたけど

経済発展のためには、小さな政府必要条件ではあっても、十分条件ではない。

経済成長をさせられる産業構造を作り出すことこそが真に格差下の人々を救う方法だよ。

2019-06-05

もうソフトウェアソフト開発者以外の効率を上げないのか

ソフトウェア開発者としては、自分普段から触っているものなので、もう少し良くなればというところから改善点がわかる。

また現時点では資金アメリカソフト企業に集まっていることから投資による改善効果恩恵を受けることが出来る。


ちょっと分野が違ったら、ソフト恩恵を受けにくくなったように感じる。

統計ですら最近機械学習流行りがなければ受けにくかった。


だったらソフト以外の業界お金を出して開発すればいい、という指摘はもっとなのだが、既に産業構造が変わったあとでお金がない。

お金をかき集めてきたとしても、分野が違って要件定義出来ずに失敗する。


効率を上げるとなったら、逐次人を監視して、少ない労働時間をかき集めて投入するかの競争になった。

スマフォSlackの通知を投げようが人の方が処理できない。


もう一つはセキュリティで、出来ないことが増えた。


OSレベル効率上がらないだろうか

2019-05-27

anond:20190527111213

儲かってる会社会社員するか、儲かってない会社会社員するか。

後者で頑張っても給料絶対に上がらない。

この事態は、儲かってない会社から会社員がいなくなって会社が潰れるという結末が待ってるんだよ。

まり稼げない男性価値創造をしないから淘汰されるということ。

稼げないけど高収入女性のお世話係を徹底できるなら、それは価値創造になる。

でも低所得男性にはケアスキルもない(笑)活用方法なし(笑)

しかも女の年齢や容姿に注文をつけて、自分好みのセックスを女に要求する(笑)

稼げないくせにお客様精神(笑)

 

また、女性賃金が上がったのは女性の権利運動をしたからではなく、

肉体労働機械化・効率化されて、そこまで筋力を必要としないホワイトカラーサービス業割合が増えたから。

サービス業に至っては女性のほうが需要が高い。

フェミニズムではなく産業構造の変化により女性賃金が上がって女性社会参画が求められるようになっているから、

女性需要が下がって男性需要が上がるような産業構造の変化がない限り、今の流れは止まらない。

フェミニズムのない時代養蚕がさかんで儲かっていた時代は、養蚕しているエリアカカア天下だった。女が稼いでいたから。

軍国主義兵隊地位が上がったり、炭鉱労働のある時代は、肉体の頑強さが収入に繋がるから男が優位。

炭鉱があった地域は、炭鉱が閉鎖されてもいまだに男が女を殴る家庭が多かったりする。

世の中、金!

2019-05-23

anond:20190522203922

そのへんの男が没落した理由は、明らかに産業構造が変わったからだよ。

かつて冴えないサラリーマンが一週間かけてやってた書類の整理はスプレッドシートボタン一発で済むようになった。

10人の作業員の奮ってたツルハシは巨大な重機になりオペレーターは1人。

高度成長期に作られたサラリーマンものでも見ていただければすぐわかる。

あのころ無数にいたサラリーマンほとんどは椅子がなくなった。そして、その椅子女性は座っていない。

一方、あのころ女性がやってた仕事は、お茶出しに秘書業、それから受付嬢に窓口での接遇とクレーム処理だね。

それらの仕事はなくならず、未だに女性がやっている。(一部ロボットとかペットボトル代替されたけど)

から女性就業率は見かけ上上がってる。

2019-05-13

anond:20190513154143

栄養とれればクロレラだの培養肉だけでもいきていけるよ

ここの長期的エビデンスがないって言ってんのよ

個人単位でもそうだし、産業構造が大きく変化する以上は社会的影響考慮しないといけない。

漁業とか畜産業が根こそぎなくなるんだぞ?

2019-04-21

anond:20190421202419

経済100%とは言っていないが、フェミニズムが主で経済が従とはさすがに思えないなあ

くり返しますが、仮にフェミニズム思想けがあっても、昭和20年代の産業構造経済水準じゃ少子化にはなり得ないと思います

anond:20190421211010

から、そういう近代以前のフェミ人口比では圧倒的少数で

それは世の中全体の経済的豊かさが追いついてなかったからと言いたいわけで

平安時代GDP産業構造では、皆が皆、紫式部清少納言にはなれなかったわけで

anond:20190421181421

事実やん。否定できる要素は?

貴殿は世の「結婚しない子供産まない女性」全員に

たとえば上野千鶴子を愛読していたり

フェミニズム共感しているかいたことありますか?

世の「結婚しない子供産まない女性」の圧倒的大多数は高学歴ではなく

フェミニズム? 何それ?」としか思ってませんよ

少子化非婚化は産業構造の変化が最大の要因です

第三次産業中心社会になるのと反比例して出生率は低下してきました

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/5240.html

http://osan-kojo.com/osan/image/osannodata02_01.gif

昔は農家個人商店なんかの「家業」だったか

単純に「働き手」として子供が多く必要だったし、職住一帯で育児仕事が両立できた

ところが社会高学歴化が進んでサラリーマン世帯が大多数になると

その必要はなくなり、高学歴化のため子供教育コストが高騰して一人っ子が増えた

これ、左翼フェミズムと一切関係なく、先進国も今の途上国もみんな通ってきた道

特殊合計出生率過去最低の1.57を記録した1989年なんかバブル経済絶頂

で、この第三次産業中心社会化を推し進めたのは、自民党政権下の高度経済成長

この間、左翼フェミニズム本を愛読したゆえに結婚しない子供を産まないという

選択をした女性なんて、大卒女性のなかで多めに見積もっても5%もいませんよ

女性人口で大多数の高卒未満が本気で左翼フェミニズムの本を愛読するとでも)

試しに渋谷原宿路上で、「結婚相手は最低でも年収XXXX万円以上」

とか言ってる女子1000人に「上野千鶴子を愛読してますか?」と聞いてみなさい

990人以上、きっと上野名前さえ知らないよ

まり少子化非婚化は世の中全体が高度成長以前よりは豊かに底上げされたか

仮にフェミニズムだの戦後個人主義の影響が何パーセントあったとしても

それもまた高度成長以降の社会全体の富裕化の結果

実際、農業中心の後進国はいまだに子だくさんで

フェミニズム思想だけあっても現実にはちっとも広まらない

貴殿日本が今のバングラデシュみたいに戻るのが理想ですか?

日本以外の先進国新興国でも今や「豊かさ」と「非婚少子化」はトレードオフなんです

2019-01-17

著作権法における「実演家の権利」とアダルトビデオ配信停止

id:BigHopeClasicです

さて、このエッセイについて

AV人権倫理機構へ「作品販売等停止依頼」をしました。|森下くるみnote

https://note.mu/kurumimorishita/n/n0d06015a3fd1

作家森下くるみさんが過去に出演したアダルトビデオ二次利用としての配信販売の停止の依頼をしたという内容です。

これについて、以下のようなブコメがあり、スターを多く集めていました。

b:id:aramaaaa これは微妙問題を含んでいて、通常の映画作品出演者の誰かが販売を停止したいと考えた場合できるのかってこと。AVとはもちろん若干違うのだが、法律上は同じ「映画著作物」ではないかと思うので

b:id:unfettered アダルトだけに、この行為理解できるものの、今後あらゆる表現物が、出演者の「忘れられる権利」によって廃盤にされたり本人出演シーンにぼかしが入れられたりすることにはならないか、が心配

かに、こういう点は気になるかと思います。ですが、結論から言うとそのご心配は「杞憂」です。アダルトビデオを含む「映画著作物」は、通常は出演者意向によって廃盤になることはありません。

「実演家の権利」について

アダルトビデオといえども、著作権法上における「映画著作物であることは基本的否定され得ないですが、その出演者であるAV女優には、出演したアダルトビデオ著作権は別途契約上の定めがない限り与えられません。

しかし、このような「映画著作物出演者」を含む「実演家」に対しては、著作権法は「実演家の権利」を与えています

例えば、著作権法91条1項は、実演家の有する「録音権及び録画権」について次のように定めます

実演家は、その実演を録音し、又は録画する権利専有する。

これによって、AV女優は、アダルトビデオメーカーに対して、自らの演技を録画させることを許諾することができるわけです。同様に著作権法は実演家に対して「放送権及び有線放送権(テレビラジオに限りネットは含まない)」「送信可能化権(平たく言うと、ネット配信のためにデータサーバにアップする権利)」「譲渡権(録音物録画物の頒布権利)」「貸与権音楽のみ。映画は含まない)」を与えています

映画著作物」における「実演家の権利」のワンチャン主義

そうすると「なんだ、実演家の権利簡単に出演作の販売差し止めできるじゃん」と思うかもしれませんが、話はそう簡単ではありません。

映画著作物」に出演した実演家の権利は、著作権法は非常に厳しい制限をかけているのです。

先ほど上げた実演家の録音権録画権に関する著作権法92条2項は以下のように定めます

前項の規定は、同項に規定する権利を有する者の許諾を得て映画著作物において録音され、又は録画された実演については、これを録音物(音を専ら影像とともに再生することを目的とするものを除く。)に録音する場合を除き、適用しない。

どういうことかというと、映画サントラ映画の音を録音する場合を除き、「一回出演OKって言ったら、その後あんたの録音権録画権を行使する機会はないからね」という意味です。つまり、昔だったら録った映画フィルムを複製するのは映画会社の自由だし、いわゆる二次利用のためにビデオテープDVDを作りまくるのも許諾なしにしていい。加えて、先程挙げた「放送権及び有線放送権」「送信可能化権」「譲渡権」全部そうです。つまり撮影時のギャラだけ払って撮影OKと言ったら後は著作権者は二次利用し放題、再放送映画専門チャンネルでの配信パッケージソフト販売ダウンロード販売自由ということです。

なんでこうなっているかというと、まあ、映画産業においてこれを俳優に与えていたらとてもじゃないけど産業が成立しない、ってことなんですけどね。もちろん契約で上書きすることは可能ですけど、そんな面倒くさい俳優使う理由もないですし(大物になれば別かもしれませんけど)。

#ちなみにワンチャン主義適用のない音楽業界はどうかというと、これは録音時にレコード会社が「実演家の権利」を買い取ってしまうのが通例です。こっちはこれでなんで問題にならないかと言うと、まあ、そういうもんだで通っているからですかね。

というわけで、「映画著作物」は、「通常の場合出演者意向によって廃盤になることはないのです。

さはさりながら…

とはいえ、もちろんこれは「出演に同意があった」場合の話です。昨今問題になった「出演強要」あるいは「台本と異なる強制性交」これらはもちろんのこと「出演の合意」など仮にあったとしても無効ですから二次利用についても同様に消すことができます。そういう意味で言えば、アダルトビデオメーカー側も、女優契約書を交わして「何がOKで何がNG」と女優意思を残しておくことが、メーカーを守ることにもつながるのですけどね。これについては毎日新聞がいい記事を書いていてくれました。

女優が語った本音 新ルールで変わる撮影現場

https://mainichi.jp/articles/20180419/k00/00e/040/258000c

森下くるみさんの場合は、契約書なんてなかったとはいえ、御本人の執筆活動などを通して「出演への同意はあった」ことは「黙示の同意」として明らか(なんか変な表現だな)ですから、ここは問題に成りえません。

また、アダルトビデオは通常の映画著作物と異なり、一旦出演者が出演に合意したとしても、その後になって出演者人権を著しく侵害するおそれを持ちうる性質のものです。こういうものに関しては、個別事情ごとに考慮することで、人権著作権バランス考慮するような裁判所判断が下ることもありうるでしょう。

自主的な取り組みとして、AV人権倫理機構による配信停止申し込みの代行とそれに応じるメーカープロダクションの動きも重要です。これについては、AV人権倫理機構が自ら書いている通り、「当機構賛同する枠組み内のAVメーカープロダクション対象としております。それ以外のメーカー無修正などのAV作品場合、当機構では対応が出来ません」という限界はありますが、逆に言えばこれらのメーカープロダクションユーザー側が支持することで、市場原理により賛同しないメーカー市場から退場させることもできるでしょう(闇市場については完全に刑事機構に委ねるしかないため、そこは本稿では触れられません)。

補足:TV番組について

アダルトビデオ専門チャンネルAV大賞のようなイベントAV女優トーク番組を除く「放送するためだけのアダルトビデオ」を制作することがあるかどうかわかりませんがそれがないという前提で本論から外れるので補足としましたが、上記の「ワンチャン主義」はあくまで「映画著作物」に適用されるもので、TVドラマTVアニメには適用がありません。

まり、かつては「録音録画」の概念がなかった生放送は言うに及ばず、一旦収録した後編集等を加えてから放送するドラマアニメにしても、こちらの二次利用映像ソフト化やネット配信など)は、収録の契約とは別途の契約必要になるのです。なお、放送の許諾を出演者から得た場合放送のために一旦収録することや、それを系列局に送ったり他の局に放映権を売って放送することはできますが、その場合出演者に「相当な額の報酬」を払わなければなりません。ブコメid: shigak19 さんが書いていたのはこれに基づくものです。また、映像ソフト化やネット配信は当然できません。

なんで映画(含むパッケージソフト産業)とTV番組でこうも違うんだと言うと、まあ立法された1970年メディア産業構造の違いによるとしか言えないでしょうね。その後で産業側の方が構造固定化されたために、実務上も問題になっていないということで。

ただ、この違いがとんでもない問題になっているのが「昔のTV番組WEBアーカイブ化」で、映画(含むセルビデオ)は文化遺産としてのウェブアーカイブ化は著作権者の同意があればできるのに対し、TV番組著作権者だけではなくエキストラの一人にいたるまで同意を得ないとWEBアーカイブができないのです。本人が死亡した場合は遺族の発見とか、存命中でも芸能界引退した人とか、元子役とかだとまず連絡を取ることができません。しか結構な大物でも、死後や引退後数年で簡単に連絡先不明になりますTV番組ワンチャン主義採用されていないのは、この点では問題なのです。

2018-12-27

日本はクソ」ってオチでないと死んじゃう病

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/diamond.jp/articles/-/189729

病人日本労働生産性はこれだけ残業してもギリシャ並み。日本はクソ!」

オレ「いや、労働生産性は業種別で大きく変わるものだし、一概にはクソと言えんぞ。

   例えば、労働生産性で1位によくなるルクセンブルク金融特化だし。

   労働生産性改善なら、産業構造見直し重要だなあ。特に金融は弱いよね」

病人「はあ?サービス残業大国日本肯定するのかよ!お前のいるような日本はクソ!」

この病人どもとまともな経済の話をするにはどうしたらいいのかね。

いや別にサービス残業無視しろってわけではないのよ。

でも、それは全産業をまとめた労働生産性で話すことではないよね。

事業種別の推移とかで話すなら分かるけど、労働生産性から日本無能でクソって結論は導けないわ。

あい病気の人らって、生産性事業種別で考えるって発想もないんだよなあ。

しかも、労働生産性の話だけでなく、日本が叩けそうなことなイナゴみたいにわいてくるのが厄介。

建設的な話を阻害してくる。

こういうこと前にも言ったら、

「私は日本はクソなんて言ってない!問題点を指摘しているだけ!

 でも、お前みたいなサビ残擁護が出てくる日本はクソ!」

とかって否定されたんだが、今回も来るかなあ。

別にあんたには言ってねえよ。薄い根拠日本はクソとか言いまくってるヤツに言ってるだけだってば。

なーんで、必死になって反論してくるのかなと毎度思う。

日本はクソってオチじゃないと死んじゃうんですかね?

2018-12-20

そもそも労働生産性って意味のある指標なの?高まれ労働者幸せになるの?

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/www3.nhk.or.jp/news/html/20181219/k10011752761000.html

m-matsuoka 労働生産性作業効率化と勘違いしているアホが多すぎ。賃金÷労働時間労働生産性賃金を上げて労働時間を短縮すれば上がる。中国賃金アップを法律義務づけているから上がっている。

plagmaticjam 単に労働者賃金を上げれば済む問題なのにこれを資質問題としてとらえたがる人が多い。休みを与え金を払え以上終了だよ。


なんかどや顔労働時間あたりの賃金とか言ってるブコメあるけど関係ないよね?

大雑把に言えばGDP/労働時間だよね

そして統計をみると日本の一人当たり労働時間G7の他の国と大差なく(統計に表れない労働時間があるのはさておき)

日本労働生産性が低いのは日本労働者一人当たりの生産性が低いことに起因している

要するに二人で余裕もって回してる仕事を一人で必死こいてやらせるようにすれば労働生産性は倍になるわけだけどそれ誰か幸せになってる?

はてなー普段求めてる「余裕のある仕事」とか「いつでも休めるバックアップ体制」とかは全部労働生産性を下げる方向に働くわけだけど。

あとバブル華やかなりし時を見ても日本労働生産性の国際順位ってほとんど変わってないわけだけど

これ本当に他の国と比較する意味のある指標なの?地理的要因とか産業構造とかそういうので決まっちゃうってことない?

例えばサッカーパス成功率ってあるじゃん?あれ前線選手より後ろの方の選手の方が高くなるわけだけど

別にそれは前線選手が後ろの選手よりパスが下手ってことを意味しないし、前線選手が後ろの選手に対抗して

パス成功率を高めようと試みてもそれはプレーの質を改善することにはならないじゃん。

そういう国際順位を高めようとする意味が全くない指標ってことはないのかい

日本労働生産性が低い「戦犯

日本就業者一人あたり労働生産性OECD加盟36カ国中20位(47.5ドル)であり、やはりアメリカ(同6位、72.0ドル)やドイツ(同7位、69.8ドル)と比較すると後塵を拝していることが報道されている。

この労働生産性というのは、国ごとの産業構造の特徴や各産業労働生産性を勘案しないとなかなか事情が見えてこない。これを調査した資料はすぐ見つかった。


産業労働生産性水準の国際比較

https://www.jpc-net.jp/study/sd7.pdf

産業労働生産性の国際比較:水準とダイナミクス

https://www.rieti.go.jp/jp/publications/pdp/18p007.pdf


このレポートを見ると、日本労働生産性が低い「戦犯」、つまり国内産業付加価値合計に占めるシェアが高いにもかかわらず、

OECD他国比較して労働生産性水準が著しく低い産業がどれかわかる。

それは明らかに卸売・小売と不動産だ。日本労働生産性において、卸売・小売と不動産は約25%の付加価値シェアを占めており、

その生産性アメリカの同産業比較して30%にすぎない。

そこで、国内における卸売・小売と不動産産業のすべてを爆破して滅ぼし、跡形もなく消滅させたとしよう。

そうすると、日本労働生産性アメリカの78%まで上昇し、OECD加盟国中16位に浮上することができる。

2018-11-26

ぼんやりとした不安

インターネットを見てるからか常にぼんやりとした不安を感じる。おそらくインターネットを見ているからだろう。

インターネットは常に俺に答えを提示してきた。大学受験とき就職とき一定作法を俺に示してくるインターネット

俺はその作法を愚直にこなすことでそこそこの学歴職歴を体に入れたけれど、そのかわり常にぼんやりとした不安を抱えることになった。

インターネット定量的で答えの決まった問題についてはある程度固まった指針を示してくれるが、

定性的で、答えは時と場合スタンスによって如何様でも変わる場合には、如何様でも変わるような情報しか示してくれない。

あらゆる人があらゆることをいうので俺はスタンスを決めることができない。

インターネットの後ろには日本人だけでも数千万はいると考えられるし、数千万人の日本人は俺にとってあらゆる人だ。

偉そうな人がいろんなことを言うし、ポジティブな側面を語られた場合にはポジティブ意見が、

ネガティブな側面を語られた場合にはネガティブ意見が同様の事象に対し書かれたりしてわけわからん

もちろんそれもあらゆる人がいてあらゆることを書いているからだろう。

だけれど同じ人が手のひらをくるくる返すときもあるからタチが悪い。

こういうとき思うのは、やっぱりいろいろ知ってて偉そうなことを言う人よりも、

自分責任をもって自分の考えで定性的ものごとを決定できる人が一番強いなあと思う。

ぺらぺらと管理職日本社会産業構造が配布されたPCスペックが悪いだの言っている人よりも

黙って手を動かしてきっちり自分で決めて責任までとれる人がすげえなあと思う。

そしてそういう人はインターネットにはそんなにいないのだろう。

2018-11-04

anond:20181104112634

難しくて分からいかもしれないけど、現代第三次産業割合が増えてるんだよ。

で、第三次産業はむしろ女性の方が有利だと言われている。

第三次産業従事する上で重要コミュニケーション能力女性の方が優れている傾向があるからね。

あと国際化が進むにつれて語学力も重視されてるが、これも女性の方が優れている人が多い。

女性地位が上がったってのも、結局のところ産業構造が変わったからに過ぎない。

女性でもできる・むしろ女性の方が得意な仕事が増えたからだ。

その傾向はどんどん進んでいる。

長年かけて培われた男性が有利な社会構造も、どんどん変わっていくだろう。

2018-10-05

anond:20181005191903

産業構造問題だ」みたいな指摘はよくやるだろうけど

名指しで「お前は~」なんてなかなか言わんでしょ 女本人もダメージ食らうしオタに反論食らうし

それ克服するのに「差別感情喚起する」理由かいろいろ説明しないと誰も納得しないし

面倒やろ

やってる人そんないる?

2018-09-29

企業化する人間 市場を生きるパーソナリティ」を受講した

講師京都沖縄東京カウンセリングを行ってきた博士(教育学)・臨床心理士の東畑開人氏。

「感じのいいエリート」が、鬱を排除するための躁的防衛慢性的な虚しさ疲労感、神経症症状、親密な関係の難しさなどを抱えているケースについての話だった。

貧困層カウンセリングでは「今すぐに治して」等の無茶を言われることがあったが、新自由主義適応したエリートのクライエントは行儀が良い。治療者のことを専門職として丁寧に扱う。自主的認知行動療法実践しておりエクセルにまとめて報告してきたりする。カウンセリングを利用するという依存的なシーンですら、相手迷惑をかけないことを重視する。こうした様子に、パーソナリティ自分自身CEOジャックされ、たゆまぬPDCAを励行している印象、あらゆるところに透明性・公平性を求める監査が入りアカウンタビリティ要求されている印象がある。こうしたタイプのクライエントの治療過程について、クライエントが行儀の良い状態→小さな依存が徐々に形成される→治療者に対する不信感・怒りが生まれる(希望があるから怒る)→治療者に対して軽視・軽蔑したり身勝手な振る舞いをする→気持ちの良くない関係を生き残る・やり抜く→クライエントの子供の部分が動けるようになっていく→自己他者の不純(リスクマネジメント不能な部分)に耐えられるようになる、というものらしい。この内容について書籍が出たりしないだろうか。東畑氏本人がまとめるのが一番正確で良いだろうけれども、私はこんな風に受け取り、要約した。

エリートのクライエントは社会的成功出来ているが自分の中の子供の部分が死んでいることによる問題が出ている。それを治療者との依存関係構築によって治療する。依存心が強すぎて社会的に失敗するタイプには認知行動療法効果的かもしれない。「認知行動療法は効かない、精神分析が優れている」という話ではなく、クライアントの状況に合わせた治療法を提案すると、質疑応答で東畑氏は言っていた。

 

福祉国家から新自由主義へ、自意識から市場へ、消費から投資へ、自己実現からサバイブ

これらの時代認識には共感しかなかった。これ自体解決したい人は政治運動に向かうのだろうか。私は政治運動をしたくない(政治が悪いというより産業構造の変化・人口動態によるものなので根本的な無力を感じる)ので、新自由主義への適応を選んでいるんだと思う。社会は助けてくれないので、自意識過剰でいられる・自己実現を求めていられるゆとりがなくなっており、望むこと自体が身の丈に合わない贅沢に感じている。消費と投資についても、弱者からこそ将来の資産価値を考えて不動産の購入を検討しなければならず、強者なら純粋好き嫌いだけの消費的感覚で住む家を建てたり買うことができる。弱いからこそ投資、余剰たっぷり強者からこそ消費する余裕がある、そういう世界観

 

自由で自立した個人自由にやりとりするのが市場市場ロジック内面化されている。

その外側に依存を引き受ける人たちがいるが、不可視化される。

仕事に繋がりやすいのは自立した個人同士の弱いつながり

深いつながりは依存ケアを引き受けるので重たくてお金にならない=経営者にとって正社員が重たい

経営者にとっては正社員よりフリーランス相手のほうが楽だろう。自立しているし、解雇規制もない。そうして誰も依存先を引き受けなくなった結果、ケア依存先の供給が不足する。というよりケア供給者、依存供給者の価値がこれまで不当に軽く扱われていたのではないかと思う。依存先の供給が無くなり、精神的な問題が噴出したことにより、今やっと価値発見されている。

 

市場ロジック適応して経済的にうまくいっている人間価値評価しない、妬むだけで苦労への関心を持たない、ねぎらわないこと。深い重いつながり、ケア依存先の供給を行っている人間価値評価しない、使おうとするだけで苦労への関心を持たない、ねぎらわないこと。自分の苦労にだけ関心があって、自分とは環境能力も全く違う他者の苦労への関心が根本的に無いこと。

そういった、人間の素のわがままさに対して、子供的に・動物的に・自動的他者を軽んじる態度に対して、私は割と狭量で、嫌って憎んでしまう。私がある価値に気づいておらず軽んじていたことに気づいたときも私は私自身に対して狭量になり嫌って憎んでしまう。業務人生経営必要価値判断は、感情面では不幸を産む姿勢ではあるんだけど。

「商取引の脱価値化」言説は私を疲弊させてしまう。家庭において稼ぐ役割を担わされており稼がなければならない立場の人はいる。感情的な極論は対立する勢力の持ち物・貢献の価値を無いものとする。東畑氏は市場ロジックを取り入れたり自分経営する目線が無さすぎると収入面で上手くいかないことや、自分支配するCEO市場適応的で強力だと勝てる、鬱を排除するための躁的防衛が人をバリバリ働かせるので勝てる、という本人の利益にも言及していた。ケア依存だけに肩入れする治療者とは違うバランス感覚が感じられて、そのバランスになんだか救われた。既婚男性一家大黒柱として稼ぐ義務家族に負わされていることが多いし、未婚女性である私も稼いで自分を養う義務から逃れられるとは思えない。

2018-09-22

anond:20180922113003

日本より遥かに小国で一人あたりGDPが高い国が多い。

資源輸出国とか金融立国とかでしょ。どうせ。日本との産業構造が違う国と比較しても駄目でしょ。

2018-09-19

anond:20180919004859

1970年代なんかはまだ完全雇用状態だったようだ

これは了解したが

いか転職先がすぐ見つかりやすかったとはいえ産業構造の急変で失職となれば、前職の経験がまったく生かせない異質な職種転職せざるを得なかった例も多かったであろう(九州筑豊には再就職できなかった炭鉱労働者老いたなれの果てがごろごろいる)

そもそも自分がこんな話をしだしたのは

貴殿とは別人の書き込みかも知れないけれど

https://anond.hatelabo.jp/20180919004859

>この世代高卒中卒は、今の世代高卒中卒と比べたら悲壮感まったく薄い

これはさすがに言い過ぎだと思ったか

団塊世代高卒中卒が現代人よりも一貫してハッピー経験しかしなかった苦労知らずのように一方的に決めつけるのは、さすがに後世の人間高慢を感じる……

(まあ、これはもはや実証性ではなく、確実に自分らより貧乏青年期を送ったであろう年長者への敬意の問題なのだが)

anond:20180919001146

いやだから農村から都会に集団就職したその時(1960年代中期)はいいけど、その後(1970年代中期以降)に産業構造の変化で重厚長大第二次産業は衰えて、炭鉱や大規模製鉄所が倒産したり、町工場が閉鎖された事例がすごく多いんだよ

最初からホワイトカラーなら何とかなったろうけど、30歳前後ブルーカラー失業とか当時は大変やぞ

完全失業率が3%超えるような非完全雇用状態になったのはバブル崩壊以降であって、1970年代なんかはまだ完全雇用状態だったようだ。([完全失業率 時系列]とかでググれば分かる)。勤め先が潰れても、働く意思がある人間はおそらくなんらか仕事にはありつけていたということ。

なんか一個一個に反証入れてくのがだるくなったんで割愛するが、もうちょっと調べてから発言したほうが良いぞ。そんでは。

anond:20180918235742

>この世代高卒中卒は、今の世代高卒中卒と比べたら悲壮感まったく薄いでしょ。金の卵なんて言われて農村から都会に集団就職して重宝がられた時代もの

いやだから農村から都会に集団就職したその時(1960年代中期)はいいけど、その後(1970年代中期以降)に産業構造の変化で重厚長大第二次産業は衰えて、炭鉱や大規模製鉄所が倒産したり、町工場が閉鎖された事例がすごく多いんだよ

最初からホワイトカラーなら何とかなったろうけど、30歳前後ブルーカラー失業とか当時は大変やぞ

しか1970年代高卒中卒貧乏人だ、住まい風呂なしが当然、クーラーもない、カラーテレビもない、たぶん固定電話すら個人じゃ所有してないぞ、今の高卒中卒より幸福だったと断言できるかは難しい

それでも、現代比較すれば社会全体は上向きでみんな成長の継続を信じられたって言うだろうけど、それ全部後づけの話で、オイルショックの起きた1970年代中期からしばらく「日本はどうなるんだ?」て深刻ぶってた奴はすごく多い

そして、その後バブル期が来ても株や不動産土建全然関係ない仕事から特段良い思いもしなかった団塊中年大勢いる、うちの親とかw

2018-09-13

anond:20180913122706

そもそも経営側・マネジメント側のタスク管理(分解と割り当て)がうまくいってなくて残業だらけの状態にしておいて、担当者側に「プライベート勉強せよ」というのは変なおはなし。

しろ産業構造問題があるのでは。

2018-09-04

anond:20180904104211

男性賃金が高く、女性賃金が低かったのは、製造業時代だったから。

サービス業時代になって、低賃金サービス業従事する女性労働者が増え、工場閉鎖などで元工員・サービス業に向かない男性失業者が大量に出ている。

これからファイナンスソフトウェアエンジニアリングに強い高度頭脳労働者資本家経営者性別を問わず(と言っても男性率は高いままだが)すべての富を手にして、

中流以下の男女はみな生活レベルが下がる。なぜなら産業構造が変化したから。凡庸男性賃金優遇される時代は二度とこない。なぜなら製造業時代ではないから。

これは結果の話であって、施策の話ではない。

この結果に伴って未婚率があがり、出生率が下がって社会の維持に問題が生じるならば

当然、この結果に大して施策を投入する必要が生じる。

その中で「富を手に入れても女性結婚しない」という原因があるのならば当然、

それに沿った施策として「女性賃金抑制する」という方法選択肢に入る。

これ言ったらまた「女性人権がー」って言い出す輩がいるだろうが、

人権とは社会、国あってのものでその存続の前にはある程度の制限はやむを得ない

anond:20180904103540

男性賃金が高く、女性賃金が低かったのは、製造業時代だったから。

サービス業時代になって、低賃金サービス業従事する女性労働者が増え、工場閉鎖などで元工員・サービス業に向かない男性失業者が大量に出ている。

これからファイナンスソフトウェアエンジニアリングに強い高度頭脳労働者資本家経営者性別を問わず(と言っても男性率は高いままだが)すべての富を手にして、

中流以下の男女はみな生活レベルが下がる。なぜなら産業構造が変化したから。凡庸男性賃金優遇される時代は二度とこない。なぜなら製造業時代ではないから。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん