「2029年」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 2029年とは

2017-10-13

anond:20171013044943

ruby

# 曜日定数定義
module YOUBI
    Sun = 0, Mon = 1, Tue = 2, Wed = 3, Thu = 4, Fri = 5, Sat = 6
end

# 指定年月日の曜日取得
# https://en.wikipedia.org/wiki/Determination_of_the_day_of_the_week#Implementation-dependent_methods
def get_youbi(year, month, day)
    day += if month < 3 then year-=1;year+1 else year-2 end # <
    (23 * month / 9 + day + 4 + year / 4 - year / 100 + year / 400) % 7
end

# 13日の金曜日判定
def super_friday(year, month)
    get_youbi(year, month, 13) == YOUBI::Fri
end

# メイン関数
def main
    for year in 2000..2100
        msg = "#{year}年:"
        for month in 1..12
            if super_friday(year, month)
                msg += "#{month}月13日 "
            end
        end

        #print msg + "\n" # back-slash
        puts msg
    end
end

# 実行
main

出力

2000年10月13日 
2001年4月13日 7月13日 
2002年9月13日 12月13日 
2003年6月13日 
2004年2月13日 8月13日 
2005年5月13日 
2006年1月13日 10月13日 
2007年4月13日 7月13日 
2008年6月13日 
2009年2月13日 3月13日 11月13日 
2010年8月13日 
2011年5月13日 
2012年1月13日 4月13日 7月13日 
2013年9月13日 12月13日 
2014年6月13日 
2015年2月13日 3月13日 11月13日 
2016年5月13日 
2017年1月13日 10月13日 
2018年4月13日 7月13日 
2019年9月13日 12月13日 
2020年3月13日 11月13日 
2021年8月13日 
2022年5月13日 
2023年1月13日 10月13日 
2024年9月13日 12月13日 
2025年6月13日 
2026年2月13日 3月13日 11月13日 
2027年8月13日 
2028年10月13日 
2029年4月13日 7月13日 
2030年9月13日 12月13日 
2031年6月13日 
2032年2月13日 8月13日 
2033年5月13日 
2034年1月13日 10月13日 
2035年4月13日 7月13日 
2036年6月13日 
2037年2月13日 3月13日 11月13日 
2038年8月13日 
2039年5月13日 
2040年1月13日 4月13日 7月13日 
2041年9月13日 12月13日 
2042年6月13日 
2043年2月13日 3月13日 11月13日 
2044年5月13日 
2045年1月13日 10月13日 
2046年4月13日 7月13日 
2047年9月13日 12月13日 
2048年3月13日 11月13日 
2049年8月13日 
2050年5月13日 
2051年:1月13日 10月13日 
2052年:9月13日 12月13日 
2053年:6月13日 
2054年:2月13日 3月13日 11月13日 
2055年:8月13日 
2056年:10月13日 
2057年:4月13日 7月13日 
2058年9月13日 12月13日 
2059年:6月13日 
2060年:2月13日 8月13日 
2061年:5月13日 
2062年:1月13日 10月13日 
2063年:4月13日 7月13日 
2064年:6月13日 
2065年:2月13日 3月13日 11月13日 
2066年:8月13日 
2067年:5月13日 
2068年:1月13日 4月13日 7月13日 
2069年:9月13日 12月13日 
2070年:6月13日 
2071年:2月13日 3月13日 11月13日 
2072年:5月13日 
2073年:1月13日 10月13日 
2074年:4月13日 7月13日 
2075年:9月13日 12月13日 
2076年:3月13日 11月13日 
2077年8月13日 
2078年:5月13日 
2079年:1月13日 10月13日 
2080年:9月13日 12月13日 
2081年:6月13日 
2082年:2月13日 3月13日 11月13日 
2083年:8月13日 
2084年:10月13日 
2085年:4月13日 7月13日 
2086年:9月13日 12月13日 
2087年:6月13日 
2088年:2月13日 8月13日 
2089年:5月13日 
2090年:1月13日 10月13日 
2091年:4月13日 7月13日 
2092年:6月13日 
2093年:2月13日 3月13日 11月13日 
2094年:8月13日 
2095年:5月13日 
2096年:1月13日 4月13日 7月13日 
2097年:9月13日 12月13日 
2098年:6月13日 
2099年:2月13日 3月13日 11月13日 
2100年:8月13日 

28年周期なの?

wikiのSakamotoメソッドソースwiki記法不具合じゃないの?

と思いましたが、、。

 ↓

https://groups.google.com/forum/#!msg/comp.lang.c/GPA5wwrVnVw/hi2wB0TXGkAJ

 ↓

"-bed=pen+mad."[m] 文字列の添字なんだな・・。

2017-09-26

anond:20170926212625

菅直人元首相は9月26日公式ブログ更新し、小池百合子氏が立ち上げた新党希望の党」について「大いに協力したい」などと述べた。希望の党公約原発ゼロを掲げたことを評価したという。

菅氏はブログで、ドイツメルケル首相2011年、同国では2022年までに原発ゼロを達成するとを閣議決定たことを紹介。その上で小池氏について、「私は小池氏が日本メルケルになって、ドイツと同じようなテンポ原発ゼロを実現してほしいと思います」などとエールを送った。

一方で、民進党公約検討会では、公約が「2030年代原ゼロ」という曖昧表記になったことを批判。「2029年までは原発を維持することを認めることになり、これでは民進党原発ゼロ実現の先頭に立つことはできません。困ったものです」などと述べた。

菅氏は2011年福島第一原発事故以降、脱原発に方向転換した。2017年7月には、国政選挙民進党原発ゼロ公約に掲げなければ「民進党国民にとって存在意義を失う」とブログ主張。「2030年までに原発ゼロを実現する」と明確に公約に掲げないなら、「脱原発党=緑の党を全国規模で再結成」などと、新党構想をぶち上げていた。

なお、菅氏は10月衆院選では、民進党から出馬する方針を決めている。

http://www.huffingtonpost.jp/2017/09/26/kan-naoto_a_23222901/

まあとりあえず「まで」がポイントなんですかね原発の「争点」は

2010-02-17

今世紀に起こること(3)

2025年

2026年

2027年

2028年

  • 世界人口が80億人に達する
  • がん化の機構の解明に基づく治療が開始される
  • このころロシア月面基地が完成する(2028-32年)
  • 10/28 直径1.6キロの小惑星が地球をかすめる

2029年

2030年

  • 9/12 小惑星状物体が月までの距離の11倍にまで地球に最接近

2031年

2033年

  • インドの経済規模が、このころ日本を上回る
  • 中国の総人口が15億人に達する

2035年

  • ドイツ高齢者比率が人口の30%に達する
  • このころロシア火星の有人飛行を実現する(2035年以降)
  • 東アジアの人口が20億6300万人でピークに達し、その後は減少に転じる

2036年

  • この年までに南関東直下地震が70%の確率で発生
  • 黒澤明監督作品の著作権が、この年まで存続する(存続期間を死後38年間とする旧著作権法の規定)

2038年

2039年

  • 昭和時代に生まれた者が全員50歳以上に

2040年

  • 早ければこの年に夏の北極海に氷がほとんどなくなる可能性がある(米国立大気研究センター予測)
  • 東京都熱中症患者数が最大5000人に達する
  • 北極上空のオゾンホールが完治する(南極は2065年)
  • 中国の二酸化炭素(CO2)排出量が、この年までにピークを迎える(2030-40年)
  • 人口減少による貯蓄率の低下で、日本経済の潜在成長率がマイナスになる
  • この年以降、中国の1人あたり国内総生産(GDP)が3万ドルに達する
  • このころ葬儀ビジネスの規模が倍増する
  • 中国が人口ゼロ成長を達成する
  • 国内の年間死者数が166万人に達する(現在の1.5倍)

2041年

2042年

2043年

  • 10/1 日本の総人口が1億人を割る

2045年

2047年

2048年

  • 世界人口が90億人に
  • 乱獲と環境汚染による生態系の破壊が続き、食用になる魚介類のほとんどが地球上から姿を消す(対策がない場合の推計でFAO当局者は否定)

2049年

2050年

出典・参考資料

確定済の「予定」部分

Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/

未確定な「予測」部分

未来年表 : 生活総研

http://seikatsusoken.jp/futuretimeline/

調べたきっかけ

1901年未来予測

http://www.tanken.com/yosoku.html

みんなが望む方向に未来は変わっていくのかも、と思ったため。

2007-07-18

中越沖地震予言的中か? ?? 人類最後の日 ジュセリーノの予言

まず中越沖地震で犠牲になられた方のご冥福を祈ります。

ところで、この地震で思い出しちゃったのはブラジル予言者でジョセリーノという人。巷では的中率九〇パーセントとまで言われています。

ダイアナ暗殺911テロオウム事件、スマトラ大地震など、これまで的中した予言は多数あるようです。

彼曰く、

2007年7月13日日本地震発生して、多数の被害者が出る。

という予言をしていました。(あわせて津波予言されていたようです。)

誤差は二日だけ。これってどうなんでしょうか…。

彼は夢で未来を見るらしく、それを目覚めた後にすぐさまメモしていくそうです。彼の予言は非常に小さな事件から巨大な現象まで多岐にわたり、数多くなされています。

今年は他に、

2007年10月26日に巨大な台風日本に来る。(っていうかもう来てないか?)

2007年8月 トルコで数千人が地震によって死亡する。

2007年9月 イスラエルで対立によって多くの民間人が死亡する。

2007年 ゴアがノーベル平和賞受賞(発表は10月中旬)

2007年12月31日 人類が過ちに気付く最後の機会。

等々といった予言をしています。

それ以降で分かっているのを幾つか見ると、

-------------------------------------

2008年 エイズとデング熱に有効なワクチン誕生ブラジルマットグロッソ州にあるルアナーと言う薬草から開発される。

2008年 アフリカ水不足が発生し数千人が死亡。

2008年9月13日 南シナ海ルソン島沖)で地震津波が発生する。マグニチュード8.5(フィリピン台湾地域で最大級の地震)。中国南部(香港海南島など)で100万人の死傷者。

2009年1月25日 大阪、あるいは神戸で数十万人が犠牲となる大地震が発生。

2010年 アフリカでは気温が58度まで達して水不足が頂点に達する。

2010年6月15日 ニューヨーク証券取引所崩壊。世界経済が危機に陥る。

2011年2月17日 アフガニスタン地震

2011年 鳥インフルエンザ人間感染して8千万人が死亡。初症状は普通風邪に似ているらしい。

2012年 黒い煙の時代。12月6日から気温や疫病が増大、人類の滅亡が始まる。

2012年 インドネシアのクラカトア火山が噴火する。

2013年 ガンの治療法完成。

2013年 リオデジャネイロ原発事故

2013年11月25日 カナリア諸島でラ・パルマ島が噴火、150mの津波が襲う数千人が死亡。

2013年 地球に衝突の危険性ある小惑星存在が問題になる。(この件はジュセリーノ氏がNASAに予知警告した結果、2002年6月31日にNASAはその存在確認を発表した。)

2015年 ポルトガルイギリスフランススペインヨーロッパ全域で干ばつ。2015年4月22日にはもっと激しくなる。

2015年 インドネシアのクラカトア火山が再噴火。

2016年 アメリカブッシュ大統領が緊急入院

2017年 アフリカで気温が60度に。世界中で干ばつによる激しい国家対立が起きる。

2023年2月9日 サンフランシスコ震度8.9度の地震が起きる。

2026年7月17日 サンフランシスコでザービッグワンと言う名の大地震が起きてカリフォルニアが崩壊。震度10.8度の過去最大の地震。150mの津波

2027年 アメリカイエローストン火山が噴火が始まる、1600kmまで灰降しカンサス、ネブラスカリビングストンなどで大被害。最後に噴火したのは7万年前で、新しい氷河期がくる。

地球で安全な場所は14箇所しか残らない。その内1箇所がカナダ、1箇所がアジア、12箇所がブラジル

2029年4月13日 地球の近くを小惑星アポフィスが通る。(調べたら本当の話でした!)

2036年11月11日 再び地球に同じ小惑星アポフィスが接近。衝突の可能性は80%で地球壊滅の危機。

2039年 温暖化の影響で気温が60度以上になる国が現れる。

2043年 人類滅亡。

ブルブルガクガクげっそり

詳しい予言の的中具合は以下のサイトで伺えます。

見た限り、本当にかなり的中してるように見えます。

http://oriharu.net/jstand.htm#time_limit

-------------------------------------

小惑星アポフィス衝突の危機は科学的にも(極低確率ではあるが)現実の問題ですが、もし現代の地球に巨大隕石が衝突したらどうなるか、それをシミュレートした映像があります。

http://www.youtube.com/watch?v=oB3G0rvCIJc

見ると鳥肌がたつほどですが、実はこの被害は大昔の地球に実際にあったものです。そしていつまた同じことが起きるか、それは誰にも言えません…。

しかし同時に、これほどの地獄をも生き延びた地球と生命たちのおかげでいまの我々があると思うと、いまこうして豊かな大自然の営みのなかで生かされていることに、ただただ感謝の気持ちを覚えるばかりです。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん