「癇癪持ち」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 癇癪持ちとは

2021-11-23

第1章 俺、誕生

once a porn a time.

I am born in The bed town.

そこはベッドタウンであることだけが取り柄のしがない町であった。

しいて特産品を挙げるのならのなら、現代価値基準で言えば圧倒的な勝ち組家庭がモーレツに嵐を呼びがちな国民アニメぐらいである。

私はそんな都心に近いことだけが拠り所のそこで、そのアニメ主人公たちからは1回りぐらい下の家庭に産まれた。

十二分な中流であった。

私を産んだ時に既に母は40を超えていて、父はそこから更に2歳ほど年を取っていた。

両親の性格は今で言えば大人の発達障害、その血をかけあわせて出産適齢期を過ぎた母体から世界に飛び出した私は、当然のように見えざる発達障害を抱えていた。

物心ついた頃、テレビで見た自閉症特集で「自分はこれをギリギリ回避しただけなのだ」と子供心に嫌というほど感じたものだ。

発達障害からくる情緒不安定、また生まれつきの運動音痴リズム感の無さが幼少期の私を苦しめた。

せめて産まれたのが3月でなければ……。

持って産まれた才能と産まれた時期によって本能レベルの優劣を植え付けられた幼稚園時代、思い出せる記憶おゆうぎ会で失敗した結果泣き出して最後には小便を漏らしたことだけだ。

他の記憶はどうでもいいものと辛いものしかないので忘れてしまったが、一番辛い記憶は忘れきることが出来ていない。

小学校に上がってからは、持ち前のコミュニケーション不全と癇癪持ちにより友人を作りかけては次々に失っていった。

ただ、両親が共働き鍵っ子で、ゲーム玩具だけは持っていたため、それを目当てに厚かましい連中によく家を遊び場にされていたことを覚えている。

私にとって人と一緒に遊ぶことは食い物にされることだった。

結局彼らとの間に友情が芽生えることもなく、クラスで班分けがあると決まって彼らは本当の友人たちと群れあい、私は余り物のグループにいた。

同じグループにいる者たちは、今思えば全員が発達障害だったのだろう。

その顔つきは目がつり上がってこそいないが、うっすら自閉の色に染まっている。

スポーツは苦手だった。

ゲーム自分で遊んでも家をたまり場にしている連中よりうまく出来ないことにイライラしがちだった。

私は一人の時間にはよく図鑑を読んでいた。

それで暗記が好きな子供だと勘違いされたのか、学校教師は私に自信をつけさせようとよく電車動物名前を答えさせようとしたが、私は物についた名前に興味はなかった。

科学論理に基づいてどういう事が起きているのかが好きだったのだ。

まり物事概念のもの理屈原理が好きであったのだ。

その理由は結局の所、生まれつき物覚えが悪い自分でも、名前を覚えなくても概念だったら分かるし、テストで出るときも穴埋めの周りにヒントが沢山あるので昔の偉人名前なんかよりはずっと覚えやすいと感じたからだろう。

私の中にただ一つ人より出来ると感じられるものがいつの間にか産まれていた。

そんな私を見て、両親は中学受験を勧めた。

勉強が好きだと思ったのだろう。

それと、小学校友達がいないことも見抜かれていた。

新しい環境で、勉強の好きな同級生と一緒になれば、自閉症じみた我が子にもちゃんとした友達が出来ると信じた両親は、私を塾に通わせることにした。

塾に通うことの条件として私は大嫌いだったスイミングスクール習字教室を辞めることを提案した。

取引は成立した。

それから私は受験勉強をそれなりに頑張り、それなりに手を抜き、結局暗記が得意でないことで躓き、志望校から2段階落ちる滑り止めの私立入学した。

中学受験勉強どころか学校の授業さえ本当に真面目にやっていれば受かれるような学校だったが、親戚や両親は私を賢いと褒めてくれた。

私だけが自分いか努力しておらず、そもそも勉強自体も苦手なのかを思い知らされていた。

そして、同じく受験勉強をする塾の同級生を見ているうちに、自分が得意げにしていた「記憶力が足りない代わりとしての理解力」というも、実際は大したことがないことを嫌というほど分かっていた。

我が子を無事私立へと送り出したと胸を撫で下ろす両親とは裏腹に、私は自分という人間の程度を思い知らされた烙印としてその学校制服へと袖を通した。

つづき https://anond.hatelabo.jp/20211124015201

2021-10-30

はーーーーーーー

子どもも五体満足で一姫二太郎、若干癇癪持ちではあるもの普通学級

何甘えてんだよって言われるかもしれないけど

自分時間が 労力が 気力が 全てが 子どものためだけに吸われていくことに

ある日突然とてつもない恐怖に襲われる

でも多分独身や子無しならそれはそれで悩んでると思うので、

今の生活に後悔はないんだけど、それでももう少し「私」を返して欲しいと叫びそうになる

学校に行ってる&在宅の仕事なので、昼間は時間結構あるはずなのに、使い方が分からなくてフリーズしてるみたいになる

それで毎日焦って夕ご飯の準備して、お迎え行って宿題見て習い事練習させてるうちに口論になってイライラして

帰って来ない旦那にもイライラして

毎日これ

早く独り立ちして欲しい

2021-10-10

職場の先輩にわりとあたりがキツい方がいて、それが最初のうちは平気だったのだがこの前ついになんかもう「あーーーーーー」ってなっちゃってなんだかその後わりとクソみたいな返事と態度を見せてしまって家に帰ってから大人げないことしちまったなと思った。誰にでも無差別ににこにこして穏やかにしてよく働く素敵な大人の私なのにそんなつまらないことでまた癇癪持ちの子どもに戻ってしまって家で恥ずかしいわなんのって布団でうわーんってゴロゴロなった。次の日汚名返上でその先輩に話しかけられるたびに弾けるような笑顔を向けてあえて質問しに行ったわ。不気味がってると嬉しいな。ほんと私負けず嫌いだな。でも私えらいわ。

2021-07-20

Quick Japan』95年3号 「いじめ紀行 第1回ゲスト 小山田圭吾の巻」 3

anond:20210721172902

4月2日

とにかく事務所に乗り込む。

QJ』赤田氏と僕とで、

まずマネージャー岡氏を説得しなければならない。

と思っていたら、「本人来ますよ」

20分後、『夕刊フジ』の地下鉄サリン事件増刊号を小脇にかかえながら、

コーネリアスはいきなり目の前に現れた。

「この対談、読み物としては

絶対面白い物になるだろうし、僕も読むけど、

自分がやるとなると……(苦笑)」

月刊ブラシ』のことは覚えていてくれたものの、

やはり引き気味のコーネリアス

しかし話をしていくうち、

お互いいじめ談義で盛り上がってしまう。

小山田さんは、いじめグループの中でも"アイデア担当"だったらしい。

僕の確信は間違ってなかった。

小山田さんもこういうのが好きなのだ

大体、昔テレビの「私のお気に入り紹介」みたいなやつで、

他の人は好きなパンとか好きな文房具とかを紹介してるのに、

一人だけアメリカ凶悪殺人犯のトレーディング・カード

紹介していたぞ。

小山田さんとのいじめ談義は、

同じ学校の奴とバカ話しているようで、凄く楽しい時間だった。

独り占めするのはもったいないので、僕がシビレた話を掲載しよう。

"いじめられっ子"は二人いた

小山田さんによれば、当時いじめられてた人は二人いた。最初に登場するのが沢田君(仮名)だ。

沢田って奴がいて。こいつはかなりエポックメーキングな男で、

転校してきたんですよ、小学校二年生ぐらいの時に。

それはもう、学校中に衝撃が走って(笑)

だって、転校してきて自己紹介とかするじゃないですか、

もういきなり(言語障害っぽい口調で)『サワダです』とか言ってさ、

『うわ、すごい!』ってなるじゃないですか。

で、転校してきた初日に、ウンコしたんだ。

なんか学校ウンコするとかいうのは小学生にとっては重罪だってのはあるじゃないですか?

で、いきなり初日ウンコするんだけどさ、便所に行く途中にズボンが落ちてるんですよ、何か一個(笑)

そんでそれを辿って行くと、その先にパンツが落ちてるんですよ。

で、最終的に辿って行くと、トイレのドアが開けっ放しで、下半身素っ裸の沢田ウンコしてたんだ(笑)

「だから、何かほら、『ロボコン』でいう『ロボパー』が転校してきたようなもんですよ。(笑)

で、みんなとかやっぱ、そういうの慣れてないから、かなりびっくりするじゃないですか。

で、名前はもう一瞬にして知れ渡って、凄い奴が来たって(笑)ある意味スターですよ。

別に最初はいじめじゃないんだけども、とりあえず興味あるから

まあ色々トライして、話してみたりするんだけども、やっぱ会話とか通じなかったりとかするんですよ。

おまけにこいつは、体がでかいんですよ。

それで癇癪持ちっていうか、凶暴性があって……牛乳瓶とか持ち出してさ、追っかけてきたりとかするんですよ。

で、みんな『怖いな』って。ノロいから逃げるのは楽勝なんだけど、

怒らせるとかなりのパワーを持ってるし、しかもほら、ちょっとおかしいから容赦ないから、

牛乳瓶とかで殴られたりとかめちゃめちゃ痛いじゃないですか、

で、普通の奴とか牛乳瓶でまさか殴れないけど、こいつとか平気でやるのね。

それでまた、それやられると、みんなボコボコにやられるんだけど」

「僕とこいつはクラスは違ったんですけど、小学校五年ぐらいの時に、

クラブが一緒になったんですよ。土曜日に二時間ぐらい。

選択でいろんなクラブ選べるとかいうので、

僕、"太鼓クラブ"とかに入って(笑)、かなり人気のないクラブだったんですよ。

ウチの学校って、音楽時間民族舞踊みたいなやつとか、

サンサ踊り』とか、何かそういう凄い難しい踊りを取り入れてて。

僕、踊り踊るのヤだったの、すごく。

それで踊らなくていいようにするには、太鼓叩くしかなかったの。

クラスで三人とか四人ぐらいしか太鼓叩く奴はいなくて、後は全員、踊らなきゃいけないってやつで。

僕は『踊るのはキツイなー』って思って、『じゃ、太鼓の方がいいや』って。

結構太鼓が好きだったんですよ、僕。

それで太鼓クラブに入ったんですけど、するとなぜか沢田太鼓クラブにいたんですよ(笑)

本格的な付き合いはそれからなんですけど、

太鼓クラブって、もう人数が五人ぐらいしかいないんですよ、学年で。

野球部とかサッカー部とかがやっぱ人気で、そういうのは先生がついて指導とかするんだけど、

太鼓クラブって五人しかいないから、先生とか手が回らないからさ、

『五人で勝手にやってくれ』っていう感じになっちゃって。

それで音楽室の横にある狭い教室に追いやられて、そこで二時間、五人で過ごさなきゃならなかった。

五人でいても、太鼓なんか叩きゃしなくって、ただずっと遊んでるだけなんだけど。

そういう時に五人の中に一人沢田っていうのがいると、やっぱりかなり実験対象なっちゃうんですよね」

段ボール箱とかがあって、そん中に沢田を入れて、

全部グルグルガムテープで縛って、空気穴みたいなの開けて(笑)、

『おい、沢田大丈夫か?』とか言うと、『ダイジョブ…』とか言ってんの(笑)

そこに黒板消しとかで、『毒ガス攻撃だ!』ってパタパタやって、

しばらく放っといたりして、時間経ってくると、何にも反応しなくなったりとかして、

ヤバいね』『どうしようか』とか言って、『じゃ、ここでガムテープだけ外して、

部屋の側から見ていよう』って外して見てたら、いきなりバリバリ出てきて、何て言ったのかな……?

何かすごく面白いこと言ったんですよ。……超ワケ分かんない、

『おかあさ〜ん』とかなんか、そんなこと言ったんですよ(笑)それでみんな大爆笑とかしたりして」

「本人は楽しんではいないと思うんだけど、でも、そんなに嫌がってなかったんだけど。

ゴロゴロ転がしたりしたら、『ヤメロヨー』とか言ったけど」

next: anond:20210720235857

2021-07-12

毎日セックス甘えさせてくれる40代

年1セックスわがまま癇癪持ち20代

お前らならどっち選ぶ?

俺は毎日セックス甘えさせてくれる20代いるか関係ないけどさ

2021-05-27

おとうさんはやく死ね

はやく死ね

アル中とか癇癪持ちとか家に金入れないとか子供の面倒全部親戚に押し付けたとかばちゃん殴り殺したとか妻と20年近く別居してるのに離婚してないとかそういうのはマジでどうでもええ。

おめえが家を乱暴にきったなく使うから死んでほしいんだ。

容器の口開けずに電子レンジ使うところとか食べ物こぼしたらティッシュでぐちゃぐちゃ拭けばいいと思ってるところとか一人だけスリッパ履いて生活してるところとか家族で使う洋式便所で立って小便するところとか風呂場で水バシャバシャ飛ばすところとか洗濯機制限以上の服突っ込むところとか自室がバカみたいに汚いところとか。

とにかくお前と一緒に暮らしてると家が汚れる。家が嫌いになる。特にトイレトイレいくたび小便アイランド見せられて憂鬱なるわ。死ね

何度か伝えたけど全部無視したよな。自分に都合のいい話だけ耳傾けて他はすべて我関せずですか。

俺が一人暮らし始めたらお前が寄生してる実家からは出てってもらうからな。お前の老後なんぞぜってー見ねえから、裏のまいばすあたりで野垂れ死ね

2021-05-12

坂上忍が論外なのは言うまでもないんだけど、でも蓮舫議員国会答弁は本当に不愉快ではある

https://news.yahoo.co.jp/articles/4ffe1b547d5b7ae8fc6958d47f88edf2d1c2427b

繰り返すが、坂上忍は論外だし、菅さんがひどすぎて比較したら菅さんの方が圧倒的にダメというのは一切否定しない。

そのうえで言いたい。

https://youtu.be/RJpiVyKra4c?t=3328

マジで蓮舫さんの質問の仕方不愉快なんだけど。

あれ誰に向けてアピールしてんの?

なんかアメリカドラマの悪役弁護士がやってるみたいな大仰なアピールすんのやめてほしい。

態度の激しさのわりに、質問の詰め方がぬるい。 

穏やかに、そのうえで菅のボケ爺を刺すような鋭い質問をしてほしい。

菅さん前座である担当人間からツッコミを入れられるようなしょぼいフリップ用意して攻撃がそれてるのを見て雑魚かと思った。

今回は菅さんがひどすぎてさすがに蓮舫さんみたいな態度になるのもすごいわかる。

ただ、普段はもうちょっとおとなしくできへんの?癇癪持ちだった私の母親を思い出してめっちゃ気分悪い


それからはてブよ。

ksaitou 支持者も同罪 自民党 これはひどい 政治

こういうコメントやめーや。お前ら一番足引っ張ってる

2021-04-02

なんで勉強しなくてはいけないのか

などという疑問を抱く時点で後れを取っているのだ。

 自分語りをさせてもらうと、僕は幼稚園の頃から勉強ができたので、親族先生同級生からとてもとてもちやほやされた(客観的に見てどうだったかは知らん)。幼いころから勉強ができることのメリットを感じまくっていたので、勉強価値を疑うということが無かった。勉強ができること、すなわち頭が良いことこそ至上の価値があるという一種信仰を持っていた。刷り込まれていた、と言ってもいい。

それを刷り込んだのは教育に命がけだった母の影響が大きく、情緒不安定なところのある彼女は、普段聖母のような包容力を示すことがある一方で、息子が勉強を疎かにすると神罰を下すのだった。小1の頃、「三角形内角の和は180度なんだね~」と無邪気に告げたところ(褒められると思ってた)、「なんでそんなことも知らなかったの!」と、叱声とともに回し蹴りされたことは今でも根に持っている。

 なんて書くと毒親!と思われそうだけど、普段別に高圧的でもないし話もしっかり聞いてくれるしで良い人だったと思う。ただ本当に情緒不安定というか癇癪持ちだったので、飲食店での喫煙は当たり前だった当時に、隣席の喫煙者に喧嘩売って出禁になった、なんてこともある。突発的に他人喧嘩を吹っ掛けることがままあり、子供としては気が気ではなかった。ただ、その怒りも母が隠していた病気によるものでもあったのだろう。病状が悪化してついに隠せなくなっても「受験が終わるまでは」と病院に行くのを渋り、父に強制連行されてはじめて末期癌だと分かった。母は教育に命がけだったのだと、心から思う。女子大学進学率が20パーセントを切り、女性勉強なんてしなくてもいいと言われていた時代に、母はその風潮を押し切って田舎から上京し、東京理科大学に進学した。両親は小卒、上二人の兄は高卒なので、突然変異様相がある。

 母の話が長くなったが、ともあれ勉強のできる層というものは、そもそも勉強価値には疑問を抱かないものではないだろうか?もちろん面倒になってサボることはあるけれど、それは体に悪いと分かりつつ家系を食べるようなもので、勉強すべきという前提は疑いなくあるのである。疑問を抱く時点で後れを取っているというのはそういう意味だ。(なので僕の持論として、子供には就学前に漢字と九九を叩き込むことで、勉強できることで得られる優越感を早めに覚えさせることが重要)。

そのように当たり前に勉強をしていた層にとっては勉強する意義などそれこそ言うまでもないことだし、逆に意味などないという結論に至ることもまた自然だろう。


 以上を踏まえて、そのうえで「なぜ勉強をしなくてはいけないのか」への答えを考えてみたい。その際に大きく分けて、(1)勉強価値が分からない人(2)勉強価値自体は分かっている人、それぞれに向けた答えを用意すべきだろう。このうち(1)については書いててアホらしくなったので割愛する。一つだけ言うと、知見が広がるとか知らないことが分かるようになるとか人格陶冶されるとかいった答えはビール飲めない人にキレやらコクやら説明するぐらい無意味

2)勉強価値自体は分かっている人向け

 重要なのはそもそもの問い「なんで勉強しないといけないのか」は多義的だということ。

 すなわち(1)「なんで勉強(なんてものを)しないといけないの?」(2)「なんで(こんな)勉強しないといけないの?」の二つ。

(1)なんで勉強(なんてものを)しないといけないの?

 これは勉強のもの存在意義に疑問を呈していることになるのだが、発問者が勉強価値は分かっているという前提を踏まえると、「大切なのはわかってるけど生理的に無理」という状態である。こういう状態ときは発問者に勉強の楽しさに立ち返らせるか、あるいはもう休ませるほかない。

(2)なんで(こんな)勉強しないといけないの?

 この問いに関しては、「こんな」の意味内容によってさらに二つに分けられる。「こんな」が勉強方法を指す場合と、勉強対象を指す場合である

 前者の場合暗記が代表例だろう。暗記にうんざりして勉強が嫌になるというのは一般的だと思う。それに対し僕なりに思うのは、九九を覚えていなくて計算できるか?単語を覚えてなくて文章読めるか?年号覚えてなくて歴史の流れ分かるか?ということ。数学公式なんかがいちばん分かりやすいけど、暗記は発展的応用的な問題に取り組む際の補助ツールなわけで、全部一瞬で足し算出来たり文脈からあるいは語形成から意味を正確に読み解けるような天才でもないなら寧ろ感謝するべき。全く勉強方法というものは凡人でもなんとかついていけるように先人が遺してくれた財産なわけで、そのありがたみをかみしめましょう。

最後後者代表例はよく槍玉にあがる古文漢文。僕は古文漢文大好きなので、純粋に読んでて楽しいとか、一般教養としてとか言いたくもなるけど、まあ不要だと思うならやらなくてもいいんじゃない?友人に古文漢文を一切勉強せず東大行った奴いるし。ただ彼は数学化学河合偏差70超えてるような人間だったけど。ちなみに今になってやっとけばよかったと勉強している。


結局ずば抜けた能力のある人間なら、古文漢文やらなくていいし暗記にも頼らなくていいし、あるいは家柄が凄ければ内閣立法府だと思っているような馬鹿でも総理大臣になれるわけだし、勉強なんてしなくても良いと思うんだけど、家柄が並みで親が資本家でもなくスポーツ芸術の才能も無くずば抜けた頭脳も無い凡人にとって救いになるのは勉強だよねってだけの話だった。

2021-03-22

障害者に責はないけどまわりのせいでって話

別に障害者本人に何かされたわけじゃないけど、周りのせいで被害こうむったって話。

ショッピングモール増田は対一で嫌なことされたからまぁ分かるんだけど(たまたまイカれた客が障害もってたってだけとも言えるけど)

障害者本人には責任ないけど、イカれた保育士イカれた障害者保護者のせいで、障害者にまつわる嫌な思いしたって話。

もうはるか昔の話になるけど、保育園でずっと知的障害持つ子の世話させられてた。

その時はまだ特別学級とか田舎の方ということもあってあんまり普及してなくて、保育園ならなおさら普通に20人にも満たないクラスに、知的障害持つ子がふたりと、たぶん発達障害だろうなって子がひとりいた。

自分は割と発育早くて、身長も大きいし、他の子より聞き分けも良くて、先生から何かと頼りにされることが多かった。

から、その3人の世話を任されること(押し付けられること)が多々あった。

一番重度の知的障害を持つH君は、会話もままならず、顔もなんか変で体も小さくて、周りの人とのコミュニケーションが取れなかった。

から庭遊びの時とか、いつも手を繋がされてふたり放置された。

の子が縄跳びとか竹馬とか追いかけっこしてるとき自分はH君と黙々と砂遊びしたり、園庭をぐるぐる散歩することしか出来なかった。

もう1人の知的障害を持つFちゃんは、癇癪が酷くて、自分のままならない事があると奇声をあげて泣きながら、とにかく周りの人もものも叩きまくった。

工作なんかは他人の倍時間がかかるので、手先の器用だった自分がいつもお手伝いとして投入されていた。この時間があれば、もっと絵を書き込んだり、工作も丁寧に出来るのになと思いながら、たまに癇癪おこされて頭ぶっ叩かれながら卒園までお役目は続いた。

発達障害のN君も癇癪持ちな上、ワガママ暴力的。お昼寝の時間になるとこっちの布団に潜り込み、陰部を触ったり、キスしてきたりとなんかこれはこれで大層ヤバい子だった。

布団を離してくれというと、泣きわめいて先生を蹴るので、「我慢してね」と言われて長らく園児による園児へのセクハラを受けながら過ごした。

自分灰色保育園生活はこんな感じだったけど、いずれも障害者人達には何も責任はないと思う。(むかしは本人達が嫌いでしょうがなかったが)

今思えば、スケープゴート差し出してクラスの安定をはかろうとしていたバカ保育士や、そもそも園に通わせていた保護者がむしろ加害者であると思っている。

でもその時の嫌な思い出が原体験としてはつよすぎて、未だになんか障害者とは関わりたくないんだよね。

どんだけ強いかといえば、あんな子持つぐらいなら子供いらないなと思うぐらい。

時代もあったし、保育士保護者の苦労も鑑みることはできるから、結局誰のせいだったのかとかはもうよく分からない。

ただ、障害者本人には責任ないけど、なんか障害者嫌だなって思うようになってしまったって話。

2021-02-16

anond:20210216022105

DV夫に殴られながら、夫に似て知能が低い癇癪持ち自分に似て不細工子供達を育てるゆりやんと、若い時に稼いだ金で若いイケメン侍らせて悠々自適のりほだったら?

2021-02-10

anond:20210210103900

言うてネトウヨも「韓国人狡猾在日特権を手に入れて日本マスコミ支配している」と「韓国人は愚かで癇癪持ちで誰が見ても分かるような嘘をつく」を同時に言っとったしそんなもんやで

2021-01-27

anond:20210127023817

思ってることは分かるんだが、書くなよという話。

勢いで描いてるから構成おかしかったり誤字脱字があたら悪いが、どうしても書きたくなったので書く。

「感じてることを率直に書いた」ってのがディスクレイマーになると思ってねえよな。責任は全て負うって意味だよな?だったらこの先をちゃんと読め。

もし「ただの感想で傷つける意図は無かった」なんて甘っちょろい気持ちでクソ撒いたんだったら、すぐに文章を消せ。考え変わるまで一生DTCGやってろ。

あんたがナードなノリについて来れねえのは分かるよ。俺もそうだしもう何年もカードショップで紙やってねえ。

ただあんたが「ダサい」と思った人間がお前の好きなゲームコンテンツを支えて、コミュニティの一端を担ってるんだ。手前の基準で「ダサい人間が何人いるか知らねえが確実に何割かはそうだ。

言う通りオタクにはゲームしかコミュニケーションが取れないヤツもいる。カード知識を持ってるだけで偉そうな奴もいる。出会い厨もそりゃいるさ。どの趣味カテにもいるがTCGが多いかはは知らん。でもそいつらもお前の好きなゲームコンテンツを支えてるんだよ。

まずそいつらを「ダサいオタク」ってレッテルを貼って蔑むんじゃなくって、同じ趣味を持つ人間として同じコンテンツを支える仲間として扱えねえの?

ナードには身嗜みに気を使えない人間もいる、なんなら臭いだっている。出会い厨もいればコミュ障もいる。でもそんなもん大小あれどどこでも同じだろ。

別にそういう奴らとも仲良くしましょうなんてって言うんじゃない。

ある人や集団自分の嫌いな属性を持っているからといって切断した挙句ヘイトを撒き散らすな。倫理観モラルがある人間のやることじゃない。

なんのカードゲームかは知らないが、ゲーマーの中にだってあんたが友人関係を持てるような「倫理観モラルマナーがしっかりしている人」奴だって居る。これだけデカコミュニティだ。あんたがTCGを好きな以上、同じような奴もそりゃあいるだろ。そいつを見つけたら仲良くして、合わない連中とは適度な距離を置けばいいだけの話。

こんなもん趣味に限った事じゃない。職場だって近所付き合いだってそうだろ。

ナイーブ過ぎるんだよ。世の中の人間があんたの倫理基準や外見の基準を全て満たすことなんてあり得ないのに、自分の行きたい場所にそういう人間「も」居るってだけで「求めるのが間違ってたね」なんて悲観ぶって被害者面。お前にまだ何もしてねえだろ、そいつら。

他者尊重して、人との距離の取り方を学べ。ついでに人を好きと嫌いだけに分けて切断するのをやめろ。

昔は仲良かったけど、人生ステージが変わって疎遠になったり、距離が出てきたコミュニティがあっても、適度な距離を持って付き合ってれば、また年月が経って距離が近くなることもあるしな。いちいち砂かけて絶交すんな。人付き合いのマナーだろ。

お前は人間関係に関して、他者尊重する努力をしない、ものぐさで、ナイーブで、癇癪持ちなクソガキなんだよ。

TL見て「温度差すごい」って書いてるけどさ、お前が自分で、自分と同じ考え方の人間を束ねてたものと、その辺のオタクのTLだか適当ハッシュタグ検索結果だかが違うのは当然だろ。自分の集めた同じ考えの人の中で発言して共感を得たり、共感したりするんだろ。全部お前の独り言と同じだよ。他者の考えなんて知ったこっちゃないんだろ。だからこんな文章書けるんだよ。

あんたが本当に倫理観のある人間なら、いつか自分の書いた事を思い出して「あのままどっぷり浸かったままだったら、今自分はどうなっていたんだろうと思うとゾッとする。」って言えるようになるだろうし、なるといいな。

2021-01-20

anond:20210120210110

小さい頃に

泣いたりわめいたりしたら、

親とか周囲が

何とかしてしまった(本人は泣きわめくだけなのに、周囲が解決した)のではない?

大人になったらそんなファンタジーはもうないって判ってるのに

こんどは解決してあげないといけない年齢なのに

それに耐えられないのかな。

癇癪持ちって、本人も大変そう。

https://noel-media.jp/news774#part-941588057f322f6e

2021-01-02

anond:20210102043652

増田読む限り「ADHD傾向」と診断されそうやな

1、2冊大人の発達の詳しめの本買って読むと自分特性の把握には役立つかもしれない

ストラテラって薬で感情の起伏が穏やかになる人はいから、「怒り」そのものを感じにくくなるかもな

ただ敵意や他害感情が強まる副作用も稀にあるらしいから、飲むまではわからない

スマドラに使われるぐらいだから基本的にぼーっとすることはないと思うで

コンサータって薬の前身的なリタリン癇癪持ちの発達児に処方されてたかコンサータは効きそう

ただ、軽度ならインチュニブかストラテラで何ヶ月か様子見てダメそうならコンサータって治療普通

2021-01-01

トランプは女が腐ったみたいな男と

オバマが「トランプのような(アンチポリコレ的な)大統領が出てくることは想定の範囲内だったが、ああいった右派ポピュリストが選ばれるにしてももっとマシな奴が選ばれると思ってた。従来の男らしさという「自己犠牲的で、愚痴を言わず責任感があり、弱者を守る(スーパーマン的な)」規範は案外好ましく思っているが、トランプは全く男らしくない。わがまま愚痴が多い癇癪持ち責任逃れのボンボンが選ばれるとは…」

ってインタビューで答えてた

まあ確かにトランプは男らしくはないよなあ

ラノベ主人公が「ニート異世界転生して努力で這い上がる→元からチートで最強」

と変遷していったのと似かよったものを感じる

2020-12-05

頭悪くて癇癪もちでブサイクだけど必死に生きた父が死んだ

165cm 顔はナメクジみたい ハゲ

田舎農家から上京してきて、30くらいでレストラン初めてチェーン15店くらいできた社長 ← この後半らへんが私の物心ついた時

20年くらいたったあと、業績がひどい事になり倒産 ← ここらへんが私の思春期

とにかく頭が悪くてブサイクだったけど、社長の時期はとても謙虚で腰の低くて毎日遅くまで仕事してる人だった。

なので小学生とき尊敬していた。

それが倒産してからひどくなった。癇癪持ちになって人に肩をぶつけまくったり近所迷惑なのに騒音をながしまくったり、

よく独り言で「なんなんだよっ!くそっ!」とかどこでも叫び始める、よく電車にいるやばい人になってた。

「育ててもらった縁はあるけど、人間としては無理」な典型的な親になっていった。

今思えば昔から上昇志向プライドは高いけど、自分に自信がない人だったのかもしれない。

会社がうまくいってる時はプライドが保ててたから腰が低かったけど、倒産して人が離れてってブサイク自分しか残らなかったから本性が出たのだろう。

自分自身非常に迷惑というか痛み分けを被ってきたので、施設の人と相談して、学校中退して離れて住むこととなった。

そこから先の父とは2回しか会わなかったのだが(絶縁あるあるで、やはり10年くらい経つと滅茶苦茶心配になるときが来るのである)、

そのときもやはりプライドの高いのと癇癪持ちは治ってないのが見え透いていたので、関係が修復する事はなかった。

そんな父が倒産してから30年くらいたった最近死んだ。

葬式行く気がなかったけど今の夫が「まぁお父さんいなかったら僕たち出会わなかったし、気が向いたら行ってきたら?」と煽ってきて、

おーじゃあ行ってきてやるよ!怖いもんなんてねぇしな!なんかお土産買ってくるわ」くらいの感じで行ってきた。

行ってみたら、式を開いた母と、父が死んだことを連絡してきた兄以外、誰もいなかった。

母いわく結構な人を誘ったらしいが誰も来なかったらしい。

それを聞いて私が思わず「まぁ自分もも赤の他人だったらこんな奴のために来ないよなーw」と少し笑って言ってしまった。

(さすがに怒るかな?)と思ったら、母も「まぁね〜」ってなんかツボにハマったらしく、5秒くらい笑いが止まらなくなって、20年ぶりにあった兄も「ふふっ」って笑い出した。

思えば、今この場にいるのは父の死体と母と兄と私だけなのだが、家族水いらずでこうして集まったのは実に30年ぶりなのである

そして家族から笑顔が消えたのも自分が小6の時以来で、なんというか、こうして自分と母と兄が笑いあっている今この瞬間がとてもエモく思えた。

まぁ父の顔は見たくないので、母にお金だけ渡してサッとそのあと帰ってきたのだが、「なんだかんだ行ってきてよかったわ」と夫に言ってちょっぴりホッコリした。

なんだかんだ父が死ななかったらこういう事もなかったので、

最後最後に父に、30年ぶりくらいにありがとう的な気持ちが芽生えて、心がじんわり温かくなって「あー仲いい親子って毎日こういう気持ちを感じてるんだろなー」とかふと思った。

おわり

2020-11-29

イジメられた結果、極度の不安障害になって、なにも報われなかった

私は、「ブサイク&吃り→いじめられる→積もった怒りで数回暴走→強い自責→対人恐怖症→不安障害」の流れで、引き籠りになってしまいました。

学生時代にされたイジメ孤独から癇癪持ちになってしまい、その時は自衛行為と思い込んでたのですが暴走してしまって(犯罪ではなく、叫んで暴れたりとかくらい)、

何回か関係のない人にまで迷惑をかけてしまって、強く罪の意識を持ってしまい、怖くて外に出れなくなってしまいました。

家族もいないので、たびたび勇気を出して外の世界アルバイトをして、ある程度稼いだらまた引きこもっています

そんな生活を8年くらい続けているうちに、幸いにも、適正のある仕事を見つけて在宅で内職するようになりました。

なので、死ぬまで一応生きる事はできそうです。

ただ、不安障害がひどいんです。

なにか仕事で成果出しても、誰かに「でもアイツって昔あん気持ち悪い暴走したらしいよ」とか、「あいつなんて何もしてないよ、ちょっと関わっただけのくせに」と言われそうで、恐ろしくて口に出せません。

リーダーチャットでひっそりと報告するだけです。自己肯定感が高くなるような事に、とても恐怖を感じるのです。お前は一生日陰から出るなよと。

外食しようとしても、「おまえ外食なんてしてるの?あん気持ち悪い暴走したのに」「言いふらしてやろうか?」と言われそうで、バチがあたりそうで何もできません。

服を見ても、何もワクワしません。これを買ったらバチが当たりそうだな、としか思えないのです。

これって、どうすれば治るのでしょうか?

こうなったのは、自分が最終的に暴れてしまたからなので、全部私が悪いんですけれども、せめて、イジメられたうえに今もずっとずっと救いがないのなら、せめて怖さだけは取り除きたいです。

神様を信じてませんが、どこか神頼みしています。一生日陰から出ようとは望みませんが、怖さだけはどうにかなくす方法ないでしょうか。

病院電話で聞くと、「不安言葉にしてしゃべると、不安を司る扁桃体が刺激されて、和らぐ。書くだけじゃだめ。」と言われました。

けど、話す人がいません。こんな事しゃべったら、だれでも距離おかれると思いますし、そもそも家族恋人もいないし・・・

2020-11-18

新型Macレビュー記事ブコメ

Apple嫌いのブクマカ達めちゃくちゃイライラしてて笑った

これに限らずはてブってほんと癇癪持ち多いよな

2020-10-02

全てが嫌

私は鬱病持ちのこどおば。

身体障害者アル中癇癪持ちの父と、カサンドラ共依存の母と

発達障害精神障害を抱えてる兄(こどおじ)と4人で暮らしてる。

今日仕事休み

母が泣いていたので事情を聞いたら、以下の事があったらしい。

仕事で疲れてるので2階で寝ていたら、1階の父から「おい!」と怒鳴られる

郵便配達員が家のシャッターを開けて届けに来た

(父は脚が不自由なので出られない)

・2階から降り、受け取ってシャッターのカギを閉めた

・再び2階で寝る

・この時点で父不機嫌

・また1階の父から「おい!」と怒鳴られる

・今度は別のシャッターを開けて宅急便配達員が来た

・2階から降り、受け取った

・その後荷物は同じく休みの兄に渡して(↑のあいだずっと2階にこもってた)、兄はそそくさと出掛けた

・父カンカン、全て無視、酒を飲み始める

・母2階で泣く

詳しくは聞いてないが兄はセルフネグレクト部屋(自分もそんな感じではあるが)に住んでて、多分アル中も入ってる。(父と似てしまった)

年がら年中、メルカリチケット転売サービスでモノを買っては家に届きまくってる

(私は可能な限りコンビニ受け取り、あるいは家にいる時間帯に送って貰うようにしてる)

こんな兄も問題だし、母をコキ使ったり怒鳴ったり無視したりする父も問題だし

入口シャッターのカギ閉めてるのに別のシャッター勝手に開けた宅急便人間問題

さすがにこれは苦情入れといた。今後はシャッターのカギ閉まってたら別のシャッター開けないで、というのと問答無用で不在扱いにしてくれと。

ただ、前述の通り私含め家族全員がどっかしら病んでるしメンタル死んでるから注意なんて出来ない。

自分ちゃんと1階に居なかったか対応できなかったから母ひとりに全て負担が行ってるんだと思うとかなりつらくなってきた。

わたし仕事で家に居ない時もこんななんだろうか。

本当につらい。

2020-09-30

https://www.buzzfeed.com/jp/reonahisamatsu/zeni-yamete

こんな記事を読んだ。

このお母さんが言ってることは正しい。間違いなく。


ただ私はこの記事を見て、また、ここ最近芸能人自殺の件を見て、自分過去の事を鮮明に思い出した。

自分語りする場他に無いのでこちらで失礼します。長いから読まなくていいよ。

↑の記事とは全く関係ないので、あしからず


私は毒親からまれた。母が特にヤバい。どうヤバいかは読んでる内に分かると思う。

父親ヤバいけどマシ。父親は私が5歳の時に借金問題離婚した。借金の原因は母であり、父が母に耐えられなくなったというのも離婚理由の一つ。

あと他に父親ヤバい所は私が3歳の時に未成年淫行逮捕経験有り、今もたまに何かしらで逮捕されてるくらいでしょうか。



母は嘘しかつかない人だった。

自分いかにすごいか毎日私に語っていた。嘘じゃないかもしれないが運動が出来て頭が良くてとてもモテたらしい。

一番よく聞いたのは、母が子供の頃芸能オーディションに応募して最終選考まで残ったのに親に反対されて最終選考に出られなかった話だ。

から自分子供を決して縛ることなく何でも自由にさせてあげるんだと息巻いていた。

他には、身内や近所からこんな酷い事を言われた!と言って悲劇のヒロインを演じていた。そして、自分は正当だって話をセットで私や色んな人にしていた。


母は家事を一切しない人だった。

私は物心ついた時には包丁を握って、火を使って料理をしていた。何度も火傷したり指先を切り落とした覚えがある。ピーラー100%切ってしまうので使うのを止めたし今でも怖くて使えない。指先が無くなったことで病院に行ったことはない。幸い、今指の形が変とか火傷の跡が目立つとかは特にない。

洗濯や洗い物は一回分でも溜まるとその晩母は発狂して私は何度も殴られ首を絞められ怒鳴られ、学校へ行く時間(朝)になるまで逃げられなかった。

ちなみに寝不足なうえにわんわん泣いてから学校に行くから瞼は毎日一重。今は何もせずに二重だが、同級生からは整形を疑われることがある。

そういえば包丁を投げられたことも何度もある(シンクに置きっぱなしだったせいで)。運良く毎回避けられたが避けなければ刺さってた。

それは物心ついた時~成人後家出に成功するまでずっと続いた。

赤ちゃんの頃はどうしていたかホームビデオを見る限りでは父親家事をしていた。母は自分がしていたと言う。だから家事も何もかもを全て私にやらせておきながら「誰があんたを育ててあげたと思ってるの!」が口癖だった。

私は何言ってんだこいつと思っていたが、ふとした時に何故だか自分が悪いかのような気になった。言われたその時ではなく、あとから何もない時に急に罪悪感に襲われた。


母は働いたことが無い。

私が産まれから家出するまでの間は。

しかし、一度だけ、試食販売バイトをした。私が中学の時一度だけなんだけど、それを一生やってるかのように「私は働いている!」と言い続けた。


母は身内や近所に嫌われていた。

祖母や伯母は「母は昔からこういう性格で褒められたのは芸能人並みの容姿だけ、だから結婚してないと駄目なのに逃げられた」と口癖のように言っていた。(ちなみに私は父親似のブス)

母はその言葉に誇りを持っていたらしい。歳は40超えていたけどいつでも芸能人になる気満々だった。頼むからそうしてくれ、家にいないでくれと思って40超えてても応募できるオーディションを色々調べて教えたけど、行動に移されることは無かった。

近所からは、毎晩発狂してる事で心配言葉を掛けられた事がある。その時母は「うちの子癇癪持ちで、すみません」と言った。

母は、一度言葉したことはその場を取り繕うための嘘でも本気で本当だと思い込める。その晩、私が癇癪持ちなせいで近所から恥をかいたと朝まで怒鳴られた。

その晩だけでなく、機嫌が悪いと必ずその話を持ち出した。

繰り返していく内に私は自分記憶も信じられなくなっていった。

しかし、とある近所の人は私に「あなた普通だよ、お母さんがおかしいだけだから」と何度も言ってくれた。その一言けが支えになった。

母はその人の事をことさらに嫌っていた。こんな酷い事を言われた、という話は主にその人からだった。

最初に出した記事から思い出したのはここです。笑 マジで関係ないです。作者さんすみません


母には愛人がいた。

私が生まれてすぐの同窓会で会った既婚者。ダブル不倫。結果として父より長く付き合っていた。

私が成人後家出した後、「〇〇が家出した原因は愛人がいたせいなんでしょ?それがショックで家出したんでしょ?別れるから帰っておいで」とメールが来た。死ねと思った。

父は愛人存在最近まで知らなかった(さすがに知ってると思って私が言ってしまった)。

父とまだ離婚してない時もその愛人とは家で会ってて、私が3~5歳の時(覚えてないけど離婚前)「今、家に借金取りのヤクザが来るから猫のフリしてて」と母に言われ倉庫代わりだった部屋の扉にガムテープを貼って閉じ込められた。

私は言われた通り、にゃーにゃー鳴いて扉を引っ掻いたりしていた。

ヤクザが何かもわからない私はガムテープが張られてない隙間から覗いてみた。見えたのは知らない男の人。しかしそれはその後小学生になって初めて顔を合わす母の愛人の姿だった。


母は生活保護を受けていた。

まり私も受けていたことになるんだけど、暫くして不正があるってなって、全額返金を求められた。と、母は話していた。

私はここの詳細はわからないけど、心当たりあるとしたら祖母父親から充分な生活費を貰っていたことかなぁ……。生活保護費は母の夜遊び代だったので。

その時高校生だったので、アルバイトをしていた私のお金、それまでのお年玉貯金そもそもお年玉は母に取られてたので、内密に受け取っていた僅かな分しかない)や奨学金含めて、全て生活保護の返済に充てるという事で母に没収されました。

高校生の時のアルバイト代はその後も全て没収生活ものすごく困窮した。お昼ご飯はお弁当だったけど、時間的にも金銭的にも作れなくなって、何もない日があって友達から少しおかずを分けて貰っていた。

しかし母は相変わらず夜遊びしていた。私は夜遊びに行ってもらう方が都合が良いのでその事を問い詰めるような事はしなかった。どこに行ってたのかも知らない。

しかしたら、嘘をつかれて、私から取ったお金も遊びに充てていたかもしれない。


高校卒業する時、私は県外の専門学校に行かせてもらえるはずだった。

小学生の時から良いなと思っていて身内全員に勧められ、漠然とそこに行くんだって思っていて、大学勉強はしてなかった。

中学で1年半不登校して(この時は、完全に部屋に閉じこもって母とも誰とも顔を合わせない引きこもりをした)基礎が何も分からなくなってしまったのでその時点で勉強はだめだと思っていた。

けど、丁度進学を決めるタイミング祖父が亡くなり、遺産で揉めて学費が払えませんとなった。

私も貯金ゼロ、なら就職しかない、と思ったら担任に「もうさすがに遅くて無理です」と言われた。そして勧められたのが、高校系列専門学校だった。推薦できるし安く出来るからって。母は最初から最後まで可能不可能の話はせず「あんたの進路はあんたが決めなさい」とだけ言った。

私は"家から出られれば"どこでも良かった。その話を担任にこっそりとしたら、寮があるから大丈夫と言われて、じゃあそうしようと決めた。

しかし、実際は寮には入れなかった。

推薦入学の為面接があって、面接の部屋に学生は5人いたのだけど私にされた質問は一つ。

「寮に入りたいって希望してるけど何で?きみ、家近いよね?」

そんな事聞かれると全く思っていなかった(担任とのシミュレーションにも無かった)ので、とにかく本当の事は言えないから「自立する為です!」と答えた。

それに対して「親孝行した方が良いよ?」と鼻で笑われた。それで私のターンは終わった。最悪だった。

その後3年は、放課後から朝までアルバイト漬け、家には風呂に入る為だけに帰り学校で寝る、というような生活を繰り返した。帰る度に母が何か喚いていたけど黙らせた。

話していなかったけど、私は小学校高学年くらいから母の暴力暴力で返していた。私の方が力が強いので捻じ伏せることが可能だった。生きる為とはいえ今でも罪悪感しかない。それに暴力癖は今でも抜けない。普段生活していて手が出る事は無いが、彼氏喧嘩して手が出てしまった事がある。別れた。子供は勿論結婚なんかも無理だろう。

それで、もう卒業式さえ出れば良いって時に東京のクソボロネズミまくりシェアハウスを借りて、必要最低限の荷物を送って、何も言わず家出した。

あんなに働いたのに引っ越し後の残金(卒業式の為に一度故郷と往復する飛行機代を除いて)は2万円とちょっとだった。

慌てて就活を始めたが、最初に当たった企業が「きみ田舎から出てきたの?東京は甘くないよwでも仕方ないからうちが拾ってあげるよwうちの寮に住むならね。給料は14万もあげるよ、田舎だとこんなに貰えないでしょ?寮の家賃は6万。これは東京では物凄く安い方だからね。ほら、ここにサインして」逃げました。チェーンだから名前晒してやりたいくらいだ。

心折れてシェアハウスの近くでアルバイトする事にしました。給料の支払い日の都合が良くてラッキーだった。ギリ初回の家賃が払えた。







このかん、何度も自殺未遂した。物心ついた時から死にたかった。

幼稚園児の時も友達喧嘩ばかりして友達が悪いのにその子の顔が可愛いから擁護されて、私が悪いんだって周りに指さされて、でも幼稚園の近くに住んでいた大人変人)が「あんたは悪くないよ!この子が悪いんだ!」と急に怒鳴ってきて、ビックリしたし周りもあいつヤベーぞ不審者だ注意しろ!みたいな感じになったけど私はその言葉で救われた。その変人がいなかったら幼稚園屋上から飛び降りていた。

小学生の時担任に親の事相談したら「そんなわけないでしょ、いいお母さんじゃない、ちゃんと育ててくれた人に感謝しなきゃだめよ」と言われた。児相存在も知らないか最後の頼みの綱のつもりで相談したのに最悪だった。でも、私も当時は自分の状況をうまく説明できなかった。虐待されているとは思っていなかったし。でも、なんか説明できないけど不当な扱いを受けている、そしてそのせいで自分はとても苦しいという認識だった。だからその日死ぬつもりだった。放課後、当時好きな人と少し進展があった。嬉しかったけど私は今日死ぬんだぞ、今のが最後の会話だからな覚えておけよと思った。遺書にも書いた。その晩家のベランダの柵の上に身を乗り出して後は手を離すだけのタイミング好きな人の事思い出してしまった。泣きながらベランダをよじ登った。

中学に上がり私は引きこもりになった。理由はなんかもう狂ったから。友達が私の事褒めると、嘘だと思ってしまう。私の脳内勝手に誉め言葉に変換してるだけで本当はずっと貶されているんだ、私はキチガイなんだ、こうなったのは親のせいだ、そんな事を思いながら母が毎日扉前で「いい加減出て来い!」と怒鳴っているのを聞いていた。

ちなみに飲食は母が夜遊びに行ってる間にした。そういえば夜遊びも近所の人に色々言われてたけどそればかりは余計なお世話、私にとっては唯一の安息時間から正そうとするな。食料はちゃんと買っててくれた。と言っても、ほとんどツナ缶だった。育ちざかりにほぼツナ缶マヨネーズしか食べなかったせいか身体が成長しなかった。友達チビを弄られる。最悪。

引きこもってる間は元気にしてた。何故ならパソコンがあったから。2chに「死にたい人が書き込むスレ」みたいなのがあって、年齢など書きこむテンプレがあってその通り書き込んだら「まだ若いから大丈夫イキロ」みたいなレスをたくさん貰った。そうなのかあ、と他の書き込み見てみたら確かに50代とかが多くて、私若っ全然余裕じゃんと思った。

それでも一度だけ「そろそろ死なないとなあ~」と思ってまたベランダの柵の上に登ったけど、やる気になれずやめた。

引きこもることに飽き、死ねないし今のままじゃマジでやべえと思って2年の2学期からいきなり登校したらマジで誰?みたいな感じだったけど誰も何も聞いてこなかった。暫く過ごして、「転校生だと思ってた。自己紹介しないから変だなって」と言われた。物珍しさで人が集まり友達に恵まれた。小学生の時好きだった人はクソヤリチンになってて冷めたけどめちゃめちゃ楽しい中学時代を過ごせた。全国の引きこもりデビュー、意外といけるぞ!もし失敗しても気にすんな!

高校専門学校家出の為に働くことに必死自殺未遂はしなかった。何度も死のうとは思ったけど世間体も気になりだして、とりあえず、家を出てから考えようって思ってた。

家出後。家出直後は紆余曲折あったが、安定してきたのは3年後頃。それまでに2回転職した。1つ目、2つ目のアルバイトははっちゃめちゃのどったばったの学生の延長みたいなノリの職場だったので死にたくなってもすぐウェーーーーイwwみたいになれたのに、3つ目は無。職場環境も人間関係金銭面も何も不満が無かったのに、何をしても楽しくなくて、ご飯食べてるだけで悲しくなって死にたい……死にたい……とずっと唱えていた。ある日職場の先輩が死んだ顔をしていたので「死んでますね」って言ったら「うん、何もないのにね、死にたい」って突然言われた。わかる~!って返してそこから「何でかよくわかんないけど死にたいあるある」を言い合った。ちなみにその先輩は私みたいな人生は送ってない。自分で「人生順風満帆家族大好きだし最近大好きな彼と結婚したし最高に幸せ♡」と言っていた。最高に幸せ♡なのに何でかマジで死にたくなって死にたくなる意味が分からなくて解決法も無いから本当に死のうかな?でも死んだら旦那悲しむし……と思っていたそうだ。今思えばあの職場が何か呪われてたかもしれないが、私はそれを聞いて、あっ毒親育ちじゃなくても死にたくなるんだ~!って安心した。安心したらその意味不明の死にたいもどうでもよくなっていった。

でもその職場で、ある日上司が変わった。すると職場環境が一気に最悪になった。クレーマーが激増して日々殺意しかなかった。てかマジでここにいる人間全員殺して私も死ぬ!って所謂無敵の人思考になっていた。電車ホーム飛び降りようともしたけど、それよりもなによりも殺したくて仕方なかった。殺さないと死ねないと思った。でも殺しちゃいけない事は分かってるし犯罪したこといからやり方わからなくて、とりあえずその時から信号無視する車とかを避けることをやめた。あわや死ぬところだったみたいなタイミングちゃん死ねば悔いなく死ねる、失敗しても保険金貰えるだろと思って死を避ける反応をしないようにした。けど、運がいいのか悪いのか全部あわやで済んでしまった。

そうこうしてる内に仕事をなんとか辞められて、今。在宅ワークをしている。

リアルで誰とも触れ合わずにいるとぜーんぜん死のうとは思わない。けど、死ななきゃなあ……と思って過ごしている。あーいつになったら死ねるんだ。




嘘と思う人もいると思うけど、全部本当の話です。フェイクも無いから知ってる人が見たら私だって分かるかもしれない。

でも母、自殺したらしいし。私だとバレた所で恐れるものは何もないからヨシ!

2020-09-29

anond:20200928211140

昔の職場にいたパートのおじさんがこんな感じだった。七十近い人だったが背が軽く180cm超えてたから、キレると迫力半端なかった。でも、キレる相手は60歳過ぎのパートのおばさん達(皆小柄)とか、入社したての若い女社員ギャル、すごく小さい)とか、明らかに自分より弱い相手で、工場長相手だと媚びへつらってたし、若手だけど品管室長身長地位がやたら高い)相手には服従してた。めっちゃ相手見てたので、あのおじさんが実はかなりヤバイし恐いということを、正社員で知ってる人が意外と少なかった。


今の職場には、女性でやっぱりそういう気性の人がいて、年下の若い男性バイトの前でだけ癇癪を発揮するらしい。十ぐらい歳上の私の前では猫被っているから、やっぱり相手を見てキレても良いと思った相手にキレるんだろうな。



こういう人達への対策……いちばんいいのは、一定以上は親しくならないってことだと思う。身も蓋もないけど。彼らは外面がいいから騙される人もいるけど、そういう気性って完全には隠せないもので、こいつはヤベェってバレて避けられるのは日常茶飯事だったりするから。だから何も知らずに慕って来る人に出会うと粘着して離さないし、どこまで癇癪を発揮しても大丈夫なのか試すとか、許されてると勘違いして盛大に癇癪を起こしまくるとか、まあ一部の人相手ではロクなことしない訳で。上手く付き合いたいなら適度な距離を取ることと、相手と二人きりのシチュエーションを避けることで、結婚なんか論外ということだ。

増田に言いたいことといえば、そういう癇癪持ちの厄介な奴に限らず、人間の表面上の美味しくて都合のいい部分だけをつまみ食いするなんて虫のいい話で、一人の人と深く付き合うなら、その人の全部と向き合わなければならないんだよ。増田場合奥さんの方が圧倒的に強いから良かったってだけで、増田のその都合のいいとこだけつまんでいたいっていう甘い考えで弱い相手と付き合ったら、DV加害者になるのは増田の方だからね。そういうあまっちょろい考えは捨てような。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん