「自己破産」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自己破産とは

2021-05-10

anond:20210510084038

これな。

年金もらえなくてもナマポもらえるのになんで娘を市役所代わりにつかおうとしてるんだ。

遺産になる家でも温存したいのか?どうせだれもすまない古家だろうからリバースモーゲージするなり、生活保護受給邪魔になるなら売っぱらって老後資金にでもしろ

父親職安通え 固定電話解約させて格安らくらくスマホもたせて格安回線契約させろ あと借金あるなら整理、いわゆる自己破産のために法律事務所につれてけ

そのためなら有給使う価値があるぞ

2021-05-04

anond:20210504185909

(続き)

といった問屋関係逸話が当時バンバン登場した。メーカーも対抗すべく(?)ダンピング出荷、返品受付などで一本でも多くソフトを売りさばこうと必死だった。このあたり、問屋小売店メーカーも、市場の異常さに気が付かずもがいていた感じが否めない。初心会二次問屋は、問屋の本分である日本全国に適正量の在庫ゲームソフト流通させる」という機能を忘れ、ただただゲームソフトを動かすことで得る利益をあげることに無我夢中だった。

ここで注意をしておきたいのが、「任天堂初心会が、一方的サードパーティ小売店から利益を吸い上げている」という既存論調は近視眼的だ、ということだ。スーパーファミコン市場に参入したサードパーティはおよそ200社。このうち途中で撤退を決めたのは10数社で、しかもこれら撤退したメーカーの多数は異業種メーカーであり、本業での業績が低下したためだったり、バブル期不動産に手を出して大やけどして倒産…といったもので、ゲームと直接関係あっての撤退ではないのだ。

小売店も同じことで、当時はファミコン-スーパーファミコンという新しい分野での市場拡大に手を出す小売店が多数いた。ただ問屋に苦しめられるだけの業種であるなら、こんなことは起きるはずがない。甘い蜜はそれなりに存在していたわけだ。ざっくり要約すると「不満はあるが儲けもある」といったところか。むしろPCエンジンメガドライブの有力ソフトスーパーファミコン移植して一旗あげようとするサードパーティのほうが多かった。それほど有望な市場であるがゆえ、いろんな輩が入り込もうとやっきになったわけだ。

市場が拡大している間はそれでもよかった。しかスーパーファミコンが円熟期を迎え、対抗馬として「次世代機」の姿がちらつくようになってきた頃に、いよいよおかしくなってきた。多数現れた三次問屋小売店二次問屋の中にねじ込み、己の利益を吸い取ろうとし始めた。手法としては品薄になりそうな人気ソフトを抱きかかえ、「小売店に小売価格そのままで」卸したりした。商圏を無視して跨いで他社の領域に食い込んで商売するところもではじめた。初心会の中にゲームソフト投機商品のように扱う問屋が現れ、二次問屋三次問屋が喜んで利益の分前を頂いた。その分小売店負担が偏り、結果的にはプレイヤーにも巡り、最終的には市場に悪影響を及ぼす。スーパーファミコン市場は歪んだまま大きくなり、そしてついに縮小を始めた。

衝撃が大きかったのはプレイステーションの登場だ。なんと問屋を使わずソニーが直接小売店ものを卸すという。革命的なやり方だった。返品なし、定価販売というところがネックになったが、どの商材も掛け率が一定であることに小売店は喜んだ。今までは問屋ごとに掛け率が違ったり、注文する本数によって掛け率が変動したり、そもそも抱合せ仕入れしかなかった(違法? しったことか!)からだ。

こんなことが可能なのはプレイステーションCD-ROM採用しているからだった。リピート生産ROMほど時間がかからない。お金も自前の工場からさほどかからない。最悪在庫になっても簡単に破棄できる。それゆえ最初こそ少量生産で行い、売り切れたら即リピート発注すればよい。こうすれば過剰な在庫メーカーも小売も苦しめられずにすむ。値崩れ・抱合せ心配いらない。

ROMカセット採用していたらすべて実現不可能なことだった。ちなみにセガサターンCD-ROM採用しているが、他社の工場での生産だったためなかなかリピートが上手く行かなかったらしい。(なお、詳しく書かないがここで上手くいった改革現在すべて崩壊している)

問屋存在意義が問われ始めていた。

一方、任天堂ROMカセット採用を64でもやめなかった。ディスクシステムに手を出してそのあまりに長いロード時間に苦慮したこと経験があるからだ。そしてこれを機にもう一度市場リセットを図ろうとした。市場にはスーパーファミコンワゴンセールが始まっている。なんとかして初心会内外にあるゲーム投機的扱いをやめさせなければならなかった。ソフトの数が少なくなれば、そのような動きはできにくくなる。そのためサードパーティソフトをとにかく減らし、少数精鋭路線で進もうとした。初心会外に取引を広げ自前で流通を行うという選択肢もあったが、これは取らなかった(実はSFC時代トイザらス日本進出をしてきたとき任天堂や各大手メーカー直接取引を持ちかけてきたが、これは上手く行かなかったようだ)。山内社長ファミコン時代の遥か昔から取引を続けていた初心会を切ることに抵抗があったからだ。それに「絶対に売れない」といってたファミコンも買い取ってくれたのは初心会だ。この前もバーチャルボーイというズッコケハードを出したが任天堂は全量初心会ハードを買い取ってもらっているので被害は最小で済んでいる。(その負債初心会が被り、さらにその負債小売店押し付けられた構図だ。)

しかしそれでも、初心会二次問屋たちは目先の利益を追い求めるのに夢中だった。

スーパーファミコン市場末期の1995年発売の聖剣伝説3は初回出荷は70万本だったが、実は初心会からの注文本数は合計140万本だった。前作がミリオン超えをしていたのでそれだけ期待があった、という表側の理由だが、ようするにこれも投機的に扱われることが明白だった(そもそも前作聖剣伝説2結構な数がワゴン行きしていた)。あまりに酷い値崩れを嫌ったスクウェアは出荷本数を半分の70万本にし、かつ卸値を10%引き上げると初心会アナウンスした。こうした動きに一部の問屋がなんと小売店に対して「スクウェア公正取引委員会に訴える!」と言いまわってしまった。もちろんスクウェア側には一切の非はない。運が悪いことに(それとも狙ったかスクウェア夏休みに入ってしまったので、小売店真相確認することができず業界の一大事が起きたのではないかパニックになったところもあるという。この話は巡り巡ってなぜか「任天堂が悪い」ということになった。PSが発売されて半年以上経とうとする頃でも、初心会危機感は全くなかった。

その年の末発売のドラゴンクエストⅥの発売にあたっては、初心会エニックスの間で注文数の予測で大紛糾だった。初心会予測は250万本。エニックス予測は300万本。エニックスは自信満々だったが、初心会はそこまで売れないと踏んでいた。初期出荷は250万できまりエニックスは自前で50万の在庫を抱えることになったが、この読みは的中する。即リピート発注がかかり、エニックス二次出荷を行った。

最終的に320万出荷を果たすわけだが、売上予測ができない問屋メーカー価値を見出すだろうか?

そして、ついに、終わりのときは訪れた。



1997年2月21日任天堂本社で毎年のように行われる初心会の懇親会。その幹部会の席上にて初心会会長である河田会長宣言した。

本日を持って、初心会解散します」

幹事会は静まり返った。関係者には事前に知らされていなかったのだ。解散任天堂山内社長と、初心会河田会長トップ会談秘密裏に行われた。今後一切の取引商品ごと個別に行われ、しか初心会内の特定10社のみそれが行われる。今までゲームソフト投機的に扱って儲けを吸っていた会社任天堂から拒絶され、二次問屋に落とされた。しかも64の少数精鋭路線のおかげでこれから商材はどんどん減る。今までのような振る舞いは不可能になった。


任天堂スーパーマリオクラブの立ち上げにより売上予測をするようになった。つまり予測ノウハウを自ら身につけつつあった。そうなれば商材を投機的にあつかう問屋不要だ。「どれほどのソフトが売れるか、我々にはわかりようがない。流通プロに任せるしかない」。かつての山内社長言葉だが、流通プロプロに値する仕事をしないのなら、切られても仕方がないというわけだ。


この改革任天堂内に留まらなかった。

実はこの流通改革前後してプレイステーションでも問題が発生した。デジキューブだ。スクウェアプレイステーションに参入する条件として、コンビニ自分たちで卸すデジキューブSCE許可させた。

もともとプレイステーションはすべてSCEが自前で小売店流通することを売りにしていた。ところが後から来たスクウェアSCEを通さず自前で流通させるという。

このあたりを詳しく解説する。SCEソフトメーカー協議し、ゲームソフト初回生産量を決める(ということになっているが、実質決定権はSCEにあった)。

SCEは特約店(一部、ハピネットといった問屋使用していたが)からの受注数がその初回生産量に満たない場合SCEが自腹で在庫を抱える(ように努力いたします、という注釈付きではあった)。

掛け率はソフトメーカー一律。

と、ソフトメーカーにかなり親切のように見える。しかしこれには問題が含まれていた。初回生産量はSCEが決め、実際に流通させているのもSCE自身だ。ソフトメーカー営業しかけ多くの受注を獲得したとしても、SCEOKを出さな場合、本当にそのソフト流通しなくなる。実際に飯野賢治プレイステーションDの食卓自分たち在庫を抱えてもいいから多くつくるべきだと要望を出しても、SCEはそれを良しとはせず、結果売り切れを引き起こし機会損失を生んだことがあり、飯野賢治セガ陣営への鞍替えしたことがあった。

ソフトメーカーからしたら、リスクも多いが儲けも大きい自社流通に切り替えたがっていた時期だったが、任天堂SCEもそれを良しとはしなかった(ただし任天堂初心会通しであるため、一社が売れないと踏んでも他の問屋が受注してくれる可能性はあるし、このときPSの取扱店はまだ初心会流通よりは少なかった)。しかスクウェアだけには特例としてそれを認めるというわけだ。SCE流通に関わらず、スクウェアが直接小売店コンビニゲームソフトを卸すわけだ。当然、初回生産量も自由に決められる。

いったいどういうことだ、SCEロンチから頑張ってきたメーカーに対して不義理じゃないのか。こうした理論で反発したメーカーがいた。コナミである

コナミSCEに対して自社流通を求めた。ゲームをつくる製造委託費とロイヤリティは支払うから、お前のところの流通網は使わんぞ、ということだ。こうすることでコナミSCE流通分の費用を削ることができる。5800円の小売価格のうちの取り分を増やすことができるわけだ。もちろん在庫リスク小売店へのやりとりはコナミ自身がやらなければならないから、自社流通完璧というわけではない。結果的大手メーカーはみな自社流通になっていくが、ナムコだけは付き合いもあってか(ナムコはかなり初期からPSに絡み、ライブラリの整備も行うほどだった。自社プラットフォームを諦めたかわり、PSに注力したということだろう)SCE流通を使い続けた。

プレイステーション側でこのようなことが起きてるのだから、当然余波は任天堂側にも及ぶ。コナミは64やゲームボーイの自社ソフトに対して「これから初心会を使わず自前の流通網使いますから」と一方的任天堂要求した。かつての任天堂ならば決して受け入れるはずのない要求だろう。だかしかし、任天堂簡単にこの要求を飲んだ。そして門戸が開かれた自主流通のおかげで、ゲーム業界流通改革は全メーカーを巻き込んだ。最終的にはコナミカプコンコーエースクウェアエニックスといった大手は自前で流通網を持ち、中小サードパーティはそこへ委託流通する形に落ち着いた。つまり初心会問屋たちを全く必要としない流通を実現してしまった。


解体された初心会ボロボロになった。合併倒産が相次ぎ、その多数が姿を消した。残された10社は直接小売店取引するようになり、二次問屋三次問屋は居場所がなかったからだ。


しか任天堂から選ばれた10社も順風満帆ではない。10社のうちモリガングバンダイ系列ハピネットに買収された。石川玩具タカラ事業譲渡した。松葉屋はラスコム事業譲渡し、そのラスコムも後年自己破産している。そんな一方テンヨー、カワダ、カマヤは今でも元気に問屋業を営んでいる。(名前が出てこない他の会社は調べても出てこなかった。情報plz

そしてジェスネット任天堂の子会社となり、アジオカは事業譲渡を行って「任天堂販売」となったが、これはなんと2016年の話だ。初心会解体されて20年近くたったが、完全に自前で任天堂流通するようになった。


こうして初心会歴史の中に消えていった。良い面悪い面両方ともあったわけだが、特に末期には悪い面が強く出すぎていた。しかしこうして羅列してみると、「初心会があらゆるあくどいことを駆使して不法市場を牛耳っていた」というわけではなく「初心会市場を牛耳っていたのでいろいろとあくどいことができた」ということに気がつくだろう。その市場も確固たるものではなく急激に膨らんだ不安定ものであり、なおかつ悪行も任天堂山内社長の怒りが落ちない範囲内の話でしかなかった。

悪徳の町、ソドムゴモラは神の怒りに触れ一夜にして滅んだ。初心会も同じ運命を辿ったのだった。


参考文献

麻倉怜士 久夛良木健プレステ革命

高橋健二 スーパーファミコン任天堂陰謀

武田亨 売られた喧嘩、買ってます任天堂勝利青写真

山名一郎 ゲーム業界三国志

山下敦史 プレイステーション 大ヒットの真実

赤川良二 証言。『革命』はこうして始まった

東洋経済 1997年3.22号 盟友・初心会抜き打ち解散した山内任天堂 焦りの流通改革

参考ツイッターアカウント

岩崎啓眞@スマホゲーム屋+α @snapwith

平林久和/H.Hirabayashi @HisakazuH

大森田不可止 @omorita

2021-04-16

コロナ失業した

借金ある人は保険切れたら、自己破産かねぇ

終わってるね

もう4月か、それでもいいんだろうな

お金返したかった

2021-04-06

ゲーム機ぶっ壊す親の息子(私の兄)が精神障害者施設に入った話

ちょっと前、子供ゲームに夢中になりすぎてルールを破るから、そのゲーム機を子供の前でぶっ壊すことを誇らしげに書いた新聞記事があった。

ああ、うちの親と同じことしてるな〜とその時は思ったが、私の感覚でいうとそれは虐待で、いつかきっと大人になってから、その傷はなにかしらの結果をもたらすんだろうなとなんとなく思っていた。

思っていたが……まさか、兄が統合失調症からの躁鬱、そして障害者施設行きになるとは想像もしていなかった。

子供の頃のことで覚えているのは、父の怒鳴り声、兄を吹き飛ばすようにぶんなぐる姿。

それが生死に関わるようだったら児童相談所の出番かもしれないけれども、数ヶ月に1〜2回ぐらいだと見逃されがちだ。

父の機嫌がよいときは、そこまでひどいことはないのだ。

から私も、子供心に「時々怖いことあるけど、これがふつーなんだ」と思ってきた。

でもあれは虐待だったのだ。

そしてゲーム機の話である。「しつけのため。お前の将来のためなんだ。お前のためを思ってやってるんだ」と言って、父親は泣き叫ぶ兄の目の前で、愛機のゲームをぶっ壊した。

父が去ってから部屋の中ですすりなく声、部屋の扉を裂ける寸前まで蹴る音などが聞こえてきて怖かったのを覚えている。

そして母親がそんな兄をかわいそうがって、何度も買い与えていたが、そのたびに「お前のためを思って」と父親がぶっ壊した。

結果、何が起こったか

兄はゲームをしなくなり、何もしなくなったのだ。

父親の前では「反省しました」と言っているものの、ぼんやりしていることが増えていったのだ。

父親にあれをしろ、これをしろと言われたらするものの、どこか中身のない感じで動いていたように思う。

そして父親の言われるままに医師になることを強く言われ、三浪してやっと私立医学部に入った。

なぜそんな父親の言いなりなんだ、と聞いたら、「別におれ、もうやりたいことねえもん」とぽつんと言っていたのを覚えている。

そうして大学生になった兄は、今までおとなしかったのが嘘のように凶暴になった。

怒鳴り散らし、ものを壊し、それでも父親の前では押し黙っている。

何にそんなにいらついているのかはわからないが、母親がその八つ当たり対象になった。

そもそも私立医学部に行かせるような家庭ではなかったのに、父親がどうしてもときかなかった。

案の定金策につまり、親戚中に借金をしてなんとか卒業にまでもっていくありさま。

絶対卒業しろいくらかけてると思ってるんだ」

そう言われた通りに、兄はなんとか卒業して医師になった。

医師になったとたん、兄は家族とはきっぱり縁をきった。

連絡先も住まいも教えず、家を出て数年。

いきなり警察署から電話がかかってきた。

おたくの息子さんが警察留置場にいる」

何をしたかといえば、車がびゅんびゅん通る車道自分の車をとめて、何か叫び散らしながらコンビニに行き、公衆電話(当時は設置されていた)で110番したのだそうだ。

「命を狙われている」

完全に統合失調症の症状だった。

警察官がかけつけた時、兄は電源のきれた携帯に向かって必死に何かをしゃべっていたそうだ。

そうして留置場でも「殺される!」と叫び散らし、強制入院となった。

この時、初めて家族は、兄の数年の有様を知ることができたのである

数百万の借金をして、ほうぼうから督促の電話がかかり、仕事にはろくにいかず、家はごみため状態

そもそも実家にいる時から家事掃除などは一切できなかったが、一人暮らししてもしなかったらしい。

玄関カップラーメンの汁が飛び散り、土足で入らなければならないほどの床のよごれよう。

家賃滞納。

入院後、見舞いの時は両親に対して「少し調子が悪かったんだ。病院入院するほどじゃない」などと気丈に言っていた。

兄は母親には八つ当たりするが、父親には決して逆らわなかった。

「早く退院してがんばれ」という父親に、兄は「うん」とうなずいただけだった。

そうして退院した兄は、自己破産をして一から医師をやり直した。

薬のせいで数十キロふえた兄は大学生のころの面影はなく、老けて五十代のようにも見えた。

そうしてまた兄は失踪した。

それが数年前。

そうして今年。

「俺、障害者施設に入ることにしたよ」と電話がかかってきたのだ。

躁鬱病の薬を飲みながらつとめていた病院は辞め、今は働いておらず家にじっとしているのだという。

「どうして」と母親は言った。「大事に守り育ててきたはずなのに」そう言って泣き崩れた。

彼女には虐待感覚はなかったんだろう。父親行為はしつけなのだと思っていたんだろう。

でも今ならわかる。あれは虐待だったのだ。

死ぬ寸前とかあざだらけとか、そういうもの保護され表沙汰になりやすいが、たとえば私の家のように、数ヶ月に1〜2回だったらどうだろうか?

虐待は恒常的に行われるものと、間欠的に行われるものがあることを知ってほしい。

そして間欠的に行われるもの死ぬこともなく保護されることもなく、深い傷をもって子供は成長し大人になるのだ。

ゲームをぶっ壊しただけでは精神に支障をきたすことはないかもしれない。

が、子供の大切に思ってるものをぶっ壊す、ような行為をするその家庭の教育の「方針」は、あらゆるところで子供の心を深く傷つけているんではないだろうか。

そうしてその心の傷は、数十年後、兄のように四十代に近くなってからあらわれることもあるのだ。

子供の頃、優しく活発で明るかった兄のことを思い出して泣いている。泣きながらこの日記を書いている。

言葉が溢れて止まらないという表現があるが、こんなに絶望失望し悲しい時に出るものなのだと初めて知った。

できることなら産まれ直したいが、そうもできない。

子供もつ親が、子供大事にしているものをぶっ壊すような教育方針でありませんように、世界のすべての親が、そうでありますように。

そう祈ることしかできない。

もし今、あなた子供を持つ親で、ゲーム機をぶっ壊すようなことをしていたら、この日記を読んで考えて欲しい。

あなた行為は、数十年後に結果として現れる。必ず。

障害者施設に入ったと聞いた父親の顔を見せてあげたい。

2021-03-24

家族問題

もういい年になってきたし、一人暮らしだし、一応自分で稼いでいるので、もうクソみたいな家族と付き合う必要なくてヤッターと思ってたけど、

冷静に考えれば母親糖質だし弟は引きこもり20選手だし姉は自己破産したうえにアムウェイにハマってるし、

父ちゃんが半端に金持ちから父ちゃんが死んだ時がめっちゃ大変そう。

2021-03-14

40だが人生詰んだ

本が好き積読していたり、旅先の様子を撮影すべくカメラレンズを買いそろえたのだけど、すべてに興味とやる気ががなくなった。本はどんどん断捨離をしていっている。

うつ病は大体1年ぐらいで快方に向かうらしいけど、どんどん悪くなっていっている。

今は一人暮らしをしているが、抗うつ剤朝ごはんにして出社しているので、そろそろ限界実家に帰りたい。(実家からも通える職場

しかし、異性関係借金を抱えた子どもなど、両親にとっても荷が重いだろう。

この歳で借金ある男となんて誰も結婚してくれないだろうし、将来は下流老人になるのが目に見えている。

友人何人かは心配してくれているのはありがたいが、しかしこんな俺に生きる価値があるのだろうか。

借金は今の貯金生命保険で返せるようにはしてある。

からこそ、生きる意味ってあるのだろうか、と日々思っている。

追記

日記への反応ありがとうございます弁護士にも相談しましたが、一度ハンコをついたら覆すのは難しいみたいです。残された方法自己破産債務整理と言われました。何の借金か詳しくは言えません。すみません

2021-03-12

もちものをうる

というのが

できそうもないか

自己破産をして

ほしいひとに

全部あげて

いらないものは捨ててもらって

ユニクロの服を着ている分だけ

それで十分といえば十分

2021-03-09

信用情報機関情報ポジティブ活用提案したい

信用情報機関自己破産、割賦払いやクレジットカードの滞納をしたりすると記録される訳で、基本的には「こいつヤベェやつかどうか」を参照する目的に使われていると思う。

一応、クレジットカード請求があってしっかり収めましたみたいな記録もあるみたいだけどそれが評価されることはない気がする。

家賃も(保証会社によっては)滞納すると記録されるわけだけどもしっかり収めても何も記録されない。

これを、家賃クレジットカードも割賦払いも基本的には請求があって問題なくと収めましたという記録を基本的に記録し審査ときにはこれを活用してほしい。

個人的には金額まではいらないと思う。金額をいれてしまうと強い信用スコアリングの要素ができてしまう気がするから

イメージとしては自動車保険のノンフリート等級のように問題のない人はリスクが低いとみなして審査保証料の割引をしやす構造になってほしい。

なぜこれを書こうかと思ったかというと職種上移動が多いので移動する度に審査職場電話されたり、家賃1ヶ月分〜0.5ヶ月分の保証料を収める必要があり

これって個人信用リスクがある程度鮮明になればクリアできるのではないかと思ったからだ。先日の連帯保証人がいないから家を借りれないという状況も改善するだろう。

とはいえ個人の信用スコアリングは過剰にやると中国のような事になってしまいかねないしその線引が難しいと思っている。そこで既存信用情報機関活用はどうかと思ったわけだ。

他にいいアイディアはないだろうか。

2021-03-04

バブル記憶

当方40代おっさん子供ときバブルが弾けたクチだ。そんなおっさんが懐古しつつ当時の思い出を書いてみる。

## マンションが一棟単位で売られていた

8階建てくらいのでっかいマンションが立って「xx億円!」みたいな垂れ幕がかかっていた。二桁億円だ

## ゴルフの会員権なるものステータスだった

年間100万とかしたらしい

## 遊びに行くのめんどくさいから自宅に作る

田舎農家なんかは宴会カラオケ完備みたいなのを作ってた

## どの家庭でも一度は家電爆買いをしている

ある日いきなり家の家電がごそっとハイグレードなものに入れ替わる

## 店員営業文句は「今が買いどきですよ」

いつでもそう、何でもそう

## 他にもあるかな

思い出せないが他にもありそうだけど、この頃にあったのは、自己破産は恥、金がないのは人間以下みたいな変な価値観もあったかな。結構夜逃げする家もあった。

2021-02-14

anond:20210214023007

たぶん最終的には自己破産になって全部売ることになるから

どうでもいい

レアコレクターの人おめでとう

それだけ

僕の人生を食いつぶしてくれてありがとう

呪ってくれてありがとう

たたってくれてありがとう

でもせめて、安らかな死をください

2021-02-08

anond:20210208143235

私財を何百万も投じて結果を確認してあることなんて、エンジニアはいくつかはもってるから

そういうのを狙う国の助成金とかは後を絶たない

どうせ自己破産から、全部ノウハウあげる。企業は丸儲け

そういうこと。

2021-02-06

anond:20210206191422

偶然できたのもそれなりにあるから

もう1回なんてできないし

なんとか無料でやらない努力でいろいろなくなって、自己破産するからもうなんにもないよ

でも2回目は予算があればできたかもね

でもそれもうっちゃうから

どこかのSIERさんが落札してよさんもらってやるでしょう

そんなもん 全部もう無い

2年間必死我慢して耐えている間におわりました。

anond:20210206190322

2度めは有料なのに

もう1回無料でやれっていう

お金ものすごいお金を使ってもなんとしてでも無料やらせないと気がすまない

僕にはお金を払わないけど、他の人にはカネを払う

 

自己破産させてでも無料やらせようとする

わかったよ

どうでもいい

でもお金払ってほしかった

もう1回無料でやれ

もう自己破産ほぼほぼ決まっているか

のこるものはなにもない

わっちゃった。

2021-02-05

死ぬまでリスカして、嫌がれるものなら嫌がってみろ、死ぬのはおまえだから

いくらでもやってやる

というひと

嫌だと言っている

当面はTV取材なども受けていないから、そういうのでもないことは明白

死んでも良い生命とおもわれたことが、いままでの努力全否定されていて

すごいなと思った

基本的にはマスコミは好きじゃないけど

正式取材依頼をしてくる人には、正式大人として個人事業主として対応している

 

自己破産させてくれてありがとう

2021-02-04

がんばって、自己破産だって

おめでとう

コレクション金額的にはたいしたものはないけど

レア物いっぱい売りに出るよ

2021-02-02

自業自得」ってどうおもいます

じごう-じとく【自業自得

自分の行いの報いを自分が受けること。一般には悪い報いを受ける場合に用いる。もとは仏教の語で、自分のし善悪行為で、みずから苦楽の結果を招き受けること。



仕事をしているときの頻出ワード自業自得」。

基本的ネガティブワードとして用いられる。他の四字熟語より大分多いのではないだろうか。にた言葉に「自分の首を絞める」というのがある。

どうも仕事をしていると自分責任範疇で起こったことは全てその人自身に降り注ぐらしい

それはそれで間違ってはいないけど、結果だけを見て自業自得を使う場面が多いと思う

結果的に間違ったり悪い向きになってしまうことは多々ある

それの原因が当事者本人にあるケースはかなりあるだろう

だけど原因を精査せずにただ「自業自得」だけで全てかたづけようとするのは、結構乱暴

コロナだろうが自己破産だろうが、自業自得には悪い結果を個人に向けたがる性質がある気がする

2021-01-31

家族は見捨ててもいい

いわゆるサラ金で働いており、延滞金の回収みたいなことをしている。

特に若年層の延滞者に(返済計画を立て直したりするために)収入支出の状況を聞いたりすると、家族仕送りしているという人が結構いる。

正気か?自分バイト手取り十数万円、そして現に借金しているのに、仕送り?嘘だろ?と思ったが、本当らしい(もちろん嘘のケースもある)。


仕送り必要なくらい困窮してるなら、家族自身生活保護受けるなり自己破産するなりすべきだと思うが、彼らは、家族でどうにかしようとしている。美しい家族愛(かどうかはわからない。本人は嫌だけど搾取されてるだけかも)とは思う。自分に余裕があるならもちろん、家族を助けることは良いことだ。でも、自分借金しながらってどうよ?民法扶養義務だってまさか借金してまで養え!でないはず。なのに日本社会自助(身内で助けあう)を美談、当たり前として広めすぎて、家族を見捨てられなくなっている。見捨てるという言い方がまずダメなんだけど。罪悪感を覚えさせる。


生活保護を気軽に受けられるようになったら、こういう、影で苦しんでる人たちも減るのかな。

オンラインサロンに入りたい」と魔が差すとき

オンラインセッション(○ヶ月○万円)に入りたいと思った時期

3桁万円の借金があり、まだ弁護士さんなどに相談もできておらず、ひたすら「どうしよう……」と悩んでいた時期、「○○さんのオンラインセッション、○ヶ月○万円でお金ザクザク!」みたいなものにとてつもなく惹かれた。例えば半年3万〜10万円くらい。

自己破産地元迷惑がかかるのでできない(官報を見られそうで怖かった。田舎は狭いし…)が、その当時の収入だと自己破産一択しかなさそうだ、友人にも言えないしどうしよう……とグルグルしているときに、その「オンラインセッション」は光り輝いて見えた。3万円(例)も、捻出できなくはない。このプログラムで3万円以上「受け取る」ことができたら大丈夫なので……。

【なぜ入らなかったのか】

講師の話を聞くだけ

→寝そう

・夢を毎週/毎月送る

→面倒になってやらなさそうな自分が見える

・「この本に全てやり方が書かれている!」

→なら本読めばいいか……

ギリギリ踏みとどまった。

自分の自堕落性格にも感謝だ。

なお、その後収入が多少増加→安定する立場になったため、安心して弁護士相談し、借金債務整理してもらった。今のところ毎月きちんと返済できている。

②月額1000〜2000円ほどのオンラインサロンに入りたいと思った時期

とにかく人と会わないと!と焦る時期があった。友人も数が少なく、結婚していて、気軽に話せる人も限られていた。また、休日に疲れて寝るだけ……ソシャゲするだけ……とか、「有意義に過ごせてないんじゃないのか?」と思い煩うことも多かった。

その時たまたまライフハック」系が流行っていて、そういうサイトを見ると、「なるほど、こういう風にすれば生きやすくなるのかな〜」とか「生活パリッとするのかな」と思った。

【なぜ入らなかったのか】

いくつかサイトを見ているうちに一部の管理人オンラインサロン始めます!と宣伝をしていた。

皆で励まし合ったり、ライフハックを共有したり……なるほど、メンバー同士の応援特化型か〜!自分パリッとしたいなあ!

と思ってしばらく観察していて、○○サロン検索したり、管理人さんの「この人がこういうことで成功したよ!」みたいな記事を読んだりした。

しかし、その「成功」の内容が、例えば「引きこもりの私ですが、コーヒー自家焙煎して淹れてみました!」みたいな「本人にとっては大きい一歩かもしれないけど……」というような内容だった。正直、1000円でも厳しい、と思う内容だ。

今思うと、逆にそれをそのまま開示してくれたのはありがたい。キラキラオンラインサロンというものは実はないのでは?と思い始めた。

スピリチュアル系のオンラインサロン月2000円くらいの存在を知ったとき

正直心が疲れているという認識があった。心も身体クタクタで、メンタルクリニックにも通っているけど、改善している気がしない。現状維持がせいぜいだ。

そんなとき、前は見向きもしなかったスピリチュアル本を見かけた。手に取って読んだ。自分の疲れ切った心を慰めてもらった。

そんなとき著者がオンラインサロンやってるのを知った。月2000円くらいか〜この手のサロンとか講演会は巻き上げるから、2000円くらいなら良心的かも。と思った。

【なぜ入らなかったのか】

その著者の新刊があまりもつまらなかったので……前の焼き直しというか生地に戻した?な感じだった。スピリチュアル本は焼き直しが非常に多くあるけれど、これはひどいな〜!と思ってやめた。ちなみにスピリチュアル本については読んでることを周りには隠しているし広げてないです。陰謀論でもない。

あくま自分場合だけど、

・何かに疲れていて思考力が低下しているとき

(誰かに決めてもらいたい!という気持ちが強まる)

・「新しい刺激に出会わなければつまらない人間になる」というのは単なる思い込み妄想しかないのに、「真実」だと受け取ってしまとき

・目の前の現実から逃避したいとき

オンライン○○は「焦り」や「罪悪感」にスッとハマるんだろうと思う。

プペルで失業保険使った人とか学生で染まりきってる人を見ると胸が痛むんだけど、もしかしたら自分も道を間違えてたらそうなっていたのかも……と思ってみている。

2021-01-30

生活保護界隈の情報歪みすぎ

なんかよくわからんけど、この国は生活保護情報めちゃくちゃ隠してるんだよな

国が隠してるってのもあるけど、まず一般人思い込みによってめちゃ適当情報を流してるのをよく見る

あと、貧困助けますみたいな人も生活保護情報にあえて触れないようにしてることも多くてビビる

そしてなぜか、フィクションほとんどに生活保護がでてこない。んー、これ保護受ければよくね?みたいなケースが多いのに、なぜか勝手に追い込まれて、したくないことや、してはいけないことに手を染めるんよね

お金持ちの家に生まれなかった子は、生活保護自己破産は最低限おさえないとあかん

それはもう、人生戦略に関わってくるわけだから

桃鉄でいったらカード使わないでプレイしてるみたいなもんだからマジで

受ける受けないはその人の好きにすればいいけど、受けたことない人は大体生活保護のこと誤解してるから偏見持たずにちゃんと調べた方がいいよ

2021-01-28

anond:20210128190237

お金がもらえるというのは、言い方を変えれば、マイナスお金まり罰金や追徴課税可能性もあるわけで、とくに追徴課税自己破産対象にならないというおまけ付き

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん