「非常事態」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 非常事態とは

2017-10-16

anond:20171016180145

そりゃやらなきゃそいつら含めて人類全員死ぬ非常事態なんだからしゃーないやろ

2017-10-12

急に3.11記憶が蘇った

記憶を蘇らせるきっかけは、RADWIMPSの「狭心症」という曲だ。

この眼が二つだけでよかったなぁ

世界の悲しみがすべて見えてしまったら

僕は到底生きていけはしいないか

当時、僕は静岡に住んでいた。その時間部活練習中で、人生でほぼ経験たことのない長い揺れを感じ、部員みんなで身を守る体制になっていた。震度こそ震度4だったが、異常なことがよく分かった。

練習の合間にガラケーを開く度、「M7.9」「大津波警報」「既に津波は到達している」「原発電源損失」という文面が流れてくる。

その後の余震静岡も頻繁に揺れていたこともあり、部活は中止になり、家で様子を見ることになった。

テレビを傍らに、まだ登録して一年足らずのTwitterに張り付いていた。まだ会ったことのない東京友達の安否を確認していた。

人生で全く経験たことのない非常事態に終始緊張をしていた。いまこの瞬間に多くの人が死んでいっているという事実が信じられなかった。

そのような状況で、急に聴きたくなったのがRADWIMPSの「狭心症」だった。震災のおよそ一ヶ月前に公開され、なんて暗い曲なんだと思って聴いていた。

世界から見れば今のあなた

どれだけ かくかくしかじかと言われましても

下には下がいるって喜びゃいいの?

僕は僕の悲しみも憂いちゃいかんとさ

3月11日の、深すぎる絶望のなかで、糸を垂らしてきたのがこの曲だった。

余震こそ来るけど普通に暮らせる場所にいた僕に届いた。捉えきれない絶望を、この曲がフィルターとなって受け止める役割、やるべきこと(やってはいけないこと)を示してくれた。

とは言っても、様子を見守ること、変なチェンメは流さない、ツイッターデマには気を付ける、このぐらいしか出来ることはなかった。

原子力緊急事態宣言」「名取で数百名の遺体発見

良い知らせなんてもう二度と入ってこないような世界になったと思った。

深い悲しみで数日間は動けなくなったが、月の後半には普通に近い生活を送っていた。

雨風は凌げ、計画停電もなく、食料も普通に手に入った。全然過酷な思いをしていたわけではないが、「狭心症」を聴く度に、あの日のことを鮮明に思い出す。

2017-09-14

anond:20170914162927

川の上だと非常事態対応できないからね

緊急車両を舟に載せて運ぶわけにもいかないし

2017-09-02

ビンタってかなりの大ごとだと思ってたんだけど、そんな気軽にやるの

某有名ミュージシャンビンタ事件の件で驚いていることがある。

悪いことしたから、迷惑かけたから、ビンタされても仕方がない。

という意見が多いこと。

子ども喧嘩格闘技やくざ商売酔っ払い精神的な病気生命に関わるような非常事態、などなど特別な状況、事情を除き、暴力などしないことが常識だと思っていた。

どんなに激怒したところで、モノに当たることはあるにせよ、人に手をあげるなどあり得ない。

いや、実際にあり得た、そして擁護する意見が多いということは、彼ら音楽に関わる人の中では人を叩くことなど軽いことなのだろう。

そういう常識の人が案外近くにいると思うと恐ろしい。

2017-09-01

https://anond.hatelabo.jp/20170829172419

アニメオタクから気持ち悪いなんて反応が出てくるだけで

別にサッカーなり囲碁将棋の中継をしていても構わないと思うんだがな

非常事態から俺の言うとおりにしろっていうのは翼賛的で極めて危険思想だと認識してる?

2017-08-29

既出だと思うけど。

北朝鮮挑発行為を機会に憲法改正について、議論する良い機会だと思う。

もう、右も左も関係ないよな。

のんびり、平和憲法が−、九条がーとは言えない。

誰が首相であっても、非常事態には国連の決議に異論を挟む国とは、武力をちらつかせながら、

行動を改めてもらうしか無いよな。。

  

2017-08-28

子供の泣き声はうるさい

https://anond.hatelabo.jp/20170827004518

子供の泣き声はうるさい。当然だ。

必死に周りに気づいてもらいたいがために泣き叫ぶわけだから赤ちゃん子供本人にとっては、”ほほえましい”なんていう状況ではない。

 

その危機的な叫び声をうるさく感じるのは人間として当然だろう。

子供の泣き叫ぶ声は、非常事態、異常を感知すべく人間の耳、脳はそう感じるようになっているはずだ。

 

それを長時間放置している親が増えているのが問題なのだ

子供は泣くのが仕事かもしれないが、親はそれを泣き止ませるべく対応するのが仕事じゃないのか?

2017-08-07

俺が見たブラック企業とそこで長くいる人間たちの特徴、そこにいたらどうなるかということ

とんでもねぇブラック企業新卒で当たって、アブグレイブ刑務所で行われた捕虜虐待レベル労働を課せられ精神疾患入院し、未だに軽度のパニック障害を起こす程度に軽く心身を破壊され、履歴書を荒らされまくり、処方される薬を飲まないとマジで、どこも外にすら出れず、人生をマトモに軌道に乗せるのに大学出て3~4年はかかった俺の意見を聞いて、参考にしてください。

老婆心からですが、就職を控えた学生の皆様は、どこにでも地雷原のように潜んでいるこういうブラック人間がいるという事を頭の隅に置いておいてください。

1、そもそもブラック企業(部署)の人員は「超攻撃的、好戦的コミュ障の集まり

まずブラック企業をまわしてる連中というのは、人間としての常識通用しません、相手意見も聞きません、一方的に話を打ち切るならまだマシ、口答えしようものなら1時間近く怒鳴り散らされます。気の弱そうな奴には手が出ます、足がでます椅子が飛んできます

教育と称してハンコの傾き具合からフォント位置言葉尻を取って半端じゃないマウンティングをしてきますリアルウシジマくんの世界です(恐ろしいことにそこそこの企業

典型的なウェーイ系だった同期は3か月で話が通じないと非常事態とばかりに辞めました、真面目一筋さわやか体育会系だった先輩は俺がきて三日目にアルカイックスマイルのまま倒れて病院に運ばれて二度と戻ってきませんでした。

ブラック企業をまわしてる人材の特徴としては、まず根っこは病的なコミュ障です、ネット煽り喧嘩しまくってる凄い荒らしリアルでそれをやっているようなものに近いと感じます

当然、ほうれんそうなんてもの崩壊しきっているため、スキルらしいスキルはまず身につかないと考えていいでしょう、というか、スキルは独占されて与えられません(人間不信も極まってるから教えたら食い扶持取られて寝首を掻かれると本気で思い込んでいる節があった)

2、彼等の根っこは非常に劣等感ルサンチマンに塗れた過去がある「ナンバー1になれるほどではない有能だった悲劇の陰キャ達」

そういう、「法律は破らないがモラルマナーは一切守らない、何故なら罰金刑罰もないから(原文ママ)」というようなタイプブラック人間というのは、どうも話を聞いている限り生まれ持って悪として生まれてきたような奴というのは、いるにはいても重役社長クラス人間だけなように思います

大体が、かなり複雑というか、コンプレックスを抱えて肥大化し、歪んでしまった人間というのが多いと感じました。親が優秀すぎてどれだけ結果を出そうとも褒められなかったとか

野球だかサッカーだかで最後までライバル校や才能あるやつに勝てずナンバー2に甘んじて、才能の限界を感じて自分から降りてくすぶっていたとか、そういう過去が必ずあります

あと共通するのは、病的なまでに根本人間不信ということです。結婚しているのに自分の嫁さん子供すら信じていません。溺愛はしているのですが、人とのちゃんとした愛情関係というのが、そもそも理解できていないところがあります(大体ギクシャクしていて家にいたくないか会社にずっと残っていることが多い)

自分自身共通項があるとすれば、彼等ブラック人材本質はかなり「陰キャ」に近いといっていいです、それを隠すために真面目系クズではなく、スキルポイントを全部攻撃性に突っ込んだDQNや悪に足突っ込んでクラスチェンジした存在といえるような気がします。

荒木飛呂彦の悪役論でいう「自分の弱さや劣等感攻撃性に裏返した人間ほどタチの悪い存在はいない」を地で言っていると感じます

3、何故彼らはブラックにとどまるのか「萌え4コマのようなやさしい世界では、テロリスト凶悪犯罪者みたいな奴等には地獄のもの

曲がりなりにも確かに有能ではあるからホワイト企業にでも行けばいいのに、と思い、自分一般派遣ではあるけど(ブラックもう二度と当たりたくないか不安定というリスクを背負って)結構上の企業で働かせてもらっていますが、後述するブラックの影響と先んじて、何故彼等はホワイト企業いかないのか、なんとなく想像がついた所感を述べます

純粋に居心地が悪いからというのがありますホワイトで人も良くてちゃんと福利厚生も整ってるのに、相手の何気ない善意やそういったところまで、何か自分を陥れて付け込む罠ではないか裏切られる前に裏切ってやる!こんな所よりもっといいところに食い込んで栄達の足掛かりにしてやるわ!とか、ブラック企業洗脳を受けて、ブラック思想無意識レベルで刷り込まれたら、こんな風に考え、わずかなミスでも笑ってフォローされるのが、逆に不気味で怖くて怖くてしょうがありません、超疑心暗鬼になって挙動不審とまで言われてしまうっていうのがあります

実際、私の見たブラックへ下ってきた元一流企業勤めとか、そんな連中というのは、そういう企業に馴染めなかった「コミュ障」というのがかなり多いです。親和性が非常に高いのかもしれない。

この件に関しては主語デカい、お前の精神構造おかしい、とか言われるかもしれませんが、とにかく私たちのように何にも知らずにいきなり社会出てブラック洗脳食らった人間ならまだしも、ブラックの水に合う人間というのは、フリーザ様のようにホワイト環境こそが地獄に思えるのかも…とは思います

4、ブラック企業に入ってブラック洗脳受けたら、思想志向がこんな風に変わる「チンパンジーのような猿人本能に刻まれた悪の才能が開花する」

ここが本題に近くなりますが、最後ブラック企業ブラック洗脳や彼等ブラック人間と机を並べて仕事すると、こんな風に思想からから無意識に変わってきます

まず「相手言葉尻をとらえられないように返事が曖昧になる」というのがありますわずかな些細なミスでも手や足が出るレベルで切れられたり、とにかくマウンティング脅迫材料にしようとしてきますから仕事上で必ずこんな風に曖昧だったり、自己防衛的にどもるようなしゃべり方になります(これが治すのに一番苦労した)

次に「すべての善意的行動に何らかの罠や悪意が混じっているのではないかとフル回転で邪推する」というのもありますブラックでは支配するのに持ち上げて落としたり、油断させて本音を引き出すためにこれをまずしてくるので、ありとあらゆる善意的行動に対して警戒行動を取るようになります(美人局とか絶対引っかからないだろうなーとは思うようになった)

次は「(法律的ではなくモラルマナー的な面で)悪いことやゲス行為をするのに対して、躊躇がなくなったどころか、悪いことに関しての創造性はポンポン飛び出るようになった」です。

躊躇なく目の前で妊婦や老人が立っていても、足を組んで優先席スマホ弄りながら服が当たっただけでにらみつけられるようになります(自己嫌悪にその後夜凄まじく陥るが、これぐらいオラついて確保していないと付け込まれて食い物にされるのがブラックです、兵隊が反射的に銃を撃つようなレベルで、反射的にこういう行動をしてしまうようになります)

最後は「悪の才能が開花しているのを身をもって感じる」というのが一番自己嫌悪と後悔が凄い強烈に襲ってきます

進んで善行を行っても何故か裏目に出て立場が悪くなったり怒られるようなサイクルに陥ります、逆のことをすると何故かうまくいったり騙しとおせて評価されるようになります

オカルト的な話ではなく、単純に思想性向が悪に固定化されるのがブラック洗脳なので、無意識的にそういう風な行動ルーチンが怒ってしまうのでしょう。

ぶっちゃけ日本戦争とかミリタリー技術には遠い平和な国でよかったと本気で思います左翼的意味でもなんでもなく、こういうブラック人材ゴロゴロしてる社会

東欧とか見たいに国民全員が銃の打ち方と戦い方知ってるとかになったら、今頃彼等ブラック人材が、ユーゴ内戦の極悪民兵組織みたいに、集団暴行・銃撃・脅迫狙撃破壊工作・略奪・強姦民族浄化人身売買奴隷狩り違法物品密輸とか、オンパレードで手を染めることは間違いないと断言できます、彼等には行動力があってもそれをするスキル日本国内にはないから、ブラック企業新卒いじめるくらいで済んでいると、本気でブラック人格破壊寸前まで被害を受けたから、私はそう思っております

最後学生の皆さんへ

ブラック人材ブラック業種に集まりますブラック業種でもシェア経営状況が上ならそんな犯罪者通り越してテロリストすれすれのキ〇ガイみたいなのはいねーだろと思うかもしれませんが

彼らは本当のホワイト企業には、水が綺麗すぎて住めないけど強い魚みたいなもんです、ドブ川(ブラックといわれる業種や職種)には、割と上場企業でも普通に多数生息しています

夢とかではなく、現実的に行動をしてください。彼等ブラック人材こそが、かなうはずのない夢やかなわなかった夢と向かい合えず、その弱さを他人への攻撃性に変換した危険人物たちなのですから

2017-07-27

増田、状況に呑まれてるよ。それはきっと「君」じゃない。

https://anond.hatelabo.jp/20170715092225

自分マタハラ野郎なのかどうか、よくわからなくなってきた。

この増田を読んだ感想をまとめると

増田は状況に呑まれており、マタハラ野郎かどうかという増田個人価値観と言えるかどうか疑わしい

ブコメで「マタハラ野郎ですありがとうございます」と叩いてるブクマカも同じ状況なら大半は呑まれて似たようなことを言う

・状況が変わったとき、ジョセフ・ジョスター風にいうなら「増田は次に『あの頃自分おかしかった』という」

中小の超長時間労働会社に勤めていた時、周りは「まだ電車が動いてるのに、仕事をのこして帰るなんてどうかしてる。ていうか、終電逃してタクシーで帰ってない奴が『頑張ってる』っていうのおかしい」っていう価値観蔓延してた。

仕事量をコントロールしないで、きたものはやり尽くすっていう方針問題だったんだけど、そういう状況だと、職務遂行力が高い優秀な社員ほど、この状況に呑まれて行く。

有能だから権限が与えられる(仕事量のコントロールは除く)→責任が増える→達成する→褒められる→自分の異常な量の献身は正しかったと認識を補強される

このレールに乗れないと思った奴は、集団では「扱いづらい変な奴」か「やる気のない意識低い奴」と扱われる。

乗れた奴もいつかブッツリ切れて会社来なくなる。

そして、穴を埋めるための非常事態が発生して、「そもそもおかしいよこの状況」という問いを発する人間は「んなこと今言ってもしゃあないでしょ、正論君さぁ」と言われ、非常事態日常的にずっと繰り返される。

状況に呑まれ権限に補強されたら人間価値観は整形されるってのを間近で見て、ミルグラム実験が正しいって実感した。

から増田が「自分マタハラ野郎か」と悩んでいるのも気の毒に思うし、叩いてるブクマカも「はー、人間自由意思価値観の強固さを信じすぎじゃない?ウブだねー」って思う。

2017-06-27

非常勤危機感

若い頃、上司が「しばらく非常勤スタッフに来てもらう」と言った。

おそらく一般的であろう読み方「ひじょう・きん」だと、非常事態派遣されて、危機回避する特殊部隊のようではないか

ぼんやりと、そんなイメージを抱いていた自分は、ワクワクして待っていた。


しかし、普通のお姉さんが来て、普通に働いて帰っていった。


非常勤」は「ひ・じょうきん」って読むべき。

2017-06-02

職業に貴賎はない、と言うけれどいくつか前提条件がある、ってことを

誰もがわかっていながら黙ってるじゃん。

例えばお巡りさんバキュームカーに乗ってウンコ回収に来る人。

どちらも社会を維持していく上で必要だったわけだ。

今はもう汲み取り式トイレなんて少ないと思うけど。

世間的な反応は違うだろうけどこれはどちらも尊い職業だと思う。

世の中の役に立ってる。人に必要とされる仕事だ。

誰かがやらなきゃいけない。

この比較ならば「職業に貴賎はない」が成立する、と思う。

では、消防士健康食品会社社員だったらどうだろう?

この二つの職業の間に貴賎はないと言えるのか。

いや、あるだろ。

消防士がいなかったら火事救急非常事態に誰も対応してくれない。

ま、警察と同じ。自宅のトイレボットンだったらウンコの汲み取りも

来てくれないと死活問題だ。

でも、健康食品必要なんだろうか。

だって効果がない”から健康食品なんだよ?

効果があったら医薬品として然るべき扱いが必要だし

効果があることをわかっていて健康食品として売ったら違法だ。

でも健康食品警察には摘発されない。せいぜいが消費者庁厚労省

景表法違反優良誤認薬事法違反でたまに検挙されるくらい。

どちらも”効果がないのにあると偽った表現をした”ってことだ。

まり健康食品として売られているアレコレには効果なんてないんだ。

でもサプリを飲むだけで痩せたいヤツや健康回復したいと考える人はいる。

前者はただ怠惰なだけかバカだ。運動しろ。食った分以上に消費すれば痩せるよ。

ただし、後者の中にはは祈りに近い行為も含まれる。

医者有効手段はありませんと言われ、絶望的な状況。

それでも生きようとネットで見つけた希望がクソみたいな健康食品

気持ちはわかる、だけど自分のことだったらそんなの許せない。

確かに知識は足りてなかったかもしれない。

でも医者に匙を投げられ、他にすがるものがない中で

情弱が引っかかった」って笑われることに尊厳があるのかと問いたい。

なぜ僕がこんなことを書くのかといえばそれは僕が健康食品会社社員であるからだ。

幸い、僕の会社はまだ、ガンに効く、とかは言っていない。

でも時間問題だと思うので転職することに決めた。

就労条件は非常に良いので残念だけども。


これから就職する君たち、職業に貴賎があるとは言わないが社会に対して無価値会社は残念がら沢山ある。

せめて世間に対して価値提供していると言える仕事をしてほしいと思うよ。

僕もそうする。

もうアラフォーだけれど、ガンバル。

職業に貴賎はない、と言うけれどいくつか前提条件がある、ってことを

誰もがわかっていながら黙ってるじゃん。

例えばお巡りさんバキュームカーに乗ってウンコ回収に来る人。

どちらも社会を維持していく上で必要だったわけだ。

今はもう汲み取り式トイレなんて少ないと思うけど。

世間的な反応は違うだろうけどこれはどちらも尊い職業だと思う。

世の中の役に立ってる。人に必要とされる仕事だ。

誰かがやらなきゃいけない。

この比較ならば「職業に貴賎はない」が成立する、と思う。

では、消防士健康食品会社社員だったらどうだろう?

この二つの職業の間に貴賎はないと言えるのか。

いや、あるだろ。

消防士がいなかったら火事救急非常事態に誰も対応してくれない。

ま、警察と同じ。自宅のトイレボットンだったらウンコの汲み取りも

来てくれないと死活問題だ。

でも、健康食品必要なんだろうか。

だって効果がない”から健康食品なんだよ?

効果があったら医薬品として然るべき扱いが必要だし

効果があることをわかっていて健康食品として売ったら違法だ。

でも健康食品警察には摘発されない。せいぜいが消費者庁厚労省

景表法違反優良誤認薬事法違反でたまに検挙されるくらい。

どちらも”効果がないのにあると偽った表現をした”ってことだ。

まり健康食品として売られているアレコレには効果なんてないんだ。

でもサプリを飲むだけで痩せたいヤツや健康回復したいと考える人はいる。

前者はただ怠惰なだけかバカだ。運動しろ。食った分以上に消費すれば痩せるよ。

ただし、後者の中にはは祈りに近い行為も含まれる。

医者有効手段はありませんと言われ、絶望的な状況。

それでも生きようとネットで見つけた希望がクソみたいな健康食品

気持ちはわかる、だけど自分のことだったらそんなの許せない。

確かに知識は足りてなかったかもしれない。

でも医者に匙を投げられ、他にすがるものがない中で

情弱が引っかかった」って笑われることに尊厳があるのかと問いたい。

なぜ僕がこんなことを書くのかといえばそれは僕が健康食品会社社員であるからだ。

幸い、僕の会社はまだ、ガンに効く、とかは言っていない。

でも時間問題だと思うので転職することに決めた。

就労条件は非常に良いので残念だけども。


これから就職する君たち、職業に貴賎があるとは言わないが社会に対して無価値会社は残念がら沢山ある。

せめて世間に対して価値提供していると言える仕事をしてほしいと思うよ。

僕もそうする。

もうアラフォーだけれど、ガンバル。

2017-05-03

シンゴジラ海外国内

シンゴジラの内容はゴジラみたいな化け物がててきて非常事態になったとき

架空日本統治機構法令適用も含めながらどのように対処していくのかっていうモデルプロジェクトXみたいなノリで淡々シミュレーションしていく映画から日本人以外の外国の人が観てもよくわからないしあんまり意味がない

海外最初からウケるけがないので内容を知っている人はわざわざ海外がー海外の評判がーてならないのでそういってる人はああこの人観てないんだなあそんなの当たり前やんという感想になる

完全に国内向けだけど、完全に国内向けの映画が人気作品でよいのか?というテーゼもあるかもしれないがどこの国にもそういう類の映画はあるからそういう作品もあっていいんじゃね?って思う

2017-04-29

まさか自分ミサイルを望むなんて

まさか自分ミサイルを望むなんて昔は思っても見なかった。

理由は生きてるのが漠然しんどいから

無責任で身勝手なのはわかってるんだけども。

なにか大変なこと、ひどいことおきないかなーって

自分や身内が巻き込まれたら怒り狂うのは想像がつくけども。

非常事態がおきて日常がかわらないかなーって

仕事したくないなあ

2017-03-11

テレビが報じ忘れがちな東日本大震災東京近辺の被害

九段会館天井が抜け、女性1人が死亡、27人がけが

浦安近辺で液状化現象が発生、マンホールが盛り上がった画像が当時衝撃をよんだ。

千葉県市原市コンビナート火災が発生、3.11当時は関東では津波よりもむしろこっちのニュースを流してた

・上記の火災に関するデマ(そこで発生した有害物質が雨となって降る)がツイッターなどを駆け巡る、非常事態時のデマの恐ろしさを改めて知る

東京鉄道がほぼ完全ストップ、帰宅難民が多く発生、幹線道路では長蛇の列をなし歩いて帰宅する人が見られた。

3.11を忘れるなとかテレビは言うけど、東京近辺の人間だってこれだけ被害を受けてるんだから忘れたくても忘れらんねえよ。

2017-03-09

明治神宮教育勅語を「超訳」を広めてる件。

教育勅語の話になると、必ず「内容はすばらしいのに、なにが問題か」と騒ぐヤカラがでてくるんだけどさ。

夫婦仲良く、友達を信頼してなにが悪いってね。

明治神宮ホームページには教育勅語についていろいろ説明しているんだが、それによれば「12の徳目」というのが記載されているそうで、その中に「夫婦仲良く」とかそういうのが入っているんだが、最後は「非常事態の発生の場合は、真心を捧げて、国の平和安全奉仕しなければなりません」と書いてあるそうな。

明治神宮によれば。

で、原文みると、おそらく該当の箇所はこうなる。

曰く、

「一旦緩󠄁急󠄁アレハ義勇󠄁公󠄁ニ奉シ以テ天壤無窮󠄁ノ皇運󠄁ヲ扶翼󠄂スヘシ」

「天壤無窮󠄁ノ皇運󠄁ヲ扶翼󠄂スヘシ」ってのはなんだか難しいけど、「天地に極まりいくら永遠に続く皇室運命をささえましょう」くらいの意味だよね。

国の平和安全なんて、かいてねえべ。

直前に「國憲」とか「國法」って言葉が出てくるけど、「扶翼」するのは、あくまで「國」じゃなくて「皇」なのだね。

しかも、この「徳目」の部分は区切りなく一段落で続いていて、最後に「以テ天壤無窮󠄁ノ・・・」と続いているので、切りようによっては「親に尽くしたり夫婦仲良くしたり、いろいろして、それでもって皇室を支えましょう」と読めなくもない。

まあ、その辺は解釈の仕方だろうが。

いずれにしろ明治神宮はちゃんと原文が読めてないみたいなので、「日本の文化伝統を大切にしたい」と考えている方々は、指摘したほうが良いと思う。

2017-02-08

行方不明って手もあるよな

田中さん(仮)が行方不明になった。

田中さん職場の、そこそこえらい人だ。

いつもどこで仕事しているかからない人なんだけど

今回はガチで連絡がつかないらしい。

行方不明ニュースが流れはじめた職場

目に見えてごきげんになった。

いつもは全員黙々とポケモンGOをしている喫煙所も珍しくにぎやか。

神妙な顔であちこちに電話している部長は、非常事態のわくわくがばればれだ。

行方不明から1週間経ち、田中さん業務はすみやかにリカバリされ、

みんな田中さん話をあまりしなくなった。

喫煙所ポケモンGOの里になり、部長はわくわくしなくなった。

田中さん名実ともに職場から消えた。

でも田中さん消滅は、すさまじい爪痕を会社に残した。

それは「誰がいなくなってもぶっちゃけノープロブレム」ってことを

みんなに心から理解させてしまったことだ。

行方不明って手もあるなと、みんな毎日思っている。

真面目に会議をしているときも。終電ぎりまで残業してるときも。

で、行方不明になったとして何も変わんないんだよな。

から私たちはみんな、明日にでも行方不明になれる。

この魅惑の事実を、上層部必死に隠していただろう。

それを明らかにしてしまった田中さんはもう会社に戻るまい。

北に向かったらしいよと喫煙所で聞いた。

そうかあ。どうせなら南に逃げたらよかったのにね。

2017-01-29

決戦!クラウドに降る雪

突如として増田の前に現れるプロトタイプ増田11(旧11人の増田)。

アルファブロガーが残したとされる禁忌ネタを使い5000ブクマを動員してyahooニュースにも掲載される。

荒れ狂うYahoo砲とはてブ砲の前に次々とサービス停止に追い込まれはてなサーバ

akamaiバックエンドごと葬り去るその威力の前に、政府非常事態宣言を発令。

はてな運営東京DCを捨て、dockerを使い、北海道石狩にあるデータセンターサービス復旧を試みるも、

自分を偽って送り続ける退屈な日常と決別して、この非常事態に対する挑戦を開始した。

次回、「決戦!クラウドに降る雪」

君のpingアプリケーションサーバに届いているか

という感じの合体ロボものになりませんか。 >さくらインターネット

2017-01-11

はてな民まとめブログは悪影響を与えてる、日本人民度を下げている

人を煽り、怒りの感情を出させるために馬鹿にした発言見出しをつけて日本人を煽る

ネット社会の闇である。人との直接的なコミュニケーションがないネット民は怒りの感情に流されやすい。相手の表情や顔が見えないといい気になって過激なことを言う人間がここ最近スマホの普及により増えた。それを利用し、寄生虫のごとくまとめブログやそのような掲示板が人々を喧嘩させ、負の感情煽り立てる。そしてマイノリティ調子に乗り、マジョリティ大多数の人を攻撃し始め、今までうまくいってたものが逆転してしまうだろう。

マイノリティ市民権を得るのは非常にまずいことだ、いつかゲイばかりでなく、ロリコンケモナーまでもが市民権を獲得し、売れてるものは必ず批判しなければならず、それを批判すると差別差別だとマイノリティが怒号をまき散らすだろう

これは非常事態だ、日本人民度は今も攻撃されているのだ

2016-08-23

通常兵器効果があるなら最大火力?

から「後から判明したこと」から遡って「なぜあのときああしなかったの?」と言うのは無しでいこうよ。小学生じゃないんだからちゃんとストーリーの中での必然性を語ろうよ。

エネルギー切れるまで打たせろ」→ゴジラが一通り東京荒らし尽くして制止している状態が「休眠」であると「仮定」できるようになって初めて言えること。それ自体ゴジラ停止から数日後でしょ。

無人機使ってから誘導兵器云々」→だからそれも後出し軍隊同士の戦争じゃなく「どんな進化するかわからない不明生物」との戦闘なんだって相手の出方が全く予想できない状態で「相手停止!一斉攻撃!」なんて指揮したらそれこそ負けフラグのものでしょ。ましてそこに「群体化・有翼化」なんて可能性が出てきたら、確実に「通常兵器による攻撃差し控えよう」という判断になるわ。

「休眠してる間に次なる進化可能性を誰も考慮してないの?」→だから、それがあったからこその国連の「核攻撃やむなし」って判断でしょ。ちゃんと見てた? その考察あったから安田くんも「そりゃ選択肢としてはある」って言ったんだよ。むしろ、群体・有翼化して四方八方に飛び散るかもしれない(そして各地で再び巨大化するかもしれない!)生き物に対して、あなたが「物量作戦空爆が上策」と思ってるのが不思議で仕方ないよ。

結果論結果論、そして穴だらけの考察あなたの書いてることは、普通に全てシナリオの中で解決がついてることばかりだよ。あなたが「おかしい」と感じるのは、端的に言って読解力不足のせいなんだよ。

ハッキリ言うけど、そもそもあなた最初は「群体・有翼化」の話が作中で出ていたことを完全に見落としてたでしょ? そのレベル記憶作品の「あれがおかしい、これがおかしい」と言うのはちょっとどうかと思うよ。

それにね。「シン・ゴジラ」のラストは、「みんなでゴジラ倒したったwwwやったぜww」じゃないんだよ。あなたはそれさえ分かってないんじゃないの? ラストシーン尻尾の大写しは、最後最後で「ほんとにギリギリ幸運による成功だったに過ぎない」「一歩間違えたら最悪の事態だったかもしれない」「しかもその悪夢はまだ終わってないかもしれない」ってことをあの映像で観ているものに見せつけて、最後にゾッとさせる系のエンディングだったんだよ? 人類ゴジラ禍をまだ全然逃れ得ていないし、だからそもそも「あの攻撃が後から見てもベストでした」なんてこと、映画の中でも誰も言ってないしそういう作りにもなっていない。ただ「その時点その時点で得ていた情報の中で、各自が最適を選びながらがんばった」という話だったんだよ。各自の行動に、ストーリーご都合主義的で不自然かつ間抜けな見落としはほとんどない。そういった完成度の高さも、あの映画評価されてる一因なんだよ。

もちろん、本当のところ映画制作の都合上「そう言いつつも、この絵を見せたいからこうしたんだよねー」という部分は、そりゃある。映画からね。「リアル」と「リアリティ」は違うからね。ただ、その嘘の見せ方自体もかなりうまかった。納得して許せるなと思えるレベル。その意味で、あの作品の防御力はゴジラ並に堅い。だから、あの映画に切り込みたいならもっと違った角度、切り口、意表をつくアプローチ必要なんだよ。

http://anond.hatelabo.jp/20160823104151

なお、タイトルの「通常兵器による最大火力」について一言考察。ここからはオマケ。

アメリカには「通常兵器有効」だというデータはあったのだろうけど、それに加えて、ゴジラレーダーのような能力を備えることまで予測していたのかもしれないね。でないと『同質量の金と同額』とまで言われる世界一高価なステルス爆撃機B2を(しかも3機も!)投入するのは不自然から。そして爆撃に使用するのは外しようのない、最大火力の誘導兵器である地中貫通爆弾バンカーバスター

まり、この時点ですでにアメリカは「普通に適切と考えられる最大の兵力」を投入してるんだよね。しか当事国同意を得ないうちに素早く。アメリカいか危機感をもち早期収束を焦っていたかが分かるね。しかし、そんなアメリカですら残念ながら予測できていなかったことが二つあった。「ゴジラ攻撃の対空レーザーへの進化」加えて「バンカーバスターで貫くことはできても死なないどころか怒らせただけというゴジラ身体構成(結果、馬鹿みたいに被害火災とおそらく放射能汚染)が拡大)」という2点。この2点のミスは致命的でかなり痛い。結果、米軍全体でも21機しか保有しないB2のうち3機(しめて約5000億円?)とその搭乗員を失い(エリート爆撃機乗員6名以上…プライスレス)、同盟である当事国の首脳陣をほぼ全滅させ(プライスレス)、同首都に壊滅的な打撃を与え(東北震災の約10倍としてざっと数百兆円? 円と株の暴落による世界経済への影響は…少なくとも米国債ドル暴落にも歯止めかからないレベルの打撃はまさにプライスレス)…。これ、単なる「攻撃作戦失敗」の域を越えてるよ?! いくら大統領に巨大な権限があるとしても「判断ミス」追及されたら辞任どころか死刑になってもおかしくないくらいの大失態だよ? ゴジラ対処する必要がある超非常事態からこそギリギリ責任問われずに済んでるけど。結果、アメリカ自分判断では動けなくなり、国連主導の解決策に移行するしかなくなった。その国連判断が、中露という地勢的に近隣な国々を中心とした「核攻撃止むなし」という結論であって、「通常兵器でなんとかしようとしてた前半」と「核攻撃止むなしの後半」では主体が変わってることもけっこう重要ポイントですね。

2016-08-16

中国人友達の『シン・ゴジラ感想

シン・ゴジラ中国人友達28歳♂(日本大学学位取得後、仕事日本で見つけて働いている)と一緒に見に行った。

俺にとっては2回目の鑑賞、彼にとっては初見だったが、めちゃくちゃはまったらしく、結局、もう一回みることに。

その後、お茶しながら、彼がいろいろと感想を語ってくれたのだが、興味深かったので書き残しておく。

(※彼の承諾はうけています


1. ゴジラ怖すぎ、強すぎ

レジェダリー版のゴジラは見たことがあるという友人。あらゆる武器がほぼ無効シン・ゴジラ絶望しか感じなかったとのこと。

個人的には、レジェダリー版の方が防御力最強のような気もするが。ま、撃ってみなければ分からないが)

第二形態気持ち悪すぎてみてられなかったらしい


2. けど、日本語早すぎて聞き取れない箇所多数

1回目の鑑賞では流れを追うことも出来なかったぽい。ヘリコプターのシーンの意味が分かったのは2回目で、ようやくありえないことが起こっていることがわかったとのこと。

あんなシーン、中国では作れるはずがないし、たぶんハリウッドでもなさそう。やはり日本人はどこかおかしいとのこと。


3. 自衛隊すごい、反面・・・

自衛隊士気の高さ、統率の取れ方、精確な攻撃に驚いたとのこと。おそらく建国期・朝鮮戦争辺りの中国も、少なくとも士気の高さでは日本には劣らないはずだが、

それ以外の点では劣る要素しかないのではと思った。というより、映画で思ったのは、もし上海とかにゴジラがやってきたらどうなるかということ。

自衛隊なら映画と同じように守ってくれそうだが、たぶん、中国ではそう上手くいかない。そして、なによりも、アメリカとか他国が助けてくれない。

この点に打ちひしがれたとのこと


4. 民主主義底力なのか?

はじめの長ったらしい閣議と後手後手の対応日本人風刺をするのだなと思ったが、それがそのうちに無くなり、洗練され挙国一致になる様は驚かされたとのこと。

政治家権力争いも特に無く、住民も素直に誘導に従っている。非常事態に際して、なぜ政府を信頼し続けられるのか。欧米日本映画空気のように当たり前に描かれる

現象中国人もっと目を向けるべきではとのこと。


結論 中国ではたぶん上映禁止

シン・ゴジラは、東京破壊されるので、一見中国政府好みのようだが、公開を許すと徐々に反体制派の聖典的な扱いになりかねないのではとのこと。

幸いシン・ゴジラは、かなり暴力的なので当局はそれを理由に上映禁止にできるので、たぶんそうしたほうがいいんじゃないかとも言っていた。


その他、石原さとみ上院議員の娘なのに柄悪すぎて笑ったとか、次の首都福岡なのか?とかも話にあがった。


なんか、僕が知らないだけでいろいろと間違っていることも多いような気もするけど、知日派のお隣の外国人感想ひとつとしては面白いのかなと思って書かせていただきました。

2016-08-11

シンゴジラをつくった人、人間ドラマなんて興味ないんじゃないか

昔、淀川長治が、マルクス兄弟について、「映画コメディではなく、舞台コメディ」っていったけど、「シンゴジラ」も映画である前に、シミュレーション映像化。この監督が撮ろうとしているのは、「ゴジラ」という生物が出現したとき対抗措置として作動するメカニズム人間ドラマとか、入る余地はないよ。

戦車ミサイルだけではなく、大型未確認生物日本上陸という非常事態対処する官邸を中心とした官僚組織メカ(機構)として扱われる。テロップはいる「内閣官房副長官秘書官」という肩書と「こんごう型護衛艦きりしま」」という艦名は、その機能を現すうえで等価であるということ。劇中、ヒロイックな面もあるけど「内閣官房副長官」がたまたま矢口」という人物だったのであって、「矢口」という人物の固有性は、ここでは意味を持たない。そこで俳優が演じるのは、固有の人物ではなくて、出世欲も含めて、その役職についている人物の類型を出ないが、それがシミュレーションを超えて「映画であるうえで問題とも思えない。

ストーリーを進めるにあたり、言葉説明し過ぎるのがこの映画欠点だけど、前述した理由からストーリーの展開上、あまり大事ではない演者の振る舞いやセリフこそ、見るべき。市川実日子のあまり感情を見せないが、ないわけではない理系女子もっさり感。高橋一生の一流大学院-研究機関と等質な環境で馬齢を重ねた人間特有のいい歳をしたおとこ学生気分の抜けなさ加減。ピエール瀧の、市川とはまた違った感情を表に出さない鈍重な顔をはじめ、自衛官役おしなべての顔の良さ。アメリカからの通告を聞くシーンで、撚れて「かっこ悪い」竹之内豊のかっこよさ、等。

映画として、大傑作かと言われると疑問だけど、自衛隊官邸組織について詳しく調べて、特撮映画としての「ゴジラ」に喰らいついてくるオタクマニアが何を好むか、よく考えている。

あらゆる映画は、ジャンル映画であり、個々のジャンル映画は、固有の観客層を持つ。結局、大ヒット作もコアとなる観客層にターゲットを絞って、それを土台に観客を増やしていくほかないと思うのだが、テレビドラマをそのまま映画館スクリーンに映しただけで、そのドラマファン映画館に来た一時期のバブルのせいでそれが忘れられていたのではないか、と思った。ただ、そんななかても、固有の観客層に向きあう映画もあり成功事例もいくつかあった。今回はそのなかでも評判がひときわよかったものではないか。実際、小説マンガ映画化の際、原作念頭において見にくる客を当てこんでいるはずなのに、原作も読まずに撮っている監督いるからね。それなら、はじめからオリジナル脚本で創ればいいのにね。いったい誰が見るのかさえ考えずに、作っているとしか思えない映画が多いなかで、いい映画だと思うが、この規模での成功を納める後続する作品が出てくるのかな、とも思う。

*** 

無料で見られるテレビですら視聴率を稼げないのに、身内でウケたちゃちなアイディアをもとにして金のとれる映画をつくろうとする無謀なテレビ屋。制作委員会に名をつらね、誰でも思いつきそうな注文を並べるだけで、金を抜こうとする広告代理店うすい内容をさら前後編に分けて薄めてしまおうとする映画会社。本編とはまるで関係のない歌詞のサビを大音量で歌いあげる予告編。練りこみが足りず、登場人物性格破たん者にしかみえないばかりでなく、物語自体も前半と終わりで話のつじつまがあわない脚本。そこそこ良質な映画でも、評判の立ち方が気に食わないとワースト映画に挙げたがるポーズだけの評論家

矢口蘭堂の目のまえに、がれきの山が拡がっていた。遠い昔であるが、ハリウッドに次ぐ映画大国であったこの国が、いまでは見る影もなかった。

日本映画は、まだまだいけるぞ!」つぶやく矢口の声に力はなく、目はうつろだった。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん