「とぼけ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: とぼけとは

2021-01-10

圧縮マン界隈@photofdmの言い逃れ小学生レベル

先日から一躍圧縮マンとしてネット有名人になっているプロカメラマン西畑志朗 @NSHT_46氏。

品川駅撮影望遠レンズを駆使して実態と大きく異なる「密」な印象の画面を作り出し、

カメラトリックに詳しい人以外の読者に「品川駅はこんなに大混雑なんだ… 緊急事態宣言ダメやん」という錯誤を与えることに成功しました。

 

圧縮マン」なる異名望遠レンズで起こる画面の圧縮効果を由来としており

https://twitter.com/nikuyasai05/status/1347420906600087554参照)

報道に使えば受け手事実誤認印象操作を誘発する効果のある手法です。

 

近年コロナの三密画面を撮りたい複数メディアが従来以上にこの技術を常用するようになり

カメラクラスタを中心にしてその欺瞞報道姿勢に批判鬱憤がたまっていたところ

朝日新聞所属カメラマン西畑志朗 @NSHT_46氏が自身圧縮マン写真ツイートしたところで一気にマグマがはじけたような形だと思います

https://twitter.com/NSHT_46/status/1347365088202690563 

  

 

西畑氏は炎上に対して「通行の迷惑にならないよう離れて撮るから望遠だっただけ」という釈明をして笑殺された以降本件にダンマリでしたが

やはり悔しい思いがあったのか、本日別のプロカメラマン福留庸友@photofdm氏)による西畑擁護発言を無言で連続リツイートしました。

 

その擁護がさあ。

こんな擁護しない方が&こんなもんリツイートせず自然鎮火に任せた方が良かったのではとも思います

   

ちなみにこの西畑擁護に出てきた福留氏も朝日新聞フォトグラファーなので

朝日新聞カメラ班としての釈明若しくは反論として読んでもいいのかもしれません。

順に読みながら検討していきたいと思います

  

  

1.「じゃあ広角で撮ればいいんですか?」

福留庸友

@photofdm

蜜に見える望遠写真反論として出てくる広角レンズ写真だって印象操作からね。

圧縮マン批判で望遠と広角が並べられていたのは

同じ場面がレンズによって全く違う印象の画面になるという例示であり、

「望遠と広角でこれぐらい変わるよ、カメラマン意図的にそういうことをしているんだよ」

という説明をされてただけですよね。

 

圧縮マン手法への批判については自分の撮った圧縮写真意図説明で応えるべきところを、

批判にまともに向き合えないので「広角で撮ればよかったというのか!」のように

わざと方向の違う・言われてないことへの反論で話を逸らそうと試みる。

悪事のバレた小学生がよくやるやつだよね。

 

カンニングしてばれて「この道具を使ったら悪いんですか!」みたいなね。

いや道具は悪くなくてもお前のカンニングは悪いだろっていう。 

 

  

2.「当然レンズで印象は変わる」

当然同じ場所で同じ時間に撮っても使うレンズで印象は変わる。

圧縮マン批判印象操作手法として散々周りに指摘されたのと同じことを

何故か自分から言い出したような顔で言う。

 

これも悪事がバレて疑われたり追及されたりしてるさなかの小学生がよくやるやつだけど、

自分への指摘で言われてることを

何故か自分から改めて言い出すんだよね、ちょっと怒ったような口調で。

 

要は「自分はそれを隠してなかったし自分から言うんだ」みたいな感じにしたいわけ。 

こっそりやっててバレて非難が向いてからそんなこと言い出しても滑稽なだけだけどな。

  

福留氏を見てると小学校クラスに一人はいた、

「小狡い言い訳ばっかりして当人は上手く言い逃れたつもりできちんと軽蔑されてるやつ」を思い出します。

  

 

3.「大事なのはレンズの長さじゃない」  

50ミリだって写す瞬間さえ選べば蜜も閑散も作れる。

大事なのはレンズの長さじゃない。

まず、

他にもインチキ手法があることを示唆しても

レンズによるインチキ言い訳正当化は出来ませんよね?

 

そして語るに落ちてるんだけど、

わざわざ「50ミリだって」などと、具体的に50mmレンズを持ち出したのはなんで?

 

プロカメラマンとして当然知ってるからだよね、

50mmレンズ人間の視界に一番近い印象の写真になるレンズとされてることをさ。

50mmで印象操作するには「瞬間(タイミング)を選べば」できると自分で言ってる。

品川駅たまたま人口密度が急上昇する瞬間て事故災害以外でいつなのかは謎だが…)

望遠レンズなら瞬間選ばずただ撮るだけでも肉眼と全く別印象の画面になる。

 

比べるとやっぱり望遠レンズの方がはるか特殊な画面になりやすレンズだよね。

でも圧縮マンは望遠を使った。

「なんで今回使用したのが望遠だったのか」ってことが聞かれてるんじゃん?

 

人間の密さの度合いを伝える記事写真で、

密の度合いが著しく事実と異なる印象になる写真を、でっかい望遠レンズを駆使してまで撮った。

それも一番よく圧縮されるような深さのある角度で写真を撮ったわけじゃん。

それはなんで?って話だよね。

 

大事なのはレンズの長さじゃない。」どころか、正反対じゃん。

くじでレンズ選んだんじゃなくて、意図があって、その意図に沿う画面を設定して、その画面を撮る為のレンズ選んだんじゃん。

圧縮マン場合レンズの長さこそが大事だったんじゃん。 ある意図の画面を作る為に。

  

 

4・「何を伝えるか。」

何を伝えるか。

からそれをあんたらの意図演出するのは誰に頼まれてるの?って話でしょうよ。

今の品川駅はこれぐらいっていうのを伝えたいなら、誤解や予断なく読者に伝わるのを目指せばいいわけじゃん。

なんで意図をもって演出すんの?

   

あの写真だとパッと見では(報道カメラマンが望遠でインチキするという警戒心持たない人が自然な視界として見た時は)

尋常じゃない混雑ぶりに見えるんだよね。

あの駅を通勤に使ってた者の目では、それこそ台風電車が止まった時のそれと同じぐらいの混雑の印象を受けるわけ。

事実と違う印象になってるよね?

 

「何を伝えるか。」考えた結果、

事実と違う印象のことを伝えようと目論んで、

そういう写真を撮るために望遠レンズカメラマン技術を使いましたということなの?

 

おかしくない?

言い訳として成り立ってすらいなくない?

 

 

5. 「写真ウソをつく。」

写真ウソをつく。簡単に印象を操作できる。

はいまた自分がいま言われてることを自分で言い直すやつです。

もちろん写真は嘘をつくけど、今言われてるのそういう一般論じゃないよね?

 

圧縮マンが嘘をついた。望遠レンズ使って簡単印象操作をやってのけた。なんでこんなことするのか。」

って言われてるんだよね?

 

圧縮マン仲間としてでも朝日新聞カメラマン仲間としてでもいいけど、わざわざ出てくるなら正面から答えようよ。

「そんなつもりはない、誤解だ」なのか、「やったがなんだ、報道マンとしての正当な行為範囲内だ」なのか。

2つに1つなんだからちゃんと応答しろよ。

小学生並みの話逸らしばっかしてねえでさあ。

  

 

6.「印象の違う写真でも記事データバランスとる」

から撮り手は蜜に見えたり少しすいていたりと印象の違う写真を、

目で見た状況や人の話・データを加え客観性を増した記事に合わせ出稿する。

これなんかもう本当に誠実さの欠片もない悪質な詭弁だよな。

 

写真事実と違う印象のものでもいいのだと。

何故なら写真から伝わる印象がおかしくても記事で補われるから。(???

 

グラフィックの与える印象の強さなんてカメラマンが一番わかってるだろうが。

めちゃ混みに見えるように撮った写真バーンと貼れば読者はそういう印象になる。

その下の記事数字でどうこう書いてもせいぜい「嘘は書いてない」アリバイになるだけで、写真の印象に勝てない。

 

だいたい記事を書くのだって変な写真撮った当人やその同僚だろ。

要するに同じ会社の同じ方向へ意図をそろえた奴なんだから

写真でせっかく狙って作り上げてある印象を打ち消すような文にするわけないしな。

写真と文のタッグで特定方向性のある記事にするのがオチなんだからバランスなんか取れるわけないよね。 

 

ガースーの権力の見張りをガースーと同じ利害の奴にやらせたら

それは「バランス取ってる」って言えるんか?

 

  

7.「何もしてないのに写真が嘘ついた」

写真が嘘をつくんじゃなくて、そういう写真を撮って載せる奴が嘘ついてんだろ?

ちいちいちいち他人事風の口調でとぼけようとするのやめようや。

 

「蜜に見えたり少しすいていたりと印象の違う写真を」ってなんだよ。

まるで「自分中立なのに写真勝手に揺らいだ」みたいな口ぶりしやがって。

写真勝手に揺らいで密になったんじゃないだろ?お前等が自分意図レンズ撮影技術で密にしたんだろ?

  

自分意図決めて、絵図の予想つけて、道具選んで、レンズ選んで、撮る場所や角度選んで、

大量に撮って、その中から一番意図に沿うたった一枚を選んで、

そこまでしたアウトプットになお「写真勝手に嘘ついた」みたいな口ぶりで逃げんのか?

じゃお前等カメラマン責任持つ領域っていったいどこなんだよ?

 

 

ていうかさー

もーさー

その都合悪いとこをことごとく他人ごとっぽく言う癖やめた方がいいよ。

小学生レベル小学生レベルって言ってきたけどほんとはそういうの小学生同士ですら通用しなくて

ちゃんと「あいつはせこい」「卑怯な奴」って子供の間でだって気付かれて評判落ちてたじゃん。

 

福留君はそういうの気付かない側の小学生だったのかもしれないし

それでそのままおじさんになってずっとやり続けてる側のおじさんなのかもしれないけど。

  

福留君の場合はあまりにもそれが頻発的な癖になってるので

その口調が発動してる部分が特にマズい部分なんだなって逆にわかやすくまでなってる。

リアルで付き合いのある人も絶対把握してると思うぞその傾向。

 

 

8.「望遠レンズ写真を取ることは悪じゃない。」

圧縮写真警察圧縮マン批判は1つの事実を示しているけど、望遠レンズ写真を取ることは悪じゃない。一つの表現手段

ほらまたきたよ。

同じ言い方ね。

 

望遠レンズは悪」とか言われてましたっけ?

望遠レンズを使ってお前等は印象操作をしてますよね」って言われてんだろ。

 

問われているのは望遠レンズではなく圧縮マンのやり口。

なのに「望遠レンズが悪いっていうんですかー」みたいな受け答えをする。

非難に正面から応えられないからこういう風に答えるわけ。

まあこういうレスポンスをしてる時点でやましいところがあるって自白してるようなもんなんだけどね。

 

解説されなくても読む人みんな非言語的にでも感じとれてるでしょこういうの。

  

  

実際あの通勤客の列に近づくのは邪魔になるし危険

へえ、あんた等みたいな人達って被写体迷惑とか気にしてたんだ?

 

でそんなに邪魔になるなら写真要らないんじゃないの?

混雑度なんて自分で言ってるようにデータで伝えればいいじゃん?

 

仮に近づいて標準50ミリを構えても、実際はみんなカメラの前を避けるはず。それはそれで撮影者が影響し本当の現状を遠ざける

この場合混雑度を撮影したいんだから歩行者自然な歩きや表情とか要らないよね?

自分から「標準50ミリ」「標準50ミリ」って連呼するのも

当人だって本当はそっちが自然だと思ってるのが漏れ出てるよね。

 

ここまで話聞いてると、本当に写真要らないんじゃない?

事実を伝えるいい写真が撮れてるって自負するのならまだしも

「印象の違う写真でもいいんだ」だの「写真勝手に嘘ついた」だの

アマチュアでも言わないような言い訳ばっかりするやつのから印象おかし写真なんか要らないでしょ。

 

もし人の邪魔になるの気にしてるとかレンズ選んでないとかがウソじゃないならもうでっかい長玉レンズなんか持って外に出るのもやめなよ。

スマホカメラで十分じゃんアマチュア以下の言い訳ばっかりの圧縮マンにはさ。

   

 

10

とにかく人の多い少ないを写真映像表現することに関して、冷静な見方が広がって欲しい。

はいまた自分が言われてることを言い直すやつです。

 

「冷静な見方が広がってほしい」って、

望遠レンズインチキな密集絵図を作って報道して煽ろうとした圧縮マン界隈が言うことなんですかね?

その冷静さを取り戻そうとしてるのはお前等の扇動写真インチキ看破して手法を周知して批判してる人達で、

お前等は扇動写真で冷静じゃない見方を煽ろうとするインチキしてバレて今ピンチな側ですよね?

  

自分がやった詐欺がバレたら「詐欺は憎むべき犯罪だろ!」みたいなこと言いだして 

なんか自分詐欺非難してた風の態度を装って非難の矛先から逃れようとする。

 

この人のやり口は基本的小学生責任逃れのメソッドそのまんまです。

パターンも少ないので同じやり方が短い数tweetの中に何度も何度も繰り返される。

 

繰り返されるコロナ禍の圧縮写真批判にはヘキエキ…

圧縮インチキ自体結構から知られてたのに最近いよいよ非難が大きくなってるのは

圧縮マンがあまりにも何度も同じやり口を繰り返すからですよね?

何を寝ぼけているのかと。

ね?自分が言われて窮地になってることを自分の口で言い直す。

  

自分がしつこく繰り返すインチキがみんなに辟易とされて火が付きだしてマズイ!ってなったら

自分で「ヘキエキ…」とか言い出す。

これがこの人の体に染みついた防御法なんでしょうね。やましいことがバレたピンチの時の。

上手くいくかはともかく。

  

 

まとめ

個人的には被写体との関係を築いてこそ撮れる広角レンズ写真が大好きです!

人と向き合わずに望遠でしか撮れないのは報道カメラマンと呼べない

福留君の場合そういう御大層なモットーの前に

インチキ写真を撮ってバレて詰められて小学生言い逃れを繰り返すとか、

写真勝手に嘘ついた」「記事バランスとるから印象違う写真でいい」などと責任放棄するとか、

もはやカメラマンとしてというより社会人として成り立ってないレベル欠点が多すぎる印象があるので

先にそういう最低限のとこから治していった方がいいんじゃないですかね。

 

姑息言い逃れ情熱的な割に支離滅裂ボロボロだし

尻尾が出まくってることも自覚した方がいいです。

 

頑張って色々話逸らして自分達の印象操作ウソ写真から目を遠ざけようとしてるのに 

蜜に見える望遠写真反論として出てくる広角レンズ写真だって印象操作からね。

「逆印象操作」なんて口滑らせて

圧縮マンの望遠が印象操作だったの認めちゃってんじゃん。

 

こういう見苦しい行き当たりばったりの答弁が朝日新聞社の公式ステートメントに準ずるものと思ってもいいんでしょうかね。

 

 

…あと蛇足だけどなんで密を蜜って書いてんだろう。

ずっとやってるから偶然変換ミスとかじゃなさそうだし。

たまたまつの字の別に気付かず生きてきてしまったパターン

若しくは連続tweetあいだずっと誤字に気付かないで蜜を打ち続けるぐらい注意力欠損?

  

写真がまともに撮れねえから記事バランス取るんだセーフなんだって豪語しておいて

記事もまともに書けてなさそうなのは大丈夫なんですかね…

2020-12-27

anond:20201227130320

傷害ではなく

このひとたちは 嘘で あいてを 自殺とかまで追い込みたいのだろうか?

とかマジで思う

警察とかの人が いやー おtか おまんこ とか 言うけど あなた警察官ですよね みたいなはなし

そりゃ警察だろうと 風俗行くだろうが 職務関係ないことを 反されても困る (本人が特定できないように ぼかしてあります

正直 あなた わたしを 性風俗業と 勘違いしませんでした?

というときに 謝罪なく とぼけて さりましたよね 警察官として 職務質問ですよね

2020-12-20

anond:20201220155137

しか擁護するやつがハフポストみたいなすとぼけ論法使ってくるバカばかりだから無能な味方ばかり増えていって更にかわいそう

2020-12-07

ヒノキ香りがした

ヒノキ香りがすると、大学生の時に好きだった人が思い浮かぶ

とぼけたフリばかりしてるのに、実とっても頑張りやさんで、お腹を下しやす可愛いの子

いつもの場所に向かうとき、あの香りがするともうすぐ会えるサインだった

あのヒノキ香りは何だったんだろう

シャンプー香水

それだけでも聞いておくんだった

2020-11-27

anond:20201127115108

女性にのみ優位に多い犯罪から関係ある。というかわざととぼけ出すことあるからたか

まともに返信してもしょんない。

2020-11-19

みかんコーヒーとオトンの初恋有村架純

「みさちゃんさ、みかん食べる?」

寒い寒いと言いながら、三時のおやつでも食べようかとリビングに降りてきた私に、キッチンから父がボソッと声をかけた。

「いや、みかんはいらん。寒い暖房つけよう」

エアコンなら、母さんが業者呼んで清掃してからじゃなきゃ使わん言ってたから、つけたら怒られるぞ」

はぁ?という顔をしている私に、いらんといったのが聞こえなかったのか、みかんを手渡しながら父が言う。

「なんで寒くなる前にやっとかんかったんだって話よな。そんなこと言ったら、怒られるから絶対言わんけど」

からからと笑う父。手に持つマグカップには湯気の立つコーヒーテーブルに目をやると、みかんの皮が散乱している。

(この人……コーヒー飲みながらみかん食ってるんか)

ソファの背もたれにかかっていたひざ掛けを腰に巻いて、リビングテーブルにつく。渡されたみかんを揉みながら、

わたしコーヒー

頼むより先に父はグラインダーに豆を入れていた。ブィーンという無機質な音が部屋に響く。

「みさちゃん、昨日の夜酔っぱらって、そこまで聞けんかったけど。この後どうすんの。そこらへん、母さんとは話したんか?」

「うーん」

どうしたものかと私は少し考えた。昨夜、久々に帰省した私のために、自宅ではささやか歓迎会が催された(とはいっても少し豪華な寿司の出前をとったくらいだが)。食事を終えて、家族三人テレビを見ながらダラダラとお酒を飲んでいたのだが、父は早々かつ静かにリビングソファに沈んだ。腹に猫を乗せて、スマホバイブほどの小さな音量でいびきをかきながら寝る父をそのままに、母とは今後の話をある程度した。正味時間ほどかかったその話を、今父にするにはまだ話をまとめ切れていない。母からは同姓として理解は得られても、父にはこの冗長な割に何も決まっていない私の現状を伝えても、ただ心配を駆り立てるだけではと不安になったのだ。

「まぁ暫くは休むよ。貯金もあるし。今はまだ動けん気がするし、何より少し疲れたわ」

みかんの皮をむきながら、はぐらかすようにそう答えると、コーヒーを入れる父の手に視線を移した。暫く見ない間にまた年季が入ったなぁと、ふとそんなことを考えた。


ここ数年、私(輝く三十代独身)はアメリカ西海岸の小さな広告代理店仕事をしていた。小資本飲食店小売店なんかがメイン顧客だったので、今回のコロナによる各種制限後はほどんと仕事がなく、一部制限解除後もほとんどの店はコマーシャルを打つ余力はなかった。片手間に作っていた無料情報誌なんかは、コロナ対策コラム等を差し込みつつほそぼそと発行を続けていたけれど、いつしかそれも限界に。結果、私はあえなく「状況が良くなったらまた声をかけるから、必ず戻ってきて」とお決まりコメントと共にレイオフの網にかかったのである。こんな状況ですら私を限界まで雇い続けてくれた会社には感謝しかないが。

解雇後「とりあえず一旦リセットだな」と考えた私は、実家に帰ることにした。異性関係は、現地で交際していた男性と二年ほど前に別れた後はパッタリだったし、行きつけのチャイニーズレストランコロナで潰れたので、かの地に私を繋ぎ止めるものはもう何もなかった。大卒から今までずっと海外でもがいてきたこともあり、このひっくり返った世界を口実に、このタイミング実家ゴロゴロしてやろうと、そういうことであるしかし状況が状況なので、帰国決断した後も、やれ渡航制限だ、やれチケットの予約だと色んなことがうまく繋がらず、なかなか出国することができなかった。ようやく帰国の日取りが決まったころ、

「帰るで」

ポッと送ったLINEに、

「車で迎え行く!楽しみ!おめかししてく!」

還暦も半分過ぎた母はノリノリで返信したにも関わらず、当日派手に寝坊した。私が期待していた、到着ロビーでの感動の再会(BGM青春の輝き/The carpenters)は叶わず。実に四年ぶりの帰国はなんとも味気のなく、一人公共交通機関でと相成ったのである


「あれな、『コロナだし、やっぱ行かん方がいいと思って』って言い訳しとった」

私の分のコーヒーを手渡しながら、けらけらと父は笑った。

「ほんと昔から適当な人。あんなんと結婚した意味分からん初恋の人とか言わんでよ?」

私が次のみかんに手を伸ばしながら言うと、

初恋かぁ……」

ギリギリ聞き取れるくらいの声でボソッと言った後、父は一人モジモジしながら下を向いた。思えば父と母がイギリス出会ったという話は聞いたことがあるが、初恋話となると聞いたことがない。恐らくこの人の初恋は母とは別の人と思うが、どうせ時間もあるし、掘れば面白い話が聞けるかも知れないと思った私は、

「そしたら、父さんの初恋っていつよ?」

別に話したくなければいいですよ、ええ。と二個目のみかんの皮をむきながら、興味なさげに聞いてみた。暫く返答がないので視線を上げると、相変わらずモジモジしながら、父は照れくさそうに顔を上げた。

「お墓に持っていくほどのものでもないし、話してもいいか。母さんには内緒だぞ?」

言うと父はテーブルの上のみかんの皮をまとめてゴミ箱に入れると、ゆっくりと向かいの席に着いた。

(結局話したいんでしょうに……)

いかけた一言を飲み込んで、コーヒーをすする。


「みさちゃん墓参りの時に行った叔父さんの家、まぁあれは父さんの実家でもあるわけだけど、裏手に階段あったやろ。急なやつ。あそこを登ると昔図書館があったんよ。市立だか県立だか忘れたけど、そこそこ立派なやつがね。父さんは大学受験勉強毎日そこでしてたんだ。家だと兄弟たちがうるさいから」

父の実家西日本の某所。坂の多い海辺の町だった。遠方であることもあり、私は小学校高学年の時に祖父母墓参りに行ったのが最後、以来そこには行っていない。

「そこの自習室がさ、海に向かって大きな窓があって。部屋にストーブがあったけど、やっぱり窓が大きかったせいかな。冬場はすごい寒かった。でもそのおかげで利用者が少なくてね。少し寒いくらいの方が頭も冴えるし、父さんはそこを好んで使ったんだ。あともう一つ、別の理由もあったんだけど」

父はそわそわと立ち上がると、コーヒーのおかわりだろうか、電気ケトルに水を入れて沸かし始めた。ケトルがお湯を沸かし始める音が、私の想像の中の自習室ストーブの音と重なる。父はそのままケトルのそばから離れず、窓の外に目をやりながら続けた。

「父さんともう一人、その自習室を使う女の子がいたんだ。とても綺麗な、束ねた長い髪が印象的な子だったよ」

突如文学的表現をし始めた父をみて(これはキモイな……)と思った。初恋話を聞くのにある程度の覚悟はしていたものの、父の口から語られるそれは、なんとも中途半端恋愛小説のようで、

(これは、脳内キレイどころの女優さんでもキャスティングして、程よく補完しながらでないと聞くに堪えないな)

そんなことを考えながら、みかんを口に放り込んで聞いた。

「それが初恋の人?思ったよりチープな感じ」

今にも鼻くそを掘り出さんばかりの口調で茶々を入れると、

最後まで聞けよ。みさちゃんが聞いたんだし、父さんにとっては大切な青春の1ページだぞっ!」

父はムッとした表情で言った。

(だぞっ!って……昭和アイドルかよ)

「隣の高校女の子だったんだ。同じく受験生だった。頭のいい子でね。その部屋で一緒になった最初の数回は会話がなかったんだけど、ある時勇気を出して話かけたんだ。『どこの大学を目指してるんですか』ってね」

「ほうほう。で?」

謎のドヤ顔スルーして相槌をうつ

「目指してる大学が一緒だったんだ。まぁ、彼女は余裕の合格圏内。父さんは相当な努力を要するくらいの差はあったけれどね。彼女英語系の学部に進みたいと言っていた。将来は海外に行きたいと。当時ボーっと生きていた父さんと違って、明確な夢を持っていた彼女はとても輝いていてね。ほら、男って単純だから、一発で惚れちゃったんだ。同じ大学を目指す二人。一緒に勉強する自習室。これは、もう、そういうことだろうってね」

馬鹿なのではなかろうか」

「いや、馬鹿でなくて!」

父は鼻息荒く私を遮り、

「たしか最初一方的ものだったさ。けれど、一緒に勉強……というかほぼ父さんが教わるだけだったけれど、毎日のように、約束して、同じ時間を過ごして、そういう感じになったんだ。『一緒に合格しようね』とか『一人暮らしする時は、近くに住もう』とか、これはっ!もうっ!そういうことでしょうがっ!」

若干の金八先生口調になりながらまくし立てた。

彼女の教え方が本当にうまいもんだからギリギリの成績だった父さんも合格圏内に入るくらいになったんだ。夢の大学生活は目の前だった。ある雪の積もった日、勉強を教えてくれたお礼に、図書館の近くでラーメンを奢ったんだ。温かいものでも食べようってね。その帰り道、初めて手を繋いだんだ。女の子と手を繋いだのは、その時が初めてだ。さっき食べたラーメンが胃から飛び出そうだった。家まで送ると言ったんだけど、ここまででいいと。途中で分かれたんだ。次の日も、いつも通り会えると思った。でもなぁ……」

突然、演技派女優のようにうなだれる父。いや、でもこれは結構シリアスな展開なのでは。私は我慢できず、恐らく一番ビンビンに立っていたフラグを掴むと、

「……し……死んだとか?その才色兼備さんは……事故に遭ったとかで……」

ゴクリと唾を飲みながら聞いた。少しの間、静寂がリビングを包む。父は顔を上げると、

「あっ、忘れてた」

と言って、電気ケトルスイッチを入れ直した。ズッコケる私を一瞥しながら続ける。

「いや、死んでない」

「おい」

「死んでないんだけど、消えた」

は?という私の顔に腕を組みながらうんうんと頷くと父。

「次の日から、もう試験も近いのにパッタリと来なくなった。いなくなって三日後くらいかな、その子高校に行ったんだ。名前は知っていたけれど、家は知らなかったし、当時は携帯なんてないからな。それしか方法がなかった。今ほど個人情報にうるさくないからな、聞いたらサラッと教えてくれたよ」

ケトルからサーっとお湯の沸く音がする。部屋が寒いからか、注ぎ口から湯気が濃く立ち上る。

夜逃げしたらしい。母親がいない家庭で、親父さんがあまり真面目な人じゃなかったようでな。突然いなくなったってことだった。仕事で失敗したんだか、博打なのか知らんが……。家の前にも行ったんだけどな。バラック小屋ってわかるかな?そこまで酷くはないけれども、それに近いような、貧相な家だった。当然、明かりもついてないし、扉を叩いても誰も出てこなかった。家の前には、彼女図書館まで来るのに使っていた、見覚えのある自転車がそのまま置き去りにされてたよ」

そこまで言い切ると、父は黙りこくった。そのまま暫く何も言わず、再び沸騰したケトルのお湯でコーヒーを入れ始める。

大学は……大学はどうなったん?」

私は恐る恐る聞いた。父はいつの間に私のコーヒーが空になっているのに気付いたのだろうか。二人分入れていたコーヒーの片方を私に差し出しながら、

「父さんは合格したよ?」

知ってるだろ?と言わんばかりのとぼけた顔で答えた。

「いや、父さんでなくて、才色兼備さんは?合格発表で奇跡の再会をしたとか」

興奮する私とは対照的に、父は再び、一人冷静にモノローグに入る。

あの日合格発表の日。始発で発表を見に行ったよ。大学は遠かったからな。張り出された番号より先にまず彼女を探した。どこにもいなかった。一通り探した後、掲示板を見た。自分受験番号があった。でも全く喜ぶことができず、父さん、そこでずっと立ってた」

ヤバイ、泣きそうだ)

目の前でセンチメンタルに語られるオジさんのモノローグに、不覚にも目頭が熱くなる。

「当然彼女の番号はおろか、受験たかどうかさえ知らないからね。その日は大学の門が閉まるまでそこにいたよ。掲示板は何日張り出されてたんだっけな、もう覚えてないけど、もしかしたら今日これなかっただけで、明日見に来るのかも知れない。そう思った父さんはなけなしの金をはたいて近くの民宿に泊まって、翌日も一日中待ってたんだ」

「……でも、来なかったんでしょ」

ティッシュで目頭を押さえながら私が聞く。指先についたみかんの酸が目に染みる。

「うん。来なかった。そして大学に入ってからも、彼女の姿を見ることはなかった」

自分の話なのに、ウルウルとなく娘にもらい泣きでもしたのだろうか。ズビッと鼻を一度ならすと、

「きっと、受験できなかったんだなぁ。だって受験してたら、彼女なら絶対受かってるものあんなに行きたがってた大学だったんだから

父はしみじみそういうとコーヒーをスッとすすり、一つ残ったみかんを、テーブルの上のカゴから取り出した。


(なんて切ない話だ……)

還暦もとうに過ぎたオジサンコイバナに、悔しいけれど胸を打たれた私は、鼻水をかみながら劇場を退席しようとした。脳内有村架純あたりを勝手キャスティングしていた才色兼備不憫さも去ることながら、そこにいない初恋の人を必死に探す父の哀れさを思うと、今はすっかり禿げ上がった父にも、そこそこかっこいい俳優キャスティングしてやらねば。そう思いながら、ソファ眠る猫を抱えて二階に上がろうとした。その時。

「でも、この話には続きがあってな」

ニヤニヤとしたり顔で笑いながら、父は私を引き止めるように言った。

「父さん結婚前にイギリス単身赴任したことあるって言ったろ。そこで彼女と再会したんだ」

「えぇ!?嘘!そんな偶然ってあるの!?

私は慌てて猫をソファに戻すと、前のめりになりながら席に戻った。と同時に私は焦った。父と母はイギリス出会ったという話を思い出したからだ。そうすると、有村架純キャスティングした才色兼備の役を再考しなければならない。あの母親は……明らかな才色不備だ。

「ま……まさか……よくある話で、その女性って……」

「あ、母さんじゃないぞ」

私の焦りを察したのか、落ち着かせるように父は釘をさした。

日本人駐在員が集まるパブがあってな。仕事終わりにそこで飲んでいたら、隣に二人組の日本人女性が来たんだ。その片方が彼女だった。一目でわかったよ。向こうもそうだったと思う。『もしかして、○○さん?』って聞かれた時、夢でも見てるんじゃないかと思ったよ」

「うわぁ、本当にそんなことってあるんだ。もうそから話が止まらなかったでしょ」

「いや、お互いとても驚きつつも、一言二言交わしてその日は別れたんだ。向こうは連れがいたしね。翌日は休みだったから、また明日改めて会いましょうと、向こうから番号を渡された。その番号を見て色々悟って、嬉しくなったね」

「なにを悟ったん?」

電話番号だけで、ホテル名前とか部屋番号とかは書いてなかった。つまり定住しているってこと。ちゃんと夢を叶えたんだと」

「なるほどねぇ」

そんなに長いこと話したつもりはなかったが、いつの間にか部屋は薄っすらと暗くなっていた。父がパチッと部屋の明かりをつけると、猫が呼応するように二階へ駆けていった。


「でもさ、そんな感動の再会したら、もうそれは運命の人じゃないの?どうしてその人と結婚しなかったのさ」

話が一周して戻ってきたが、単純にそう思ったので聞いてみた。そりゃあ、今の母と結婚たから私がいてとか、そういう御託はあれど、普通ならそこでくっつくだろうと、そう思ったからだ。

「いや、彼女はもう結婚して、子供もいたんだ」

「あら、そういうパターン

「あの後、働きながら勉強して、渡英して、仕事についたと言っていた。そこで出会った人と結婚したそうだ」

それを聞いて、世の中うまくはいかないのだなと思ったのはもちろんだけれど、ふとその時父は何を思ったのかが気になった。初恋の人との運命的な再会と同時に、自分の恋が終わった時、悲しかったのだろうか。悔しかったのだろうか。私だったらグシャグシャになってしまうかも知れない。しかし、そんな私の疑問は、次の父の言葉ですぐに解消した。

「心からしかった。父さん、みっともないけど、そこで泣いちゃったんだよ」

照れくさそうに笑いながら父は続けた。

「良かった。良かったってね。ずっと心につっかえていたものが取れたような気がした。『ありがとう』っていう父さんに、あの人は『なんで?』とは聞き返さなかった。わかってくれたんだろうね。『こちらこそありがとう』と」

「どういうこと?」

今までの話の中で、父がその人に感謝することはあっても、父が感謝されるようなことがあっただろうか。

「『君が海外に行ったら、そこに僕も必ず行くから、その時はバッチリ英語観光案内してほしい。約束しよう』父さん、そう言ったんだと。全く覚えてなかったけどね」

「そんな約束してたんだ」

「『私が海外に行くことに、きちんと意味を持たせてくれたのはあなただった。約束を守るために、頑張ったから今ここにいるの』と言われた。父さんも、彼女の役に立ててたんだ」

一昔前のトレンディ俳優のようにフッと小さく笑うと、そのまま父はトイレへと消えた。

(お前はすっかり忘れてたわけだけどな)

父の背中に心の中で柔らかく突っ込みながら、私もニッコリ笑った。


それから才色兼備さんとは会ってないの?」

トイレからいそいそと戻ってきた父にそう聞くと、

「ああ。会ってない。連絡先も特に交換しなかったんだ。まぁ色々あってね」

父はテーブルのカゴにみかんを補充しながらそう答えた。

「でもさ、初恋は思い出の中に。そういうものだろう」

キメ顔で答える父に、久方ぶりに(気持ち悪い)という素直な感情が戻ってくる。

「ただいまぁ」

玄関から気の抜けた、疲れた声が聞こえてくる。

「あら。何仲良く話てるの珍しい」

リビングに入ってきた母は、そう言いながら、みっちり膨らんだエコバックキッチンに置いた。それを見て、先ほどまでの話題のせいで居心地が悪いのか、父が二階へ避難しようとする。

「なになに?なんの話してたん?」

トイレに行こうとする有村架純とは程遠い母が、リビングの出口で父に聞く。

「いや?たわいもない話だよ」

父は道を譲りながら誤魔化した。訝しげな視線を投げながら、母がトイレに入ったのを見計らって、

「ちなみにな」

父は私の耳元に口を寄せると最後にコソッっと

彼女と再会したときパブ彼女と一緒に来てたのが母さんだ」

そう付け足して、ニヤニヤしながら駆け足でリビングを後にした。

「えぇー!?なにそれぇ!」

驚く私の声と重なって、リビングのドアがバタンと閉まる。

「ねぇー!何の話なのー?」

母の切ない声がトイレから響いた。


あの人との馴れ初め話は、また後日みかんコーヒーを飲みながらでも聞こうと思う。


暇つぶしにこの話をネットに放流する許可をくれた父に感謝

2020-11-11

anond:20201111103231

発達障害ではなくわざとでしょ。

男に媚びてない絵や女に媚びた絵はものすごく敏感に察知して嫌悪感剥き出しにして、

男媚びの萌え絵には女の子一般人も好む絵でどこが萌え絵かわからないとわざととぼけてるんだよ。

発達どころか敏感にニュアンス感じ取ってると思うよ。

2020-11-06

[]ドロヘドロだらだら読んでる

カイドウかわいい えっち

キャラとぼけてるとお思いきやシビアだったり

何気なくアニメみたら8巻くらいの内容を8羽でやってて、はやっ!とおもった

でもアニメ12羽だから最後まではいってないよな

へんに中途半端なとこでおわってそう

のいもかわいい えっち

2020-11-04

anond:20201104184255

萌え絵リプライでみんな揃ってエッロエッロいって喜んでたでしょ!とぼけないの

2020-11-03

AKBにじさんじファンマナー揶揄するのどうなの

絶対ブツブツ」「学校での地位も低い」人気Vチューバーアンチへの発言が物議 「自分誹謗中傷」指摘の声

https://news.livedoor.com/article/detail/19135690/

この件。

1.発言自体はただのアトピーいじめられっ子への差別意識だよね 

まず

「いや、そんなん絶対ブツブツじゃん!」と嘲笑

「(給食の)牛乳とか洗うの全部押し付けられてるんだろうな。(クラスメイトから)押し付けられたから、そうやって押し付けるんだろうな、人に」と、

学校での嫌なことをネットで発散しているのではと考察していた。

こういうのは、

単に顔がアトピーの子とか学校いじめられてるようなことかを見下して嘲笑してるだけで

そのコメント欄相手との言い合いとかじゃなくなっちゃってるよね。

しかコメント欄人間がそういう特徴を持ってるって確証は何にもない)

 

単にこの人自身学校でそういう子を見下す気持ちで過ごしてた(当人がそういう立場だった場合も含めて)っていう

差別的意識吐露してるにすぎないのでまるっきりアウトだと思います

  

 

2.そういうファン問題対応について

で、

あの騒動の本題はそこじゃなくて

そもそもこの葛葉というvtuberがキレてたのは

なんかゲームやってる時にああしたらいいこうしたらいいと指示するような馴れ馴れしくウザいコメントが多くてそれが気に入らなかったっていう。

 

かにvtuberチャットってなんか距離感変に近くて気持ち悪い奴が多いことはチラッと見るぐらいの私でも感じてる。

それは関係ない第三者の私のような人間は指摘したり批判したりしてもいいと思う。

「こいつらキモいなw」って。

 

でもさあ、

にじさんじとかを熱心に厚く買い支えてくれてるのってそういう、人との距離感図れない系の気持ち悪い奴等じゃないの?

どっかそういうところがあるからvtuberみたいなものに入れ込んで、

その中でも技術的にも何の見どころもなく、エンタメとしてキャラ構成を作り込むわけでもなく、一本で芸になるような秀でたものも何もない人達巣窟であるにじさんじ応援してるわけじゃん?

 

リアル距離感図れない、親愛の情が満足してない、有意義自由時間の使い道も持ってないから、にじさんじの生なんか見てるわけじゃん。

そういうやつらが閲覧回数になったり登録人数になったりして、広告パワーになったりスパチャ養分になったりしてるわけじゃん。

 

まりキモい奴等の社会不適合性を絞った汁でおまんまくってるわけじゃん。

そういう立場で、自分ファン距離の近さに真人間みたいな説教するのはどうなの?

 

これAKBみたいなアイドルグループにも言いたいんだけどさ。

顔も可愛くない、スタイルも良くない、歌も踊りも下手、プロとして見せられるレベルの取り柄や芸なんか一つもないわけじゃん。

たまに間違って紛れ込んだ少数の、カリスマ性や自信があるやつはさっさと脱退するわけじゃん。

 

あんグループに入ること自体

取り柄の無さを「近さ」で補って、そういうの求めてる気持ち悪い奴等を顧客としてターゲッティングしてるわけじゃん。

握手会にいそいそとくるような奴ら。そんで気持ち悪い絡み方するような奴ら。

CD何千枚も買って自分が支えてるんだ見たいになるような奴ら。 

 

そういう商売をしておきながら、

たまにファン非常識な行動や感性真人間みたいな顔で注意するアイドルがおるの。

 

いやいやいや。

そういうやつだからこそ、あなたらのような取り柄の無い人に執着して飼い支えてきてるわけじゃん。

わかってるはずだよね?そういう商売構造

 

世の中の誰が「AKBファン気持ち悪いw常識がないw」と非難しても、

AKBメンバー関係者だけにはそういうマジレスをする資格は無いわけですよ。

だってファンキモさや不適合さこそが売上源泉なんだから

 

そこをとぼけるなって。

おまえらはやべー奴がやべーからこそ、そいつから搾れる汚い汁をご飯にかけて飯が食べれてるんでちゅよ?

 

そこをなんか誤魔化そうしらんぷりしようみたいなムーブは通せないよね。

2020-10-29

フェミニストの話が食い違う理由

フェミニスト表現規制話題で新作が出ました。

https://b.hatena.ne.jp/entry/blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/2004043.html

今度はこの江口寿史っぽい女性イラスト問題だと。

 

1.「とぼけている」という頻出問答

イラストを見た感じ、露出度は高いですが、まあイケイケ感ある夏の水着と言う感じで、

卑猥描写18禁的な描写がないことはどの立場の人も同意できると思います

実在女性がこの格好で夏の海岸などを歩いても逮捕されることは無いでしょう。 

 

では何を問題とするのか。

どのような論陣を立てて当該イラストを取り締まるのか。

これは規制の側に立つ人へ説明を求めて良いことですし、規制側に説明責任があります

はてなでの陣営トップコメントは以下のような物でした。

 

tobaritooth

別に私は元の看板問題だとは思わないけど、美人かどうかじゃなく生々しさの問題だってことぐらいは理解できるよ。

つかみんな理解してるのにすっとぼけてるだけだよね。

2020/10/29

この「とぼけている!」という怒りの声は

この種の規制問答で規制フェミニスト陣営から繰り返し出てくる特徴的な物です。

 

声高く何かを糾弾し、

その問題点や規制根拠を尋ねられたフェミニストサイドはしばしば

理解できるはずだ!なのにとぼけている!」と激昂の声を上げてきました。

ポイントは、主張の根拠論陣について質問された時に返答がこうなるということです。

 

Q.「あなたの主張の根拠わからん説明を求める」

A.「理解できるはずだ!なのにとぼけている!」

 

このやりとりはあまりにもしょっちゅうます

これはなんなのでしょうか?

 

 

2.フェミニスト側が考える「説明

結論から言うと、

双方の考える「他者への説明で満たすべきライン」が大幅に異なるためにこれが起きています

 

規制側・フェミニスト側の人達

「これを見て私の感情マイナス方向に動いた」ということで社会的アクション理由説明に十分だと考えています

「生々しい」とか、「なんかエロい気がする」とか、「キモい」とか、「オタクがこれ見てシコってそう」とか、

そういう瞬間的にハッとする心の動き。

 

ですからそのアクションに対して、同意されなかったり、反論されたり、根拠説明を求められたりすると、激昂します。

「え?なんでか説明して?」

とぼけている!」

明らかに相手とぼけている、私の心を無視して踏みにじっている、というわけです。

 

私の気持ちが現にある。

なのに賛同しないどころか説明を求めてくる。

この相手は私の心を否定している、許しがたいほど不誠実である

から怒る。

  

 

3.質問側が求めている「説明」 

ですが、説明を求めている側はそういうことを聞いてはいないわけです。

感情の動きは誰にでもあります

イラストを見れば何らかの心の動きは万人にあるでしょう。

そこがあるとかないとかを争われているのではないわけです。

 

かくいう私だってたとえば宇崎ちゃんの絵は下手糞な気持ち悪い絵だと思います。忌憚のない意見って奴っす。

しかしこの個人的な「気持ち悪い」のような嫌悪感と言うのは

そのままで他者通用するような何かではありません。

「私は宇崎ちゃんが嫌い、あの絵がキモい。」「ふーん、あなたはそう感じるのね」そこまでの話です。

 

社会的運動をして、宇崎ちゃんの絵を取り締まろうとか、降ろさせようとするならば、

そういう個人的情動を取れたてそのまま未加工で大声で叫んだって駄目で、

「なぜそれが社会的に許されないのか」という論理的説明理論武装必要になります

規制を唱える人達説明を求められているのはこの論理です。

 

まずオフェンス面としては「言葉による定義」や「その定義に当てはまるもの社会的有害性のエビデンス付き証明」ぐらいは必要ですし、

ディフェンス面としては「同じ定義に当てはまるもの社会に大量にあったりはしないかのチェック」ですとか、「エビデンス恣意性がないかのチェック」ぐらいはしておかないと討ち死にリスク高まるでしょう。

 

そうやって規制の為の論理を立てて、

それを規制に反対する側の人達論理チェックされて、

反論されて、再反論して、ディベートになっていくわけです。

  

 

4.話の噛み合わなさが常態化している

しかし昨今のネットで活発なフェミニスト陣営と言うのは

「私の心にネガティブな動きがあった」で説明が終わりです。

論陣構築の能力意志ゼロ

 

宇崎ちゃんの件では厳しく説明を求められたせいで渋々ながら論理構築を試みて、

陣営トップの知恵者達によって「環境セクハラである」だとか「献血自主性の問題である」だとか後付け論拠が次々示されましたが

建付けが甘いのですぐ破れ、また別の誰かが頑張って新しい論拠を立てたので大挙して引っ越したけどまたすぐ破れ、

陣営全体で酔っぱらったヤドカリのような右往左往を呈することになり、

論理より先に「気持ち」があったのは明らかでした。

 

今回の香港の絵にしても、

「生々しいだろうが!」と頑張ったって、

そう感じる人もいるし、感じない人もいるし、そんなの人それぞれなんです。

 

更に、1000歩譲って社会万民満場一致で「この絵は生々しい」と同意されたと仮定して、

生々しいから何なのですか。

「生々しい」と「道に貼ってはいけない」を繋ぐ論理が全く提示されていません。

 

tobaritoothさんがこの絵を生々しいと感じた。

それは誰も否定しません。争う必要意味もない領域です。

tobaritoothさんが嘘をついているとか、tobaritoothさんの感性おかしいとか、そんなことも言われてないわけです。

 

ただ、

Q.「あなた感性気持ちは分かったけど、それで何が問題なの?規制の為の論陣はどうなってるの?

A.「あきらかに生々しいだろう!とぼけている!

 

これは絶望的に話が噛み合っていません。

  

 

5.まとめ 

tobaritooth

別に私は元の看板問題だとは思わないけど、美人かどうかじゃなく生々しさの問題だってことぐらいは理解できるよ。

つかみんな理解してるのにすっとぼけてるだけだよね。

2020/10/29

この発言問題点をまとめると以下の通り。

 

1.「生々しい」という感想自明ではなく定量的でもなく、そもそも立場の異なる相手との議論に適さない。

2.そのような言葉を選んでしまう・同意されないと怒りだしてしまう点で自己他者境界あいまい

3.仮に「生々しい」ことに同意を得たとしても、肝心の「生々しいもの規制するべき」の論理ゼロ

 

要するに

他者通用する論理を扱う気が最初からなく、

自分感情内面体験を何よりも尊重し、

他者もそれに従うべきだと純真確信している。

 

自分不快の意は疑いようがなく正しく、

その表出はただ「不快である!」で説明終わりで、あとは周りがいいように計らってくれるべきで、

不同意されたり質問をされたりしたら「まだわからないのか!」「とぼけている!」。

 

このライフスタイルで通るのは幼稚園児と独裁者だけです。

 

 

6.この人達の苦しみの原因

tobaritooth さんにしてもよく読めばかなりおかしな言い方をしていて

別に私は元の看板問題だとは思わないけど、美人かどうかじゃなく生々しさの問題だってことぐらいは理解できるよ。

実は看板の絵が問題なのか問題じゃないのかはっきり言おうとしていません。

 

規制論議をぶち上げるたびにさんざん根拠説明を求められては言葉に窮してきたため、

「これこれこうで問題である。したがってこの絵は社会から排除すべきである!」という大上段で対決する知性や気迫をもった規制論者やフェミニストは半ば絶滅して

規制をするとかじゃないし~」「問題だとは思わないけど問題だし~」

のようなクネクネした振る舞いが増えてきているように思います

 

個人的にはこの人達意識的であるとか悪意があるという印象は持っていなくて(太田弁護士を除く)、

自他の境界あいまいであるとか、

自分感情客観的に捉える能力がないとか、

そのために感情が動くたびに大問題が起きたと感じてしまうとか、

そのために”大問題”を他者に通じるコード言語化することが出来ないとか、

そのような煩悶真剣に苦しんでおられると思います。 

 

しかしこの種の人達社会思想が包摂してしまうことはむしろ

この人達の苦しみの原因を助長する動きしかしないのではないでしょうか。

そしてこの種の人達を取り込むことは、フェミニズム自体パブリックイメージ議論能力を下げるという形で

最終的にフェミニズムにも祟るであろうことはほとんど予知できることです。

適していない人には「あなたは別の科へ」と敢えて参加を断る勇気こそ学問としてのフェミニズムを守る道ではないでしょうか。

 

2020-10-28

anond:20201028221407

ええ?違う

ほら、さあ、分かるでしょ?とぼけないで?

2020-10-25

anond:20201024205032

自信たっぷりに嘘いうヤツよりまし

かいうと急に自信なくなってだれのことかわからんとかとぼけるんだろうな

2020-10-20

ユーザーに合わせた最適化しま

 ↓

しなくていい

というか、趣味趣向をしられないための

個人情報ガードが毎回手間になっている

必要であれば 何が好きかは通知する

いかたをかえれば

なんだろうね-

と客がとぼけて教えないもの

お客様が気がついていない趣味とか 勝手なことを言って知ろうとするんじゃない

さいきん そういうやからがおおい 30年 拒否し続けてきたことを

手伝ってあげるよ という やからのせいで大怪我をした拒否しているんだ 完成させるることも含めて

契約がまだで売るかどうか決まってないのに 完成させる馬鹿はいない

それを完成させようと言うのは 泥棒の始まり

買うか売約をすりゃ そりゃ 指示通りに 完成させる

2020-10-02

anond:20201002000728

元増田は「妻が怒ってる理由」に「嫌程身に覚え」がある。

それを「妻が言う事をきかない」かのように書いてとぼけている悪人だよ。

怒らせて関係を壊しておいて、自分はこれまで通りでいたいんでしょう

かましいよね。厚かましい。

2020-09-09

新調したエアコンIoT機能で、家庭に(勝手に)不穏な空気が ※続き書きました

続き書きました https://anond.hatelabo.jp/20210106221023

居間エアコンが壊れてしまった。

さきの冬まで元気いっぱいうごいていたウイングがぴくりとも動かない……いったいスイッチを入れない間なにがあったのかと思うが、ウイングが動かないのでエアコン真下しか風を送れない。

今はなきナショナルのもので、つまり買い替えのタイミングだったということなのだろう。

冗談抜きにエアコン生殺与奪を握られているといっても過言ではないこの夏、なんと、寒がりの夫はエアコンの不調に対してさして痛痒を感じていないようで、買い替えようと相談しても反応が鈍かった。

「高いし…」と全然乗り気ではない。

しかエアコンは高いが命にはかえられないので、私は自腹で買い替えることに決めた。

新調したエアコンが、家庭に不穏な空気を流すにあたって、この自腹というのがポイントになった。

私の財布からすべて出すということは、この買い替えについての裁量はすべて私にあるということに他ならない。

どこで買うか、何を買うか、すべて私は独断することができた。

まだまだ外出自粛のご時世、家電量販店に出向く気にもならず、近所のなじみの電器店にすべてをお願いすることにし、必然的エオリア一択

下見に来た電器店の方とは、何畳用をつけるか、お掃除ロボのメリットデメリット、室外機の霜取り機能うんぬん、電気代…といった話にとどまり、いわゆるそれがIoT家電であるという認識は、実際にエアコンが取り付けられ、取説を開くまでまったくもっていなかった。

開いてはじめて「おっ、これがものインターネット!」くらいのもんだった。

そしてこれはなかなか重要な点だと思うが、このエアコンいくらして、どんな機能があるかという話は夫には特にしなかった。

その理由はさして興味もなさそうだったからに他ならない。それでも「スマホアプリ入れたら外から操作できるらしいよ」くらいのことは言った。

対して夫は、あー、今どきの家電だね、でもおれは別に家の外から操作できなくてもいいわ、というていどの反応で、当然アプリも入れなかった。

から私だけアプリを入れた。

エオリアアプリをひらくと、画面の右上に、家の形をした小さなアイコンが表示される。

それは「おへやモニター」へのリンクになっている。

エアコン側の設定で「遠隔ひと検知」機能をオンにすると、エアコンのある部屋の家族活動量時間ごとにグラフ化され、それを見ることができるというものだ。

空気清浄機能がついている機種では、空気状態もチェックできるらしい)

注意書きとして「本サービス監視サービスではありません」との記載があり、実際に、グラフ化される活動量も「ない」「少ない」「多い」というごシンプルな3段階、部屋にいる人数などがはかれるような機能では決してない。

それでも、老人や子どもがいると異変に気付きやすいのかもしれないな、と思った。

夫婦ふたり世帯のうちにはあまり必要性を感じず、私は当初この機能をオンにしていなかった。

ただ、そこをオフにしていたとしても、「おへやモニター」で、エアコンが稼働している時間帯は見ることができる。

私は、仕事から帰る前にこの機能を使って、夫がもう帰宅しているか、まだなのかを判断するようになった。

夏場は帰ったら絶対エアコンをつけるのでそれがわかるのだ。

考えてもみなかった方向性で便利で、わたしはいい買い物したなと満足していた。部屋もちょうどよく冷えるし。

で、ここまで書けばだいたいわかると思うが、私はこの、エアコンが稼働している時間帯をスマホから見られるという機能をもって、本来ならば稼働しているはずのない昼間の時間帯に、どうやら我が家エアコンが風を吹き出しているらしいのを、この夏数度発見している。

夫は仕事中に家に帰ってくるようなことはない、本来ならば。(リモートワークもしていない)

もしかしてタイマー設定のミス…? エアコン不具合…? というのも考えなくはなかった。

そこで遠隔ひと検知機能をオンにしてみることで、エアコンが稼働している時間帯に、ばっちり家に人がいることをつかんだ。

ちなみに活動量は多いになっているタイミングが多く、稼働時間は2時間、多くて3時間程度。

さて、これをどうとらえるべきなのか。

この家には私と夫しか住んでいない。鍵をもっている第三者は私の知る限りいない。

他人がどうにかして鍵を入手し、たまに侵入しては、2~3時間涼んでいるという可能性も捨てきれないが、それよりは夫が帰宅している可能性が高いだろう。

…いったい何をしに? もうぜんぜん考えたくないよね~。

いまのところ、家に変わったところ(トイレットペーパーが朝に比べて減りまくってるとか)、かわったにおい、忘れ物、毛髪ふくめ落とし物…などの痕跡は見つけていないが、エアコンの季節がそろそろ終わろうとしている今、突き詰めて調べるのか、スルーするのか、そろそろ結論を出さなければならないのだろう。

ことが自宅でおこってるため、もしほんとうにそういうことな証拠隠滅は入念に行っているようだがカメラ仕掛けりゃ一発だろう。

しかし思わぬ方向から思わぬ事態になってしまった。

私はエアコンを買い替えただけなので、このなりゆきにとても驚いている。探偵をやとったつもりはなかったが、気づけば部屋をいいかんじの温度にするのが得意な探偵を雇った感じになっている。

夫もアプリを入れていれば、あるいはもう少しこの夏のエアコンの買い替えに興味をもっていれば、もう少し夫婦間の会話があれば…外からエアコンの稼働時間がわかることに気づいていただろう。

どーすっかなーいろいろめんどくさすぎるだろ…と思って現実逃避増田なんかしているが、万一私がこの家を出るような事態になったとして、このエアコンは必ず持ち出す。

それだけは決めている。

というかそれだけしか決めてない。

どうするかね本当に…意外な展開すぎて頭がおいつかないというか、おいつきたくないと願っているというか…

----------------------

仕事前なので取り急ぎ追記→義両親は亡くなってます

※なんか伸びてる…帰ったら気になるトラバブコメレスさせてください

----------------------

こんばんは。なんかすごい伸びててびっくりしました。

いろいろと説や疑問が出てきているようなので、以下につらつら書いています

そのあとすべてではないですが、勝手レスさせてもらってます

続編希望とたくさん書いてもらっていますが、この追記は続編ではありません。(そんなにはやくことはうごかない)

【説について】

●確実に否定できる説…

・義両親…故人

大家管理人…持家

・実の親…600km離れたところに居住コロナ禍の中無言でやってきてどうにか鍵入手して家入ってたら驚く。

・馘首…最新分給与明細あり、社用携帯現時点まで所持

有給・半給…給与明細に該当月取得有給日数記載

日光照射による誤作動…夏場外出中は遮光カーテン引きっぱなし。万一引き忘れても直射日光は入らない構造

・ネトフリ見てる…アマプラしか加入してない

否定できる可能性が高い説

エアコン側の設定…最初にうかれテンション取説を読み、いる機能いらない機能を一度に設定、不穏な動きを感知した時点で見直しているので考えづらい

IoT不具合…作日の私の書き方が悪かったところなのだけれど、「遠隔・ひと検知」機能は、エアコンを稼働させていない状態であっても、室内にいる人間活動量が記録・グラフ化されるもので、エアコンの稼働時間帯がわかる機能とは別物。ただしそれらは「おへやモニター」というカテゴリでまとまっており、同じグラフ確認できる仕様。そして、「遠隔・ひと検知」による活動量の記録については、記録をとりはじめてから我々の生活時間とまったく齟齬がなく、昼間の不穏な例の時間についても活動量記録とエアコンの稼働時間帯は一致している。そのため誤作動可能性は低いのではと考えています

●うーんと思う説

第三者居住侵入セキュリティのことは書けないが、ちょっと難しいんじゃないかと。侵入はともかく、居住されてるとなるとさすがになんか痕跡残りそうだがどうなんでしょうね。

・単に休憩・自慰行為AV鑑賞のために一時帰宅している… ルート営業営業じゃないんですよ。ただ、自分裁量中抜けして帰ってくることはできなくはない。

昼間稼働していた日数については、周期性はなく、頻度的には会社にぎり中抜けを怪しまれないと想像できる程度です。

ここは具体的な職業はさすがに書けないので申し訳ないが、一緒に暮らす者の肌感覚として、そうまでして家で休憩することはないが、しかしご宿泊対義語としてのご休憩ならあるいは…と思わせる線というか。

これこそが、この増田を書いた理由なので…。

●だったらいいなと思う説

エアコンが一人時間に退屈して、暇をもてあまし冷やしている … なにそれめっちゃかわいいな、やっぱりエオリア親権は私が取ります

エアコン自身が暑さに耐えかねて冷やしている … ブコメにも(ピュア)とあったがめっちゃかわいいな、この酷暑ならなくはないか

【疑問について】

活動量についてはどんな塩梅で記録されるのか:二人でいても座り作業PC操作TV鑑賞)等をしているときは「低い」となり、逆に一人であっても起居が多いと「多い」となる、そんな印象。ご休憩時はどうなんだろうな…? 一人でそれっぽい動きしてみるか(ほかにすることあるだろう)

・なぜエオリア一択なのか:いわゆる「街のでんきやさん」パナソニックショップで購入したからです

ステマでは:ステマならパナソニックがこっそりお金くれるってことですかね…ほしい…。どっちかというとダイマですが、そもそもこれ読んで誰かエオリアほしくなりますかね。怖くないです? 私はわがことながら怖いです。(なんかだんだん自問自答になってきてほんとに怖いな)

レス

トラバ 本題と離れたところですごい盛り上がっててびっくりした。男女や夫婦のことは盛り上がります

 >関西人『オチないんかーい!!』

 >つづきはウェブで!!

  →やりとりに笑ってしまった

 >ここは流行りの女装オフ会が行われていると考えるべきだろう

  →どこではやってんですか? 興味あります

 >部屋をいい感じの温度にはできない探偵も現る

  →笑ってしまった。たいていの探偵は部屋をいい感じの温度にはできないですよ

 >疑心暗鬼こじらすより、早いところ原因突き止めたほうがいいんじゃないの 突き止めた後の行動は慎重にしたほうがいいかもしれないけど

  →疑心暗鬼にはなってるけど、まだこじらせてないという認識だったんですが、増田に書く時点でこじらせてんのかもしれないですね

 >エアコンの付け外しって、冷媒入れ直す必要があるから、あまり良い印象がない なので、家を出ていく場合、そのエアコンはくれてやり、慰謝料で新品を買うのが吉

  →ああーなるほど。実家600km離れてますしね…。愛着出てきたし親権ほしいんですが…

ブコメ】 

全般として

・具体的なカメラ機種・レコーダー機種などのアドバイスありがとうございました。検討します。録音のみでもというコメントもあったけど、もしほんとうにご休憩が行われてたとして、その音声だけきいちゃうと、映像自分想像してしまいそうで嫌なので録画のほうに舵を切ると思います

・続編希望:もしほんとにクロならその後の展開なんてとても書く気にならないのですが…。起こってること不穏すぎて、おもわず軽い感じで書いてしまってますが、この胸自体はめちゃくちゃ轟いております

ちらほら文章ほめてくださったかた、ことがことなのでお礼言うのもなんかあれですが、ありがとうございます、それでもうれしかったです。

エアコンが動いてるのを察知したら早退・有休などで帰宅して現場をおさえては?:それやりたいの山々なんですが、個人情報管理に大変厳しい職場で、休憩中以外私用スマホを触れないのでなかなか難しいのです。

個別

敬称略

 >bbbtttbbb カメラかー。カメラはかわいそうだなぁ。のびのびと目いっぱいオナニーしてるだけかもしれないってかそういう可能性のが高いと思うから

  「のびのびと目いっぱいオナニー」って文言おもしろすぎません? 素直で無邪気で感動しました。

 >haru-k すごい面白いから続編読ませてほしい。できれば勧善懲悪もので、決めシーンで爽やかな風がいっせいに吹き始めてほしい(エアコンから

 →笑ってしまいました。いっせいにってどういうことですか、複数台のエアコンからってこと…?

  それはまさしく >sds-page びっくりするほどディストピア!びっくりするほどディストピア!  って感じですね

 >ellfield 『万一私がこの家を出るような事態になったとして、このエアコンは必ず持ち出す』……増田肩にエアコンを担いで「俺たちの冒険はまだ始まったばかりだ!」みたいな絵面を想像した。

 →最高ですね。ただ、エアコンはギリ担げたとして、室外機が…

 >xevra 心温まるエントリIoTっていいな

 >hase0510 技術世界を変える、心温まるいい話

 →てめーらふざけんな、前後して心温まってんじゃねえぞ

 >reachout 奥さんそれ私ですよ(ストーカー参上

 →そっちのほうがまだいい

 >mshota ちょっと楽しんでるやん→探偵をやとったつもりはなかったが、気づけば部屋をいいかんじの温度にするのが得意な探偵を雇った感じになっている。

 →楽しんでないっすよ! 内容があれすぎるんであんま重い筆致にならないようにと思って…

 >paperclipsquare エアコンに興味なかったくせに帰宅して涼んでるの面白い

 >NQQN 家にいるのが夫だとして、買い替えに非協力的だった割に内緒帰宅中にエアコン堪能してるの嫌やわ〜〜とケチ感想抱いた

 >zeromoon0 そもそもエアコンなんて家の大事設備の買い替えに興味無いとかいう時点で不倫じゃなくてもマイナスポイント高い。

 →…そーれなー!(9太郎

 >kabayakinkabayakin 丸太の代わりにエアコンを持った増田の絵が浮かぶ

 >uskey “万一私がこの家を出るような事態になったとして、このエアコンは必ず持ち出す。” みんな丸太は持ったな!!で脳内再生された

 →光栄です

 >cl-gaku “「おっ、これがものインターネット!」”リテラシー高いな

 →ありがとう

 >mayumayu_nimolove オチが書いてないぞ!昼間エアコンが稼働してる日に突撃するとこまでがデフォで続きはCMの後で繋げるのが一流のテレビマンだろ。

 →なにいってんの?

 >komayuri 連載小説の第1話なら150点じゃないですか!

 →ありがとう。2話未定です。

 >behuckleberry02 なんでちょっとクワクする書き方なんですか。面白なっちゃうじゃないですか。

 →いや、だから、内容が内容だけにあんま重い筆にならないように…。でも他人の家のこんな事情面白がるよりほかにないです

 >makimakiJP とにかく証拠保全!エアコン稼働する日に周期性があればピンポイント探偵雇える。それなら安くあがるよ。決して相手に悟られないこと。自分の決心が決まったら動く。これが小町で得た私の知見です。小町にも来てね

 →小町へのお招きとアドバイスほんとうにありがとう小町大学生の時すきでよく見てました。(とんだキャンパスライフ

 >ta-yajis 信じる者はスクロール(原田知世)

 →アイコン最高ですね。ターャジス

 >modal_soul ここからIoTに目覚め、「Alexa, OK, google、懲らしめてやりなさい」までたどり着いてほしい

 →アレクサとグーグルホーム、どっちが助さんでどっちが格さんなのかは議論余地ないですか?

 >michiki_jp IoTのカギ、IoTカメラなどIoT家電投資して欲しい。なんなら寄付したい。

 →本気で寄付してほしいと思ってしまってすみません。いやしい。

 >nekomimist "ウイングがぴくりとも動かない" うちのパナのエアコンかな

 →松下電器特有故障しぐさなんですかね?

 >benking377 ダメな時のコナン根拠に持ち出しそう

 →コナンってダメな時あるんです?

 >RondonZoo "毛髪ふくめ落とし物…などの痕跡は見つけていない"これを完璧に処理するのは難しそう。見つけていないというより探していないなら可能性はあるかな

 →めちゃくちゃ目を皿にしてはまだ探してないけど、まったく探してないことは決してないです

 >Dragoonriders "いったい何をしに? もうぜんぜん考えたくないよね" なんで見ないふりしてるんだろう。一生見ないフリするのだろうか。増田に書いてるんだからそれも人生か。ホラーでない限りはそこに人が居る事実は変わらない。

 →一生はしないけど、いろいろ面倒だし、動き出すにはエネルギーいることなんで…。降ってわいたできごとで心の準備できてなかったってこともありますし。つまりそう、それも人生です。

 >david_lynx 家族相談ぬきで、共有する家電を買うのは男ばかりかと思ったら。

 →言われてみれば確かに

 >T-norf いいタイトルだなぁ。ちな、夫さんの尊厳のために、カメラ仕掛けるなら玄関ぐらいにしといてあげるといいと思う。他人の例ですまないが、男ってこういう生き物なので

 →タイトルおほめいただきうれしいです。カメラ位置検討します。玄関だとなんか本当にクリティカルなことが起こってたとして、言い逃れ余地を残しそうな気がします。

 >noki_e 活動量多いが地味にくるな…ギュっとなってしまった。どうか誤検知誤作動であってくれ。増田が辛くならないことを願う

 →シンプルに内心を気遣っていただき、ほんとうに痛み入ります。とてもありがたく思います

 >colorless4 ぴちょんくんも冷や汗ものの結末が…

 →ぴちょんくんはパナじゃなくてダイキン(だれも突っ込んでないから思わず…)

 >kokumaijp 昼間だけの闇Airbnbをやっている可能

 →斬新な意見…。確かに観光地ではあるんだけど…

 >ifttt "部屋をいいかんじの温度にするのが得意な探偵" バチボコ無能そう

 →かわいいっしょ

 >yetch “部屋をいいかんじの温度にするのが得意な探偵”なんかカワイイ

 →かわいいっすよね

 >namisk 「部屋をいいかんじの温度にするのが得意な探偵とぼけた感じのキャラ

 →かわいいっすよねぇ

 >metalmax 家政婦のミタゾノなら完全に黒だと思い込んで家庭崩壊してから実は黒ではなかった、いっしょになって盛り上げてたミタゾノさんが急に手のひら返してなんかいい感じの事を言う、また1からやり直そうってパターン

 →なんてニッチ感想。さっぱりわからんが興味深く読みました。

 >quality1 女装して妻の下着匂いを嗅いでたとか、良かったけど良くなくて困ってますみたいな感じで続きをお願いしま

 →いやぜんぜんいいですそれくらい。困りもしないし、この結末は理想的

字数制限、続きトラバします)

2020-09-06

anond:20200906215107

相手の話ぶりが高飛車で失礼でも、とりあえず最後まできいてあげて、

にっこりして、「勉強になりました」とでも言って、いったんそこからは離れます

その人がいなくなってから、舞い戻って買い物する。

「失礼」以前にそのシチュエーションだと、もう「怖い」の域です。

「変な人」「不思議な人」ならまだ話せますが、なんか相手の方、おかしいです。

言い合いになったり、根にもたれたりするとやっかいさら時間をとられちゃう

(もし相手がご病気とぼけておられるなら、こっちがあとで気まずいです。)

2020-08-21

スマートイメージの人が、なんだか泥臭い感情にじくじくとしている姿は、すごく残念だ。

憧れていた人たちなのに。

身びいきで、あなたたちのお身内が少しとぼけしまっていたり、疲れに依る怒りっぽさに囚われていないと

誰が言えるでしょう。あるいは感情的になってしまっていないですか?立場尊大さに慣れてしまうのかな。

必要以上に厳しくなる必要はないけれど、相手批判したり非難する前に、身びいきは見苦しい自覚を持ってほしい。

あとで恥をかく可能性があると、お判りいただけないかしら。

2020-08-10

じゃあ「環境セクハラ」ってなんなの?

oka_maileroka_mailer ananのあれ「環境セクハラ問題ないがフェミ問題にすべき」なのか「環境セクハラでは無いので、問題ないがフェミ問題にすべき」なのか。前者は理屈は通るけどアレだし、後者意味わからんし。

2020/08/10 リスト yellow

簡単

1.「超有名雑誌女性に人気のあるananの表紙及びその広告も、あなた方がかつて環境セクハラと言い出した基準には抵触していそうだが、何故問題にしないのか?」

2.「そもそも環境セクハラとは何なのか?」

だよ。

 

もちろん根本質問は2。

というかこれanan表紙より前からずっと聞かれてる質問

献血ポスター単体の時でもずっと聞かれてたじゃん。

環境セクハラってなに?」「定義は?」

って。

 

とぼけ続けないでたまには聞かれたことに普通に答えてみれば?

と、ここまで整理してあげて質問したら、もうこのさきの対応完璧に予想つくけどね。

こうやってきっちりまとめられたらどうするか?

無言で全スルーよ。

 

だって環境セクハラ」って言葉適当に言ってるだけなんだもん。

セクハラというもの凄く強い言葉を使ったにもかかわらず、内容も定義もその言葉を使う覚悟もスッカスカ。 

からあなたの使ってる言葉定義はなに?」という基本的質問に答えるのすら都合が悪くて逃げまどっちゃう

そんなザマで信頼も敬意も得られるわけないじゃん。

 

 

oka_mailerさんもさ、わざとわからない振りしたのにまとめられて困っちゃうでしょ。

「そんなことない、振りとかではなかった!」

質問が明確ならちゃんと答える用意と覚悟がある!」

っていうなら質問に答えてみ?環境セクハラ定義してみ?

  

あなたはぜ~~~~ったいに逃げるけどね。

逃げなかったらめっちゃ見直す。

私もid出してきちんと応答しよう。

  

「oka_mailerさんのかわりに自分が答える!」っていう気概のあるフェミニストがいたら勿論その人からの回答も歓迎する。

キリンの人とか名誉挽回してみたらどう?

 

でもね、あんた方は逃げるよ。

いっつもいっつもそうだったから。

論理的な応答なんかできない。

自分の主張の説明すらできない。

そういうことを質問された時点で不機嫌になって、不快そうに顔をゆがめながら「こいつは反フェミ!」って言って逃げるでしょう。

 

そういう悪い習慣がしみついてるからどんどん頭が悪くなるんだよん。

2020-08-03

anond:20200803142226

うそうやってとぼけ続けるしかないんだろうけど

話のすり替えをこうやってバッチリ説明されちゃうと惨めだね

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん