「知的好奇心」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 知的好奇心とは

2019-01-17

ドヤ顔科学的に間違ったことを滔々と語る奴って、ありゃ何なんだろうな

ドヤ顔科学的に間違ったことを滔々と語る奴って、ありゃ何なんだろうな。

いや俺も滔々と語りたがるタイプだし時には間違うことも勿論あるが、

それは間違いを指摘されたらすぐ「ヤバい! そうなのか」と考えを改める

知的好奇心と表裏一体のもので、間違った知識いつまでも執着する感情がまったくわからない。

 

例えば馬鹿知能指数右傾化関係を示されるとキレるとか、

そういうアイデンティティにでも関わる問題ならまだわからなくもない。

でも例えば

「気密性の低い家は換気が良いと言うのは嘘。

外壁近くの空気が入れ替わるだけで内部の空気は動かないか

気密して機械換気をしっかり効かせるしか方法はない。

そもそも気密性が低いだけで換気が出来るなら誰も窓開けないだろ」

みたいな実際実例ゴロゴロあるような純粋科学的な事実

頑として認めたがらないみたいなのはありゃなんだ?

高気密の家に親でも殺されたのか? まあ死ぬわけないが。

 

知的好奇心と切り離された衒学という謎ジャンル存在はいつも悩まされる。

2019-01-10

嫁とおっパブに行く計画してる話

箱入り娘だった嫁。

増田結婚してから、性に結構開放的になり、性の会話や物事を興味津々に何事も貪欲に吸収するようになった。   

それは決して尻軽になったという意味でなく、知的好奇心を満たしているという感覚なんだろうとおもう。   

とある時には、キャバクラに私も行きたいと言いだし、キャバクラ夫婦で行き、嬢と嫁と増田の三人で飯食ったり買い物行ったりするぐらい仲良しになったり。   

とあるパブにも夫婦で行って、人生相談してたり一人で行ってカラオケで豪遊したりと、結構自由奔放に夜のお仕事の人たちと遊んだりしていた。元々コミュニケーション能力は高いのは知っていたがアグレシッブである。  

  

そんな中、とある繁華街を通過する際におっパブがあり、ネオン輝く煌びやかで怪しい建物に興味津々になった嫁。   

あれって、エッチなお店ぽいけど何するとこなの?と聞くので、正直に話すと  

マジか!おっパブ行きたいんだけど、増田も一緒に行こう!女も行って平気だよね?そのかわりムラムラしても、女の子は襲っちゃダメだよと言い出す。   

ちなみにおっパブ増田も未経験である。  

潔癖すぎるパートナーはそれはそれで大変だけど、ラフすぎるパートナーもなかなか大変ではある。   

夜な夜な嫁はHPやばくさいをみながら、嬢の品定めをしているようだ。もし、本当に行くようならまたここに記載しようと思う。   

2019-01-04

anond:20190104110250

意欲がわかないの言い換え?そんなやつに「好きな学問」なんて存在すんのか?ただ知的好奇心薄いんじゃないの?

2018-10-15

anond:20181015151519

だって、親の知的好奇心子ども学力に影響するって研究結果が出たんだよ?

バカ子ども産んでも、バカが増えるだけじゃん。

2018-09-30

知る食うロードが終わってしまった…

BSジャパン放送していた「知る食うロード発見!食の景観~」が終わってしまった…

http://www.bs-j.co.jp/official/shirukuuroad/

最初から見てたわけじゃないけど好奇心に溢れていてマニアックで、でもわかりやすくて

喩えれば笑いの要素を除いたDPZみたいなコンパクト面白い番組だった

芸能人が出てきて騒ぎ立てるわけでも口に入れた途端おいしーい!と言うわけでも

大げさな喩え話で食べものを褒め讃えるわけでもこの県民は全員がこれを愛していますよー!と言うわけでも

スタジオで大試食会が行われるでもゲームの結果誰かが食べたり食べられなかったりするわけでもなんでもなく、

ただただ淡々と一人の案内人地域食文化ピックアップして紹介するすごく静かで

でも時々ものすごくマニアックもの出会った時のその案内人の脳が痺れるような興奮度合いというもの

画面のこちらにも伝わってきて(出雲の釜あげ蕎麦の回など顕著でこちらもおおっとなった)、

これを食べてみたいという気持ち知的好奇心旅行に行きたくなる心も同時に煽られてしま番組ですごく好きだった

孤独のグルメ」を見てるとき気持ちにもちょっと近くて飽くまでその食べ物食文化に焦点があたっていて

もしこの番組DVD化されたら一人で食事をするときに観ながら食べたい そんな感じの番組だった

愚痴です。大学院生の辛いこと愚痴ます

①無給

当たり前だけど、学生なので給料はない。

好きなことやってるんだからいいだろ、なんて言われそうだけど、それってやりがい搾取じゃね?

てか、どんだけ好きだとしても見返りなしで週40時間以上出来ることってほぼないでしょ。

ゲームだってそんなにやったら飽きるよ。

純粋好奇心だけで活動できる人はマジですごいと思う。

②長時間拘束

さっき週40時間って言ったけど、実際のところ40時間で済んでいる院生って少数だと思う。

実験系は言わずもがな時間拘束だが、非実験系でも深夜、土日まで研究していることが美徳とされている節がある。

というか、教授になるような人は朝も夜も土日も正月関係なくバリバリ研究できるような人ばっかりなので、無意識的に学生にもそれを押しつけているように感じる。

企業時間外手当等(ないところあるだろうがゲフンゲフン)で多少は労われているだろうが、院生にはおいては全くない。睡眠負債によってごく僅かな研究成果を獲得しているだけ。

村社会

大学研究科のコースという小さな集団の中のさらに小さな研究室という集団なので、

なにもかも教授の一存で決定する。基本的教授の圧倒的権力の前に太刀打ちできない。

まり詳細には書きたくないが、我々は学位人質にされていて、修論提出直前であっても教授がNOと言ったらNOなのだ

学生には労働基準法労働組合のような盾はなく、立ち向かう術は一切ない。

上位の大学の人は知的好奇心に溢れ、自己管理能力に長けているため、こんなことは全く問題ではないのかもしれない。

しかし、私のような下位層の学生には大学院生活は辛すぎる。

私の所属する研究自体特別ブラックではないと思うが、能力知的好奇心が低いのに進学を選択してしまったばっかりにだいぶ精神をすり減らして生きている。

今が特別辛い訳ではないはずなのに、なんだか辛くてここ3日間研究室に行ってない。

研究室内の雑務大学院の講義修士中間発表、自分研究、共同研究等、仕事は膨大にあるので早く研究室に行かないといけないのに明日も行ける気がしない。

あと1年半耐え切れるだろうか…いや、耐えるという考え方自体間違っているのだろうが。

2018-09-25

さなストリップ劇場にて

今、匿名ダイアリーで、はじめて文章を書いてみた。

とりあえずまとまりなく思いついたまま書いてみる。

先日、とある町のちいさなストリップ劇場に行った。

ストリップ見に行くの自体は初めてではないが、今回行った場所は初めてだった。

お客さんは還暦前後の方が多かった。

もう明らかに還暦を過ぎたと思われるおばあさんが局部意図的さらしながら踊ってるのを、もっと歳いったおじいさん達がとても有難そうに眺めていた。

俺は別にそれが目当てだったわけじゃなかったので、なんだこれ?と思って、最初ちょっと引き気味に眺めてた。

今度は別のおじいさんが、しみじみと、おばあさんと握手をしていた。「ありがとうございます」という、静かだがはっきりとした声が聞こえた。

観音様を拝む様子ってこういうのか、なるほど、って思った。

そしたら何だか涙がこみあげてきた。

この人達はたった今こうやって今日も生きる糧を得た、そして命をつないだんだ。

踊り子も、おじいさんも。

人が生きていく上で、望みや救いは欠かせない。

たからみればこんなの、卑しくてしょうもなく映るのかもしれない。

俺も最初はそうだった。

だけどある時から、もしかしたら違うかもってだんだん思えてきた。

はいわゆる就職氷河期世代の、いい年して収入も人並みとは言えず、結婚もできてない、間違いなく社会落ちこぼれだ。学ぶべきことを学べず、学んだとしても遅すぎたし、今までさんざん世の中に迷惑をかけてきたし、都合のいいようにこき使われ、利用され、汚され、踏みつけられてきて、何が尊くて何が卑しいのか、わからなくなりそうな人生だったし今もそうだ。さんざん迷ったし今も迷っている。

世の中には、救いのないぎりぎりのところでかろうじて命をつないでなんとか生きている人がたくさんいる。その姿は必ずしも傍から見て美しいものではないのかもしれない。

こんなことを知り合いにも友人にも言えない。悲しいけど言えない。理解してもらえる自信がない。所詮その程度の人間関係しか築けなかった自分が悪い。

とにかくあのお年寄りたちの姿は尊いと思った。誰かにそれを伝えたいと思った。

こうやって人は生きていけるんだって思った。

かに似てると思った。

漫画city hunterで冴羽僚が地元の町のおじいさん達と飲んでる姿だ。

ここまで書いて振り返ってみると、あのおじいさんたちの生活背景など俺が知るよしもなく、勝手ギリギリ生活をしているように決めつけてるだけかもしれないが、正直、あんまり裕福そうな感じではなかった。

そしてこの文章ネット上に明らかになった時、俺の至らぬ点がどれだけ熾烈に糾弾されることになるのか、それともかすかな知的好奇心を満たす者がいるのか、はたまた共感を得られるのか、予測はつかない。

2018-09-17

年収千万下の人間は子供を産まない方がいい

AI人工知能が発達して数十年後には優秀な人間以外不要になっていく。

優秀な親は子供グローバル社会を生き抜く力を与えるためにジャブジャブ課金する。そして子供世界活躍する年収千万以上の人間になる。

それに比べて、年収千万下の人間の遺伝子を受け継ぎ、知的好奇心を刺激する物に乏しい環境で育った人間は、AI人工知能に置き換わるので社会に不必要存在になる。

社会必要のない人間は生涯貧しい生活を強いられ、苦痛絶望に満ちた人生を送ることになる。そんな未来がもうすぐそこまで来ている。

まともな人間なら、子供未来のことを考えて産まないという選択をするはず。産む人はハッキリ言って知能が足りないか鬼畜クズだ。

2018-09-08

anond:20180908002402

あれを単なる知的好奇心解釈する読解力の無さは流石に初めて見た。

anond:20180827065533

お母さんのおっぱいではなく,おねえさんのおっぱいが気になるという小学四年生のアオヤ少年の語りは,それが将来的に性欲に繋がるとしても少なくとも作中では単なる知的好奇心として描かれているものであり,それを性的消費と呼ぶにはあまりにも不自然であるというか読解力足りないのではないかと思います

2018-09-04

機動戦士】刺さるコンテンツの神髄 ※【汎用人型】

機動戦士ガンダム』……『新世紀エヴァンゲリオン』……

 魔法少女悪堕ちする円環アニメ……奇行種……

 単に『売れる』ではなく『刺さる』コンテンツにはある共通点がある。

 まず『暇があって可処分所得が増加モードに入った感じやす年代』つまり学生対象であること。

 次に、彼らの暇とお金と旺盛な知的好奇心を吸い上げられるだけの『多層的な設定』がなされていること。

 最後に、これが一番重要な要素だが……『悲壮であること』。

 こういう作品群を、私は【学徒出陣もの】と呼んでいる。

 少年少女が否応なしに戦いに巻きこまれていくパターンであり、それを狙って失敗した作品もたくさんあるだろうが当たれば大きい。

 そしてここからが本題だが……私は【学徒出陣もの】への抜き差しならない支持が、この国の活力を削いでいると考える。

学徒出陣自体が先の敗戦とひとくくりに捉えていいような悲しい出来事なのだ

 悲壮を尊ぶ精神風土はこの国の弱点、いわば【敗戦気質】だろう。

 どんなに悲痛なトーンで描かれていても、それらが快美な娯楽として消費される限り【マイルド悲壮】にすぎない。

 手の込んだ倒錯であり、ゆがみだ。

悲壮ポル…】という言い方はどぎついので、しないけれど。

 悲壮ぶること、つまり悲壮がり】。

 この【悲壮がり】こそがこの国の足を最低150年は引っぱり続けてきた。

 例えば会津の『白虎隊』。

 例えば薩摩の『私学校』。

 特に白虎隊悲劇は端的に痛ましい事件で、そこに美を感じるのは間違っている。

 時代は違うし主人公おっちゃんたちだが……『忠臣蔵』も【悲壮がり】な話だ。

 あの時代になんJがあったら『くっさ』の一言で済まされかねない。

 では、どうあるべきか?

 白いモビルスーツにはルパンを乗せるべきだ。

 コブラを乗せるべきだ。

 デビルメイクライダンテを乗せるべきだ。

おっさんやん!』というのなら、じゃりん子のチエちゃんをもうちょい成長させて乗せるべきだ。

 本当は鑑別所時代テツを乗せたいところだが。

 全然違うアニメになる?

 全然違うアニメになるべきだ。

悲壮がったら負け】なのだ旧日本軍のように。

 なのにこの国で刺さるコンテンツは【悲壮がり】だらけ。しかもそれで勝ったり生き延びたり、挙げ句ただようハッピーエンド感。

 名づけるなら【悲壮ハッピー】。

 これ系のフィクションを喜んでるうちはなかなか……人間色々としんどいんじゃないだろうか。

 くり返しになるが、現実悲壮になった時点でほぼ負け確なのだから

2018-09-02

日本人海外観は異世界転生的

日本人海外に行くというのは、大抵は良くも悪くも幻想を抱いていくことが多い気がする。

○○では研究者年収○○万円以上だ!!というような。

この目で状況を確かめるという知的好奇心というよりは、異世界転生的というのだろうか。

これも様々なニュースが入ってこないゆえだろうか。

妹が留学もどきに行っているが、男を捕まえるとか冗談なのかよく分からないことを言っていた。

ある種、異世界転生的なのだろう。

一方の自分本棚にはアメリカでは貧富の格差ディストピアが とか マルクス関連の書籍が転がっている。

どこまでも格差やらがあるのだろうとか、自分には苦痛なのだろうと見えてくる。

ウェブフェミっぽい人と、そうでない人たちが相変わらずバトルというのかギスギスしあっている。

海外での日本人女性の「軽い」性行為がどうのこうのという話だ。

まぁ、良くある話である

性的闘争社会では女性のほうが有利な傾向にあるということなのだろう。

高校生の時に西欧某国大使館職員が何故か講演に来たことがあった。

英語で講演されたものから理解できなかった。ただ、選抜クラスの冴えない女が留学について熱心に質問していた。

何となく悟ったものだ。彼女はここではないどこかへ行きたいのだろうと。

今思えば異世界転生的だ。

マルクス性的闘争格差などをもっと考えたら良かったのではないか自分は感じるものだ。

自分卒論を見てくれている急進左派的な教授が「現代弱者というものが何なのかむずかしいよなぁ」と言い始めたことがある。

どうやら欧米非モテインセル)のニュースを見たのだった。

そして我が子が留学していたそうだが、白人圏でのアジア人男性受難は可哀そうなレベルだったというのだ。

普通に想像できるものだ。

自分にはどこまでも無慈悲な風が吹きつけている。

2018-08-19

増田アナルに関する日記書いたらアマギフ千円もらった話

する?

俺もいつかアナル愛する人に同じ事をしてあげたいと思うんだ。

アナル開発支援、してあげたい。

でもジャニ専で売り専買うようなおっさんにはなりたくない。

プライドが高いけれだ知的好奇心まらずに無茶なアナル開発進めるキッズたちに、

適切な開発方法を伝えて、安全な道具を提供し、結果報告書動画)をもらいたい。

2018-08-18

anond:20180818015852

ありがとうございますしか当方文系の中の社会科学系なので、研究を貰うということはできないんですよね。社会科学系はやってみようと思ったことが大抵もうどこかのお偉いさんが先にやってしまっているので、学部生が手の届く範囲内かつ新規性がある研究テーマを見つけることが難しいように思われます。甘えと言われたら何も言い返せませんが。

本を読めば知的好奇心がくすぐられるのはとてもよく分かりますし、楽しいですけど、一生学生でいられるならいいですけど、知的好奇心を起こしたくても、そのためにはやりたくない就活をして、社会に出てやりたくない仕事しなければいけませんし、じゃあそのたくさんのやりたくないことを差し引いてまでやりたいかって言われたら、やっぱりそう思いません。やりたい仕事をやりゃいいんでしょうけど、それもありませんし、このご時世やりたい仕事に就こうと思ったら血反吐を吐くような就活をしなきゃいけませんし。

「意気込んで生きなきゃならない」というより、「生きるためにはどうしてもかかってしまコストに見合うほどやりたいことがない」って感じです

anond:20180818010427

理系B4夏休み中です。

研究テーマに関してはそこまで思い悩むか?と思った。

うちの研究室が教授から研究テーマ与えられて、自分でやったことを好きな頻度でミーティングするとこだからか。

研究テーマ学部生が一から決めるのは難しくて、成功するかなんてわからんのが普通だと思う。

学部研究室は、自分の力を見て自分のやれることをやり、研究の一端を触れ、卒論を書くまでをやってみるとこだと思ってる。

別にそれで自分には発想がないとか才能がないとかうまくいかないとか思っても、そんなもんだよと思っていて、

研究室は数学が好きで、大学しかできなさそうな基礎研究よりのことやってみるか、みたいな動機で入ったし。(入るまでにそれよりの勉強はしてたが)

院行きたいのは正直なところ、大学入ってから新しい趣味もできて、モラトリアムな期間を延ばしたいというのもあるけど。




自分のことはさておき、生きるモチベーション視野を広げて知的好奇心を起こすことなんじゃないのかなあ。

番手なのは読書とかで、漫画やら図鑑やら新書やら専門書やら適当に読んでいると何かしらしたくなるよ。

現状が幸せならどうして幸せなんだろなーとかそこから面白くなりそうなことを分析して、日記みたいなのつけると楽しそう。

別に必ず「意気込んで生きる」という結論がある、と思い込んで考える必要はないと思う。

2018-08-13

どんどん頭が悪くなる

先日30歳を超えた

一流国立大を出たが生来メンタルの貧弱さで最初に入った会社からドロップアウト

今は特に頭も体も使わないぬる仕事をしてる

最近簡単暗算にも時間がかかるようになってきた

最後勉強したのは去年、簿記の2級を取って就活に臨み、短期間で合格したこと評価されたのだが帳簿を見ることすらない仕事に配属された

その知識も使わないのでどんどん抜けていく

文章をまともに推敲する気も起きず、Twitterはてブ字数制限をこえたら削るのもめんどくさくなって書くのを辞める

パネポンをしても連鎖を考えることができない

クイズ番組を見てても、昔は読めたはずの漢字の読みが出てこない

ちょっと込み入った新聞記事ブログ論文など理解が出来ず流し読みしてブコメを覗きなんとなくスターをつけるだけ

知的好奇心芸術への興味もなくなり、休日は昼まで寝てソファースマホを眺めているうちに終わる

このまま緩やかに退化し続け、呆けた無能として死んでゆくのか

追記

起きたらホッテントリビビるってこんな気持ちなのか…ビビりすぎて数時間見て見ぬ振りをしてました。

ブクマがついたことなんかなかったので、誰も気にしないものと思って書き殴ってしまい、あと夜中に布団からだったもので至らぬ文章なのにこんなに反応いただきありがとうございます

一流国立大ってのは「こんな人生のつもりじゃなかったのにな…」っていう悔恨というか、頭がしゃっきりしてた頃を回顧してたというか、そんなような心境で出た言葉です。明るい中で読むと恥ずかしい。

ブコメ見て、同じような感覚を持っている人が沢山いるとわかり、別に特別なことではないんだと少し安心しました。昔の友人が皆バリバリやっているように見える中、一人取り残されてる気分でつらかったので。

コメントを読ませていただきつつ色々ググると、有酸素運動がいいぞとのことなのでとりあえず盆が明けたら会社帰りに一駅歩くようにしようと思います

あと何か勉強したいなとはずっと思いつつ何も思い浮かばなかったのだけど、大学の頃やってたことを改めて学ぶってはいいなと思いました。流石にある程度は残ってるだろうし、新しいことを始めるよりはエネルギー使わなさそうだし。おさらいから始めてみようかなあ。

心療内科は昔、上で書いたドロップアウトの頃にかかってて信頼できる先生を知ってるので危ういなと思ったら行くつもりです。どん底の鬱を経験してるので、まだ大丈夫かな…と思ってしまうのがいいのか悪いのか。

まだ動揺がおさまらずわけのわからない文章になってると思いますが、あと夜と文体が違いすぎて自分でも苦笑してますが、取り急ぎお礼まで。

2018-07-15

付き合って数年経つけどセックスしたことがない

手を繋いだりハグくらい

キスしたことない

普段映画見に行ったりご飯食べたりイベント行ったり趣味も合うし関係は良好。お互いに浮気をするような性格でもない。結婚の話も上がってるくらいにはホント順調。

ただ残念ながらお互いの仕事柄、どうしても連休が取れなくてお泊まりデートなる行事が出来ない。旅行も日帰り。

そんな背景があり友達のような付き合い方をしている(実際長年の友達関係の果てに付き合った)せいで逆に行為をするタイミングを逃したのかもしれない。今更という気恥ずかしさ?みたいな。

チキンである。向こうもチキンなのは常々肌で感じている。自分性的魅力が皆無なのは棚に上げとくよ。

最後の一歩が踏み出せないってこう言う事なんだろうな。

セックスに興味がないわけではない。今夜もエロアニメ漫画を読んであゝ自分もこんな風に性欲を満たしてみたいとすら思う。

で、試しに買ったアダルトグッズは挿入しにくくて断念した。経験いから誰かの手を借りて無理のない体勢でやらないと無理だわ。

酔ってるついでに言うけどオナホって気持ち良さそうでいいよね。TS設定流行ってるけどあれ女性向けでももっと読みたいわ。来世は男に生まれたいなぁ。

恋愛系の本を読んでも身体を求められない悲しみのような感情は持って無いのでしっくりこなかった。

どちらかというとこれは知的好奇心を満たせない欲求不満なんだよ。

普段は言いたいこと言い合える仲なんだけどね、なんかこれだけは言い出せないんだよなぁ。

30手前で呼び方ママからおふくろに変える時のような状況だと思って欲しい(???)

そんな感じで性的行為に興味津々な処女のままひとつ歳を重ねてしまった。

支離滅裂文章すみませんナムサン

2018-07-08

宗教こわいよな

父親の話なんだけれど。

新興宗教にハマってわたし祖母と母が必死こいて脱会させたんだけど程なくして自然派(?)ネットワークビジネスにはまり込み、いまだにそこの製品を使い続けてる。バカみてえだなと思う。わたし中学生の時、ラックスとか、なんかさいい匂いのするシャンプー使いたいじゃん。で、買ってきて使ってると、「これは毒だから使ってはいけない、このニ◯ーウ◯イズのシャンプーを使いなさい」つって強制してくるの。わたし匂いが嫌いで使いたくなくて無視してたんだけど、そしたらある日ラックスの中身が全部捨てられてて代わりにくせーシャンプー満タン入ってたんだよね。泣いたね。

というようなことが度々ある父親なんだけれども、わたしももアラサーになって距離の取り方学習したし、大した被害も今は被ってないんですけど。オウム事件犯人たちが死刑執行されたというニュースを見て、当時こどもだったし全然覚えてないんだけどさ、日比谷線使ったりしてたから、母親と「一歩間違えたら我々も危なかったね」みたいな話をしてたのね。そしたら、思い出したように、ポツンと言うんだよ。「あんたの親父にオウム施設に連れていかれそうになったことあるんだわ」つって。すげー勢いで止めてくれたみたいだけど。代わりに自然派ネットワークビジネスにハマってしまったらしいんだけど。思わず絶句してしまった。たしかにうちの父は精神世界っつうの?宗教的オカルト的なものに興味があるし、実際べつの新興宗教に入信してたこともあるし、でもそれってわたしにとっては実感のないところの話だから今まで「ハア〜クソバカだなうちの親父はよおォ〜」くらいにしか考えてなかったんだけどさ。なんか、これだけ酷い事件を起こした団体に入信しようとしてた、その見る目のなさじゃないけど、いや、バカだなとは思ってたけどそこまでか!みたいな、すごいガックリきてしまったし下手したらじゃあわたし二世かよwwwと思って激しくげんなりしてしまった。

なにかを信仰するということ自体、それ自体については別にというか、自分宗教に救いを求めることはなかったしこれからもおそらくないだろうけど、そういう選択をすること自体理解できるんだよ。縋れるものに縋ろうとするのは人間自然な姿だと思ってる。オカルト的な物事も、知的好奇心を満たしてくれるし読み物として消費するのは面白いから好き。なんだけど、いや〜なんぼ近所に施設があったからってよりにもよってそこに行く〜……?みたいな気持ちでいっぱいになってしまった。

とか書いてて思ったけど、なんやかんやわたしぼんやり生きてるからそういう風に思うんであって、一個ボタンのかけ違いなんかがあったら意外と信者になってしまうかもしれないよな。選択責任自分で持たないってすげー楽だもん。社会全体の雰囲気に対して疑問を持っていて、そこに自分が思ってることに応えてくれそうな人がパッと現れてしまったら、自分オウムの人々のようにならないって自信がない。ちゃんと考えなければ疑問は持てないし考えられるからこそ与えられたものに対する感動や驚きが鮮烈な分信じてしまうのだろうな。ああいう風にならないように気をつけて生きていきたいと思えたので父親バカな行動に少しだけ感謝した。

2018-06-28

anond:20180628034346

毎週見てたサイエンスZEROも四月の改変からクソみたいな内容になって見なくなった。

まともなニュースドキュメンタリーたかったらBS受信料払え的な番組ばっかどんどん増えてて、受信料が本当にただのテレビ視聴税になってきてる。

知的好奇心を満たしたいならEテレより放送大学見た方がマシ、と思うけどこれも9月地上波放送終了である。なんだかんだで持ってた方がいいかなと思ってたテレビを捨てる選択肢現実味を帯びてきてる。

2018-06-25

anond:20180625190129

知的好奇心を充足してくれるかどうかじゃないか

otuneときもいろいろ根掘り葉掘りすごかったじゃないか

2018-06-24

anond:20180624142854

恐らくいくらでも逃げれるような形で(でもお前も偏見あるじゃんw)みたいな言いたいんだろうけれど

性格因子と専攻する学部関係とか普通に研究であるからなあ

美大だったらどうせビッグファイブ経験への開放性とか高い確率高いだろうし

平均的に諸外国と比べて成人後の知的好奇心が弱い日本人の中では恐らく変人の部類になるでしょ

2018-06-22

anond:20180621090516

ブコメ大卒者様の、大学に行く目的思考力を養うだの学ぶことを学ぶだの、きれいごとうんざりする。

大部分の人は、環境に流されて深く考えることな大学進学しただけでしょ。お勉強が得意だし、有名大学に進学して大人にちやほやされるし、大学生活は楽しい大企業就職に有利だからって、今の制度自分に都合良いから乗っかってるだけなんでしょ。知的好奇心とか言うけど、そんなの大学じゃなくてもカルチャーセンターに通う一般人と違わないし。学部生はそのレベルでいいんだろうけど、自分学問の徒みたいな言い方するのはどう見ても嘘。そのくせリベラルアーツだの学びたいから学ぶだの、きれいごとも大概にしろ。その理由は全部後付けだろ。大学卒業したら専攻してた分野の勉強なんてろくにしないくせに。

いじめを見て見ぬ振りしていじめに加担しながら「いじめは許さない!」と主張する奴らと同じ。建前のきれいごとばっかり言ってるくせに、自分正義だと信じて疑わない。ほんとうんざりする。

2018-06-21

私は某大学院修士1年。

もし、大学院への進学や就職で悩んでいる大学生あるいは大学院生の目にこの文が届くかもしれない。

そのとき少しは参考になればと思っている。

あくまで基礎研究をする学生の偏った主観記載していることには注意されたし。

特に工学研究科には適応できないかもしれないことはあらかじめ言及しておく。

進学を望む大学生モチベーションはどこからくるのだろうか、と私は常々疑問に思う。

自分の中にある知的好奇心学問探究心がおそらく大多数を占めるのだろうと思うが、それに一生ないし大学院生活を賭けることにどうして踏み切れるのか?

かくいう私も大学院生の端くれなのであるが。

大学院研究を始めたときはそれなりにやる気があった。

ライフサイエンス化学中間のような研究室だったこから、この研究が将来誰かの健康を守ることにつながればと考えていた。

しかし、アカデミアの世界にはこのような情熱は不一致であったように思う。

アカデミアは理不尽連続だ。

私は高学歴知的権化として彼らを認識していたが、それはあくま学問という極めて内向的世界においてのみである

彼らは学問を中心に生活し、休みや遊びをごく少量しか要求しない。

仕事(=学問)が生活の8~9割を占めることが普通で、それを学生にも平気で要求する。

学問的な正しさに目が向くばかりであり、研究を活かして企業就職する事への理解は乏しい。

誤解を生みたくないがために、少し補足するがこれは私がさぼりであるからこのように感じているわけではないということだ。

一応大学大学院もそれなりに努力して入るところに入ったつもりだし、この感覚が著しく逸脱しているわけではないと思う。

からこそ、アカデミアにはびこる理不尽とそれを容認する上役に疑問があるのである

話をもどそう。

アカデミアに残り、博士へ進学する人はこの環境下が好きだということでよいのだろうか。

あるいは、このような環境マイナスとしてとらえていても、補ってあまりある何かモチベーションがあるのか。

私にはわかりかねる。

これは私の価値観だが、上記のような点を踏まえて、かつ運が悪ければ重要ポジションにつくことが難しいアカデミアにいるよりも、企業に行って高給取りになった方が良いのではないだろうか。

私と同じくらいの年齢の学生に問いたいのは、本当に進学(あるいは就職)するという選択自分にとってベストなのかを十二分に考えてみたのか、ということである

進学を希望する場合上記のようなアカデミアの性格を十分にとらえた上でのことなのか、よく考慮してみてほしい。

幸いなことに、修士課程は二年と程よく短い。

故に、入ったことを悔いても二年だけ何とかやれば博士と違って就職するのにもなんら特殊な工夫が必要になるわけkではない。

それにつらさ以外の部分で大いに収穫になることも多々あることも事実だ。

現に私はつらいとは思うもののいまのところ何とかやっているし、大学院に来てよかったと思うこともある。

これを読む大学生大学院生に、自身モチベーションとそれを何に向けるか、つまり「将来の夢」について考えてみてほしい。

それが理不尽に苦しむ人を減らしたいと思う私の望みであり、同時に読み手利益になることを信じてやまない。

2018-06-13

anond:20180613191859

腐女子フェミはほんとダブスタだよな

俺はエロ同人なんてほんとに興味ないので全部消えていいよ

知的好奇心をくすぐるミステリーやうんちくもの、一部の創造的なSF以外の創作なんて何の存在価値があるのかわからん

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん