「俺の妹」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 俺の妹とは

2019-03-04

年下を子供扱いしてしま

訳あって20代半ばにして専門学校に入った

以前大学生だったこともあったが、そん時の同級生は同い年だった

でも今の同級生は5~6歳くらい下

俺の妹ですら3歳下でめちゃくちゃ子供っぽいと思ってきたのにその二倍

気を使わなくていいよって言っても敬語使ってくるし、俺のつきあい方が下手なのかな

年上だから女子にはモテるとは言わずとも結構相手にされる

でもほんと子供しか見えなくて勝手先生みたいな気分

一回り年下の友達とか恋人がいる人いたらなんかアドバイスくれると嬉しい

おっさん映画とか誘われたら流石に同姓でも嫌だよね?

来月のアベンジャーズ誰かと一緒にみたいんだけど

2018-10-31

俺の妹のせいでアニメが下火になった

スクイズみたいな勧善懲悪王道だけあればよかった

2018-10-02

妹が好きすぎる

俺は妹が大好きだ。

アニメゲームキャラの話ではない。実の妹だ。

多分恋愛感情もある。

俺の妹はかなり可愛い。男にもモテる

もっと当の本人アセクシャルか何かで、恋愛自体に全く興味がないみたいだけど。

幼い頃から兄妹仲はかなり良かった。

俺が小1で漢字を習い始めた頃、3才の妹は俺の真似をして漢字を書きたがった。

その後、覚えたての漢字と拙い平仮名手紙をもらった。

ドラえもんの「狼男クリーム」の話で、のび太くんが書いた「僕の怖いもの」という作文を真似た「◯◯(妹実名)のこわいもの」という手紙だった。

今思うと本当に意味不明な内容だが、一生懸命文を書いてくれたことが嬉しかった。

中学生の頃、俺は妹への感情に気づいた。

思春期真っ盛りで性欲旺盛な俺は、ある時寝ている妹を襲いかけた。

ものすごい罪悪感に苛まれた。

翌日も妹は俺に普段通り接してくれたのが救いだった。

俺はこの感情を胸に秘めたまま生きていくことに決めた。

大学生になって、初めての彼女ができた。

しかし、その彼女にさえも妹以上の恋愛感情を抱くことはできなかった。

それくらい妹の存在は大きかった。

俺が就職し、妹が大学に入るタイミングで、俺たち兄妹は同時に上京した。

それから3年間、俺たちは同じアパート暮らした。

時にはケンカもするけど、楽しい共同生活だった。

夕飯を食べながら一緒にアニメを見る時間がその日1日の癒しだった。

ついでに「風呂上がりの妹にバッタリ出くわす」というベタラッキースケベイベント経験した。

俺は今別場所暮らしているが、妹はたまに俺の家に遊びに来る。

妹の悩み相談が好きだ。

サークルでの人間関係のことや、母とケンカしたときのこと、好きでもない男に言い寄られていること。

その度に俺を頼ってくれることが何よりも嬉しい。

最近就活中の妹にやっと内定が出た。

俺は自分内定を貰った時よりも嬉しくて、思わず職場で「よっしゃ!」と叫んでしまった。

その夜にお祝いに奢った出前の寿司は、今までの寿司の中でも格別だった。

美味しそうに寿司を頬張る妹の顔を見るだけでお腹いっぱいだった。

俺は妹が大好きだ。

でもそれは世間的にも法的にも受け入れられることのない恋だ。

俺は今後、彼女は作らないだろう。

もうすぐ妹の誕生日だ。

今年は何をプレゼントしようかな。

2018-03-08

親に寄生してるくせに親の悪口言う奴wwwww

俺の妹です。本当にありがとうございました

実家寄生してるくせに一切の家賃おさめねーわ、家事一切しねーわ、食った食器は机の上に置きっぱなし、洗濯物は脱いだらそのまま。友達と遊び行くから駅まで送れとか抜かす。旅行行っても家にだけは土産なし。友達には友達には過剰なくらい土産。愛想が良くて二重人格。やたら顔がいいのでハイスペ男にモテる。はっきり言ってクズ。親は路頭に迷ってはいかんと家にだけは置いているが、調子に乗って親に言葉暴力を振るい出す始末。死ねって思ってる

2017-11-12

アニメオタク自身気持ち悪い存在であることに気付いていないのではないか

客観的事実として、アニメオタク気持ちが悪い。

しかしながらアニメオタクが好んで見るアニメの中では、アニメオタクという設定のキャラクターが魅力的に描かれている。

それを見たアニメオタクアニメオタクが恥ずかしいものではなく、カッコいいものだと勘違いしてしまう。

アニメ制作者はアニメオタクターゲットにしてアニメ制作しているので、アニメオタクのことを悪く表現するわけがないのだ。

アニメ世界に入り込みすぎて、現実世界が見えなくなったアニメオタクますます気持ち悪くなっていく。

自身否定する現実世界否定し、アニメ肯定するアニメ世界に嵌っていく。

ちなみにアニメオタクのよくある言い訳として、アニメ日本の文化でありクールジャパンなのだという理論がある。

かに宮崎駿ドラゴンボールNARUTOなど、世界でも評判の高い日本発のアニメ作品は多く存在している。

だがアニメオタクが好んで見るのは俺の妹がどうたらこうたらとか、異世界に転生してうんたらかんたらといった気持ち悪い作品だ。

それらはSF小説官能小説くらいの差があるもので、アニメからクールだということにはならない。

やはりアニメオタク気持ちが悪い。

2017-06-08

人気ラブコメラノベラストがどれもこれも酷すぎる

俺の妹がこんなに可愛い訳がない→大不評近親相姦実妹エンド

俺ガイル→なあなあエンド

僕は友達が少ないお茶を濁しエンド

とらドラダントツ人気の亜美ちゃん切り捨てエンド

ニセコイ→100中100人が「こういうラストはつまらないけどこうなるんだろうなぁ」と予想した超予定調和エンド

・リゼロ→不人気ヒロインゴリ押しエンド

なあ、これがラノベオタクが求めてたラストなのか?

もうさ、いっそラノベアニメでの本編は中盤で終わらせて「続きはVitaで」とかやった方がましじゃない?

平凡な男主人公一人に美少女複数人が織りなす形式ラブコメ物語ラノベ媒体根本的に向いてないよ……

2017-03-09

仕事がうまくいきすぎて怖い

俺は、スケジューリングがクソ下手だ。夏休みの宿題計画的にやった試しがない。そもそも時間把握能力が末期的に低い。一週間が七日周期であることを実感できるようになったのはごく最近だし、一ヶ月がおおよそ四週間で構成されている実感にいたっては、三十代になった今でも依然ふわふわしている。多分調べれば何か名前のある症状なんではないか。少なくとも、俺自身自分時間把握能力の低さに、日々苦しんでいる。

もちろん、言葉にすればわかる。一ヶ月は四週間とちょっとだ。でも、その四週間というのは、つまり、その、つまるところ何週間なのだ? 大金すぎる金と一緒だ。俺は十億という金を具体的に想像できない。いったい、それはねるねるねるね何個分の金額だ? それはどのくらいすごいんだ? 同じように、一ヶ月という時間は、俺にとっては膨大すぎる。一年ともなれば、もはや天文学世界だ。そのくせ、膨大な割に時間はあっという間になくなる。そんなところまで金に似ている。

何よりも恐ろしいのは、そんな俺が今や会社で億規模のプロジェクト責任者であるということだ。かつ、俺のスケジュール回しへの評価が意外に高いことだ。冗談じゃない。ガントチャートに引かれた線への実感はいまだにない。二十人日ねるねるねるね何個分のすごさなのかは、今も闇の中だ。ただ、わからなくても、方法論は知っている。中国語の部屋の中で、規定されたプロセスに従って俺は反応する。人員の進捗状況がこうならこうする、ああならああする、そういうミクロテクニックと、「なんか先にこれやっといた方がいい気がする」という理屈レスのおまじない経験則の集合だ。その積み重ねで俺のプロジェクトは俺自身理解を置いてきぼりにしたまま安全に進んでいく。

でも、俺は腑に落ちない。もっといえば、不安だ。ドーバー海峡を溺れながら渡りきったみたいな気分だ。本人が一番どうやって渡りきったのかわかってない。再現性があるか保障がないし、いつか崩れさりそうで怖い。仮に再現性があったとして、いつでもドーバー海峡を渡れる保障があるとして、「よーし、今からちょっと溺れながらドーバー海峡渡ろう」という気分にはなかなかなれない。溺れるのは、疲れるのだ。泳げる人がドーバーするべきだ。しかし、ドーバー海峡を渡れるのは俺だけだという。泳げる人間ドーバーを渡れず、渡れる人間は泳ぎ方を知らない。だから、仕方なく俺は今日もよくわからないままドーバーで溺れている。

あと、俺は喋りがクソ下手だ。トークがつまらないという意味ではなく(否定はしないが)、吃音なのだ若い頃、ちょっと働きすぎて職場でぶっ倒れて以来、舌がもつれるようになった。おかげで、客にしょっちゅう聞き返される。こんな俺が客前に出て次期案件とか取ってくるのだから、世も末感がある。もっと喋れる奴が前出てくれとよく思う。俺の喋りを100%漏れなく聞き取れるのは、俺の把握している限り、二歳離れた俺の妹だけだ。

はいえ、不満があるかといえば、そんなにあるわけでもない。なんだかんだ会社は俺を評価してくれている。上長からの覚えもめでたく、現場士気は高く、仕事はこう書くと嘘くさいがやりがいがあるし、なんだかんだ楽しい給料は任されてる仕事に比べるとちょいと低めだが、あまり上がると責任もセットで追加されるので、悪くない塩梅だと思っている。悪目立ちするな、しない範囲で右肩上がれとおまじないをかけている。休日バンドボーカルしたり、同人描いたり、LT会に参加したり、友人と飲んだりしている。悪くない。全然悪くない人生だ。

ただ、そういう意味での不満はないが、思うのは、皆もそうなの?ということだ。ドーバーで溺れているのは俺ひとりなのか。意外にみんな一ヶ月は十億円と同義なのか。身体的ハンデと戦いながら、客前に立っているのか。あんなさりげない顔をして。みんなも実はそうなの? おまえは俺なの? もしおまえが俺の同族だとして、俺はこんなだるんだるんな俺がうまく立ち回っていられてる仕組みが全然わかんないんだよ。この惑星公用語は、俺の言語帯と全然さらないよ。被さらないまま、なんでか先頭を走っているこの状況の不思議さだよ。世界にかつがれてる気分だ。いつかハシゴが外されそうで怖い。

でも、そうなったら、少し安心する気もする。

2017-01-26

http://anond.hatelabo.jp/20170126151639

増田青学の上の方で、増田より上位校出身のやつと付き合うときはほぼ下層のやつとしか出会う機会がなかった、ってことだと思う

俺の妹青学でどうしようもないやつだったけど、青学青学いまだに言っててため息出る

2016-12-04

妹が某掲示板実名書かれて自殺した。

もう二年になる。

二年前のある冬の日、俺の妹自殺した。

LINEで俺に謝ったまま。

俺の妹は昔から社交的で友達も多く、頭も良かった。

気まぐれなところがあるのが玉にキズだったが基本的にいろんな人に可愛がられてた。

子どもの頃は俺もそれを妬んだりとかしてた。

俺たちの父親は昔から機械に強くて、周囲よりも早い時期からパソコンに触れていたせいもあって俺たち二人は簡単オタクになった。

中学のころには俺は萌え豚に、妹は腐女子になった。

高校生になり、妹は地元でも有名な公立高校に進学して、腐女子仲間ができたと喜んでたのを覚えている。

成績はよかったが、手に職をつけたかったのと自分趣味仕事をしたかった妹はゲーム系の専門学校に進学し、

不自由ない生活を送っていた。

その、はずだった。

俺は仕事九州の方にいてLINEで話を聞くだけだったが、

専門学校でも先生に可愛がられていて、資格勉強も順調と聞いていた。

から、あの冬の日に妹からたった一言「ごめん」と送られてきた時、

妹がその時置かれていた状況が理解できなかった。

きっかけは、twitterだった。

妹はtwitter腐女子仲間と交流したりしていた。

妹の友人がある奴から嫌がらせをされていたらしい。

それを見た妹は黙っていられなかった。

なんでそんなことをするんですか?やめなさい、とリプライしてしまった。

相手は逆上した。

バカなことに、妹は絵が得意でフェイスブックとかにもその絵を載せてたんだよ。

それで、相手は妹の本名やどの専門学校いるかを知ったらしい。

掲示板本名つきで根も葉もない誹謗中傷が書き込まれるようになった。

妹の性格や人となりを知ってる俺からすると「ないわー」と思える内容だが、

第三者として見ると妹の名前のやつはすげぇ悪いやつなんだろうなぁと思えるような内容だった。

twitter炎上したアカウントとかの話をにちゃんねるで見てるのにかなり近い感じで、

こいつはこんなに悪いやつで、社会的制裁必要だ!と思わせる書き方だった、

ゲーム系の専門学校では人脈が大事で、就職のために色んな勉強会に参加したり

インターンに参加するらしい。

から名前大事で、検索したら一発でそういうのが出てくる人は採用されない。

妹が自殺した後、

俺だけが知ってる場所から出てきた紙に書いてあったブログの内容は概ねそんな感じだった。

そのブログは本人だけに見えるように非公開で作られていて、

最初はその嫌がらせを記録しておくためのものだった。

途中から、某掲示板の妹への誹謗中傷が書かれたURLを保存したりするのに使われていて、

「何度も何度も削除してるのにまた増えていた」

「いつまで続ければいいのか」

とか、そういうのが書かれていた。

俺はまだ、妹からの「ごめん」の意味を考えている。

死んでごめん、ならなんで生きててくれなかったのか。

掲示板本名書かれてごめん、ならそれはお前が謝ることじゃないと思う。

妹が俺に何を謝ったのか。その意味さえ、俺にはわからない。

妹の自殺から、俺は炎上が嫌いになった

2016-08-26

ホットスタート

「うわっいけない遅刻だ」ドタドタ

「おにいちゃんいつも遅いんだからあ」こいつは俺の妹

2016-08-18

俺の妹世界一かわいい

長期の休みは、いつも実家帰省する。実家には二歳下の妹がいる。この妹に再会するたびに、ひょっとして俺の妹世界一かわいいんじゃなかろうかと思う。今回も思った。なので、多分、俺の妹世界一かわいい

よく「リアル妹はかわいくない」的なリアル兄たちの声をネットで見る。そんなことはない。少なくとも、俺は妹がかわいい。かわいくてかわいくて仕方ない。むしろ二次元妹を見て「たしかかわいいが、うちの妹の方がかわいい」まである

このかわいい理屈ではない。家族バイアスがかかっているので、妹の容姿客観的にどうなのかは正直わからないけれど、多分良い方だと思う。かわいいというよりは、美人である。一時期あだ名FFルールーだった。そういう美人である。もうぼちぼち三十路を迎える歳だが、いまだに学生の頃とほとんど見た目が変わらない。単純に化粧がうまいという説もある。でも、仮に妹の体重+100されていようが、世間から見て見目良かろうが悪かろうが、多分妹をかわいく思う気持ちは揺るがない気がする。あれが好きとか、ここが好きとか、何か理由のあるかわいいではない。ただただ、妹がかわいい

最初からこうではなかった。小さい頃は喧嘩ばかりしていた。ほぼ毎日喧嘩していた気がする。喧嘩しなかった日は、母がカレンダーに花丸をつけて褒めてくれたくらいだった。もっと歳が離れていれば割り切れて仲良くできたかもしれないが、二歳差だと、こんなものだと思う。

妹がかわいいなと思うようになったのは、妹が中学にあがって反抗期を迎えた頃だと思う。家の中で、喧嘩の対戦カード母親vs妹にシフトした。俺は、家に居場所のない妹が、見ていて不憫だった。なので、妹にやさしくした。それまでの兄妹関係がさんざんだったので、最初はすげなくされたが、ずっとやさしくし続けていたら、だんだん妹もデレてきた。その頃には、すっかり妹がかわいくなっていた。シスコンお兄ちゃんの出来上がりである

(ちなみに、今は反抗期もすっかりおさまり、妹と母親関係は良好である)

お互い大人になった今はそこまででもないが、十代の頃は、妹の方も結構ブラコン入っていた気がする。妹のブラコン疑惑逸話としては、男に告白されると、まず俺に相談してくるという謎のフローがあった。俺が強制したわけではない。自分では判断がつかなくて、泣きながら話を持ってくるのだ。俺は話を聞いて、妹をなぐさめ、場合によって、妹のかわりに相手に会って、おことわりの返事を伝えたりしていた。告白したと思ったら、突然兄が出てくるわけだから相手の男は、さぞ面食らったことだろう。当時を振り返って、少し申し訳なく思ったりする。

(さすがに、最近はそんなこともなくなったので、今の妹には彼氏の一人くらいいるのかもしれない。それはそれで、とても良いと思う。幸せ恋愛をしてほしい)

近頃の俺らの距離感は、おそらく「多少スキンシップの多い仲のよい兄妹」くらいではないかと思う。機嫌がいいと、妹は俺の膝に乗ってくる。最近出てきた俺の腹をぺしぺし叩きながら、謎の鼻歌を歌ったりする。俺も俺で、疲れている時は、妹の膝に頭を乗っけて昼寝したりする。あるいは、妹の髪を梳きながら、頭皮にきびがないか探したりする。背中合わせに座って、お互いにずっと違う漫画を読んだりする。好きな動画を互いに見せ合って、布教しあったりする。

時々、妹が結婚相手を家に連れてくる未来想像する。多分、俺は有給を取って、実家に駆けつけると思う。そして、重々しくもさりげなく、「幸せにな」くらい言ってやりたい。なかなかかっこよい兄っぷりではないか。親が反対するなら、また妹に味方してやってもいい。俺は妹に幸せになってもらいたい。

ただ、いざその時を迎えたら、どんな気持ちがするだろうと考えると、少し切ない。俺にとっての妹は、かわいいだけでなく、俺の半身みたいなところがある。俺が生まれから妹が生まれくるまでの二年間を除けば、今までずっと互いに兄妹をやってきた。結婚してからもその事実は変わらないだろうが、俺はなんだか自分の体が半分になったような喪失感を覚えてしまうんじゃないだろうか。そうしたら、俺は半分に減った体で、この先どう生きていけばいいんだろう。

震災が起こった時も、似たようなことを考えた。一時期家族と連絡がつかず、生死が不明だった。父が、母が、妹がもしも死んでいたら、俺はこれからどう生きていけばいいんだろう。電気のつかない部屋で一人そんなことをぐるぐる考えていた。俺一人生き続けたところで、何の意味があるんだろうか。周囲と連結されない人生孤独だ。

から、生きていてくれるだけで、元気でいてくれるだけで、本当は充分だ。それだけで兄ちゃんはうれしいんだよ。うれしいはずなんだけれど、いざおまえが結婚する時のことを考えると、兄ちゃん、今からこんなに不安になってしまうから人間というのは欲張りなものだね。

そういうわけで、俺の妹世界一かわいいという話でした。

2016-02-28

http://anond.hatelabo.jp/20160227212554

そうだったのか。強い言葉で責めてゴメンな。俺の妹に似た境遇だと思う。がんばれよ。

2016-02-27

俺の妹が~』が最近にまた話題になっているようだけど

私はアニメ版しか見てないし、原作派の意見は知らないけれど、

アニメ版最後のあの終わり方は単純に妹を選択したというのは

メタファー的な意味のほうが強いんだと思う。

結論から言えば、

  記号的なキャラ群でも妹キャラが最強だということ。

・幼馴染の麻奈美

ツンデレ系後輩キャラのあやせ

・中二系黒猫

アイドル加奈子

どれも魅力的な記号キャラだけど、

それでも妹キャラを選んだという徹頭徹尾

作品テーマに準じたオタク的な作品ということです。

もちろんこの視点は一辺からだけだし、他の見方もできるはずです。

から、単純に「近親相姦が~」が「未成年美少女ゲームが~」とかいう表面的な

物事ばかりに注目されて本当にもったいないと思う。

いい大人が物事を表面的にしか見れないなら文句を出すなというという感じです。

※いい大人がアニメを見ているとかい批判時代遅れ批判ですが、

「でも表現として近親相姦ダメだろ」とか

表現として使われている以上をその作品コラボさせるのはだめだろ」とか

意見もあるかと思います

でもさあ、それってなんていうかゥチは違うと思うんだ。

やっぱりちゃんとそのアニメを見てから言ってほしぃ

あ、[見る ≠ 視聴]ってコトくらいはわかってね。

2016-01-13

http://anond.hatelabo.jp/20160113000149

そんなこと考えたこともなかったけど、そんな事言ったらキリ無くないか?

普通に他人好きになった時に、その親の顔が浮かぶかというと浮かばないだろうし

まあ自分の親ってのがあれって事か

親をそういう対象として認識するのが無理ってのは分かる

ただ俺の中では「俺の親の子供→妹」じゃなくて「俺の妹」なので親が浮かばない

家族としての認識では親も妹も並ぶから、俺の場合は多分、「家族として」と「妹として」が別枠になってる

2015-12-23

http://anond.hatelabo.jp/20151223002440

俺の妹ちん超カワイイ自慢だと思ったのに。

あとどこに行っても周囲に嫌われるのはお前が周囲を嫌ってるからだ。

2014-10-22

アニメ未成年18歳未満のキャラクターエロゲやってる・AV見てるのを匂わせる台詞を出して欲しくない

一応18歳未満禁止ですから健全なる高校生(作中では学園とか学院とかの学生としても)がそういうえっちぃのはしてはいけないと思います

前に俺の妹が~ってアニメ放送された時も中学生エロゲやっていいのか?というのが某所で議題に挙がったりもしたけど、

一般的アニメキャラクターといえど、年齢設定をしている事や視聴者がいる事も考慮して18歳未満禁止の商品知識をひけらかすのは辞めた方が良いですね。

そもそもそういったコンテンツを一体どこで手に入れるんでしょうか。

年齢を偽ったら詐称で立派な犯罪ですし、ネット通販でも個人情報等々の関連もありますけど、基本的には未成年には売ってはいけないはずですよね。

こういった作品群を有害図書指定問題図書指定指定されてしまうのは問題ですし、現実犯罪行為助長にも繋がりかねません。

ですから脚本担当されてる方や監督プロデューサーおよび制作会社はこういった点に慎重に対応して頂きたいと思います

でなければ、今後深夜アニメだろうがアニメ映画だろうが、学生制服を着た少女性的な何かをしているのを匂わせただけで規制対象になりかねませんからね。

だって規制がされてるじゃないですか。

番組冒頭のテレビを見る時は~の説明だってポリゴン事件の影響でそうなったわけですし、問題になってから対応するじゃ後手後手で示しがつきません。

せめて事件になる前に自主規制を敷くべきでしょう。

そうしなければ今度は海外の事例を挙げて大いに規制議論がなされるでしょうからね。

2014-05-05

http://anond.hatelabo.jp/20140505225302

例えば俺の妹は、飼うならスコティッシュフォールドが良いって言ってたなあ。

そういや最近になって知ったんだけどさ、スコティッシュってみんな耳が垂れてると思ってたのよ。

そしたら違うんだってね。立った耳の子も多いらしいね。誤解してたわ。

ちょっと話がそれたけど、個人的には気にしないかな。ルーツは猫それぞれだし。

今が幸せなら別にいいんじゃないかな。

色々と考えたところで叶わないことってあるじゃん自分自分

最近読んだ本の受け売りなんだけど、自分に出来る範囲のこと以外はできないんだからさ。

明確な答えじゃなくてごめんね

2014-04-28

http://anond.hatelabo.jp/20140428151224

"どうせうつ病とかだろう、甘ったれてるんじゃねえの、ぐらいに思ってた"

ここが嘘だな、俺の妹の事だから何か理由があるんじゃないかと思ってたろ

2014-02-07

最近同性愛とか近親相姦とか別にいいんじゃね?って思えてきた

まず最初に書いておくが、

私はまったくもってこのあたりの性的タブー本質については理解していない。

自分は同性や家族に対して恋愛的な愛情を抱いたことはないし、

知り合いにもそういう人はいない。

しかしたら知らないだけで結構いるもんなのかもしれないけど、

とりあえずそう認識している人は周りにいない。

しかし、自分はまったくこれらのことに対して専門的な知識などはない。

じゃあなぜこんなことを書くのかというと、

それは今たまたま桜Trick」という名前女子高生同士がイチャイチャするアニメを見ていたからだ。

具体的に言うと、女子高生6人(カップル3組)がメインで出てきて、キスしたりくんずほぐれつする。

ほとんどそれだけのアニメである

別にこのアニメだけではない。

最近アニメというのは、同性がいちゃいちゃする内容のものがとても多いのだ。

それから近親相姦などと書くと大げさなのかもしれないが、

兄と妹が好きあってしまうというような内容のものも多数ある。

そういうものは前からたくさんあったという玄人アニメオタクの方がいたらごめんなさいね

ちなみに、同性愛については「咲」「ゆるゆり

近親相姦については「俺の妹がこんなにかわいいけがない」「ヨスガノソラ

などを調べていただくと参考になるかもしれない

で、何が言いたいのかという話になるわけだが、

アニメのせいで(おかげで?)現代若者のうちの一部は性に関するタブーに対して、

考え方がゆるくなっているのではないかということである

少なくとも自分はそうなんじゃないかという気がしている。

2次元3次元はちげーだろ。とは思う。とは思うのだけど…

じゃあ3次元で性に関するタブーを和らげていそうな要因ってなかったっけかな?

ん~。

あった。

SKE48の「片想いFinally」という曲のMVだ。

このMVでは冒頭、美少女同士のキスシーンがある。

そして、他にも女の子女の子の太ももを触るシーンや傷口をなめるシーンなどがある。

というか大体にして、アイドルなんてMC女の子同士がきゃっきゃ言ってるのを楽しんでるのだから

先ほど挙げたアニメとも、この点では大差ないのだろう。

まり2次元3次元はあまり関係ないのではないかと思われる。

繰り返しになるが自分が言いたいのは、

オタク文化アニメとかアイドルとか)のせいで、今の若者(の一部)は性に関するタブーについての認識が甘くなっているのではないかということである

ちなみに認識が甘いことが良いか悪いかについては議論する気は全くない。

まあ、自分アニメの見過ぎでこんなこと書いちゃうほど一般的感覚と連れてきてしまっているのかも知れなくて、

そのことだけはちょっと不安だ。

2013-06-06

私が男性向け作品を好むようになった理由

初めに断わっておくと、自分ネガティブ自意識過剰で気持ち悪いオタク女だ。

同時に、自分はそういうものなんだろうと大半は受け入れている。

周囲に迷惑をかけなければ趣味嗜好なんて自由だと思う自分にとって、最近児童ポルノ禁止法周辺の論調は正直不快だ。

現実で被害の合う子どもがいるのはもちろん許せない。

子ども商品化されること自体も度をこせばよくないと思う。

それが性的ものであればなおさらである

性的虐待などはもってのほかである

だけれど、子ども性的にみること自体が否定されるべきかといえばそうではないと思う。

身につけるべきは性衝動を抑圧することではなく統制すること。

方法はともかく、とっくに結論はでていることではないかと個人的には思う。

統制できない人のためのゾーニングはもちろん必要であると思うが、それ以上の法的規制必要ない。


では、自己統制したり、身を守ることができるようになるためにポルノ必要かどうか。

私自身の答えはイエスである

男性のことは正直わからない。他の女性のこともわからない。

他人すべてに適用できるとは思わないが、個人的な体験としては必要だった。

ただ、三次元ポルノはやはり受け入れがたいものがあった。

そんな自分にとっては二次元男性向け作品が一番安全に見ることのできるポルノだったのである

腐女子を否定するつもりはないが、私にとってはBLの方が理解できないものであった。

まだ男女カプのエロゲラノベの方が受け入れやすく、BL女性作家の描く男性に抑圧されていることへの怒りを示したかのような攻撃性の表現が受け入れられなかった。

その女性らしさが嫌いだった。

イケメンから好かれる物語リアル女性さらダメだったので少女漫画乙女ゲーなどにもはまれなかった。


私は自分性的視線でみられることは不快ではあったけれど、性的視線でみられる自分自身のことや異性を性的視線でみる自分自身のことは否定したくなかったのではないかと思う。

その結果、同じように性的視点で見られている二次元女の子をかわいがるようになった。

ハーレムもの世界少女漫画などの女性向け作品の世界とは異なり、女の子がみんな愛されることで幸せそうで見ているこっちも幸せになった。

そうして二次元女の子を慰撫するうちに、自分自身についても肯定的にみられるようになってきたように思う。

もちろん意識してそうしたわけではない。

これは好きになってから後付けた理由である



それとは別に名作と言われるエロゲー、いわゆる泣きゲーにもはまった。

初めて出会ったのは言わずとしれたKanonだった。

すすめられて真琴シナリオプレイし人の家で号泣した。

ONE輝く季節へ~も同時にプレイした。

長森瑞佳は強いと思ったし、そういう風に人を想い続けられる人間に憧れた。

みさき先輩のシナリオ視覚障害ヒロインというだけではなく、Hシーンでそのことを扱うことが衝撃だった。

性描写をする意味は心のやりとりを描くことでもあるのだと感じさせてくれた。

その後のKey作品はすべてプレイした。

見た目のかわいさやはかなさとはうらはらに麻枝准の描くヒロインはみな芯が強く、優しく、生きることに一生懸命だった。

現実女の子とは違い、きついことも言わなければ他人に嫉妬もしない。

の子競争することもなければ、競争することを要求してこない。

そんな女の子になってみたいと思わせてくれた。


もちろんそんな人間にはなれはしなかった。

そういう二次元女の子になれない自分失望もした。


正直現実の女が嫌いだったんだと思う。自分自身も含め。

二次元ロリかわいくて純粋女の子になりたいと思っていた。

現実にはありえない二次元女の子たちを男の理想のたまものだと気持ち悪がる方々もいるのはわかる。

でも、現実の女が嫌いなのは男だけではなく女も同じなのだ

私の場合たまたま二次元女の子のがいいと思っただけ。



でも現実の女にもいいところはあるのかもしれないと教えてくれたのもやっぱり二次元だった。

例えば君が望む永遠速瀬水月

理想はつめこまれているとはいえ、よくも悪くも女らしいキャラクターだった。

自分の想いを隠し、友人を裏切り、罪悪感にさいなまされながらも、彼氏をつなぎとめるためになんでもする。

受動的に男を責めながらも表面的には受け入れているふりをして、自分の想いを叶えようと行動する。

そんな彼女を肯定的な視点で描いていることが驚きだった。

自分の嫌いな「女」の部分を好きな人がいるんだなと思った。

俺の妹がこんなの可愛いけがないのような作品に出会って、

二次元女の子のようになれないけどなりたいと感じる自分をいいと思えるようにもなった。

京介が桐乃に向けたセリフオタク偏見をもっているのはお前自身だろ」というのは胸にささった。

まさにその通りだと思う。偏見想像だけではなく経験からでもあったけれど。

自分勝手わがままで都合良く人に甘えて、それでも努力家で自分を誇る桐乃を見ていたら、

たとえそういう不快な人がいたとしても自分自身が誇れるオタクであればいいのではないかと思うようになった。


これが三次元の、例えば実写ドラマであったらそうは思えなかっただろう。

同じ趣味をもつ女友達がいたら・・・と考えたこともあるが、それはそれで自己投影して嫌悪たかもしれない。

だいたい男からみたら自分も女であることは変わらない。

「女が嫌いという君はとても女らしい」と何度言われたことか。

現実から切り離された安全ものであるからこそ、自分と切り離していろいろと考えることができる。

それは性的な意味でも同じ。

凌辱ものまでも含めエロかわいく描かれる女性を愛でる視点を取り入れることで、少なくとも好きな人からそう見られることはさほど嫌ではなくなった。

「理解できないもの」を「理解できるもの」にするだけで、不快さは軽減された。


我ながら矛盾していることをしているのはよくわかっている。

でも自分にとっては性的もの二次元から取り入れる過程自分自身を受け入れるために必要だったのだ。

いや、未だその途上にあると思う。

そんな過程を踏んでいる間にもリアルでは人付き合いをし、男性に興味のあるふりをし、彼氏もつくり、別れ、修羅場経験した。

好きな人がいなかったわけじゃないし、女嫌いの女が好きな男嫌いな男とも何人も仲良くなった。

病んだオタク友達も何人もいたし、どうすることもできず距離をとったこともある。自殺して亡くなった子もいた。

それ以外にも私がコミュ障だったせいで迷惑をかけた人もたくさんいる。

今でも申し訳ないと思っているし、誰とも付き合わなければよかったのではないかと思うことすらある。

私がおかしいんだろうとも思う。でも、おかしくて何が悪いとも思う。

何をしててもお互い気に障るようなら人に迷惑かけないようにするには孤立するしかない。

男性なら楽だったのかと考えた時期もあったが、そんなことはなく、それはそれで同じ結果だっただろうと今ではわかる。

みんなでわいわい盛り上がっていることがうらやましい時期も通り過ぎてしまった。

はいしか一人でエロゲを買いに行き、薄い本を買いに行き、男性向けアニメイベントにも参加し、そこで出会えた人と交流して仲良く話ができても、それ以上仲を深めることは求めなくなった。

オタクじゃない友達がいて「別にいいんじゃない」と私を肯定してくれればそれで十分なのである


私は私を理解してほしいと思いながら、理解してくれなくてもいいとも思っている。

それでも、自分を助けてくれ、今現在も楽しんでいるコンテンツがなくなること自体は我慢できない。

一方的に勝手なことを言われて叩かれているのはさらに納得できない。

こんなものに救われるお前がおかしいというのであれば、こんなものに救われざるを得なかった現実世界の方がおかしいと思っている。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん