「人格障害」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 人格障害とは

2017-05-21

自称エリートは知らないけど

実際はからっきしなの英語くらいまあそこそこできますよーみたいのはすごく多い

こういうやつは何もわからないのに素直にわかりませんってこちらに質問もしてこないので

本当に性質が悪いし人格障害だろ

2017-05-12

人格障害を二人して指摘しても駄目でしょ

2017-05-05

[]

気晴らしに散歩をする。こいのぼりとその陰がゆらめいている。日の光も揺れる草木もなにもかもが美しい。

誰もいない公園孤独安心感を覚える。毎日散歩しよう。

人格障害という言葉を目にした。心療内科に行けば楽になるんだろうか。変な薬を飲まされないだろうか。

どうして休日なんだろう。平日だったら今すぐ行動を起こせるのに。

引きこもり支援の所に親を連れて行ったらどうだろう。どうも私が大学へ行けば大丈夫自分自身に言い聞かせている気がする。

2017-05-03

1931年1960年の間に生まれ私立大学卒の権力欲強い爺は人格障害ということでいいのね?

2017-04-21

精神疾患理由社会から拒絶されそう

※結局、「産業医あなたには社会常識がないって言ってたから」の一点で解雇を言い渡された。わかってはいたけれど、精神を壊したのは会社なのに、会社精神の壊れた人間をあっさり厄介払いしちゃうんだなあ。ちなみに、電◯とド◯モの子会社です。

うつ病と診断され、休職している。

正直、うつ病であるとは自分では思っていない。昨年の6月から9月にかけて、はじめて、少し大きめのプロジェクトに参加することになった。とにかく、すべてがはじめての仕事で、何をどうしたらいいのかわからず、やっては怒られ、みずからの至らなさを痛感するばかりの日々だった。毎日終電で家に帰り、そのあとも自宅で深夜3時頃まで仕事をし、寝て、翌日正午頃に出社していた。出社時間を遅らせることができる環境であってよかったとその一点は会社感謝している。けれど、それでもやっぱり無理があったようで、プロジェクトが完遂すると同時に、わたしは不調を感じるようになった。

まず、夜に眠れなくなった。深夜3時過ぎに寝る生活状態化していたからだろう。それから意味もなく涙が出てくるようになった。仕事中に突然悲しい気持ちに襲われて泣いてしまうのだ。だから、いつも会議室パソコンを持ち込んでひとりで隠れて泣きながら仕事をしていた。

プロジェクトの期間中わたしはいつも、じぶんの仕事のできなさ、思慮の足りなさを突き付けられているようで苦しかった。何をしても、考えが足りていないと怒られたし、ほんとうにその通りだったから悔しかった。上司に悩みを相談すると「あなたにはやる気がないからだ」と言われた。やる気がないから、ほかの人のように勉強をしようという意欲もなくアウトプットが貧弱だし、案件に真面目に取り組んでいれば気づくようなことにも気づけないのだと。その通りだな、と思った。毎日深夜3時まで働いているのに、わたしにはやる気というものがなかった。だからほかの人のようにうまく仕事ができないのだと思った。「やる気のない人間が一人いると、メンバーモチベーションが下がる」とも言われた。それも、その通りだと思った。わたしはわざわざ深夜3時まで働きながら、周囲の人間モチベーションを下げている。それからというもの仕事中に「このタスクちょっと面倒だな」と思うたびに、呪いのように「お前はやる気がないから駄目だ」という言葉を思い出すようになった。

ある日、ほんとうに涙が止まらなくなってしまい、会社を抜け出して精神科のクリニックへ向かった。自分うつ病だと思っていたわけではない。休日友達と遊びにいったり、映画を観に行ったり、そういうことはできていたから。ただ、わたし精神病気についての知見がなく、病院に行けばきっと悲しい気持ちを消してくれるような即効薬がもらえるのではないかと思っていた。もちろんそんな劇薬存在しない、というか、お医者さんは処方してくれない。あっさり「うつ病でしょうね」と言われ、睡眠導入剤抗うつ剤をもらうだけで、当面の悲しい気持ちについては何も解決しないまま、会社に戻ることになった。

自分ではそうとは思わないが、うつ病かもしれないと会社に告げるべきか悩んだ。また、「やる気がないからでしょう」と言われるのが怖かった。わたしは、通常の業務であれば好ましくないことがわかっていたが「やる気がない」と言った上司さら上司である部長に話してみようかと思った。チャットで「今日お話がしたいのですが、お時間よろしいですか」とメッセージを送り、送った直後に後悔して「やっぱり大丈夫です」と追加で送信した。まるで彼氏にかまってほしいときにおくるLINEみたいだなと思った。うつ病じゃなくて、ただのメンヘラだ。メンヘラのほうが実感としては近かったし。

部長は、メンヘラのかまってほしいオーラを察したようで、直接声をかけてきてくれた。わたし空気が重くなることを恐れて、「いやあ、病院に行ったらうつかもとか言われて。まじかって感じなんですけど」とふざけた調子で話したが、気づいたらぼろぼろと泣いていた。部長は親身になって話を聞いてくれ、すぐに仕事の量を減らすために動きだしてくれた。

数日後、「お前はやる気がない」と言った上司とも話をした。彼も業務過多であったことを詫びてくれたし、業務を減らしたことにより、ほとんど自宅で作業しても問題ない内容の仕事ばかりになったので、無理に会社に来る必要はないと言ってくれた。もし、完全に自宅で働く方がいいのなら、そうできるよう上にかけあうと。わたしは、全力でその言葉に甘えた。ほとんど会社には出社せず、出社しても会社にいるのは5時間程度、あとはすべて自宅で仕事をした。どうしても会社PCでなければできない作業があれば、土日に隠れてこっそり出社した。自宅や誰もいないオフィスでの仕事であれば、突然泣き出してしまっても問題なかった。自宅での勤務時にも、勤務開始~勤務終了のタイムカードをつけていたが、12時間以上働いた日もあった。

しか会社は、わたしのことをサボっていると判断したようだった。上司は上にかけあうと言ってくれたが、どうかけあってくれたのかもわからないまま、突然人事から「いまのあなたの働き方を会社は認めるわけにはいかない」と言われた。そして、今後の進退をどうするかについて、産業医面談するよう命じられた。

休職するのは嫌だった。たしかに出社できないということは会議等に参加できないということだから、ほかの人と連携して働くのは難しいだろう。しかし、一人で行える作業も山のようにあったし(そういった作業のために派遣を雇うこともあった)、そういった作業であれば、うつ病と診断された後でも満足にできていると思っていた。上司作業については問題がないし、頼りにしていると言ってくれていた。でも、あれは嘘だったのだろうか。今となってはわからない。

うつ病かどうかはおいておいて、確かにこの時期のわたしは疲れていた。産業医との面談は散々なものだった。仕事について何を聞かれても「わたしはどうせやる気がないからだめだ」と答えていたような気がする。ほとんど忘れてしまったけれど。ただ、産業医の方はその道のプロであるはずなのに「あなた不思議ちゃんなのね」とわたしに向かっていい、まるで「少し変わっていて、社会になじめないかうつなんかになるのだ」と決めつけるように終始話をされたことに、ひたすら腹が立ったことだけを覚えている。中学生くらいの頃は、個性的とか変わってるとか言われることで得意になっていたが、もういい大人だ。それが人を馬鹿にするときに発される言葉であることくらいわかる。ちなみに、面談をした日の日記を読み返してみたら「わたしのことを「世間からちょっと外れた」「変わり者の女の子」だから説教してあげなきゃ」と思ってるのが見え見えすぎて、つーか説教って結論ありきでこちらの話を聞かずに一方的になされるものから対話じゃないんだよな。対話仕事なんじゃないのそちらさんは?それでもプロですか?わたしの話、なにも聞かずに終わったよね?どいつもこいつも人のこと説教コンテンツだと思ってんじゃねえ」と書いてあり、当時もめちゃくちゃ怒っていた。面談の翌週(12月の頭)、突然部長と人事に呼び出され「明日から休職してください。産業医により休職必要だと判断されました」と言われた。ほんとうに何の前触れもなく、突然言われたものからわたしは笑ってしまった。え、自宅でできる仕事はどうなったの。「ほんとに?明日から?じゃあ明日のお昼映画観に行ってもいいってことですか?」あまりに信じられなくて、ほとんど相手馬鹿にするような口調で言うと、神妙な顔で「そういったことで気分転換をしてもいいかもしれませんね」と言われた。よくわからないまま、とても雑な仕事の引継ぎが一時間で行われ、わたし休職することになった。

わたし休職を言い渡された瞬間にTwitterで「うつから休職しろって会社に言われた」と呟いた。いいねが何件かつき、じゃあ暇でしょ今週ご飯いこうよという誘いが何件かきた。友だちには恵まれているなと思った。はじめの一週間は毎日のように友だちと会って遊び歩いた。これのどこがうつなんだろう。毎日楽しく遊んで暮らしていることが会社に伝われば、会社もすぐにわたしを復帰させてくれるかなと思って、とにかく遊んで遊びまくった。三週間でお金と体力がつき、その後はしばらく引きこもって一日中寝ていた。

休職は一か月で終わるだろうと思っていた。しかし、会社から音沙汰がない。こちらから基本的に連絡を取ってはいけないと言い渡されていたので、やきもきしながら会社からの連絡を待った。連絡がきたのは、年明けのことだった。再度、産業医との面談のために出社してほしいとのことだった。出社日までにかかりつけの精神科医から診断書をもらって、いつまで休職必要かを会社に提出するように、とも言われた。わたしは早速そのことをお医者さんに話し「こちらとしてはいつでも復帰できるのですが」と告げた。お医者さんはなぜか「でもあなたはまだ疲れているでしょう」と必要以上にわたしをいたわり、休職期間を3月末日までとした診断書を出した。そうして、わたし3月末日まで復帰できないことになった。元気なのになぜだろう。

1月の半ばに産業医との面談を行った。この日の日記を読み返すと「なんで時間取ったのってくらいふわふわした会話しかなされなかった」としか書いていなかった。近況報告くらいで大した話はしなかったのだろう。面談後、診断書を提出するために人事と会った。このときわたしは、診断書休職期間は3月末日までと書かれているが、こういうものはこの日までに必ず治るというものではなく期間が前後する可能性はおおいにある、とお医者さんに言われたと伝えた。前後する、については、だから復帰を早めてもいいと思う、という思いを込めたつもりだった。働いていないので、そろそろお金がやばかった。人事は「そういうものだと理解しているか大丈夫ですよ」とだけ言って診断書を受け取った。

それきり、しばらくの間また会社から一切連絡が来なかった。さすがに日が空きすぎているだろうと思い、3月の頭に一度だけ人事に連絡をしてみた。復帰のスケジュールはどうなっているのか。休職直前に異動することも可能だと言われたが、今でもその話は有効なのか。その2点について尋ねてみたが、前者については「産業医確認してまた連絡する」、後者については「それは会社の都合だからあなた希望がどうであれ知らない」とどちらもにべもない答えだった。復帰して働きたいという意志を伝えたつもりだったのに、おまえの意志など関係ないのだと突き放されたようですごく惨めな気持ちになったし、休職が決まる前は「あなたの働きやすいようになるべく希望をかなえたいと思う」と言っていたはずなのに、休職が決まった途端、手のひらを返して厄介払いするような態度を取る相手に裏切られた、信用できない、という気持ちになった。わたしは、3ヶ月も社会から離れて孤独を感じていたのかもしれない。そんなときに、会社の人から冷たくあしらわれたことで、社会から本格的に拒絶されたような気もちになってしまったのかもしれない。こちらからはもう連絡しないと心に決めた。

3月の頭に「産業医確認してまた連絡する」と言った人事が次に連絡をしてきたのは、3月31日20時だった。彼はなぜかはじめからわたしに対して怒っているような、責めるような口調だった。

診断書には、3月31日までが休職期間と書いてあるんですが、どういうつもりですか?」

どういうつもりとは?わたしは彼の第一声に疑問符を浮かべることしかできなかった。正直、わたし1月に提出した診断書ことなどすっかり忘れてしまっていた。おまけに「期間が前後することは理解しているので大丈夫ですよ」と言われたことで、診断書問題はすべて解決したものだと思い込んでいたのだ。人事がいうには、診断書の形で正式に提出されていない期間に休まれては困るとのことだった。困るって誰が。何が。

診断書の期間より、休職がのびるなら、連絡してもらわないと」

「復帰に向けてのスケジュールについて相談させてくれって連絡しましたよね。そのあと連絡しなかったのはそちらです。おまけに、今日ちょうど病院に行ってきたから、その時診断書もらって会社に持っていくこともできたのに。こんな夜遅くに言われても困ります。そもそも、以前診断書を提出したとき休職期間は前後する可能性があるって言ったら「大丈夫」とおっしゃられたので、再度提出が必要だという認識がなかったのですが。認識違いをしていたわたしも悪いですが、リマインドするにしてもちょっとタイミングが遅すぎて対応しようがないです」

「そういう考え方もありますよね」

そういう考え方もある?わたしは怒りで頭が真っ白になった。3月31日が年度末だから、18時から会社パーティーを行うならわしであることくらい知っている。つまり、すでにお酒を飲んで酔っ払った状態になってようやく、本来なら1か月前にすべきだった連絡を今してきた彼が、自分不手際を認めず、わたしがすべて悪いのだと言っていることくらいわかる。

「困る、と言われても困ります4月3日に復帰するといっても会社の受け入れ態勢も整っていないでしょうし。4月から診断書記載がないから、わたし解雇ってことですか?」

「まあ、会社が決めることなのでわからないですけど」

「どうするんですか?次の病院の予約は2週間後なのですが」

「わかりません。確認します」

からないなら電話をしてくるなと言いたいところをこらえ、「では、確認お願いします」とだけかろうじて返し、電話を切った。あまり対応に怒りが収まらなかった。怒りは翌日まで持続し、我慢できず、部長へことの顛末を記したメールを送った。部長からの返信はなかった。…わたし病気なのだろうか?こんな風に、怒ったりして。

翌週、診断書会社が直接医師のもとへ受け取りにいくから何もしなくて大丈夫だという内容のメールが人事から送られてきた。そして、また2週間後に産業医面談をすることになった。産業医が首を縦に振らなければ、復帰はできない。初回の面談で、わたし相手に対して苦手意識を持っていたが、面接に臨むようなきもちで、いか休職期間もきちんと規律のとれた生活を送り、すぐにでも復帰できる状態にあるのかをアピールした。産業医は、「前に会ったときより、ずいぶん明るくなったわね」と言ってくれた。いける、と思った。けれど、ここでまさか診断書に足を引っ張られるとは。

人事が医師から直接受け取った診断書には「うつ症状」に加え「人格障害の疑い」と記載されていた。1月にもらった診断書には「うつ症状」としか書かれていなかったのに。かかりつけの医者から人格障害の疑いがありますね」と言われたことは一度もなかった。お医者さんとは会うたびに「最近どうですか」「元気です」という会話くらいしかしなかったし、惰性のように抗うつ剤を処方してもらうだけだった。不眠症状はすぐになくなったため、睡眠導入剤も処方してもらっていなかった。わたしはショックだった。人格障害があるの?お医者さんと普通に会話していたつもりだったのに、お医者さんは陰で「こいつは人格障害がある」と思っていたの?あとで調べてみて「人格障害」とは「人格に欠陥がある」という意味ではないことがわかったが、診断書のその文字を見たときは、お医者さんにも裏切られてしまったような気がした。

でも、疑いは疑いだ。確定したわけじゃない。…産業医は、物事を決めつけて話すタイプの人なのだった。

人格障害ってことは会社に復帰できないんじゃない?」

無職になったら困ります

「でも、人格障害のひとは一般的社会に受け入れてもらえないものからあなた自覚してない?人格障害の人って、周囲のひとが嫌な気持ちになっているのに気づけないのよ。だからあなた無意識でそういうことやっちゃってるかもしれないわよね。それって会社で働くって無理よね。どう?」

自覚ない?って言われても、周囲の空気自覚できない病気なのであれば、わたしがそれを察知することはどうやったって不可能なのでは…?」

産業医がいうには、人格障害の人は常識社会と異なっているから、周囲が「この人変だな」という空気を出してきても、その空気に気づけないのだそうだ。人格障害の疑いと言われるくらいだから、心当たりがあると思うんだけど、と言われたが、仮にわたし人格障害であれば、空気が変であることに気づけないはずだから自覚しているわけないし、人格障害でないのであれば、周りも「こいつ変」空気を出していないのだからその空気に気づくわけもない。つまり産業医が言っていることは矛盾していてめちゃくちゃなのだけど、彼女はどうしてもわたしの口からわたし人格障害かもしれない」と言わせたいようだった。(家に帰って調べてみたところ、産業医人格障害についての説明もめちゃくちゃだったことがわかったし、そもそも最近は「パーソナリティ障害」と呼ぶのだそうだ。そういうところの配慮のなさにもげんなりした。)だいたい、「あなた、周囲の空気読めてる自信ある?」と聞かれて、迷いなくイエス!と答えられるものだろうか。気を遣っていても失言してしまうことはあるし、つい調子にのって一方的に熱く自分の話をしてしまうことだってあるだろう。(そしてわたしはそういう失敗をいつまでも引きずる)ほとんど誘導尋問に近い形で人格障害であることを認めさせられ、「だからあなた会社勤めができない」と懇々と説かれた。

会社勤めは難しいって、どうしたらいいんですか」

人格障害でも活躍してる人、たくさんいるじゃない。書道家とか俳優とか」

「それはそういう才能があるからですよね?わたしには何もありません」

「でも、あなたも頑張って会社以外の場所を見つけないとだめなのよ。性同一性障害のことを考えてみるとわかりやすいんだけど、今は時代が変わったけど、あの人たちだって社会から一般的には受け入れてもらえないでしょう。だから当事者が頑張って、社会から認めてもらわなくちゃいけないの」

…この人、今の話には全く関係のない性同一性障害を引き合いに出して、パーソナリティ障害の人々と雑にひとまとめにして差別したことに無自覚なのだろうか。「あなたたち〇〇は、社会に認められていない劣った存在からわたしたちに認められるように努力する義務がある」という発言差別的であることに気づけないのだろうか?

 悔しいけれど、わたしは怒りが頂点に達すると、うまく言い返せなくなってしまう。このときも、「それは社会がまちがってるんじゃ……」と呟くことしかできなかった。「社会がまちがってるってことはないけど」と、「社会側」の産業医は言った。悔しい。こんな

2017-04-15

言ったらなんだけど

本当に「助けようと思って動いた」奴は

ちょっと自分の意に染まない結果に終わったぐらいで

対象幼児とか罵らないと思うんですよ


そういう自制心もないし、

罵ってる自分がどう見られるか考える客観性もない

明らかに幼児性と衝動性と自己愛の強い人格障害なわけでね


人を助けるような段階じゃなくて自分をなんとかしなきゃいけないんだけど

そこには向き合えないので「助けたい」って言いながら言いなりになりそうなメンヘラ探すわけですよ

でも知能や意思力が弱すぎてメンヘラすら奴隷に出来ずに失望する

そして自分欲望メンヘラ投影してブチブチと罵る

けが必要なのはお前やろって話になるわけです

http://anond.hatelabo.jp/20170415192235

助けようとしたら暴力モラハラを訴えられるって

お前もどう見ても人格障害者ですやんw

困ってる奴ならなんでもさせられるとゆー都合よい期待が裏切られただけだろ?w

2017-03-27

26歳非正規雇用童貞正規の職歴なし、もう取り返しがつかない

ハイパーコミュ障というか人格障害レベル

そもそもの年収が100万円台なのだから多少節約したところで生きていくのに十分な貯蓄ができるわけないやんけということで好き放題金を使ってお前らとは違うんです感を出そうとしてる。

はい 親が死んだらどうするのという問いには親より先に死んだらええやんけと死ねもしないのに適当な返しをしま一人暮らし、やったら家賃でもうアウトです

2017-03-07

お局様は男からしても敵なんだよ…

http://anond.hatelabo.jp/20170307161122

俺も社会に出るまでは全然わかってなかった

おばさんも未婚女性も悪く思ったことなど無かったが

職場でおばさん、特にいわゆるハイミス女性人格障害率は高すぎる

ハリネズミ爆弾岩のようにセンシティブでそれを攻撃性に転化してくる

1人で周囲の空気を悪くしまくってて常に攻撃する相手を探しててしかもそれに周囲を同調させようとする

女子中学生いじめみたいなことを大人職場でやろうとしないで欲しい

今の俺は働くおばさんがまともな人格してるだけで滅茶苦茶好感持つようになった


蛇足だがハイミス人格が安定してる人はディープ趣味人スピリチュアルが多い

俺はスピリチュアル馬鹿にしなくなったよ

実際に人を救ってるじゃんていう

2017-02-25

http://anond.hatelabo.jp/20170225221311

地方民だからおそらく周りの志願先もずれてるんだろうけど

東大受験層で茨城大学のことを気にしてる人なんて聞いたことが無いけど。

いや、勿論それに対して賛否は色々あろうとは思うけど。

つか点数取れても人格障害なやつなんざ普通に大量にいるし。

2017-02-11

Steven Universe の Love Lile You

人格障害を思わせる歌詞だし、スティーブンも世間クリスタルジェムズ以外)と関わるようになるにつれ辛さを感じてきているので、あのアニメ同性愛けがフックじゃなく、世間迎合できない人間/ジェムズの辛さを端的に描いてて、EDテーマもそれに連動しているので、すごくつらくなる

2017-02-08

教育困難校 高等学校とは限らないよね

anond:20170207224412

高等学校教育困難生徒が学力分別されて凝縮してるからな。そんな学校に勤務していては「教員仕事」なんてできゃしない。

警察官刑務官飼育係か、教員権限や許されている手段はめちゃくちゃ弱い。相手モンスターお客様だ。

中学校には、教育困難校に集結前の教育困難児童生徒がいるわけで、これがな。

学力・軽度知的障害だけじゃない、人格障害社会性のない児童生徒保護者が少なからずいる。

教員仕事って……教科の学習させることだよねぇ。そうじゃないって意見学校おかしくしてるんだよ。

学習をするレディネスができてないのに学校に来ちゃう。これやめなきゃね。

2017-02-07

発達障害人格障害で通院してる知人(CO済)について雑感

酒とインターネットクレジットカード合法的に取りあげる方法ってないものかねえ。

2017-01-26

衝撃の動画だった

http://pipipipipi-www.hatenablog.com/entry/2017/01/26/194617

最近ちょこちょこホッテントリ入りしているこの人が、何を血迷ったのか顔出し動画アップロード

早口でまくしたて、固有名詞をたくさん含めようとする喋りがいかにもモテない。

 

まあそれはいいけど、この人は「モテない男の方がかわいそうだ」と言いながら、

モテない女性のことを残飯だのどうしようもないブスと切り捨てて、イケメンじゃないことの怨嗟をぶちまけている。

いやいや、おじさん、、、その残飯扱いされた女はそれはそれでつらいと思うのよ。

多分男性の方が顔面で「残飯からカースト移動できないということがなく、

努力お金でいい女性と付き合えると思うからそういう考え方ができているんだと思う。

 

普通女性もいずれ自分容姿劣化していくことを悟っている。

からこそ、あなたのように人をモノのように扱うような人は避けるんだよ。

周りをよく見てみると、大して顔も良くない・お金も持っていない男が可愛い彼女を連れているよ。

この現象を、確証バイアスで偏った知識をコレクトしているあなたはどう説明するのでしょうか。

 

あなた自分立ち位置に対する不満を解消するために撒き散らしたその泥が、

別のたくさんの女性にかかり、呪い連鎖を生み出していていることに気づいた方がいいと思う。

個人主義な世の中だけど、もう少し全体主義物事を考えるてみることを強くお薦めします。

 

 

追記 他の増田

 

ブコメイケメンとあるけど、女からみたら多分イケメンでもないしすごい不細工でもないし、顔は「普通」だと思う。

容姿に対するハンデはないから、それでモテないのだとしたら中身だけの問題だと思う。

お金を持っているという情報があったけど、お金があってフツメンなら尚更中身の問題かと。

モテない人は、自分を責めない範囲でその原因を探してるけど、問題はその自己愛の高さと失敗に対する恐怖だ。

モテない男がどうあがいてもモテないという意見もあったけど、

「会話教室発声練習、しゃべりを録画してのPDCA、笑い方の練習ナンパ営業仕事をして成績を残す、

褒める技術を身につける、へり下る練習をするetc

これらのうちいくつ行動しただろうか。

 

結局受験勉強と同じで、出来ない奴はただ行動してないことが多いように思う。

そしてあまりに怠けすぎると言い訳のように後付けで人格障害だ云々言いだす。

確かに見るからにそういう人もいるけど、大半はただの引っ込み思案だ。

大学時代にはインキャでも友人付き合い変えてモテる人間になるやつはいっぱい居る。

そうやって言い訳ばかりの人生からモテないのさ。

一生「傷つくのが怖いもん」っていう本音を隠しながら、自分肯定する言い訳を探してればいいさ。

そうしてる間に、同じ境遇の奴が努力をしてお前みたいな立場から卒業するんだぜ。

2017-01-18

http://anond.hatelabo.jp/20170118115605

どうでもいいんだが、清潔にお上品に育てるよりは、おまえの言う人格障害者の方が多分強いよ。

から家庭も持って子孫も残している。

2016-11-28

会社の人が「前の会社では若くして何十人もの部下を抱えてた、仕事がすごいできるから」って言うんだけど。

指示も下手くそ性格に難があり、

大企業から色々訳あって小さな我が社に来た理由は、まあ納得できるけど

言うことが本当ならば、部下の人々はさぞかし大変だっただろうと思う。

もうね、ほとんどがくっだらない感情論

ダメ更年期女の典型

ホルモンバランス崩れてて大変なのはわかるよ。

でもさあ、だからといって仕事外のイライラを同僚にぶつけないでほしいな。

過去の栄光を度々披露するのは、今は大して誰にも求められていないからであって

そんなに認めてほしいオーラ全開にするんなら、元の大きな会社に戻ればいいのになあって思う。

仕事がとてもできたんでしょ?若くして部下もたくさんいて惜しまれて退社したんでしょ?

なら、まだ戻っても有難られること間違いなしだよ、ファイトだょ☆って言いたい。

実際は会社女性中間管理職支援するためのプロトタイプとなるべく、なるべく低学歴根性ある人を抜擢したまでだろう。

じゃなきゃ、あんなに指示が下手というか、もう人格障害レベルで人を育てるスキルのない人を多くの人の上に立たせるなんてことは普通しない。

会社がアホなのかウソついてるかのどっちかと思ったけど、たぶんそうじゃない。

女性社会進出プレゼンテーションがド下手な社会が不幸な就業体系をつくったまでだと思う。

ヒステリー上司の元で働く全国の不幸な会社員のみなさん、大変お疲れ様です。

2016-11-02

まとめジャーナリストこと石井孝明とは何者か

年中ツイッターネトウヨごっことデマ散布に勤しむのが仕事らしい。ぶっちゃけただのネトウヨニートであることは言ってはいけない

フリーランスってようは仕事を無いのを美句で修正しただけ。お世辞は他人に言って貰えよ。え?言ってくれる他人が居ない?そりゃ残念。

wikipedia自分記事監視するのが日課。バカと書くと自称本人のアカウント差し戻ししてくれるゲームで遊べる。

何故自称本人かと言うと、ツイッターで何も言及してないため。たぶん赤の他人がやりましたとでも逃げ口を作っているのだろう。

退路と良い訳を考えるだけの役割石井脳みそ君って大変だ。

事実を書いても、誹謗中傷として差し戻してくれるので、たぶんバカと言われたと勘違いしてるらしい。

自分が撒いた種を誹謗中傷と常に脳内変換し、重箱の隅を突く陰湿論法使いの割りにはボクちゃん可哀想被害者ぶることから自己性愛人格障害の疑いがある。ネトウヨの基本ステータスなので致し方ない。

言論の自由を謡いながら、過去の汚点を穿り返されただけで顔を真っ赤にして言論統制を行う。ヒストリー二級を取得している。

何処で取得できるのかは本人に尋ねて見よう。涙目ブロックで敗走するけどな!恒久的に謎の闇に閉ざされた。

2016-11-01

ネット観測される人格をなんとなく分類してみる

ネットってのは文章だけしか見えないがそれだけでもなんとなく分類できるなと。

 

文意が全く通じない

 └外国人(含スパム業者

 └知能が測定不能なほど低い

   └猫 on the keyboard

   └bot人工無能人工知能(含スパム業者

   └消防赤ん坊

   └精神障害のうち非常に重い症状の人

 

文意が通じそうで通じない

 └「全く通じない」に挙げたうちの軽い人

 └陽性期の糖質ワードサラダ

 └詩人厨房

 └社会常識・基礎知識が欠けている

   └65歳以上

   └義務教育を修了できていないハイティーン~成人、厨房

   └ねとうよ・ねとさよ

   └宗教

 

文意はわかるが重いので読むとすごく疲れる 

 └愛情乞食・構ってちゃん

 └(元)メンヘラ(診断済み)

  └(境界性)人格障害

  └高機能自閉症アスペルガー

  └鬱・双極性の陰性・糖質の陰性

 └・・・をお世話している人(育児介護ブロガー

 

そもそもネット自分で書いた長文などほとんど投稿しない

 └ウェーイ・リア充

 └高校生大学生サラリーマン育児中の主婦フリーター

 └ADHD

 └商材ブログまとめブログ・インスタ

 

で、そのどれでもないのがプロブロガーだ。

 

とやればきれいにオチるかとおもいきや、アスペルガーADHD女性)とプロブロガーの相性ってものすごく良いんじゃないかと思う今日このごろ。

あの人もこの人も「実は発達障害と診断されたことがあって・・」って書いてるんだよなあ。

そろそろ日常的にネットに3000字以上の記事投稿する人は全員アスペ素質となってもおかしくないのではとおもいました。

ちなみにアスペADHDとちがって投薬治療はないので、診断を得ても得なくても生活は同じ(まわりがちょっと気をつけてサポートできるかどうかで残りの人生が違うだけ。でもそれ今までの普通の人と全く同じじゃん)なんだけど、カフェインと相性良さそう。

しろアスペって胎児期に高学歴母親にもらってたカフェインが足りなくなってるやつのことじゃないかとも思った。

===

ドーモ、ブクマカサン。元益田です。12ブクマ、慈悲はない。(←よろこんでいる)

胎内の影響を後天性というかどうか。定義はしらぬ。

アスペその他は自閉症スペクトラム」とつくとおり、完全に兆候がない人とはっきりした自閉症の間にバラエティがあってたとえば1%刻みくらいであてはまる人が世間にいるんだという考え方が主流。ただしアメリカ問題児男児からはじまった診断。

 

で、最近読んだ本。日本女児場合は脳梁が太いせいかホルモンのせいかしらんが、小学生の間全く兆候が出てなくて(乳児期の言葉も完全に普通に出る、授業中の立ち歩きもない、女児感覚過敏は日本社会では目立たない、学習に余裕があるので頑固=学級委員長タイプなだけとみられる)。で、思春期からバタッと人格が変わった感じになって発達障害とかその二次障害メンヘル系の診断名がつく。というストーリー医者が書いてておだやかすぎるので増田誇張あり)。

 

バイオインゴットならぬカフェイン(唯一の合法覚せい剤です)ドーゾ、と無責任にだれにでもすすめるつもりではない。

個人的に、昭和初期生まれ女性(無診断ADS?)で、コーヒー生活をこなしてる感じの人をよくみる。

アスペブロガーがんばれ。でも診断は重くみたほうがいいよ・・・たまにアスペならではの視野の狭さで、相手を選ばず場面をわきまえず喧嘩を売ってしまって炎上する人もいる。コーヒーものんでゆっくりしてください。

トーリアス先生にイアイドがんばれっていうようなものだけどな。

人格障害

http://anond.hatelabo.jp/20161031134842

自己愛性人格障害か何かかもしれないです。医師なので判断はできませんが(本人も病院に行かないだろうし)、そういうのでぴったり当てはまるものがあると、対応の仕方を考えて対策ができます

以前働いていたところの上司がこれで、出張先で何の問題もない料理に難癖をつけ、店員を1時間怒鳴りつけるとかやっていました。こちらに対しての攻撃もすごかったので今は完全に離れて平和な日々を送っています

その上司から離れてから自己愛性人格障害というのを知り、ああ、ぴったりだと頭が整理され、万一次に同じような人にあたったらどう対応するかを考えられるようになりました。

以前親しくしていた人がこのタイプの人のストレス病気悪化させて亡くなったのですが、その人も同じタイプだと思い当りました。

このタイプはとにかく逃げるしかないです。職場の人ではなく家族で、しかも年老いていたら大変だと思いますが、対応の仕方はあります

検討を祈ります

http://ai-do.cocolog-nifty.com/blog/jiko.html

2016-10-23

人格障害について

人格障害はそういう性格日常生活に支障をきたしている「状態」を表す。

性格や感じ方は変化していくので、これは改善可能だ。

「〇〇人格障害から」というのは理由になっていない。

それは別に原因があって、その結果が人格障害状態であるからだ。

逆に言えば支障がなければ人格障害とはならない。

 

なので、人格障害自分がうまくいかないことの理由にするのは大きな間違いである。

もっといえば、改善可能ですらある。

にもかかわらず、それを言い訳としてしまい、発達障害などと並列に扱うのは障害者無礼というものである

 

世の中にはうつ病になりたい人間がいる。

それは、自分不適応病気責任にすることで、自分を責めたり、改善するための努力回避したいという心理にある。

だが、それではその当人を本当に救うことはできない。

承認要求の強い無能人間が救われるには、認められるほどの能力を身につけるしかない。

本当に苦しんでいる人を対象にした状態を、判断が難しいことを利用して、自身保護する手段として利用するのはいかがなものか。

何度も言うが人格障害から結婚できない、仕事ができない、友達ができないなどというのは、無意味だ。

自身性格がそうで、変える気力がないというのが正当な理由なのだ

2016-09-20

Tehuくんがデザイナーなどのクリエイティブ職業に向いていないわけ

(私は寝ても覚めてもTehuくんのことばかり考えている。これはもしかして・・・

http://anond.hatelabo.jp/20160919100234 で、Tehuくんに医学部受験しろ、と書いた。

今回はどうしてTehuくんがデザイナーなどのクリエイティブ職業に向いていないかを書く。

デザインにしてもプログラムにしても、極論すれば人を思い通りに動かすためのものだ。

素敵だなぁ、綺麗だなぁ、怖いなぁ、便利だなぁ・・ 突き詰めれば単純なことだ。

Tehuくんは今まで様々なメディア情報を発信してきて、多くの人を不快にしてすさまじいヘイトを集めてきた。

もし、これが意図したものであったならば大したものだ。デザイナーとしても大成功するだろう。

でも、違うだろう?

本当はTehuくんは天才として一目おかれ、みんなにちやほやされて女の子モテモテになりたくて、そういう自分演出するために情報を発信してきたんだろう?

0点です。

Tehuくんは人の心がわからない。自分言動他人にどういう影響を与えるかがまったくわかっていない。

から珍妙自動販売機デザインを恥ずかしげもなく公開できるし、読み手のことを全く考えていない現代ビジネスリニューアルができるのです。

Tehuくんがこのままプログラマー能力を磨いたとしても、未来仕様どおりのプログラムを書くだけの誰にでも置き換えられる低賃金コーダーになります。断言できます

でも、クリエイティブ能力他人感情を推し量る能力って、必ずしも必要ですか?

灘中、灘高での勉強のように、必ず答えがあって、勉強すれば必ず達成できるものを極めてもいいんじゃないですか?

人間には適材適所というものがあります

革新的なことは他の人に任せて、Tehuくんは誰かが作ったものを使って人の役にたったらいいんじゃないですか?

私はTehuくんが心の底までクズダメ人間だとは思っていません。

せっかく人の役に立てる能力があるのに、無責任大人たちに人生を狂わされただけなのかもしれません。

得意な勉強を生かして、人のために役に立てる仕事をし、結果としてその姿勢に惹かれた女性に愛されて欲しいと思っています

自分を捨ててまで人々に奉仕できる人間になれば、例え意図的に人の心を操れなくても、Tehuくん自身生き方が人を惹きつけるようになるのです。

から慶応SFCに復学して、本来であれば後輩たちである若い子たちに混じって体育をしたりするのは苦痛でしょう。

でも、医学部に入りなおせば、数年の遅れなど些細なことです。

勉強してください。

鼻くそのようなアプリを作っただけなのにマスコミに大きく取り上げられて大人たちから天才扱いされて、人生なんてチョロいと思ってしまたかもしれません。

でも、そんな幸運は何度も来ないし、本当に人の役に立つことはできません。

勉強してください。

立派なお医者さんになって、苦しんでいる人たちを救ってください。

特に精神科医として成功されることを願っています

Tehuくんの失敗談、そしてそれを乗り越えた姿は、同じ発達障害人格障害に悩む人たちに大きな希望となることでしょう。

2016-09-13

そんなに悪くないのでは人生

人生つれーなーと思って昔書いた日記を読んでみたら、今よりももっと辛そうなことが書いてあって、あれ?もしかして、俺、楽になってるのでは?って思った。ここ最近ずーっと辛い、昔はもっと良かった…と思っていたけど、3年前からずっと辛かったようだ。てことは変わってないね

でもまあ、なんですかね、最近の方が原因が特定できているのでよい。原因が特定できているというか、自分の心のことがよく分かるようになっている。まー、あれですよ。外部に答えはない。自分人生が辛いのは、自分の心が辛いのです。環境他人ではないのよ。なんでこんなに辛いのかなーって、なんでこんなに辛く感じるのかなーってことですから

ムカつく奴がいるんじゃなくて、自分勝手にムカついてるだけなんですよね。大抵コントロール欲求。俺の思い通りにならないお前がムカつく!っていう。そりゃそうですよ、他人なんだから俺の言うこと聞かないよねと。しか人格障害レベル人間まで許せるようになったら、世の中ムカつくことなんてなさそうであるなと、マジモンの人格障害の同僚にムカつきながら思う日々ですよ。悟りは遠い。慈悲、またはアガペーオールアイニードイズ、ラビング。愛するということをしないと。愛したいですよね。自分をそしてあなたを。

あー、なんか全然タイトルと違う内容になっちった

2016-09-09

http://anond.hatelabo.jp/20160908201817

こういうのはちゃんと議論のために残しておかないとな。

極端に軽視してるよね。
そういうの、青二才と同じレベル生理的レベルで無理。ちゃんと個別について納得できる対応ができない人の語る原則論って信用できない。

青二才場合だと、「こいつ自分理屈に酔って目の前の事象すら正しく判断できないのか」「思考バイアスかかりすぎて視界がゆがみすぎてるわ」「こいつ自分を棚に上げてきれいごと言ってるだけだわ」って思っちゃうのと同じ。彼について何にも知らなければ「コミケ記事」とかい記事に見えるらしいけど、彼が同人誌の時に何したのか知ってたら「お前が言うな」としか思えない。そんな感じ。
そういう意味で、今回のはてこさんの記事青二才レベルと言いたい。
やっぱり「お前が言うな」とか...

こんなことを平気で書けるやつが偉そうに説教してるのかよ。

しかも指摘されたらこっそり該当部分を削除とかもうね。

http://anond.hatelabo.jp/20160908201817魚拓リンク先より。)

はてこさんがさとなおさんと同じように
「何か勘違いして権力勾配の上座からもっと優しく教えて我々を納得させよ(大意)」などとおっしゃる方々に伝達したいことなどはなからひとつない」
とおっしゃるのであれば、それは好きにすればいいんじゃないかなと。ただ、そういいながらも「自分の話を聞かない人」に対して嫌味を言ったりこき下ろしを加えるなどやりだしたら、もうだめでしょ。「伝達したいこと」はなくても「伝わってしまうこと」はあるんだからhttp://possession.hatenablog.com/entry/2016/09/09/011017

↓こんなことも言ってるのによく他人に↑こんな説教かましにいけるな。あれか?解離性人格障害とかなのか?

そのせいか青二才って
定期的にすごい雑魚装備&雑魚レベルなくせに
すごい強い敵を殴りに行って反撃で死ぬよね。
なぜなのか。http://possession.hatenablog.com/entry/2016/09/06/003826

http://anond.hatelabo.jp/20160909014659

できてない奴が「僕もできてないけど~」というエクスキューズかまして言ってるの見ると吐き気がするわ

まず自分ができるようになってから出直してこいと

2016-08-30

双極性障害

という病気があることは知っていた。

でも自分とは無縁の病気だと思っていた。

だってあれじゃん、ようするに躁鬱病でしょ?躁の時はすごい多幸感とか誇大妄想とかが症状として出て、結果莫大な借金したり人間関係破壊されたりするやつだよね、作家だと北杜夫とか中島らもとかあの辺の人。そういうイメージ

でもある時そういう世間的によく知られている典型的躁鬱病ってのは双極Ⅰ型っていうやつで、周囲の人間にあまり影響を及ぼさない軽躁状態の症状が出る双極Ⅱ型ってのがあるのを知ってあれって思った。あと躁状態って単にハイになるだけじゃなくて不機嫌になったり、攻撃的になったりする場合もあるらしい。

あのさ、道歩いてるとたまに変な文句ぶつぶつ言いながら道行く人に因縁つけたりするヤバい年寄りかいるじゃん。私あの手のじいさんやおっさんと怒鳴りあいとか掴み合いになったことが何回かあんのね。ほら、ああいう人ってさ、弱そうな人狙うからさ、わたしみたいな一見大人しそうな人間から口汚い言葉で罵られたあげく胸ぐらつかまれて引きずり回されたりするとすげえびっくりして狼狽えるわけよ。その狼狽えた間抜け面見るとすごくテンションあがるのね。

で、そういう小競り合いしたあとはめっちゃテンションあがってなんでもできんの。

なんか多分人格障害かそれでなかったら複雑な性癖の発露だったりすんのかなーと思ってたんだけど、そもそも喧嘩売られなきゃ私は何にもしないし警察沙汰になっても頭下げるだけですんだしま病院行くほどじゃないだろうと思ってた。

でも他にもⅡ型の症状に合致する部分があったので精神科行ったらデパケンかい気分調整薬が処方された。

飲んでたら私びっくりするほど穏やかになったよ、上の立場にいる嫌な人にも楯突かず上手くいなせるようになった。

結果仕事が続くようになった。

私こんなだから職場でも対人トラブル起こして仕事長続きしたことなかったんだよ、そういうこと続くとさ、もう働くのやだ、引きこもってようって当然思うわけじゃん。でも引きこもるの3ヶ月が限界なんだよ、だって飽きるじゃん。

よく考えるとこの引きこもるのに飽きるってのも軽躁状態の為せる業だったのかもしれない。

まあとにかく性格上のことだから直ることがないだろうと思っていた自分キチガイぶりが薬一つで収まって驚いてる。人間の脳って不思議だね。そんだけ。

2016-08-26

発達障害かな?という人が職場にいたらどう対応するか

女優さんの息子が性犯罪で捕まったという事件を見て、ああ前の職場にいたような人と似ているなと思った。

知らない女性に突然抱き付いたり、ボディータッチが多かったりという男性がいた。

本人のいないところでは「彼はそういう人だから気を付けて」と小声で言われた。

本人に「そういうことをすると警察に捕まるからやめた方がいい」と言っても理解できないようだった。

始めにいた管理職は周囲にいる(直接対応する)人の大変さを理解し、それなりの配慮をしていたが、次の管理職は「障害があると言えば人権侵害と訴えられる」「(障害を認めていても)障碍者人権があると主張される」と言い、周囲にひたすらに我慢を強いるので人がどんどんいなくなった。

職場をかわったら別のタイプがいた。職場情緒不安定仕事ができず(周囲に投げるのでやらざるを得なくなる)職場内外の人に怒鳴りまくる人とか、落ち着きがなく人の気持ちを考えるのが苦手で暴言を吐いたり無理を強いる(敵がたくさんいる)、モノを良くなくしというのを繰り返す人とか、発達障害人格障害か何かあるんじゃないか、という人が何人かいた。ただ、管理職はほぼ不在で主張の強い人(つまりこの当事者たち)の話を適当にきくだけだったので、やはりここも人がどんどん減って行った。

コミュニケーションが苦手な人同士仲良くやっているようなところもあって、そういう人だけの職場になりつつあった。障害がある人同士気持ちが通じるところがあってうまくやれるならそれはそれでありなのかもしれない。ただ、関係する外部の機関人達は「非常識だ」「一方的だ」と怒っている人が多く、どこから相手にされなくなるのも時間問題に見えた。

性犯罪はなかったけど、やはり何かしら事件を起こす人を放置しておくと周囲は消耗していなくなってしまう。長期的に見ればその職場には人がいなくなり崩壊するだろう。あるいはどこから相手にされなくなり崩壊するか。

まり、そういう職場管理職だった場合発達障害か何かあるんじゃないかという人(障害を認めていても認めていなくても)を排除はできないけれど、それ以外の人たちに負担が行きすぎないように配慮する必要があるということだ。人手不足職場が多いからそういう職場は増えていくだろう。高齢者暴力をふるったり暴言を吐いたりいろいろ大変な人もいるから、高齢者施設もそんな感じなのかもしれない。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん