「純潔」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 純潔とは

2019-10-20

こんなにも違う! 日本ヨーロッパにおける女性文化比較

こちらでは妻が夫の許可なくして家庭外へ出ることはあまりない。あちらの女性は夫に報せることなく好きなところに行く自由を持っている。


こちらの国の未婚女性は何より処女性と純潔が重視されるが、あちらの国では処女純潔も重んじない。非処女であろうが名誉さえ失っていなければ結婚できる。


こちらでは普通女性食事を作る。あちらでは男性が主に料理する。


こちらでは女性が酒を飲むことははしたないことと考えられている。あちらでは女性飲酒はごく普通で、イベントごとではたびたび深酒する。


こちらでは財産夫婦共有のものである。あちらの国では夫婦それぞれが自分のぶんを持っている。時には妻が夫に高利で貸し付ける。


こちらでは、離婚することは罪悪であるうえ、特に妻にとっては最大の不名誉でもある。あちらでは自由に何回でも離婚できる。妻がそのことで名誉を失うことはないし、いつでも再婚できる。


こちらでは夫が妻を離縁するのが普通。あちらではしばしば妻が夫に三行半を叩きつける。


こちらでは娘を結婚まで閉じ込めておくことはきわめて大事なことで、ときに厳格に行われる。あちらの娘たちは親にことわりもしないで何日でも一人で好きなところにでかけることができる。


私たちの国では女性はあまり読み書きしないのがふつうである。彼らの高貴な女性は読み書きに不自由するのは恥ずべきことだと考えている。




――ルイス・フロイスヨーロッパ文化日本文化岩波文庫より

2019-10-16

anond:20191016083720

ツイではかなりバズってる

知らなくてもいいんだよ

純潔オタクの血が手に入ればなんでもいいんだから

2019-10-09

ウェディングドレスが白いのは純潔の証と聞いたのだけど

ほんとうなの?

2019-10-04

純情戦隊ヴァージニア

というマンガを読みました。

あらすじ

世界征服を企む秘密結社ヴィンラーンの魔の手から平和を守るために戦うチームヴァージニアス。

そんな彼、彼女らの力の源は純潔であること。

物語はチームリーダーであるレッド33才)と新入隊員ピンク17才+11)の出会いからはじまる。

# ギャグマンガです

面白かったところ

純潔を失くすと脱退しま

戦隊の戦力削減のため敵に恋愛アドバイザーがいます

クソリプおじさんという敵がいます

司令官ユニコーン

かなりバカなのでオススメです。

2019-09-24

ハトマ・パンティー(1869-1948)

パンティーは、暴力不正に対して真義を代表する力であるパンティーは純潔生活の泉として滾々と湧き出る魂の力なのだ。私はインドが弱いかパンティーを被っているのではない。ただ、インドパンティーを被らないヨーロッパのやり方をまねるべきではないと思うのである。剣を手にしたときインドはもはや私の心の誇りではなくなるであろう。

前回:

anond:20190624041246

前々回:

anond:20190608065537

2019-09-20

anond:20190920105823

やあ、フェミニズムを飯の種にしてる増田だよ。

まず最初に、こちフェミニスト業界では、昨今の性教育関連エントリの各所でのプチブームを、大変嬉しく思っていることをお伝えしておくよ。

本当は、性教育を語るには、セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルスライツ(性と生殖に関する健康権利から入らなきゃいけないんだけど、ちゃんと書くとそれだけで元田が眠くなるくらいの長い記事になるので、ここでは簡単に触れるだけにするよ。

セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルスライツ(SRHR)とは、男性女性も、それ以外の性別の人も、同性愛者も異性愛者もそれ以外の性指向の人も、とにかくあらゆる人が性(性欲を満たすこと。以下、セックスとしよう)や生殖子どもを産み育てること、以下、出産育児としよう)に関して自分意思を持つことが許され、その意思尊重され、セックス出産育児についてのやり方を自分で決めることができる権利のことだ。

例えば、親や親戚、近所の人に「あん長男なんだから、はよ結婚して子ども産みなさいよー」って言われて無理やり見合い結婚させられるのは、SRHRの侵害だ。逆に、結婚して子どもを産み育てたいのに、「あんたには家事介護をして欲しいか結婚は許さない」とか、望まない妊娠(これ自体がまずSRHRの侵害だ)をした時に、産もうと決心した女性を無理やり中絶させたり、逆に中絶しようと思った女性法律や説得で無理やり出産させるのはSRHRの侵害だ。

セックス出産に関する体の部品男性なら主にペニス女性なら主に子宮)の使い方、政治家さんの好きな言葉を流用するなら「子どもを産む機械」は、持ち主である男女が自分意思自由に使い道や使い方(使わないことも含めて)を決める権利だ、と言ってもいいかな。

純潔も、淫乱も、本人の好きにすればいい。ただし、他人迷惑をかけない(他人の道具を相手同意を得ずに使わない)ことが条件だよ。ってことね。あと、好きに使うためのメンテ性感染症の予防や、妊娠出産に伴う医療リスクの軽減)ができる環境が、全ての人に与えられなければならない、っていうのが、SHRHの考え方だ。

そんでね、性教育っていうのは、この権利について学ぶ、人権教育なんよ。

元田も、多分これを読んでくれる多くの人も、日本で育っていれば性教育っていうのはほとんど受けたことがないと思う。保健体育でちょこっと生殖の仕組みについてやったり、性感染症について学んだり、あと女性なら初潮が来る頃に生理について学んで生理用品のサンプルもらうくらいかな。

でも、実はこれは国際的に見るとかなり遅れている。

国際的に、って言ったな。うん、言った。

実は、ユネスコが「性教育国際的ガイドライン」を出してるんだ。英語フランス語中国語などはここで見れるよ(これは2018年改訂版初版2008年に出されている)

https://unesdoc.unesco.org/ark:/48223/pf0000260770

無料じゃないけど、日本語訳もあるよ。

https://www.akashi.co.jp/book/b297731.html

性教育は、「性の認知感情身体社会的な側面を学ぶこと」というのが、ユネスコ定義だよ。これは通称包括的性教育」と呼ばれる。

日本でやることは、あくま身体面の、生物学的な性(というか生殖)についての教育しかないんだよね。でも、「包括的性教育」では、自分他人の体の仕組みを学び、それに自信を持つことから他人尊重すること(ここには、シスヘテロでない少数派の人たちの多様性理解し、尊重することも含まれる)、自分他人感情理解尊重することなども含まれる。当然、セックスの前の合意確認の仕方や、嫌なら嫌と言っていい(むしろ言うべき)っていうことも教わる。

この手の問題になるとよく「セックス同意書ないと安心してセックスもできない」と言い出す人達がいるけど、その発言自体日本包括的性教育が欠けているということの証明になってるわけだね。(日本では性犯罪構成条件が難しすぎて現実的無罪になりやすい、というのは、それとはまた別の問題だ)

そう考えると、男子生理を含む「女性生殖器の特性について知ること」と、女子勃起射精を含む「男性生殖器の特性について知ること」は、表裏一体なんだ。

同時に、男女それぞれが自分生殖器について理解し、例えば男性なら「仮性包茎問題ない」とか、女性なら「生理の辛さには個人差があるから必要なら産婦人科に診てもらう」とか、知識を持ってきちんと自己管理することを学ぶのも、性教育の大切な意義だ。

さらにいうと、男女問わず子ども性的なパーツを触られた時に、「それは犯罪であり、拒否する/拒否できなかった(暴行された)時は、大人に報告するべきだ」という理解を持つことに持つことにもつながる。

実際のところ、未成年性的虐待っていうのは、当初は「子ども自身おかしいと気づけないから」表に出ないっていうことがすごく多い。たまたま性について学んだことがきっかけで、気づいて病院訪問するケースが、かなり多いそうだ。

さて、ユネスコ定義に戻ろう。性教育とは、「性の認知感情身体社会的な側面を学ぶこと」だったね。

元田のいう(1)は、「性の感情面の理解」という文脈に含まれる。これは明確だからいいよね。

(3)は、身体面と社会面になるかな。例えばテクノブレイク都市伝説だし、AV男優ペニスの形が違う(=包茎)も大抵は問題ないし、手マンは爪を切って手を洗ってからやらないと膣を傷つけて女性が大変なことになるし、潮吹きAV女優側が水とかいっぱい飲んで頑張って出してるもの普通は起きない。そういうことをきちんと知ったり、あとは「女性男性に従うもの、好きなら生でセックスさせて当然」みたいな社会的規範おかしいというのも、当然教える前提になる。

(4)は、身体面だね。マスターベーション普通だし、テクノブレイクなんて存在しないし、女性だってオナニーしていい。オナニーって言い方がなんかやだったらセルフプレジャーって言おう、みたいな。

(5)は、社会面認知面かな。恋愛工学なんて典型的認知の歪み(自己中心性バイアス投影バイアス、多集団同質性バイアスあたりか)に基づく行動原理だしね。

さて、問題は(2)なんだけど、これは典型的権利自由)に関する問題だ。

日本人は自由を「無制限に好き勝手する権利」と考えがちなんだけど、実は自由というのは、近代では「他人迷惑をかけない範囲で、自分の好き勝手をする権利バカなことも含む)」だと定義されている。フランス人権宣言第4条とか、ジョン・スチュアート・ミル自由論とかが、この辺の定義として著名なソースだね。

そこに基づいて考えると、「他人自由を害さなければ、好きにセックスしたりオナニーしたりしていい」し、逆に「他人自由を害するならば、セックスオナニーをしてはならない」ってことになる。

こういう部分は当然、包括的性教育にも含まれるわけだけど、それ以前に「社会生活をする人間としての常識」なんだよね。

たとえば私は「SRHRは最終的にはKKOインセルも救うことを目的としている」と思っているんだけど、それは「KKOインセルに彼らの望む可愛い恋人をあてがう」という形では実現し得ない。なぜなら、それは「恋人としてあてがわれる個人」の自由侵害してしまうからだ。他人自由侵害する自由は、存在しないのだ。

彼らを救うには、「モテないことが悪いことではない」という認知を全ての人が持つように働きかけることや、相手感情理解合意の取り方を知ることで交際入り口をなだらかにすること、同時に他人尊重し、断る権利・断られたら(少なくともその時は)諦める責任を腹落ちしてもらうこと、などが必要だろう。

これらは全部、包括的性教育カリキュラムに含まれものでもある。

包括的性教育は、男性の性欲を管理するだけのものでも、女性の性欲を解放するだけのものでもない。これまで、日本を含む多くの社会男性の性欲に寛容・女性の性欲に抑圧的であったがために、一見そう見えるけれども、本来は「あらゆる人が、自分セックス出産育児について、自分決断できるようなライフスキルを身につけること」なんだ。

から増田意識しているものは当然のように含まれるけれど一部でしかない、ということと、そういうことを教えるためのノウハウ欧米諸国を中心にすごく普及しているよ、ということを伝えたくて、長々と書いちゃったよ。

本当は日本女性のSRHR、特にヘルスではなくライツの部分が世界でもかなりやばい状況にあるとか、そういう話もしたいんだけど、若干オフトピックなので今回はぐっと我慢するよ。

2019-09-18

エルフ風俗に行ってきた

ツイッターフォロワーから教えてもらったエルフ風俗、といってもエルフがいるわけではない(そんなのUNPOが許すはずがない)。実際には耳をエルフ風に整形した人間女性(男性も稀にいるらしいが)が相手をしてくれるというだけだ。

という話だけを聞いて、大した下調べもなしに予約した。指名なしというギャンブルが出来たのも、この紹介してくれた友人があまりに「エルフはいいぞ」と激推ししてきた事、エルフ風俗普通風俗よりも安い事が理由だ。

この安さはまあ、こちらに精通している方ならご存知だろうが、なんとエルフ風俗異人種保護協会支援対象になっているからだ。その支援実態についてはホームページ支援対象一覧に小さな記述があるのみで詳しくは明かされていない。だが、エルフ風俗嬢の整形費用も、給金も半分以上が異保協から出されているという説さえあるほどである


数世紀前から数を減らし続けているエルフであるが、その減少の一因となったのが、エルフの気位の高さである事はご存知だろうか?エルフと接した事のあるものはわかるだろうが、彼らのほとんどは我々人間のことを見下している。相手にする事はないし、ましてや性行為相手に選ぶ事はない(文献を紐解けば例外もいるようだが)。だから、他の異種族と比べて人間との交配が進みづらく(全くと言っていいほど進んでいない)純潔かつ高潔エルフの血を保ててきた。

だがそんな純血の血にも問題が出てきた。純度が高すぎたのだ。もともと人口の少ないエルフの中で、エルフ同士のみの交配を繰り返せばどうなるかは想像がつくだろう。気の遠くなるほど長い年月を欠損を抱えて生きる事、子にそんな人生を与える事をあのエルフ達が許せるはずもない。産声を上げるより先に首を、という行為が繰り返され、エルフ出生率は更に低下した。高慢エルフ達もとうとう外部の血を求めるようになった。

という事で、エルフ達は今異人種交配をしようと躍起になっている。特に繁殖力の強い人間と。「異人種保護協会はいっても役員ほとんどは寿命の長いエルフで占められており(俗に言うアージェンタムオキュペイションである)、「エルフ保護協会となっているのが実情である。その権力を振りかざしての風俗支援である。無論、UNPOや全亜連は「公的機関人間の性を売り物している」とこれに反対しているが、権力のないUNPOや短命種族の多い全亜連の声にエルフ聞く耳も持たない様子で協議は続いている。(ここまでは世界史先生の下世話な余談として聞いた事があるものいるかもしれない)

面白いのは、本当に下世話なのはここからである。なぜ異種交配を求めるはずのエルフ人間エルフ嬢に身体を売らせるのか。それはエルフ生殖活動特殊さが一番の理由であるエルフ儀式地味た前戯(エルフ通はこれをもじって前儀と呼ぶ)と、特殊性器構造、(そしてこれは異種族にのみに適用されるのだが)あまりに高圧的な態度でのセックスであるエルフ人間の男に不躾態度で中出しされることを望まない。「郷に入っては郷に従え、膣に入っては膣に従え」とエルフ流の性行法を人間に身につけさせようとしているのだ。


ーーーと、ここまでがエルフ風俗の裏話であるのだが、前述の通り俺は全くと入っていいほど下調べせずに行った。だから、その時の俺は「エルフ嬢は耳が長い」ぐらいの情報しか知らなかったのである

とは言え、フォロワーのべた褒めを常日頃聞いていたので、これと入った不安もなく意気揚々と店へ向かった。店といっても、歓楽街にあるような汚い雑居ビルではない。場所は伏せるが、高級住宅街とされている街の豪邸の一室が店である。こうも、6時間1万2000円という低価格で遊ばせていただいて良いのかと戸惑うかもしれないが、更に驚くことに最寄駅まで車で迎えが手配されていた。はじめての高級車、はじめての豪邸、はじめての吹き抜けシャンデリアにたじろぎながらも、重厚なドアを開け、部屋に入ると彼女がいた。エルフである。誰だ、耳が長いだけの人間と言ったのは?白く細っそり長い手足、透けるような銀に近い金髪。吸い寄せられるように顔を見れば、切れ長な目に長い睫毛、零れ落ちそうな翡翠色の瞳、上品な唇にすっきりとした小さな顎。いつしか教科書の隅で見つけ、何度も見返したあのエルフがそこにいた。子供の頃に一度だけ、動物園日傘をさしたエルフにすれ違ったことがある。あの時に嗅いだ忘れ得ぬ澄んだ花の香りエルフ香りが漂っていた。茫然とする俺に、少女のようでそれでいてエロティックな小さな唇が言った。「近寄るでない。跪け」

そこから先を詳しく書くのは気がひける。俺のように「耳が長いだけ」と騙されたままホイホイと行って衝撃を受けるのもまた一興だと思うから。でも、レポを書く以上きちんと書くべきことは書いておこうか。

はじめの1時間は、講義だった。まさかとは思うが講義だ。あの、女教師ものの序盤のx+5=10なんて代物ではない。エルフへの声のかけかた、身体に触れて良い順番、前儀の執り行い、ピロートークならぬピロー主祈文の暗唱、正しい腰の振り方なんてものもあった。みっちり1時間、大急ぎの1時間であった。(なんでも本物の男エルフはこれを80年かけて習得し、本番に臨むというのだ。そりゃ少子化になるわけだ。)さっきはエルフらしく「跪け」なんて言ったお姉さんだったが、ここにかけては手取り足取り優しく教えてくれ、「心配ならベッドの前に貼ってありますからカンニングしちゃっても大丈夫ですよ〜」と言ってくれて、やっとの事でベッドに移れた(シャワーは入室前に済ませるシステムである)。

で、

そこから3時間の前儀(舌がつるかと思った)。手順はラミネートされたポスターが壁に貼ってあったとはいえ、なんともややこしく、間違えるたびにお姉さんにこっぴどくなじられた(エルフ口調で)。はじめは講義が終わった、やったぜ!やるぜ!と意気込んでいた俺の息子も、しぼみ始め、とうとうピクリともしなくなったため、途中お姉さんの口淫を受けた(あ〜大丈夫ですよ、はじめはよくあることです、と人間に戻ってくれてどれほど安心したことか)。残りの1時間で本番行為をし、これは腰の振り方の指導が厳しかったが前儀に比べると普通であった。とはいえエルフお姉さんとのセックスがめちゃくちゃ興奮したのはいうまでもない。マゾ気質の奴はハマると思う。ちょっとなじられながら、でもよしよしされながらエルフを抱く、いや抱かせていただく。絶世の美女なんて生易しい、絶世のエルフだった。正直この先生きていてお姉さん以上の人間女性に会うことはないだろうと思った。耳が長いだけなんて軽々しくいうが、長い耳はエロい。長い耳はエロいぞ。

んで、残りの時間で終わりの儀をテキトーにやって(人間モードのお姉さんがテキトーでいいよ〜初心者だし疲れたでしょ〜って言ってくれたのだ。お姉さん、惚れる)。30分ぐらい余ったので、お姉さんと和気藹々と雑談。耳だけ整形なんか大嘘で、全身3年かけて工事済みらしい。人間でも美人を引き抜いて、さら大金渡して整形手術を施し、エルフに仕立て上げる、らしい……お姉さんパネエ。お姉さんはスカウト(大学入学式直後に声をかけられ1ヶ月とただずに辞めてエルフ嬢になったらしい)だが、もともとエルフに憧れて入店する娘もおおいとか(意外にも選定基準は顔よりも髪重視らしい、エルフらしい細い直毛は手術では作れないから)。講義は2回目以降は30分で済ましてくれると聞いた。80年が30分だ。んで、ちょっといちゃいちゃしたり、さっきのエルフ店の裏話とかも聞いたりして、帰ってきた。

のが5ヶ月前な。それから月2で通ってる。1回目の後はちょっとどうかな、長すぎるし疲れるしwとか思ってたけど、一度行けばわかる。いいから行け。ちなみに通い詰めると、エルフ膣に工事済みのお姉さんも指名できるようになる。それはもう、オナホかめじゃないぞ(はじめはめちゃくちゃ痛いけど)。俺のオキニダークエルフ嬢お姉さん、意外にも沖縄出身w。といっても肌の色は地ではなく、薬剤で変えてるらしい。ダークエルフらしい絹のような銀髪、高圧的なエルフ口調、蔑む時の冷たい目、踏みつける時の容赦のない脚、に、対比して事後の砕けた沖縄弁がたまらない。あと初心者バイアグラ必須。途中で萎える。店で薬も出してもらえるけど(法律いいのか?)効き目がやばすぎる、成分が不明依存性がある(?)らしくて界隈では、シャブ堕ちしたら終わり、と黒い噂の絶えないので、服用は自己責任で。

って感じでエルフ種付け要員としてすっかり調教されちゃってるわけだけどさ、この指導の賜物が本番、本物のエルフ相手に発揮出来ることはないの。なんでかって?この種付け要員養成プロジェクト(仮)って400年後にやっと第1段階完了らしいよwそりゃ、少子化になるわけだ。

男性エルフに抱かれる女性の方はそれほど教育がいらないそうなので、こちらのプロジェクトも同時進行中らしいが、不浄な人間の腹からまれた子をエルフとは呼べない、と反発の声も多いそうで難航しているようだ。

長くなったが最後一言、「エルフはいいぞ」

2019-09-08

留学中に現地のアダルトショップに行った話

ちょっと前までカリフォルニア大学留学していた。慣れるまでの生活毎日目まぐるしく何かにかまけている時間もなくすぎていったが、一度落ち着いてしまえば今まで不可視だった性欲という問題に直面した。

当時20歳処女だった。彼氏いたことはあったけれど、深い関係になる前に別れていたため、私は純潔だった。アメリカ彼氏を作る気にもならなかった。どうせ一年しかいないし、「日本人女は尻軽」という偏見をこれ以上助長するのは自分プライドが許さなかった。しかし溜まるものは溜まるし、日本にいる家族友達と離れ離れになっている分寂しさで人肌が恋しくなった。その上、端的に新しい地には娯楽が足りず、一度生活に慣れてしまうと学校に行って勉強している間以外は暇を持て余していた。

最初上記理由で溜まるばかりの性欲を見て見ぬ振りをしていた。しかしそのうち日常に支障をきたすようになってきた。有り体に言えば授業中にムラムラしたり、エロ漫画のごとくパンツを汚したりしてしまうのだ。そのうち夜は淫夢を見るようになってしまい、翌朝には同じ留学生のルームメイトに若干遠回しに「夜中うなされてたよ」と心配されてしまった。なんとかしなくては…しかし先述したように彼氏を作る気もセックスフレンドを作る気もさらさら無い。そこで、人生経験を兼ねて現地のアダルトショップに行くことを決意した。

向かった先は学校からバスで一時間ほどの場所にあり、グーグルマップでのレビューも良かったアダルトグッズ専門店である日本とは違い、そういう雰囲気のお店が集合した地域があるわけでもなく、家族づれ向けのショッピングモール道路を挟んだ向かいにひっそりと佇んでいた。隣にはステーキ屋さんとブラジル体術教室があるくらい、日々の生活空間に馴染んでいたような気がする。入店には勇気を要した。なにせ日本でもアダルトショップなんて、ドン・キホーテ暖簾をくぐった大人のスペースを除けば入店したことのない処女であるし、そのドン・キホーテでも、友人と冷やかしに入った程度である。周りに人がいないことを確認して店内に足を踏み入れた。

お店のドアを手動で開くと防犯用に店内に来客を知らせるブザーが鳴り、店員さんが一気に入り口乃至私に注目する。殺してくれ。しかし彼らはとても明るい笑顔で迎え入れてくれた。店内には私のほか3組のお客さんがいた。1組は40代くらいの夫婦、もう1つは30代くらいの男性、そして20代くらいのおそらくカップルと思われる女性二人組だった。女1人で来店したのは私だけだったけれど、店員さんもそんなことを気にする風も無いため、私もしばらく店内を力なくふらふらと見回していた。1.2分ほど経つと、優しそうなお姉さん店員さんが、「何か特定のグッズを探している?わからないことがあったらなんでも聞いてね」と声をかけてきてくださった。挙動不審になりながらも、「特にまだ何を買おうとは決まっていません…また具体的に決まったら伺います」とだけ返した。自分でも張り付いた笑顔気持ち悪かったと思う。ごめんなさい店員さん。しばらくは本当は処女なのでローターを探していたけれど、なんとローターがない。そしてよく見てみると、ディルドは太いのばかりだ。だいたいが18センチくらいの長さに5cmくらいの太さ。これは経験なし女には辛い。細いのを見つけたと思ってもそれは大抵アナル用で、新品だからおそらく害はないのだろうけど女性器に使っていいのか謎であった。なにより自分おぼこ丸出しなのアナル用のおもちゃを買うなんて誤解されかねない…難しい。由々しきことだ。焦る。せっかく勇気を持って入店たからには何かしらの、この欲求不満を解消してくれるグッズを買わずに帰るわけにはいかない。別の男性店員さんがやってきた。何か困っていることあったらなんでも聞いてくださいね、と言ってきた。異性なのに、全く嫌な感じも、いやらしい感じも持たなかった。しか処女なので男性相談するよりは実経験のありそうな女性店員さんに話を聞こうを意を決め、しばらくしてから先ほどのお姉さん店員さんに声をかけてみた。というのも、自分でも何がほしいかからなかったかである

私「すみません、女で、1人で使うオナニー用のおもちゃを探してるんですが…」

店員さん「あら、どんなものがお好みかしら?」

私「私こういうところくるのもおもちゃ使うのも初めてで、どんなものがあるかもわからなくて…色々教えてもらえると助かります

店員さんは面倒なそぶりも嫌な顔の1つもしないで教えてくれた。

店員さん「例えば振動するものが欲しいのかしないものが欲しいのか、クリトリスを刺激したいのかGスポットもっと奥に使いたいのか。素材は何がいいか…とか色々あるわよ」

と微笑んで恥ずかしげもなく教えてくれた。天使。なんだか恥ずかしがっている自分馬鹿みたいに思えてきた。旅の恥はかき捨てだ。

私「あの、私は処女で、今まで挿入なんてタンポンくらいしかしたことがなくて、でも中に何か挿れるのに興味があるんですけど、どれも太いみたいで、、、初心者用のもっと細いのってありますか?」

店員さん「あると言えばあるけど、そうなると振動するバイブタイプのものになるけど、男性器の形を模したものはあまりないわね。バイブといっても色々あるのよ。二股になっていてクリトリスも刺激してくれるものと、クリトリス用の取っ掛かりがないものがあるけれど、どっちが良いかしら?クリトリスの方が刺激的だけれど、奥まで突っ込むのに邪魔というのが難点よ」

私「ナカイキできるようになりたいのでクリトリス用の刺激がない方が好みです。振動のものって、あまり使いすぎると不感症になる気がして怖いのです…」

店員さんはいくつかおすすめのものを見せてくれた。大抵は彼女のいう通りバイブといっても形は男性器ではなくただの筒状∩こんな感じ。長さは10センチくらいで太さは2センチくらい。

店員さん「怖ければ電源を抜いて使えばいいのよ。これくらいなら処女でも問題なく入ると思うし、挿れるのが怖ければ振動をオンにしてクリトリスに当てるといいわ。ただ、短いから奥に入れすぎないように気をつける必要があるわ。」

これ以上詳しい説明もしてくれた気がするが忘れてしまった。とりあえずそれを購入することに決めた上で、慣れてきたときに使う用の、それよりはもう少し大きいけれどほかのディルドに比べたら小ぶりのディルドがないか聞いてみた。外人サイズ男性器に合わせて作られたディルドは日本人の私には合う気がしない。

すると店員さんは、長さ15cm、太さ3cmくらいのシリコンの、男性器の形を模したディルドをお勧めしてきてくれた。

店員さん「これは個人的にすごくおすすめよ。なにより柔らかいから奥まで入って気持ちいいし、汚れがついても洗いやすいわ」

ここがすごくカルチャーショックだった。経験はないにしても日本AVエロ漫画は人並み以上に嗜んできた身である。登場する女の子女優さんは男優さんのおちんちんを「わぁ…すっごく太くて硬い♡」と褒めそやしていた。アメリカでは柔らかい方が良いのか??

私「柔らかい方がいいんですか?」

店員さん「それは人それぞれだと思うけど…柔らかい方が好きっていう人も多いわよ。硬い方が好きなの?」

挿れたことがないのに…と思われそうだがタンポンを入れる時と同じ要領なら硬い方が挿入しやすい気がしていた。しかし店内をよく見ると確かに柔らかい、というのが褒め言葉のように多くのディルドの箱には「柔らかい!」とか「柔軟!」とか書かれていた。なるほど。お国柄の違いか

そこで店員さんは新しいディルドを持ってきてくれた。先ほどと同じような太さに長さだけれど、素材がなんとガラスだった。透明の。

店員さん「これが一番硬いわ。硬いかディルドというよりはマッサージ用って感じかしらねバイ機能はないけれど…その代わり、ローションがシリコンベースのものも使えるわよ!個人的なことを聞いてしまって申し訳ないけれど、貴女ちゃんと濡れる体質かしら?濡れないなら、おもちゃ別にローションを買った方が良いわよ。ソロプレイだとしても。ローションにはシリコンベースと水ベースの二種類があって、シリコンで出来ていたり、ゴム原材料おもちゃを使うなら水ベースのローションしか使えないけれど、これはガラスからどちらでも使えるのよ。」

私「すぐ濡れるので大丈夫です!」

ディルドとマッサージ用の違いがよくわからなかったけれど、確かに硬そうだった。透明なガラスから卑猥な感じが軽減されてオプジェみたいになっているのも気に入った。先ほどのバイブと合わせて購入することを決めた。

レジで、ソロプレイでもコンドームを使う必要があるか聞いてみた。回答は「誰かと使い回すなら話は別だけど、1人で使う分には毎回使用後におもちゃ自信を専用のクリーナーで洗えば問題ない。」とのこと。専用クリーナーは12ドルくらい。2つのおもちゃは合わせて80ドルくらいだった。カリフォルニアではカードでのお買い物が基本だが、履歴が親にバレたら死ねるのであらかじめATMおろしていたお金で支払った。割引券やお得なセール情報が貰えると聞き、すでにこのお店のサービスにかなり満足していた私はメルマガの会員登録を済ませ、次回20%引きのクーポンももらってしまった。嬉しい。大変有意義なお買い物であった。家に帰ってから早速使った。とても満足だった。

使ってみた感想とかもし需要あったらまた書く。ないと思うけど。

ちなみに何事もなかったかのように書いているけど実際はここまでスムーズに会話できていない。私の英語力が拙かったので。それでも店員さんは優しかった。エロワードは前日にポルノサイト英語訳をたくさん調べた上で参戦した。あと現地の人によると店員さんから教えてくれる場合は別だが客が店員さん自身に「どのおもちゃおすすめですか?」とか「貴女は誰が好きですか?」とか個人的な事を聞くのはNGだそう。

2019-09-02

男の娘風俗で掘られて射精して来ました。

あざみのごとく棘あればと言う。

世間ではお盆休み区切りをつけて仕事と言う名の日常に人々は還っていった。

気だるげな東京の風と少し涼しくなった空気に秋を感じ、身体も心もさみしさを感じていた。

僕の仕事休日と言う概念は少なく、休みのない日々に気絶するほど悩ましい事もある。常在戦場ならぬ常在職場である

日々忙しい中、以前遠方での仕事の空き時間に僕の純潔を散らす可能性のある風俗店にお伺いさせていただいた。

そんな出来事も遠い過去に感じるほど忙しい。

しかお盆休みと言う世間の波に僕と社長も逆らうことは出来ず、社長の子供たちは「遊園地プールキャンプ!」と声を大に僕たちに毎日プレッシャーを与えてきた。

さながらレース開始直前、シグナルが全点灯したあの緊張感だ。

レース当日目を覚ましたあの時、雨が降っているとても不幸の朝がくるようなプレッシャーだ。

「~~ちゃん家族でデズニーに!」

「~~くんは家族長島スパーランドに!」

「だからパパとおじさん!遊園地!!!

店長は子だくさんの幸せな家庭を築いている。

世間一般より僕たちの仕事はズレてはいるが、稼ぎも伴っていると思う。

その皺寄せはやはり家庭である社長身体が二つ欲しい程忙しい。僕もその補助にあたり日付が変わってから家に帰る。

夏休みくらい遊びに・・・。」と思い

子供たちを連れて遊園地に行ったり、近所のプールに連れて行ったり、僕の部屋に泊まったり等と忙しくも楽しい夏休みの日々だ。

家族ぐるみ店長と仲良くさせていただいている。ありがたいことだ。

めがねおじさんは大人気だ。子供たち4人に毎日遊んでくれとせがまれる。しあわせだ。

だが僕も一人の男で、一人のバイク乗りである。僕の求める幸せは、いや俺の求める幸せってのは。

そう バイクに乗りたいのだ。

バイクに乗るために鍵を手に取りスロットルと言う名前の銃爪(ひきがね)を引いた。

後輩が東京から地元愛知に帰ってきているのに便乗し東京への帰路についていくことにした。

旅すがら「東京行ってもやることねぇなァ」としか思っていなかった。

僕の相棒ZX-9Rは気分次第で責めないでよと言わんばかりにアクセルを開けろと煽ってくる。

岐阜から東京へ向かう400kmの最中、幾度となくスロットルを捻った。

友人の家で何をするでもなく映画を見たり酒をあおる休日

これが男の休みってモンよ。酒、煙草単車

あの大阪での夏前の日。僕は少し心残りを感じて帰ったじゃないか

前回は指を突っ込まれる程度でしゃぶることも掘られることもなかった。

そう、ノーマルプレイであった。男の娘と言うこと以外は。

だが

僕のツイッターワールドの住人達は満足していなかった。

憎み切れないろくでなし同居人は僕にこう吐き捨てていた。

「掘られてもないししゃぶってもないんすか。落第ですね。もう一回行ってください。」

てめェこの野郎。掘られたこともしゃぶったこともねぇクセに無駄デカ身体でクソみてーなこと言ってんじゃねぇぞ。

と言う心の声を奥底にしまい込んだ。

すべては僕の覚悟が無かった。

Pサイズ十七と言うその大きさに恐れ戦いてしまったのだ。

だが今は違う。

俺の涙は俺が拭く。

Twitter上で嬢とも親密にリプライを交わし、お互いの趣味が一致することも確認済だ。

もう迷いはない。イケるはずだ。

嬢には「初めてなら90分以上。」と教わっていた。

よかろう。120分だ

でもぼくは60分ぶんのおかねしかなかった。

しか社長からLINEが飛んでくる。

会社カード切っていいよ」

チャンスは一度。

ありがとう社長。これからもついていきます

いや、突かれてきますけどね。

そうとなれば兎に角予約だ。

あ、もしもし。予約したいんですけど

わ「かりました。予約したい娘のお名前とかって」

事務的に予約を行う。

「ではお客様のお名前をお願い致します。」

〇〇(同居人苗字)です。

準備は整った。

行こう ジュクへ。

俺のテリトリーはノガミ(上野駅周辺)だが今日はジュク(新宿)だ。

新宿駅、素人には難しすぎる立地だ。

湿度が高く都会の蒸し暑いビル風に吹かれながら僕は歩いた。

ハローワークへ。

「あ、もしもしハローワークにつきましたけど。」

「じゃあハローワーク背中にしていただいてーーー」

電話をしながらレンタルルームの案内をされる。

あぁ俺、これから処女を散らすんやなァー。

って言うかこのお店の人活舌が悪くていまいち電話越しだと何て言ってるかわからんなぁ。

下らない事を考えながら歩を進め辿り着く。

「ではここのnull号室のチャイムを鳴らしてください。」

案内されたビルはまるで九龍城だ。

ここが、こんなところが、いやこんなところに。都会ってスゴい。

遅いエレベータに乗りごとんごとんと一階ずつ上がっていく。

指定の階数で降り、周囲の安全確保。

はいない。素早く指定の部屋へ向かいチャイムを鳴らす。

以前聞いた可愛い声が無機質な機械から僕を出迎えてくれた。

この緊張を何に例えよう。

そう、例えるならばサイフォン式コーヒーリッパーが一滴目を落とすような。

例えるなら2速から1速にヒール・アンド・トゥをキメてヘアピンコーナーに侵入するような。

一度のシフトミスが命取り。そんな気分。あなたを・もっと・知りたくて。

重たい鉄のドアが開く。シグナグリーンレーススタート!120分のレースが今開始しました!

僕の中のピエールモータースポーツアナウンサー)がそう囁く。

「ひさしぶりー。でもTwitterからんでるしあんまそんな感じしないね。」

そうだね。遅い時間にごめん。でも予約時間遅くして俺がラストのが気楽かなーと思ってさ。

まるで通い慣れた常連だ。2回目だけど。

部屋の中に案内され、ベッドしかない空間で談笑をする。

僕の仕事の話や、彼女仕事の話。

「で、今日は逆アナでいいの?」

可愛い男と呼ばないで

いやあんまよくないんだけどね。覚悟はキメてきたよ。

「じゃまず浣腸しよっか。」

僕は痔の手術経験内臓の手術経験がある。

浣腸は何度か受けた経験がある。来いよベネット

ケツだけでいいのに僕は何故かネイキッドになり四つん這いの姿勢を取った。

から冷たい何かが侵入してくる。

「じゃあ5分くらい我慢してね」

あーOKOK任せとけって我慢比べなら得意なほうさ。と思ったその刹那

痛い痛い痛い痛いおなか痛いしかもあのキュルキュルするこの電車の中ならンコもれそうになるやつ

「え、我慢できない?もうちょっと頑張って。」

イッヒフンバルトヘーデル!と言うレベルではなくゲリデルネンになってしまった。

「じゃあトイレまで案内するね。出るときノックしてね。」

俺は何故、こんな辛い思いをしなきゃいけないんだ。

おなかいたい。

とにかくおなかいたい。

久しぶりだよこんなおなかいたいの。

体感時間で10分程便座に腰掛け続けた。

悲しみにつばをかけろ。

頭の中ではKeepYourselfAliveイントロが流れていた。邦題は炎のロックンロールだ。

内容物がカラになったのを感じた。

曲がKnockin'on heaven's doorに変更された。

ノックをし、迎えに来てもらった。

これから僕は掘られてしまう。

ああどうか神様。どうか僕に救いを。

一緒にシャワーを浴び、ベッドの部屋へ戻る。

タオルを敷いたベッドの上で横になり、大量のローションをつけ指が侵入してくる。

思ったよりあっさり入るんだね。

前回の経験から北斗新血愁を食らったようなレイの顔にはならずに済んだ。

腹の中を内側から掻き回される異物感。

ミカハッキネンが俺の直腸の中をプリウスPHVで走り回るような激しくも優しいドライビングだ。

「なんだかんだもう2本入ってるよ?」

うせやろ。

ここで僕は気づいてしまう。

あ、ぐりぐりされるより抜き差しのが気持ちいいです。

今こそこのセリフを言うべきか。いやまだ早い。

10分、いや20分、僕の中で30分は指で広げられただろうか。

僕のトイヴォネンもグロッキーだ。

「もう3本入ってるしこれならいけるかなー」

君に薔薇薔薇…という感じだ。

じゃあアレすか大きくしたほうがいい感じです?

「ん?」

覚悟

完了

の四文字が特大文字で僕の背中に浮かんでいたと思う。

なんかフェラできる気がするんでちょっとさせてください。

不思議だ。

ぼくはおとこなのに

ちんちんを舐めている。

アイルトン=セナWRCカーに乗るような

ヴァレンティノ=ロッシ岐阜県で釣りをするほどの違和感だ。

女性のソレは僕もたくさん愛してきたさ。

舐めることも吸うこともしてきた。なんなら不浄の部位だって舐めてきた。

だが、今回は俺と同じだ。

そう。全く同じ形状違いだ。

「昨日飲みに行って記憶あんまないんだけど。朝起きたらシコッティがたくさん落ちてたからこの子言うこときかないかもしれない。」

女性として、男性のそれを大きくすることができないのはきっとプライドが傷つくだろう。

同じように感じ、僕はそれを口唇で迎え入れた。

この気持ちを何と例えよう。案外余裕だった。

大人になってブランコに乗るときの少しの気恥ずかしさやなつかしさを感じた。

一心不乱とは言わないが自分がされたい通りの口による愛撫を行っていた。

ああきっと、僕はこうされると気持ちいからこうしているんだろうなぁ。と思うと同時に興奮していた。書いてて思うけどこれだめなやつじゃないかな。

彼女のそれは、最初は1G-EUだった。

だがだんだんと1G-GTEUになり、1JZになってくれた。

僕のシティタイプアール化が完了していた。

「じゃあ挿入よっか。」

来いよベネットゴムをつけてかかってこい!

しゃぶった俺ぁもう怖くない。さあ来い。急げ風のように。

正常位の体制

普段出すことにしか使うことのない

その器官に

彼女のそれが現れた。

ゆっくりと押し込まれる。異物感が凄い。固着したフロントフォークのような異物感。

やはり抜くとき気持ちいいなぁ。なんて思う余裕は僕になかった。

少しずつ腰を動かされる。彼女どうにもとまらない

女はそれを我慢できないと言わんばかりに腰を振られ、僕のそれを扱かれる。

今こそこのセリフを頭に浮かべるべきだ。

「おんなのこになっちゃう♡」

自分で思いながらも股間のいつもの快感と初めての快感に戸惑っていた。

社長、何故にお前は俺のレビュー面白いからと行かせるのだ。

こうなれば快楽に身を任せろ。

「奥まで入れてもらってもいいですか」

「いいよ、辛かったら言ってね。」

女性幸福感とはこの様な物か。なんか愛されてる感が凄い。

僕と彼女関係は金が関与している。

だがこの承認欲求が満たされるような安心感はなんだ。

夜へ急ぐ人が居る理由も解ってしまう。

風俗にも関わらず生まれて初めてキス強請りたい自分が居ることに軽い絶望を覚えた。いやまぁお願いしておもいっきりべろちゅーしましたけど今思うとこれもめっちゃだめなやつじゃない?????

掘られながらキスするその瞬間

あぁ俺今おんなのこになっちゃうとマジで思いましたとも。

夢の中ならMotoGPレーサーの僕も今この現実は確かにセーラー服男の娘に突っ込まれているオッサンである

だがこの「許されている」感はなんだろう。

ツーリングしているとたどりついたらいつも雨ふり

キャンプしながら土砂降りの雨で大笑いしたり

道の駅で雨宿りをしたり。

でもそんな自分が好きだった。

きっと僕の愛車も、そんな天気でもツーリングしていればきっと楽しいはずさ。

でも今の僕はめっちゃチンコ突っ込まれてヒィヒィ言ってます

ごめん相棒ZX-9R。コインパーキング放置してごめん。でもめっちゃ気持ちいいです。

僕が世間一般普通からとおく群衆を離れてしまった。

声が出るほど喘ぎながらも僕は限界を迎えつつあった。

「いいよ出して」

彼女は1JZのようなスムースさで腰を動かしつつも

その手は僕のシビックVTECでレブらせてきた。

僕は空冷2ストロークのようにオイルを吐出した。

ブローバイが僕の腹に落ちた。

「えやっばこれアカンハマったら人としてアカン」

「みんなそういうけど結構くるよー」

二度と行かねえからな!と言える自分が居ない絶望感。

人間未完成だ。

ずるり。と僕の中から彼女は出て行った。あぁ。終わった。さよなら僕の青春

よろしく新しい自分。気分はどうだい?

唇よ、熱く君を語れ

プレイを終えてシャワーを浴び、身体を洗う。

前と同じ

尻がぬるぬるする。無限にぬるぬるする。ローションまるけだ。

お互いシャワーを出てベッドに横になりながらシンフォギアライブ映像を見る。

今年めっちゃ行きたいよね。円盤3セット買うわ。

めっちゃ行きたいしめっちゃ買うわ。

奈々様神じゃね?

そりな?

お互いオタクで、趣味は一緒だ。

十年来の友人のように二人でベッドで横になりながら動画を見る。

きっと漫画のように俯瞰視点で見れば僕たちは幸せカップルだろう。

イミテイション・ゴールド。偽物かもしれないけど120分以内の今は本物だ。

残り時間はなんてことないピロートークと喫煙所彼女愚痴を聞いた。

ありがとう。またレビューするよ。」

こちらこそ、また遊ぼうね。」

僕は帰る。

果てしなき闇の彼方に。

相棒ZX-9Rと一緒に。

僕は一つ上の男になった。

そして実績を解除した。

きっと興味があるだろう男の娘

なんだかんだ興味があるんだろう。

自分プライドさよならを言おう。

さよならをもう一度言えば新しい扉が開ける。

新宿の街を後にし、終電を逃した僕は歩いて友人のアパートに戻った。

消費した体力からオートバイに乗る事は出来ない。今夜も泊まろう。

友人は「ケツ掘られた人どういう顔で見ればいいんすかw」とわりに真剣に言っていた。

僕を出迎えて一言

きもちよかったっすか」

満面の笑みで僕は答えた。

プロってすげェよ。

今日も確かな尻の痛みと引き換えに

周りの女性を見る目が少し変わった。

性別男性でもより女性より努力している。

その努力を認めることさえ出来れば問題ない。

彼女のはインテグラで僕のはシビックだけど。

さあ帰ろう。僕も仕事と言う日常に戻ろう。

2019-08-20

きーみは誰とエッチする〜♪

わーたしそれともーあの娘〜♪

きーみは誰とエッチをする〜♪

星を巡るよ 純潔〜♪

2019-08-19

anond:20190819152232

口説いてくる男をたてると、女としての操(純潔)がたたない

2019-08-14

男の人に聞きたい

男同士体触られるのはセーフ、女は自分好みであればセーフ、なのなんで?

そのくせ「女は純潔じゃないと」とか処女厨とか多いよね。

どんだけ性欲に支配されてんの?

anond:20190814121356

2019-07-20

京アニ放火殺人事件で溜飲が下がった人たち

京アニ放火殺人事件で多くの人が悲嘆に暮れているが、溜飲が下がった人も多いのだろう―PTAとか、フェミニストとか、純潔カルトとか、児童基金とつるむ元歌姫とか。

そういう奴らにとって、京アニアニメという低俗な娯楽を提供する邪悪企業だ。たとえ、「らき☆すた」が地域活性化に貢献しても、「けいおん!」が女子高生の間でブームになっても、「リズと青い鳥」で歴史のある大藤信郎賞を受賞しても、世界中人達京アニを称賛しても、そいつらが持つ嫌悪感絶対に変わらない。

今もアニメオタク犯罪者予備軍という偏見は根強いと思っている。実際、今でもアニメゲーム犯罪と結びつける報道は後を絶たない。そう言うと多くの人が反論するだろう。確かに社会は変わった。でも、人の価値観簡単に変わらない。特に好き嫌いは克服することが難しい。宮崎勤事件とかでオタク嫌悪感を持った人間は、今も嫌悪感を持ったままだろう。

日本アニメ陰キャに限らず多くの人たちを魅了している。これがオタク文化に対する嫌悪感を緩和する原動力だ。そして、オタク文化は京アニという大きな原動力を失ったのだ。これを機に、表現規制派は勢力を拡大させるだろう。

そういえば、山田太郎は今年の参議院選挙落選したら政界引退すると言っていたが、間違いなく落選するだろうな。前回は29万票だったのに、「今回は53万票取ったら変わります」って、できると思えるのか。世論陽キャのものだ。家に引きこもってネットにすがることしかできない陰キャ政治を変えることなんてできるわけがない。悔しかったら当選させてみろ。

2019-07-11

来月、彼等は結婚式を挙げる。

都内の豪奢なホテルに500名以上の人を招き、祝宴を開くのだ。私自身も参席が認められている。あの病院長の息子と言うだけあって、祝賀ムードに沸き立っていた。王妃となるそのお方はヒラヒラと美しい白衣を纏ってみせた。此方を振り返る様は少女のようだ。最終フィッティングが終われば二人は閨を共にし明日への準備を行うだけとなる。

その最終日にIは私を呼んだ。

「勿論、お祝いして下さいますね」

頭を下げて肯定すれば彼女は和かな笑顔を見せた。花のようなお方なのだ

「良く尽くして下さいました。勿論貴方にも感謝を捧げなければ」

「私に感謝など滅相もございません」

「では一つだけ、最後にお願いを」

聞いて下さいますか、と女医は尋ねる。

「何なりと」

返答を聞いた彼女はそっと私の手を取り、白き指で指の節をなぞる。

明日の予行練習をさせて頂きたいのです、貴方と」

頭が真っ白になり何も言えず硬直する。いつの間にか肘まであるグローブを身に付け

「私のグローブを外し、手の甲に口付けを下さい」

無垢なその言葉淡々と、残酷に告げられる。無慈悲な美しき乙女は、鈴の鳴るような声で続ける。

「此方へどうぞ、歩いてらして。」

時期院長、と一言付け加えて。ぎこちなくなった呼吸を整えると深く息を吸う。ほんの僅かな距離黒髪乙女は立っていた。美しい。純白の衣装に身を包んだ彼女マリアとも見まごうような光を発している。ベールを下ろし表情は隠されてしまっているが、その輪郭は華奢そのもの

コツ、コツと床が音を立てる。期待に満ちた瞳に自分自身が映っていた。

命じられた通りに差し出された白魚のようなか細い手を取り、口付ける。貴方を裏切らないという忠誠の証。見上げれば彼女の笑みが降り注ぐ。

それも全て明日から袂を別つ事を約束している身だった。決意を固めた彼女は、少し寂しそうにも見える。不安も期待も入り混じる表情で立ち上がった私をみつめた。

そして彼女は私の名を口にする。

「怖くはありません。」

「ええ。何の不安が御座いましょう」

彼女は、底知れない物を抱えている。それが何か解き明かしたかったのかもしれない。

練習を続けましょう。ベールを」

果たして全てを払拭して差し上げる事が出来るだろうか。乙女瞳を閉じて口付けを待つ。顔を近付け、唇が触れる寸前で止める、つもりでいた。

柔らかな唇の感触に思わず言葉が途切れてしまう。それは、私ではなく院長に捧げられる筈の純潔だ。

「言わないでください、何も。震えてしまいそうです」

あつい熱が喉奥から込み上げる。この方は自分の物では無い、筈なのに。何故こう悲しみとも苦しみともつかない感情が押し寄せるのだろう。契約一つで関係性に何か変化が訪れる訳では無い。秩序の保たれた今迄通りの関係が続いていく筈だ。それなのに、何故。肩を知らず抱き締める。

「…離したくありません」

離してしまえば、貴方はきっと遠くへ行ってしまう。私は一人取り残された心地で祝福するのだ、二人を、遠くから幸せそうに。それが出来たらどんなに良いかと思う。二人の幸せな結末に彩りを添えられる存在であれたら、どんなに。唇を噛み締めた。

浅ましい感情を隠していたのに。一度矜持を失えばどれだけ虚しさが胸を占拠するか分からないのに。そんな私の心を察したのか緩く背中を撫で始めた。

御免なさい、無理強いを致しました。私の過ちです。どうか許して」

一つ口付けを頬に落として白衣を纏いし娘は去って行く。光だと思われたその姿はいつの間にか影で覆われて、此方を振り返りもしない。明日貴方は私と同じように同じ唇で院長に口付けをするのですか。愛を誓うのでしょうか。女々しい想いに嫌気がさす程。気付けば首元には汗が流れ「どうぞ、逝かないで下さい」と叫ぶように懇願していた。

そこで、私の目は醒めた。はあはあと乱れる吐息。指先は闇の中で情けなく震えている。

それは現実を映した悪夢だった。記憶を辿ってみても愛したその人がどんな結末を迎えたのか思い出せそうに無い。まるで穴が空いたように、一部分だけが脳裏から欠けてしまっているのだ。無理に思い出そうとはしなかった。

私が秘書を務めるあの医師も夢を見るのだろうか。例えば、オペ中に失敗して権威を失う夢など。その喪失感は計り知れないだろうと想像し、また瞳を瞑った。今日のうちは眠ってしまうに越したことはない。先程の夢も、緊張が見せた物に違いない。だが、意識すればするほど睡魔はどこか遠くへ行ってしまい目が冴えるばかりだった。

2019-05-16

戦争反対って言ってる奴らって

例えば日本のどこかの地方で反乱が起きて日本から独立

純潔日本人以外拒否するレイシスト国家樹立宣言したとしたら

それでも軍事的鎮圧は反対って言うのかな。

なんかあいつらって大和民族とだけは喜んで戦争できそうなんだよね。

2019-04-19

anond:20190419152745

非処女ゴミって言ってた増田たちの言うことを従順に聞いて貞操観念のしっかりした純潔の女が増えたってことじゃん

いいこっちゃ

2019-04-04

anond:20190403235507

彼女がめちゃくちゃガツガツしてて、増田の上に乗ってリードしてくれるくらい野獣だったらよかったのにね。

私がそのパターンでした。童貞で何もわからビビってる男性を抱いて純潔を奪ってやりました。

2019-01-26

「ツイフェミ」とは何かについての仮定

総体としては「ツイフェミ」は「ネトウヨ」と対象主義・主張は違えどもほぼ同じ使われ方をしている。


フェミニズムには詳しくはないので、同じ主義主張を持つものを重複している場合があるので注意されたい。


1.「ツイフェミ」とは広義にはツイッター上のフェミニストの略称蔑称)、「ネトウヨ」と同様の略され方である


2.「ツイフェミ」が何を指すかは「ネトウヨ」と同様、発話者によって幅がある。


2-A.比較的多く見られるパターン

男性言動に対して「ミソジニー」と呼ぶ人

・「女性被害者性」「男性加害者性」「非対称性」「権力勾配」「性的消費」を主張する者

・「ラディカルフミニスト」、特にそのうちの「ドヴォーキン・マッキノ主義者」

・「ミサンドリスト男性憎悪者)」

・「表現規制を主張する者」

・「被害者意識の強い女性

・「女性クレーマーハラッサー」


2-B.少数だが以下のような人を指す場合もある

・「男性差別はないと主張する者」

・「女性の権利を主張する者」「党派系統を問わない、フェミニズム支持者」

・「オタク嫌悪

・「セックスヘイター性嫌悪者)」

・「トランスフォビア」

・「女性の権利を主張するパターナリスト・マターナリスト」

・「母性保護主義」「レズビアン分離主義

・「女性新自由主義者

・「女性中道左派政党支持者」

・「禁欲的・純潔主義宗教信仰者、特に新興宗教

・「スピリチュアル

・「ファシスト全体主義者)」


3.攻撃言動が少ない人間が「ツイフェミ」とは呼ばれる事例は少ない。これも「ネトウヨ」と同様である

2018-12-28

anond:20181227203520

duckt あれは「優秀なら女性であっても登用する」という先進性を示すものというよりは怪異としての女性性、「嫉妬深く、感情を優先させ、時として非常に残忍」というステロタイプ女性蔑視の表出のような気がする。

このブコメに100以上のスターをつける辺り、ブックマーカーの総意は女性を悪として描くことは許さん、悪に塗れた男性性と違ってもっと神聖なる存在だぞってことなのか。

女子純潔を求めるパターナル教育批判とか、バッドフェミニズム辺りの話と整合性がとれるのかは知らん。

2018-12-24

恋愛経験があるけど喪を名乗る女です

※ この私見はすべて、twitter上で喪女と名乗ることについてに限定したものです。


10日くらいに、新しいtwitterアカウントを作った。リア垢オタ垢美容アカ勉強アカ裏垢… いろんな種類と界隈を選べるtwitter世界で、わたしは新しいアカウントで、恋活界隈に片足を、そして喪女界隈に片足をつっこむことにした。


ウィキペディアで“喪女定義”という項目を見ると、4つの条件が明記されている。①交際経験が皆無 ②告白されたことが無い ③純潔である(処女) ④恋愛感情をもたれたことが無い

これと同時に、「誰が喪女を名乗ることを許されるのか」という論争も触れられている。

ここで論点となるのが、「ネ喪」の存在だ。ネ喪とは、上記つの条件を全て満たしていないが故に、本来喪女を名乗ることが出来ない女性たちだ。しかし、それにも関わらず喪女自称する場合にはネ喪だとカテゴライズされる。


この定義に沿えば、わたしはネ喪である

つの条件のうち満たしているのは「純潔(処女)である」というものだけで、彼氏過去ふたりいて、告白は片手ぶんの男性にされ、これらから予想するに恋愛感情を持たれていた。しかし、喪女自称している。

新しいアカウントを作るより前から喪女定義についての論争が絶えないことを知っていたので、bio欄には“セカンド喪女”と書いた。手前味噌だが、なかなか良いと思う。

わたしは9年前を最後彼氏がおらず、最後告白されたのが8年前で、それゆえ8年前から恋愛感情を抱かれたと確信したことはない。


わたしとしては正直、自分喪女だろうがネ喪だろうがセカンド喪女だろうがどうでもいい。酷く綺麗事のように聞こえるだろうが、わたしわたしからだ。

しかし、わたしのなかで渦巻く感情を、同じような感情を持つ人と共有したい。


わたしは、8年間男性に選ばれない人生を過ごしてきた。それが9年、10年…と続いていくであろうことも、ぼんやりと予感している。

そういうことの辛さだったり、鬱憤開き直りを共有できる女性かどうかは、“喪女定義”を満たしているか否かでは測ることができない。したがってわたしは、ツイート言葉とそこに現れる感情を読み取って、フォローをする。いいねをする。

自分のbioにセカンド喪女と書くのは、自分の状況を誰にでもある程度まで察させる言葉だと思うからであるしかし、ツイートでは自分形容するのに喪女という言葉を使う。セカンド喪女という言葉自作であり、また文字数観点から喪女という言葉を用いるのがいちばん便利だからだ。

いちツイートを切り取ってみれば、わたしがbioでセカンド喪女自称していることは意味をなさず、わたしは分かりやすいネ喪となる。わたしツイートは、そういった意図の有無に関わらず、冷やかしやマウンティングだと捉えられる。


それが、人を傷つけているのだという。

理解はできる。

しかし、ネ喪は常に一方的加害者なのか?


ある特定の条件を満たす人たちを名付けるという行為は、「わたしたち」と「あのひとたち」を明確にすることであるわたしは考えている。強い言葉を使うと、分断だ。

この行為には往々にして、「本当の〇〇とは何か」という論争がつきまとう。本当の日本人とは?本当のファンとは?本当の喪女とは?

「本当」を自称できる人々は、強い。揺るぎないアイデンティティと、言葉から香る正当性に支えられるからだ。自然と人々のあいだの団結も強まる。故に「本当」の人々は、さらに声高にその根拠を叫ぶことができる。

一方で、マージナル位置存在する人々はそうはいかない。意見感情を主張する前に、そのアイデンティティを確かにすることに注力しないといけないかである。「本当」の人々の揺るぎなさと相対的な弱さに、どうにもならない焦燥を覚えたり、傷つくこともある。


わたし個人的意見としては、そこで停滞していたくないのだ。ラベリングカテゴライズを飛び越えて、感情を共有したい。

そう考えている人は、少ないだろうか?


冷やかしやマウンティングのために、心にもない理解同意ポーズを取るのは論外である。心が貧しい。

しかし同時に、強者立場を利用して分断の線をはっきりと引くのも、同じくらい受け入れ難いことだ。


喪女自称する人々は、自分のことをある種の弱者だと自虐することや、恋愛経験がある人を強者とみなすことが多い。これは「本物」と「マージナル」の強者弱者関係とは全く逆で、それゆえにこの「強者」の構造が見えづらくなっている部分があるはずだ。


なんだかとりとめのない文章になってしまったが、わたしが感じているのは「ラベリングではなく、その考え方や抱いている感情相手と向き合うほうが心地いいのではないか?」という簡単なことだ。


新参者わたしが、長く続く論争に注ぐのは油でも水でもないはずである

これを読んでくださった方が、こういう考えの人もいるのだと知ってくれるのであれば嬉しく思う。

2018-12-05

anond:20181205103602

めぞん一刻は、結婚するまで純潔を守るべき、という古い価値観をみんなが共有していた(守っていたとは言ってない)最後時代遺物なのだ

五代君は響子さんが未亡人であることに夜な夜な煩悶し、響子さんは五代君がこずえちゃんキスをしたなどど聞くと嫉妬に狂う。かわいいったらない。

五代君は童貞であったが、これは必ずしもモテない設定ではない。そこそこイケメン童貞でも珍しくなかったのだ。

時代に「ふぞろいの林檎たち」というドラマがあったが、両者の世界線共通していると思う。

2018-11-29

anond:20181129111319

まあ、未だに女子割礼やってる地域はあるし、これ、まったく今回のフェミ発言と同じロジックでやられてる風習なんだよね

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%B3%E6%80%A7%E5%99%A8%E5%88%87%E9%99%A4

女子の性欲はよくないもの、だから性感をなくすために外性器を切除したり、陰部を封鎖させて純潔を保つ」ということが実際に行われてる。

そんなことどっちの性に対してもやるべきじゃないと思うけど、被害者意識おかしくなってる人は「やられたらやりかえせ」なんだろうね。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん