「Out」を含む日記 RSS

はてなキーワード: Outとは

2021-09-25

anond:20210925122847

nikakuinikaku 論敵の論理を借りて批判するのは理想的批判方法だと思う、それが出来ない場合自分側の論理を用いる訳だけど、それでは自分側の論理相手同意して貰わなければ成立せず非常に弱い、これしか出来ない人多いが

「これしか出来ない」という認識なのか。まあ実際、「これしか出来ない」どうしようもない人もいると言えばいるとは思うけど、そのレベルの人はもう相手にする必要すらない階層じゃないのかな。

論理というのは冷たい機械で、"Garbage in, garbage out"とも言われるように、使い方次第なんだけど。論理というものに熱い信念というか、ロゴスパトスを感じる人が最近多い気がする。

論理」に対する私の意見を再掲。

anond:20210621221140

2021-09-22

anond:20210922140638

YOUは手で打った文章をcheck it out!しないの?それと同じだぞ

2021-09-21

メモ

Build Shops

Saloon

4*4-1Boosted by Vineyard

The townsfolk needs somewhere drink and spend money. A good starting point to get people moving into an area. Supplies running low? Build a Vineyard!

General Store

5*5-1 Boosted by Farmland

Keep the Townfolk supplied with foods and other essentials. Hungry people get ill easier and are generally unhappy.

Hardware Store

5*5-1 Boosted by Foundries

All these house need tools. Generate an income and helps speed up your town's development.

Undertaker

5*5-1 Boosted by Factories

Bring out your dead. Mostly an income generator. For maximum profits make sure the people have a good variety of shops available.

Book Shop

5*5-1 Boosted by Factories

Old fashion TV. Book Shop generate an income from your town. People won't visit more than one Book Shop in a day. so build a variety of differnt shops

Build Industry

Vineyard

14*14-2*2

Tarvanes running out of booze? Better get one of theese down and boost supplies

Farmland

14*14-2*2

Where the food comes from, you'd be suprised how many people don't know that!

Build Amenities

Water Tower

7*7-1

Supply water to buildings an area. Essential if you want your town to grow.

Power Plant

18*18-2*2

There comes a point to where your Townfolk will demand power, electrical power. Practically everything else benefits from power too. A general booster.

Refuse Facility

5*5-1 Boosted by Sewerge Plant

Help clean a small area. One of these won't be enough for highly populated areas and might need a boost. Cleaning is a gradual thing, very dirty areas may take days to fully clean

Build Civic

Small Park

10*10-2*2

Brighten up the town with a park. Raise the attractiveness of the area, speeding up the rate people move in, as well as raising happiness

Post Office

5*5-1*1 Boosted by Airports

Help people spread the word and boost population. You will be able to handle more mail if you build airport nearby.

Church

10*9-2*1

Now Townfolks have somewhere to go on a Sunday. For some reason, People who go church seem to be happier ...

Doctor

5*5-1 Boosted by Hospitals

Keep the population fit and healthy. Illness comes form dirty and higly populated areas. Large outbreaks can take several days to overcome and may even require extra temporary drs. to help out

2021-09-17

out ウニ in

鮪ってすごいおいしいやつはとんでもなくおいしいが、ちょっとおいしいくらいだと別のネタの方が嬉しいレベル。そして下限もひどい。鮪が入ってりゃいいだろってくらいのパサパサの生臭いかのこともある。かまぼこの方がマシ。鮪は鮪がおいしい店に鮪を食べに行ったときだけでいい。

ウニはよほどひどくない限りはすごいおいしい。しかし、おまかせ握りだと、一番高いやつだけにしか入っていない。

そういうのにはたいてい、大トロ、中トロ、鮪、ヅケも入っている。鮪は別にいらないんだがなあ、と思っているうちに意欲が失せてきて、寿司以外のものを注文してしまう。

トロトロ抜いて、ハマチか光モノを足して、真ん中のランクくらいの値段になりませんか。カッパや鉄火や沢庵巻きでも良いです。高級なセットにはなぜか入っていないんですよね。ああ、カウンターで食べたいなあ…

2021-09-15

anond:20210914200825

ドラえもん out

ブッピガン in

 

そのうえで、ドラえもん候補に入れながらもう一回3つめの選定や

anond:20210915020619

OUT」くらいチビだけどヤベえ奴感が出てれば多少は納得できるんだけどね

あそこまでいくと完全に読む人選ぶから売れなかったと思うけど

2021-09-13

Burning out, burning and burning out (QZ!)

Burning out, burning out (Go! Shooting!)

(バニラ求人リズムで)

2021-09-12

anond:20210912223317

違うよ〜〜〜事実しか書いてないよ〜〜〜

問い合わせから24時間経過したけど、自動返信以外の連絡はないよ〜〜〜

利用規約のコレに該当したからお前Outな」「原因調べて○日以内に連絡するやで」みたいな回答すら、得られたという情報は見つからずだし……

(見つけたら追記・訂正するから教えてね)

ま、素人のガキ(俺)はローカルにもバックアップを取っておけってことさ。

2021-09-10

anond:20210910031736

「(対象VTuberが)女性定型化された役割に基づく偏見及び慣習を助長

これは否定しづらい。というか、現代社会ほとんどのものについてこれは言えてしまうので(たとえば夫婦茶碗だってもちろんoutだし、靴売り場の男性女性用なんて論外にoutだ)、否定のしようもない。また、

「(セーラー服ミニスカで)女児性的対象 として描いている」

ことも否定しづらい。というか「性的」の定義さえ曖昧にすれば、いかなる物も「性的」だと主張できる。なんなら「女児」という文字面に興奮できる人だっているだろう。では、その言葉規制する?

まり、これを表現規制文脈議論しようとしても意味がない。上記のような理由表現規制をかけることは全く無意味だし有害しかないし、そもそもこんなことは自明過ぎて論じる必要すらない話だからだ。規制を唱えた人たちは、ただ男性性的欲望をひけらかしているという状況に嫌悪を抱いているだけだ。だから規制自体反論するよりも、この自称フェの人たちが抱えているミサンドリー男性性嫌悪の根源について思いをはせる方が、まだ生産性があると思う。

そして、自分自身の抱える性を外部から規程されたり操作されたりすることについては、規制される側も少しフェミニズムに学んでみてもよいと思う。そうして性的自己意識的操作可能ものだと理解すれば、より豊かな表現ライフを味わえるかもしれない。また、ミサンドリストの人は、自分らが「弱者のつもりで他者に対して強圧的に加害している」という状況について、もう少し自分たちが批判している相手自分たちの相同性に気付いた方がよい。どちらも相手理解しないまま、暗闇でお互い刀を振り回しているような状況は、はたから見ていて極めて危なっかしい……。

現状、両者の背後には、その不和を利用して利を得ようとする人たちがワラワラと近づいてきているように見える。まさに漁夫の利である

2021-09-06

原始人がネックレスをつけた理由 パート1

概要

貨幣前身は、言語とともに、初期の現代人が他の動物解決できない協力の問題解決することを可能にした。これらの原型は、非フィアット通貨と非常に特殊な特徴を共有しており、単なる象徴や装飾品ではなかった。

お金

17世紀イギリスアメリカ植民地では、当初から硬貨の不足という問題があった。イギリスの考えは、大量のタバコ栽培し、世界的な海軍商船の船のために木材を切り出し、その見返りとしてアメリカ人の労働力として必要物資を送るというものであった。つまり、初期の入植者は、会社のために働き、会社の店で買い物をすることになっていたのである投資家王室は、農民要求に応じてコインで支払い、農民自身物資を買わせ、さら天罰として利益の一部を確保するよりも、この方法を好んだ。

植民地の人々の解決策は目の前にあったが、彼らがそれを認識するまでには数年を要した。原住民お金を持っていたが、それはヨーロッパ人が慣れ親しんできたお金とは全く違っていた。アメリカン・インディアンは何千年も前からお金を使っていたし、新しくやってきたヨーロッパ人にとっても便利なお金であった。しかし、ニューイングランドの人々は、銀も金も使わず自分たち生活に最も適したお金を使っていた。その代わりに、彼らは獲物の耐久性のある骨組みという、その環境に最も適した貨幣を使っていた。具体的には、ワンパムと呼ばれる貝(ホンビノスガイ)とその近縁種の貝殻をペンダントにしていた。

貝は海でしか採れないが、ワンパムは内陸部でも取引されていた。アメリカ大陸の各部族には、さまざまな種類の貝殻貨幣存在していた。イリコイ族は、貝の生息地に近づかずに、最も大きなワンパムの財宝を集めることができた。ワンパムを専門に製造していたのは、ナラガンセッツ族などほんの一握りの部族で、他の何百もの部族(その多くは狩猟採集民)がワンパムを使用していた。ワンパムのペンダントは、長さとビーズの数が比例しており、様々な長さのものがあった。ワンパムペンダントの長さは様々で、ビーズの数は長さに比例しており、ペンダントを切ったり繋げたりして、支払った金額と同じ長さのペンダントを作ることができた。

入植者たちは、本当のお金とは何かという問題を克服すると、ワンパムの取引に熱中した。貝(clam)は、アメリカでは「お金」の別名として使われている。ニューアムステルダム現在ニューヨーク)のオランダ人知事は、イギリスアメリカ人の銀行からワンパムで多額の融資を受けた。しばらくすると、イギリス当局もこれに同調せざるを得なくなった。1637年から1661年にかけて、ニューイングランドではワンパムが法定通貨となった。植民地の人々は流動的な交換手段を手に入れ、植民地貿易は盛んになった。

ワンパムの終わりの始まりは、イギリスアメリカ大陸に多くのコインを出荷するようになり、ヨーロッパ人大量生産技術を応用するようになってからである。1661年になると、イギリス政府はワンパムの製造を中止し、本物の金や銀、そして王室監査を受けてブランド化されたコインで支払うことにした。この年、ニューイングランドではワンパムは法定通貨ではなくなった。1710年にはノースカロライナ州一時的法定通貨となった。ワンパムは、20世紀に入っても交換手段として使われ続けていたが、その価値西洋の収穫・製造技術によって100倍にも膨れ上がり、貨幣発明された後に西洋で金や銀の宝飾品が行き渡ったように、よくできたお金から装飾品へと徐々に変化していった。アメリカ貝貨言葉は古風な遺物となった。百貝は百ドルになった。「Shelling out」とは、コイン紙幣で支払うことを意味し、やがて小切手クレジットで支払うようになった。我々は、自分たち種の起源に触れてしまたことを知らなかった。

収集

ネイティブ・アメリカンお金は、貝殻以外にも様々な形があった。毛皮、歯、そして後述する特性を持つ他の様々な物体も、交換手段としてよく使われた。12,000年前、現在ワシントン州で、クロービス族は、驚くほど長い角岩の刃を開発した。しかし、すぐに折れてしまう。これでは切ることもできない。火打ち石は「楽しむため」に作られていたのか、それとも切ることとは関係のない別の目的のために作られていたのか。後述するように、この一見軽薄に見えることが、実は彼らの生存にとって非常に重要であった可能性が高い。

しかし、ネイティブ・アメリカンは、芸術的ではあるが役に立たない刃物最初に作ったわけではないし、シェルマネー発明したわけでもない。ヨーロッパ人も、昔は貝や歯をお金にしていたし、牛や金、銀、武器なども使っていた。アジア人は、それらすべてを使い、政府が発行した偽物の斧も使っていたが、この制度も輸入していた。考古学者が旧石器時代初期の貝のペンダント発見しており、それがネイティブ・アメリカンお金の代わりになっていた可能性があるからだ。

1990年代後半、考古学者のスタンリーアンブローズは、ケニアリフトバレーにあるロックシェルターで、ダチョウの卵の殻やブランク、貝殻の破片でできたビーズキャッシュ発見した。これらのビーズは、アルゴン-アルゴン(40Ar/39Ar)比を用いて、少なくとも4万年のものとされている。スペインでは、この時期に穴の開いた動物の歯が発見されている。また、レバノン旧石器時代初期の遺跡からは、穴の開いた貝殻が出土している。最近では、南アフリカのブロンボス洞窟で、さらにさかのぼって7万5千年前に作られたビーズ状の貝殻が発見されている。

現代の亜種はヨーロッパ移住しており、紀元前4万年から貝殻と歯のネックレスが登場している。また、オーストラリアでは紀元前3万年から貝と歯のペンダントが出土している。いずれも高度な技術を要するものであり、もっとから行われていたと思われる。採集や装飾の起源は、解剖学的に現存する亜種の原産地であるアフリカである可能性が高い。人類が常に飢餓と隣り合わせの生活をしていた時代に、貝殻の製造には膨大な技術時間必要だったのであるから収集してネックレスを作ることには重要選択利益があったはずである

実質的貿易を行っていない文化や、現代的な貨幣使用している文化であっても、事実上すべての人類文化は、ジュエリーを作り、楽しみ、実用性よりも芸術性や家宝としての価値を重視している。我々人間は、貝殻のネックレスやその他の種類のジュエリーを、純粋に楽しむために集めている。進化心理学者にとって、人間が「純粋に楽しむため」に何かをするという説明は、説明ではなく、問題提起なのである。なぜ多くの人が宝石を集めたり身につけたりすることを楽しんでいるのか?進化心理学者にとってこの問題は「何がこの楽しみを進化させたのか?」ということである

進化と協力、そして収集

進化心理学は、ジョン・メイナードスミス重要数学発見から始まる。スミスは、発達した集団遺伝学の分野から共進化する遺伝子の集団モデルを用いて、単純な戦略的問題ゲーム理論「ゲーム」)で使用される善悪戦略コード化できる遺伝子を提唱した。スミスは、これらの遺伝子が次世代への伝播を競っている場合競争相手提示する戦略問題に対してナッシュ均衡となる戦略進化させることを証明した。このゲームには、協力の典型的問題である囚人のジレンマ」や、攻撃とその緩和の典型的問題である「鷹と鳩」などがある。

スミス理論重要なのは、これらの戦略的ゲームは、近距離表現型間で行われているが、実際には、究極のレベルである遺伝子間のゲーム、つまり伝播されるべき競争レベルで行われているということである遺伝子(必ずしも個体ではない)は、あたかも拘束された合理性生物学原材料過去進化歴史考慮して、表現型が表現できる範囲内で、可能な限り最適な戦略コード化する)と「利己的」(リチャード・ドーキンス比喩使用であるかのように行動に影響を与える。遺伝子が行動に与える影響は、遺伝子が表現型を通じて競合することで生じる社会的問題への適応であるスミスはこれらの進化したナッシュ均衡進化的安定戦略と呼んだ。

性淘汰や血縁淘汰など、それまでの個人淘汰説の上に構築されていた「エピサークル」は、このより一般的モデルの中に消え去り、コペルニクス的な方法で、個人ではなく遺伝子を理論の中心に据えることになる。このようにドーキンスは、スミス理論説明するために、「利己的な遺伝子」という比喩的でよく誤解される言葉を使っている。

旧石器時代人間のように協力し合う種は他にほとんどない。雛の世話、アリ、シロアリハチコロニーなど、動物が協力するのは親族からであり、親族にある自分の「利己遺伝子」のコピーを助けることができるからである。非常に制約の多いケースでは、進化心理学者が「相互利他主義」と呼ぶ、親族以外の者同士の継続的な協力関係存在する。ドーキンス説明によると、好意の交換が同時に行われない限り(場合によってはその場合でも)、どちらかが不正を行うことができる。そして、普通はそうする。これは理論家が「囚人のジレンマ」と呼んでいるゲーム典型的な結果である詐欺師と吸血者の集団では、常に詐欺師が勝つ。しかし、「Tit-for-Tat」と呼ばれる戦略を用いて、相互作用を繰り返すことで協力するようになる動物もいる。この報復の脅威が継続的な協力の動機となる。

しかし、動物世界で実際にそのような協力が行われる状況は、非常に制約が多い。主な制約は、少なくとも一方の参加者が多かれ少なかれ相手の近くにいなければならない関係限定されていることである。最も一般的なケースは、寄生虫とその体を共有する宿主共生体に進化した場合である寄生虫宿主の利害が一致し、どちらか一方が単独活動するよりも、両者が一緒に活動する方が適している場合(つまり寄生虫宿主にも何らかの利益をもたらしている場合)、Tit-for-Tatゲーム成功させることができれば、両者の利害、特に世代間の遺伝子の出口メカニズムが一致した状態である共生体に進化する。そして、1つの生物となるのであるしかし、ここでは協力だけではなく、搾取も行われている。それらは同時に起こる。この状況は、以下で分析する人間が開発する制度、つまり貢ぎ物に類似している。

寄生虫宿主が同じ体を共有して共生体に進化するのではない、非常に特殊な例がある。寄生虫宿主が同じ体を共有し、共生生物進化するのではなく、同族ではない動物と高度に制限された縄張りを持つ、非常に特殊な例がある。ドーキンスは、クリーナフィッシュを例に挙げている。この魚は、宿主の口の中を泳いで出入りし、そこにいるバクテリアを食べて宿主の魚に利益をもたらす。宿主である魚は、クリーナーが仕事を終えるのを待ってから食べるというズルをすることもできる。しかし、そうはしない。両者とも移動可能なので、潜在的には自由関係を断つことができる。しかし、クリーナフィッシュは個々の縄張り意識を非常に強く進化させており、偽造しにくいブランドロゴのように、偽造しにくい縞模様や踊りを持っている。宿主魚はどこに行けば掃除してもらえるかを知っているし、もし不正をしたら、新しい不信感を持った掃除魚ともう一度やり直さなければならないことも知っているのだ。この関係入口コスト、つまり出口コストが高いので、不正をしなくてもうまくいくのである。それに、クリーナフィッシュは小さいので、それを食べることで得られる利益は、少数の、あるいは1匹のクリーニングで得られる利益に比べて大きくはない。

最も適切な例として、吸血コウモリがある。その名の通り、獲物である哺乳類の血を吸う。面白いのは、良い夜には余剰分を持ち帰るが、悪い夜には何も持ち帰らないことだ。彼らの暗躍は非常に予測不可能である。その結果、幸運な(あるいは熟練した)コウモリは、洞穴の中で幸運でない(あるいは熟練していない)コウモリと血を分かち合うことが多い。彼らは血を吐き出し、感謝している受取人がそれを食べる。

このようなレシピエントの大部分は親族である。屈強な生物学者G.S.ウィルキンソンが目撃した110件の血反吐のうち、77件は母親子供に食べさせるケースであり、その他のケースもほとんどが遺伝的な親族であるしかし、親族間の利他主義では説明できないケースも少なからずあった。これらが相互利他主義のケースであることを示すために、ウィルキンソンは2つの異なるグループコウモリ個体群を組み合わせた。コウモリはごく稀な例外を除いて、元のグループの旧友にしか餌を与えなかった。このような協力関係を築くには、パートナー同士が頻繁に交流し、お互いを認識し、お互いの行動を把握するような長期的な関係を築く必要がある。コウモリ穴は、そのような絆を形成できる長期的な関係コウモリを拘束するのに役立つ。

人間の中にも、非常にリスクの高い不連続な獲物を選び、その結果得られた余剰分を親族以外と共有していた者がいたことがわかるだろう。実際、人間は吸血コウモリよりもはるかに大きな範囲でこれを達成している。その方法が本論の主題であるドーキンスは、「お金は、遅延した相互利他主義正式トークンである」と示唆しているが、この魅力的なアイデアをそれ以上追求することはない。我々はそうする。

人間の小集団の中では、世間の評判が一人の個人による報復よりも勝って、遅延型互恵主義の協力を動機付けることができる。しかし、評判を信じることには2つの大きな誤りがある。どの人が何をしたかについての誤りと、その行為によって生じた価値や損害を評価する際の誤りである

顔や好意記憶する必要があるというのは、認知上の大きなハードルであるが、ほとんどの人間比較的容易に克服できると考えている。顔を認識するのは簡単であるが、好意を受けたことを思い出すのは難しい。また、好意を受けた人にとって、その好意がどのような価値を持つものであったかを思い出すことは、さらに困難である紛争や誤解を避けることは、不可能なほど、あるいは法外に難しいことである

パート2: https://anond.hatelabo.jp/20210906120933

パート3: https://anond.hatelabo.jp/20210906125926

パート4: https://anond.hatelabo.jp/20210906130017

パート5: https://anond.hatelabo.jp/20210906130125

パート6: https://anond.hatelabo.jp/20210906130158

2021-09-05

anond:20210905183749

横だがCO = cut out

関係を断つこと

常識かと言われると自分の周辺だとあまり常識じゃないけどな

2021-09-03

Yahoo! Japanメルマガ配信解除にログイン要求するのをやめろ。

やめろ。

アメリカ連邦スパム規制法(CAN-SPAM ACT)のページ(https://www.ftc.gov/tips-advice/business-center/guidance/can-spam-act-compliance-guide-business)には

You can’t charge a fee, require the recipient to give you any personally identifying information beyond an email address, or make the recipient take any step other than sending a reply email or visiting a single page on an Internet website as a condition for honoring an opt-out request.

って書いてあるぞ。

Yahoo! Japanメルマガ配信解除にログイン要求するのをやめろ。

2021-08-24

anond:20210824122103

英語でもforeverはよく使うよね

「車のタイヤがハマって一生動けない」みたいに使うよ

My car is stuck in the mud and can't get out forever.

2021-08-18

ラムダ株隠蔽疑惑の件

1 国立感染症研究所による変異株の分類(8月6日時点)

VOC=懸念される変異株(アルファ株、ベータ株、ガンマ株、デルタ株)

VOI=注目すべき変異

発生の動向を注視する変異株←ラムダ株はここに位置付けられていた

2 時系列

7月20日 羽田空港へ到着した30代女性から国内で初めて検出

7月25日 遅くともこの日までに、国立感染症研究所が解析でラムダ株と同定

7月26日 国立感染症研究所国際的ウイルスゲノムデータベースであるGISAIDのシステムに速やかに変異株の配列登録

7月31日 現在日本ではまだラムダ型変異ウイルスは見つかっていません(忽那賢志・大阪大学医学部感染制御学)

8月 6日 米DB紙の繰り返しの問合せの末、厚生労働省が回答し公表

8月13日 この女性五輪関係者だと明らかになった(共同通信

3 考察

政府与党関係者は、問い合わせがなかったか公表しなかっただけだと供述している。

感染対策研究者にも情報共有されていなかったことまで、これで説明がつくだろうか。

また仮に供述どおりだとして、国民感染防止策の重要性をアナウンスして意識づける気があると言えるか。

やはり疑問である

4 参照URL

https://dot.asahi.com/dot/2021081300059.html

https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20210801-00249724

  • Tokyo Covered Up Arrival of Deadly New COVID Variant Just Before the Olympics

https://www.thedailybeast.com/tokyo-covered-up-arrival-of-deadly-lamda-covid-variant-just-before-the-olympics

  • Tokyo Deliberately Left Deadly New COVID Variant Out of Press Briefings During Olympics

https://www.thedailybeast.com/tokyo-deliberately-left-deadly-new-lambda-covid-variant-out-of-press-briefings-during-olympics?ref=wrap

https://nordot.app/798814984534065152?c=39546741839462401

2021-08-14

やっぱ桐野夏生の『OUT』って今見ても結構先進的な設定だよな

要人物が平凡な主婦四人でその連帯とか、

最近流行りの「シスターフッド」にも還元できるもの

オーシャンズ8とかとも通じるものがある。

しかドラマ版は田中美佐子って美人過ぎる気がする

きのう何食べた?』でも佳代子さんが美人過ぎて違和感あった。

ドラマ化すると女性の主要人物は原作でそんな事なくとも妙に美人になるのがデフォルトだよなー

それだけ女「だけ」にルッキズムがきつい証拠なんだが。

『ベイビーわるきゅーれ』って映画監督

「なぜ女の悲しみを描くためにレイプシーンばかりが撮られるのか、ヤリチンに捨てられるシーンが必要なのか。

そういう疑問があって、たとえ復讐じゃなくても、男に傷つけられた過去がなくても、女の人が戦う映画を撮れるんだという気持ちがありました。

日本初の日常系殺し屋映画で、「暮らしと殺し」、そして凄まじいアクションを描いた作品になってます

たとえ男に傷つけられる描写がなくても戦う女は描けるし、復讐しなくても心は救われる。」

とか言ってるけれど

女子高生二人って時点で『セーラー服と機関銃からの手垢のベタベタに着いた流れで「もういいよ…」ってなるし

男に裏切られたりレイプされたりの過去がない女性殺し屋になる話なら『幸せカナコ殺し屋生活』があるし

夫によるDVこそあったものの平凡なパート主婦死体解体業を始める『OUT』が

既にあるだろって思う。

しかもこの監督名前からして男だよな。男監督若い美人女優を使って撮ったルッキズムエイジズムにまみれた映画女性達が見て

すばらしい!先進的!って持ち上げる現象、非常にグロテスク

anond:20210814000217

お酒じゃないけど、CHILL OUTが美味しいらしいよ。寝る前もOKだって

とうぶんアルコールはやめたらどうかな。のんある生活いかがでしょう。

こんなコロナ禍で、救急搬送されたくなくない?

2021-08-10

お盆夏休み帰省自粛

国民にお願いしているんだから国会議員は当然この週末は帰省しないんだよな?

少なくとも政府がお願いしていることだから内閣緊急事態宣言間中帰省したらOUTだよね。

与党は「この夏我々は地元に帰りません。皆さんも帰省の延期または中止にご協力ください」って新聞に一面広告出すぐらいのことしてみろってえの

秋に選挙あるから絶対できないだろーけど。

新聞雑誌全国会議員に夏の帰省予定のアンケートとって記事にすればいい。

2021-08-07

殺人暴力絶対に許せない。

ただ不思議なのは、こういう場合に必ず「女性子どもを狙うのは卑怯だ。屈強な男性をなぜ狙わない」という批判が生じることだ。

気持ちは分かるが、これは一体何を言っているのか。

殺人暴力を犯そうとする人間になぜそんな倫理観があると思うのか。むしろそういう酷い人だからこそ弱い人間を選ぶのは当然ではないのか。

狙うなら屈強な男性を狙え、というような教育をしたいのだろうか。

まさか屈強な男性なら殺したり刺したりしても構わないとは言わないだろうから、そういう相手なら思いとどまって結局殺人も犯さないのではないかと言いたいのだろうか。

いや、彼らがそんな思考回路もつはずがない。だったら殺しやす相手に変更するに決まっている。

殺そうとする、ということはすでに教育や習慣によって身につけた倫理観が壊れているということだ。人を殺してはいけないという倫理観さえ壊れているのに、なぜ「卑怯なことはしないでおこう」という倫理観は残っているということがありうると思うのだろうか。

百歩譲って、倫理観が壊れた結果最初に思うのが単に「人を殺したい」ではなくて「弱いやつを殺したい」ということだったとしよう。だとしても、それは卑怯からアウト、女性差別だからアウト、ということをいくら教育したとしても、「弱い人を殺すのはOUT」という倫理観が壊れてしまったらそれまでなのではないだろうか。「弱い人を殺すのはOUT」という倫理観は、教育や習慣によって単に「人を殺すのはOUT」という倫理観よりもずっと強固に植え付けられる、とする根拠でもあるのだろうか。

女性子どもを狙うのは卑怯だ」という批判が一体何を言っていることになるのか、だれか真面目に説明して欲しい。

女様がー、フェミニストがー、とかリベラルがーとかそういうのはいらない。

小田急の件、海外報道

CNN: https://edition.cnn.com/2021/08/06/asia/tokyo-train-stabbing-intl/index.html

"Violent crime is rare in Japan but there has been a spate of violent knife attacks by assailants unknown to the victims.

In June 2008, a man in a light truck drove into a crowd in the popular Akihabara district and then jumped out of the vehicle and started stabbing pedestrians, leaving seven dead."

BBC: https://www.bbc.com/news/world-asia-58125414

"Despite Japan being one of the safest countries in the world, there have been a number of knife attacks in recent years.

In 2019, a man attacked a group of schoolchildren waiting for a bus in Kawasaki. Two people were killed and at least 18 were injured."

どちらも「日本は最も安全な国のひとつだが、こういう事件過去にも発生している」と最後に書いてて、CNN秋葉原の件を、BBC川崎市登戸の件を例にあげてる。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん