「過酸化水素」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 過酸化水素とは

2021-08-25

危険物甲種とったよ!

おっす!今年の春に危険物甲種の資格をとったよ!

-------------------

・どんな資格

危険物取扱者の資格にもいろいろあるんだけど、「甲種」は危険物取扱者の最上資格だよ!

消防法が言う「危険物」って言うのは、燃えたり爆発したりする物質のうち、常温常圧で固体か液体のものなんだ。普通に考えれば毒なんかも"危険"だけど、毒は含まれないよ。カセットコンロのガスも"危険"だし燃えるけど、あれは常温常圧で気体だから消防法で言うところの"危険物"には含まれないんだ。

消防法では、危険物は1類から6類の6種類があると定められているよ。それぞれ性質が違うんだ。面白いからイカれたメンバーを紹介するよ!

1類(酸化性固体)・・・コイツ自体燃えないけど、燃え物体接触させると火災危険性がある固体だよ。身近にはあんまり無いよ。

2類(可燃性固体)・・・燃える固体だよ。ただし木や紙は含まれていないみたい。旅館で使う固形燃料なんかが代表的だよ。それと、鉄粉金属粉も含まれるよ。金属燃えないイメージがあるけど、粉にすると燃えものが多いんだ。

3類(自然発火性物質及び禁水性物質)・・・空気や水と触れただけで燃え上がるクレイジー物質だよ。身の回りにはまず無いね。消火しようとして水をぶっかけると燃え上がるなんて頭おかしいよね!

4類(引火性液体)・・・燃える液体のことだよ。一番身近な危険物だね。ガソリン灯油軽油機械油、動植物油(サラダ油危険物じゃないけどアマニ油は含まれるよ!アマニ油のほうがサラダ油よりちょっとだけ燃えやすいんだね!)、あとはアルコールなんかが4類だよ。

5類(自己反応性物質)・・・酸素無しで燃えたり爆発したりするヤバい物質だよ。「燃焼」という現象は、燃えているもの空気中の酸素との化学反応なんだけど、5類は物質中に酸素が含まれいるから、空気がなくても燃えたり爆発したりするんだ。火薬みたいなものだね。

6類(酸化性液体)・・・コイツ自体燃えないけど、燃え物体接触させると火災危険性がある液体だよ。1類の液体バージョンだよ。身近にはあんまり無いけど、消毒薬オキシドールに含まれ過酸化水素なんかが6類にあたるよ。

危険物には1類から6類の、性質が異なる6種類の物質があることがわかったかな。

ところで危険物取扱者には「甲種」「乙種」「丙種」があるよ。

「丙種」は主に燃える液体(4類)のうち、そこまで危なくないものを取り扱えるよ。たとえばガソリン灯油機械油、動植物油なんかだね。試験簡単だけど取り扱える危険物はかなり限られるよ。それと、できる仕事も乙種や甲種と比べると若干限られるよ!

「乙種」は、「乙1類」から「乙6類」までがあって、例えば乙1類なら危険物の1類を取り扱えるんだ。人気があるのは乙4類かな。4類はガソリンアルコールが含まれから、つぶしがきく資格なんだ。乙4類は、持っているとガソリンスタンドのバイトで時給が上がる、なんて言われることがあるね。

「甲種」は危険物の1類から6類の全部を取り扱える資格だよ!すごい!

-------------------

・取るとなにができるようになるの?

一定量以上の危険物を取り扱うためには、危険物取扱者の資格を持っている人を施設に置かないといけないよ。ほかにも、貯蔵場所検査に立ち会ったり、危険物関係責任者になったりすることもできるんだ。

化学工場ガソリンスタンド、コンビナートタンクローリーなんかで仕事をするときに役に立つよ!ぼくは化学工場で働いているか資格を取ったよ!ただ、化学工場には甲種を持っている人がたくさん居るから、ぼくが取る必要があったのかはなんとも言えないよ。

とったからと言って転職に有利になるのかは業界次第だと思うよ。詳しいことはぼくにはわからないです。ただ化学工場ホワイト企業が多いから、未経験化学業界転職したいなら甲種をとってやる気アピールするのもいいかもね。

後のほうでも書くけど、勉強の内容はおもしろいから、危険物を一切取り扱わない仕事の人が遊びでとっても面白い資格だと思うよ!

-------------------

受験資格について

まず前提として、甲種には受験資格があるよ!

化学系の大学学科を出ている

大学化学系の授業の単位を15単位以上とった

③乙種のいずれかの資格をとった上で危険物取り扱いの実務経験が2年以上

④乙種の資格を4種類以上持っている

ざっとこんな感じ!ぼくは①を使ったよ!甲種を取る上で一番むずかしいのは、受験資格を得ることだと思うよ。たとえば君が情報学科を出たITエンジニアだとして、甲種をとりたいなら④を使うしか無い。試験を4回受けにいかないといけないから、かなりたいへんだよ。勉強はそこまで大変じゃないけど、受験資格を得るのが大変なんだ。

-------------------

・どのくらい勉強した?

結論から言うと50時間くらい勉強したよ。

甲種は3つの分野から出題されるよ。4択のマークシート式で、3つのすべての分野で60点以上取ると合格だよ。

危険物に関する法令・・・クソつまらない分野だよ!消防法に関するお勉強なんだ。「免許状を紛失したとき、報告すべきは市町村長都道府県知事かどっちでしょう」みたいなクソどうでもいいクイズが出題されるよ!そんなん、そのときに調べるわ!って感じだよね。

物理学及び化学・・・化学のお勉強だよ!化学系の大学を出た人にとっては超簡単な超ヌルゲーで、ノー勉でも通っちゃうくらいなんだけど、範囲が広いから、化学勉強をやったことがない人にとっては地獄地獄だよ。難易度高校生が受けるセンター試験化学よりもだいぶ簡単かな。でも高校生って勉強仕事から実は結構賢いんだ。労働しながら奴らに追いつくのは大変だよ~。

危険物性質並びにその火災予防及び消火の方法・・・危険物性質や、火災が起こったときの消火方法を問われるよ。危険物物質によって燃え方が全然違うんだ。これも化学系の大学を出た人にとっては割と簡単だよ!化学知識があると、どの物質がどんな燃え方をするか、どんな危険性があるのか、なんとなく予想がつくんだ。

化学系の大学を出ている人にとっては、敵は①だけだよ。ぼくは50時間くらい勉強したんだけど、そのうち35時間は①に費やしたよ。一発合格たかたから50時間勉強したけど、普通は30時間くらいで受かるらしいよ。最上資格のわりには意外と簡単に取れるよね。日商簿記1級なんて1000時間必要って言われてるもんね。

化学系の大学を出ていない人だと、もうちょっと勉強時間必要なんじゃないかな。

-------------------

勉強のしい?

楽しいよ!法律勉強はただただ苦痛だったけど、③の「危険物性質並びにその火災予防及び消火の方法」は楽しかったよ。危険物にもいろんなタイプの奴が居て、それぞれ消火方法が違うんだ。消火方法にもいろいろあるんだよ!しってた?

学校で習った人も多いかもしれないけど、「燃焼の三要素」というのがあるんだ。燃焼には「可燃物」「酸素供給源」「点火源」の3つが必ず必要なんだよ。逆に言えば、このうち一つでも取り除くことができれば、消火成功ってわけなんだ。

・除去消火・・・可燃物それ自体を取り除く消火方法だよ。ガスの元栓を閉じるなんかがこれにあたるよ。江戸時代火事が起こると延焼しないように周りの家を倒して回ったらしいよ。これも除去消火だね!

・窒息消火・・・酸素遮断する方法だよ。天ぷらの鍋に蓋をして消火するのがこれにあたるよ。ボヤが起きたとき毛布をかけるのも窒息消火だね。

・冷却消火・・・点火源を遮断する方法だよ。火災というのは、一度点火したあとに、炎それ自身が点火源となって燃焼が続くことで起こるんだ。温度を下げて炎を一回消してしまえば点火源がなくなってハッピーエンド、って寸法だね。水をかけて消火するのがこれにあたるよ。

火が消える、っていう現象発見したら、3つのうちどれに当てはまるのかを考えてみると面白いよ。ただ、消火方法には3つのうちのどれかだけじゃなくて、複合的なものもあるよ。たとえば水をかけるのは主に冷却消火だけど、発生する水蒸気が窒息消火の役割をしている側面もあるよ。

とまあ、こんな感じで「燃える」という現象をとことん勉強するのが危険物資格だよ。そのへんは甲種じゃなくても勉強するだろうから、まず乙種をとってみると良いと思うよ。

-------------------

久しぶりに勉強らしい勉強をしてみたんだけど、勉強って楽しいね。ぼくは化学系の学科出身だったから、「燃える」という現象についてはそこまで詳しく知らなかった。だから知らないことがわかって楽しかったよ。

そこで質問なんだけど、化学系の学科を出てる化学工場勤務のぼくにオススメ資格って無いかな?仕事の役に立つのじゃなくて、単純に勉強していて楽しい資格がいいよ。仕事に直接は役に立たない知識をいっぱい持ってるのって、すごく豊かじゃない?

とにかく今、なんでもいいか資格勉強をしたい気分なんだ。色彩なんちゃら検定とか、きゅうりソムリエとか、そういうのでもいいよ。100時間くらいでとれて、勉強が楽しくて、いつかなにかのときに役に立つ、そんな資格をとってみたい気分だよ。よろしくね!

すごい長文になっちゃったけど読んでくれてありがとう

2021-01-09

過酸化水素を「酸素がより多く入ってる!過酸化水素水!!」って言ってウォーターサーバーで売れば本当に飲むやついそうだよな

リテラシーって大事

2018-08-24

濃度の薄い過酸化水素水を呑んだら

体の中で水素発生して健康になれるんちゃう

2018-06-21

anond:20180620171125

とりあえず以下の区別くらいつくようになってくれ

塩素漂白剤の主成分は次亜塩素酸ナトリウム。超強力なので衣類の漂白には使わない方がよい。250倍くらいに薄めて衣類の殺菌につかったり、台所茶渋を取りたいときに使ったり。

塩素漂白剤は洗濯槽の洗浄にも使える。洗濯クリーナーが売られてたりするけどメーカー普通塩素漂白剤を使えと言っている。水60リットルに対して300mlくらい使う。100円均一でも買えるけどスーパープライベートブランドの方が安い。台所用と衣料用があるけどあまり違いは気にしなくていいと思う(台所用は洗剤が入ってる)。

酸素漂白剤もワイドハイター、ワイドハイターEXパワー(液体)、ワイドハイターEXパワー(粉末)といろいろあるけど、ワイドハイターとワイドハイターEXパワー(液体)はどちらも主成分は過酸化水素水で濃さが違う。EXパワー(液体)には漂白活性化剤が添加されていてよく効くようになっている。少し熱いくらいのお湯で使うべき。

ワイドハイターEXパワー(粉末)の主成分は過炭酸ナトリウムで、これは水に溶かした時に過酸化水素炭酸ナトリウムに分解する。漂白作用をもたらすのは過酸化水素からワイドハイターと同じなのだけれど、炭酸ナトリウムアルカリ性になるというのがポイント過酸化水素アルカリ性の中でより漂白作用を発揮するのでワイドハイター(これは酸性)よりも漂白作用が強くなる。これも少し熱いくらいのお湯で使う(熱湯だと分解するだけで漂白しなくなるのでもったいない)。つけおき向き。

洗濯用洗剤も粉状、液状、液状(超濃縮タイプ)とあって、今の流行は超濃縮タイプの液状だけど洗浄力が高いのは粉状。20年位前は粉状が主流だったと思うけど10年位前から超濃縮タイプの液状洗剤が主流になってきたと思う。

粉状は溶け残りが出がちでしっかりとしたすすぎが必要、取り扱い時にこぼれるのが嫌われがち、ただの液状は重くて取り扱いも面倒というのがあった中で、持ち運びが楽で置き場所も取らなくてすすぎも1回で節水になるという超濃縮タイプの液状洗剤が一気に広まった(ちなみに洗濯で一番のコスト電気代でも洗剤代でもなく水代)。あとクールビズやらで白いワイシャツを着る人が減ったというのもあるのかな。粉状の洗濯洗剤は蛍光剤が入っているのが普通だったけど超濃縮タイプの液状洗剤で蛍光剤が入っているものはないはず。

2017-07-22

家族って大事でしょう」が分からない

二十歳ぐらいのころ(今から十数年前)母親から言われたフレーズだけど、未だに咀嚼できていなくて困ってる。

とか色々思ったけど、当時40代母親が、病んで風俗にはまって会社も行けずに某大学病院から大量のステロイド投入されて結局精神面での悪化しか効果確認できず果ては余命数ヶ月の患者しかいない療養施設に島流しされた(過酸化水素とおかゆと排泄物臭いがする施設だった)夫の喪主立派に務めて、今考えると本当に大変だったろうし当時高校生だった自分は(上記疑問点もあって)正直全く手伝えていないところか、本当に迷惑しかかけてなかった。

その後結局増田教科書通りに浪人留年を繰り返してさら母親に対し負担をかけた。

やっとの思いで就職が決まったときに言われたのがタイトルにあるフレーズで。まぁ増田自身問題が多々あるのは認めるが、その上で増田は「家族って大事でしょう」が分からない。

しろ「家族」って、一緒にいる人を精神的に不安定にする枠組みに見えるんだが

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん