「内々定」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 内々定とは

2020-10-14

深夜の記憶日記1014

 深夜二時三十四分、薄暗い自室で卓上の電灯を薄く点けてパソコンを立ち上げ、これからこのこの文章を書こうと考えました。

 専門店でも専門サイトでもない、ごく一般的通販サイトで安いからという理由で買ったソレは、正面に置かれた液晶画面にデスクトップ上のアイコンを映し出します。

 詳しくはよく知らないですが、電源を立ち上げてすぐは色々なプログラムだかソフトだかも立ち上がるのか、マウスカーソル動作は少しもったりする。友人曰く安いパソコン買ったせいだとか。

 特別動作が重い訳でもなし、何か入れ込んだゲームをする訳でも、大それたプログラミング環境を構築している訳でもない。

 安物買いの銭失いという言葉があるけど、安すぎたせいで早期に壊れるとしても二年保てば御の字だと思って買ったのであんまり気にしていません。

 ボクは焦燥感に駆られて、毎日を浪費しています

 ただ虚無を抱えた人間と断ずるには語弊があり、鬱というには日々を生きる活力がある。

 けど前に進む気力は無い。焦燥感背中をぐいぐいと押すのに、ボクはただ立ち止まっている。

 大学四年生十月。周りは順調に就職活動を進めて、内々定獲得。内定式もあったりする。

 じゃあボクは何。皆ほど手早く進めていた訳じゃないがやる気自体はあったはずだ。でも結果として駄目でした。  

 ────えっと、大学では〇〇学部(出身大学普通に絞れらるの伏せる)の人間として色々な事を学びました。学んだのが… 

 「ああ、いや。別に言わなくていいよ」

 ────?

 「大学で学んだこと、別に意味ないし。それよりも君の事を教えてよ」   

 じゃあ、大学出の新卒取るなよ。

 一瞬フリーズして喉から声が出るのを必死に抑えた記憶があり、帰り道に転がってた捨て空き缶を蹴飛ばして当たり散らかしました。

 就職活動すれば言われる事も分かっていたし、実際に言われるだろうなって覚悟を決めていたつもりだった。

 確かに大学で学ぶ四年間は、社会時間スケールに換算するなら薄っぺらものだろうし。(仮にストレート新卒二十三歳くらいから働き始めて定年六十歳過ぎ、概算四十年働き詰めと考えればそうだろう)

 大学で学んだ事を生かせる会社なんてほとんどないだろうさ。特別優秀な大学に通っていた訳でもないし、この学歴に求められる人材を搔き集めるとしたら凡庸な事学んだ人間ばっかで、英語ペラペラだの特異的な技術取得者だの、高度な教養保持者なんてほとんどいない。社会人の人事部人間目線ならスペックどんぐりの背比べ。そもそも優秀な人材なんざ欲しいなら学歴フィルター足切りされるのだから、そんな凡庸学歴自分面接に呼ばれる時点で自分評価はそういう事である

 別に学歴フィルター文句を言うほど馬鹿なつもりはない。学歴スペック推し量るフィルターであるのを否定したら、その行く末は社会が駄目になるんだし。

 学歴フィルターがどうこう。そうじゃなくて、学歴フィルターを取っ払われて「一時間未満の問答で人柄を理解してくる」のが駄目だった。

 お前がボクの何を分かったつもりでいるんだ。趣味映画鑑賞って言ってLGBTについてだの、映画歴史だの語って高尚さとか演出してやたらウケてたみたいだけど、映画鑑賞なのは面白い映画観る為だけに決まってんでしょうに。何でフィクションを割り切って視聴するコンテンツ世知辛い現実問題を持ち込んで鑑賞して語らなきゃいけないんだって思ってのがボクの根底人格ですよ。

 頑張って四年間必修の単位落とさないよう勉強して、プライベート時間削って大事な必修実技講義レポート山ほど書いて、それで大学で得られた事を教えてくれ?

 大学で四年間勉強してきたのは皆当たり前だから他に教えろ? そんな事言われなくても分かってるけど、じゃあ四年間で覚えた美味しい酒場情報でも披露すればいいのですか。本当に真面目に大学通って友達作らずに勉強してた奴の「面接ウケのいい話」のストックあるのかな?

 何でもかんでも四年間の内に御大層な学びや気づきが得られたような人間ばかりだと思わないで欲しい。こちとら遊んで浮かれてレポート未提出をやらかしたら即単位落ちして留年危機に迫るのに、大学生活で得られたもの

 海外旅行するとき計画立てて海外旅行して知見でも得られたらいいんですか。そうですよね、グローバルな視野持った人間欲しいですもんね。最初から募集要項留学経験ありのみにしてくれませんか。

 何ですか、大学祭でリーダーシップ発揮して皆を先導すればいいんですか。リーダーシップ発揮しなくて名脇役こなして、何か一大事重要な場面で大立ち回りして何か得られたり気がつけばいいんですか。出店がクソ忙しかったけど黒字けが出て、還元率三倍以上になってサークル同期とガハガハとゲス笑いしてた以外あるわけないだろ。最初から部長サークル経験ありのみ語れとかにしてくれませんか。

 印象的なエピソードやらがポコポコまれるほど精力的に大学満喫していませんことよ。講義レポートやらに追われ、バイトしたりする日々のせいで虚無です虚無。

 大学で開かれた会社説明会とか企業研究会だとかの人事部の人に聞いたら、「自分の事をありのまま話せばいいよ」って言われて、いざ実際にその人の話した会社面接受けたらバチバチに落ちたよ。落ち込んで大学の同期友人に話したら「馬鹿だねお前」って言われてさ、じゃあ実際面接の時にどうしたらいいのかと思ってバイト先の社員さんとかに聞いたら「テキトーに誤魔化せばいい」って何ですか。

 最初自分もそう思ってたけど、大学のそういう就職活動セミナーみたいなので「人事部の目はプロなので誤魔化しは効かない」とか聞かされて、それを真に受けて興味持ったバリバリに志望したい会社から次々落ちてこれですか。

 何なんですか。どうすればいいんですか。

 そもそも初対面の人前で喋るのが苦手なのにどうすればいんですか。学生課の就職支援の人とか、練習重ねる相手は顔見知りレベルになるんですけど。

 お前の為に勉強した訳じゃないし、純度100%自分の為に学んできた事を前面に押し出したら落ちるのは分かる。けどさ、じゃあ大学で学んだ人間求めるの何で?

 そうですね、大学入学が出来て、大学に通えて、大学卒業するような「一定ラインを超えている事が確定しているスペック人間」が欲しいんですもんね。知性とかも含めて多分諸々の。

 分かります。下限値設けずに変な入社されたり、限られた社会時間の枠を食い潰すような事したくないですよね。

 賛同します。人材コストですから中々運用とか大変ですし、コスパ求めますよね。

 理解します。そうなると求めるのって必然的に明瞭な線引きのラインが「大学出の新卒」となるんですよね。

 でもボクはそのロジック理解していても、もう就職活動が嫌になりました。三月から飛んで半年以上の十月。虚無みたいな中身のない日々を送ればここまで日が経つのが早いものかと感心する。

 家に閉じこもって日がな一日寝て過ごして、起きたらご飯食べてパソコン立ち上げて自分好みの動画見る為だけにネットサーフィン

 自己分析自己分析言われて自己分析しても自分の嫌な所しか自己分析出来ないし、深い所まで掘り下げろって言われても浅い所しか掘れない。自己分析力が足りないのか、人生経験の浅さなのか。どっちが真実自分に見極めきれないまま、どちらにせよ自分自身を薄いかその程度の雑魚だと感じるようになって、世界の中心に自分が居座るわけでもない事が分かり切ってるこの年頃でも中々精神にくる。テキトーに誤魔化す事が自己否定に繋がっているような気がしなくもなくって、自称能天気の「生きてりゃ何とかなる精神」もめっためたになってきた。

 周りの人曰くまだ時間はあるから、今からでも内定は取れる。でもだらだら就職活動を進めてる。今。

 進める三社程度も大学学生課の就職支援してくれるところから回ってきた求人情報メールから適当に選んだだけ。興味がない会社ばっかなのに興味持て状態なんて無理難題

 バイト先で本職とバイトを掛け持ちしている妻子持ちのXさんには「心が落ち着く為にも内定が欲しいよね」と言われ、励まされた。

 その時は「そうなんですよねー笑」ってお茶を濁したけどまさにその通りで、自分が働く為に就職活動を進めるのも出来ない状態になっている。自分が今この精神状態を脱するため、楽になりたいだけが今の世界過半数を占めている気がする。

 今のこの状態自業自得なのかよく分からない。多分自業自得なのだろう。

 そろそろこの文章を書くのも嫌になってきた。こんな事してる暇あったらもっと別の事出来たのに、なんでこんなものを書いているのだろうか。

 感情論理が混雑したな思考を巡らせて、ぐちゃくぐちゃのそれを文章に起こすようにまとめて、まとたものブラインドタッチも出来ない両手でカタカタキーボードを叩いて捻出してる。

 今ここまで文章を書いた上で思うのは、膿は際限なく溢れるんだなぁって所です。そしてこれはまだ続く。

 ずっと疲れた疲れたってなってる。こんなに頭がぐるぐるする事が付かれた。毎日頭の中でぐるぐるしてて明らかに駄目になってて、疲れる。考えたくない。でも考えなきゃいけない

 だって考えるのやめていたのが今の十月に至るまでの虚無みたいな中身のない日々だ。

 嫌だ。疲れた。ずっと眠りたい。

 鬱? それよか楽観的で健康的。

 友達と遊ぶのは楽しいし、自傷行為も痛いの嫌だから無理。自殺は嫌なものたことあるし、それで「生きてたもの勝ち理論」は証明されたと確信しているので死ぬ気はない。

 けど非生産的で、傲慢さや我が儘だけが日に日に膨れ上がっている

 A.ニート

 世界の美味しい所しか食べたくない状態。我が儘ですわね。

 まだしばらくこの生活は続くと思います生命的に死ぬこと、自殺やら自傷だけは絶対ないけど、ゴリゴリ精神が摩耗しつつ美味しいご飯自分の好きな事だけでモリモリ持ち直すあり方の限界値はどこまでかわかんないです。

 少なくとも明日はセーフかもしれないですが、一か月後とか年明けたら駄目かもしれないですね。何とかなるでしょって今も思っているのがもう本当に嫌になりますけど、すんごい楽。


 助けてというには余りにも横暴?

 ぼちぼちキーボード叩くの、普通に腕も指も疲れてきたし、画面に打ち込まれ文字の羅列とその内容をありありと見せつけられて全部が嫌になってきたのでここいらで書くのを辞めて寝ようと思います

 気持ちのいい寝起きがありますようにって思ってこのテキストエディタを閉じます

 おやすみなさい。おやすみなさい。おやすみなさい。

 バイバイ

2020-09-21

来年から社会人なんだけど

大学進学を期に地方から関東にやってきて、無事東京会社から内々定を貰った。

転勤もない会社なので、ここが自分に合っている会社ならそこに長く勤めるだろうし、転職したとしても自分のやりたいことをするためには都会に残る必要がある。

また、今はずっとお付き合いしている相手もいる。その相手就職先や実家関東なので、この関係が終わらない限りはこのまま2人で関東に住み続けるのだろう。

だけど、自分の「家」は地方にあり、自分の親もまた地方に居るのだ。

自分一人っ子

から、親の身に何かあったら、もしくは親が老い自力での生活が難しくなったら、自分がどうにかする必要がある。

両親はどちらも大人兄弟末っ子なので、自分と同年代の頼れる親戚もあまり多くない。

自分地元に残っていなきゃいけないのではないか

幼い頃からずっとこの事を考え続けてきたが、就職を前にしていよいよ現実味が帯びてきた。

両親がいつまで元気かわからない。病に倒れたり、ボケてしまったりした時、自分はずっと東京の地に居続けられるのか?

たとえ仕事を続けていたとしても、頻繁に地元東京を往復する生活ができるだろうか。有事があった時、自分がその場に駆けつけるまで一体どれ程の時間がかかってしまうのか。

そんな事を考えていると、まだ就職してもいないのに「ある程度年数が経ったら地元に戻って適当仕事をしながら暮らしていくべきなのだろうか」という考えが頭に浮かぶ

頑張って勉強して、そこそこレベルの高い大学に入り、自分でも納得の行く就職活動が出来たと思う。それに、少なくともこの先数年くらいは一緒に居続けるんだろうな、と思う人もいる。

だけど、いつかはその生活を手放す時が来るんだろうか。

地元に帰ること自体は嫌ではないが、地元に帰るのだとすれば自分はそこで1人で人生を終えるような気がしている。

まだ働いてもいないのに何言ってんだと自分でも思うが、どうするのが正解なんだろうな。

2020-09-04

anond:20200904190310

面接時に一週間ほどで合否の連絡しますねってサイレントお祈りした会社

残念やけど、これはコロナから普通にある。

ワイが受けた会社

最終面接、「合否は1週間くらいで連絡します」

→最終面接の2,3日後に「先に面接受けてた内々定者懇親会があって、増田君合否出てないけど来る?」って連絡(行かなかった)

→1ヶ月連絡なし、「サイレントやろなぁ」と思った頃にメールでお祈り

元々あんまり行く気なかった会社だけど、さすがに笑ったわ。

しかし、今年の就活生は大変やなぁ。クソ企業は相変わらずクソのままみたいやし。

2020-07-29

良い会社入社が決まって不安が倍増したから助けてほしい

就活が終わって自分想像していたよりも格段に良い会社就職できてしまった。同年代に言ってもまず持ち上げられ、かつ老若男女誰でも知っていて、比較的潰れない企業

からこそ他人に言いにくい。周りはまだ就活を終えていない人もいるし、終わっていても気持ち悪いマウント合戦に巻き込まれかねないので本当に親しい数人にしか話せていない。

推測でしかないが、このマウント合戦はこれから人生ずっと続いていくような気がする。自分からさなくても、仕事以外の場でも年収生活水準といった情報漏れ聞こえてしまうし、むしろそれを積極的に利用し快楽に変換して愉しむ人たちも多いのだろう。そういった価値観逆張りして早々に戦線離脱し、如何に横槍を入れて楽しむかしか考えていなかった自分は、いざ巻き込まれそうになった今適切に回避する技術経験も持ち合わせていない。

周りの内々定者を見渡しても、ハナからこういう企業に入る前提で進学し、計画的有意義キラキラした学生生活を送ってきた人たちばかりに見える。今までの自分はこうした人たちを馬鹿にはしないまでも、どこか冷ややかな目で見ながら生きてきてしまった。今更迎合するなんてことを自分精神と彼らは許してくれない気がする。でも、迎合しないと自分はひとりぼっちだ。独りでも楽しめると強がる癖に、スマホを握りしめて更新ボタンを連打していないと落ち着かない自分は、本当のところ孤独に対して非常に脆弱だと感じる。

加えて何より悲しいのが、その自分が楽しんできたネットのノリに入り込めなくなりそうなことだ。5chのゴミみたいな板で自虐エピソードに華を咲かせたり、乞食速報で手に入れたどう考えても必要ないワッフルメーカーを自慢したり、おおよそ吐瀉物にしか見えない底辺飯を見せ合ったりしてキャッキャできたのも、ある種の切実さがあってこそだった。今の自分にはそれがない。

こういう不安を打ち明けたところで単なるマウントと取られるだろう。でも実際構図としては自分が心底嫌っていたクッソウザマウントのもの匿名空間以外では絶対に話すべきじゃないことはわかるし、したところで大した共感は生まず、よくて罵倒の嵐にあうだけ。自分親友だと思っている人も、こんな話を何度もされたら辟易して、親友ではなくなってしまうかもしれない。

漠然とした不安を抱えてずっと生きてくのかと思うと辛くなった。

じゃあこの会社をやめるか、やめられるわけないんだよなぁ。

2020-07-18

anond:20200717143832

内々定までのハードルを低くして、研修で選別するってだけだろ。

コストかけて外注講師雇ってくれてるんだから文句言う筋合いじゃない。

最後逆切れした講師はちょと未熟。会社に貢献する気があったらチクってやってください。

搾取搾取ってお題目唱えるけど、本当の搾取はこんなものじゃすまないし、普通コミュニケーションすらままならないコミュ障他人搾取する側にまわるなんてできるわけがない。

入社してから下らんことで文句言うガキを排除するにはいいやり方かもしれん。

2020-07-17

オタク採用にご用心

さて、皆さんは一度はTwitterをしていると「オタク採用」という文字列広告で見たことがあるかと思います

この広告はある情報系、プログラマー会社が出しています

私も勿論その1人で、当時ちょうど私は転職活動中でした。

そして、一時の気の迷いから私はその企業に応募してしまったのです。

というわけで、企業採用エントリーです。ご査収ください。

なぜ入ろうと思ってしまったのか

私はもともとプログラミングを学んでいましたし、趣味周りでプログラミング技術がないことで何度も困っていたためです。

自分には夢があり、その方向に行くためにはプログラミング技術と実務経験必要でした。

そのために入ろうとしたのですが、正直、私はTwitter広告の時点で気づくべきだったなと反省しています

オタクを誘い込む手法

その会社情報系、いわゆるプログラマー会社で、曰く「オタクは1つのことに対してのめり込むことが出来るから

きっとプログラミングに向いている」とのことでTwitterでの広告を中心に募集をしていました。

リンクを開いてみれば、「あなたは何オタクですか?」という選択肢からまり

どう見ても著作権侵害だろうという画像を使って、選択肢を選ばせ、

最終的に「面接に来ませんか?」という旨の文章が登場します。

面接では、自分の好きなもの仕事内容を言われ、

殆どの人は採用になっています

今後とも是非ご一緒にお仕事したいことと決定しました

採用が決まるとこのようなメールが来ます。私はこのメールを受け取り、「内定なのだなと思っていました。

その後、研修が始まるのですが、私はここで様々なことを知りました。

まず、我々は研修賃金を貰えないこと。それに関して研修時間中に説明がありませんでした。

直接問いただすと、「我々にはその金を払う余裕はない」とのこと。なら未経験者を採用するなという話ですね。

次に、我々は「内々定であること。

私たちはまだ選考中だというのです。「研修」と関してまだ選考中とはどういうことなのでしょうか。

選考中」だから給料がいらないという判断なのでしょうね。賢い。

極めつけはこの「研修賃金がもらえないこと」を公のTwitterに大っぴらにリプライして晒していること。

私は前日に広報用のアカウントを見ていなかったから知りませんでしたが、

その研修の同僚から「昨日こういったツイートがあった」とまだ学生と思われるアカウント

研修賃金は出ますか?」という質問に対して、さも当然のように「賃金は出ない」とのリプをしていました。

早く気づけば、研修にもいかなかったのにな。

研修内容

1か月我々はJava研修しました。

我々には給料が出ません。ですので、生活の苦しい者や疑念を持った受講者からどんどんとリタイアします。

一日の流れは、朝9時に研修開始から夕方6時までのフルタイムスケジュール

休憩は1時間研修時間中は常にZoom接続し、課題をこなす必要があり、Slackで進捗報告をします。

1日朝昼夕の3回程度オタク談義を交わす時間が設けられ、ZOOMで話をすることを強制されます

普通に就労しているのと変わらないスケジュールです。

会社外注講師普通サラリーマンより少し貰っているとの発言が度々あり、

「我々には出ない」というストレスがその発言が出るたびに受講者は苛立ちを隠せていなかったのを思い出します。

私は研修は「無料プログラミング講座」だと考え、その期間も普通に就職活動をしていましたし、

体調が悪いといって、面接に赴くなど好き勝手にしていましたが、

フルタイムで拘束されるのはさすがにないと思っていました。

研修を辞めた時の話

私はただのプログラミング講座と思っていたこともあり、

研修が終わる瀬戸際外注講師に「やめる」という一言Slackに送りました。

その後、研修時間が終わったのちに「話し合いをしよう」と言われ、

講師と1対1で通話になりました。

その時の言葉拝借してこの駄文を終わらせたいと思います

「そんな報酬が貰えないってわかってんだったら、最初からそんな会社受けなければいいじゃん 受けるお前が悪いんだよ」

長文となりましたが、ありがとうございました。

2020-03-06

漏らして受かる公務員

とある大きめの地方都市新卒で働くことになります。これを機に、増田でくだらない冗談を書いたりすることから卒業しようと思います

たま~にホッテントリ入りした時とか嬉しかったな。これまで私の増田ブクマしてくれた皆さん本当にありがとう

最後に、とても増田らしい話を書いておこうと思います

--

もともと某市の地方公務員第一志望だった私は、3次試験という名の最終面接の会場に緊張した足取りで向かっていました。筆記試験がどれだけ良い点数でも、小論文で採点者を泣かすことができても、面接が失敗すれば公務員にはなれません。

未だに民間内々定が一つもない、夏。

思えばこれまでの民間面接は全部ここのための練習試合でした。完全にマニュアル化されたドアの開け方、「もちろん御社第一志望です!」というウソ。そんなの誰もができること。働きたいという意思が薄いことは見透かされていたのでしょう。じゃあどうすればいいの? 熱意を持って自分しか無いエピソードを話す。そんなの頭ではわかってるんだけどさ。

会場到着。

小さめのビル。清掃のダンディーなおじさんに挨拶(あの人が実は管理職だったり、とか思っちゃうよね)。面接開始予定時刻までは時間があるので、通された会議室で待機します。同じように早く来すぎでしまった人がもう一人。私の後にもすぐもう一人。3人がだだっ広い会議室微妙距離感で座って待っています。あの人はもう内々定あるのかな。あっちの人は国家公務員も考えてるのかな。

ちょっと冷房がきついかな。空気が対流する様子を想像して暇をつぶします。

14時。

受験番号○○の方、どうぞ」ついに私の番が来ました。

それと同時に奴がきました。

便意!!!!!!!!!

思えば待機してる時から全く便意が無いわけではありませんでした。でも1~2時間は余裕で我慢できる感じだったし、面接が終わってからすがすがしい気持ちトイレに行けばいいやと思っていました(早口でまくしたてる言い訳)。

すべてが間違っていました。

待機していた会議室椅子から立ち上がる私。あっコレやばいやつ。面接官が待機する隣の部屋へ。その一歩一歩が尻を刺激します。ドアの前に立ちます。私の人生を左右するドア。私の下半身のドア。

私「失礼します」

うんこ「失礼します」


出た。


幼稚園生のころの記憶なんてほとんどありませんが、園内で漏らしちゃって先生下着を交換してもらったことだけは何となく覚えてます。あの時は迷惑かけたなあ。

そういえば小学生の頃って妙に大便を学校トイレですることに抵抗ありませんでした?

中高になっても男子って本当にくだらない下ネタ好きな人が多いでんですよ。

そして今の大学生の私。

20ちょっとの短い人生走馬灯のように(うんこの)思い出が駆け巡ります。そして今、私はここで社会的な死を迎えるのです。第一志望の最終面接会場で。

......

いや、ここで死ぬわけにはいかない!!!!!!!!!

♪~(The Fatback Band - Spanish Hustle)

ニコニコ笑顔のまま、下半身に全神経を集中させ、括約筋が馬鹿力を発揮します。

ブツ放出はその開始から一瞬にして停止されました。しかし、一瞬であろうと出たものは出たのです。尻の割れ目に若干のブツが挟まっているのを感じます

ああ! そして今こそ私はそれを自覚しながら椅子に座るのです。死こそ免れましたが瀕死です。

面接淡々と進みますノートにびっしりまとめた想定問答集を思い出しながら、自らの熱意、そして私にしかないエピソードを交えつつ話します。

もっとリラックスしてくださいね」「は......(今リラックスしたらまた放出されちゃう......)はい!」

あなた自身努力したと思える経験を教えてください」「(今の私の括約筋は......)インターネット上の設計図共有サイトで私が趣味で書いているプログラムを公開(GitHubで尻穴を公開?)したところ、海外の方から......」

ついぞ面接官に漏らしたことがばれることはありませんでした。

面接が終了し、駅のコンビニ下着いわゆるパンティーを買いトイレに駆け込む私。普段便器の中なんて見ないですけど、その日だけはちょっと見ました。

きれいな大便。

そして私は合格の知らせを受け取ったのです。

ありがとう、大便。

2020-02-26

仮予約」の「仮」ってなんだ?

自由キャンセルしていいのか?

内々定の「々」の部分も謎

自由に辞退とか取り消ししていいのか?

2020-01-22

anond:20200122184418

内々定の受諾とか、入社手続きを終えてからならそうかもしれんが、内々定は「そっちに問題なければ入社してね」だからそれを断ることは「合意のない破棄」ではないだろ

2019-11-26

私は車が運転できない。

タイトル通り私は車が運転できない。

以前教習所に通っていたのだが、仮免許まではスムーズに受講できていた。

しかし、路上に出てから悲惨だった。とにかく怖い。まるで戦場にいきなり放り込まれたみたいな気持ちだった。

歩行者がいきなり飛び出してこないか自転車が急に方向転換してきたらどうする、煽り運転に出くわしたらどうしよう、そんな不安がよぎってしまい頭の中が真っ白になってしまう。もし交通事故を起こしてしまったらどうなる、罪の意識に耐えられるのか、もし被害者を死なせてしまったら私は二度と外を歩ける自信がない。そんなことばかり考えてしまう。そんなことばかり考えているせいでスピードの維持ができない、ハンドルをビクビクしながら回す...など所内で出来ていたことが全く出来なくなっていた。

もう、車に乗ろうとするだけで不安でいっぱいになってしまっていた。車に乗るのも、上手く運転できない自分も凄く嫌だった。

車の運転ってこんなに怖いものだったのか、こんなに難しかったのか。私は小さい頃からオートマ簡単だよ」と聞いてきたし、同年齢の友達もみな「簡単だったよ」と言っていたので余裕の心持ちで挑んでいた。だが間違いだった。私にとって車の運転はあまりにも難しかった。この事は教官にも話したのだが「初めは皆そうだよ」「慣れるものだよ」と仰ってくれた。だが、どうしても勇気が出せなかった。結局、そのまま教習所には行かずに期限切れとなってしまった。

第一志望の企業内々定も取っていたのだが、運転免許が必須だったためにそこを蹴って運転免許が必要のない企業入社することにした。

教習所代金、第一志望の企業内定、それらを棒に振って車を運転しないことを選んでしまった。今更後悔しても遅いが、どうしても出来なかった。

車を運転できる人は凄いなと思う。路上には危険要素が溢れている、それを臨機応変判断しながら運転できるというのは凄いことなのだ。当たり前ではなかった、少なくとも私にとって。

教習所に行けば誰でも車が運転できると思っていただけに、全然できなかったのが本当に情けない。今でもそう思っている。

2019-09-06

オッス!オラ負け組就活生!

皆さんの大嫌いな小売しか内々定がなくて、どうしたもんかと思って新卒エージェントとやらの面談に行ったんですよ。

そんだら、おすすめされた企業がパッと調べてみてその小売の会社より色々悪そうなとこしかないんですよ。やっぱね、この時期に募集かけてるとこは碌でもない会社ばっかりっすよ。

もう内定式だし、将来スーパー店長になってバイト女の子食い散らかしてやるわ!

2019-09-01

anond:20190723230042

元増田です。

https://anond.hatelabo.jp/20190723230042

いまだにこの先輩との人付き合いに疲れています

先輩はこの間無事内々定が出ました。本当に良かったです。

なので出来たらもうちょっと距離を取りたいのですが、毎日一緒にお昼を食べるのが常態化しており、何か大きなきっかけでもないと距離を取れそうにありません。

目標は一緒にお昼を食べる機会を週1まで減らすことです。職場の他の人とお昼を食べる機会が減ってしまって悲しい。昼休み仕事も進まなくて悲しい。

恥ずかしながら中高でそういった女子人間関係トラブルは避けてすごしてきたので、対処経験がありません。

あとどちらかというと私は過去その先輩のような位置(つまり避けられる方)の経験の方が多く、避けることをするようないじわるなことをすることに抵抗感がものすごくあるのです。そういうひどい奴になる自分に耐えられないというか。

でも苦痛距離を取りたいのは事実なので、その矛盾が苦しいです。

あーそんな面倒くさい女子中学生みたいな悩みを持ちたくなかった。本当に持ちたくなった。

自分の不満と解決してほしい事柄論理的に伝える能力に乏しく、思うまま書きなぐってしま申し訳ありません。距離を置きたいと考える自分を認めたいのと、あと具体的にどのように行動すれば穏便に距離を置くことが出来るのでしょうか。お昼に誘われたら心苦しくて断ることが出来ません。

2019-07-19

就職内々定率7割以上って言われてるけどワイが中高で仲良くしてた友人誰も内定取れてなくて草 もちろんワイも取れてない

類は友を呼ぶってこういうことかな

大学の知り合いはほぼみんな内定持ってる

2019-07-11

[]

今日クモキリソウ探しをしてた

15株も見つけられた!嬉しい

森ん中うろうろしてると、「その場所に生息する全ての生物について、私たちは知ることはできない、生き物について全部知っているのは神様だけ」という先生言葉何となく思い出される。野外に行くたびにその 神様しか知らない領域 に他の人よりもちょっとだけ近づけられるのだ、と思って嬉しくなる。

他にも嬉しいことがあった。内々定を頂いた。面接の時にも褒めてくださって、そんで結果もこうやって何とか出せて、これまでやってきたことが報われた。ひとまず一区切りがついた感じがした。

まあまだ完全には終わっちゃいないから気を抜いてもいられないので、最終面接のための諸々の準備をしてた

全て自分が思った通りの仕事が出来るとはハナから思っていないが、来年自分もあの仕事に携われると思うととてもワクワクするのだ〜

ひとまずやりたいことはし終わったから帰って風呂入って寝よ

2019-06-03

転職面接即日内定

3月ブラックすぎて、4月にメンタル戻ってきて、5月は経歴書と抱負書きまくった。

こんな時期の募集、ろくなことないのに。


今日まりすぎてた代休使って(システム上は3月にとった休みなんだけど。実際出てたか帳尻合わせで休みもらえた。)面接してきて、帰ったらすぐ電話内定内々定?もらえた。わあ。

ヤバイとこの匂いする。しかし職位もあがるしちょっと都会に行けるなら、、、どうせ職場地獄なんだから、他がよくなるなら転職しようか、、、

きっと断っても受けても後悔する。なんであんなに履歴書だしてたんだろ。

2019-05-04

https://anond.hatelabo.jp/20190504045134

大昔に1種の月額4万ちょいのを借りてて目一杯の時間16年掛けて返済。確か月1万ちょいの返済。

現在は有利子でも殆ど無視できる金利なので月4,5万円貸与の基本コースを申し込もうか考えてる学生

それで親や今の自分学生生活が楽になるなら迷わず申し込んでOK

 

それなりの大学でそれなりの就職ができそうなら総額500万円までなら現在金利水準だと大して負担にはならないけど

一応良く考えてから申し込んでもOK

 

就職後に病気失業などイレギュラなことが発生したらすぐに機構に連絡して返済猶予制度を取ること

機構も返済の可否不明よりも現在は返済困難と連絡貰ったほうがありがたいはず(これは金融機関全般に言える)

 

個人的に腹立たしいのが必要以上に奨学金負担を煽る人やメディア

一昨年にNHK特集首都圏国立大に通う女学生奨学金返済を心配して在学中から風俗バイトをして

性病罹患したとの記事を見て頭から湯気が出るほど腹が立った

返済は就職後だから在学中に心配することもないし、女子男子に比べ就活で不利なのは現実にあるが首都圏国立から

月2万,多くて3万の就職後の返済を心配する必要あるかよと。

心配事は心配すればするほど不安になるけどさあ、そこまで女学生不安にさせるほど不安を煽る必要はあるのか。

 

奨学金利用者病気にでもならない限り必要以上に心配すること無い

学生就活だけは手を抜かずに頑張れ

話のついでだが就活団体戦からな。体育会就活に強いのは部を横断して就活情報をやり取りできているから。

「○○業界の最大手内々定を出したか同業他社もそろそろ追随してきそう」とかの類

体育会でなくても団体戦可能だし友人知人の輪を広げるいい機会

2019-03-12

ありふれた就活雑記

知り合いがこぞって就活日記を書くのに刺激され、某もしてみむとてするなり。目的としては2つあって、こんな感じ。といっても1つ目が主なのだけれど。

・来月から社会人になるので、これ以上頭がおかしくなる前に自分が何故選んだのかを残しておきたかった

キラキラしていないIT就活リアルな一例としての一例

まずパーソナル.自分は2019卒、4年生大学情報学部所属の男。高校時代がクソだったので、大学地元では知名度があるかも、というレベルのところ。プログラミングとかするサークル所属しているが、義務とかがあるわけでもないので所属しているだけに近い。プログラミング楽しいけどゲームしてる方が楽しい

就活

就活を始めたのは2018年1月だった。

どこに就職したいとか、社会に出て何がしたいとか。そんなものは何もなかった。ただ周りが先に行く焦燥感学費を借りた親族への罪悪感に追われて就職を考えていた。サークルの優秀な同期が進路を拓いている中ずっと腐っており、おこぼれで逆求人という就活イベントに参加したのが1月である逆求人というのは、学生企業の人事やエンジニア自身プレゼンするイベント

自分能力容姿も明朗さもなかったが、サークルでみんなやってたような活動を「それっぽく」プレゼンしたらそれなりに良い評価を受けた。後から思うと地元で他の学生レベルが低かったのも大きかったんだろう。名前を聞いたことあるような企業とも会って、一次選考免除とかの話をもらって調子に乗った。

2月はそのイベント後に面談選考もらった企業面談したりして過ごしていた。といっても明確なビジョンが何もないため、空っぽの「それっぽい」ビジョンを喋ってポイント稼ぎしていたというのが正しい。この時の企業の1つはそのまま選考が進んで内々定をもらった。また、業界で名が通っている企業地元に有ったので応募したのもこの頃。就活中で自分からアクションを起こしたのはこれが最初最後だった。

3月。というか2月末くらいか調子に乗って応募した選考のお祈りが届き始める。ここで身の丈を知る。業界でもトップに近いような企業に応募していたが、当然のごとく及ばなかった。脆弱な心はボロボロになったが、それに勝る焦燥感無職になることへの恐怖で就活を続ける。この後2,3回ほど似たようなイベントに参加して、益体のない「それっぽい」アピールを続けていた。似たような流れでそこそこの企業数社から内々定をもらう。失礼極まりない話だが、自分の「それっぽさ」で騙される人は一定以上いたと思う。選考による数重のフィルターの内穴が重なって通過してしまった。

5月ごろ、その中の一社内定承諾を返した。数社から内々定をもらっていて、その中にはかなり名の知れた企業も含まれていた。最終的には、待遇とか業務で触る技術に興味があるとかそういった点で決定した。相手にかけるであろう迷惑なんかは考えられなかった。これで就活が終了した。

まとめ

全体として、偶々今はIT系の学生待遇良いので上手く時流に引っかかって就職もできた。幸運だっただけ。能力ではなく「ぽさ」で騙して就職してしまっているし、来月から先に劣等感能力差が顕出して鬱か何かで壊れるだろう。本当にクソな人間だなと思う。早期に内々定をくれた企業には迷惑をかけたし申し訳ない。それ以上に騙す形で無価値人材採用させた内定承諾先に迷惑をかけているわけだけど。

無理やりオチをつけるなら、今の新卒就活では「それっぽさ」を上手く演出できればそこそこの企業への就職はかなり容易と感じる。400万/年くらいなら軽く狙える。トップ企業でもない限りホワイトボードコーディングみたいな試験はないし、コードテスト大学の貧弱なプログラミング授業レベル問題が過半だった。選考でも特定技術分野について深く聞かれる機会はほとんどない。ただ、何かしらの能力がないとゴミ自分ゴミだった。

2018-10-12

就活に失敗するなよ

平成が終わり,新たな元号が始まろうという2019年4月に,私はありがたくも社会人としての生活を歩み始める.

19卒と呼ばれる私たち世代は,多くの企業が先日内定式を済ませ,残りの学生生活の少なさを感じ,やり残したことがないかと振り返っている.

やり残したことと言えば,私は就職活動において大きな失敗をした.

その失敗について,少しでも後輩の役に立てればいいと考えすこし書き残しておきたい.

私が就活に失敗した原因は何より「成功者アドバイス鵜呑みしたこと」だった.

私は昨年10月研究室に配属され,11月にもなると先輩からは「就活してる~?」と迫られていた.

私の学部情報系の学部で,業界としてはITとなる.

他の業界に比べかなり内々定を出すまでのスピードが早く,一番早い同期は8月サマーインターンシップで既に結果を残し,内定を獲得していた.

その時点ではさほど焦ってもいなかったものの,ある先輩に第一志望は?と聞かれて某ITベンチャーを答えたところ,その場で調べられ,すでに説明会選考が始まっていることを告げられた.

そして私はその場で申し込みをさせられた.いきなり,第一志望の面接に臨むことになった.

そして,当然落ちた.なんせ面接対策学校で行っているものが全くと言っていいほど役に立たなかったからだ.

その結果を先輩に伝えると,「面接は場慣れだからね~」と軽くいなされた.

その後も志望動機添削やや面接練習を行うたび,「この時期成果物無いんじゃどこも取り合ってくれないよ」「企業学校じゃないんだよ?」などとあらゆる否定をされる.

そんなことを言われてもその先輩を信じていたのは,有名なベンチャー内定をもらっていたからだ.

その先輩は成果物もあった.面接官を魅了する話術があった.だから内定を獲得できたんだと考えていた.

そんな中,あることにお祈りメール10通ほど届いたころに気づく.

それは,その先輩と自分就活が違うということだった.

先輩は大学院生だった.そりゃ当然成果物必要で,大学院にまで行って成果物あげてない人間は流石に相手にされないだろう.

しかし私は学部生だった.就活してるタイミングなんて研究すら始まってないんだから当然成果物なんてない.

単純に戦い方が違ったのだ.RPGでいえば,筋肉系のキャラ魔法使い系のキャラに戦い方を教わっているようなものだった.

そこからは吹っ切れて,外野の言うことには耳を貸さずひたすらいろいろな企業を受けて,面接慣れして,内定を勝ち取った.

結局,自分がどう戦うかは自分で見極めなければならない.

他人アドバイス一見役に立つと思えても,所詮他人なのだ

そしてこのアドバイスも結局他人の言うことなので,決して鵜呑みにすべきでない.

2018-05-04

anond:20180504171956

内々定がでたあとは、毎月、なにかしら用事会社に呼び出されるぞ。

内々定社員のための親睦会とか、先輩社員との交流会とか、そこで人脈を作らないと会社生活につまづく。

2018-04-22

25万円の使い方

内々定が出たので就活費用が余りました。

皆さんだったらどう使いますか。

追記

ブコメ読みました。ありがとうございます

1年間何があるかわからないので、無事入社できそうなら東南アジア旅行に行こうと思います

2018-03-30

知人に内々定が出た。まだ3月だというのに…かく言う私は民間企業を諦め公務員試験受験するのだが、今こうして増田にいるあたりどうしようもないということは察してほしい。いや頑張ってるけどさぁ!!!今週はほんと頑張れなかった。ついつい寝てしまったり携帯を見てしまったりで全く勉強ができなかった。凹む。やりたい仕事を諦め、したくもない勉強をしてるとどうしても他の人のことや違うことに興味が向いてしまう。公務員を目指すのは自分で決めたことなのに、本当にこれでよかったのかと思う。親が理解を示さないのもつらいし、唯一弟がかけてくれる優しい言葉もつらい。落ちたらどうしようってことばっかり考えてしまう。未来が全く見えない。半年以上、いろんなことを諦めてとうとう受験1ヶ月前なんですが、欝すぎてちょっと参っているので増田の皆さん優しい言葉をかけてくれ…

2018-03-03

就活してるよ

いわゆる19卒、スタートラインが分からなくて、ダッシュに乗ったのか乗り遅れたかも分からない中堅私大文系学生です。

インターンシップから内々定みたいなものを1つ頂いているけれど、志望度が低いので3月1日本格解禁という感じです。

参加するのは学内企業説明会個別説明会大手の合説も1日だけ行く予定です。今のところ、巷で話題学歴フィルターには遭遇してません。

就活はまあよくできているなーと思います。クソなところは散々バズってるし、無意味なこともあるのは事実です。ただ、文系学生にとってはモラトリアムが終わる地点のちょっと前に人生を振り返り、将来を考える機会がほぼ強制的に出現するのは悪いことではない気がします。もちろん、本当に意識が高い人や実力がある人は、現時点でやりたいこと、やるべきことが定まっているのでしょう。

ただ、ボリューム層(パレートの法則でしたっけ?の80部分)は、ぼや〜っと生きてるわけです。ぼやっと。20の方たちからしてみれば「だから20になれないんだよ!」とお叱りを受けそうですが、80は80なりに80の幸せがあるわけです。その幸せを追い求めるのか、20に這い上がりたいのか、少なくともこの2つを選択するとき年収福利厚生仕事内容など分かりやす指標が職探しにはあります

もちろん、今まで20所属する努力を重ねてきた人(もしくは、努力の結果20に所属した人)からすれば、たか新卒就職で逆転できるなんてあり得ないのでしょう。実際、大逆転は奇跡です。しかし、人生は長いです。改善を続ければ、80で甘んじない人生も送れるはずです。おおよそ20年間生きてきて、自分長所短所は必ずあります。そして、これからの長い時間改善することができます。私の悪い癖は、バズらないみんなが分かりきってることを長文で書くことでしょう。伸ばしていく、または、改善すべきところを見つけるためには、振り返る機会が必要です。就活が、一つのいいきっかであることは間違いないと感じています

就活をしていますリクナビマイナビも後追いのキャリタスもあさがくもクソです。新卒就活文化は死んでくれと思います。ただ、これが無かったときボリューム層ど真ん中の私は、今の段階で人生仕事について考えてないように思えます。未経験のクソガキに給料を払ってくれる企業さんありがとう内定をください。

最後に、長文を短文で表す努力をさせて頂きます増田でダラダラ長文打つの時間無駄で最高。

ありがとうございました。

2018-01-29

就活ときにへんなとこだなーって思った会社

私大トップレベル工学修士就活をした。リーマン直前くらいの比較的売り手市場な頃の話。

周りの流れにのって自分関東大手電気メーカ系を中心に就活してた。ソニーとかキャノンとか。

でそんな中で、あーなんかこの会社へんだなーっていうところがいくつかあったのを覚えてるので書いておく。

明らかなクソ対応というわけではなくちょっとした違和感程度で、純朴な学生では見逃しがちな観点について書く。

就活生のへんだなーくらいなので中傷しているつもりはないけど、削除してほしかったら削除するから気になったらトラバしてください。

(1)やたら美男美女過ぎる

女性ユーザ意識たかわいいデザインミラーレス一眼先駆者みたいな光学に強いメーカーイメージもよかったし、実際、商品は魅力的だと思うので受けてみた。

説明会だとか、若手社員交流会みたいのがあったのだけど、そこに出てくる担当人事、話をする若手社員がやたら美男美女過ぎてビビった。

ハツラツとしててとても感じのよい人たちでとても魅力的だった。他の会社と比べて明らかに異質だった。まぁそういう人をピックアップして連れてきてるのかなーとは思ったけど、だとしたらすなわち外面を取り繕う体質なのかも、とか思った。

そうでないとしたら顔採用バイアスがかなり強いかかなと思った。面接してるからにはどこでも多少のバイアスはあると思うけど、相場から大きく外れてると感じた。そういえば、面接まえに書いたESぽいものに、かなり抽象的なテーマ論述させる欄があって、そのへんで中身の基準をボカして顔で採るのかなとか。

深読みしなければイメージは悪くないというかむしろ良かったし、キレイな子がいるとテンション上がる方だから俺はどうでもいいけど、ちゃんと中身をみてほしい人は合わないかもなとか思った。


(2)美女研究室を回ってくる

別の会社こちらは関東ではない大手半導体メーカーくらいにとどめとく。研究室を超美人女性人事が訪ねて回って是非受けにこいと誘う。東大ではないうちのレベルではこんな会社他にはなかった。そんなんしていいんだっけ。こっちは男ばっかの工学研究室なんだぞ、刺激つよすぎだろ。じゃっかん露出もあったような気がする。

噂では、空気きれいな地方企業から地元美人女性一般職で積極採用して、それと結婚させて地元人材を定着させるという作戦だとか。合理的なだと思う反面、うがった見方をすると、そうでもしないと人が集まらないし定着もしないということなのかな、とか思った。あそこ行ってれば俺程度でも美人妻と結婚できたかもと思うとちょっとうらやましい。


(3)準備不足・説明がヘタだし適当

別の国内大手電機メーカー。いまは粉飾決算みたいので大変なとこね。ジョブマッチ形式のため、説明会等でよくよく話をきいて希望を出さなくてはいけないところ。いっかい説明会にいったのだけど、マッチング候補が代わる代わる自分のところの説明をするんだけど、まじで説明ヘタだしやる気ない覇気もない。代わる代わるのたびにPCをつなぎ替えるし、画面でないでない。無駄時間長すぎ。事前に接続チェックしてないというのが舐めてるし、資料なんて事前に集約して1台のPCスムーズにやれよ。

説明会の場で握手されて内々定みたいになってる人とかもいた。本部の人事通さないでそんなことしていいの?各担当がどこまで話していいかとかのラインも中で周知されてなかったんだろうなと推測した。自分はその説明会以来、その会社製品は買ってない。イメージ悪化してしまった。

ジョブマッチからなかったらぐぐってくれ。

2017-10-04

10年前、自分を信じられなかったツケを払っている

あの頃、4年後に控えた就職活動で失敗することが怖くて仕方なかった。

大学生就職率は90%まで落ち込んでいて、これからもっと下がると言われていた時代だ。

1割の人間が路頭に迷う、そう聞かされてその1割は自分だと確信していた。

幼稚園の頃からクラスで浮いていた自分は、自分こそが社会に出られない人間なのだと思い込んだまま10年以上も生きてきた。

そして就職市場リクルート達によって壊されていく中で、吹き荒れる「コミュニケーション能力」という曖昧フレーズに怯えて生きていた。

高校に通っている間、ずっと毎日不安で、どうせ自分大学まではなんとか誤魔化せてもそこから先で人生が終わるのだと信じ切っていた。

根本的に人として間違っている自分が頑張っても無駄だという言い訳の元、勉強もロクにせず毎日ネット見てオナニーして寝て過ごした。

学校には一応通っていたが、通っている理由勉強のためではなくて、レールから外れるよりもレールの中にいた方が楽な気がしたからだ。

レールの端っこでギリギリ吹き飛ばされない程度の所にしがみついたまま高校卒業し、当然のように浪人した。

浪人したあとも、どうせ大学に行ってもその後の就職活動で失敗するんだからと諦めきったまま、ロクに勉強もしなかった。

そうして滑り止めの三流私大に入った。

入試問題があまりにも簡単すぎて驚いた事を覚えている。

同時に、それより少しだけ偏差値の高い学校試験が全く解けないということに対して、如何にここ数年分の勉強けが全く身が入っていなかったのかを理解した。

自分への失望はいよいよ高まり、その状態フラフラ大学に通い、就活シーズンを迎えた。

迎える2年ほど前から自分はいよいよおかしくなっていた。

大学勉強簡単なはずなのに全く頭に入らなかった。

実験レポートを書こうとすると、内容が1回生の初めに習った事しか書けなくなっていた。

その段階の学習要求される内容は、授業が全く頭に入ってないか説明されても理解できなかった。

自分は、勉強の仕方を忘れたまま大学に入ってしまったのだとようやく気づいた頃には全てが手遅れだった。

勉強いちばん大切なのは、それで自分がどうなりたいかイメージすることだ。

自分はそれを失っていた。

勉強をしても、無駄だというリクルート教団の洗脳に浸った脳は全ての学習を後ろ向きに否定した。

頑張って勉強をして、頑張るほどにもっと頑張ることを要求されるのだから、手を抜いて手を抜いてどんどん手を抜くべきだとすら思い込んでいた。

どうせ就活は上手くいかない。

何をやっても評価されない。

なんとか会社に入ってもどうせブラック企業だ。

から何をやっても無駄だ。

そんな考えで生きてるやつはもう社会はいらない。

から死ぬべきだ。

そんな気持ちのまま4年生になり、ふと何もかもが嫌になり、就活を3社ほどで切り上げて、内々定のまま退学した。

そのまま何年も引きこもって、社会に出てからふと気づいた事は、やっぱりさっさと死ぬべきだったのだなということだ。

終わり。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん