「レスポンス」を含む日記 RSS

はてなキーワード: レスポンスとは

2022-05-26

まいにち朝の五時に増田

こんな時間しか書かないわけだけど、人いない時間帯にてなんでなんだろな。

それはともかくとして、凄いどうでも良い内容の増田書いたときにそれに対してついたレスポンスで、それっぽい嘘書いちゃう人ってどういうのなのかな。

たとえばツバメの巣が出来て糞が邪魔なんだけど、巣を破壊するのも気が引ける・・・みたいなのを書いたときに、「軒下にライムを吊すとツバメが寄りつかなくなるよ!」みたいなのを書く人。

これ自体は今思いついて書いただけなのでどうなのか知らないけど、まあ嘘だと思って読んで欲しいのだけれどこういう信じたとしても騙したヤツにはほぼ伝わらないだろうという上に、それで害があるかというとたぶん無いだろうというネタ

たぶん書いてる人は特に意味も無く反射で書いてるんだろうけど、そういうのを反射で書いちゃうような人ってどういう人なんだろ。

本人は増田リアルとは違うと思ってるだろうけど、たぶんリアルでも同様の発言してて周囲の人に疑問に思われてるだろうにな。

2022-05-17

anond:20220517151826

批判簡単レスポンスが貰えるから

今だとシン・ウルトラマンとかちょっと前だとウクライナ

盛り上がってるとこに水を差すと面白いように反応がある

そういうやり方が正しいって勘違いしちゃってるんだよな

2022-05-16

仕事したくない

うつ治療中で便宜ははかってもらっているんだが、なんかもう全然はじめられない。

抗不安薬も追加投入したが、効いている感じがしない。

作業はむしろ積極的にやりたい。そのためのコミュニケーション心理負荷高い。

人なんていないかのように機械的レスポンスするか…ずっとそれだと困ってしまうが、いったん寛解するまでだけ。

いい人たちなんだよ…でももう円滑なコミュニケーションのために感嘆符とか長音記号とか絵文字とか選び疲れた。それだけで日の MP を消費する。それこそ機械的にこういうときはこれと決められるか。

何が苦しいのか少し見えてきた。まだ無理そうなのでまた愚痴りにくるかも。

2022-05-08

anond:20220504211823

個人開発のすげえ小さいサイトレンタルサーバで十分というのはまさしくその通りだが

この人の運営するエロサイトはたぶん規模的にクラウドにしたほうがコスパあんま変わらず保守性もサイトレスポンスも上がると思う

2022-05-05

anond:20220505150355

興味がないか児ポの実情は知らないがAWSエロサイトOKだし

実際に運用するとわかるがレスポンスVPSとは全く違う

anond:20220504211823

エロサイトレスポンス悪いところが多い

VPSでいいよね」ってのは制作者側の気持ちで実際にはユーザーイライラしてることが多いのよ

政治ウォッチ楽しいけど

日本はあまり面白くない

やっぱバトルはアメリカいちばんおもろい

日本保守系YouTuber多いけどリベラルで若くて面白いやつがいいからバトルがTwitterばっかりでおもんない

保守系も顔出ししてないやつ多いし

もっと顔出しで動画レスポンスしあってファイトしてもらわないと面白ナイン

2022-05-02

anond:20220501015737

自分増田だと同じような感じだけど、そういえばジェンダー論は好きだな、って思った。

男女全体を巻き込むから盛り上がるし、

ある程度定型化されてるから増田とかtwitterとかでのレスポンスも早い。

自分増田と同じでこれと言って好きなコンテンツがないから、規制かに怯えることな安心して活動できる。

新しい何かを探すんじゃなくて、

「そういえば自分にはこれがあったんだ」

ってことに気づくのも大切かも。

2022-04-24

GA4未対応問題AMP擁護しようがなくなった件

AMPやめました」という記事ちょっと前まで流行っていたが、CWVの改善に専念できる広告ビジネスAMPの多様な広告SDKを組み込めない点は致命的欠点となる)のサービスでの話ばかりだった。

逆に言うと、広告ビジネスではなく、CWV改善専任スタッフを充てられないような会社にとっては依然AMP有用で、実装的にもNextJSのAMPモードのような汎用性のある実効的な手段が枯れてきたこともあって、「今だからこそAMP」という部分もあるように思い、そのうち擁護の一つも書いておこうかと思っていた。

ところがだ、GA4移行の実質的デッドラインである7月 https://fujii-yuji.net/2022/04/18/153533 まで3ヶ月を切ったにも関わらず、未だにAMPはGA4に対応していない。

https://www.suzukikenichi.com/blog/google-analytics-4-doesnt-support-amp-yet/

https://github.com/ahmedkaludi/accelerated-mobile-pages/issues/4793

2020年10月にはfeature requestが出されているにも関わらず、一向にまともなレスポンスが出てこない。

もうこれは本当にダメなんだろうなと思うしかないのか。

2022-04-20

あ、あかん……また年ばっか食って出世してないブクマカ達がテレワーク縮小する経営者想像だけでこき下ろしてる

ホンダテレワーク撤廃連休明けから強制出社”へ[新聞ウォッチ](レスポンス) - Yahoo!ニュース

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/news.yahoo.co.jp/articles/9c94bee4d74ee926561ac3a2ace7d2012e24eb34

見てられないなほんと

「僕はテレワークがいいよ~」なら気持ちはよくわかるけど

遅れてるだとか老害だとか

部下の一人でもできてから言えや

子供の見れる場所に置いていいけど広告ダメ」女オタと男オタの立場の違い

(※筆者はどちらかというと自主規制が今よりキツくなることを消極的ではあるが支持している派。これはこの記事の本筋とは少しズレるのだが、一応書いておく)

話題のたわわ論争で語られる論点は多岐に渡っていて、包括的に語るのは難しいのだが

今回その中で1個ピックアップして、面白いと思ったのだが自分の中で上手く理解できていない立場対立点について書いてみる。

当てはまる人や解説できる人がはてなにいたら是非レスポンスして欲しい。

オタク側の一部から出た

「たわわと同程度"問題"のある描写や内容、未成年キャラを使ったソフトコア的な性表現は、女性向け作品(特に例に挙げられやすいのはBL)でも世の中に溢れておりそれらは容認されている。よってこのような広告自主規制しなくてよい」

というような意見に対し

女性オタク側の一部が

「それらは新聞広告になっていない。新聞広告になっていることが論点として重要

と返しているケースが多く見られる。これが個人的には凄く面白い

なぜかというと、上で挙げた

「たわわと同程度"問題"のある描写や内容、未成年キャラを使ったソフトコア的な性表現のある女性向け作品

は、新聞広告にはなっていなくとも(そもそもここの真偽の問題はあるが一旦置いておく)18歳以下でも入れる書店普通に平積みされ販売されているからだ。

これは

子供(18歳以下)でも見れる場所に置いていいが、新聞広告にするのはダメ

という基準を持った立場存在するらしいということを意味する。

この立場自分的にはなかなか理解できていない。かなり特殊なことを言っているように見えて面白いが、やはり理解はできない。

そもそも子供が見れる場所」なるもの重要視するのが間違いで(とはいえこのワードはずっとゾーニング議論で長年出てきてはいたが)新聞広告に「子供が見れる場所」云々とはまた違う特殊公共性があるのか?

それとも、書店というものにある種の特権性があり自主規制ラインが変わってくるのか?その場合いわゆるヘイト本などの問題はどう処理されるのか?

あるいは、同程度の性表現未成年キャラクターの性的消費が行われていたとしても、キャラクターが男か女か、見る人が(たとえ18歳未満の子供だとしても)男か女かにより変わるのか?消費することそのもの問題はどうなるのか?

様々な疑問が湧いてくるので、この立場に当てはまる方がいたら是非説明して頂きたい。

その上で、今現在自分感想を正直に言えば、この立場論理的に整理するのはかなり難しく

もし、たわわの新聞広告自主規制されるのなら、上で挙げた「たわわと同程度"問題"のある描写や内容、未成年キャラを使ったソフトコア的な性表現のある女性向け作品」も一緒に今よりキツくゾーニングされるのは避けられないと思っている。

上記のような作品

新聞広告にするのはダメだし、子供(18歳以下)でも見れる書店に置くのもダメ

とするか

新聞広告にしていいし、子供(18歳以下)でも見れる書店に置くのもいい」

とするか

このどちらかのみがどう考えても論理的には正しく

おそらくどちらかがセーフでどちらかがアウトというのは成り立たないのではないか

最後

この議論自体がwhatboutism的に捉えられそうなので一応書いておくが、これは当て擦りのような事がしたい訳ではない。

筆者個人の考えとしては、1番最初の※で「仕方ない」と表現しているように、消極的ではあるが上記のような形で自主規制が進むのを支持している(なぜそうなったかはあまりにも長くなるので省くが)

「やるとしたらこういうラインになる」という話をしたのみだし、実際にそうなってよい。ここは男性オタクから批判されてしまうところだと思うが。まあ最初に書いたようにここは話の本筋ではないのでスルーして欲しい。

2022-04-19

anond:20220419012751

勘違いしてるみたいだけど、俺は元増田関係ないぞ。

普通品性で言ったら

「元上司発言を諌められなかったことを反省する」に対して

『こいつ注目させるためにやったんだ!だから叩こう!』

ってレスポンスにはならんだろ。

一定数「叩きたいから無茶な理由をつけて叩く」ようなキチガイがいるのは分かるが、普通の頭ならキチガイ側がおかしいって分かるから(笑)

そもそも人の意図なんて推し量りようがないものに対して『こいつはこういう意図で言ったに違いない』っていうのは、『自分なら炎上にかこつけて売名行為するのに!』っていう自己紹介からな。

2022-04-15

anond:20220415172515

しょぼい武勇伝にこれだけレスポンスがある時点で元増田の勝ちだぞ

本当にしょうもないと思うならレスポンスせずに放っとけばいいだけ

しょうもないしょうもない言いながらブクマカちゃうあたりコイツらの何かしらに刺さるものがあるんだろう

クソ現場あるある

・アホがVPNの同時接続数絞って嫌がらせしてる

・アホがNginxいじってCMSレスポンスに1秒待たせる設定で嫌がらせしてる

2022-04-10

anond:20220409235248

拝見した限りでは、医師見立ての方が精度が高いように思われます最初の処方にSSRIが含まれていたものと思われますが、その副作用典型的な不眠・悪夢タイプに見られます

また、エピソード的にはうつをまず考えて不思議ではないし、解離性とはあわないように思えます感情が思い出せないという感じはこれもまたSSRI効果が出てる場合に見られるので。

今まで理解できなかったレポートがすっきり理解できるようになるのも、抑うつ状態改善した事による理解力の回復による典型例に見受けられます

基本的には断薬漢方ではなく、処方による副作用医師に伝えて処方の見直しをお願いするか、その意向にまったく応えてくれないのならば別の医者に掛かるほうがよいかと思います

疑心暗鬼になりやすものですが、いずれにしろ精神症状はインターネット検索の内容をもとに自分自身判断することは不可能だとお考えください。

精神症状において、「自分の体は自分がわかっている」ことはまずありません。このレスも含めてこういったインターネット上のエピソードレスポンスが的確なこともまずありません。それらに比べれば精神科医の先生見立てのほうがずっと的確なのです。

残念ながらいまの先生に信頼が置けなくなってしまったのなら、別の医師にかかるのがよろしいかと思いますが、その場合、まえは信頼が置けなくなったことと、どう信頼が置けなくなったのか、処方がどのように副作用を持っていたのかをまず伝えるようになさると良いでしょう。

2022-04-06

anond:20220406165801

なんだ店長本人か?

時系列全部話さんとアカンのか?

当初はそこそこ仲良くやってたけど、何が気に障ったのか次第に自分のこと嫌い始めたんだよ

種無し云々の話はまだまともにコミュニケーションとれてた時代に聞いた

自分のこと嫌い始めてからは一切レスポンスくれなくなって、それでも仕事にならんから自分からしかけてたよ。全部無視されてたけど、第三者がいるときに「ちゃんと私は報告連絡相談した」っていう体で

そりゃ私の仕事ぶりとか態度とかで思うところがあったから嫌い始めたのかもしれんが、立場上司になる人間無視してたら下っ端自分は何ができるねんって話やがな

せめて私の悪い部分を直接言えや、言わんと改善もクソもないやろ

ちなみに他の人たちに吹き込んでた悪口はほぼ根も葉もないことだったけど、直接言われたわけではないから弁解のタイミングがなかった

2022-03-30

anond:20220330185726

このmethod_a,method_bはコントローラーの中で使われてるメソッドで、この中で

入力データ検証DBへのCRUD操作レスポンスデータ作成(これがvalの中に入ってる)とあらゆる処理をやってるので

まずは関係ないものを一つのメソッドでやるな、殺すぞ


次に引数破壊的に変更するメソッド基本的に作るな、殺すぞ


そして、そもそもこの変更しても仕様にあってない、殺すぞ


最後に、4月応用情報落としたら殺すぞ



レビューした

2022-03-27

anond:20220327181216

はなれていくホロライブ

リスナーから離れていくVtuber

しかし、そんなVtuber達とリスナーとの近さが次第とVtuberにとっては、

逆に大きなストレスともなり、多くの問題を生じさせていくことになっている例が見えてきた。

 

Vtuberの行動とリスナー意見が反発して、互いが敵対していく

即時レスポンスがあるという関係上、発言距離感も近く、

リスナーからVtuberに対しての苦言や強めのアドバイスなども直で伝わってしまうことになっている。

また距離感の近さに甘えた、馴れ馴れしく無礼発言も多く見られる。

 

それは批判のような分かりやすコメントだけではなく、

一例ではあるが以下のようなコメント配信邪魔する行為として指摘されている。

 1.ネタばれコメント配信しているRPGの先の展開をコメントする。例:「この先感動ポイント」など)
 2.プレイ指示コメントプレイ方法や育成方法について自分のやり方を押し付ける。例:「魔法ビルド以外ありえない」「左見て!」など)
 3.鳩行為(別の配信で起こったことを逐次連絡する。例:「○○さんが話題にしてたよ」「○○さんはもうクリアしたよ」など)

それだけでなく当然として誹謗中傷セクハラまがいのコメントをするリスナー散見する。

 

こういったコメントVtuber側も反発してしまい、

配信中にリスナーへと文句を言ってしまうということが頻繁にみられるようになってきた。

 

Vtuberに関するまとめサイトなどでは、

リスナー等に対する、

▶「お気持ち(傷ついた等の感情配信ツイートに乗せる)」

▶「張り手リスナーなどの発言や行動を注意する)」

というのが一つの主要なキーワードになっている始末だ。

 例1:リスナーに苦言を呈されて文句を言うホロライブの常闇トワ ttps://www.youtube.com/watch?v=VxyDe5jTPkQ
 例2:ファンに「見なくていいか邪魔はしないで」と苦言を呈するホロライブの湊あくあ ttps://vtuber-matomeblog.com/2022/03/32630/
 例3:自分に対して性的コメントをするなと苦言を呈するにじさんじ西園チグサ ttps://www.youtube.com/watch?v=Y3ulTSFTpo0

 

もちろんリスナー感謝する場面も、「お気持ち」することよりも当然多く存在している。

しか動画投稿時代と比べて、意見を表明することでリスナー牽制することが多くなり、

Vtuberの「やりたい配信」と、リスナーの「見たい配信」の意見のぶつかり合いが激しくなっている。

 

このような発言をすることによって

「弱さを抱える等身大の一個人」としてより親身に応援する人(ガチ恋など)が現れる一方で、

Vtuberリスナーの「心理的距離が離れていく」要因ともなっている。

 

ある種、Vtuberリスナー敵対する関係に陥った時代ともいえるかもしれない。

 

Vtuber同士で内に籠っていく

Vtuberにとってやりたい配信否定してきたり、

強い批判をしてきたりするリスナー対立していく反面として、

Vtuber自分と同じように悩みを抱えているVtuber同士や配信者でより親密になっていく傾向がある。

 

Vtuber同士の仲の良さは自体は良いことだが、それが過剰となり、仲間内で閉じこもってしまい、

本来向き合うべきリスナーのことを気にかけなくなったり、より一層の反発をしていったりといった事態に陥ることも多い。

 

Vtuber同士で馴れあいリスナーを軽視したことで起きた問題で、

有名なのはにじさんじで起きた「ドッジボール事件」だろう。

 

事の発端は、にじさんじのライバー30人ほどが、仕事外のレクリエーションとして体育館を借り切って遊んだことだ。

それだけならば、ただVtuber同士の仲が良いというだけの話で終わったはずだった。

 

ただ、それをVtuber達が暴露して自慢したことから

リスナーからリスクヘッジ問題配信がなかったことへの不満などで苦言を呈される事になってしまう、

 

更にその苦言に対して、にじさんじのライバー達が反発してしまい、

 >「だってお前らに関係ないじゃんって感じ」

 >「ただしリスナー、お前達は勘違いするな」

といった、リスナー馬鹿にするような発言をすることで、余計にリスナー達に反発されることになった。

 概要: ttps://wikiwiki.jp/nizisanzi5ch/%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B8%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB

 ライバー発言: ttps://vtuber-matome.com/vtuber-12197-95359.html

 

 

ここまで重大な事件は余りないが、

それでもVtuber同士と仲良くすることでリスナーとの距離が離れた件は時折見られ、

にじさんじ以外でも、他のVtuberとの交流が多い常闇トワなどは、

お気持ち」が多いVtuberとして知られている。

 (交流例
  Vtuber最協戦: ttps://www.famitsu.com/news/202203/18255280.html
  オールスター運動会: ttps://note.com/cmzgg/n/nc8ad53aef205 )
 (お気持ちに対するリスナーの反応
  「トワってFpsお気持ちさえなければ凄く魅力的な女の子なのにな」 ttps://www.mangasokuhou.com/?p=114748
  「Vtuber 【常闇トワ】声微妙性格悪、お気持ち表明、コーン配慮してない」 ttps://vtuber-matome.com/vtuber-7747-49769.html

 

またVtuberを集めてゲーム大会主催するネオポルテ渋谷ハルなども、「お気持ち」が取りざたされることが多い。

 (「【渋谷ハル】サブ垢でのお気持ちがヤバすぎる件」 ttps://vtuber-matome.com/vtuber-23222-190330.html

 

リスナーから批判が多いためにVtuber同士が結束していくのか、

それともVtuber同士で内にこもっていくうち、リスナーと反発しだすのか、因果関係は定かではない。

 

しかVtuberの全体として、

Vtuber同士で特別関係を築いていく一方、リスナーからは離れていくといった、

Vtuberリスナーは地続きではない隔絶された世界だ」と拒絶するような対応が増えて来ている。

 

運営スタッフとも敵対していく

しかも、このような心理的な隔絶態はリスナーだけではなく、Vtuber運営会社でも起きている。

 

一番有名な事例で言えば、輝夜月と事務所とのいざこざだろう。

 1.輝夜月の演者であったP丸様。の事務所とのいざこざの暴露 ttps://twitter.com/p_ma_ru/status/1443557297909682182
 2.輝夜月の休止から1年以上たってのファンクラブ停止 ttps://kai-you.net/article/81599

 

このような独立契約解除に至るような重大な事例以外でも、

Vtuber運営会社への「お気持ち」を表明することは頻繁に起きている。

 1.にじさんじ勇気ちひろが、えにからから妹を配信に出すなと言われた件

  ttp://virtualyoutuber-matome.blog.jp/archives/12656947.html

  >「妹のアカウントへのフォローやリプ全部消せってえにからに言われた…」

  >「都合の良い所だけ個人事業主だからって言われるのしんどい…」

  >「今までいっぱい我慢してきたけど…」

  

 2.ホロライブの兎田ぺこらが、収益運営に何に使われているかからないと暴露した件

  ttp://jin115.com/archives/52310945.html

  >ぺこらが運営提案した企画ボツにされた。それが諦めきれなかった。

  >しかし、その後、他の人が同じような内容の企画をしているのを見た。

  >スパチャはぺこらの給料にもなってるけど、運営に行った分が何に使われているかからない。

  

 3.にじさんじのグウェル・オス・ガールが、許可の出ていた配信企画配信後に削除を言い渡されて反発した件

  ttps://myjitsu.jp/enta/archives/98195

  ttp://yaraon-blog.com/archives/209543

  >グウェルと文野環による配信アーカイブが、運営の指示によって削除されたこから始まった。

  >運営問題視したのは、2人がオンラインゲーム3D人狼殺』にて一般リスナーボイスチャットしたことだ。

  >(しかし)同じ「にじさんじ所属ライバーの葛葉が、チャンネル登録者数十人(当時)の無名VTuberと絡んでいたことにも言及

  >このことから相手VTuberであれば“コラボ”という扱いになり、運営からOKが出るはずだという発想にいたる。

  

 4.マネージャーからの連絡をすべて無視していたホロライブの潤羽るしあ

  ttps://youtu.be/zZAM0UZ6cIg?t=103

  >「全部無視してんの。あの。マネージャーさんからDMの部屋。」

 

上記のような外部に騒がれるような事態以外でも、

「初期から運営方針が変わって困惑している」「マネージャーが使えなくて怒鳴った」「運営スタッフミスにキレた」

といった、事務所運営方針に対しての不満を述べることは良く見られる光景であり、

Vtuberは長く配信していくうちに所属事務所との確執軋轢も生じてくるようになる。

 

そう言った溝が広がりすぎた結果として所属していた事務所を辞めて、

個人として独立したり、別の事務所へと移籍することも、Vtuberではよく見かける光景になっている。

ただ、それはゴシップすぎるため、ここでは割愛しておく。

(「キズナアイ 輝夜月 ななもり」「ゲーム部 解散」「夜桜たま 運営」等で調べるとゴシップが大量に出てくるだろう。)

 

 

孤立していくVtuber精神障害

そうやってリスナー事務所などとの関係が悪くなっていくことで、

心理的孤立し、ストレスから生じる病気にみまわれるVtuberも出てくるようになった。

 

ストレスで気を病んだ例を、

ぱっと検索して出てきた物を挙げてみる。

 ▶ホロライブ

  アキ・ローゼンタールうつ病

  夏色まつり(睡眠障害

  百鬼あやめうつ病で度々長期休養)

  紫咲シオン(不眠・精神ストレスで度々長期休養)

  戌神ころね(ストレス自律神経失調症になり一時活動休止

  潤羽るしあ(うつ病 ※契約違反契約解除)

  宝鐘マリンうつ病で一時活動休止

  桃鈴ねね(不眠・難聴うつ病で一時活動休止

 ▶にじさんじ

  ラトナ・プティ不安症で一時活動休止

  伏見ガク(うつ病で一時活動休止

  黛灰(うつ病で一時活動休止

  

多くのリスナーに見られ、更には直にコメントをぶつけられる有名Vtuberは、

精神的な重圧も強く、ストレス配信が出来ない等という事態に陥ることも起きてきている。

これは次項に詳しく述べる。

anond:20220327181133

はなれていくホロライブ

Vtuberの人気とリスナーの近さ

前項ではVtuber歴史から分析を行ったが、Vtuberの今後を書くために、彼らが持つ特性と売れた理由分析しておきたい。

なぜならば、これこそが「ホロライブリスナーから離れていく」理由につながっていくからだ。

 

Vtuberが現状に見られるほどにリスナーに受け入れられてきたのには、

以下のようないくつかの理由があると考えられる。

1.3Dイラストを元としたビジュアルイメージおよび設定

  まず現実アイドルタレントまた生主とは違い、理想化されたイラストなどのビジュアルを持っていたことが大きい。

  これはアニメ漫画を好んできたオタクに訴求され、生主Youtuberとは違うリスナー層を獲得することになる。

  ゆっくり実況を聴いてきたニコニコリスナー声優ラジオ視聴者層Vtuberリスナー拡大の一員となっているだろう・

  

2.配信頻度の多さ

  前項からの繰り返しの解説になるが、Vtuber配信頻度の高さ、供給の多さはリスナーの獲得に大きな影響を与えている。

  ソシャゲは早くて1週間で1イベントテレビ番組番組では1週間で30分、漫画でも早くて1週間更新という中で、

  専業Vtuberでは1日更新で数時間兼業Vtuberでも週に2,3回の更新といったサイクルの早さが大きなアドバンテージとなっている。

  

  更には上位層では1週間に30時間超という膨大なコンテンツ量が、

  より多くの供給を求めていたオタク層に訴求できていた可能性がある。

  事実として同じ事務所内で見た時に、配信時間が長いほど視聴者数が多い傾向がある。

   例:ホロライブ2022年1,2月配信時間視聴時間ランキングhttps://twitter.com/Holo_Data/status/1498471655248523266

  

3.Vtuberの多さ

  Vtuber容姿関係なく活動できることから

  当時の生主配信者にあこがれながら見た目で辛いを思いをしてきた人々の多くがVtuberに流れた側面もある。

  

  特にのじゃロリおじさんや兎鞠まりのような「バ美肉おじさん」が生まれたことによって、

  男性だろうとアイドルのように受け入れられると言った実績が作られて、

  それが配信者たちの参加の敷居が低くしたのも大きいだろう。

  その結果として、Vtuber全体の参加が多くなり、より多様なリスナー引き付けて、視聴者層を増やしていくことに繋がった。

  

4.リスナーとの近さ

  ただ多くの売れた理由の中でもVtuberが人気になった要因として大きな影響があり、

  さらに今現在問題とも直接かかわってもいると自分が考えいている要因が、

  「Vtuberリスナーの近さ」である

  

  既存TVアニメゲームなどと違い、

  Youtuber生主、そしてVtuberコメント欄チャット欄でユーザーと即座に直で反応を返せる。

  即時のレスポンス性の高さが。他と比べて大きな利点となっている。

  また送られたマシュマロスーパーチャットに対しての「お返事配信」などを行い、

  1対1の対話を疑似的に楽しめるといった、気軽で距離の近い視聴の仕方が出来ることも大きい。

  

  テレビ俳優や、雑誌に出るグラドルでは、気軽にできないようなファンとの距離感の近さが、

  リスナーとの心理的距離感を縮め、「応援したくなる感情」を作り出していると言える。

  

  この点に関して、過去現実世界で売れたアイドルタレント演出比較をしてみよう。

   ・視聴者の購買数を引退と結び付けた「ポケットビスケッツ」や「電波少年からつながる売り出し方

   ・視聴者投票アイドルオーディションとを絡ませて応援する気持ちを煽った「モーニング娘。

   ・ドンキ劇場で会える身近さや、握手会といったファンとの距離感を近づけて売れていった「AKB48

  日本だけの特性なのかもしれないが、

  アイドルには「身近さ」や「自分応援しなくては」という感情を呼び起こすことが強い売りとなることが多い。

  

  これらと類するようなVtuberリスナーとの近さが、

  より親身な応援や、より切迫感をファンに感じさせ、支援活動を強くすることになっていったのではないか

  単純なテレビタレントよりも、グッズの購入を導き、動画再生をしようとしたり、

  スーパーチャット(生配信中の金銭授与、投げ銭とも)を投げようと言った欲求につながっていると私は考えている。

 

一方でVtuberは現世と隔絶した存在としてイラストや設定持っており、

例えばファンタジー世界の住人であったり、例えば架空の学園の生徒であったりと、

夢の世界存在、またアニメの中の存在といった建前を持たせている。

(例:キズナアイは「電脳世界AI」という設定を持つ。
   他にもホロライブ猫又おかゆは「おにぎり屋さんで働く猫」、にじさんじの剣持刀也や「剣道部高校生」という設定がある。)

 

しかし、現在Vtuber達は生配信において、

しろ逆に中にいる配信者本人の私生活趣味嗜好をそのまま語っている。

 例1:収録でも帽子を外せない話をするホロライブの湊あくあ(設定メイド) https://www.youtube.com/watch?v=tbK5nP_biXI
 例2:飲み過ぎて改札で吐瀉した話をするホロライブのアキ・ローゼンタール(設定女子高生) https://www.youtube.com/watch?v=QGspko3seVM
 例3:配信中に実の妹を登場させるにじさんじの文野環 https://www.youtube.com/watch?v=hzuaqG4uVOg

このように、Vtuber虚構だけの世界ではなく現実世界と地続きであることをアピールして、

リスナー達に身近な存在であると、親近感を持たせることに成功しているのではないか

 

完全に作られたアニメのような理想的な存在とは違い、

現実芸能人アイドルに感じるような完全な現実とは違い、

理想と身近さの良い所どり・合いの子のような存在とも言えるかもしれない。

 

※ただし、Vtuberの喋っている私生活現実に本当のことかは不明で、言ってることが嘘だとバレたことも多い。

 Vtuberの設定とは別に、「中の人の設定」を喋っているだけの可能性は十分にある。

 例1:イタリア旅行中と宣言しながら日本廃品回収の音が配信に乗ってしまったにじさんじの郡道美玲 https://www.youtube.com/watch?v=JnOjyZjGQXU
 例2:有名アニメのことを知らないと言っていたが元声優であったと噂されているホロライブの大空スバル https://www.youtube.com/watch?v=Mry71kaDmFc

 それでも嘘をついてでも私生活一種の売り物としているのは多くのVtuberで(生配信者でも同様に)見られる行為だ。

 

また、リスナーとの近さという点では、

上記のような私生活の切り売りによって親近感を呼ぶのとは別に

Vtuberはその参入のしやすからリスナーと近い存在としてみなされてきた。

 

それは例えば、Vtuber黎明期の頃に個人勢であり、自作3Dモデルを使った

バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん」が人気を博したことが大きいのではないか

その目に見えた参入障壁の低さから

リスナーには「自分達でも配信者側・Vtuberとして参加することが出来る」と感じられた人が多く見られたように思う。

 

加えてVtuber黎明期Vtuber同士の仲の良さも身近さを感じさせるのに大きな影響があった。

Vtuber同士で集まってゲームをしたりオタク談義をする配信には、

げんしけん」や「銀の匙」のような同好の士が集まったサークル的な楽しさがあった。

ある種、Vtuber達のコラボ配信ネット著名人たちの「サロン」のようにも見えたのかもしれない。

 

自分も楽しそうなVtuber達の輪の中に入れる入れるのではないか

「むしろ自分達も輪に入りたい」

そう言った期待もまたVtuberたちを親身に応援させ、親近感を憶えさせ、

やがて地元高校甲子園に出るなどというような、

自分達と地続きの伝説として、より応援熱狂さを増していた点があったのではないか

 

そう言った点を分析するに至って、

私はVtuberにとって「リスナーとの近さ」は大きな要因だったように考えている。

2022-03-16

医師質問出来るサイト

Twitter検索エンジンデマが多いので今月から使っているのだが結構レスポンスはやくて便利だ

些細な疑問があって質問した件に半日で7人の医者から返事が届いた

薬を飲んでいいかどうかの質問に3人が賛成、4人が反対していた

質問できる数に限りがあるので全員一致の質問だと普通に調べればよかったとなるが

賛否両論だと解決はしないけど「いい質問ですねぇ」って褒められた気分になる

結局その薬は飲まないと思う 賛成派はレス早かったけど根拠が乏しい

逆に反対派は結構根拠を書いてくれたり実名でどこ病院勤務とか書いてる医者だったりするから信頼性結構高い

医者同士で返信しあえる機能とかあったらレスバになってそうだったな

寝不足増田にはサヨナラな良さは煮出す間の句疎部ね(回文

おはようございます

よくさ、

睡眠不足が及ぼす経済損失的な話しあるじゃない、

あれってあながちあるようなないような気がするのよね。

なんか隣の会社部署の人とかなんだか朝からなのにボーッと呼びかけてもレスポンス遅い人が居てなんか本当にボーッとしているのよね。

大丈夫?って本当にそう思うなんか酩酊状態というか、

そりゃーそんな中ではパフォーマンス発揮しまくりまくりまくりすてぃーよね。

以前も私も辛い寝不足不足で眠たいったらありゃりんこだったんだけど

先月ぐらいからマジもう24時までまでには寝る寝る!って意気込みの意気込みだったのよ。

そいでさ、

朝起きるとスマートウォッチ

睡眠時間6時間達成おめでとうよかったね!って

なんか他人事みたいな言い方して褒めてくれるから

しばらくここ1ヶ月ちょっとはしっかりちゃん睡眠時間6時間睡眠ちゃんと取るようにしていたら、

なんだか平日昼間のパフォーマンスがなんとなく

いいような気がしないでも無いわけでも無いのかしらね

まあすこぶる好調っちゃー好調なわけなのよ。

私がマジ増田で学んだことと言えば、

例のさー

睡眠野菜350グラム瞑想てのがあるじゃない。

あながち瞑想はやってないけど、

前者の2つの睡眠野菜ってのは元気に生きる活力の源しずかのように

ちゃんとしっかり摂らないといけないなって

強く思う増田からの学びよマジで

あとコーヒー

何よりも山で淹れて飲むのが一番美味しい!ってのことかしら。

先人の知恵は先人にあり!ってよく言ったものよね。

引き続き睡眠時間はしっかり確保していこうかなって思うのが

今年の目標よ。

今年の目標はいつにだって掲げていいものなのよ。

うふふ。


今日朝ご飯

今日朝ご飯ナッシングよ。

ヒーコーカフェオレミルクたっぷりオレオレナシよ。

なんか食べたくない気分というか

別に体調が悪いとか睡眠不足だとかそう言ったフィジカル意味ではないか

なんとなくそんな気分の中だったのね。

デトックスウォーター

炭酸レモンならぬ

炭酸グレープフルーツウォーラーが美味しくてお気に入りよ。

これさえあればバンバン頑張れそうだわ。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん