「原理主義」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 原理主義とは

2022-06-23

anond:20220623065049

EUの国によっては日本よりおかしい部分もあるよ


ジェンダー平等名目の元、トイレは男女一緒!という国が出てきた

女児女性の権利無視


資本原理主義過熱に対する歯止めや行き過ぎたポリコレを止める中国のほうが正しい部分もあるという皮肉状態

2022-06-16

仮想通貨は0円ではない

仮想通貨価値0円という人がいるが、


0ではない。マイナス

生成するために膨大な資源、電力、半導体を使って、意味のないデジタルデータを得る、

それをネット上でやり取りし、膨大なネットリソースを使う、

生活を便利にするため、ではない。単なる金持ち貧乏から金をかすめ取るため、

アングラマネー資金洗浄のために使われている


何も意味が無ければ0円だが、

存在する事が世界にとってマイナスなので、マイナス価値のあるデータを日々上がった下がったと騒いでいる事になる

最終的にはUNOに負けた人間マイナス価値を持つデータを持って、「ナニコレ?」と言って終わりである


「これっておかしいだろ?社会に害あるし。」とスパッと切れるのが中国

資本家たちの暴挙を止められないのが一見自由なように見えて資産家にしか自由がない、資本原理主義の国々


どちらが正解でしょうか。正解はあるんでしょうか。私にはまだわかりません

2022-06-08

anond:20220607234113

査読原理主義とか、さも極論論者かの様なレッテルばりして論点ずらして勝ち誇るのははてなー仕草の一つだからね。

この仕草が出たら「何も反論できなかった」証拠だよ。

セルジオ越後が「4点? 物足りないね」って言い出す時と同じ。

2022-06-06

本当に「妬み嫉み原理主義」なら、それは寧ろ社会としては健全でしょう

日本の不健全さは嫉み嫉みという真っ当な感情とそれに基づく主張を何処までも否定してかかるところにあると思う

日本社会は妬み嫉み原理主義で動いている」と言っている人がいたけれど

私は日本社会はその逆で、「妬み嫉み原理主義」どころか

「妬み嫉みを絶対に許さず強い者には何処までも媚びる原理主義」で動いていると思う

小学生アイディアに対する批判を一切許さず言論封殺に走ろうとするのなんてその典型でしょ

小学生という強者・力のある者に媚びへつらって

大人(批判者が本当に大人なのかどうかも分からないのに)という弱者を苛める快感に酔いしれているんだよ

日本社会が本当に「妬み嫉み原理主義」だったら自民党長期政権に居座る事なんて出来ないしとっくに天皇制廃止されてるんだよなあ

2022-05-25

最上にして最強の格闘原理主義増田たちよ!

偉大なる王者誕生を願おうではないか

我々の教義には愛と夢と希望勇気がつまっている!

さあ祈ろう “すべては増田の為に ⋯ ”

2022-05-14

anond:20220514111146

今回、立憲塩村議員のAV新法へ向けた一連の活動は立派なものだと思ったなあ。

超党派とはいえ、あれはまさに「日本リベラル」の活動として胸を張っていいのでは。

リベラリスト対立するのは、自分たちに都合の悪い「女性の自立」を受け入れられない一部の原理主義フェミニスト宗教的政治的保守なんじゃないか

anond:20220514111146

これは結構難しい話な気もする。

まず、ゼロ年代までの日本において、政治組織主婦層の奪い合いを行っていた。

数が多く、政治活動を行う暇があり、組織に拘束されておらず、思想的に特定の傾向がないが横のつながりはあるという、まさに格好の動員対象だったからだ。

ただし当たり前だが動員というのは上から自由政治思想を植え付けられるわけでなく、自由タイミングで動員できるわけでもない。

比較的どうでもいい案件については積極的に下から吸い上げて常に運動欲を満たし、「自分たちが動かしている、声が届いている」という実感をもたせるのが重要

そしてその餌の一つが表現規制、とくに性表現規制だった。

主婦層に共有された嫌悪感があり、社会悪だという方向に持っていきやすく、婦人会による規制運動を展開することで低コストで定期的に運動実績を満たしやすい。

要するに叩くのに丁度いいか自民公明も各種の野党も性表現規制論をだし、逆に政敵の手柄になりそうな風向きときだけそれを批判してきた。

矯風会もこのころ潜り込んでいろいろやっているが、別に思想的には主体性を発揮したわけではない。

あくま普通女性が、「素朴な感性」を運動で増幅させた結果に相乗りしただけだ。

大半の政治家にとっては「自分の票にならなければどうでもいい、だがある程度便利使いするため風向きを読んでたまにコメントする」程度の話題だった。

リベラルと呼ばれてるが中身は様々な人々にとっても大半は同じだろう。

しかし、ネット時代で性表現市場が拡大し、規制論者もオタクの声もでかくなったことで、この話題はそれなりのネタに昇格した。

ただ、山田太郎はうまくやったが、ワン・イシュー国会に1議席確保できるぐらいというのは、小さくもなく大きくもない、なかなか微妙ラインである

これも基本的には思想や強力なトップダウン利権があるわけではない。

普通オタクが「素朴な感性」を運動で増幅させた流れをうまく利用したということになる。

こういうネタ言論屋や政治プレイヤーとしては非常に扱いが難しい。

普通の人々」の「素朴な感性」というのは、たいてい思想的にはメチャクチャであり、民主主義にも自由主義にも完全に敵対している。

なんとなく思ってるだけならまだしも、運動で増幅させるとカルト原理主義と対して変わらない。

それでいてカルトと違って思想的核のない多数派から批判にも難儀する。

山田太郎統一教会と絡んだりしているが、こういう連中がオタクを「操って」いるというのはいろいろな意味で間違っている。

オタク普通言動に素直に乗っかれば自分の主張が認められる部分がありそうだから、のこのこやってきたというだけだろう。

矯風会政治に熱心な主婦層によってくるというのも、主流はあくまで強大で消し難い「素朴な感性」のほうで、矯風会なんてのは張り付いた雑菌の如き存在だ。

「素朴な感性」に公然敵対する人間は、たとえ理屈の上で正しいことを言っていても、政治レベルではあっさり抹消される。

逆に、そうなってない人間というのは、理屈以前の話で、「素朴な感性」にうまく忖度しているからこそ生き残れている。


から、問うべきは、リベラルの人々は、一般人の、あるいは自身の中の「素朴な感性」と自由主義が対立する事実にどう向き合うか?

という話だが、これに真剣に答えること自体も「素朴な感性」への敵対一種であるから政治プレイヤーとしては公然議論することは難しいだろう。

2022-05-07

anond:20220507130528

フェミニズムナチス思想と違う」と主張するには、ナチス思想との違い、例えば自分正当性根拠説明する必要がある。

でもフェミニズムは自らに対する明確な線引きから逃げてきたからね。フェミニストに対する話の通じなさは宗教原理主義レベル

フェミニスト攻撃力に全振りしていて防御力が全くない状態とも言える。

からフェミニストは、学術スキルではなく、「〜には当たらない」論やごはん論法ベース詭弁スキルでその場を凌ぐインチキスキルばかりが伸びるんだよね。

フェミニストと話していて、「こいつら議論の態度悪すぎ」となる事が多いのも、それが理由

2022-05-06

人生は運 努力だけでは乗り越えられない

これは確定している

なのに努力原理主義者が大量にはびこっている

2022-05-03

今のリベラルって『反本能主義』という思想に近くないか

女性が厳しい競争を避けて能力のある男に扶養されたいと思うのも、

男がなるべく若くて成熟した女性と結ばれたいと願うのも、

そんなもの本能として当然の帰結なのに、「そうじゃない人がいてもいいよね」じゃなくて「それはステレオタイプで正しくないことだ」とまで断ずる今のリベラルは反本能主義とすら言える思想ではないだろうか

政治的な正しさの末に少子高齢化による社会崩壊や種としての断絶のリスクがあるとしてもイデオロギーを優先するっていうのはもはや宗教原理主義者に近しいものではないだろうか

2022-05-01

多数派が、彼らを戒めることをしない」どころかさぁ…

本当国連女性機関フェミニズムが『男性を憎むこと』『女性伝統的な役割放棄させる』と誤解されていますが、違います。」 

aa_R_waiwai 数で言うなら、「多数派」では無いだろうけど、「声がでかい」&「多数派が、彼らを戒めることをしない」の合わせ技で、こういった人々こそ「フェミニスト」として認識されつつある。

2022/04/30 リンク redyellow76yellow



はてな見てると、原理主義的で差別的過激ブコメに対してもそれなりにスター付くじゃん。

結局「自分では絶対にそのような発言はしないけど、賛意は示す」人がそれなりに居るから目立つんだよな。

発言リスク自分は負いたくないけど、単純な二項対立的に男性をこき下ろしてくれる意見何だかんだ心地良いかスターつけてんでしょ。

2022-04-29

anond:20220429152855

しかし現状のレーティングゾーニングなんて、科学的根拠も明白性な基準も無いお気持ち規制に過ぎないのに、なぜか現状の規制を追認するくせにお気持ち規制批判してたりするからダブスタが酷い。

お気持ち規制批判するなら原理主義派以外の立場はあり得ない。

anond:20220429021921

しろ、この件は、「表現規制反対派」の中のあらゆる派閥を敵に回してしまった、典型的八方美人の例だと理解すべきだと思う。

表現規制反対派」の中にも、「あからさまなR-18ゾーニング必要」という穏健派と、「ゾーニング規制であり表現を萎縮させるので撤廃すべき」という原理主義がいる。原理主義という言葉ネガティヴなら、原則とでも呼ぼうか(そういえば『図書館戦争』の主人公陣営も「原則派」だったな)。

これまで穏健派原則派との亀裂が見えてこなかったのは、槍玉に挙げられた表現がどれもR-18ゾーニングには値しない」ものだったからだ。着衣した女性が胸を強調した献血ポスタースカートに股のラインをなぞるような形のシワがついた農協ポスター巨乳女性が表紙のラノベ夜這いを楽しみにする着衣女性、そしてボタンを手にこちらを振り向く巨乳制服JK、これらはいずれもR-18ではない。いずれも(「規制すべきか」という基準で考えるならば)穏当な表現であり、映倫が言うところのPG-12にも該当しないだろう。つまり穏健派はこれらを「こんなのゾーニングに値しない」と考えるので、ゾーニング反対の原則派と共闘することができた。

ところが、今回不健全図書指定を食らったBL本は、あからさまな性行為が描かれている。肛門から精液が漏れ出す描写もある。穏健派から見ると、こんなのR-18がつけられて当たり前だ(少なくとも、男性向け作品女性から精液がこぼれるような描写があればR-18だろう)。したがってR-18ゾーニングを支持する穏健派は、「こんなエロ本R-18をつけないなんてどうかしてる」とBL作家バッシングすることになる。

では、原則派はどうか。原則派はもちろん、R-18指定はそれによって販路が狭められるなどの弊害があるので事実上表現規制であると捉え、R-18ゾーニングに反対する。したがって、原則派は「そもそもR-18ゾーニングは不当」と主張するだろうが、彼らも事実として「現状のゾーニング基準では当該作品R-18に該当する」ことは認めるはずだ。

ところが当該BL作家さんは「ゾーニングには賛成」と言ってしまった。本人的には「原理主義過激派じゃありません、穏健派です」ということを意味する枕詞のつもりだったのかもしれないが、これが原則派の逆鱗に触れた。原則からすれば、ゾーニング相当の物を「ゾーニング賛成ですが」と言いながらゾーニングせずに出版することは卑劣裏切り行為である。かくしてR-18ゾーニングに反対する原則派は「お前はゾーニングに賛成なのか反対なのか、どっちなんだ、このコウモリ野郎」とBL作家バッシングすることになる。Show the flag! ってやつだ。

さらに、当該作家さんが「女性暖簾をくぐるのに抵抗があるので~」という理由を持ち出してしまったために、男性権利に敏感な層から「男は抵抗がないとでも思っているのか」男女平等の支持者から男性向けゾーニングを維持しながら、女性向けだけ『特別扱い』を受けようというのか」という非難を浴びることにもなってしまった。つまり男性権利に敏感な男性男女平等の取り扱いを支持する男女も敵に回したことになる。かくして当該BL作家さんは四面楚歌状態に陥ってしまったのであった。

ではどうすればよかったかというと、ひたすら原則派に徹していれば四面楚歌になることは避けられたと思う。つまり東京都の『不健全図書制度廃止せよ! エロいBLゾーニングなしで売らせろ!」という一本で攻めるべきだった。そうすれば穏健派から非難されたかもしれないが原則から表現規制と闘う同志として迎えられたはずだし、「男性向けのゾーニングにも反対です」と一言付け加えておけば男性権利に敏感な男性男女平等の取り扱いを支持する男女から矛を向けられることもなかった。

ゾーニングには賛成ですが」なんて言って穏健派にもいい顔をしようとしたか原則派にそっぽを向かれたのだ。穏健派を敵に回すことは覚悟すべきだった。っていうか、あん露骨エロを成人指定なしで出版しといて自分穏健派ですアピールは無理があるでしょ。やってることはどう見ても表現の自由原理主義過激派なのに、それを自覚できていなかったというのが最大の問題であるように思う。

追記

流石にこのブコメには絶句してしまった。

イラストに「R18」はあるが、テクストに同様の規制は無い、という前提が理解されていない。現在運用上は、文章で性行為描写しても、イラスト化していなければR18とはならない。双方の基準統一されるべきだろう。

今回指定されたのは「コミックス」だが。作者名検索したら普通に無料立ち読みが出てくるのだが、これのどこが「テクストなのだろうか>https://www.cmoa.jp/author/121926/

そもそも普通に作者も「コミックス」と言ってるわけだが>https://b.hatena.ne.jp/entry/s/twitter.com/hoshizakileo/status/1517603860205817856

作者がコミックスと言い、アンチフェミ表現の自由戦士がコミックスという前提で話を進めている中、「テクスト」の規制の話を持ち出すこのひとの目にはいったい何が見えているのだろうか……

さら追記

anond:20220430005751も書いたので読んでね。

2022-04-26

BLが燃やされたことで表自側が仲間割れを始めて残念なことになっている

たわわで表自が一丸となって規制推進派に抵抗してたのに、BLが不健全図書指定の標的になると、表自側の男性の中の腐女子に積年の恨みを持つ者が「ざまあ。フェミと一緒になって俺達をさんざん燃やしてきた報いを受けろや」とBL規制に味方して、表現の自由原理主義者と対立することになった。

こうなると規制派としては腐女子と男オタクが争ってるところを各個撃破できて楽なんだよね。まずBLを潰して、次に表自が頑なに守っている性的表現を潰し、さらに「性的」の枠を広げて創作物を潰していけばいい。

これでもうたわわの話は終わり。たか新聞広告1つのためにバスターコールを発動したことについてもダンマリで押し通されるだろう。

2022-04-21

anond:20220421142828

千羽鶴否定派とかい仮想人格藁人形。実際には折るのは勝手だが送るのはやめろ派もいれば折り紙代送れ派もいるし一羽折ることも一切許さん原理主義も居る

2022-04-16

ツイフェミと一緒じゃん

最近毎日のように萌え絵槍玉にあがっているのを見て

やれ性的消費だ、やれゾーニングしろと何でこんなしょうもない言いがかりしているのか分からなかった。(性的消費ってそんな軽い事じゃないだろと思う)

とはいえツイッターでは自分は鍵アカで、なんだかな~と思って見ているだけの人間なんだけどね。

そんな中、TLに一人の人が現れた。

その人は「表現の自由原理主義」を掲げる人で、とても理論的に見えた。

ツイで暴れるフェミニストの、言いがかりしか言いようのないコメント

論文引用して『このフェミの主張は論文に基づいたここが異なる』ときちんと反論していった。

すごいな~、こんな論理的にツイフェミ反論する人いるんだな~と素直に感心した。

その人には注目が集まってフォロワーもものすごく増えていった。

当然だと思う。口調も柔らかで、分かりやす説明もしてくれる。

さらに「引用RTしか自分たちを批判してきた)表現の自由戦士はイキれない!」「フォロワー表現の自由戦士だった。キモイブロックした。今のフォロワーさん達は皆いい人」と

イキるフェミニストとその人では全然違ってた。感情的ではなく、冷静だった。

そんなある日、その人がある人(女性)にこう返信した。

あなたプロフィールバストサイズ書いてるけど、自分の方が胸囲勝ってるわ」

そもそも発端は、その人が別のレス相手文章をああだこうだと添削して、

文章添削能力自画自賛した後、『この能力ブラック場所で培われたからだ』と独り言ちていた。

それを見てその女性は「ブラック職場とか関係ない。奴隷の鎖自慢なら、自分がいた職場の方がブラックだ」と言った。

このコメントに対して

「厳しい場所文章添削能力得た。自慢じゃない!あなたプロフィールバストサイズ書いてるけど、自慢で書いてるのか?あなたより胸囲勝ってるけどね」

いやいやいや、急にどうしたの?がっつりセクハラじゃん。

胸のサイズとか話に一切関係なかったのにセクハラじゃん。

最初下りだけで良かったやん。何で女性の胸の事いいだしたん?

言われた人も自分バストツイッターで話しただけの相手にいじられたのが

とても不快になったと書いて、その人をブロックした。

そらそうやろ。言われた側も「不快だ」と表明したしがっつりセクハラあかんやろ。

何度も書いちゃうけど、胸のサイズの事なんか一切関係なかったのに。

コワ。

同じように思った人も多かったみたいで、何で胸の事いうのか、セクハラでは?とかの声が上がった。

しばらくはその非難スルーしてたみたいだけど影響力の大きな人に非難されたら

あっさり謝罪非難した影響力大きな人だけに謝る)。

その後は非難してた人達の返信に、その女性名前を上げ続けた。

セカンドレイプじゃん。やめなよ。という人には「議論の内容を明確にする為だ」「お前が話を蒸し返すから、その人の名前言わざるを得ないんだ」

と、かなり仕上がってた。一晩でこんな仕上がる事ある?

まんまセクハラしたけど認めない奴じゃん。

周りも、「なにがセクハラか分からない。この程度の発言いいのでは?」「よく知りませんが応援しています!」とワッショイ状態

しまいにゃ本人も「自分フォロワーが多いから、雑魚まとわりつく。暫くは泳がせてからペチっと処理する」「今回の件で、フォロワー減ったけど、雑魚無視して残ってくれた皆を大事します!」「(非難してきた人達は)引用RTしか自分文句言ってこない!自分に勝てないからだ!」とか言い出した、何だコイツ

一緒じゃん。ツイフェミと一緒じゃん。

敵対する人を小馬鹿にしてさ。自分の方が上だって態度隠そうともしないでさ。

フォロワーサイコー!になってさ。

フォロワー数が自分の力だと思ったのかな。フォロワー大台に乗った!と喜んでたし。良かったね。

権力って怖いなって思った。

その人、ツイッターでの反論じゃなくてNoteとかで論理反論せい!だって

自分感情のままセクハラしたのは何だったんだって話。論理どこ行ってん。

そんなこと言う前に「ヤな事いうの止めてね」って言えばよかったのに。

おしまい

2022-04-15

anond:20220415075259

安心して生活を送る権利

同性愛が野放しにされているとソドムゴモラのように天の炎に焼かれるかもしれないと思うと安心して生活を送れない」と主張する聖書原理主義者 VS 「そのような人が存在すると安心して生活を送れない」と主張する同性愛

2022-04-05

ネット黎明期に頻繁に見かけたクセつよおじさんたち

分かち書きおじさん

とにかく 文章を スペースで 区切る。 スペースの 種類が 全角派と 半角派に 分かれていた 印象。

全角の 人は 英語も 全角に していた 気が する。 半角は プログラマの 人に 多い 気がする。

ネトゲで この タイプに 会うと ドラクエの 世界に 入った みたいで トクした 気分に なる。

②旧字旧かなおじさん

舊字舊假名に拘るをぢさん。戰後敎育への屈折したなにかを抱へてゐさうな氣がする。

時事問題を獨自の觀點から論じたり世相を斬りまくつてゐた舊字舊假名をぢさんのブログがあつたが

段々田村ゆかり話題が增えていき最後は王國民と化してゐた。

ひらがなおじさん

いちばんやべーきがするおじさん。なにかきょういくてきなポリシーがあってわがみちをいっているひとが

おおかったいんしょう。

わかちがき おじさんと ハイブリッドな おじさんも いた。

にほんのぶんしょうをすべてひらがなにかえてやろうというやぼうがかいみえたおそろしいおじさん。

ふきゅうかつどうにもねっしんだったがいつのころかほぼぜつめつしてしまった。





追記

思いのほかトラバブクマ集まったな。みんなサンキュー

いろいろなおじさんが続々と報告されているな。

ローマ字おじさん、機種依存文字訂正おじさん、一人称独特おじさん、全部いいねおじさん、読点大杉おじさん、座右の銘おじさん、語尾独特おじさん……

一人称と語尾はなぁ……過去を振り返ればおいらにもクるものがあるので危険でつ。


追記

!!!なんかちょっと目を離した隙におじさんあつめみたいになってんぞ!


事情通アピおじさん、内容にクセおじさん、小生着丼おじさん、スペルミス荒らしおじさん、クセつよ語慣れちゃったおじさん、運動瞑想睡眠野菜350gおじさん、

はなししとはおじさん、息切れで救心の代わりに読点!?おじさん、括弧マテおじさん、でわ?あらた出羽おじさん、立ち上がれおばさん、相手がおじさんと断定おじさん、

逆に句読点無しおじさん、ちょっと何いってんのかわかんないおじさん、17歳おねえさん、女性レスおじさん、木亥火暴おじさん、AVソムリエおじさん、

(笑)(汗)(爆)を強いられおじさん、ひらがな一家言おじさん、晴耕雨読おじさん、読めないHNおじさん、You Tubeおじさん、まだまだ現役おじさん、

イラダエモンおじさん、富士山、カミツキおじさん、みかかおじさん、でつまつおじさん、にゃあおじさん(またの名を見抜かせおじさん)、……おじさん、糸井重里

○○嬢おじさん、ぼっさん個性を消す忍者さん、おばはんかもしれないおじさん、カンピリオドおじさん、絵文字おじさん、空行おばさん、ちみぃおじさん、

関西弁おじさん、Wikiと略すなおじさん、100文字おじさん、クセつよとんちおじさん、ホームページ原理主義おじさん、非実在おじさん、ネチケットおばさん、

おれぼくおじさん、正規表現おじさん、半角カタカナおじさん、ツッコミ永久機関おじさん、◯◯拝おじさん、あの頃ぼくらは若かったおじさん、サイトマスター僭称する勢いおじさん、

つわもの共が夢の跡おじさん、10年後が楽しみだおじさん、ニュースグループROMおじさん、空白明けセルフツッコミおじさん、縦読み強迫観念おじさん、アラビア数字こだわりおじさん……


……ブコメ過去から順に適当に拾ってみた。漏れてたらごめん、漏れたってしょうがないじゃないかおじさんだもの

こうしてみると世界はいろんなおじさんがいるんだね。

父にありがとう、母にさよなら、そして、全てのおじさんに、おめでとう!(こういうの言いがちおじさん)

2022-04-01

>かつては新聞紙上でも戦前は溢れんばかりに決闘報道が行われており、イギリスの『タイムズ』紙は1831年から1895年8月までに805の決闘報道している。が第一次大戦は大量殺戮戦となり、決闘文化は衰退し、戦後は死者が出たり、よほど特殊決闘でない限りほとんど報道されなくなっている

決闘19世紀後半以降は大半の国で禁止されている

 

ウィル・スミス事件は平手打ちだったが、メディアのはやし立ては変わっておらず、現代決闘は同情票の多少で勝敗を決めるがごとくだ

しかダニエル・デフォーウォルターリップマン存在組織的言論操作可能であることを示しているし、イギリスのタヴィストック人間関係研究所ロックフェラー系)などの関与も考えられなくはない

さておきクリス・ロック擁護すれば差別ジョーク助長されかねないが、あのジョーク差別解消という公共の福祉に反する罪にあたるだろうか

一方「将来起こりうる危険リスク判断」は行政議会研究所役割で、司法は「具体的な被害実態」や数字がなければリスク判断をしない

昔は「カトリック神父」が倫理を説いて被害リスクを低減しようとしていた(ただ性的虐待農地独占などの腐敗はあったらしい)

ユダヤプロテスタント」が復権聖書原理主義になってから善悪判断法律に基づき法曹が行うようになったものの、魔女裁判や四番崩れが発生した(ポピュリズム行政司法

法曹官吏はたいがい法律成立過程にも関わっていようもの

 

さて日本国憲法などは官吏裁判官地位を相当に保護しているが、それが正しいだろうか

また、司法権という武器を持つ法曹は、法律を作る議員になれる「文民であると言えるだろうか

四番崩れを合憲化しうる、独立憲法裁判所をもたない司法制度は正しいだろうか

 

主権たる人民合意形成過程操作するため、騒動を引いて見る人(斜めではない)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん