「寡聞」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 寡聞とは

2021-07-30

真珠に詳しい方いらっしゃいますか?

銭湯サウナでよく顔を合わせるジジイがいる。背中一面に彫り物があり、同じ時間くらいに来る別のジジイを叩いたり、水をかけたりしていじめたりするという入浴マナー以前の問題があり、関わるのが嫌でジジイが来ると上がっていた。

ジジイが更に嫌なのは局部えげつない性病ダメージなのかホヤみたいな訳のわからない形状をしており、公衆浴場なんて衛生的に完璧ではないという事実を目の当たりにさせて来るところで、いつもはジジイが水風呂に入る前に上がるようにしていた。

ある日サウナに入ってすぐにジジイと出くわしてしまった。迷ったが覚悟を決めてサウナに入っていると、向かいに座ったジジイ局部みえる。思っていたよりホヤっぽくはない少し驚く。例えるならパチンコ玉がいっぱい入ったコンビニである

おそらくはジジイ局部真珠を入れており年月を経て縮こまった局部の皮内部で自由に動いた真珠が下に落ちてたまったのであろう。すげえもんみたなという感動があった。ジジイ局部をぶらぶらさせては別のジジイをぶん殴っていた。

しか銭湯めぐり趣味で、様々に局部をみていたつもりだがそもそも真珠の入ったものをみたのは初めてであった。ましてやお役御免になったものとは。普通真珠は飽きたら手術で出すんだろうか。その際の適切な人生におけるタイミングみたいなものはあるのか。使わない物置を掃除することがないように中の物はほっとくんだろうか。寡聞にして知らない。真珠に詳しい方ご教授ください。

2021-07-20

小山田圭吾問題について思うこと

小山田圭吾問題について、中高のいじめで完全に自信喪失および人間恐怖症になって中年ニートになった自分にとって、思うところがありすぎたので、自分自身の整理のために書いてみた。

1 いじめっ子のほうが社会的成功者になってしま問題

今回の問題の核心は、どれだけひどいいじめ(というか暴行拷問表現すべきだが)を行って、それを公の場で自慢げに語っても、学校の内外で処罰されることもなければ、反省一つ促されることもなく、当然謝罪もなく、その後の人生キャリアに傷がつくことも全くなかったということである。例のインタビュー記事小山田と絶交した、という人もおそらくいないであろうことは、あの後も変わらず精力的に仕事をし続けていることから理解できる。逆に小山田圭吾は、ひどいいじめをおこなった側の方こそが、社会的大成功を収めるというモデルケースになってしまっている。

周知のようにいじめ問題では、現在でもいじめ被害者の側が転校させられるというケースが多く、客に加害者の側が転校したり推薦を取り消されたりというケースは寡聞にして聞かない。超名門校を出場辞退に追い込むほどの暴行を後輩に行った高校球児手が普通にドラフト指名されていたように、大人はいじめ加害者を逆に高く評価しているのではと感じさせるケースもしばしばある。自分クラスでもいじめ自殺が発生したことがあるが、加害者は何も咎められることもなく、普通に一流とされる大学に(記憶曖昧だが多分推薦で)進学した。小山田圭吾は、こうした「いじめもの勝ち」になっている社会象徴的な存在である

2 時代場所問題

1990年代もあのようなことは許されていなかった、時代問題で相対化するな」という批判がある。それは正しいが、やはり同時代空気を鮮明に記憶している人間としては、批判として非常に浅く感じてしまう。

あの時代バラエティ番組は、若手芸人などに嫌がることをさせて、「痛い」「熱い」と泣き叫ぶのを見てMC側の人間ゲラゲラ笑うというものが本当に多かった(逆にそういう笑いをしない志村けんテレビから一時期消えていた)。既にいじめ社会問題化してはいものの、「あれは相手も納得済みだからいじめではない」というテンプレ論法で許容されていた時代だった。ネット黎明期テレビがほぼメディアの全てだった時代いじめを受けていた側にとっては、当時のバラエティは見ているのも辛かった。

そういう時代雰囲気のなかで、ましてや悪趣味がかっこいいものとしてはびこるサブカル雑誌インタビューという場所で、たとえいま小山田五輪組織委を口を極めて非難している人たちがそこに居合わせたとしても、おそらく一緒に笑うしかなかったと思う。特に空気の変わり目を読んで同調して小山田非難しはじめているような、ワイドショーコメンテータータイプ人間は、そこにいたら一生懸命面白がるアクションをしていたはずである

申し訳ないが、中高時代いじめ被害者として過ごしてきた人間には、いくら現在小山田非難しているように見えても、時代空気同調しているだけで、こいつは本質的はいじめっ子の側の人間だろうというのは直感にわかってしまう。その意味で、たとえばカズレーザーなどはあまり信用できないし、逆に一見いじめ時代問題として相対化していることを言っている爆笑太田のほうが信用できる気がする。ほかにも、五輪批判政権批判文脈しかこの問題に興味のない人も、およそ信用できない。

anond:20210720103843

文庫本だの単行本

ふりがなついてないと大人文章が読めない年齢の子」は事実上読めないという意味ですでにゾーニング済みとして扱われる慣習だよ

漫画とちがって絵がなければ子供は読もうとしないしタイトル子供向けではないことがバレてるだろ

もし「漫画版:本当は怖いグリム童話」があるならそろそろR18指定を考えてもいいんだろうとはおもうけどおれは寡聞にして知らん

2021-07-15

テレワークにおいてプロジェクト全体の空気を悪くする人間をどう扱えばよいか

チャットでのやり取りは口頭でのやり取り以上に気をつけなければならないというのは、

はてなに常駐するような貴君らには釈迦に説法であろう。

だがしかし、世の中愚昧な輩というのは往々にしているもので、

プロジェクトが大所帯となると一人や二人、世の理を知らない愚物が紛れ込むのはInevitableだ。

我は寡聞にしてかような阿呆への対処法を知らぬ。

そこで聡明な貴君らに良き策を乞いたいと思い、増田を書いた所存である

2021-07-13

素朴な疑問なんだが、トランス男性芸能人っている?

芸能界LGBT枠ってトランス女性に偏りすぎじゃね?

芸能人トランスジェンダーっていうとトランス女性カルーセル麻紀とかはるな愛とかIKKOかいくらでも名前が挙がる。

逆にトランス男性の例ってあったっけ?

寡聞にしてそういう例を見ない気がしたのでもしこの人トランス男性だよって人いたら教えて。

芸能人としてある程度成功してて看板としてトランス男性を背負ってるって人で頼む。(無名劇団員とかじゃなく)

宝塚があるだろって意見もあるかもだが宝塚以外で。

宝塚の中にはトランス男性って人もいる可能性もあるがトランスって点を売りにしてるわけでもないしジャンル的には歌舞伎女形に近いと思ってる。

あくま少女歌劇だし退団後に芸能活動続けても女優として活動してる人ばかりな気がする。

単なる男装の麗人ならいくらでもいるだろうが芸能界トランス男性少ないなー、ってか存在するの?って思って。

女形の影響もあるのかもしれないが男装女装中性的というなら宝塚もあるのに片方に偏ってるのおかしくない?

ニューハーフブームの影響もあったかもだがブーム以前からトランス女性に偏ってた。

よくトランス女性芸能ファッションなどの世界で才能認められ活躍してる人がいるイメージあるがトランス男性も才能ある人いるはずで同じ分野で活躍してる人たくさんいてもおかしくない気がするんだが。

芸能界トランス女性偏重がある気がしたので根底に何らかの差別構造があるよな気もするんだよね。

ただ差別があったとしてこの場合男と女どっちがどっち差別してることになるんだろう?

2021-07-03

芥川賞直木賞の受賞歴と夏休みに課される読書感想文コンクールの大賞とはどっちの方が稀少でムズイんだろうか

芥川賞とかは作品出してる新人なら誰でも(つまり世代無関係に)選考対象という意味で分母が大きい

読書感想文も少なくとも公立の全ての学校の子供が受けさせられるから母数は相当なもの

といっても全世代が受けられる芥川賞などと違って、大人になってから子供に紛れて受けるということはできない

読書感想文なんて文学賞に比べれば子供わんぱく相撲みたいなものだと言っている人もいたのだが、

自分自身もまた、実力がまだ未熟な子供ときしか賞をとれる機会がないという意味では、難しさの単純な比較は困難

また読書感想文の方が簡単というなら、芥川賞直木賞の受賞歴がある人なら子供のころに

読書感想文の大賞を取ったという経歴を持っていていいはずだが、そういう人は寡聞にして知らない

どちらの方が難しいのだろうか

2021-06-16

レスバトル発の哲学的大発見

そんなもの寡聞にして知らないが見逃されてるだけな気もするんだよな

裾野が広い山ほど高いっていうし、レスバトルには相当な人間が参加してきてるわけだから本来その議論からまれものは計り知れない

何としてもその論争に勝利すべく機転なりウィットを利かせるうちに従来の論理学では見出されていなかった論法が生み出されていることだってあるかもしれない

哲学者という名の大学教授論文とか書いて金をもらっているように、レスバトラーにもそういった功績に応じて褒賞金が出るべきなんだよな

でも金を与えられるような身分人間先入観ネット上のレスバトラーを軽視してるからなのかそもそもそこで画期的大発見がなされようが光が当てられることもないのだろう。

あれ、ソーカル事件ってレスバトルみたいなもんだっけ。でもあれだって媒体な純然たる査読誌だしなあ…。

2021-06-15

コロナ禍の教育格差」を直視しない“深刻すぎる”日本実態

報告書では、英国学校で広く使われているStar Assessmentsと呼ばれるReading(国語)と算数数学学習成果について、2019年11月データを用い、2020年11月時点での結果との比較を行い、学習の遅れ(ロス=損失)の推計を行っている。

過去学力調査との比較可能にするデータからこそ、このような推計ができる。

日本で同様の分析や報告が行われた形跡を、寡聞にして知らない。両国間で、全国的な規模での学校閉鎖の時期や期間がほぼ同じであったこと(ただし、新年度が何月に始まるかといった違いはある)をみれば、教育担当する行政調査機関マスコミ社会の関心度の違いのあらわれといえるだろう。

さらには、いざというときに、このような分析可能にするデータの蓄積や分析手法の開発という点での両国間の能力の違いのあらわれだということもできる。

日本で多額の税金を使ってほぼ毎年行われている全国学力・学習状況調査は変化を捉える設計で行われていない。そのために、今回のような緊急事態に直面した際に、学習の遅れを測定するためのデータとして使うこともできなかった。

学習評価専門家はそのような調査設計(項目反応理論を応用したテスト開発)を提唱してきたが、その提言に従い、異なる時点間の比較可能にするデータを構築するための方法を取り入れてこなかったのである

その結果、莫大な税金を投入してきた全国学力テストは、社会の変化に対応するための政策研究資するデータとしては、役立たずであったと言っても過言ではない。

マスク”に覆われた不平等…「コロナ禍の教育格差」を直視しない“深刻すぎる”日本実態

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/83804

記事の大部分は、イギリス報告書をもとにした、休校による学びの遅れの指摘ですが、著者の主張は、「評価意思決定のためのデータを集める体制が整っていない」ということですね。Twitterでの反応が「格差社会ガー」「政治ガー」ばかりなのが残念ですが。私も、昔いた教育系の職場で項目反応理論 (IRT) を調べて、ちょっとしたプログラムとかを書いていましたが、非同期的で、個々人に合わせたアダプティブ教育が求められる今こそ、必要領域だと思います。もちろん、ちまたの「AI教材」を売っている会社はそれをやっているでしょうし、IRTよりももっとモダン理論があるかもしれませんが。

2021-05-14

コロナ反戦論

戦争って現代においては「俺が嫌いな奴は皆殺しだぜヒャッハー」ではなく「相手全然話聞かないんでね?いやこっちもやりたくないけど仕方ないんですわー」とか「向こうが先に手を出したので自衛のために仕方なく」って建前が最低限ないと行えないものだと認識している。

自衛隊は専守防衛から軍隊ではない」というのは意味不明、なぜなら「攻めるためと言って組まれ軍隊」なんて今日存在しないのだから。そう言っていたのは井上達夫だったか

その上で日本における反戦というのは「いかに仕方なかろうとも、それをやってはいけないのだ」という原則論(悪く言えば「原理主義」)だと認識している。

原理主義」という著しくマイナス言葉は使ったが、「平和原理主義」が単純に悪いものとは思えない。

自分は今まで、そのくらいは反戦共感してはいたが、その原理主義を「お花畑」と蔑む人もまあ言いたいことはわかるな、とふわふわと思っていた。

 

だが、最近政治を見ていて別の反戦のあり方もあるのではないかと思えてきた。

それは「今の日本戦争すれば絶対負けるからやりたくない」というものだ。

最初に言った「仕方ない」という理屈は、「戦争をすればなんらかのプラス(先に被ったマイナス相殺される場合が多いとはいえ)を得られるはず」という予測大前提にある。

誰が「仕方ないんですよー」と言いながら、負けると分かっている戦に突っ込んでいくであろうか。

無論、大昔はそういうこともあった。義理とか奉公とか、そういうやつである

でもその場合でも本人や子孫に対する何らかのプラスがあった気はするし、愚行の責任は本人が取る(つもり)という建前はあった。

まして現代右から左まで1億人以上が戦争に参入する、という場合においては「負けるかもしれないけど仕方ないの!」という言い分は通らないだろう。

ひるがえって今回のコロナやらオリンピックやらのあれこれを見ていると、「あっこれ『失敗の本質』や『空気研究』でやった問題だ!」というのが何のひねりもなく繰り返されている。

責任者が明確でない」とか、「物理的実情を無視して仮想数字だけ辻褄を合わせる」とかである

これを知っていると、「最終手段としての戦争を必ずしも否定しない」という他の多くの国々と同じ建前を持ちつつも、「今の日本じゃ絶対負けるからやりたくない」という立場がありうるのではないかな、と思う。

 

もちろんその場合は「何ができれば戦争ができるようになる=必ずしも負けなくなる」のか、という問いに答えられなければ結局のところ平和原理主義の変形に過ぎない。

自分はそこに明確なラインを引くことはできない(その意味原理主義を引きずってはいる)が、最低限上の二冊が何十年も前に提起した問題について対策を持っていなければならないだろうな、とは思っている。

この思考ってなんか名前付いてたり先駆者がいたりするんですかね。寡聞にして知らないのでもしあれば教えて頂ければ。

2021-04-06

anond:20210406064442

共同親権・監護権を父親によこせ勢は、まず父親単独親権・監護権を行使した成功例を示して欲しい。

悪いけど、首に縄掛かっている状態うつだったと動画で話しているような父親親権・監護権を行使して、子が幸せになる絵を想像できないんだよ。

だいたい、本当に親権・監護権を行使する世のシンパパが主体的子育てしているなら、もっと男性の育休取得を普及させろと声が上がるはずなのに、寡聞にして聞かない。

本当に子育て主体的にやってる?

よくて実家に丸投げ、最悪放置なのでは?

共同親権とて子のためと言いつつ、自分が寂しいから面会交流させろと言っているだけでは?

実際子がチャリで人を轢き殺したり、同級生いじめ自殺させた時に損害賠償負担する気概がある?

子の福祉を真に考える父親が多いようには、養育費踏み倒しが多い現状では思えないんだよ。

もちろんそういう父親がいないとは言わないよ。

例えばはてなでも時々ホッテントリに入る、かあいがもん氏のところなんかは、少なくとも傍目にはうまく行っているように見える(実際は知らんけど)。

あいう例がたくさん挙がるようになれば、自然共同親権も認められる風潮ができるんじゃないか

でもああいうのがホッテントリに入る位レアケースなのが現状だよ。

本当に主体的育児をし気軽に育休取得するシンパパが増えるのは、世のシンママ、ワーママにとってもメリット大きいよね。

でも今共同親権を訴える勢ってその真逆向いてる人たちじゃん。

本当に主体的子育てする気があるなら、子育てやす労働環境の整備をもっと訴えようよ。

なんで眼鏡コンタクトの購入に補助金出ないの?

車椅子かについて調べてて純粋に疑問に思ったんだが。

脚の悪い人には車椅子の購入補助金が出るのに、目の悪い人には眼鏡コンタクト補助金って出ないよな。なんで?

まあ眼鏡とかコンタクトなんて車椅子程高くないし、「眼鏡コンタクトを買えなくて困ってる」って人はあまりたことないから、あまり問題になってなくて、結果としてそういった話も出てこないだけかもしれないけど。

でも寡聞にして問題提起としてさえそういった論を見かけたことがなかったか不思議に思った。

2021-04-05

何だかんだ、世界統一に向かっている

先進()国では順調に少子化が進んでいるらしい。少子化のまま国が存続していた例は寡聞にしてしらない。猿から人間、そして有史に至るまで人間産めよ増やせよ地に満ちよであっただろうからそもそも少子化って現象自体がなかなか珍しいものだ。生殖による増員と選別は強力な武器であっただろうし、それをしない群れが生き残って来たとはちょっと思えない。

猿に近かった頃の人類の話から始めると全ての人の群れは猿山の原始カルトだった。遺伝子生存競争と同じように原始カルト生存競争もあった。原始カルトの今から見ると無茶苦茶教義に従って群れは暮らし、群れごと滅ぼしたり滅ぼされたり吸収したり隷属したりのカルト集団の生存競争の果てに今の国家群がある。群れがあり、別れ、また一つになる。何度も繰り返してきた生態だ。だがもうなくなるだろう。そして世界はなんだかんだ統一されるし、統一に向かっている。分かり合えるようになったからだ。

現存の原始カルトと言えばキリストだのイスラムだのヒンドゥーだのだろう。それに加えて土着の信仰勝手思い込みって意味だ)が混ざり合い、現在では皆似たり寄ったりでそれなりに仲良くなっている。現代社会全体で見れば極めてヤバイ宗教はもうほとんどないし、きわめてヤバイ宗教存在しないという形で宗教統一に向かっている。世界の裏のヤバイ人の数はどんどん減っており、我々は分かり合えるようになった。今戦争している地域も最終的にはおとなしくなり、負けた宗教は土着の信仰に貶められるだろう。宗教的な統一は順調だ。

国家的な統一も進んでいる。こちらの方はある程度で止まるだろう。それがどれくらいのサイズ感かはわからない。しか統一は進む。

理由①新たな群れはもう増えない

発見土地は既に存在しない。今後生まれるであろう群れが求める新天地存在しない。群れから別れようとするような異端分子存在しても行き場はそもそもない。アメリカへの移民アメリカがあったからこそ成せた。既にそのような場所存在しない。

更に言えばボス猿の武力が強くなりすぎている。その昔、人間というサル連帯によって敵を倒せていたらしい。どんな強者でも最悪100人から投石を貰えば死ぬしかしそれは昔の事。武装が強力になった現代では石を投げつけられてもビクともしない強い武装いくらでも存在している。そしてそれは製造に高度な技術要求する。コモン投石はレア機動隊装備には勝てないし、その気になれば核ミサイルを撃ってもいい。まず反逆が無理

理由②群れは消える事がある

人間の群れが大きくなるにつれ相対的世界は小さくなる。戦国時代には日本は分裂していたが現代では完全に統一されている。このような事例は枚挙に暇がなく歴史的にかつて国であった地域統一され巨大な一つの国になった。人が進歩するごとに群れは減っていく。

世界的に国家は減っていく。しかこちらはある程度で止まるだろう。江戸幕府が出来る可能性があるが黒船が来ない。もちろん宇宙人出張ってきたら話は別だ。最大でも中国あたりが覇者になり幕府を開き、それくらいで終わるだろう。

2021-03-26

anond:20210326130527

寡聞にして知らないのでどういう欠陥があるか教えてほしい。

あと池袋ときはどう思ってたの?

2021-03-22

anond:20210319225231

から申し訳ない。

修学支援制度JASSO給付型奨学金)と各大学独自で行う入学金・授業料免除制度のもの予算配分もまったく違うもので、文科省入学金・授業料免除基準強制してきたという話は寡聞にして聞いたことがありません。

おそらく、修学支援制度により国公立大学入学金・授業料免除予算が削られたことと修学支援制度要件のもの混同しているように思います

もし具体的にそのような要件高校卒業後2年以内入学 && 標準修業年限内)を課している国公立大学をご存知なら、要項を示してくれればありがたいです。ただ現時点では、少なくともそれは多数派でないと断言できます

 

あるいはそれが勘違いであるならば、「ネットで見た」「噂で聞いた」レベルのことであり、まさにツリー元が指摘しているような落とし穴はまっているのかもしれません。

確認しましょう。そうしましょう。

2021-03-20

若者に「パソコンがなぜ必要か」という問いの答え、個人的には

消費者のままで良いならはスマホでいいが、生産者なりたければパソコン必須である

ことに尽きると思います

現時点で、スマホのみで報告書スライドプログラムなど高度な生産物を作った例を寡聞にして聞いたことがないです。

パソコンは、

世界標準OSアプリ存在する

業務個人わずサポートを受けやす

・画面分割できマルチタスク性が高い

個人に合った周辺機器にこだわれる

自作ならパーツやケースにも(略

エンコードマイニングなどの力技が得意

等の利点がスマホに比べて(現状)優れているわなぁ。

一方のスマホは、

・重量or体積対性能がPCより優れる

WEB検索動画閲覧には十分な処理速度

iPhoneはじめ機種数が少なく画一的

ハイエンド機は安PC凌駕する3D性能

という利点があるのも事実。ただ、課金ゲームばかりなのが個人的には不満。PCなら一昔前のゲームが破格値で買えるのにね…。

スマホで長めの文章を書こうと思ったら、Bluetoothマウスキーボード必須でしょうな。専用のツールタッチパネルとは生産性ダンチで違います

あとはスマホ首に警戒して画面もTypeCで外付けできれば…。ほならもうノートPCミニPCでええやん!となるので、両方持つの理想でしょうね。

将来的にはモニターVR/AR化され入力思念で、という時代が来るとして、現時点では

・排熱の良いタワーPCエンコ&重量級ゲー

・軽くて性能の良いノートPCで出先の軽作業

・長時間持つスマホ検索課金ゲー

トリオバランスが良いかと。ゲーム機があれば人や場所を選ぶタワーは過剰かなぁ。

ちなみに私は、

ゲーム用のミニタワーPC

事務&保存用のフルタワーPC

保険事務サブ用の小型PC

動画再生専用の超小型PC

学習&簡易NAS用のラズパイ

・出先用のモバイルノートPC3台

・旧動画再生用のタブレットタブレット

ドコモ/格安楽天スマホ2台

保有する逸般人というオチです。

昔使っていたノートPCPCパーツ、なまじ愛着があるから捨てるなり売るなりできない性分なので、とにかく保管場所がかかるのが目下の課題です。

2021-03-19

anond:20210319064127

しかし狐に騙された人間など本当にいるのだろうか

寡聞にして知らないのです

2021-03-13

雑誌映画秘宝』の記憶(9)

今回は、セクハラ性犯罪被害者に対するセカンドレイプについての話です。

以下に示すのは、町山智浩柳下毅一郎の共著『ファビュラス・バーカー・ボーイズ映画欠席裁判2』から引用です。引用文中の「ウェイン」が町山智浩の、「ガース」が柳下毅一郎の各々の発言です。以下の引用は、同書のp113からです。

引用ここから

ウェイン:ロマン・ポランスキー十三歳の少女との淫行事件でやっぱり授賞式には来れないの?

ガース:保釈中に海外逃亡だから自動的逮捕されちゃうんですよ。逃亡期間は時効も停止してるし。

ウェイン:でも、ポランスキー少女レイプしたわけじゃないし。

ガース:合意の上なのに相手未成年から強姦扱い。そもそもあの娘は札付きだったしね。

ウェイン:ポランスキー、ハメられたな。ハマったというか(笑)

ガース:ロブ・ロウと3Pして隠し撮りしたビデオを売った少女とか、みんなもういい年だと思うけど、何してるのかな?全員集めて同窓会をやってほしいな。

ウェイン:この手の地雷女はいろんなところに隠れてるからな。あ、この場合地雷少女か。

ガース:地雷少女オタクアニメヒロインみたいッスね(笑)

引用ここまで=

これを読んで、伊藤詩織さんが被害者となった事件に対して近年の町山智浩が行った批判的な言動比較してみると、随分と違いますね。しか果たして、その違いは年月の経過による考え方の変化だけが理由でしょうか?私は、そうではないと思います

そもそも現在の彼らの考え方(後述)そのものが、上に引用した発言の頃(雑誌映画秘宝』掲載2003年、本にまとめて出版したのが2004年)から変化してはいないのです。

松江哲明映画童貞プロデュース。』撮影現場で起こした性的強要事件が発覚した際、町山智浩ら『映画秘宝』がどのような態度を取ったのか、この文章をお読みになっている方々の中で御記憶の方もいらっしゃることでしょう。あの時、町山智浩は「被害者一方的証言だけでは判断できない」と言い、あたか客観的で冷静な態度を取るように見せかけて誤魔化そうとしました。しかし、被害者が「被害者である自分の話を、町山智浩が聞こうとした事は一度も無い」と暴露したことから町山智浩ら『映画秘宝』の欺瞞が明らかになったのです。

上の引用から見て取れる「町山智浩らの考え方」とは、どのようなものでしょうか?それは「偉大な『才能』を持つ人間、大きな『功績』を残した人間自分たち(=町山智浩ら)の『仲間側』の人間は、たとえ人道を踏み外す行為をしても見逃されるべきである」と云うものです。

伊藤詩織さんの事件加害者町山智浩らにとって『仲間側』ではないので、町山智浩らも心置き無く批判できます

しかし、松江哲明は『仲間側』だから町山智浩らも批判を控えます。一方で被害者は、町山智浩らの「仲間で楽しくやっている雰囲気を壊す『異人』」なので、『映画秘宝』に話を聞かれることも無く無視されて放置されます。あの後、町山智浩らが被害者証言を聞いて、何か具体的な行動を起こしたでしょうか?寡聞にして私は知りません。

ロマン・ポランスキーは、彼本人は町山智浩らの存在言動など知りもしないでしょうが映画好きにとっては当然「偉大な才能+大きな功績+仲間側」なので見逃され、その為に被害者悪者にされることになります。これは、被害者女性がおそらく日本語メディア町山智浩らに何を言われているかを知る由も無い、従って反論もできないでしょうから町山智浩から見て『弱そう(=力を持たない)』ように見える人間相手ならばヤンチャに振る舞う」と云う、既にお馴染みとなった『映画秘宝』の行動パターンにも当てはまります

高橋ヨシキ自分パートナー女性の胸を町山智浩に揉ませたのも、雑誌映画秘宝』内部での上下関係からすれば「当たり前」のことであり、「女性という『他者』」は『映画秘宝』内部のホモソーシャル集団における『仲間側』の人間ではないので、女性自身意志尊厳が顧みられることはありませんでした。女性ツイッタラーへの恫喝DM事件編集者奈良さんへのパワハラ事件も、この延長線上に起きたことです。

近年、ハリウッドの大物ハーヴェイ・ワインスタインが犯したセクハラ性的暴行事件が、勇気ある告発者たちの手によって明らかにされました。その後、ワインスタイン効果によって、他の大物たちの悪行も次々と明るみになりました。映画ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーシリーズ監督ジェームズ・ガンもその一人で、過去言動槍玉に挙がって一旦は同シリーズに関わる仕事から追われました。しかし程なくして、ジェームズ・ガンシリーズに復帰すると報道されました。洋の東西を問わず『仲間側』の人間には甘くなると云う傾向は、残念ながら大差が無いようです。ハーヴェイ・ワインスタインの悪行にしても、それが長年に渡って看過され続けてきたのはワインスタインが「米国民主党の大物支援者」と云う「ハリウッド映画人にとっての『仲間側』の人間」だったことが理由と言われています町山智浩ら『映画秘宝』もハリウッド映画を見ることで、海の向こうの遣り口を学んだのでしょうか?残念ながら町山智浩らは、海の向こうの勇気ある告発者とその支援者たちの姿勢は学ばなかったようです。

町山智浩らの盲目的な信奉者たちは、今もなお町山らの行動を模倣する振る舞いを続けています。「被害者にも問題が有る」「被害者胡散臭い」「パートナー男性から『町山さんに胸を揉ませろ』と言われた女性本人が、必ずしも嫌がっていたとは決めつけられない」「一方的証言だけではセクハラパワハラ判断できない。自分には詳しい事が分からないし部外者なので判断は保留にして、これ以上は何も言わない」といった有様です。彼らにとっては、これが「理性的」な振る舞いなのでしょう。

しかし、もしも「分からなくて判断できない」と言うのであれば、いっそ町山智浩らに直に質問してみては如何でしょうか?「吉田豪インタビューは実際に行われたものなのか?」「インタビューで語った行為を実際にしたのか?」と。あるいは自力で『映画秘宝』のバックナンバー過去著作で、彼らの言動を洗ってみるのも良いかも知れませんね。

私は「町山智浩らの考え方は、引用発言がなされた頃から変化していない」と記しました。近年の町山智浩らが盛んにポリコレ的な言動を発信していたのも、彼らのビジネス上の必要性から生じた単なる上辺だけのものに過ぎないと、私は考えています。今回の様に、いざという時に化けの皮が剥がれるのは、上辺だけのものからです。

映画ブレードランナー』の主人公デッカードが、レプリカント(人造人間)を見分ける為に行うフォークト=カンプフ・テストは「被験対象他者苦痛に『共感』する能力を持つか否か」を見極めるものでした。もしも、デッカードが、町山智浩高橋ヨシキや彼らの信奉者たちに「君のパートナーが目上の人間の機嫌を取るために『君の身体自由にさせろ』と言い出したら、君はどうする?」と質問したら、町山智浩らは上辺だけは「良くないことだ!許せない!」と答えるかも知れませんね。しかし、凄腕のブレードランナーであるデッカードならば、その反応が「単に『人間らしさ』を模倣したものに過ぎない」と判定するのではないでしょうか。タイレル社の会長人間であり高名な科学者でもありましたが、レプリカントロイたちの抱く苦悩に対して終に理解共感を示すことはありませんでした。

この文章を読んだ貴方にも、貴方自身に対してフォークト=カンプフ・テスト実施してみることを私は勧めます。「町山智浩高橋ヨシキしたことについて、君はどう思う?」と、貴方自身質問してみて下さい。

気が向いたら、また何か書きますね。アーメン

2021-03-08

映画秘宝』の記憶(6)

今回は、町山智浩に迫ります

2006年太田出版から出された『オタク・イン・USA』(著:パトリック・マシアス、訳・編:町山智浩)は雑誌映画秘宝』その他の日本メディアにマシアス氏が寄稿した文章を集めた本です。この本の後書きから町山智浩パワハラ体質」を示唆する記述を紹介します。(p268〜269)

引用ここから

でも、トモ(※注:町山智浩のこと)の企画ガイド日本オタク文化を僕が見聞する本『クルージングアニメ・シティ』を作るためにみっちり付き合うようになると、彼は本性を露にしてきた。

「てめーの意見とか、くだらないアメリカンジョークなんか誰も読みたかねーよ!」

「てめーの文章は単調で、生き生きとした描写に欠けてる!それに文体が退屈で、やたらもったいぶってて、ノロノロしてんだよ!」

ある日、トモがとりわけ「退屈でもったいぶって」いると思ったコラムを僕が書いて渡したときなんか、電話中に激怒したトモが受話器をガッシャーン!と叩きつけて切ってしまった(この文章をトモが読んだらまた怒るだろうな)。

これでおしまいだ。その時、僕は思った。僕は彼の紹介で日本雑誌にも書き始めたばかりだったのに、それももう終わってしまった。

アメリカ人友達は「何だそいつは。嫌なやつもいるもんだなあ」と、同情してくれた。サンフランシスコ普通以上に平和的な人間ばかり集まった土地柄だから、トモみたいなキツい態度を取る人間はめったにいない。ラブ&ピース世界なんだ。でも、事はそんなに単純じゃない。その答えは僕の女神観音である彼女が教えてくれた。

「トモとあなた日本的なセンパイとコウハイ関係なのよ。もしも彼があなたのことを何とも思わなかったら、こんなに厳しくしないって」

彼女言葉で急にわかった。僕は日本マンガアニメしかたことがなかった世界に足を踏み入れてしまったのだ。『巨人の星』で星一徹が息子の飛雄馬拷問器具みたいなギプスをつけて徹底的にしごいたり、『あしたのジョー』で丹下のおっちゃんが矢吹丈クロスカウンターを体で教えたりするような世界に。

(中略)

トモ、どうもありがとう。僕の「退屈でもったいぶった」文章日本の読者が読みやすいように手直ししてくれたことに感謝する。でも、そのために本の出版が予定より一年も遅れたことには感謝しないけどね。頼むよ、マジで

引用ここまで=

ユーモアコーティングされてはいますが、

(1)怒鳴りつける、受話器を叩きつける等の具体的な描写

(2)スポ根アニメや「センパイとコウハイ関係」と云う言葉を用いた比喩

(3)一般的米国人の目から見て「異様な行動」と捉えられる様子

といった記述から「既に当時から町山智浩言動アメリカ人の目から見ると立派な『パワハラ』と見なされていたのではないか」と推測されます

それから、後に春日太一などから指摘を受ける事になる「仕事の遅延グセ」も見てとれます

ところで、本書の著者であるパトリック・マシアス氏は、現在も日米両国を股に掛けて精力的に活動を続けています

翻って、町山智浩どうでしょうか。日本人向けの仕事はしていますが、町山智浩が「アメリカ出版から本を出した」と云う話や「アメリカマスメディア寄稿した」と云う話を、寡聞にして聞いた事がありません。町山智浩が渡米してから随分と長い月日が経過しましたが「日本事情に詳しい有識者」としてアメリカマスメディアに居場所を得ることはできなかったのでしょうか。

これは一つの仮説に過ぎませんが、早稲田出身者同士の人脈を活用したり、パワハラ的な言動相手威圧するといった「日本国内ではそれなりに通用する(した)手法」も、アメリカでは通用しなかったのではないでしょうか。

こんな話をご存知でしょうか。

或る日本プロ野球監督日本選手根性を入れる為に拳で殴っていたところ、アメリカから来た助っ人外国人選手に見咎められて、次のように言われたそうです。

「そんな事をするのは止めろ。彼を殴るなら俺も一緒に殴れ。ただし、俺は彼と違ってあんたを殴り返すけどな」と。その後、その監督は『少なくとも』その助っ人外国人選手がいる前では乱暴狼藉を働かなくなったそうです。選手には根性要求するのに、どうやら監督本人には根性が無かったみたいですね。

現在パトリック・マシアス氏は、町山智浩との関係が疎遠になったように見えます。その「理由」の一端が、マシアス氏の著書の後書きから窺い知れるように感じるのは穿ち過ぎでしょうか。

アメリカでは「町山さんの事が好きだから、俺の女の胸を揉んでもいいですよ」と言って媚びてくれるような、物分かりの良いカワイイコウハイを作れなかったのでしょうか。

また気が向いたら、何か書きますね。ヘイル、サタン

2021-03-05

パンティライナー讃歌

最初に言っとくけど、今からご飯を食べようとか、なんなら今まさにこれからエッチしようとかしてる男性の方とかはこの下は読まないほうがいいかもしれない。女性の汚れものの話なので(知っていて損ではないとおもうけれどね)。

少なくとも一部の女性(私だよ)の自己肯定感をブチ上げてる、日陰物の話をさせてほしい。


====



パンティライナー、おりものシートをご存知だろうか。

簡単に言うと、ぱんつのロッチオプションとして使う当て布・当て紙である

極々小さくて薄い生理ナプキンみたいな形状をしていて、ナプキン同様にぱんつのロッチ部分に貼りつけて使用する。

バラとかのいい香りがするやつもあるし、無香料のものもある。天然コットンを売りにしてるやつも、人工素材だけど機能的なやつだってある。

違いとしては、ナプキンよりずいぶん薄くて小さく、ナプキンに必需品であるポリマーの水分吸収体も大抵入っていない点が挙げられる(一部入っているのもある。ちょっと高い)。

何より主な出番が「生理じゃない日」というのが大きな違いである。

経血が出ないふつうの日に、毎日使える衛生用品なのである



ところでなぜこのような当てが、しか出血のない普通の日に必要になるのか。



女性にはおりものがあるからである



おりもの子宮や膣から出る液状の分泌物である健康であればふつう酸性の液性をしており、膣に入りがちな大腸菌などのバイ菌を殺菌したり、子宮内部の老廃物を排出したり、また潤滑液としての働きをしたりもする。

おりものがないと膣内部はゴミだらけのバイ菌だらけになってしまう。また完全に乾いたお股では摩擦で痛くておよそ歩けたもんではない。

人によって、また日によっても出る量や色、粘り気やにおいなどは様々であるが、大抵の女性のお股は常にしっとりしているのである毎日である生理がない日もである女性下半身は偉大なるおりものに守られているのである



さて、そんな殺菌と洗浄と老廃物の運搬を担う偉すぎるおりものであるが、ひとつ問題がある。体内に溜めておく場所がなく、排出に際してコントロールも効かないのである

おしっこであれば膀胱があるし、緊急事態ならお股を押さえておけばなんとか決壊を防ぐことができる(ような気がする)。大の方は……3日分くらい体内に留まるのは普通だし、緩い時だってストッパとかお薬がある。

おりものにはこれがないのである。垂れ流しである。行き着く先はクロッチである

同じ垂れ流しの経血とは色も量も起きうる惨事の規模も違うが、クロッチが湿ったぱんつなんてのは穿けたものではない。

ズボンに染みないか、においが漏れいか気になって仕方ない。椅子に座るたびにお股がヒヤッとするし、毛についてぱんつと固まったりすると、トイレで脱いだ時に毛がブチブチ抜けて痛い。奮発して買ったお気に入りのぱんつだって汚れてすぐにいたむし、濡れていることに対して怒りさえ感じることもある。

ロッチが濡れて気持ち悪いのに、ニコニコして人当たりよく仕事勉強をするなんて、どうしても私には無理である



こういう時に使えるのがパンティライナーである

洗い立てのぱんつに装着して履いておく。体内から出たおりものライナーがしっかりキャッチしてくれる。トイレに行ったときに汚れているようなら、すかさず新しいライナーに替えられる。そうすればそのぱんつのロッチはもう洗い立てのそれと同じである

毎日、いつだって、新品のクロッチを感じられるのである



個人的には多い日では1日に3回か4回くらい変えることがある。これが他の女性と比べて多いのか少ないのかわからないけれど、3回も4回もスッキリした気持ちになれる。「からりと乾いていて、汚れていないクロッチ」これがなかなか自己肯定感をぶち上げてくれるのである

強気にもなれる。優しくもなれる。頑張ってもいいかなと思える。

「私もなかなかやるじゃん、ぱんつも濡れてないし」QoLが爆上げした瞬間である



避難所生理ナプキン猥褻物として扱われてしまうとか、今日ルナルナの件で炎上してたりとか、血が出る「生理」は印象として派手なので話題ものぼりやすいし、議論にもなるし、とりあえずの理解もされやすかろう。

そんな中で日常生活を支えてくれるパンティライナーは完全に日陰者である。地味だし。話題にされているのを寡聞にして聞かない。

それでも濡れていないぱんつ、あたらしいクロッチをいつでも提供してくれるパンティライナーは、私の気持ちを人並みに人間にしてくれる救世主である

ありがとうパンティライナー。これからもお世話になります





とまあこう、人に知られざるパンティライナーを称え増田をしたためた訳だが、正直に言うと今日は完全にうっかりしていた。

毎日カバンには替えをいくつか持っているし、会社ロッカーにもストックがあるんだけど、今日はどちらも切らしていて一日中湿ったぱんつで仕事をする羽目になってしまった。

結果は散々である

後悔と懺悔をこめて初増田の題材にすることにした。

半身浴しながらポチポチ書いてたんだけど、そろそろのぼせちゃいそうだから風呂出るね。読んでくれてありがとう



断絶は横たわっている(つまり、途切れているのは縦方向

カズオ・イシグロインタビューhttps://toyokeizai.net/articles/-/414929)を読んだ。非常に多岐にわたる示唆に富んだインタビューだが、私は縦の旅行大事トランプブレグジットを選んだ人を誠実に、そして正確に語る多様性大事、という部分に注目したい。

この多様性は縦のダイバーシティと呼べるものだと思っている。縦のダイバーシティ、横のダイバーシティという言葉は、恐らくまだ社会学者が語ったことのない言葉だ。だが、Twitter検索してみるとこの概念に行き当たっている人を見かける。私も増田2019年には言及している(https://anond.hatelabo.jp/20191023202045)。

一般的リベラルが語るダイバーシティは横のダイバーシティだ。横とは性質能力の種類を指す。

一方で縦のダイバーシティとは貧富の差能力多寡を指す。

横のダイバーシティに比べて縦のダイバーシティ可視化されない。何故なら、断絶が存在しているからだ。断絶は様々な国にあるだろうが、日本に限って言うなら高卒までの世界大卒以上の世界境界が断絶である。参考資料として厚労省統計を貼っておく。https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/dl/03.pdf (これは令和元年6月分の賃金、つまり月収なので注意されたし)

この、歳を経る毎に開いていく収入格差高卒までと大卒以上の間には存在している(専門、短大卒はどちらかというと高卒よりの中間位置している)。一番格差がひどい男性50〜54歳の大卒高卒を比べてみると、年収換算にして224.4万円もの差がある。

そういう統計を見なくてもいい。自分身の回り高卒の人、大卒の人、人数的にバランスよくいるだろうか?恐らく多くの人が偏っている。それをもって縦方向の断絶の根拠として欲しい。

そうした縦方向存在する断絶を、今までのリベラルはなぜか問題にしてこなかった。いや、断絶があること自体問題にしていたが、その断絶を超えたダイバーシティ必要だと主張するリベラルを私は寡聞にして知らなかった。

そこにカズオ・イシグロインタビューが発表され、私はようやくリベラルにもこの点を問題意識に登らせた人が現れたと快哉を叫んだ。

そうなのだ。断絶の向こうにいる彼らと、こちらにいる我々、私たちは話し合わなければならない。縦方向に並んでしまっている私たちが、それでも本当に平等なのかについて。本当は縦も横もないはずなのだ私たちが天の元に平等であるのならば。

断絶を無くしたいと思うのならば、それがそのための唯一の方法なのだと思う。

さら相対的視点として、断絶を維持したいと敢えて思う人々もいるだろう。何かしら、例えばその方が社会が安定するはずだなどという考えを持って。私たちが話し合うことは、そうした人たちを可視化する手助けにもなるだろう)

2021-03-04

anond:20210304181858

キズナアイがFaceRigを使っていたとは寡聞にして知りませんでした

2021-02-24

anond:20210223230157

まともなリベフェミまで「フェミニスト」と一括りにして批判するのは厳禁。「ツイフェミ俗流ラディカルフミニスト」だと思っている。

「まともなリベフェミ」なんて存在寡聞にして知らない

具体的に言うと誰の事なんだろうね、何百年も何十年も前のフェミニストの事なんだろうか

「まともなリベフェミ」って人達は具体的にどんな主張をして今何をしているんだろうか

anond:20210223024907

iq分散が男の方が多いってのと男は論理的処理重視で女は感情的処理重視って報告はいっぱい見るんだけど平均が女のが高いなんて話は寡聞にして聞かないな

ソースあるの?

2020-12-26

RRDいわく1944年10月25日日本戦時下でなかった

RRD と言えばはてな左派界隈を代表する人物の一人だが、どうも彼が1944年10月25日日本戦時下でなかったと主張しているようなのだ

 

発端は以下の記事についた彼のブックマークコメントだ。

記事の内容はツイッター朝日新聞社アカウントが紹介した戦時中女子挺身隊が出勤をする様子が合成により人数を水増しされているというものだ。

https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/asahi-photo">www.buzzfeed.com

 これ自体問題はないしかし、RRD 氏が奇妙な事を言いだしたのだ。

朝日新聞戦時中写真めぐり謝罪。「工場に出勤する女子挺身隊」は合成、Twitter掲載

ネタウヨ的には朝日新聞捏造したことになってるのね。さすがトランプ信者根城だけのことはある。そりゃ話も通じないわ。

https://b.hatena.ne.jp/RRD/20201222#bookmark-4695948251994769250

 

とのことだが、

 

発表によると、写真は、戦時中写真週刊誌「アサヒグラフ」の1944年10月25日号および、朝日歴史写真ライブラリー戦争庶民 1940~49」(朝日新聞社1995年)に掲載されていたという。

 

 

肝心の記事には1944年10月25日アサヒグラフ刊行されたと明らかに記述されているのだ。

さて、1944年10月25日はどんな日かというと、レイテ沖海戦が終わりマッカーサーレイテ島に司令部を設置した日なのだ

これはもちろん言う必要もない事なのだが、日本降伏したのは1945年だ。ポツダム宣言受諾日なのかミズーリ号上での調印なのかは議論余地はあるだろう。しか1944年10月25日太平洋戦争が終わっていたと言う歴史学者はいないのではいか?

よしんばいたとしてもかなり異端の説だろう。論文レベルではあるのかもしれないが寡聞にして存じ上げないので、id:RRD氏にご教示いただきたい。

 

また、太平洋戦争が始まった日も1941年これも異論はないだろう。日中戦争考慮してもそれらは太平洋戦争よりも早く始まっていた。

1941年から1944年日本戦時下というのも自然と導かれる。

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/asahi-photo

ついでにいうとこの記事の他のコメントを読んでも戦時中朝日新聞社によって刊行されたと言う事実否定したり疑問を挟む人は彼以外に誰もいないのだ。

トップコメント朝日新聞社プロパガンダに協力した貴重な史料という内容である

彼とスターをつけた人間のみが奇妙な認識でいるのだ。

 

なぜ、こんな間違いを犯すのか?

1.内容が理解できない

2.終戦の日がわかっていなくて戦後朝日新聞社軍部プロパガンダをまとめた物と勘違いした

 

1.は流石にないと信じたい。2.も大概なので2.の間違いを犯したのだろうと思う。

 

俺ならこんな間違いをしたら恥ずかしくてコメントを消すだろう。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん