「Bash」を含む日記 RSS

はてなキーワード: Bashとは

2017-11-15

anond:20171115134346

eはEdit

rはRemove

プロンプト出したきゃbashならalias crontab="crontab -i"でもしておけ

2017-11-07

anond:20171107110105

美女Linux眺めても、勉強にならないっていいたいの?

bashコマンドなんてねー、覚えても、組み合わせの方が大切だったりするわけだし。

2017-10-19

それでもやっぱり node.js で iconv のインストールに詰まった話

ググったら python 入れろとか Visual Studio Community が必要とかおそろしいことばっかり書いてある。

で、github掲示板書き込みで見つけた!

管理者権限Powershell

npm --add-python-to-path='true' --debug install --global windows-build-tools

するだけ。そしたらふつーに git bash から

npm i -D iconv

できた。

ま、結局 Python-2.7.x と Microsoft Visual C++ Build Tools (3.12GB!) は入っちゃうんだけどね。

2017-09-18

あのさあ・・

追記。自己解決しました。解決編は後編で。前編は、あたふたしたこと履歴になっております

1

$ rake setup
rake aborted!
No Rakefile found (looking for: rakefile, Rakefile, rakefile.rb, Rakefile.rb)

(See full trace by running task with --trace)

は?

 

$ git clone https://github.com/hanachin/rurema-kaku
Cloning into 'rurema-kaku'...
remote: Counting objects: 47, done.
remote: Compressing objects: 100% (26/26), done.
remote: Total 47 (delta 20), reused 44 (delta 17), pack-reused 0
Unpacking objects: 100% (47/47), done.
Checking connectivity... done.

$ cd rurema-kaku/

$ ls
Gemfile  Gemfile.lock  Guardfile  README.md  Rakefile  config.ru

$ rake setup
rake aborted!
/rurema-kaku/Rakefile:24: unknown type of %string
directory "public/theme" => %i(bundle_install public) do
                               ^
/rurema-kaku/Rakefile:24: syntax error, unexpected $end
directory "public/theme" => %i(bundle_install public) do
                               ^

(See full trace by running task with --trace)

あれかな。

 

$ ruby -v
ruby 1.9.3p484 (2013-11-22 revision 43786) [x86_64-linux]

たぶん、これ。

 

2

$ rbenv commands
--version
commands
completions
exec
global
help
hooks
init
local
prefix
rehash
root
shell
shims
version
version-file
version-file-read
version-file-write
version-name
version-origin
versions
whence
which

installがない?

 

$ rbenv --version
/usr/lib/rbenv/libexec/rbenv---version: 17 行: cd: /home/unko/.rbenv: そのようなファイルディレクトリはありません

詰み。

 

rubyやーめた

 

3 - bash on Windows

$ rake setup
-bash: /mnt/c/Ruby23-x64/bin/rake: C:/Users/Justin/Projects/rubyinstaller/sandbox/ruby23_mingw/bin/ruby.exe: bad interpreter: No such file or directory

Justinって誰だよww

 

$ ruby -v
ruby 1.9.3p484 (2013-11-22 revision 43786) [x86_64-linux]

こっちの環境でも古かったか・・

 

 

rubyやめるしかないな

 

 

4

# apt-get install ruby-build
# rbenv install -l
usage: rbenv install VERSION
       rbenv install /path/to/definition

Available versions:
  1.8.6-p383
  1.8.6-p420
  1.8.7-p249
  1.8.7-p302
  1.8.7-p334
  1.8.7-p352
  1.8.7-p357
  1.8.7-p358
  1.9.1-p378
  1.9.2-p180
  1.9.2-p290
  1.9.2-p318
  1.9.2-p320
  1.9.3-dev
  1.9.3-p0
  1.9.3-p125
  1.9.3-p194
  1.9.3-preview1
  1.9.3-rc1
  2.0.0-dev
  jruby-1.6.3
  jruby-1.6.4
  jruby-1.6.5
  jruby-1.6.5.1
  jruby-1.6.6
  jruby-1.6.7
  jruby-1.6.7.2
  jruby-1.7.0-preview1
  maglev-1.0.0
  rbx-1.2.4
  rbx-2.0.0-dev
  ree-1.8.6-2009.06
  ree-1.8.7-2009.09
  ree-1.8.7-2009.10
  ree-1.8.7-2010.01
  ree-1.8.7-2010.02
  ree-1.8.7-2011.03
  ree-1.8.7-2011.12
  ree-1.8.7-2012.01
  ree-1.8.7-2012.02

古いような気がする。

 

 

# apt-get upgrade rbenv
Reading package lists... Done
Building dependency tree
Reading state information... Done
Calculating upgrade... Done
rbenv is already the newest version.
The following package was automatically installed and is no longer required:
  os-prober
Use 'apt-get autoremove' to remove it.
0 upgraded, 0 newly installed, 0 to remove and 0 not upgraded.

# apt-get upgrade ruby-build
Reading package lists... Done
Building dependency tree
Reading state information... Done
Calculating upgrade... Done
ruby-build is already the newest version.
The following package was automatically installed and is no longer required:
  os-prober
Use 'apt-get autoremove' to remove it.
0 upgraded, 0 newly installed, 0 to remove and 0 not upgraded.

ruby界隈もうダメだな

python流れるのがうなずけるわ

 

 

5

なんとかしてruby 2.4をパッケージマネージャからインストールソースからビルドじゃないよ。やり方は教えません。

# rake setup
bundle check || bundle install
The following gems are missing
 * progressbar (0.21.0)
 * rack (2.0.3)
 * bitclust-core (0.9.5)
 * coderay (1.1.2)
 * eventmachine (1.2.5)
 * http_parser.rb (0.6.0)
 * em-websocket (0.5.1)
 * ffi (1.9.18)
 * formatador (0.2.5)
 * rb-fsevent (0.10.2)
 * rb-inotify (0.9.10)
 * ruby_dep (1.5.0)
 * listen (3.1.5)
 * lumberjack (1.0.12)
 * nenv (0.3.0)
 * shellany (0.0.1)
 * notiffany (0.1.1)
 * method_source (0.8.2)
 * slop (3.6.0)
 * pry (0.10.4)
 * thor (0.20.0)
 * guard (2.14.1)
 * guard-compat (1.2.1)
 * multi_json (1.12.2)
 * guard-livereload (2.5.2)
 * spoon (0.0.6)
 * guard-rack (2.2.0)
 * rack-livereload (0.3.16)
Install missing gems with `bundle install`
Fetching gem metadata from https://rubygems.org/...........
Fetching gem metadata from https://rubygems.org/..
Installing progressbar (0.21.0)
bInstalling rack (2.0.3) und                                                                                           
Installing bitclust-core (0.9.5)
Installing coderay (1.1.2)
Installing eventmachine (1.2.5)
Gem::Ext::BuildError: ERROR: Failed to build gem native extension.

    current directory: /var/lib/gems/2.4.0/gems/eventmachine-1.2.5/ext
/usr/bin/ruby2.4 -r ./siteconf20170918-66-19devli.rb extconf.rb
mkmf.rb can't find header files for ruby at /usr/lib/ruby/include/ruby.h

extconf failed, exit code 1

Gem files will remain installed in /var/lib/gems/2.4.0/gems/eventmachine-1.2.5 for inspection.
Results logged to /var/lib/gems/2.4.0/extensions/x86_64-linux/2.4.0/eventmachine-1.2.5/gem_make.out
An error occurred while installing eventmachine (1.2.5), and Bundler cannot continue.
Make sure that `gem install eventmachine -v '1.2.5'` succeeds before bundling.
rake aborted!
Command failed with status (5): [bundle check || bundle install...]
Rakefile:13:in `block in <top (required)>'
Tasks: TOP => setup => template => bundle_install
(See full trace by running task with --trace)

まらんなあ・・。

 

 

6

5はbash on Windows特殊環境下ってのは否めなかったので、やむを得ずネイティブLinuxで。

 

同じエラー発生。

# gem install eventmachine -v '1.2.5'
Building native extensions.  This could take a while...
ERROR:  Error installing eventmachine:
	ERROR: Failed to build gem native extension.

    current directory: /var/lib/gems/2.4.0/gems/eventmachine-1.2.5/ext
/usr/bin/ruby2.4 -r ./siteconf20170918-3352-1g6kzdu.rb extconf.rb
mkmf.rb can't find header files for ruby at /usr/lib/ruby/include/ruby.h

extconf failed, exit code 1

Gem files will remain installed in /var/lib/gems/2.4.0/gems/eventmachine-1.2.5 for inspection.
Results logged to /var/lib/gems/2.4.0/extensions/x86_64-linux/2.4.0/eventmachine-1.2.5/gem_make.out

# apt-get install ruby-dev
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係リー作成しています                
状態情報を読み取っています... 完了
ruby-dev はすでに最新版です。
以下のパッケージ自動インストールされましたが、もう必要とされていません:
  libntdb1 linux-headers-4.2.0-27 linux-headers-4.2.0-27-generic
  linux-image-4.2.0-27-generic linux-image-extra-4.2.0-27-generic python-ntdb
これを削除するには 'apt-get autoremove' を利用してください。
アップグレード: 0 個、新規インストール: 0 個、削除: 0 個、保留: 414 個。

# apt-get upgrade ruby-dev
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係リー作成しています                
状態情報を読み取っています... 完了
アップグレードパッケージを検出しています ... 完了
ruby-dev はすでに最新版です。

rubyで消耗するのやーめた

 

 


 

rubyLinux界隈が*年経っても使えないので、work aroundで自己解決しました。

 

まずは、rurema-kaku

https://github.com/hanachin/rurema-kaku

$ git clone https://github.com/hanachin/rurema-kaku
$ cd rurema-kaku/
$ rake setup

以降、うまくいく場合は、そのままで。なんかしらエラーなっちまった場合は、↓が参考になるかもよ?なお、bash on Windowsでやってる。

 

ruby、他をインストール

ruby 2.4

https://stackoverflow.com/questions/26595620/how-to-install-ruby-2-1-4-on-ubuntu-14-04>|

$ sudo apt-add-repository ppa:brightbox/ruby-ng
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install ruby2.4

複数バージョンを混在させて・・みたいなのもできるみたいだけど、クソなのでキーワードだけ:rbenv

 

rake
$ sudo apt-get install rake

コマンド履歴にあったので、一応。)

 

ruby-dev(知らん)

http://qiita.com/mrmr/items/24302bc9812c820bda91

$ sudo apt-get install ruby2.4-dev

 

↑だけでダメだったら、↓を手当たり次第試す

$ sudo apt-get install ruby2.3-dev
$ sudo apt-get install ruby2.2-dev
$ sudo apt-get install ruby2.1-dev
$ sudo apt-get install ruby-dev

 

bundler(まったく不明
$ sudo apt-get install bundler

(ほんとは、gemからインストールする??てか、aptgemで違うもん?だよなw これもコマンド履歴にあって、なんかしら効果があったような気がしたので・・。)

apt installしなくても、rake setup 時に必要なのがインストールされるかも)

 

愚痴

こんなの2017年にやることじゃないだろ・・。Linux終わったな。

 

ruremaに戻る

$ rake setup
$ bundle exec guard

ブラウザで、http://localhost:9292/ 開いて、「るりま書く」ってでてきた。たぶんOK・・だと・・と思う・・。

doctree/refm/api/src 配下の*.rd? あたりかなと思うけど、なんかなにやればいいかわからん感じ。

2017-09-10

anond:20170910121642

ウソです

 

 

CentOSインストール
c:\>docker pull centos

c:\>docker run -i -t centos /bin/bash

# cat /etc/os-release
NAME="CentOS Linux"
VERSION="7 (Core)"
ID="centos"
ID_LIKE="rhel fedora"
VERSION_ID="7"
PRETTY_NAME="CentOS Linux 7 (Core)"
ANSI_COLOR="0;31"
CPE_NAME="cpe:/o:centos:centos:7"
HOME_URL="https://www.centos.org/"
BUG_REPORT_URL="https://bugs.centos.org/"

CENTOS_MANTISBT_PROJECT="CentOS-7"
CENTOS_MANTISBT_PROJECT_VERSION="7"
REDHAT_SUPPORT_PRODUCT="centos"
REDHAT_SUPPORT_PRODUCT_VERSION="7"

pythonパスバージョン
# which pyhton
bash: which: command not found

# yum install which
Loaded plugins: fastestmirror, ovl

# which python
/usr/bin/python

# ls -l /usr/bin/py*
-rwxr-xr-x 1 root root   78 Nov  6  2016 /usr/bin/pydoc
lrwxrwxrwx 1 root root    7 Aug  1 17:23 /usr/bin/python -> python2
lrwxrwxrwx 1 root root    9 Aug  1 17:23 /usr/bin/python2 -> python2.7
-rwxr-xr-x 1 root root 7136 Nov  6  2016 /usr/bin/python2.7

# python --version
Python 2.7.5

yumとは
# which yum
/usr/bin/yum

# file /usr/bin/yum
bash: file: command not found

# yum install file

# file /usr/bin/yum
/usr/bin/yum: Python script, ASCII text executable

# head /usr/bin/yum
#!/usr/bin/python
import sys
try:
    import yum
except ImportError:
    print >> sys.stderr, """\
There was a problem importing one of the Python modules
required to run yum. The error leading to this problem was:

    %s

# yum --version
3.4.3
  Installed: rpm-4.11.3-21.el7.x86_64 at 2017-08-01 17:23
  Built    : CentOS BuildSystem <http://bugs.centos.org> at 2016-11-05 23:37
  Committed: Florian Festi <ffesti@redhat.com> at 2016-07-26

  Installed: yum-3.4.3-150.el7.centos.noarch at 2017-08-01 17:23
  Built    : CentOS BuildSystem <http://bugs.centos.org> at 2016-11-15 15:30
  Committed: CentOS Sources <bugs@centos.org> at 2016-11-03

  Installed: yum-plugin-fastestmirror-1.1.31-40.el7.noarch at 2017-08-01 17:23
  Built    : CentOS BuildSystem <http://bugs.centos.org> at 2016-11-06 00:11
  Committed: Valentina Mukhamedzhanova <vmukhame@redhat.com> at 2016-08-04

yum remove pythonしてみた
# yum remove python
Loaded plugins: fastestmirror, ovl
Resolving Dependencies
--> Running transaction check
---> Package python.x86_64 0:2.7.5-48.el7 will be erased
--> Processing Dependency: python >= 2.4 for package: yum-3.4.3-150.el7.centos.noarch
--> Processing Dependency: python >= 2.2 for package: pyxattr-0.5.1-5.el7.x86_64
--> Processing Dependency: python(abi) = 2.7 for package: yum-metadata-parser-1.1.4-10.el7.x86_64
--> Processing Dependency: python(abi) = 2.7 for package: python-kitchen-1.1.1-5.el7.noarch
--> Processing Dependency: python(abi) = 2.7 for package: pygpgme-0.3-9.el7.x86_64
--> Processing Dependency: python(abi) = 2.7 for package: python-pycurl-7.19.0-19.el7.x86_64
--> Processing Dependency: python(abi) = 2.7 for package: libxml2-python-2.9.1-6.el7_2.3.x86_64
--> Processing Dependency: python(abi) = 2.7 for package: python-chardet-2.2.1-1.el7_1.noarch
--> Processing Dependency: python(abi) = 2.7 for package: dbus-python-1.1.1-9.el7.x86_64
--> Processing Dependency: python(abi) = 2.7 for package: python-urlgrabber-3.10-8.el7.noarch
--> Processing Dependency: python(abi) = 2.7 for package: pyxattr-0.5.1-5.el7.x86_64
--> Processing Dependency: python(abi) = 2.7 for package: yum-3.4.3-150.el7.centos.noarch
--> Processing Dependency: python(abi) = 2.7 for package: pyliblzma-0.5.3-11.el7.x86_64
--> Processing Dependency: python(abi) = 2.7 for package: pygobject3-base-3.14.0-3.el7.x86_64
--> Processing Dependency: python(abi) = 2.7 for package: python-iniparse-0.4-9.el7.noarch
--> Processing Dependency: python(abi) = 2.7 for package: yum-utils-1.1.31-40.el7.noarch
--> Processing Dependency: python(abi) = 2.7 for package: rpm-python-4.11.3-21.el7.x86_64
--> Processing Dependency: python(abi) = 2.7 for package: yum-metadata-parser-1.1.4-10.el7.x86_64
--> Processing Dependency: python(abi) = 2.7 for package: python-kitchen-1.1.1-5.el7.noarch
--> Processing Dependency: python(abi) = 2.7 for package: pygpgme-0.3-9.el7.x86_64
--> Processing Dependency: python(abi) = 2.7 for package: python-pycurl-7.19.0-19.el7.x86_64
--> Processing Dependency: python(abi) = 2.7 for package: libxml2-python-2.9.1-6.el7_2.3.x86_64
--> Processing Dependency: python(abi) = 2.7 for package: python-chardet-2.2.1-1.el7_1.noarch
--> Processing Dependency: python(abi) = 2.7 for package: dbus-python-1.1.1-9.el7.x86_64
--> Processing Dependency: python(abi) = 2.7 for package: python-urlgrabber-3.10-8.el7.noarch
--> Processing Dependency: python(abi) = 2.7 for package: pyxattr-0.5.1-5.el7.x86_64
--> Processing Dependency: python(abi) = 2.7 for package: yum-3.4.3-150.el7.centos.noarch
--> Processing Dependency: python(abi) = 2.7 for package: pyliblzma-0.5.3-11.el7.x86_64
--> Processing Dependency: python(abi) = 2.7 for package: pygobject3-base-3.14.0-3.el7.x86_64
--> Processing Dependency: python(abi) = 2.7 for package: python-iniparse-0.4-9.el7.noarch
--> Processing Dependency: python(abi) = 2.7 for package: yum-utils-1.1.31-40.el7.noarch
--> Processing Dependency: python(abi) = 2.7 for package: rpm-python-4.11.3-21.el7.x86_64
--> Processing Dependency: python-sqlite for package: yum-3.4.3-150.el7.centos.noarch
--> Running transaction check
---> Package dbus-python.x86_64 0:1.1.1-9.el7 will be erased
---> Package libxml2-python.x86_64 0:2.9.1-6.el7_2.3 will be erased
---> Package pygobject3-base.x86_64 0:3.14.0-3.el7 will be erased
---> Package pygpgme.x86_64 0:0.3-9.el7 will be erased
---> Package pyliblzma.x86_64 0:0.5.3-11.el7 will be erased
---> Package python-chardet.noarch 0:2.2.1-1.el7_1 will be erased
---> Package python-iniparse.noarch 0:0.4-9.el7 will be erased
---> Package python-kitchen.noarch 0:1.1.1-5.el7 will be erased
---> Package python-pycurl.x86_64 0:7.19.0-19.el7 will be erased
---> Package python-urlgrabber.noarch 0:3.10-8.el7 will be erased
---> Package pyxattr.x86_64 0:0.5.1-5.el7 will be erased
---> Package rpm-python.x86_64 0:4.11.3-21.el7 will be erased
---> Package yum.noarch 0:3.4.3-150.el7.centos will be erased
--> Processing Dependency: yum >= 3.4.3 for package: yum-plugin-ovl-1.1.31-40.el7.noarch
--> Processing Dependency: yum >= 3.0 for package: yum-plugin-fastestmirror-1.1.31-40.el7.noarch
---> Package yum-metadata-parser.x86_64 0:1.1.4-10.el7 will be erased
---> Package yum-utils.noarch 0:1.1.31-40.el7 will be erased
--> Running transaction check
---> Package yum-plugin-fastestmirror.noarch 0:1.1.31-40.el7 will be erased
---> Package yum-plugin-ovl.noarch 0:1.1.31-40.el7 will be erased
--> Finished Dependency Resolution
Error: Trying to remove "yum", which is protected

 

 

結論

依存チェックではじかれて、pythonを削除できません

2017-08-27

[]Android 8のソース、27GB

追記

ローカルaospミラーからのcheck out(repo sync)に3時間かかった

(Core2Duo w)

 

追記

tar.gzに40分かかった

追記

 

追記

解凍に1時間40分w

 

追記

にんにん中now。途中でディスク容量が足りなくなる予定

 

追記

80分後にエラー終了

[  4% 2919/61548] yacc out/soong/.intermediates/frameworks...cc/frameworks/compile/mclinker/lib/Script/ScriptParser.cpp
FAILED: out/soong/.intermediates/frameworks/compile/mclinker/lib/Script/libmcldScript/android_arm_armv7-a_static_core/gen/yacc/frameworks/compile/mclinker/lib/Script/ScriptParser.cpp out/soong/.intermediates/frameworks/compile/mclinker/lib/Script/libmcldScript/android_arm_armv7-a_static_core/gen/yacc/frameworks/compile/mclinker/lib/Script/ScriptParser.h
BISON_PKGDATADIR=external/bison/data prebuilts/misc/linux-x86/bison/bison -d  --defines=out/soong/.intermediates/frameworks/compile/mclinker/lib/Script/libmcldScript/android_arm_armv7-a_static_core/gen/yacc/frameworks/compile/mclinker/lib/Script/ScriptParser.h -o out/soong/.intermediates/frameworks/compile/mclinker/lib/Script/libmcldScript/android_arm_armv7-a_static_core/gen/yacc/frameworks/compile/mclinker/lib/Script/ScriptParser.cpp frameworks/compile/mclinker/lib/Script/ScriptParser.yy
prebuilts/misc/linux-x86/bison/bison: 1: prebuilts/misc/linux-x86/bison/bison: Syntax error: "(" unexpected
ninja: build stopped: subcommand failed.
15:45:20 ninja failed with: exit status 1
make: *** [run_soong_ui] Error 1

 

 

今日はここまで

ちょっとアレしないと

 

 

追記

WSL(Windows Subsystem for Linux

bisonネットでひろったバイナリへ変更 → エラー対処できた可能性あり。時間切れで中断。ただ、ビルド継続するとディスクの空き容量が・・・

https://github.com/Microsoft/BashOnWindows/issues/1771

https://github.com/kxzxxx/android_build

 

UM(Ubuntu on Mac

make -j4でjavaメモリ不足?エラー。j4なしで → エラー対処できた可能性あり。時間切れで中断。こっちはディスク空きは大丈夫なはず

にしても、ネイティブメモリ16GBで厳しいのか・・ → 追記 8GBって認識されてる。

$ ldhw -c memory
     *-bank:0
          詳細: SODIMM DDR3 同期 1333 MHz (0.8 ns)
          ベンダー: 0x0383
          物理ID: 0
          シリアル: 0x00000000
          スロット: DIMM0
          サイズ: 8GiB
          クロック: 1333MHz (0.8ns)
     *-bank:1
          詳細: SODIMMProject-Id-Version: lshwReport-Msgid-Bugs-To: FULL NAME <EMAIL@ADDRESS>POT-Creation-Date: 2009-10-08 14:02+0200PO-Revision-Date: 2014-10-12 06:22+0000Last-Translator: Shushi Kurose <md81bird@hitaki.net>Language-Team: Japanese <ja@li.org>MIME-Version: 1.0Content-Type: text/plain; charset=UTF-8Content-Transfer-Encoding: 8bitX-Launchpad-Export-Date: 2016-06-27 17:08+0000X-Generator: Launchpad (build 18115) [空]
          物理ID: 1
          スロット: DIMM0

壊れたか!!!???

 

 

 

予断は許さないが、WSLでAndroidロムのビルドができる可能性あり

っていうか、AOSPじゃなくて、カスロムだとビルド成功報告があるしな

ただし、ディスク容量がたんまり必要

たぶんビルドで30GB以上でてくるはず

 

ソース 約30GB

.repo 約20GB

ビルド 約30GB

雑に計 約80GB

 

追記

WSL(Windows Subsystem for Linux

進捗10%でディスク空きが3GBwになったので、泣く泣く中断

UMでの出力ファイルサイズを見て、やるやらないきめましょう

 

UM(Ubuntu on Mac

時間で30%ぐらい。ってことは、10時間ってことか??

寝て起きても終わってないな。

 → さらに、前回中断してるので、それを加味すると10時間じゃきかないな。

追記

UM(Ubuntu on Mac

[ 57% 30322/52868] Building with Jack:...k_intermediates/with-local/classes.dex
FAILED: out/target/common/obj/JAVA_LIBRARIES/framework_intermediates/with-local/classes.dex 
/bin/bash out/target/common/obj/JAVA_LIBRARIES/framework_intermediates/with-local/classes.dex.rsp
Out of memory error (version 1.3-rc6 'Douarn' (441800 22a11d4b264ae70e366aed3025ef47362d1522bb by android-jack-team@google.com)).
GC overhead limit exceeded.
Try increasing heap size with java option '-Xmx<size>'.
Warning: This may have produced partial or corrupted output.
ninja: build stopped: subcommand failed.
01:27:14 ninja failed with: exit status 1
build/core/main.mk:21: ターゲット 'run_soong_ui' のレシピで失敗しました
make: *** [run_soong_ui] エラー 1

#### make failed to build some targets (07:31:51 (hh:mm:ss)) ####


real	451m51.293s
user	418m48.588s
sys	13m8.276s

 

おおぅ・・

再起動してみるか

 

 

追記

mac再起動したけど、片方のメモリ認識せず

蓋開けて、刺し込み位置取り換えして、再起動・・・、16GB認識OK

よかった・・・

Galaxy S3が壊れて泣きそうなので、ほんとうによかった・・

 

 

追記

UM(Ubuntu on Mac

ビルド成功トータルで何時間だろう?10時間未満だとは思うけど・・

んで、outが44GB

ふざけんなwww

$ du -hs android-8.0.0_r4/
93G	android-8.0.0_r4/

これってなんかおかしくね?

WSL(Windows Subsystem for Linux)でもやりたかったけど、無理だな

外付けもあまってないしな〜〜

SSD調達しようかねえ?

 

追記

SSD500GB 20,000円付近か~~

KKOだからな~~~

どうしようかな~~~~

しぃなぁ~~~~~

 

外付けデータディスクとして使う予定だから、3.5HDDでもいいか???

いっつも悩むんだよなあああああ

 

内蔵の確かSSD128GBだったような気がするけど、この際に交換か???

 

追記

Core2DuoメモリGBの廃スペックノートPCUbuntu)でビルド

[  3% 2191/61548] Building with Jack: ...l_intermediates/with-local/classes.dex
FAILED: out/target/common/obj/JAVA_LIBRARIES/core-all_intermediates/with-local/classes.dex 
/bin/bash out/target/common/obj/JAVA_LIBRARIES/core-all_intermediates/with-local/classes.dex.rsp
Out of memory error (version 1.3-rc6 'Douarn' (441800 22a11d4b264ae70e366aed3025ef47362d1522bb by android-jack-team@google.com)).
GC overhead limit exceeded.
Try increasing heap size with java option '-Xmx<size>'.
Warning: This may have produced partial or corrupted output.
ninja: build stopped: subcommand failed.
11:39:11 ninja failed with: exit status 1
make: *** [run_soong_ui] エラー 1

#### make failed to build some targets (49:35 (mm:ss)) ####


real	49m34.775s

予想通りではあるが、メモリ不足で終了。オプションで調整できる?調整したところで無理か?

どうも、HDDの肥やしをみると、Android 6はビルドできたっぽいんだが。7でもメモリ不足で失敗してたか

 

追記

WSL(Windows Subsystem for Linux

USB2.0wの外付けHDDでやりなおし。なんか出てるな~~

[ 27% 17003/61548] Generating TOC: out/target/common/obj/JAVA_LIBRARIES/core-all_intermediates/classes.jar.toc
FAILED: out/target/common/obj/JAVA_LIBRARIES/core-all_intermediates/classes.jar.toc
/bin/bash -c "(prebuilts/build-tools/linux-x86/bin/ijar out/target/common/obj/JAVA_LIBRARIES/core-all_intermediates/classes.jar out/target/common/obj/JAVA_LIBRARIES/core-all_intermediates/classes.jar.toc.tmp ) && (if cmp -s out/target/common/obj/JAVA_LIBRARIES/core-all_intermediates/classes.jar.toc.tmp out/target/common/obj/JAVA_LIBRARIES/core-all_intermediates/classes.jar.toc ; then rm out/target/common/obj/JAVA_LIBRARIES/core-all_intermediates/classes.jar.toc.tmp ; else mv out/target/common/obj/JAVA_LIBRARIES/core-all_intermediates/classes.jar.toc.tmp out/target/common/obj/JAVA_LIBRARIES/core-all_intermediates/classes.jar.toc ; fi )"
ftruncate(fd_out, GetSize()): Invalid argument
/bin/bash: line 1: 30384 Aborted                 (core dumped) ( prebuilts/build-tools/linux-x86/bin/ijar out/target/common/obj/JAVA_LIBRARIES/core-all_intermediates/classes.jar out/target/common/obj/JAVA_LIBRARIES/core-all_intermediates/classes.jar.toc.tmp )
ninja: build stopped: subcommand failed.
10:26:21 ninja failed with: exit status 1
make: *** [run_soong_ui] Error 1

#### make failed to build some targets (08:44:50 (hh:mm:ss)) ####


real    524m50.540s
user    332m5.844s
sys     170m18.359s

https://forum.xda-developers.com/android/general/guide-build-rom-source-windows-10-t3469420/page2

 

追記

あの~~、ninja差分ビルド?部分ビルドってどうやんの・・・

 

まとめ

Core2DuoメモリGBの廃スペックノートPCUbuntu) → メモリ不足

Ubuntu on Mac miniメモリ16GB → 10時間ぐらい?でビルド完了

WSL(Windows Subsystem for Linux)・メモリ16GB・USB2.0外付けHDD → 検証なう・・

 bisonの入れ替えが必要

 ijarエラーが出ている

2017-08-16

メカニカルゴリ押しって大好き

よろしくお願いしまぁぁぁすっ!!と好きなだけ ボタンを押せるウェブサイトができたというので

手でぽちぽちやったけど、100回達成で二番目までしか解放されなかったので

adbコマンド様に全て任せて朝を待とう。

adb shell getevent -lでEnterキーボタンの押下位置を割り出して

/dev/input/event0: EV_ABS ABS_MT_POSITION_X 00000347

/dev/input/event0: EV_ABS ABS_MT_POSITION_Y 000006fb

16進数10進数に変換して、bashで以下のコマンドをぐるぐる回す。

#!/bin/bash

COUNTER=0

while [ $COUNTER -lt 100000 ]; do

adb shell input tap 839 1787

let COUNTER=COUNTER+1

done

サーバ見てないし、UAいじってPCでちょいちょい直せばアンロックできそうなことは想像ついたけど、これはこれでいいものだ。

画面ぼけっと眺めてるだけでもうるさいが。

2017-08-11

32bit LinuxではAndroid開発はお勧めしない

sdkmanagerでインストールされるツールバイナリがことごとく以下の通り

$ file `which emulator`
/data/Android_SDK/tools/emulator: ELF 64-bit LSB executable, x86-64, version 1 (SYSV), dynamically linked, interpreter /lib64/ld-linux-x86-64.so.2, for GNU/Linux 2.6.15, stripped
$ emulator
bash: /data/Android_SDK/tools/emulator: cannot execute binary file: 実行形式エラーAndroid Studioなどでエミュ動かそうとすると Syntax error: ")" unexpected とか謎のエラー

まり64bitバイナリなのである32bitバイナリ提供されない(Won't Fix (Intended behavior))
逐一バージョン戻してもいいのだが仕様だし他のも32bit切り始めてるしメモリ4GBもしんどいし64bitやろう。うん。おかねください

2017-06-30

死んだ

#!/bin/bash
typeset -r CurrentPATH=$(cd $(dirname $0); pwd)
typeset -r TIME=`date +%Y-%m-%d`

if [ $(echo ${CurrentPATH} | grep -e 'debug' ) ];then
    rm -rf ${CurrentPath}/
else
    mkdir ${CurrentPATH}/${TIME}

fi

2017-06-12

一般的エンジニアレベルが分からない

俺の会社技術力低いらしいのは薄々分かるんだが、世の中のエンジニアレベルが分からない

入社して3年以内のエンジニアの人で、今具体的にどんなことをやっているのか教えて欲しい

ちなみに俺のレベルサーバOS設計書見ながら建てられるとか、bashperl簡単スクリプト組めるとか、webサーバー立てられるとか、まあそんなもん

2年目でこれっぽっちである

2017-05-15

windows7でもbashが動くようにして欲しい

2017-05-08

powershellを覚える気がないので、VirturalBoxでUbuntuを動かしその中でBashを書くと、vimtmuxも使えて快適。

今のところ問題は改行コードの違いの扱いが煩わしい。

2017-05-06

Infrastracture as code (笑)

ansible

結局yamlデータ構造を現すもので、プログラミング的な繰り返しとかIF文は無理やり過ぎて違和感しかない

chef

RubyDSLって普通にダメねこりゃ。実行順序も分からんし、普通にRubyで書いた方が良い気さえする

puppet

独自のSyntax覚えるのかったるすぎる。大して便利じゃない

でどうなった?

何でもやろうとすると結局、プログラミング言語みたくなってどんどん可読性が落ちる

結局最後bashで良いんじゃねーかなってなる。シンプルにできるなら一番筋が良いのはansibleだけど微妙に書き方変わったりして追従がかったるい

俺の知ってる会社chefで全自動だぜ!とか言ってキラキラ感だしてる会社あったんだが今は全然回ってないらしいww

一時はもてはやされたけどDockerとか出てきた昨今こんなの今頑張らなくてもいいのかもな

2017-02-26

anond:20170225195916

"Google翻訳オープンソースプロジェクトに使うのはダメなのか? " についての反論

いい記事なのだが、いくつか反論や補足が必要だと思ったので書く。

GPLコンパイラの例

このGPLコンパイラとはGNU bisonやGCC(GNU Compiler Collection)について指しているのがほぼ明確なのでそれらについて書く。

確かに著作権法を元にしたライセンスは、ソフトウェアの出力結果に対してソフトウェア著作権ライセンスが影響しないと解釈するのが妥当であるというのは正しい。

ただしこれは"著作権ライセンス"に限った話である、つまり著作権ライセンスでは不可能な制約がEULAなどでは課すことが可能であるということを意味する。

詳しくはGNUの書いた記事の"契約を元にしたライセンス"という項を読むと良い。以下に引用する。

https://www.gnu.org/philosophy/free-sw.html

ほとんどの自由ソフトウェアライセンスは、著作権を元にしています。そして著作権によって課することができる要求には制限があります。もし、著作権を元にしたライセンスが、上記に記した自由尊重するならば、まったく予期しない他の種類の問題があることはありそうもないでしょう(予期しないことはまま起こりますが)。しかし、ある自由ソフトウェアライセンスは、契約を元にするもので、契約もっと広範な制限を課することが可能です。これは、そのようなライセンスが、容認できないほど制限が強く、不自由でありうる、いくつもの形態がありうることを意味します。

わたしたちは、起こりうるすべてのことをあげることはできないでしょう。もし、契約を元としたライセンス利用者を(著作権を元としたライセンスでは無理な形で)異常に制限するならば、そして、それがここで正当だと述べられていないのならば、それについて検討しないといけないでしょうし、そのライセンスは、不自由である結論づけるかもしれません。

また元の記事の著者はGCCやbisonがGNU GPLのような強いコピーレフト保護されたソフトウェアでも、それによって作成された著作物GPLにならない(つまりコンパイラやパーサーのライセンス継承しない)ことを根拠考察しているようだが、実はbisonやGCCGPLにはライセンスに対する例外付属していることを考慮すべきである

GCCやbisonの著作権保持者であるFree Software Foundationは著作権法の話をするとき、たいていアメリカ合衆国を想定しているがこれらの自由ソフトウェアが広く使われるあたって、著作権法とそれを元にしたライセンスが異なった解釈をされることがありうることをおそらく危惧している、そのため出力に対してソフトウェアライセンスが影響しないことを確実にするためにこれらの例外規定しているのではないか

この二つの理由から、元記事議論世界中に対して広く配布するFLOSSディストリビューションでは(非常に残念ながら)鵜呑みに出来ないと私は考える。

フェアユースについて

フェアユース規定は例えば日本では存在しない、

加えて言えば、たとえフェアユース規定が全世界的に利用できて、営利目的でなければ利用できたとしても、

フリーソフトウェア/オープンソース定義の中に

自由.0: どんな目的に対しても、プログラムを望むままに実行する自由

(i.e. オープンソース定義 6項 利用する分野に対する差別禁止)

がある限り、そのような制限ディストリビューションは受け入れられないだろう。

またOracle vs GoogleJavaAPI訴訟はケースとしてはかなり特例であり、

一般に広く適用すればlibcすら当てはまるのではないかと私は思っている、

これを根拠にしてよいのならばそもそもコンピューター業界がひっくりかえるのではないか

Web翻訳の結果をオープンソースソフトウェアで使うべきか、そうではないか

少なくともUbuntuのようなプロジェクトにおいて、私は断固反対である

というのは現状ほぼすべてのWeb翻訳(例外があれば教えて欲しい)はプロプライエタリないし、それと同じ結果をもたらすSaaSSだからである

Webブラウザを介して使う翻訳サービスはSaaSSの代表例であり、ユーザーコンピューター計算コントロール

つべであるという自由ソフトウェア思想と明らかに相容れないものである

このようなサービスを利用することの弊害として、(例えば)Google翻訳翻訳処理の計算依存することにより、ユーザー入力Googleが常に把握することが挙げられます

もちろんこれはあまり良いことではない。

多くのFLOSSシステムディストリビューション自由ソフトウェアを主に入れるというガイドラインを持っている。

アーカイブのごく一部にnon-free(Ubuntuならrestricted/multiverse)なソフトウェアがあるが、

これは事実上妥協産物であり、排除しても大した問題がないならば配布から除外することに多くのディストリビューション関係者異論を挟まないだろう。

また例えばDebianはあるソフトウェアがDFSG(Debian フリーソフトウェアガイドライン)に適合するフリーソフトウェアであったとしても、それがガイドラインに適合しない著作物依存する場合、contribというセクションに閉じ込めており、それは公式システムの一部ではないとしている。(建前ではcontrib/non-freeセクションはユーザー向けの付加サービスとされる)

Ubuntuコミュニティ新規に作られた著作物コミュニティ哲学に反する物に依存するというのは、かなり致命的である

たとえ奇跡が起こり、例外的Google翻訳や一部のプロ翻訳ツールBSDライセンス(Launchpad上での翻訳ライセンス)での出力を許したとしても決して褒められたものではない。

Ubuntubug#1に"Ubuntuソフトウェア自由である。常にそうであったし、今後も常にそうである自由ソフトウェアは万人に望むままの方法で使い、望むままの人間と共有できる自由を与える。この自由は多大な利点である。"とプロジェクト創始者であるマーク・シャトルワースが書いていることをよく考えるべきである

https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+bug/1

この反論を読んだ読者の中にはあまりGNUプロジェクト寄りに思想が傾いていると思う者がいるかもしれないが、

いわゆる"Linuxディストリビューション"の中には数多くの重要GNUソフトウェアシステムの根幹をなす形で入り込んでおり(例えばGCC,bash,glibc etc...)

またUbuntu派生元となったDebianの成立経緯にはやはりFSFが関わっている。

さらに言えば、システム保守を手伝う人の中にはシステムフリーからボランティアで頑張っているという人もいると思う。(ほとんどではないかもしれない)

のでUbuntu周りの話に限ってはこういった観点で見てもよいと思ったので書いた。

追記

Ubuntu Japanse Teamの関係者に読まれたようなので満足しました。(2017/2/27 22時)

2017-01-26

別にzshを使うのは自由だけどさ

posix shellかbashで動くスクリプトを用意してくれよ

プラグインインストールのためだけにいちいちzshを入れたくない

2017-01-02

俺が新年最初コマンドライン入力した文字列

$ oppaiopppaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiikawaiikonooppaiopppaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiopppaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii
-bash: oppaiopppaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiikawaiikonooppaiopppaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiopppaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii: command not found

2016-11-14

Linux勉強して、プログラムってこんなに地味で泥臭いことやってたのかって感動した

windowsしか使ってこなかったからってのもあるんだけど

プログラムって魔法に思えて仕方がなかった

なにがどうなってこれが動いてるんだって思いながらゲームやったりしてたんだけど

部活HP作るってことになってサーバーの本読みながらサイトを公開しようと思ったんだけど

ぜんぶ文字でやっててボタンとかでないからすごいと思った

C言語勉強したときはいつまでたっても絵の話がでなくて文字ばかりで、文字表示ばっかりじゃんっておもったけど

実際文字を処理することで仕事できるんだな

命令するbashかいうやつも、それすら一つのプログラムで、ちゃんとファイル場所があって

あーこれwindowsでもあるPATHってやつじゃんって面白かった

にしてもここからどうやってGUIってやつに進化するんだこいつって思いながら

結局俺はLinuxのことがよくわからないままではある

こいつがどう進化したらwindowsとかみたいに絵になるんだか

それにしても面白い

まりプログラマーってのは俺らにGUIで見せてはいるけど

裏では文字で処理できるようなことをしてるってことだ

ボタンを押すのとコマンドをたたくのは違いがないってことか

から開発者文字だけで処理できるCLIってのがいいのか

しかし絵はどうするんだ

わからん

2016-11-04

http://anond.hatelabo.jp/20161104162735

Win10のAniversary Update で Bash環境Linuxコマンド使えるようになったらから、今までリッチGUI環境下でUnix系の開発したくてMac使った開発者Windowsに移りそう。というか移ってる。

2016-10-10

http://anond.hatelabo.jp/20161010175223

さっさとぱいそんに乗り換えよう。

人生bashで苦労していられるほど長くは無いのだ。

bashでやり始めたけど、いろいろ外部プログラムとの連携を考えるとpythonでやればよかったと思っている。

bashよりRのほうがまだましだったかもしれない。

bash変数文字列しか入らないことがめんどくさい。

awkが強力なのはわかったし、ディレクトリファイルの移動や検索、展開等は簡単だけど、

結局関数を作ったりするのには向かない

2016-08-13

bash高収入カラクリ

アメリカでもどこでも、俗に言うプログラミング言語であるCやJavaRubyなんかを扱う人間っていうのは

職能としては「コーダー」扱いであり、日本以外ですら下流工程専門の十把一絡げな作業員しか扱われない、ということ。

ITエンジニアリング本質製造工程ではなく運用保守に重きが置かれるものであるから

アプリケーションのものよりも寿命が長く、製造工程では用いることの無いbashSQL高収入なのはしろ必然

はてなーにも数多いるだろうエンジニアの皆様も、多分理解できてるところなんじゃないでしょうか。

プログラム書けるだけとか今時スキル扱いすらされねえよ」って事実に。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん