「ネックレス」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ネックレスとは

2018-10-22

ネックレスって

首疲れない?あんなに軽いのに首疲れるの不思議

2018-10-20

少年誌で男同士の指輪とか何考えてんの?

名探偵コナンコラボグッズネックレスだけどさぁ。

他のキャラはそれぞれあるのに対して赤井安室だけ色違いで同じ指輪なのが気持ち悪いったらありゃしない。

マジ最近の売り方気色悪すぎるだろ。

2018-10-02

みおのイメージが崩れる。

みおちゃん源氏名だと可愛い子だったんだが。俺のみおをかえせー

お菓子差し入れしたし、ネックレス差し入れた。

メルアドの交換だってしたんだぞ、返事は出勤日にしかこなかったけど。

2018-08-29

祖母、母、父とわりにお洒落ネックレスやら指輪やらアクセサリーに金をかけるタイプの親から育ったのに、自分は全くもって興味ないのなぜなのか

2018-08-24

京都大学増田の考え方に便乗してみよう

タトゥーのことが話題になっているので、いつもの京都増田容姿云々の考え方を取り入れて考察してみる。

タトゥーしろネックレスしろヤンキー達が周囲を怖がらせようとするのは、彼らの容姿不細工からなんだよね。

素の状態不細工がいると、周囲の人間からクスクスと笑われてしまう。つまりはナメられてしまう。

それが嫌だから不細工人間タトゥーなどを掘って周囲を威嚇して笑われないように「武装」しているわけである

逆に美男美女場合は、何もしない状態でも周囲の人間尊敬と注目を集めることが出来る。

不細工人間は「武装」して周囲から注目されることによって、美男美女と同じ経験を得ようとしている。

その注目の内容が、美男美女ヤンキーとではまったく質が違うんだけどね。

から、もしタトゥーを入れた人間を見かけたら、思い切って笑い飛ばしてやればいいのだ。

一人で笑い飛ばすのは危険だが、徒党を組んで数人で笑えば数の力でヤツらを撃退できる。

2018-08-22

ルリ子と夏

夏になると今でも思い出すんだけど、俺が小学生ときに近所にルリ子って子がいたんだよね

彼女はなんというか、ちょっと変わってるというか、不思議な子だった

俺と同い年(10歳)なんだけど、まず学校に通ってないんだよ

なんたって、放課後光速で同じ小学校のやつが集まる公園に行ってもすでに公園にいて、花をあつめて遊んでるんだよ

花をあつめてネックレスにしたりだとか、冠にしたりだとか、指輪にしたりだとか細かいことがすごい得意な子だった

で、例のごとく俺はルリ子の事が好きだったんだよね

小学生が好きな子にやることなんて一つ、嫌がらせ

ルリ子が花で花冠を作って出来上がったとき強奪して木の上に隠すとか、鬼ごっこでルリ子だけ狙うとか、スカートまくりあげるとか

今考えれば申し訳ないことをいっぱいしたな

ある日、俺がなぜかルリ子の家で遊びたいと思って「家に連れてってくれよ」って言ったんだよ

ルリ子はめちゃくちゃ嫌がったんだけど、とにかく頼み込んで連れてってもらった

ルリ子の家は公園のすぐ裏の……ぼろ屋、というか……掘っ立て小屋、というか……

例えるなら学校うさぎ小屋ぐらいの大きさで、廃屋と言われても納得しただろう

ルリ子は申し訳なさそうにその家に入ると、中から何かを持って戻ってきた

たんぽぽでできた指輪だった

それを俺の手を取り、指にはめると「これで許してね」と言わんばかりに帰れという目をした

彼女は口数が多いほうじゃなかった

俺はたんぽぽ指輪を持ってウキウキで家に帰った

それから、ルリ子が徐々に公園に現れなくなっていった

いつもは話しかけるとニコニコで「おはよ、増田くん」なんて言ってくれてたのに、俺の好きだったひまわりのような笑顔は消えていった

なんでだろうと思った頃にはもうルリ子を見ることはなくなった

気づいたときにはもうずっと来なくなっていた

いつか来るだろうと俺は変わらず公園で遊び続けていたが、1年2年3年が経ち、何年経っても彼女は来なかった

中学生になった頃、ふと気になってルリ子の家に行ったけど、そこは単なる空き地だった

取り壊されたのだろうか

ルリ子はどこに行ったんだろう?ルリ子って、どんな子だったんだろう?

今思い出せば顔も身長髪型もなんだかあやふやで、彼女が本当にいたのかわからなくなってくる

夏になるとルリ子のことを思い出す

懐かしくなって、恋しくなって、そしてまた記憶が薄れる

俺にとってのルリ子は、まさに夏だった

ルリ子に貰ったたんぽぽ指輪は帰ってすぐに棚に飾った

そして枯れて、粉々になって、今はもうない

2018-08-13

みんなの当たり前ができない

決められた時間会社行けないし

会議の途中でひとりマジカバナナ始まって話聞いてないし

新幹線飛行機も間に合わないし

さっき買った切符がもうないし

彼女にもらったネックレスどっかでなくしちゃったし

高かったイヤホンどこに置いたか忘れちゃう

もう出る時間なの分かってるのに、失くしたものが気になって家中探してるうちに遅刻するし

から決められた時間会社行けないし(以下ループ)

2018-08-11

半年ぶりにあった祖父、昔漁師お酒をよく飲んで、精神科入院したことがあったなんて信じられないほど穏やかだった。

遠目から私の胸元にあるネックレスの小さな3ミリほどの石を見て、「オパールをつけとるのか」と笑った。

私が物心ついてから漁師で、お酒を飲み、祖母や母を怒鳴っていた。でも、母が小学生だったぐらい昔、有名人にも買われるような宝石職人だったらしい。

人には歴史があるのだな、知ろうとしなかったことへのちょっぴり後悔も感じた

2018-07-25

anond:20180725214148

アクリル製の、引っ掛けて収納できるアクセサリーケースは良かった

場所取らないしネックレスが絡まるのがかなり軽減された

2018-07-09

転職サイトって何であんなにエンジニアオススメするん?

あんまりにもエンジニアオススメされて、エンジニアになればさもバラ色の未来が待っているかのように言われすぎているせいで、雑誌広告についている怪しい金運ネックレス札束プールの中でカチャカチャターンしてるエンジニア達の姿見えるよきっとシリコンバレーに住むんだろうねそこへ連れてってくれる転職エージェントなんてどこにもいないだろうけど

2018-07-02

anond:20180702094451

十年くらい不妊治療して効果が出ないと「何で私だけ、価値のない人間?」ってなってネックレスにすがるしかなくなるんだよな

精力増強!妊娠菌!幸運ネックレス

これ信じてる人いるの?

あれだけ広告載せてるからいるんだろうけど

2018-06-04

東大を出て大企業」は「負け組」と実感した話

東大卒アラサー業界トップメーカー勤務サラリーマン

学生の頃は東大トップ層ではないが、落ちこぼれでもない程度。

最近仕事プライベートの両面で精神が滅入ることがあり療養中。

先日、妻から宝飾店主催ツアーを勧められ、気分転換も兼ねて参加した。

催事チケットと高級ホテルランチパッケージにしたバスツアーで、有閑マダムを集めて比較的安く開催しているもの

安い代わりに宝飾品のセールスセミナーが組み込まれていて、商品の素晴らしさを解説される。

このネックレスは編んで使っても綺麗ですよとか、色々なお洋服に合いますよとか、はっきり言って自分感覚からすればくだらないとしか思えない内容だった。

それでもマダム達はあら素敵とばかりにセールストークに乗り、俺の月収以上の値段のする商品を大して悩みもせずお買い上げ。

俺がメンタル壊して長時間労働に耐えながら1ヶ月働いてやっと手に入れる額を、たかが綺麗な石ころにホイホイと払う人たちがいる。

どう見ても俺より努力もしていなさそうだし、聞こえてくる会話からもあまり教養を感じない。平日の昼間からこんな時間のかかるツアーに参加しているあたり、仕事もしていそうに見えない。

不労所得階級、恐らくは地主家系、あるいは高給取りの奥様だろう。妻も地主の娘なのでそのあたりはわかる。

自分東大から大企業に入ったものの、所詮時間と体力と精神力を引き換えにすることでしかお金を手に入れられない身分仕事はそれなりにやっているので最近社長役員と関わる機会も増えてきたが、彼らもレベルが違うだけで本質は同じ。

改めて、どう努力しても超えられない壁存在をまざまざと見せつけられた気分だった。

正確に言えば起業なり投資なりの方法階級を超えることは可能かもしれないが、労働者階級にいるものがそこに辿り着くためにはリスクを背負わなければならない。

今までやってきた努力所詮労働者階級内で「使える奴隷」になるための努力に過ぎないのだなと思った。

しかランチの間近くから聞こえてきた会話の内容は、マダム達の熱意もない子女予備校や塾で矯正していい大学に行かせるというもの

階級は超えないとはいえ「勉強」は持たざるものが持てる者に勝つ数少ない手段として導入されたもの(古くは科挙明治維新など)だったはずが、その席すら持てる者がステータス感や見栄え、いわばファッション感覚で持っていってしまっている。

自分は幸い労働者階級のかなり上の方にいられたし、不労所得階級と繋がりも持てた。今の自分境遇が嫌だというつもりはない。お金のある人がお金を使うのは良いことだということも理解している。

辛かったのは「自分努力で」誰にも負けないよう登っていくことは不可能であること、最初から決められてしまっていたんだということを見せつけられたこと。

バスビジネス街を通ったあたりで、窓の外にいる疲れた顔をしたサラリーマン(とは言っても大企業本社が多いエリア、いわゆるエリートサラリーマンであろう)とマダム達の顔を見比べて、涙が出てしまった。

おれたちは勝ち組なんかじゃない。所詮プロレタリアートだ。

2018-05-13

ITフリーランスだけど

今の時期はTシャツとか五分袖のカットソーにおとなしめのネックレス

下はデニムとかチノパン

靴はニューバランス

新しい仕事相手面談に行く時はさすがにジャケットぐらいは羽織

そういう感じです

2018-05-03

ビー玉のネックレス

小学生の頃ビーズ指輪とかネックレスとか作ってたんだけど、ある時ビー玉を使おうと思った。直径3センチくらいの普通より大きいお気に入りの水色のビー玉があったのでそれを使うことにした。

ビー玉の周りをワイヤーでグルグル巻きにしてペンダントトップにしてペンダントを作った。私っておしゃれの天才じゃない?と思いつつ首にかけて友達と遊びに出かけた。

しかし走ると大きなビー玉が胸の真ん中の骨のところにゴンゴンぶつかって超痛いの。骨にヒビが入りそうな勢い。すぐ外したけど。ビー玉はペンダントには向いてなかった。でも大人なら走らないか大丈夫かもしれない。

2018-04-28

コラボでもないのに勝手キャラクター名前つけて商品売っていいの?

https://item.rakuten.co.jp/auc-shop-partisan/n-184/

 

これがいいなら適当キャラクターイメージグッズ作ってキャラ名前つけて売っていいってことになるけど

これはいいのか?

2018-04-25

母親マウンティングしてくる

母親の高級品持ってるのよアピールだとか、とても苦労したのよアピールが凄く気分悪い。

結婚式衣装合わせをしたと報告したら、「私は白無垢カクテルドレスも着て3回お色直ししたのよ」と言ってくる。

プレゼントダイヤネックレスをもらったと言えば「本当にダイヤなの?小さいね。チェーンはプラチナ?私はねプラチナの何カラットネックレスとか本物のダイヤ指輪自分で買って持ってるのよ。4Cも最高ランクのものをね」

苦労アピールも「内臓破裂して吐血して死にそうになった」だの「母はネグレクトだったか栄養失調症で貧血は当たり前だし死にかけたりした」だの「学生のころバイト頑張ったら倒れて入院した。けど単位落とさなかった」だの仮に本当だとしてもとにかく鬱陶しい。

隙あらば自分語りをしてきてマウンティングしてくる。これをやめさせたいが方法はあるのかな…

自分は「ドレス試着してきたよ」「あら写真見せて」くらいの軽い会話が望ましいのにな。別にあなたのお色直しの回数なんか聞いちゃいない。本当に気分悪いわ。

2018-04-24

アドベンチャータイムMXでの再放送の43回めを視聴して、

人間性の奪われとか人格同一性かについて思いを巡らせた。

話にネックレスが出てきた。

それをつけている間は外見と能力怪物魔王)のようになって、

行動も暴君のようになり、記憶も薄れるか失われるっぽい。

それを騙されてつけた人が出てきた。

外見が一時的人間ではなくなるが、外せば元に戻るから

奪われたものを取り戻せる場合に近い。

外見は明確に人間ではなくなっているが、

行動や性格人間ではなくなったとまではいいにくい。

その人らしい行動をしなくなったか

その人らしい性格ではなくなったとはいえる。

カーラの額冠とかロプトウスの聖書も思いだしたが、

大まかには似ているが重要な違いがあると思う。

あと上の話で悪魔みたいな者が耳みたいな場所から

バナナのような排泄物らしき物を出していた。

2018-04-21

三十何年生きてきて初めてネックレスを付けたんだが

付けたり外したりするのクッソめんどい

女さんやイケメンさんはよくこんなもん毎日付けてるな

2018-04-12

充分過ぎるほど生きて、もう満足だから死のうと思った。

自殺と聞いて思い浮かんだイメージ飛び降り首吊りだ。

いつも歩いている歩道橋に背を向ける。手摺に手をかけ空を見上げながらゆっくりと重心を後ろへ持っていくのだ。流れるように死ねる気がした。

けれど、問題はその高さでは恐らく死ねなさそうということだ。痛いだけだ。

から首吊りをしようと思った。

場所は最手入れしていた祖母がいなくなり荒れ放題の縁側。そこの物干し竿に何かをぶら下げれば良い。

最初マフラーでやろうと思ったが、うまく結べない。試しに落ちてたビニール紐で結んでみたらうまく言った。どうやら長さが足りないらしい。

しかし、紐を買いに行く気力なんてなかった。何か無いか、薄暗く様々な荷物が積まれた部屋を見渡す。

祖母がいなくなり、上に住んでいる家族が沢山使わない荷物を置いている。何かしらあるだろう、長いこと鎮座しているマッサージチェアの隣をすり抜け、無数の段ボール適当に眺める。

すると、すぐに有線ケーブルが見つかった。私が二階と一階でネット回線を繋げる必要があった際とりあえず買ったものの、結局使わなかった無用の長物だ。長さは100Mくらい。

しかしたら、今日のために買われたのかもしれないと思った。

紐をハサミで適当に切り、結び直す。今度は輪っかが出来た。

早速物干し竿にぶら下げてみようと思ったがーーふと上を見てブラインドが降りた窓があることに気がついた。

そうだ、ここは二階から見えるんだ。

存在を忘れていたくらいだから恐らく他の人も覗きはしないだろうが……居心地が途端に悪くなって慌てて窓を閉め引っ込んだ。

どうしようか、せっかく結べたのに。

疲れてその場に座り込んで短く切られたコードを見る。いびつな円形。試しに頭を通してみる。どこにも結ばれてないので、ネックレスのように首からぶら下がる。慣れないゴム感覚、実際つけてみると不思議な感じだ。引っ張ってみるとマフラーより硬く、なんだか容赦が無いように思えた。

隣には使い所がなくなって放置された介護用のおむつがあった。誰も片付けていないのだ。狭くて邪魔なような、逆に狭くて落ち着くような。

そう思っていると、さらに奥にドアノブがあることに気がついた。

そういえば、ドアノブでも死ねるのだ。介護おむつの山を踏み越えドアノブの横に座り込む。

ドアノブに結んで手を離してみる。

ドアノブからオレンジの輪っかがぶら下がる。

あとはこれに頭を通せば、死ねるかもしれない。

これさえあれは、死ぬことができる。

そう考えたら、急にすうっと頭が明快になってきた。

ぼんやりと、眠る直前のように朦朧とした感覚でうっすらと浮かび上がっていた死にたいという感情が、徐々に消えていく。

残ったのは、これさえあればいつでも死を選択できると言う、えもいわれぬ安心感だった。

今まで億劫ぼんやりしか描けていなかった死のイメージ。けれど、今は道具を手にした。あとは手に取るだけで良い。

ドアノブから外して掌に乗せた小さなそれは、力強く無感情感触をしていた。

明日だってそう考えれば良いのだ。

そんなふうに思えた。

2018-04-10

anond:20180410130745

真珠ネックレスという選択肢もあるよ。

真珠ネックレス冠婚葬祭何にでも使える万能アイテムから

おぉ、ありがとう

そういえば持ってなかったと思う。

しかしたらお下がりで貰うかもしれないんだが

大分汚くなってきていたようだしプレゼントするのもありだな!

指輪以外にも選択肢あったか………

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん