「てふん」を含む日記 RSS

はてなキーワード: てふんとは

2020-06-21

anond:20200621161740

そもそも左翼の言う「弱者」っていうのは単なる言葉遊びから

金持ちの家に生まれハーバードを出てしまいにゃ大統領選まで出るような上級国民ですら、女性からゲイから黒人から我こそは弱者であるぞってふんぞり返ってんだからバカバカしくなる

そりゃマイノリティの不遇自体否定するつもりはないが、それはお前個人の天下取りのために存在してるわけじゃねえぞって突っ込みたくならないか

というか逆に経済的格差の目くらましのため、「弱者というのは弱者属性のことであって、マジョリティもの貧窮は訴えるに値しない」と主張したいがためにこそ、ああやってアイデンティティ政治なんぞをやってるようにしか見えない

2020-06-20

朝倉未来合気道動画

コメ欄炎上してる。

https://www.youtube.com/watch?v=3NigwrIHdsk

簡単説明すると、朝倉未来フェザー級総合格闘家で、ケンカ最強のヤンキー出身という肩書き

RIZINでは7戦全勝、格闘家として実績を残し続けてる普通に実力者であり、Youtuberとしても登録者が120万人を超えており大活躍中。

で、件の動画塩田剛三(!)のお孫さんの塩田大先生合気道を教えてもらうコラボ動画なのだが、

会話の合間合間で突っ込みを入れても笑いに繋がらなかったりと、しかに終始変な空気が流れてる。

いろんないじりや「その技に俺なら耐えられる」という発言に対し、

先生小馬鹿にしている」「所詮元ヤンしかない、態度が失礼」「不快だ」等のコメントで溢れているのだ。

しか朝倉未来選手ファン動画をよく見ている自分からすると、それはちょっと違うんじゃないかと思った次第。

まず、これは朝倉選手側が変に煽ったり小馬鹿にしてるわけじゃなくて、(動画として盛り上がるように茶々をいれつつ)話を促してるだけだと思う。

ただ、合気道塩田先生が天然というか柳のように受け流す独特な方で、会話のやり取りが上手くいってない感じ。

メンバーも気を遣ってるからこその変な空気というか。

そこに、朝倉選手の元々の正直な性格過去動画普通に自信家、ナルシストだとも認めてる)による発言が重なって、印象が悪くなってしまったと思う。

だって先生が「合気道相手を痛めつけません」って説明してから技をかけて「痛い痛い痛い!」って流れは(しかもテンドン)、

動画としてめちゃめちゃ面白い突っ込みどころじゃん。

で、どういうことなんですか?ってノリで「痛めつけてるじゃないですか!」って面白がって突っ込んだり話を振っても、

最初だけです」という先生のよくわからない説明で、なんとなく空中分解してしまうという・・・

からメンバー朝倉選手「痛いけど後に残らないんですよね」「鍛えてるから逆に極まっちゃうんですかね」とかフォローしてる。

本来、最終盤のサッカーボールキックのようなふざけて親近感を持たせるパターンがこのチャンネルのノリなのに、

単純に相性が悪かったというか。

朝倉選手の(教えてもらった技に対して)「俺なら耐えられますよ」という発言も、

(で、その場合はどうするんですか?)的な意味で、そこから別の技や対処を教えてもらって「あーなるほど」とか話を続けたかったように見えるんだよね。

過去動画からするとそういうのは素直に聞く人だし。

だって本気で意地張ってたり、まして役に立たないなんて思ってるなら、そもそも実際に技を耐えちゃえばいいわけで。

実際に先生の技にかかった上で「でも耐えられますよ?」って言うのは、普通に考えて次のお話を促してるわけでしょ。

でも先生がそのまま「最後まで投げたりはしないですね」ってふんわりと流されて会話が終わっちうから

「え、じゃあそのあとどうするの?」ってすっきりしないままでお互いに変な感じになってるんだよなあ。

急なコラボで打ち合わせもあまりなかったみたいだし、塩田先生を責めるつもりも全然ないんだけど。

しかに、思ったことを素直にいう朝倉選手性格とか格闘家らしい自己主張の強さのせいで、

相手小馬鹿にしてるように見えるという意見もわからなくなはない。

しかし、もし本当に小馬鹿にしてたら、総合格闘技シチュエーションならどう使えるかなんてあんなに色々試さないでしょ。

先生に技をかけられてるときも、朝倉選手は向かいにある鏡を真剣に見て話をちゃんと聞いてるし。

初見では余所見してるように見えるかも知れないがそういう構造の部屋)

相手の教えを自分仕事総合)に取り入れようと実践して見せるって、普通にリスペクトだよ。

そうやって総合的なシチュエーションを実際に披露しつつ、塩田先生から積極的アドバイスしてくれる流れを期待してるように見える。(んだけど、先生は基本後ろで静かにしてる)

から余計に変な感じになっちゃってる。

終盤、いよいよ微妙空気感の中で護身術を習うところ、「ナイフが刺さっちゃだめじゃん」とか茶化す場面も、

その直後に朝倉選手本人も刺さってるってオチちゃんとつけてバランス取ってるしなあ。

メンバーを入れてやり始めたのも、二人だけだと間が持たないから何とか盛り上げようって判断に見えるんだけどなあ、結果的にうまくいかなかっただけで。

そうやって動画的に面白く、また自分土俵である総合格闘技から合気道理解したい朝倉選手側と、

あくま合気道精神を生真面目に説き続ける先生とで話が噛み合ってないって感じ。

動画としては残念だったけど、リスペクトがないとか小馬鹿にしてるってのは違うと思うよ、マジで

2020-05-18

Twitterをやめて初めて鋼の錬金術師の結末が腑に落ちた同人字書きの話

自己陶酔長文

同人界隈のくだらない話です

ハガレンあくま個人的感想、感慨、そういうものの中で引き合いに出しただけです。こじつけというか、たまたまこういうものの中で自分がしっくりくるのがハガレンだっただけです、うまく言えないのですが。ハガレンが好きな方は閲覧気をつけてください。

※以降、鋼の錬金術師の重大なネタバレを含みます

鋼の錬金術師」という有名な漫画がある。鋼の義肢を持つ兄のエドワード・エルリック通称エド)と、鎧姿の弟、アルフォンス・エルリック通称アル)が、「真理」(神様的な存在)に奪われた自身の体を取り戻すための旅をする中で賢者の石をめぐる壮大な陰謀に巻き込まれていくダークファンタジーである

私はこの漫画が大好きなのだが、一つだけ「あんまり気に入らないなあ」という展開があった。それは、物語最後主人公エドがアルを取り戻すためにとった手段のことである

そもそもなぜ兄弟は体を奪われていたのかというと、死んだ母親を蘇らそうとして人体錬成を試みた結果、錬金術の「等価交換」の法則により、代わりに自分たちの肉体を奪われてしまたからだった。二人の肉体を取り戻すには万能のエネルギーである賢者の石」が必要だったのだが、エドとアルは賢者の石が生きた人間材料にして作られていることを知ってしまう。

経緯をまるっと端折るのだが、結局物語の終盤、エド賢者の石を使わずに二人の肉体を取り戻す方法気づき、実行する。エドの決意に、「真理」は「正解だ」と言って笑う。

エドが全てを取り戻すために差し出したのは、エド錬金術を使う能力のものだった。

私はその展開に正直もやっとしていた。

鋼の錬金術師」の見どころの一つは、エドが繰り広げる巧みな錬金術の数々だったからだ。それに、「最年少国家錬金術師」という厳つい肩書きや手を合わせるだけでどんどん色々なものを作り、意のままに動かすバトル、錬金術知識を使い炭素硬化の能力を使う敵をもろい消し炭に変えてしまう展開……。錬金術エドというキャラクターアイデンティティだった。

実のところ、錬金術のような便利なものに頼らず額に汗して自力で生きろという作者のメッセージは作中で示唆されてはいた。エド師匠のイズミは凄腕錬金術であるにも関わらず、「錬金術に頼っちゃいけない」と言って近所の子供の壊れたおもちゃを手作業で直す。そしてエド最終回、「錬金術がなくてもみんながいるさ」と、金槌を手に清々しい笑みを浮かべる。

だが、やはり読者からすると、「それでいいの⁉︎エドあんたすごかったのに」と思わざるを得なかった。

しかし今、Twitterをやめたことで、エドの清々しい笑みの理由がわかるようになった気がしたのだ。

前置きが長くなってしまった。

私は同人の字書きであるTwitterpixiv二次創作小説をアップするとそこそこバズるジャンルではまあまあ人気の字書きだ。

小説を書くのが好きなぼっちオタクの私にとってTwitterは、ジャンル情報推しの素敵な二次創作、実社会ニューストレンドリアルタイムでたくさんチェックすることができる大切な情報ツールであると同時に同人友達を見つける出会いの場であり、萌え語りができるコミュニケーションツールであり、どのような傾向の話を書けば芳しい反応が返ってくるのがすぐにテストできる巨大な実験場であり、お手軽に承認欲求を満たしてくれる蜂蜜の壺のようなものでもあった。

しかし、同人界隈でTwitterをやっていると、疲れることもたくさん出てくる。人間関係承認欲求ジャンル学級会。三者三様に歪められたキャラ二次創作がどっと流れてくるタイムラインに疲れ、私は果たしてこのキャラを本当に好きなのだろうか?それともみんなで口をそろえて「〇〇ちゃんえっち」とか「可愛い」とか「エモい」とか言わなければいけないような集団意識のせいで好きだと思い込んでいるだけなのだろうか?と悩むこともあった。Twitterキャラグッズを次々と大人買いする人々や、論理が通っているのかよくわからない考察ツイートを見るたび、胸焼けするようになってきた。創作でも、いわゆる「互助会」に組み入れられるのが重荷になってきた。

それでも、同人SNSが私の生活の中心にあり、そこでの中堅字書きという立ち位置が数年の間私のアイデンティティだったから、Twitterをやめられなかった。情報を追えなくなったり、忘れられたりするのが怖かった。

(一応リア友もいないわけではないけど、就職を機に皆地方に散ってしまってあまり会えないし、しょっちゅうはやりとりしないため「居場所」感はあまりなかった)

冴えないぼっち日常生活を送る私の唯一のきらきらしい社交場が失われることへの不安から、私はTwitterを続けていた。

だけど、限界が来た。

きっかけは、私が、おそらくリモート飲み会で、ジャンルの顔的な人の不興をかったことだった。このことについては何を言っても主観になってしまうのでうまく説明できない。特別粗相をしたつもりはなかった。ただ、今まで仲良くしてくれていたその人が、飲み会を境に急に全く絡んでくれなくなったので、何かしてしまったのかな天…と思った、というところだ(他の飲み会メンバーからハブられてはいなかったけれど、わざわざ「私なんかやらかしました?」なんて鬱陶しがられる自意識過剰質問しづらかった)。強いて言えば最初、私のスマホ電波があまり良くなくてもたついたせいで若干場を乱してしまったとか、その人が話しているとき一度トイレに立ったとか、そういうことはあった。もしかしたらとんでもない粗相無意識のうちにしていたのかもしれないし、あるいは全く別の理由かもしれない。

とにかく、その人が絡んでくれなくなった瞬間、その人の取り巻き的な人たちがほとんど反応してくれなくなったのだ。

Twitter彼女たちがワイワイ盛り上がっているのがやたらと目についた。彼女たちの創作をヨイショすれば機嫌を直してくれるかもしれないけれど、不純な動機同人を利用するのはもう嫌だと思っている自分がいた。

私は、何をすればいいのかよく分からなくなってしまった。彼女たちより有名な字書きになって見返してやろうと憤ったり、自分を責めたりと、このご時世において生活に困っていない恵まれた身でありながらバカみたいな理由メンタルがぐちゃぐちゃになった。ジャンルの顔的な人や、それに媚びている取り巻きたちのかい推しを目にするたび、推しのものが嫌いになり始めている自分がいた。

(また、同人界隈がきっかけになって仲良くなり、LINEを交換して旅行などにも行った人たちがジャンル移動していたため、TwitterでやりとりすることがほぼなくなったというのもTwitterをやめるきっかけの一つでした)

楽しいこと、心が慰められることよりも、つらいことの方が上回っていると気づいたとき、やめようと思った。

そして私は、ずっと私の生活の中心にあった同人アカウントを消した。消す前から、このご時世における自分の悩みの卑小さ、不毛さには気づいていたが、消して改めて、自分が長い間スマホの中の小さな世界を首を縮めてのぞきこむばかりで、顔を上げてきちんといろいろなものの広がる世界を見ていなかったのだと気がついた。

思えば、どこかに観光に行っても、何を食べても、Twitter投稿することばかり考えていた。何を書けばウケるかとか、通知の数とか、そんなことで頭がいっぱいだった。いつのまにか自分自身で、同人アカウントしか場所がない状況を作っていた。

世界の命運や肉親の志を背負って闘うエドと、ただの同人字書きの私では月とすっぽんよりさらにかけ離れており、同じ括りで語るのはおこがましいこと限りないということは分かっている。

しかし、そのとき私は確かにエド最終回での清々しい笑みの理由がわかった気がしたのだ。

エドは、錬金術能力を手放すとき、「思えばずいぶん踊らされたよな」と口にした。錬金術師として活躍したエドは、しかし、錬金術母親を蘇らそうとして大切な家族を奪われ、錬金術を使い倫理にもとる悪事をはたらく者たちを数多く見てきてもいた。錬金術は、壊した物を直すこともできるし、武器にもなる、一見万能な術だ。しかし死んだ人間を蘇らせることはできないし、錬金術頼みでは解決できないこともたくさんある。

Twitterも同じである日常のあらゆる情報リアルタイムで発信する。Twitterを使えば全世界の人々と繋がれる。しかし、日常に入り込むそれらは、同時に、日常を強大な「それ」(錬金術/Twitter)なしではいられなくさせてしまう。「それ」を利用しているはずの私たちは、いつのまにか「それ」越しでしか世界を見られなくなってしまう。

錬金術しろTwitterしろ、便利ですごいものは良くも悪くも影響力が大きくて、世界もの見方を変えてしまう。それに振り回され、人間の作った枠組みの中でおだてられて自分はすごい人間なのだと慢心し、甘い汁を吸ったかと思えば虚しい思いもする、そんな力の渦から脱却したから、エド最後、笑ったのだと思う。

Twitterを退会し、同人交流をやめてできた時間の中でやりたいことは意外と早く見つかった。小説映画など色々なものに触れてみたい。資格を取ってキャリアアップしたい。今は難しいが、時勢が安定したら小説カルチャースクールに通いたい。どうにかして、ネット頼みでなく新たな交友関係を築けるよう模索していきたい。

たぶん、徐々にTwitterをやめたことに対する寂しさや後悔は増していくのだろう。それでも、私のなりたい未来の姿は小さな世界局所的人気者ではないから、寂しさを糧にしてふんばりたいなと思っている。

最後に。

鋼の錬金術師は最高だからみんな読もう。

2020-05-14

anond:20200514183508

自分の金になるわけじゃなし・・・離婚てふんだくるのにも体力がいるし・・・

2020-05-05

anond:20200505084705

でも今まで専門バカにそうやって突っかかってきたのは演劇に始まった話じゃねえじゃん

「俺にわかるように説明しろ」「俺が納得するように言動を改めろ」って

相撲アメフト吉本もみんなそうだったじゃないか

なんで演劇現代アートけが大衆理解されなくてもいい、大衆感情配慮する必要もない、いいから黙って金を出せ」ってふんぞり返っていられると思うのか

2020-04-26

コロナ騒動パチンコにメスが入る可能性はマジであるかもね。

なんだかんだ言っても今までパチンコが存続してこられたのって、そもそも"普通の人々"の大半はパチンコに対してふんわりとした悪いイメージはあっても基本的には眼中になくて、それゆえに規制だなんだと言っても「まあ楽しんでいるユーザーや、職業にしている店員メーカーがいるなら積極的に潰す必要もなくない?」くらいの認識だったっていうのが大きいと感じる。

違法性ガー朝鮮送金ガーなんて言っていたのは頭がビョーキネット底辺だけで、そういう人達リアルでの実行力はないし、本気で行動を伴って規制を進めようとしていたのなんて”家族ギャンブル依存症がいて苦しめられていた人”とか特殊な背景がある限定的な人たちくらいだった。

それが今や大衆が強いヘイトパチンコ店に向けるようになった。

正直、今回のパチンコ叩きは論理性に乏しい感情論しかいか個人的には賛同しかねるが、何かが変わる火種になる可能性は十分あると思う。

ババア!おめえ何でも良いんだろう!?

さっき驚いたことがあった。

庭でゴミの片付けをしていたら隣の敷地で近所の猫が草に鼻をくっつけてふんふん嗅いでいた。

それがくすぐったかったんだろうな。くしゃみを2回してた。

それを近所のババア二人が見て「あの猫、もしかしてコロナじゃないの?誰んちの猫?保健所回収してくれないの?」なんて言っていた。

ババア、お前本当イチャモン付けるなら小動物でも何でも構わないのかよ。

からすれば、お前がババア二人で会話してる所々で咳している方がコロナじゃねえのかって言いてえよ。

2020-04-22

anond:20200422071900

自民党の都合の悪い話題にはこうやってコメントして黙らせようとする

ほんとうにひきょうなれんちゅうだよ 

こういう連中がカビカビで薄汚れたマスク税金で配ってふんぞり返っているんだろう

自民党と仲良しの会社じゃなかったらあんなのが10枚も混じってたらすべて回収だろう

2020-04-14

anond:20200414081421

財務省的には、普段からヒマそうに鼻くそホジってふんぞり返ってるのを交付税払って飼ってやってるんだから

こういう有事ときぐらいそれぞれの自治体で知恵を絞って釈迦力になって働いてみろやクソ地方公務員とか思ってると思うぞ(わりとマジで

2020-02-12

anond:20200211125953

こんな増田に反応ありがとう

深夜にも電話がかかってきて(すげー眠くてふんふん聞くだけ)これ俺じゃなくてもええやん〜という気分だったので、利用なんて言い方をしてしまいました。

多分当人にとってはそこが一番昂ぶった状態で、誰かに話す事で感情昇華たかったんだと理屈では分かっているのだけど。

人間関係自体解決は難しそうだったので、最後の一文にちょっと救われました。

ストレス溜めない程度に、出来るだけ聞き役になる事にします。

2020-02-05

anond:20200205023108

そうだね。社会通念上根本的にそういった概念昭和時代は良かったけど平成になって司法警察も最悪であーだこーだしてふんすふんす!なんだよ。

2020-01-20

anond:20200120151615

共謀罪になるから下手に共謀になるようなワードが使えなくてふんわり「絵を描いた」にせざるを得ないとかそういう事情なんだろうな…

2019-12-16

なんかもう、安倍麻生ソファーに座ってふんぞり返ってる映像を見るたびにイライラする自分がいる。

桜を見る会有耶無耶にした後、あの映像が流れてきてイラつきがMAXに達した。

できるものなら、アイツらをソファーからコケ落としてやりたい(笑)

2019-11-22

anond:20191122105252

オカリナのまるいほうはハムスターみたいでかわいいです。毎週ラジオを聴いていてふんわりしたしゃべり方に癒されますふたりとも人を傷つけないお笑いをやるので好きです。

2019-11-20

anond:20191120140912

夜間に低賃金労働者運転手が高速を爆走する

その車で自分は客としてふんぞり返りくつろぐ優越

2019-10-04

anond:20191004225318

駅のホーム電車待ってる時とか、後ろからかに押されないかいつも軽快してるよ。

ホームで止まってる時は後ろから押されても大丈夫なように、片足を半歩前に出してふんばってる。

2019-09-06

昨日、目黒女児虐待事件の傍聴をしてきた。

昨日(9月5日)、たまたま予定が空いたので朝、ふらっと裁判傍聴に行ってきた。

傍聴券が当たったのはほんと奇跡

まあ大抵のことは、産経新聞目黒女児虐待死、母親被告人質問詳報を読んでくれ(https://www.sankei.com/affairs/news/190905/afr1909050041-n1.html)

今日の審理もぜひどこか詳報を出してくれ。期待してます

なのでここには記事には記載されていない事や記載されてても私の印象に残ったことを書いていこうと思う。

あくまでも私の記憶を元に私の主観も入ったものなので記憶違いや私の解釈による違いなどあると思うのでそのことを前提に読んでください。

午前中は香川で結愛ちゃんを診察していた小児科先生証人尋問

愛ちゃんだけを診ていたのかと思ったら、子育て支援ということで母親とも1時間2時間話すこともあったよう。

自己肯定感が低く、私はバカから、という発言が印象に残っている。(確かに、午後の被告人質問でも「バカから」「バカみたいに」が多発)

雄大被告から「太った女は醜い」と言われていて、食事にかなり気を使っていた。ご飯こんにゃくを混ぜようかという相談をされた。そのため、栄養指導を受けるようにつないだ。

ご飯も食べる分しか作らない。だからおかわりはない。

過食嘔吐をして下剤を服用していると優里被告から言われ、精神科に繋いだが一回目だけで二回目以降に繋がらなかった。他の精神科も紹介したが行かなかった。

・優里被告自己肯定感がとても低く、とてもパワーバランスの悪い夫婦という印象。(パワーバランスが悪いということを何度か言っていた。)

被告は結愛ちゃんが大好きだったし、結愛ちゃん被告が好きだった。食事も全部手作りのようだった。

雄大が帰ってきたら出来立てを食べさせなかれない、お弁当ちゃん手作りでしなければならないと~しなければならないという雄大被告から脅迫観念が強い印象。

子供を大切に思っており、冷たいわけではないが、子供距離があるように感じた。どのように接すればいいのか分からないといった印象で病院では結愛ちゃんが片付けができたら褒めたり、ハイタッチをしたりしてどのように接すればいいのかということを見せたりしていた。

・結愛ちゃんが一時保護されたいと言われたさいに児相が一時保護をしなかったことについて、やはり一回分離をするとその後、どのように家庭に戻すのか、親との信頼関係ケアをしていくのか難しい面もある。私とは意見の違いがあるが理解はできる。現状の制度の中でできることをしていたと思う。

離婚したほうが楽かもしれないという相談をされたことがある。ただ、やはり世間体や他の色んなことを考えてふんぎりがつかなかったよう。

午後から船戸優里被告による被告人質問

逮捕されたとき警察から雄大呪縛から解かないと」と言われ、最初なんのことか分からなかった。(警察でさえ、雄大被告の影響を認識してたのね)

・結愛が一時保護された際は、雄大被告がA4の紙2枚の受け答えのマニュアルを作り、全部読んで覚えろと言われた。その後はそれを取り上げられて使われてる熟語意味テストからまりちゃんマニュアルを覚えたかテストをされた。その後、雄大被告が不起訴なり、ほんとうに雄大被告のことを聞いてれば大丈夫なんだと感じた。

雄大は女は小食のほうがいいと思っており、コンビニのお弁当を一個食べたさいに「女なのにありえない」と言われ、雄大の前で食事が取れなくなった。キャベツしか食べれなくなった。

雄大の前でどうしても一緒に食べなければならないときは、半分だけ食べて、雄大に渡す。雄大は「お願いですから半分食べてくださいって言え」って言っていて、そう言うと喜ぶ。そして食べる。(私、ドン引き)

精神科は、最初に行った際に過食嘔吐と下剤服用を伝えたら「驚かないから何錠飲んでるか教えて」って言われて、「2錠」と伝えると「なんだ。大丈夫だよ。すごい人はね、一回に30錠とか飲むんだから」と言われて、雄大から努力が足りないと毎日のように言われ、人間としても女としても母親としても認められてなくて、でも私は頑張ってるって思ってたけど、やっぱり雄大の言ってることは本当でこんな努力の足りない人間精神科に通うのは恥ずかしいことなんだと思った。(号泣しながら)(お医者さんは励まそうとしたんだろうけど、伝え方って難しいね)

・ほかに紹介された精神科は少し遠いことなどもあり、行かなかった。(精神科医に行っても意味がないと1回目の精神科受診で思っちゃったんだね。)

雄大説教をされたあとに気持ちの切り替えが早いほうで、ニコニコしてると怒られ、真顔だと不貞腐れてると怒られ、泣いてても怒られた。

・結愛にも弟にも赤ちゃん言葉を使ったり、「喉乾いてない?」など聞くと子供扱いをするなと怒られ、ハグなども怒られた。

雄大が結愛に怒ってるときに「ママにも謝れ」と言って、結愛を私に謝らせたさいに「私はそんなの別にいいよ~」というと雄大に怒られた。それから結愛は私にも謝ってくるようになった。

・結愛の食事制限が始まってからは、朝、まだ雄大が寝てる間にお風呂場で隠れて、前日の夜にカサカサと音がしないために分けておいたお菓子ドライフルーツなどを与えていた。

・結愛ちゃんと朝4時起きるようにと雄大被告に言われていたので起きたふりをしていた。起床時間は大体朝7時半くらい。

東京引っ越しから、朝、結愛と勉強をするときテーブルハンカチを敷いて、鉛筆を置く音などがして雄大を起こさないようにしていた。

相談ができたとしたら唯一、両親かもしれない。ただ雄大被告が私の両親をバカにしており、お前みたいな両親が育てたからお前みたいなバカができたんだ。いつまでもすねをかじってるなと言われたか相談できなかった。

結婚したときから、ずっと離婚したほうがいいのか悩んでいた。

雄大被告反論すると「専業主婦のくせに」「育児もろくにできないのに言い返すな」などと言われた。

・私は聞いた記憶がないのですが(最後集中力が切れてきたので)、検察質問子どもは「おかあさん、お腹空いた」と言わなかったですか?」 優里被告「おかあさん、お腹空かないの、とは聞かれました」(参照 https://twitter.com/myksrkw/status/1169762734696624128)

追記

・よく説教をされていて、短いと一時間、長いと4時間

・結愛と一緒にお風呂に入るのは禁止されており、雄大被告がいないときにだけ時々一緒にお風呂に入ることがあった。

ネットでは、優里被告雄大被告から精神DVを受けていて、洗脳状態だったという主張に対して、千葉県野田事件以降、子供虐待死したら夫から精神DVを主張するのがブームなんじゃないか責任逃れという意見もあった。

身の回りでも夫のモラハラなどを主張してる奥さんの話を聞いてみると、確かにまり人の話を聞かない傾向がある夫だけど、奥さんの伝え方が悪かったり、前提となる価値観が違いすぎたりするだけで、モラハラというほどか??ということもあったりはする。

しかし、今回のケースは、少なくとも取り調べをした警察も弁護側も夫からの強い影響力は認識していて、実際に暴力暴言、妻や子へのコントロールはあったのだと感じた。

精神DVと言えると思う。

私は身の回り福祉関係者がそれなりにいたりして話を聞く機会も多く、どちらかというと、もっと行政にできたことはないか矯正より更生が必要制度があっても自分から助けを求められない人もいるか積極的行政が出ていかなければとは思っている。

もちろん、今回も関係者もっとできたことがあるのではないか必要制度改正もあるとは思っている。

今回傍聴していて、被告人は私バカからと何回も裁判でも言っていたが、確かに裁判熟語質問意味理解出来ずに何回も聞き返していたりして、あまり頭は良くないんだろうなとは思った。

傍聴全体を通じて感じたのは、『ケーキの切れない非行少年たち』で書かれているような被告人認知機能の弱さを感じた。ある程度、先を予想するというか。目の前のことでいっぱいになってしまうというか。今日の審理(9月6日)では死ぬとは思ってなかった。と言ったそうだが、本当に思ってなかったんだろうなと思う。

愛ちゃんを大切に思っていたし、愛してはいた。だけど、その大切な存在のために自分がなにをすべきなのかちゃん判断できてない。

そして、今回一番感じたのは安きに流れる性格というか雄大被告に流されるままみたいな被告人性格を感じた。先ほど書いた認知機能の弱さと関連してくるのかもしれないけど。

最初に書いたように私は今でも矯正より更生が必要だと思ってるし、もっと現状の制度が良くなればいいと思う。

ただ、今回傍聴して、月並み言葉だけど裁判で審理をしっかり行って、自分の行ったことを突き付けられたり、自分で振り返って後悔しないと形を変えてまた似たようなことを起こすんじゃないかと感じた。

そのためにはある程度、重い刑も自分のしたことを(やらなかったこと)をしっかり反省するために必要なんじゃないかと感じた。

もちろん、社会全体や行政も変えることはあるんだけど。

今まで、類似ケースでこの人だってある意味被害者。罰してもしょうがない。それよりも支援をと考えてたけど、自分の考えがすこし変わって驚いた。

今も優里被告ある意味被害者だと思うし、支援も充実させないとは思うけど、本人にも変わらなければならないところはある。

ちゃんと変わるためにもしっかり裁判を行って、罰される必要があると思った。

もちろん、優里被告がしっかり反省するために雄大被告の影響もしっかり審理したうえで。

私が精神DVにあったことがないと言われたらそれまでだけど。

その他、雑記

・なかなか児相も親との関係もあったりして簡単には介入できないと再認識ブログTwitter児相子供を連れ去られたって騒いでる人たちは本当に結構ヤバいなと思った。

香川医療機関はすごい頑張ってた。

・傍聴希望者の数しゅごい。400人弱くらい多分いた。当選したのは奇跡

高杉真宙似のイケメン裁判官がいた。

被告人、髪の毛とっても綺麗。天使の輪がある。まあ裁判用に黒染めしたんだろうからその効果かもしれない。逮捕時のほうが荒れてた。

裁判所内はスマホ電波がとっても悪い。なんであんなに遅いのか。

・たまに証拠プロジェクターで映し出されるが、文字が小さすぎて傍聴席からは見えない。

裁判所内ではスマホ撮影禁止なんだけど、特に傍聴券抽選のあたりでは結構裁判職員がしっかり監視写真撮って消させられてる。

報道席以外にも報道関係者がとっても多い。人を雇ってるんだろうなーと。自分当選も一瞬売ったらいくらかと考えてしまった。でも聞いたら迷うから聞かない。

法廷画家が3~4組くらいいた。みんなサラサラと書いて席を立っていく。鉛筆一本で縦線横線、線の太さ細さであれだけ表現できるのしゅごい。

・同じ日に青汁王子裁判もあったらしく、報道関係者はそっちにも出入りしなきゃならないみたいだった。

法廷画家場合によっては、10分、5分、3分とか時間制限があるときがあるみたい。

法廷内は電子機器の完全持ち込み禁止金属探知機でチェックがあるため、報道関係者一言一句全部ノート手書き。それを10から5時まで。傍聴券のために並ぶなら午前9時過ぎから。閉廷後も文字起こしとかあるだろうし。本当に大変だなと思った。(休憩もたまにあるけど。)

2019-09-01

anond:20190901203750

自分選択を後からひっくり返してふんぞり返るのが許されるのはガキぐらいのもの

そんなにガキとして扱ってもらいたいならガキのフリでもすればいい

弱者として保護してほしいなら最初から半人前であることを受け入れればいい

当たり前の話だろ

2019-07-31

あの曲いいよね……あれだよあれ……サビの最後階段登るように音階が上がってふんんふんふーんふーんふーんってなるやつ

さっき平手さんの名前ぐぐって思い出さないと出てこなかったし

去年ぐらいに同僚につきあわされて色々覚えたんだが全部忘れてしまった…

2019-07-13

anond:20190713134009

というか女が泣き叫んでいる場合、周りの人間は単に共感が欲しいだけなのか、それとも具体的に何かが欲しいのかを忖度して正しい方を与えなければならない、

女はそうやってふんぞり返っていても許されるってだけのことでしょ

これが男ならいちいち他人同意を求めようとするめんどくさい・情けない奴扱いされて終わり

2019-06-29

anond:20190629095534

弱い人が強い人に媚びてるだけ

会話はキャッチボールだけど対等ではない

はるか遠くに投げられたボール弱者がぜえぜえ言いながら全力ダッシュでとるのがコミュニケーション

椅子に座ってふんぞり返っていたらグローブの中に弱者が何回ボールをやさしく置いてくれるかがコミュ力

2019-06-26

資本主義は間違い

周りより給料を高くしても特権階級のごとく勘違いてふんぞり返る人を増やしただけ

2019-06-21

anond:20190621122605

8mもあるふんどしてふんどしではなく飾り回しとかじゃねえのか?

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん