「政治参加」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 政治参加とは

2018-12-04

anond:20181204011937

もう何回も増田で言ってきたし、そのたび無視されてるんだけどお前ジェンダーギャップランキングの中身知ってるの?

日本場合、まず健康教育男性匹敵あるいはそれ以上。なら何が低いかというと専ら政治参加の項目なんだが、

実は日本では有権者投票者女性のほうが多く、唯々女性立候補者投票者が少ないというだけ。

まり日本ジェンダーギャップランキングが低いのは日本女性自身の選択に他ならない。

そんなもの男性のせいにされても困るよ、君。

寧ろ男性にのみ重圧と責任のかかるポジション押し付けてるともいえるし、そのためか男性平均寿命は短い。

(ちなみに、かのジェンダーギャップ指数では「男性以上」と言うのは加味されません。偏向ですね。)

さらにいうなら、日本女性誘拐離婚が認められるということがすでに男女平等ではない。

片方の性だけが親権をとりやす構造というのは全く平等ではない。君が求めてるのは「女性優遇」だ。

2018-12-01

なんで自民党しかないのか、野党がろくでもないのか

若者政治参加しないせいだろ

おっさんというか爺さん世代が盛り上がってた政党しかいからだろ

 

老害老害かいって自分たちの方が賢いと思ってる下の世代

自分たち政党つくるとかはしないで老人向けの政党に入れて

俺達にもかまってくださいよ~と媚び売ってるか

投票しなかったり白票だったら私たちのこと構ってくれないかしらと

恋する乙女状態でひたすら待ってる

 

滑稽だよね

2018-11-24

anond:20181124204831

気持ちはわかるけど、それも白票と一緒でさ

~すれば誰かが気持ちを汲んでくれるかもしれないってのが

期待できる最高の結果の時点でどうなのよって気が

 

既存政党ダメだと思ってるけど投票はしてほしい

政治参加若者なり弱者なりにして欲しいってことならさ

結局、そういった政党作って候補者出して応援しようぜって行動が必要なわけよ

 

でも面倒でしょ?現実味がないでしょ?

から高飛車に俺は選挙行ったか政治参加しましたって気休めが欲しいのかね

2018-11-16

anond:20181116141539

ジェンダーギャップ指数のあてにならなさはその分野ごとの偏りにある。

日本健康教育男性匹敵かそれ以上。

足を引っ張るのは政治参加の分野だが、日本有権者数も投票者数も女性の方が多い。つまり立候補し同性の指示を得るだけで勝てる。だが議員としては少ない。

これは即ち立候補する女性が少ないと言うことであり、偏に女性問題であるといえよう。

以上の理由からジェンダーギャップ指数ランキングを以って「日本女性差別国家」と言うことは無理筋である

2018-11-13

anond:20181113092513

相撲とか医大入試とかズルズル下がっていく順位とか今の話では

相撲女性差別。分かる。

医大男性差別の面もある。

順位ジェンダーランキングの事か?健康では男性を上回り教育はほぼ平等、足りないのは政治参加

しか日本有権者数も投票者数も女性のほうが多い。つまり日本女性積極性責任感がかけているってだけ。

2018-11-07

anond:20181107231805

まーたランキング114位言ってやがる

そのランキング順位教育健康トップクラスにいいのに政治参加の分野だけが突出して低いからそうなってる。

でな、この日本では有権者投票者女性の方が多いんだよ。

まり立候補したら女性議員になれない理由はないんだわ。でも立候補しない。やる気がないから。

まりランキング順位は男のせいでもオタクのせいでもなく、女にやる気がないのが原因なんですわ。

ちゃんと中身も見ましょうねー?

てかカナダイギリスにどれだけ性犯罪及びその他の犯罪が多いか知ってて言ってんのかこのクソフェミ

anond:20181107140855

出たー、ランキング114位だ!

お前そのランキングちゃんと見たか

そのランクが低いのは政治参加が低いからだが、日本有権者投票者女性の方が多いんだぞ?

まり立候補する度量が女性にないってだけ。


訴えられない云々なんか世の中のせいにすんなよ。

自分意思薄弱。、

2018-10-31

anond:20181030110629

民主主義衆愚化したのはインターネットの影響だと思う。

ネットの発達によって良い面もあったが、政治決定や合意形成では悪い面のほうが増えた。

インターネットを通じて個人意見を集約しやすくなったが、その結果「丁寧だが地味で時間がかかり少しづしか変わらない改革」より「乱暴だがわかりやすい即効性のある対策」が好まれるようになった。何故って?大半の庶民政治参加したらさっさと結果が見たいから。

また困ったことに社会問題の多くはグローバル化の影響で多様な様相が加わり複雑になりすぎ「単純明快な答」がわかりずらい。「地味で時間のかかる改革」を続けても社会情勢の変化のほうが早すぎて散々我慢して待っても大した結果がでないことも多々ある。

そうなるととりあえず分かりやすい悪玉を作り上げてそいつを叩いたほうが手っ取り早く人気がとれるし、即効性の結果っぽい事例はできあがる。

民衆専門家が話すような地味でわかりにくい話よりも単純明快な回答が提示されたほうに支持があつまる。

中国のような独裁国家のほうが運営が楽なのは、こういう女心と秋の空のようにコロコロ変わる民意をガン無視して長期間かけて地味な政策を実行できるからだろう。

日本人を含め先進国民衆の大半はインターネットを通じて自分たちより恵まれた人たちとばかりくらべ、いか自分たちが損をしているか、何者かに搾取されてるかしか気にしない。だが自分らがいか世界の大半の人たちより恵まれいるかなんて事実は当たり前すぎて気にもしない。貧困嫉妬と妬みが渦巻いてインターネットでは悪意のほうが集合しやすくなる。

まり我々にインターネットは早すぎたのだ。

2018-10-26

anond:20181021004848

そもそも立候補じゃなく、推薦投票にしてしまえばいんじゃね?

人気投票選挙化してしまう側面はあれど、投票政治参加しないよりは良いような。

2018-10-03

浮かれるなよ立憲民主

憲フェス立憲民主党党大会)に行ってきたんですが、発表された2年目の活動方針(下記リンクPDF)で、政策面で全然まったく労働を大きく扱ってなくて、その割には俺たちはやったんだ的に浮かれていて、本当に心の底からがっかりしました。経済界代弁者である与党に対抗する野党第一党、それも労組支持基盤の党が、ほぼ労働について政策において触れないというのは、ありえないことだと思います

https://cdp-japan.jp/files/download/4pgV/vHZ0/QBri/yycr/4pgVvHZ0QBriyycrboOtW2EG.pdf

どうして労働について向き合わないのか。フェスのフィナーレで幹事長が言ってたんですが、民主党労組臭が強すぎたことへの反省で、労組のお偉いさんを壇上に持ってこないとかの流れがあったようです。なので、あえて外してるっぽいと増田は思いました。

しかしそれをした結果、原発政策セクシャルマイノリティ女性政策が目立ち、イデオロギーアイデンティティ政治しか見えず、今現在長時間労働を筆頭に、様々な形で労働に苦しめられている大勢労働者に対する視線が全く感じられず、現役世代に対してこれはあまりにも酷いだろうと増田は感じたフェスでした。

イデオロギーアイデンティティ政治をするのは悪いとは言わないです。増田自身セクシャルマイノリティですし。でもさ、労働環境を改善をしてみせるって言ってみせてよ……次は長期政権を取る?意気込みは良いけど、そこはちゃんと今の政権と違って労働を良くしててみせるって言ってからでしょう。

枝野幸男演説のうまさ、カリスマ性で最後に高揚感得られちゃうんですよ。ちょうど1年前、ゼロからの出発というストーリーもあるんですよ。でももう1年経ったんだし浮かれるのはやめてちゃん労働と向き合ってよ。労働問題に関して詳しい議員さんたくさんいるじゃん。子供向けの政策、「子どもの権利条約」の理念現実化するコンセプトでめっちゃいいじゃん。それを労働でもやってよ。


余談

はてな的に熱いのは参議院比例の候補者だと思いますし、当初はそっちをしっかり見てこようと思ってたんですが、そんなことよりも労働改善に力を入れない野党のほうが断然良くないので、ここに書いた次第です。

彼女候補者に入ったのは、フェス言及されてた政治参加のジェンダー平等に関する政策の影響ありそうですが。


かい感想改善要望

2018-09-09

anond:20180909150238

出馬する金持ってて、ある程度票集められるなら、小さな自治体議員くらいにはなれるよ

当選しなくても出馬すること自体政治参加にもなるし

2018-08-20

anond:20180820115327

同意だわ

出世したい」「政治参加したい」って女性が少ないだけ

それは別に悪い事じゃない

2018-07-26

死刑制度政治参加意識の低い日本では存続するだろう。

お上のやること。

死刑制度を存続させているのは私たちだという意識がない。残酷で野蛮だという意識もない。人権意識が低い。ププぺ、かもよは!なんとか!食べさせて頂きたいとしてないという現象が起こるのはどうやってみようか?^_^ wasナた楽チンです私たちにも関心を持つのはどうあれから何年も前の話を聞くことができるようになっている。

2018-06-22

anond:20180622005450

そういった話じゃなくて

自分たち徒党組んで自分たち立候補者当選させるってくらいで

初めて意味ある政治参加であって

 

選挙行ってる!選挙行ってないの?うわ~政治意識ないわ~wなんて

やりとりは全く意味ないと気づいてやってるなら下品だし

本気で思ってるなら致命的な馬鹿って話よ

2018-06-19

沖縄お笑い米軍基地14を見てきた話

沖縄で生まれ沖縄で育ち、沖縄で働いている純ウチナーンチュである身として、一度は教養としてみておくか、と思い、宜野湾市民会館で上演された、沖縄お笑い米軍基地14を見に行った。

沖縄ローカルラジオテレビではひっぱりだこで、県内に知らない人は(たぶん)いない芸人さん、小波津正光さんことまーちゃんさんが座長として企画脚本演出を行っているコントショーが、この「お笑い米軍基地である

今回で14回目を数えるこの公演は、沖縄では非常に人気が高く、私が見に行く旨を人に話す度「あい!いいはず~感想聞かせてね~」という反応はあれど「なにそれ?」という人は誰もいなかった。実際、1200人キャパの会場はほぼ席が埋まり、私が行った公演以外にもあと何回か沖縄県内各地で上演されるということであるそもそも毎年上演し、今回で14回を数える辺り、企画側の熱量とそれを受け止めるだけの県民の人気があるんだなあと感じる。

コンセプトは「基地を笑え!」。沖縄県の面積の内およそ10パーセント以上を占めており、沖縄県について語られるときに必ず問題の一つとして触れられる米軍基地だが、ぶっちゃけ県民の(主に若者の)大半は「反対運動とかが激しいのってあれでしょ、本土から来た人とか政治団体とかそういう人たちなんじゃない?…わかんないけど…まあなんか窓とかヘリとか飛行機とか色々落ちてるし、戦闘機はうるさいからまあ、なくなるならもちろんそのほうがいいけど、わざわざ座り込みとか行くのは違うかな~左翼とか右翼とかよくわかんないし…」などと言う人がほとんどである。(あくまで私の体感ではあるが)

若者政治参加主体意識が足りない!と言われてしまうとほんとその通りではあるのだけど、恥ずかしながら私もそういったその他大勢のひとりである。正直基地がどうとか言う前に、政治してる人たちは生活に密着した問題からどうにかしてくれ、と思う。子ども貧困とか。いや、その辺とも繋がってたりするから根深いのか?よくわかっていない。

山積みになっている沖縄県の問題のど真ん中にドン居座り続けている「基地問題」。そこをどう笑いに落とし込むのか。前評判は良すぎるほど良かった。期待半分不安半分で会場に足を踏み入れた。

そして観終わった感想だが、「100点!最高!面白かった!」とは正直まったく思えなかった。

なお、細かい内容は「SNSには書かないでください」というアナウンスがあったので割愛する。

まず、全体を通して(「米軍基地」という「沖縄県民しかからないあるある」を扱っている以上、前提がそうなので当たり前ではあるのだが)めっちゃくちゃ内輪ノリがすごい。

そこがハマると面白いのかもしれないけど、沖縄県は究極の「ムラ社会」の文化なので、各地域文化の隔絶もすごい。なので県民でも「いや、わかんねーし…」が結構多く、ハマらないとむしろ見続けるのが非常にしんどくなる。最後辺りには完全に「業界内輪ネタなんだな」とわかるものだけでひとネタ作られているものもあり、関係者席らしきところから爆笑すら聞こえたが、業界人でもローカルテレビ大好きマンでも何でもない私は正直置いてけぼりだった。

沖縄県にはM-1グランプリならぬ「O-1グランプリ」という番組がある。お正月時期に放送される、名前の通り沖縄芸人の1番を決めるという番組だ。そのネタを見てもらえばわかるが、沖縄芸人は「沖縄らしさ」を前面に出したコント漫才、つまり「内輪のあるあるネタ」を組み込んだものを作ることが圧倒的に多く、またレースにおいてもそのほうが有利である。その番組にはもちろん今回の「お笑い米軍基地」に参加しているFEC(沖縄にある芸能事務所演芸集団FEC」)の芸人さんも数多く出場しているので、その流れを汲んでいるのも当然といえば当然である

そして、気になったのは「お笑いから」「俺たちはバカから」という言葉を盾にした、差別やいろんな権利侵害の嵐だった。もちろんすべては洒落であり、まじめに取り合うほうがアホであるというのはわかるのだけど、正直現代の「ボーダーレス」な風潮からは相当遅れた認識があるんだなということは感じた。

個人として特に興味があって学んだこともある界隈の問題だったのもあって、過剰反応してしまったところはあるが「いや、ダメでしょ…」と引いてしまうような描写演出が非常に多かった。

違和感の何よりの原因は、前説座長が「所詮俺たち三流芸人の言うことなのだから怒ったりしないで聞き流してほしい」という旨の発言をしていたことだったと思う。

私たち無意識差別をしてしまものだし、気づかずにだれかを傷つけてしまうのは仕方のないことではあるが「差別?いやいやネタから。何マジになってんの?」という言い訳を用意してしまうのは、ちょっと違うなあと感じた。この公演に誇りをもってやっているのなら「差別的な表現かもしれないが、より伝わると思って選択した」と言い切ってほしいな、と思った。イジりとイジメ境界線あいまいだが、「強者権力を笑うのがお笑い」だというならば、自分たちが本当に強者としての力を持っていないか?というのも常に問い続けてほしい。

また、全体を通して「左」より「右」を笑うことが多かった、というのも違和感ひとつとしてあった。どっちも滑稽な部分はあるのだからもう少し両方を笑ってくれたらよかったのかな、と思う。あと「右」を揶揄するネタの時に、笑いどころでもなく盛り上がりどころでもないセリフで「よくいった」というようなかけ声や拍手があがっていたのは驚いた。どちらでもないフラット状態で見に来たつもりなのに、いつの間にか政権批判団体集会に参加させられていた、みたいな気まずさがあった。怖い。

以上のように全体的に右寄りかつ品がなく沖縄県民県民性の悪い部分を煮詰めたような「内輪に甘い」感が強く、正直全体を通して「また行きたい!」とは全く一ミリも思わなかった。私は特にスクールカースト下層だったタイプ人間なので、沖縄芸能界蔓延する「スクールカースト上層部っぽいノリ」(ウェイ感とでも言うのか)にはついていけなかった。この辺はたぶん好みの問題なのだろうと思う。

ただ、ここまでゲロカス批判してきたが、この公演を見たあと、文句を言いながらも私は「じゃあ右や左のそれぞれの主張ってどうだったけ?」「ほんとうにこの芸人さんたちが言っていたことは正しいのか?」「自分は偏っていないのか?」ということをいつの間にか考えていた。

まーちゃんさんの著作図書館で借り、基地問題についてネット自主的に調べ、右翼左翼についても少し勉強した。

そうして、ハッと、こうして主体的に考えているこの行為自体が、この公演のねらいである「基地について、何かひっかかりを感じて考えてほしい」というところにばっちりハマってしまっていることに気が付いた。

なるほど、ならば。この公演は私にとって意味があったのだなと納得できた。してやられてしまったな、と思った。チケット代2000円もったいねえことしたわ、だったのが、安いじゃん、になった。

エンディングで歌われたFECの社歌の中に「とにかくやることを大事にしている」というような歌詞があった。沖縄県民は先ほども言った通り「内輪に甘い」。そして変化を嫌う。そんな中で新しいこと、前に進むようなことをするのは、本当に難しいことだと思う。勇気がいることだと思う。「まじめ」をバカにする風潮のある沖縄で、「まじめ」にバカをやるというのも、ほんとは難しかったんじゃないかなと思う。その勇気に敬意を表して、私はこの感想を書こうと筆をとった。「とにかくやる」そしてやることで誰かを動かす、それはほんとうにすごいことだ。と、何もできない私は思った。

でも、個人的におもしろくなかったのは事実なので、沖縄芸人さん各位にはマジでもっとがんばってほしい。笑いどころを説明してしまう癖があって全体的に冗長だと思う。言葉選びが雑。オチツッコミワード説明的で長すぎる。「金の斧銀の斧」のいさお名護支部さんのくだりと、タイワンオオカブトの幼虫のくだりは勢いがあって好きだった。

以上。お笑い米軍基地感想でした。

ネット書き込みの言うことなのだから怒ったりしないで聞き流してほしいナ♡

おしまい

来世はAZARASHIの世界観アザラシになって褒められて暮らしたい

2018-05-20

anond:20180520180624

「怒る」っつーのは一種政治参加だけど、

元増田で書いてることは「いか賛同できないか」じゃん。

ちょっとずつ話を逸らしてるよね。

2018-05-03

民主主義は一番リスクがあるのではないか

統計学的には、有権者国民の半分の6200万人の偏差値は50以下ということになるのだ(投票権のない子供を含むので大雑把に)。

偏差値正規分布の曲線を描くので、有権者の半分は50以下、半分は50以上である

偏差値50以下の連中が、投票権という形で政治参加すること、しかもそれが有権者全体の半数を占めていること自体異常ではないか

毎日通勤電車東京本社機能のある大企業オフィスに働きに行く人間と、休日になるとワンボックスカー地元イオンに乗りつける人間が、同じ一票を持っている。

私たちはこれを当たり前だと思っているけど、冷静になると、やっぱりおかしい。

よく政治家収賄セクハラ不祥事を起こすと、その政治家自身も当然批判されるけど、「そんな政治家投票した有権者が悪い」という批判も同じくらい上がる。

私自身も、2005年8月の郵政選挙では自民党投票し、2009年9月の総選挙では民主党投票した人間なので、あまり他人のことは言えないのだけど。

小泉さんがカッコいいか投票した」

自民党にお灸をすえるために民主党政権を取らせた」

小池さんクリーンスマートに見えるから知事に選んだ」

有権者政治家を選んで政治を進めるというのは幻想で、実際に政治行政を進めるのは官僚であり、政治家権力チェックを行うのはメディアであり、国民関係ないのかもしれないんだけど。

2018-03-26

政治参加コストパフォーマンス

19新卒として、就活生をみる。

高身長で見てくれのいい女を見て劣等感が湧いて来る。

ネオリベラリズムと結びついたフェミニズムは男女を労働市場供給した結果、結局のところは楽そうな業種は熾烈な競争になったということだろう。

そして、人手不足介護職みたいなもしかない。

一次で呼びつけられても落とされるので、大学院でも行こうかとすら思う。

こんな社会にどうしてなったのか。

見てくれのいい男女の殆どは考えもしないだろう。

下手したら最近政治的話題である森友も加計も知らないのではないか

就活には役に立たないし、日々をエンジョイするのにも無駄なのだろう。

そこで思うことがある。

政治参加コストパフォーマンスというものだ。

最近は何事もコスパかい費用対効果物事が語られやすい。

果たして政治をわざわざ知ることがコストパフォーマンスに見合うのか。

恐らく、美男美女には関係ない。

変にフェミニズムについて考えることもない。

彼らは常に社会が求める人間に変容していける。

一昔前なら一般職女性で、ネオリベ的な現在ならキャリアウーマンとでも言おうか。

大抵の美男美女就活を超えたらセックスするのだろうし、深く考えることはそれだけだろう。

働き始めたら、色々と考えるのだろうが大抵はビジネス趣味やら恋愛のことではないか

恐らく、見てくれのいい人間には政治というのは相当コストパフォーマンスが悪い。

そして、そういう人間会社が欲しがる。

自分は、就職に向いていない。

2018-03-01

anond:20180301135826

いきなり国レベルで考えると存在感なさすぎるから、親戚一同や町内会から区市町村を考えてみればよろしいかと。

選挙が数年に一度の唯一の政治参加方法、とか嘘つきがまかり通っているが、陳情だけでなくファクシミリ送るとか、意見などを行政サイトに送ることだって自分たち暮らしに反映できるよ。国レベルのオピニオンなんとかは読んでいるかすら怪しいけどね。

2018-02-26

anond:20180225105423

人権週間とかで「差別は辞めましょう」とか言いすぎたせいで、「差別=サベツ=わるいこと・除外行為拒否行為・ひどい待遇を強いる」みたいになってる。

この意味では「”不当に” & "優劣を付ける"」ということだ。

原義に照らせば、ビジネスでよく聞く「競合他社との差別化」とかと同じく、「扱いに差をつけること」であって、不当性はもちろん優劣ってのもちょっと違う。差別化戦略はもちろん高級化とかもあるけど、逆にシンプル化を訴えるっていう戦略もあるわけじゃん。

たとえば学歴差別っていうのは厳然とあって、一般には高卒よりは大卒を、中卒よりは高卒優遇している。逆に人種差別は、人種間で扱いに差を付けてる。

男女トイレ差別にならないのは、基本的には、男女でほぼ利用が同じことが想定されてるとかがあるよね。

護衛艦ではWAVE(女性海上自衛官)の風呂トイレ生活空間見方によっては扱いに差を付けてるわけだし、合理的理由はい差別化されてるよね。悪意とか不当性とかばかりに着目しすぎると、差別かどうかが主観的要素にの立脚ちゃうし、優劣に着目すると「女性専用車両だって混んでるんですよ!むしろ女性専用車両のほうが混んでるときだってある!」とかいう主張に付き合わないといけなくなる。

アファーマティブアクションについては「格差是正のためには良い差別積極的にする必要がある」って話だし、障害者福祉政策だって「彼らだけが優遇されてる!ずるい!」みたいな意識もつ健常者の主張を見ることはママある。

別に足りない部分があるんだから優遇されるべき部分は優遇されてしかるべきだし、いわゆる障害者トイレ最近だれでもトイレって言うことがおおいけど)を見て「広いトイレでずるい!」とかまで主張する人は少ないように、内容と態様が過大でないなら、彼らが優遇されることは良いコトだと思うよ。

まとめると女性専用車両は、それが優遇かどうかはともかく「一部の属性をもって扱いに差を付けている」という意味では差別にあたるよね。差別って用語が気に入らないなら区別・分離ほか自由用語でいいけど、扱いに差をつけていることには違いが無いよね。ただそれは必要性があってしていることで、あらゆる完全な差別をなくすとか言い出すと障害者福祉学歴による差・オリンピック競技成績による差その他あらゆる優劣をなくすとかいうわけわからんことになるのなのだぜって話だと思う。

原因は、「差別」って用語を「差別=悪!」って思い込んじゃう人ではなく、そういう文脈で使ってきた日本当局や各国政府の「差別はやめましょう」とか言う言葉足らずな発言だよね。「人種差別はやめましょう」「門戸・出身地差別もやめましょう」「女性に対する雇用政治参加差別も辞めましょう」と明言した文脈でのみ使うべき。

から女子に対する「出産に対する優遇(=男性との雇用上の扱いの差別化)」「売春被害防止の為の特別な扱い」ほかは肯定される。育児休業については最近は男女格差をなくそうという運動も大きいし、制度上は差別がないはずだけどね。

2018-01-06

エホバの証人」元信者女性自分体験漫画にした理由

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54011

エホバの証人では信者同士のことを「兄弟姉妹」と呼ぶのですが、

兄弟姉妹で集まって毎週集会を行い聖書勉強をしたり、「奉仕」と呼ばれる布教活動を行ったりするくらいです。

争いや政治参加禁止されているので、他の宗教団体と比べて派手な活動を行っていないし、有名な方もいないので、いたって地味な宗教です。

新興宗教には、メディアに厳しく目を光らせている団体も多いようですけれど、

エホバの証人ではそもそも争うことが禁じられているため、報道に対して、抗議することもありません。政治活動禁止なので、どこかの政党応援することもない。

信者をたくさん獲得しなさい、とか、いくらお金を収めなさい、とも言われないので、他の宗教とは違って社会問題にならず、被害者の会」がないんです。

また、教祖はおらず信者の集いというかたちです。正式名称が「ものみの塔聖書冊子協会」なのもその現れです。

から権力闘争がないんですね。

他の宗教のように、聖書解釈した人が聖人になる、ということもありません。

みんなが聖書研究者と呼ばれています

小生、恥ずかしながらこの記事で初めてエホバの証人実態を知ったのだけど、教えの内容はともかく、活動形態としては理想的宗教団体なのかもと思ってしまった。

2017-10-28

anond:20171028143744

まじめに疑問なんだけどさ。

こないだの選挙与党3分の2を確保したよね。政治与党に任せた、野党絶対政治参加するな、てのが世論なんだよね。もう辞めていいよね。存在意義いから。支持されていないから。

なるほど、これが0か1でしか考えられない人か

野党の人はなんで議員辞めないの?

まじめに疑問なんだけどさ。

こないだの選挙与党3分の2を確保したよね。政治与党に任せた、野党絶対政治参加するな、てのが世論なんだよね。もう辞めていいよね。存在意義いから。支持されていないから。

ミクロで見れば野党支持者は大勢いる」

そうかもしれないね。でも議席はとれてないよね。沢山の支持票を野党はどこに捨てたのかね。選挙が弱いことはとても悪いことだとぼくは思ったね。

選挙制度が悪い」

そうだね。改正すればいいんじゃないかな。200議席もあれば自民党相手をしてくれるんじゃないかな。

政治闘争協調の両輪で走るんだけど、それは強い与野党があって成り立つんじゃないかな。現行法下では少数意見はそのようにして尊重されるんじゃないかな。単に弱小な野党選挙という最初闘争で潰されて終わりだよね。

終わったなら辞めればいいのにね。潰されるのが好きなのかな。変な人たちだよね。迷惑だよね。

2017-10-26

https://anond.hatelabo.jp/20171026170051

ついでに高校生大学生政治参加権も剥奪おkな。

そして21才までは兵役と無縁ということか。

これで俺の寿命は4年延びたぞ~~~~!

2017-10-24

政治参加

参政権というのは実に立派な権利ではあるけども

若者選挙に行け

尊い一票がこの国を変える

という謳い文句海外の同年代政治の討論を日頃からやってるという放送などで若者参政に対する国民としての義務感を植えつけ、あたか自分自身政治に参加しているという錯覚を与えようとする。

それからよくいう「こんな間抜け政治家を選んだのは愚かな国民私たちだ。」という都合の良い責任感を若者にも与えたくて仕方がない。

私も含め、若者の多くはまじめに投票に行くにも関わらず、自分たちが何をしているのかを理解できず、政治参加体験しない。政治若者はこのようにかけ離れていると思う。

ところで、私は今回の衆議院選挙の結果に特別不満はない。むしろ選挙の時だけ

政治に参加しよう!

この国をよくしよう!

という人たちに不満をもつ。そういう人たちこそ、選挙に行ったから私は偉いんだ、私は政治に参加したんだ、とさも言いたげに選挙に行かなかった人を非難する。

それから私は選挙に行かなかった人は彼らの立場があるのだと思う。投票率が低いというのはそれだけの理由があるわけで、それがどんな理由であろうと、投票率が低いという事実を重視しなければならない。

さらにどんな年代であれ、そして特に若者における政治認識ほとんど選挙デモという狭い領域で成り立っている。私は数ある問題の中でこれこそが重要問題であると思う。選挙の時だけ張り切っている人たちはいつもあの狭い領域意見するだけでその重要なことについては何も言わない。それだから私は彼らに不満をもつである

まり政治参加選挙投票したり、特番討論番組を見たり、それから政治に関心が低い人を非難することだけではない。というよりもむしろ、それらは極めて狭い範囲のことのように思える。

私はもっと国民が、市民が、私たちが、自分たちの住んでいる街のことを考えるべきだと思うし、自分たちの住んでいる街をより良くしようとすべきだと思う。それは国政ではないけれども、それこそが最も「力強い」政治参加だと思う。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん