「お嬢さま」を含む日記 RSS

はてなキーワード: お嬢さまとは

2019-08-30

anond:20190829122014

自閉よりのアスペルガーなんですが、このあいこちらで紹介されていたIQテスト

やってみたら125ありました。高校都内の有名私立に行きましたが

学習障害もあるため大学には進学せず、お嬢さま短大へ行きました。

高校短大元増田さんのおっしゃるように、穏やかな日々でした。

まり裕福な家庭でなかったので、遠くてお金のかかる私立に行くよりも

地元公立高校に行きたかったのですが、親の努力と説得により上記コースになりました。

その後も元増田さんのような会社に入り、会社の先輩と結婚

穏やかな日々を過ごしていました。

数年前に夫の都合で、夫の故郷移住しました。そこの人間関係

まさにカオスで、元増田さんの話にでてくる中学校のような幅広い[知性/教養]の分布

常識の異なる方とのおつきあいをうまくこなせず、ますます自閉傾向

拍車がかかっております

最初に書いたとおり自閉よりの性格なため、中学校人間関係など

まり観察しておりませんでしたが、いまになって、親は元増田さんが

将来のお子さんのために考えているような意図で進学を勧めていたのだなぁと

ひとりで納得しました。夫が故郷へ帰るというときにもう少し反対すべきでした。

穏やかな日々にもどりたいです。

2019-05-15

普通にオシャレな人」になれるかどうかは周りの人間で決まる

オシャレな人

世の中には「オシャレな人」と呼ばれる人種がいる。その人たちはモデルかもしれないし、流行に敏感なのかもしれないし、はたまたた自分の好きな格好をしているだけなのかもしれない。

しかし私からしたら、「オシャレな人」までいかなくとも「普通に可愛いorカッコイイ格好ができてる人」「普通に自分に似合う格好ができている人」はみんな「オシャレな人」なんだと思っている。

なぜなら、私は「“元”ダサい人」だからだ。今でも不安になるが、「普通にオシャレな人」くらいにはなれていると思っている。

なお、ここでは「そもそも普通とはなんなのか?」という議論表題とかけ離れるため追求はしないでいただきたい。

きっかけという名の実体

私の過去:中高編

興味ねぇーよ!って方も多いと思うが、しばしお付き合い願いたい。

私は三姉妹の長女で中高一貫女子校に通っていた。(先に言っておくが、決してお嬢さまなどではない。読めばわかる。)そんな女子にまみれた生活をしていたにも関わらず、洋服にも化粧にも何一つ興味を持てなかった。

興味があるのは漫画アニメ声優だけという所謂オタクであった。類は友を呼ぶもので、仲の良い友人たちも基本的には私と同じようなスタンスであった。そして残念なことに私はオシャレな同級生からはことごとく遠巻きにされるタイプであったのだ。

自宅では中高生が化粧は早いという母親の考えから化粧に関する知識は何一つもたらされなかった。服装のダサさを母親と妹たちから罵倒されることはあっても、だからと言ってこういうのが似合うとか、今の流行りはなんだとか、そういうことは一切教えてくれなかった。

そんな状況でオシャレが好きになれるはずもなく、オシャレに興味もなければ、何がオシャレなのかわからないまま中高時代を終えてしまったのである

大学

そんな私に転機が訪れた。大学入学である

中高と違い毎日私服で通う大学は新鮮だった。一目で誰がオシャレなのかわかったし、ほとんどの同級生が化粧をしていることにも驚いた。化粧品が好きで集めるのが趣味、なんて子もいた。カルチャーショックである

そもそも化粧品にまともに触れてこなかった私には<化粧品が好き>という感覚がわからなかった。え?そもそも化粧品なんてファンデーション口紅しか知らないですよ?

から、聞いてみた。なんで化粧品が好きなの?「お母さんが好きなんだよね〜!」

そんな私にさらに衝撃の走る事件が起きた。なんと、久しぶりに再会した中高の友人たちがみんな化粧をしているではないか!なぜ!

から、聞いてみた。どこでお化粧を覚えたの?「お母さんが教えてくれたよ〜!」

母親という存在

(そうか…みんな母親の影響を受けるんだな……女の子にとって母親の影響ってすごいんだな……)

私はしみじみとそんなことを思っていた。では、私の母親はどうであろうか。

私の母親はあろうことか、私が大学生になった途端に

大学生にもなって化粧もしないなんて!せめてバイトぐらいはしていきなさいよ!」

正直、意味がわからなかった。

高校生が化粧しているのを見てグチグチ言っていた母親の口からそんな言葉が出るなんて。

しかも、「そもそもやり方がわからない…」そう答えた私に彼女は何も教えてくれなかった。

後日判明したのだが、母親は化粧は高校で習ってきたと思い込んでたらしい。母親時代高卒就職する子も多く、学校オフィスメイクの授業があったらしい。しかもわざわざ資生堂の人を呼んで。しかし、中高一貫進学校にそんな授業はあるはずもなかった。とんだ思い違いである。

そして「普通の人」へ

しかしそんな私も今は「普通にオシャレな人」になれたと自負している。きっかけは友人たちだった。

大学、そして社会人になってからできた友人たちは、オシャレに関心のある子たちが多かった。その子たちは私のオシャレへの興味の無さを心配して、似合う格好や最近流行り、化粧品知識などなど私に叩き込んでくれたのである

の子たちに感化され、私もオシャレに興味が湧いたし、何より楽しいと感じることができた。今ではちゃん自分情報収集もするし、自分に似合う格好や色も知っているし、お化粧だってする。友人たちには感謝しかない。

普通にオシャレな人」になれるかどうかは周りの人間で決まる

大抵の女の子は一番身近な母親から、または私みたいに友人たちから、オシャレとはなんぞや?ということを学んでいくのだと思う。男の子だって例外ではないだろう。

もちろん、母親や友人だけじゃなく父親の影響を受けた人もいるだろうし、雑誌テレビモデルに影響された人もいるはずだ。

そうやって影響されて、自分なりのオシャレをしてみた時の周りの人たちの反応が私は一番重要だと感じている。

自分なりにオシャレを頑張るのって結構大変だ。

今日すごくオシャレだね!」

最近毎日お化粧がんばってるね!」

その一言にとても救われる。たとえ微妙だったとしても

「その格好も良いけど、私はこの前会った時の方が好きだな!」

と、そう“ポジティブ”に返してくれるだけで嬉しいのだ。

そういう言葉かけをしてくれる人が周りにいるか。それはオシャレをする上でかなり重要で、そうやってその人なりのセンスが磨かれていくのだと思う。それに、ただその一言が、その人の肯定感にも繋がってゆくのだ。

ここまでを通して私は

普通にオシャレな人」になれるかどうかは周りの人間で決まる

と感じたのである

もし自分の周りで、最近オシャレを頑張ってるな、いつもオシャレに気を配ってるな、と思う人がいるなら、ぜひ一言声をかけてあげてほしい。

今日ステキだね!」

2018-12-12

仕事がつらい

作業としては嫌いじゃない。むしろかなり嬉々として取り組めてる。自分にわりと向いてると思う。周りから評価も(口頭では)結構高い。

でもなんかつらい。なんか、いつになくきつい。

この組織のために働きたくない。

私は女で、新卒で入ってからずっとここでやってきて、もう10年になる。が、役職とかがつく気配がない。一般のまま、いっこ上に上がるとかもない。

仕事評価は決して悪くない。みんな口ではやたらほめてくれる。でもなんというか、パソコンの大先生的ほめ方なのだ。実際仕事内容がパソコンの大先生からだろうか。ちょっと複雑なVBA組んだり、依頼されたデータを引き出してきて整形したり、そんな補助的な仕事ばかりだから。そしてそんなのをひとりでやってるから

まり便利屋だ。とても便利な便利屋。そらほめるか。おだてとけばにこにこと次から次へ仕事を受けるちょっとトロい感じの女。ほめて損はないもんな。

そしてほめはしても、評価はあげない。人事評価に反映されない。もう2回は面談で直属の上司とぶつかってるが、評価は良くてもBで、最高のAには達しない。なぜなら誰もできないような素晴らしい成果を上げては居ないから。私のほかに誰もできないやらないVBAを組むとかそういう作業従事していても。

ここまででも相当嫌気がさしていたんだが、ちょっとトドメがきた。

私は完全に文系ど真ん中の学部卒だが、大学結構いいとこ出ている。早慶上智とかそこらへん。

そして私より前に私と同大卒で入社した人は(少なくとも当時在籍中の人では)いなかったらしく、私が初の「あの大学卒」みたいな扱いになった。ついでに「あの大学卒なんだからお嬢さまなんだろう」みたいなアレな扱いにもなった。庶民やけどな。庶民どころか、山と田んぼの地から出てきた田舎山猿やけどな。

でもお嬢扱いっていろいろラクなんだよな。これまでもあったんだそういうこと。頭良くてお嬢って前提だと、本を読みまくっててかわいげがあんまなくてちょいと一般常識が怪しいところがあるってくらいだとプチ変人扱いでスルーされるみたいなのあるじゃん。それに甘んじちゃったんだよな。他に就職先のアテもなかったし。

思えばこれがいけなかったんだよな。

そんで私の後に2人、同じ大学卒の女性が1〜2年おきくらいに入ってきている。

その3人をまとめて「シスターズ」「三姉妹」と呼んでイジるような空気が、最近つのまにか醸造されていた。

これがもう、なんか、思ったよりダメだった。

私はリアルに三人姉妹の長女なので、同大卒の後輩とはいえ在学中に接点なかったレベル他人とまとめられて三姉妹の長女と呼ばれることの違和感が半端無い。脳が一瞬バグる。「あれこのひとなんで仕事中に私のプライベート言及して軽口叩いてるの??」みたいにどうしてもなる。

あと私の仕事ははっきり言って大学まったく関係ない。学部レベルだし、習ったこマジで1ミリも使ってない。

なのになんか学歴がへんなアイデンティティみたいになってる。いつのまにか。

わたし仕事場で、わたし仕事っぷりよりも、卒大が筆頭にきて幅きかせてる。いつのまにか。

これがなんかもう、なんかもう、ダメ。糸が切れた感覚がある。

だけど、これもうダメだよね。職場風土だもん。抗えない。抗い方がわからない。みんな親しみの表現としてやってんだもん。特におじさん幹部級に完全に馴染んでるのこのいじり方が。無理やろこれ。今から反抗無理ゲーやろ。ただでさえコミュ障気味なのに。

あー、しくった。気持ち悪い。もう仕事の何もかもが気持ち悪くてたまらない。

つらい。なんかこう、消しゴム食わされてるような気持ち悪さがずっと想起されててしんどい消しゴム食ったことないのに。カロリーメイトがなんか消しゴムっぽい味しそうで食えない。他に食いもんないのに。

仕事がつらい。

追記:

トラバありがとうございます

悪意や妬み嫉み的なイジりではないしそれよりはずっとマシなのは重々承知しています

ただ、「シスターズ」の下二人は同部署にいますが、彼女らと私とはフロアも違うような別部署であること、私のとこは完全に私の一人親方状態であり後輩指導的な接点は誰ともないことなどを考えると、私が彼女らと和気あいあいしてるのを観賞して癒されてる人はいないと思います彼女ら2人が和気あいあいして癒されてる人はいるかもしれない。

あと忘年会普通に会費取られます。飲めないけど飲み放題で5千円。飲めないのに…というのはあるけど金取ってくれるのはむしろなんかホッとします。オゴリシスターフルセットで誘われたときはキツかった。二十代の後輩と並んで三十超えてシラフで場の華扱い(小規模なお誘いで他に女子なし)はコミュ障気味で化粧も下手なわたくしには荷が重かったです。

あとはアレだ。シスターズくらいならともかく、この後輩たちに言及するときに皆さんナチュラルに「妹たち」言うてくるのが一番ダメなんだと気づいた。

えっ私の妹はひとりは結婚して他県で暮らしてるしもうひとりはいろいろあって実家家事手伝いしつつ療養中ですが???

ってなってしまう。むり。

2018-08-07

anond:20180807221900

出来なかった…バイトシフトも後期になったら合わなくなったし

後で何とはなしに聞いて回ったら親御さんはお茶先生というお嬢さまだった

体の上半身全面ほぼおっぱいの底面積で占められてるどすけべボディだったのに

どこかしらピンと張りつめて崩れないものがあった

姿勢と箸の持ち方と敬語は正しかった

2018-01-26

anond:20180125222123

友人のフランス帰りのお育ちがいいお嬢さまは、

・肌触りのいいピンクブルー系のハイゲージニット

・足がきれいに見える程度にフィットする細めパンツ

・おしりの形がきれいな膝丈タイトスカート

の三種類だけ小さなクローゼットに入れてた。

それぞれ色が微妙に違ったり、素材が微妙に違ったけど、全部AとA'だった。

そしてどの組み合わせも素敵で、彼女知的で誠実な雰囲気を確かにして、尊敬のため息ついた。日によって、ニットに合わせて口紅の色変えたり香水変えたり、おしゃれだとも感じた。

似合う形と色を決めたら売り場でもそれしか目に入れないんだろうね。これもまた行動のミニマリスト

2017-11-13

anond:20171113114414

しょうせい

【小生】

男子自分を指す、へりくだった言い方。


お嬢さまは、男の娘だった?!!!

anond:20171113114414

ハンバーガーの美味しさは、

バンズと薄めのパティチーズレタスソースを同時に食べる美味しさであって、

お嬢さま普段たべるハンバーグパンから想像できないように思いますよ。

anond:20171113114414

お嬢さまが 「くった」とか言わないでしょう^^;

そこは「いただいた」と表現しないと。

2017-09-22

クタ満足感高いやつまとめ

この1ヶ月で50作品ぐらい読んだ上で良かった中から、完結済のものだけピックアップ

まだまだメジャーどころしか読んでない気もする。好みは純愛寄り。

きみのことばに恋をする。

http://novel18.syosetu.com/n2853bg/

援交のしおり

http://novel18.syosetu.com/n1879ca/

「きみの~」に出てくるサブキャラがメインになるスピンオフ

ミックスベリーの花束

http://novel18.syosetu.com/n0049cv/

同作者がバッドエンド集とアフターストーリーも書いてるのでそっちも。

下僕の俺が盲目の超わがままお嬢さま性奴隷な件

http://novel18.syosetu.com/n7126cq/

こんな自分に合いそうな作品があったらオススメを教えてください。

2017-05-04

http://anond.hatelabo.jp/20170504204848

お嬢さま学校家事しか教えていないと思ってるのか

つーかお嬢さま自分家事なんかやらんだろ、使用人雇うわ

http://anond.hatelabo.jp/20170504204007

上流階級の令嬢とご子息って、それこそ男はみんな仕事だけやって、女はみんなお嬢さま学校家事以外なにも学ばない超絶保守社会やん

フェミって何で日本欧米含めた先進国が、いまだに政治家支配層がみんな男なのか分かってないのな

2017-01-06

http://anond.hatelabo.jp/20170104233652

女子寮管理人になって突飛な美少女たちに囲まれながら東大入学する「ラブひな」や

やたら有能な少年お金持ちのお嬢さま執事になる「ハヤテ」を

王道ラブコメとして讃えている人間

「男1女3でエロゲづくりって現実にありえないですよね?」とか言ってるのが

もう現実感が狂っているとしか言いようがなくてヤバい

同じような作品の、一方を願望充足とし、一方をそうではないと評価するも、その根拠がろくに示されないので、

結局「他人がそういう願望を持っていると私は忖度しています」という自白しかなくなっている。

そしてブコメで挙がっている作品群が王道ラブコメかどうかの返答もしていないので「観測範囲が狭いだけ」という結論は動かなさそう。

「私はよく知らないので」は免罪符でもなんでもなく、むしろ自身の誤りを補強することにしかならないからな、当然だけど。

2016-09-30

[]

お嬢さまことば速修講座という御本をセバスが見つけましたわ

これはお嬢様ライフにめちゃんこ役立つ知識豊富でスンバラスィですわ

読んでるだけでよだれがでてきそうですわジュルリ

2016-06-28

http://anond.hatelabo.jp/20160628021550

お嬢さまなんだから親のコネ就職して無駄な苦労はしてないし、大学からの付き合いの彼氏結婚して専業主婦してるよ

旦那がいなくても親の遺産だけで充分に暮らせる

上級は住む世界が違うんだよ

2016-01-13

宝くじで1億ならぬ1オークが当たって毎晩寝込みを襲ってくるんです

http://goo.gl/4kPUYw

「おま、おまえ、またわたくしの寝込みを襲いましたわね!」従僕のオーク(スケベ)から身を守りつつ打倒王女を目指す元お嬢さまの珍道中!

貴族だった両親がいわれのない反逆罪でとらえられ、極貧生活を余儀なくされている元お嬢さまショコラ。一攫千金を狙って買った宝くじで、見事1億当選……と思いきや、当たったのは1億ならぬ1オーク、1体の醜いオークだった!

「こんなものいりませんわ!」と逃げようとしたものの、どこまでも追いかけてくるオーク。どうやらショコラを主人だと認識しているらしい。ならば囚われた両親の救出に利用しない手はないと考え、チョコと名づけて召使いとしてコキ使うことに。ところがチョコは主人の命令よりも本能のほうにより従順で――。

「んぁっ、あぁっ……もうダメ、奥までいっぱいですわ……」

お嬢さまはスケベなオークをうまく手なずけ、わがまま放題の気ままな生活を取り戻すことができるのか!?

どうしたらいいんですの?

2015-10-02

xevra様がみてる

「おそろしい」

「おそろしい」

さわやかな増田の診断結果が、濁りきった電脳空間こだまする。

xevra様のお庭に集うおっさんたちが、今日天使のような無垢な胃腸で、

背の高い門をくぐり抜けていく。

清潔を知らない通学路を包むのは、茶色いまだら。

エントリープリントは曲げないように、白い括約筋は驚かせないように、

ゆっくりと歩くのがここでのたしなみ。

もちろん、脱糞ギリギリで走り去るなどといった、間に合う生徒など存在していようはずもない。

私立増田学園。

平成十八年創立のこの学園は、もとは自称令嬢のためにつくられたという、

伝統あるメンヘル系お嬢さま学校である

京都下。Web2.0面影を未だに残している星の多いこの地区で、

xevra神に見守られ、幼稚舎から幼稚舎までの一貫教育が受けられるおっさんの園。

時代は移り変わり、覇権niftyから何度も改まった今日でさえ、

十八ヶ月瞑想を続ければ大脳破壊された純粋培養おっさんが箱入りで出荷される、

という仕組みが未だ残っている貴重な学園である

2012-06-03

広告代理店の特徴を偏見でまとめてみた。

今夏、数年間勤めた広告業界から業界転職することになり、しがない中小企業だったけれども仕事を通じて大手との交流もあったので、誰得だしもう関係が無くなるのでテキトーな事を言うが、感じた雰囲気をまとめてみる。

  • D社

とにかく体力、とにかくコミュ力。有名大運動部部長クラスも多い。会社を挙げて富士山タイムトライアル。もちろん取引先へは登頂記念に絵葉書を出しましょう。

平日のほとんどは遅くまで仕事、深夜まで飲み、タクシー帰宅契約社員終電帰宅。会合では男も女も伝統的に一気飲み。飲んでは吐いて、飲んでは吐いての繰り返し。

ギラギラピカピカしていて上には絶対服従だが、中身は純粋筋肉バカでかわいい奴もいる。でも同業他社とあまり喋ってはいけなかったり。

  • H社

なんだかお坊ちゃまとお嬢さま

理屈で考えたり、文化に造詣が深かったりする人の率は高め。なぜかぼんやりしていて翌日一同謝罪レベルの大きなミスを引き起こす率も高め…。

D社よりは色んなタイプの人がいる。お客さんとのやり取りは受け身で、うまくコントロールできないイメージ

  • アーデーケー社

純粋広告好きな人が多いイメージときたま業界ワークショップなどに参加したり、意識の高い人を見かける。コミュ力その他に特筆すべき所は見当たらない。

いわゆるマーチ出身も多く、仕事のできる人からおばかさんまでピンキリ。そのため、頭からつま先までおばかさんな人が上司になる場合も多々あり注意。トップは基本的に本社出向なのでやる気に乏しい。最近耳にするのは、30代以下の離職率が高いこと。

より一層のピンキリ。何から何まで自分一人に任されることもしばしば。仕事をうまくまわし、小さな中で上の役職に就いてブイブイいわせている50代もいるし、現場で長いこと仕事をし、名物おじさんとしてキャラが立っている50代もいる。社風がマターリならば自分仕事を調整して更にマターリすることも可能。上の人の頭の古さには注意。

男は悪人7割、変人2割、いい人1割。

はいい人9割、変人1割。

就活中の学生は、話半分に読んでよい社会人生活を!

2009-12-13

かっこよくなりたい

 あなたは仕事ばかり。

 そんなことをいうみよちゃんはませた19歳で、背伸びをしたがると言うよりは、19歳でひとは全能になると思ってる。いわゆるお嬢様校でほんもののお嬢さまと話すと、なにか染まるみたい。

 ハンカチの生地がどうこうとか、ピッチカート・ファイヴがかっこいいとか。

 インテルマネージャーと話した、脈あるもとか。

 そういうニュースに流れるような話ばかりで、そういうふわふわがたぶん楽しいのだろうなあと思ってしまう。

 ぼくが好きなのはそこじゃないのに。

 誰しもが、そういったよくわからない、意味不明なラベルを求める。

 298,000円の値札を見る。

 意味不明なラベルだ。このゴミみたいなバックにこの値段がつくはずはない。

 だから、それにはぺっとつばを吐いて、そうじゃないほんとうに価値があるものを探す。きみ、価値ないよと言い続けて、ひたすらに探す。ベートーベンにも、モーツアルトにもだめだして、じゃあそれ以上の上ってどこにあるの? って思って、分からない。でもどこかにある。それぐらいじゃないと、新しいモノは作れない。

 でもさ、これってさ、みよちゃんに振られたくないから、って、今ではそうなんだよね? ベートーベンに勝ちたいのは、ずっと思ってきた感情だけど、かっこよくなりたいんだよね。ただ単に、射程距離にいる偉人が偉大なだけで。こいつにはとりあえず、勝っておくという、そういう、圧倒的な弟子根性がある。

 かっこよくなりたい。

 それは勝ちたいのだよな、師匠に。

 だれもがみとめて、自分も認めるひとに。

 みよちゃんにも、あなたが一番かっこういいって言われたい。だけど、だめなんだ。ほんとうに一番かっこうよくなって、それから、その一番かっこういいをあなたにプレゼントしたいんだ。

 ぼくは、あなたのものだって。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん