「スペイン風邪」を含む日記 RSS

はてなキーワード: スペイン風邪とは

2017-06-09

あなたの中に、世界はある

世の中の出来事は、受け取る人の主観で決まるのではないでしょうか。

テレビ新聞では、やれテロだ、地球温暖化だ、新種の病気だなんだ、と人類滅亡危機、みたいなことが盛んに言われています情報の渦中にいるとついつい流されてしまいがちなものです。

一呼吸おいて、改めて考えてみましょう。

これらのニュース、「ヒト」という種でみれば、全然平和状態であると言えるのではないでしょうか。

戦争だ、テロだ、といっても、全人類が根絶されるわけではありません。地球温暖化だって、それこそ全人類明日にも蒸し殺される危機的な状況でもないです。

病気ちょっと怖いですが、歴史にも名を残すほど猛威を振るったあのスペイン風邪でも、死者一億人程度。地球の全人口から考えれば、全然平気!

アルマゲドン級の危機でも来ないと、全人類は滅亡しない、と考えてみましょう。

ほら、気持ちが楽になりませんか?

実は、巷のニュースでは「無駄危機感」を煽っているのかもしれません。私たち幸せ毎日を過ごすために、そのニュースは本当に必要ですか?

ニュース事象しかなく、解釈あなたの中にあります情報の取捨選択をすることで、人生をより豊かなものにすることができます

http://anond.hatelabo.jp/20170609103923

人類は思ったより平和なのではないか

やれ、テロ温暖化だ新種の病気だなんだと人類滅亡危機みたいなことが言われるが、

ヒトという種でみたら全然平和なのではないだろうか。

戦争テロだっていっても、全人類が根絶されるわけでもないし、

温暖化だっていっても、それこそ全人類明日にも蒸し殺されるわけでもないし、

病気ちょっと怖いが、猛威を振るったスペイン風邪でも死者1億人程度。全然平気。

アルマゲドン級の危機でも来ないと全人類は滅亡しないんじゃないか

こうして考えてみると、巷のニュースに”無駄危機感”を感じなくなって良いかもしれない。

2013-04-20

中国鳥インフルエンザについて思うこと

中国でのH7N9型鳥インフルエンザのヒトへの感染、ここまでのニュースで知る限り96人感染し18人が死亡している。

当初は死亡率が4割以上だったので、死亡率自体は当初の予想ほどでない気がするが、2002年SARS騒ぎのときと比べても十分な驚異だ。

これが、2009年新型インフルエンザ並に世界中に広まったら、SARSの時の死者774人どころの話ではなくなるだろう。

もちろん、人類絶滅なんてことはないと思っているのだが、病院の飽和や、交通機関ストップくらいの騒ぎは起こってもおかしくない。

ワールドトレードセンター飛行機が突っ込んでも、証券取引が数日で再開した回復したし、東日本大震災交通機関も通信網も電機もとまる東京も、ケロッと回復したわけで、なにが起きたってなんとかはなるだろうが、やはり怖い。

それに、あんな致死率じゃ他人事じゃなく、自分の命が惜しい。

そんなわけで、現時点での情報で考えたことを書いてみる。

生物系ではあるが、まだ学部生なのでいい加減なところもあるが勘弁。

これまでにパンデミックを起こしたインフルエンザについて

A型インフルエンザはHとNの亜型と呼ばれる型が多数ある。

ヒトの間で現在流行しているのは、H1N1(2009年に新型とされた豚由来)、H3N2(いわゆる香港風邪

二つ以上の型が同時にヒトの間にあることは、今までの歴史からすると例外事象で、今までは新しい型がパンデミックを起こすと、旧来の亜型は姿を消している。(しかし、復活したこともある。どこに潜んでいたかは謎だ。)

そのほかかつて流行ったものが多数ある。

1889~ H2N2と推定されているが、遺伝子を含めウイルスが残っていないため、証拠は薄い。

1900~ H3N8とされるが、やはりこれも推定。

1918~ H1N1通称スペイン風邪。鳥から豚、豚からヒトへ感染したらしいことがわかってる。1918-19年の大流行は1億人の死者をだしたとされる。これ以降もたびたび散発していたが、それ以降はそれほどの死亡率は出していない。1950年ウイルスが、1977年に復活しソ連風邪と呼ばれた。

1957~ H2N2通称アジア風邪。鳥のウイルススペイン風邪ウイルスが豚のなかで間の子を作り、豚からヒトにきたと推定されている。アジア風邪流行とともにスペイン風邪は姿を消した。

1968~ H3N2通称香港風邪。鳥のウイルスアジアかぜのウイルス以下略。やはりアジア風邪は姿を消す。

1977~ H1N1通称ソ連風邪1950年のものと同じとされている。研究所流出説等々囁かれているが謎。以後H3N2と共存

2009~ H1N1通称新型インフルエンザ。同じくH1N1だが、豚で維持されていた型でソ連風邪とは遺伝的に遠い。それまでのH1N1ソ連風邪の発生は急速に減少。このまま姿を消すかと予想されている。

ヒトに感染している、パンデミックを起こす可能性があると注視されてきた亜型

H5N1

パンデミック最右翼とされている。

散発例ばかりだが、16年間の累計で600人以上が感染して、死亡率は6割を超えている。

恐ろしいことに、発生例は世界中で、しかも同じH5N1といっても遺伝的に相当はなれたウイルス何種類もあるようだ。

ヒトヒトは現在ないとされているが、人から分離した株でワクチン(プレパンデミックワクチン)を作り各国で備蓄してる。

鶏に感染すると集団死滅するほど強い病原性があるとされているが、近年ではそうでもないケースもある。

その病原性の強さを決める特徴的な遺伝子配列はわかっているが、鶏に対する病原性の強弱と、ヒトに対する病原性の強弱が一致するかどうかは謎。(スペイン風邪はそのような配列をもっていない。)

H7N7

H5N1と同じく、鶏を片っ端からぶっ殺す養鶏関係者からしたら恐ろしい型。

2003年に鶏の大量死があった養鶏場でヒトの感染例が出る。

50人以上が感染したが、死亡例は1人。

しかし、あとになってわかったことだが、感染者に関わった人間抗体価の上昇がみられ、症状がでなかっただけでヒトヒト感染があったのでは?と疑われてる。

H3N2v

いわゆる香港風邪とは別に、豚で流行しているH3N2が新型インフルエンザ遺伝子の一部を獲得したもの

変異型(varriant)としてH3N2vと区別される。

2011年から2012年の間で、なんだかんだで150人以上が感染したが、いずれも軽症。

パンデミックは常に豚からという歴史的な経験と豚と接触のない子供感染から、H5N1からこちらに注目が移りつつあった。

本題の今回のH7N9

はっきりいって誰もノーマーク

ワクチンは期待はあまりできない

最初に言っておくが、私はワクチン不要論者ではない。

麻疹おたふくかぜ、風疹水疱瘡ワクチンで防げると信じているし、インフルエンザワクチンだって毎年打ってもらってる。

しかし、基本的には、ワクチンというのは既知のウイルスしか作れない。

から大急ぎで作り始めても、半年一年かかるだろう。

ワクチンに限らず、全ての薬は、少なすぎては効かないし、多すぎては毒だ。

いったいどれだけの有効成分をバイアルにつめたら効くのか、どこまで安全なのか、わからない。

パンデミックが起きる起きると言われ続けたH5N1に対しては、どれだけの量で効くのか、どこまで安全なのか、動物実験でも臨床試験でもかなり確かめて、ワクチンが作られてる。

それでも、本当にH5N1のパンデミックが起きた時に役立つかどうかは、神のみぞ知るというところだ。

H7N9に対しては、おそらくデータらしいデータはなにもない。

一人分のワクチンを作るために必要な卵が一つなのか、二つなのか、三つなのか、あるいは百個なのかそれによって供給スピードも変わってくる。

それを一つ一つ検討してたら、数年かかる。

今、ウイルスがヒトヒト感染を獲得して、加速度的な感染者増加があったら、間に合わない。

ウイルス薬も心もとない。

似たような問題は抗ウイルス薬にも言える。

タミフルリレンザが効くことはある程度予想されてる。

しかし、やはりどのタイミングでどのくらい投与すれば効くのか、手探りだろう。

もちろん、ワクチンの問題に比べると、データの蓄積は早いだろうが。

製造の問題もワクチン同様だ。

から大増産をして、工場キャパとして間に合うのか。

石油からでも作れれば、原料が足りないという問題は少ないだろうが、原料となるのはある種の草。

そもそも、なぜこんなに致死率が高いのか?

ウイルスが悪さしているのは間違いない。

しかし、ワクチンや抗ウイルス薬でウイルスの増殖を緩慢にさせれば、どうにかなるのか?

肺に水が貯まるから死ぬとか、アレルギーに近いのような病態死ぬとかだったら、ワクチンも抗ウイルス薬でどうにかなる病気ではないだろう。

そこらへんのデータもまだない。

じゃあどうすればいいのか?

手洗い、うがい、そういう基本的な対策しかないだろう。

空港での水際作戦も、ほとんどの病気がそうであるように、潜伏期がある以上、いよいよヒトヒトになったときはオマジナイ程度にしか頼れないだろう。

現時点で、ヒトヒトじゃなく、あるいはそれがあっても限定的であるならば、なにから感染しているのかを突き止めて、感染源を叩くしかない。

感染経路を特定するのが最優先だ。

遺伝子から想像する限り、鳥由来であるだろうが、感染源が鳥だという確証もない。

からウイルス分離はされている。

しかし、調査したサンプル数に比べて、汚染率がそれほど高くはない。

しかし、無関係と言えるほど低くもない。

からだけきているならば、鳥を制圧すればよいのだが、鳥以外のほかの動物からも来ている可能性を否定できない。

SARSの時は、通常一人の患者が数人に感染を広げていたが、一人が20人以上にうつスーパースプレッダーと呼ばれる感染者が存在した。

今回も、そのようなスーパースプレッダーがいないのか?

とにかくも、データ収集しかない。

2012-01-14

僕達が今後いきる世界は、今あるものを十分に楽しんで生きれば良い。

将来が暗いニュースや、若者が辛い時代になると言う世論も多いけど、良く考えたら悪い時代では無いんじゃないかと考えた。日本バブル時代や、バブル中の国と比較すれば、もちろん見劣るし夢も萎む。

日本はすでに人口オーナス人口も減り、老人が増え働き手が減る)であり、成熟国に入っている。

人口ボーナスがあり、発展が途上の国と幸せのあり方を、一緒に考えてはいけないのでは。

ガンガン物を手に入れて幸せになる時代ではなく、持っている物を楽しむ時代であると感じる。

もちろんバンバン働いて、金や物も手に入れて幸せになることも正しい。

ただそれを、バブル期発展途上国のように、絶対的な物差しとしてはいけないと考えた。

2010年日本人普通(8割ぐらいの人は)に持っている物は、

・豪邸ではないが、安心して寝起きでる暖かくて涼しい

・贅沢はできないが、安心で好きな食べ物やおいしい食べ物を入手できる環境

ガードマンはいないけど、安心して外出でき夜中でも襲われることのない日常

100%保証ではないけど、安心して通院できる医療制度や腕利きの病院

・楽ではないけど、アルバイトでも月15万ぐらいは稼げる環境

費用負担はあるけど、十分使えるパソコンに、自由なインターネット環境

・住んでいる地区にもよるけど、お金をかけなくても楽しめる観光旅行や遊ぶところ

・他にも、漫画アニメ映画SNS2chはてなAmazon を嗜む環境etcetc

は大体の人が持っていて、無駄遣いしなければ月10万あれば、この暮らしができる

幸せ環境ではないかと考えた。

(例:家賃5万、デリカ250円×3=750×30=22500、ネット3000円、その他10000円、貯金10000円。かつかつで)

10万なら、資格能力が何も無くても、特殊な問題を抱えていなければ、ある程度

年齢が越えていても、コンビニ等の働き先は、いくらでもあるんじゃないかと。

さらに8割以上の人は、18万以上稼いでいますよね。

何も無い人が、簡単に月10万稼げる国は、世界でも少ないはずで、

それなら僕らはずいぶん幸せ時代で、幸せな国にいる。

いやいや、今の時代はつらいよ。原発老人介護医療年金etcと、これから大変だよ。

と思い、過去日本を見ると、まず1900年代の場合

1905年 日露戦争

国民増税物価高騰に苦しむ

1914年 第一次世界大戦

国民増税物価高騰に苦しむ

1918年 スペイン風邪流行

患者150万人のうち15万人が死亡。

1923年 関東大震災

190万人が被災10万5千人死亡。

1929年 世界恐慌

不景気国民苦しむ

1934年 東北地方大凶

世界恐慌に加え、冷害・凶作、昭和三陸地震津波が続き、身売り、欠食児童、行き倒れ、自殺などが激増して悲惨な状態

1937年 日中戦争

国民増税物価高騰に苦しむ

1938年 国民総動員法公布

生活はどんどん制限

1939年 第2次世界大戦勃発

生活はどんどん制限

1942年 ミッドウェー海戦大敗北

3500人死亡

1945年 原子爆弾投下

約30万人が死亡

1945年 第二次世界大戦終結

日本は300万人が死亡

見るだけでめっちゃくちゃ、大変な時代だった。

今は戦争日本ではないし、食べ物はあるし、病院もあるし、すごい良い時代だ。

1950年から戦後復興で、他国の戦争需要もあり、

人口ボーナスがあり、発展が途上の国の幸せのあり方だったと思う。

これは悪くない時代だったはず。

で僕らは、獲得する幸せは感じないけど、1950年代の人が、全力で手に入れた物を

普通に持っているので、こりゃ幸せだ。

僕達が今後いきる世界は、今あるものを十分に楽しんで生きれば良い。

つか、ネットがあると、それだけ十分楽しめるよねって話でした。

2012-01-03

訳してみた。

http://www.youtube.com/watch?v=Xxh-sS8Qoco&feature=player_embedded

1911年12月14日 ロアール・アムンセン、南極点に到着。

1912年4月14日 タイタニック号沈没

1913年 フォード、流れ作業方式を導入

1914年6月28日 サラエボ暗殺事件から第一次世界大戦勃発

1915年4月22日~1915年5月25日 初めて毒ガス使用

1916年2月16日1916年12月20日 ベルダンの戦い

1917年11月7日 ロシアで10月革命

1918年11月11日 第一次世界大戦終結

1918年11月9日 ヴァイマル共和制の樹立を宣言

1919年1月5日~10日 スペイン風邪の流行が頂点

1920年12月16日 寧夏、海原地震

1921年11月9日 アルベルト・アインシュタイン ノーベル物理学賞受賞

1922年10月27日~31日 ベニート・ムッソリーニローマ進軍

1923年 ドイツでハイパーインフレ

1924年1月21日 レーニン死去

1925年1月~2月 ノーム犬ぞりバルト)疾走

1926年 アル・カポネが権力の頂点に

1927年3月20~21日 チャールズ・リンドバーグがパリへ向け飛行

1928年11月18日 蒸気船ウィリー初演(ミッキーマウス初登場)

1929年10月29日 1929年のウォール街大暴落「暗黒の木曜日

1930年3月12日 ガンジー、「塩の行進」

1930年6月30日 第一回サッカーワールドカップウルグアイにて)

1931年5月1日 エンパイアーステートビル開業

1932年 ワイマール共和国崩壊

1933年1月30日 ヒトラー内閣発足

1934年10月27日 毛沢東の長征

1935年9月15日 ニュルンベルグ法制定

1936年6月~1936年4月 スペイン内戦

1937年5月6日 ヒンデンブルク号爆発事故

1938年3月12日 オーストリア併合

1939年9月1日 第二次世界大戦勃発

1940年6月14日 パリ占領

1940年 ヒトラー権力の頂点へ

1941年6月22日 ドイツ、ソ連へ侵攻

1941年12月7日 真珠湾攻撃

1942年9月13日1943年2月2日 スターリングラード(現ボルゴグラード)の戦い

1943年2月13日 「全面戦争するか?」演説

1944年6月6日 ノルマンディー上陸作戦オペレーションオーバーロード)決行

1945年5月8日 第二次大戦ヨーロッパでの戦い終結

1945年8月6日 広島に原爆投下 同9日 長崎に原爆投下

1945年11月20日~1946年10月1日 ニュルンベルク裁判

1947年8月15日 インド独立

1948年6月24日~1949年5月12日 ベルリン封鎖

1949年10月1日 毛沢東、中華人民共和国の樹立宣言

1950年6月25日1953年7月27日 朝鮮戦争

1951年 朝鮮の人口?

1952年10月31日 初めて水素爆弾が炸裂

1953年6月17日 東ベルリン暴動

1954年6月4日 西ドイツワールドカップ西ドイツが優勝「ベルンの奇跡」

1955年5月14日 ワルシャワ条約制定

1956年10月29日1957年3月 スエズ危機(第二次中東戦争

1957年10月4日 スプートニク・ショック

1958年10月19日 中国で大飢饉の始まり

1959年1月1日 キューバ革命の勝利

1960年 モハメド・アリ ローマ金メダル

1961年8月13日 ベルリンの壁構築

1961年10月27日 チェックポイントチャーリーでの対峙(ベルリン危機)

1962年10月14日~28日 キューバ危機

1963年6月26日 「私はベルリン市民である」演説

1963年11月22日 J・F・ケネディ暗殺

1964年8月2~4日 ベトナムアメリカ爆撃される(トンキン湾事件)

1965年 ベトナム戦争拡大 地上戦力投入

1967年6月5日~10日 六日戦争(第三次中東戦争

1968年1月30日9月23日 テト攻勢

1969年7月20日 初めて月に着陸

1970年4月 カンボジア侵攻

1970年4月29日 ワルシャワ礼拝?

1971年10月14日 グリーンピース設立

1972年9月5日 ミュンヘンオリンピック事件

1973年10月6日~26日 ヨム・キプル戦争(第四次中東戦争

1974年8月8日 ウォーターゲート事件

1975年4月30日 ベトナム戦争終結

1975年4月17日 クメール・ルージュ プノンペン制圧

1976年6月16日 ソヴェト蜂起

1977年3月27日 テネリフェの惨事(テネリフェ空港ジャンボ機衝突事故

1978年10月16日 法王パウロ二世 パウロ一世を嗣ぐ

1979年9月8日 「暗黒の金曜日」 イスラム革命頂点

1980年5月18日 セント・ヘレンズ山噴火

1981年3月30日 ロナルド・レーガン大統領暗殺未遂事件勃発

1982年4月2日6月20日 フォークランド紛争

1983年4月18日 アメリカ大使館爆破事件(ベイルート

1984年12月3日 ボパール化学工場事故(インド

1985年3月11日 ミハエルゴルバチョフ氏、ソビエト共産党書記長に就任

1986年1月28日 チャレンジャー事故

1986年4月26日 チェルノブイリ事故

1987年6月12日 「この壁を壊せ!」演説

1988年12月21日 ロッカビー事件(パンナム機爆破事件)

1989年11月9日 ベルリンの壁崩壊

1990年10月3日 東西ドイツ統一

1990年8月2日1991年5月5日 「砂漠の嵐」作戦(第1次湾岸戦争

1992年4月1日~1995年12月14日 ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争

1993年10月3~4日 モガディシュの戦闘

1994年4月6日7月15日 ルワンダ虐殺

1995年4月19日 オクラホマシティ連邦政府ビル爆破事件

1996年1月21日 フランス、最後の核実験

1997年7月4日 マーズ・ローバー(火星探査車) 火星に着陸

1998年8月 モニカ・ルインスキー 不倫スキャンダル

1999年5月3日~6日 オクラホマ州で竜巻被害

2000年1月1日 ミレニアム

2001年9月11日 911攻撃(アメリカ同時多発テロ事件

2002年1月1日 ヨーロッパユーロ発行

2003年3月20日 イラク戦争勃発

2004年12月26日 インド洋大地震と津波

2005年8月29日 ハリケーンカトリーナ ニューオリンズを破壊

2006年6月12日8月14日 レバノン侵攻

2007年6月 ヨーロッパ熱波

2008年10月 金融危機

2009年1月20日 バラク・オバマ大統領就任

2010年1月12日 ハイチ大地震

2010年4月20日 メキシコ湾原油流出事故 ディープウォーター・ホライズン炎上沈没事故

2011年 アラブの春

2011年3月11日 東日本大震災と津波

2011年3月 福島第一原発事故

2012 ?

10分どころか、6時間くらいかかったorz

それに、作ったの多分アメリカ人だから、日本にとっての重大事件(オウムとか)は入ってないんだよね。ハイチ地震があるのに、阪神・淡路大震災がないのも明らかに片手落ちでしょう。

(調べてみたら、どちらもM7クラス

2010-12-13

インフルの致死性

そんなに昔に比べて致死性が上がってるの?

昔と大して変わってなくて

ただ、情報伝達のスピードが早くなっただけ

致死性に関する情報が身近になっただけなんじゃないの?

(寧ろ、昔の方が栄養状態悪いし、今より死んでるけど

診断がインフルじゃなかっただけじゃない?(肺炎とかの合併症?))

そして、それに乗っかって

儲けようとする人間がそれを増長させてるだけじゃないの?

製薬会社とかそこからお金貰ってるマスコミ政治家

彼らがこぞって流行を演出して

日本国民馬鹿からあれよあれよと

踊らされて

彼らが私腹を肥やすのを

手伝ってるだけじゃない?

当初新型が流行りだした

アメリカ免疫作るパーティとか

やってるの見て馬鹿だなって思った記憶がある。

でも今思えば

馬鹿なのはこっちだったのかなと。

アメリカ人は国やマスコミなんか

まるで信じてないか

国やマスコミが煽ってきたか

面白がって茶化してただけなんじゃないの?

去年だったか今回のは

流行ったスペイン風邪と同等とかって

マスコミが煽ってた記憶がある。

スペイン風邪と同等なら

現在は身近で死人が出たって

話がゴロゴロしてるはずじゃない?

いや、昔に比べて

今は栄養状態が良くなったか

そんな悲劇は生まれなかったんだって

マスコミは言うんでしょ?

なんだか、いろいろ考えてしまう。

2009-05-21

弱毒性と強毒性

専門家弱毒性インフルエンザが強毒性インフルエンザに変わることはありません」

報道陣「でも、スペイン風邪弱毒性から強毒性に変わったのでは?」

専門家スペイン風邪弱毒性です。強毒性になったりはしていません」

報道陣「では、なぜあんなに猛威をふるったのでしょう?」

専門家ビルレンスが高くなったからです」

報道陣「ビルレンスとは?」

専門家「発症しやすさとか重症になりやすさとか、そういうものです」

報道陣「日本語訳はないのですか?」

専門家「毒性、ですかね」

報道陣「つまり、スペイン風邪弱毒性から強毒性に変わったということですね」

専門家「そうですね」

報道陣「?」

専門家「?」

 

highly pathogenic

強毒性:インフルエンザの場合は全身感染するものを示す

lowly pathogenic

弱毒性インフルエンザの場合は気道にしか感染しないものを示す

high virulence

強毒性:感染症を引き起こす能力重症化させる能力が強い

low virulence

弱毒性感染症を引き起こす能力重症化させる能力が弱い

2009-05-19

新型インフルエンザ 毒性の意味は2種類ある?

新型インフルエンザの強毒性・弱毒性について頭の中が混乱してしまったのでわかる範囲で整理してみた。さらに混乱中。素人の付け焼刃なので、専門家による整理を期待。

 

強毒性インフルエンザはhighly pathogenic influenzaの日本語訳で、気道以外にも感染するインフルエンザ意味する。全身感染することがポイントなのであって、症状の重さや感染力の強さは関係ない。

pathogenicは「毒性」ではなく「病原性」と訳すべきであり、従来の鳥インフルエンザの話題においては正しく「病原性」と訳されていた。なぜ今回に限ってこんな訳になったのかわからない。

「強毒性」は、本来はhigh virulenceの訳。インフルエンザの話題においてこちらが使われなければ混乱することもなかったが、困ったことにこれもしばしば使用される。

そのため、次のような意味不明の文章ができあがってしまう。

スペイン風邪は、変異して強毒性となっても弱毒性インフルエンザ

弱毒性lowly Pathogenic、強毒性はhigh virulenceなので矛盾しないのだが。

もっとも、実際に混在することは少なくて、専門家がいう毒性はpathogenicで、政治家がいう毒性はvirulenceであることが多いように思う。

ちなみに、今回の新型インフルエンザlowly pathogenicであり、low virulenceであるとみなされている。H1N1であるため、H5N1のようにhighly pathogenicになることはないとされるが、感染が拡大すればスペイン風邪のようにhigh Virulenceに変異する可能性はある。

2009-05-03

swine flu(豚インフル)について。

swine flu(豚インフル)について。

 調べれば調べるほど、おかしいことが出てきた。一番おかしいのは、メキシコには、インフルエンザで死んだ豚が居ないという事である。

 鳥による伝播の可能性が無い時期である為に、豚が原因であろうという事で、豚インフルと呼んでいるが、肝心の豚が死んでいないのである。

 豚は、人間用の薬品試験や、製造する為の道具として使われるほど人に近いので、人を死なせるほどに強毒化したインフルエンザウィルスは、豚も死なせている筈である。強毒化したウィルスによって豚がばたばたと倒れるような状態であってこそ、人に感染するようになるのである。

 従って、このインフルエンザは、人から人へと感染する性質に変化している状態で、メキシコに持ち込まれたと考えられる。

 すると、発生源はどこかという問題が浮かんでくる。

 豚が大量に死んでいるという報道をあさると、裏が取れない情報であるが、中国福建省で大量の死豚が不法廃棄されているという報道があった。

 http://jp.epochtimes.com/jp/2009/04/html/d64016.html

 豚コレラによる大量死であるという主張を匂わせているが、豚コレラである証拠は存在しない。中国政府発表は、誰も信用しない。

 中国からメキシコへの人の移動といえば、2月の上旬に中国国家主席が訪問している。国家主席とその随行団が行っているわけで、その時に、弱毒性で人から人へと感染するタイプのH1N1型インフルエンザをばら撒き、それが、抗体を持っていないメキシコ人の間で感染を広げていくうちに、強毒化してしまったという可能性がありえる。

 H1N1型インフルエンザは、1918年スペイン風邪として発生している最初のインフルエンザである。最近の発生は、ソ連風邪として、1977年中国北西部から始まり、シベリア、西部ロシア日本米国ヨーロッパオセアニア南米まで流行が拡大している。今は2009年だから、32歳未満の人は抗体を持っていないので、ウィルスが体内で繁殖しやすく、交雑変異型を発生させるだけの余裕がある。

 他にも、ロシア中国からの入国者に対して、特別体制を取っているという報道もある。

 http://www.newsru.com/russia/16apr2009/sarstrane.html

2009-03-24

http://anond.hatelabo.jp/20090323060714

獣医学部に通ってたときの話。

前職が農水省関連の団体だった教授の話。

鳥インフルエンザがヒトにうつるかもしれないと世間を騒がせていますが、鳥からインフルエンザが分離されたら鳥インフルエンザという定義なのでヒトが発症したら鳥インフルエンザではありません。」

皮肉なのか?

「鳥は感じで鳥と書き、トリでも鶏でもありません。」

まだ法律の話ですか?

「抗原型がH5とH7の場合は病原性が強いために高病原性鳥インフルエンザとし家畜伝染病予防法に従った処置がとられます。」

抗原型で病名も変るんだ。へぇへぇ

「H5やH7でも症状が出ない場合があり、分離されたウイルスを5羽の鶏に打って3匹以上死んだら強毒型、そうでなければ弱毒型とします。」

え?H5とH7は病原性が強いってさっき言ったのに直後に否定かよ。

「いえ、抗原型は重要です。日本で発生した例はそうでない例が多いですが、抗原型と病原性は関係あることがおおいですし」

関係あることになってるが最近の例はそうでもないのか?

「それに、法律でH5とH7の場合は高病原性鳥インフルエンザと診断することになってます。それ以外の型の場合はただの鳥インフルエンザとなります。」

重要だから法律で決まってるのか、法律で決まってるのか重要なのか、それはとにかくこの教授循環論法になってることに気付いているのか?

そのあとアジアにおける発生状況だとか、死者の数だとか、ブタでヒトでパンデミックとお決まりの話。

こっからはその教授の話ではないんだけど、

ブタがヒトのインフルエンザも鳥のインフルエンザもかかるってのは本当。

鳥から分離されるインフルエンザウイルスは鳥の型のシアル酸(厳密にいえばシアル酸とガラクトースの結合の仕方)を標的にして細胞に侵入する。

ヒトから分離されるインフルエンザウイルスはヒトの型のシアル酸を標的にして細胞に侵入する。

んで、ブタは両方の型のシアル酸をもつから、同時に感染することはありえる。

で、インフルエンザウイルスは一つの細胞に2種類のインフルエンザウイルスが同時に感染したらその細胞の中で遺伝子が再編成されうる性質を持ってるというのは本当。

過去にヒトのインフルエンザと鳥のインフルエンザ間での遺伝子再編成が起きたことも本当。

ただ、はブタの体内で起こった、とうのはまだ「かもしれない」の域。

実は、証明はされていない。

病原性の強い弱いというのはおいておいて、組み換えウイルスには今までの免疫が全く通用しないというのも本当。

抗原型ってのは免疫原性の型が違うっていうことだから。

でもね、今までの免疫が通用しないっていうのは、ワクチンうっていても発症するっていう意味で、必ず重症化するっていう意味じゃない。

さてここから病原性の話。

すこし私見が入る。

HとNの型で病原性が決まるっていうのは、その型でウイルスの増殖効率が違ってくるという話なの。

あと特定の細胞でだけじゃなくて全身の細胞で増殖できるとかそういう違いもあるんだけどさ。

まあウイルスの増殖と症状ってのは確かに「関係」はするんだけどそれだけで全てを説明できるっていうのは強引すぎ。

だいいち、増殖のスピードが違うってのは培養細胞での場合とかそういうレベルで。

実際の個体レベルでの症状の重篤さはもっといろんなファクターが絡むはずだと思うんだよね。

それからそもそも「鳥」において「高病原性」がヒトにおいて(ヒトに感染するようになった場合)もそうかというのも必ずともそうとはいえない。

だって、鳥のインフルエンザの一番の症状は下痢じゃん。

ヒトは呼吸器病じゃん。

病原性の強い弱いどころか、症状としちゃ別の病気だもん。

鳥にめちゃくちゃ下痢させるウイルスがヒトにめちゃくちゃ気管支炎を引き起こすかってそりゃ疑問符は出るよ。

鶏からヒトにうつった⇒致死率が高い⇒ヒトからヒトにうつるようになったら(ヒトからヒトにうつった場合も致死率が高かったら)大変だ。

ブタの中で合いの子ウイルスワクチンが効かない⇒世界的大流行

いろんな前提条件とか、仮定とかを5段重ねくらいにして最悪のシナリオを作って大々的に宣伝してる感じがするんだよね。

まあ嘘は言ってないよ。

最悪のシナリオ想像させるような情報の見せ方をしてる。

それがズルいと思う。

「鳥に強毒なインフルエンザブタの中でヒトのインフルエンザウイルスと合いの子作って、ヒトに強毒なウイルス誕生して、ワクチンは効かないし、首都圏流行った場合はとんでもないことに」

ここまで言ったらそりゃあありえなくもないけど考えすぎだし、考えたところでどういようもないだろって誰か突っ込むと思うんだけど、

「「致死率の高い」「新型インフルエンザウイルス」が「首都圏」で「流行した」場合」

この言い方だと突っ込みどころをうまく取り去ってる。

いろんな意味でズルい。

「高病原性鳥インフルエンザ」とか「鳥インフルエンザ」とか「新型インフルエンザ」とか、似たような言葉をあるときは法律用語として使って、あるときは法律用語としてではなく使って、嘘にならない範囲で上手く煽ってる。

煽ってるのは獣医系の学者なんだけどさ。

獣医学者にとって人獣共通感染症って予算とるのに丁度いいんだよ。

だって動物病気なんか研究したってどこも予算出してくんないのに、ヒトが絡めばいくらでも引っ張り出せるんだもん。

獣医農水省管轄)がヒトの病気厚生労働省管轄)に関わろうとしたら人獣共通感染症が一番だもん。

おバカ役人丸め込んで嘘にならない範囲で大々的に宣伝してる側面はたしかにあると思うよ。

痩せると書いたらお縄だから体験者の声「○kg痩せた!」と宣伝するサプリメントと同じ感じを受ける。

だって、

「かつてのスペイン風邪ほにゃらら、証拠はないけどもしかしてもしかして、もしそうだとすると、あんなことが起きたら、ついでにあんなことも重なったら、スペイン風邪の再来が起きるかも起きるかも!!!とは直接は言わないけど想像してみろよ愚民

っていう理屈じゃん。

まあ、俺らとしては迷惑なことじゃないし、学者大学に、家畜関連分野に、そんなふうに業界お金が流れてくれれば、めぐりめぐって獣医つながりで多少の恩恵はあるんだろうし、ありがたいことなんだけどね。

あ、それから農水省は脳衰省というのは本当。

2009-03-23

http://anond.hatelabo.jp/20090323000120

端折って言うとな。

ウイルスって生き物(と言えるかどうかも議論があるがさておく)は、遺伝子DNAないしRNA)がほとんどむき出しに近いような状態でさまよっているようなもので、それが宿主となる細胞遺伝子に組み込まれたり便乗したりすることでやっとこさ増殖できる、という特性を持つ。んで、ウイルス遺伝子そのものだからものすごく突然変異を起こしやすい。

んで、鳥インフルエンザとヒトインフルエンザ普通は鳥/ヒト体内で同時に感染したりしないものなんだが、さてここに両方に同時に感染しうる生き物がいる。豚なんだがな。

そうするとその体内で、鳥インフルエンザとヒトインフルエンザが仮に同時に出くわすと、豚細胞内に取り込まれて増える段階で鳥インフルエンザウイルスとヒトインフルエンザウイルス遺伝子が一旦ごっちゃになる可能性がある(遺伝子組み換え)。そうすると、鳥インフルエンザがヒトへの感染能力を得る(あるいはヒトインフルエンザが高毒性鳥インフルエンザの毒性を得る)可能性があるわけだ。

これは確率的にはいつでも起こりうることで、現に過去も何度も起こったことだ。そして起こったときがパンデミック発生の時だ(強毒性鳥インフルエンザとの組み替えばかりが畏れられているが、弱毒性のものとの組み替えですら「今までワクチン存在したことのない、全く新しいタイプのヒトインフルエンザウイルス誕生」となるため、それなりの脅威たりうる)。ただ現在たまたま起きていないだけ。

(勿論、たまたま鳥インフルエンザとヒトインフルエンザに同時に感染したヒトの体内でこういう変異が起きる可能性もなくはないが、豚よりは遙かに低い)

(対策としては「とにかく豚と鶏を一緒に飼うな」ということが言われているが、全世界にそれを徹底するのもなかなか困難な状況。特に中国東南アジア奥地では豚と鶏が一緒にいる環境が多く、このへんが新型インフルエンザの震源地になるんじゃないかと目する研究者もいる)

かつてインフルエンザとしては史上最大級の死者を出した「スペイン風邪」ってやつもこうやって誕生したと目されてるから調べてみるとよいよ。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B6%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9

要するに、「たまたま養鶏場に居たヒトが鳥インフルエンザに罹って死にました」それ自体は(お気の毒ではあるが)深刻な事態ではないが、むしろヒトが罹りうるほど「ヒトに飼われてる豚の」身近に強毒性鳥インフルエンザウイルスが迫っていることを畏れるべきだったりする、というお話

鳥インフルエンザについて思ったこと

そもそも病原性がHとNの型だけで決まるって話が乱暴だし、H5とH7が高病原性って(法律で)定義してるのに強毒型と弱毒型があるってのも変な話で。

養鶏場で人が発症したからといってさ、人に伝染するウイルスっていうのはさぁ。

たしかに、動物ウイルス普通ヒトには伝染しないよ。

でも、実際にウイルス液をヒトに飲ませて実験したわけじゃなし、高濃度なウイルス液に暴露されればほかのウイルスだってヒトに感染すると思うんだけどどうだろ?

養鶏場とか食鳥処理場っていう特殊な環境で特殊な感染のしかたをした人間の致死率が高くたってさ、それが自然感染したときの症状と同じって言えるのかな?

ヒトからヒトに伝染るようになってパンデミックスペイン風邪の再来!

そりゃわかるけどさ、かなり飛躍しすぎな感は否めない。

2008-01-17

インフルエンザ(ry記事の疑問

http://www.zakzak.co.jp/top/2008_01/t2008011634_all.html

万全に見えるワクチン予防法

別に万全とは思ってないが、現時点では最善に近いとは思ってる。万全や最善などの過信はしてない。

医学博士の母里(もり)啓子(ひろこ)氏を直撃

厚労省とかには直撃しないの?取材源そもそもがバランス悪くね?

インフルエンザワクチンが効かないことは、ウイルスを学んだ者にとっては常識です

いやそれ非常識じゃなかったっけ。

前年のウイルスで作るワクチンができたころには、別のウイルス流行している

志村ー、予測予測

活発に変異するウイルスに対応できない

その活発ってどの程度なのか。また変異といっても程度や質があるわけで。

発がん性物質のホルムアルデヒドという薬品の水溶液

インフルエンザ重症化したり致命化したりする確率や程度よりは遥かにマシなんじゃないの。水だって飲みすぎると死ぬし、程度や確率の問題。鶏卵、ギランバレーも同様。

インフルエンザ撃退の近道は、ワクチン接種ではなく、自然感染により身体ウイルス抗体を作ること

それで死亡率や重症になる確率が高くなってしまったら元の木阿弥なわけだが。

インフルエンザ感染したときの免疫だけで、自然に治る病気

ウイルスの種類、感染者の体質、体力などの組み合わせによっては高確率で死ぬ病気ですが何か。第二のスペイン風邪が起こったらどうするつもりなのか…スペイン風邪世界人口の約50%が感染し、25%が発症、3.3 - 12.5%にあたる4000万人 - 5000万人が死んでるそうですが。

日本では:1918年大正7年)の11月に全国的な流行となった。 1921年7月までの3年間で、人口の約半数(2,380万人)が罹患し、 38万8,727人が死亡したと報告されている。

http://influenza.elan.ne.jp/basic/spain.php

自分の抗体が強ければ、たとえ周囲ではやっていても感染しない

あのですね

20代から30代の青壮年者に死亡率が高かった原因は不明で、謎として残っている。

http://influenza.elan.ne.jp/basic/spain.php

とまあスペイン風邪では青年が死にまくったそうですが。

ま、どちらにせよ、弱毒型のインフルエンザしかあまり見かけない今が続くことを祈るよほんと。

追記:スペイン風邪の記録などは国などによる情報操作なんじゃないかと疑ってる人は、タミフル等が生み出される遥か前の文献を自分で調べてみよう。どうみても1990年より前に作られた紙で作られていますありがとうございましたな本なら信じられるであろう、たとえば医学部を擁する大学図書館に文献を閲覧できるよう熱心に頼み込むといい。

2007-03-21

安心って何だろうね

http://anond.hatelabo.jp/20070321205955

いやー、実際これでインフルエンザで死ぬ10代は増えると思うよ。

でも彼らはどうせ報道されないし、問題にもされない。

タミフル禁止したお陰で異常行動で死ぬ10代居なくなったね!良かったね!」で終了だ。

そのうち忘れられる(けど一度出した禁止令は簡単に撤回出来ないだろうからそのまま)だろうけど。

そういや新型インフルエンザの話題はどうなったんだろう。世間では完全に忘れられてるっぽいが。

1918年の所謂スペイン風邪の時は何故か年寄りより若者犠牲者が多かった。

タミフル禁止のまま当時と同じウイルス流行ったら10代ばかりが死んだりしてね。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん