「自閉症スペクトラム」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自閉症スペクトラムとは

2021-05-12

オタクが嫌われるのって

オタクに含まれている一部の自閉症スペクトラム発達障害

空気読まなかったり、

人との距離感掴めなかったりで

相手をするしんどさを押し付けてきて

更に暗黙の了解でやってたことを理解できず好き勝手やるから、全てルールを明文化しなければいけなくなって弁えている先人が窮屈になったり

そこが嫌われている部分が非常に大きいと思う

オタクバッシングするよりも

自閉症発達障害バッシングした方が本質に近づける気がする。

2021-04-30

ADHD自閉症スペクトラムの違いがまだわからない

わしは自閉症スペクトラムの診断が6年前くらいにおりてるんだけど、具体的な治療みたいなのは全くしてない

ADHDは薬があるというのはわかる

自閉症スペクトラムには薬がないのか?

ADHD自閉症スペクトラムの違いって何?

当事者なのに全くわからない

自分で調べてもあんまり

そもそも自分がどんな人間なのかわからない

むずかしいね

教えてエロい

2021-04-29

発達障害になるくらいなら生まれたくなかった

発達障害になるくらいなら生まれたくなかった


中学校はずっといじめられてた。みんなが当たり前にできることができなくて、どうして自分にできないのか理解もできなくてパニックになってよく泣いていた。勉強はできなくもないけれど得意な訳でもない。板書が極端に遅くて、授業後はいつも黒板消し係の人に急かされていた。運動は目も当てられないくらいできなくて、友達も少ないから体育の授業の「二人組をつくって〜」で余るのが常だった。中学くらいになるとそういう時に相手を探す行為自体無意味だと悟ったのでただ時間が過ぎるのを待っていた。そして先生と組む。

学校生活がうまくいかなくても頭がバカなので不登校という発想がそもそもなく、あと学校に行かないと親にクソほどキレられるので学校がある日は半泣きになりながらも登校していた。学校が嫌いだったか勉強も好きになれず、でも勉強しないと親に怒鳴られるので勉強は大嫌いになった。

勉強はしたくなかったか高校普通科ではない少し特殊学科を選んで入学した。これがたまたま合っていたのか、成績はクラスでも上位に入るようになった。授業は楽しいクラスメイトも優しくて、初めて学校いじめられなかった。高校卒業したら同じジャンル専門学校にでも行こうと思っていた。が、ある時担任にこの成績なら大学視野に入ると言われ、それを親に話したところいつのまにか第一志望が大学になっていた。高三の頃には中学いじめフラッシュバックメンタル限界を迎え、卒業式も保健室で迎えた。遅刻も多かったけれど成績は維持できていたので、地元のそこそこ良い大学指定校推薦で進学した。

大学生活は大変だったけれど今までで一番楽しかたかもしれない。

勉強の習慣がなかったか毎日の予習復習ができるようになるまで二年かかった。基礎もできていないから授業にもついていけない。それでも、今まで学んだことのなかった社会学心理学哲学法律外国文化歴史英語以外の外国語… 高校でやった普通科目がかなり少なかったのもあるのか、俺は義務教育でやったような国語算数理科社会みたいなやつだけが学問だと思っていたからとにかく衝撃で、全てが新鮮だった。

人間関係は相変わらずカスだったが、何とかグループに入れてもらってその人たちと一緒にいくつか講義を受けたりした。大学は一人でも勉強できる環境はあるけれど、「あの先生講義は楽」

だの「この授業が面白かった」「課題の提出期限が変わる」「今度こういうイベントがあるらしい」とかの情報があると段違いで勉強やすくなるから友人はいた方がいい。

大学三年のある日、そのグループの人たちに合わせて一緒に取っていた言語学関係講義発達障害存在を知った。

俺のことかと思った。

俺が発達障害

気になるとそのことしか考えられない。

数日後には県内発達障害を扱うメンタルクリニックを予約していた。初診は1ヶ月後しか受け付けていないと言われたがメンクリでは珍しいことではないらしい。素直に1ヶ月待つ。




「恐らく、自閉症スペクトラムと呼ばれる発達障害可能性があります




絶望した。


自分障害者なのかあんなに知りたかったのに、いざ面と向かって発達障害だと言われるとそこには絶望しかなかった。

俺は「あなた発達障害ではありません」と言われたかったのかもしれない。自分普通なのだとその証明医者から貰いたかったらしい。そのことに、発達障害だと診断されてから気付いた。

今までできないなりに努力もしたつもりだったけれど、お前の能力では努力してもどうにもならないのだと、現実を突きつけられた気分だった。

医者に進められるがままにwaisというIQテストを受けることになった。

waisの結果は最悪だった。

総合的なIQは平均以下の90、特に低い処理速度が65、作動記憶が70。

典型的ADHD、その上自閉もあるからコミュ力もない。

自分のできないことが数字として可視化され、心理士に読み上げられる。情けなくて悔しくて、でも誰にもこの感情をぶつけることができなかった。

俺はメンクリに来たことを、誰にも言えなかったから。

それから投薬が始まって、聞いたこともない名前の薬が沢山出された。

一番飲んでいた頃は一日で

ストラテラ120mg

インチュニブ2mg

コンサータ18mg

ルーラン12mg

セロクエル12,5mg

ルネスタ3mg

レンドルミン0,25mg

を飲んでいた。ストラテラのせいで異様に目が覚めるから睡眠薬で無理やり寝て、それでも3-4時間で起きてしまうから毎日睡眠不足だった。卒論がうまく書けなくてそれを主治医に言ったらこうなった。

卒論は何とか間に合い、俺は無事大学を卒業できた。

大学卒業後、よりによってアスペに不向きな接客業就職してしまったので結局ストラテラは減らせなかった。仕事はできない上に人間関係も上手くいかなくて、薬を減らしてもっと無能になるのが怖かった。夜は眠れない。朝が来たら仕事に行く。

その状態一年働いて、心身共に限界がきてついにこの前仕事を辞めてきた。

ストラテラもやめた。

一気にやめたら副作用なのかちょっとしんどかったけど。

貯金がなくなったら自殺しようと思う。

もう嫌なんだよね、俺が何かするたびにおかしい目で見られて、俺が喋ると会話が止まるの。仕事ができないのも悔しくて、だって俺さ、接客業やりたかったんだよ。この仕事に就きたかったんだよ。バイト接客業やってさ、楽しいなって思って就職して、でもできなかった。やりたいことだったのに、好きだったのに、できなかった。

俺は空気が読めなくて、喋り方もおかしいかダメなんだって

普通じゃないってなに?

数が多いってだけでお前らが正しいの?

俺がおかしいから、お前らに合わせないといけないの?

指摘されたこととか、怒られたことを思い出して俺の何がダメだったのか、どうすればよかったのか考えてるんだけどさ、

もう何も考えたくない

何も考えたくないよ


貯金が尽きるまでは本を読んで、ゲームをして、アニメを見る生活を楽しもうと思う。

多様性を認める社会

ダイバーシティ

そんないつ実現するか分からない理想社会を語るんじゃなくてさ、今困ってる俺を今助けてくれよ。

発達障害に生まれた俺が全部悪かった

発達障害になるくらいなら生まれたくなかった

2021-04-27

anond:20210427094740

普通男児電車以外に車とかロボとかも好きな事が多いが発達障碍児は電車に偏る子が多い、と言われてる

電車線路の上を規則的なダイヤに従って動くから

数字とか規則性が好きな自閉症スペクトラム障碍者がそこに惹かれるのではないか、って説がある

2021-04-24

anond:20210424111107

そこはおそらくファッションセンス美的センス問題なのよ。

女性でもすね毛ボーボー(になる人は実際いる。剃ったあと隣に座るとスネをぞりぞりされてすごく痛い)でスカートはこうとするならズボンのほうがみぐるしくない。

男性(LGBTのTとか)でもスカート履くまえにすね毛処理(永久脱毛の痛みにたえるとか)するくらいの意欲ある人(いわゆる男の娘とかじゃにーずあいどるとか)はスカートだってセンスが遭うのなら自分らしいと感じるだろう。

これアメリカではすでに日本から先んじてやってる。合理性自主性の国だから

でもそれでどうなったかというと、すね毛スカートする人があの人へんな人レッテル貼られやすくなっただけ。

ADHDとか自閉症スペクトラムもそうだけど、病気とされるはれものあつかい範囲がひろがっただけなんだよな。

からなんとなく子供にも黒歴史くるまえに自主的に失敗をさけられるレベル教育必要なんだけど、日本人は目的より手段をおしえようとするため小学校でも説得に失敗しちゃってるwwww

日本教育www

結局見苦しくしないためならすね毛は剃るんじゃなくて永久脱毛でも黒タイツでもいいわけですし

なんなら俺はパンクスタイルでいきたいからすね毛はむしろあるっつってすね毛残し+スタッズつけたちぎったジーンズでもいいわけですよ

でも校則という形にしないといちいち説得するのがめんどくさいとかなるわけですよ

この元増田もおなじ。手抜き判断他人におしつけようとしてるだけ。

2021-04-18

anond:20210418154723

24歳になった時、専門の先生相談したところ、どうやら私には軽度の発達障害があるらしい(自閉症スペクトラムの中に含まれる?みたいなことだったかもしれない)。納得がいった。

初めてバイトした時も商品の入れ間違いや商品材料を作る計算金額ミスをよくやらかしものだ。

計算特に確率パーセンテージ)の計算が上手くできない。最近は足し算引き算も危うい。(笑)

これはASD自閉症スペクトラム)というよりLD学習障害)じゃないか

2021-04-09

解離性障害とかの話

普段文章を書きも読みもしない人間が、備忘録がてら書こうと思ったこと。その昔、10年ほど前のことを思い出したという話。

 

タイトル解離性障害については興味があれば調べてほしい。

解離性健忘、解離性遁走、離人症、…多分一番取り上げられるのは、解離性同一性障害(DID)についてだろう。

今回は、そのどれでもなく、あまり語られないその他の解離性障害について、当時の経験を書こうと思う。

かなりの主観で書いているので、親サイドで見るととんでもない傲慢独りよがり子供の話であることだけは、免罪符として先に言っておこう。

 

 

少し自身のことを掻い摘んで記しておく。一つずつ語るとまぁ長いので、ざっくりと箇条書きで。

・少し裕福な家庭で育った

きょうだいの一番上

なんやかんやあって中学不登校高校不登校再発→退学

・その後、高卒認定を取り、浪人生活を経て大学進学

大学在学中に体調を崩して就活を諦める

・数年フリーター生活ののち、現在会社員

 

冒頭の10年前の時期は、この中の浪人生活辺りの話である

なお、家族名誉の為に表記しておくが、「家族から愛情を持って育てられていた」のは間違いなかろう。

家庭環境については、外から見れば良くも悪くも普通の家庭だった。自分にとっては、休まることのない家だったというだけである

ここについては語るとキリがないので割愛

 

中学高校と相次いで不登校になり、高校で出席が足りずに退学した。

学校に馴染めなかったのが理由だと思っていた当時だったが、家庭環境が合わなかった、性自認やそれ関連のトラウマという理由も含んだものであることを、年が経つと共に察することになる。

朝起きられない、一日中寝ていて起きたら次の日の朝だったという日もあれば、朝まで眠れない日もあり、食事を受け付けないかと思えば、いくら食べてもお腹が満たされないこともしばしば、身体がひたすらだるい…と不健康まりない毎日を過ごしていた。

出席が足りずに退学したとはいったものの、部活だけは好きだったので、時折顔を出していた。全然学校にも来てない、部活にも不定期にしか来ないのに受け入れてくれた。

あの時、不満を言わないでいてくれたばかりか、こちらの安否を心配してくれていた顧問先生と友人には本当に感謝している。

同級生引退する時期に、一緒に"引退"し、その年の冬に高校を辞めた。

この時期、何度か心療内科カウンセリングに通っていた。親がドクターカウンセラーと話をし、その後自分ひとりで話をする……はずだったのだが、毎回何を言って、何を伝えたらいいのか分からず、そのまま診察の時間は終わった。

心療内科ドクターからは「なんでもいいんですけど、自律神経失調症診断書出しときますね」とダルそうに告げられ、カウンセラーからは「あなたが悪いわね」と言われたのは、よく覚えている。

 

当時、既に無気力ではあったといえ、大学進学という目標があった。高校部活顧問先生がとても良い先生だったので、教師になりたいと思った。

教育学部に進学したいという、高校を辞めた身としてはなんともな目標ではあった。

高卒資格がないと大学には進学できない。在学中に通信制や夜間への転入も考えたが、同級生と一緒に大学進学を果たしたかったので、高卒認定を受けることに決めたのが、18歳の夏。

その年の秋に高卒認定を取得し、センター試験を受け、二次試験合格する……といった算段だったのだが、志望校センター試験できわどいライン

二次試験はかなり難しい学科なのでほぼ無理ゲー。諦めて浪人することになった。

予備校に通うことになった。有名予備校でなく、個人事業主がやっているところ。何でそこを選んだかは覚えていないが、教える内容は"勉強"というより"思考"そのものだった。事務所には漫画が置いてあって、マスターキートンをハマって読んでいた。何故か13巻だけ無かった。

予備校には色々な人がいた。いわゆる陽キャな子、5浪ほどしている人、社会人から出戻りして大学進学を志望する人、モデルをやるといって辞めていった子、いつの間にか来なくなって近場のパチ屋で見かけたと噂が立っていた子。

人付き合いが苦手な自分は、ここでも浮いた。孤立も慣れたもんだと思いながら入校してひと月ほど経った頃に、それは起きた。

 

 

最初の症状は、予備校休みで、家に居た時のことである

中学生の頃から身体の不調も相まって、朝起きられないというのが常態化していた。

朝起きても、身体がだるくて昼過ぎまで布団に入って寝ている。夜は眠れないし、一度寝たら起きられないというのが中学高校の頃の不登校事情だった。だが、その日は違った。

意識ははっきりしている。右手携帯を探す。ここまでは良い。左足が動かない。痛い。神経が締め付けられているような痛み。じわじわと熱くなるような感覚が、上半身に上がってくる。

痛みと眠気でぼーっとする中、徐々に左腕が痺れる感覚に陥る。左半身が動かない。

起きないと、いつものように親に怒られる。そう思いながらも身体が動かない。案の定、怒られた。辛うじて、身体が動かないことを伝える。

呆れた顔をされたが、微妙理解を得られたのは覚えている。この症状は、土日の間続いて、徐々に消えていった。

 

それから一週間ほど後、今度は予備校自習をしていたところに同様の症状が出た。流石にヤバいと察されたのか、親が迎えに来て、大きい病院の緊急外来直行した。

身体症状が出ていたので、最初外科検査、その後脳の検査(案の定だがここが一番検査時間がかかった)、最終的に精神科となった。

どこの診療科に行ってもハンマーみたいなものでコンッとされて、「痺れてるのに動くやん…」となったのは覚えている。あのハンマー、なんかの授業の時に見たなぁとぼんやり

入院して数日くらいで左半身の痛みや痺れは緩和され、日常生活に支障がないくらいに落ち着いた。

退院して帰ってもいいと言われたが、家に帰りたくないとわがままを言って、後一泊だけさせてもらった。後日、親にお金のことを口酸っぱく言われた。

入院中に、精神科先生からさいころの話を尋ねられた。心療内科カウンセリングで言われた時と違って、妙に詳しく話せたことは覚えている。

それをふまえて、「一度別の病院心理テストを受けてみませんか」と打診された。この時点で詳しい人は分かるだろうが、これは解離性障害テストじゃない。

精神科先生曰く、「まだ脳の病気可能性があるので、身体症状については断言できない」ということで、とりあえず心理テストを受けに行くことになる。

ここで診察をしてもらった精神科先生が、その後7,8年の間お世話になる人である

 

 

心理テストを受けに行くまでに数ヶ月も間が空いた。単に初診の予約の問題だ。それほど、受診する人が多いということである。大変な職業だ。

この数ヶ月の間にも、再度MRIを受けに行ったり、なんかよく分からん検査を別の病院に受けに行ったり(これは本当に何だったのか思い出せない)したものの、結局何も異常がなかった。

結局何も異常なかったじゃんと言わんばかりに、この頃からからの風当たりが更に強くなった気がする。

 

心理テスト小学校の時にやったものの延長といった感じで、楽しかった。

空間認識か図形かなんかのテストで高い数値を出したらしく、先生に「学会で発表していいですか!」と興奮気味に言われた。

結論を言うと、アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム)だったのだが、なんか褒められたのが嬉しくて、グラフギザギザな診断結果の紙はお守り代わりに取っている。(追記:嘘。今確認したら所在が分からなくなっていた)

 

色々と話が逸れた。

アスペルガー症候群

うつ病

解離性障害

脳の検査心理テストカウンセリングやら色々やって、こういう診断となった。身体が動かなくなってからこの間、半年ほど。

発達障害については「ほーん」という感じで深く考えていなかった。人間関係だけでなく勉強の面でも思い当たる節があったので、どこか腑に落ちたのだろう。

解離性障害についても、この頃には既に左半身の症状も落ち着いていた。うつについては、中学生の頃からだろうという見解だった。

とりあえず受験第一だったので、何か困ったことがあればまた来てくださいね~という感じで通院終了。

 

 

それから数年、志望校とは違うが大学生活を送っている頃。

無理が祟ってうつ悪化し、更にストレスで声が出なくなり(これも解離だったそうで)、それによって教員への道も就活も諦めたり、再度病院のお世話になったりしたのはまた別の話。

教育実習を控えた直前のことだったので、担当教授にめちゃくちゃ頭を下げに行ったらすごく慰められたのはある意味救いだった。

余談だが、身体が動かなくなったということで運転免許を取る時に適性検査がすごく面倒だった。大事ことなんだけどね。

いかんせんマイナーな例なので、免許センター警察の人にも「?」という顔をされたし説明も難しい。これについては、今も忘れた頃に診断書提出に関しての連絡が来る。

 

解離性障害には、解離性健忘、解離性遁走、離人症解離性同一性障害などあるが、一度解離の症状が出ると他の解離の症状も出やすくなるそうだ。

高校生の頃に友人に「たまに別人みたいになるよね」と言われたのも、予兆というか症状だったのかもしれない。

よく多重人格だとか言われる解離性同一性障害についても、自覚しているくらいにはある。ここでは「自覚症状がある」という程度でしか判断が出来ないので割愛する。

結局、診察中に先生の前で出たことはなかったのだ。

診察の直前まで「今日こそ言う」「今日こそ文章で書いて渡す」という意識はあるのだが、いざ診察室に入ると封印されるかの如く、忘れてしまう。そんな感じだった。

遁走・健忘については、覚えているだけで一度だけ「来るまでの記憶がない」といったことがあった。

過去の期間において記憶がすっぽり抜けているというのはちょいちょいとあるようだ。(10年前の脳の検査の話も最近思い出したところ)

過去についてはトラウマは鮮明かつ歪んで覚えているのに、全体としてみると「あの時しんどかったなぁ」とぼんやりしてしまものだろうか。そこら辺は、ごくごくありふれたこなのだろうなぁ。

 

 

うつ寛解して数年。解離については麻痺したり、声が出なくなったりなどといったものはあれから出ていない。あれからどうやってこう生き延びているのか、不思議ではある。

ここまで書くのに余計な事をいちいち思い出さないで済むようになったという点では、丸くなったものだ。

また覚えていたら、今度は死生観について書こうと思う所存。

では、これにて。

2021-03-01

https://anond.hatelabo.jp/20210228063512

これ、非常にわかる。

自分元増田と違い男性ではあるが同じく自閉症スペクトラムの診断を受けている。

平和を求めるというか、戦うこととか争うこと自体忌避している。

政治の話が荒れているのが心底嫌で、なぜみんな戦おうとするのかわからなかったのだが、そういう人は少数派らしいとやっとわかってきた。

2021-02-23

anond:20210222184152

我が家には自閉症スペクトラム(診断済、アスペ強め、知能指数高)がいるのだが、とあるボードゲームめっちゃつよい。

そのゲーム心理戦よりも頭脳戦の割合が大きいというのもあるが、対人なので相手の出方を常に考える必要がある。

日常生活では「空気」の読解がやや苦手なのに対して、そのゲームをやるときには「こうしたら人はだまされやすい」というパターンをいくつも手数として持っていて、勝率が高いものを手元に多く残している印象。複数の強い手数を混ぜることで勝率を高めていると思う。

発達障害一言で言ってもかなり幅がある。ただのADHDなら落ち着きがないだけ。知能指数が極端に低いとゲームは難しいかもしれない。アスペルガーもかなり振り切れているとみんなで「楽しく」ゲームはできないかもしれない。LDの人はよくしらん。

総じて、発達障害でも心理戦ゲームはできる。(属性によってはうまいかもしれない)

2021-02-19

自閉症スペクトラム(旧アスペ)の私、初めての後輩が自閉症スペクトラ厶

中途採用同士、30代、業界新人、ただ私のほうが2年先に入社した。半年前に後輩氏が入社して、私と一緒の仕事している。

私はアルバイトくらいしかやってなかった上に転々としていたので、この後輩氏は人生初めての仕事を教える後輩だ。

想像していたよりは、うまく行ってると思う。

障害のことは仕事中二人のときに向こうから明かしてくれたので、私もだよ、と教えた。

この間ミーティング採用担当から会社アピールポイントを考えたいので入ってよかったなと思うことを教えてほしいと私と後輩氏に質問があった。

私は何を言ったのかちょっと覚えていないんだけど、いきなりの質問には答えられない質なので本当たいしたことは言えてないと思う。

後輩氏はハキハキと答えていた。

増田先輩(私)みたいな人でも頼りにされて成果をだせる風潮が好きです。と。

周りが一瞬黙って、笑い出した。

私は、わかる、そうなんだよ、だから続けられてるし、後輩までできて…とジーンとしていた。

周りが笑いだして、ああ、私は先輩なんだからそんなこと言われたら恥ずかしいのか?と気づいた。

いい後輩と同僚と上司と、やりがいのある仕事感謝している、そんな話でした。

2021-01-31

身近な自閉症傾向

自閉症スペクトラム

俺は意固地で決まり事を作るとき、厳しくしすぎて周りの人とギスったりする。何年たってもそんなで、他の要因もあり、自分自閉症なんじゃないかとおもった。

しかし、自閉症というものもっと深刻なもので、自分とは全く違った(自閉症のドキュメンタリはかなり内容に共感した。勝手掃除されたくなかったりとかすごい分かる)。

さらに調べてみると、自閉症スペクトラムという、段階みたいなものがあるらしい。社会的にはそこまで困ってない(会社人間関係が少し危ういくらい)ので、0%から100%で表すとしたら自分10%くらいだろうか?自分位置がはっきりすると少し気が楽になった。

身の回りの例

スペクトラムというものを考えると、あーこれも自閉症スペクトラムの左端かなぁというのがある。

罫線文化

日本だと、論文やら注文書やらの表にはフルに罫線を引かせる。海外だと横線だけだったり、軽い印象だ。

自閉症傾向の方はカッチリしたもの安心感を覚えるらしい。まぁこれは好みなんでいいんじゃないかと思う。

マイクロソフト

仕様が独特。それでもって形式がやたら過剰でカッチリしてる。

具体的に言うとXMLSOAPはよりラフJSON形式RESTになったし(別に書式はXMLでもいいんだっけ?JSON以外みたことない)。何でもかんでも1回XMLにしたがるよなぁ。

他にも様々あるけど、マイクロソフトサービスを全部列挙することになるからやめとく。まぁエンジニアってそういう傾向あるからいいんじゃないんですかね。

実質小卒21歳

最初に申し上げると、ASD(自閉症スペクトラム)。ADHDも併発してるが自閉傾向が強い。5歳の時に診断されて保育園では意思表示が出来ず大暴れ。

だが言語通級指導教室(ことばの教室)に通って大幅改善された。

小学校普通学級だったが、3年生くらいか教室に入れない日々が続く。今となってはなぜ入れなかったのか分からないがとにかくしんどかった、勉強はしたいししたくても、机でジッとするだけで疲れる、先生の話を聞いてるのに何も頭に入ってこないし授業の内容も理解も出来ない。結局卒業までほとんど教室に入れなかった。

こんな感じなので中学校特別支援学校に進学することになった。無事環境には慣れることも出来たが、感想文や文章を組み立てたり類いは苦手。また発達障害知的障害の人は、絵が上手だったり発想力が豊かというが、自分は全くの逆で、絵心以前に絵の描き方が分からなくてほとんど書いたことがないし、発想力も全くない。

から機械とかPCの類いは好きだったおかげか、高校卒業後は自分なりには良い所に就職も出来た(障害者雇用ではあるが)。仕事も楽しく続けられている方だが意見(業務改善提案など)を言うのは苦手。

最近の悩みは教養がなさ過ぎること、今に無って小学生の頃に現実から逃げてたことに後悔してるけど、あのまま何をどう頑張れば良かったのかも分からない。こんなことを考える毎日しんどい

2021-01-26

第4の障害

知的障害を伴わない発達障害存在世間に広く認知されるようになって10年以上になるだろうか。

アスペルガー症候群自閉症スペクトラム)やADHDなどの、コミュニケーション不全の障害は、現在の高度情報化社会に適合することが困難な人々を障害者として認定したもので、そのような意味で「新しい障害」「時代によって創られた障害」とも言われている。

歴史的経緯から俯瞰すれば、社会構成員の多くが第一次産業従事していた時代には、軽度な発達障害障害としては認識されていなかった。社会にとっては身体的な機能障害の有無が、何より重要視された。

機械を使わない農作業では人間身体が頑強であるか否かが生きていく上で重要である。逆にこのような時代において、体格さえ頑丈でよく働くことが出来ればよく、発達障害の有無が社会構成員にふさわしいか否かの判断基準とされることはほとんどなく、それどころか知的レベルで多少劣っていても問題とはされなかった。

ところが産業革命が起こり、人々が工業生産すなわち第二次産業従事する者が多くなってくると、知的レベルが低い者は労働生産性において不利となり、工場などで働くことがままならず、障害者としてみなされるようになる。どれだけ体格が頑丈であっても、軽度知的障害者は障害者として扱われる。

そして現在の高度情報化社会では、第三次産業従事する者が多くなっている。情報通信業を含むサービス産業においては、他人との間の情報の伝達に問題を生じる者、すなわちコミュニケーション能力が低い者が障害者と認定されてしまう。認定を受けた者やその予備軍は、生きづらさを抱えて生きていかなければならなくなったのである

こうして、今日社会では他者とのコミュニケーションが困難な者は軽度であっても、総称して「発達障害者」と呼ばれ、障害者として取り扱われ、治療対象となり、障害者枠で働くことが可能になってしまった。

生きづらさを抱える人々が社会から援助されるようになったのだから、それは社会進歩である、ととらえる人もいるが、高度情報化社会発達障害であることが生きづらくしてしまったのだから発達障害者にとっては社会悪化であろう。

ところが社会進歩(あるいは対象者にとっての悪化)はとどまることを知らない。高度情報化社会から次の社会へとステップアップする中で、今後クローズアップされるであろう障害が、掲題の第四の障害である「嫌感障害(けんかんしょうがい)」(英訳するとharassmental disability)ではないか、というのが私の予想である

「嫌感(けんかん)」とは私の造語で、嫌感障害者は、他人嫌悪感を感じ取れずに、あるいは知りながらも敢えて、ハラスメントを行う人々のことを指している。

(同様に"harassmental disability"も、発達障害=disappointmental abilityに寄せて作った造語

「それは一般発達障害とどこが違うのか?」と問われるかもしれないが、知的障害身体の脳の障害という意味で広義の身体障害者であり、発達障害が広義の知的障害であるのと同様に、嫌感障害もまた、広義の発達障害ととらえて差し支えない。

しかしこれまでの発達障害という概念の中には、共感性が低いために他人感情が分からずに意図せず他人嫌悪感を与えることをその中に含みつつも、「他人が嫌がることがわかっていながら他人の嫌がることをすること」、いわゆるセクハラパワハラをすることまでを障害一種だと認定することはなかった。

今回私が提唱する「嫌感障害」は、一歩踏み込み発達障害者の中で他人嫌悪感を与え続けてやまない行動発言をする人々と、攻撃的であったり、あるいは人が嫌がることをすることをやめられない人々を、まとめて新たな障害者として認定するものだ。

第1の障害身体障害、第2の障害知的障害、第3の障害発達障害ととらえたことが、嫌感障害を第4の障害ととらえる所以である

昨今の脳科学では、人間自由意志存在否定され、すべてが所与の条件、すなわち、遺伝子環境構造などによって思考自動的に決定されているという。

自分意思によって他人の嫌がることを行う人もまた、ある意味自分ではどうしようもない衝動によって突き動かされ、社会に不適合な行動を取らざるを得ない障害者と言えるのではないか

彼らが適合できない社会とはなんであるか。それは女性障害者が多く進出した社会であり、多様な社会であり、弱者が認められ、生きやすく、守られる社会である

この社会では、強者多数派が、その力でもって弱者や少数派の人権を踏みにじることは、もはや許容されない。

強者が所有していた権力多数派が所有していた圧力でもって、他人自由を拘束し、口をふさぎ、多様性を蹂躪することは社会がもはや許さないのである

他人への嫌がらせを許さな社会は、高度情報化社会が発達し、様々なサービスが生まれる中で、人々が夢中になるサービスに人々の興味が集約していく中で育まれていった。人々が夢中になるサービスとは、SNSである

高度情報化社会が理性の支配する知識の共有を成し遂げたものであるならば、その中で育てられてきたSNS内では、感情の共有が重要ものとして形作られてきた。

それは「高度感情社会」と言えるものである。私達は高度感情社会という新しいセクターに生きており、産業革命情報革命の次に生じた、感情革命の只中にいるのである

GAFA情報化社会の雄ならば、そこに入っていないTwitter感情社会の雄であり、今後は感情産業と言われるような感情の共有化をビジネスの柱とする産業第四次産業?)に、多くの人々が従事するようになるだろう。

その産業の中で障害となるのが、他人感情を傷つけて平然とする人々である。その問題が今、ジワジワと、次々にクローズアップされているのを私達は知っている。

昨今のニュース報道に触れて、

「こんなことまでハラスメントなのか?」

という疑問を抱いた人は、多いのではないだろうか。なぜ新しいハラスメントが次々に問題視されているのか、わからない人も多いはずだ。戸惑っている人々も多いだろう。新しいハラスメント提唱する人々に「お気持ちギャング」というレッテルを貼る人々も少なくない。

しかし、これが時代の趨勢である、ととらえると、納得できるのではないだろうか。他人嫌悪感を抱かせるのは障害である、という新しい常識が広まりつつある過程なのだ

嫌感障害という概念確立されるメリットとしてまず考えつくのが、嫌感障害障害であるのだから治療対象となり、医療解決する分野となることだ。

発達障害コンサータなどの投薬で治療されてきたように、いずれ嫌感障害解決する薬が見つかることになるだろう。

次に挙げられるメリットとしては、パワハラセクハラをしてきた人々が、ひとくくりの集団として可視化され、社会活動における「障害」の持ち主と認識されることだ。

発達障害という概念が、コミュニケーション重要性を浮き彫りにしたように、嫌感障害という概念は、他人への攻撃性を抑止できる能力重要性を明らかにする。

パワハラセクハラモラハラを、無意識であれ意図的であれ、行ってはいけないし、それは教育によって徹底されていき、矯正できないものは「障害」がある者として取り扱われることになるだろう。

このような潮流が社会に表出しようとしていることを、私達はこれから目の当たりにすることになるだろう。


なお、以上のようなことがふと頭に浮かび、自分オリジナルアイデアかもしれないと思い、一気呵成に書き上げたが、研究者でも専門家でもない私の思いつくようなことは、すでにどこかで誰かが考えついているかもしれない。

「高度感情社会」「嫌感障害」といった概念に似たことが書かれている本などがもしあれば、ぜひブックマーク増田返信で教えていただきたい。

逆にアイデアが私のオリジナルだった場合用語アイデアに関して、皆さんのご自由にお使いいただきたい。この記事から引用である、などと断る必要もありません。

by tnkm

2021-01-03

anond:20210103204421

感情認知出来ず文字意味しか会話出来ないから、気持ち悪い自慢に見えたんだろうけどそいつが興味あることを一方的に話してただけなんちゃう

まんま自閉症スペクトラムの特徴だと思うわ

2020-12-06

精神疾患

最近HSPかいう謎の自己診断病を作り出して自称するやつ増えたな。

ADHDとかアスペルガー(今は自閉症スペクトラムか)も自己診断で名乗ってまるで錦の御旗のように振りかざすやつおるけど医者の診断受けたんか?

診断ついたやつが手帳もらって周囲に配慮してもらって生活するのは納得できるし応援できる。

HSPなんて病気どころかただの気質、つまり性格じゃん。そんな誰でも気分で名乗れるものを言われても困るわ。

HSPって名乗るやつの大半は自分に対しては繊細なくせに他人に対しては鈍感だわ。他人を傷つけるくせに自分には優しくしろと?厚かましいにも程があるわ

自称精神疾患は全員滅んで欲しい

2020-11-28

就労移行支援事業所

私は約10年程前に、発達障害自閉症スペクトラムADHD)と診断をされた。

その頃の職場は某大学図書館で、司書として勤めていたが、

何故こんなに同僚の司書達と比べて、仕事が出来ないのだろう?と

気持ちの沈む日々だった。

あんなに憧れて、手に入れた大学図書館での勤務だったのに。


発達障害が発覚してから10数年の間に起きたことは、

統合失調症発症してしまたことを筆頭に、

ここには書ききれない程に膨大だったので省略。


現在の私の職場(?)と言うか、

通う先は、就労移行支援事業所である

名前の通り、就職を目指す為の場所


涙がこぼれそうになる程、悔しい思いもする。

他の利用者の態度に、腹が立つこともある。

でも、今の私にはここしか無い。

歯を食いしばって、ここに通っている。

いつか、図書館に復帰する日を思い描いて。

2020-11-25

anond:20201124232412

思いついた原因

①軽度の自閉症スペクトラムASD当事者の「空腹感が分からない」「美味しいの意味が分からない」という声はときどき見かける。一般的対処法は、食べる時間を決めること、自分の適正カロリーを知って作業的に食べること。

②幼少期の食体験が貧弱。親が食に無関心で、食事=エサという感覚で育ってきた奴がたまになるやつ。対処法は①とそんなに変わらん。

食事って三度三度するもんだから関心高い人って多いし、その話題に参加できない辛さって日々いろんな場面で直面せざるを得ないよね。

匿名でもいいので(でもここじゃなくはてブロツイッターnoteとかのがいいと思う)、当事者として日々の困りごと発信して同じ悩みを持つ人の話を聞いたり出来れば、少しは楽になるかも。

2020-11-18

anond:20201118155001

いいやつじゃん。やっぱ自閉症スペクトラムの中でも女性複数回交際できるような上澄み層は比較的上質だよね。

2020-11-08

発達障害(特にASD)のマジョリティとかけ離れたセックス意識をキモヲタは空気読めで片付けない

結局なんで “なぜ家族先生セックスをしてはいけないのか、 なぜ会ったばかりのよく知らない人とセックスをすることが悪いとされているのか”、 なの?

増田女性ならそのまま、『アスピーガールの心と体を守る性のルール』を読めば、

なぜ誰とでもセックスをしてはいけないのか答えの1つが書かれていると思うよ。

 

男性用あるいは男女どちらでも使える発達障害(特にASD)の性にまつわる本は日本語では見当たらなかった。

なぜか日本には、不幸なことになる前に、セックスについて家庭で話し合っていこう、理解を深めようという取り組みがない。

 

それどころか、日本性的露骨表現に非常に寛容なため、発達障害が間違った理解のまま大人になってしまう。

 

たとえば、オタク間でやっている、紳士仕草

非常にセクシュアルな作品表現を見たときに『・・・ふぅ』と書いたりする。

元ネタ2ちゃんねる(現5ch)やニコニコ動画などのやり取りで発生したいわゆる下ネタである

下ネタ解釈文字起こしするのもなんだかなぁって思うが、アスペ空気読めで片付けないために解釈ひとつを書いておくと、

この作品は 抜ける(性的興奮を高め射精する事ができる) → ふぅと息をついて賢者タイムなるほど、あなた作品表現セクシーだったという、

技巧・表現力を讃える様式スラングひとつである

下ネタを持ち込むことで話を茶化すという目的でも使われるが、大抵はポジティブ賞賛として使われる。

アスペルガーの特性がある人でもここまではニアンスを理解出来ている事が多いが、問題はここからである

 

この表現は、下ネタであり、スラングであり、表現ニュアンス理解し許容している人のあいだでしか使ってはいけないということを

誰かが明示的に説明しないとわからないままアスペルガーの特性がある人は過ごすのである

なので、どんな場面でも『・・・ふぅ』だの『おっきした』だの書いたり、

『素晴らしく性的(な表現が出来ている)』と賞賛を伝えたのに何故喜ばないのか?何故怒られるのか?(ハテナ)となってしまうのである

 

これを明示的に説明し教える義務を負うのは、どう考えてもオタクコミュニティーではなく親のはずだが、冒頭に書いた通り、何故か日本の親は社会に丸投げ(ネグレクト)なのである

親も子と同じ特性持っていてツッコミ不在(違和感に気付かない)だったの???みたいな

 

残念ながら日本語では女性に重点を置いた発達障害(特にASD)の性にまつわる書籍しか見つからなかったが、

Sex Education for Teens With Autism とかで検索するといろんな資料が出てくると思うよ。

彼らは、親から兄弟姉妹からも先輩や友人から先生牧師から自然セックス意識を学ぶことはできないとして、

様々な親向けの資料当事者向けの学習資料があるよ。

 

下記は、ORCという団体運営するアスペルガー向けの性学習きっかけのためのサイト

交際をはじめる前に伝えるべきこと、ときめきや片想いをどうしたら良いかデート最中セックス最中にすべきこと・してはいけないこと、

セックスをいつするのかなどが説明され、簡易な学習理解テストも付いている。よろしければ参考にどうぞ。

性的露骨な素材とポルノ 

性的露骨な内容には、芸術的または教育的ではなく、エロティック(興奮)を目的としたセクシュアリティ説明または描写するものが含まれます

これには、ビデオ写真、または書かれた物語が含まれ場合があります

行為従事している実在人物が含まれ場合もあれば、性的要素を含む漫画アニメ場合もあります

性的露骨な内容は、ポルノと呼ばれることがよくあります

 

プライベート事柄プライベートに保つ(非公開にする)

多くの人は、ポルノ性的露骨な内容について非常に不快に感じます。それは物議を醸す私的活動であるため、多くの人が口にしないテーマです。

多くの人が性的露骨な素材を見たり使用したりしないことを選択していますが、現実には、自慰行為などを容易にするために利用する人もいます

あなた性的露骨な素材を使用することを選択した場合、そのような資料は非公開にする(プライベートに保つ)ことが重要です。

これは次のことを意味します:

 

 

注: 性的露骨な内容は一般的に非公開にする必要がありますが、不快な思いをした場合は、質問したり、サポートを求めたりすることができます

混乱したり不快になったりした場合は、信頼できる人(家族セラピストなど)と話すことはいつでも大丈夫です。

例:
自閉症スペクトラムの18歳のアダムは、自宅のバスルーム性的写真を見るのを楽しむことがあります。これは個人的ことなので(プライベートが保たれているので)大丈夫です。
ただし、アダムポルノ写真を背景画像として携帯電話に保存することがあります
アダム家族や彼の知人がこれらの写真を見たとき、彼らは恥ずかしくて不快に感じたそうです。

 

ポルノと実生活

行為がどのようなものか知りたいのは当然です。

一部の人々は、セックスがどのようなものかを理解するためにポルノに目を向けます

ただし、ポルノ描写されているセックス自然でも本物でもないため、混乱や欲求不満を引き起こす可能性があることを理解することが非常に重要です。

例:
24歳の自閉症スペクトラムゲイリー
ある日ゲイリーが年上のいとこのリックと遊んでいた時、リックはどんな仕事がしたいのかと聞いてきました。ゲイリーネットで見た動画を思い出します。
その中には、ピザ配達人が女性の家に食べ物を届けに到着し、女性と性行為をするという内容のものがありました。
ゲイリーは「ピザ配達人になりたい」と答え、その理由ポルノビデオ描写を交えて説明しました。
リック最初は笑っていたが、ゲイリーが本気で言っていることに気づくと、気まずそうにゲイリーを見つました。
ゲイリーは、彼のいとこがポルノビデオが偽物であったことを明示的に彼に説明するまで、何が間違っているか何が悪いのかを理解していませんでした。
それ以来、ゲイリーポルノビデオで発生するシナリオは偽物であることが多いと想定し、他のリソースからセックスについてもっと学ぶべきだと判断しました。

  

ロマンチックまたは性的愛情の公開展示

ロマンチック愛情性的愛情を公に示すことは、それが予期されていなかった場合に、多くの人々を不快にさせます

たとえば、キスセックスではありませんが、他の人がキスするのを見ると、不快に感じる人もいます

これは、学校職場家族など、性的ではない状況から知っている誰かが、予期していなかったとき

ロマンチック方法で誰かにキスしたり触れたりするのを見た場合特に当てはまります

 

公共の場相手の頬にキスをするのは通常適切ですが、

メイクアウト」(いちゃつく)したり、連続して何度も相手キスしたりすると、見物人を不快にさせる可能性があります

同様に、頬にしかキスをしていなくても、二人がとても近くに座っていたり、どちらかが相手の膝の上に座っていたりすると、

それもまた周囲の人を不快にさせてしまうかもしれません。

例:
ダニエルと彼のガールフレンドのナオミは、ある夜、友達と夕食に行きました。
夕食時、ダニエルとナオミはとても近くに座って、頬と唇に何度もキスしました。
ダニエルとナオミの友達はこれを見てとても不快で恥ずかしい思いをしました。
彼らはその夜ダニエルとナオミと過ごす時間を楽しんでおらず、次に夕食に行くときに彼らを招待しませんでした。

 

OCRSEX ED. FOR SELF-ADVOCATES:

https://researchautism.org/sex-ed-guide/

 

よろしければ参考にしてください

anond:20201108165859 anond:20201108165522 anond:20201107205438 anond:20201108114609 anond:20210314023838

2020-10-30

anond:20201029041550

私自身、自閉症スペクトラム症 "ASD"(≒アスペルガー)です。

まずあなたが書いて無いことを指摘していきます

あなた文章だと夫は発達障害でどれほど周りに苦しめられることについて思慮にかんする記述がない。

そうした無思慮が元々薄い状態で夫と付き合ってしまうと、夫の苦しみが共感できず全く理解できなくて

自分精神負担が降りかかると思う。

同時に夫も夫で妻がそうした苦しみがあることや自身発達障害起因の生きづらさや

周りへの迷惑の緩和について考えや対処が及んでいる部分の記述がない。

経験上だが正しく互いに対処すれば、夫のデメリットなどは十分看過できるレベルに落ち着くと思う。

癇癪や独善的傾向が強いことなどは投薬や様々な形態カウンセリングやらで大きく

改善できると思う。

例えば癇癪について強度行動障害に効く向精神薬必要とき頓服で飲めば効く場合がある。

自身発達障害のわるい傾向は当事者による自助グループによるディスカッション有効なケースも多い。

また妻として夫から感情面で置き去りにされていると思うならば、発達障害者の

パートナーとしての当事者グループディスカッションでなにか多くのヒントがあると思う。

所得時間も全てありながらもしそれらをしてないとしたら、そうした余裕のある暮らしの割には

無知/差別/貧窮にまみれた惨めな生活を強いられている多くの障害世帯」と全くかわらなかった

ということ。

障害であるということは普通生活をしているままだと様々な制限があるということ

制限を取り払って並の生活を送るには「ヒト」(福祉などの人的サポート)

「カネ」(障害緩和のため通院などの費用)「時間」(障害緩和するまでの時間コスト)

すべてかかってくる。

貴方がたご夫婦の話にはそうした記述がない。実際なかった可能性が高い。

あと障害児が生まれることを心配しているご様子だが、たとえ障害児うまれると前提しても

正しく対処すれば普通とは違う人生幸福になるだけのこと。

そして出産前に発達障害児が生まれ不安考慮しなれければイケナイとしてたら

発達障害への無知に起因する対処能力欠如」だし、子供の将来を心配する以前の問題

子供が将来障害差別されるんだとしたら、元々子供を守れる能力がないと言ってるのと同じ

子供を守れないんだったらそれは「親」未満程度の存在だっということ

そんな子供結婚しちゃいけないし、出産なんて話にもならないし

セックスレス以前にその相手セックスしちゃ駄目だとおもわれる。

もしそうでないならば、まだまだ改善余地がある状態なのでぜひ実施してはいかがだろうか?

あと、ASDは症状の緩和できるけれど、根絶治療は出来ないので変な本/治療にひっかからないで根気よくやるべき

まず同じような仲間を募って実際にあって話すのが良いとおもうなぁ

2020-10-28

anond:20201028025121

からなんだけれども、人をこきおろすために曲解が過ぎるのはあなたのほうに見える。

素人が何の知識もないのに無責任に(責任の持てる立場しか言ってはいけないことを)放言したり決めつけることにイラッとくる人はいる。

言及先ほど強く言い返したいとは自分は思わないが。

(全体的には元増田は姉が原因のストレスを感じているのは明らかであり、それが何十年にもわたれば何か言いたくもなるだろうと思う)

 

それに、この姉は確かに平均的な幅よりは自閉症スペクトラムの濃いところにいるかもしらん。

なぜかというと、妹にも同じ兆候があるからだ。

発達障害の原因には遺伝性が疑われる。家系による部分が大きい。

個人的に、「素人にも関わらず、他人発達障害と決めつけたがる人間発達障害当事者であったり、濃いところにいる人である可能性が高い」ことが気になる。

 

さてこんなことを言っていても何も始まらないし終わらないので、元増田提案するのなら、

両親を動かしてはどうだろうってことですね。難問だと思うけど、お姉さんをどうにかするよりも、ご両親に「あなたにしてもらうべきこと」を確約してもらうほうが早いと思う。

2020-09-07

anond:20200907172737

アスペルガーまたは自閉症スペクトラムの一部の空気が読めない人なんじゃね

まぁ女の「面と向かって断るのが嫌だから無視してんだよ分かれよ。」

ってのはクソだと思うけど。

2020-07-13

anond:20200713140457

読んでると胸が痛くなる。アスペ君も鬱になってるしこの人も両方ともダメージ負ってさんざんな結果という。だけど自閉症スペクトラム存在比率を考えるとこの先も人生の中で絶対に遭遇する。それを考えると自閉症スペクトラムに遭遇した時の上手い受け流し方や対応の仕方を考えるしかない。

2020-06-22

anond:20200621223812

なんでも理屈で考えようとすること自体が、実は普通のことではないんですよね。

理屈の通らないことまで理屈で考えようとするからけがからなくなる。わからいからまた理屈をつけようとする。

そんなやりかたでは、どんなに理屈を重ねたところで、錯誤しか得られないのに。

しまいには、自分が人より劣った存在であるというゆがんだ結論にいたったり、自分が悪いと一方的に思いこんだりする。

 

ギフテッドとは、一般的にIQ130以上のひとを指すのだそうです。

高知能のためにすべて理屈で考えようとする。なんでも理屈で考えることが、ゆがんだ理解をもたらす。

まり、知能の高さが錯誤と孤独スパイラルを引き起こす(それに気づかない幼少期はなおさらに)。

 

そんな経験の持ち主は、実際のところ本当に少数だろうと思っていました。

反応があってうれしいです。完全に同じ状況なわけはないだろうけど、似たような人がいると思えるだけで救われる気がします。

現実に友人になれたらいいのにと思いますが、匿名の場ではなかなかむずかしいですね。

でも、その言葉もまたうれしかったです。ありがとうございます

 

あんまり悩みが深かったら、心療内科にいってみるとよいかもしれません。

わたし自閉症スペクトラムを疑って診察を受けました。

知能テストもその一環で受けました。

自分の感じている孤独の原因がわかれば、多少は前進できるかもしれません。

とはいえこれも、あくま理屈の上でのはなしです。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん