「保健師」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 保健師とは

2018-10-06

私が北海道地震で液体ミルクが使われなかったことを支持する理由

※この意見は私であればそうするだろうなぁという意見であり、道庁意図を推測するようなものではありません

  

1・余震(または本震)に備える

東日本大震災でも震度5強や6の余震がありました。

結果論としては電気は不足しても水道は止まりませんでしたが、大きな余震水道あるいは交通が途絶えることもある可能性を考えると

「液体ミルク水道が止まったとき、または電気が止まったときなどの通常の粉ミルクが使えないとき」の最後命綱します。

水道電気余震で止まったときに液体ミルクがないと詰みです。

2・数が少ない

1050本と報道されていました。写真を見る限り200mlです。

新生児の哺乳量を1回200ml、1日5回液体ミルク授乳するとします。そうすると1日で使い切るなら1050本/5回=210人分です。

3日つかうと70人分しかありません。

水道が止まってしまった場合、あとは母乳で頑張ってくださいとは私には言えません。

3・エビデンスが少ない

使うのは専門的知識を持たないであろう一般人の親です。

医師保健師が親に説明するにも、親から質問に答えるにもエビデンスがなければいけません。

パッケージ日本語であれば(あるいは英語であれば)「ここにこう書かれているでしょう?」で済むのですがそうではないのです。

日本語説明書があるとはいえ、それがパッケージに書かれている内容と合致するのかを調べなければなりません。それを考えれば

「液体ミルクでなければならない時以外は使い慣れた粉ミルクを使ってください」と言うでしょう。

災害時は普段よりもリソースが絞られるので、あまり使い慣れない・使用法に疑問が残るものは使わないほうがいいと思います

  

液体ミルク活用するには

3月には厚労省が動いています。待ちましょう。

https://mainichi.jp/articles/20180313/k00/00m/040/111000c

  

追記

"なんで液体ミルクを使う場合は二度と粉ミルク使えないことになってるの?"

理由1にある通り、水道及び物流が途絶えて粉ミルク使用に耐えうる水が手に入らない想定です。水がないのに粉ミルクが使えますか?

  

"いや問題自治体側がウソついてたことだと思うんだが… "

私はここではそれを問題しません。私であれば液体ミルクを使わなせないだろうという意見を述べたまでです。

自治体が嘘をついたかどうかの追求は他所でやっていただきたいです

2018-09-27

聞けば教えてくれるんじゃないか

仕事としてやってるのは自治体健康課とか保健師とか

2018-08-06

発達障害者なんだが支援を断わられた

家事援助」という、まあやってくれることの幅は広いのだが、たとえば部屋の掃除や片付けをしてくれることも含まれる、そんな行政サービスがある

俺は部屋を片付けることが昔っから不得手で、常にストレスを感じてきた


実際俺の部屋というのがどういう状態なのか、保健師さんが見に来てくれることになった

で、その結果、「思ったより綺麗なお部屋ですね!これなら家事援助の必要は無いでしょう!」

いやいやフザけんなよ…

俺は現に大きなストレスを感じているし、自分の独力では部屋を整理し難いんだ

そんな水際作戦みたいなことせずに家事援助を適用してくれよ

2018-08-01

託児所に救われた件

毎日男児と二人きり、ママ友もなく、一人で育児を頑張ってたら、育児ノイローゼになってしまった。

保健師さんに相談したら、どこかに少し子供を預けたらどうか?と言われた。

選択肢としては、託児所か、認可保育園の一時保育。

やっぱり託児所って、正直ニュース事故があったりするのを目にするし、預けるのに抵抗があった。

なので、認可の一時保育の園に預かってもらおうと思ったのだが、

色々大変だったし、少し嫌は思いもしたこと

書いておこうと思う。

地域によるかもしれないけど、うちの地域の園の一時保育ってのは、基本パートなどで仕事している人が

メインで使うシステムらしい。育児ノイローゼで預けたい・・・と言っても、

それは「リフレッシュ目的」で預けるのと同じ扱いとなって、仕事で預ける人より、優先度が低いらしい。

少し自分も病んでて被害妄想的なところもあったとはいえ、何か冷たい対応を受けた気がした。

最高週2回まで預かってもらえるんだけど、「予約とれるか難しいかもしれない」と言われたり、

園に慣れるまで、3回から5回は、慣らし保育は必須と言われて、預かってもらえても午前中まで。

それ以前に、預けるまでに、まず登録に行かなくてはならない。

しんどい中、必死な思いで、その登録に行ったところで、そういう冷たい対応を受けたのが

メンタル的に大変つらかった。

そして、預ける日は一か月前に予約が必須だ。

しんどいなあというときに、すぐ預けられるわけではない。

そうこうしているうちに、体調が悪化してきて、結局は託児所に預けることになってしまった。

でも認可の保育園と違って、なにも理由は聞かれないし、予約した次の日から預かってくれた。

保育士さんは、民間なので、こちらをお客さんとして丁寧に優しく対応してくれたし、

初めて預けるので、色々心配事もあったけど、それも丁寧に聞いて配慮してくれた。

もちろん認可外なので、部屋は狭いし、園庭もない。環境はあまり良くないと言われれば

そうなのかもしれない。

でも、まずそうやって丁寧に対応してもらえたことが、行き詰っていた自分にはとても救いになった。

相談に乗ってくれたことも、自分だけで子供を育ててきた重荷が少し楽になった気がした。

認可外といっても、色々あるだろうからこちらで良く見極める必要はあると思う。

(また認可の一時保育でも、ちゃんと丁寧に対応してくれるところもあると思う。)

でも私みたいに病んでしまったとき

認可外が救いになることもあるということは、少し伝えたいと思う。

(あと認可外が安心して利用できるように、行政監督とか補助はしっかりやってほしいです)

2018-06-26

anond:20180626173043

保健師じゃなくて保健婦と書くような人だし、ご本人がよく分かってないのでは。

16年前の育児しかもどうせど素人だろ?)の知識しかない人よりは保健師の方が詳しいだろうな。

子が褒められたけど

今日、子の4ヶ月検診に行ってきた。

受付を済ませ、まずは保健師さんと話をする。

その話の中で、何度も子供が褒められた。

夜に10時間も寝るなんていい子ねー、とか、首も座って元気そのものでお母さん思いねあなたー、とか。

なんていうか、違うだろ、って思った。

夜中に起きてしま子供は悪い子なのか?元気じゃない子供は親を思っていないのか?

その場は笑顔で切り抜けたけど、なんだかもやもや感がすごく残った。

流石にあの保健師さんも子供が寝ないと訴える親御さんの前でお子さんにあなた悪い子ねー、みたいな無神経なことは言ってないだろうけどさ。

こんなことを考える自分がめんどくさい人間ってだけの話かもしれないけど。

2018-06-16

今はどんな感じなんだろう?

今年7歳になる娘がいる。

娘は夫の幼い頃に似て、ひょろひょろ~っとしていて手足がとても細長い。ご飯おやつバクバク食べるのに、赤ちゃんの頃から一貫して細長い体型だ。

そんな長女の体型が災いして、私は地域保健所から虐待疑惑をかけられていた事がある。

実際、世の中には子供を遺棄してしまう親もしばしばいるものから、疑ってかかられるのはある意味仕方のない事なのかもしれないし、保健所のその姿勢の為に救済される子供もいるのだろうが、うちの地域場合リアル虐待を常習していた親が数年生暖かく見守られ続けた結果子供を殺してしまった事件があったりして、なんともかんとも、ニンニン。

事件にならなくても公園で本当に子供虐待している親を見た事もあるしどうなってんだろ。

それは置いといて、子供の体型が少々平均値を外れていた為に、私は三ヶ月乳児健診の際に他の親子も沢山いるところで、保健師から机をバンバン叩きながらの罵倒の嵐を浴びせられる事になってしまった。あんたが母乳育児に拘るせいで娘が餓死するとかなんとか言われたが、娘の場合父親譲りの細身なだけなので私に出来る事なんて無いのである。ただただ辛い思いをした。

そんな愚痴子育て支援センターで話したら、体型がパーセンタイルグラフから外れている子供のお母さんは大体皆同じ経験をしており、保健センター大嫌いだし、乳児健診なんか本当は行きたくないけど母子手帳記載を埋める為に(子供健康のためでもあり、将来子供にこんなに大事に守られて育った事を知らせてあげたいためでもある)嫌々ボコられに行ってると言っていたものだった。

以上、七年前はその様な状況だった。なお次女は一貫して平均値ど真ん中でしかも第二子だった為に、こっちが不安になるほど顔パス状態で健診がさっさと済む感じだった。

そんな感じで、散々な乳幼児健診で痛めつけられてからもう随分経つのだが、今現在はどうなっているのだろう?と、ふと思った。

長女の件で憔悴しきって実母と義母相談したら、昔から保健所なんかそんなところだし、これから子供小学校に上がれば親はもっと酷い仕打ちを受けるという話だった。

虐待を未然に防ぐとか何を言うwテメーらが親を追い込んでる元凶だろうがwという意見で両家の母の意見一致。

そんな事があったけど長女は無事成長し今年小学校に上がった。

すると担任先生はすごく親切丁寧でこっちが恐縮してしまうほどだし、トラブルが発生しても親が一方的に叩かれる事もないので、拍子抜けした。もっと酷い目に遭わされるのかと思ってた。少なくとも三ヶ月健診の時と同じくらいには。

だが長女の隣のクラス担任は、私の子時代にしばしばいた教師みたいに強権的で、子供恫喝して言うこと聞かせるタイプである

ネットを見る限りは育児教育現場は昔よりは大分改善されている様に感じられるけれど、現実はそのようであるように見える時もあれば、見えない時もある。

乳幼児育児環境については、当事者でなくなった途端にさっぱり見えなくなってしまったのでわからない。

七年前よりよくなっていればいいなと思う。

2018-06-09

子育てする親の最大の敵は他の子育てする親

本日、数少ない休日を使って2歳の息子が最近ハマっているアンパンマンショーを観に行った。

アンパンマンショーは人気だという事前情報と、外で働いている父親の俺は貴重な親子の触れ合いのため、息子がいつ起きても良いように朝5時から起きて朝食を作り、着替えからオムツ熱中症対策の水分などを用意し準備万端で迎えた。

今回は父と息子の2人だけの日だ。男同士の楽しい1日が始まるのだ。

妻は今日1日お母さんをお休みしてもらうのだ。

アンパンマンショーの開始は午前10時半、会場に到着したのは9時で、会場入りすると既に会場が用意した最前列が埋まっているというアンパンマンへの熱意に驚きつつ、最前列から1つ後ろの2列目を確保という、なかなか良い結果を得られたと満足していた。

ステージ

―――――――

○○○○ ←会場が用意した最前列

○○○○ ←会場が用意した2列目(この列の1席を確保)

○○○○ ←会場が用意した3列目(以降、列が続く)

開始まで1時間半もあるが、アンパンマンショーに喜ぶであろう息子を想像しつつ、アンパンマンの歌を歌いながら、時には持参したアンパンマンぬいぐるみあやしつつ、三十路男は久々に父親らしいことができると笑顔で待っていた。

アンパンマンショー開始30分前に俺には到底理解できないことが起き始める。

俺は目の前で起きていることが本当に信じられなかった。会場が用意した最前列の前にレジャーシートを敷き、先に会場入りしていた最前列の方々よりも前で席取りする連中が現れ始めたのだ。

ステージ

―――――――

□□□□ ←最前列よりも前でレジャーシートで席取り 

○○○○ ←会場が用意した最前列

○○○○ ←会場が用意した2列目(この列の1席を確保)

○○○○ ←会場が用意した3列目(以降、列が続く)

歌って踊れるというアンパンマンショーのテーマもあって、比較的に席同士の間隔は広い。狭かったら踊れないしな会場の設営は正しい。

だけど何故あの連中は踊るためのスペースで席取りしてるんだろうか?しかも先に会場入りしている方々を差し置いて当たり前のようにレジャーシートを敷いているんだ?

あれよあれよと言う間にレジャーシートを敷く輩は増えていく。

アンパンマンショー開始15分前にもなればレジャーシートで会場は一杯になった。

ステージ

―――――――

□□□□ ←最前列よりも前でレジャーシートで席取り 

○○○○ ←会場が用意した最前列

□□□□ ←レジャーシート

○○○○ ←会場が用意した2列目(この列の1席を確保)

□□□□ ←レジャーシート

○○○○ ←会場が用意した3列目(以降、列が続く)

俺か確保した前にもレジャーシートは敷かれ始め、絶句していたところ、息子の前にベビーカーが鎮座する。

今日の俺は父親で、まだ2歳の小さな息子を連れている。穏便に指摘しなくてはとニッコリ「大変申し訳ありませんが、息子はまだ小さくベビーカーで息子はステージを見ることが出来ません。畳むか、そちらの方に移動をお願いできますでしょうか?」と話しかけた。

すると父母娘3人の5人家族は「一番小さな子がまだ歩くのが下手なので無理です」と返してきた。

この父母が俺の前に居るのはまだ良い。別にアンパンマン固執する年齢でもないかステージが見えないのは全く問題がない。俺が興味あるのはアンパンマンショーを楽しむ息子であってアンパンマンショーじゃない。

こんなイベントなのに無駄に5センチ以上は靴底あるだろうサンダル(?)に頭の上へ大きなお団子を作って背を高くし、周囲の小さな子の視界を遮る母親ファッションセンス理解不能だが、返ってきた言葉に俺の思考は一瞬思考を停止せざる得なかった。

俺はハッと気付いて事を荒立てないように「ハハハ、奥さん、ご主人そりゃ無いでしょう。ボクたち会場が用意した席へ先に早く来て座ってるんですよ?お願いしますよぉ」と言った。

すると「は?なんで?ウチの1番下の子よりもそっちの子は大きいでしょ考えてよ」と更に理解不能な返事が。

おかしいな、俺は息子が十分にアンパンマンショーを楽しめるように早起きして準備をする努力をしたはずだ。後から来た輩が何故こんなにも態度が大きいんだ?

レジャーシートを敷く前にも「前にレジャーシート敷いてもよろしいですか?」の一言もなく、ベビーカーを指摘したら俺が常識無いように言われている。

俺はどこから間違ってたんだ?

今日は任せとけ!」と言って息子と一緒に妻へバイバイし家を出たときまさかこんな沸々とした心持ちになるとは一切思わなかった。

俺は何のために努力してたんだ?この目の前にいる親子のために努力してたんだろうか?

俺はこのレジャーシートを敷いている理解不能な連中を眺めるためにアンパンマンショーへ来たんだろうか?

おい、今日はな?数少ない息子との休日なんだよ。

子育て本にも、ネットにも、俺の両親や、保健師先生、先に親になった兄弟と友人そして先輩上司、色んなところで言われたよ「子育て助け合い」だとな。

それは嘘じゃねえと思うし、道を譲ってくれる自動車ドライバーや、オマケを付けて頂いた商店の方々、親切にして頂いた近所の方々も居る。

でもその好意に甘え過ぎちゃいけねえとも思ってコッチは考えてんだよ。できれば同じように子育てする親を応援しようとも考えてる。

何だお前ら、本当に同じ親か?

息子が居なかったら本当にステージに上がって罵倒の限りを尽くしてやりたかったわ。

だが俺は小さな息子を抱える父親からココに書くだけで留めておく。

息子はあまりアンパンマンショーを観ることができなかったんだよ・・・本当に悔しい。

追記(2018/06/11/10:12)

これが会場が用意した2列目の視界

https://i.imgur.com/Yv0L4En.jpg

2018-05-08

僻地医者なんて必要なのか

今でも急患はヘリ使ってるわけだし

看護師保健師で十分だろ

2018-04-24

保健師無能さは異常

おうむ返しばっかでなにも身のある話がないんですけど

2018-04-19

赤ちゃん訪問

先月出産して、自治体から赤ちゃん訪問保健師さんが来てくれたんだけど、めちゃくちゃ気を使われているのがひしひし伝わってくるのね。

事前に里帰りしないとか実家遠い(他県)とか申告してたから余計になんだろうけど。

心配事や不安がないかとか、助けてくれる人がいるかとかすごく丁寧に聞かれた。

そこまではまあ分かるとして、仕事のこと聞かれたから、不妊治療でやめちゃったんですよ、しばらく働く予定もなくて専業主婦で、って言ったら「赤ちゃんの近くにいてあげれますね。それが一番いいですよ」って食い気味に言われた。

なるほど、こうして母親の現状を肯定するのが大事なんだろうな。

想像だけど、マニュアル的にそういうカウンセリングみたいなことが行われている気がする。

多分、来年復職予定だけど保育園のことが不安で・・・とか言ってたらそれはそれで親身になってくれるに違いない。

2018-03-07

噛む子

保育園に通う2歳児おとこの子。うちの子である

最近保育園から「噛みつき報告」をよく受ける

報告のない日は本当に胸をなでおろす感覚でいる

うちの子はお友達を噛んでしま

理由のある時はまだ良いが(おもちゃの取り合いなど)

友達の顔や手などが近くにあっただけで、あむっと噛んでしまう時もある

話せるようになれば、噛むという手段不要になってくるとは思うが

まだ周りの子のようにお話ができないので、言葉コミュニケーションを取るのは少し先になりそうだ

(今のところ自治体保健師相談では、言葉の遅れなどについては単にゆっくりなだけと言われている)

基本的には、保育園側は誰を噛んだとか誰に噛まれたとか

そういった情報は教えてくれない

保育士は噛まずに済むように注意して見てくれたり、それでも噛んでしまった場合

しっかりと言い聞かせてくれているそうだ

しかしながら、2歳位になるとみんなそこそこ話すことができるので

まれた子は自分のお母さんに「○○ちゃんに噛まれた」と報告してしま

それを踏まえ、保育士も(親同士が顔を合わせるタイミングが多い場合)噛まれた子の名前を教えてくれる

噛じられた子のお母さんも「大丈夫だよ」とは言ってくれるもの

相手だってそう言うしかないよなあと思うし、なんともいたたまれない

平に謝り、事情説明し、理解を得ても、噛まれた子は痛い思いをしているわけで

大変申し訳なく思う

息子自身も、もどかしい想いをしているだろう

「お家でも噛むような時はきちんと教えてあげてください」と言われるが

家ではそもそも噛む機会が少ないので、叱ることが出来る機会も少ない

なので今は、おもちゃなどのやり取りで「かして」「ちょうだい」「どうぞ」の練習を以前より強化している

同じシチュエーションになった時、噛みつきよりも先に言葉が出るように

2018-03-02

もしかして女性が多い職種政府お金を出すべきだと思ってる?

ひょっとして。

今日上がってたこ記事ブコメ見ててさ。

http://b.hatena.ne.jp/entry/toyokeizai.net/articles/-/210482

前のアトキンソン記事を見返してたんだよね。


で、ここのブコメ見て思ったんだけどさ。

http://b.hatena.ne.jp/entry/toyokeizai.net/articles/-/152294


例えば、保健師とか栄養師とか幼稚園教員看護師会計事務とか専業主婦とか。

ひょっとしてあの辺の職業政府からお金を出すべきだっていう考えを持ってる人が多いのかな。

2018-01-26

anond:20180124233254

当事者の方なのですね。丁寧なトラバ感謝いたします。

今は寛解に向かわれてるとのことですが、それでもこの先ずっと薬が必要なのですね。

妄想の症状も人それぞれというのも調べてだんだんわかってきました。

地域保健師などと繋がることの重要性おっしゃるとおりと思います

ただ、子育てについては「母親などの手伝いが得られないか?」と本人に聞くなどその程度の立ち入りのようで保育所まではすすめられていないようです。

私も本人と旦那さんへ保育所への入所を検討してはと以前に提案しました。「私が育てられないと決めつけないで」と言っていましたが、その後「自身の心身の健康を一番大事にしてほしい」と強調して考えてくれるようになったと思います

本人が役所での手続きなども自分であまりたことがないため、保育所探しは保健師など誰かが間に入らないと難しいだろうなあと外から見ていて感じます

長々書いてしまいましたが、お体大事にされてください。

赤ちゃんあなたが周りの人の優しさをたくさん受けて、楽しい子育て生活が送れますように!

2018-01-24

anond:20180123163145

統合失調症当事者です。私自身は現状ではほぼ寛解しており、近く子供も生まれます。それだけに、お身内の方が心配でなりません。

けれども、他の方のトラバにあるように、この病気は症状の出方が人それぞれで、私の体験談がお役に立ちそうなところは何もないのが無念です。特にお求めの、他人攻撃されているという妄想をそらす方法、というのが、私の妄想はその類ではなかったことで何も言えないのが残念です。

からこそ、病院にちゃんと行って医師の方に直に見てもらうことが何よりも肝要だと思います

現状はたぶんあなたが思っているよりも深刻です。ご本人が医師と薬を信用していないからです。けれども、この病気に関しては薬は命綱のようなものです。私も妊娠中ですしほぼ寛解していますが、断薬はこの先一生できません。いつ再発するかわからいからです。ましてや陽性症状がここまで強く出ている方が薬を信用していないのならば、飲んでいない可能性も視野に入れた方がいいかもしれません。

しかしながら、訪問看護の方が自宅に入っているのならば、地域保健師さんとの繋がりもあるはずです。その保健師さんに通院の補助、もしくは医師の自宅訪問などの調整ができないかお願いしてみるのも一つの手かもしれません(できればご本人の旦那さんを通じて)。保健師さんは病院子育てセンターなどと繋がりがありますので、保育園子供を入れるなどの措置も調整してもらえる可能性が高いです。私の担当保健師さんは、私自身に対してもし子育てが辛い場合にということでそのような提案をしてくださいました。

他の方もおっしゃってますが、あなた自身がお身内の方をどうにかすることは色々な意味で難しいです。なので、保健師さん他訪問看護師さんや医師など、なるべく多くの専門家を巻き込む方向に動くのが正解だと思います

お身内の方も、あなた自身も、良き方向に行けますよう心から願っています

2017-12-15

anond:20171215203313

男性助産師になれないなんてはじめて知った。それほどにも問題視されてないということは、よほど助産師になりたいという男性看護師が少ないんだな。

さて、そういう男性産別が許されてはならないと増田が思うなら、男女雇用機会均等法とかを持ち出しては駄目だ。男女雇用機会均等法法律だが、助産師になれるのを女子のみと定めている保健師助産師看護師法3条も法律からだ。法律法律で叩いても勝てない。

法律を叩くには法律より強い武器を持ち出さなければならない。そう、憲法だ。憲法14条を岩から引き抜いて法廷におもむき、邪悪保健師助産師看護師法3条を打ち倒すのだ。

しかし悲しいかな、憲法14条を引き抜いて法廷に赴けるのは男性保健師だけだ。増田よ、まず男性保健師になるのだ。

2017-08-29

https://anond.hatelabo.jp/20170828091936

期間は短いけど、めちゃめちゃ産後鬱してた私の経験を書く。少なくとも私はこれで急速に改善したので少しでもヒントになればいいのだけど。

産後鬱については本やブログを読んで予習していたつもりだったけど、実際に産まれるとあまりにも物理的に大変なのと、「初対面のお客さんが常に自宅にいて、24時間対応を求めている」ような緊張感であっという間にやられた。生後すぐの赤ちゃんは笑わない(新生児微笑は反射行動なので楽しいわけではない)から、あるのは「泣く」というネガティブフィードバックばかり。ダメ出ししかしない上司みたいだった。

毎日、夫がでかけると、リビングの真ん中で授乳したまま寝入ったこどもを腕に抱えてじっと時計を見つめ、夫が帰るまであと◯時間…とカウントダウンしていた。テレビは消音かごく小さい音だから聞こえないし楽しくない。こども抱えたままスマホいじるくらいしか出来ることがなかった。当然、これもすごく楽しい訳ではない。こどもを置いて出かけられないから、夫がいてくれなければ、徒歩1分のコンビニすら行けないのだと思い込んでいた(今思えば全然そんな事ない。近距離なんだから普通に連れていけばいい)。昼も夜も、いつ泣き声が聞こえるかとビクビクして、空調の音を泣き声に空耳したりしていた。

から聞いたけど、夫はこのとき、私がそのうちマンションの窓からこどもを放り投げるんじゃないかと恐ろしく思っていたらしい。心配させてごめん。

この頃は、死にたいとは思わなかったが、消えてしまいたいとは思っていた。

産後1ヶ月過ぎの頃。うちの地域では初産の母親のところに市役所から派遣された保健師訪問することになっている。

この機会に飛び付いた。

ボロボロ泣きながら辛いと訴えると、定番の「辛いよね、みんなそうなんだよ」という相づちの後で、徒歩すぐの親子広場を紹介された。というかそのまま連れていってくれた。

聞けば市内にいくつかNPO運営で市公認無料の親子広場があって、私の最寄りのところは市の中心ということもあり平日は毎日開いている。低年齢のこどもがいる母親がこどもと訪れて、ただ時間を潰していくのだそうだ。

私はもともとお喋りなので、一番ヤバイのは1日誰とも話さず無言で過ごすことだとなんとなく理解していた。精神が死にそうだった。

とにかく、学校職場のように「毎日通う」ことを目標にしてとにかく通った。最終的に「あまり時間だと赤ちゃん負担になりますよ」と注意され1日あたりの時間は短くしたが、それでもほぼ毎日通っていた。

親子広場には、少し先の月齢~一歳半くらいの子達が遊んでいて、うちの子よりは表情豊かに、寝返りしたり、ハイハイしたり、駆け回ったりしていた。しかめっつらで泣くことしかしないこの子が、あんな風になるんだろうか、と不思議に思った。

ママさんたちはみんな、直近の子育ての悩みや愚痴を話し合い、少し先の先輩ママアドバイスを貰ったりしていた。

こどもが寝ているときは、隣に座って置いてある育児系の本やマンガを読んだ。

結果的に、2週間ほどで私のメンタルは劇的に回復した。毎日外に出て太陽の下を歩いて、十分におしゃべりをする。少し先の赤ちゃん達を見て、数ヶ月~半年先の見通しが具体的に持てる。育児経験の長いスタッフさんや、他のママさんの語りかけを参考にして、自分赤ちゃんとのやりとりを楽しめるようになる(赤ちゃんアテレコしながら会話するのは特によかった)。

育児本やネットでも学べたことだったけど、実例を目の当たりにするととても参考になるし、自分もああしようと思えた。

生後1ヶ月半で「この子可愛いのかもしれない」と思い始め、生後3ヶ月の頃には「可愛い」と確信半年の頃にようやく、「常に一緒にいる、私の家族」になり、ここから精神的な辛さはもうなかった。家にいるのはお客さんじゃなくなった。毎日一緒にいるのもお世話するのも当たり前になった。

夫はこの期間、とてもよくしてくれたのだけど、やはりたまに「どうしてお皿洗いも掃除洗濯もしてないの?(俺は仕事してるのに家事もするの?)」的なやりとりはあった。夫からみれば「俺は遅くまで仕事してるのに、家事もしてる。お前は1日中家にいるのに」、私は「昼も夜も土日もなくこどもを見て家事をしているのに、なんであなたには毎日休憩時間と土日休みがあるの?私だって月に1日でもいいか休みたい!」って感じ。

これ、たぶんお互いにやってみなければ分からないのだろうけど、子育て専業主婦になると「プライベート」という感覚が消え失せるのが衝撃、かつ辛かった。「24時間呼び出し待機、休日なし」って感じで、寝てる間も気が休まらない。正直、この辺の感覚は未だに理解してらえてないと思う。

なので、夫の上記の理解に苦しむ部分はあったから、他のママさんに「夫に理解してもらえない」と吐き出す場がなければもう少し辛かったと思う。

長くなったけど、言いたいのは、夫の理解や周囲の物理的なサポートもとても大事だけど、私の場合公共の「子育てネットワーク」と、そこで出会った「子育て同志、先輩」たちにとても助けられた、ということ。

公共の親子広場NPO生協など、専業主婦向けの平日の集まり結構いから探してみてほしい。市役所の子育て課にはそういう情報が集まってるし、市報とかにも載ってる。

奥さんが元気ないみたいだから、一人で行かせるより、土曜開催のものか、なければ平日休みを取って一緒に行ってみたらどうかな? だいたいどこも旦那さん歓迎だ。

行って、奥さんと他の人が話せるようにしてあげてみたらいいんじゃないかな。話すのが苦手なら、他の人の苦労話を聞くだけでも「みんなそんなもん」的に少し楽になるかも。

※注意点として。行ってみて、もし子育ての仕方や、なぜか人間関係についてやたら批判的なこと言われるようなら逃げ帰ろう。NPO隠れ蓑にした宗教勧誘みたいのが実際にある。まともな所のスタッフはたいてい同情的で適切なアドバイスもくれるけど、「こどもが泣くのは両親を大事にしないから」とか「夫を大事にしないから。家事育児させずに下にも置かない扱いをするべき」とか言われたら割とヤバい

2017-08-06

うつ病

夫がうつ病だ。

一緒に病院に行くこともある。うつがひどい時は薬だけもらいに、自分だけ行くこともある。

病院は激混みだ。

つのは30分、診察1分が普通になっている。先生頭痛薬飲みながら診察に忙しい。

あれおかしくない?と感じたこと。

病院が混んでるから、あれこれ言って診察長引かしたら悪い気がするよ」と夫が言う。

患者にそんな気を使わせるのがおかしいと思った。

先生休職を勧めた。そして休職した。

会社を辞めるのは勧めないけど、休んだ方がいいと言う。

だか先生頭痛薬飲みながら診察を続けて、「私も休みたいですよ。でもね、患者さんもいるし、働いてもらっている人もいるし家族を養わなきゃいけないわけで、はい明日から休みますなんて言えないのよ」と言った。

その時は「はぁ〜(そうですね)」としか思えなかったけど、今になって夫も同じではないかと思った。

夫の上司は優しかった。

「また一緒に仕事できるよう、ゆっくり休むといいと伝えて。バイクが好きだからツーリングでもしてリフレッシュするといいよ」

会社保健師とも話した。

上司と同じようなことを言っていた。

でもこんなことも言っていた。

夫の他にうつの人はいるのか聞いたら

「違う部署の人がうつになって、親が亡くなってからひどくなって、休みがちになったの。そんな時、誰かがその人のSNS見たら旅行してて元気そうだってうつだって言ってたのに出歩けるぐらい元気じゃないかってみんな怒ってんのよ」

その時も「はぁ〜(そんなこともあるんですね)」ぐらいにしか受け取らなかった。

今になってみるとそれもおかしい。

保健師なのに理解していなく同調していたなんて。

夫に対してどこか行ってリフレッシュしてこい言いながら、行ったら行ったで元気じゃねえかって文句言われる。

その辺歩いてたら誰かに見られて

あいつ買い物してたよ」

「なんだ外歩けるのか。元気じゃん」

「ただのサボりじゃね?」

そんな事言われたくないから出掛けられなくなっている。

2017-07-25

ネット上には

https://anond.hatelabo.jp/20170724145323

https://anond.hatelabo.jp/20170725111502

ネット上には自分が不幸せなのに他人幸せ他人幸せになったら許せないって人もたくさんいるわけ。

そういう人を相談相手にして悪い結果になったら悲しいよ。

市役所保健師の方が夫婦問題ですって言ったら終了なんですけど、

そういう話をインターネットのどこの誰かも知らない事情もよくわかってない人に相談するのは謎だ。

年の功や経験者は語るをあてにしてるのだとは思いますが。

実際、言葉DVってニュース番組でも取り上げられるくらいだし実際相談してみるのもいいと思う。

ただ、夫婦で会話してるのか、本気度伝わってるのか、伝わってないならそういう人間だ、諦めた。が我が親です。

我が親は外や友人に対してなにひとつ相談してませんでした。

ちなみに友人にDV相談した親戚は旦那さんと別れました。ひとりで3人の子ども育ててます

DVに至った事情(お給金少ないという言葉DVに対してDVされた?)もあるらしいけど、

正直その話は夫婦で何も話し合わない外にも愚痴はかない、我慢してる我が親からの伝聞情報なので、本当の話かはわからないです。


誰かに話聞いてほしいというのはわかるし、話合いで解決できない問題もあります

https://anond.hatelabo.jp/20170725051244

レイプ犯にはホルモン治療が始まってる国がある。

心を薬で作るとまではいかないと思うけど精神コントロールはできる。

人権からみはあるけど泣く人(本人含む)減らすためには必要だと個人的には思う。

レイプ犯はクソだ。


とりあえず元増田は奥様のPMSを疑ってピルを飲ませてみてから、次の対応を考えて行ったらいかがでしょう。

多分増田はてな本体に精神科医の方(シロクマ先生とか)が数人いらっしゃるので書いたのだとは思うのだけど。

ネットツイッターとかに顕著だけど、

似た意見の人たちが集合しやすいし、無意識的に似た意見に引っ張られてしまう。

ムラ化しやすいっていうのかな。

彼ら彼女らは自分の見た世界を参考に他人相談にのるので。

実際ネットはほどほどに、リアル実践した方が身になる。

トラバ意見見解?)割れてるけど。

市役所とか保健師の人とか話聞いてくれないのかね。

https://anond.hatelabo.jp/20170724145323

2017-06-26

婦人科検診

30代になって初めて婦人科検診に行った。

子宮がん検診と、乳がん検診をした。受付で注意事項を読んでいたら「以下の場合子宮頸がん検診を受けられません」の中に、「性交経験のない方」とあった。私は経験がなかった。しかし、当日までに渡された書類の注意事項には確かこんなことは書いていなかった。念のため受付に「すいません、これに該当するんですが」と言うと、そんな事あるの初めて見たみたいな戸惑いの対応をされた。ここでキャンセルするか保健師相談するかと聞かれた。受けられないと明記しているし、同じ説明したくないし、検査もイヤだったので「じゃあキャンセルで」と即答した。

なぜ子宮頸がん検診が受けられないかというと、セックスしてなければ子宮頸がんにかかる可能性が極めて低いか検査する必要がないらしい。そりゃそうか。セックスもしてないのに器具細胞取るとかやだなーと思ってたが、よく考えたら検査する必要いか

乳がん検診は超音波でやるやつで、ぬるぬるを塗って器具を当てるだけで終わった。板で挟んでぺっちゃんこにする検査は、「めちゃくちゃ痛いから30代は超音波で十分」と言われた。しかも繰り返し言われた。よほど痛いのか、痛いだけじゃないデメリットもあるのか、とにかく親戚に乳がんはいなかったし言う事聞いとく事にする。

あっさりと終わった。

2017-06-07

anond:20170604081451

>俸給表にあるよう、2年間長い分は給料高い

http://www.pref.osaka.lg.jp/jinji/senkou/h2804_yaku.html

大阪府公務員待遇だけど、6年制の薬剤師獣医師が22万で4年制の保健師20万になってる。公務員昇給額として大体1年目が5,000円、2年目以降が7,000円とすると、薬剤師獣医師採用されるとき保健師は21万2,000円で8,000円の差しかない。これが十分とは言えないってことなんだよ。学費の安い国公立でも2年で100万かかる(私立に至ってはばかばかしくなるので書かない)わけで、その一方保健師は2年でだいたい600万稼いでいる。採用時の給料が一万弱しか違わないのに、差額700万背負ってまで公務員になろうとは思わないだろう(公務員昇給基本的に一律だしね)。

なお、獣医に関しては初任給調整手当を導入しようとしている地域もあるが、薬剤師には全く手当がないし、その手当も新しく採用される人に上乗せされるだけで、今までずっと働いてきた人には何も恩恵がない(そんなことをするくらいなら全職員に分配して少しでも基本給を上げるべきだと思う)。

>人を扱う医学部ハードルの高さは別に履修期間2年長いからといったものじゃないので、そこを基準しろというのは無茶

勘違いしているかもしれないけど、臨床現場医師比較しているわけじゃないよ。むしろ臨床医は、科によってはもっと給料を上げるべきだと思う。今公務員薬剤師獣医師比較しているのは公衆衛生医師保健所などで一緒に働いているわけだが、業務内容も同じ役所仕事で勤務時間も変わらないのに、初任給に倍以上の格差があるわけ。そんなの見てたら公務員になろうと思わないでしょ。

大学出てから実際に医師免許取れるまでの平均期間だけ考えても必要な期間獣医師より長い

免許を取る期間は同じで6年だよ。医師は初期研修を終えると保険診療ができるようになるってだけで、免許自体は6年でもらえる。初期研修の期間も労働者として給料をもらえるしね。

なんか二回投稿しちゃってるね、スマ

2017-05-20

anond:20170520004908

確かに相当なブラック

私も有給取れた記憶がない

夜勤のないオペ室だったから基本給+微々たる残業代、緊急呼び出し24時間対応とか

夜勤手当ないか手取り20万行った事がない

自分看護師限界感じて保健師免許取りに学校入学したよ。

2016-08-19

子どもが生まれ、成長するまでの心理的ハードルが高すぎるこの国に未来はあるか

一億総活躍社会とか何とか言って、男女ともに馬車馬の様に働いてもらってこの国の経済底上げを期待しつつ・・・

やがて女性スキルちょっと光沢が出てきた頃になると「適齢期に生まないと卵子消費期限がー」とかいってプレッシャーをかける。

めでたく妊娠できたとして、次に訪れる「出生前診断どうしよう・・・」というハードル。「もし子どもに障がいがあったら・・・」というプレッシャー仕事バリバリ頑張ってたら高齢出産になった、もしくは働きながら不妊治療頑張ってようやく・・・という人もいるだろう。

その後、なんとか出産までようやくこぎつけたのに、こどもと笑顔で向き合う日々が待っているはずだったのに・・・乳幼児検診」という名のふるいにかけられる。早期発見神話のもとに。

「あれ?お子さん、いつもこんなに落ち着きがないの?」「おしゃべりはまだ?」そんな保健師言葉が待ち受ける。

そして始まる、検索地獄。もはや子どもの泣き声すら耳に入らない。

予定だった職場復帰も出来なくなるかもしれない・・・

保育園落ちた、どころの話ではなくなるだろう。

やがてうっかり繋げられた医療機関では、診断とともに向精神薬の投与さえ始まってしま子どもも少なくない。

「そういうお薬」の長期投与が子どもの脳にもたらす影響は、まだ何も分かっていないのに・・・

ハードル高すぎて子ども産む気にならんわ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん