「金縛り」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 金縛りとは

2021-05-03

覚醒金縛りってのはよくあると思うんだが、ケツの穴をシーツの下から狙われるっていうよくわからん悪夢と一緒に金縛りにあって、かなり危機感覚えたわ

頭の片隅では半覚醒から体が動かないってわかってるんだけどなぁ

2021-05-02

毒親と戦って勝った夢を見た。

私の母は毒親だ。

毒親の凄い所は、たとえ直接の関わりを絶ったとしても、延々と子供脳内に巣食い呪いを撒き散らす所だ。

逃げるように家を出て、一人暮らしで自活を始めてからも、私は毎日のように母に罵倒暴力を受ける夢を見た。

一人暮らしを始めてからの数年に渡って、夜は悲鳴を上げながら飛び起き、朝は金縛りにあって幻聴で母の足音罵声を聞いた。

起きている時も私の行動や思考の一つ一つを、脳内で母の声が馬鹿にして否定し、少しでも自分を褒めたり認めたりするとすかさずその十倍罵声を浴びせた。

そんな私が、夢の中とはいえまれて初めて毒親に「勝った」と思えたので興奮のままに記録しておける場所を探し、アカウントを取得してここに辿り着いている。

母は私の容姿性格をいつもケチョンケチョンに貶すだけではなく、よく暴力を振るった。

私を物で殴る時、母は次々と殴る物の材質を変えて私の反応を見る。一番痛がった物を、次からずっと使うためだ。必死でどれも痛くないフリをしようとするが、幼い子供だ、結局我慢できずに泣き叫んでしまう。脆い物なら、物の方が壊れる。

壊れにくさと痛さから、母が常習的に私を殴る武器プラスチックハンガーになった。

あれは痛い。服の上から殴るのではなく、脱がせて素肌を殴るのだ。

私は夢の中で実家に住んでおり、1泊2日で京都神社仏閣巡りに行こうとしていた。

元々、全てが行き詰まった時に、突然思い立って一人で京都まで行き、7つの神社仏閣を巡って願掛け旅行(?)を決行した経験がある。

今回もそれだ。私の人生は切羽詰まっていた。新幹線の予約を取り、白装束でご利益のある神社を訪れる計画を立てた。

親に行き先を告げずに外泊などしたことがない。親が来客を相手している間に「ちょっと出かけてくる」と装って全身白に着替え、家を出ようとした。

白のワンピースはあるが、白のキャミソールが見つからない。とりあえず下着に直接ワンピースを着てみるが、透けてしまいこれはダメだと着替えようとしたその時。

親がキレた。

「何その格好、みっともない!!!早く濃い色のキャミソールを着なさい!!!

願掛けのため全身白装束にこだわっていたので、拒否した。白のキャミソールを家で探すか買ってくるつもりだったが、親は一度キレると人の話を聞かない。

「これでいいでしょ!!!これを着なさい!!!早く!!!

言い争いになりヒートアップした親はプラスチックハンガーを手に襲ってきた。怒鳴り合いながら広い家の中を逃げ回り、数時間の攻防を経てなんとか家を出る。原因がどんなくだらないことでも、毒親にとっては自分服従するかしないかが大切なので、こちらが全面降伏姿勢を取るまで延々と戦いは続く。

新幹線の予約時間を過ぎてしまっていた。結局行き先を聞き出した親が車で京都まで着いてきた。

あんたが一人で京都なんて行けるわけがないのよ。仕方ないから私が送ってあげるから感謝しなさい」

「お母さんのせいで遅れたんだから新幹線お金返してよ!」

おそらくいつもなら私が形だけ反省感謝をして丸く収まり、二人で旅行という名の親の行きたい所に付き添いが始まる展開だ。

だが今回の私は徹底して反発した。

京都に着いてからは強引に別行動を取り目的の参拝を終え、帰りの新幹線で親に見つかった。

私が一向に私が悪かったと認めないので、まだキャミソールのことで喧嘩しており、新幹線の中で怒鳴り合い泣き叫ぶ修羅場になった。

「お母さんのやってることはおかしい!どうして下着の色まで決められなきゃいけないの?」

「親だからに決まってるでしょ!親の言うことは聞きなさい!」

「それなら私もお母さんの下着の色勝手に決めるね。自分がされたら嫌でしょ?」

「親に向かってその態度は何だ!」

「親子以前に私は人間だよ!人に向かってその態度は何だ!」

殴るぞ!」

「じゃあ私もお母さんが逆らったらハンガーで殴るね!」

「親を殴るとは何事だ!」

「だから、それ以前に私は人間だ!人に対して暴力を振るうとは何事だ!」

この返しを思いついたのは現実でも夢でも初めてだった。私はいつも親の屁理屈というか、屁理屈ですらない恫喝丸めまれしまっていた。

延々とこの堂々巡りを続けた。家に帰れば殴られるのが分かっていたが、私は引かなかった。

「お母さんに勝手下着の色を決められて不愉快な思いをしたので、それをやめて謝らないなら私もお母さんの下着の色を強制する。嫌がったらハンガーで殴る」

私はひたすらこの条件を主張し続けた。親がハンガーを振り上げる。私も咄嗟にもう1つのハンガーを掴み親を殴った。

物で殴り返したのは初めてだ。

毒親悪夢を見ている時いつも、親に言い返そうとすると何故か声が出なくなる。そしてどうしようもなく涙腺が緩む。涙ばかりが流れ、かすかに囁くような声しか出せなくなる。それをまた馬鹿にされる。そして諦めるか、必死に叫ぼうとしながら目が覚めるかのどちらかだった。

今回の私は諦めず目も覚めなかった。ほとんど息しか出なくなった声帯で懲りずに同じことを主張し続けた。

大人の体になりハンガーを手にしている私を、親は本気で殴ってこなかった。結局脅しでしかないのだ。知っていた。誤魔化すように軽くぺしぺしと叩かれた。構わず私は殴った。これも何故か力の入らないフニャフニャの腕で、それでも出来る限りの本気で親を殴った。

あんたの格好があまりにもみっともないから。あんなブラが透けた格好して恥ずかしい!馬鹿じゃないの?あんたのためを思って言ったんだよ」

言い訳をし始めたが、そもそも私は白のキャミソールを探していたので透けたまま外に出る気などなかったこともスカスカの声で説明した。

そもそも、部屋で一瞬みっともない格好になったから何?そういうミスをずっと引きずって馬鹿にするのはただの意地悪だと思うけど」

「何度も言うけどあんたが親とか以前に私は人だ。人に対してその扱いはおかしいだろ。他人同士なら法で裁かれる案件だけど?それをすぐにやめないなら、私はあなたに同じことを要求し逆らえば同じ罰を与えます自分がされたらどれだけ屈辱的か分かるでしょ?今私に下着決められるのをそれだけ拒否するくせに、私に同じことをしたんだよね?」

初めて親が折れた。親は謝らなかったが、すったもんだの末、私が適当指定した下着を諦めて渋々身につけた。

そして目が覚めた。

いつも毒親悪夢を見ていた時と同じように、全身汗びっしょりで喉はカラカラに乾いていたが、今までにない爽快感があった。

私は人間だ。だから人権がある。

こんな単純な反論を今まで数十年間思いつかなかったなんて。

夢で親に勝っただけで、現実は何一つ変わっていない。現実の親はまた、都合のいい時だけ連絡してきて、私に対して支配的に振る舞うんだろう。

だけどその時の抵抗の仕方を夢に教えてもらった気がする。

京都神様ありがとう

2021-04-24

シッコ我慢明晰夢法をアップデートしたい

それは先月のことだ。

私は夢の中でトイレを探してさまよっていた。

猛烈な尿意の中、便座に腰を下ろした時、私は気づく、オシッコが出てこないのだ……。

そう、それは明晰夢

明晰夢……夢を見ているのに意識はハッキリとしておりそれが夢であることに気づいている状態

夢の中で夢に自覚的であるということは、見たい夢を見れるということである

飛びたいと願った次の瞬間にはビルの谷間を滑空することも、好きな人恋人になることを願えばデートの場面に突然移る。

だが、突然の場面転換による負荷により夢はアッサリと終わる。

ゆっくりと大切に理想幻覚経と世界を近づける遊び。

巷には催眠音声というもの流行っているが、あれらは結局の所はドラマCDの域を出ておらず、人間理想の夢を見せるほどの機能は有していない。

明晰夢はまさに本物の夢の中で、理想世界を描けるのだ。

自分理想を、自分意志リアルタイムに描ける最高の遊びである

だが成功率は非常に低かった。

私が明晰夢を見ることを夢見たのは、まだ性欲に溢れた中高生の頃であった。

二次元キャラクターリアル恋愛をしたいという願望から、私は明晰夢世界へと足を踏み入れた。

結果から言えば、成功と言えるだけの夢が見れたことは数回しかなかった。

元々寝付きが悪いこともあり、明晰夢意識しながら目を閉じれば2時間経っても眠りにつけないことなどザラにあった。

あえて限界まで体力を使い切ってからベッドに入って、意識必死に保ってようやく明晰夢に入るところまではたどり着いても、加速する妄想によって夢の世界が一瞬で崩壊し目覚めることばかり。

夢の強度を維持したままの展開誘導を身につけることは結局できないまま一時の流行りで私の明晰夢ブームは終わった。

その後も何度か明晰夢を見ることはあったが、大抵の場合私が選んだのは「どうせもうすぐ目覚ましが鳴る時間なのだからさっさと起きてしまおう」という選択であった。

明晰夢は楽しむものではなく、単に寝起きの前に意識けが少し先駆けただけのものになっていた。

話はここで冒頭に戻る。

その日、強烈な尿意によって覚醒した意識の中で、私は自分が夢の中にいることに気づいたのだった。

とっさに目覚ましの音に耳を澄ましてから、その日が土曜日自分二度寝したことを思い出した。

休日明晰夢

理想を叶えるのに最高のシチュエーション

かつて夢見た理想郷にようやくたどり着いた歓喜とともに、股間は爆発寸前の尿意を訴えてくる。

お尻とお腹に力を入れて無理やり尿意を押さえつけるも、意識尿意に引きずられ私を何度もトイレへといざなう

職場トイレ、家のトイレ実家トイレ、駅のトイレオムツ、様々な景色とその中で放尿する自分ビジョン、そして実際には放尿していないことを知らせる肉体の感覚、破裂寸前の膀胱

流石にこれは不味い……いくらなんでもこう何回も夢の中で放尿すればいつかは本当にベットに尿をぶち撒けることになる……。

私は夢の中で夢小説を描くことを諦め必死身体を起こそうとした。

金縛りにかかったことがある人な分かるだろうが、夢の中で起きようとして身体を起こすと突然身体は動かなくなる。(補足:明晰夢金縛り 肯定的に捉えるか否定的に捉えるかの違いだよ)

なんとかベッドから転がり落ちるビジョン、ようやく目を覚ますビジョン、そのたびに気づく、それはこうあってほしいという幻想を見ているだけで実際の光景ではないと。

何故なら世界はまだぼやけているのだから

起床のために藻掻くこと数分、ようやく実際に目覚めトイレに向かう。

膀胱、その無限の広がりをただただ股間に感じながら、オシッコ我慢明晰夢法という魔法の鍵がこの手に握り込まれいたことに気づくのだった。

シッコマン明晰夢法とは、オシッコ我慢することによって尿意により意識を叩き起こし、明晰夢へと突入する禁断の秘術である

失禁や膀胱炎といったリスクと隣合わせの禁術であり、夢の中に辿り着いても尿意意識を取られて妄想を広げる余裕など一切ない。

このままでは尿意我慢することに性的興奮を覚える変態以外には全く役に立たない代物である

尿意我慢することに性的興奮を覚える変態であったならば、多様なシチュエーションの中で尿意我慢できるだけでなく、夢の中で無限に放尿することも可能、更には衆人環視下での失禁さえノーリスクな最高のオナニーと言えよう。ズルイ。俺も性癖を変えるか。)

しかし、この手法を応用すれば、我々は明晰夢を容易かつ確実に行えるのではないだろうか?

おしっこ我慢明晰夢法の先を知るものよ、来たれ

2021-04-22

つながらないよーつながらないよー(恐怖体験

前もって言っておくと、僕は非科学的なことなどまったく信じていない。

心霊現象だのUFOだの未確認生物だの、ほとんどのことは科学説明できるし、体験者の無知からくる勝手解釈からまれているにすぎない。

例えば、僕は寝る前にしばしば金縛りにかかる。なにか嫌な気配を感じるとともに身体が重くなり、手足が完全に動かなくなる。

しかし、『チコちゃんに叱られる』でも言っていたが、これは「夢」を見ているに過ぎない。体感的には、夢というより頭は起きているが身体は寝ているような状態なのだと思う。

要は、脳がバグっている。その証拠に、疲れているときほど金縛りにはかかりやすい。

時たま枕元に誰かの気配を感じたり、耳元で誰かが囁いていたりするが、脳がバグっているのだから、多少の幻覚幻聴があってもまったく不思議ではない。

科学的に説明できるのだから、これを心霊現象とか超常現象のように語るのはまったく馬鹿げた話なのである

一度、金縛り中に目を開けてしまたことがあった。

金縛り中は、たいてい目をつぶって終わるまで耐えているのだが、その時は身体が重くなったり軽くなったりしていて、いつもと違うから気になって目を開けた。

そしたら、黒い人影が僕に馬乗りになって大きくなったり小さくなったりしていた。

ガチやんけ…

そう思った人もいるかも知れないが、チコちゃんも言うように、金縛りというのはあくまでも「夢」である

なのだから、何が見えてもおかしくはない。あくまでも、僕の脳の中だけで起きる出来事だ。

恐れることなど何もない。科学説明がつく。

さて、ここからが本題。

金縛りとは別に、本当に疲れ切った時に、深い海に沈んでいくように眠りに就きかけることがある。

なぜ「就きかける」のかというと、いつもその状態を途中で抜け出し、飛び起きてしまうからだ。

この体験は、臨死体験のように感じて、そのまま眠ると死んでしまうのではないかいう恐怖を覚える。

具体的に言うと、すぅ~っと意識が遠のいていって、徐々に音が聞こえなくなり、視界も一層暗くなって漆黒の闇になる。手足の感覚も無くなり、魂が肉体から離れていく感覚

人間が安らかに死ぬ時は、きっとこんな感覚だろうと思えるような感覚で、まったく苦しくなくてむしろ苦しみから開放されるような感じだからある意味金縛りよりもずっと怖い。

一昨日の夜も、久々にそのような状態に陥った。ただ、あの時は、その状態から抜け出さずに最後まで逝ってしまったのだ。自分の魂が闇の中に消えて無になるまで臨死体験を続けてしまった。

しかし、それは予想外に恐ろしいものではなく、心地よいものだった。不思議なのは、そのまま眠り落ちるのではなく、無になった後ですぐに目が覚めた。

時計を見ると5分くらいしか経っていないのに、頭がものすごくスッキリしていい気分だった。

なので、昨日も同じ体験をしてみたくなり、心躍らせながら布団に入った。ところが、昨日はあまり眠くなかったからか、なかなか臨死状態に落ちてくれない。

どうしたものかと思って、色々試してみた。色々なことを想像してみたり、2つのことを同時に考えたり。

僕は、2つのことを同時に考えると睡魔に襲われる。例えば、会議の時に晩御飯のことを考えたりすると、即座に眠くなる。

で、昨日は仕事のこととエロいことを同時に考えた。すると、少し眠気が出てきたので、畳み掛けるように色んなイメージ脳内に巡らせた。

すると、突然多重円の図形が目に浮かんできた。白い背景に黒い線で書かれただけの単純な図形だっだ。

それが、クルクルと回転しているように見えた。円なのだから回転してもわからないはずなのだが、なぜか回転しているように見えた。

それをじっと見ていたら、ついに始まった、臨死体験が。

今度もまた深い暗闇に吸い込まれていく。ああ〜ぎもぢいいいいいぃぃぃ。

魂が肉体から開放されて浄化されていく感覚

ところが、途中でブレーキがかかった。魂が消えゆく途中で妙に意識がはっきりしたのだ。

布団の中にいる感覚があったし、自分の部屋にいる感覚があった。目はつぶっていたけれども、目が覚めたような感じだった。

そして、唐突に聞こえてきたのである

「つながらないよーつながらないよー」

という鮮明な男の子の肉声が。いや、僕は寝るとき耳栓をしているので、あんなに鮮明な声が聞こえるわけがない。きっと、脳に直接聞こえたのだ。

黙っていると恐怖に押しつぶされそうだったので、「何が!?何がつながらないの!??」と思わず声を出した。

しかし、その答えは聞くことができず、その後は何も起こらなかった。

ゆっくり目を開けると、暗い室内に薄っすらと壁と天井が見えた。それは、なぜかノイズだらけになっていて、まるで画質の悪いデジタル映像のようだった。

起き上がって、しばらく呆けていたが、「これつながったらどうなってたの?」と考えたらとても恐ろしい気持ちになった。

最初に書いた通り、僕は非科学的なことなど一切信じないので、これもきっと科学説明できるはずだと信じている。

統合失調症みたいなものかも知れないし、脳疾患前兆可能性もある。

悪化するようだったら、これをプリントアウトして病院に行こうと思う。

ただ、僕がどこかにつながってしまってどうにかなってしまったら、この話を思い出して欲しい。

怖くて眠れない…。

2021-04-14

アラサーOLパラレルワールドメモ

在宅ワークの昼休みにうとうとしていたら、金縛りに遭った。若い人に多いとどこかで聞いたことはあったが、アラサーでもなるらしい。

ベッドでは動けず、目も開けられない中でシャワーの音が聞こえた。今は部屋に誰もいないのに、はっきりと誰かがシャワーを浴びる音が聞こえる。怖くなり辺りを見回すと、そこは自分の家のようで自分の家ではなかった。青を基調としているはずの寝室が黄色い。もしかしたら、パラレルワールドに来てしまったのかもしれないと思った。

いまの自分意識の他に、ここでの自分意識があるようで、数日後に同窓会が控えていることを憂鬱に感じていた。それでも会場は好きな店らしく、「私」はメニューを思い浮かべることに楽しみを見出していた。意識をもう少し探ると、この部屋はいまの部屋よりも少しだけ広く、リビングまでもが黄色統一されていることがわかった。好きな色は緑なのだけども。

シャワーの音が止まる。出てきたのは、いまの世界同居人だった。数年同棲してこの先の望みが薄い恋人と、この世界でも一緒にいるんだなあと落胆しながらも少し安心した。

私の姿を見ると、この世界の彼は言った。「四千(頭身)の都築くんと飲みに行ってくるわ」もちろんこちらの世界で彼は都築さんと面識があるわけでも芸人というわけでもない。有吉の壁で見るくらいの距離感だ。すぐに彼が出て行き、鍵がガチャリと閉まる音が確かに聞こえた。

本来誰もいないはずの空間に人がいなくなったことに安心し、金縛りにじっと耐えているうちに目が覚めた。単なる明晰夢かもしれないけれど、今とほんの少し違う世界存在を期待するのは悪くない。

休み時間を長く取りすぎた。左半身に痛みを残したまま、仕事に戻る。

2021-03-27

睡眠やばい人いる?

睡眠やばい

入眠から30分の間に、絶対金縛りにあう。

金縛りにあう前、絶対耳鳴り?(ゴウンゴウンゴウンみたいな、頭の中で響く音)がする

で、目さめたあとは大体汗かいてる、あと、頭がすっごく痛い。

今も、そうなってヒーヒー言いながら目覚めて起きた。頭が張るような痛さ。

いまさっきは、そのゴウンゴウンゴウンって音がものすっごい激しくて、悪夢は見なかったし金縛りにも会わなかったけど、とにかく頭が痛い。

素人目線でもいいから考えられる原因みたいなの、教えて欲しい。てかほんとにネットで調べても何も出てこないからわかんない。

発音症候群?みたいなやつも、読む感じ違うなって思うし。頭痛するもん。

元々不眠症で、デパス飲んでたこともあったけど

眠りが余計に浅くなったのでやめた。

ADHDなのでストラテラ飲んでる。

睡眠外来はこれのせいでほとんど診察外になるらしい

しかしこの悪夢+金縛り+耳鳴り小学生のころから

今治したい理由は、社会人かつ受験生なので睡眠が第1と考えるため。

つらいので誰か話してくれ。たのむ。

心霊現象ではない、絶対に。言い切る。信じません。

もしこれが心霊現象なら、お祓いに行ったら多分こんごの人生がすごい良くなる。じゃなきゃ信じない。

2021-03-05

幽霊の正体みたり

十代半ば、実家にアレコレが起こり、数年で家を失うことが確定していた。

実家はそれなりに商売成功しており、数年前に家は建て替えられ、わたしには念願の自室が与えられていた。

自室には天窓があり、屋上への出入り口があり、屋上からは外に降りる階段も設置されていたので、ここぞと自由謳歌していた矢先。

両親は怒声を上げながら責任押し付けあう喧嘩をし、子どもたちは仲裁をしながら泣いた。

この頃、わたしは眠れなくなった。明け方頃にやっと眠れたと思うと、一瞬で目覚ましベルが鳴った。授業中も意識朦朧とし、学業の成績は下がった。

眠れないと、夜の時間は長い。布団に入ったまま、天窓から何も見えない空を眺め続けた。

そうしていると、キシッ、ピシッ、と階段が軋むような音がする。

パキリ、カリッ、と窓に何かが当たるような音がする。

そうしてついには金縛りにあう。それまでに体験したことのない現象に、わたしは恐怖した。これはもしかして心霊現象怪奇現象、そういうものに襲われているのではないか、と。

自室を失ってしばらくすると、そうした現象は収まった。一家それぞれのベッドルームはなくなり、すぐ隣で家族の寝息が聞こえた。煩かったが、金縛りよりはだいぶマシだった。

2021-02-16

手足のフィードバックがなくなると脳はどうなるんだろう

ということを転スラの冒頭で思いついた

寝起きの金縛り状態はきついので似た感じだと辛そうだけど、全然想像がつかない

士郎正宗がそんな話を(欄外に)書いてた気もする

2021-01-17

寝ようとしたら金縛り子供が部屋を走り回る足音がしてた

これ心霊現象じゃなくて神経のアレらしいな

つーか足音もズドドドドって感じだから霊だとしたら別の怖さがある

2020-12-24

「う、動けない!時を止められたのか」

「う、動けない!これは体を金縛りにする力か!」

目とか口とか脳の思考回路は動いてる

  

なぜなのか

2020-12-13

隣人うるさすぎて殺したい

6畳ワンルーム学生マンション引っ越した直後から12時を過ぎると隣人の女がうるさい。電話してるのかゲームしてるのか、時々「おおおおー!」みたいな盛り上がった声が聞こえてきて正直辛かったけど耳栓つけて半年ほどはやりすごしてきた。最近は週1〜2回のペースで朝4時ぐらいに大喧嘩してる声が聞こえてきて、そっちが本当に辛い。

ガタガタという暴れ回ってるような音と「ふざけるな!!!」「だから言ったじゃん!!」みたいな女の声と、それを嗜める彼氏っぽい声に起こされるのも度々。管理人には何度か相談したけど効果なし。

もともとストレス寝不足が重なると寝ぼけながら暴れる癖(?)があり、騒音で起こされて半覚醒で鏡を割ったりスマホを壊したり頭を壁に打ちつけたり「うる↑っっっっせっ!!!!!!!!!!」みたいに叫んでたりして恥ずかしいしストレスがすごい。今日は4時に起こされ、二度寝したら爆裂な金縛りにあった。最近はもう嫌がらせのためにイヤホンなしで爆音で変な音楽(例 戸川純)を流したりしてるけど(うるせえ隣人の反対は空室なので)こうなってくるともう嫌がらせ大会である郵便受けに猫の死体いれられるのも時間問題。先に入れたほうがいいのかもしれない。もはや静かにして欲しいという気持ちよりもなんとかしてあの女を痛めつけたいみたいな気持ちの方が強い

2020-09-11

夢イキ

やばい さっき昼寝中にものすごい夢イキをした 私はデリヘルみたいなサービスを使って、どこかのラブホに居る 室内には30代くらいのがっしりした大男 細身の男 髪を巻いた綺麗な20代くらいのお姉さん

大男やお姉さんのする質問ひとつひとつ答えていく 質問はとても多い 大男はタメ口だが態度は丁寧である 質問される度に催眠にかかったようにくらくらした 最後質問(確か性的サービスへの同意みたいなので、厳しい絶頂が長く続くが大丈夫か聞かれた)が終わり、細身の男から個包装のローションパウチが入った透明のプラスチック袋(手作りお菓子を入れるような袋)が差し出される

ここでやっとこれからエロいことをされると確信するが、そこまで大したものではないだろうと思う

ベッドにあお向けになる

お姉さんのすごい長い舌でしばらく舐められる ここで気持ちよすぎて若干後悔する

その後、彼女は柔らかく、先っぽに小さな玉のようなものがついた長い棒を持ち、外の部分を刺激する 棒はどんどん中に入ってくる

ずっとイキっぱなしできついのと、だんだん棒の圧迫感が強くなりしんどくなる

絶叫する 大きな声が出て一瞬恥ずかしく思うが止められない 仰向けになりながら、快感を逃そうと、足ピンではなく、膝を立てようとするが金縛りにあったようで体勢が変えられない 顔を横にすることしか出来ない

「もう無理です!ギブ!」と、手でシーツを叩き叫びそうになったところで目が覚めた

目が覚めた直後に、母が私が寝ている寝室がある2階に上がっていく足音がしたので、寝ながら絶叫していたのかと焦ったけど、洗濯物をとりこみにきただけだった

2020-09-06

anond:20200906005902

逆に夢だと理解しているから明らかにおかしルートに入っていても冷静に見守ることはあるな

夢というか金縛りと言った方が正しい体験なんだが、布団から玄関に通じる廊下をずっと見てて、鍵の開く音がしてるんだけどその場から動けなくて、とりあえず侵入者が何をし始めるか見守ってた

まさかの別居中の家族が来て夕食を食べ始めた なんか少し悔しかった

2020-09-05

眠れないので大昔の怖かった話

中坊の時に洒落怖(2chのオカ板に寄せられたインターネット怪談)にドハマりして、夏休みの間狂ったようにバックナンバーを読み漁っていた時期がある。その頃にはオカ板はもう全盛期を過ぎていて、今でも名作として語り継がれているような話はなんでも閲覧出来た。

その年の夏、東北家族旅行に行くことになった。具体的な行先はどこかというと、岩手県遠野ちょっと怖い民話も沢山残ってるし、怪談にハマっていた俺にとっては鬼門みたいなイメージのある地域だった。

泊まったのは、駅と合体してるタイプホテル。俺の家族は俺と両親の3人家族で、俺を挟んで川の字に並べられたベッドで寝ることになった。

その夜、俺は金縛りで目が覚めた。隣で寝ていたはずの母親もなぜか起きていて、目をかっぴらいてこっちを見ている。只事では無い雰囲気が漂っていた。

その時、部屋付きの浴室から妙な物音がした。

………キャハッ ハハハハハ キャッキャッ

甲高い女の子の笑い声だ。俺はゾッとして、思わず母の方を見た。声をかけようとする。母も同時に口を開いた。

「「この部屋、なんかいる」」

ハモったところで、二重に目が覚める感覚がして、俺は正気に返った。目の前の母親普通にいびきかいて寝ていた。

あれは夢だったんだろうか。怖い話を読みすぎて、記憶の整理とやらまでホラー風味になってしまったのかもしれない。

でもその後、そのホテルは潰れた。土地柄的に、どうしても「座敷わらし」のことを思い出してしまう。

毎年夏になると思い出す、本人としてはちょっと怖い話

2020-08-11

新卒入社した会社が出るところだった

SEリリース前はたまに会社に泊まることがあるくらいの忙しさ。東京の日本橋のあたりにある会社で、そこそこ大きい会社の子会社だった。

辞めたのはもう6年くらい前だけど今でもこの季節になると思い出すんだよね。お盆くらいに泊まった時の話。

まず、うちの会社には男女別の救護室があって、簡易ベッドみたいなのがあった。でも使ってる人みたことなくて、まれ会社に泊まる時もデスクで仮眠とったり、レジャーシート持ってきて寝てる人もいた。(椅子を並べて寝てる人はいなかったw)

お盆くらいの時期で人が少なくて、その時も泊まりだったんだけど、バッチ処理うまく行ったから次3時間後だなー寝るかーってなって、先輩寝袋(w)入ってアラームかけてさっさと仮眠とりはじめたのね。自分も寝とこ思ったんだけど体がすごくだるかったから横になろうと思って、で救護室の存在思い出したから使ってみた。

前に書いた通り使ってる人全然たことないからきったないんだろうなーと思ったんだけど普通にれいで、毛布はちょっと埃っぽかったけどダニがいそうな床で寝るよりはマシかと思って寝始めた。疲れてたからかすぐ寝て、ハッと起きた。アラームかけ忘れた、やべえ今何時だって。でも体が動かなかった。金縛りだ!今までなったことなかったからワクワクしつつ、本当に体が動かないので困ってた。理系人間なんで、金縛りは体より先に脳が起きちゃったときに起こるって知ってたし、お化けいると思ってなかったから怖くなかった。

でも、救護室のカーテン入り口がドアじゃなくてカーテンで、室内で区切られてるだけみたいな感じ)の下に爪先がこちらを向いてる靴を見つけてこれはやばいのでは???と思って目を瞑った。怖くて目が開けられなかったwあーーー人生で初めて見てしまたかもしれないーーーと思いつつ、これからどうしようどのタイミングで目を開けよう、目を開けて目の前にいたらどうしようなんて考えてたんだけど、まぁ目を開ける勇気がなく時間がすぎていった。このまま寝ちゃえばいいんじゃね?先輩いるし仕事の方はどうにかなるだろって思って、目を開ける勇気は持たずそのまま寝ようとしたら遠くの方でアラームの音がなった。はっとしてつい目を開けたらさっき見た位置に靴はなかった。体が動くので、靴を履いてエイヤカーテンを開けてデスクに戻った。先輩がいて安心した。

その後なんか見たとかはないんだけど、あれはなんだったんだろうなーって思い出してた。

で、最近なんとなくそ会社口コミ掲示板みたいなのみてたら 救護室に出る って書いてあってゾワっとした。

2020-07-22

水子祟り

怪談を書きたいわけではなくて、水子にまつわる怪談感想を書いただけの文章である

インターネット水子の霊について検索すると「赤子の霊はこの世に執着心がないのですぐに成仏する」「親を憎んだり恨んだりすることはなくて死後は親やきょうだい幸せを願っている」ととてもおだやかな存在である情報が載っている

私もなるほどなーそうなのか。水子の霊はおだやかなんだなすぐに転生するんだと思っていた

水子の像をわざと蹴り倒した男性怪談を読んだ

そこには上記水子存在とはまったく違う恐ろしい事実があった

その日の夜、像を倒した男性の枕元に現れた赤ん坊の霊は男性金縛りにかけて眼球の自由すら奪い(金縛りって目や首は動かせるのがド定番なのに)、すばやいハイハイ男性の周りをまわって男性の顔の前でおぎゃあおぎゃあと泣いた

ハイハイマスターした赤ちゃんの動きは意外とすばやい。赤ちゃんの移動するスピードの早さが不気味な雰囲気を醸し出しゾッとした

その日のうちに男性が依頼した霊能力者がきて、お祓いをした。霊能力者は「水子の霊一体のお祓い簡単だ」と30分程度の施術で終わらせた

しかし、水子の霊は全然祓えておらず、男性が陸橋の階段を登りきったところで後ろから男性の腕を引っ張って頭からいきおいよく地面に落とした。男性を殺すつもりで狙ってやったっぽい

地面に寝そべり、痛みに苦しむ男性の前にまた赤ん坊が現れておぎゃあおぎゃあと泣きながら男性の顔の上に登り出す

赤ちゃんて寝ている大人の頭の上に乗ってくるよね。わかる。自分も今赤子の子育てをしているかリアルに泣きながら頭に乗ってくる赤ちゃんの姿を想像して恐怖した。

祓いした霊能力者の師匠によると、男性に憑りついた赤子の霊は一体ではなく、倒した像の周りにあった数百体の水子像に宿っていた数百の水子の霊も男性に憑いていて、

まり男性には数百単位水子の霊がついていた。

水子の霊は子供大人の霊よりもお祓い難易度が高く、祓ったと思ってもまたしつこく憑いてくる

水子の霊は憑いた人を親だと思っていて、とにかく愛してほしいと思っているからなかなか離れないらしい

言われてみれば水子の霊がお経の意味理解してるとは思えないし、お祓いをしてもその意味をなかなか理解できないだろうし、「なんかよくわからんけど霊能力者がギャーギャーうるさくてウザいから一端離れとこ…」ってなってまた寂しくなったら「かまってよおおおおお」って、憑りついた人間のところに戻っていくんだろう。

水子の霊は意志疎通が難しそう

男性脊髄を損傷して下半身マヒになり、移動するときは匍匐前進。まさに赤ちゃんハイハイするときのようになってしまった。

私はこの怪談を知ったときになるほどなぁと色々と考えさせられた。

赤ちゃんの霊のお祓い子供大人の霊よりも難しいとは

今までも赤ちゃんの霊の怪談を聞いてきたけども、赤ちゃんの霊は悪霊と違ってそこまで怖い存在ではないと思っていたよ。でも、罰当たりなことをしな人間赤ちゃんの霊が憑いたとき恐ろしいことになるんだな。

意外性やギャップビックリしてしまった。

男性のように水子像を倒したりしなければ怖いめに会うことはないだろうけど、またこの世とあの世の新しいルールというか仕組みがわかって、とても興味深い話だった。赤ちゃんを育てていると赤ちゃんはか弱い存在と思いきやその生命力が凄まじさ感じるときがある。赤ちゃんは意外とパワーの塊である。だから水子の霊もものすごいパワーを秘めているのだと思う。けっして弱い存在ではない。

色々と勉強になった怪談だった。

2020-07-10

嫌だ

生きてるのが苦しい。どこかに楽しい世界線の正しい人生があるんだろうか。栄子は俺の靴や髭剃りやなにやらを勝手に片付けてしまう。所定の位置から勝手に物を動かされるとストレスが溜まる。潔癖症から、家でも靴下スリッパを履いてないと歩けない。朝は金縛り悪夢で苦しい。夜は睡眠薬を飲まないと眠れないし、体型を維持するために食事制限するのも面倒。解放されたい。

死にたいけど死にたくない。

ここじゃないどこかに、今とは違う理想生活がある気がしている。

正しい生活を送りたい。

2020-07-02

社会人とは何たるか。

21卒就活生。無事に内定いただき、よっしゃ卒論だ~!と浮き上がる日々だが、友人、親、教授全てに卒業後を心配されている。

その理由は「働きすぎないか」。

大学2年のとき自分は過労で倒れた。倒れるまでのキャパは人それぞれだと思うが、当時の状況を以下に記す。

1.週5日の大学サークル(通学時間は往復3h以上)

2.土日はアルバイト(6時間勤務のところ、残業常態化していたためほぼ8時間勤務。販売店なのでだいたい休憩なし。倒れる半月くらい前に何かを感じ、週1に)、バイト先の飲み会は断らない。

3.まぶたが痙攣し、金縛りが頻発。睡眠時間(大体5hくらい)に3回位起きてしまう。

4.生理が止まる。常にイライラ

こうやって書いてみると、よく精神わずにやっていたなあと思わなくもない。

電車のなかでめまいがして、なんとか家について玄関で倒れたところで「もうやめよう」と思い、そのまま店長に会いに行き、1ヶ月後、バイトを辞めた。この頃患ったっぽい謎の咳は今もまだ続いて居る上、何故か体質が変わってしまったらしく、天気で体調がかなり左右されるようになった。メンタルは強いほうなので、今も昔も割と元気だ。よくいろんな物事の辞め時を見失ってしまうけど。

私の回りの優しい人達は、「またあの頃みたいになっちゃうよ」と心配してくれている。友人は私のことを「ブラック企業歓迎人材」と言うほどである

バイトを頑張っていたのは「雇用には貢献がつきもの」と思っていたので、そのわかりやすい貢献が売上かな、と思ってがむしゃらにやってたから。残業をしてたのは店長に残って!ごめん!と言われたら断れなかった。

民間企業に入る限り、利益の追求からは逃れられない。地元中小企業に入るので、もしかしたらサービス残業休日出勤上等のとんでもブラック会社かもしれないが、最悪転職大学院に行くかで対応しようと思う。このご時世だが、死ぬ気でやったら返ってくるということをこれまでの人生で学んでいるので、とりあえず3年位は死ぬ気でやってみてもいいかなと思っている。

正直、潰されることが怖くもあるが(倒れたことがトラウマで長時間アルバイトが怖くなり、今は1回2時間位で終わる塾の講師)、社会に出るというのはそういうことだと思って適合するしかない。労働基準法なんてきっと大企業でない限り意味ないんだ。

たとえブラック企業に入っちゃっても、心まで蝕まれないよう、強く生きたい…。無理かもだけど。

2020-05-21

炭水化物を取るとめちゃくちゃ眠くなって苦痛

カレーラーメンうどんそばポテトチップスも、食べるとめっちゃ眠くなってしま

ちょっとぽやーってするような眠気じゃなくて、めっちゃ疲れた日の晩に眠りにつくような、もうまぶたを開けていられないくらいの眠気

頑張ってアラームをかけて食後の眠気に抗ってみるも、金縛りのような現象が起きてしまうのでどうにもならない

金縛り

在宅勤務サボって昼寝してたら金縛りにあった。

気合で手が動いたわ。久しぶりで焦った。

2020-04-22

懐かしい

大学時代家賃1万8000円の部屋に住んでたけど居心地良かったな

受験合格して内見もせずに適当に決めて、親も驚いてたな

たまにあった金縛り、あれは何だったんだろう

2020-03-04

ひょうごけん

兵庫県にあるとある旅館に泊まるとよく金縛りにあうというのを聞いたことがあった。
先日、偶然にその近くに旅行に行く機会があったので好奇心から試してみようという気になった。
恐ろしいというよりも好奇心でワクワクしていた。

その旅館につくと、妙に陰気な旅館の主が迎えてくれた。
まり賑わっている旅館ではないので家族経営でやっているのだという。
金縛りのことを聞いても知らないと答えた。
自分で試してみるしかないようだ。

風呂に入り、美味しい夕食の後に眠ろうとして明かりを消すと何か気配がした。
わずそちらに視線を向けようとしたが、体が動かなかった。
私は思わずこう言った。

「ヒョー。 動けん!」

2020-02-17

anond:20200217163257

元増田の背後霊でござる。

このたびは拙者が背後霊として取り付いておる元増田がこのような 増田投稿してしまたことを心の底から詫びたいと思う。

拙者は、生存のころ平家の落ち武者をしており、その怨念から 背後霊となってしまい、今は元増田に取り付いておる次第でござる。

元増田は幼少のころより、人見知りが激しく、家に閉じこもりがちに なり、一人でテレビをみては、勝手テレビ登場人物に なりきる夢想をするようになっていったのでござる。

今回もウルトラマンをみていて、つい自分が光の巨人である夢想してしまい、こんな増田投稿してしまったのだろうと推測するでござる。

つきましては、拙者が懲らしめのため、これから1週間ほどは 毎晩元増田が床についたら金縛りの刑に処するつもりなので、 なにとぞ、今回はお許しくださいますよう、みなさまに お願いいたします。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん