「立ちくらみ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 立ちくらみとは

2023-09-05

オレもようやくコロナサヴァイヴァーw

感染が騒ぎになり始めてから3年半以上のいまさらながら。一応備忘録として

  • 最初感染娘。どこでうつされたのかは不明。39℃くらいの熱で2日ほど寝込む。この時点では、疑いありながらも、病院に行かず、確定診断なし。市販風邪薬で、そのうち症状がおさまる
  • 次に妻。娘の発熱からたぶん5〜6日後に、同じように発熱&寝込む。次の日オレが病院まで車で送迎して診察受けると、コロナ確定。なんか普通な処方薬飲んで、3〜4日でだいたいおさまった
  • まー、コロナだって言っても、すでに十分家庭内で接触しちゃってるしなーw これといって新たな対策ができるわけもないし、って平常心を保つw
  • しかしたら日頃の健康的な食生活運動w とあと4回目まで打ったワクチンのおかげで、発症せずにやり過ごせるか... と期待したが叶わずw
  • 妻の発熱から7日目だっけかな? オレもついに39℃近く出たぁ〜〜〜〜
  • いわゆる倦怠感、関節痛、筋肉痛全然布団から起き上がりたくない。丸2日ほど寝込む
  • 食欲なし。水分補給だけ。やや遅れて2日目後半くらいからノドが痛くなる
  • でも栄養とっておく方がいいよなって思ってアイスクリームちょっと食べるw
  • 体温高いせいか、気温32〜33℃あるはずたが、エアコンなしでもあんまり暑く感じないw
  • 3日目になるとやや熱が下がり、38℃台前半くらいをウロウ
  • ずっと寝てたせいか血圧?が弱まってて? 立って水飲んでたら、立ちくらみしてドタっ!と倒れ、救急車を呼ばれそうになるが、イヤ、ダイジョブダイジョブって必死に抑えるww
  • 食欲が回復してきて、いつもより少なめだが、普通に晩ご飯食べる。けど味覚障害ってやつでしょうか、なんかおいしくない。味が薄いというかボヤケた感じがする。匂いもまったく分からないわけではないが、いつものような香りが感じられない
  • このあたりから、ノドに痰がからんでセキが出だす。寝込んでる間はほぼセキはなかった
  • 発熱で寝込む寸前まで読んでた本の内容が、まったく頭に入ってない。絶対に見てるはずなのに、見たことない初めて見る! って感覚 Déjà Vuの反対のジャメ・ヴュ[jamais vu]ってヤツか?? 人生初体験かも、でも、そういうことがあっても、わりと気にせず忘れてるかもw
  • で、現在発熱始まってから丸5日経過。たまにセキ出るくらいで、ほぼ元通りに回復病院にも行かずじまい。市販風邪薬2回飲んだだけ
  • 寝込んだことで「睡眠負債」とやらが完済したか? なんかここ3日ほとんど眠くならない。以前は、昼過ぎめっちゃ眠くなってウツウツラ... とか何なら20〜30分昼寝することもあったし、夜も0時過ぎればすぐ寝ちゃうくらいだったが、布団に入っても寝付けなくて、3時過ぎ?くらいまで頭の中アレコレいろんなこと考え続けて... しかし、6時半くらいにいつものように起きる。いまこの時間も眠気はないなー 外形的には今、睡眠3時間チョイのショートスリーパーw

2023-08-16

こんな自分が嫌いだなあ

電車で何駅も立ってると疲れてきて座りたいなあってずっと思っちゃう

妊婦さんとかにいち早く気づいて席を譲るとかもできないし、立つのが辛い

出かけるとすぐ疲れるし、人には酔うし、お店では立ちくらみもする

体力もなくて根性もない

痩せてるわけでもない

こうでありたいっていう人間になろうとするとすごくすごく疲れてしまって、反動で1日寝てしま

いやだな

2023-06-29

妊娠ってデバフすぎない?

妊娠した。31、2までにはひとり目が産みたいと前々から思っていたのでそれより早く授かれて嬉しかった。

にもかかわらず身体ダメージやら諸々で嬉しい気持ちが日に日に萎んでいく。「妊娠」というステータス、喜びという一点突破で成り立っているだけで肉体的にはただのデバフしかなくない? 

そう思ってしまうことに罪悪感もある。すまん腹の子よ。

増田はザ・JTC勤めの総合職年収は650万くらい。同世代の夫も同じくらい稼ぐ。夫婦仲はとてもいいと思う。

つわり辛すぎ

 → 毎日吐きまくりまともに食べられないのが1ヶ月続いた。トマトアイスの実で生きてた。ケトン体が出て点滴を数回打った。もっと辛い人は居ると思うがとにかくただただ辛かった。幼い頃から健康優良児だったので人生で一番体調悪い時がこの時である。安定期に入った今もたまに吐くし体調は常に万全でない。全盛期は歩くのもふらふら、常に意識朦朧としていて休職するかどうかの瀬戸際だと思ったがギリギリ耐えた。

 メンタルを崩して一週間くらい毎日メソメソメソメソ家で泣いている時もあった。今思い返すとわけがからいくら精神がぐちゃぐちゃだった。

 この時の仕事アウトプットとして残っているのに全く記憶がない。なにせ覚えてないので後から何かが爆発しないかちょっと心配である

妊娠デバフ辛すぎ

 → 安定期に入ってお腹が出始めてる程度なのにもう身体が重い。苦しい。妊娠前は健康のものだったのに脇腹、下っ腹、頭、腰などあらゆる場所が痛い。たまに胃も痛い。お腹が内側から引っ張られる感じがして違和感&痛い。ふと立ち上がったら立ちくらみ眩暈がする。たまにウッと気持ち悪くなって職場トイレで吐く。出社して2階に階段であがるだけでゼェゼェ言っている。

 夜に家に帰るともう全ての体力が尽きていて、仕事や最低限の家事以外はほぼ寝ているような生活だ。上記の体調の問題仕事モチベも下がり気味なので自分が自堕落に過ごしているように思えて辛い。でも動きたいのに動けない。妊娠前に楽しんでた趣味も何もできてない。ベッドに潜り込んで、妊娠アプリで「安定期で体調が落ち着く」「楽しいマタニティライフ」の文字を見て「嘘つけ〜〜〜!」とツッコミを入れる毎日

 産婦人科でも医師相談したが経過は順調、妊娠してたらそんなものと言われるだけ。そんなもんなのだろう。世の中のお母さん凄すぎて後光がさしてる。二人以上子供いる人とかもうピカピカだよ。ピカピカすぎて眩しくて見えない。

子供、元気?

 →お腹の中の子は無事に生まれてきてくれるだろうか。自分も夫も遺伝疾患の子を育てる自信はなく、結構お金をかけて任意出生前診断を受けた。陰性で胸を撫で下ろした。

 とはいえ障害病気遺伝疾患以外にももちろんある。もし何かがあったとしてもちゃんと向き合っていきたいと思っている。でも、生まれるまでわからない、生まれからもすぐはわからないという不安を抱え続けるのは大変だ。

・これから来る育児怖い

 →産休育休後はフルタイムで復帰したいと思っている。ネットサーフィンでワーママの一日⭐︎みたいなのを見るたびに深夜に寝て早朝に起きる狂ったスケジュールが表示される。この人たちは鉄人か?と思うしまさか生存バイアスではないかと恐怖すらある。このスケジュールに耐えられなかった共働きの女はどうなるのだろう。海の藻屑? 自分がこんな鉄人になれる気がしない。

 ここまでしないと子は育てられないのか。もう少し緩やかに生きたい。そんなわけで今はふたり目のことなんて全く考えられない。とても怖い。

・やることが……やることが多い……!

 →保険見直し保活扶養学資保険、家のレイアウト などなどなどなど。生まれからもっと大変だろう。頭がおかしくなりそうだ。子供名前を考えるのはウキウキするがこれらの純粋事務手続きウキウキして考えたり実行できる人間存在するのだろうか?

ありがたいことに妊娠出産理解があり気遣ってくれる上司職場。甘えすぎないようにはしたいが甘えてしまっている現状が情けない。

家事が得意で優しい夫。つわり全盛期はとても迷惑をかけたが不満や文句ひとつ言われなかった。いつもありがとう

とても恵まれ環境妊婦生活をしていると思うし実母に愚痴や泣き言をこぼすといつもそうたしなめられる。正論だ。

にもかかわらず毎日辛いし不安でいっぱい。世の中のお母さんたちは皆こんな試練を乗り越えているのだと思うと尊敬する。

自分半年後にはそのひとりになれるのだろうか。

 

2023-06-16

サウナの思い出

何年か前、横浜に住んでいた頃、駅近くのジムに通っていた。

大浴場にサウナと水風呂もついていて、仕事が遅くなった日はお風呂だけ利用することも多かった。

あるときいつも通り入浴後にサウナに入ると、いつもよりやけに人が多かった。

サウナ内のテレビ野球中継が流れており、日本シリーズソフトバンクベイスターズ試合だった。

場所横浜なので、皆ベイスターズ応援していたのだろう。サウナにいる人たちはテレビ画面に釘付けでワイワイしていた。

自分福岡出身だったので、心の中でソフトバンク頑張れ〜と応援しながらサウナに出たり入ったりしていた。

何度目かの出入りの際、最前列にいたおばちゃんは「暑い〜もう限界」と言って出ていこうとした。その瞬間、バタッと倒れた。

サウナ×倒れる=心臓ヤバい と思い慌てて立ち上がると、周りの人達も同じように思ったようで皆一斉に立ち上がり、おばちゃんのところに集まったりドアをあけたりしていた。

おばちゃん立ちくらみだか脱水症状だったようで、大浴場の椅子腰掛けて誰かが持ってきた水を飲んで、「ごめんなさいね〜皆さんありがとう。つい野球が気になっちゃって」と申し訳なさそうに笑っていた。

その後おばちゃん病院に行ったりしたかどうかは知らないんだけど、そのときにやっぱりサウナって健康に良いってもんじゃないよな〜と改めて思ったよ。

でもサウナはで汗をかくのは気持ち良いし、サウナ後の身体がツルスベになるからやめられないんだけどね。ほどほどに。

2023-05-29

母が死ぬまでは死なないという確約が欲しい

俺は30代なりたての男なんだが、大学生の頃から死恐怖症(特に癌恐怖症)が治らない。

きっかけは大学時代病院に行っても解決しなかった謎の膝痛に数ヶ月近く悩まされたこと。レントゲン撮ってもMRIやってもわからなかった。

色々調べてた時に見つけたのが骨肉腫という病気。そしてYouTube骨肉腫を再発し当時の自分と同じ年齢で亡くなった女の子の闘病ドキュメンタリーを見たことがきっかけだった。結果的に膝痛はなくなり今ではなんともないが、それ以来俺は癌恐怖症になった。

記憶にないアザや怠さ、歯茎出血があれば白血病しこりがあれば悪性リンパ腫、ほくろがあればメラノーマ下痢になれば大腸がん、幼少期からの鼻炎持ちで鼻くそに血が混じれば副鼻腔癌などなど。

何か一つの症状がある癌に当てはまれば癌だと思い動悸や立ちくらみに襲われ「ついにか…」と倒れそうになる。バイトもあり、思い立って翌日に病院に行ける訳ではないため病院に行き検査結果が知らされる不安で何も手につかない。総合診療医では信頼できず各専門クリニックに行くのでセカンドオピニオン含め財布には12枚の診察券、そして4つの病院電子診察券を持っている。

「30歳でバイト?」と思っただろうが、この性格なので癌に当てはまる症状が出ると何もできなくなる。留年もしたし、就活も失敗したし、公務員試験も失敗したので現在バイト暮らしだ。県立中高一貫校から一橋商学部卒業しているので、幼少期からの親の教育投資を随分無駄にした。

死への恐怖は癌だけではない。電車では後ろに人がいたらホームの先頭には立てない。強盗が怖く、自宅を買い集めた防犯グッズや自作防犯システムで完全防御。大通りや赤信号も常に警戒。

俺は自分死ぬのが怖いわけではない。

俺の両親は俺が幼稚園卒園前に離婚しており、以来母が看護師として育ててくれた。自称経営者の父は養育費大学学費用なども「無い袖はふれない」と一切出さず、母は実家とも疎遠なので大学卒業するまでにかかったお金は全て母が稼いでくれた。

俺は母に「母よりも長生きする」「立派になった姿を見せる」「妻と孫を見せる」という3点を誓っていた。しかし、この死恐怖症によりレールから脱落し立派になった姿を見せることも結婚も孫を見せることも不可能になった今、俺が母のためにできることは母よりも長生きし母を看取るということだけである

から俺は何があっても母よりも先に死ぬことができない。先ほど言ったように母は独身実家とも疎遠で俺は一人息子なので俺が先に死んだら母は一人になってしまう。

それなのに、常に俺に忍び寄って来て隙があれば俺の命を狙おうとする癌や突然の事故犯罪に対して俺は極度に恐怖し強い怒りを感じる。

永遠の命はいらないから「母が死ぬまでは死ぬことはない」という確約が欲しい。

2023-05-27

卵巣を片方摘出したので入院生活について書いておく

自分ブログも持っているけれど知人にあれこれ言われたくないので匿名にて失礼します。

健康な人へ

心当たりが一切なくても健康診断は毎年受けるべきだし、付けられるオプションはなるべく全部付けるべき。時間とかお金とか恥ずかしさとか痛みとか、いろいろハードルはあるんだが、健康には代えられない。あ、今はとても元気です。大丈夫

他の人の体験記を参考に入院準備を進めたので、これも後続の助けになれば幸いです。後続なんていないのが一番なんだけどね。

身バレを防ぐために若干ぼかしたり時期をズラしたりしています

概要

・開腹して左の卵巣と卵管を摘出した

2023年4月入院

入院期間は7日間(月曜入院→日曜退院)。手術は入院2日目(火曜日)の午前中

パジャマタオルレンタルサービスを使ったので持って行かなかった

■ 大まかな流れ

月曜日入院。昼食と夕食は普通に食べる。シャワーも浴びる。夕食後は食事禁止

火曜日:朝6時以降は水も禁止。午前中に手術を受ける。気付いたら終わってたしベッドから起き上がることも禁止されていた。微熱があったため隔離されてPCR検査を受ける。正直傷口よりPCRの綿棒の方が数倍痛い。あいつは一体なんなんだ。

水曜日:朝、上半身を起こしてみる。立ってないけど立ちくらみみたいな状態時間と共に和らぐ。昼から食事再開(重湯)。コロナでもインフルでもないと分かったので昼過ぎには隔離が解除され、自分で歩いて病室へ戻った。その後尿カテーテルを抜いてもらい、蒸しタオル身体を拭いてパジャマに着替える。

木曜日メモによると1日中ハイラルに籠もっていた(ブレワイをプレイしていた)らしい。痛み止めが背中カテーテルから飲み薬(ロキソニン)に切り替わる。

金曜日:この日の朝食から普通メニューに戻る。午前中の回診で諸々の管やテープを取ってもらい、シャワーが解禁される。

土曜日:またハイラルにいる。こいつハイラル居座りすぎではないか? 傷口(というより上に貼られたテープ)がかゆくて看護師に訴えるが「カサブタなので我慢するしかない」と言われて絶望する。それでも諦めず主治医先生に訴えたらかゆみ止めの塗り薬を処方してもらえた。効き目が薄くてさら絶望した。かゆみとの戦いは退院後も1週間ほど続いた。

日曜日退院

看護師さんから主治医先生からも「珍しいくらい順調に回復している」と言われたので、普通はもう少しゆっくり良くなっていくのかもしれない。

■ 持って行ってよかった

・延長コード(3口3m)

今回のMVPSwitchスマホの命をつないでくれた。ベッドの頭の方の壁にコンセントはあったものの、スマホの充電ケーブルが短くてギリギリ枕元までしか届かない。ベッドを起こしたらもう無理。延長コードがなかったら電源の取り回しに苦労したと思う。退院したら自宅の古いものと交換するつもりで買ったので、入院生活だけを考えるなら1.5~2mで大丈夫そう。

・小さめの紙袋

ベッドサイドに置いて細々したものをまとめる用。高さ15cm×横15cm×奥行き5cmくらい。化粧品買うともらえるような、しっかりした作りのものおすすめ。折り畳めるから退院時にじゃまにならない。ある程度高さがあるとペンを挟んでおけるので便利。

クリアファイル

入院した後も書類は増える。一度目を通せばいいもの(処方薬や麻酔説明書きなど)と、繰り返し取り出す必要があるもの(食事飲水量の記録表など)を分けるために最低でも2つほしい。

メモ

気になるから後で看護師さん来た時に聞いてみよう→忘れる、のループから脱却したい時に使う。気になることは際限なく増えるから覚えておくのは無理。別にスマホでも構わないがフリーハンドで好きに書ける紙の方が便利だった。

バナナクリップ

髪が長い人向け。手術後しばらくはお風呂に入れず髪も洗えないため、次第にベタベタテカテカして気になってくる。そういう時にさっと留めてとりあえず遠ざけておくと気持ちが楽になる。ヘアゴムでもいいんだけど、バナナクリップの方が圧倒的に手軽。

メッシュ生地の巾着

石鹸シャンプー歯ブラシなど濡れたものを雑に突っ込んで、サイドチェストの手すりにくくりつけて干した。ベッドサイドが広く使えるしすぐ乾くし、地味に便利だった。メッシュ生地に限らず巾着は「くくりつける」という選択肢が生まれからポーチよりおすすめできる。

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

説明不要。これを書いている今もまだプレイしている。ティアキンに移るタイミングを見失っている。手術直後はただ草原を走り回って採集活動に勤しめばいいし、回復してきたら弱そうな敵や簡単そうな祠に向かえばいいし、病状に合わせてプレイスタイルを変えられるのも良かった。

■ あればよかったなぁと思う

・充電ケーブルの先を保持できる仕組み

延長コードを使うと発生するデメリット。ちょくちょく充電ケーブルの先が床に落ちるし行方不明になりやすい。クリップ的なもので留めておきたかった。

ごはんのおとも(ふりかけ等)

入院して初めて、自分は白米が単体で食べられないらしいと知った。おかずも山程あるんだけどそれ以上に白米が多くて苦労した。残すのも忍びないから毎食フードファイト状態ふりかけでもごま塩でも、とにかく白米に味がつけられるアイテムがほしかった。

マスク置き場

感染症予防の観点から、ベッドにいる時もなるべくマスクをつけておくよう求められていた。そうは言っても寝る時はさすがに外したいし、食事時はもちろん外す。そういう時にちょっと置いておける場所がほしかった。

スマホストラップ

出歩く時、スマホパジャマポケットに入れていたが、ふとした拍子に落ちるんじゃないか不安になった。背中の痛み止めが繋がっている時は痛み止めを入れる巾着(紐が長く斜めがけにできるもの)にスマホも押し込んでいた。看護師さんにはちょっと笑われた。でもあのスタイル超便利だったな……ロッカーの鍵も入れてたし……。痛み止め取れた後も巾着は残してほしかった。

■ あればさらに快適に過ごせたかもしれない

クリップボード

入院中は毎日ごはんをどのくらい食べたか」「水はどのくらい飲んだか」「お手洗いに何度行ったか」を記録する必要があった。用紙はクリアファイルに入れておいたんだけど、書く度に出してしまってを繰り返すのはちょっと面倒だった。

ドライシャンプー

シャワー解禁があと半日遅れていたら、なんとしてでも髪を洗おうとしたと思う。髪、想像以上にベタつくし重くなる。

■ なくても別に困らなかった

上着(パーカー類)・靴下

春だったので特に寒いと思わなかった。

ハンガー

備え付けのハンガーで十分事足りた。

・S字フック・洗濯バサ

巾着のところで書いた通り、洗ったものは巾着に入れてくくりつけて干したので「何かを引っ掛けたい」と思う場面がなかった。

ウェットティッシュ・汗拭きシート

病室には手洗い場が備え付けられていたし、看護師さんが毎日蒸しタオルを持ってきてくれたので使う機会がほとんど訪れなかった。

ペットボトルに取り付けるストロー

起き上がらずに水を飲めるから便利という体験記を読んで買っていったが開封もしなかった。起き上がれない時は水も禁止されてたし、飲めるようになる頃には問題なく起き上がれた。これが一番の想定外かなぁ。

スーツケース用の鍵

事前の説明では「鍵をかけられる小さな引き出しがある」としか言われなかったので、引き出しに入り切らないが盗まれたら困るもの管理する目的で持っていった。しかし引き出しは十分に大きかった(Switchをケースに入れた状態しまっておけた)し、引き出しの他にも高さ1m×横20cm×奥行き50cmほどの鍵付きの棚があったため使う必要がなかった。

こんな感じです。参考になるといいなぁ。ともかくみんな健診には行こうね。

2023-04-25

大腸がんになった男の一人語り

経歴

27歳。国立経営学部卒業新卒食品メーカー就職

大腸がんに気がついたきっか

3ヶ月前のある日、職場エレベーターに乗っている最中ひどい貧血立ちくらみ吐き気に襲われた。昼休みだったためしばらくオフィス椅子で休んでいると20分ほどして回復した。

その日の帰りに、2ヶ月前にも一度仕事帰りに貧血立ちくらみ吐き気に襲われたことに気がついた。

色々ネットで調べていたところ、大腸がんの症状が自分に当てはまった。

自分の症状

・二週間に一度のペースで下痢気味になることがある。特に週末。

体重減少。社会人になって、一人暮らしを始めて食事がお粗末になったことがきっかけだと勝手に思い込んでいた。

お腹のはり。

・頻繁なゲップや屁。

そして先述の貧血立ちくらみである。血便はないが全ての患者に現れるわけではないそうだ。

年齢、血の繋がった家族や親戚にガン罹患者がいないことなから最初は信じられなかったが、大腸ガンについて色々調べていると日本を含む世界中で二十代や三十代の大腸ガンが脅威的なほど急増していることを知った。

対応

すぐに病院受診することも考えた。

しかし、もし進行していたらと考えたらいけなくなってしまった。病院のベッドに縛り付けられ、腹を切り開かれ、その後効くのかどうかもわからない抗がん剤抗がん剤毒物と呼んで使用禁止を呼びかける医師がいることも知った)を投与されボロボロになって死ぬ担当医は高級キャバクラで俺が死んだことを電話で聞かされ「あーそう。死んだか。はいはい。忙しいから後でね」と電話を切って再び女の子口説き始めるんだろう。

仮に進行していなかったとしても、退院後一生再発の恐怖に怯えながら生きることになる。

また病院のベッドで弱っている俺を女手一つで育ててくれた母に見せたくない。

そう考えた結果、「もうあと一瞬で死ぬ」という所まで放置することに決めた。これから段々症状の悪化や痛みに苦しむのかもしれないが、俺が耐えれば良いだけだ。

「倒れたと思ったら、すぐに死んだ」

その方が母の心の傷も悲しみも少ないかもしれない。

これからのこと

大腸ガンが発覚するまでは「これから先も毎日仕事して、彼女ができて、結婚して、子供が産まれて、あっという間に年取るんだろうなあ」なんて考えていた。しか現実は違った。俺は年を取る間もなく死ぬ

日常も将来も一気に崩壊した。とりあえずその時が来るまでは周りを心配させないように元気よく明るく生きていこうと思う。

2023-03-30

俺の不具合

疲れが溜まってくると色々起こる

 

自分の手が自分の手じゃないような気がしてくる

・胃のあたり、肋骨、脇の下、指に神経痛が走る

立ちくらみ、起立性のやつ

・焦点が合わない、これこの前病名見つけた

人差し指がガサガサしてくる

・腰〜太ももが痛い、痛さは3種類くらいある

閃輝暗点

・食欲がバグる

・謎の胃痛が起こる、多分胃じゃなくて胆のうだと思う、薬もらったので3割くらい改善する

下痢胃痛

・爪の皮がささくれる、なくなる

ハラハラ・ドキドキする

・壁を殴る

・死にたくなる

2023-02-16

立ちくらみを起こす、とくに風呂上がり

貧血の症状だ、最近出てなかったのに

鉄分サプリで長年の貧血が治ったのが半年ほど前

治ったので高容量の鉄分サプリはやめてマルチミネラルサプリを今はとってる

マルチミネラルサプリでも1日の必要量はとれてるはずなんだがなあ

立ちくらみや唇の血色の無さなど、貧血状態に戻っている体感はあるので、まあ不足してるんだろうな

また鉄分サプリ飲み始めるか

2023-01-16

コンタクトレンズ使ってる人ってすげえよ

あの、目の中に物を入れるという行為を難なくやってのけるのがすごい。


こう書くと、いやいやそんなもん慣れですよとか、むしろ出来ないんですかと思われそうなので私の体験談をここに書いておくことにする。


結論から言うと、私はコンタクトレンズを使おうとして失敗した。

それもド派手に拒否反応を起こした。病院で昏倒したのだ。

医者曰く、そういうケースは実際あるらしい。が、数十年感生きてる間にそういう話を一度も聞いたことがなかったので、本当かはわからない。

が、現に自身はそうなったので、信じられないかもしれないがそういう例は確かにあると自信を持って言える。


自分メガネ必須というほど視力が悪いわけでもないが、ないと確かに困るな、ぐらいの目の悪さである

裸眼視力はおそらく0.4ぐらいで、このぐらいだと「造形や物の種類は特に問題なく把握できるが、文字を読みにくい」ぐらいの感覚である

コンタクトにしようと思ったきっかけも些細なもので、食事の時にいつもメガネを外してるのでその手間を無くしたい、ぐらいのものだった。

まああとはメガネが無い方が良いよと言われたというのもある。

今思えば目薬すらまともに差せないぐらいビビリなのにコンタクトはなんでできると思ったのか、割と不思議である

もっとも、コンタクトができない人がいるなんて勿論思ってなくて、それこそ「そんなもん慣れですよ」と漠然認識していたかなのだが。

そんな軽い気持ち眼科に行き、一通り検査を受けた上でお医者さんから軽く話を聞く。

そこで言われたのは「着用練習を行うこと」、「それが終わらない場合処方箋を出せない」ということ。

練習があるなんてありがたいと思ったし(自分でできるわけないので今思えば当たり前なのだが)、処方箋が出ないケースなんて目の病気とかそういうのしかないんじゃないか?と思っていた。

検査自体は終わっていて特に問題もなかったため、これでコンタクト生活できるな~~、などと浮足立っていた。


その後、案内されて着用練習を開始した。

コンタクト現物を見て初めて知ったのだが、液体に浸された状態コンタクトが入ってる。

まずそこでカルチャーショック。薬の梱包程度のものだと思っていたので、随分とガッチリしてるな……と思った。目に入れるものだと思えば至極当然だけれども。

で、コンタクトを容器から取り出すのだけれど、これがまた難しい。

これまた当然なのだコンタクト無色透明なので、液体の色と同化してそもそもコンタクトがどれかを認識できない。

よくよく見ると縁が若干青いことに後から気づいたが、すくいだすことに必死でやってる最中には気づかない。

私はまだ裸眼視力がそこそこあるからいいが、0.01とかの人ってこれ見えるのか……? と感じた。

まずそこで結構時間を食った。実際の所要時間は分からないが、体感15分ぐらいは格闘してたんじゃないか……と感じるぐらい難しい。

その次に、目にコンタクトを装着するステップに移る。

右手左手で目をかっぴらきながらコンタクトを眼球の上に載せる、というただそれだけの作業が全く出来ない。

まず右手中指であっかんべーみたいな形を取る。これはまあいい。

その後、左手で右目の瞼を全力で引っ張り上げる。ここが難しい。

元来目を開かないタイプの人なので、目を開こうとしても瞬きをしたくなってしまう。

そこで格闘した後、コンタクトを目に近づける。これがまた怖い。

どうしても瞬きをしてしまうし、瞬きを抑えたとしても今度は顔が微妙に逸れてしまう。本能拒否しているんだろうなと感じた。

見てくれている看護師さん(かは分からないが、そう呼ぶことにする)も根気強く教えてはくれるが、なかなかその通りできずにいる自分に不甲斐なさを強く感じる。

途中コンタクトを床に落としてしまい、そこでもまた申し訳ないゲージが溜まっていった。


……体感では1時間にも2時間にも感じる無限の格闘の末、ようやく装着できた。

初めてのコンタクトレンズは、目に完全にフィットして違和感もなく………ということはなく、普通に違和感があった。

なんというか、こう、目にホコリが入ったとき感覚が常時続くような感じ。異物感がすごい。

異物が入ってるのだからそれが正常なのだけれど、どうにも気持ち悪い。

必死で慣れようと意識した瞬間に、どんどん気分がボーッとしてきて、立ちくらみの時のような感覚に襲われ……



転倒した。尻もちをついた瞬間に、自分椅子から転げ落ちたことを認識した。



そこからはまあお医者さんが慌てて出てきて安静にしてくださいと言われながら状況見聞された。

多分すごく周囲の注目を集めてたんじゃなかろうか。あまりに小っ恥ずかしくて開口一番出た言葉は「ごめんなさい」だった。

から見ても恥ずかしさで参ってるように見えたのだろう、たまにあるケースだから……!と何度も言われた。

まさかコンタクトレンズときで倒れるなんて思ってなかったので、自分自分にびっくりしていた。

そして起き上がれることを確認したのち別室に連れて行かれ、そこで10分ほど横になった。

寒いからか、自分への不甲斐なさかわからないが、体が妙に震えていたことを覚えている。

医者からは「今回は処方箋を出すことはできないが、次回以降でリベンジすることはできる」と言われた。

ここまで覚悟必要とも思ってなかったので、もう生涯眼鏡生活でもいいやと思い、今に至る。


という経験を踏まえて言うと、コンタクトレンズ使ってる人ってすげえよ。ほんとに。

使ってる人は誇りに思って生きていいと思うよ。マジで

2022-12-11

+1

東京長期滞在者 30代男性 陽性有症状 ワクチン未接種

12月7日23時頃 鼻奥に違和感を覚える。明日葛根湯を買いに行くと決意

12月8日17時頃 葛根湯買ってご満悦。某セールカツ丼食べてご満悦。ハッピーデイ

12月9日 休みなのでゴロゴロ

12月10日7時頃 寒い中出勤してると妙に冷えを感じた

同8時頃 痰が絡むようになる

同9時頃 まともに喋れねえ、ので早退。途中でうどん啜る。帰ってから昼寝

17時頃 多分熱が出てきたので検査必要を覚える

ちなみに2022年12月11日現在検査無料公費検査)は都民に限る

都民検査キットの無料送付もしくは指定病院での配布を受け取るしかない(両手段合わせて2回まで無料

自費検査とか阿呆らしいのでやらない

同19時頃 病院にて抗原定性キットを貰う。帰るのダルかったので(非公開)でコッソリ検査、陽性発覚。陽性者登録センター申請

20時頃 登録承認HER-SYSに入力。ここらへんから嚥下痛が辛い。睡眠

12月11日0~5時頃 やたら頻繁に目が覚める。買い置きのレトルト卵がゆが不味くて萎え

10時頃 ラクアイスおいしい

同15時頃 嚥下痛マシになってきた!

17時頃 嚥下痛つらいつらいのじゃ……。栄養足りなくなるとめまい立ちくらみがでるのじゃ

同22時頃 身体動かそうと散歩したら息切れ意識が飛びそうに。葛根湯嚥下痛が収まったのでラーメンライス(在宅)食べた

ところで体温が書かれてないのはなんでかって?

フフッ、体温計持ってないんだ

12月12日6時 起床。嚥下痛変わらず。脳がクリアになった気がする

10時頃 気のせいだった。手の操作がおぼつかない

同14時頃 ワイ天才通販で体温計を注文する一手を繰り広げる。コロナ界の覇者への第一歩へ

17時頃 なんか息苦しくなってきた。ちなみに支援物資パルスオキシメーターは受け取ってないのだ。家主にバレたら関東所払いなのだ……。

23時頃 嚥下痛慣れた。一時咳が止まらなくなるもの睡眠姿勢改善で解消

12月13日7時 夜寝ていられるようになった

17時頃 相変わらず咳は止まらず。鼻水が出るようになった。熱っぽさは継続

12月14日7時 目が覚めた瞬間は熱無いなて思ったのに、起きたら熱を感じた。咳。体温計到着

20時頃 初体温測定~~37度!!

12月15日9時 36.2度。この戦い終わったのか? 咳は出る

2022-11-19

コロナになって治ったけどその後もしばらく色々しんどかったけどなんとかなったという話

7月の末に新型コロナウイルス感染し、そのときの症状自体は数日で治ったんだけど軽め?の後遺症っぽい症状が数ヶ月続いて、それだけでもめちゃくちゃ辛かった、もっと辛い人もいるんだろうと思うけど、自分くらいの後遺症レベルでも割と仕事生活に支障があって困ったという話。当方20代後半、関東一人暮らしホワイトカラー会社員

ざっくり時系列

という感じで、ざっくり2ヶ月くらいは後遺症っぽい症状のせいでかなり厳しい状態で、これが一生続いたら辛すぎる……と思っていたんだけど、なんとか元の状態にかなり近づくことができている……ように感じる。環境要因とか運みたいなのはとても大きかった感じもしていて、職場マネージャーにもかなり恵まれていたと思う。これは感謝してもしきれないくらい。

仕事の話しか書いてないけど、仕事調子悪かった時期は休日もあまり身動きができず、家にいたところで頭も回らないので何もできなくて、公私ともに2ヶ月くらいは無駄にしたというかドブに捨てたというか、そんな感覚が強い。無駄にしたのが2ヶ月くらいで済んだのは幸せなのではないかという感じもする。

これが本当にコロナ後遺症だったとして、症状の強さや期間はかなりばらつきが大きくて、かつどういう要因でそれが決まるのかもまだあまり判明していないという印象もあり、とにかく俺の場合はこうだったぜという話しかできないんだけど、8月自分になんかアドバイスできるとするなら、マネージャーやまわりの人にとっとと相談しようということに尽きると思う。一方で、抑うつ的な気分になっているときにそういう判断ができたら苦労しなさそうでもある。辛さがピークだったころはもうかなり耐え難くて、貯金失業保険で食いつなぐとしたらどれくらい持ちそうかみたいなことを考えて、普段だったらスプレッドシート上で皮算用をするようなところ、それをやる気にすらならず寝ていたという感じだった。自分一人暮らしなので寝ているだけで済んだけど、これで小さい子供がいたりするとどうなるのかとかはちょっと想像がつかない。

コロナ後遺症は、コロナ発症してすぐの人にされているような積極的支援はまだあまりメジャーではなくて、だいたいどの自治体最初に診察をしてくれるクリニックの一覧を提供しているとか、相談窓口があるとかという感じだと認識している。結局そういう公的支援医療には頼らずじまいで今になってしまったけど、自分場合は症状そのもので困った以上に、症状・体調によって引き起こされている事態や、それによる不安に強く引きづられて冷静な判断ができなくなっていたのかなと思う。症状が出ていることが根本原因だろうということは明らかなのでそうなるのは今思えば不思議な気はする。

もし職場とか身の回りにこういう状況になっていそうな人がいたら、願わくばサポートしてあげてほしいと思うんだけど、君コロナ後遺症でしょ手伝うよみたいな感じでやりとりされたりすると余計凹みそうな気もするし、なんかこういうのはどうしたらいいんですかね……。まあ体調どう、みたいなところから話していったらいいんだろうか。はてな匿名ダイアリーってサイトでこういうエントリを読んでね……、みたいな話をしてもらえると良さそうな気もする。よろしくお願いします。

2022-10-29

anond:20221029003444

ホエー豚

そんなきついんやな

一時期調べたことあったけど

まあ別の処方薬ODして救急搬送されたが

胃洗浄したら当日にはもうしんどさはなくなってたな

すげー立ちくらみと冷や汗みたいなのがすごくて最終的に意識もうろうとしてた

でもあれ放置してたら死ねたのかなとも思う

2022-10-26

初めてうんちもらした 

ワロタ

突然おなかいたくなって、

つり革捕まってるのにかくんかくんして、

立ちくらみがして、

うんちもらした

しょうがないよこれは

一瞬だった

必死に途中で降りて

といれなう

初めてうんちもらした 

ワロタ

突然おなかいたくなって、

つり革捕まってるのにかくんかくんして、

立ちくらみがして、

うんちもらした

しょうがないよこれは

一瞬だった

必死に途中で降りて

といれなう

初めてうんちもらした 

ワロタ

突然おなかいたくなって、

つり革捕まってるのにかくんかくんして、

立ちくらみがして、

うんちもらした

しょうがないよこれは

一瞬だった

必死に途中で降りて

といれなう

2022-10-12

自律神経失調症って判断しづらいの?

1.めまい耳鳴りのするときが多い。

2.または立ちくらみをよく起こす。

3.胸が締め付けられる感じがする。

4.または胸がザワザワする感じが時々ある。

5.心臓がいきなり早くなったり、脈拍が飛ぶようなことがある。

6.息苦しくなるときがある。

7.夏でも手足か冷えるときがある。

8.胃の調子が悪いときが多い。(お腹がすかない・胸やけなど)

9.よく下痢便秘をする。または便秘下痢を繰り返す。

10.肩こり腰痛がなかなか治らない。

11.手足がダルイ時が多い。

12.顔だけ汗をかく。または手足だけ汗をかく。

13.朝、起きる時に疲労を感じる。

14.気候の変化に弱い。

15.やけにまぶしく感じる時がある。

16.寝ても寝ても寝たりない。

17.怖い夢をよく見る、または金縛りにあう

18.風邪でもないのに咳がよく出る。

19.食べ物を飲み込みつらい時かある、喉に違和感がある。呂律が回らない時がある。

これらが自律神経失調症の特徴だって言うんだけどさ…

この項目で3個以外全部当てはまって、もう立ってるのも辛いくらいだったか内科に行ったの。

検査では『異常なし』で医師判断

診察中もずっと腹が痛くて、ふらついてて、呂律は回らないわで、トイレに行ったり来たりしてるのに異常なし。

医師は『気の所為』って言うんだけど、これだけ症状が出ていてトイレにも何度も駆け込んでいるのに異常なしって言われてさ、

神経科心療内科に行ったほうが良いですか?って聞いてみたら(普通内科で異常がないと、そっちを案内するらしい)

「行ったところで無駄」って言われてさ、じゃあこの辛さはなんですかねって言い返したら「体調が悪いと勘違いする人は多いからね」って言い切られた。

この医者駄目だ…って思って、他の内科に行ったんだよ。

直で神経科とか心療内科へ行ったほうが良いと思う人もいるかと思うけど、内科で調べた上で案内されたほうが良いみたい。

夜間医療相談でも、そういう説明があった。

で、行った先の病院医師から自律神経失調症かもしれないね」と説明があって、だけども「言い切れないなあ」とも言われた。

ただ、診察中も何度かトイレに行っていたりしたのをよく見ていた先生で「大丈夫?」と声をかけてくれたりと、一つ前に行った病院と雲泥の差の対応をされて嬉しかった。

結局、内科だとお腹の薬やビタミン剤くらいしか出せないから、メンタルはなんともできないし、身体症状改善するくらいしかできないかもねって説明があった。

それで心療内科に行ってみたんだけど、やっぱり自律神経失調症『っぽい』って診断だった。

なんかこの病気って、はっきりしない診断結果になりがちっぽい?

体ははっきり症状が出ていても、それが自律神経と言い切れないみたいなところがあるから

二度目の内科心療内科曖昧になってるのかなって。

まあ、どちらにしてもかなり具合が悪くて本当最悪。

基本的メンタルは強い方で逆境にも負けない考えしか持ってない自分なんだけど、この体の辛さは結構気持ちにクルなぁ…。

2022-09-04

人生で一度だけ浮気した時の経験

本命の人と距離を置いてて、街コンで会った人と付き合った

いい人だけどやっぱり本命の人がいいかもなと思いつつ、告白された時は良く見えたし付き合えば好きになれるかもと思った

でもキスされたとき全身から汗が噴き出すような感覚になって(普通キスです)

ひどい立ちくらみが起きて息苦しくなって暫く寝込んだ

本命の人とは距離置いてたって言っても付き合いながら両方と会ってたんで浮気二股?だとは思う

なんかあんま向いてないんだなと思ってその後別れたけど

未だに本命の人と結婚できないし

かといって他の人とは上みたいなのになって付き合えないし

本命の人に呪われてんのかな

幸せにならせてくれよ…

2022-07-04

おばあちゃん死んでくれ

頼むからおばあちゃん死んでくれ。

死んでくれたら、おばあちゃんの住んでた部屋が空く。

そしたらそこに私が行ける。きっとおばあちゃんより広く有効に使える。

死んでくれたら良いことしかない。

おばあちゃんが居なくなること。

それはとっても良いことだ。

おばあちゃんアル中で酔っ払って毎日リビングにやってきて暴言を吐きにくる。

殴られたことは今までないけど、言葉で沢山殴られてきたので、とっても殴り返したい。

物理的な暴力振るわれないだけ、むっちゃ運がいい家だけど。






アル中とかって、普通それはおじいちゃんとかの役目だとか思うかもしれないけど、うちではおばあちゃんだ。


おばあちゃん言葉暴力毎日お母さんは泣いていて、私が幼稚園児の頃からずっとお母さんを慰めてきた。慰めてきたって、言い方は変かもしれない。

なぜならおばあちゃん言葉

「孫(私)はどうして勉強も何も出来ないの?それは母親のせいじゃない?」

あんたは母親失格」

家事育児ちゃんとやれ」

「出来損ないの親と子」

あんたはまだまだ子供なんだから子育てなんて出来るわけない」

「情けない」

「親子共々恥ずかしい存在

あんたは何も出来ない」

「いっちょ前に化粧とか色気付きやがって」

調子に乗るな」

と、出来ない子であった私の存在文句をお母さんに言うことがかなりあったのだ。

おばあちゃんが真に責めるべきなのはお母さんじゃなくて、生まれた私だったのに。

私は勉強運動も何も出来ず、かなりインドアだったし、普通の子がやれることの大半が出来なかったダメな子だ。小学校から高校までずっと先生友達迷惑を掛けていた。

なんか、どれだけ努力しても上手くいかないことが沢山あったのだ。すご〜いダメな子だった。

そのせいでお母さんに一番迷惑が掛かってしまった。

ダメな子を産んだ責任は親に行くので、全部お母さんが責められていた。

私のせいでお母さんが苦しんでる。

お母さんは働いていて、家事育児仕事も全部やらなくちゃいけなかった。

やること全てが終わってヘトヘトな夜の頃におばあちゃんがやってくるのだ。



その時だけおばあちゃんは酒の力で化け物に変身する。言葉も通じない、人を何とも思わない、相手が涙を流したところで止めるつもりもない、とにかく叫びたい化け物になる。ゴジラに一番近い存在となるのだ。

お母さんは長女ですごく真面目で、きっちりとした性格だったから酷い言葉も全部正面から受け止めてしまうのだ。

(ちなみにお母さんの妹のおばさんは家出をしておばあちゃんを住まわせる責任から上手く逃げおおせることに成功していた。)

おばあちゃんが暴れきって部屋に戻った後、私は項垂れているお母さんに対してごめんなさいと謝ることしかできなかった。

お母さんがその都度、泣き腫らした目であんたは悪くないよと言ってくれるのが凄く辛かった。

お母さんは強かった。おばあちゃんみたいな化け物になるのが嫌で、精一杯私に優しくしてくれた。

でも、散々暴れ回ったおばあちゃんが満足して部屋に戻ると

立ちくらみストレスで倒れたお母さんが

わたし、どうしたらいいの」と言うのだ。

私は、何も言えず、やっぱり「ごめんなさい」と言うしかなかった。

たまにお母さんは耐えきれなくなって、私を連れて首都高ドライブに行った。2人きりの空間の中で、「一緒に死のうか」と言うのだ。その言葉は、何度言われても慣れる気はしなかった。

夜になると居酒屋から帰ってきたおばあちゃんがいっつも罵詈雑言飛ばしてくるので、いっつも私は泣きながら頼むからもう部屋に行ってくださいと懇願していた。

気がつくとお母さんは適応障害になっていた。

なんか食後に沢山薬を飲み始めていた。

おばあちゃんが叫ぶ罵声のせいで近所中に私の家はヤバい家っていう思われちゃっているので、近所のおばさんやおじさんによく指をさされていた。

喧嘩があった次の日に登校する時は近所のおじさんが半笑い大丈夫?と声を掛けてきてくるのが凄い嫌だった。

私はおばあちゃんと言い争った次の日は、いっつも泣き腫らした顔で登校していた。

その度友達に「太った?」とか、「腫れててキモいよ」とか言われるたびに屈辱的な気分になった。

くっそー。全部おばあちゃんのせいだ。

アニメとかドラマかに出てくる無償の愛を持つおばあちゃんという概念を信じることは出来なかった。

あと、おばあちゃんはとにかく家を汚す。食器も油まみれだし、土が付いたスリッパで平気で風呂場とかリビングを汚すし、掃除はしないし、とにかく最悪だった。

私の容姿や体型に文句は言うし、買ってきた物とかにも小言は挟むし、勝手に財布の中身を見るし、私の動向を四六時中監視するし、部屋も無断で入ってこっそり調べられるし。趣味や見ているものにさえ口出しされるし。

とにかく自分の思い通りにいかないと気が済まなくて、自分が好きなことじゃなくて嫌いなことしかさないし。私もお母さんもみんな自分支配下に起きたくて仕方がない性格してるし。

おばあちゃんのささいなダメなところも全部嫌いだった。家で一番広い部屋を使ってるし、私は独房みたいに狭い部屋だから羨ましい。

因みにお父さんは居たけれど、とにかく無口で内気だったから、傷付いたお母さんのことを無視してアニメキャシャーンsinsを自室で見ていた。塩対応にも程があった。

中学の頃、お母さんが家出して、お父さんと別居し始めたので、私は2つの家を行き来する生活を送っていた。

おばあちゃんはお母さんを責めた。何故私という娘が居るのに捨てるようなことするんだと。

…………………。

おばあちゃん毎日いっつもお母さんに暴言を吐いてる間、お父さんは自分の部屋に逃げていたし、お父さんがお母さんに嫌なことをする度におばあちゃんはお父さんの肩を持ってお母さんを責めていたじゃん。

それにお母さんの家とも行き来してるから捨ててないよ、私は大丈夫だよ。

実は別居した理由はお母さんの不倫だったんだけど、私は責められずにいた。

私がお母さんの立場だったら多分自殺してると思うから。正直あん環境逃げたくなる。

私が高校に上がると母さんは新しいお父さんを連れて家に戻ってきて、またおばあちゃん暴言は復活してしまった。

でも、以前より泣くことは減ったからよかった。いやな成長を感じていた。

罵声を一番シャットアウト出来る方法は、布団の中に潜りその中で必死に頭を振ることだった。そしたら耳元で布団が擦れる音しか聞こえなくなるので、おばあちゃん罵声を吐くと私の首がめちゃくちゃ疲れるシステムが完成した。




大学入学して、暫く経ったある日、転機が訪れた。

その日は家に私しか居なかった。

ある日おばあちゃんが信じられないくらボロボロの姿で家に帰ってきた。

かに襲われたの?っていうぐらい。おばあちゃん曰く居酒屋帰りに泥酔して自転車に乗って転倒したと。

ベッドに寝かせる際におばあちゃんの腕を支えたら、ピキッという感触がした。


これは・・・・・・・・・












もしかして・・・・・・
























骨折してるかも!!!!!!!????!!!!?

































右腕が見事に折れてる!!!!!!!!!!!!!!!














どうしよう、、、、












しかたらこのまま放置したらおばあちゃんは死んでしまうかも……………

それは、

それは、…………































ラッキーかも!!!!!!!!!!!!!!!!?











だって、おばあちゃんが死んだら…………







もうリビング喧嘩は起こらなくなるし

そしたらお母さんはもう二度とおばあちゃんのせいで悲しまなくて済むし

あの嫌なガラガラ声の罵声を聞かなくて済むし

家で何をしても文句を言われることはないし

お酒加齢臭が混じった匂いを嗅がなくてすむし

次第に近所の人から変な目で見られなくなるはずだし

おばあちゃんが使ってたひろ〜〜い部屋を私が使えることになるし






うわ、うわぁ、、、、、!










このまま私がなんとかしなければ

おばあちゃん、本当に死んじゃうのか、、、、



もう80超えてるし、、、、、



信じられないくらい右腕が折れてるし、、、、、、、


死ぬ確率はあるよなあ、、、、、、、、、

だったら、、、










そんなんだったらさ、、、、、、、、、


















放置ちゃう











 










それでおばあちゃん放置して、見殺しにして、おばあちゃん居なくなったー!やったー!となる訳にはいかなかった。

いや、いくわけないでしょう。

したくても、できないよ。

骨折くらいで人は死なないし。

ほんとすぐ近くに病院があったので、緊急外来の方におばあちゃんを支えて連れて行った。

結果は見事に骨折でした。なんか腕に金属の棒入れて、一年くらい安静にしといてくださいと言われた。


そうお医者さん厳しく言われ酒を飲まなくなったおばあちゃんはみるみるうちにしょぼくれていった。

乾燥したワカメみたいな感じだった。

実は骨折するまではおばあちゃんは少しだけだけど親戚のところで働いていたのだ、けれども、今回のことでクビになった。

1日でおばあちゃんが酔っ払ってない時間の方が多いなんて変な気分だなあと思った。

酒は飲めなくなって、言いたいことも気分のままに叫べなくなって、働けなくなって、嫌いで暴言を浴びせた自分の娘からお小遣いを貰って、自分立場が弱くなったおばあちゃんの姿は滑稽だった。

ざまぁみろ!が1番に私の中に生まれ感情だった。

自業自得で骨を折ったので文句は言えないし、もうお母さんにも強く出ることは出来なくなった。


まあ、そんな立場になってもおばあちゃんの嫌なところは沢山あった。

お母さんにがんが見つかったときも、おばあちゃんはその事を1週間くらいで忘れてたりしてた。闘病中なのを知らなかった。

お母さんが「わたし、がんなのよ」と言ってもおばあちゃんは「あっそ、知らなかった」と一言で終わらせた。

自分の娘にがんが見つかったのに一言で済ませるとか、心配もしないとか、信じられなかった。

料理も作れなくなったおばあちゃんご飯を作っても「わたしこれ嫌い」とか文句を言うばっかりだし、

一言余計に嫌味を言うし、なんか最悪だった。

コロナのせいもあって家はすごい嫌な空気に包まれていた。

リハビリ中だし、おばあちゃんに出来るだけ優しく努めようとした。けれども小言とか、これまでの行動とかのせいで、優しくするのが凄く疲れた

優しくしても感謝も無い、でも文句は言われる。

な〜んか優しくするのだるいなぁ。敬老の気持ちを忘れずにいるのしんどいなぁ。

でも表面では波風立たない穏やかな時間が流れている。

もう罵声も聞こえなくなったし。

私達が「優しくするの疲れた」って雰囲気を出すと

次第におばあちゃんの纏う雰囲気が「お前らのせいでわたしは苦しめられている。虐待されている。孤独になっている。私はお前らにひたすらに虐められている。」って変わってしまって。もう、おばあちゃんがどう私達を思ってるのか、肌で感じる。

ごめんね、お酒飲みたいよね、居酒屋行きたいよね。

ストレス溜まってるよね。好きでもない家族と一緒に居てさ。







私はたまに








あの時、見殺しにしたらどんな未来が待っていたんだろう。






と思う。



おばあちゃんの居なくなった未来はきっと素敵なんだろう。



解放されて、やっと家族ひとりひとりが自分自身のことを考えれる時間が訪れるのかな。





どうなんだろう。





からでも殺してみる?




例えば、餅を食べさせて喉に詰まらせてみるとか。



寝てる間にこっそり冷房切って脱水症状起こさせるとか。



もう無理やり家から追い出して、姥捨山に捨ててみちゃう





もう82歳だし、いけるかもよ?











無理




絶対無理

   






殺せる訳ない















私も、お母さんも、おばあちゃん家族だし



一応、腐っても、家族ってやつだし






サマーウォーズとか、ドラえもんとかそーゆーキラキラした家族の絆とは全然違うものだし、むしろ呪いに近いけど




むっちゃ家族なんよ。

死ぬ程これまでさんざんおばあちゃん悪口書いたよ。

全部事実だよ。

クソサイテーなババアだよ。

今でも罵声が頭から離れなくなる時あるよ。

もうお酒飲まないでって泣きながら沢山懇願したこと忘れられないよ。




でも…………….でもさあ、

もう死んで欲しいけど。おかしいよなぁ。嫌いだし死んで欲しいけど大好きだよ。おばあちゃんが居なかったらいま私生きてないよ。

お母さん産んですぐおじいちゃん死んじゃってさぁ、おばあちゃんも娘2人のために必死で働いてたことお母さんから教えられたもん。

仕事ストレスで飲み始めたことも知ってるよ。

お母さん仕事で帰るの遅いし、中学からはおばあちゃんとほぼ二人暮らしだったし、毎日ご飯作ってくれた。肉じゃが味噌汁牛肉ごぼう甘く煮たやつとか全部好きだった。

学校で上手く行ってないときとか、お母さんとお父さんが大喧嘩する度におばあちゃんは部屋で私を慰めてくれた。初めて買ってくれた財布は今でも使ってるし、沢山買ってくれたものある。

未だに抱き締めてる毛布はおばあちゃんプレゼントしてくれたものだし、たまに市民会館に映画連れて行ってくれたし、小学生になりたての頃はいっつも帰りに迎えに来てくれた。

洗濯もしてくれた、刺繍もしてくれた。

年越し蕎麦も2人で一緒に食べた、おばあちゃんの好きな70年代の曲で一緒に踊ったし、こっそり酒を飲ませてくれたこともあった、健康ランドに連れて行ってくれたし、自分が働いてる仕事あんまりお給料無いのに私に沢山お小遣いくれたし、お父さんとお母さんが離婚した時にはおばあちゃんそばに居てくれた。

お母さんが連れてきた新しいお父さんの悪口を一緒に言い合ったし、私が作ってくれた下手くそご飯を美味しいって食べてくれたこともあったし、しょっちゅうどっかに行ったし、たくさん素敵な思い出もある。写真も沢山ある、日記にはおばあちゃんのこと沢山書いてた。

サイテーだけどサイコーに良いおばあちゃんだった。



おばあちゃんは嫌い。



大嫌い。




だったのに、なんで好きなこと忘れてたんだろう。

めっちゃ私おばあちゃんのこと好きだったじゃん。


おばあちゃんは、

酒飲んだ時は最悪だし、お母さんには死ぬほど優しくしないのは事実だし、基本的性格クソゴミクズだし、老人同士の友達いねぇし、通ってる居酒屋出禁になったこと星の数ほどあるけどし、うちらに吐いた暴言とか罵倒とか、私達にしたことは心底許せないけど、

嫌な思い出も素敵な思い出も沢山あって

そんなおばあちゃんを私が殺せる訳ないよ

おばあちゃん骨折した時もすごい怖かったよ

腕触った時、折れた感触。忘れられないよ。あの元気なおばあちゃんがもう見れなくなると思ったら怖かったよ。泣いちゃったよ。

病院まで支えて歩いた時、これからどうなるんだろうってすっごくこわかったよ。








嫌いだし、大好きだし、どっちの感情も本物なのが嫌になる。こーゆー時ってさ、きっぱりと自分の思いを言い切ることが重要だと思うんだけどさ、分かんないよ。

本当に嫌いだよ、どうすればいいんだよ、つらいよ、わかんないよ、あんなに好きだったのにすぐに自分感情を忘れてしまうよ、

ほんとまじでどーすりゃいーんだろうな。

一度お母さんに、

「おばあちゃんのこと、殺してみる?」言ったら、

まず最初にそんなこと絶対言っちゃダメと私に怒って、

そのあと、悲しそうに嬉しそうに辛そうに笑って

「出来るわけないでしょ笑」

といった。

だよなぁ。

出来る訳ないよなぁ。


嫌いだから死ね。見殺し。放置

そんなん出来たら人生サイコーハッピーよなぁ。


お母さんのあの全部がこもった、笑顔が、答えなんかも。


あれが向き合い方なんかな。



…………。

はぁ。

あんなに好きだったのに、

嫌いっておもいがもう塗りつぶしちゃって


死んだら死んだで喜んじゃうよ。

私、おばあちゃん死んだら泣けんのかな

たぶんざまぁーみろって思うだろーなー。

早く死んで、おばあちゃんの部屋使わせろやーー。

私、性格悪いなあ。

おばあちゃんみたいになっちゃうのかな。

なりたくないなあ。


なるなら優しい時のおばあちゃんになりたいなあ。








…………………。


わかんねぇ。






どう思って接すればいいんだろう。

家族だりー。

2022-03-27

高所恐怖症のほんとにやばいところ

飛行機故障したらとか、

手すりが折れたらとか、崖が崩れたらとか、気圧の変化でスポッと吹き抜けの真ん中に吸い込まれたらとか、

ありもしない妄想ベース勝手に恐怖を増幅することも多い高所恐怖症だが、

1つ、起こり得る切実な問題がある。

怖すぎて足の力が抜けるから怖い連鎖、だ。

高所恐怖症人間は、これを長い上りエスカレーターとかでやる。

今ふらっと後ろに倒れたらやばい想像する→怖い→足が震える→本当に倒れそうで怖い→もっと足が震える→怖いいいいい

自分は、手の力は抜けないので、手すりに捕まってなんとか耐える。

ただこのとき、倒れてはいかん方に倒れるイメージけが増幅するんだよね。

もう、魅入られているかのように。

言いたいことがある。

バラエティ高所恐怖症を高いところに連れてくのやめて。

そのうち事故るよ。

自分なら1000回やれば2、3回、洒落にならない事故を起こすと思う。

命綱をつけているって?

バンジーの何メートル手前からつけるんだろう? つける前に、立ちくらみしてフラフラ動いてから倒れるかもしれないけど大丈夫かな? スタッフ掴んで巻き込んで落ちたら、命綱あってもやばいよね。

高所アスレチックとか、命綱のフックを自分で付け替えながら移動するじゃん。あんなん、一瞬外したタイミングミラクル起こすで。

って考えると、足の力がまじ入らなくなる。

言いたくないけど、地上では優等生でも、高いところでは急にすごいトラブルメーカーになるのが高所恐怖症です。やめたげて。

これは根性とか勇気問題ではないのです。

グループアイドルとか、一蓮托生で雰囲気作るじゃん。まじでやばいよ。

2021-12-23

anond:20211223102451

体内の水分は主に筋肉に保持されています

筋肉の少ない高齢者特に脱水症状に注意しましょう

「脱水症」とは、体内の水分が足りない状態のことをいいます。 「脱水」になると、自覚症状としては口の渇きや体のだるさ、立ちくらみなどを訴えることが多いです。 皮膚や口唇、舌の乾燥、皮膚の弾力性低下、微熱などが起こります。 そのほかに食欲低下、脱力意識障害血圧低下、頻脈なども出現しやすいです。

熱中症は、筋肉のこむらがえりや立ちくらみ、大量の発汗、全身の倦怠感、頭痛吐き気嘔吐下痢などが見られ、重い場合には意識障害や高体温などを引き起こします

厚労省が疾病の判定方法を書かないので

平民自分で調べましょう

2021-10-18

毒親改心再構築ルート(同居)選んだ人へ

から頭痛・腹痛・吐き気立ちくらみ生理不順・稀な心臓の痛み等々の体調不良がよーーくあった。

それらが結婚実家脱出で治った。

以下、毒親物理距離をとることをおすすめしたい話。

流行りの毒親と呼ばれる人に育てられた。

過保護否定パレードの母と、仕事仕事でほぼ接点のない父。

自己肯定感ZERO希死念慮パラダイス人間になった。この状況に気づいたのも22歳の時。

それまでは自分がこの世界で1番酷い人間だと、本気で思っていたから笑えん。

自分大人になって両親の事情理解できるように&親が改心すると宣言し実行。

過去は許せないが、親を捨てる決断もできなかったので、許さないわけにもいかず。

そんな中、全肯定マン恋人ができて、あれよあれよのうちに結婚

外見も性格も頑張って改善したのが報われた。

これを機に引っ越したわけですが、体調が悪い日がほぼなくて感動している。

薬と水を持ち歩かなくていいか荷物が軽い。

ほぼ予想スケジュール通りに生理がくるから、遊びの予定を入れやすい。

市販薬病院お金がかからない。

両親とも適度に仲良くできてて最高。

そもそも毎日身体が軽い!!!

毒親改心再構築ルートで完全に前向きになれない人に伝えたい。

家を出るんだ!自分感覚性格性質おかしなところがたくさんあるぞ!

生きづらいのはそのせいかもしれない!

親と離れることでハッと気づけることがあるよ、きっと!

改心した親、今がどんなに素敵でも過去過去。許せなくてOK。親と距離とったほうが上手くやれることもある。

(これから変わっていく様を傍で見ていてほしいとか言われて実家残留したの間違いだった)

不眠だけは治らん。ウトウトすると耳元で「死ね(意訳)」って声がして覚醒する日々。

これから親になる人&親にお願い。子を否定しまくらないで。

2021-10-13

もうしんどいって、ずっと言ってる気がする。

二度と陰謀論信者介護はしたくない。

一度、ワクチンを打った人間から何かが出てて体調が悪くなるから近づかないでと言われたことがある。

自分はまだだが、周りは接種が進んでいるかららしい。じゃあ自分はなんで体調不良が出ないのだ、と問うた所、「雑菌に塗れていて強いからじゃない?」と言われた。今見返しても普通にショックだ。これ、毒親と言えるのではないだろうか。

45になるおばさんが小学生に向かって「薬出して!」とヒステリックに叫ぶ姿はもはや映画のワンシーンとさえ思える。

小学生の妹は何を言われても「嫌」「出さない」と突っぱねる辺り、肝が座っているというか、自分が一番可愛がられていると分かっているというか。処世術とは恐ろしい。

薬はイベルクチン

今ググったらやっぱり副作用が出てきたらしく、妹の機転と自分の泣き落としは無駄ではなかったのだと誇らしい。

躁鬱の悪化が酷いし、ストレス立ちくらみの量が尋常じゃないし、散々だ。自分でもストレスだけでこんなことになると思わなかった。薬の話をされた日には一瞬で口内炎ができた。

毎日死にたいと思う。車が目の前を通るたび、歩道橋から下を見下ろすたび、飛びそうになる。

母親は、自分の子供の命と自分自己満、どっちを選ぶのだろう。

それが前者であってほしいと、願うのは間違いなのだろうか。

母親は、陰謀論否定するたび「いつか全部わかることだから」と話す。

そのいつかは、自分死ぬなのだろうか、死んだ後なのだろうか。

生きなきゃいけない。

次の目標は、人を動かせる様なものを作る事。

厨二病だと親に笑われた自分芸術が、誰かを動かしたと認めさせてやる事。

負けない。負けちゃいけない。死にたくない。頑張んなきゃいけない。負けたくない。

絵を描きたいから、寝る。

まれてると思うと気恥ずかしい。気持ちの吐き出し場にさせてください。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん