「キジ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: キジとは

2020-07-30

anond:20200730170810

桃太郎はな、

猿に高カロリーチーズきびだんご

キジには優しい甘さのカスタードクリームきびだんご

犬にはミンチ入り中華風きびだんご提供して契約書にサインさせた。

もちろんそれぞれブランド品だ。

良い選手は高い額で交渉しないと納得しない。

そこらへんのきびだんごと一緒にされては困る。

鬼はオウンゴールなんて絶対にしない連中だからな。

anond:20200730170810

きびだんごは桃を練りこんで作った団子であるべき

材料レアドロップじゃないのなら、犬猿キジ製造元のおじいさんおばあさんに凸すれば無限に食えるのでは

なろうの猪とか

※いつもの愚痴と不満です

  

そこそこの頻度で登場するのがこの猪である主人公狩猟され解体され食肉となる運命

大体どの作品でも一緒だろう。

なろう作品の中で狩猟されやす動物としては兎と同程度だろうか。兎の次に鳥といった所か。

一方、鹿や熊はあまり食べられない。ジビエ的にはもっと出てきてもいいのではないかと思うのだが

頻度は極端に少ない。

  

狩猟後、多くは解体講座があり、血抜きだとか熟成の話などが出てくる。なろう作品を沢山読むと

たかこの展開と言いたくなるものだ。異世界の猪が現実の猪と同じようには思えないのだが、とり

あえず猪である

※馬の時も書いたが現実とほぼ同じ生命体がでてくるところはやはり違和感がある。

  

筆者としては、主人公が猪を狩猟出来るようになった頃で、比較的満足してしまうところがある。

貴重なたんぱく質が定期的に摂取できるようになるということにどこか安心してしまう。

しかし不満と言えば、猪を狩猟し過ぎなのではないのかと思うところだろうか。実力を身に着けたと

思ったら、ガンガン狩猟していくので、ここが少し恐ろしく感じる。生態系が崩れるのではひやひやしてしまう。

  

日本での狩猟冬季限定だが、そのようなことを考慮するとやはり狩りすぎではと感じてしまう。

もっとも、数が増えすぎたとか狩猟できる人が少ないという理由であれば、もっと狩ってもいいとは思えるが

そういう狩猟生業としている者も多いので、主人公けが狩っていいわけではないのではと思う。

  

そして狙ったように猪。狩るのは猪。鹿や熊などもっと狩猟して欲しいし、狸だって食べられるだろう。

このように思ってしまうのは筆者は「ハントクック」というアプリプレイしていたのだが、この作品

鹿や熊や、ラクダやらバイソンやらそしてワニやらピラニアまでを狩猟するというのがあったので、

このくらい幅があってもいいのではと感じてしまうのである

  

猪か、やっぱり猪か、また猪か、そんなに好きなのか猪。もういいよ猪は。なんてなってしまう。

兎についても割としつこい気がするが、猪の解体は読み飽きてしまった。

また、猪について不満を覚えるのが、どちらかというと弱者のような扱いである。

猪に体当たりされると危険だというとても当たり前のことが書かれているが、犠牲になる人は少ない。

  

もっと死者がでてもいいのではと思うのだ。というのも、なぜか、なろう作品では猪相手に近接戦闘を仕掛ける

ことが多く罠を仕掛けるとか弓矢で遠くから攻撃するといった事をあまりしないからだ。

主人公場合魔法攻撃してあっさり倒すというのもあるが、大人がいる世界で弓があるような文明なのに

どうしてそこで弓を使わないんだ!とツッコミをいれたくなる。

  

魔法一般人場合使うのに詠唱時間がかかるなんて設定があるが、なら奇襲をしかければいいだろうと思うのだが

ほとんどの場合ない。しかし何故か猪は速い。詠唱する前に突撃される危険性があるなどと言われて魔法は役に立たない

という扱いをされることがある。

声を出さなければいけないので位置がばれると言うのであれば、それこそ森なら木の上にでも登ってそこから魔法

唱えればいいだけの話では?などと思ってしまう。

  

異世界なのだから基本的に禁猟法などは存在しないだろうから、やれることはやるべきではと思ってしまう。

猪を安全に狩ろうという意識が欠如しているように思えるし、一度狩れるようになったら今後はどのようにしていくのが

いいのかというのを共有するべきではないかとも思うが、そういった事を主人公主人公の周囲は特に何もしない。

主人公が狩れるからいいよねみたいな感じで話が進む。筆者はそこが気に入らない。主人公がいなくなったらどうるすんだと。

  

ギルド受付嬢「本当にワイルドボア(猪)を倒したんですか!?

主人公はいたまたまですが。これが証拠です」

ギルド受付嬢「こ、これは、本物です!凄いですよ主人公さん!期待の新人ですね!」

ざわ…ざわ…

  

幼い主人公が猪を倒すとこういう展開などになることが多い。(猪以外も多い、というかこの場合ドラゴンが多い)

筆者はこのような展開で、主人公評価されていく一方で、無謀な猪狩りが大量発生するのではないか危険視している。

自分でもできると思いあがった者が多いなろう世界住民ではそのような事態が起こり得るだろう。

それなのに、受付で、ワイルドボアを倒したんですか!なんて叫びだされることがみんな馬鹿なのかと思ってしまう。

  

狩猟は命の危険があるんだということを口を酸っぱくして言い聞かせなくてはいけないだろうに、それはどうなのか。

若い命を散らすことにもなるかもしれない。新人を讃える前にやるべきことがあるのではないかと思ってしまう。

猪がどれだけ危険なのか分からずに、年齢1桁代の子供がやみくもに突っ込んで死にましたではお話にならない。

そもそも猪だけでなく兎だって危険動物でもあるからだ。

筆者は10歳の時に北海道で兎に左腕を噛みつかれて大量出血したことがある。猛烈に痛かった思い出が残っている。

大粒の涙を流して泣きわめいていたのは今でも鮮明に思い出せるのである

  

ここまで書いたが、筆者は猪や兎にそこまでの恨みはない。恨みはむしろ鳩にある。

異世界に鳩がいたら真っ先に駆除しまくることを決意しているくらいには鳩に恨みがある。

先日、キジバドがうるさいという増田があったが、あれと同程度、いやそれ以上にキジバトに、そしてドバトにも恨みがある。

猟友会に片っ端から駆除を依頼したいくらいである。

  

余談だが

筆者の母も「エアガンであのハトどもをみなごろしにできないの?」というくらい過激思想を持っている。

筆者の祖父は猪に畑を荒らされたので、生かしてはおけないという程度の思想を持っている。

まぁ、そんなところである

  

貴族編  :ttps://anond.hatelabo.jp/20200706225819

王族編  :ttps://anond.hatelabo.jp/20200707102749

奴隷編  :ttps://anond.hatelabo.jp/20200707174539

竜編   :ttps://anond.hatelabo.jp/20200708062743

商人編  :ttps://anond.hatelabo.jp/20200708131233

馬編   :ttps://anond.hatelabo.jp/20200708203845

獣人編  :ttps://anond.hatelabo.jp/20200709092800

エルフ編 :ttps://anond.hatelabo.jp/20200709173538

勇者編  :ttps://anond.hatelabo.jp/20200710134123

ドワーフ編:ttps://anond.hatelabo.jp/20200710201957

神編   :ttps://anond.hatelabo.jp/20200711222724

悪役令嬢編:ttps://anond.hatelabo.jp/20200730063046

2020-07-28

職場にGが出た

同僚のボックスティッシュの中から\コンニチハ/

なんやかやあって叩きのめした後にガムテープでぐるぐる巻きにしてゴミ箱へポイした

G登場の次のシーンでゴキジェット目掛けてダッシュできた自分を誉めたいと思う

とてもえらい

2020-07-25

anond:20200725193857

ゴキブリには慣れてきたがアシダカグモはだめだ。

小さいやつですらゴキジェット耐性が強い。

至近距離10秒噴射しても風圧で丸くなってるだけで、噴射を止めるとすぐに走り出す。

なんなのあれ。どうすれば勝てるの。

キジも鳴かずば撃たれまい」

人気タレント政治発言せずば焼かれまい。

政治的に正しい発言」のみを深刻ぶったドヤ顔披露しておけばよかったのに。

2020-07-24

anond:20200724102551

昔々あるところにおじいさんとおばあさんが住んでいました。

おじいさんは山へ柴刈りを自粛、おばあさんは川へ洗濯自粛、大きな桃は流れるのを自粛しました。

自粛で暇を持て余した二人は濃厚接触。めでたくご懐妊しました。

「まずいところに来てしまったと後悔してもらうようになれば良い」そんな思いを込めたかはわかりませんが桃太郎と名付けました。

大きくなった桃太郎はある日「Go To Travelキャンペーンでお得だし、鬼ヶ島へ行って、わるい鬼を退治します」と言いました。

おばあさんに手作りマスクを貰うと鬼ヶ島へ出かけました。

旅の途中で、イヌ出会いました。

桃太郎さん、どこへ行くのですか?」

「とりあえずマスクをしてくれ」

イヌマスクをもらい、桃太郎のおともになりました。

そして、こんどはサル出会いました。

桃太郎さん、どこへ行くのですか?」

「頼むからマスクをしてくれ」

「それでは、お腰に付けたアベノマスクを1つ下さいな。おともしますよ」

そしてこんどは、キジ出会いました。

桃太郎さん、どこへ行くのですか?」

「😷」

こうして、イヌサルキジの仲間を手に入れた桃太郎は、密です。

鬼ヶ島では、鬼たちが近くの居酒屋で、酒盛りの真っ最中です。

「濃厚接触警察です!」

イヌツイッター晒しサルは5chでスレを立て、キジはてブで叩きました。

そして桃太郎も、正義を振りかざして大あばれです。

とうとう鬼の親分が、

まいったぁ、まいったぁ。濃厚接触だ、助けてくれぇ」

と、手を次亜塩素酸水で洗いました。

桃太郎イヌサルキジは、鬼をPCR検査に送り出し、元気よく家に帰りました。

おじいさんとおばあさんは、桃太郎の無事な姿を見て大喜びです。

そして三人は、仲良くコロナにかかりましたとさ。

おしまい

2020-07-16

ドスケベ桃太郎

むかしむかし、ある口に出すのも憚られる卑猥淫靡ないやらしいクソスケベな名前がついた存在自体セックスなところに、物語の始まりから100日後にセックスのし過ぎでおじいさんとおばあさんになる予定の若い夫婦が住んでいました。

 ある淫靡まりないエロスカオスリビドー渦巻く日、おじいさんとなる予定のセクシーイケメンは大助平山へえちえちしばかりに、おばあさんとなる予定のドチャクソエロそうなギャルは感度3000倍の媚薬が溶け込む川、その名も感度3000倍媚薬川へアクメせんたくに行きました。

 クソエギャルが感度3000倍媚薬川でアクメせんたくをしていると、セクシー川上から、ドスケベンブラコ、ドスケベンブラコと、大きなしかし明らかにソエロい形をしたドスケベな桃が淫らに流れてきました。

「おっ♡おっほおぉっ♡美味しそうな桃ぉ♡持ち帰ろほおんぐぼぼぉ♡♡」

 クソエギャルは剥き出しの性器から性的な体液をびちゃびちゃとだらしなく垂れ流しながらいやらしく大きな桃をセクシーにひろいあげて、道中、獣や野盗や山賊等に襲われたり襲ったりそれを思い出しオナニーなどして計4545194回アクメしながら、ラブラブ家(ハウス)に持ち帰りました。

 そして、大助平山発情キノコを食べてバッキバキにフルボッキし臨戦態勢のままのセクシーイケメンと軽いアクメを連続してキメ続けているクソエギャルがドスケベな桃をセクシーに食べようとセクシーに切ってみると、なんと卑猥な中からスケベ元気のエロ良い男のセクシー赤ちゃん(ベイビー)と超ウルトラ最強スーパー発情催淫ガスMEGAMAX激盛が飛び出してきました。その瞬間から二人は五十日自分が何者であるかを忘れ『セックスと言うにはあまりにも交尾』としか思えぬ吐き気がするほど淫らな行為エロ続けました。エロ疲れきってエロ動けなくなった二人はようやくセクシー男の子存在に気付きました。生誕からわず五十日少年(スケベボーイ)となるまでに成長したセクシー、いえ、セクシーを超越したドセクシー男の子性器にはエロ強さがエロ満ちエロ溢れてエロいました。

「神さまが私たち子供を与えてくださっだあ゛っ~っ~っ~っ!!♡♡」

 子どものいなかったセクシーイケメンとクソエギャルが大喜びアクメすると、それに応えるように、セクシー男の子は二人を五十日間休む暇もなくあまあまえちえちに激犯し、全てが終わった頃には二人は精気を奪われすっかりおじいさんとおばあさんのようになっていました。

 あまりにもエロくあまりにもドスケベな桃からまれたドスケベな男の子(セクシースケベボーイ)を、おじいさんとおばあさんはドスケベ桃太郎と名付けました。

 ドスケベ桃太郎はやがてチンポもアナルもスケベ強いスーパースケベ男の子になりました。近隣は愚か遠く離れた村々をむらむら感の赴くままに練り歩き、穴という穴、棒という棒を犯し尽くし、エロスに飢える獣じみた性欲の矛先を求める程に成長しました。

 その頃、セックスパンデモニウム京都では超ド淫乱鬼ヶ島からやって来たわるい淫乱鬼がスケベに暴れており、ぱこぱこ略奪やずこずこ乱暴、じゅぽじゅぽ狼藉などやりたい放題にエロ暴れていました。そのえちえちな話はセックスパンデモニウム京都からスケベ遠くエロ離れた卑猥なところにも届きました。

 そしてある淫色肉情性(ドチャシコエロリビドー)溢れる日、ドスケベ桃太郎バキバキ勃起したチンポをいやらしくこすり壊れた蛇口のようにカウパー液を垂れ流しながら、耳で六つ子でも孕まんばかりのセクシーボイスで言いました。

「超ド淫乱鬼ヶ島へ行って、わるい淫乱鬼をエロ退治します」

 覚悟と決意の自慰を見届けたおじいさんは昔大助平山で拾った聖柄の太刀バイブを取り出し、おばあさんは感度3000倍媚薬と桃から精製した1日30時間という矛盾したセックスが出来る精力剤を練り込んだ発情きび団子を作りました。二人に見送られながら、ドスケベ桃太郎は超ド淫乱鬼ヶ島へと出かけました。

 淫欲と色欲と肉欲と情欲と性欲溢れる淫靡な旅の途中で、ドスケベ桃太郎ドン引くくらい発情したエロイヌ出会いました。ドスケベ桃太郎イヌは出逢って2秒で30時間交尾しました。

「ところでドスケベ桃太郎さんはどこへ行くところだったんですか?」

「超ド淫乱鬼ヶ島へ、淫乱エロ退治に行くんだ」

「それでは、お腰に付けた発情きび団子を1つ下さいな。おともしま゛あ゛おぉおおおおおぉっ♡」

 事後、イヌはきび団子をもらい、桃太郎のおともになりさらに30時間交尾しました。その姿は人と犬ではなく、二匹の卑猥な性獣のようでした。

 二匹の変態性獣は、旅の途中で無垢ショタサル出会いました。当然のように出逢って2秒で30時間三匹の獣(けだもの)は交尾をし続けました。

「ドスケベ桃太郎さんはどうしてこんな所に来たのですか?」

「超ド淫乱鬼ヶ島へ、淫乱エロ退治に行く途中だったんだ。ケツをだせ。発情きび団子を食べなさい」

「あばばばばば♡」

 そうして三匹のスケベな性獣達がいともたやすく行われるいやらしい行為に耽っている隙に、えちえちで男の娘キジ発情きび団子を盗み喰いしました。何も知らなかったとは言え、キジは素直にアクメです。すぐに三匹の色情性獣に見つかって30時間交尾するのは自然な流れでした。

「ゆ゛る゛し゛て゛え゛え゛え゛え゛♡」

「お前も超ド淫乱鬼ヶ島へ、淫乱エロ退治に行くんだ。オラッイケッ死ねッ」

「ジュポオオオオっ!!♡」

 こうして、オナホイヌオナホショタサル、クリ痴ンポキジ淫靡卑猥変態仲間を手に入れたドスケベ桃太郎は、ついに超ド淫乱鬼ヶ島へやってきました。道中四匹の獣は最低でも五万回はアクメしました。

 超ド淫乱鬼ヶ島では、淫乱ふたなり鬼たちが近くのスケベ村からぬすんだセクシーな宝物を穴という穴にブチこんだ白目ダブルピース雌ガキやごちそうを載せたアヘ顔美少年をならべて、媚薬酒盛ガンギマリ乱行パーティの真っ最中でした。

「みんな、チンポはぬけどもぬかるなよ。それ、かかれ!」

 イヌは鬼のおしりに甘くかみつきふたなりチンポを穴という穴でしごきあげ、サルは鬼のせなかをフェザータッチでひっかきましたが2秒で返り討ちあいオナ雑巾にされ、キジはくちばしで鬼の目をつつき鬼畜目隠しあまあま逆レイプ5Pえっちを楽しみました。

 そして桃太郎も、刀(チンポ)をふり回してセクシー大あばれです。雑魚淫乱鬼は全員デスアクメしました。

 とうとう全ての体毛フェチが見ただけでテクノブレイクしてしまうような容姿淫乱鬼のセクシー親分が、ぱ行しか喋れなくなるまで快楽愉悦暴力を浴びせられ、極太黒光ふたなりスケベちんぽの先、スケベな身体に不釣り合いな可愛らしい尿道に聖柄の太刀(バイブ)を打ち込まれ

「ぽぷぷぷぴぺぷぱぱぴ♡ぽぷぷぷぴぺぷぱぱぴ♡(もうゆるしてください、もうゆるしてくださいの意)」

と、手をついて土下座した後に蹴り飛ばされてアクメしてクソだらしなくてクソ情けなくてクソはしたない上にクソみっともない完全屈服の腹見せガニ股クソ雑魚ゴミカスアクメ顔をしながらあやまりアクメしました。そして尿道に埋まっていた聖柄の太刀(バイブ)がスケベ天エロ高く破廉恥な勢いで飛び出し、さっきまでセクシーに堰き止められていた性的な体液があたり一面に散らばりました。

 ドスケベ桃太郎と雌イヌショタサルとクリ痴ンポキジは、淫乱から取り上げた体液まみれのセクシーな宝物をセクシーくるまつんで、セクシーに元気よくラブラブ家(ハウス)にエロ帰りました。もちろんえちえちな道中はイヌサルキジ淫乱親分IQが虚無になるまで交尾しました。結果ドスケベ桃太郎を除く4匹の性獣はイヌでもサルでもキジでも鬼でもない、脳に快楽を伴う電気信号を流すだけのバイオ性玩具になりました。

 おじいさんとおばあさんは、ドスケベ桃太郎の無事なセクシー姿を見て大喜びオーガズムし、あたり一面に散らばった夥しい体液のせいで淫靡臭気が村々をスケベに包み込み近隣の村々の住人は一切にむらむら発情期を迎え全員漏れなく素直にデスアクメです。

 そして三人は、淫乱セクシー宝物のおかげでしあわせにIQが虚無になるまで交尾をしてくらしましたとさ。

エロめでたしエロめでたし。

※他のドスケベ作品淫靡検索すると出ます

20200719追記:

聖柄の太刀バイブの出番を増やしました。

2020-06-29

弟の部屋の天井からシロアリが湧き出てくる

二階の弟の部屋にシロアリが湧いててキモい

曰く一匹床を這っていたか天井を見上げてみたら、すごい数のシロアリが歩いていたとか。

弟の部屋から繋がってる物置にも湧いてる。

光とか白い壁や布団にとくに寄ってくるっぽい。

15年くらい前にもこんなふうに大量発生してた。キモいと思いながら、ガムテープ片手に這い回る茶色シロアリを潰しまくった記憶がおぼろげにある。

そのあとは大量発生することはなかった、と思う。

弟の部屋と物置に湧いてたのは、さっき母親と弟と私で掃除機ガムテキジェット装備して、その時目視できる分は退治して(100匹はいた)少し落ち着いたけど、時間がたつとぽつぽつ湧く。

ちなみに掃除機の紙パックを取り出してみたら軒並み息絶えてたようだったので、当座はこれでしのごうと思う。

父親は「いるもんはしょうがない」と電気消して寝た。それでも昭和生まれか?

一階のリビングにも降りてきてるのかちらほらいる。

階段廊下でも見かけた。

とりあえずバルサンを買ってきて弟の部屋で焚こうと思ったが、少し調べるとそのへんにいるシロアリは何とかできてもおそらく湧いて出てくる大本には届かなさそうで、根本的な解決にはならないようだ。

隣家とは距離のある一軒家なので夜中に掃除機をかけるのに躊躇しなくてもいいのだけは救いだ。

ニ匹くっついてうぞうぞ歩いているのが多いので、キモい上にイライラする。最悪。生殖をやめろ。

この家デカ蜘蛛は山ほど見かけるけど、蜘蛛シロアリ食べないのか?

ゴキブリよりよっぽどキモいウジ虫と同レベル

今も目の前に突然落ちてきたか掃除機で吸った。

天井から顔面に落ちてくるかもと思うと、とても眠る気分にならない。

どうせ寝れないので、書きかけのBL二次エロ小説の続きを徹夜で書いて、視界に入ったやつは適宜掃除機で吸うことにする。

もしかしてキモいシロアリも、かわいい推しカプに変換すればくっついて歩いてるのでかわいいのか? と思って想像してみたが、推しカプがショタ時代にくっついて汽車ごっこをする姿はマジで天使だが、シロアリビジュアルがあまりにもキモすぎて無理。天使とはかけ離れた容貌地獄の生き物はシロアリの姿をしてるまである

地獄の生き物に失礼かもしれん…と思って「地獄の生き物」で画像検索したらまあまあキモい虫が出できたのでやっぱり地獄の生き物のほうが近い。家の木材も食べるみたいだし。天井裏にはマジの地獄が広がってそう。最悪。

とにかくシロアリ推しカプに謝れ。生殖をやめろ。

なんで日曜の夜にこんなことになるんだ。攻めに虫とか使ったプレイしそう…って言った呪いか?

寒気が止まらない。誰か助けて

2020-05-21

anond:20200521143524

扇動者シスキジヒハナイ。

具体的に金や時間道化に与える奴以外は黙っとれ。

2020-05-04

早稲田行きの荒川線ほとんど空っぽなまま夜の王子駅に入ってくるのを見ると、東十条の夜を思い出す。

真夜中に電話をかけてくるのはだいたい振付師で、出ると必ず「寝てた?」と聞く。こちらが寝ていたとしても別に対応を変えようとはしていない。挨拶がわりに今どこと聞くと、永福町アパートからかけていることもあれば、聞いたこともない名前の街にいることもあった。

新潟燕市から夜中の二時過ぎにかけてきた日、東十条クルド料理レストランができたのと振付師はいった。半分寝ながら「ああ、ああ」と返事しているうちに、翌週の夕方に同行することになっていた。

レストランは駅近くの雑居ビルにあった。細い階段を登ると、青い壁に赤を基調としたタペストリーがかけられ、トルコ製らしいランプが天井から吊るされた店内は薄暗かった。

二人とも果実蒸留酒を飲みながらピーチ味のシーシャを吸って馬鹿話をした。振付師は蔦の模様がついたノースリーブワンピースを着て、耳には銀色のチェーンピアスが揺れていた。

「ね、知ってる? カニコーセンの人」

カニコーセン?」

「あの、小説の」

小林多喜二?」

「そそ、タキジキジ。やばくない?」

「……?」

「お客さんの事務所の子がね、今度カニコーセンの舞台に出るからって、マネージャーさんが招待券くれて。で、帰りに駅ビル原作文庫本買って、バスの中で読んでたのね」

「読んだんだ。どうだった?」

「やばかった。いろいろ。で結局、タキジって殺されちゃうんだよね」

「ああ、特高に捕まって拷問されたんだっけ」

「うん、遺体の脚を見るとね、釘か畳針でグサグサ刺した痕だらけだったんだって。いったいどんだけ憎まれてたんだっていう」

「あの人の書いたものが、それだけ当時の警察機構を動揺させた、ということでもあるのかもね」

振付師はグラスを空けるとこちらに向き直ってまっすぐ見た。

「30歳だよ。タキジ死んだの。今の私たちよりも若かったんだよ。それでどれだけの仕事をした? どれだけの人に影響与えた? タキジが生きてる間にカニコーセンは何か国語にも翻訳されて、世界の人が読んでるんだよ? あの時代だって、今だって20代でそれだけのインパクト出せた作家って、そんなにいないんじゃない?」

「うん、いないだろうね」

燃え方が足りない」

「足りない?」

もっとたくさんの人に、私が伝えるはずのことを、私の仕事で、全力で伝えたい。そのためには死に物狂いでいまやってなきゃいけないのに、なにやってるんだろって、思うことがあるんだよ。もう無我夢中で、身体自分の熱で焼き切れて無くなってしまうくらいに、全力でやってなきゃいけないはずなのに、私はまだなにもやってない」

毎日家と会社を行ったり来たりしてるだけの僕からすると、日本中を飛び回ってるきみは、ものすごく燃えてるように見えるんだけど」

振付師は無言で何度も頭を振った。と思うとこちらの手を取って、荒々しくかぶりつく犬のような真似をした。

東十条商店街には縁日が出て、りんご飴、ヨーヨー釣りプラスチックのお面が裸電球の光を反射していた。振付師金魚すくい水槽を見つけると、やりたいと言ってその前にしゃがんだ。出張が多いのに世話できるのかと聞くと、預けるから大丈夫だもんと言った。

西日暮里ホテルに入ると、洗面所シンクに水を溜めて、小指の先ほどしかない緋色の魚が入ったビニール袋を静かに沈めた。そうするのが金魚にとってよかったのか、二人ともわからなかったけれど、ホテルの部屋に篭っている間に死んで欲しくはなかった。

その後のことはよく覚えていない。いつも通りだったかもしれないし、もっと強く噛んで欲しいと執拗懇願されたのはそのときだったかどうか、また別の時だったか、いまとなってははっきりしない。

そのとき金魚はいまだに元気で、振付師熊本に一か月行ってくるといって置いていってから、結局預かりっぱなしになっている。冷蔵庫脇の水槽で年を追うごとに肥えて、握りこぶしほどの大きさになった。

2020-05-01

逆に猿がきび団子くれたら桃太郎は猿についていくのかな

犬やキジは作れないけど猿なら自作出来るんじゃないかなと思える

2020-04-29

[]

今日スーパーに行きましたわ。お肉の賞味期限が5/1なので次の外出は5/2ですの。

エイジオブエンパイア2を8時間くらいやりましたわ。

読んだ漫画は下記のとおりですわ

幼女戦記18

なんかいつも同じことやってんなーと思いつつもつい買ってしまっていますわ。10巻くらいかと思ってたら18巻でしたわ

ありふれた職業世界最強6

ダンジョンの敵の方が強そうでざんねん。

絶対不発アトミックガール1

なんか中山キジ様を思い出したのでググった後に久しぶりに読みましたわ。

前にググった時よりは生存報告がありましたが、余計に生きているのか心配になる感じでしたわ

2020-04-10

[]白鷴

ハッカン。

キジキジ科コシアカキジ属の鳥。中国南部インドシナ半島ミャンマーのあたりに分布している。

オスは背面が白、腹面が黒で顔が赤という、すごいコントラスト。一方のメスは褐色、多くのキジ科と同じように地味。

オスで全長90~130cm、メスで全長50~70cm。この差はオスの尾羽の長さによる。

ちなみに縞白鷴は別の種で、東南アジア分布する。白、灰、黒、赤など様々な色が入り乱れている。

2020-02-20

桃太郎の仲間のイヌ・鯖・キジの鯖ってどうやって戦うん?

2020-02-01

anond:20200201212644

猫のコスプレをしているホモサピエンスではなくて

白/虎柄/キジ雑種のイエネコ(Felis silvestris catus)

特に純血種じゃないのになんかやたらデカいイエネコ

特に何もしていなくても見ていて幸せな得した気分になる

福を招くのが犬ではなくて猫なのはわかる

犬派だけど特に何もしていない犬みても幸せな気分にならないもの

はしゃいでるとか喜んでる犬は幸せな気分になるけどな

ところで映画キャッツは観るべきなんか?

2020-01-10

動物愛護ってどこまでを指すんだろうね

動物愛護を訴えかける人を見ると、どうしても敬遠してしまう。

別に動物愛護が悪いと言っているわけではない。むしろ動物保護されてしかるべきだと思うし、保護活動に勤しんでいる方々は漏れなく称賛されるべきだと思う。

それでも自分がどうしても「動物愛護」というもの違和感を覚えるのは、彼らの「愛護する」動物とは一体どこまでなのだろう、と考えているかである

おそらくだが、彼らの家にはゴキジェットがあるだろう。食卓に小蝿が飛んでいれば潰すだろう。

要するに、いくら動物愛護をしているとはいえ、必ず彼らにも「動物好き嫌い」は存在すると思うのだ。少なくとも自分は犬や猫やその他の愛護活動をしている人間が「ゴキジェット撲滅!」などと活動しているところは見たことがない。

別に自分はこの「生命に対する好き嫌い」を抱くことに関して否定するつもりはない。生理的に無理なものは無理、それは当然だと思うからだ。

ただし、だからこそ、「動物愛護」という理念気持ち悪い。

かに犬猫処分は無い方がいい、それはそうだ。だがおそらく日本中で殺されているゴキの数の方が圧倒的に多い。工事に伴って巣を壊されている蟻の数の方が多い。

動物愛護」という理念を掲げる人々に、そうやって「救う生命選択している」という認識があるのだろうか、という疑問がいつも抱かれるのだ。

別に自分はすべての生命を救おうなどと考えている理想論者ではないし、家にはゴキジェットがあるし、食卓ハエを潰す。それでいてネットで猫や犬の動画を見ては喜んでいる人間だ。

ただ、やはり、それでも「認識」はしている。自分生命区別していて、「平気で潰してもいいもの」と「潰してはならないもの」に分けている、と認識している。認識して、これがもしかするととんでもない罪なのではないか、と思った上で、それでも区別することを続けている。

小学生?くらいの弁論大会犬猫処分批判する人を見るたびにそういう嫌悪感に陥った。結局「生命が大切だから批判しているのではなく、「可愛い生命が大切だから批判しているのだろう、と。繰り返すが別にそれでもいいのだ。「可愛い生命を助ける」ことを選択するのは個人自由だし、それも一つのであることには変わりはない。自分嫌悪感を抱くのは、本当は後者理由であるのに、まるで前者のように振る舞うことだ。

繰り返すが、別に動物愛護自体批判する意図も、愛護団体及び活動家を批判する意図もない。認識していようがしていまいが、行動を起こしている人が偉いということは事実なのだから

2019-12-07

宮城県美術館川内から宮城野移転する計画が寂しいなぁ

川内美術館にはとてもお世話になった。今は知らないが、

昔は夜間月明かりの下誰もいない中で佐藤忠良さんの作品に囲まれて歌を歌いながら散歩しても何も言われなかった。

加古隆さんのピアノコンサートも、ベーゼンドルファーの音がよくてとても楽しかった。

東北大周辺からあれがなくなると、あとは青葉山キジ相手に遊ぶしかなくなるような気がする。

2019-11-09

anond:20191108234757

あの連中にとっては二次元コンテンツやそれを楽しむオタク達は駆除すべき害虫しかないよ。

台所を走り回るゴキブリ問答無用でゴキジェット吹きかけるのと同じ。

2019-10-30

クレ556の管をなくした

キジェットみたく缶に引っかけられればいいのに

2019-10-02

anond:20191002000245

以前はゴキジェットだったけど、ゴキは死んだらその場に大量に卵をまくと聞いてからこの方法でやるようになった。

熱湯だと卵も死にそうだけど掃除が大変そう

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん